晴耕雨読

work in the field in fine weather and stay at home reading when it is wet

node.js の EventEmitter をブラウザで使う

node.js の標準ライブラリの1つである EventEmitter をブラウザで使う方法。

結論

EventEmitter のソースコードを CDN として利用できるようにしておきました。 手っ取り早く使いたいという方はこちらを使ってください。

使い方

<script src="https://cdn.rawgit.com/tex2e/86991945ee5cd982c9827c75b52eebe9/raw/EventEmitter.min.js"></script>
<script>
  class MyEmitter extends EventEmitter {};

  const myEmitter = new MyEmitter();
  myEmitter.on('event', () => {
    console.log('an event occurred!');
  });
  myEmitter.emit('event');
</script>

自分で用意する方法

EventEmitter のコードの取り出し

Github の node レポジトリから EventEmitter だけを持ってくるのもいいですが大変なので、 ここでは browserify を使います。

$ browserify <(echo "require('events').EventEmitter") > EventEmitter.js

browserify は複数のファイルをまとめて、ブラウザでも実行できるようにしてくれますが、 今回は EventEmitter の機能だけを取り出したいので、出力されたファイルの先頭行と末尾の数行を変更します。

変更前

(function e(t,n,r){function s(o,u){if(!n[o]){if(!t[o]){var a=typeof require=="function"&&require;if(!u&&a)return a(o,!0);if(i)return i(o,!0);var f=new Error("Cannot find module '"+o+"'");throw f.code="MODULE_NOT_FOUND",f}var l=n[o]={exports:{}};t[o][0].call(l.exports,function(e){var n=t[o][1][e];return s(n?n:e)},l,l.exports,e,t,n,r)}return n[o].exports}var i=typeof require=="function"&&require;for(var o=0;o<r.length;o++)s(r[o]);return s})({1:[function(require,module,exports){
// ...
// EventEmitter のコード
// ...

},{}],2:[function(require,module,exports){
require('events').EventEmitter

},{"events":1}]},{},[2]);

変更後

var EventEmitter = (function () {
// ...
// EventEmitter のコード
// ...

return EventEmitter;
});

あとは、コード内で module.exports = ... という部分をコメントアウトすれば、ブラウザで使える EventEmitter.js の完成です。

EventEmitter のコードの圧縮

EventEmitter.js から空白やコメントなどを除いて、ファイルサイズを減らすには uglifyjs を使います。

$ uglifyjs EventEmitter.js > EventEmitter.min.js

以上です。