Network Working Group                                T. Hastings, Editor
Request for Comments: 2911                                    R. Herriot
Obsoletes: 2566                                        Xerox Corporation
Category: Standards Track                                       R. deBry
                                               Utah Valley State College
                                                             S. Isaacson
                                                            Novell, Inc.
                                                               P. Powell
                                                     Astart Technologies
                                                          September 2000
        
          Internet Printing Protocol/1.1: Model and Semantics
        

Status of this Memo

このメモの位置付け

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2000). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2000)。全著作権所有。

Abstract

抽象

This document is one of a set of documents, which together describe all aspects of a new Internet Printing Protocol (IPP). IPP is an application level protocol that can be used for distributed printing using Internet tools and technologies. This document describes a simplified model consisting of abstract objects, their attributes, and their operations that is independent of encoding and transport. The model consists of a Printer and a Job object. A Job optionally supports multiple documents. IPP 1.1 semantics allow end-users and operators to query printer capabilities, submit print jobs, inquire about the status of print jobs and printers, cancel, hold, release, and restart print jobs. IPP 1.1 semantics allow operators to pause, resume, and purge (jobs from) Printer objects. This document also addresses security, internationalization, and directory issues.

この文書は、一緒に新しいインターネット印刷プロトコル(IPP)のすべての側面を記述した文書のセットの1つです。 IPPは、インターネットツールと技術を使用して、分散印刷のために使用することができるアプリケーションレベルのプロトコルです。この文書では、エンコードおよび輸送から独立して単純化された抽象オブジェクトで構成されるモデル、その属性、およびその動作を説明します。モデルは、プリンタとジョブオブジェクトで構成されています。仕事は、必要に応じて複数のドキュメントをサポートしています。 IPP 1.1セマンティクスは、エンドユーザーと事業者は、プリンタの機能を照会、印刷ジョブを送信、印刷ジョブとプリンタの状態を問い合わせる、キャンセル、保留、リリース、および印刷ジョブを再起動することができます。 IPP 1.1セマンティクスは、事業者が一時停止することができ、履歴書、およびパージプリンタオブジェクト(からのジョブ)。この文書では、セキュリティ、国際化、およびディレクトリ問題に対処します。

The full set of IPP documents includes:

IPPドキュメントのフルセットが含まれています:

Design Goals for an Internet Printing Protocol [RFC2567] Rationale for the Structure and Model and Protocol for the Internet Printing Protocol [RFC2568] Internet Printing Protocol/1.1: Model and Semantics (this document) Internet Printing Protocol/1.1: Encoding and Transport [RFC2910] Internet Printing Protocol/1.1: Implementer's Guide [IPP-IIG] Mapping between LPD and IPP Protocols [RFC2569]

モデルとセマンティクス(本書)インターネット印刷プロトコル/ 1.1:コード化と輸送[RFC2910インターネット印刷プロトコル[RFC2568]インターネット印刷プロトコル/ 1.1のためのインターネット印刷プロトコル[RFC2567]の構造の根拠とモデルとプロトコルの設計目標]インターネット印刷プロトコル/ 1.1:LPDとIPPプロトコル間の実装者ガイド[IPP-IIG]のマッピング[RFC2569]

The "Design Goals for an Internet Printing Protocol" document takes a broad look at distributed printing functionality, and it enumerates real-life scenarios that help to clarify the features that need to be included in a printing protocol for the Internet. It identifies requirements for three types of users: end users, operators, and administrators. It calls out a subset of end user requirements that are satisfied in IPP/1.0. A few OPTIONAL operator operations have been added to IPP/1.1.

文書「インターネット印刷プロトコルの設計目標は、」分散印刷機能で幅広い見てみると、それはインターネットのための印刷プロトコルに含まれる必要な機能を明確にするために役立つ実際のシナリオを列挙します。エンドユーザー、オペレータ、および管理者:これは、ユーザーの3種類の要件を識別します。これは、IPP / 1.0で満たされているエンドユーザーの要求のサブセットを呼び出します。いくつかの任意のオペレータ操作がIPP / 1.1に追加されました。

The "Rationale for the Structure and Model and Protocol for the Internet Printing Protocol" document describes IPP from a high level view, defines a roadmap for the various documents that form the suite of IPP specification documents, and gives background and rationale for the IETF working group's major decisions.

「インターネット印刷プロトコルのための構造の根拠とモデルとプロトコル」文書は、ハイレベルのビューからIPPを説明IPP仕様書の一式を形成する様々な文書のためのロードマップを定義し、IETFの作業のための背景や根拠を与えますグループの主要な決定。

The "Internet Printing Protocol/1.1: Encoding and Transport" document is a formal mapping of the abstract operations and attributes defined in the model document onto HTTP/1.1 [RFC2616]. It defines the encoding rules for a new Internet MIME media type called "application/ipp". This document also defines the rules for transporting over HTTP a message body whose Content-Type is "application/ipp". This document defines a new scheme named 'ipp' for identifying IPP printers and jobs.

「インターネット印刷プロトコル/ 1.1:コード化とTransport」文書がHTTP / 1.1へのモデル文書で定義された抽象操作と属性の正式なマッピング[RFC2616]です。これは、「アプリケーション/ IPP」と呼ばれる新しいインターネットMIMEメディアタイプの符号化規則を定義します。また、このドキュメントでは、そのコンテンツタイプ「アプリケーション/ IPP」であるHTTPメッセージ本体の上に輸送するためのルールを定義します。この文書では、IPPプリンタと仕事を特定するための「IPP」という名前の新しいスキームを定義します。

The "Internet Printing Protocol/1.1: Implementer's Guide" document gives insight and advice to implementers of IPP clients and IPP objects. It is intended to help them understand IPP/1.1 and some of the considerations that may assist them in the design of their client and/or IPP object implementations. For example, a typical order of processing requests is given, including error checking. Motivation for some of the specification decisions is also included.

「インターネット印刷プロトコル/ 1.1:Implementerのガイド」ドキュメントはIPPクライアントとIPPオブジェクトの実装への洞察とアドバイスを提供します。彼らがIPP / 1.1とそのクライアントおよび/またはIPPオブジェクト実装のデザインでそれらを支援することが検討事項のいくつかを理解するためのものです。例えば、処理要求の典型的な順序は、エラー・チェックを含む、与えられます。仕様決定のいくつかのための動機も含まれています。

The "Mapping between LPD and IPP Protocols" document gives some advice to implementers of gateways between IPP and LPD (Line Printer Daemon) implementations.

文書「LPDとIPPプロトコル間のマッピングは、」IPPとのLPD(Line Printer Daemon)実装の間のゲートウェイの実装にいくつかのアドバイスを提供します。

Table of Contents

目次

1. Introduction 9 1.1 Simplified Printing Model 10 2. IPP Objects 12 2.1 Printer Object 13 2.2 Job Object 15 2.3 Object Relationships 16 2.4 Object Identity 17 3. IPP Operations 20 3.1 Common Semantics 21 3.1.1 Required Parameters 21 3.1.2 Operation IDs and Request IDs 22 3.1.3 Attributes 22 3.1.4 Character Set and Natural Language Operation Attribute 24 3.1.4.1 Request Operation Attributes 25 3.1.4.2 Response Operation Attributes 29 3.1.5 Operation Targets 30 3.1.6 Operation Response Status Codes and Status Messages 32 3.1.6.1 "status-code" (type2 enum) 32 3.1.6.2 "status-message" (text(255)) 33 3.1.6.3 "detailed-status-message" (text(MAX)) 33 3.1.6.4 "document-access-error" (text(MAX)) 34 3.1.7 Unsupported Attributes 34 3.1.8 Versions 36 3.1.9 Job Creation Operations 38 3.2 Printer Operations 41 3.2.1 Print-Job Operation 41 3.2.1.1 Print-Job Request 41 3.2.1.2 Print-Job Response 46 3.2.2 Print-URI Operation 48 3.2.3 Validate-Job Operation 49 3.2.4 Create-Job Operation 49 3.2.5 Get-Printer-Attributes Operation 50 3.2.5.1 Get-Printer-Attributes Request 51 3.2.5.2 Get-Printer-Attributes Response 53 3.2.6 Get-Jobs Operation 54 3.2.6.1 Get-Jobs Request 54 3.2.6.2 Get-Jobs Response 56 3.2.7 Pause-Printer Operation 57 3.2.7.1 Pause-Printer Request 59 3.2.7.2 Pause-Printer Response 60 3.2.8 Resume-Printer Operation 60 3.2.9 Purge-Jobs Operation 61 3.3 Job Operations 62 3.3.1 Send-Document Operation 62 3.3.1.1 Send-Document Request 64 3.3.1.2 Send-Document Response 65

1.はじめに9 1.1簡体プリンティングモデル10 2. IPPは12の2.1プリンターオブジェクト13 2.2ジョブオブジェクト15の2.3オブジェクトの関係16の2.4オブジェクトのアイデンティティ17 3. IPP事業20 3.1一般的な意味論21 3.1.1必須パラメータ21の3.1.2操作IDをオブジェクトそして、リクエストIDが22 3.1.3 22 3.1.4文字セットと自然言語の操作は24 3.1.4.1要求操作が25 3.1.4.2応答操作は29 3.1.5操作は30の3.1.6操作レスポンスのステータスコードとステータスメッセージをターゲット属性属性属性属性32 3.1.6.1 "ステータスコード"(TYPE2列挙)32 3.1.6.2 "ステータスメッセージ"(テキスト(255))33 3.1.6.3 "詳細ステータスメッセージ"(テキスト(MAX))33 3.1.6.4 "ドキュメント・アクセス・エラー」(テキスト(MAX))34 3.1.7サポートされていないが34の3.1.8バージョン36 3.1.9雇用創出事業38の3.2プリンタの操作41 3.2.1印刷ジョブの操作41 3.2.1.1印刷ジョブ要求の属性41 3.2.1.2印刷ジョブ応答46 3.2.2印刷-URI操作48 3.2.3検証 - 仕事の操作49 3.2.4作成し、ジョブの操作49 3.2.5のGet-PRインター属性操作50 3.2.5.1のGet-プリンタ-属性を請求する51 3.2.5.2のGet-プリンタは、属性応答53 3.2.6には、Get-ジョブ操作54 3.2.6.1のGet-ジョブリクエスト54 3.2.6.2のGet-ジョブズレスポンス56 3.2 0.7一時停止、プリンタの操作57 3.2.7.1一時停止・プリンタ・リクエスト59 3.2.7.2一時停止、プリンタ応答60 3.2.8再開 - プリンタの運用60 3.2.9パージ・ジョブの操作61 3.3ジョブの操作62 3.3.1送信、ドキュメントの操作62 3.3.1.1送信-資料請求64 3.3.1.2送信-文書回答65

3.3.2 Send-URI Operation 66 3.3.3 Cancel-Job Operation 66 3.3.3.1 Cancel-Job Request 67 3.3.3.2 Cancel-Job Response 68 3.3.4 Get-Job-Attributes Operation 69 3.3.4.1 Get-Job-Attributes Request 69 3.3.4.2 Get-Job-Attributes Response 70 3.3.5 Hold-Job Operation 71 3.3.5.1 Hold-Job Request 72 3.3.5.2 Hold-Job Response 73 3.3.6 Release-Job Operation 74 3.3.7 Restart-Job Operation 75 3.3.7.1 Restart-Job Request 76 3.3.7.2 Restart-Job Response 78 4. Object Attributes 78 4.1 Attribute Syntaxes 78 4.1.1 'text' 79 4.1.1.1 'textWithoutLanguage' 80 4.1.1.2 'textWithLanguage' 80 4.1.2 'name' 81 4.1.2.1 'nameWithoutLanguage' 82 4.1.2.2 'nameWithLanguage' 82 4.1.2.3 Matching 'name' attribute values 83 4.1.3 'keyword' 84 4.1.4 'enum' 85 4.1.5 'uri' 85 4.1.6 'uriScheme' 86 4.1.7 'charset' 86 4.1.8 'naturalLanguage' 87 4.1.9 'mimeMediaType' 87 4.1.9.1 Application/octet-stream -- Auto-Sensing 88 the document format 4.1.10 'octetString' 89 4.1.11 'boolean' 89 4.1.12 'integer' 89 4.1.13 'rangeOfInteger' 90 4.1.14 'dateTime' 90 4.1.15 'resolution' 90 4.1.16 '1setOf X' 90 4.2 Job Template Attributes 91 4.2.1 job-priority (integer(1:100)) 94 4.2.2 job-hold-until (type3 keyword | name (MAX)) 95 4.2.3 job-sheets (type3 keyword | name(MAX)) 96 4.2.4 multiple-document-handling (type2 keyword) 96 4.2.5 copies (integer(1:MAX)) 98 4.2.6 finishings (1setOf type2 enum) 98 4.2.7 page-ranges (1setOf rangeOfInteger (1:MAX)) 101 4.2.8 sides (type2 keyword) 102

3.3.2送信-URI操作66 3.3.3キャンセル・ジョブの操作66 3.3.3.1キャンセル・ジョブリクエスト67 3.3.3.2キャンセル・ジョブ応答を68が操作を69 3.3.4.1のGet-求人 - 属性 - 仕事を-GET属性3.3.4レスポンス70 3.3.5ホールドジョブの操作71 3.3.5.1ホールドジョブ要求72 3.3.5.2ホールドジョブ応答73 3.3.6リリース - 仕事の操作74 3.3.7再起動-仕事を仕事を-属性Get要求69 3.3.4.2操作75 3.3.7.1を再起動し、ジョブ要求76 3.3.7.2を再起動し、仕事レスポンス78 4.オブジェクトが78 4.1属性を属性78 4.1.1 'テキスト' 79 4.1.1.1 'textWithoutLanguage' 80 4.1.1.2 'textWithLanguage 80' 4.1構文。 2 '名前' 81 4.1.2.1 'nameWithoutLanguage' 82 4.1.2.2 'nameWithLanguage' 82 4.1.2.3一致する 'name' の属性が83 4.1.3 'キーワード' 84 4.1.4 '列挙' 85 4.1.5 'URI' 85値4.1.6 'uriScheme' 86 4.1.7 '文字セット' 86 4.1.8 '自然言語' 87 4.1.9 'mimeMediaType' 87 4.1.9.1アプリケーション/オクテットストリーム - オートセンシング88ドキュメントフォーマット4.1.10「OCTETSTRING '89 4.1.11 'ブール' 89 4.1.12 '整数' 89 4.1.13 'rangeOfInteger' 90 4.1.14 'のdateTime' 90 4.1.15 '解像度' 90 4.1.16 '1setOf X' 90 4.2ジョブテンプレート91 4.2.1ジョブ優先順位属性(整数(1:100))94 4.2.2ジョブホールドまで(TYPE3キーワード|名前(MAX))95 4.2.3ジョブのシート(TYPE3キーワード|名(MAX))96 4.2.4マルチドキュメントハンドリング(TYPE2キーワード)96の4.2.5コピー(整数(1:MAX))98 4.2。 6つの仕上げ(1setOfのTYPE2列挙型)98 4.2.7ページ範囲(1setOf rangeOfInteger(1:MAX))101の4.2.8辺(TYPE2キーワード)102

4.2.9 number-up (integer(1:MAX)) 102 4.2.10 orientation-requested (type2 enum) 103 4.2.11 media (type3 keyword | name(MAX)) 104 4.2.12 printer-resolution (resolution) 105 4.2.13 print-quality (type2 enum) 105 4.3 Job Description Attributes 106 4.3.1 job-uri (uri) 107 4.3.2 job-id (integer(1:MAX)) 108 4.3.3 job-printer-uri (uri) 108 4.3.4 job-more-info (uri) 108 4.3.5 job-name (name(MAX)) 108 4.3.6 job-originating-user-name (name(MAX)) 109 4.3.7 job-state (type1 enum) 109 4.3.7.1 Forwarding Servers 112 4.3.7.2 Partitioning of Job States 112 4.3.8 job-state-reasons (1setOf type2 keyword) 113 4.3.9 job-state-message (text(MAX)) 118 4.3.10 job-detailed-status-messages (1setOf text(MAX)) 118 4.3.11 job-document-access-errors (1setOf text(MAX)) 118 4.3.12 number-of-documents (integer(0:MAX)) 119 4.3.13 output-device-assigned (name(127)) 119 4.3.14 Event Time Job Description Attributes 119 4.3.14.1 time-at-creation (integer(MIN:MAX)) 120 4.3.14.2 time-at-processing (integer(MIN:MAX)) 120 4.3.14.3 time-at-completed (integer(MIN:MAX)) 120 4.3.14.4 job-printer-up-time (integer(1:MAX)) 120 4.3.14.5 date-time-at-creation (dateTime) 121 4.3.14.6 date-time-at-processing (dateTime) 121 4.3.14.7 date-time-at-completed (dateTime) 121 4.3.15 number-of-intervening-jobs (integer(0:MAX)) 121 4.3.16 job-message-from-operator (text(127)) 121 4.3.17 Job Size Attributes 121 4.3.17.1 job-k-octets (integer(0:MAX)) 122 4.3.17.2 job-impressions (integer(0:MAX)) 122 4.3.17.3 job-media-sheets (integer(0:MAX)) 123 4.3.18 Job Progress Attributes 123 4.3.18.1 job-k-octets-processed (integer(0:MAX)) 123 4.3.18.2 job-impressions-completed (integer(0:MAX)) 123 4.3.18.3 job-media-sheets-completed (integer(0:MAX)) 124 4.3.19 attributes-charset (charset) 124 4.3.20 attributes-natural-language (naturalLanguage) 124 4.4 Printer Description Attributes 124 4.4.1 printer-uri-supported (1setOf uri) 126 4.4.2 uri-authentication-supported (1setOf type2 keyword) 127 4.4.3 uri-security-supported (1setOf type2 keyword) 128 4.4.4 printer-name (name(127)) 129 4.4.5 printer-location (text(127)) 129 4.4.6 printer-info (text(127)) 130

4.2.9番号アップ(整数(1:MAX))102 4.2.10配向要求(TYPE2列挙)103枚の4.2.11メディア(TYPE3キーワード|名(MAX))104 4.2.12プリンタ解像度(分解能)105 4.2.13印刷品質(TYPE2列挙)105 4.3ジョブ記述属性106 4.3.1ジョブ-URI(URI)107 4.3.2ジョブID(整数(1:MAX))108 4.3.3ジョブプリンタ-URI( URI)108 4.3.4ジョブより-INFO(URI)108 4.3.5ジョブ名(名前(MAX))108 4.3.6ジョブ発信ユーザー名(名前(MAX))109 4.3.7 job-状態(タイプ1列挙型)109台の4.3.7.1転送サーバ112ジョブの状態の4.3.7.2パーティション112 4.3.8ジョブ状態の理由(1setOfタイプ2キーワード)113 4.3.9ジョブの状態メッセージ(テキスト(MAX))118 4.3 0.10ジョブの詳細なステータス・メッセージ(1setOfテキスト(MAX))118 4.3.11ジョブ文書アクセスエラー(1setOfテキスト(MAX))118 4.3.12数の-ドキュメント(整数(0:MAX) )119 4.3.13出力デバイスに割り当てられた(名前(127))119 4.3.14イベント時間仕事内容119 4.3.14.1時間で創(整数(MIN:MAX)属性)120 4.3.14.2時間アットを処理(整数(MIN:MAX))120 4.3。 14.3時間で完了(整数(MIN:MAX))120 4.3.14.4ジョブプリンタアップ時間(整数(1:MAX))120 4.3.14.5日時・アット・作成(dateTimeの)121 4.3。 14.6での処理日時 - (dateTimeの)121 4.3.14.7日付時間で完了(のdateTime)121 4.3.15数の-介在-ジョブ(整数(0:MAX))121 4.3.16 job-メッセージからオペレータ(テキスト(127))121 4.3.17ジョブサイズが121 4.3.17.1ジョブ-K-オクテット(整数(0:MAX))属性122 4.3.17.2ジョブインプレッション(整数(0:MAX)) 122 4.3.17.3ジョブメディアシート(整数(0:MAX))123 4.3.18ジョブの進行状況が123 4.3.18.1ジョブ-K-オクテット処理(整数(0:MAX))属性123 4.3.18.2ジョブインプレッション(整数(0:MAX))123 4.3.18.3ジョブメディアシート完了124 4.3.19属性、文字セット(文字セット)124の4.3.20属性自然言語(自然言語:-Completed(MAX)整数(0) )124 4.4プリンタ記述属性124 4.4.1プリンタ-URIサポート(1setOf URI)126 4.4.2 URI認証サポート(1setOfのTYPE2キーワード)127 4.4.3 URI-セキュリティサポート(1setOf TYPE2 KEYWO RD)128 4.4.4プリンタ名(名前(127))129 4.4.5プリンタ位置(テキスト(127))129 4.4.6プリンタ情報(テキスト(127))130

4.4.7 printer-more-info (uri) 130 4.4.8 printer-driver-installer (uri) 130 4.4.9 printer-make-and-model (text(127)) 130 4.4.10 printer-more-info-manufacturer (uri) 130 4.4.11 printer-state (type1 enum) 131 4.4.12 printer-state-reasons (1setOf type2 keyword) 131 4.4.13 printer-state-message (text(MAX)) 134 4.4.14 ipp-versions-supported (1setOf type2 keyword) 134 4.4.15 operations-supported (1setOf type2 enum) 135 4.4.16 multiple-document-jobs-supported (boolean) 136 4.4.17 charset-configured (charset) 136 4.4.18 charset-supported (1setOf charset) 137 4.4.19 natural-language-configured (naturalLanguage) 137 4.4.20 generated-natural-language-supported (1setOf naturalLanguage) 137 4.4.21 document-format-default (mimeMediaType) 138 4.4.22 document-format-supported (1setOf mimeMediaType) 138 4.4.23 printer-is-accepting-jobs (boolean) 138 4.4.24 queued-job-count (integer(0:MAX)) 138 4.4.25 printer-message-from-operator (text(127)) 139 4.4.26 color-supported (boolean) 139 4.4.27 reference-uri-schemes-supported (1setOf uriScheme) 139 4.4.28 pdl-override-supported (type2 keyword) 139 4.4.29 printer-up-time (integer(1:MAX)) 140 4.4.30 printer-current-time (dateTime) 140 4.4.31 multiple-operation-time-out (integer(1:MAX)) 141 4.4.32 compression-supported (1setOf type3 keyword) 141 4.4.33 job-k-octets-supported (rangeOfInteger(0:MAX)) 142 4.4.34 job-impressions-supported (rangeOfInteger(0:MAX)) 142 4.4.35 job-media-sheets-supported (rangeOfInteger(0:MAX)) 142 4.4.36 pages-per-minute (integer(0:MAX)) 142 4.4.37 pages-per-minute-color (integer(0:MAX)) 142 5. Conformance 143 5.1 Client Conformance Requirements 143 5.2 IPP Object Conformance Requirements 145 5.2.1 Objects 145 5.2.2 Operations 145 5.2.3 IPP Object Attributes 146 5.2.4 Versions 146 5.2.5 Extensions 147 5.2.6 Attribute Syntaxes 147 5.2.7 Security 148 5.3 Charset and Natural Language Requirements 148 6. IANA Considerations 148 6.1 Typed 'keyword' and 'enum' Extensions 149 6.2 Attribute Extensibility 151 6.3 Attribute Syntax Extensibility 152 6.4 Operation Extensibility 152

4.4.7プリンタより-INFO(URI)130 4.4.8プリンタドライバインストーラ(URI)130 4.4.9プリンタメイク・アンド・モデル(テキスト(127))130 4.4.10プリンタより-info-製造者(URI)130 4.4.11プリンタ状態(TYPE1列挙)131 4.4.12プリンタ状態理由(1setOfのTYPE2キーワード)131 4.4.13プリンタ状態メッセージ(テキスト(MAX))134 4.4.14 IPP-バージョンサポート(1setOfのTYPE2キーワード)134 4.4.15運用サポート(1setOf TYPE2列挙)135 4.4.16マルチドキュメント・ジョブ・サポート(ブーリアン)136 4.4.17文字セット構成(文字セット)136 4.4.18 charset- (1setOf文字セット)137 4.4.19自然言語構成(自然言語)137 4.4.20生成自然言語サポート(1setOf自然言語)137 4.4.21文書フォーマットデフォルト(mimeMediaType)138 4.4.22 document-サポートフォーマットサポート(1setOf mimeMediaType)138 4.4.23プリンタ受容され、ジョブ(ブール)138 4.4.24キューに入れられたジョブカウント(整数(0:MAX))138 4.4.25プリンタメッセージからオペレータ(テキスト(127))139 4.4.26色サポート(ブーリアン)139 4.4.27参照uri-スキームサポート(1setOf uriScheme)139 4.4.28 PDLオーバーライドサポート(TYPE2キーワード)139 4.4.29プリンタアップ時間(整数(1:MAX))140 4.4.30プリンタ電流時間(dateTimeの)140 4.4.31複数の操作タイムアウト(整数(1:MAX))(:MAX)rangeOfInteger(0)142 141 4.4.32圧縮サポート(1setOf TYPE3キーワード)141 4.4.33ジョブ-K-オクテットサポート4.4.34ジョブインプレッションサポート(rangeOfInteger(0:MAX))142 4.4.35ジョブメディアシートサポート(rangeOfInteger(0:MAX))142 4.4.36ページ毎分(整数(0:MAX ))142 4.4.37ページ毎分色(整数(0:MAX))142の5.適合143 5.1クライアントの適合性要件143の5.2 IPPオブジェクトの適合性要件145の5.2.1オブジェクト145の5.2.2操作145 5.2.3 IPPオブジェクトは、属性146の5.2.4バージョン146 5.2.5拡張機能147 5.2.6属性が147 5.2.7セキュリティ148 5.3文字セットと自然言語の要件148の6. IANAの考慮事項148 6.1型指定された「キーワード」と「列挙」伸長149 6.2属性の構文拡張151 6.3属性Syをntax拡張152 6.4操作の拡張152

6.5 Attribute Group Extensibility 153 6.6 Status Code Extensibility 153 6.7 Out-of-band Attribute Value Extensibility 154 6.8 Registration of MIME types/sub-types for document-formats 154 6.9 Registration of charsets for use in 'charset' attribute values 154 7. Internationalization Considerations 154 8. Security Considerations 158 8.1 Security Scenarios 159 8.1.1 Client and Server in the Same Security Domain 159 8.1.2 Client and Server in Different Security Domains 159 8.1.3 Print by Reference 160 8.2 URIs in Operation, Job, and Printer attributes 160 8.3 URIs for each authentication mechanisms 160 8.4 Restricted Queries 161 8.5 Operations performed by operators and system administrators 161 8.6 Queries on jobs submitted using non-IPP protocols 162 9. References 162 10. Authors' Addresses 166 11. Formats for IPP Registration Proposals 168 11.1 Type2 keyword attribute values registration 169 11.2 Type3 keyword attribute values registration 169 11.3 Type2 enum attribute values registration 169 11.4 Type3 enum attribute values registration 170 11.5 Attribute registration 170 11.6 Attribute Syntax registration 171 11.7 Operation registration 171 11.8 Attribute Group registration 171 11.9 Status code registration 172 11.10 Out-of-band Attribute Value registration 172 12. APPENDIX A: Terminology 173 12.1 Conformance Terminology 173 12.1.1 NEED NOT 173 12.2 Model Terminology 173 12.2.1 Keyword 173 12.2.2 Attributes 173 12.2.2.1 Attribute Name 173 12.2.2.2 Attribute Group Name 174 12.2.2.3 Attribute Value 174 12.2.2.4 Attribute Syntax 174 12.2.3 Supports 174 12.2.4 print-stream page 176 12.2.5 impression 177 13. APPENDIX B: Status Codes and Suggested Status Code Messages 177 13.1 Status Codes 178 13.1.1 Informational 178 13.1.2 Successful Status Codes 178

6.5グループの拡張153 6.6ステータスコードの拡張153 6.7 154「文字セット」属性で使用する文字セットの6.9登録は値アウトオブバンドドキュメントフォーマットのためのMIMEタイプ/サブタイプの値の拡張154 6.8登録属性154 7.国際化属性参考することにより、異なるセキュリティドメイン159 8.1.3印刷で同じセキュリティドメイン159 8.1.2クライアントとサーバーでの考慮事項154 8.セキュリティについての考慮事項158の8.1セキュリティシナリオ159 8.1.1クライアントおよびサーバー160の8.2運用、仕事中のURI、およびプリンタ各認証メカニズム160の8.3のURIジョブに161個の8.6クエリが非IPPプロトコル162の9参照162 10.著者のアドレスIPP登録提案のために166の11.フォーマットを使用して送信オペレータおよびシステム管理者によって実行される160の8.4限定の問合せ161 8.5オペレーション属性168 11.1 Type2のキーワード属性は、登録169 11.2 Type3のキーワード属性が登録169の11.3 Type2の列挙型の属性値を値値registrati用語173 12.1 169 11.4 Type3の列挙型属性にアウトオブバンド属性値登録172 12付録A登録170 11.5属性登録170 11.6属性の構文登録171 11.7オペレーション登録171 11.8属性グループ登録171 11.9ステータスコード登録172 11.10値適合用語173 12.1.1 173の12.2.1キーワード173の12.2.2属性173 12.2モデルの用語必要はありません173 12.2.2.1は173 12.2.2.2グループ名属性174 12.2.2.3属性値174 12.2.2.4属性の構文174 12.2属性名。 3 174 12.2.4印刷ストリームページをサポート176 12.2.5印象177 13付録B:ステータスコードと推奨ステータスコードメッセージ177の13.1ステータスコード178の13.1.1情報178 13.1.2成功ステータスコード178

13.1.2.1 successful-ok (0x0000) 178 13.1.2.2 successful-ok-ignored-or-substituted-attributes (0x0001) 179 13.1.2.3 successful-ok-conflicting-attributes (0x0002) 179 13.1.3 Redirection Status Codes 179 13.1.4 Client Error Status Codes 179 13.1.4.1 client-error-bad-request (0x0400) 180 13.1.4.2 client-error-forbidden (0x0401) 180 13.1.4.3 client-error-not-authenticated (0x0402) 180 13.1.4.4 client-error-not-authorized (0x0403) 180 13.1.4.5 client-error-not-possible (0x0404) 180 13.1.4.6 client-error-timeout (0x0405) 181 13.1.4.7 client-error-not-found (0x0406) 181 13.1.4.8 client-error-gone (0x0407) 181 13.1.4.9 client-error-request-entity-too-large (0x0408) 182 13.1.4.10 client-error-request-value-too-long (0x0409) 182 13.1.4.11 client-error-document-format-not-supported (0x040A) 182 13.1.4.12 client-error-attributes-or-values-not-supported (0x040B) 183 13.1.4.13 client-error-uri-scheme-not-supported (0x040C) 183 13.1.4.14 client-error-charset-not-supported (0x040D) 183 13.1.4.15 client-error-conflicting-attributes (0x040E) 183 13.1.4.16 client-error-compression-not-supported (0x040F) 184 13.1.4.17 client-error-compression-error (0x0410) 184 13.1.4.18 client-error-document-format-error (0x0411) 184 13.1.4.19 client-error-document-access-error (0x0412) 184 13.1.5 Server Error Status Codes 185 13.1.5.1 server-error-internal-error (0x0500) 185 13.1.5.2 server-error-operation-not-supported (0x0501) 185 13.1.5.3 server-error-service-unavailable (0x0502) 185 13.1.5.4 server-error-version-not-supported (0x0503) 185 13.1.5.5 server-error-device-error (0x0504) 186 13.1.5.6 server-error-temporary-error (0x0505) 186 13.1.5.7 server-error-not-accepting-jobs (0x0506) 187 13.1.5.8 server-error-busy (0x0507) 187 13.1.5.9 server-error-job-canceled (0x0508) 187 13.1.5.10 server-error-multiple-document-jobs-not-supported (0x0509) 187 13.2 Status Codes for IPP Operations 187 14. APPENDIX C: "media" keyword values 190 15. APPENDIX D: Processing IPP Attributes 208 15.1 Fidelity 209 15.2 Page Description Language (PDL) Override 210 15.3 Using Job Template Attributes During Document Processing 212 16. APPENDIX E: Generic Directory Schema 214 17. APPENDIX F: Differences between the IPP/1.0 and IPP/1.1 "Model and Semantics" Documents 215 18. Full Copyright Statement 224

13.1.2.1成功-OK(0000)178 13.1.2.2成功-OK-無視-または置換 - 属性(0x0001に)179 13.1.2.3成功-OK-競合-属性(0×0002)179の13.1.3リダイレクトステータスコード179 13.1 0.4クライアントエラーステータスコード179 13.1.4.1クライアント誤り悪い要求(0x0400)180 13.1.4.2クライアント・エラー禁制(0x0401)180 13.1.4.3クライアント・エラー・認証されていません(0x0402)180 13.1.4.4クライアント・エラー・許可されていない(0x0403)180 13.1.4.5クライアント・エラー・不可能(0x0404)180 13.1.4.6クライアント・エラー・タイムアウト(0x0405)181 13.1.4.7クライアント・エラー・見つからない(0x0406) 181 13.1.4.8クライアント誤り行っ(0x0407)181 13.1.4.9クライアント誤り要求エンティティ大きすぎる(0x0408)182 13.1.4.10クライアント誤り要求値があまりに長い(は0x0409)182 13.1 .4.11クライアント誤りドキュメントフォーマットがサポートしない(0x040A)182 13.1.4.12クライアント誤り属性、または値-サポートされていない(0x040B)183 13.1.4.13クライアントエラー-URI-スキームnot- (0x040C)183 13.1.4.14クライアント誤りのcharset-サポートしていません(0x040D)183 13.1.4.15クライアントサポート-error-矛盾-属性(0x040E)183が13.1.4.16クライアント・エラー・圧縮・サポートしていません(0x040F)184 13.1.4.17クライアント・エラー圧縮エラー(0x0410)184 13.1.4.18クライアント誤りドキュメント形式-error(0x0411)184 13.1.4.19クライアント誤りドキュメントアクセスエラー(0x0412)184の13.1.5サーバエラーステータスコード185 13.1.5.1サーバー・エラーの内部エラー(0x0500)185 13.1.5.2サーバーエラー-operation-サポートされていない(て0x0501)185 13.1.5.3サーバ誤りサービス利用不可(0x0502)185 13.1.5.4サーバ誤りバージョンがサポートしない(0x0503)185 13.1.5.5サーバ誤りデバイスエラー(0x0504)186 13.1.5.6サーバーエラー一時的なエラー(0x0505)186 13.1.5.7サーバー・エラー・-受け入れていない - ジョブ(0x0506)187 13.1.5.8サーバー・エラー・ビジー(0x0507)187 13.1.5.9サーバー-error-ジョブキャンセル(0x0508)187 13.1.5.10サーバー・エラー・マルチドキュメント・ジョブが-サポートされていない(0x0509)IPP事業187 14付録C 187の13.2ステータスコード: "メディア" キーワードは190 15値。付録D:処理IPPは208 15.1フィデリティ209 15.2属性ページ記述言語(PDL)ジョブテンプレートは、ドキュメント処理中に212 16付録E属性の使用210 15.3を上書きします:一般的なDirectoryスキーマ214 17.付録F:IPP / 1.0とIPP / 1.1「モデルと意味論」ドキュメント215 18との違いを。完全な著作権声明224

1. Introduction
1. はじめに

The Internet Printing Protocol (IPP) is an application level protocol that can be used for distributed printing using Internet tools and technologies. IPP version 1.1 (IPP/1.1) focuses primarily on end user functionality with a few administrative operations included. This document is just one of a suite of documents that fully define IPP. The full set of IPP documents includes:

インターネット印刷プロトコル(IPP)は、インターネットツールと技術を使用して、分散印刷のために使用することができるアプリケーションレベルのプロトコルです。 IPPバージョン1.1(IPP / 1.1)が含まれ、いくつかの管理業務を主にエンドユーザー機能に焦点を当てています。この文書では、ちょうど完全にIPPを定義する文書のスイートのひとつです。 IPPドキュメントのフルセットが含まれています:

Design Goals for an Internet Printing Protocol [RFC2567] Rationale for the Structure and Model and Protocol for the Internet Printing Protocol [RFC2568] Internet Printing Protocol/1.1: Model and Semantics (this document) Internet Printing Protocol/1.1: Encoding and Transport [RFC2910] Internet Printing Protocol/1.1: Implementer's Guide [IPP-IIG] Mapping between LPD and IPP Protocols [RFC2569]

モデルとセマンティクス(本書)インターネット印刷プロトコル/ 1.1:コード化と輸送[RFC2910インターネット印刷プロトコル[RFC2568]インターネット印刷プロトコル/ 1.1のためのインターネット印刷プロトコル[RFC2567]の構造の根拠とモデルとプロトコルの設計目標]インターネット印刷プロトコル/ 1.1:LPDとIPPプロトコル間の実装者ガイド[IPP-IIG]のマッピング[RFC2569]

Anyone reading these documents for the first time is strongly encouraged to read the IPP documents in the above order.

初めてこれらの文書を読んで誰もが強く、上記の順序でIPP文書を読むことを奨励しています。

This document is laid out as follows:

次のようにこの文書は、レイアウトされています:

- The rest of Section 1 is an introduction to the IPP simplified model for distributed printing. - Section 2 introduces the object types covered in the model with their basic behaviors, attributes, and interactions. - Section 3 defines the operations included in IPP/1.1. IPP operations are synchronous, therefore, for each operation, there is a both request and a response. - Section 4 defines the attributes (and their syntaxes) that are used in the model. - Sections 5 - 6 summarizes the implementation conformance requirements for objects that support the protocol and IANA considerations, respectively. - Sections 7 - 11 cover the Internationalization and Security considerations as well as References, Author contact information, and Formats for Registration Proposals. - Sections 12 - 14 are appendices that cover Terminology, Status Codes and Messages, and "media" keyword values.

- 第1の残りの部分は、分散印刷用IPP簡易モデルへの導入です。 - 第2節では、彼らの基本的な行動、属性、および相互作用モデルで扱われるオブジェクトの種類を紹介します。 - 第3節では、操作がIPP / 1.1に含まれる定義します。 IPP操作は、従って、操作ごとに、両方の要求および応答が、同期しています。 - 第4節では、モデルで使用される属性(およびその構文)を定義します。 - 部5 - 図6は、それぞれ、プロトコル及びIANAの考慮事項をサポートするオブジェクトの実装適合性要件をまとめたものです。 - セクション7から11には、国際化とセキュリティの考慮事項をカバーするだけでなく、参考文献、著者の連絡先情報、および登録提案のためのフォーマット。 - セクション12から14には、用語をカバー付録、ステータスコードとメッセージ、および「メディア」のキーワード値です。

       Note: This document uses terms such as "attributes", "keywords",
       and "support".  These terms have special meaning and are defined
       in the model terminology section 12.2.  Capitalized terms, such
       as MUST, MUST NOT, REQUIRED, SHOULD, SHOULD NOT, MAY, NEED NOT,
       and OPTIONAL, have special meaning relating to conformance.
       These terms are defined in section 12.1 on conformance
       terminology, most of which is taken from RFC 2119 [RFC2119].
        

- Section 15 is an appendix that helps to clarify the effects of interactions between related attributes and their values. - Section 16 is an appendix that enumerates the subset of Printer attributes that form a generic directory schema. These attributes are useful when registering a Printer so that a client can find the Printer not just by name, but by filtered searches as well. - Section 17 is an appendix summarizing the additions and changes from the IPP/1.0 "Model and Semantics" document [RFC2566] to make this IPP/1.1 document. - Section 18 is the full copyright notice.

- セクション15は、関連属性とその値の間の相互作用の効果を明確にするために役立ちます付録です。 - セクション16は、一般的なディレクトリスキーマを形成するプリンタの属性のサブセットを列挙付録です。プリンタを登録するときに、クライアントが同様にだけでなく、名前ではなく、フィルター検索でプリンタを見つけることができるように、これらの属性は便利です。 - セクション17は、このIPP / 1.1のドキュメントを作るためにIPP / 1.0「モデルと意味論」ドキュメント[RFC2566]からの追加や変更をまとめた付録です。 - 第18節は、完全な著作権表示です。

1.1 Simplified Printing Model
1.1簡体字印刷モデル

In order to achieve its goal of realizing a workable printing protocol for the Internet, the Internet Printing Protocol (IPP) is based on a simplified printing model that abstracts the many components of real world printing solutions. The Internet is a distributed computing environment where requesters of print services (clients, applications, printer drivers, etc.) cooperate and interact with print service providers. This model and semantics document describes a simple, abstract model for IPP even though the underlying configurations may be complex "n-tier" client/server systems. An important simplifying step in the IPP model is to expose only the key objects and interfaces required for printing. The model described in this model document does not include features, interfaces, and relationships that are beyond the scope of the first version of IPP (IPP/1.1). IPP/1.1 incorporates many of the relevant ideas and lessons learned from other specification and development efforts [HTPP] [ISO10175] [LDPA] [P1387.4] [PSIS] [RFC1179] [SWP]. IPP is heavily influenced by the printing model introduced in the Document Printing Application (DPA) [ISO10175] standard. Although DPA specifies both end user and administrative features, IPP version 1.1 (IPP/1.1) focuses primarily on end user functionality with a few additional OPTIONAL operator operations.

インターネットのための実行可能な印刷プロトコルを実現するという目標を達成するために、インターネット印刷プロトコル(IPP)は、実世界の印刷ソリューションの多くのコンポーネントを抽象化、簡略化、印刷モデルに基づいています。インターネットは、プリントサービスの要求者(クライアント、アプリケーション、プリンタドライバなど)が協力し、プリントサービスプロバイダと対話する分散コンピューティング環境です。このモデルと意味論の文書は、基礎となる構成が複雑であってもIPPのためのシンプルな、抽象モデルを説明し、「n層」のクライアント/サーバシステム。 IPPモデルにおける重要な簡略化ステップは、印刷に必要なキーオブジェクトとインターフェースを公開することです。このモデルの文書に記載されたモデルは、IPP(IPP / 1.1)の最初のバージョンの範囲を超えている機能、インターフェース、および関係を含みません。 IPP / 1.1は、関連するアイデアや教訓の多くは、他の仕様や開発の取り組み[HTPP] [ISO10175] [LDPA] [P1387.4] [PSIS] [RFC1179] [SWP]から学んだ組み込まれています。 IPPは重く文書印刷アプリケーション(DPA)[ISO10175]規格に導入プリンティングモデルによって影響されます。 DPAは、エンドユーザと管理機能の両方を指定しますが、IPPバージョン1.1(IPP / 1.1)は、主にいくつかの追加の任意のオペレーター業務をエンドユーザー機能に焦点を当てています。

The IPP/1.1 model encapsulates the important components of distributed printing into two object types:

IPP / 1.1モデルは、2つのオブジェクト・タイプに分散印刷の重要なコンポーネントをカプセル化します。

- Printer (Section 2.1) - Job (Section 2.2)

- プリンタ(2.1節) - ジョブ(2.2節)

Each object type has an associated set of operations (see section 3) and attributes (see section 4).

各オブジェクト・タイプは、関連するオペレーションのセット(セクション3参照)と属性(セクション4参照)を有しています。

It is important, however, to understand that in real system implementations (which lie underneath the abstracted IPP/1.1 model), there are other components of a print service which are not explicitly defined in the IPP/1.1 model. The following figure illustrates where IPP/1.1 fits with respect to these other components.

これは、(抽象化IPP / 1.1モデルの下に位置する)実際のシステム実装では、明示的にIPP / 1.1モデルで定義されていない印刷サービスの他の構成要素が存在することを理解することが重要です。 IPP / 1.1は、これらの他の成分に対して嵌合する場合、次の図は示しています。

                                +--------------+
                                |  Application |
                      o         +. . . . . . . |
                     \|/        |   Spooler    |
                     / \        +. . . . . . . |   +---------+
                   End-User     | Print Driver |---|  File   |
         +-----------+ +-----+  +------+-------+   +----+----+
         |  Browser  | | GUI |         |                |
         +-----+-----+ +--+--+         |                |
               |          |            |                |
               |      +---+------------+---+            |
   N   D   S   |      |      IPP Client    |------------+
   O   I   E   |      +---------+----------+
   T   R   C   |                |
   I   E   U   |
   F   C   R   -------------- Transport ------------------
   I   T   I
   C   O   T                    |         --+
   A   R   Y           +--------+--------+  |
   T   Y               |    IPP Server   |  |
   I                   +--------+--------+  |
   O                            |           |
   N                   +-----------------+  | IPP Printer
                       |  Print Service  |  |
                       +-----------------+  |
                                |         --+
                       +-----------------+
                       | Output Device(s)|
                       +-----------------+
        

An IPP Printer object encapsulates the functions normally associated with physical output devices along with the spooling, scheduling and multiple device management functions often associated with a print server. Printer objects are optionally registered as entries in a directory where end users find and select them based on some sort of filtered and context based searching mechanism (see section 16). The directory is used to store relatively static information about the Printer, allowing end users to search for and find Printers that match their search criteria, for example: name, context, printer capabilities, etc. The more dynamic information, such as state, currently loaded and ready media, number of jobs at the Printer, errors, warnings, and so forth, is directly associated with the Printer object itself rather than with the entry in the directory which only represents the Printer object.

IPP Printerオブジェクトは、通常、多くの場合、プリントサーバーに関連付けられたスプール、スケジューリングや複数のデバイス管理機能に加えて、物理出力デバイスに関連する機能をカプセル化します。プリンタオブジェクトは、必要に応じてエンドユーザが見つけるとのある種に基づいてそれらを選択し、ディレクトリ内のエントリとして登録され、濾過し、コンテキストベースの検索機構(セクション16を参照します)。ディレクトリは、例えば、エンドユーザーが検索し、その検索条件に一致するプリンタを検索することができ、プリンタに関する比較的静的な情報を格納するために使用されています。現在、このような状態として名前、コンテキスト、プリンタ機能など、より動的な情報、ロードされ、準備ができて、メディア、等々プリンタでジョブ、エラー、警告、および数は、直接プリンタオブジェクト自体ではなく、唯一のプリンタオブジェクトを表すディレクトリ内のエントリに関連付けられています。

IPP clients implement the IPP protocol on the client side and give end users (or programs running on behalf of end users) the ability to query Printer objects and submit and manage print jobs. An IPP server is just that part of the Printer object that implements the server-side protocol. The rest of the Printer object implements (or gateways into) the application semantics of the print service itself. The Printer objects may be embedded in an output device or may be implemented on a host on the network that communicates with an output device.

IPPクライアントは、クライアント側のIPPプロトコルを実装し、エンドユーザー(またはエンドユーザーに代わって動作しているプログラムに)プリンタオブジェクトを照会し、印刷ジョブを送信し、管理する能力を与えます。 IPPサーバーは、サーバー側のプロトコルを実装して、プリンタオブジェクトのちょうどその部分です。プリンタオブジェクトが実装の残りの部分(またはゲートウェイへの)印刷サービス自体のアプリケーションのセマンティクス。プリンタオブジェクトは、出力デバイスに埋め込まれてもよいし、出力装置と通信ネットワーク上のホスト上に実装されてもよいです。

When a job is submitted to the Printer object and the Printer object validates the attributes in the submission request, the Printer object creates a new Job object. The end user then interacts with this new Job object to query its status and monitor the progress of the job. An end user can also cancel their print jobs by using the Job object's Cancel-Job operation. An end-user can also hold, release, and restart their print jobs using the Job object's OPTIONAL Hold-Job, Release-Job, and Restart-Job operations, if implemented.

ジョブがプリンタオブジェクトに提出され、プリンタオブジェクトが提出要求に属性を検証する場合、Printerオブジェクトは、新しいジョブオブジェクトを作成します。エンドユーザは、その状態を照会し、ジョブの進行状況を監視するために、この新しいジョブオブジェクトと対話します。エンドユーザはまた、ジョブオブジェクトのキャンセル・ジョブ操作を使用して、印刷ジョブをキャンセルすることができます。エンドユーザはまた、リリースを保持し、実装されている場合、ジョブオブジェクトの任意の保持、仕事、リリース・ジョブ、および再起動 - 仕事の操作を使用して印刷ジョブを再起動することができます。

A privileged operator or administrator of a Printer object can cancel, hold, release, and restart any user's job using the REQUIRED Cancel-Job and the OPTIONAL Hold-Job, Release-Job, and Restart-Job operations. In additional privileged operator or administrator of a Printer object can pause, resume, or purge (jobs from) a Printer object using the OPTIONAL Pause-Printer, Resume-Printer, and Purge-Jobs operations, if implemented.

プリンタオブジェクトの特権オペレータまたは管理者が、キャンセル、リリースを保持し、必要なキャンセル、仕事やオプションホールドジョブ、リリース・ジョブ、および再起動ジョブ操作を使用して、任意のユーザーのジョブを再起動することができます。追加の特権オペレータまたは一時停止することができ、プリンタオブジェクトの管理者が、履歴書、またはパージ(からのジョブ)オプションの一時停止、プリンターを使用してプリンタオブジェクトでは、-再開プリンタ、およびパージ・ジョブの操作は、実装されている場合。

The notification service is out of scope for this IPP/1.1 document, but using such a notification service, the end user is able to register for and receive Printer specific and Job specific events. An end user can query the status of Printer objects and can follow the progress of Job objects by polling using the Get-Printer-Attributes, Get-Jobs, and Get-Job-Attributes operations.

通知サービスは、このIPP / 1.1文書の範囲外であるが、そのような通知サービスを利用して、エンドユーザーはに登録すると、プリンタの特定とジョブ固有のイベントを受信することができます。エンドユーザーは、プリンタオブジェクトの状態を照会することができますし、取得します - プリンタ - 属性を使用してポーリングすることによって、ジョブオブジェクトの進捗状況を追跡することができ、ゲット・ジョブズを、およびオペレーション・ジョブ・属性を取得します。

2. IPP Objects
2. IPPオブジェクト

The IPP/1.1 model introduces objects of type Printer and Job. Each type of object models relevant aspects of a real-world entity such as a real printer or real print job. Each object type is defined as a set of possible attributes that may be supported by instances of that object type. For each object (instance), the actual set of supported attributes and values describe a specific implementation. The object's attributes and values describe its state, capabilities, realizable features, job processing functions, and default behaviors and characteristics. For example, the Printer object type is defined as a set of attributes that each Printer object potentially supports. In the same manner, the Job object type is defined as a set of attributes that are potentially supported by each Job object.

