晴耕雨読

work in the field in fine weather and stay at home reading when it is wet

テンプレートエンジンを使わないで、コードの埋め込みを行う

JavaScriptでテンプレートエンジンを使わないで、コードの埋め込みを行う方法について。

  1. テンプレートの作成 – 所謂、複数行にわたる文字列の作成方法
  2. 変数の埋め込み – テンプレート内の {{ }} の中身を評価して埋め込む

テンプレートの作成

始めに、複数行にわたる文字列の作成方法について説明する。

Template literal による作成

ES2015(ES6)の Template literal が使える場合は、これを使います。

var templateHTML = `<li>
  <ul>{{ 1 + 1 }}</ul>
  <ul><a href="{{ this.path }}">{{ this.name }}</a></ul>
</li>`

なお、IE11 は ES2015 にほとんど対応していないので、 どの環境でも動かせるようにするには次のやり方でテンプレートを作成します。

Function.prototype.toString による作成

Function.prototype.toString は関数のソースコードを表す文字列(コメントも含む) を返してくれるので、この1行目と最後の行を消した残りの行をテンプレートとして使います。

var templateHTML = (function () {/*
<li>
  <ul>{{ 1 + 1 }}</ul>
  <ul><a href="{{ this.path }}">{{ this.name }}</a></ul>
</li>
*/}).toString().split("\n").slice(1, -1).join("\n");

変数の埋め込み

次に、テンプレート内の {{ }} の中身を評価して埋め込む方法について説明する。

replace と bind と eval

replaceを使って、{{ ... }} の中の部分を取り出します。 取り出した部分を replacer で eval し、それを置き換える文字列として返します。 この replacer は無名関数なので、bind でオブジェクトと束縛させると、 オブジェクトに定義した任意の名前が this を介してアクセスできるようになります。

console.log(templateHTML);
// <li>
//   <ul>{{ 1 + 1 }}</ul>
//   <ul><a href="{{ this.path }}">{{ this.name }}</a></ul>
// </li>

// 変数の埋め込み
var boundTemplateHTML =
  templateHTML.replace(/{{(.*?)}}/g, function (match, p1) {
    return eval(p1);
  }.bind({
    path: "/path/to/index.html",
    name: "index"
  }));

console.log(boundTemplateHTML);
// <li>
//   <ul>2</ul>
//   <ul><a href="/path/to/index.html">index</a></ul>
// </li>

まとめ

この方法を使うことで、テンプレートエンジンを使わなくてもテンプレートエンジンみたいなことができるようになります。 ただし、変数へのアクセスに this を使わないといけないので、 それがいやならテンプレートエンジンを使うことをお勧めします。