晴耕雨読

work in the field in fine weather and stay at home reading when it is wet

構造体を継承してコンストラクタをなくす(Ruby)

構造体クラスである Struct を継承することで,コンストラクタを省略することができる.

下の例では,「name」と「age」というフィールドを持つ構造体 Person を定義して, それを Person クラスが継承している.

class Person < Struct.new('Person', 'name', 'age')
  def hello
    return "Hello! My name is #{self.name} and I'm #{self.age} years old"
  end
end

person = Person.new('Alice', 6)
puts person         # => #<struct Person name="Alice", age=6>
puts person.age     # => 6
puts person.hello() # => Hello! My name is Alice and I'm 6 years old.

Struct クラスのインスタンスもまたクラスなので,上のように継承することができる. Rails使ったことある人ならマイグレーションファイルで

class TableName < ActiveRecord::Migration[5.0]

と書かれてあるのを見たことがあると思うが,これもまた配列から取得した要素がクラスであるので, 動的に親クラスを決定していると言える.

Struct を継承する場合の欠点は self.name のようにメソッド呼び出し(属性呼び出し; attr_accessor)の形式にしなければいけない点だ. 大半の Rubyist はインスタンス変数として @name@age のように使えることを望むと思うので, これを使っている人はほとんど(少なくとも私の観測範囲では)いないと思う.

Pythonでやる場合も紹介しているので, 構造体を継承してコンストラクタをなくす(Python) もどうぞ.