IPP / 1.1モデルは、型プリンタとジョブのオブジェクトを紹介します。オブジェクトモデルなど、実際のプリンタまたは実際の印刷ジョブとして実世界のエンティティの関連する側面の各タイプ。各オブジェクト・タイプは、そのオブジェクトタイプのインスタンスによってサポートされる可能性のある属性のセットとして定義されます。各オブジェクト(インスタンス)のために、サポートされる属性および値の実際のセットは、特定の実装を記載しています。オブジェクトの属性と値は、その状態、能力、実現可能な機能、ジョブ処理機能、およびデフォルトの動作や特性を記述する。例えば、プリンタオブジェクトタイプは、各プリンタオブジェクトが潜在的にサポートしている属性の集合として定義されます。同様に、ジョブオブジェクトタイプは、潜在的に各ジョブオブジェクトによってサポートされる属性の集合として定義されます。

Each attribute included in the set of attributes defining an object type is labeled as:

オブジェクト型を定義する属性の集合に含まれる各属性は以下のようにラベル付けされています。

- "REQUIRED": each object MUST support the attribute. - "RECOMMENDED": each object SHOULD support the attribute. - "OPTIONAL": each object MAY support the attribute.

- 「REQUIRED」:各オブジェクトは、属性をサポートしなければなりません。 - 「推奨」:各オブジェクトは、属性をサポートする必要があります。 - 「オプション」:各オブジェクトは、属性をサポートするかもしれません。

Some definitions of attribute values indicate that an object MUST or SHOULD support the value; otherwise, support of the value is OPTIONAL.

属性値のいくつかの定義は、オブジェクトがまたは値をサポートすべきであるしなければならないことを示しています。そうでない場合は、値のサポートはオプションです。

However, if an implementation supports an attribute, it MUST support at least one of the possible values for that attribute.

実装が属性をサポートしている場合は、その属性の可能な値のうちの少なくとも1つをサポートしなければなりません。

2.1 Printer Object
2.1プリンタオブジェクト

The major component of the IPP/1.1 model is the Printer object. A Printer object implements the server-side of the IPP/1.1 protocol. Using the protocol, end users may query the attributes of the Printer object and submit print jobs to the Printer object. The actual implementation components behind the Printer abstraction may take on different forms and different configurations. However, the model abstraction allows the details of the configuration of real components to remain opaque to the end user. Section 3 describes each of the Printer operations in detail.

IPP / 1.1モデルの主要な構成要素は、プリンタオブジェクトです。プリンタオブジェクトは、IPP / 1.1プロトコルのサーバ側を実装します。プロトコルを使用して、エンドユーザーは、プリンタオブジェクトの属性を照会し、プリンタオブジェクトに印刷ジョブを提出することができます。プリンタの抽象化の背後にある実際の実装部品は、異なる形態と異なる構成をとることができます。しかし、モデルの抽象化は、実際のコンポーネントの構成の詳細は、エンドユーザーに不透明なままにすることができます。第3節では詳細にプリンタの各操作を説明します。

The capabilities and state of a Printer object are described by its attributes. Printer attributes are divided into two groups:

プリンタオブジェクトの能力と状態は、その属性によって記述されています。プリンタの属性は、2つのグループに分けられます。

- "job-template" attributes: These attributes describe supported job processing capabilities and defaults for the Printer object. (See section 4.2) - "printer-description" attributes: These attributes describe the Printer object's identification, state, location, references to other sources of information about the Printer object, etc. (see section 4.4)

- 「ジョブテンプレートは、」属性:これらの属性は、プリンタオブジェクトでサポートされているジョブ処理機能とデフォルト値を説明します。 (セクション4.2を参照) - 「プリンタ記述は、」属性:これらの属性は、プリンタオブジェクトの識別、状態、場所を記述する、プリンタオブジェクトに関する他の情報源への参照、等(セクション4.4を参照)

Since a Printer object is an abstraction of a generic document output device and print service provider, a Printer object could be used to represent any real or virtual device with semantics consistent with the Printer object, such as a fax device, an imager, or even a CD writer.

プリンタオブジェクトは、一般的な文書の出力デバイスと印刷サービスプロバイダの抽象化であるので、プリンタオブジェクトには、ファックスデバイスとしてプリンタオブジェクトと一致セマンティクス、と任意の実際のまたは仮想デバイスを表すために使用することができ、撮像素子、あるいはCDライター。

Some examples of configurations supporting a Printer object include:

プリンタオブジェクトをサポートする構成のいくつかの例は次のとおりです。

1) An output device with no spooling capabilities 2) An output device with a built-in spooler 3) A print server supporting IPP with one or more associated output devices 3a) The associated output devices may or may not be capable of spooling jobs 3b) The associated output devices may or may not support IPP

1)と無スプール機能2)出力デバイスと出力デバイス組み込みスプーラ3))は、1つまたは複数の関連する出力装置3aに関連付けられた出力デバイスをIPPをサポートしているプリントサーバは、またはジョブが3bをスプールすることが可能であってもなくてもよいです)関連する出力デバイスまたはIPPをサポートしてもしなくてもよいです

The following figures show some examples of how Printer objects can be realized on top of various distributed printing configurations. The embedded case below represents configurations 1 and 2. The hosted and fan-out figures below represent configurations 3a and 3b.

以下の図は、プリンタオブジェクトは、様々な分散印刷設定の上に実現することができる方法のいくつかの例を示しています。以下埋め込ま場合についてホストされ、ファンアウト数字は構成3Aおよび3Bを表す構成1と2を表します。

In this document the term "client" refers to a software entity that sends IPP operation requests to an IPP Printer object and accepts IPP operation responses. A client MAY be:

この文書では、用語「クライアント」IPP PrinterオブジェクトにIPP操作要求を送信し、IPP操作応答を受け入れるソフトウェアエンティティを指します。クライアントは次のようになります。

1. contained within software controlled by an end user, e.g. activated by the "Print" menu item in an application or

エンドユーザによって制御ソフトウェア内に含まれる1、例えばアプリケーションで「印刷」メニュー項目によって活性化されますか、

2. the print server component that sends IPP requests to either an output device or another "downstream" print server.

2. IPPを送信するプリントサーバコンポーネントは、出力デバイスまたは別の「下流」プリントサーバのいずれかに要求します。

The term "IPP Printer" is a network entity that accepts IPP operation requests and returns IPP operation responses. As such, an IPP object MAY be:

用語「IPPプリンタは、」IPP操作要求を受け入れ、IPP操作応答を返すネットワークエンティティです。このようにして、IPPオブジェクトは次のようになります。

1. an (embedded) device component that accepts IPP requests and controls the device or

IPP要求を受け付け、デバイスを制御または1(埋め込まれた)デバイスコンポーネント

2. a component of a print server that accepts IPP requests (where the print server controls one or more networked devices using IPP or other protocols).

2.(プリントサーバは、1つ以上のIPPを使用して、ネットワークデバイスまたは他のプロトコルを制御する)IPP要求を受け付け、プリントサーバの構成要素。

Legend:

伝説:

##### indicates a Printer object which is either embedded in an output device or is hosted in a server. The Printer object might or might not be capable of queuing/spooling.

#####の出力装置に内蔵されるか、またはサーバでホストされているプリンタオブジェクトを示しています。 Printerオブジェクトは、またはキューイング/スプーリングすることができない場合があります。

any indicates any network protocol or direct connect, including IPP

任意にはIPPを含む、任意のネットワークプロトコルまたは直接接続を示しています

   embedded printer:
                                             output device
                                           +---------------+
    O   +--------+                         |  ###########  |
   /|\  | client |------------IPP------------># Printer #  |
   / \  +--------+                         |  # Object  #  |
                                           |  ###########  |
                                           +---------------+
        
   hosted printer:
                                           +---------------+
    O   +--------+        ###########      |               |
   /|\  | client |--IPP--># Printer #-any->| output device |
   / \  +--------+        # Object  #      |               |
                          ###########      +---------------+
        
                                            +---------------+
   fan out:                                 |               |
                                        +-->| output device |
                                    any/    |               |
    O   +--------+      ###########   /     +---------------+
   /|\  | client |-IPP-># Printer #--*
   / \  +--------+      # Object  #   \     +---------------+
                        ########### any\    |               |
                                        +-->| output device |
                                            |               |
                                            +---------------+
        
2.2 Job Object
2.2ジョブオブジェクト

A Job object is used to model a print job. A Job object contains documents. The information required to create a Job object is sent in a create request from the end user via an IPP Client to the Printer object. The Printer object validates the create request, and if the Printer object accepts the request, the Printer object creates the new Job object. Section 3 describes each of the Job operations in detail.

ジョブオブジェクトは、印刷ジョブをモデル化するために使用されます。ジョブオブジェクトは、文書が含まれています。ジョブオブジェクトを作成するために必要な情報は、プリンタオブジェクトにIPPクライアントを経由して、エンドユーザからの作成要求で送信されます。 Printerオブジェクトは、作成要求を検証し、プリンタオブジェクトが要求を受け入れた場合、Printerオブジェクトは、新しいジョブオブジェクトを作成します。第3節では詳細にジョブの各操作を説明します。

The characteristics and state of a Job object are described by its attributes. Job attributes are grouped into two groups as follows:

ジョブオブジェクトの特性や状態はその属性によって記述されています。次のようにジョブの属性は、2つのグループに分類されます。

- "job-template" attributes: These attributes can be supplied by the client or end user and include job processing instructions which are intended to override any Printer object defaults and/or instructions embedded within the document data. (See section 4.2)

- 「ジョブテンプレートは、」属性:これらの属性は、クライアントまたはエンドユーザーによって供給された文書データの中に埋め込まれた任意のプリンタオブジェクトのデフォルト値および/または命令を上書きすることが意図されているジョブ処理命令を含むことができます。 (セクション4.2を参照)。

- "job-description" attributes: These attributes describe the Job object's identification, state, size, etc. The client supplies some of these attributes, and the Printer object generates others. (See section 4.3)

- 「ジョブ記述は、」属性:これらの属性は、クライアントがこれらの属性の一部を供給し、プリンタオブジェクトが他の人を生成し、ジョブオブジェクトの識別、状態、サイズなどを記述する。 (4.3節を参照してください)

An implementation MUST support at least one document per Job object. An implementation MAY support multiple documents per Job object. A document is either:

実装は、ジョブオブジェクトごとに少なくとも1つのドキュメントをサポートしなければなりません。実装は、ジョブオブジェクトごとに複数のドキュメントをサポートするかもしれません。文書のいずれかです:

- a stream of document data in a format supported by the Printer object (typically a Page Description Language - PDL), or - a reference to such a stream of document data

- プリンタオブジェクトによってサポートされる形式の文書データのストリーム(典型的には、ページ記述言語 - PDL)、または - 文書データのようなストリームへの参照

In IPP/1.1, a document is not modeled as an IPP object, therefore it has no object identifier or associated attributes. All job processing instructions are modeled as Job object attributes. These attributes are called Job Template attributes and they apply equally to all documents within a Job object.

IPP / 1.1で、文書は、従って、それにはオブジェクト識別子または関連する属性を持っていない、IPPオブジェクトとしてモデル化されていません。すべてのジョブ処理命令は、ジョブオブジェクトの属性としてモデル化されています。これらの属性は、ジョブテンプレート属性と呼ばれ、彼らは、ジョブオブジェクト内のすべての文書にも同様に適用されます。

2.3 Object Relationships
2.3オブジェクトの関係

IPP objects have relationships that are maintained persistently along with the persistent storage of the object attributes.

IPPオブジェクトは、オブジェクト属性の永続ストレージと一緒に永続的に維持されている関係を持っています。

A Printer object can represent either one or more physical output devices or a logical device which "processes" jobs but never actually uses a physical output device to put marks on paper. Examples of logical devices include a Web page publisher or a gateway into an online document archive or repository. A Printer object contains zero or more Job objects.

Printerオブジェクトは、1つ以上の物理出力デバイスまたは論理デバイス「プロセス」ジョブのいずれかを表したが、実際に紙の上にマークを置くために物理的な出力デバイスを使用することはできません。論理デバイスの例としては、Webページの発行者またはオンラインドキュメントアーカイブやリポジトリへのゲートウェイが含まれます。 Printerオブジェクトは、ゼロ以上のJobオブジェクトが含まれています。

A Job object is contained by exactly one Printer object, however the identical document data associated with a Job object could be sent to either the same or a different Printer object. In this case, a second Job object would be created which would be almost identical to the first Job object, however it would have new (different) Job object identifiers (see section 2.4).

ジョブオブジェクトは、しかし、ジョブオブジェクトに関連付けられた同じ文書データを同じまたは別のプリンタオブジェクトのいずれかに送信することができ、正確に一つのプリンタオブジェクトに含まれています。この場合、最初のジョブオブジェクトとほぼ同一であろう作成される第2のジョブオブジェクトは、しかし、新しい(異なる)Jobオブジェクト識別子(セクション2.4を参照)を有するであろう。

A Job object is either empty (before any documents have been added) or contains one or more documents. If the contained document is a stream of document data, that stream can be contained in only one document. However, there can be identical copies of the stream in other documents in the same or different Job objects. If the contained document is just a reference to a stream of document data, other documents (in the same or different Job object(s)) may contain the same reference.

ジョブオブジェクトが空であるか(どの文書が追加されている前に)、または1つ以上の文書が含まれています。含まれている文書は、文書データのストリームである場合、そのストリームは、1つのドキュメントのみに含めることができます。しかし、同じまたは異なるジョブオブジェクト内の他の文書のストリームの同一のコピーが存在することができます。含まれる文書は、文書データのストリームにだけ参照である場合、(同じまたは異なるジョブオブジェクト(複数可)で)他の文書は、同一の参照が含まれていてもよいです。

2.4 Object Identity
2.4オブジェクト識別

All Printer and Job objects are identified by a Uniform Resource Identifier (URI) [RFC2396] so that they can be persistently and unambiguously referenced. Since every URL is a specialized form of a URI, even though the more generic term URI is used throughout the rest of this document, its usage is intended to cover the more specific notion of URL as well.

彼らは永続的かつ明確に参照できるように、すべてのプリンタとジョブオブジェクトは、統一資源識別子(URI)[RFC2396]によって識別されます。すべてのURLはURIの特殊な形態であるので、より一般的な用語URIは、この文書の残りの部分全体で使用されていても、その使用方法は、同様にURLのより具体的な概念をカバーすることを意図しています。

An administrator configures Printer objects to either support or not support authentication and/or message privacy using Transport Layer Security (TLS) [RFC2246] (the mechanism for security configuration is outside the scope of this IPP/1.1 document). In some situations, both types of connections (both authenticated and unauthenticated) can be established using a single communication channel that has some sort of negotiation mechanism. In other situations, multiple communication channels are used, one for each type of security configuration. Section 8 provides a full description of all security considerations and configurations.

管理者は、サポートのいずれかにプリンタオブジェクトを設定するか、トランスポート層セキュリティ(TLS)[RFC2246](セキュリティ設定のためのメカニズムは、このIPP / 1.1文書の範囲外である)を使用して、認証および/またはメッセージのプライバシーをサポートしていません。いくつかの状況では、(認証され、認証されていない両方)接続の両方のタイプは、ネゴシエーションメカニズムのいくつかの並べ替えを持つ単一の通信チャネルを用いて確立することができます。他の状況では、複数の通信チャネルは、セキュリティ構成の各タイプごとに1つ使用されます。第8章では、すべてのセキュリティ上の考慮事項および構成の完全な説明を提供します。

If a Printer object supports more than one communication channel, some or all of those channels might support and/or require different security mechanisms. In such cases, an administrator could expose the simultaneous support for these multiple communication channels as multiple URIs for a single Printer object where each URI represents one of the communication channels to the Printer object. To support this flexibility, the IPP Printer object type defines a multi-valued identification attribute called the "printer-uri-supported" attribute. It MUST contain at least one URI. It MAY contain more than one URI. That is, every Printer object will have at least one URI that identifies at least one communication channel to the Printer object, but it may have more than one URI where each URI identifies a different communication channel to the Printer object. The "printer-uri-supported" attribute has two companion attributes, the "uri-security-supported" attribute and the "uri-authentication-supported". Both have the same cardinality as "printer-uri-supported". The purpose of the "uri-security-supported" attribute is to indicate the security mechanisms (if any) used for each URI listed in "printer-uri-supported". The purpose of the "uri-authentication-supported" attribute is to indicate the authentication mechanisms (if any) used for each URI listed in "printer-uri-supported". These three attributes are fully described in sections 4.4.1, 4.4.2, and 4.4.3.

プリンタオブジェクトが複数の通信チャネルをサポートしている場合は、それらのチャネルの一部または全部がサポートおよび/または異なるセキュリティ機構が必要になることがあります。このような場合、管理者は、各URIは、Printerオブジェクトへの通信チャネルのいずれかを表す単一のプリンタオブジェクトの複数のURIとして、これらの複数の通信チャネルの同時サポートを公開できました。この柔軟性をサポートするために、IPPプリンタオブジェクトタイプは、「プリンタ-uriのサポート」属性と呼ばれる複数の値を持つ識別属性を定義します。それは、少なくとも1つのURIを含まなければなりません。これは、複数のURIを含むかもしれません。すなわち、すべてのプリンタオブジェクトは、プリンタオブジェクトに少なくとも1つの通信チャネルを識別する少なくとも一つのURIを有するであろうし、それは各URIがプリンタオブジェクトに異なる通信チャネルを識別する複数のURIを有していてもよいです。 「プリンタ-URIでサポートされている」属性2つのコンパニオンは、「URI-セキュリティサポート」属性と「URI-認証サポートを」属性があります。どちらも、「プリンタ-URIでサポートされている」と同じカーディナリティを持ちます。 「URIセキュリティサポート」属性の目的は、「プリンタ-URIがサポート」にリストされた各URIに使用されるセキュリティメカニズムを(もしあれば)を示すことです。 「URI認証サポート」属性の目的は、(もしあれば)認証メカニズムを示すためである「プリンタ-URIサポート」にリストされた各URIに使用されます。これらの3つの属性が完全にセクション4.4.1、4.4.2、および4.4.3で説明されています。

When a job is submitted to the Printer object via a create request, the client supplies only a single Printer object URI. The client supplied Printer object URI MUST be one of the values in the "printer-uri-supported" Printer attribute.

ジョブを作成する要求を介してプリンタオブジェクトに送信されると、クライアントは単一のPrinterオブジェクトURIを提供します。クライアント付属のプリンタオブジェクトURIは、「プリンタ-URIでサポートされている」Printer属性の値のいずれかを指定します。

IPP/1.1 does not specify how the client obtains the client supplied URI, but it is RECOMMENDED that a Printer object be registered as an entry in a directory service. End-users and programs can then interrogate the directory searching for Printers. Section 16 defines a generic schema for Printer object entries in the directory service and describes how the entry acts as a bridge to the actual IPP Printer object. The entry in the directory that represents the IPP Printer object includes the possibly many URIs for that Printer object as values in one its attributes.

IPP / 1.1は、クライアントがURI供給クライアントを取得する方法を指定しませんが、プリンタオブジェクトがディレクトリ・サービスのエントリとして登録することが推奨されます。エンドユーザーやプログラムは、[プリンタの検索ディレクトリを調べることができます。第16条では、ディレクトリサービス内のプリンタオブジェクトのエントリのための一般的なスキーマを定義し、エントリが実際のIPP Printerオブジェクトへのブリッジとして動作する方法を説明します。 IPP Printerオブジェクトを表しディレクトリ内のエントリは、1つの属性の値としてそのプリンタオブジェクトのための、おそらく多くのURIを含んでいます。

When a client submits a create request to the Printer object, the Printer object validates the request and creates a new Job object. The Printer object assigns the new Job object a URI which is stored in the "job-uri" Job attribute. This URI is then used by clients as the target for subsequent Job operations. The Printer object generates a Job URI based on its configured security policy and the URI used by the client in the create request.

クライアントがプリンタオブジェクトに作成するリクエストを送信すると、Printerオブジェクトは、要求を検証し、新しいジョブオブジェクトを作成します。 Printerオブジェクトは、新しいジョブオブジェクト「仕事-URI」ジョブ属性に格納されたURIを割り当てます。このURIは、後続のジョブ操作の対象としてクライアントによって使用されます。 Printerオブジェクトは、その設定されたセキュリティポリシーと作成要求にクライアントが使用するURIに基づいてジョブURIを生成します。

For example, consider a Printer object that supports both a communication channel secured by the use of SSL3 (using HTTP over SSL3 with an "https" schemed URI) and another open communication channel that is not secured with SSL3 (using a simple "http" schemed URI). If a client were to submit a job using the secure URI, the Printer object would assign the new Job object a secure URI as well. If a client were to submit a job using the open-channel URI, the Printer would assign the new Job object an open-channel URI.

たとえば、SSL3を使用して保護された通信チャネルの両方をサポートしているプリンタオブジェクトを検討し、「HTTP」シンプルを使用してSSL3で保護されていない別のオープン通信チャネル((「https」を画策URIとSSL3上でHTTPを使用して)画策URI)。クライアントが安全なURIを使用してジョブを送信した場合、Printerオブジェクトは、新しい仕事にも安全なURIをオブジェクトに割り当てます。クライアントは、オープンチャネルURIを使用してジョブを送信した場合、プリンタは、新しいジョブオブジェクトのオープンチャネルURIを割り当てます。

In addition, the Printer object also populates the Job object's "job-printer-uri" attribute. This is a reference back to the Printer object that created the Job object. If a client only has access to a Job object's "job-uri" identifier, the client can query the Job's "job-printer-uri" attribute in order to determine which Printer object created the Job object. If the Printer object supports more than one URI, the Printer object picks the one URI supplied by the client when creating the job to build the value for and to populate the Job's "job-printer-uri" attribute.

また、Printerオブジェクトは、また、ジョブオブジェクトの「ジョブ・プリンタ-URI」属性を移入します。これは、バックのJobオブジェクトを作成したプリンターオブジェクトへの参照です。クライアントが唯一のJobオブジェクトの「仕事-URI」識別子へのアクセス権を持っている場合、クライアントは、オブジェクトが、ジョブオブジェクトを作成したプリンタを決定するために、仕事の「仕事・プリンタ-URI」属性を照会することができます。プリンタオブジェクトが複数のURIをサポートしている場合、Printerオブジェクトは、の値を構築し、仕事の「仕事・プリンタ-URI」属性を移入するジョブを作成するときに、クライアントによって提供される1つのURIを選びます。

Allowing Job objects to have URIs allows for flexibility and scalability. For example, in some implementations, the Printer object might create Jobs that are processed in the same local environment as the Printer object itself. In this case, the Job URI might just be a composition of the Printer's URI and some unique component for the Job object, such as the unique 32-bit positive integer mentioned later in this paragraph. In other implementations, the Printer object might be a central clearing-house for validating all Job object creation requests, but the Job object itself might be created in some environment that is remote from the Printer object. In this case, the Job object's URI may have no physical-location relationship at all to the Printer object's URI. Again, the fact that Job objects have URIs allows for flexibility and scalability, however, many existing printing systems have local models or interface constraints that force print jobs to be identified using only a 32-bit positive integer rather than an independent URI. This numeric Job ID is only unique within the context of the Printer object to which the create request was originally submitted. Therefore, in order to allow both types of client access to IPP Job objects (either by Job URI or by numeric Job ID), when the Printer object successfully processes a create request and creates a new Job object, the Printer object MUST generate both a Job URI and a Job ID. The Job ID (stored in the "job-id" attribute) only has meaning in the context of the Printer object to which the create request was originally submitted. This requirement to support both Job URIs and Job IDs allows all types of clients to access Printer objects and Job objects no matter the local constraints imposed on the client implementation.

ジョブオブジェクトはURIを持つことができるようにすると、柔軟性と拡張性を可能にします。例えば、いくつかの実装では、Printerオブジェクトは、プリンタオブジェクト自体と同じローカル環境で処理されたジョブを作成することがあります。この場合、ジョブURIだけプリンタのURIの組成及びそのようなこの段落で後述するユニークな32ビットの正の整数として、ジョブオブジェクトのいくつかのユニークな成分であるかもしれません。他の実装では、Printerオブジェクトは、すべてのJobオブジェクトの作成要求を検証するための中央清算社内かもしれませんが、ジョブオブジェクト自体は、プリンタオブジェクトから離れたいくつかの環境で作成される可能性があります。この場合、ジョブオブジェクトのURIは、PrinterオブジェクトのURIに全く物理的位置関係を有していなくてもよいです。再び、ジョブオブジェクトはURIが、柔軟性と拡張性を可能にする持っているという事実は、しかしながら、多くの既存の印刷システムは、ローカルモデルのみ32ビットの正の整数ではなく、独立したURIを使用して識別される印刷ジョブを強制インターフェースの制約を有します。この数値ジョブIDは、作成要求が最初に提出された先のプリンタオブジェクトのコンテキスト内でのみ一意です。そのため、プリンタオブジェクトが正常に新しいジョブオブジェクトを作成し、要求を処理し、作成します(数値ジョブID、ジョブURIによるかのいずれかによって)IPPジョブオブジェクトにアクセスするクライアントの両方のタイプを可能にするために、Printerオブジェクトは、両方生成しなければなりませんジョブURIとジョブID。 (「仕事-id」属性に格納されている)ジョブIDは作成要求が最初に提出された先のプリンタオブジェクトのコンテキストで意味を持ちます。この要件は、両方のジョブURIをサポートするとジョブIDは、クライアントのすべてのタイプのプリンタオブジェクトにアクセスすることを可能にし、仕事に関係なく、クライアントの実装に課せられたローカルな制約オブジェクト。

In addition to identifiers, Printer objects and Job objects have names ("printer-name" and "job-name"). An object name NEED NOT be unique across all instances of all objects. A Printer object's name is chosen and set by an administrator through some mechanism outside the scope of this IPP/1.1 document. A Job object's name is optionally chosen and supplied by the IPP client submitting the job. If the client does not supply a Job object name, the Printer object generates a name for the new Job object. In all cases, the name only has local meaning.

識別子に加えて、プリンタオブジェクトおよびジョブオブジェクトは、名前(「プリンタ名」および「ジョブ名」)を有します。オブジェクト名は、すべてのオブジェクトのすべてのインスタンス間で一意である必要はありません。 Printerオブジェクトの名前が選ばれ、このIPP / 1.1文書の範囲外のいくつかのメカニズムを介して管理者によって設定されています。ジョブオブジェクトの名前は、必要に応じて選択してジョブを送信IPPクライアントによって供給されています。クライアントは、ジョブオブジェクト名を指定しない場合、Printerオブジェクトは、新しいジョブオブジェクトの名前を生成します。すべての場合において、名前は、ローカルな意味を持っています。

To summarize:

要約する:

- Each Printer object is identified with one or more URIs. The Printer's "printer-uri-supported" attribute contains the URI(s). - The Printer object's "uri-security-supported" attribute identifies the communication channel security protocols that may or may not have been configured for the various Printer object URIs (e.g., 'tls' or 'none'). - The Printer object's "uri-authentication-supported" attribute identifies the authentication mechanisms that may or may not have been configured for the various Printer object URIs (e.g., 'digest' or 'none'). - Each Job object is identified with a Job URI. The Job's "job-uri" attribute contains the URI. - Each Job object is also identified with Job ID which is a 32- bit, positive integer. The Job's "job-id" attribute contains the Job ID. The Job ID is only unique within the context of the Printer object which created the Job object.

- 各プリンタのオブジェクトは、一の以上のURIで識別されます。プリンタの「プリンタ-uriのサポート」属性は、URI(複数可)が含まれています。 - プリンタオブジェクトの「URIセキュリティサポート」属性は、または種々のプリンタオブジェクトのURI(例えば、「TLS」または「なし」)のために設定されていなくてもよい通信チャネルのセキュリティプロトコルを識別する。 - プリンタオブジェクトの「URI認証サポート」属性は、または種々のプリンタオブジェクトのURI(例えば、「ダイジェスト」または「なし」)のために設定されていなくてもよい認証メカニズムを識別する。 - 各ジョブオブジェクトは、ジョブURIで識別されます。ジョブの「ジョブのuri」属性は、URIが含まれています。 - 各ジョブオブジェクトはまた、32ビット、正の整数であるジョブIDで識別されます。仕事の「仕事-id」属性は、ジョブIDが含まれています。ジョブIDは、ジョブオブジェクトを作成したプリンタオブジェクトのコンテキスト内でのみ一意です。

- Each Job object has a "job-printer-uri" attribute which contains the URI of the Printer object that was used to create the Job object. This attribute is used to determine the Printer object that created a Job object when given only the URI for the Job object. This linkage is necessary to determine the languages, charsets, and operations which are supported on that Job (the basis for such support comes from the creating Printer object). - Each Printer object has a name (which is not necessarily unique). The administrator chooses and sets this name through some mechanism outside the scope of this IPP/1.1 document. The Printer object's "printer-name" attribute contains the name. - Each Job object has a name (which is not necessarily unique). The client optionally supplies this name in the create request. If the client does not supply this name, the Printer object generates a name for the Job object. The Job object's "job-name" attribute contains the name.

- 各ジョブオブジェクトは、ジョブオブジェクトを作成するために使用されたプリンタオブジェクトのURIが含まれている「ジョブ・プリンタ-URI」属性を持っています。この属性は、JobオブジェクトのURIだけが与えられたとき、ジョブオブジェクトを作成したプリンタオブジェクトを決定するために使用されます。この結合は、そのジョブに支持されている言語、文字セット、および操作を決定する必要がある(このような支持体のための基礎を作成するプリンタオブジェクトから来ています)。 - 各プリンタのオブジェクトは、(必ずしも一意ではない)の名前を持っています。管理者は、このIPP / 1.1文書の範囲外でいくつかのメカニズムを介して、この名前を選択し、設定します。 Printerオブジェクトの「プリンタ名」属性には名前が含まれています。 - 各ジョブオブジェクトは、(必ずしも一意ではない)の名前を持っています。クライアントは、必要に応じて作成する要求にこの名前を提供します。クライアントがこの名前を供給しない場合、Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトの名前を生成します。ジョブオブジェクトの「ジョブ名」属性には名前が含まれています。

3. IPP Operations
3. IPP事業

IPP objects support operations. An operation consists of a request and a response. When a client communicates with an IPP object, the client issues an operation request to the URI for that object. Operation requests and responses have parameters that identify the operation. Operations also have attributes that affect the run-time characteristics of the operation (the intended target, localization information, etc.). These operation-specific attributes are called operation attributes (as compared to object attributes such as Printer object attributes or Job object attributes). Each request carries along with it any operation attributes, object attributes, and/or document data required to perform the operation. Each request requires a response from the object. Each response indicates success or failure of the operation with a status code as a response parameter. The response contains any operation attributes, object attributes, and/or status messages generated during the execution of the operation request.

IPPはサポート業務オブジェクト。操作は、要求と応答で構成されています。クライアントがIPPオブジェクトと通信する場合、クライアントはそのオブジェクトのURIに操作要求を発行します。操作要求と応答は、操作を特定のパラメータを持っています。操作は、操作(意図したターゲット、ローカライゼーション情報など)の実行時の特性に影響を与える属性を持っています。 (プリンタオブジェクト属性またはジョブオブジェクト属性などの属性をオブジェクトと比較して)これらの操作固有の属性は、動作属性と呼ばれます。各要求は、任意の操作属性、オブジェクト属性、および/または文書データ操作を実行するために必要なそれに沿って運びます。各要求は、オブジェクトからの応答を必要とします。各応答は、応答パラメータとしてステータスコードと操作の成功または失敗を示します。応答は、操作要求の実行中に発生したすべての操作属性、オブジェクト属性、および/またはステータスメッセージが含まれています。

This section describes the semantics of the IPP operations, both requests and responses, in terms of the parameters, attributes, and other data associated with each operation.

このセクションでは、パラメータ、属性、および各操作に関連付けられた他のデータの点で、要求と応答の両方をIPP操作のセマンティクスを記述しています。

The IPP/1.1 Printer operations are:

IPP / 1.1プリンタの操作は次のとおりです。

Print-Job (section 3.2.1) Print-URI (section 3.2.2) Validate-Job (section 3.2.3) Create-Job (section 3.2.4) Get-Printer-Attributes (section 3.2.5) Get-Jobs (section 3.2.6) Pause-Printer (section 3.3.5) Resume-Printer (section 3.3.6) Purge-Jobs (section 3.3.7)

印刷ジョブ(セクション3.2.1)を印刷-URI(セクション3.2.2)検証・ジョブ(セクション3.2.3)を作成し、ジョブ(セクション3.2.4)を取得します - プリンタ - 属性(セクション3.2.5)には、Get-ジョブズ(セクション3.2.6)一時停止 - プリンタ(セクション3.3.5)を再開し、プリンタ(セクション3.3.6)のパージ・ジョブ(セクション3.3.7)

The Job operations are:

ジョブの操作は次のとおりです。

Send-Document (section 3.3.1) Send-URI (section 3.3.2) Cancel-Job (section 3.3.3) Get-Job-Attributes (section 3.3.4) Hold-Job (section 3.3.5) Release-Job (section 3.3.6) Restart-Job (section 3.3.7)

(セクション3.3.4)ホールドジョブ(セクション3.3.5)リリース・ジョブ・ジョブ・属性を取得します(セクション3.3.2)(3.3.3) - ジョブをキャンセル-URI送る(セクション3.3.1) - ドキュメントに送ります(セクション3.3.6)を再起動し、仕事(セクション3.3.7)

The Send-Document and Send-URI Job operations are used to add a new document to an existing multi-document Job object created using the Create-Job operation.

センド・ドキュメントおよび送信-URI仕事の操作が作成し、ジョブの操作を使用して作成した既存のマルチドキュメントJobオブジェクトに新しいドキュメントを追加するために使用されています。

3.1 Common Semantics
3.1一般的なセマンティクス

All IPP operations require some common parameters and operation attributes. These common elements and their semantic characteristics are defined and described in more detail in the following sections.

すべてのIPP操作は、いくつかの一般的なパラメータ及び動作属性が必要です。これらの共通の要素とその意味論的特性が定義され、以下のセクションでより詳細に記載されています。

3.1.1 Required Parameters
3.1.1必須パラメータ

Every operation request contains the following REQUIRED parameters:

すべての操作要求は、次の必要なパラメータが含まれています。

- a "version-number", - an "operation-id", - a "request-id", and - the attributes that are REQUIRED for that type of request.

- 「バージョン番号」 - 「操作-IF」 - 「要求ID」、および - リクエストのタイプのために必要とされる属​​性。

Every operation response contains the following REQUIRED parameters:

すべての操作応答は、次の必要なパラメータが含まれています。

- a "version-number", - a "status-code", - the "request-id" that was supplied in the corresponding request, and - the attributes that are REQUIRED for that type of response.

- 「バージョン番号」 - 「ステータスコード」 - 対応する要求に供給された「リクエストID」、及び - 応答のタイプのために必要とされる属​​性。

The "Encoding and Transport" document [RFC2910] defines special rules for the encoding of these parameters. All other operation elements are represented using the more generic encoding rules for attributes and groups of attributes.

「符号化及びトランスポート」ドキュメント[RFC2910]は、これらのパラメータを符号化するための特別な規則を定義します。他のすべての操作要素は、属性の属性とグループのためのより一般的な符号化規則を用いて表現しています。

3.1.2 Operation IDs and Request IDs
3.1.2操作IDとリクエストIDを

Each IPP operation request includes an identifying "operation-id" value. Valid values are defined in the "operations-supported" Printer attribute section (see section 4.4.15). The client specifies which operation is being requested by supplying the correct "operation-id" value.

各IPP操作要求を識別する「操作ID」値を含みます。有効な値は、「オペレーション・サポート」Printer属性セクション(セクション4.4.15を参照)で定義されています。クライアントは、正しい「操作ID」の値を供給することによって要求されている操作を指定します。

In addition, every invocation of an operation is identified by a "request-id" value. For each request, the client chooses the "request-id" which MUST be an integer (possibly unique depending on client requirements) in the range from 1 to 2**31 - 1 (inclusive). This "request-id" allows clients to manage multiple outstanding requests. The receiving IPP object copies all 32-bits of the client-supplied "request-id" attribute into the response so that the client can match the response with the correct outstanding request, even if the "request-id" is out of range. If the request is terminated before the complete "request-id" is received, the IPP object rejects the request and returns a response with a "request-id" of 0.

加えて、動作のすべての呼び出しは、「要求ID」の値によって識別されます。 1(含む) - 要求ごとに、クライアントは1から2 ** 31の範囲の整数でなければなりません「要求ID」(クライアントの要件に応じて、おそらくユニークな)を選択します。この「リクエスト-IDは」クライアントが複数の未処理の要求を管理することができます。クライアントは、「要求ID」が範囲外であっても、正しい未処理の要求と応答に一致することができるように、応答にIPPオブジェクトのコピーをクライアントが提供する「リクエストID」属性のすべての32ビットを受信します。完全な「要求ID」が受信される前に、要求が終了した場合、IPPオブジェクトは、要求を拒否し、0の「要求ID」の応答を返します。

Note: In some cases, the transport protocol underneath IPP might be a connection oriented protocol that would make it impossible for a client to receive responses in any order other than the order in which the corresponding requests were sent. In such cases, the "request-id" attribute would not be essential for correct protocol operation. However, in other mappings, the operation responses can come back in any order. In these cases, the "request-id" would be essential.

注:いくつかのケースでは、IPPの下のトランスポートプロトコルは、それが不可能なクライアントは、対応する要求が送信された順序以外の順序で応答を受信できるようにするためだろうコネクション指向のプロトコルであるかもしれません。このような場合には、「要求-id」属性は、正しいプロトコル動作に不可欠ではないでしょう。しかし、他のマッピングでは、操作応答は、任意の順序で戻ってくることができます。これらのケースでは、「要求-idが」必須になります。

3.1.3 Attributes
3.1.3属性

Operation requests and responses are both composed of groups of attributes and/or document data. The attributes groups are:

操作要求と応答は両方の属性および/または文書データのグループで構成されています。属性グループは次のとおりです。

- Operation Attributes: These attributes are passed in the operation and affect the IPP object's behavior while processing the operation request and may affect other attributes or groups of attributes. Some operation attributes describe the document data associated with the print job and are associated with new Job objects, however most operation attributes do not persist beyond the life of the operation. The description of each operation attribute includes conformance statements indicating which operation attributes are REQUIRED and which are OPTIONAL for an IPP object to support and which attributes a client MUST supply in a request and an IPP object MUST supply in a response. - Job Template Attributes: These attributes affect the processing of a job. A client OPTIONALLY supplies Job Template Attributes in a create request, and the receiving object MUST be prepared to receive all supported attributes. The Job object can later be queried to find out what Job Template attributes were originally requested in the create request, and such attributes are returned in the response as Job Object Attributes. The Printer object can be queried about its Job Template attributes to find out what type of job processing capabilities are supported and/or what the default job processing behaviors are, though such attributes are returned in the response as Printer Object Attributes. The "ipp-attribute-fidelity" operation attribute affects processing of all client-supplied Job Template attributes (see sections 3.2.1.2 and 15 for a full description of "ipp-attribute-fidelity" and its relationship to other attributes). - Job Object Attributes: These attributes are returned in response to a query operation directed at a Job object. - Printer Object Attributes: These attributes are returned in response to a query operation directed at a Printer object. - Unsupported Attributes: In a create request, the client supplies a set of Operation and Job Template attributes. If any of these attributes or their values is unsupported by the Printer object, the Printer object returns the set of unsupported attributes in the response. Sections 3.1.7, 3.2.1.2, and 15 give a full description of how Job Template attributes supplied by the client in a create request are processed by the Printer object and how unsupported attributes are returned to the client. Because of extensibility, any IPP object might receive a request that contains new or unknown attributes or values for which it has no support. In such cases, the IPP object processes what it can and returns the unsupported attributes in the response. The Unsupported Attribute group is defined for all operation responses for returning unsupported attributes that the client supplied in the request.

これらの属性は、操作に渡され、操作要求を処理し、属性の他の属性やグループに影響を与える可能性がありながら、IPPオブジェクトの動作に影響を与える: - 操作属性。いくつかの操作属性は、しかし、ほとんどの操作属性は操作の人生を超えて存続していない、印刷ジョブに関連付けられた文書データを記述して、新しいジョブオブジェクトに関連付けられています。各操作属性の記述は、動作属性が必要とされるクライアント要求に応答して供給しなければならないIPPオブジェクトに供給しなければならない属性をサポートするIPPオブジェクトのオプションであり、そのされているかを示す適合ステートメントを含みます。 - ジョブテンプレート属性:これらの属性は、ジョブの処理に影響を与えます。クライアントは、オプションジョブテンプレートを作成し、要求内の属性供給し、受信側オブジェクトがサポートされているすべての属性を受け取るために準備しなければなりません。ジョブオブジェクトは、後でジョブテンプレート属性が元々作成要求で要求されたかを調べるために照会することができ、このような属性は、ジョブオブジェクトの属性として応答で返されます。そのジョブテンプレートがサポートされているジョブ処理機能の種類を見つけるために属性についてのPrinterオブジェクトは、照会することができ、および/またはデフォルトジョブ処理行動が何であるか、プリンタオブジェクト属性などの属性が応答で返されても。 「IPP属性忠実度」操作属性は(「IPP属性忠実度」と他の属性との関係の完全な説明についてはセクション3.2.1.2および15を参照)属性すべてのクライアントが提供するジョブテンプレートの処理に影響を与えます。 - ジョブオブジェクト属性:これらの属性は、ジョブオブジェクトに向けられたクエリ操作への応答で返されます。 - プリンタオブジェクト属性:これらの属性は、プリンタオブジェクトに向けられたクエリ操作への応答で返されます。 - サポートされていない属性:作成要求では、クライアントは操作のセットを提供し、ジョブテンプレート属性。これらの属性やそれらの値のいずれかがプリンタオブジェクトによってサポートされていない場合、Printerオブジェクトは、応答でサポートされていない属性のセットを返します。セクション3.1.7、3.2.1.2、および15は、ジョブテンプレートがクライアントに返され、プリンタオブジェクトとどのようにサポートされていない属性によって処理され、作成リクエストでクライアントが供給する属性方法の完全な説明を与えます。そのため拡張性、任意のIPPオブジェクトは、それがサポートしていませんそのため、新規または未知の属性や値が含まれている要求を受信する場合があります。このような場合には、IPPオブジェクトは、どのようなことができるプロセスおよび応答でサポートされていない属性を返します。サポートされていない属性グループは、クライアントが要求で供給され、サポートされていない属性を返すため、すべての操作応答のために定義されています。

Later in this section, each operation is formally defined by identifying the allowed and expected groups of attributes for each request and response. The model identifies a specific order for each group in each request or response, but the attributes within each group may be in any order, unless specified otherwise.

このセクションで後述する各動作は、正式に各要求および応答の属性の許容と予想されるグループを特定することによって定義されます。モデルは、各要求または応答して各グループのために特定の順序を特定するが、特に断りのない限り、各グループ内の属性は、任意の順序であってもよいです。

The attributes within a group MUST be unique; if an attribute with the same name occurs more than once, the group is mal-formed. Clients MUST NOT submit such malformed requests and Printers MUST NOT return such malformed responses. If such a malformed request is submitted to a Printer, the Printer MUST either (1) reject the request with the 'client-error-bad-request' status code (see section 13.1.4.1) or (2) process the request normally after selecting only one of the attribute instances, depending on implementation. Which attribute is selected when there are duplicate attributes depends on implementation. The IPP Printer MUST NOT use the values from more than one such duplicate attribute instance.

グループ内の属性は一意でなければなりません。同じ名前を持つ属性が複数回発生した場合、グループはMAL-形成されています。クライアントは、このような不正なリクエストを提出してはならないとプリンタは、このような不正なレスポンスを返してはなりません。そのような不正なリクエストをプリンタに送信された場合、プリンタは、(1)「クライアント誤り悪い要求」ステータスコードで要求を拒絶しなければなりません(セクション13.1.4.1を参照)、または(2)の後に正常に要求を処理実装によっては、属性のインスタンスを1つだけ選択します。どの属性が重複する属性が実装に依存している場合に選択されます。 IPPプリンタは、複数のそのような重複した属性インスタンスからの値を使用してはなりません。

Each attribute definition includes the attribute's name followed by the name of its attribute syntax(es) in parenthesizes. In addition, each 'integer' attribute is followed by the allowed range in parentheses, (m:n), for values of that attribute. Each 'text' or 'name' attribute is followed by the maximum size in octets in parentheses, (size), for values of that attribute. For more details on attribute syntax notation, see the descriptions of these attributes syntaxes in section 4.1.

各属性の定義はparenthesizesでその属性構文(ES)の名前が続く属性の名前が含まれています。その属性の値に対して、(N M)に加えて、各「整数」属性は、括弧内の許容範囲が続きます。各「テキスト」か「名前」属性は、その属性の値に対して、括弧内のオクテットの最大サイズ(サイズ)が続いています。属性構文の表記法の詳細については、セクション4.1でこれらの属性構文の説明を参照してください。

Note: Document data included in the operation is not strictly an attribute, but it is treated as a special attribute group for ordering purposes. The only operations that support supplying the document data within an operation request are Print-Job and Send-Document. There are no operation responses that include document data.

注意:操作に含まれる文書データは、厳密には属性はありませんが、それは目的を注文するための特別な属性グループとして扱われます。操作要求内の文書データの供給をサポートする唯一の操作は、印刷ジョブであり、-ドキュメントを送信します。文書データを含む何も操作応答がありません。

Some operations are REQUIRED for IPP objects to support; the others are OPTIONAL (see section 5.2.2). Therefore, before using an OPTIONAL operation, a client SHOULD first use the REQUIRED Get-Printer-Attributes operation to query the Printer's "operations-supported" attribute in order to determine which OPTIONAL Printer and Job operations are actually supported. The client SHOULD NOT use an OPTIONAL operation that is not supported. When an IPP object receives a request to perform an operation it does not support, it returns the 'server-error-operation-not-supported' status code (see section 13.1.5.2). An IPP object is non-conformant if it does not support a REQUIRED operation.

一部の操作はサポートするIPPオブジェクトのために必要とされます。他の人が(セクション5.2.2を参照)はオプションです。したがって、任意のオペレーションを使用する前に、クライアントは最初にオプションのプリンタやジョブの操作が実際にサポートされているかを決定するために、プリンタの「運用サポート」属性を照会するために必要な取得・プリンタ・属性操作を使用すべきです。クライアントがサポートされていない任意のオペレーションを使用しないでください。 IPPオブジェクトは、それがサポートしていない操作を実行するための要求を受信すると、それは(セクション13.1.5.2を参照)「サーバ誤り操作、サポートされていない」状態コードを返します。それは必要な操作をサポートしていない場合、IPPオブジェクトは、非準拠です。

3.1.4 Character Set and Natural Language Operation Attributes
3.1.4キャラクタセットおよび自然言語運用の属性

Some Job and Printer attributes have values that are text strings and names intended for human understanding rather than machine understanding (see the 'text' and 'name' attribute syntax descriptions in section 4.1). The following sections describe two special Operation Attributes called "attributes-charset" and "attributes-natural-language". These attributes are always part of the Operation Attributes group. For most attribute groups, the order of the attributes within the group is not important. However, for these two attributes within the Operation Attributes group, the order is critical. The "attributes-charset" attribute MUST be the first attribute in the group and the "attributes-natural-language" attribute MUST be the second attribute in the group. In other words, these attributes MUST be supplied in every IPP request and response, they MUST come first in the group, and MUST come in the specified order. For job creation operations, the IPP Printer implementation saves these two attributes with the new Job object as Job Description attributes. For the sake of brevity in this document, these operation attribute descriptions are not repeated with every operation request and response, but have a reference back to this section instead.

いくつかの仕事とプリンタの属性は、テキスト文字列と人間の理解ではなく、マシンの理解(「テキスト」と「名前」セクション4.1の構文属性の説明を参照)のために意図されている名前の値を持ちます。次のセクションでは、「属性-文字セット」と「属性自然言語」と呼ばれる2つの特別な操作属性を記述します。これらの属性は、常に操作はグループ属性の一部です。ほとんどの属性グループの場合、グループ内の属性の順序は重要ではありません。運転中のこれら二つの属性は、グループ属性のためしかし、順序が重要です。 「属性-のcharset」属性は、グループ内の最初の属性でなければならないと「 - 属性自然言語」属性は、グループ内の2番目の属性であるに違いありません。つまり、これらの属性は、すべてのIPP要求と応答に供給されなければならない、彼らはグループで最初に来なければならない、と指定された順序で来なければなりません。雇用創出の操作については、IPPプリンタの実装では、ジョブの説明属性として新しいジョブオブジェクトを使用してこれらの2つの属性が保存されます。この文書の簡略化のため、これらの操作属性の記述は、すべての操作要求と応答を繰り返したが、バックの代わりに、このセクションへの参照を持っていません。

3.1.4.1 Request Operation Attributes
3.1.4.1要求操作属性

The client MUST supply and the Printer object MUST support the following REQUIRED operation attributes in every IPP/1.1 operation request:

クライアントが供給しなければならないとPrinterオブジェクトは、次の必要な操作はすべてのIPP / 1.1操作要求に属性をサポートしなければなりません:

"attributes-charset" (charset): This operation attribute identifies the charset (coded character set and encoding method) used by any 'text' and 'name' attributes that the client is supplying in this request. It also identifies the charset that the Printer object MUST use (if supported) for all 'text' and 'name' attributes and status messages that the Printer object returns in the response to this request. See Sections 4.1.1 and 4.1.2 for the definition of the 'text' and 'name' attribute syntaxes.

「属性-文字セット」(文字セット):この操作属性は、クライアントがこの要求に供給していることを任意の「テキスト」と「名前」属性で使用される文字セット(符号化文字セット符号化方式)を識別します。また、(サポートされている場合)プリンタオブジェクトは、この要求に応じて、プリンタオブジェクトを返すことをすべての「テキスト」と「名」属性とステータスメッセージのために使用しなければならない文字セットを識別します。 「テキスト」と「名前」属性構文の定義については、セクション4.1.1と4.1.2を参照してください。

All clients and IPP objects MUST support the 'utf-8' charset [RFC2279] and MAY support additional charsets provided that they are registered with IANA [IANA-CS]. If the Printer object does not support the client supplied charset value, the Printer object MUST reject the request, set the "attributes-charset" to 'utf-8' in the response, and return the 'client-error-charset-not-supported' status code and any 'text' or 'name' attributes using the 'utf-8' charset. The Printer NEED NOT return any attributes in the Unsupported Attributes Group (See sections 3.1.7 and 3.2.1.2). The Printer object MUST indicate the charset(s) supported as the values of the "charset-supported" Printer attribute (see Section 4.4.18), so that the client can query to determine which charset(s) are supported.

