晴耕雨読

working in the fields on fine days and reading books on rainy days

Pythonのtelnetlibでメール送信テスト

Linuxの環境にtelnetコマンドは入っていないけどPythonは入っている環境の場合は、Pythonの標準ライブラリtelnetlibを使うことで、telnetでメール送信のテストをすることができます。

~]$ python3
>>> from telnetlib import Telnet
>>> with Telnet('localhost', 25) as tn: tn.interact()
helo a
mail from: root@example.local
rcpt to: test@example.local
data
subject: test
hello!
.
quit

以上です。


補足:検証環境

メール受信するためのユーザを作成します。

~]# useradd test
~]# passwd test

メールサーバの postfix を次のように設定します。

/etc/postfix/main.cf

myhostname = example.local   # メールサーバのホスト名
inet_interfaces = all        # 外部・内部からの全てのメールを受け取る
mynetworks = 127.0.0.0/8     # ローカルからのメールのみ転送する

postfix を起動して、25番ポートで master が動いていることを確認します。

~]# systemctl start postfix
~]# ss -talpn
State   Recv-Q  Send-Q  Local Address:Port  Peer Address:Port  Process
LISTEN  0       100           0.0.0.0:25         0.0.0.0:*      users:(("master",pid=6972,fd=16))
LISTEN  0       100              [::]:25            [::]:*      users:(("master",pid=6972,fd=17))

Telnetでメール送信テストをする場合は以下のコマンドを入力します。

~]$ telnet localhost 25
helo a
mail from: root@example.local
rcpt to: test@example.local
data
subject: test
hello!
.
quit

Telnetは入っていないけどPythonは入っている環境の場合は、Pythonの標準ライブラリtelnetlibを使います。

~]$ python3
>>> from telnetlib import Telnet
>>> with Telnet('localhost', 25) as tn: tn.interact()
...

SMTPのコマンドを手入力したくない場合は、Pythonでプログラムとして実行させることもできます。

from telnetlib import Telnet
tn = Telnet('localhost', 25)
tn.write(b"helo a\r\n")
tn.write(b"mail from: root@example.local\r\n")
tn.write(b"rcpt to: test@example.local\r\n")
tn.write(b"data\r\n")
tn.write(b"subject: TEST\r\n")
tn.write(b"hello!\r\n")
tn.write(b".\r\n")
tn.write(b"quit\r\n")
res = tn.read_all()
print(res)
tn.close()

送信後に、受信したサーバの /home/test/Maildir/new/ にメール内容を含むファイルが新規作成されていれば、送信成功です。

以上です。