すべてのクライアントとIPPオブジェクトは、「UTF-8」のcharset [RFC2279]をサポートしなければならないと、彼らはIANA [IANA-CS]に登録されていることを提供される追加の文字セットをサポートするかもしれません。プリンタオブジェクトは、クライアントがcharset値を与えサポートしていない場合は、プリンタのオブジェクトは、要求を拒否応答で「UTF-8」に「属性-文字セット」に設定し、「クライアント・エラー・文字セット-not-を返さなければなりませんサポート」ステータスコードと任意の 『テキスト』か 『名は、UTF-8『文字セット』を使用して属性』。プリンタサポートされていない内の任意の属性を返す必要はありませんが(セクション3.1.7と3.2.1.2を参照)グループ属性。クライアントがサポートされている文字セット(S)を決定するために照会できるように、プリンタオブジェクトは、「文字セットでサポートされている」Printer属性(セクション4.4.18を参照)の値としてサポートされる文字セット(複数可)を指定する必要があります。

Note to client implementers: Since IPP objects are only required to support the 'utf-8' charset, in order to maximize interoperability with multiple IPP object implementations, a client may want to supply 'utf-8' in the "attributes-charset" operation attribute, even though the client is only passing and able to present a simpler charset, such as US-ASCII [ASCII] or ISO-8859-1 [ISO8859-1]. Then the client will have to filter

クライアントの実装者への注意:IPPオブジェクトは唯一の「UTF-8」文字セットをサポートするために必要とされるので、複数のIPPオブジェクト実装との相互運用性を最大にするために、クライアントが「属性-文字セット」に「UTF-8」を供給することができます操作属性、クライアントだけ渡すと、そのようなUS-ASCII [ASCII]またはとして、単純な文字セットを提示することができるにもかかわらず、ISO8859-1 [ISO8859-1]。その後、クライアントは、フィルタリングする必要があります

out (or charset convert) those characters that are returned in the response that it cannot present to its user. On the other hand, if both the client and the IPP objects also support a charset in common besides utf-8, the client may want to use that charset in order to avoid charset conversion or data loss.

アウト(または文字セットの変換)応答で返されるこれらの文字は、それがそのユーザに提示することができません。クライアントとIPPオブジェクトの両方にもUTF-8以外にも共通する文字セットをサポートする一方、クライアントは、文字セット変換やデータの損失を避けるために、その文字セットを使用することもできます。

See the 'charset' attribute syntax description in Section 4.1.7 for the syntax and semantic interpretation of the values of this attribute and for example values.

この属性の値の構文と意味解釈のためと例の値については、セクション4.1.7の「文字セット」属性構文の説明を参照してください。

"attributes-natural-language" (naturalLanguage): This operation attribute identifies the natural language used by any 'text' and 'name' attributes that the client is supplying in this request. This attribute also identifies the natural language that the Printer object SHOULD use for all 'text' and 'name' attributes and status messages that the Printer object returns in the response to this request. See the 'naturalLanguage' attribute syntax description in section 4.1.8 for the syntax and semantic interpretation of the values of this attribute and for example values.

「属性自然言語」(自然言語):この操作属性は、クライアントがこの要求に供給していることを任意の「テキスト」と「名前」属性で使用される自然言語を識別します。この属性は、プリンタオブジェクトは、すべての「テキスト」と「名」属性とステータスメッセージに使用する自然言語を識別し、この要求に応じて、プリンタオブジェクトを返します。この属性の値の構文と意味解釈のためと例の値についてセクション4.1.8の「自然言語」属性構文の説明を参照してください。

There are no REQUIRED natural languages required for the Printer object to support. However, the Printer object's "generated-natural-language-supported" attribute identifies the natural languages supported by the Printer object and any contained Job objects for all text strings generated by the IPP object. A client MAY query this attribute to determine which natural language(s) are supported for generated messages.

サポートへのPrinterオブジェクトのために必要な一切REQUIRED自然言語はありません。しかし、Printerオブジェクトの「生成された自然言語サポート」属性は、IPPオブジェクトによって生成されたすべてのテキスト文字列のためのプリンタオブジェクトと任意の含まれるジョブオブジェクトでサポートされている自然言語を識別します。クライアントは、自然言語(複数可)生成されたメッセージのためにサポートされているかを決定するために、この属性を問い合わせることができます。

For any of the attributes for which the Printer object generates text, i.e., for the "job-state-message", "printer-state-message", and status messages (see Section 3.1.6), the Printer object MUST be able to generate these text strings in any of its supported natural languages. If the client requests a natural language that is not supported, the Printer object MUST return these generated messages in the Printer's configured natural language as specified by the Printer's "natural-language-configured" attribute" (see Section 4.4.19).

プリンタオブジェクトは、テキスト、すなわち、「ジョブ状態メッセージ」について、「プリンタ状態メッセージ」、およびステータスメッセージを(セクション3.1.6を参照)を生成するための属性のいずれかの場合は、プリンタオブジェクトができなければならない(MUST)そのサポートの自然言語のいずれかでこれらのテキスト文字列を生成します。クライアントがサポートされていない自然言語を要求した場合、プリンタの「自然言語設定の」属性」(セクション4.4.19を参照)で指定されたとして、Printerオブジェクトは、プリンタの構成された自然言語で生成されたこれらのメッセージを返さなければなりません。

For other 'text' and 'name' attributes supplied by the client, authentication system, operator, system administrator, or manufacturer (i.e., for "job-originating-user-name", "printer-name" (name), "printer-location" (text), "printer-info" (text), and "printer-make-and-model" (text)), the Printer object is only required to support the configured natural language of the

クライアント、認証システム、オペレータ、システム管理者、または製造業者(すなわち、「ジョブ発信ユーザー名」について、「プリンタ名」(名前)、「プリンタによって提供される他の「テキスト」と「名」属性について-location」(テキスト)、 『プリンタ情報』(テキスト)、および 『プリンタメイクとモデル』(テキスト))、プリンタオブジェクトがのみの構成された自然言語をサポートするために必要です

Printer identified by the Printer object's "natural-language-configured" attribute, though support of additional natural languages for these attributes is permitted.

これらの属性のための追加の自然言語のサポートが許可されているものの、プリンタは、Printerオブジェクトの「自然言語設定の」属性によって識別されます。

For any 'text' or 'name' attribute in the request that is in a different natural language than the value supplied in the "attributes-natural-language" operation attribute, the client MUST use the Natural Language Override mechanism (see sections 4.1.1.2 and 4.1.2.2) for each such attribute value supplied. The client MAY use the Natural Language Override mechanism redundantly, i.e., use it even when the value is in the same natural language as the value supplied in the "attributes-natural-language" operation attribute of the request.

「属性自然言語」操作属性で供給された値とは異なる自然言語である、要求のいずれかの「テキスト」か「名前」属性の場合、クライアントは、セクション4.1を参照してください(自然言語オーバーライド・メカニズムを使用しなければなりません。供給されたこのような各属性値の1.2および4.1.2.2)。クライアントは、値がリクエストの「属性自然言語」操作属性で供給された値と同じ自然言語である場合でも、それを使用する、すなわち、冗長自然言語オーバーライド・メカニズムを使用するかもしれません。

The IPP object MUST accept any natural language and any Natural Language Override, whether the IPP object supports that natural language or not (and independent of the value of the "ipp-attribute-fidelity" Operation attribute). That is the IPP object accepts all client supplied values no matter what the values are in the Printer object's "generated-natural-language-supported" attribute. That attribute, "generated-natural-language-supported", only applies to generated messages, not client supplied messages. The IPP object MUST remember that natural language for all client-supplied attributes, and when returning those attributes in response to a query, the IPP object MUST indicate that natural language.

IPPオブジェクトは、IPPオブジェクトは、自然言語やない(と「IPP属性忠実度」操作属性の値に依存しない)ことをサポートしているかどうか、任意の自然言語と任意の自然言語の上書きを受け入れなければなりません。これは、IPPオブジェクトは関係なく、値がPrinterオブジェクトの「生成された自然言語サポート」属性であるか、すべてのクライアント供給値を受け入れていないです。 、「生成された自然言語サポート」という属性は、のみ生成されたメッセージに適用され、クライアントがメッセージを付属していません。 IPPオブジェクトは、すべてのクライアントが提供する属性のためにその自然言語を覚えておく必要がありますし、クエリに応答してそれらの属性を返すとき、IPPオブジェクトは、その自然言語を指定する必要があります。

Each value whose attribute syntax type is 'text' or 'name' (see sections 4.1.1 and 4.1.2) has an Associated Natural-Language. This document does not specify how this association is stored in a Printer or Job object. When such a value is encoded in a request or response, the natural language is either implicit or explicit:

その属性の構文タイプは「テキスト」か「名」の各値は、関連する自然言語を持っている(セクション4.1.1と4.1.2を参照してください)。この文書では、この協会は、プリンタまたはジョブオブジェクトに格納する方法を指定しません。そのような値を要求または応答に符号化されたとき、自然言語は、暗黙的または明示的のいずれかです。

- In the implicit case, the value contains only the text/name value, and the language is specified by the "attributes-natural-language" operation attribute in the request or response (see sections 4.1.1.1 textWithoutLanguage and 4.1.2.1 nameWithoutLanguage).

- 暗黙の場合、値はテキストのみ/名前の値が含まれており、言語は、要求または応答で「属性自然言語」操作属性で指定されている(セクション4.1.1.1 textWithoutLanguageと4.1.2.1 nameWithoutLanguageを参照してください) 。

- In the explicit case (also known as the Natural-Language Override case), the value contains both the language and the text/name value (see sections 4.1.1.2 textWithLanguage and 4.1.2.2 nameWithLanguage).

- 明示的な場合(また、自然言語オーバーライドケースとしても知られている)で、値は、言語およびテキスト/名前の値(セクション4.1.1.2と4.1.2.2 textWithLanguage nameWithLanguageを参照)の両方を含みます。

For example, the "job-name" attribute MAY be supplied by the client in a create request. The text value for this attribute will be in the natural language identified by the "attribute- natural-language" attribute, or if different, as identified by the Natural Language Override mechanism. If supplied, the IPP object will use the value of the "job-name" attribute to populate the Job object's "job-name" attribute. Whenever any client queries the Job object's "job-name" attribute, the IPP object returns the attribute as stored and uses the Natural Language Override mechanism to specify the natural language, if it is different from that reported in the "attributes-natural-language" operation attribute of the response. The IPP object MAY use the Natural Language Override mechanism redundantly, i.e., use it even when the value is in the same natural language as the value supplied in the "attributes-natural-language" operation attribute of the response.

たとえば、「ジョブ名」属性は、作成要求でクライアントによって供給されてもよいです。自然言語オーバーライドメカニズムによって識別されるように、この属性のテキスト値は、「attribute-自然言語」属性、または異なる場合によって識別される自然言語になります。指定した場合、IPPオブジェクトは、Jobオブジェクトの「ジョブ名」属性を設定するために、「ジョブ名」属性の値を使用します。任意のクライアントは、ジョブオブジェクトの「ジョブ名」属性を照会するたびに、IPPオブジェクトが格納された属性を返し、それが「属性自然言語で報告と異なっている場合には、自然言語を指定するには、自然言語オーバーライドメカニズムを使用しています応答の "操作属性。 IPPオブジェクトは、値が応答の「属性自然言語」操作属性で供給された値と同じ自然言語であっても、それを使用、即ち、冗長自然言語オーバーライド機構を使用することができます。

An IPP object MUST NOT reject a request based on a supplied natural language in an "attributes-natural-language" Operation attribute or in any attribute that uses the Natural Language Override.

IPPオブジェクトは、「属性自然言語」操作属性や自然言語の上書きを使用して任意の属性で供給され、自然言語に基づいて要求を拒否してはなりません。

Clients SHOULD NOT supply 'text' or 'name' attributes that use an illegal combination of natural language and charset. For example, suppose a Printer object supports charsets 'utf-8', 'iso-8859-1', and 'iso-8859-7'. Suppose also, that it supports natural languages 'en' (English), 'fr' (French), and 'el' (Greek). Although the Printer object supports the charset 'iso-8859-1' and natural language 'el', it probably does not support the combination of Greek text strings using the 'iso-8859-1' charset. The Printer object handles this apparent incompatibility differently depending on the context in which it occurs:

クライアントは、自然言語と文字セットの不正な組み合わせを使用して「テキスト」または「名前」の属性を提供しません。例えば、プリンタオブジェクトは文字セット 'UTF-8'、 'ISO-8859-1'、および 'ISO-8859-7' をサポートしていたとします。それがサポートしていること、また、仮定の自然言語(EN)(英語)、「FR」(フランス語)、および「エル」(ギリシャ語)。 Printerオブジェクトは文字セット「ISO-8859-1」と自然言語「エル」をサポートしていますが、それはおそらく、「ISO-8859-1」文字セットを使用してギリシャ語のテキスト文字列の組み合わせをサポートしていません。 Printerオブジェクトは、それが発生したコンテキストに応じて異なり、この見かけ上の非互換性を処理します。

- In a create request: If the client supplies a text or name attribute (for example, the "job-name" operation attribute) that uses an apparently incompatible combination, it is a client choice that does not affect the Printer object or its correct operation. Therefore, the Printer object simply accepts the client supplied value, stores it with the Job object, and responds back with the same combination whenever the client (or any client) queries for that attribute. - In a query-type operation, like Get-Printer-Attributes: If the client requests an apparently incompatible combination, the Printer object responds (as described in section 3.1.4.2) using the Printer's configured natural language rather than the natural language requested by the client.

- では、要求を作成します。クライアントが明らかに互換性のない組み合わせを使用するテキストまたはname属性(例えば、「ジョブ名」操作属性)を供給する場合は、プリンタオブジェクトまたはその正確には影響しませんクライアントの選択であります操作。したがって、Printerオブジェクトは、単純に、クライアント供給値を受け入れ、ジョブオブジェクトを使用して格納し、クライアント(または任意のクライアントが)その属性を照会するたびに同じ組み合わせで戻って応答します。 - 問い合わせタイプの操作では、Get-プリンタ-属性のように:クライアントが明らかに互換性のない組み合わせを要求した場合(セクション3.1.4.2で説明したように)、Printerオブジェクトは、要求されたことにより、自然言語ではなく、プリンタの構成された自然言語を使用して応答しますクライアント。

In either case, the Printer object does not reject the request because of the apparent incompatibility. The potential incompatible combination of charset and natural language can occur either at the global operation level or at the Natural Language Override attribute-by-attribute level. In addition, since the response always includes explicit charset and natural language information, there is never any question or ambiguity in how the client interprets the response.

いずれの場合も、Printerオブジェクトは、理由は明白な非互換性の要求を拒否していません。文字セットと自然言語の潜在的な互換性のない組み合わせは、グローバルオペレーションレベルまたは自然言語オーバーライド属性ごとの属性レベルのいずれかで発生する可能性があります。応答は常に明示的な文字セットと自然言語情報を含んでいるのでまた、クライアントは応答をどのように解釈するかのいずれかの質問やあいまいさは決してありません。

3.1.4.2 Response Operation Attributes
3.1.4.2応答操作属性

The Printer object MUST supply and the client MUST support the following REQUIRED operation attributes in every IPP/1.1 operation response:

Printerオブジェクトは、供給しなければならないと、クライアントは、次の必要な操作はすべてのIPP / 1.1操作応答に属性をサポートしなければなりません:

"attributes-charset" (charset): This operation attribute identifies the charset used by any 'text' and 'name' attributes that the Printer object is returning in this response. The value in this response MUST be the same value as the "attributes-charset" operation attribute supplied by the client in the request. If this is not possible (i.e., the charset requested is not supported), the request would have been rejected. See "attributes-charset" described in Section 3.1.4.1 above.

「属性-文字セット」(文字セット):この操作属性は、任意の「テキスト」で使用される文字セットを識別し、「name」がPrinterオブジェクトがこの応答に戻っていることを属性。この応答の値は、要求内のクライアントによって提供される「属性 - 文字セット」操作属性と同じ値でなければなりません。これが不可能な場合(つまり、要求された文字セットがサポートされていない)、要求が拒否されていたであろう。ページの「属性-文字セット」上記セクション3.1.4.1で説明しました。

If the Printer object supports more than just the 'utf-8' charset, the Printer object MUST be able to code convert between each of the charsets supported on a highest fidelity possible basis in order to return the 'text' and 'name' attributes in the charset requested by the client. However, some information loss MAY occur during the charset conversion depending on the charsets involved. For example, the Printer object may convert from a UTF-8 'a' to a US-ASCII 'a' (with no loss of information), from an ISO Latin 1 CAPITAL LETTER A WITH ACUTE ACCENT to US-ASCII 'A' (losing the accent), or from a UTF-8 Japanese Kanji character to some ISO Latin 1 error character indication such as '?', decimal code equivalent, or to the absence of a character, depending on implementation.

Printerオブジェクトは単に「UTF-8」文字セット以上をサポートしている場合、Printerオブジェクトは、「テキスト」と '名前の属性を返すために最高の忠実可能ベースでサポートされる文字セットとの間で変換コーディングできなければなりません文字セットには、クライアントから要求されました。しかし、いくつかの情報の損失が関与文字セットに応じて、文字コード変換時に発生するかもしれません。例えば、Printerオブジェクトは、ACUTE ACCENT WITH ISOラテン1大文字のAからUS-ASCIIの 'A' に、UTF-8(情報の損失なし) '' にUS-ASCIIの 'A' から変換することができます実装に応じて、(アクセントを失う)、またはUTF-8日本語の漢字のようないくつかのISOラテン1つのエラー文字指示「?」、小数点コードと同等に、または文字が存在しないこと。

Whether an implementation that supports more than one charset stores the data in the charset supplied by the client or code converts to one of the other supported charsets, depends on implementation. The strategy should try to minimize loss of information during code conversion. On each response, such an implementation converts from its internal charset to that requested.

クライアントまたはコードによって提供される文字セット内のデータがサポートされているその他の文字セットのいずれかに変換し、複数の文字セットの店舗をサポートする実装するかどうか、実装に依存します。戦略は、コード変換時の情報の損失を最小限にするために試してみてください。各応答に、そのような実装は、内部文字セットから要求されたものに変換します。

"attributes-natural-language" (naturalLanguage): This operation attribute identifies the natural language used by any 'text' and 'name' attributes that the IPP object is returning in this response. Unlike the "attributes-charset" operation attribute, the IPP object NEED NOT return the same value as that supplied by the client in the request. The IPP object MAY return the natural language of the Job object or the Printer's configured natural language as identified by the Printer object's "natural-language-configured" attribute, rather than the natural language supplied by the client. For any 'text' or 'name' attribute or status message in the response that is in a different natural language than the value returned in the "attributes-natural-language" operation attribute, the IPP object MUST use the Natural Language Override mechanism (see sections 4.1.1.2 and 4.1.2.2) on each attribute value returned. The IPP object MAY use the Natural Language Override mechanism redundantly, i.e., use it even when the value is in the same natural language as the value supplied in the "attributes-natural-language" operation attribute of the response.

「属性自然言語」(自然言語):この操作属性は、任意の「テキスト」と「名前」で使用され、自然言語IPPオブジェクトは、この応答に戻っているという属性を識別します。 「属性-のcharset」操作属性とは異なり、IPPオブジェクトは要求でクライアントによって供給されるものと同じ値を返す必要はありません。 IPPオブジェクトは、Jobオブジェクトの自然言語またはPrinterオブジェクトの「自然言語設定の」属性によって識別されるプリンタの構成された自然言語ではなく、クライアントによって提供される自然言語を返してもよいです。 「属性自然言語」操作属性で返された値とは異なる自然言語である応答のいずれかの「テキスト」か「名前」属性またはステータスメッセージについては、(自然言語オーバーライド・メカニズムを使用しなければならないIPPオブジェクト返された各属性値のセクション4.1.1.2と4.1.2.2)を参照してください。 IPPオブジェクトは、値が応答の「属性自然言語」操作属性で供給された値と同じ自然言語であっても、それを使用、即ち、冗長自然言語オーバーライド機構を使用することができます。

3.1.5 Operation Targets
3.1.5操作対象

All IPP operations are directed at IPP objects. For Printer operations, the operation is always directed at a Printer object using one of its URIs (i.e., one of the values in the Printer object's "printer-uri-supported" attribute). Even if the Printer object supports more than one URI, the client supplies only one URI as the target of the operation. The client identifies the target object by supplying the correct URI in the "printer-uri (uri)" operation attribute.

すべてのIPP操作は、IPPオブジェクトに向けられています。プリンタの動作のために、動作は常にそのURIのいずれかを使用して、プリンタオブジェクトに向けられる(すなわち、Printerオブジェクトの「プリンタ-URIサポート」属性の値のうちの1つ)。プリンタオブジェクトが複数のURIをサポートしている場合でも、クライアントが操作の対象としてのみ1つのURIを提供しています。クライアントは、「プリンタ-URI(URI)」操作属性に正しいURIを供給することによって対象物を識別する。

For Job operations, the operation is directed at either:

ジョブ操作については、操作のいずれかに向けられています。

- The Job object itself using the Job object's URI. In this case, the client identifies the target object by supplying the correct URI in the "job-uri (uri)" operation attribute. - The Printer object that created the Job object using both the Printer objects URI and the Job object's Job ID. Since the Printer object that created the Job object generated the Job ID, it MUST be able to correctly associate the client supplied Job ID with the correct Job object. The client supplies the Printer object's URI in the "printer-uri (uri)" operation attribute and the Job object's Job ID in the "job-id (integer(1:MAX))" operation attribute.

- ジョブオブジェクトのURIを使用してジョブオブジェクトそのもの。この場合、クライアントは、「ジョブ-URI(URI)」操作属性に正しいURIを供給することによって対象物を識別する。 - プリンタの両方を使用してジョブオブジェクトを作成したPrinterオブジェクトは、URIとJobオブジェクトのジョブIDをオブジェクト。ジョブオブジェクトを作成したプリンタオブジェクトはジョブIDを生成しているので、正しく、正しいジョブオブジェクトをクライアント与えジョブIDを関連付けることができなければなりません。操作属性:クライアントは、「ジョブID(MAX)の整数(1)」の「プリンタ-URI(URI)」操作属性とジョブオブジェクトのジョブIDでPrinterオブジェクトのURIを提供します。

If the operation is directed at the Job object directly using the Job object's URI, the client MUST NOT include the redundant "job-id" operation attribute.

操作は直接のJobオブジェクトのURIを使用して、ジョブオブジェクトに向けられている場合、クライアントは、冗長「ジョブID」操作属性を含んではいけません。

The operation target attributes are REQUIRED operation attributes that MUST be included in every operation request. Like the charset and natural language attributes (see section 3.1.4), the operation target attributes are specially ordered operation attributes. In all cases, the operation target attributes immediately follow the "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes within the operation attribute group, however the specific ordering rules are:

操作対象の属性は、すべての操作要求に含まれなければならないREQUIRED操作属性です。文字セットと自然言語の属性(セクション3.1.4を参照)と同様に、操作対象の属性は、特別に操作属性を命じています。すべての場合において、操作対象は、直ちに運転属性グループ内の属性「属性 - 文字セット」と「属性自然言語」に従う属性、しかし、特定の順序規則は、次のとおりです。

- In the case where there is only one operation target attribute (i.e., either only the "printer-uri" attribute or only the "job-uri" attribute), that attribute MUST be the third attribute in the operation attributes group. - In the case where Job operations use two operation target attributes (i.e., the "printer-uri" and "job-id" attributes), the "printer-uri" attribute MUST be the third attribute and the "job-id" attribute MUST be the fourth attribute.

- 唯一の操作対象属性(すなわち、いずれか一方のみが「プリンタ-URI」属性のみ「ジョブ-URI」属性)が存在する場合、その属性は、動作中に第三の属性は、グループ属性でなければなりません。 - ジョブ操作は、2つの操作対象(すなわち、「プリンタ-URI」および「ジョブID」は属性)属性、「プリンタ-URI」属性は、第三の属性と、「ジョブID」属性でなければなりません使用する場合第四属性であるに違いありません。

In all cases, the target URIs contained within the body of IPP operation requests and responses must be in absolute format rather than relative format (a relative URL identifies a resource with the scope of the HTTP server, but does not include scheme, host or port).

全ての場合において、IPP操作要求と応答の本体内に含まれる標的URIは、絶対形式ではなく、相対的なフォーマットでなければならない(相対URLは、HTTPサーバのスコープ付きリソースを識別するが、スキーム、ホストまたはポートを含んでいません)。

The following rules apply to the use of port numbers in URIs that identify IPP objects:

次の規則がIPPオブジェクトを特定するURIのポート番号の使用に適用されます。

1. If the URI scheme allows the port number to be explicitly included in the URI string, and a port number is specified within the URI, then that port number MUST be used by the client to contact the IPP object.

1. URIスキームはポート番号が明示的URI文字列に含まれることを可能にし、ポート番号がポート番号がIPPオブジェクトに連絡するためにクライアントによって使用されなければならないその、URI内で指定された場合。

2. If the URI scheme allows the port number to be explicitly included in the URI string, and a port number is not specified within the URI, then default port number implied by that URI scheme MUST be used by the client to contact the IPP object.

2. URIスキームは、ポート番号を明示的にURI文字列に含まれることを可能にする、およびポート番号がURIの中で指定されていない、そのURIスキームによって暗黙のデフォルトポート番号は、IPPオブジェクトに連絡するためにクライアントによって使用されなければならない場合には。

3. If the URI scheme does not allow an explicit port number to be specified within the URI, then the default port number implied by that URI MUST be used by the client to contact the IPP object.

3. URIスキームは、明示的なポート番号がURIの中で指定することを許可していない場合は、そのURIによって暗黙のデフォルトのポート番号はIPPオブジェクトに連絡するためにクライアントによって使用されなければなりません。

Note: The IPP "Encoding and Transport document [RFC2910] shows a mapping of IPP onto HTTP/1.1 [RFC2616] and defines a new default port number for using IPP over HTTP/1.1.

注:IPP「エンコーディング及び運送書類[RFC2910]はHTTP / 1.1 [RFC2616]にIPPのマッピングを示しており、HTTP / 1.1の上にIPPを使用するための新しいデフォルトのポート番号を定義します。

3.1.6 Operation Response Status Codes and Status Messages
3.1.6操作レスポンスのステータスコードとステータスメッセージ

Every operation response includes a REQUIRED "status-code" parameter and an OPTIONAL "status-message" operation attribute, and an OPTIONAL "detailed-status-message" operation attribute. The Print-URI and Send-URI response MAY include an OPTIONAL "document-access-error" operation attribute.

すべての操作応答がREQUIRED「ステータスコード」パラメータとOPTIONAL「ステータスメッセージ」操作属性、およびオプションの「詳細なステータスメッセージ」操作属性を含みます。印刷-URIと送信-URI応答はOPTIONAL「ドキュメント・アクセス・エラー」操作属性を含むかもしれません。

3.1.6.1 "status-code" (type2 enum)
3.1.6.1「ステータスコード」(TYPE2列挙型)

The REQUIRED "status-code" parameter provides information on the processing of a request.

REQUIRED「ステータスコード」パラメータは、リクエストの処理に関する情報を提供します。

The status code is intended for use by automata. A client implementation of IPP SHOULD convert status code values into any localized message that has semantic meaning to the end user.

ステータスコードは、オートマトンによる使用を目的としています。 IPPのクライアントの実装では、エンドユーザーにセマンティックな意味を持っている任意のローカライズされたメッセージに、ステータスコード値を変換する必要があります。

The "status-code" value is a numeric value that has semantic meaning. The "status-code" syntax is similar to a "type2 enum" (see section 4.1 on "Attribute Syntaxes") except that values can range only from 0x0000 to 0x7FFF. Section 13 describes the status codes, assigns the numeric values, and suggests a corresponding status message for each status code for use by the client when the user's natural language is English.

「ステータス・コード」の値は、意味論的な意味を持つ数値です。 「ステータスコード」構文は、「TYPE2列挙」値のみが0x0000から0x7FFFの範囲とすることができることを除いて(「属性構文」のセクション4.1を参照)と同様です。第13節は、ステータスコードを記述する数値を割り当て、ユーザーの自然言語が英語である場合に、クライアントで使用するために、各ステータスコードに対応するステータスメッセージを示唆しています。

If the Printer performs an operation with no errors and it encounters no problems, it MUST return the status code 'successful-ok' in the response. See section 13.

プリンタがエラーなしで動作を行い、それが何の問題に遭遇していない場合、それは成功した-OK」レスポンスのステータスコードを返さなければなりません。セクション13を参照してください。

If the client supplies unsupported values for the following parameters or Operation attributes, the Printer object MUST reject the operation, NEED NOT return the unsupported attribute value in the Unsupported Attributes group, and MUST return the indicated status code:

クライアント用品、サポートされていない次のパラメータの値または操作属性場合は、プリンタオブジェクトが操作を拒絶しなければなりません、サポートされていない属性グループでサポートされていない属性値を返す必要はありません、と指示されたステータスコードを返さなければなりません:

Parameter/Attribute Status code

パラメータ/属性ステータスコード

version-number server-error-version-not-supported operation-id server-error-operation-not-supported attributes-charset client-error-charset-not-supported compression client-error-compression-not-supported document-format client-error-document-format-not-supported document-uri client-error-uri-scheme-not-supported, client-error-document-access-error

バージョン番号サーバー・エラー・バージョン、サポートされていない操作-ID、サーバーエラー操作、サポートされていない属性は、文字セットのクライアント・エラー・文字セット-サポートされていない圧縮クライアント・エラー・圧縮・サポートされていない文書形式のクライアント-error-文書形式 - - サポートされていない文書-uriのクライアント・エラー-URI-スキーム-サポートされていない、クライアント・エラー・ドキュメント・アクセス・エラー

If the client supplies unsupported values for other attributes, or unsupported attributes, the Printer returns the status code defined in section 3.1.7 on Unsupported Attributes.

クライアントが他の属性、またはサポートされていない属性のサポートされていない値を提供した場合、プリンタはサポートされていない属性のセクション3.1.7で定義されたステータスコードを返します。

3.1.6.2 "status-message" (text(255))
3.1.6.2 "ステータスメッセージ"(テキスト(255))

The OPTIONAL "status-message" operation attribute provides a short textual description of the status of the operation. The "status-message" attribute's syntax is "text(255)", so the maximum length is 255 octets (see section 4.1.1). The status message is intended for the human end user. If a response does include a "status-message" attribute, an IPP client NEED NOT examine or display the messages, however it SHOULD do so in some implementation specific manner. The "status-message" is especially useful for a later version of a Printer object to return as supplemental information for the human user to accompany a status code that an earlier version of a client might not understand.

オプション「ステータスメッセージ」操作属性は、操作の状態の短いテキスト記述を提供します。 「ステータスメッセージ」属性の構文は、「テキスト(255)」であるので、最大長は255オクテットである(セクション4.1.1を参照してください)。ステータスメッセージは、人間のエンドユーザーを対象としています。応答は、「ステータスメッセージ」属性が含まれない場合、IPPクライアントは調べたり、メッセージを表示する必要はありません、しかし、それはいくつかの実装固有の方法でそれを行うべきです。 「ステータスメッセージは、」クライアントの以前のバージョンが理解できないかもしれないステータスコードを伴うために人間のユーザのためとして、補足情報を返すために、プリンタオブジェクトの新しいバージョンのために特に便利です。

If the Printer object supports the "status-message" operation attribute, the Printer object MUST be able to generate this message in any of the natural languages identified by the Printer object's "generated-natural-language-supported" attribute (see the "attributes-natural-language" operation attribute specified in section 3.1.4.1. Section 13 suggests the text for the status message returned by the Printer for use with the English natural language.

Printerオブジェクトが「ステータスメッセージ」操作属性をサポートしている場合、Printerオブジェクトは、Printerオブジェクトの「生成された自然言語サポート」属性によって識別される自然言語のいずれかでこのメッセージを生成できなければならない(「属性を参照してください - 天然言語」セクションで指定された操作属性は、3.1.4.1。節13は、英語の自然言語で使用するプリンタによって返されたステータスメッセージのテキストを示唆しています。

As described in section 3.1.4.1 for any returned 'text' attribute, if there is a choice for generating this message, the Printer object uses the natural language indicated by the value of the "attributes-natural-language" in the client request if supported, otherwise the Printer object uses the value in the Printer object's own "natural-language-configured" attribute.

いずれかのセクション3.1.4.1で説明したように、このメッセージを生成するための選択肢がある場合は、「テキスト」属性を返され、プリンタオブジェクトがあれば、クライアントの要求に「属性自然言語」の値で示される自然言語を使用していますサポートされ、それ以外の場合はPrinterオブジェクトは、Printerオブジェクトの独自の「自然言語設定の」属性の値を使用しています。

If the Printer object supports the "status-message" operation attribute, it SHOULD use the REQUIRED 'utf-8' charset to return a status message for the following error status codes (see section 13): 'client-error-bad-request', 'client-error-charset-not-supported', 'server-error-internal-error', 'server-error-operation-not-supported', and 'server-error-version-not-supported'. In this case, it MUST set the value of the "attributes-charset" operation attribute to 'utf-8' in the error response.

「クライアント誤り悪い要求:Printerオブジェクトは、「ステータスメッセージ」操作属性をサポートしている場合は、次のエラーステータスコード(セクション13を参照)のステータスメッセージを返すために必要な「UTF-8」文字セットを使用すべきです'」、 ''、 'サーバーエラー内部エラーが'、 'サーバ誤り操作が-サポートされていないクライアント誤りcharsetが-サポートされていない'、および' サーバー・エラー・バージョンは-サポートされていません。この場合、エラー応答で「UTF-8」に「属性-のcharset」操作属性の値を設定しなければなりません。

3.1.6.3 "detailed-status-message" (text(MAX))
3.1.6.3「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))

The OPTIONAL "detailed-status-message" operation attribute provides additional more detailed technical and implementation-specific information about the operation. The "detailed-status-message" attribute's syntax is "text(MAX)", so the maximum length is 1023 octets (see section 4.1.1). If the Printer objects supports the "detailed-status-message" operation attribute, the Printer NEED NOT localize the message, since it is intended for use by the system administrator or other experienced technical persons. Localization might obscure the technical meaning of such messages. Clients MUST NOT attempt to parse the value of this attribute. See the "document-access-error" operation attribute (section 3.1.6.4) for additional errors that a program can process.

オプション「詳細なステータス・メッセージ」操作属性は、操作に関する追加詳細な技術および実装固有の情報を提供します。最大長は1023個のオクテット(セクション4.1.1を参照)であるので、「詳細なステータス・メッセージ」属性の構文は、「テキスト(MAX)」です。プリンタオブジェクトは、「詳細なステータス・メッセージ」操作属性をサポートしている場合、それはシステム管理者または他の経験豊富な技術者による使用を目的としているため、プリンタは、メッセージをローカライズする必要はありません。ローカライズは、そのようなメッセージの技術的な意味を不明瞭かもしれません。クライアントは、この属性の値を解析することを試みてはいけません。プログラムが処理できる追加のエラーについては、「ドキュメント・アクセス・エラー」操作属性(セクション3.1.6.4)を参照してください。

3.1.6.4 "document-access-error" (text(MAX))
3.1.6.4「ドキュメント・アクセス・エラー」(テキスト(MAX))

This OPTIONAL operation attribute provides additional information about any document access errors encountered by the Printer before it returned a response to the Print-URI (section 3.2.2) or Send-URI (section 3.3.1) operation. For errors in the protocol identified by the URI scheme in the "document-uri" operation attribute, such as 'http:' or 'ftp:', the error code is returned in parentheses, followed by the URI. For example:

この任意のオペレーション属性は、それが印刷-URI(3.2.2)への応答を返したか(セクション3.3.1)の操作を-URIに送る前に、プリンタによって発生した文書アクセスエラーに関する追加情報を提供します。 「HTTP:」または「FTP」のような「文書-URI」操作属性でURIスキームによって識別されるプロトコルのエラーについては、エラーコードは、URIに続く、かっこで返されます。例えば:

(404) http://ftp.pwg.org/pub/pwg/ipp/new_MOD/ipp-model-v11.pdf

(404) hっtp://ftp。pwg。おrg/ぷb/pwg/いっp/ねw_もD/いっpーもでlーv11。pdf

Most Internet protocols use decimal error codes (unlike IPP), so the ASCII error code representation is in decimal.

ほとんどのインターネットプロトコルは、(IPPとは違って)10進数のエラーコードを使用するので、ASCIIエラーコード表現は小数です。

3.1.7 Unsupported Attributes
3.1.7サポートされていない属性

The Unsupported Attributes group contains attributes that are not supported by the operation. This group is primarily for the job creation operations, but all operations can return this group.

サポートされていない属性グループは操作でサポートされていない属性が含まれています。このグループは、主に雇用創出事業のためですが、すべての操作は、このグループを返すことができます。

A Printer object MUST include an Unsupported Attributes group in a response if the status code is one of the following: 'successful-ok-ignored-or-substituted-attributes', 'successful-ok-conflicting-attributes', 'client-error-attributes-or-values-not-supported' or 'client-error-conflicting-attributes'.

ステータスコードは、次のいずれかの場合Printerオブジェクトは、応答でサポートされていない属性グループを含める必要があります。「成功-OK-無視-または置換 - 属性」、「成功-OK-競合-属性」、「クライアントのエラーを-attributes-または値-サポートされていない」または 『クライアント誤り矛盾-属性』。

If the status code is one of the four specified in the preceding paragraph, the Unsupported Attributes group MUST contain all of those attributes and only those attributes that are:

ステータスコードは、前項で指定された4のいずれかである場合、サポートされていない属性グループは、これらの属性のすべてとされている属性のみを含まなければなりません:

a. an Operation or Job Template attribute supplied in the request, and

A。操作またはジョブテンプレート属性は、リクエストに供給され、

b. unsupported by the printer. See below for details on the three categories "unsupported" attributes.

B。プリンタでサポートされていません。三つのカテゴリー「サポートされていない」属性の詳細については、以下を参照してください。

If the status code is one of those in the table in section 3.1.6.1, the Unsupported Attributes group NEED NOT contain the unsupported parameter or attribute indicated in that table.

ステータスコードはセクション3.1.6.1の表のものの一つである場合は、サポートされていない属性グループは、その表に示されているサポートされていないパラメータまたは属性を含む必要はありません。

If the Printer object is not returning any Unsupported Attributes in the response, the Printer object SHOULD omit Group 2 rather than sending an empty group. However, a client MUST be able to accept an empty group.

プリンタオブジェクトが応答でサポートされていない属性を返していない場合は、プリンタのオブジェクトではなく、空のグループを送るよりも、グループ2を省略すべきです。ただし、クライアントは空のグループを受け入れることができなければなりません。

Unsupported attributes fall into three categories:

サポートされていない属性は、次の3つのカテゴリに分類されます。

1. The Printer object does not support the supplied attribute (no matter what the attribute syntax or value).

1. Printerオブジェクトは、付属の属性(関係なく、どのような属性構文または値)をサポートしていません。

2. The Printer object does support the attribute, but does not support some or all of the particular attribute syntaxes or values supplied by the client (i.e., the Printer object does not have those attribute syntaxes or values in its corresponding "xxx-supported" attribute).

2. Printerオブジェクトは、属性をサポートしていますが、(すなわち、Printerオブジェクトはそれに対応する「XXX-サポート」でこれらの属性構文または値を持たないクライアントから供給された特定の属性構文または値の一部またはすべてをサポートしていません。属性)。

3. The Printer object does support the attributes and values supplied, but the particular values are in conflict with one another, because they violate a constraint, such as not being able to staple transparencies.

3.プリンタオブジェクトは、供給された属性と値をサポートし、それらはそのようなステープル透明にできないように、制約に違反するため、特定の値は、互いに競合しています。

In the case of an unsupported attribute name, the Printer object returns the client-supplied attribute with a substituted value of 'unsupported'. This value's syntax type is "out-of-band" and its encoding is defined by special rules for "out-of-band" values in the "Encoding and Transport" document [RFC2910]. Its value indicates no support for the attribute itself (see the beginning of section 4.1).

サポートされていない属性名の場合、Printerオブジェクトは、「サポートされていない」の置換値を使用して、クライアントが提供する属性を返します。この値の構文タイプが「アウトオブバンド」であり、その符号化は、「符号化及びトランスポート」文書[RFC2910]の「アウトオブバンド」値のための特別なルールによって定義されます。その値は、属性自体(セクション4.1の始まりを参照)のためのサポートを示していません。

In the case of a supported attribute with one or more unsupported attribute syntaxes or values, the Printer object simply returns the client-supplied attribute with the unsupported attribute syntaxes or values as supplied by the client. This indicates support for the attribute, but no support for that particular attribute syntax or value. If the client supplies a multi-valued attribute with more than one value and the Printer object supports the attribute but only supports a subset of the client-supplied attribute syntaxes or values, the Printer object

クライアントによって供給されるように、1つのまたは複数のサポートされない属性構文または値とサポートされる属性の場合には、プリンタオブジェクトは、単純に、サポートされない属性構文または値を持つクライアントが提供する属性を返します。これは、属性のサポートを示していないが、その特定の属性構文や値はサポート。クライアントは、複数の値を持つ複数値属性を供給し、プリンタオブジェクトは、プリンタオブジェクトを属性をサポートしていますが、唯一のクライアントが提供する属性構文または値のサブセットをサポートしている場合

MUST return only those attribute syntaxes or values that are unsupported.

のみサポートされないそれらの属性構文または値を返さなければなりません。

In the case of two (or more) supported attribute values that are in conflict with one another (although each is supported independently, the values conflict when requested together within the same job), the Printer object MUST return all the values that it ignores or substitutes to resolve the conflict, but not any of the values that it is still using. The choice for exactly how to resolve the conflict is implementation dependent. See sections 3.2.1.2 and 15. See The Implementer's Guide [IPP-IIG] for an example.

互いに競合している2つ(またはそれ以上)のサポートされている属性値(それぞれが独立して支持されているが、同一ジョブ内で一緒に要求された値の衝突)の場合には、プリンタオブジェクトは、それは無視しているすべての値を返さなければならない、または競合を解決するための代替ではなく、それはまだ使用している値のいずれか。競合を解決する方法を正確にのための選択は実装依存です。参照してください。たとえば、セクション3.2.1.2および15を参照してくださいザ・インプリメンターズ・ガイド[IPP-IIG]。

3.1.8 Versions
3.1.8バージョン

Each operation request and response carries with it a "version-number" parameter. Each value of the "version-number" is in the form "X.Y" where X is the major version number and Y is the minor version number. By including a version number in the client request, it allows the client to identify which version of IPP it is interested in using, i.e., the version whose conformance requirements the client may be depending upon the Printer to meet.

各操作要求と応答がそれで、「バージョン番号」パラメータを運びます。 「バージョン番号」の各値は、Xは、メジャーバージョン番号、Yはマイナーバージョン番号であるフォーム「X.Y」です。クライアント要求内のバージョン番号を含むことにより、クライアントは、すなわち、その適合要件、クライアントが満たすために、プリンタに依存することができるバージョンを使用することに関心のあるIPPのバージョンを識別することを可能にします。

If the IPP object does not support that major version number supplied by the client, i.e., the major version field of the "version-number" parameter does not match any of the values of the Printer's "ipp-versions-supported" (see section 4.4.14), the object MUST respond with a status code of 'server-error-version-not-supported' along with the closest version number that is supported (see section 13.1.5.4). If the major version number is supported, but the minor version number is not, the IPP object SHOULD accept and attempt to perform the request (or reject the request if the operation is not supported), else it rejects the request and returns the 'server-error-version-not-supported' status code. In all cases, the IPP object MUST return the "version-number" that it supports that is closest to the version number supplied by the client in the request.

IPPオブジェクトはクライアントによって供給されるメジャーバージョン番号、すなわちをサポートしていない場合は、「バージョン番号」パラメータのメジャーバージョンフィールドは、プリンタの「IPP-のバージョンでサポートされている」の値と一致しない(セクションを参照してください4.4.14)、オブジェクトがサポートされている最も近いバージョン番号(セクション13.1.5.4を参照)とともに、「サーバ誤りバージョン、サポートされていない」のステータスコードで応答しなければなりません。メジャーバージョン番号がサポートされていますが、マイナーバージョン番号がない場合には、IPPオブジェクトは、そうでなければ、要求を拒否し、「サーバーを返し、受け入れ、要求を実行しようとする(または操作がサポートされていない場合は、要求を拒否)すべきです「ステータスコードを-error-バージョン - サポートされていません。すべての場合において、IPPオブジェクトは、それはそれは、要求内のクライアントによって提供されるバージョン番号に最も近いサポートし、「バージョン番号」を返さなければなりません。

There is no version negotiation per se. However, if after receiving a 'server-error-version-not-supported' status code from an IPP object, a client SHOULD try again with a different version number. A client MAY also determine the versions supported either from a directory that conforms to Appendix E (see section 16) or by querying the Printer object's "ipp-versions-supported" attribute (see section 4.4.14) to determine which versions are supported.

それ自体は何のバージョン交渉はありません。ただし、IPPオブジェクトから「サーバー・エラー・バージョン、サポートされていない」ステータスコードを受け取った後、クライアントは異なるバージョン番号でもう一度試してみてください。クライアントはまた、バージョンを決定することができる付録Eに準拠したディレクトリから(セクション16を参照)、またはPrinterオブジェクトのバージョンがサポートされているかを決定する属性(セクション4.4.14を参照してください)、「IPP-のバージョンでサポートされている」照会のいずれかによってサポートされています。

An IPP object implementation MUST support version '1.1', i.e., meet the conformance requirements for IPP/1.1 as specified in this document and [RFC2910]. It is recommended that IPP object implementations accept any request with the major version '1' (or reject the request if the operation is not supported).

IPPオブジェクト実装は、バージョン「1.1」をサポートこのドキュメントと[RFC2910]で指定されるように、すなわち、IPP / 1.1の適合性要件を満たさなければなりません。 「1」IPPオブジェクトの実装は、メジャーバージョンとのすべての要求を受け入れることをお勧めします(または操作がサポートされていない場合は、要求を拒否)されます。

There is only one notion of "version number" that covers both IPP Model and IPP Protocol changes. Thus the version number MUST change when introducing a new version of the Model and Semantics document (this document) or a new version of the "Encoding and Transport" document [RFC2910].

IPPモデルとIPPプロトコル変化の両方をカバー「バージョン番号」の唯一の概念があります。モデルとセマンティクス文書(本文書)または「符号化及びトランスポート」文書[RFC2910]の新しいバージョンの新しいバージョンを導入する際にこのようにバージョン番号が変化しなければなりません。

Changes to the major version number of the Model and Semantics document indicate structural or syntactic changes that make it impossible for older version of IPP clients and Printer objects to correctly parse and correctly process the new or changed attributes, operations and responses. If the major version number changes, the minor version numbers is set to zero. As an example, adding the REQUIRED "ipp-attribute-fidelity" attribute to version '1.1' (if it had not been part of version '1.0'), would have required a change to the major version number, since an IPP/1.0 Printer would not have processed a request with the correct semantics that contained the "ipp-attribute-fidelity" attribute that it did not know about. Items that might affect the changing of the major version number include any changes to the Model and Semantics document (this document) or the "Encoding and Transport" document [RFC2910] itself, such as:

モデルとセマンティクスドキュメントのメジャーバージョン番号の変更は、それが不可能IPPクライアントとプリンタオブジェクトの古いバージョンを正しく構文解析し、正しく新規または変更された属性、操作および応答を処理できるようにするための構造や構文上の変化を示しています。メジャーバージョン番号が変更された場合、マイナーバージョン番号がゼロに設定されています。例として(それはバージョン「1.0」の一部となっていなかった場合)、「1.1」バージョンために必要な「IPP属性忠実度」属性を追加し、IPP / 1.0以来、メジャーバージョン番号の変更を必要としましたプリンタは、それは知らなかったことを「IPP属性忠実度」属性が含まれて正しいセマンティクスを持つ要求を処理していないでしょう。 :メジャーバージョン番号の変更に影響を与える可能性がある項目は、以下のようなモデルと意味論の文書への変更(本書)または「エンコーディングとトランスポート」ドキュメント[RFC2910]自体を含み、

- reordering of ordered attributes or attribute sets - changes to the syntax of existing attributes - adding REQUIRED (for an IPP object to support) operation attribute groups - adding values to existing REQUIRED operation attributes - adding REQUIRED operations

- 順序付けられた属性の並べ替えまたは属性セット - 既存の属性の構文に変更 - 操作(支持体へのIPPオブジェクトの)必須追加属性グループ - 必要な操作を追加 - 必要な操作を既存の属性に値を追加します

Changes to the minor version number indicate the addition of new features, attributes and attribute values that may not be understood by all IPP objects, but which can be ignored if not understood. Items that might affect the changing of the minor version number include any changes to the model objects and attributes but not the encoding and transport rules [RFC2910] (except adding attribute syntaxes). Examples of such changes are:

マイナーバージョン番号の変更は、新機能の追加を示す属性と、すべてのIPPオブジェクトによって理解されないかもしれないが、理解されていない場合は無視できる属性値。マイナーバージョン番号の変更に影響を与える可能性がある項目は、任意のモデルオブジェクトと属性への変更はありません(属性構文を追加することを除く)のエンコードとトランスポートルール[RFC2910]を含んでいます。このような変更の例は以下のとおりです。

- grouping all extensions not included in a previous version into a new version - adding new attribute values - adding new object attributes - adding OPTIONAL (for an IPP object to support) operation attributes (i.e., those attributes that an IPP object can ignore without confusing clients) - adding OPTIONAL (for an IPP object to support) operation attribute groups (i.e., those attributes that an IPP object can ignore without confusing clients) - adding new attribute syntaxes - adding OPTIONAL operations - changing Job Description attributes or Printer Description attributes from OPTIONAL to REQUIRED or vice versa. - adding OPTIONAL attribute syntaxes to an existing attribute.

- 新しいバージョンに以前のバージョンに含まれていないすべての拡張機能をグループ化 - 新しい属性値を追加する - 新しいオブジェクトを追加すると、属性 - (支持体へのIPPオブジェクトのための)オプションを追加する操作は、IPPオブジェクトは混乱せずに無視することができること(すなわち、それらの属性の属性クライアント) - 操作はグループIPPオブジェクトはクライアントを混乱させずに無視することができ(すなわち、それらの属性)属性)をサポートするIPPオブジェクト(オプション追加 - 新しい属性構文を追加 - オプションの操作を追加 - 変更仕事内容は、属性またはプリンタ記述から属性REQUIREDまたはその逆へのオプション。 - 既存の属性には、オプションの属性構文を追加します。

The encoding of the "version-number" MUST NOT change over any version number (either major or minor). This rule guarantees that all future versions will be backwards compatible with all previous versions (at least for checking the "version-number"). In addition, any protocol elements (attributes, error codes, tags, etc.) that are not carried forward from one version to the next are deprecated so that they can never be reused with new semantics.

「バージョン番号」のエンコーディングは、(メジャーまたはマイナーのいずれか)任意のバージョン番号を超える変化してはいけません。このルールは、すべての将来のバージョンでは(少なくとも、「バージョン番号」をチェックするための)すべての以前のバージョンとの下位互換性があることを保証します。彼らは新しいセマンティクスで再利用することはできませんように加えて、次の1つのバージョンから引き継がれていない任意のプロトコル要素(属性、エラーコード、タグなど)が廃止されました。

Implementations that support a certain version NEED NOT support ALL previous versions. As each new version is defined (through the release of a new IPP specification document), that version will specify which previous versions MUST and which versions SHOULD be supported in compliant implementations.

特定のバージョンをサポートする実装は、以前のすべてのバージョンをサポートする必要はありません。それぞれの新しいバージョンが(新たなIPP仕様書のリリースを介して)定義されているように、そのバージョンは以前のバージョンは、どのバージョンに準拠実装でサポートされるべきであるしなければならないかを指定します。

3.1.9 Job Creation Operations
3.1.9雇用創出事業

In order to "submit a print job" and create a new Job object, a client issues a create request. A create request is any one of following three operation requests:

「印刷ジョブを提出する」と新しいジョブオブジェクトを作成するために、クライアントが要求を作成して発行します。作成リクエストは、3つの動作要求を、次のいずれかであります:

- The Print-Job Request: A client that wants to submit a print job with only a single document uses the Print-Job operation. The operation allows for the client to "push" the document data to the Printer object by including the document data in the request itself.

- 印刷ジョブ要求:ただ一つの文書で印刷ジョブを送信したいクライアントは、印刷ジョブ操作を使用しています。操作は、要求自体に文書データを含むことにより、プリンタオブジェクトにドキュメントデータを「プッシュ」するために、クライアントが可能になります。

- The Print-URI Request: A client that wants to submit a print job with only a single document (where the Printer object "pulls" the document data instead of the client "pushing" the data to the Printer object) uses the Print-URI operation. In this case, the client includes in the request only a URI reference to the document data (not the document data itself).

- 印刷-URI要求:のみ(プリンタオブジェクトは、プリンタオブジェクトにデータを「プッシュ」ではなく、クライアントの文書データを「プル」)、単一のドキュメントでは、プリントを使用すると、印刷ジョブを送信したいクライアントURI操作。この場合、クライアントは、要求文書データにのみURI参照(ない文書データ自体)に含まれています。

- The Create-Job Request: A client that wants to submit a print job with multiple documents uses the Create-Job operation. This operation is followed by an arbitrary number (one or more) of Send-Document and/or Send-URI operations (each creating another document for the newly create Job object). The Send-Document operation includes the document data in the request (the client "pushes" the document data to the printer), and the Send-URI operation includes only a URI reference to the document data in the request (the Printer "pulls" the document data from the referenced location). The last Send-Document or Send-URI request for a given Job object includes a "last-document" operation attribute set to 'true' indicating that this is the last request.

- 作成 - ジョブの要求:複数のドキュメントを印刷ジョブを提出したいクライアントの作成・ジョブの操作を使用しています。この動作は、送信・ドキュメント及び/又は送信-URI操作の任意の数(1以上)(各々が新たに作成ジョブオブジェクトの別の文書を作成する)が続きます。センド・ドキュメント操作が要求内の文書データを(クライアントがプリンタにドキュメントデータを「プッシュ」)、および送信-URI操作が要求内の文書データへの唯一のURI参照(プリンタ「引っ張る」が含ま含ま参照場所からの文書データ)。与えられた仕事のオブジェクトに対する最後の送信、ドキュメントまたは送信-URIをリクエストは、これが最後の要求であることを示す「真」に設定された「最後のドキュメント」操作属性を含んでいます。

Throughout this model document, the term "create request" is used to refer to any of these three operation requests.

このモデルのドキュメントでは、用語「リクエストを作成するには、」これらの3つの動作要求のいずれかを参照するために使用されます。

A Create-Job operation followed by only one Send-Document operation is semantically equivalent to a Print-Job operation, however, for performance reasons, the client SHOULD use the Print-Job operation for all single document jobs. Also, Print-Job is a REQUIRED operation (all implementations MUST support it) whereas Create-Job is an OPTIONAL operation, hence some implementations might not support it.

一つだけの送信、文書操作に続いて作成・ジョブの操作は、しかし、パフォーマンス上の理由から、クライアントがすべて単一のドキュメント・ジョブの印刷ジョブ操作を使用すべきである、印刷ジョブの操作と同じ意味です。また、印刷ジョブは、必要な操作は、(すべての実装がそれをサポートしなければならない)のに対し、作成-仕事をので、いくつかの実装は、それをサポートしていない可能性があり、任意の操作です。

Job submission time is the point in time when a client issues a create request. The initial state of every Job object is the 'pending', 'pending-held', or 'processing' state (see section 4.3.7). When the Printer object begins processing the print job, the Job object's state moves to 'processing'. This is known as job processing time. There are validation checks that must be done at job submission time and others that must be performed at job processing time.

ジョブ送信時間は、クライアントが作成要求を発行した時点です。すべてのジョブオブジェクトの初期状態は「保留中」、「保持された係属中」、または「処理」状態(セクション4.3.7を参照します)。プリンタオブジェクトが印刷ジョブの処理を開始すると、ジョブオブジェクトの状態が「処理」に移動します。これは、ジョブ処理時間として知られています。ジョブ処理時に行われなければならないジョブ投入時などに行われなければならない検証チェックがあります。

At job submission time and at the time a Validate-Job operation is received, the Printer MUST do the following:

ジョブ投入時および検証ジョブ操作を受信した時点で、プリンタは、以下を行う必要があります。

1. Process the client supplied attributes and either accept or reject the request 2. Validate the syntax of and support for the scheme of any client supplied URI

1.プロセスは、クライアントがの構文とURI供給任意のクライアントのスキームをサポートして属性を供給し、要求2.検証を受け入れるか拒否のいずれか

At job submission time the Printer object MUST validate whether or not the supplied attributes, attribute syntaxes, and values are supported by matching them with the Printer object's corresponding "xxx-supported" attributes. See section 3.1.7 for details. [IPP-IIG] presents suggested steps for an IPP object to either accept or reject any request and additional steps for processing create requests.

ジョブ投入時にプリンタオブジェクトが付属する属性、属性構文かどうかを検証しなければならない、との値がPrinterオブジェクトの対応する「XXX-サポート」属性でそれらを照合することによってサポートされています。詳細については、セクション3.1.7を参照してください。 [IPP-IIG]リクエストを作成し処理するためのすべての要求と追加のステップを承認または拒否のいずれかにIPPオブジェクトの推奨手順を提示します。

At job submission time the Printer object NEED NOT perform the validation checks reserved for job processing time such as:

ジョブ投入時にPrinterオブジェクトは、ジョブ処理時間などのために予約妥当性チェックを実行する必要はありません。

1. Validating the document data 2. Validating the actual contents of any client supplied URI (resolve the reference and follow the link to the document data)

1. URI供給任意のクライアントの実際の内容を検証文書データ2の検証(参照を解決し、文書データへのリンクをたどってください)

At job submission time, these additional job processing time validation checks are essentially useless, since they require actually parsing and interpreting the document data, are not guaranteed to be 100% accurate, and MUST be done, yet again, at job processing time. Also, in the case of a URI, checking for availability at job submission time does not guarantee availability at job processing time. In addition, at job processing time, the Printer object might discover any of the following conditions that were not detectable at job submission time:

ジョブ投入時には、彼らが実際に文書データを解析し、解釈する必要とするので、検証チェックは、基本的に役に立たないこれらの追加ジョブ処理時間は、100%正確であることが保証されていない、とジョブ処理時に、再び、行われなければなりません。また、URIの場合には、ジョブ投入時の可用性をチェックすると、ジョブ処理時の可用性を保証するものではありません。また、ジョブ処理時に、Printerオブジェクトは、ジョブの投入時には検出されなかった以下の条件のいずれかを発見するかもしれません。

- runtime errors in the document data, - nested document data that is in an unsupported format, - the URI reference is no longer valid (i.e., the server hosting the document might be down), or - any other job processing error

- サポートされていない形式であるネストされた文書データ、 - - 文書データでランタイムエラーURI参照がもはや有効である(すなわち、文書をホストするサーバがダウンしている可能性がある)、又は - 他のジョブ処理エラー

At job submission time, a Printer object, especially a non-spooling Printer, MAY accept jobs that it does not have enough space for. In such a situation, a Printer object MAY stop reading data from a client for an indefinite period of time. A client MUST be prepared for a write operation to block for an indefinite period of time (see section 5.1 on client conformance).

ジョブ投入時には、特に非スプールプリンタのプリンタオブジェクトは、それがために十分なスペースを持っていないというジョブを受け入れることができます。このような状況では、Printerオブジェクトは、無期限にクライアントからデータを読み取る停止することがあります。クライアントが(クライアント適合のセクション5.1を参照)無期限にブロックへの書き込み動作のために準備されなければなりません。

When a Printer object has too little space for starting a new job, it MAY reject a new create request. In this case, a Printer object MUST return a response (in reply to the rejected request) with a status-code of 'server-error-busy' (see section 14.1.5.8) and it MAY close the connection before receiving all bytes of the operation. A Printer SHOULD indicate that it is temporarily unable to accept jobs by setting the 'spool-space-full' value in its "printer-state-reasons" attribute and removing the value when it can accept another job (see section 4.4.12).

Printerオブジェクトが新しいジョブを開始するにはあまりにも小さなスペースを持っている場合は、新たに作成し、要求を拒否することがあります。この場合、Printerオブジェクトは、「サーバー・エラー・ビジー」のステータスコードで(拒否要求への応答で)応答を返さなければなりません(セクション14.1.5.8を参照)、それは、すべてのバイトを受信する前に接続を閉じてもよい(MAY)操作。プリンタは、その「プリンタ状態-の理由」属性の「スプール・スペースフル」の値を設定し、それが別のジョブを受け付けることができる値を除去することにより、ジョブを受け入れることが一時的にできないことを示す必要があります(セクション4.4.12を参照してください) 。

When receiving a 'server-error-busy' status-code in an operation response, a client MUST be prepared for the Printer object to close the connection before the client has sent all of the data (especially for the Print-Job operation). A client MUST be prepared to keep submitting a create request until the IPP Printer object accepts the create request.

操作応答で「サーバー・エラー・ビジー」ステータス・コードを受信すると、クライアントは(特に印刷ジョブの操作のための)すべてのデータを送信した前に、クライアントが接続を閉じるには、プリンタオブジェクトのために準備しなければなりません。クライアントは、IPP Printerオブジェクトを作成し、要求を受け入れるまでリクエストを作成提出保つために準備しなければなりません。

At job processing time, since the Printer object has already responded with a successful status code in the response to the create request, if the Printer object detects an error, the Printer object is unable to inform the end user of the error with an operation status code. In this case, the Printer, depending on the error, can set the job object's "job-state", "job-state-reasons", or "job-state-message" attributes to the appropriate value(s) so that later queries can report the correct job status.

プリンタオブジェクトがすでに作成要求に応答して成功したステータスコードで応答したので、プリンタオブジェクトがエラーを検出した場合、ジョブ処理時には、、、Printerオブジェクトは、動作状態とエラーのエンドユーザーに通知することができませんコード。この場合、プリンタは、誤差に応じて、それ以降のように、ジョブオブジェクトの「ジョブ状態」、「ジョブ状態理由」、または「ジョブ状態メッセージ」は、適切な値(複数可)に属性を設定することができクエリは、正しいジョブステータスを報告することができます。

Note: Asynchronous notification of events is outside the scope of this IPP/1.1 document.

注意:イベントの非同期通知は、このIPP / 1.1文書の範囲外です。

3.2 Printer Operations
3.2プリンタの操作

All Printer operations are directed at Printer objects. A client MUST always supply the "printer-uri" operation attribute in order to identify the correct target of the operation.

すべてのプリンタの操作は、プリンタオブジェクトに向けられています。クライアントは、常に操作の正しいターゲットを特定するために、「プリンタ-URI」操作属性を供給しなければなりません。

3.2.1 Print-Job Operation
3.2.1印刷ジョブの操作

This REQUIRED operation allows a client to submit a print job with only one document and supply the document data (rather than just a reference to the data). See Section 15 for the suggested steps for processing create operations and their Operation and Job Template attributes.

このREQUIRED操作は、クライアントが(むしろデータへの参照のみより)文書データを1つの文書のみで印刷ジョブを提出して供給することができます。操作とその操作を作成し、ジョブテンプレート属性を処理するために推奨される手順については、セクション15を参照してください。

3.2.1.1 Print-Job Request
3.2.1.1印刷ジョブ要求

The following groups of attributes are supplied as part of the Print-Job Request:

属性の以下のグループは、印刷ジョブ要求の一部として提供されています。

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1. The Printer object MUST copy these values to the corresponding Job Description attributes described in sections 4.3.19 and 4.3.20.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。 Printerオブジェクトは、セクション4.3.19と4.3.20で説明した対応するジョブ記述属性にこれらの値をコピーする必要があります。

Target: The "printer-uri" (uri) operation attribute which is the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:セクション3.1.5に記載したように、この操作の対象となる「プリンタ-URI」(URI)操作属性。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

"job-name" (name(MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It contains the client supplied Job name. If this attribute is supplied by the client, its value is used for the "job-name" attribute of the newly created Job object. The client MAY automatically include any information that will help the end-user distinguish amongst his/her jobs, such as the name of the application program along with information from the document, such as the document name, document subject, or source file name. If this attribute is not supplied by the client, the Printer generates a name to use in the "job-name" attribute of the newly created Job object (see Section 4.3.5).

「ジョブ名」(名(MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、クライアント供給ジョブ名が含まれています。この属性がクライアントによって供給されている場合は、その値が新しく作成されたジョブオブジェクトの「ジョブ名」属性に使用されます。クライアントは自動的に、エンドユーザーは、文書名、文書の件名、またはソースファイル名などの文書からの情報とともに、アプリケーションプログラムの名称として彼/彼女の仕事、の間で区別するのに役立ちます任意の情報を含むことができます。この属性がクライアントによって供給されていない場合は、プリンタは、新しく作成されたジョブオブジェクトの「ジョブ名」属性(4.3.5項を参照)に使用する名前を生成します。

"ipp-attribute-fidelity" (boolean): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. The value 'true' indicates that total fidelity to client supplied Job Template attributes and values is required, else the Printer object MUST reject the Print-Job request. The value 'false' indicates that a reasonable attempt to print the Job object is acceptable and the Printer object MUST accept the Print-Job request. If not supplied, the Printer object assumes the value is 'false'. All Printer objects MUST support both types of job processing. See section 15 for a full description of "ipp-attribute-fidelity" and its relationship to other attributes, especially the Printer object's "pdl-override-supported" attribute.

「IPP属性忠実度」(ブール値):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。 「真」値は、クライアント供給ジョブテンプレートに完全に忠実である属性と値が他のプリンタオブジェクトが印刷ジョブ要求を拒絶しなければなりません、必要とされることを示しています。ジョブオブジェクトを印刷する合理的な試みが許容され、プリンタオブジェクトが印刷ジョブ要求を受け入れなければならないことを「false」に値を示します。供給されていない場合は、Printerオブジェクトは、値が「偽」である前提としています。すべてのプリンタオブジェクトは、ジョブ処理の両方のタイプをサポートしなければなりません。 「IPP属性忠実度」と他の属性との関係、特にPrinterオブジェクトの「PDL-オーバーライド・サポート」属性の完全な説明についてはセクション15を参照してください。

"document-name" (name(MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It contains the client supplied document name. The document name MAY be different than the Job name. Typically, the client software automatically supplies the document name on behalf of the end user by using a file name or an application generated name. If this attribute is supplied, its value can be used in a manner defined by each implementation. Examples include: printed along with the Job (job start sheet, page adornments, etc.), used by accounting or resource tracking management tools, or even stored along with the document as a document level attribute. IPP/1.1 does not support the concept of document level attributes.

「文書名」(名(MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、クライアント付属文書名が含まれています。文書名は、ジョブ名とは異なる場合があります。一般的に、クライアントソフトウェアが自動的にファイル名またはアプリケーション生成された名前を使用することにより、エンドユーザに代わってドキュメント名を提供します。この属性が指定された場合、その値は、各実装によって定義された方法で使用することができます。例としては、会計やリソースの追跡管理ツールによって使用される、ジョブ(ジョブ開始シート、ページの装飾、など)と一緒に印刷された、あるいは文書レベルの属性として文書とともに保存します。 IPP / 1.1は、ドキュメントレベル属性の概念をサポートしていません。

"compression" (type3 keyword): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute and the "compression-supported" attribute (see section 4.4.32). The client supplied "compression" operation attribute identifies the compression algorithm used on the document data. The following cases exist:

「圧縮」(TYPE3キーワード):クライアントは、OPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性と「圧縮サポート」属性(セクション4.4.32を参照)をサポートしなければなりません。クライアント付属の「圧縮」操作属性は、文書データに使用される圧縮アルゴリズムを特定します。以下の例が存在します。

a) If the client omits this attribute, the Printer object MUST assume that the data is not compressed (i.e. the Printer follows the rules below as if the client supplied the "compression" attribute with a value of 'none'). b) If the client supplies this attribute, but the value is not supported by the Printer object, i.e., the value is not one of the values of the Printer object's "compression-supported" attribute, the Printer object MUST reject the request, and return the 'client-error-compression-not-supported' status code. See section 3.1.7 for returning unsupported attributes and values.

クライアントがこの属性を省略した場合A)、Printerオブジェクトは、データが圧縮されていないと仮定しなければならない(すなわち、プリンタは、クライアントが「なし」)の値が「圧縮」属性を指定した場合として以下のルールに従います。 b)は、クライアントがこの属性を供給し、その値はプリンタオブジェクトによってサポートされていない場合、すなわち、値がPrinterオブジェクトの「圧縮サポート」属性の値ではありません、Printerオブジェクトは、要求を拒否し、しなければなりません「クライアント・エラー・圧縮・サポートされていない」ステータスコードを返します。サポートされていない属性と値を返すためのセクション3.1.7を参照してください。

c) If the client supplies the attribute and the Printer object supports the attribute value, the Printer object uses the corresponding decompression algorithm on the document data. d) If the decompression algorithm fails before the Printer returns an operation response, the Printer object MUST reject the request and return the 'client-error-compression-error' status code. e) If the decompression algorithm fails after the Printer returns an operation response, the Printer object MUST abort the job and add the 'compression-error' value to the job's "job-state-reasons" attribute. f) If the decompression algorithm succeeds, the document data MUST then have the format specified by the job's "document-format" attribute, if supplied (see "document-format" operation attribute definition below).

クライアントが属性を供給し、Printerオブジェクトが属性値をサポートしている場合c)は、Printerオブジェクトは、文書データ上の対応する解凍アルゴリズムを使用しています。プリンタは、操作応答を返す前に、解凍アルゴリズムが失敗した場合d)に、Printerオブジェクトは、要求を拒否し、「クライアント・エラー圧縮エラー」ステータスコードを返さなければなりません。プリンタは、操作レスポンスを返した後、解凍アルゴリズムが失敗した場合e)に、プリンタオブジェクトは、ジョブを中止し、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に「圧縮エラー」値を追加する必要があります。解凍アルゴリズムが成功した場合は提供されている場合f)は、文書データは、その後、ジョブの「ドキュメント・フォーマット」属性で指定された形式である必要があります(下の「ドキュメント・フォーマット」操作属性の定義を参照)。

"document-format" (mimeMediaType): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. The value of this attribute identifies the format of the supplied document data. The following cases exist:

「ドキュメント・フォーマット」(mimeMediaType):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。この属性の値は、供給ドキュメントデータの形式を識別します。以下の例が存在します。

a) If the client does not supply this attribute, the Printer object assumes that the document data is in the format defined by the Printer object's "document-format-default" attribute. (i.e. the Printer follows the rules below as if the client supplied the "document-format" attribute with a value equal to the printer's default value). b) If the client supplies this attribute, but the value is not supported by the Printer object, i.e., the value is not one of the values of the Printer object's "document-format-supported" attribute, the Printer object MUST reject the request and return the 'client-error-document-format-not-supported' status code. c) If the client supplies this attribute and its value is 'application/octet-stream' (i.e. to be auto-sensed, see Section 4.1.9.1), and the format is not one of the document-formats that the Printer can auto-sense, and this check occurs before the Printer returns an operation response, then the Printer MUST reject the request and return the 'client-error-document-format-not-supported' status code. d) If the client supplies this attribute, and the value is supported by the Printer object, the Printer is capable of interpreting the document data.

クライアントがこの属性を供給しない場合a)に、Printerオブジェクトは、文書データがPrinterオブジェクトの「ドキュメント形式デフォルト」属性によって定義された形式であることを前提としています。 (すなわち、プリンタは、クライアントがプリンタのデフォルト値に等しい値を持つ「文書フォーマット」属性を供給しているかのよう以下のルールに従います)。クライアントがこの属性を供給し、その値はプリンタオブジェクトによってサポートされていない、すなわち場合b)は、値がPrinterオブジェクトの「ドキュメント・フォーマットをサポートする」属性の値ではありません、Printerオブジェクトは、要求を拒絶しなければなりませんそして、「クライアント誤りドキュメント形式 - - サポートされていない」ステータスコードを返します。クライアントがこの属性を供給し、その値が「アプリケーション/ octet-streamの」である場合c)の(つまりは、自動検知されたことセクション4.1.9.1)、およびフォーマットはプリンターができ、自動ドキュメントフォーマットの一つではありません確認してください-sense、およびプリンタは、操作レスポンスを返す前に、このチェックが発生し、その後、プリンタは要求を拒否し、「クライアント・エラー・ドキュメント・フォーマット・サポートされていない」ステータスコードを返さなければなりません。クライアントがこの属性を供給し、値はプリンターオブジェクトでサポートされている場合はD)、プリンタがドキュメントデータを解釈することができます。

e) If interpreting of the document data fails before the Printer returns an operation response, the Printer object MUST reject the request and return the 'client-error-document-format-error' status code. f) If interpreting of the document data fails after the Printer returns an operation response, the Printer object MUST abort the job and add the 'document-format-error' value to the job's "job-state-reasons" attribute.

プリンタは、操作応答を返す前に、文書データの解釈に失敗した場合e)は、Printerオブジェクトは、要求を拒否し、「クライアント・エラー・ドキュメント・フォーマット・エラー」ステータスコードを返さなければなりません。プリンタは、操作レスポンスを返した後、文書データの解釈に失敗した場合f)は、Printerオブジェクトは、仕事を中止し、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に「ドキュメント・フォーマット・エラー」値を追加する必要があります。

"document-natural-language" (naturalLanguage): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object OPTIONALLY supports this attribute. This attribute specifies the natural language of the document for those document-formats that require a specification of the natural language in order to image the document unambiguously. There are no particular values required for the Printer object to support.

「ドキュメント自然言語」(自然言語):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、オプションでこの属性をサポートしています。この属性は、文書明確にイメージするために、自然言語の仕様を必要とするドキュメントフォーマットのための文書の自然言語を指定します。サポートへのPrinterオブジェクトのために必要な特別な値はありません。

"job-k-octets" (integer(0:MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object OPTIONALLY supports this attribute and the "job-k-octets-supported" attribute (see section 4.4.33). The client supplied "job-k-octets" operation attribute identifies the total size of the document(s) in K octets being submitted (see section 4.3.17.1 for the complete semantics). If the client supplies the attribute and the Printer object supports the attribute, the value of the attribute is used to populate the Job object's "job-k-octets" Job Description attribute.

"ジョブK-オクテット"(整数(0:MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、オプションでこの属性と「仕事-K-オクテットサポート」属性(セクション4.4.33を参照)をサポートしています。 「ジョブK-オクテット」操作属性供給クライアントは、(完全な意味論のためのセクション4.3.17.1を参照)に提出されたKオクテットでのドキュメントの合計サイズを識別します。クライアントが属性を供給し、Printerオブジェクトが属性をサポートしている場合、属性の値は、ジョブオブジェクトの「仕事-K-オクテット」仕事内容の属性を移入するために使用されます。

For this attribute and the following two attributes ("job-impressions", and "job-media-sheets"), if the client supplies the attribute, but the Printer object does not support the attribute, the Printer object ignores the client-supplied value. If the client supplies the attribute and the Printer supports the attribute, and the value is within the range of the corresponding Printer object's "xxx-supported" attribute, the Printer object MUST use the value to populate the Job object's "xxx" attribute. If the client supplies the attribute and the Printer supports the attribute, but the value is outside the range of the corresponding Printer object's "xxx-supported" attribute, the Printer object MUST copy the attribute and its value to the Unsupported Attributes response group, reject the request, and return the 'client-error-attributes-or-values-not-supported' status code. If the client does not supply the attribute, the Printer object MAY choose to populate the corresponding Job object attribute depending on whether the Printer object supports the attribute and is able to calculate or discern the correct value.

クライアントが属性を供給が、Printerオブジェクトは属性をサポートしていない場合は、この属性と次の2つの属性(「ジョブ・感想」、および「ジョブメディアシート」)については、Printerオブジェクトは、クライアントが提供無視します値。クライアントが属性を供給し、プリンタが属性をサポートしており、値は、対応するPrinterオブジェクトの「XXX-サポート」属性の範囲内にある場合、Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトの「XXX」の属性を移入した値を使用しなければなりません。クライアントが属性を供給し、プリンタが属性をサポートしていますが、値は、対応するPrinterオブジェクトの「XXX-サポート」属性の範囲外にある場合、属性およびサポートされていないと、その値をコピーしなければなりませんPrinterオブジェクトは拒否、応答グループの属性要求、および「クライアント誤り属性-または値-サポートされていない」ステータスコードを返します。クライアントが属性を供給しない場合、Printerオブジェクトは、Printerオブジェクトが属性をサポートし、正しい値を計算するか、見分けることができているかどうかに応じて、対応するジョブオブジェクトの属性を移入することを選択するかもしれません。

"job-impressions" (integer(0:MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object OPTIONALLY supports this attribute and the "job-impressions-supported" attribute (see section 4.4.34). The client supplied "job-impressions" operation attribute identifies the total size in number of impressions of the document(s) being submitted (see section 4.3.17.2 for the complete semantics).

"仕事インプレッション"(整数(0:MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、オプションでこの属性と「ジョブ感想・サポート」属性(セクション4.4.34を参照)をサポートしています。クライアント付属の「ジョブ感想」操作属性は、送信されるドキュメント(複数可)のインプレッション数(完全な意味論のためのセクション4.3.17.2を参照)で合計サイズを識別します。

See last paragraph under "job-k-octets".

「仕事-K-オクテット」の下で最後の段落を参照してください。

"job-media-sheets" (integer(0:MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object OPTIONALLY supports this attribute and the "job-media-sheets-supported" attribute (see section 4.4.35). The client supplied "job-media-sheets" operation attribute identifies the total number of media sheets to be produced for this job (see section 4.3.17.3 for the complete semantics).

「ジョブメディアシート」(整数(0:MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、オプションでこの属性と「ジョブメディアシートでサポートされている」属性(セクション4.4.35を参照)をサポートしています。クライアント付属「ジョブメディアシート」操作属性は、このジョブのために生成される媒体シート(完全な意味論に関してセクション4.3.17.3を参照のこと)の総数を識別する。

See last paragraph under "job-k-octets".

「仕事-K-オクテット」の下で最後の段落を参照してください。

Group 2: Job Template Attributes

グループ2:ジョブテンプレート属性

The client OPTIONALLY supplies a set of Job Template attributes as defined in section 4.2. If the client is not supplying any Job Template attributes in the request, the client SHOULD omit Group 2 rather than sending an empty group. However, a Printer object MUST be able to accept an empty group.

クライアントは、オプションとしてセクション4.2で定義された属性ジョブテンプレートのセットを提供します。クライアントは、任意のジョブテンプレートは、要求の属性供給されていない場合、クライアントではなく、空のグループを送るよりも、グループ2を省略すべきです。しかし、Printerオブジェクトは、空のグループを受け入れることができなければなりません。

Group 3: Document Content

グループ3:文書コンテンツ

The client MUST supply the document data to be processed.

クライアントは、処理対象の文書データを供給しなければなりません。

In addition to the MANDATORY parameters required for every operation request, the simplest Print-Job Request consists of just the "attributes-charset" and "attributes-natural-language" operation attributes; the "printer-uri" target operation attribute; the Document Content and nothing else. In this simple case, the Printer object:

すべての操作要求に必要な必須パラメータに加えて、最も簡単な印刷ジョブ要求は、単に「属性-文字セット」で構成され、「属性自然言語」操作属性。 「プリンタ-URI」ターゲット操作属性。ドキュメントの内容と何もありません。この単純な場合には、プリンタオブジェクト:

- creates a new Job object (the Job object contains a single document), - stores a generated Job name in the "job-name" attribute in the natural language and charset requested (see Section 3.1.4.1) (if those are supported, otherwise using the Printer object's default natural language and charset), and

- 、(ジョブオブジェクトは、単一の文書を含む)は、新しいジョブオブジェクトを作成します - 要求された自然言語と文字セットの「ジョブ名」属性で生成されたジョブ名を格納し(セクション3.1.4.1を参照)(それらがサポートされている場合は、それ以外の場合はPrinterオブジェクトのデフォルトの自然言語と文字セット)を使用して、

- at job processing time, uses its corresponding default value attributes for the supported Job Template attributes that were not supplied by the client as IPP attribute or embedded instructions in the document data.

- ジョブ処理時に、サポートジョブテンプレートは、文書データにおけるIPP属性または埋め込まれた命令としてクライアントによって提供されていなかったその属性のために、それに対応するデフォルト値の属性を使用します。

3.2.1.2 Print-Job Response
3.2.1.2印刷ジョブの対応

The Printer object MUST return to the client the following sets of attributes as part of the Print-Job Response:

Printerオブジェクトは、印刷ジョブ応答の一部としてクライアントに次の属性セットを返さなければなりません:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6. If the client supplies unsupported or conflicting Job Template attributes or values, the Printer object MUST reject or accept the Print-Job request depending on the whether the client supplied a 'true' or 'false' value for the "ipp-attribute-fidelity" operation attribute. See the Implementer's Guide [IPP-IIG] for a complete description of the suggested steps for processing a create request.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。クライアント用品、サポートされていないか、競合ジョブテンプレート属性または値場合、Printerオブジェクトは、拒否または、クライアントが「IPP属性忠実度」のための「true」または「false」値を供給するかどうかに応じて、印刷ジョブの要求を受け入れなければなりません操作属性。作成要求を処理するための推奨される手順の詳細については、実装者ガイド[IPP-IIG]を参照してください。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

The value of the "ipp-attribute-fidelity" supplied by the client does not affect what attributes the Printer object returns in this group. The value of "ipp-attribute-fidelity" only affects whether the Print-Job operation is accepted or rejected. If the job is accepted, the client may query the job using the Get-Job-Attributes operation requesting the unsupported attributes that were returned in the create response to see which attributes were ignored (not stored on the Job object) and which attributes were stored with other (substituted) values.

クライアントによって提供される「IPP属性忠実度」の値は、このグループ内のプリンタオブジェクトのリターンをどの属性には影響しません。 「IPP属性忠実度」の値は、印刷ジョブの操作を承認または拒否されるかどうかに影響します。ジョブが受理された場合、クライアントは、(ジョブオブジェクトに保存されていない)無視された属性と保存された属性を参照するために作成する応答で返されたサポートされていない属性を要求するには、Get-ジョブ・属性操作を使用してジョブを問い合わせることができます他の(置換)値を有します。

Group 3: Job Object Attributes

グループ3:ジョブオブジェクトの属性

"job-uri" (uri): The Printer object MUST return the Job object's URI by returning the contents of the REQUIRED "job-uri" Job object attribute. The client uses the Job object's URI when directing operations at the Job object. The Printer object always uses its configured security policy when creating the new URI. However, if the Printer object supports more than one URI, the Printer object also uses information about which URI was used in the Print-Job Request to generated the new URI so that the new URI references the correct access channel. In other words, if the Print-Job Request comes in over a secure channel, the Printer object MUST generate a Job URI that uses the secure channel as well.

"仕事-URI"(URI):Printerオブジェクトは、REQUIRED "仕事-URI" ジョブオブジェクト属性の内容を返すことによって、JobオブジェクトのURIを返さなければなりません。ジョブオブジェクトで操作を指示する場合、クライアントは、JobオブジェクトのURIを使用しています。新しいURIを作成するときにプリンタのオブジェクトは、常に、その設定されたセキュリティポリシーを使用しています。プリンタオブジェクトが複数のURIをサポートしている場合は、Printerオブジェクトは、また、URIを新しいURIが正しいアクセスチャネルを参照するように新しいURIを生成するための印刷ジョブ要求で使用されたかについての情報を使用しています。印刷ジョブの要求が安全なチャネル経由で来る場合は、他の言葉では、Printerオブジェクトは、同様に保護されたチャネルを使用するジョブURIを生成しなければなりません。

"job-id" (integer(1:MAX)): The Printer object MUST return the Job object's Job ID by returning the REQUIRED "job-id" Job object attribute. The client uses this "job-id" attribute in conjunction with the "printer-uri" attribute used in the Print-Job Request when directing Job operations at the Printer object.

"ジョブID"(整数(1:MAX)):Printerオブジェクトは、REQUIRED "仕事-ID" のJobオブジェクト属性を返すことによって、ジョブオブジェクトのジョブIDを返さなければなりません。クライアントは、プリンタオブジェクトでジョブの操作を指示する印刷ジョブ要求で使用される「プリンタ-URI」属性と一緒に、この「仕事-id」属性を使用しています。

"job-state" (type1 enum): The Printer object MUST return the Job object's REQUIRED "job-state" attribute. The value of this attribute (along with the value of the next attribute: "job-state-reasons") is taken from a "snapshot" of the new Job object at some meaningful point in time (implementation defined) between when the Printer object receives the Print-Job Request and when the Printer object returns the response.

「ジョブの状態」(TYPE1列挙型):Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトのREQUIRED「仕事状態」属性を返さなければなりません。 (次の属性の値と共に「ジョブ状態理由」)は、この属性の値は、場合プリンタオブジェクト間の時間(実装が定義されている)、いくつかの意味のある時点で新しいジョブオブジェクトの「スナップショット」から取得され印刷ジョブリクエストとするとき、プリンタオブジェクトが応答を返すを受け取ります。

"job-state-reasons" (1setOf type2 keyword): The Printer object MUST return the Job object's REQUIRED "job-state-reasons" attribute.

「ジョブ状態の理由」(1setOfタイプ2キーワード):Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトのREQUIRED「仕事ステートの理由」属性を返さなければなりません。

"job-state-message" (text(MAX)): The Printer object OPTIONALLY returns the Job object's OPTIONAL "job-state-message" attribute. If the Printer object supports this attribute then it MUST be returned in the response. If this attribute is not returned in the response, the client can assume that the "job-state-message" attribute is not supported and will not be returned in a subsequent Job object query.

「ジョブ状態メッセージ」(テキスト(MAX)):Printerオブジェクトは、OPTIONALLYのJobオブジェクトのOPTIONAL「ジョブ状態メッセージ」属性を返します。 Printerオブジェクトがこの属性をサポートしている場合、それは応答で返さなければなりません。この属性が応答で返されていない場合、クライアントは、「ジョブ状態メッセージ」属性がサポートされていないと、後続のJobオブジェクトのクエリで返されないことを前提とすることができます。

"number-of-intervening-jobs" (integer(0:MAX)): The Printer object OPTIONALLY returns the Job object's OPTIONAL "number-of-intervening-jobs" attribute. If the Printer object supports this attribute then it MUST be returned in the response. If this attribute is not returned in the response, the client can assume that the "number-of-intervening-jobs" attribute is not supported and will not be returned in a subsequent Job object query.

"数の-介在-ジョブ"(整数(0:MAX)):Printerオブジェクトは、OPTIONALLYのJobオブジェクトのOPTIONAL "数の-介在-仕事" 属性を返します。 Printerオブジェクトがこの属性をサポートしている場合、それは応答で返さなければなりません。この属性が応答で返されていない場合、クライアントは「数の-介在-ジョブが」属性がサポートされていないと、後続のJobオブジェクトのクエリで返されないことを前提とすることができます。

Note: Since any printer state information which affects a job's state is reflected in the "job-state" and "job-state-reasons" attributes, it is sufficient to return only these attributes and no specific printer status attributes.

注意:ジョブの状態に影響を与えるプリンタ状態情報は、「ジョブの状態」と「ジョブ状態の理由」属性に反映されているので、それだけでこれらの属性を返すのに十分であるとは特定のプリンタの状態は、属性ません。

Note: In addition to the MANDATORY parameters required for every operation response, the simplest response consists of the just the "attributes-charset" and "attributes-natural-language" operation attributes and the "job-uri", "job-id", and "job-state" Job Object Attributes. In this simplest case, the status code is 'successful-ok' and there is no "status-message" or "detailed-status-message" operation attribute.

注意:すべての操作応答に必要な必須パラメータに加えて、最も簡単な応答は、単に「 - 文字セットを属性」と「属性自然言語」操作属性と「仕事-URI」、「ジョブIDを」で構成されてい、および「ジョブ状態」のジョブオブジェクトの属性。この最も単純なケースでは、ステータスコードは「成功-OK」で、何の「ステータスメッセージ」または「詳細なステータス・メッセージ」操作属性はありません。

3.2.2 Print-URI Operation
3.2.2印刷-URI操作

This OPTIONAL operation is identical to the Print-Job operation (section 3.2.1) except that a client supplies a URI reference to the document data using the "document-uri" (uri) operation attribute (in Group 1) rather than including the document data itself. Before returning the response, the Printer MUST validate that the Printer supports the retrieval method (e.g., http, ftp, etc.) implied by the URI, and MUST check for valid URI syntax. If the client-supplied URI scheme is not supported, i.e. the value is not in the Printer object's "referenced-uri-scheme-supported" attribute, the Printer object MUST reject the request and return the 'client-error-uri-scheme-not-supported' status code.

このオプションの動作は、クライアントが(グループ1の)「文書-URI」(URI)操作属性を使用して文書データへのURI参照を提供することを除いて(セクション3.2.1)ではなくを含む印刷ジョブの動作と同じです文書データそのもの。応答を返す前に、プリンタは、プリンタがURIによって暗示検索方法(例えば、HTTP、FTPなど)をサポートしていることを検証しなければならない、との有効なURI構文のためにチェックしなければなりません。クライアントが提供するURIスキームがサポートされていない場合、値がPrinterオブジェクトの「参照-URI-スキーム・サポート」属性ではない、すなわち、Printerオブジェクトは、要求を拒否し、「クライアント・エラー-URI-scheme-を返さなければなりません「ステータスコード-サポートされていません。

The IPP Printer MAY validate the accessibility of the document as part of the operation or subsequently. If the Printer determines an accessibility problem before returning an operation response, it rejects the request and returns the 'client-error-document-access-error' status code. The Printer MAY also return a specific document access error code using the "document-access-error" operation attribute (see section 3.1.6.4).

IPPプリンタは、操作やその後の一環として、文書のアクセシビリティを検証することができます。プリンタは、操作レスポンスを返す前に、アクセシビリティの問題を決定した場合、その要求を拒否し、「クライアント誤りドキュメントアクセスエラー」ステータスコードを返します。また、プリンタは、「ドキュメント・アクセス・エラー」操作属性(セクション3.1.6.4を参照)を使用して、特定の文書のアクセスエラーコードを返すことがあります。

If the Printer determines this document accessibility problem after accepting the request and returning an operation response with one of the successful status codes, the Printer adds the 'document-access-error' value to the job's "job-state-reasons" attribute and MAY populate the job's "job-document-access-errors" Job Description attribute (see section 4.3.11). See The Implementer's Guide [IPP-IIG] for suggested additional checks.

プリンタが要求を受け入れ、成功のステータスコードのいずれかで操作レスポンスを返した後、このドキュメントのアクセシビリティの問題を決定した場合、プリンタは、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性とMAYに「ドキュメント・アクセス・エラー」値を追加します(セクション4.3.11を参照してください)ジョブの「ジョブ・ドキュメント・アクセス・エラー」のジョブ記述属性を移入します。提案され、追加のチェックのためのImplementerのガイド[IPP-IIG]を参照してください。

If the Printer object supports this operation, it MUST support the "reference-uri-schemes-supported" Printer attribute (see section 4.4.27).

Printerオブジェクトがこの操作をサポートしている場合は、「参照-URI-スキーム・サポート」Printer属性(セクション4.4.27を参照)をサポートしなければなりません。

It is up to the IPP object to interpret the URI and subsequently "pull" the document from the source referenced by the URI string.

これは、URIを解釈し、その後、URI文字列によって参照されるソースからドキュメントを「プル」するIPPオブジェクト次第です。

3.2.3 Validate-Job Operation
3.2.3検証 - 仕事の操作

This REQUIRED operation is similar to the Print-Job operation (section 3.2.1) except that a client supplies no document data and the Printer allocates no resources (i.e., it does not create a new Job object). This operation is used only to verify capabilities of a printer object against whatever attributes are supplied by the client in the Validate-Job request. By using the Validate-Job operation a client can validate that an identical Print-Job operation (with the document data) would be accepted. The Validate-Job operation also performs the same security negotiation as the Print-Job operation (see section 8), so that a client can check that the client and Printer object security requirements can be met before performing a Print-Job operation.

このREQUIRED操作(すなわち、それは新しいジョブオブジェクトを作成しません)クライアントが何の文書データを供給しないとプリンタは何のリソースを割り当てないことを除いて(セクション3.2.1)印刷ジョブの動作と同様です。この操作は、属性が検証ジョブ要求でクライアントによって供給されているものは何でもに対してプリンタオブジェクトの能力を確認するためにのみ使用されます。検証ジョブ操作を使用することにより、クライアントは、(文書データと)同じ印刷ジョブの操作が受け付けられることを検証することができます。クライアントは、クライアントとプリンタオブジェクトのセキュリティ要件は、印刷ジョブの操作を実行する前に満たすことができるかどうかを確認できるように、検証ジョブ動作も、印刷ジョブの操作(セクション8を参照)と同じセキュリティ交渉を行います。

The Validate-Job operation does not accept a "document-uri" attribute in order to allow a client to check that the same Print-URI operation will be accepted, since the client doesn't send the data with the Print-URI operation. The client SHOULD just issue the Print-URI request.

検証ジョブの操作は、クライアントが印刷-URI操作でデータを送信しないので、同じ印刷-URI操作は、受け入れられるかどうかを確認することを可能にするために、「ドキュメント-URI」属性を受け入れません。クライアントは、単に印刷-URI要求を発行する必要があります。

The Printer object returns the same status codes, Operation Attributes (Group 1) and Unsupported Attributes (Group 2) as the Print-Job operation. However, no Job Object Attributes (Group 3) are returned, since no Job object is created.

Printerオブジェクトは、操作が(グループ1)と、印刷ジョブ操作としてサポートされていない属性(グループ2)の属性、同じステータスコードを返します。何のジョブオブジェクトが作成されていないので、何の仕事のオブジェクト属性(グループ3)は、返されません。

3.2.4 Create-Job Operation
3.2.4作成し、ジョブの操作

This OPTIONAL operation is similar to the Print-Job operation (section 3.2.1) except that in the Create-Job request, a client does not supply document data or any reference to document data. Also, the client does not supply any of the "document-name", "document-format", "compression", or "document-natural-language" operation attributes. This operation is followed by one or more Send-Document or Send-URI operations. In each of those operation requests, the client OPTIONALLY supplies the "document-name", "document-format", and "document-natural-language" attributes for each document in the multi-document Job object.

このオプションの動作は、その作成・ジョブのリクエストで、クライアントは文書データや文書データへの参照を供給しないを除いて印刷ジョブの操作(セクション3.2.1)に似ています。また、クライアントは、「文書名」、「ドキュメント・フォーマット」、「圧縮」、または「ドキュメント自然言語」操作属性のいずれかを提供していません。この操作は、一つ以上の-ドキュメントを送信または送信-URI操作を続いています。これらの操作要求のそれぞれにおいて、クライアントは、オプションのマルチドキュメントジョブオブジェクト内の各文書の属性を「文書名」、「ドキュメント・フォーマット」、および「ドキュメント自然言語」を提供しています。

If a Printer object supports the Create-Job operation, it MUST also support the Send-Document operation and also MAY support the Send-URI operation.

プリンタオブジェクトが作成・ジョブの操作をサポートしている場合、それはまた、送信・ドキュメントの操作をサポートしなければならないし、また、送信-URI操作をサポートするかもしれません。

If the Printer object supports this operation, it MUST support the "multiple-operation-time-out" Printer attribute (see section 4.4.31).

Printerオブジェクトがこの操作をサポートしている場合、それは「マルチオペレーション・タイムアウト」Printer属性を(セクション4.4.31を参照)をサポートしなければなりません。

If the Printer object supports this operation, then it MUST support the "multiple-document-jobs-supported" Printer Description attribute (see section 4.4.16) and indicate whether or not it supports multiple-document jobs.

Printerオブジェクトがこの操作をサポートしている場合、それは「マルチドキュメント・ジョブ・サポート」プリンタ記述属性(セクション4.4.16を参照)をサポートし、それがマルチドキュメントの仕事をサポートしているかどうかを指定する必要があります。

If the Printer object supports this operation and supports multiple documents in a job, then it MUST support the "multiple-document-handling" Job Template job attribute with at least one value (see section 4.2.4) and the associated "multiple-document-handling-default" and "multiple-document-handling-supported" Job Template Printer attributes (see section 4.2).

Printerオブジェクトがこの操作をサポートしており、ジョブ内の複数のドキュメントをサポートしている場合、それは少なくとも1つの値を持つ「マルチドキュメントハンドリング」ジョブテンプレートジョブ属性(セクション4.2.4を参照)と関連する「マルチドキュメントをサポートしなければなりませんデフォルトの-handling」と 『マルチドキュメント・ハンドリング・サポート』ジョブテンプレートプリンタの属性(セクション4.2を参照してください)。

After the Create-Job operation has completed, the value of the "job-state" attribute is similar to the "job-state" after a Print-Job, even though no document-data has arrived. A Printer MAY set the 'job-data-insufficient' value of the job's "job-state-reason" attribute to indicate that processing cannot begin until sufficient data has arrived and set the "job-state" to either 'pending' or 'pending-held'. A non-spooling printer that doesn't implement the 'pending' job state may even set the "job-state" to 'processing', even though there is not yet any data to process. See sections 4.3.7 and 4.3.8.

作成・ジョブの操作が完了した後、「ジョブ状態」の値は、属性には、文書データが到着していないにも関わらず、印刷ジョブの後に「ジョブ状態」に似ています。プリンタは、十分なデータが到着するまで開始できない処理を示すために、ジョブの「ジョブ状態理由」属性の「ジョブデータ不足」の値を設定し、いずれかの「保留中」または「への「ジョブ状態」に設定してもよい(MAY)保留開催されました」。 「保留中」のジョブ状態を実装していない非スプールプリンタであっても、まだ処理すべきデータがない場合であっても、「処理」に「ジョブ状態」を設定してもよいです。セクション4.3.7と4.3.8を参照してください。

3.2.5 Get-Printer-Attributes Operation
3.2.5は、Get-プリンタは、属性の動作

This REQUIRED operation allows a client to request the values of the attributes of a Printer object. In the request, the client supplies the set of Printer attribute names and/or attribute group names in which the requester is interested. In the response, the Printer object returns a corresponding attribute set with the appropriate attribute values filled in.

このREQUIRED操作は、クライアントがプリンタオブジェクトの属性の値を要求することができます。要求では、クライアントは、Printer属性名および/または要求者が関心を持っている属性グループ名のセットを提供します。これに応答して、プリンタオブジェクトは、内に充填された適切な属性値と対応する属性セットを返します。

For Printer objects, the possible names of attribute groups are:

プリンタオブジェクトの場合、属性グループの可能な名前は次のとおりです。

- 'job-template': the subset of the Job Template attributes that apply to a Printer object (the last two columns of the table in Section 4.2) that the implementation supports for Printer objects. - 'printer-description': the subset of the attributes specified in Section 4.4 that the implementation supports for Printer objects.

- 「仕事テンプレート」:実装がプリンタオブジェクトに対応していること、プリンタオブジェクト(セクション4.2の表の最後の2列)に適用されるジョブテンプレート属性のサブセット。 - 「プリンタ記述」:実装がプリンタオブジェクトのサポートセクション4.4で指定された属性のサブセット。

- 'all': the special group 'all' that includes all attributes that the implementation supports for Printer objects.

- 「すべて」:すべての実装は、プリンタオブジェクトのサポートしている属性が含まれる特別なグループ「すべて」。

Since a client MAY request specific attributes or named groups, there is a potential that there is some overlap. For example, if a client requests, 'printer-name' and 'all', the client is actually requesting the "printer-name" attribute twice: once by naming it explicitly, and once by inclusion in the 'all' group. In such cases, the Printer object NEED NOT return each attribute only once in the response even if it is requested multiple times. The client SHOULD NOT request the same attribute in multiple ways.

クライアントは、特定の属性または名前付きグループを要求することができるので、いくつかの重複があるという可能性があります。一度明示的に名前を付け、一度「すべて」グループに含めることによってによって:たとえば、クライアント要求場合、「プリンタ名」と「すべて」、クライアントは、実際には2回属性「プリンタ名」を要求しています。このような場合には、Printerオブジェクトは、それが複数回要求された場合でも対応して一度だけ、各属性を返す必要はありません。クライアントは、複数の方法で同じ属性を要求すべきでありません。

It is NOT REQUIRED that a Printer object support all attributes belonging to a group (since some attributes are OPTIONAL). However, it is REQUIRED that each Printer object support all group names.

プリンタオブジェクトが(いくつかの属性はオプションであるため)グループに属するすべての属性をサポートしている必要はありません。しかし、各プリンタのオブジェクトは、すべてのグループ名をサポートしている必要があります。

3.2.5.1 Get-Printer-Attributes Request
3.2.5.1のGet-プリンタ、属性リクエスト

The following sets of attributes are part of the Get-Printer-Attributes Request:

次の属性セットは、Get-プリンタ-属性要求の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Target: The "printer-uri" (uri) operation attribute which is the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:セクション3.1.5に記載したように、この操作の対象となる「プリンタ-URI」(URI)操作属性。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

"requested-attributes" (1setOf keyword): The client OPTIONALLY supplies a set of attribute names and/or attribute group names in whose values the requester is interested. The Printer object MUST support this attribute. If the client omits this attribute, the Printer MUST respond as if this attribute had been supplied with a value of 'all'.

「要求された-属性」(1setOfキーワードが):クライアントは、オプションの値要求者が興味を持っているの属性名および/または属性グループ名のセットを提供します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。クライアントがこの属性を省略した場合、この属性は「すべて」の値で提供されていたかのように、プリンタが応答しなければなりません。

"document-format" (mimeMediaType): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. This attribute is useful for a Printer object to determine the set of supported attribute values that relate to the requested document format. The Printer object MUST return the attributes and values that it uses to validate a job on a create or Validate-Job operation in which this document format is supplied. The Printer object SHOULD return only (1) those attributes that are supported for the specified format and (2) the attribute values that are supported for the specified document format. By specifying the document format, the client can get the Printer object to eliminate the attributes and values that are not supported for a specific document format. For example, a Printer object might have multiple interpreters to support both 'application/postscript' (for PostScript) and 'text/plain' (for text) documents. However, for only one of those interpreters might the Printer object be able to support "number-up" with values of '1', '2', and '4'. For the other interpreter it might be able to only support "number-up" with a value of '1'. Thus a client can use the Get-Printer-Attributes operation to obtain the attributes and values that will be used to accept/reject a create job operation.

「ドキュメント・フォーマット」(mimeMediaType):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。この属性は、要求されたドキュメント形式に関連するサポートされる属性値のセットを決定するために、プリンタオブジェクトに便利です。 Printerオブジェクトは、それが、この文書の書式が供給されているの作成や検証、ジョブ操作でジョブを検証するために使用する属性と値を返さなければなりません。プリンタオブジェクトは、指定されたフォーマット及び(2)でサポートされているのみ(1)これらの属性指定された文書の形式でサポートされている属性値を返すべきです。文書の書式を指定することで、クライアントは、特定のドキュメントフォーマットのためにサポートされていない属性と値を排除するために、プリンタオブジェクトを取得することができます。例えば、Printerオブジェクトは、文書(テキスト用)(PostScriptのための)「アプリケーション/追伸」と「text / plainの」両方をサポートするために、複数のインタプリタがあるかもしれません。しかし、一つだけそれらの通訳のためにPrinterオブジェクトは、「1」、「2」、および「4」の値を持つ「数アップ」をサポートすることができるかもしれません。他の通訳のためには、「1」の値のみをサポート「数アップ」することができるかもしれません。したがって、クライアントは、ジョブを作成、操作拒否受け入れる/に使用される属性と値を取得するには、Get-プリンタ・属性操作を使用することができます。

If the Printer object does not distinguish between different sets of supported values for each different document format when validating jobs in the create and Validate-Job operations, it MUST NOT distinguish between different document formats in the Get-Printer-Attributes operation. If the Printer object does distinguish between different sets of supported values for each different document format specified by the client, this specialization applies only to the following Printer object attributes:

プリンタオブジェクトは、それぞれ異なるドキュメントフォーマットのためにサポートされている値の異なるセットを区別しない場合は作成し、検証・ジョブ操作のジョブを検証する際、それは、Get-プリンタ・属性操作でさまざまな文書フォーマットを区別してはなりません。 Printerオブジェクトがクライアントによって指定された各異なるドキュメントフォーマットのためにサポートされている値の異なるセットを区別しない場合は、この専門分野は、以下のプリンタオブジェクト属性にのみ適用されます。

- Printer attributes that are Job Template attributes ("xxx-default" "xxx-supported", and "xxx-ready" in the Table in Section 4.2), - "pdl-override-supported", - "compression-supported", - "job-k-octets-supported", - "job-impressions-supported", - "job-media-sheets-supported", - "printer-driver-installer", - "color-supported", and - "reference-uri-schemes-supported"

- ジョブテンプレートは、(「XXX-デフォルト」「XXX-サポート」、および「XXX-準備属性ですプリンタの属性」セクション4.2の表に)、 - 「PDL-オーバーライド・サポート」、 - 「圧縮サポート」、 - "ジョブ-K-オクテットサポート" - "ジョブインプレッションサポート" - "ジョブメディアシートがサポート" - "プリンタドライバインストーラ" - "色サポート"、および - " 「参照-URI-スキームがサポート

The values of all other Printer object attributes (including "document-format-supported") remain invariant with respect to the client supplied document format (except for new Printer description attribute as registered according to section 6.2).

(「ドキュメント・フォーマットがサポート」を含む)他のすべてのプリンタオブジェクト属性の値は、(セクション6.2に従って登録された新たなプリンタ記述属性を除く)クライアント付属文書フォーマットに対して不変のままです。

If the client omits this "document-format" operation attribute, the Printer object MUST respond as if the attribute had been supplied with the value of the Printer object's "document-format- default" attribute. It is RECOMMENDED that the client always supply a value for "document-format", since the Printer object's "document-format-default" may be 'application/octet-stream', in which case the returned attributes and values are for the union of the document formats that the Printer can automatically sense. For more details, see the description of the 'mimeMediaType' attribute syntax in section 4.1.9.

クライアントは、この「ドキュメントフォーマット」操作属性を省略した場合、Printerオブジェクトは、属性がPrinterオブジェクトの「ドキュメント-format-デフォルト」属性の値で提供されていたかのように応答しなければなりません。返される属性と値は、労働組合のためである場合には、Printerオブジェクトの「ドキュメント形式デフォルトは」「アプリケーション/ octet-streamと」かもしれないので、クライアントは常に、「ドキュメント・フォーマット」の値を指定することが推奨されますプリンタを自動的に検出することができる文書フォーマットの。詳細については、セクション4.1.9の「mimeMediaType」属性構文の説明を参照してください。

If the client supplies a value for the "document-format" Operation attribute that is not supported by the Printer, i.e., is not among the values of the Printer object's "document-format-supported" attribute, the Printer object MUST reject the operation and return the 'client-error-document-format-not-supported' status code.

クライアントがプリンタでサポートされていない「文書フォーマット」操作属性、すなわちのための値を提供した場合は、Printerオブジェクトの「ドキュメント・フォーマットをサポートする」属性の値の中ではありません、Printerオブジェクトは、操作を拒絶しなければなりませんそして、「クライアント誤りドキュメント形式 - - サポートされていない」ステータスコードを返します。

3.2.5.2 Get-Printer-Attributes Response
3.2.5.2応答を取得・プリンタは、属性

The Printer object returns the following sets of attributes as part of the Get-Printer-Attributes Response:

Printerオブジェクトは、応答を取得・プリンタは、属性の一部として、次の属性セットを返します。

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

The response NEED NOT contain the "requested-attributes" operation attribute with any supplied values (attribute keywords) that were requested by the client but are not supported by the IPP object. If the Printer object does return unsupported attributes referenced in the "requested-attributes" operation attribute and that attribute included group names, such as 'all', the unsupported attributes MUST NOT include attributes described in the standard but not supported by the implementation.

応答は、クライアントによって要求されたが、IPPオブジェクトによってサポートされていない任意の供給値(属性キーワード)と「要求され、属性」操作属性を含む必要はありません。プリンタの目的は、「すべて」として、「要求され、属性」操作属性で参照サポートされていない属性とその属性に含まグループ名を、返さない場合は、サポートされていない属性は、標準で説明したが、実装によってサポートされていない属性を含んではいけません。

Group 3: Printer Object Attributes

グループ3:プリンタオブジェクトの属性

This is the set of requested attributes and their current values. The Printer object ignores (does not respond with) any requested attribute which is not supported. The Printer object MAY respond with a subset of the supported attributes and values, depending on the security policy in force. However, the Printer object MUST respond with the 'unknown' value for any supported attribute (including all REQUIRED attributes) for which the Printer object does not know the value. Also the Printer object MUST respond with the 'no-value' for any supported attribute (including all REQUIRED attributes) for which the system administrator has not configured a value. See the description of the "out-of-band" values in the beginning of Section 4.1.

これは、要求された属性とその現在の値のセットです。 Printerオブジェクトは、(で応答しません)サポートされていない任意の要求された属性を無視します。 Printerオブジェクトは、力のセキュリティポリシーに応じて、サポートされる属性と値のサブセットで応答することができます。しかし、Printerオブジェクトは、Printerオブジェクトが値を知らないために(必要なすべての属性を含む)サポートされている任意の属性に対して「不明」値で応じなければなりません。また、Printerオブジェクトは、システム管理者が値を設定しなかったために(必要なすべての属性を含む)サポートされている任意の属性に対して「無価値」で応じなければなりません。 4.1節の冒頭で「アウトオブバンド」の値の説明を参照してください。

3.2.6 Get-Jobs Operation
3.2.6は、Get-ジョブ操作

This REQUIRED operation allows a client to retrieve the list of Job objects belonging to the target Printer object. The client may also supply a list of Job attribute names and/or attribute group names. A group of Job object attributes will be returned for each Job object that is returned.

このREQUIRED操作は、クライアントがターゲットプリンタオブジェクトに属するジョブオブジェクトのリストを取得することができます。また、クライアントは、名前および/または属性グループの属性名をジョブのリストを供給することができます。ジョブ・オブジェクト属性のグループが返され、各ジョブオブジェクトに対して返されます。

This operation is similar to the Get-Job-Attributes operation, except that this Get-Jobs operation returns attributes from possibly more than one object.

この操作は、このゲット・ジョブズの操作が一つのオブジェクトよりも、おそらくそれ以上から属性を返すことを除いては、Get-ジョブ・属性の動作と同様です。

3.2.6.1 Get-Jobs Request
3.2.6.1は、Get-ジョブリクエスト

The client submits the Get-Jobs request to a Printer object.

クライアントは、プリンタオブジェクトには、Get-ジョブ要求を提出します。

The following groups of attributes are part of the Get-Jobs Request:

属性の以下のグループは、Get-ジョブ要求の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Target: The "printer-uri" (uri) operation attribute which is the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:セクション3.1.5に記載したように、この操作の対象となる「プリンタ-URI」(URI)操作属性。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

"limit" (integer(1:MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It is an integer value that determines the maximum number of jobs that a client will receive from the Printer even if "which-jobs" or "my-jobs" constrain which jobs are returned. The limit is a "stateless limit" in that if the value supplied by the client is 'N', then only the first 'N' jobs are returned in the Get-Jobs Response. There is no mechanism to allow for the next 'M' jobs after the first 'N' jobs. If the client does not supply this attribute, the Printer object responds with all applicable jobs.

"リミット"(整数(1:MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。それは、「どの-仕事」や「私の-ジョブが」ジョブが返される制約する場合でも、クライアントはプリンタから受信するジョブの最大数を決定する整数値です。クライアントによって指定された値が「N」であれば制限はのみ最初の「N」ジョブを取得し、ジョブ応答で返され、その中に「ステートレスリミット」です。最初の「N」仕事の後の次の「M」の仕事を可能にするメカニズムはありません。クライアントがこの属性を供給しない場合、Printerオブジェクトは、適用可能なすべてのジョブで応答します。

"requested-attributes" (1setOf type2 keyword): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It is a set of Job attribute names and/or attribute groups names in whose values the requester is interested. This set of attributes is returned for each Job object that is returned. The allowed attribute group names are the same as those defined in the Get-Job-Attributes operation in section 3.3.4. If the client does not supply this attribute, the Printer MUST respond as if the client had supplied this attribute with two values: 'job-uri' and 'job-id'.

「要求された-属性」(1setOfタイプ2キーワード):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、ジョブのセットが属性名および/またはその値は要求者が興味を持っているにグループ名を属性です。この属性セットが返され、各ジョブオブジェクトに対して返されます。許可される属性グループ名は、セクション3.3.4には、Get-ジョブ・属性の操作で定義されたものと同じです。 「仕事-URI」と「ジョブID」:クライアントがこの属性を供給しない場合は、プリンタは、クライアントが2つの値でこの属性を供給していたかのように応答しなければなりません。

"which-jobs" (type2 keyword): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It indicates which Job objects MUST be returned by the Printer object. The values for this attribute are:

「これは、ジョブ」(TYPE2キーワード):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、ジョブオブジェクトはプリンタオブジェクトによって返されなければならないかを示します。この属性の値は、次のとおりです。

'completed': This includes any Job object whose state is 'completed', 'canceled', or 'aborted'. 'not-completed': This includes any Job object whose state is 'pending', 'processing', 'processing-stopped', or 'pending-held'.

「完了」:これは、その状態、「キャンセル」「完了」、または「中止に」は任意のジョブオブジェクトが含まれています。 「完了しない」:これは、その状態を「保留中」され、「処理」、「処理停止」、または「-保持ペンディング」任意ジョブオブジェクトを含みます。

A Printer object MUST support both values. However, if the implementation does not keep jobs in the 'completed', 'canceled', and 'aborted' states, then it returns no jobs when the 'completed' value is supplied.

Printerオブジェクトは、両方の値をサポートしなければなりません。実装が「完了」、「キャンセル」、および「中止さ」の状態で雇用を維持していない場合は、「完了」の値が与えられたときしかし、それは何のジョブを返しません。

If a client supplies some other value, the Printer object MUST copy the attribute and the unsupported value to the Unsupported Attributes response group, reject the request, and return the 'client-error-attributes-or-values-not-supported' status code.

クライアントは、他のいくつかの値を与えた場合、Printerオブジェクトは、属性をコピーしなければなりませんし、サポートされていないにサポートされていない値は、応答グループ属性、要求を拒否し、「クライアント誤り属性-または値-サポートされていない」ステータスコードを返します。

If the client does not supply this attribute, the Printer object MUST respond as if the client had supplied the attribute with a value of 'not-completed'.

クライアントがこの属性を供給しない場合、Printerオブジェクトは、クライアントが「-完了していない」の値を持つ属性を供給していたかのように応答しなければなりません。

"my-jobs" (boolean): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It indicates whether jobs from all users or just the jobs submitted by the requesting user of this request MUST be considered as candidate jobs to be returned by the Printer object. If the client does not supply this attribute, the Printer object MUST respond as if the client had supplied the attribute with a value of 'false', i.e., jobs from all users. The means for authenticating the requesting user and matching the jobs is described in section 8.

「私の-ジョブ」(ブール値):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、すべてのユーザーからのジョブかどうかの候補ジョブはプリンタオブジェクトによって返されるように、この要求を要求しているユーザが提出したばかりのジョブを考えなければなりませんを示しています。クライアントがこの属性を供給しない場合、Printerオブジェクトは、クライアントは、すべてのユーザーから、すなわち、「false」にジョブの値を持つ属性を供給していたかのように応答しなければなりません。要求しているユーザを認証し、ジョブを照合するための手段は、セクション8に記載されています。

3.2.6.2 Get-Jobs Response
3.2.6.2は、Get-ジョブズレスポンス

The Printer object returns all of the Job objects up to the number specified by the "limit" attribute that match the criteria as defined by the attribute values supplied by the client in the request. It is possible that no Job objects are returned since there may literally be no Job objects at the Printer, or there may be no Job objects that match the criteria supplied by the client. If the client requests any Job attributes at all, there is a set of Job Object Attributes returned for each Job object.

Printerオブジェクトは、ジョブのすべてのリクエストでクライアントが供給する属性値によって定義された条件に一致する「リミット」属性で指定した数までのオブジェクトを返します。文字通りプリンターで何の仕事のオブジェクトが存在しない場合がある、またはクライアントによって提供された条件に一致なし仕事のオブジェクトが存在しない場合があるので、何のジョブオブジェクトが返されないことがあります。クライアントがどの仕事ですべての属性を要求した場合、ジョブオブジェクトの属性のセットが各ジョブオブジェクトに対して返さがあります。

It is not an error for the Printer to return 0 jobs. If the response returns 0 jobs because there are no jobs matching the criteria, and the request would have returned 1 or more jobs with a status code of 'successful-ok' if there had been jobs matching the criteria, then the status code for 0 jobs MUST be 'successful-ok'.

プリンタは0ジョブを返すことはエラーではありません。条件に一致するジョブがないので、応答が0のジョブを返し、条件に一致するジョブがあった場合、要求は、0のために、ステータスコード「を成功さ-OK」のステータスコードを持つ1つのまたは複数のジョブを返したならばジョブは「成功-OK」でなければなりません。

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

The response NEED NOT contain the "requested-attributes" operation attribute with any supplied values (attribute keywords) that were requested by the client but are not supported by the IPP object. If the Printer object does return unsupported attributes referenced in the "requested-attributes" operation attribute and that attribute included group names, such as 'all', the unsupported attributes MUST NOT include attributes described in the standard but not supported by the implementation.

応答は、クライアントによって要求されたが、IPPオブジェクトによってサポートされていない任意の供給値(属性キーワード)と「要求され、属性」操作属性を含む必要はありません。プリンタの目的は、「すべて」として、「要求され、属性」操作属性で参照サポートされていない属性とその属性に含まグループ名を、返さない場合は、サポートされていない属性は、標準で説明したが、実装によってサポートされていない属性を含んではいけません。

Groups 3 to N: Job Object Attributes

Nのグループ3:ジョブオブジェクトの属性

The Printer object responds with one set of Job Object Attributes for each returned Job object. The Printer object ignores (does not respond with) any requested attribute or value which is not supported or which is restricted by the security policy in force, including whether the requesting user is the user that submitted the job (job originating user) or not (see section 8). However, the Printer object MUST respond with the 'unknown' value for any supported attribute (including all REQUIRED attributes) for which the Printer object does not know the value, unless it would violate the security policy. See the description of the "out-of-band" values in the beginning of Section 4.1.

Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトの1セットがそれぞれ返されるジョブオブジェクトの属性を使用して応答します。要求しているユーザーがジョブを送信したユーザ(ジョブ発信ユーザ)であるかない(かどうかを含め、プリンタオブジェクトの無視(で応答しません)サポートされていないか、力にセキュリティポリシーによって制限されている任意の要求された属性または値、 )のセクション8を参照してください。しかし、Printerオブジェクトは、それがセキュリティポリシーに違反しないかぎり、プリンタオブジェクトは、値を知らないために(必要なすべての属性を含む)サポートされている任意の属性に対して「不明」値で応じなければなりません。 4.1節の冒頭で「アウトオブバンド」の値の説明を参照してください。

Jobs are returned in the following order:

ジョブズCEOは、次の順序で返されます。

- If the client requests all 'completed' Jobs (Jobs in the 'completed', 'aborted', or 'canceled' states), then the Jobs are returned newest to oldest (with respect to actual completion time) - If the client requests all 'not-completed' Jobs (Jobs in the 'pending', 'processing', 'pending-held', and 'processing-stopped' states), then Jobs are returned in relative chronological order of expected time to complete (based on whatever scheduling algorithm is configured for the Printer object).

- (「完了」、「中止に」、または「キャンセル」状態にジョブズ)Jobsの完成 "クライアント要求すべてが、その後、ジョブは(実際の完了時間に関して)最も古いに最新の返された場合 - クライアント要求した場合すべての「未完」ジョブズ(「保留」、「処理」内のジョブズCEO、「-保留さ」、および「処理停止」状態は)、その後、ジョブが完了するまでに予想される時間の相対的な時系列順に返されます(上のベースどんなスケジューリングアルゴリズムのPrinterオブジェクト用に設定されています)。

3.2.7 Pause-Printer Operation
3.2.7一時停止 - プリンタの運用

This OPTIONAL operation allows a client to stop the Printer object from scheduling jobs on all its devices. Depending on implementation, the Pause-Printer operation MAY also stop the Printer from processing the current job or jobs. Any job that is currently being printed is either stopped as soon as the implementation permits or is completed, depending on implementation. The Printer object MUST still accept create operations to create new jobs, but MUST prevent any jobs from entering the 'processing' state.

このオプションの動作は、クライアントがそのすべてのデバイス上でジョブをスケジュールからプリンターオブジェクトを停止することができます。実装に応じて、一時停止、プリンタの操作は、現在のジョブまたはジョブを処理からプリンタを停止することがあります。現在印刷されているすべてのジョブのいずれかであるとすぐに実装が許す限り停止または終了すると、実装に依存します。 Printerオブジェクトは、まだ新しいジョブを作成するための操作を作成受け入れなければならないが、「処理」状態に入るの任意のジョブを阻止しなければなりません。

If the Pause-Printer operation is supported, then the Resume-Printer operation MUST be supported, and vice-versa.

ポーズプリンタ動作がサポートされている場合、レジュームプリンタの動作をサポートしなければなりません、そしてその逆。

The IPP Printer stops the current job(s) on its device(s) that were in the 'processing' or 'processing-stopped' states as soon as the implementation permits. If the implementation will take appreciable time to stop, the IPP Printer adds the 'moving-to-paused' value to the Printer object's "printer-state-reasons" attribute (see section 4.4.12). When the device(s) have all stopped, the IPP Printer transitions the Printer object to the 'stopped' state, removes the 'moving-to-paused' value, if present, and adds the 'paused' value to the Printer object's "printer-state-reasons" attribute.

IPPプリンタは、「処理」または「処理停止」は述べているとすぐに実装許可にあったそのデバイス(複数可)に、現在のジョブを停止します。実装が停止するまでには一定の時間がかかる場合は、IPPプリンタがPrinterオブジェクトの「プリンタ状態-の理由」属性に「移動-にポーズ」の値を追加します(セクション4.4.12を参照してください)。デバイス(複数可)は、全てが停止した場合には、IPPプリンタは、状態「停止」へのPrinterオブジェクトを移行存在する場合、「移動-にポーズ」の値を削除し、プリンタオブジェクトの「への「一時停止」の値を追加しますプリンタ状態-の理由」属性。

When the current job(s) complete that were in the 'processing' state, the IPP Printer transitions them to the 'completed' state. When the current job(s) stop in mid processing that were in the 'processing' state, the IPP Printer transitions them to the 'processing-stopped' state and adds the 'printer-stopped' value to the job's "job-state-reasons" attribute.

「処理」状態にあった完全な現在のジョブ(複数可)、IPPプリンタは、「完了」状態にして遷移します。現在のジョブ(s)は「処理」状態にあったミッド処理で停止すると、IPPプリンタは、「処理停止」状態にそれらを移行し、ジョブの「ジョブ状態 - に「プリンタ停止」の値を追加します理由」属性。

For any jobs that are 'pending' or 'pending-held', the 'printer-stopped' value of the jobs' "job-state-reasons" attribute also applies. However, the IPP Printer NEED NOT update those jobs' "job-state-reasons" attributes and only need return the 'printer-stopped' value when those jobs are queried (so-called "lazy evaluation").

属性も適用されるのジョブの 『ジョブ状態の理由』の「保留中」または「-保留さ」、「プリンタ停止」の値であるあらゆる仕事のために。しかし、IPPプリンタは、これらのジョブの 『ジョブ状態の理由』属性をのみ返す必要が 『を更新する必要はありませんこれらのジョブが照会されているプリンタ停止』の値を( 『遅延評価』と呼ばれます)。

Whether the Pause-Printer operation affects jobs that were submitted to the device from other sources than the IPP Printer object in the same way that the Pause-Printer operation affects jobs that were submitted to the IPP Printer object using IPP, depends on implementation, i.e., on whether the IPP protocol is being used as a universal management protocol or just to manage IPP jobs, respectively.

一時停止 - プリンタ操作は、一時停止、プリンタの操作は、IPPを使用してIPP Printerオブジェクトに提出されたジョブに影響を与えることを同じようにIPP Printerオブジェクト以外のソースからデバイスに提出されたジョブに影響するかどうかは、実装、すなわちによって異なります、IPPプロトコルはユニバーサル管理プロトコルとして使用されているか、単にそれぞれ、IPPジョブを管理するためにかどうか。

The IPP Printer MUST accept the request in any state and transition the Printer to the indicated new "printer-state" before returning as follows:

IPPプリンタは、どのような状態で要求を受け入れ、次のように返す前に示された新しい「プリンタ状態」にプリンタを移行しなければなりません:

Current New "printer IPP Printer's response status "printer- "printer- -state- code and action: state" state" reasons"

現在の新「プリンタIPPプリンタの応答ステータス 『printer-『printer- -state-コードとアクション:状態』状態』の理由」

  'idle'       'stopped'    'paused'  'successful-ok'
  'processing' 'processing' 'moving-  OPTION 1: 'successful-ok';
                              to-       Later, when all output has
                              paused'   stopped, the "printer-state"
                                        becomes 'stopped', and the
                                        'paused' value replaces the
                                        'moving-to-paused' value in the
                                        "printer-state-reasons"
                                        attribute
  'processing' 'stopped'    'paused'  OPTION 2: 'successful-ok';
                                        all device output stopped
                                        immediately
  'stopped'    'stopped'    'paused'  'successful-ok'
        

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must be an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP Printer MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザは、(セクション1および8.5を参照)Printerオブジェクトのオペレータまたは管理者である必要があり、この操作を実行する(セクション8.3を参照します)。それ以外の場合は、IPPプリンタは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

3.2.7.1 Pause-Printer Request
3.2.7.1一時停止・プリンタ・リクエスト

The following groups of attributes are part of the Pause-Printer Request:

属性の以下のグループは、一時停止、プリンタの要求の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Target: The "printer-uri" (uri) operation attribute which is the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:セクション3.1.5に記載したように、この操作の対象となる「プリンタ-URI」(URI)操作属性。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

3.2.7.2 Pause-Printer Response
3.2.7.2一時停止 - プリンタ応答

The following groups of attributes are part of the Pause-Printer Response:

属性の以下のグループは、一時停止、プリンタ応答の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

3.2.8 Resume-Printer Operation
3.2.8再開 - プリンタの運用

This operation allows a client to resume the Printer object scheduling jobs on all its devices. The Printer object MUST remove the 'paused' and 'moving-to-paused' values from the Printer object's "printer-state-reasons" attribute, if present. If there are no other reasons to keep a device paused (such as media-jam), the IPP Printer is free to transition itself to the 'processing' or 'idle' states, depending on whether there are jobs to be processed or not, respectively, and the device(s) resume processing jobs.

この操作は、クライアントがそのすべてのデバイス上のプリンタオブジェクトのスケジュールジョブを再開することができます。 Printerオブジェクトは、存在する場合、「一時停止」と「移動-にポーズ」値Printerオブジェクトの「プリンタ状態-の理由」属性からを削除する必要があります。デバイスを保持する他の理由が存在しない場合(例えば、メディア詰まりのような)一時停止、IPPプリンタは、そこに処理すべきジョブがあるか否かに応じて、「処理」または「アイドル」状態に自身を移行して自由ですそれぞれ、デバイス(複数可)レジューム処理ジョブ。

If the Pause-Printer operation is supported, then the Resume-Printer operation MUST be supported, and vice-versa.

ポーズプリンタ動作がサポートされている場合、レジュームプリンタの動作をサポートしなければなりません、そしてその逆。

The IPP Printer removes the 'printer-stopped' value from any job's "job-state-reasons" attributes contained in that Printer.

IPPプリンタは、そのプリンタに含まれるすべてのジョブの「ジョブ状態の理由」属性から「プリンタ停止」の値を削除します。

The IPP Printer MUST accept the request in any state, transition the Printer object to the indicated new state as follows:

IPPプリンタは、任意の状態で要求を受け入れ、次のように示される新しい状態にプリンタオブジェクトを遷移しなければなりません。

Current New "printer- IPP Printer's response status code and "printer- state" action: state"

現在の新「printer- IPPプリンタの応答ステータスコードと 『printer-状態』アクション:状態」

'idle' 'idle' 'successful-ok' 'processing' 'processing' 'successful-ok'

「アイドル」「アイドル」「成功-OK」「加工」「加工」「成功-OK」

   'stopped'    'processing'   'successful-ok';
                               when there are jobs to be processed
   'stopped'    'idle'         'successful-ok';
                               when there are no jobs to be processed.
        

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must be an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP Printer MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザは、(セクション1および8.5を参照)Printerオブジェクトのオペレータまたは管理者である必要があり、この操作を実行する(セクション8.3を参照します)。それ以外の場合は、IPPプリンタは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

The Resume-Printer Request and Resume-Printer Response have the same attribute groups and attributes as the Pause-Printer operation (see sections 3.2.7.1 and 3.2.7.2).

再開 - プリンタの要求と再開、プリンタの応答(セクション3.2.7.1と3.2.7.2を参照)一時停止 - プリンタの動作と同じ属性グループと属性を持っています。

3.2.9 Purge-Jobs Operation
3.2.9パージ、ジョブ操作

This OPTIONAL operation allows a client to remove all jobs from an IPP Printer object, regardless of their job states, including jobs in the Printer object's Job History (see Section 4.3.7.2). After a Purge-Jobs operation has been performed, a Printer object MUST return no jobs in subsequent Get-Job-Attributes and Get-Jobs responses (until new jobs are submitted).

このオプションの動作は、クライアントがPrinterオブジェクトのジョブ履歴(セクション4.3.7.2を参照)内のジョブを含め、そのジョブの状態に関係なく、IPP Printerオブジェクトからすべてのジョブを削除することができます。パージ・ジョブの操作が行われた後、プリンタオブジェクトは、後続のGet-ジョブ・属性には、ジョブを返してはならないとGet-ジョブ応答を(新しいジョブが送信されるまで)。

Whether the Purge-Jobs (and Get-Jobs) operation affects jobs that were submitted to the device from other sources than the IPP Printer object in the same way that the Purge-Jobs operation affects jobs that were submitted to the IPP Printer object using IPP, depends on implementation, i.e., on whether the IPP protocol is being used as a universal management protocol or just to manage IPP jobs, respectively.

かどうかパージ・ジョブ(およびGet-ジョブズ)操作はパージ・ジョブの操作は、IPPを使用してIPP Printerオブジェクトに提出されたジョブに影響を与えることを同じようにIPP Printerオブジェクト以外のソースからデバイスに提出されたジョブへの影響、IPPプロトコルはユニバーサル管理プロトコルとして使用されているか、単にそれぞれ、IPPジョブを管理するかどうか、すなわち、実装に依存します。

Note: if an operator wants to cancel all jobs without clearing out the Job History, the operator uses the Cancel-Job operation on each job instead of using the Purge-Jobs operation.

注意:オペレータは、ジョブ履歴をクリアせずにすべてのジョブをキャンセルしたい場合、オペレータは、パージ・ジョブの操作を使用するのではなく、各ジョブにキャンセル-ジョブ操作を使用しています。

The Printer object MUST accept this operation in any state and transition the Printer object to the 'idle' state.

プリンタオブジェクトは、任意の状態でこの操作を受け入れて、「アイドル」状態にプリンタオブジェクトを遷移しなければなりません。

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must be an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP object MUST reject the operation and return: client-error-forbidden, client-error-not-authenticated, and client-error-not-authorized as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザは、(セクション1および8.5を参照)Printerオブジェクトのオペレータまたは管理者である必要があり、この操作を実行する(セクション8.3を参照します)。そうでなければ、IPPオブジェクトは操作を拒否し、返さなければならない:クライアント・エラー禁じられ、クライアント・エラー・認証されず、適宜クライアント誤り - 権限がありません。

The Purge-Jobs Request and Purge-Jobs Response have the same attribute groups and attributes as the Pause-Printer operation (see sections 3.2.7.1 and 3.2.7.2).

パージ・ジョブ要求およびパージ・ジョブの応答(セクション3.2.7.1と3.2.7.2を参照)と同じ属性グループを持っており、一時停止、プリンターの操作などの属性。

3.3 Job Operations
3.3ジョブの操作

All Job operations are directed at Job objects. A client MUST always supply some means of identifying the Job object in order to identify the correct target of the operation. That job identification MAY either be a single Job URI or a combination of a Printer URI with a Job ID. The IPP object implementation MUST support both forms of identification for every job.

すべてのジョブの操作は、ジョブオブジェクトに向けられています。クライアントは、常に動作の正しいターゲットを識別するためのジョブオブジェクトを識別する手段を提供しなければなりません。そのジョブ識別は、単一ジョブURIまたはジョブIDとプリンタURIの組み合わせであってもよいです。 IPPオブジェクトの実装は、すべてのジョブの識別の両方の形式をサポートしなければなりません。

3.3.1 Send-Document Operation
3.3.1送信、ドキュメントの操作

This OPTIONAL operation allows a client to create a multi-document Job object that is initially "empty" (contains no documents). In the Create-Job response, the Printer object returns the Job object's URI (the "job-uri" attribute) and the Job object's 32-bit identifier (the "job-id" attribute). For each new document that the client desires to add, the client uses a Send-Document operation. Each Send-Document Request contains the entire stream of document data for one document.

このオプションの動作は、クライアントが(何の書類が含まれていません)、最初は「空」であるマルチドキュメントジョブオブジェクトを作成することができます。作成・ジョブの応答では、Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトのURI(「ジョブのuri」属性)とJobオブジェクトの32ビットの識別子(「ジョブ-id」属性)を返します。クライアントが追加を希望するそれぞれの新しい文書について、クライアントが送信-ドキュメント操作を使用しています。各送信・資料請求には、一つの文書のための文書データのストリーム全体が含まれています。

If the Printer supports this operation but does not support multiple documents per job, the Printer MUST reject subsequent Send-Document operations supplied with data and return the 'server-error-multiple-document-jobs-not-supported'. However, the Printer MUST accept the first document with a 'true' or 'false' value for the "last-document" operation attribute (see below), so that clients MAY always submit one document jobs with a 'false' value for "last-document" in the first Send-Document and a 'true' for "last-document" in the second Send-Document (with no data).

プリンタは、この操作をサポートしていますが、ジョブごとに複数のドキュメントをサポートしていない場合、プリンタはデータが供給以降の送信、文書の操作を拒否し、「サーバー・エラー・マルチドキュメント・ジョブ - - サポートされていない」を返さなければなりません。クライアントは常に "のための「偽の」値を1つの文書ジョブを提出することができるように、しかし、プリンタは、(下記参照)、「最後のドキュメント」操作属性のための「true」または「false」値を持つ最初の文書を受け入れなければなりません「最初のセンド・ドキュメントでとのための 『真』 『最後の文書(データなし)は、第2の送信、文書の最後のドキュメント』。

Since the Create-Job and the send operations (Send-Document or Send-URI operations) that follow could occur over an arbitrarily long period of time for a particular job, a client MUST send another send operation within an IPP Printer defined minimum time interval after the receipt of the previous request for the job. If a Printer object supports the Create-Job and Send-Document operations, the Printer object MUST support the "multiple-operation-time-out" attribute (see

作成し、ジョブや送信操作(送信-ドキュメントまたは送信-URIを操作する)ので、そのフォローが特定の仕事のための時間の任意の長さの期間にわたり発生する可能性があり、クライアントは、最小時間間隔を定義したIPPプリンタ内の別の送信操作を送らなければなりませんジョブの前の要求の受領後。プリンタオブジェクトが作成・ジョブおよび送信-ドキュメントの操作をサポートしている場合、Printerオブジェクトは、(参照「マルチオペレーション・タイムアウト」属性をサポートしなければなりません

section 4.4.31). This attribute indicates the minimum number of seconds the Printer object will wait for the next send operation before taking some recovery action.

セクション4.4.31)。この属性は、Printerオブジェクトが一部回復処置をとる前に、次の送信操作を待つ秒数の最小値を示します。

An IPP object MUST recover from an errant client that does not supply a send operation, sometime after the minimum time interval specified by the Printer object's "multiple-operation-time-out" attribute. Such recovery MAY include any of the following or other recovery actions:

IPPオブジェクトは、いつかPrinterオブジェクトの「マルチオペレーション・タイムアウト」属性で指定された最小時間間隔の後、送信操作を供給しない誤ったクライアントから回復しなければなりません。このような回復は、以下または他の回復アクションのいずれかを含むことができます。

1. Assume that the Job is an invalid job, start the process of changing the job state to 'aborted', add the 'aborted-by-system' value to the job's "job-state-reasons" attribute (see section 4.3.8), and clean up all resources associated with the Job. In this case, if another send operation is finally received, the Printer responds with an "client-error-not-possible" or "client-error-not-found" depending on whether or not the Job object is still around when the send operation finally arrives. 2. Assume that the last send operation received was in fact the last document (as if the "last-document" flag had been set to 'true'), close the Job object, and proceed to process it (i.e., move the Job's state to 'pending'). 3. Assume that the last send operation received was in fact the last document, close the Job, but move it to the 'pending-held' and add the 'submission-interrupted' value to the job's "job-state-reasons" attribute (see section 4.3.8). This action allows the user or an operator to determine whether to continue processing the Job by moving it back to the 'pending' state using the Release-Job operation (see section 3.3.6) or to cancel the job using the Cancel-Job operation (see section 3.3.3).

1.仕事を無効仕事であると仮定し、「中止に」にジョブの状態を変更するプロセスを開始し、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に「中止にバイシステム」の値を追加します(4.3節を参照してください。 8)、およびジョブに関連付けられたすべてのリソースをクリーンアップします。別の送信操作が最終的に受信された場合この場合は、プリンタがジョブオブジェクトが時に送信まだ残っているか否かに応じて、「クライアント誤り-ことはできません」または「クライアント誤り-が見つからない」と応答します操作は最終的に到着します。 2.最後の送信操作を受信することを想定すると、実際には最後の文書だった(「最後のドキュメント」フラグが「真」に設定されていたかのように)、ジョブオブジェクトを閉じて、それを処理するために進む(すなわち、ジョブのを移動「保留」に状態)。 3.ジョブを閉じますが、「保留中、開催された」にそれを移動して、ジョブの「ジョブ状態の理由」に「提出中断」の値を追加し、操作を受け付け、最後の送信が実際に最後の文書だったと仮定した属性(セクション4.3.8を参照してください)。このアクションは、ユーザまたはバックリリースジョブ操作を使用して、「ペンディング」状態に移動して、ジョブの処理を続行するかどうかを決定するためにオペレータを可能にする(セクション3.3.6を参照)またはキャンセルジョブ操作を使用してジョブをキャンセルします(セクション3.3.3を参照してください)。

Each implementation is free to decide the "best" action to take depending on local policy, whether any documents have been added, whether the implementation spools jobs or not, and/or any other piece of information available to it. If the choice is to abort the Job object, it is possible that the Job object may already have been processed to the point that some media sheet pages have been printed.

各実装は、どの文書が実装スプールジョブかどうか、追加されているかどうか、ローカルポリシーに応じて、取るために「最善」のアクションを決定して自由である、および/またはそれに入手可能な情報の他の作品。選択は、ジョブオブジェクトを中止する場合は、ジョブオブジェクトは、すでにいくつかの媒体シートのページが印刷されているポイントに処理されている可能性があります。

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must either be the job owner (as determined in the Create-Job operation) or an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP object MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザ(セクション8.3を参照)、この操作を実行するには(セクション1と8.5を参照)プリンタオブジェクトのジョブの所有者(作成・ジョブの操作で決定される)またはオペレータまたは管理者のいずれかでなければなりません。そうでなければ、IPPオブジェクトは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

3.3.1.1 Send-Document Request
3.3.1.1送信・資料請求

The following attribute sets are part of the Send-Document Request:

以下の属性セットは、送信・資料請求の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Target: Either (1) the "printer-uri" (uri) plus "job-id" (integer(1:MAX))or (2) the "job-uri" (uri) operation attribute(s) which define the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:定義または(2) "ジョブ-URI"(URI)操作属性(S)、(1) "プリンタ-URI"(URI)を加えた "ジョブID"(MAX)の整数(1)セクション3.1.5に記載したように、この操作のために標的とします。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

"document-name" (name(MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It contains the client supplied document name. The document name MAY be different than the Job name. It might be helpful, but NEED NOT be unique across multiple documents in the same Job. Typically, the client software automatically supplies the document name on behalf of the end user by using a file name or an application generated name. See the description of the "document-name" operation attribute in the Print-Job Request (section 3.2.1.1) for more information about this attribute.

「文書名」(名(MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、クライアント付属文書名が含まれています。文書名は、ジョブ名とは異なる場合があります。それは役に立つかもしれませんが、同じ仕事に複数のドキュメント間でユニークである必要はありません。一般的に、クライアントソフトウェアが自動的にファイル名またはアプリケーション生成された名前を使用することにより、エンドユーザに代わってドキュメント名を提供します。この属性の詳細については、印刷ジョブ要求(セクション3.2.1.1)の「文書名」操作属性の説明を参照してください。

"compression" (type3 keyword): See the description of "compression" for the Print-Job operation in Section 3.2.1.1.

「圧縮」(TYPE3キーワード):セクション3.2.1.1での印刷ジョブの操作のために、「圧縮」の説明を参照してください。

"document-format" (mimeMediaType): See the description of "document-format" for the Print-Job operation in Section 3.2.1.1.

「ドキュメント・フォーマット」(mimeMediaType):3.2.1.1項に印刷ジョブ操作用の「ドキュメント・フォーマット」の説明を参照してください。

"document-natural-language" (naturalLanguage): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object OPTIONALLY supports this attribute. This attribute specifies the natural language of the document for those document-formats that require a specification of the natural language in order to image the document unambiguously. There are no particular values required for the Printer object to support.

「ドキュメント自然言語」(自然言語):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、オプションでこの属性をサポートしています。この属性は、文書明確にイメージするために、自然言語の仕様を必要とするドキュメントフォーマットのための文書の自然言語を指定します。サポートへのPrinterオブジェクトのために必要な特別な値はありません。

"last-document" (boolean): The client MUST supply this attribute. The Printer object MUST support this attribute. It is a boolean flag that is set to 'true' if this is the last document for the Job, 'false' otherwise.

「最後のドキュメント」(ブール値):クライアントがこの属性を供給しなければなりません。 Printerオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは仕事のための最後の文書がある場合はそれ以外の場合は、「真」に「false」に設定されているブール値のフラグです。

Group 2: Document Content

グループ2:文書コンテンツ

The client MUST supply the document data if the "last-document" flag is set to 'false'. However, since a client might not know that the previous document sent with a Send-Document (or Send-URI) operation was the last document (i.e., the "last-document" attribute was set to 'false'), it is legal to send a Send-Document request with no document data where the "last-document" flag is set to 'true'. Such a request MUST NOT increment the value of the Job object's "number-of-documents" attribute, since no real document was added to the job. It is not an error for a client to submit a job with no actual document data, i.e., only a single Create-Job and Send-Document request with a "last-document" operation attribute set to 'true' with no document data.

「最後のドキュメント」フラグが「偽」に設定されている場合、クライアントは、文書データを供給しなければなりません。クライアントが以前の文書が送信、文書と一緒に送信(または送信-URI)をすることを知らないかもしれないので、操作は最後の文書は(すなわち、「最後のドキュメント」属性が「偽」に設定された)して、それが合法です「最後のドキュメント」フラグが「真」に設定されていない文書データと送信・資料請求を送信します。本当の文書がジョブに追加されなかったので、そのような要求は、ジョブオブジェクトの「ナンバー・オブ・ドキュメント」属性の値をインクリメントしてはなりません。これは、実際のドキュメントデータとジョブを送信するクライアントのエラーではない、すなわち、唯一のシングルは、ジョブを作成していない文書データと「真」に設定された「最後のドキュメント」操作属性で要求を、ドキュメントを送信します。

3.3.1.2 Send-Document Response
3.3.1.2送信、文書回答

The following sets of attributes are part of the Send-Document Response:

次の属性セットが送信-文書回答の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

Group 3: Job Object Attributes

グループ3:ジョブオブジェクトの属性

This is the same set of attributes as described in the Print-Job response (see section 3.2.1.2).

これは、印刷ジョブの応答(セクション3.2.1.2を参照)で説明したように同じ属性セットです。

3.3.2 Send-URI Operation
3.3.2送信-URI操作

This OPTIONAL operation is identical to the Send-Document operation (see section 3.3.1) except that a client MUST supply a URI reference ("document-uri" operation attribute) rather than the document data itself. If a Printer object supports this operation, clients can use both Send-URI or Send-Document operations to add new documents to an existing multi-document Job object. However, if a client needs to indicate that the previous Send-URI or Send-Document was the last document, the client MUST use the Send-Document operation with no document data and the "last-document" flag set to 'true' (rather than using a Send-URI operation with no "document-uri" operation attribute).

このオプションの動作は、クライアントではなく、文書データ自体よりも、URI参照(「ドキュメント-URI」操作属性)を供給しなければならないことを除いて(セクション3.3.1を参照してください)センド・ドキュメントの操作と同じです。 Printerオブジェクトがこの操作をサポートしている場合、クライアントは-URIを送信または送信し、ドキュメントの操作を、既存のマルチドキュメントのJobオブジェクトに新しいドキュメントを追加するには、両方を使用することができます。ただし、クライアントは、以前の送信-URIまたは送信-Documentは最後の文書だった、クライアントが(「真」に設定されていない文書データと「最後のドキュメント」フラグを送信-ドキュメントの操作を使用しなければならないことを示すために必要がある場合むしろノー「文書-URI」操作属性)を送信-URI操作を使用するよりも。

If a Printer object supports this operation, it MUST also support the Print-URI operation (see section 3.2.2).

Printerオブジェクトがこの操作をサポートしている場合、それはまた、(セクション3.2.2を参照)を印刷-URI操作をサポートしなければなりません。

The Printer object MUST validate the syntax and URI scheme of the supplied URI before returning a response, just as in the Print-URI operation. The IPP Printer MAY validate the accessibility of the document as part of the operation or subsequently (see section 3.2.2).

Printerオブジェクトは、ちょうど印刷-URI操作のように、応答を返す前に供給URIの構文とURIスキームを検証する必要があります。 IPPプリンタは、その後の操作の一部または(セクション3.2.2を参照)として、文書のアクセシビリティを検証することができます。

3.3.3 Cancel-Job Operation
3.3.3キャンセル、ジョブの操作

This REQUIRED operation allows a client to cancel a Print Job from the time the job is created up to the time it is completed, canceled, or aborted. Since a Job might already be printing by the time a Cancel-Job is received, some media sheet pages might be printed before the job is actually terminated.

このREQUIRED操作では、クライアントは、ジョブが、それは、完成キャンセル、または中止された時間までに作成された時点から印刷ジョブをキャンセルすることができます。仕事をすでにキャンセル-仕事を受信した時点で印刷される場合がありますので、ジョブが実際に終了する前に、いくつかの媒体シートのページが印刷される可能性があります。

The IPP object MUST accept or reject the request based on the job's current state and transition the job to the indicated new state as follows:

IPPオブジェクトは、受け入れるか拒否するジョブの現在の状態に基づいて要求をし、次のように示された新しい状態にジョブを移行しなければなりません:

       Current "job-    New "job-     IPP object's response status
           state"         state"             code and action:
        

'pending' 'canceled' 'successful-ok' 'pending-held' 'canceled' 'successful-ok' 'processing' 'canceled' 'successful-ok' 'processing' 'processing' 'successful-ok' See Rule 1 'processing' 'processing' 'client-error-not-possible' See Rule 2 'processing- 'canceled' 'successful-ok' stopped' 'processing- 'processing- 'successful-ok' See Rule 1 stopped' stopped' 'processing- 'processing- 'client-error-not-possible' stopped' stopped' See Rule 2 'completed' 'completed' 'client-error-not-possible' 'canceled' 'canceled' 'client-error-not-possible' 'aborted' 'aborted' 'client-error-not-possible'

「保留中の」「キャンセル」「成功-OK」「保留-開催された」「キャンセル」「成功-OK」「処理」「キャンセル」「成功-OK」「加工」「加工」「成功-OK」ルール1を参照してください。 "処理が「『処理』 『クライアント誤り-ことはできません』ルール2を参照してください 『部加工『キャンセル』『成功-okが部加工 『部加工『成功-OK』を参照してください。ルール1が停止』 『』停止』処理』」停止 - クライアント誤り-ことはできない「部加工は 『「を参照してくださいルール2『完了』『完了』『クライアント誤り-ことはできません』『キャンセル』『キャンセル』『クライアント誤り-ことはできません』停止』停止しました」 「中止に」「中止さ」「クライアント誤り-ことができません」

Rule 1: If the implementation requires some measurable time to cancel the job in the 'processing' or 'processing-stopped' job states, the IPP object MUST add the 'processing-to-stop-point' value to the job's "job-state-reasons" attribute and then transition the job to the 'canceled' state when the processing ceases (see section 4.3.8).

ルール1:実装が「処理」または「処理停止」ジョブの状態にジョブをキャンセルするためにいくつかの測定時間を必要とする場合、IPPオブジェクトは、ジョブの「job-に「処理ツーストップポイント」の値を追加しなければなりません。状態理由」属性と、処理が停止する 『キャンセル』状態にジョブを移行(セクション4.3.8を参照)。

Rule 2: If the Job object already has the 'processing-to-stop-point' value in its "job-state-reasons" attribute, then the Printer object MUST reject a Cancel-Job operation.

ルール2:ジョブオブジェクトがすでにその「ジョブ状態の理由」属性の「処理ツーストップポイント」の値を持っている場合は、[プリンタオブジェクトがキャンセルジョブ操作を拒絶しなければなりません。

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must either be the job owner or an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP object MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザ(セクション8.3を参照)、この操作は、ジョブの所有者またはプリンタオブジェクトのオペレータまたは管理者でなければならないのいずれかで行う(セクション1および8.5を参照)。そうでなければ、IPPオブジェクトは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

3.3.3.1 Cancel-Job Request
3.3.3.1キャンセル・ジョブ要求

The following groups of attributes are part of the Cancel-Job Request:

属性の以下のグループには、キャンセル・ジョブ要求の一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Target: Either (1) the "printer-uri" (uri) plus "job-id" (integer(1:MAX))or (2) the "job-uri" (uri) operation attribute(s) which define the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:定義または(2) "ジョブ-URI"(URI)操作属性(S)、(1) "プリンタ-URI"(URI)を加えた "ジョブID"(MAX)の整数(1)セクション3.1.5に記載したように、この操作のために標的とします。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

"message" (text(127)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The Printer object OPTIONALLY supports this attribute. It is a message to the operator. This "message" attribute is not the same as the "job-message-from-operator" attribute. That attribute is used to report a message from the operator to the end user that queries that attribute. This "message" operation attribute is used to send a message from the client to the operator along with the operation request. It is an implementation decision of how or where to display this message to the operator (if at all).

"メッセージ"(テキスト(127)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 Printerオブジェクトは、オプションでこの属性をサポートしています。これは、オペレータへのメッセージです。この「メッセージ」属性は、「ジョブ・メッセージからオペレータ」属性と同じではありません。その属性は、その属性を照会し、エンドユーザーにオペレータからのメッセージを報告するために使用されます。この「メッセージ」操作属性は、操作要求と共にオペレータにクライアントからメッセージを送信するために使用されます。これは、オペレータにこのメッセージを(すべてであれば)表示する方法や場所の実装決定です。

3.3.3.2 Cancel-Job Response
3.3.3.2キャンセル-仕事レスポンス

The following sets of attributes are part of the Cancel-Job Response:

次の属性セットがキャンセル-仕事レスポンスの一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

Once a successful response has been sent, the implementation guarantees that the Job will eventually end up in the 'canceled' state. Between the time of the Cancel-Job operation is accepted and when the job enters the 'canceled' job-state (see section 4.3.7), the "job-state-reasons" attribute SHOULD contain the 'processing-to-stop-point' value which indicates to later queries that although the Job might still be 'processing', it will eventually end up in the 'canceled' state, not the 'completed' state.

正常な応答が送信されると、実装が仕事を最終的に「キャンセル」状態になってしまいますことを保証します。キャンセル・ジョブの操作が受け付けられると、ジョブが(セクション4.3.7を参照してください)「キャンセル」ジョブ状態になると、「ジョブ状態の理由」属性は「処理ツーstop-を含むべき時間処理キャンセル 『状態ではなく、『完了』状態『それは最終的になってしまいます』ポイント」仕事がまだあるかもしれないが、ことを、後のクエリに示す値』。

3.3.4 Get-Job-Attributes Operation
3.3.4は、Get-仕事を-属性の操作を

This REQUIRED operation allows a client to request the values of attributes of a Job object and it is almost identical to the Get-Printer-Attributes operation (see section 3.2.5). The only differences are that the operation is directed at a Job object rather than a Printer object, there is no "document-format" operation attribute used when querying a Job object, and the returned attribute group is a set of Job object attributes rather than a set of Printer object attributes.

このREQUIRED操作では、クライアントは、ジョブオブジェクトの属性の値を要求することができますし、それは、Get-プリンタ・属性操作(セクション3.2.5を参照)とほぼ同じです。唯一の違いは、操作がジョブの対象ではなく、プリンタオブジェクトに向けられているということである、ジョブオブジェクトを照会するときに使用されるいかなる「ドキュメント・フォーマット」操作属性、および返された属性グループが存在しないのJobオブジェクトの集合ではなく属性れますプリンタオブジェクトの属性のセット。

For Jobs, the possible names of attribute groups are:

ジョブの場合、属性グループの可能な名前は次のとおりです。

- 'job-template': the subset of the Job Template attributes that apply to a Job object (the first column of the table in Section 4.2) that the implementation supports for Job objects. - 'job-description': the subset of the Job Description attributes specified in Section 4.3 that the implementation supports for Job objects. - 'all': the special group 'all' that includes all attributes that the implementation supports for Job objects.

- 「仕事テンプレート」:実装はジョブオブジェクトに対してサポートされているジョブオブジェクト(セクション4.2の表の最初の列)に適用されるジョブテンプレート属性のサブセット。 - 「ジョブ記述」:実装はジョブオブジェクトのサポートセクション4.3で指定されたジョブの説明属性のサブセット。 - 「すべて」:すべての実装は、ジョブオブジェクトのためにサポートしている属性が含まれる特別なグループ「すべて」。

Since a client MAY request specific attributes or named groups, there is a potential that there is some overlap. For example, if a client requests, 'job-name' and 'job-description', the client is actually requesting the "job-name" attribute once by naming it explicitly, and once by inclusion in the 'job-description' group. In such cases, the Printer object NEED NOT return the attribute only once in the response even if it is requested multiple times. The client SHOULD NOT request the same attribute in multiple ways.

クライアントは、特定の属性または名前付きグループを要求することができるので、いくつかの重複があるという可能性があります。たとえば、クライアント要求、「ジョブ名」と「ジョブ記述」の場合、クライアントは、実際には、「ジョブ名」を明示的に名前を付けることで、一度属性、および一度「ジョブ記述」グループに含めることによってを要求しています。このような場合には、Printerオブジェクトは、それが複数回要求された場合でも対応して一度だけの属性を返す必要はありません。クライアントは、複数の方法で同じ属性を要求すべきでありません。

It is NOT REQUIRED that a Job object support all attributes belonging to a group (since some attributes are OPTIONAL). However it is REQUIRED that each Job object support all these group names.

ジョブオブジェクトは、(いくつかの属性はオプションであるため)グループに属するすべての属性をサポートしている必要はありません。しかし、それぞれのJobオブジェクトは、これらすべてのグループ名をサポートしている必要があります。

3.3.4.1 Get-Job-Attributes Request
3.3.4.1は、Get-ジョブ・属性・リクエスト

The following groups of attributes are part of the Get-Job-Attributes Request when the request is directed at a Job object:

属性の以下のグループは、要求が、ジョブオブジェクトに向けられるには、Get-ジョブ・属性・リクエストの一部です:

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.1.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.1で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。

Target: Either (1) the "printer-uri" (uri) plus "job-id" (integer(1:MAX)) or (2) the "job-uri" (uri) operation attribute(s) which define the target for this operation as described in section 3.1.5.

ターゲット:定義または(2) "ジョブ-URI"(URI)操作属性(S)、(1) "プリンタ-URI"(URI)を加えた "ジョブID"(MAX)の整数(1)セクション3.1.5に記載したように、この操作のために標的とします。

Requesting User Name: The "requesting-user-name" (name(MAX)) attribute SHOULD be supplied by the client as described in section 8.3.

「要求ユーザー名」(名(MAX))のセクション8.3で説明したように属性がクライアントによって供給される必要があります:ユーザー名を要求します。

"requested-attributes" (1setOf keyword): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The IPP object MUST support this attribute. It is a set of attribute names and/or attribute group names in whose values the requester is interested. If the client omits this attribute, the IPP object MUST respond as if this attribute had been supplied with a value of 'all'.

「要求された-属性」(1setOfキーワード):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。 IPPオブジェクトは、この属性をサポートしなければなりません。これは、値要求者が興味を持っているの属性名および/または属性グループ名の集合です。クライアントがこの属性を省略した場合、IPPオブジェクトは、この属性が「すべて」の値で提供されていたかのように応答しなければなりません。

3.3.4.2 Get-Job-Attributes Response
3.3.4.2は、Get-仕事を-属性レスポンスを

The Printer object returns the following sets of attributes as part of the Get-Job-Attributes Response:

プリンタオブジェクトは、Get-仕事を-属性レスポンスの一環として、次の属性セットを返します。

Group 1: Operation Attributes

グループ1:操作の属性

Status Message: In addition to the REQUIRED status code returned in every response, the response OPTIONALLY includes a "status-message" (text(255)) and/or a "detailed-status-message" (text(MAX)) operation attribute as described in sections 13 and 3.1.6.

ステータスメッセージ:すべての応答で返さREQUIREDステータスコードに加えて、応答は、必要に応じて、「ステータスメッセージ」(テキスト(255))および/または「詳細ステータスメッセージ」(テキスト(MAX))操作属性を含みますセクション13及び3.1.6に記載されているように。

Natural Language and Character Set: The "attributes-charset" and "attributes-natural-language" attributes as described in section 3.1.4.2. The "attributes-natural-language" MAY be the natural language of the Job object, rather than the one requested.

自然言語と文字セット:セクション3.1.4.2で説明したように「属性-文字セット」と「属性自然言語は、」属性。 「属性自然言語は、」ジョブオブジェクトの自然言語ではなく、要求されたものであってもよいです。

Group 2: Unsupported Attributes

グループ2:サポートされていない属性

See section 3.1.7 for details on returning Unsupported Attributes.

サポートされていない属性を返すの詳細については、セクション3.1.7を参照してください。

The response NEED NOT contain the "requested-attributes" operation attribute with any supplied values (attribute keywords) that were requested by the client but are not supported by the IPP object. If the Printer object does return unsupported attributes referenced in the "requested-attributes" operation attribute and that attribute included group names, such as 'all', the unsupported attributes MUST NOT include attributes described in the standard but not supported by the implementation.

応答は、クライアントによって要求されたが、IPPオブジェクトによってサポートされていない任意の供給値(属性キーワード)と「要求され、属性」操作属性を含む必要はありません。プリンタの目的は、「すべて」として、「要求され、属性」操作属性で参照サポートされていない属性とその属性に含まグループ名を、返さない場合は、サポートされていない属性は、標準で説明したが、実装によってサポートされていない属性を含んではいけません。

Group 3: Job Object Attributes

グループ3:ジョブオブジェクトの属性

This is the set of requested attributes and their current values. The IPP object ignores (does not respond with) any requested attribute or value which is not supported or which is restricted by the security policy in force, including whether the requesting user is the user that submitted the job (job originating user) or not (see section 8). However, the IPP object MUST respond with the 'unknown' value for any supported attribute (including all REQUIRED attributes) for which the IPP object does not know the value, unless it would violate the security policy. See the description of the "out-of-band" values in the beginning of Section 4.1.

これは、要求された属性とその現在の値のセットです。要求しているユーザーがジョブを送信したユーザ(ジョブ発信ユーザ)であるかどうかなど、IPPオブジェクト無視(で応答しません)サポートされていないか、力にセキュリティポリシーによって制限されている任意の要求された属性または値、( )のセクション8を参照してください。しかし、IPPオブジェクトは、それがセキュリティポリシーに違反しないかぎり、IPPオブジェクトは、値を知らないために(必要なすべての属性を含む)サポートされている任意の属性に対して「不明」値で応じなければなりません。 4.1節の冒頭で「アウトオブバンド」の値の説明を参照してください。

3.3.5 Hold-Job Operation
3.3.5ホールドジョブの操作

This OPTIONAL operation allows a client to hold a pending job in the queue so that it is not eligible for scheduling. If the Hold-Job operation is supported, then the Release-Job operation MUST be supported, and vice-versa. The OPTIONAL "job-hold-until" operation attribute allows a client to specify whether to hold the job indefinitely or until a specified time period, if supported.

このオプションの動作は、スケジューリングの対象にならないように、クライアントがキューに保留中のジョブを保留することができます。ホールドジョブ操作がサポートされている場合は、リリース・ジョブの操作をサポートしなければなりませんし、その逆。オプション「ジョブホールドまでの」操作属性はサポートされている場合、クライアントは、無期限に、または指定された期間まで、ジョブを保持するかどうかを指定することができます。

The IPP object MUST accept or reject the request based on the job's current state and transition the job to the indicated new state as follows:

IPPオブジェクトは、受け入れるか拒否するジョブの現在の状態に基づいて要求をし、次のように示された新しい状態にジョブを移行しなければなりません:

        Current "job-     New "job-state"   IPP object's response status
            state"                                 code and action:
        

'pending' 'pending-held' 'successful-ok' See Rule 1 'pending' 'pending' 'successful-ok' See Rule 2 'pending-held' 'pending-held' 'successful-ok' See Rule 1 'pending-held' 'pending' 'successful-ok' See Rule 2 'processing' 'processing' 'client-error-not-possible' 'processing- 'processing- 'client-error-not-possible' stopped' stopped' 'completed' 'completed' 'client-error-not-possible' 'canceled' 'canceled' 'client-error-not-possible' 'aborted' 'aborted' 'client-error-not-possible'

「保留中の」「保留-開催された」「成功-OK」「保留」「成功-OK」ルール2「保留-開催された」「保留-開催された」「成功-OK」を保留」ルール1を参照してくださいを参照してください。「保留」ルール1を参照してください。 『成功した-OK『のクライアント・エラー・-ことができない』処理『『加工』』ルール2を参照してください』「部加工 『部加工のクライアント誤り-ことはできません '『保留中の』-heldは『完了』』停止」停止しました' 『完了』 『クライアント誤り-ことはできません』 『キャンセル』 『キャンセル』 『クライアント誤り-ことはできません』 『中止さ』 『中止さ』 『クライアント誤り-ことができません』

Rule 1: If the implementation supports multiple reasons for a job to be in the 'pending-held' state, the IPP object MUST add the 'job-hold-until-specified' value to the job's "job-state-reasons" attribute.

ルール1:実装が「保留中、開催された」状態にあることが仕事のために複数の理由をサポートしている場合、IPPオブジェクトは、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に「ジョブホールドまで、指定した」値を追加する必要があります。

Rule 2: If the IPP object supports the "job-hold-until" operation attribute, but the specified time period has already started (or is the 'no-hold' value) and there are no other reasons to hold the job, the IPP object MUST make the job be a candidate for processing immediately (see Section 4.2.2) by putting the job in the 'pending' state.

ルール2:IPPオブジェクトは、「ジョブホールドまでの」操作属性をサポートしていますが、指定された期間は、すでに開始(または「いいえホールド」の値である)しているし、ジョブを保持するため、他の理由が存在しない場合は、 IPPオブジェクトは、ジョブが「保留」状態で仕事を置くことによって(4.2.2項を参照)、直ちに処理の候補に作る必要があります。

Note: In order to keep the Hold-Job operation simple, such a request is rejected when the job is in the 'processing' or 'processing-stopped' states. If an operation is needed to hold jobs while in these states, it will be added as an additional operation, rather than overloading the Hold-Job operation. Then it is clear to clients by querying the Printer object's "operations-supported" (see Section 4.4.15) and the Job object's "job-state" (see Section 4.3.7) attributes which operations are possible.

注:ジョブが「処理」または「処理停止」状態にあるときに、単純なホールドジョブの操作を保つために、そのような要求は拒否されます。操作はこれらの状態にある間にジョブを保持するために必要とされる場合、それはむしろ、ホールドジョブの操作をオーバーロードするよりも、追加の操作として追加されます。そして、それはPrinterオブジェクトの「オペレーション・サポート」を照会することによって、クライアントには明らかであるとJobオブジェクトの「ジョブの状態」(セクション4.4.15を参照)(4.3.7項を参照)の操作が可能な属性です。

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must either be the job owner or an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP object MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザ(セクション8.3を参照)、この操作は、ジョブの所有者またはプリンタオブジェクトのオペレータまたは管理者でなければならないのいずれかで行う(セクション1および8.5を参照)。そうでなければ、IPPオブジェクトは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

3.3.5.1 Hold-Job Request
3.3.5.1ホールドジョブ要求

The groups and operation attributes are the same as for a Cancel-Job request (see section 3.3.3.1), with the addition of the following Group 1 Operation attribute:

グループと操作属性は次のグループ1 Operation属性を追加して、キャンセル・ジョブを要求(セクション3.3.3.1を参照)と同じです。

"job-hold-until" (type3 keyword | name(MAX)): The client OPTIONALLY supplies this Operation attribute. The IPP object MUST support this operation attribute in a Hold-Job request, if it supports the "job-hold-until" Job template attribute in create operations. See section 4.2.2. The IPP object SHOULD support the "job-hold-until" Job Template attribute for use in job create operations with at least the 'indefinite' value, if it supports the Hold-Job operation. Otherwise, a client cannot create a job and hold it immediately (without picking some supported time period in the future).

「ジョブホールドまで」(TYPE3キーワード|名(MAX)):クライアントOPTIONALLYはこのOperation属性を供給します。それは、「ジョブホールドまで」の操作を作成中ジョブテンプレート属性をサポートしている場合、IPPオブジェクトは、ホールドジョブリクエストでこの操作属性をサポートしなければなりません。セクション4.2.2を参照してください。それはホールドジョブの操作をサポートしている場合、ジョブで使用するためのジョブテンプレート属性は、少なくとも「無期限」の値で操作を作成するIPPオブジェクトは、「まで、ジョブホールドを-」をサポートすべきです。そうでない場合、クライアントは、ジョブを作成することはできませんし、(将来的には、いくつかのサポート期間を選ぶことなく、)すぐにそれを保持します。

If supplied and supported as specified in the Printer's "job-hold-until-supported" attribute, the IPP object copies the supplied operation attribute to the Job object, replacing the job's previous "job-hold-until" attribute, if present, and makes the job a candidate for scheduling during the supplied named time period.

プリンタの「ジョブホールドまでのサポート」属性、IPPオブジェクトのコピージョブオブジェクトに供給された操作属性が存在する場合、属性「-まで、ジョブ保留」ジョブの前回の交換で指定し、かつとして提供およびサポートされている場合仕事供給という名前の期間中のスケジュールの候補になります。

If supplied, but either the "job-hold-until" Operation attribute itself or the value supplied is not supported, the IPP object accepts the request, returns the unsupported attribute or value in the Unsupported Attributes Group according to section 3.1.7, returns the 'successful-ok-ignored-or-substituted-attributes, and holds the job indefinitely until a client performs a subsequent Release-Job operation.

供給が、操作自体または付属属性値のいずれかの「ジョブホールドするまでは、」サポートされていない場合、IPPオブジェクトは、要求を受け付け、返すサポートされていないではサポートされていない属性または値は、セクション3.1.7、返品に応じてグループの属性「成功した-OK-無視-または置換 - 属性、およびクライアントは、後続のリリース・ジョブ操作を実行するまで無期限に仕事を保持しています。

If the client (1) supplies a value that specifies a time period that has already started or the 'no-hold' value (meaning don't hold the job) and (2) the IPP object supports the "job-hold-until" operation attribute and there are no other reasons to hold the job, the IPP object MUST accept the operation and make the job be a candidate for processing immediately (see Section 4.2.2).

クライアントは、(1)既に開始されている時間帯や「ノーホールド」の値を指定する値を提供する(意味が仕事を持っていない)及び(2)IPPオブジェクトは、「ジョブホールドを-までサポートしている場合"操作属性とジョブを保持するため、他の理由が存在しない、IPPオブジェクトは、操作を受け付けると、ジョブが(4.2.2項を参照)、すぐに処理するための候補に作る必要があります。

If the client does not supply a "job-hold-until" Operation attribute in the request, the IPP object MUST populate the job object with a "job-hold-until" attribute with the 'indefinite' value (if IPP object supports the "job-hold-until" attribute) and hold the job indefinitely, until a client performs a Release-Job operation.

クライアントがリクエストで「ジョブホールドまで」Operation属性を供給しない場合はIPPオブジェクトがサポートしている場合、IPPオブジェクトは、「無期限」値と「ジョブホールドまでの」属性(とジョブオブジェクトを移入しなければなりません)属性「ジョブまでホールド」とクライアントがリリース - ジョブ操作を実行するまで、無期限にジョブを保留。

3.3.5.2 Hold-Job Response
3.3.5.2ホールドジョブの応答

The groups and attributes are the same as for a Cancel-Job response (see section 3.3.3.2).

グループおよび属性は、キャンセル・ジョブ応答(セクション3.3.3.2を参照)と同じです。

3.3.6 Release-Job Operation
3.3.6リリース - 仕事の操作

This OPTIONAL operation allows a client to release a previously held job so that it is again eligible for scheduling. If the Hold-Job operation is supported, then the Release-Job operation MUST be supported, and vice-versa.

このオプションの動作は、それが再びスケジューリングの対象となるように、クライアントが以前に開催された仕事を解放することができます。ホールドジョブ操作がサポートされている場合は、リリース・ジョブの操作をサポートしなければなりませんし、その逆。

This operation removes the "job-hold-until" job attribute, if present, from the job object that had been supplied in the create or most recent Hold-Job or Restart-Job operation and removes its effect on the job. The IPP object MUST remove the 'job-hold-until-specified' value from the job's "job-state-reasons" attribute, if present. See section 4.3.8.

この操作は、「ジョブホールドまでの」ジョブ属性を削除存在する場合、作成したり、最新のホールドジョブまたは再起動して、ジョブの操作で供給され、ジョブに及ぼす影響を除去していたジョブオブジェクトから。 IPPオブジェクトは、「ジョブホールド指定されるまで、」存在する場合、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性から値を削除する必要があります。セクション4.3.8を参照してください。

The IPP object MUST accept or reject the request based on the job's current state and transition the job to the indicated new state as follows:

IPPオブジェクトは、受け入れるか拒否するジョブの現在の状態に基づいて要求をし、次のように示された新しい状態にジョブを移行しなければなりません:

        Current "job-   New "job-state"    IPP object's response status
           state"                                code and action:
        

'pending' 'pending' 'successful-ok' No effect on the job. 'pending-held' 'pending-held' 'successful-ok' See Rule 1 'pending-held' 'pending' 'successful-ok' 'processing' 'processing' 'successful-ok' No effect on the job. 'processing- 'processing- 'successful-ok' stopped' stopped' No effect on the job. 'completed' 'completed' 'client-error-not-possible' 'canceled' 'canceled' 'client-error-not-possible' 'aborted' 'aborted' 'client-error-not-possible'

「成功した-OK」「仕事には影響を保留しない」「保留」。 「保留開催された」「保留さ」「成功-OK」「保留-開催された」「保留」「成功-OK」「加工」「加工」「成功-OK」の仕事には影響をルール1を参照してくださいません。 「部加工 『部加工『成功-okが』仕事には影響を』停止しない」停止しました。 「完了」「完了」「クライアント誤り-ことはできません」「キャンセル」「キャンセル」「クライアント誤り-ことはできません」「中止さ」「中止さ」「クライアント誤り-ことができません」

Rule 1: If there are other reasons to keep the job in the 'pending-held' state, such as 'resources-are-not-ready', the job remains in the 'pending-held' state. Thus the 'pending-held' state is not just for jobs that have the 'job-hold-until' applied to them, but are for any reason to keep the job from being a candidate for scheduling and processing, such as 'resources-are-not-ready'. See the "job-hold-until" attribute (section 4.2.2).

ルール1:このような「資源が-の準備ができていない」などの「保留開催された」状態で仕事を維持するために他の理由がある場合、ジョブは「保留中、開催された」状態のままになります。このような「リソース - として、それらに適用されるが、スケジューリングおよび処理のための候補であることから仕事を維持するために何らかの理由である「まで、ジョブホールド」このように「保留開催された」状態は、持っている仕事のためだけのものではありません「-準備ができていないです。 「ジョブホールドまで」属性(セクション4.2.2)を参照してください。

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must either be the job owner or an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP object MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザ(セクション8.3を参照)、この操作は、ジョブの所有者またはプリンタオブジェクトのオペレータまたは管理者でなければならないのいずれかで行う(セクション1および8.5を参照)。そうでなければ、IPPオブジェクトは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

The Release-Job Request and Release-Job Response have the same attribute groups and attributes as the Cancel-Job operation (see section 3.3.3.1 and 3.3.3.2).

リリース・ジョブ要求およびリリース・ジョブ応答は、同じ属性グループを持っており、キャンセルジョブ操作(セクション3.3.3.1と3.3.3.2を参照)などの属性。

3.3.7 Restart-Job Operation
3.3.7再起動して、ジョブの操作

This OPTIONAL operation allows a client to restart a job that is retained in the queue after processing has completed (see section 4.3.7.2).

このオプションの動作は、クライアントは、処理が完了した後に(セクション4.3.7.2を参照)キューに保持されたジョブを再開することができます。

The job is moved to the 'pending' or 'pending-held' job state and restarts at the beginning on the same IPP Printer object with the same attribute values. If any of the documents in the job were passed by reference (Print-URI or Send-URI), the Printer MUST re-fetch the data, since the semantics of Restart-Job are to repeat all Job processing. The Job Description attributes that accumulate job progress, such as "job-impressions-completed", "job-media-sheets-completed", and "job-k-octets-processed", MUST be reset to 0 so that they give an accurate record of the job from its restart point. The job object MUST continue to use the same "job-uri" and "job-id" attribute values.

ジョブは、同じ属性値を持つ同じIPP Printerオブジェクトの冒頭で「保留」または「保留中、開催された」仕事の状態と再起動に移動されます。ジョブ内の文書のいずれかを参照(印刷-URIまたは送信-URI)によって渡された場合は再起動して、仕事の意味は、すべてのジョブの処理を繰り返すようにしているため、プリンタは、データを再フェッチする必要があります。そのような「完了したジョブインプレッション-」、「ジョブメディアシートが-完了」、および「ジョブKオクテットが処理」、としての仕事の進捗状況を蓄積ジョブの説明属性は、彼らが与えるように0にリセットする必要がありますそのリスタートポイントからジョブの正確な記録。ジョブオブジェクトは、同じ「仕事-URI」と「仕事-id」属性値を使用し続ける必要があります。

Note: If in the future an operation is needed that does not reset the job progress attributes, then a new operation will be defined which makes a copy of the job, assigns a new "job-uri" and "job-id" to the copy and resets the job progress attributes in the new copy only.

注意:将来的に操作が必要な場合はジョブの進捗状況は、その後、新しい操作は、ジョブのコピーを作成した定義されます、属性に新しい「仕事-URI」および「ジョブID」を割り当ててリセットしないことコピーして、ジョブの進捗状況は、唯一の新しいコピーの属性リセットされます。

The IPP object MUST accept or reject the request based on the job's current state, transition the job to the indicated new state as follows:

次のようにIPPオブジェクトが遷移し、示された新しい状態にジョブを受け入れるか、ジョブの現在の状態に基づいて要求を拒絶しなければなりません。

        Current "job-   New "job-state"    IPP object's response status
           state"                                code and action:
        

'pending' 'pending' 'client-error-not-possible' 'pending-held' 'pending-held' 'client-error-not-possible' 'processing' 'processing' 'client-error-not-possible' 'processing- 'processing- 'client-error-not-possible' stopped' stopped' 'completed' 'pending' or 'successful-ok' - job is started 'pending-held' over. 'completed' 'completed' 'client-error-not-possible' - see Rule 1 'canceled' 'pending' or 'successful-ok' - job is started 'pending-held' over. 'canceled' 'canceled' 'client-error-not-possible' - see Rule 1 'aborted' 'pending' or 'successful-ok' - job is started 'pending-held' over. 'aborted' 'aborted' 'client-error-not-possible' - see Rule 1

「保留中の」「保留」「クライアント誤り-ことはできません」「保留-開催された」「保留-開催された」「クライアント誤り-ことはできません」「加工」「加工」「クライアント誤り-ことはできません」 ' 『 - ジョブが開始された『保留中、開催された』オーバー部加工「部加工のクライアント誤り-ことができない「停止」は『保留中』または』成功-OK 『を完成さ』」を停止しました。 「完了」「完了」「クライアント誤り-ことはできませんが、」 - 「 - ジョブが開始された「保留中、開催された」オーバールール1「キャンセル」「保留中」または」成功-OKを参照してください。 「キャンセル」「キャンセル」「クライアント誤り-ことはできませんが、」 - 「 - ジョブが開始された「保留中、開催された」オーバールール1「中止に」「保留中」または」成功-OKを参照してください。 「中止に」「中止さ」「クライアント誤り-ことはできません」 - ルール1を参照してください

Rule 1: If the Job Retention Period has expired for the job in this state, then the IPP object rejects the operation. See section 4.3.7.2.

ルール1:仕事の保存期間は、この状態では仕事のために有効期限が切れている場合は、IPPオブジェクトが操作を拒否します。セクション4.3.7.2を参照してください。

Note: In order to prevent a user from inadvertently restarting a job in the middle, the Restart-Job request is rejected when the job is in the 'processing' or 'processing-stopped' states. If in the future an operation is needed to hold or restart jobs while in these states, it will be added as an additional operation, rather than overloading the Restart-Job operation, so that it is clear that the user intended that the current job not be completed.

注意:ジョブが「処理」または「処理停止」状態にあるときに、誤って途中でジョブを再起動するからユーザーを防ぐために、再起動ジョブ要求は拒否されます。将来的に操作がこれらの状態にある間にジョブを保持するか、再起動する必要がある場合、ユーザーが現在のジョブがないことを意図したことは明らかであるように、それは、むしろ再起動ジョブ操作をオーバーロードよりも、追加の操作として追加されます完成します。

Access Rights: The authenticated user (see section 8.3) performing this operation must either be the job owner or an operator or administrator of the Printer object (see Sections 1 and 8.5). Otherwise, the IPP object MUST reject the operation and return: 'client-error-forbidden', 'client-error-not-authenticated', or 'client-error-not-authorized' as appropriate.

アクセス権:認証されたユーザ(セクション8.3を参照)、この操作は、ジョブの所有者またはプリンタオブジェクトのオペレータまたは管理者でなければならないのいずれかで行う(セクション1および8.5を参照)。そうでなければ、IPPオブジェクトは操作を拒否し、返さなければならない:「クライアント誤り禁じられた」、「クライアント・エラー・認証されていない」、または必要に応じて「クライアント誤り - 権限がありません」。

3.3.7.1 Restart-Job Request
3.3.7.1再起動し、ジョブリクエスト

The groups and attributes are the same as for a Cancel-Job request (see section 3.3.3.1), with the addition of the following Group 1 Operation attribute:

グループおよび属性は、以下のグループ1 Operation属性を追加して、キャンセル・ジョブを要求(セクション3.3.3.1を参照)と同じです。

"job-hold-until" (type3 keyword | name(MAX)): The client OPTIONALLY supplies this attribute. The IPP object MUST support this Operation attribute in a Restart-Job request, if it supports the "job-hold-until" Job Template attribute in create operations. See section 4.2.2. Otherwise, the IPP object NEED NOT support the "job-hold-until" Operation attribute in a Restart-Job request.

「ジョブホールドまで」(TYPE3キーワード|名(MAX)):クライアントOPTIONALLYはこの属性を供給します。それは、「ジョブホールドまで」ジョブテンプレートが作成における属性の操作をサポートしていれば、IPPオブジェクトは、再起動ジョブリクエストでこの操作属性をサポートしなければなりません。セクション4.2.2を参照してください。そうでなければ、IPPオブジェクトは、「ジョブホールドまでの」再起動ジョブ要求におけるOperation属性をサポートしている必要はありません。

If supplied and supported as specified in the Printer's "job-hold-until-supported" attribute, the IPP object copies the supplied Operation attribute to the Job object, replacing the job's previous "job-hold-until" attribute, if present, and makes the job a candidate for scheduling during the supplied named time period. See section 4.2.2.

供給とサポートされているプリンタの「ジョブホールドまでのサポート」属性で指定された場合、IPPオブジェクトのコピーを供給操作が存在する場合、ジョブの前回交換属性「ジョブホールドを-まで」、ジョブオブジェクトに属性、および仕事供給という名前の期間中のスケジュールの候補になります。セクション4.2.2を参照してください。

If supplied, but the value is not supported, the IPP object accepts the request, returns the unsupported attribute or value in the Unsupported Attributes Group according to section 3.1.7, returns the 'successful-ok-ignored-or-substituted-attributes' status code, and holds the job indefinitely until a client performs a subsequent Release-Job operation.

供給が、値がサポートされていない場合、IPPオブジェクトは、要求を受け入れ、サポートされていないではサポートされていない属性または値は、セクション3.1.7によると、グループの属性「成功-OK-無視-または置換 - 属性」を返しますステータスコード、およびクライアントは、後続のリリース・ジョブ操作を実行するまで無期限に仕事を保持しています。

If supplied, but the "job-hold-until" Operation attribute itself is not supported, the IPP object accepts the request, returns the unsupported attribute with the out-of-band 'unsupported' value in the Unsupported Attributes Group according to section 3.1.7, returns the 'successful-ok-ignored-or-substituted-attributes' status code, and restarts the job, i.e., ignores the "job-hold-until" attribute.

供給が、「ジョブホールドまで」の操作は、自身の属性がサポートされていない場合、IPPオブジェクトは、要求を受け付け、返すサポートされていない中、アウトオブバンドのサポートされていない 'の値を持つサポートされていない属性は、セクション3.1に応じてグループの属性0.7は、「成功-OK-無視-または置換 - 属性のステータスコードを返し、ジョブを再起動し、すなわち、属性「-まで、ジョブホールド」無視します。

If the client (1) supplies a value that specifies a time period that has already started or the 'no-hold' value (meaning don't hold the job) and (2) the IPP object supports the "job-hold-until" operation attribute and there are no other reasons to hold the job, the IPP object makes the job a candidate for processing immediately (see Section 4.2.2).

クライアントは、(1)既に開始されている時間帯や「ノーホールド」の値を指定する値を提供する(意味が仕事を持っていない)及び(2)IPPオブジェクトは、「ジョブホールドを-までサポートしている場合"操作属性とジョブを保持するために他の理由が存在しないが、IPPオブジェクトは処理のための候補すぐに仕事になります(セクション4.2.2を参照してください)。

If the client does not supply a "job-hold-until" operation attribute in the request, the IPP object removes the "job-hold-until" attribute, if present, from the job. If there are no other reasons to hold the job, the Restart-Job operation makes the job a candidate for processing immediately (see Section 4.2.2).

クライアントが要求に「ジョブホールドまでの」操作属性を供給しない場合に存在する場合、IPPオブジェクトは、ジョブから、「ジョブホールドまで」属性を削除します。仕事を保持するために他の理由が存在しない場合は、再起動ジョブ操作は、(4.2.2項を参照)ジョブを今すぐ処理のための候補となります。

3.3.7.2 Restart-Job Response
3.3.7.2再起動して、ジョブの応答

The groups and attributes are the same as for a Cancel-Job response (see section 3.3.3.2).

グループおよび属性は、キャンセル・ジョブ応答(セクション3.3.3.2を参照)と同じです。

Note: In the future an OPTIONAL Modify-Job or Set-Job-Attributes operation may be specified that allows the client to modify other attributes before releasing the restarted job.

注:将来的にオプションの変更] - ジョブまたはSet-ジョブ・属性操作は、クライアントが再起動し、ジョブをリリースする前に他の属性を変更することができますように指定することができます。

4. Object Attributes
4.オブジェクトの属性

This section describes the attributes with their corresponding attribute syntaxes and values that are part of the IPP model. The sections below show the objects and their associated attributes which are included within the scope of this protocol. Many of these attributes are derived from other relevant documents:

このセクションでは、IPPモデルの一部であり、それに対応する属性構文と値を持つ属性について説明します。以下のセクションでは、このプロトコルの範囲内に含まれるオブジェクトおよびそれらに関連する属性を示します。これらの属性の多くは、他の関連文書から導出されています。

- Document Printing Application (DPA) [ISO10175] - RFC 1759 Printer MIB [RFC1759]

- 文書印刷アプリケーション(DPA)[ISO10175] - RFC 1759プリンタMIB [RFC1759]

Each attribute is uniquely identified in this document using a "keyword" (see section 12.2.1) which is the name of the attribute. The keyword is included in the section header describing that attribute.

各属性を一意に「キーワード」を使用して、この文書で特定された属性の名前である(セクション12.2.1を参照してください)。キーワードはその属性を記述するセクションヘッダーに含まれています。

Note: Not only are keywords used to identify attributes, but one of the attribute syntaxes described below is "keyword" so that some attributes have keyword values. Therefore, these attributes are defined as having an attribute syntax that is a set of keywords.

注意:属性を識別するために使用するキーワードですが、以下の属性構文の一つは、いくつかの属性は、キーワードの値を持っているように、「キーワード」であるだけでなく。したがって、これらの属性は、キーワードの集合である属性構文を持つものとして定義されています。

4.1 Attribute Syntaxes
4.1属性構文

This section defines the basic attribute syntax types that all clients and IPP objects MUST be able to accept in responses and accept in requests, respectively. Each attribute description in sections 3 and 4 includes the name of attribute syntax(es) in the heading (in parentheses). A conforming implementation of an attribute MUST include the semantics of the attribute syntax(es) so identified. Section 6.3 describes how the protocol can be extended with new attribute syntaxes.

このセクションでは、すべてのクライアントとIPPオブジェクトは、それぞれ、応答で受け入れ、要求で受け入れることができなければならない基本的な属性構文タイプを定義します。セクション3と4の各属性の記述は、(括弧内)の見出しの属性構文(ES)の名前を含みます。属性の適合実装は、そのように同定された属性の構文(ES)の意味を含まなければなりません。 6.3節は、プロトコルが新しい属性構文を拡張することができる方法を説明します。

The attribute syntaxes are specified in the following sub-sections, where the sub-section heading is the keyword name of the attribute syntax inside the single quotes. In operation requests and responses each attribute value MUST be represented as one of the attribute syntaxes specified in the sub-section heading for the attribute. In addition, the value of an attribute in a response (but not in a request) MAY be one of the "out-of-band" values whose special encoding rules are defined in the "Encoding and Transport" document [RFC2910]. Standard "out-of-band" values are:

属性構文は、サブセクションの見出しは、単一引用符内の属性構文のキーワード名である次のサブセクションで指定されています。操作要求と応答の各属性値は、属性の見出しのサブセクションで指定された属性構文の一つとして表現されなければなりません。加えて、応答内の属性(ただしリクエストで)の値は、特別な符号化ルール「エンコーディングとトランスポート」文書[RFC2910]で定義される「アウトオブバンド」の値であってもよいです。標準の「アウトオブバンド」値は次のとおりです。

'unknown': The attribute is supported by the IPP object, but the value is unknown to the IPP object for some reason. 'unsupported': The attribute is unsupported by the IPP object. This value MUST be returned only as the value of an attribute in the Unsupported Attributes Group. 'no-value': The attribute is supported by the Printer object, but the administrator has not yet configured a value.

「不明」:属性はIPPオブジェクトによってサポートされていますが、値が何らかの理由でIPPオブジェクトには不明です。 「サポートされていない」:属性はIPPオブジェクトによってサポートされていません。この値は、サポートされていない属性グループ内の属性の値として返さなければなりません。 「無価値」:属性はプリンタオブジェクトによってサポートされていませんが、管理者がまだ値を設定していません。

All attributes in a request MUST have one or more values as defined in Sections 4.2 to 4.4. Thus clients MUST NOT supply attributes with "out-of-band" values for operations defined in this document. All attributes in a response MUST have one or more values as defined in Sections 4.2 to 4.4 or a single "out-of-band" value.

要求内のすべての属性が4.4にセクション4.2で定義されている1つ以上の値を持たなければなりません。したがって、クライアントは、この文書で定義された操作のための「アウトオブバンド」の値を持つ属性を供給してはなりません。セクション4.4、または単一の「アウトオブバンド」値4.2で定義されるように、応答のすべての属性は、1つ以上の値を持たなければなりません。

Most attributes are defined to have a single attribute syntax. However, a few attributes (e.g., "job-sheet", "media", "job-hold-until") are defined to have several attribute syntaxes, depending on the value. These multiple attribute syntaxes are separated by the "|" character in the sub-section heading to indicate the choice. Since each value MUST be tagged as to its attribute syntax in the protocol, a single-valued attribute instance may have any one of its attribute syntaxes and a multi-valued attribute instance may have a mixture of its defined attribute syntaxes.

ほとんどの属性は、単一の属性構文を持つように定義されています。しかし、いくつかの属性(例えば、「ジョブシート」、「メディア」、「ジョブホールドするまでは」)値に応じて、いくつかの属性構文を持つように定義されています。これらの複数の属性構文が区切られ、「|」サブセクションの見出しの文字は、選択肢を示しています。各値は、プロトコルにおける属性構文としてタグ付けされなければならないので、単一値属性のインスタンスは、その属性構文のいずれかを有していてもよいし、多値属性のインスタンスは、その定義された属性構文の混合物を有していてもよいです。

4.1.1 'text'
4.1.1「テキスト」

A text attribute is an attribute whose value is a sequence of zero or more characters encoded in a maximum of 1023 ('MAX') octets. MAX is the maximum length for each value of any text attribute. However, if an attribute will always contain values whose maximum length is much less than MAX, the definition of that attribute will include a qualifier that defines the maximum length for values of that attribute. For example: the "printer-location" attribute is specified as "printer-location (text(127))". In this case, text values for "printer-location" MUST NOT exceed 127 octets; if supplied with a longer text string via some external interface (other than the protocol), implementations are free to truncate to this shorter length limitation.

テキスト属性は、値が1023の最大値(「MAX」)オクテットで符号化されたゼロ個以上の文字のシーケンスである属性です。 MAXは、任意のテキスト属性の各値の最大長です。ただし、属性は常にその最大長MAXよりもはるかに小さい値が含まれている場合、その属性の定義は、その属性の値の最大長を定義する修飾子が含まれます。例えば:「プリンタの場所」属性は、「プリンタの場所(テキスト(127))」として指定されています。この場合には、「プリンタの場所」のテキスト値が127個のオクテットを超えてはなりません。 (プロトコル以外の)いくつかの外部インタフェースを介して、より長いテキスト文字列が供給された場合、実装は、この短い長さの制限に切り捨てることが自由です。

In this document, all text attributes are defined using the 'text' syntax. However, 'text' is used only for brevity; the formal interpretation of 'text' is: 'textWithoutLanguage | textWithLanguage'. That is, for any attribute defined in this document using the 'text' attribute syntax, all IPP objects and clients MUST support both the 'textWithoutLanguage' and 'textWithLanguage' attribute syntaxes. However, in actual usage and protocol execution, objects and clients accept and return only one of the two syntax per attribute. The syntax 'text' never appears "on-the-wire".

本書では、すべてのテキスト属性が「テキスト」の構文を使用して定義されています。しかし、「テキストは」簡潔にするためにのみ使用されます。 「テキスト」の正式な解釈は次のとおりです。「textWithoutLanguage | textWithLanguage」。それは、「テキスト」属性構文を使用して、この文書で定義された任意の属性のために、すべてのIPPオブジェクトとクライアントは、「textWithoutLanguage」と「textWithLanguage」属性構文の両方をサポートしなければなりませんさ。しかし、実際の使用およびプロトコル実行中に、オブジェクトとクライアントが受け入れ、専用属性ごとに2つの構文のいずれかを返します。構文は「text」「はオン・ワイヤー」と表示されません。

Both 'textWithoutLanguage' and 'textWithLanguage' are needed to support the real world needs of interoperability between sites and systems that use different natural languages as the basis for human communication. Generally, one natural language applies to all text attributes in a given request or response. The language is indicated by the "attributes-natural-language" operation attribute defined in section 3.1.4 or "attributes-natural-language" job attribute defined in section 4.3.20, and there is no need to identify the natural language for each text string on a value-by-value basis. In these cases, the attribute syntax 'textWithoutLanguage' is used for text attributes. In other cases, the client needs to supply or the Printer object needs to return a text value in a natural language that is different from the rest of the text values in the request or response. In these cases, the client or Printer object uses the attribute syntax 'textWithLanguage' for text attributes (this is the Natural Language Override mechanism described in section 3.1.4).

「textWithoutLanguage」と「textWithLanguage」の両方が人間のコミュニケーションのための基礎として、異なる自然言語を使用するサイトとシステム間の相互運用性の現実世界のニーズをサポートするために必要とされます。一般的に、1つの自然言語は、与えられた要求または応答内のすべてのテキスト属性に適用されます。言語は、セクション4.3.20で定義されたセクション3.1.4または「属性自然言語」ジョブ属性で定義された「属性自然言語」操作属性によって示され、それぞれの自然言語を特定する必要はありません値ごとの値に基づき、テキスト文字列。これらのケースでは、属性構文「textWithoutLanguageは、」テキスト属性のために使用されています。他の例では、クライアントが供給する必要があるか、Printerオブジェクトは、要求または応答内のテキスト値の残りの部分と異なる自然言語でテキスト値を返す必要があります。これらのケースでは、クライアントまたはプリンタオブジェクトは、テキスト属性の属性構文「textWithLanguageを」(これはセクション3.1.4で説明した自然言語オーバーライドメカニズムである)を使用しています。

The 'textWithoutLanguage' and 'textWithLanguage' attribute syntaxes are described in more detail in the following sections.

「textWithoutLanguage」と「textWithLanguage」属性構文は次のセクションで詳しく説明されています。

4.1.1.1 'textWithoutLanguage'
4.1.1.1 'textWithoutLanguage'

The 'textWithoutLanguage' syntax indicates a value that is sequence of zero or more characters encoded in a maximum of 1023 (MAX) octets. Text strings are encoded using the rules of some charset. The Printer object MUST support the UTF-8 charset [RFC2279] and MAY support additional charsets to represent 'text' values, provided that the charsets are registered with IANA [IANA-CS]. See Section 4.1.7 for the definition of the 'charset' attribute syntax, including restricted semantics and examples of charsets.

「textWithoutLanguage」構文が1023(MAX)オクテットの最大でエンコードゼロ以上の文字のシーケンスである値を示しています。テキスト文字列は、いくつかの文字セットの規則を使用してエンコードされています。プリンタオブジェクトは、UTF-8文字セット[RFC2279]をサポートしなければならないと「テキスト」値を表すために、追加の文字セットをサポートするかもしれません、文字セットは、IANA [IANA-CS]に登録されていることを条件とします。制限された意味と文字セットの例を含む構文を、属性「文字セット」の定義については、セクション4.1.7を参照してください。

4.1.1.2 'textWithLanguage'
4.1.1.2 'textWithLanguage'

The 'textWithLanguage' attribute syntax is a compound attribute syntax consisting of two parts: a 'textWithoutLanguage' part encoded in a maximum of 1023 (MAX) octets plus an additional 'naturalLanguage' (see section 4.1.8) part that overrides the natural language in force. The 'naturalLanguage' part explicitly identifies the natural language that applies to the text part of that value and that value alone. For any give text attribute, the 'textWithoutLanguage' part is limited to the maximum length defined for that 'text' attribute, and the 'naturalLanguage' part is always limited to 63 (additional) octets. Using the 'textWithLanguage' attribute syntax rather than the normal 'textWithoutLanguage' syntax is the so-called Natural Language Override mechanism and MUST be supported by all IPP objects and clients.

「textWithLanguage」属性構文は、2つの部分からなる複合属性構文である:1023(MAX)オクテットの最大値と追加「自然言語」でエンコード「textWithoutLanguage」一部自然言語を上書き部(セクション4.1.8を参照)有効。 「自然言語」の部分は、明示的にその値のテキスト部分と一人で、その値に適用される自然言語を識別します。任意の所与のテキスト属性については、「textWithoutLanguage」部分は、その「テキスト」属性に定義された最大の長さに制限されており、「自然言語」部分は常に63(追加)オクテットに制限されています。 「textWithLanguage」属性構文ではなく、通常の「textWithoutLanguage」構文を使用すると、いわゆる自然言語オーバーライドメカニズムであり、すべてのIPPオブジェクトとクライアントがサポートしなければなりません。

If the attribute is multi-valued (1setOf text), then the 'textWithLanguage' attribute syntax MUST be used to explicitly specify each attribute value whose natural language needs to be overridden. Other values in a multi-valued 'text' attribute in a request or a response revert to the natural language of the operation attribute.

属性が複数値(1setOfテキスト)であれば、「textWithLanguage」属性構文は、明示的にその自然言語オーバーライドする必要のある各属性の値を指定するために使用しなければなりません。リクエストやレスポンスで複数の値を持つ「テキスト」属性の他の値は、操作属性の自然言語に戻します。

In a create request, the Printer object MUST accept and store with the Job object any natural language in the "attributes-natural-language" operation attribute, whether the Printer object supports that natural language or not. Furthermore, the Printer object MUST accept and store any 'textWithLanguage' attribute value, whether the Printer object supports that natural language or not. These requirements are independent of the value of the "ipp-attribute-fidelity" operation attribute that the client MAY supply.

プリンタオブジェクトがその自然言語をサポートしているかどうか、作成要求では、Printerオブジェクトは、受け入れなければならないと「属性自然言語」操作属性でのJobオブジェクトに任意の自然言語を保存します。さらに、Printerオブジェクトは、Printerオブジェクトは、自然言語ことをサポートするかどうか、受け入れて、任意の「textWithLanguage」属性値を保存しなければなりません。これらの要件は、クライアントMAY供給することを「IPP属性忠実度」操作属性の値とは無関係です。

Example: If the client supplies the "attributes-natural-language" operation attribute with the value: 'en' indicating English, but the value of the "job-name" attribute is in French, the client MUST use the 'textWithLanguage' attribute syntax with the following two values:

クライアントが提供した場合は値を持つ操作属性「 - 自然言語属性」:例「en」と英語を示すのが、「ジョブ名」の値属性がフランス語である、クライアントが「textWithLanguage」属性を使用しなければなりません次の2つの値を持つ構文は次のとおりです。

'fr': Natural Language Override indicating French 'Rapport Mensuel': the job name in French

フランスの「ラポールMensuel」を示す自然言語オーバーライド:「FR」フランス語でジョブ名

See the "Encoding and Transport" document [RFC2910] section 3.9 for the encoding of the two parts and Appendix A for a detailed example of the 'textWithLanguage' attribute syntax.

「textWithLanguage」属性構文の詳細な例のための2つの部品と付録Aの符号化のための「エンコーディングとトランスポート」ドキュメント[RFC2910]セクション3.9を参照してください。

4.1.2 'name'
4.1.2「名前」

This syntax type is used for user-friendly strings, such as a Printer name, that, for humans, are more meaningful than identifiers. Names are never translated from one natural language to another. The 'name' attribute syntax is essentially the same as 'text', including the REQUIRED support of UTF-8 except that the sequence of characters is limited so that its encoded form MUST NOT exceed 255 (MAX) octets.

この構文タイプは、人間のために、識別子よりも意味がある、ということは、そのようなプリンタ名など、ユーザーフレンドリーな文字列に使用されます。名前は別の自然言語から翻訳されることはありません。 「名前」属性の構文は、基本的に符号化された形式は、255(MAX)オクテットを超えてはならないように、文字の配列が制限されていることを除き、UTF-8の必要なサポートを含む「テキスト」と同じです。

Also like 'text', 'name' is really an abbreviated notation for either 'nameWithoutLanguage' or 'nameWithLanguage'. That is, all IPP objects and clients MUST support both the 'nameWithoutLanguage' and 'nameWithLanguage' attribute syntaxes. However, in actual usage and protocol execution, objects and clients accept and return only one of the two syntax per attribute. The syntax 'name' never appears "on-the-wire".

また、「テキスト」のように、「name」が本当に「nameWithoutLanguage」または「nameWithLanguage」のいずれかの省略記法です。つまり、すべてのIPPオブジェクトとクライアントが「nameWithoutLanguage」と「nameWithLanguage」属性構文の両方をサポートしなければならない、です。しかし、実際の使用およびプロトコル実行中に、オブジェクトとクライアントが受け入れ、専用属性ごとに2つの構文のいずれかを返します。構文「name」が「オン・ワイヤー」と表示されません。

Only the 'text' and 'name' attribute syntaxes permit the Natural Language Override mechanism.

「テキスト」と「名前」だけでは構文は、自然言語オーバーライドメカニズムを許可する属性。

Some attributes are defined as 'type3 keyword | name'. These attributes support values that are either type3 keywords or names. This dual-syntax mechanism enables a site administrator to extend these attributes to legally include values that are locally defined by the site administrator. Such names are not registered with IANA.

一部の属性は、TYPE3のキーワード」と定義されています|名前'。これらの属性は、TYPE3キーワードまたは名前のいずれかである値をサポートしています。このデュアル構文メカニズムは、法的にローカルサイトの管理者によって定義された値が含まれるように、これらの属性を拡張するために、サイトの管理者を可能にします。このような名前は、IANAに登録されていません。

4.1.2.1 'nameWithoutLanguage'
4.1.2.1 'nameWithoutLanguage'

The 'nameWithoutLanguage' syntax indicates a value that is sequence of zero or more characters encoded in a maximum of 255 (MAX) octets.

「nameWithoutLanguage」構文255(MAX)オクテットの最大でエンコードゼロ以上の文字のシーケンスである値を示しています。

4.1.2.2 'nameWithLanguage'
4.1.2.2 'nameWithLanguage'

The 'nameWithLanguage' attribute syntax is a compound attribute syntax consisting of two parts: a 'nameWithoutLanguage' part encoded in a maximum of 1023 (MAX) octets plus an additional 'naturalLanguage' (see section 4.1.8) part that overrides the natural language in force. The 'naturalLanguage' part explicitly identifies the natural language that applies to that name value and that name value alone. For any give text attribute, the 'textWithoutLanguage' part is limited to the maximum length defined for that 'text' attribute, and the 'naturalLanguage' part is always limited to 63 (additional) octets. Using the 'textWithLanguage' attribute syntax rather than the normal 'textWithoutLanguage' syntax is the so-called Natural Language Override mechanism and MUST be supported by all IPP objects and clients.

「nameWithLanguage」属性構文は、2つの部分からなる複合属性構文である:1023(MAX)オクテットプラス追加の「自然言語」の最大でエンコード「nameWithoutLanguage」部分(セクション4.1.8を参照)自然言語を上書き部有効。 「自然言語」の部分は、明示的にその名前値単独でその名の値に適用される自然言語を識別します。任意の所与のテキスト属性については、「textWithoutLanguage」部分は、その「テキスト」属性に定義された最大の長さに制限されており、「自然言語」部分は常に63(追加)オクテットに制限されています。 「textWithLanguage」属性構文ではなく、通常の「textWithoutLanguage」構文を使用すると、いわゆる自然言語オーバーライドメカニズムであり、すべてのIPPオブジェクトとクライアントがサポートしなければなりません。

The 'nameWithLanguage' attribute syntax behaves the same as the 'textWithLanguage' syntax. Using the 'textWithLanguage' attribute syntax rather than the normal 'textWithoutLanguage' syntax is the so-called Natural Language Override mechanism and MUST be supported by all IPP objects and clients. If a name is in a language that is different than the rest of the object or operation, then this 'nameWithLanguage' syntax is used rather than the generic 'nameWithoutLanguage' syntax.

「nameWithLanguage」属性構文は「textWithLanguage」構文と同じように動作します。 「textWithLanguage」属性構文ではなく、通常の「textWithoutLanguage」構文を使用すると、いわゆる自然言語オーバーライドメカニズムであり、すべてのIPPオブジェクトとクライアントがサポートしなければなりません。名前は、オブジェクトや操作の残りの部分とは異なる言語である場合には、この「nameWithLanguage」構文は、一般的な「nameWithoutLanguage」構文ではなく、使用されています。

If the attribute is multi-valued (1setOf text), then the 'nameWithLanguage' attribute syntax MUST be used to explicitly specify each attribute value whose natural language needs to be overridden.

属性が複数値(1setOfテキスト)であれば、「nameWithLanguage」属性構文は、明示的にその自然言語オーバーライドする必要のある各属性の値を指定するために使用しなければなりません。

Other values in a multi-valued 'name' attribute in a request or a response revert to the natural language of the operation attribute.

リクエストやレスポンスで複数値の「name」属性の他の値は、操作属性の自然言語に戻します。

In a create request, the Printer object MUST accept and store with the Job object any natural language in the "attributes-natural-language" operation attribute, whether the Printer object supports that natural language or not. Furthermore, the Printer object MUST accept and store any 'nameWithLanguage' attribute value, whether the Printer object supports that natural language or not. These requirements are independent of the value of the "ipp-attribute-fidelity" operation attribute that the client MAY supply.

プリンタオブジェクトがその自然言語をサポートしているかどうか、作成要求では、Printerオブジェクトは、受け入れなければならないと「属性自然言語」操作属性でのJobオブジェクトに任意の自然言語を保存します。さらに、Printerオブジェクトは、Printerオブジェクトは、自然言語ことをサポートするかどうか、受け入れて、任意の「nameWithLanguage」属性値を保存しなければなりません。これらの要件は、クライアントMAY供給することを「IPP属性忠実度」操作属性の値とは無関係です。

Example: If the client supplies the "attributes-natural-language" operation attribute with the value: 'en' indicating English, but the "printer-name" attribute is in German, the client MUST use the 'nameWithLanguage' attribute syntax as follows:

例:クライアントが値を持つ「属性自然言語を」操作属性提供している場合:「en」と英語を示すのが、「プリンタ名」属性がドイツ語である次のように、クライアントが「nameWithLanguage」属性構文を使用しなければなりません:

'de': Natural Language Override indicating German 'Farbdrucker': the Printer name in German

「デ」:ドイツ語「Farbdrucker」を示す自然言語オーバーライド:プリンタ名ドイツ語

See the "Encoding and Transport" document [RFC2910] section 3.9 for the encoding of the two parts and Appendix A for a detailed example of the 'nameWithLanguage' attribute syntax.

「nameWithLanguage」属性構文の詳細な例のための2つの部品と付録Aの符号化のための「エンコーディングとトランスポート」ドキュメント[RFC2910]セクション3.9を参照してください。

4.1.2.3 Matching 'name' attribute values
4.1.2.3一致する「名前」属性値

For purposes of matching two 'name' attribute values for equality, such as in job validation (where a client-supplied value for attribute "xxx" is checked to see if the value is among the values of the Printer object's corresponding "xxx-supported" attribute), the following match rules apply:

2つの「名前」をマッチングする目的のために、このような属性「XXX」のために、クライアントが指定した値は値がxxxは、サポートされているプリンタオブジェクトの対応」の値の間であるかどうかを確認するためにチェックされているジョブの検証(のように平等の値を、属性「属性)は、次の試合のルールが適用されます。

1. 'keyword' values never match 'name' values.
1.「キーワード」値は、「name」の値と一致することはありません。

2. 'name' (nameWithoutLanguage and nameWithLanguage) values match if (1) the name parts match and (2) the Associated Natural-Language parts (see section 3.1.4.1) match. The matching rules are:

(1)名部分が一致した場合2.「名前」(nameWithoutLanguageとnameWithLanguage)が一致値及び(2)は、関連する自然言語の部分は一致(セクション3.1.4.1を参照します)。マッチングのルールは以下のとおりです。

a. the name parts match if the two names are identical character by character, except it is RECOMMENDED that case be ignored. For example: 'Ajax-letter-head-white' MUST match 'Ajax-letter-head-white' and SHOULD match 'ajax-letter-head-white' and 'AJAX-LETTER-HEAD-WHITE'.

A。 2名が文字で同じ文字をしている場合、そのような場合は無視することを推奨する以外の名前の部分は、一致します。たとえば: 'アヤックス・レターヘッド白' 'はアヤックス - レターヘッド白' と一致しなければならないと 'AJAX-レターヘッド白' と 'AJAX-LETTER-HEAD-WHITE' を一致させる必要があります。

b. the Associated Natural-Language parts match if the shorter of the two meets the syntactic requirements of RFC 1766 [RFC1766] and matches byte for byte with the longer. For example, 'en' matches 'en', 'en-us' and 'en-gb', but matches neither 'fr' nor 'e'.

B。 2の短い方がRFCの構文上の要件1766 [RFC1766]を満たしており、長いとバイトのためのバイトと一致した場合に関連する自然言語の部分が一致します。たとえば、 'エン' は 'EN-US' と 'エンギガバイト'、 'en' と一致しますが、どちらも 'FR' や 'E' と一致します。

4.1.3 'keyword'
4.1.3「キーワード」

The 'keyword' attribute syntax is a sequence of characters, length: 1 to 255, containing only the US-ASCII [ASCII] encoded values for lowercase letters ("a" - "z"), digits ("0" - "9"), hyphen ("-"), dot ("."), and underscore ("_"). The first character MUST be a lowercase letter. Furthermore, keywords MUST be in U.S. English.

、数字( "0" - 「9 - 小文字のための唯一のUS-ASCII [ASCII]符号化された値( "Z" "A")を含む、255に1: 'キーワード' は、構文は文字のシーケンスであり、属性長さ")、ハイフン(" - ")、ドット(" ")、及び(アンダー" "_)。最初の文字は小文字でなければなりません。さらに、キーワードは、米国英語でなければなりません。

This syntax type is used for enumerating semantic identifiers of entities in the abstract protocol, i.e., entities identified in this document. Keywords are used as attribute names or values of attributes. Unlike 'text' and 'name' attribute values, 'keyword' values MUST NOT use the Natural Language Override mechanism, since they MUST always be US-ASCII and U.S. English.

この構文タイプは、この文書で特定され、すなわち、実体を抽象プロトコル内のエンティティの意味的な識別子を列挙するために使用されます。キーワードは、属性名または属性の値として使用されています。彼らは常にUS-ASCIIと米国英語でなければならないので、「テキスト」と「名前」属性値とは異なり、「キーワード」の値は、自然言語オーバーライド・メカニズムを使用してはなりません。

Keywords are for use in the protocol. A user interface will likely provide a mapping between protocol keywords and displayable user-friendly words and phrases which are localized to the natural language of the user. While the keywords specified in this document MAY be displayed to users whose natural language is U.S. English, they MAY be mapped to other U.S. English words for U.S. English users, since the user interface is outside the scope of this document.

キーワードは、プロトコルで使用するためのものです。ユーザーインターフェースは、おそらく、ユーザの自然言語にローカライズされているプロトコルキーワードと表示ユーザーフレンドリーな単語やフレーズの間のマッピングを提供します。この文書で指定されたキーワードは、その自然言語米国英語でユーザーに表示することができるが、ユーザインタフェースは、このドキュメントの範囲外であるため、彼らは、米国英語のユーザーのために、他の米国英語の単語にマッピングされてもよいです。

In the definition for each attribute of this syntax type, the full set of defined keyword values for that attribute are listed.

この構文型の各属性の定義では、その属性の定義のキーワード値の完全なセットが記載されています。

When a keyword is used to represent an attribute (its name), it MUST be unique within the full scope of all IPP objects and attributes. When a keyword is used to represent a value of an attribute, it MUST be unique just within the scope of that attribute. That is, the same keyword MUST NOT be used for two different values within the same attribute to mean two different semantic ideas. However, the same keyword MAY be used across two or more attributes, representing different semantic ideas for each attribute. Section 6.1 describes how the protocol can be extended with new keyword values. Examples of attribute name keywords:

キーワードは属性(名前)を表すために使用されるとき、それはすべてのIPPオブジェクトおよび属性の完全な範囲内で一意でなければなりません。キーワードは、属性の値を表すために使用された場合、それだけでその属性の範囲内でユニークでなければなりません。つまり、同じキーワードが二つの異なる意味論的な考えを意味する同じ属性の中に2つの異なる値のために使用してはいけません。しかし、同じキーワードが属性ごとに異なるセマンティックなアイデアを表す2つの以上の属性全体で使用されるかもしれません。 6.1節は、プロトコルが新しいキーワード値を拡張することができる方法を説明します。属性名のキーワードの例:

"job-name" "attributes-charset"

「ジョブ名」「属性、文字セット」

Note: This document uses "type1", "type2", and "type3" prefixes to the "keyword" basic syntax to indicate different levels of review for extensions (see section 6.1).

注:このドキュメントでは、拡張のための審査の異なるレベルを示すために、「キーワード」の基本的な構文(セクション6.1を参照)に「TYPE1」、「TYPE2」、および「TYPE3」接頭辞を使用しています。

4.1.4 'enum'
4.1.4「列挙型」

The 'enum' attribute syntax is an enumerated integer value that is in the range from 1 to 2**31 - 1 (MAX). Each value has an associated 'keyword' name. In the definition for each attribute of this syntax type, the full set of possible values for that attribute are listed. This syntax type is used for attributes for which there are enum values assigned by other standards, such as SNMP MIBs. A number of attribute enum values in this document are also used for corresponding attributes in other standards [RFC1759]. This syntax type is not used for attributes to which the administrator may assign values. Section 6.1 describes how the protocol can be extended with new enum values.

1(MAX) - 「列挙」構文属性は1から2 ** 31の範囲である列挙された整数値です。各値は、関連する「キーワード」の名前を持っています。この構文型の各属性の定義では、その属性の可能な値の完全なセットが記載されています。この構文タイプは、SNMPのMIBなどの他の規格によって割り当てられた列挙値は、ある対象の属性に使用されます。この文書に記載されている属性の列挙値の数は、他の規格[RFC1759]の属性に対応するために使用されます。この構文の種類は、管理者が値を割り当てることがあるに属性に使用されていません。 6.1節は、プロトコルが新しい列挙値を拡張することができる方法を説明します。

Enum values are for use in the protocol. A user interface will provide a mapping between protocol enum values and displayable user-friendly words and phrases which are localized to the natural language of the user. While the enum symbols specified in this document MAY be displayed to users whose natural language is U.S. English, they MAY be mapped to other U.S. English words for U.S. English users, since the user interface is outside the scope of this document.

列挙型の値は、プロトコルで使用するためのものです。ユーザインタフェースは、ユーザの自然言語にローカライズされているプロトコルenum値と表示ユーザーフレンドリー語句との間のマッピングを提供します。この文書で指定されたenumシンボルは、その自然言語米国英語でユーザーに表示することができるが、ユーザインタフェースは、このドキュメントの範囲外であるため、彼らは、米国英語のユーザーのために、他の米国英語の単語にマッピングされてもよいです。

Note: SNMP MIBs use '2' for 'unknown' which corresponds to the IPP "out-of-band" value 'unknown'. See the description of the "out-of-band" values at the beginning of Section 4.1. Therefore, attributes of type 'enum' start at '3'.

注:SNMP MIBは「不明」IPP「アウトオブバンド」の値に対応する「不明」のために「2」を使用します。 4.1節の冒頭で、「アウトオブバンド」の値の説明を参照してください。そのため、「3」でタイプ「列挙型」スタートの属性。

Note: This document uses "type1", "type2", and "type3" prefixes to the "enum" basic syntax to indicate different levels of review for extensions (see section 6.1).

注:このドキュメントでは、拡張子(セクション6.1を参照)のレビューの異なるレベルを示すために、「列挙型」の基本的な構文に「TYPE1」、「TYPE2」、および「TYPE3」接頭辞を使用しています。

4.1.5 'uri'
4。1。5 ’うり’

The 'uri' attribute syntax is any valid Uniform Resource Identifier or URI [RFC2396]. Most often, URIs are simply Uniform Resource Locators or URLs. The maximum length of URIs used as values of IPP attributes is 1023 octets. Although most other IPP attribute syntax types allow for only lower-cased values, this attribute syntax type conforms to the case-sensitive and case-insensitive rules specified in [RFC2396]. See also [IPP-IIG] for a discussion of case in URIs.

「URI」属性構文は、任意の有効な統一資源識別子またはURI [RFC2396]です。ほとんどの場合、URIは単にユニフォームリソースロケータまたはURLです。 IPP属性の値として使用されるURIの最大長さが1023オクテットです。他のほとんどのIPP構文タイプのみ下部外装値を可能にする属性が、この属性の構文タイプは[RFC2396]で指定された大文字と小文字を区別し、大文字と小文字を区別しないルールに準拠します。 URIの中に例の議論のためにも、[IPP-IIG]を参照してください。

4.1.6 'uriScheme'
4.1.6 'uriScheme'

The 'uriScheme' attribute syntax is a sequence of characters representing a URI scheme according to RFC 2396 [RFC2396]. Though RFC 2396 requires that the values be case-insensitive, IPP requires all lower case values in IPP attributes to simplify comparing by IPP clients and Printer objects.

「uriScheme」属性構文は、RFC 2396 [RFC2396]に従ってURIスキームを表す文字列です。 RFC 2396は、値は大文字と小文字を区別しないことが必要ですが、IPPは、IPPですべて小文字の値を必要とするIPPクライアントとプリンタオブジェクトによって比較簡素化する属性。

Standard values for this syntax type are the following keywords:

この構文タイプのための標準値は次のキーワードです。

'ipp': for IPP schemed URIs (e.g., "ipp:...") 'http': for HTTP schemed URIs (e.g., "http:...") 'https': for use with HTTPS schemed URIs (e.g., "https:...") (not on IETF standards track) 'ftp': for FTP schemed URIs (e.g., "ftp:...") 'mailto': for SMTP schemed URIs (e.g., "mailto:...") 'file': for file schemed URIs (e.g., "file:...")

'IPP':IPPは、URIを画策するために(例えば、 "IPP:...") 'のhttp':HTTPのURIを画策するために(例えば、 "のhttp:...") 'HTTPS':HTTPSでの使用はURIを画策するために(たとえば、 、 "HTTPS:...")(IETF標準)は 'FTP' を追跡していない上:FTPは、(例えば、URIを画策するための "FTP:...") 'のmailto':SMTPは、URIを(画策するために例えば、「のmailto:。 ..:ファイル ") 'ファイル' ファイルのためには(例えば、URIを画策しました ":...")

A Printer object MAY support any URI 'scheme' that has been registered with IANA [IANA-MT]. The maximum length of URI 'scheme' values used to represent IPP attribute values is 63 octets.

Printerオブジェクトは、IANA [IANA-MT]に登録されている任意のURI「スキーム」をサポートするかもしれません。 IPP属性値を表すために使用されるURI「スキーム」の値の最大長は63オクテットです。

4.1.7 'charset'
4.1.7「文字セット」

The 'charset' attribute syntax is a standard identifier for a charset. A charset is a coded character set and encoding scheme. Charsets are used for labeling certain document contents and 'text' and 'name' attribute values. The syntax and semantics of this attribute syntax are specified in RFC 2046 [RFC2046] and contained in the IANA character-set Registry [IANA-CS] according to the IANA procedures [RFC2278]. Though RFC 2046 requires that the values be case-insensitive US-ASCII [ASCII], IPP requires all lower case values in IPP attributes to simplify comparing by IPP clients and Printer objects. When a character-set in the IANA registry has more than one name (alias), the name labeled as "(preferred MIME name)", if present, MUST be used.

「文字セット」属性構文は、文字セットの標準的な識別子です。文字セットは、符号化された文字セットと符号化方式です。文字セットは、特定の文書の内容と「テキスト」と「名前」属性値を標識するために使用されています。構文とこの属性の構文の意味はRFC 2046 [RFC2046]で指定され、IANA手順[RFC2278]によるとIANA文字セットレジストリ[IANA-CS]に含まれています。 RFC 2046は、値は大文字と小文字を区別しないUS-ASCII [ASCII]である必要がありますが、IPPは、IPPですべて小文字の値を必要とするIPPクライアントとプリンタオブジェクトによって比較簡素化する属性。文字セットIANAレジストリには、複数の名前(エイリアス)「(好ましいMIME名)」として標識された名前を持つ場合には、存在する場合、使用しなければなりません。

The maximum length of 'charset' values used to represent IPP attribute values is 63 octets.

IPPを表すために使用される「文字セット」の値の最大の長さは、属性値を63オクテットです。

Some examples are:

いくつかの例は以下のとおりです。

'utf-8': ISO 10646 Universal Multiple-Octet Coded Character Set (UCS) represented as the UTF-8 [RFC2279] transfer encoding scheme in which US-ASCII is a subset charset. 'us-ascii': 7-bit American Standard Code for Information Interchange (ASCII), ANSI X3.4-1986 [ASCII]. That standard

'UTF-8':ISO 10646ユニバーサルマルチオクテット符号化文字セット(UCS)は、US-ASCII文字セットのサブセットであるUTF-8 [RFC2279]の転送符号化方式として表します。 'US-ASCII':情報交換用7ビットの米国標準コード(ASCII)、ANSI X3.4-1986 [ASCII]。その標準

defines US-ASCII, but RFC 2045 [RFC2045] eliminates most of the control characters from conformant usage in MIME and IPP. 'iso-8859-1': 8-bit One-Byte Coded Character Set, Latin Alphabet Nr 1 [ISO8859-1]. That standard defines a coded character set that is used by Latin languages in the Western Hemisphere and Western Europe. US-ASCII is a subset charset.

US-ASCIIを定義していますが、RFC 2045 [RFC2045]は、MIMEやIPPにおける準拠の使用量から制御文字のほとんどを排除します。 'ISO-8859-1':8ビットワンバイトコード化文字セット、ラテンアルファベットNR 1 [ISO8859-1]。その規格は、西半球と西ヨーロッパではラテン語で使用されている符号化文字集合を定義します。 US-ASCIIは、サブセット文字セットです。

Some attribute descriptions MAY place additional requirements on charset values that may be used, such as REQUIRED values that MUST be supported or additional restrictions, such as requiring that the charset have US- ASCII as a subset charset.

いくつかの属性の説明は、このような、そのような文字セットがサブセット文字セットとしてUS- ASCIIを持っていることを要求するなどの制限をサポートしたり、追加しなければならない必須の値として、使用できる文字セット値に追加の要件を配置することがあります。

4.1.8 'naturalLanguage'
4.1.8「自然言語」

The 'naturalLanguage' attribute syntax is a standard identifier for a natural language and optionally a country. The values for this syntax type are defined by RFC 1766 [RFC1766]. Though RFC 1766 requires that the values be case-insensitive US-ASCII [ASCII], IPP requires all lower case to simplify comparing by IPP clients and Printer objects. Examples include:

「自然言語」属性構文は、自然言語と、必要に応じて国のための標準的な識別子です。この構文タイプの値は、RFC 1766 [RFC1766]で定義されます。 RFC 1766は、値は大文字と小文字を区別しないUS-ASCII [ASCII]である必要がありますが、IPPは、IPPクライアントとプリンタオブジェクトによって比較簡素化するために、すべての小文字が必要です。例としては、

'en': for English 'en-us': for US English 'fr': for French 'de': for German

(EN):英語のための 'EN-US':フランス 'デ':ドイツ語のための英語(米国) 'FR' の

The maximum length of 'naturalLanguage' values used to represent IPP attribute values is 63 octets.

IPPを表すために使用される「自然言語」の値は、属性値の最大長は63オクテットです。

4.1.9 'mimeMediaType'
4.1.9 'mimeMediaType'

The 'mimeMediaType' attribute syntax is the Internet Media Type (sometimes called MIME type) as defined by RFC 2046 [RFC2046] and registered according to the procedures of RFC 2048 [RFC2048] for identifying a document format. The value MAY include a charset, or other, parameter, depending on the specification of the Media Type in the IANA Registry [IANA-MT]. Although most other IPP syntax types allow for only lower-cased values, this syntax type allows for mixed-case values which are case-insensitive.

「mimeMediaType」属性構文は、文書フォーマットを識別するためのRFC 2048 [RFC2048]の手順に従って、RFC 2046 [RFC2046]で定義され、登録され(時にはMIMEタイプと呼ばれる)は、インターネットメディアタイプです。値は、IANAレジストリにメディアタイプ[IANA-MT]の仕様に応じて、文字セット、又は他のパラメータを含むかもしれません。他のほとんどのIPP構文タイプのみ下部外装値を可能にするが、この構文タイプは大文字と小文字が区別され混在ケース値を可能にします。

Examples are: 'text/html': An HTML document 'text/plain': A plain text document in US-ASCII (RFC 2046 indicates that in the absence of the charset parameter MUST mean US-ASCII rather than simply unspecified) [RFC2046]. 'text/plain; charset=US-ASCII': A plain text document in US-ASCII [52, 56].

例としては、 'text / htmlの':HTMLドキュメント 'text / plainの':US-ASCIIにプレーンテキスト文書(RFC 2046は、charsetパラメータが存在しない場合にはUS-ASCIIではなく、単純に指定されていないことを意味しなければならないことを示している)[RFC2046 ]。 「text / plainの。文字セット= US-ASCII ':US-ASCII [52、56]でプレーンテキストドキュメント。

'text/plain; charset=ISO-8859-1': A plain text document in ISO 8859-1 (Latin 1) [ISO8859-1]. 'text/plain; charset=utf-8': A plain text document in ISO 10646 represented as UTF-8 [RFC2279] 'application/postscript': A PostScript document [RFC2046] 'application/vnd.hp-PCL': A PCL document [IANA-MT] (charset escape sequence embedded in the document data) 'application/pdf': Portable Document Format - see IANA MIME Media Type registry 'application/octet-stream': Auto-sense - see section 4.1.9.1

「text / plainの。文字セット= ISO8859-1' :ISO 8859-1(ラテン1)[ISO8859-1]にプレーンテキストドキュメント。 「text / plainの。 charset = UTF-8' :ISO 10646にプレーンテキスト文書は、UTF-8 [RFC2279]として表さ ':PostScriptドキュメント[RFC2046] 'アプリケーション/ vnd.hp-PCL':PCL文書[IANA-アプリケーション/ポストスクリプトMT](文書データに埋め込まれた文字セットのエスケープシーケンス)「アプリケーション/ PDF」:ポータブルドキュメントフォーマット - IANA MIMEメディアタイプレジストリ「アプリケーション/オクテットストリーム」を参照してください。自動感知 - セクション4.1.9.1を参照してください

The maximum length of a 'mimeMediaType' value to represent IPP attribute values is 255 octets.

IPPを表す「mimeMediaType」の値が属性値の最大長は255オクテットです。

4.1.9.1 Application/octet-stream -- Auto-Sensing the document format
4.1.9.1アプリケーション/オクテットストリーム - オートセンシング・ドキュメント・フォーマット

One special type is 'application/octet-stream'. If the Printer object supports this value, the Printer object MUST be capable of auto-sensing the format of the document data using an implementation-dependent method that examines some number of octets of the document data, either as part of the create operation and/or at document processing time. During auto-sensing, a Printer may determine that the document-data has a format that the Printer doesn't recognize. If the Printer determines this problem before returning an operation response, it rejects the request and returns the 'client-error-document-format-not-supported' status code. If the Printer determines this problem after accepting the request and returning an operation response with one of the successful status codes, the Printer adds the 'unsupported-document-format' value to the job's "job-state-reasons" attribute.

一つの特殊なタイプ「とは、アプリケーション/オクテットストリーム」です。 Printerオブジェクトがこの値をサポートしている場合、プリンタオブジェクトは、文書データのオクテットのいくつかの数を調べ、実装に依存する方法、のいずれかで作成操作の一部としてを使用して文書データのフォーマットを自動認識することが可能でなければならず/またはドキュメント処理時。自動検出時には、プリンタは、文書データをプリンタが認識しない形式を持っていることを決定することができます。プリンタは、操作レスポンスを返す前に、この問題を決定した場合、その要求を拒否し、「クライアント・エラー・ドキュメント・フォーマット・サポートされていない」ステータスコードを返します。プリンタが要求を受け入れ、成功のステータスコードのいずれかで操作レスポンスを返した後、この問題を決定した場合、プリンタは、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に「サポートされていないドキュメントフォーマット」の値を追加します。

If the Printer object's default value attribute "document-format-default" is set to 'application/octet-stream', the Printer object not only supports auto-sensing of the document format, but will depend on the result of applying its auto-sensing when the client does not supply the "document-format" attribute. If the client supplies a document format value, the Printer MUST rely on the supplied attribute, rather than trust its auto-sensing algorithm. To summarize:

Printerオブジェクトのデフォルト値の属性「ドキュメント形式デフォルトは」「アプリケーション/ octet-streamと」に設定されている場合は、Printerオブジェクトは、文書フォーマットの自動検出をサポートしていますが、その自動を適用した結果に依存しないだけでクライアントは、「ドキュメント・フォーマット」属性を供給しないとき検出。クライアントは、文書フォーマット値を与えた場合は、プリンタ付属の属性に依存しているのではなく、その自動検知アルゴリズムを信頼する必要があります。要約する:

1. If the client does not supply a document format value, the Printer MUST rely on its default value setting (which may be 'application/octet-stream' indicating an auto-sensing mechanism). 2. If the client supplies a value other than 'application/octet-stream', the client is supplying valid information about the format of the document data and the Printer object MUST trust the client supplied value more than the outcome of applying an automatic format detection mechanism. For example, the client may be requesting the printing of a PostScript file as a 'text/plain' document. The Printer object MUST print a text representation of the PostScript commands rather than interpret the stream of PostScript commands and print the result. 3. If the client supplies a value of 'application/octet-stream', the client is indicating that the Printer object MUST use its auto-sensing mechanism on the client supplied document data whether auto-sensing is the Printer object's default or not.

1.クライアントは、文書フォーマット値を供給しない場合、プリンタは(自動検知機構を示すことができる「アプリケーション/オクテットストリーム」)デフォルト値の設定に依存しなければなりません。クライアントが「アプリケーション/オクテットストリーム」以外の値を供給する場合2.クライアントは、文書データのフォーマット、自動フォーマットを適用した結果より、クライアントされた値を信頼する必要があり、プリンタオブジェクトに関する有効な情報を供給しています検出メカニズム。例えば、クライアントが「text / plainの」文書としてPostScriptファイルの印刷を要求することができます。プリンタオブジェクトは、PostScriptのテキスト表現を印刷しなければならないのではなくPostScriptコマンドのストリームを解釈し、その結果を印刷するコマンド。 3.クライアントは、「アプリケーション/ octet-streamの」の値を与えた場合、クライアントは、プリンタオブジェクトが自動感知はPrinterオブジェクトのデフォルトであるかどうかをクライアント付属文書データへの自動検知メカニズムを使用しなければならないことを示しています。

Note: Since the auto-sensing algorithm is probabilistic, if the client requests both auto-sensing ("document-format" set to 'application/octet-stream') and true fidelity ("ipp-attribute-fidelity" set to 'true'), the Printer object might not be able to guarantee exactly what the end user intended (the auto-sensing algorithm might mistake one document format for another), but it is able to guarantee that its auto-sensing mechanism be used.

注意:自動検知アルゴリズムは確率的であるため、クライアントの要求オートセンシング(「application / octet-stream」に設定された「ドキュメント・フォーマット」)と「trueに設定し、真の忠実度(「IPP属性忠実度」の両方の場合「)、Printerオブジェクトは、エンドユーザーが(自動検知アルゴリズムが別のための1つの文書フォーマットを間違える可能性がある)ことを意図するものを正確に保証することはできないかもしれませんが、その自動検知機構が使用されることを保証することができます。

When a Printer performs auto-sensing of a document in a submitted job, it is RECOMMENDED that the Printer indicate to the user that such auto-sensing has occurred and which document-format was auto-sensed by printing that information on the job's job-start-sheet.

プリンタが投入されたジョブ内の文書の自動検出を実行するとき、プリンタは、このような自動検知が発生しているとどの文書フォーマットは、ジョブのjob-にその情報を印刷することにより、自動検知されたことをユーザに示すことが推奨されますシートがスタート。

4.1.10 'octetString'
4.1.10 'OCTETSTRING'

The 'octetString' attribute syntax is a sequence of octets encoded in a maximum of 1023 octets which is indicated in sub-section headers using the notation: octetString(MAX). This syntax type is used for opaque data.

OCTETSTRING(MAX):「OCTETSTRING」属性構文は表記を使用してサブセクションヘッダに示される1023オクテットの最大値で符号化されたオクテットのシーケンスです。この構文タイプは不透明なデータのために使用されています。

4.1.11 'boolean'
4.1.11「ブール」

The 'boolean' attribute syntax has only two values: 'true' and 'false'.

「ブール」属性構文は2つだけの値があります。「真」と「偽」。

4.1.12 'integer'
4.1.12「整数」

The 'integer' attribute syntax is an integer value that is in the range from -2**31 (MIN) to 2**31 - 1 (MAX). Each individual attribute may specify the range constraint explicitly in sub-section headers if the range is different from the full range of possible integer values. For example: job-priority (integer(1:100)) for the "job-priority" attribute. However, the enforcement of that additional constraint is up to the IPP objects, not the protocol.

1(MAX) - 「整数」構文属性は-2 ** 31(MIN)2 ** 31の範囲にある整数値です。範囲は、可能な整数値の全範囲が異なる場合、それぞれ個々の属性は、サブセクションヘッダに明示的範囲制約を指定することができます。たとえば、次のジョブ優先度(整数(1:100))「ジョブ優先度」属性の。しかし、その追加の制約の施行は、IPPオブジェクトではなく、プロトコル次第です。

4.1.13 'rangeOfInteger'
4.1.13 'rangeOfInteger'

The 'rangeOfInteger' attribute syntax is an ordered pair of integers that defines an inclusive range of integer values. The first integer specifies the lower bound and the second specifies the upper bound. If a range constraint is specified in the header description for an attribute in this document whose attribute syntax is 'rangeOfInteger' (i.e., 'X:Y' indicating X as a minimum value and Y as a maximum value), then the constraint applies to both integers.

「rangeOfInteger」属性構文は、整数値を含む範囲を定義する整数の順序対です。最初の整数は、下限を指定し、第二の上限を指定します。範囲の制約が属性構文この文書に記載されている属性のヘッダの説明で指定されている場合は「rangeOfInteger」(すなわち、「X:Y」の最大値と最小値とYとしてXを示す)であり、その後、制約の適用対象両方の整数。

4.1.14 'dateTime'
4.1.14 'dateTimeの'

The 'dateTime' attribute syntax is a standard, fixed length, 11 octet representation of the "DateAndTime" syntax as defined in RFC 2579 [RFC2579]. RFC 2579 also identifies an 8 octet representation of a "DateAndTime" value, but IPP objects MUST use the 11 octet representation. A user interface will provide a mapping between protocol dateTime values and displayable user-friendly words or presentation values and phrases which are localized to the natural language and date format of the user, including time zone.

RFC 2579 [RFC2579]で定義されるように「のdateTime」属性構文は、標準的な、固定長、「のDateAndTime」構文の11オクテットです。 RFC 2579は、「のDateAndTime」値の8オクテット表現を識別するが、IPPオブジェクトは11オクテット表現を使用しなければなりません。ユーザインタフェースは、タイムゾーンを含むユーザの自然言語、日付形式に局在しているプロトコル日時値と表示ユーザーフレンドリーな単語やプレゼンテーション値とフレーズとの間のマッピングを提供します。

4.1.15 'resolution'
4.1.15「解像度」

The 'resolution' attribute syntax specifies a two-dimensional resolution in the indicated units. It consists of 3 values: a cross feed direction resolution (positive integer value), a feed direction resolution (positive integer value), and a units value. The semantics of these three components are taken from the Printer MIB [RFC1759] suggested values. That is, the cross feed direction component resolution component is the same as the prtMarkerAddressabilityXFeedDir object in the Printer MIB, the feed direction component resolution component is the same as the prtMarkerAddressabilityFeedDir in the Printer MIB, and the units component is the same as the prtMarkerAddressabilityUnit object in the Printer MIB (namely, '3' indicates dots per inch and '4' indicates dots per centimeter). All three values MUST be present even if the first two values are the same. Example: '300', '600', '3' indicates a 300 dpi cross-feed direction resolution, a 600 dpi feed direction resolution, since a '3' indicates dots per inch (dpi).

「解像度」属性構文は、指定された単位で2次元の解像度を指定します。前後送り方向の解像度(正の整数値)、送り方向の解像度(正の整数値)、及び単位値:それは3つの値から成ります。これら3つの成分のセマンティクスは、値を示唆プリンタMIB [RFC1759]から取られます。すなわち、前後送り方向成分解像度成分がプリンタMIBにおけるprtMarkerAddressabilityXFeedDirオブジェクトと同じである、送り方向成分解像度成分がプリンタMIBにprtMarkerAddressabilityFeedDirと同じであり、単位成分がprtMarkerAddressabilityUnitオブジェクトと同じですプリンタ内のMIBは(すなわち、3「」インチ当たりのドット数を示し、「4」センチメートルあたりのドット数を表します)。すべての3つの値は、最初の2つの値が同じであっても存在しなければなりません。例:「300」、「600」、「3」インチ(DPI)あたりのドット数を表す「3」以降300dpiの横送り方向の解像度、600dpiの送り方向の解像度を示しています。

4.1.16 '1setOf X'
4.1.16 '1setOf X'

The '1setOf X' attribute syntax is 1 or more values of attribute syntax type X. This syntax type is used for multi-valued attributes. The syntax type is called '1setOf' rather than just 'setOf' as a reminder that the set of values MUST NOT be empty (i.e., a set of size 0). Sets are normally unordered. However each attribute description of this type may specify that the values MUST be in a certain order for that attribute.

「1setOf X」属性構文は、この構文タイプが複数値属性に使用される属性構文タイプXの1つの以上の値です。構文タイプは「1setOf」だけではなく、呼び出される「SETOF」値のセットが空てはならないことを思い出させる(サイズ0の、すなわち、セット)として。セットは、通常、順不同です。しかしながら、このタイプの各属性については、値がその属性の特定の順序でなければならないことを指定してもよいです。

4.2 Job Template Attributes
4.2ジョブテンプレート属性

Job Template attributes describe job processing behavior. Support for Job Template attributes by a Printer object is OPTIONAL (see section 12.2.3 for a description of support for OPTIONAL attributes). Also, clients OPTIONALLY supply Job Template attributes in create requests.

ジョブテンプレート属性は、ジョブの処理動作を説明します。ジョブテンプレートのサポートは、プリンタオブジェクトによって属性(オプション属性のサポートの詳細については、セクション12.2.3を参照)はオプションです。また、クライアントは、オプションで要求を作成属性ジョブテンプレートを提供します。

Job Template attributes conform to the following rules. For each Job Template attribute called "xxx":

ジョブテンプレート属性は次の規則に準拠しています。 「XXX」と呼ばれる各ジョブテンプレート属性の場合:

1. If the Printer object supports "xxx" then it MUST support both a "xxx-default" attribute (unless there is a "No" in the table below) and a "xxx-supported" attribute. If the Printer object doesn't support "xxx", then it MUST support neither an "xxx-default" attribute nor an "xxx-supported" attribute, and it MUST treat an attribute "xxx" supplied by a client as unsupported. An attribute "xxx" may be supported for some document formats and not supported for other document formats. For example, it is expected that a Printer object would only support "orientation-requested" for some document formats (such as 'text/plain' or 'text/html') but not others (such as 'application/postscript').

1.プリンタのオブジェクトは、それは「XXX-デフォルト」属性の両方をサポートしなければならない「XXX」をサポートしている場合(存在しない限り、「いいえ」を下記の表の)と「XXX-サポート」属性。プリンタオブジェクトが「XXX」をサポートしていない場合、それは「XXX-デフォルト」属性も「XXX-サポート」属性どちらをサポートしなければならない、それがサポートされていないとして、クライアントから供給される属性「XXX」を扱わなければなりません。属性には、いくつかの文書フォーマットのためにサポートされており、他の文書フォーマットのためにサポートされていないことがあり、「XXX」。例えば、それはプリンタのオブジェクトのみをサポートすることが期待される「配向要求された」(このような「アプリケーション/追伸」など)ではなく、他(たとえば「text / plainの」または「text / htmlの」のような)いくつかのドキュメント形式のために。

2. "xxx" is OPTIONALLY supplied by the client in a create request. If "xxx" is supplied, the client is indicating a desired job processing behavior for this Job. When "xxx" is not supplied, the client is indicating that the Printer object apply its default job processing behavior at job processing time if the document content does not contain an embedded instruction indicating an xxx-related behavior.

2.「XXXは、」必要に応じて作成する要求でクライアントによって供給されています。 「XXX」が供給されている場合、クライアントはこの仕事のために必要なジョブ処理動作を示すされます。 「XXX」が供給されていない場合、クライアントは、文書の内容がXXX-関連行動を示す埋め込まれた命令が含まれていない場合は、プリンタオブジェクトがジョブ処理時にデフォルトのジョブ処理動作を適用することを示しています。

Since an administrator MAY change the default value attribute after a Job object has been submitted but before it has been processed, the default value used by the Printer object at job processing time may be different that the default value in effect at job submission time.

管理者は、提出されたジョブオブジェクト後のデフォルト値の属性を変更する場合がありますが、それが処理される前に、ジョブ処理時にプリンタオブジェクトによって使用されるデフォルト値は異なる場合がありますので、そのジョブ提出時点で有効なデフォルト値。

3. The "xxx-supported" attribute is a Printer object attribute that describes which job processing behaviors are supported by that Printer object. A client can query the Printer object to find out what xxx-related behaviors are supported by inspecting the returned values of the "xxx-supported" attribute.

3.「XXX-サポート」属性は、ジョブ処理の行動は、そのプリンタオブジェクトによってサポートされている説明プリンタオブジェクト属性があります。クライアントは、XXX-関連行動は「XXX-サポート」属性の戻り値を調べることによってサポートされているものを見つけるためにプリンタオブジェクトを照会することができます。

Note: The "xxx" in each "xxx-supported" attribute name is singular, even though an "xxx-supported" attribute usually has more than one value, such as "job-sheet-supported", unless the "xxx" Job Template attribute is plural, such as "finishings" or "sides". In such cases the "xxx-supported" attribute names are: "finishings- supported" and "sides-supported".

注:各「XXX-サポート」「XXX-サポート」属性は、通常は「XXX」仕事をしない限り、そのような「ジョブ・シート・サポート」など、複数の値を持っているにもかかわらず、名前が特異である属性で「XXX」テンプレート属性は、このような「仕上げ」または「側面」として、複数のです。そのような場合には、「XXX-サポート」属性名は次のとおりです。「サポートfinishings-」と「側面はサポート」。

4. The "xxx-default" default value attribute describes what will be done at job processing time when no other job processing information is supplied by the client (either explicitly as an IPP attribute in the create request or implicitly as an embedded instruction within the document data).

4.「XXX-デフォルト」のデフォルト値の属性が明示的に要求を作成したり、暗黙的に内の埋め込み命令などでのIPP属性として(他のジョブ処理情報がクライアントによって供給されないジョブ処理時に行われますについて説明し文書データ)。

If an application wishes to present an end user with a list of supported values from which to choose, the application SHOULD query the Printer object for its supported value attributes. The application SHOULD also query the default value attributes. If the application then limits selectable values to only those value that are supported, the application can guarantee that the values supplied by the client in the create request all fall within the set of supported values at the Printer. When querying the Printer, the client MAY enumerate each attribute by name in the Get-Printer-Attributes Request, or the client MAY just name the "job-template" group in order to get the complete set of supported attributes (both supported and default attributes).

アプリケーションが選択するからサポートされている値のリストをエンドユーザに提示することを希望する場合は、アプリケーションがそのサポート値属性のプリンタオブジェクトを照会する必要があります。また、アプリケーションは、デフォルト値の属性を照会する必要があります。その後、アプリケーションがサポートされているもののみの値に選択可能な値を制限した場合、アプリケーションは、値が作成要求でクライアントがプリンタでサポートされる値のセット内のすべての秋を供給することを保証することができます。プリンターを照会すると、クライアントは、Get-プリンタ-属性Requestに名前で各属性を列挙したり、クライアントは単にサポートされる属性(両方がサポートされており、デフォルトの完全なセットを取得するために、「ジョブテンプレート」グループに名前を付けてもよい(MAY)属性)。

The "finishings" attribute is an example of a Job Template attribute. It can take on a set of values such as 'staple', 'punch', and/or 'cover'. A client can query the Printer object for the "finishings-supported" attribute and the "finishings-default" attribute. The supported attribute contains a set of supported values. The default value attribute contains the finishing value(s) that will be used for a new Job if the client does not supply a "finishings" attribute in the create request and the document data does not contain any corresponding finishing instructions. If the client does supply the "finishings" attribute in the create request, the IPP object validates the value or values to make sure that they are a subset of the supported values identified in the Printer object's "finishings-supported" attribute. See section 3.1.7.

「仕上げ」属性は、Job Template属性の一例です。そのような「ステイプル」、「パンチ」、及び/又は「カバー」などの一連の値をとることができます。クライアントは、「仕上げ・サポート」属性と「仕上げ・デフォルト」属性のプリンタオブジェクトを照会することができます。サポートされる属性は、サポートされている値のセットが含まれています。デフォルト値属性は、クライアントが作成リクエストで「仕上げ」属性を供給しないと、文書データは、任意の対応するフィニッシング指示が含まれていない場合は、新しい仕事のために使用される仕上げ値(複数可)が含まれています。クライアントが要求を作成中「仕上げ」属性を供給しない場合、IPPオブジェクトは、彼らがPrinterオブジェクトの「仕上げでサポートされている」属性で識別サポートされる値のサブセットであることを確認する値または値を検証します。セクション3.1.7を参照してください。

The table below summarizes the names and relationships for all Job Template attributes. The first column of the table (labeled "Job Attribute") shows the name and syntax for each Job Template attribute in the Job object. These are the attributes that can optionally be supplied by the client in a create request. The last two columns (labeled "Printer: Default Value Attribute" and "Printer: Supported Values Attribute") show the name and syntax for each Job Template attribute in the Printer object (the default value attribute and the supported values attribute). A "No" in the table means the Printer MUST NOT support the attribute (that is, the attribute is simply not applicable). For brevity in the table, the 'text' and 'name' entries do not show the maximum length for each attribute.

下の表は、すべてのジョブテンプレート属性の名前との関係をまとめたものです。表の最初の列(ラベル「ジョブ属性」)は、ジョブオブジェクト内の各ジョブテンプレート属性の名前と構文を示します。これらは、必要に応じて作成リクエストでクライアントによって供給することができる属性です。最後の2つの列(ラベル「プリンタ:デフォルト値属性」と「プリンタ:サポートされている値が属性」)プリンタオブジェクト(デフォルト値の属性とサポートされる値は、属性)の各ジョブテンプレート属性の名前と構文を示しています。 「いいえ」の表で(つまり、属性が単純に適用されていません)プリンターが属性をサポートしてはならないことを意味します。テーブルで簡潔にするため、「テキスト」と「名」のエントリは、各属性の最大長は表示されません。

     +===================+======================+======================+
     | Job Attribute     |Printer: Default Value|  Printer: Supported  |
     |                   |   Attribute          |   Values Attribute   |
     +===================+======================+======================+
     | job-priority      | job-priority-default |job-priority-supported|
     | (integer 1:100)   | (integer 1:100)      |(integer 1:100)       |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | job-hold-until    | job-hold-until-      |job-hold-until-       |
     | (type3 keyword |  |  default             | supported            |
     |    name)          |  (type3 keyword |    |(1setOf (             |
     |                   |    name)             |type3 keyword | name))|
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | job-sheets        | job-sheets-default   |job-sheets-supported  |
     | (type3 keyword |  | (type3 keyword |     |(1setOf (             |
     |    name)          |    name)             |type3 keyword | name))|
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     |multiple-document- |multiple-document-    |multiple-document-    |
     | handling          | handling-default     |handling-supported    |
     | (type2 keyword)   | (type2 keyword)      |(1setOf type2 keyword)|
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | copies            | copies-default       | copies-supported     |
     | (integer (1:MAX)) | (integer (1:MAX))    | (rangeOfInteger      |
     |                   |                      |       (1:MAX))       |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | finishings        | finishings-default   | finishings-supported |
     |(1setOf type2 enum)|(1setOf type2 enum)   |(1setOf type2 enum)   |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | page-ranges       | No                   | page-ranges-         |
     | (1setOf           |                      | supported (boolean)  |
     |   rangeOfInteger  |                      |                      |
     |        (1:MAX))   |                      |                      |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | sides             | sides-default        | sides-supported      |
     | (type2 keyword)   | (type2 keyword)      |(1setOf type2 keyword)|
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | number-up         | number-up-default    | number-up-supported  |
     | (integer (1:MAX)) | (integer (1:MAX))    |(1setOf (integer      |
     |                   |                      | (1:MAX) |            |
     |                   |                      |  rangeOfInteger      |
     |                   |                      |   (1:MAX)))          |
        
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | orientation-      |orientation-requested-|orientation-requested-|
     |  requested        |  default             |  supported           |
     |   (type2 enum)    |  (type2 enum)        |  (1setOf type2 enum) |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | media             | media-default        | media-supported      |
     | (type3 keyword |  | (type3 keyword |     |(1setOf (             |
     |    name)          |    name)             |type3 keyword | name))|
     |                   |                      |                      |
     |                   |                      | media-ready          |
     |                   |                      |(1setOf (             |
     |                   |                      |type3 keyword | name))|
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | printer-resolution| printer-resolution-  | printer-resolution-  |
     | (resolution)      |  default             | supported            |
     |                   | (resolution)         |(1setOf resolution)   |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
     | print-quality     | print-quality-default| print-quality-       |
     | (type2 enum)      | (type2 enum)         | supported            |
     |                   |                      |(1setOf type2 enum)   |
     +-------------------+----------------------+----------------------+
        
4.2.1 job-priority (integer(1:100))
4.2.1ジョブ優先度(整数(1:100))

This attribute specifies a priority for scheduling the Job. A higher value specifies a higher priority. The value 1 indicates the lowest possible priority. The value 100 indicates the highest possible priority. Among those jobs that are ready to print, a Printer MUST print all jobs with a priority value of n before printing those with a priority value of n-1 for all n.

この属性は、ジョブをスケジュールする際の優先順位を指定します。高い値は、高い優先度を指定します。値1は、可能な限り低い優先度を示します。値100は、可能な限り最高の優先順位を示します。印刷する準備ができているこれらのジョブの中で、プリンタは、すべてのnについてのn-1のプライオリティ値を持つものを印刷する前に、n個の優先順位値を持つすべてのジョブを印刷する必要があります。

If the Printer object supports this attribute, it MUST always support the full range from 1 to 100. No administrative restrictions are permitted. This way an end-user can always make full use of the entire range with any Printer object. If privileged jobs are implemented outside IPP/1.1, they MUST have priorities higher than 100, rather than restricting the range available to end-users.

Printerオブジェクトがこの属性をサポートしている場合、それは常にませ行政の制限が許可されていない1から100までの完全な範囲をサポートしなければなりません。この方法では、エンドユーザーは、常にすべてのプリンタオブジェクトとの全範囲をフルに活用することができます。特権ジョブがIPP / 1.1の外に実装されている場合、彼らはむしろエンドユーザーに利用可能な範囲を制限するよりも、100よりも高い優先順位を持っていなければなりません。

If the client does not supply this attribute and this attribute is supported by the Printer object, the Printer object MUST use the value of the Printer object's "job-priority-default" at job submission time (unlike most Job Template attributes that are used if necessary at job processing time).

クライアントがこの属性を供給しないと、この属性は、プリンタオブジェクトでサポートされている場合は、Printerオブジェクトは、ジョブ投入時(でPrinterオブジェクトの「仕事の優先順位デフォルト」の値を使用する必要がある場合に使用されるほとんどのジョブテンプレート属性とは異なり、 )ジョブ処理時に必要。

The syntax for the "job-priority-supported" is also integer(1:100). This single integer value indicates the number of priority levels supported. The Printer object MUST take the value supplied by the client and map it to the closest integer in a sequence of n integers values that are evenly distributed over the range from 1 to 100 using the formula:

「ジョブ優先サポート」の構文はまた、整数(1:100)です。この単一の整数値は、サポートされている優先レベルの数を示します。プリンタオブジェクトは、クライアントによって供給された値を取り、均一に式を使用して1から100までの範囲に亘って分布されたn個の整数値の配列内の最も近い整数にマッピングしなければなりません。

roundToNearestInt((100x+50)/n)

最も近い整数にラウンド((100 X + 50)/ N)

where n is the value of "job-priority-supported" and x ranges from 0 through n-1.

nが「ジョブ優先サポート」の値、xは0からN-1までの範囲です。

For example, if n=1 the sequence of values is 50; if n=2, the sequence of values is: 25 and 75; if n = 3, the sequence of values is: 17, 50 and 83; if n = 10, the sequence of values is: 5, 15, 25, 35, 45, 55, 65, 75, 85, and 95; if n = 100, the sequence of values is: 1, 2, 3, ... 100.

例えば、n = 1の値の配列は50です。 N = 2は、値のシーケンスがある場合:25および75; N = 3、値のシーケンスがある場合:17、50及び83; N = 10は、値のシーケンスである場合:5、15、25、35、45、55、65、75、85、及び95; N = 100と、値の配列である:1、2、3、... 100。

If the value of the Printer object's "job-priority-supported" is 10 and the client supplies values in the range 1 to 10, the Printer object maps them to 5, in the range 11 to 20, the Printer object maps them to 15, etc.

Printerオブジェクトの「仕事の優先順位がサポート」の値が10であり、クライアントが10の範囲1の値を供給し、プリンタオブジェクトが11〜20の範囲で、5にマッピング、プリンタオブジェクトが15にそれらをマッピングした場合など

4.2.2 job-hold-until (type3 keyword | name (MAX))
4.2.2ジョブホールドまで(TYPE3キーワード|名(MAX))

This attribute specifies the named time period during which the Job MUST become a candidate for printing.

この属性は、ジョブが印刷の候補となる必要がある時に名前の期間を指定します。

Standard keyword values for named time periods are:

名前の期間のための標準のキーワード値は次のとおりです。

'no-hold': immediately, if there are not other reasons to hold the job 'indefinite': - the job is held indefinitely, until a client performs a Release-Job (section 3.3.6) 'day-time': during the day 'evening': evening 'night': night 'weekend': weekend 'second-shift': second-shift (after close of business) 'third-shift': third-shift (after midnight)

「はホールドしない」:すぐにジョブを保持するために他の理由が存在しない場合は「無期限」: - クライアントがリリース - ジョブを実行するまでジョブは、無期限に保持されている(セクション3.3.6)「日・時間」:中日の夜 ':夜「夜:夜週末':週末の「第二シフト」:「3速」(営業終了後)は、第2のシフト:(真夜中の後)3速

An administrator MUST associate allowable print times with a named time period (by means outside the scope of this IPP/1.1 document). An administrator is encouraged to pick names that suggest the type of time period. An administrator MAY define additional values using the 'name' or 'keyword' attribute syntax, depending on implementation.

管理者は、(このIPP / 1.1文書の範囲外の手段によって)という名前の期間で許容印刷時間を関連付ける必要があります。管理者は、期間のタイプを示唆して名前を選択することが奨励されます。管理者は、「名前」や「キーワード」実装に依存し、属性構文をを使用して追加の値を定義することができます。

If the value of this attribute specifies a time period that is in the future, the Printer SHOULD add the 'job-hold-until-specified' value to the job's "job-state-reasons" attribute, MUST move the job to the

この属性の値は、将来のある期間を指定している場合、プリンタは、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に「ジョブホールドまで、指定した」値を追加すべきであるにジョブを移動する必要があります

'pending-held' state, and MUST NOT schedule the job for printing until the specified time-period arrives.

状態は「開催された出願中の」、および特定の時間周期が到着するまで、印刷ジョブをスケジュールしてはなりません。

When the specified time period arrives, the Printer MUST remove the 'job-hold-until-specified' value from the job's "job-state-reason" attribute, if present. If there are no other job state reasons that keep the job in the 'pending-held' state, the Printer MUST consider the job as a candidate for processing by moving the job to the 'pending' state.

指定された期間が到来すると存在する場合、プリンタは、ジョブの「ジョブ状態理由」属性から「ジョブホールドまで、指定した」値を削除する必要があります。 「保留開催された」状態で仕事を続ける他のジョブ状態理由がない場合、プリンタは「保留」状態にジョブを移動することで、処理のための候補者としての仕事を考慮する必要があります。

If this job attribute value is the named value 'no-hold', or the specified time period has already started, the job MUST be a candidate for processing immediately.

このジョブは、値が既に開始されているという名前の値が「ノーホールド」、または指定された期間である属性の場合、ジョブはすぐに処理するための候補でなければなりません。

If the client does not supply this attribute and this attribute is supported by the Printer object, the Printer object MUST use the value of the Printer object's "job-hold-until-default" at job submission time (unlike most Job Template attributes that are used if necessary at job processing time).

クライアントがこの属性を供給しないと、この属性は、プリンタオブジェクトでサポートされている場合は、Printerオブジェクトは、(ジョブ投入時にPrinterオブジェクトの「仕事ホールドまで - デフォルト」の値を使用する必要がありますされているほとんどのジョブテンプレート属性とは異なり、 )ジョブ処理時に必要な場合に使用されます。

4.2.3 job-sheets (type3 keyword | name(MAX))
4.2.3ジョブのシート(TYPE3キーワード|名(MAX))

This attribute determines which job start/end sheet(s), if any, MUST be printed with a job.

この属性は、ジョブ開始/終了シート(S)が、もしあれば、ジョブに印刷しなければならないかを決定します。

Standard keyword values are:

標準のキーワード値は以下のとおりです。

'none': no job sheet is printed 'standard': one or more site specific standard job sheets are printed, e.g. a single start sheet or both start and end sheet is printed

「なし」:ジョブ・シートが印刷されていない「標準」:一つ以上の部位特異的標準ジョブシートが印刷され、例えば単一の開始シートまたは開始および終了の両方のシートが印刷されます

An administrator MAY define additional values using the 'name' or 'keyword' attribute syntax, depending on implementation.

管理者は、「名前」や「キーワード」実装に依存し、属性構文をを使用して追加の値を定義することができます。

The effect of this attribute on jobs with multiple documents MAY be affected by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4), depending on the job sheet semantics.

複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、ジョブのシートのセマンティクスに応じて、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって影響を受ける可能性があります。

4.2.4 multiple-document-handling (type2 keyword)
4.2.4マルチドキュメントハンドリング(TYPE2キーワード)

This attribute is relevant only if a job consists of two or more documents. This attribute MUST be supported with at least one value if the Printer supports multiple documents per job (see sections 3.2.4 and 3.3.1). The attribute controls finishing operations and the placement of one or more print-stream pages into impressions and onto media sheets. When the value of the "copies" attribute exceeds 1, it also controls the order in which the copies that result from processing the documents are produced. For the purposes of this explanations, if "a" represents an instance of document data, then the result of processing the data in document "a" is a sequence of media sheets represented by "a(*)".

この属性は、ジョブが二つ以上の文書で構成されている場合にのみ関連します。プリンタは、ジョブごとに複数のドキュメントをサポートしている場合、この属性は、(セクション3.2.4と3.3.1を参照)少なくとも1つの値をサポートしなければなりません。属性は、仕上げ作業と感想へと用紙上で一つ以上の印刷ストリームページの配置を制御します。 「コピー」属性の値が1を超える場合、それはまた、文書を処理から生じるコピーが生成される順序を制御します。この説明の目的のために、「」文書データ「」「(*)」で表される媒体シートの順序で文書内のデータを処理し、結果のインスタンスを表す場合。

Standard keyword values are:

標準のキーワード値は以下のとおりです。

'single-document': If a Job object has multiple documents, say, the document data is called a and b, then the result of processing all the document data (a and then b) MUST be treated as a single sequence of media sheets for finishing operations; that is, finishing would be performed on the concatenation of the sequences a(*),b(*). The Printer object MUST NOT force the data in each document instance to be formatted onto a new print-stream page, nor to start a new impression on a new media sheet. If more than one copy is made, the ordering of the sets of media sheets resulting from processing the document data MUST be a(*), b(*), a(*), b(*), start on a new media sheet. 'separate-documents-uncollated-copies': If a Job object has multiple documents, say, the document data is called a and b, then the result of processing the data in each document instance MUST be treated as a single sequence of media sheets for finishing operations; that is, the sets a(*) and b(*) would each be finished separately. The Printer object MUST force each copy of the result of processing the data in a single document to start on a new media sheet. If more than one copy is made, the ordering of the sets of media sheets resulting from processing the document data MUST be a(*), a(*), ..., b(*), b(*) ... . 'separate-documents-collated-copies': If a Job object has multiple documents, say, the document data is called a and b, then the result of processing the data in each document instance MUST be treated as a single sequence of media sheets for finishing operations; that is, the sets a(*) and b(*) would each be finished separately. The Printer object MUST force each copy of the result of processing the data in a single document to start on a new media sheet. If more than one copy is made, the ordering of the sets of media sheets resulting from processing the document data MUST be a(*), b(*), a(*), b(*), ... . 'single-document-new-sheet': Same as 'single-document', except that the Printer object MUST ensure that the first impression of each document instance in the job is placed on a new media sheet. This value allows multiple documents to be stapled together with a single staple where each document starts on a new sheet.

「一文書は」:ジョブオブジェクトは、文書データがAとBと呼ばれ、たとえば、複数のドキュメントを持っている場合は、すべての文書データを処理した結果(その後、a、bは)メディアシートの単一のシーケンスとして扱わなければなりません仕上げ作業のため、つまり、仕上げ配列(*)、B(*)の連結に実行されます。 Printerオブジェクトは、新しい印刷ストリームページにフォーマットする各ドキュメントインスタンスのデータを強制てはならない、また新しいメディアシートに新しい印象を開始します。複数のコピーが行われた場合、文書データを処理後の用紙セットの順序は、(*)、B(*)、(*)、B(*)でなければならない、新しい用紙に印刷さ。 「別-ドキュメント-非照合-コピー」:ジョブオブジェクトは、各ドキュメントインスタンスのデータを処理した結果は、媒体シートの単一のシーケンスとして扱う必要があり、文書データがAおよびBと呼ばれ、たとえば、複数の文書を有する場合仕上げ作業のため、つまり、セット(*)とb(*)は、それぞれ別々に終了されることになります。 Printerオブジェクトは、新しい用紙に印刷するために、単一のドキュメント内のデータを処理した結果の各コピーを強制する必要があります。複数のコピーが行われた場合、文書データを処理後の用紙セットの順序は、(*)、(*)、...、B(*)、B(*)でなければなりません... 。 「別-ドキュメント・照合・コピー」:ジョブオブジェクトは、各ドキュメントインスタンスのデータを処理した結果は、媒体シートの単一のシーケンスとして扱う必要があり、文書データがAおよびBと呼ばれ、たとえば、複数の文書を有する場合仕上げ作業のため、つまり、セット(*)とb(*)は、それぞれ別々に終了されることになります。 Printerオブジェクトは、新しい用紙に印刷するために、単一のドキュメント内のデータを処理した結果の各コピーを強制する必要があります。複数のコピーが行われた場合、文書データを処理後の用紙セットの順序は、(*)、B(*)、(*)、B(*)でなければなりません...。 「シングルドキュメント新しいシート」:「シングルドキュメント」と同じ、Printerオブジェクトは、ジョブ内の各ドキュメントインスタンスの最初の印象は、新しいメディアシートの上に置かれていることを確認しなければならない点が異なります。この値は、複数の文書を各文書は、新しいシートに始まり、単一の主食と一緒にホチキス止めすることができます。

The 'single-document' value is the same as 'separate-documents-collated-copies' with respect to ordering of print-stream pages, but not media sheet generation, since 'single-document' will put the first page of the next document on the back side of a sheet if an odd number of pages have been produced so far for the job, while 'separate-documents-collated- copies' always forces the next document or document copy on to a new sheet. In addition, if the "finishings" attribute specifies 'staple', then with 'single-document', documents a and b are stapled together as a single document with no regard to new sheets, with 'single-document-new-sheet', documents a and b are stapled together as a single document, but document b starts on a new sheet, but with 'separate-documents-uncollated-copies' and 'separate-documents-collated-copies', documents a and b are stapled separately.

「一文書は」次の最初のページを配置しますので、「シングルドキュメント」の値は、媒体シートの作成、印刷ストリームページの順序に関して、「別々の-文書-照合-コピー」と同じではなく、 「セパレート文書-collat​​ed-コピー」しながら、ページ数が奇数、仕事のためにこれまでに生産されている場合は、シートの背面側の文書では、常に新しいシートの上で次のドキュメントまたはドキュメントのコピーを強制します。 「仕上げ」属性は「ステープル」を定義している場合は、その後、「シングルドキュメント」で、文書aとbが「シングルドキュメント新しいシート」で、新しいシートに関わらず、単一のドキュメントとして一緒にホチキス止めされています、文書のa、bは、単一の文書として一緒にホチキス止めされているが、文書Bは、新しいシートに開始しますが、「別の-文書-非照合・コピー」と「セパレート文書-照合-コピー」で、文書A、Bが綴じられます別々に。

Note: None of these values provide means to produce uncollated sheets within a document, i.e., where multiple copies of sheet n are produced before sheet n+1 of the same document.

注:これらの値のいずれもシートnの複数のコピーが同じ文書の用紙N + 1の前に製造されている文書、即ち、内非照合シートを製造するための手段を提供しません。

The relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

この属性及び文書処理を制御する他の属性の関係は、セクション15.3に記載されています。

4.2.5 copies (integer(1:MAX))
4.2.5コピー(整数(1:MAX))

This attribute specifies the number of copies to be printed.

この属性は、印刷する部数を指定します。

On many devices the supported number of collated copies will be limited by the number of physical output bins on the device, and may be different from the number of uncollated copies which can be supported.

多くのデバイスでの照合コピーのサポートされている数は、デバイス上の物理的な出力ビンの数によって制限され、サポートすることができる非照合コピーの数と異なっていてもよいです。

Note: The effect of this attribute on jobs with multiple documents is controlled by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4) and the relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

注意:複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって制御されており、この属性の関係及び文書処理を制御する他の属性は、セクション15.3で説明されています。

4.2.6 finishings (1setOf type2 enum)
4.2.6仕上げ(1setOfのTYPE2列挙型)

This attribute identifies the finishing operations that the Printer uses for each copy of each printed document in the Job. For Jobs with multiple documents, the "multiple-document-handling" attribute determines what constitutes a "copy" for purposes of finishing.

この属性は、プリンタがジョブの印刷ドキュメントのコピーごとに使用する仕上げ作業を識別します。複数のドキュメントを持つジョブについては、「マルチドキュメント・ハンドリング」属性は、仕上げの目的で、「コピー」を構成するものを決定します。

Standard enum values are:

標準列挙値は次のとおりです。

Value Symbolic Name and Description

値シンボル名と説明

'3' 'none': Perform no finishing '4' 'staple': Bind the document(s) with one or more staples. The exact number and placement of the staples is site-defined. '5' 'punch': This value indicates that holes are required in the finished document. The exact number and placement of the holes is site-defined The punch specification MAY be satisfied (in a site- and implementation-specific manner) either by drilling/punching, or by substituting pre-drilled media. '6' 'cover': This value is specified when it is desired to select a non-printed (or pre-printed) cover for the document. This does not supplant the specification of a printed cover (on cover stock medium) by the document itself. '7' 'bind': This value indicates that a binding is to be applied to the document; the type and placement of the binding is site-defined. '8' 'saddle-stitch': Bind the document(s) with one or more staples (wire stitches) along the middle fold. The exact number and placement of the staples and the middle fold is implementation and/or site-defined. '9' 'edge-stitch': Bind the document(s) with one or more staples (wire stitches) along one edge. The exact number and placement of the staples is implementation and/or site-defined. '10'-'19' reserved for future generic finishing enum values.

「3」「なし」:なし仕上げを行わない4「」「ステープル」:1つ以上のステープルを使用して、ドキュメントをバインド。ステープルの正確な数と位置はサイト定義です。 5「」「パンチ」:この値は、穴が完成した文書で必要とされていることを示しています。穴の正確な数及び配置は、サイト定義(部位特異的および実装固有の方法で)満たすことができるパンチ仕様をドリル/パンチングによって、又は予め穿孔媒体で置換することによってのいずれかです。 「6」「カバー」:非印刷(又は予め印刷)を選択することが所望される場合、この値は指定された文書のためのカバー。これは、文書自体により(カバーストック媒体上の)印刷されたカバーの仕様に取って代わるありません。 「7」「バインド」:この値は、結合がドキュメントに適用されることを示しています。結合の種類と配置は、サイト定義です。 8「」「中綴じ」:中央折り目に沿って1つ以上のステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。ステープルおよび中央の折り目の正確な数と位置は、実装および/またはサイト定義です。 「9」「エッジステッチ」:一方の縁に沿って1つ以上のステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。ステープルの正確な数と位置は、実装および/またはサイト定義です。 「10」 - 「19」を将来の一般的な仕上げ列挙値のために予約します。

The following values are more specific; they indicate a corner or an edge as if the document were a portrait document (see below):

次の値は、より具体的です。ドキュメントが縦長ドキュメントであるかのように、彼らは(下記参照)のコーナーやエッジを示します。

'20' 'staple-top-left': Bind the document(s) with one or more staples in the top left corner. '21' 'staple-bottom-left': Bind the document(s) with one or more staples in the bottom left corner. '22' 'staple-top-right': Bind the document(s) with one or more staples in the top right corner. '23' 'staple-bottom-right': Bind the document(s) with one or more staples in the bottom right corner. '24' 'edge-stitch-left': Bind the document(s) with one or more staples (wire stitches) along the left edge. The exact number and placement of the staples is implementation and/or site-defined.

「20」「ステープル左上」:左上隅に1つ以上のステープルを使用して、ドキュメントをバインド。 「21」「ステープル左下」:左下隅に1つ以上のステープルを使用して、ドキュメントをバインド。 22「」「ステープル右上」:右上隅にある1つ以上のステープルでドキュメントを製本。 23「」「ステープル右下」:右下の隅に1つ以上のステープルでドキュメントを製本。 '24「のエッジステッチ左」:左縁に沿って1つ以上のステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。ステープルの正確な数と位置は、実装および/またはサイト定義です。

'25' 'edge-stitch-top': Bind the document(s) with one or more staples (wire stitches) along the top edge. The exact number and placement of the staples is implementation and/or site-defined. '26' 'edge-stitch-right': Bind the document(s) with one or more staples (wire stitches) along the right edge. The exact number and placement of the staples is implementation and/or site-defined. '27' 'edge-stitch-bottom': Bind the document(s) with one or more staples (wire stitches) along the bottom edge. The exact number and placement of the staples is implementation and/or site-defined. '28' 'staple-dual-left': Bind the document(s) with two staples (wire stitches) along the left edge assuming a portrait document (see above). '29' 'staple-dual-top': Bind the document(s) with two staples (wire stitches) along the top edge assuming a portrait document (see above). '30' 'staple-dual-right': Bind the document(s) with two staples (wire stitches) along the right edge assuming a portrait document (see above). '31' 'staple-dual-bottom': Bind the document(s) with two staples (wire stitches) along the bottom edge assuming a portrait document (see above).

'25「のエッジステッチトップ」:上部縁に沿って1つ以上のステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。ステープルの正確な数と位置は、実装および/またはサイト定義です。 '26「のエッジステッチ右」:右縁に沿って1つ以上のステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。ステープルの正確な数と位置は、実装および/またはサイト定義です。 '27「のエッジステッチ底」:下縁に沿って1つ以上のステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。ステープルの正確な数と位置は、実装および/またはサイト定義です。 「28」「ステープルデュアル左」:(上記参照)縦長ドキュメントを前提として、左縁に沿って2つのステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。 「29」「ステープルデュアルトップ」:(上記参照)縦長ドキュメントを前提として、上部の縁に沿って2つのステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。 「30」「ステープルデュアル右」:(上記参照)縦長ドキュメントを前提として、右縁に沿って2つのステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。 '31「ステープルデュアル底」:(上記参照)下端が縦長ドキュメントを前提に沿って2つのステープル(針金とじ)を使用して、ドキュメントをバインド。

The 'staple-xxx' values are specified with respect to the document as if the document were a portrait document. If the document is actually a landscape or a reverse-landscape document, the client supplies the appropriate transformed value. For example, to position a staple in the upper left hand corner of a landscape document when held for reading, the client supplies the 'staple-bottom-left' value (since landscape is defined as a +90 degree rotation of the image with respect to the media from portrait, i.e., anti-clockwise). On the other hand, to position a staple in the upper left hand corner of a reverse-landscape document when held for reading, the client supplies the 'staple-top-right' value (since reverse-landscape is defined as a -90 degree rotation of the image with respect to the media from portrait, i.e., clockwise).

ドキュメントが縦長ドキュメントであるかのように「ステープル-XXX」の値は、文書に対して指定されています。文書が実際に風景や逆ランドスケープ文書である場合、クライアントは適切な変換値を提供します。風景がに関して画像の90度回転のように定義されているので、例えば、読み取りのために保持されたときに横長ドキュメントの左上にステープルを配置するために、クライアントは、「ステープル左下」値(供給します肖像画からメディアへの、すなわち、反時計回り)。逆風景を-90度として定義されているので、一方、読み取りのために保持されたときに、逆ランドスケープ文書の左上にステープルを配置するために、クライアントは、「ステープル右上」値(供給します肖像からメディアに対して、すなわち有する画像の回転、時計回り)。

The angle (vertical, horizontal, angled) of each staple with respect to the document depends on the implementation which may in turn depend on the value of the attribute.

文書に対する各ステープルの角度(垂直、水平、傾斜した)を順番に属性の値に依存することができる実装に依存します。

Note: The effect of this attribute on jobs with multiple documents is controlled by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4) and the relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

注意:複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって制御されており、この属性の関係及び文書処理を制御する他の属性は、セクション15.3で説明されています。

If the client supplies a value of 'none' along with any other combination of values, it is the same as if only that other combination of values had been supplied (that is the 'none' value has no effect).

クライアントが値の他の組み合わせと一緒に「なし」の値を供給する場合、それは(すなわち、「なし」値は効果がありませんである)の値の他の組み合わせが供給されたことのみ場合と同じです。

4.2.7 page-ranges (1setOf rangeOfInteger (1:MAX))
4.2.7ページの範囲(1setOf rangeOfInteger(1:MAX))

This attribute identifies the range(s) of print-stream pages that the Printer object uses for each copy of each document which are to be printed. Nothing is printed for any pages identified that do not exist in the document(s). Ranges MUST be in ascending order, for example: 1-3, 5-7, 15-19 and MUST NOT overlap, so that a non-spooling Printer object can process the job in a single pass. If the ranges are not ascending or are overlapping, the IPP object MUST reject the request and return the 'client-error-bad-request' status code. The attribute is associated with print-stream pages not application-numbered pages (for example, the page numbers found in the headers and or footers for certain word processing applications).

この属性は、プリンタオブジェクトが印刷する各ドキュメントに使用する印刷ストリームページの範囲(複数可)を識別します。何もドキュメント(複数可)に存在しない識別されたページのために印刷されません。範囲は、例えば、昇順でなければなりません:1-3、5-7、15-19および非スプールプリンタオブジェクトは、単一のパスでジョブを処理することができるように、重複してはなりません。範囲は昇順または重複しているされていない場合は、IPPオブジェクトは、要求を拒否し、「クライアント誤り悪い要求のステータスコードを返さなければなりません。属性は、印刷ストリームページではない(例えば、ヘッダと又は特定のワード処理アプリケーションのためのフッタに見られるページ番号)出願番号のページに関連付けられています。

For Jobs with multiple documents, the "multiple-document-handling" attribute determines what constitutes a "copy" for purposes of the specified page range(s). When "multiple-document-handling" is 'single-document', the Printer object MUST apply each supplied page range once to the concatenation of the print-stream pages. For example, if there are 8 documents of 10 pages each, the page-range '41:60' prints the pages in the 5th and 6th documents as a single document and none of the pages of the other documents are printed. When "multiple-document- handling" is 'separate-documents-uncollated-copies' or 'separate-documents-collated-copies', the Printer object MUST apply each supplied page range repeatedly to each document copy. For the same job, the page-range '1:3, 10:10' would print the first 3 pages and the 10th page of each of the 8 documents in the Job, as 8 separate documents.

複数のドキュメントを持つジョブについては、「マルチドキュメント・ハンドリング」属性が指定されたページの範囲(複数可)の目的で、「コピー」を構成するものを決定します。 「マルチドキュメントハンドリングは、」「シングルドキュメント」の場合、Printerオブジェクトは、印刷ストリームページの連結に一度、各供給ページ範囲を適用しなければなりません。例えば、8〜10ページ毎の文書、ページ範囲'41がある場合:60' が印刷されている第5単一の文書や他の文書のページのどれとして6文書のページを印刷します。 「複数document-取り扱いは」「個別の-文書-非照合-コピー」や「個別の-ドキュメント・照合・コピー」の場合、Printerオブジェクトは、各ドキュメントのコピーに繰り返し供給された各ページの範囲を適用しなければなりません。同じジョブ、ページ範囲の場合は「1:3、10:10には、」8つの別の文書として、仕事中8つの文書のそれぞれの最初の3ページと10ページを印刷します。

In most cases, the exact pages to be printed will be generated by a device driver and this attribute would not be required. However, when printing an archived document which has already been formatted, the end user may elect to print just a subset of the pages contained in the document. In this case, if page-range = n.m is specified, the first page to be printed will be page n. All subsequent pages of the document will be printed through and including page m.

ほとんどの場合、印刷するための正確なページは、デバイスドライバによって生成され、この属性が必要とされないであろう。既にフォーマットされたアーカイブ文書を印刷するときただし、エンドユーザーは、ドキュメントの一部のページだけを印刷するように選ぶことができます。ページ範囲= n.mが指定されている場合この場合には、印刷する最初のページは、ページnあろう。文書のすべてのページは、ページMを含めて印刷され、。

"page-ranges-supported" is a boolean value indicating whether or not the printer is capable of supporting the printing of page ranges. This capability may differ from one PDL to another. There is no "page-ranges-default" attribute. If the "page-ranges" attribute is not supplied by the client, all pages of the document will be printed.

「ページ範囲がサポート」は、プリンタがページ範囲の印刷をサポートすることができるかどうかを示すブール値です。この機能は、別のPDLと異なる場合があります。何の「ページ範囲デフォルト」属性はありません。 「ページ範囲」属性がクライアントによって供給されていない場合は、文書のすべてのページが印刷されます。

Note: The effect of this attribute on jobs with multiple documents is controlled by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4) and the relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

注意:複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって制御されており、この属性の関係及び文書処理を制御する他の属性は、セクション15.3で説明されています。

4.2.8 sides (type2 keyword)
4.2.8辺(TYPE2キーワード)

This attribute specifies how print-stream pages are to be imposed upon the sides of an instance of a selected medium, i.e., an impression.

この属性は、すなわち、印刷ストリームページを選択された媒体の両側に課されるべきであるかの印象を指定します。

The standard keyword values are:

標準のキーワード値は以下のとおりです。

'one-sided': imposes each consecutive print-stream page upon the same side of consecutive media sheets. 'two-sided-long-edge': imposes each consecutive pair of print-stream pages upon front and back sides of consecutive media sheets, such that the orientation of each pair of print-stream pages on the medium would be correct for the reader as if for binding on the long edge. This imposition is sometimes called 'duplex' or 'head-to-head'. 'two-sided-short-edge': imposes each consecutive pair of print-stream pages upon front and back sides of consecutive media sheets, such that the orientation of each pair of print-stream pages on the medium would be correct for the reader as if for binding on the short edge. This imposition is sometimes called 'tumble' or 'head-to-toe'. 'two-sided-long-edge', 'two-sided-short-edge', 'tumble', and 'duplex' all work the same for portrait or landscape. However 'head-to-toe' is 'tumble' in portrait but 'duplex' in landscape. 'head-to-head' also switches between 'duplex' and 'tumble' when using portrait and landscape modes.

「一方的に」:連続したメディアシートの同じに面に連続した各印刷ストリームページを課します。 「両面長辺」:媒体上に印刷ストリームページの各対の向きが読者のために正しいであろうように、印刷ストリームフロント時ページと連続する媒体シートの裏面の各連続対を課します長辺に結合するための場合と同様。この賦課は時々「二重」や「頭 - 頭」と呼ばれます。 「両面短辺」:媒体上に印刷ストリームページの各対の向きが読者のために正しいであろうように、印刷ストリームフロント時ページと連続する媒体シートの裏面の各連続対を課します短辺に結合するための場合と同様。この賦課は時々「タンブル」や「頭からつま先」と呼ばれます。 「両面長辺」、「両面短辺」、「タンブル」、及び「二重鎖」はすべて、縦または横のために同じように機能します。しかし、「頭からつま先までは」風景の中の肖像画が、「二重」の「タンブル」です。ポートレートや風景モードを使用するとき「頭 - 頭」はまた、「二重鎖」と「タンブル」を切り替えます。

Note: The effect of this attribute on jobs with multiple documents is controlled by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4) and the relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

注意:複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって制御されており、この属性の関係及び文書処理を制御する他の属性は、セクション15.3で説明されています。

4.2.9 number-up (integer(1:MAX))
4.2.9番号アップ(整数(1:MAX))

This attribute specifies the number of print-stream pages to impose upon a single side of an instance of a selected medium. For example, if the value is:

この属性は、選択された媒体の片面に印刷する出力ストリームのページ数を指定します。たとえば、値があるとします。

Value Description

値説明

'1' the Printer MUST place one print-stream page on a single side of an instance of the selected medium (MAY add some sort of translation, scaling, or rotation). '2' the Printer MUST place two print-stream pages on a single side of an instance of the selected medium (MAY add some sort of translation, scaling, or rotation). '4' the Printer MUST place four print-stream pages on a single side of an instance of the selected medium (MAY add some sort of translation, scaling, or rotation).

「1」プリンタが選択された媒体の片面に一つの印刷ストリームページを置かなければなら(翻訳、拡大縮小、または回転のいくつかの並べ替えを追加する場合があります)。 「2」プリンタが選択された媒体の片面に2つの印刷ストリームページを置かなければなら(翻訳、拡大縮小、または回転のいくつかの並べ替えを追加する場合があります)。 「4」プリンタが選択された媒体の片面に4つの印刷ストリームページを置く必要があります(スケーリング、翻訳のいくつかの並べ替えを追加したり、回転があります)。

This attribute primarily controls the translation, scaling and rotation of print-stream pages.

この属性は、主に印刷ストリームページの翻訳、スケーリングと回転を制御します。

Note: The effect of this attribute on jobs with multiple documents is controlled by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4) and the relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

注意:複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって制御されており、この属性の関係及び文書処理を制御する他の属性は、セクション15.3で説明されています。

4.2.10 orientation-requested (type2 enum)
4.2.10配向要求(タイプ2列挙型)

This attribute indicates the desired orientation for printed print-stream pages; it does not describe the orientation of the client-supplied print-stream pages.

この属性は、印刷された印刷ストリームページの方向を示します。それは、クライアント供給された印刷ストリームページの方向を記述しません。

For some document formats (such as 'application/postscript'), the desired orientation of the print-stream pages is specified within the document data. This information is generated by a device driver prior to the submission of the print job. Other document formats (such as 'text/plain') do not include the notion of desired orientation within the document data. In the latter case it is possible for the Printer object to bind the desired orientation to the document data after it has been submitted. It is expected that a Printer object would only support "orientations-requested" for some document formats (e.g., 'text/plain' or 'text/html') but not others (e.g., 'application/postscript'). This is no different than any other Job Template attribute since section 4.2, item 1, points out that a Printer object may support or not support any Job Template attribute based on the document format supplied by the client. However, a special mention is made here since it is very likely that a Printer object will support "orientation-requested" for only a subset of the supported document formats.

(例えば、「アプリケーション/ポストスクリプト」のような)いくつかのドキュメントフォーマットのために、印刷ストリームページの所望の配向は、文書データ内で指定されています。この情報は、印刷ジョブの投入前にデバイスドライバによって生成されます。 (このような「text / plainの」のように)他の文書フォーマットは、文書データ内の所望の向きの概念が含まれていません。それが送信された後にプリンタオブジェクトは、文書データに所望の配向をバインドするための後者の場合、それは可能です。プリンタオブジェクトが唯一のいくつかの文書フォーマット(例えば、「text / plainで」または「text / htmlの」)ではなく、他の人(例えば、「アプリケーション/追伸」)のために、「姿勢が要求する」をサポートすることが期待されます。これはセクション4.2、アイテム1は、他のジョブテンプレート属性と違いはありません、プリンタオブジェクトがサポートまたはクライアントによって供給された文書フォーマットに基づいて、任意のジョブテンプレート属性をサポートしないかもしれないことを指摘しています。プリンタオブジェクトがサポートされているドキュメント形式のサブセットのみのために、「配向要求」をサポートする可能性が非常に高いので、特別な言及がここで行われます。

Standard enum values are:

標準列挙値は次のとおりです。

Value Symbolic Name and Description

値シンボル名と説明

'3' 'portrait': The content will be imaged across the short edge of the medium. '4' 'landscape': The content will be imaged across the long edge of the medium. Landscape is defined to be a rotation of the print-stream page to be imaged by +90 degrees with respect to the medium (i.e. anti-clockwise) from the portrait orientation. Note: The +90 direction was chosen because simple finishing on the long edge is the same edge whether portrait or landscape '5' 'reverse-landscape': The content will be imaged across the long edge of the medium. Reverse-landscape is defined to be a rotation of the print-stream page to be imaged by - 90 degrees with respect to the medium (i.e. clockwise) from the portrait orientation. Note: The 'reverse-landscape' value was added because some applications rotate landscape -90 degrees from portrait, rather than +90 degrees. '6' 'reverse-portrait': The content will be imaged across the short edge of the medium. Reverse-portrait is defined to be a rotation of the print-stream page to be imaged by 180 degrees with respect to the medium from the portrait orientation. Note: The 'reverse-portrait' value was added for use with the "finishings" attribute in cases where the opposite edge is desired for finishing a portrait document on simple finishing devices that have only one finishing position. Thus a 'text'/plain' portrait document can be stapled "on the right" by a simple finishing device as is common use with some middle eastern languages such as Hebrew.

「3」「肖像」:内容は媒体の短辺を横切って画像化されます。 4「」「風景」:コンテンツは、媒体の長辺を横切って画像化されます。ランドスケープは、縦向きからの培地(すなわち、反時計方向)に対して+90度によって撮像される印刷ストリームページの回転になるように定義されています。注:長辺上の単純な仕上げが縦または横エッジも同じであるため+90方向が選択された5「」「」 - 風景リバース:コンテンツは、媒体の長辺を横切って画像化されます。縦方向からの培地(すなわち時計回り)に対して90度 - 逆風景をすることによって画像化される印刷ストリームページの回転になるように定義されています。注:いくつかのアプリケーションが縦長から横長-90度回転するので、「逆風景」値がなく+90度より、添加しました。 「6」「」 - 肖像リバース:コンテンツは媒体の短辺を横切って画像化されます。逆肖像は、縦向きから媒体に対して180度画像化される印刷ストリームページの回転になるように定義されています。注:「逆肖像」値は反対側の縁部が一つだけ終了位置を有する単純な仕上げ装置上にポートレート文書を仕上げるために所望される場合には「仕上げ」属性で使用するために添加しました。ヘブライ語など、いくつかの中東の言語と共通の使用であるとしてこのように「テキスト」/平野縦長ドキュメントは、シンプルな仕上げ装置によって 『右に』ステープル可能。

Note: The effect of this attribute on jobs with multiple documents is controlled by the "multiple-document-handling" job attribute (section 4.2.4) and the relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

注意:複数のドキュメントを持つジョブのこの属性の効果は、「マルチドキュメントハンドリング」ジョブ属性(セクション4.2.4)によって制御されており、この属性の関係及び文書処理を制御する他の属性は、セクション15.3で説明されています。

4.2.11 media (type3 keyword | name(MAX))
4.2.11メディア(TYPE3キーワード|名(MAX))

This attribute identifies the medium that the Printer uses for all impressions of the Job.

この属性は、プリンタがジョブのすべてのインプレッションに使用するメディアを識別します。

The values for "media" include medium-names, medium-sizes, input-trays and electronic forms so that one attribute specifies the media. If a Printer object supports a medium name as a value of this attribute, such a medium name implicitly selects an input-tray that contains the specified medium. If a Printer object supports a medium size as a value of this attribute, such a medium size implicitly selects a medium name that in turn implicitly selects an input-tray that contains the medium with the specified size. If a Printer object supports an input-tray as the value of this attribute, such an input-tray implicitly selects the medium that is in that input-tray at the time the job prints. This case includes manual-feed input-trays. If a Printer object supports an electronic form as the value of this attribute, such an electronic form implicitly selects a medium-name that in turn implicitly selects an input-tray that contains the medium specified by the electronic form. The electronic form also implicitly selects an image that the Printer MUST merge with the document data as its prints each page.

一つの属性は、メディアを指定するように「メディア」の値は、メディア名、ミディアムサイズ、入力トレイと電子フォームが含まれます。 Printerオブジェクトがこの属性の値として、メディア名をサポートしている場合、このような培地の名前は、暗黙的に指定されたメディアを含む入力トレイを選択します。 Printerオブジェクトがこの属性の値として中サイズをサポートする場合、そのような媒体サイズは、暗黙的に順番に暗黙的に指定されたサイズを有する媒体を含む入力トレイを選択する媒体名を選択します。 Printerオブジェクトがこの属性の値として入力トレイをサポートしている場合、そのような入力トレイは、暗黙的時間ジョブの印刷時と入力トレイ内にある媒体を選択します。この場合には、手差し入力トレイを含みます。 Printerオブジェクトがこの属性の値として電子形式をサポートしている場合、このような電子フォームは暗黙順番に暗黙的に電子フォームで指定された媒体を含む入力トレイを選択する媒体名を選択します。電子フォームはまた、暗黙のプリンタは、その印刷などの文書データの各ページにマージする必要があり、画像を選択します。

Standard keyword values are taken from ISO DPA [ISO10175], the Printer MIB [RFC1759], and ASME-Y14.1M [ASME-Y14.1M] and are listed in section 14. An administrator MAY define additional values using the 'name' or 'keyword' attribute syntax, depending on implementation.

標準のキーワード値は、管理者が「名前」を使用して追加の値を定義するかもしれISO DPA [ISO10175]、プリンタMIB [RFC1759]、およびASME Y14.1M-[ASME Y14.1M-]から取られ、セクション14に記載されていますか「キーワード」実装に依存し、属性構文を。

There is also an additional Printer attribute named "media-ready" which differs from "media-supported" in that legal values only include the subset of "media-supported" values that are physically loaded and ready for printing with no operator intervention required. If an IPP object supports "media-supported", it NEED NOT support "media-ready".

「メディア・サポート」という法的な値にのみ物理的にロードされ、必要に応じていないオペレータの介入で印刷するための準備ができている「メディア・サポート」の値のサブセットを含むとは異なり、「メディア・レディ」という名前の追加のPrinter属性もあります。 IPPオブジェクトは、「メディア・サポート」をサポートしている場合、それは「メディア・レディ」をサポートする必要はありません。

The relationship of this attribute and the other attributes that control document processing is described in section 15.3.

この属性及び文書処理を制御する他の属性の関係は、セクション15.3に記載されています。

4.2.12 printer-resolution (resolution)
4.2.12プリンタの解像度(分解能)

This attribute identifies the resolution that Printer uses for the Job.

この属性はプリンタがジョブに対して使用する解像度を指定します。

4.2.13 print-quality (type2 enum)
4.2.13印刷品質(タイプ2列挙型)

This attribute specifies the print quality that the Printer uses for the Job.

この属性は、プリンタがジョブに使用する印刷品質を指定します。

The standard enum values are:

標準の列挙値は次のとおりです。

Value Symbolic Name and Description

値シンボル名と説明

'3' 'draft': lowest quality available on the printer '4' 'normal': normal or intermediate quality on the printer '5' 'high': highest quality available on the printer

「3」「ドラフトプリンタ上で利用可能な最高品質:」:最低のプリンタで使用可能な品質「4」「通常の」:正常またはプリンタ上の中間品質5「」「ハイ」

4.3 Job Description Attributes
4.3ジョブの説明属性

The attributes in this section form the attribute group called "job-description". The following table summarizes these attributes. The third column indicates whether the attribute is a REQUIRED attribute that MUST be supported by Printer objects. If it is not indicated as REQUIRED, then it is OPTIONAL. The maximum size in octets for 'text' and 'name' attributes is indicated in parenthesizes.

このセクションの属性は、「ジョブ記述」と呼ばれる属性グループを形成します。次の表は、これらの属性をまとめたものです。第3列は、属性は、プリンタオブジェクトによってサポートされなければならない必要な属性であるかどうかを示します。それはREQUIREDとして示されていない場合、それは任意です。 「テキスト」と「name」のオクテットの最大サイズ属性はparenthesizesに示されています。

   +----------------------------+----------------------+--------------+
   |      Attribute             |     Syntax           |   REQUIRED?  |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-uri                    | uri                  |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-id                     | integer(1:MAX)       |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-printer-uri            | uri                  |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-more-info              | uri                  |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-name                   | name (MAX)           |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-originating-user-name  | name (MAX)           |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-state                  | type1 enum           |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-state-reasons          | 1setOf type2 keyword |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-state-message          | text (MAX)           |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-detailed-status-       | 1setOf text (MAX)    |              |
   |       messages             |                      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-document-access-errors | 1setOf text (MAX)    |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | number-of-documents        | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | output-device-assigned     | name (127)           |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | time-at-creation           | integer (MIN:MAX)    |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | time-at-processing         | integer (MIN:MAX)    |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | time-at-completed          | integer (MIN:MAX)    |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-printer-up-time        | integer (1:MAX)      |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | date-time-at-creation      | dateTime             |              |
        
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | date-time-at-processing    | dateTime             |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | date-time-at-completed     | dateTime             |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | number-of-intervening-jobs | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-message-from-operator  | text (127)           |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-k-octets               | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-impressions            | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-media-sheets           | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-k-octets-processed     | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-impressions-completed  | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | job-media-sheets-completed | integer (0:MAX)      |              |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | attributes-charset         | charset              |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
   | attributes-natural-language| naturalLanguage      |  REQUIRED    |
   +----------------------------+----------------------+--------------+
        
4.3.1 job-uri (uri)
4.3.1ジョブ(複数可)

This REQUIRED attribute contains the URI for the job. The Printer object, on receipt of a new job, generates a URI which identifies the new Job. The Printer object returns the value of the "job-uri" attribute as part of the response to a create request. The precise format of a Job URI is implementation dependent. If the Printer object supports more than one URI and there is some relationship between the newly formed Job URI and the Printer object's URI, the Printer object uses the Printer URI supplied by the client in the create request. For example, if the create request comes in over a secure channel, the new Job URI MUST use the same secure channel. This can be guaranteed because the Printer object is responsible for generating the Job URI and the Printer object is aware of its security configuration and policy as well as the Printer URI used in the create request.

このREQUIRED属性は仕事のためのURIが含まれています。 Printerオブジェクトは、新しいジョブの受信時に、新しいジョブを識別するURIを生成します。 Printerオブジェクトは、作成要求に対する応答の一部としての「ジョブのuri」属性の値を返します。ジョブURIの正確な形式は実装依存です。プリンタオブジェクトが複数のURIをサポートしており、新たに形成されたジョブURIとPrinterオブジェクトのURIとの間に何らかの関係がある場合は、Printerオブジェクトは、作成リクエストでクライアントが提供プリンタのURIを使用しています。たとえば、要求を作成する場合は、安全なチャネル、URIが同じセキュアなチャネルを使用しなければならない新しい仕事をオーバーしています。 Printerオブジェクトは、ジョブURIを生成し、プリンタオブジェクトは、そのセキュリティ設定やポリシーなどの作成要求で使用されるプリンタのURIを認識しているために責任があるので、これは保証することができます。

For a description of this attribute and its relationship to "job-id" and "job-printer-uri" attribute, see the discussion in section 2.4 on "Object Identity".

この属性の記述と、「ジョブID」と「ジョブ・プリンタ-URI」属性との関係については、「オブジェクト・アイデンティティ」のセクション2.4での議論を参照してください。

4.3.2 job-id (integer(1:MAX))
4.3.2ジョブID(整数(1:MAX))

This REQUIRED attribute contains the ID of the job. The Printer, on receipt of a new job, generates an ID which identifies the new Job on that Printer. The Printer returns the value of the "job-id" attribute as part of the response to a create request. The 0 value is not included to allow for compatibility with SNMP index values which also cannot be 0.

このREQUIRED属性は、ジョブのIDが含まれています。プリンタは、新しいジョブの受信時に、そのプリンタに新しいジョブを識別するIDを生成します。プリンタは、作成要求に対する応答の一部としての「仕事-id」属性の値を返します。 0値は0にすることはできませんSNMP指標値との互換性を可能にするために含まれていません。

For a description of this attribute and its relationship to "job-uri" and "job-printer-uri" attribute, see the discussion in section 2.4 on "Object Identity".

この属性の記述と「URIジョブ」と「ジョブ・プリンタ-URI」属性との関係については、「オブジェクト・アイデンティティ」のセクション2.4での議論を参照してください。

4.3.3 job-printer-uri (uri)
4.3.3ジョブのプリンタ - uriの(S)

This REQUIRED attribute identifies the Printer object that created this Job object. When a Printer object creates a Job object, it populates this attribute with the Printer object URI that was used in the create request. This attribute permits a client to identify the Printer object that created this Job object when only the Job object's URI is available to the client. The client queries the creating Printer object to determine which languages, charsets, operations, are supported for this Job.

このREQUIRED属性は、このジョブオブジェクトを作成したプリンタオブジェクトを識別します。 Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトを作成するときに、作成リクエストで使用されたプリンタオブジェクトURIでこの属性を取り込みます。この属性は、ジョブオブジェクトのURIは、クライアントが利用可能であるとき、このジョブオブジェクトを作成したプリンタオブジェクトを識別するためのクライアントを許可します。クライアントがどの言語、文字セット、操作を決定するために作成するプリンタオブジェクトを照会し、この仕事のためにサポートされています。

For a description of this attribute and its relationship to "job-uri" and "job-id" attribute, see the discussion in section 2.4 on "Object Identity".

この属性の記述と「仕事-URI」と「仕事-id」属性との関係については、「アイデンティティーオブジェクト」のセクション2.4での議論を参照してください。

4.3.4 job-more-info (uri)
4.3.4ジョブの詳細-情報(URI)

Similar to "printer-more-info", this attribute contains the URI referencing some resource with more information about this Job object, perhaps an HTML page containing information about the Job.

「プリンタより-情報」と同様に、この属性は、URIが、この仕事のオブジェクトの詳細については、ジョブに関する情報を含む、おそらくHTMLページでいくつかのリソースを参照して含まれています。

4.3.5 job-name (name(MAX))
4.3.5ジョブ名(名(MAX))

This REQUIRED attribute is the name of the job. It is a name that is more user friendly than the "job-uri" attribute value. It does not need to be unique between Jobs. The Job's "job-name" attribute is set to the value supplied by the client in the "job-name" operation attribute in the create request (see Section 3.2.1.1). If, however, the "job-name" operation attribute is not supplied by the client in the create request, the Printer object, on creation of the Job, MUST generate a name. The printer SHOULD generate the value of the Job's "job-name" attribute from the first of the following sources that produces a value: 1) the "document-name" operation attribute of the first (or only) document, 2) the "document-URI" attribute of the first (or only) document, or 3) any other piece of Job specific and/or Document Content information.

このREQUIRED属性は、ジョブの名前です。それは、「ジョブのuri」属性の値よりもユーザーフレンドリーな名前です。それはジョブズの間で一意である必要はありません。ジョブの「ジョブ名」属性が作成リクエストで「ジョブ名」操作属性におけるクライアントによって供給された値に設定されている(3.2.1.1項を参照してください)。しかし、「ジョブ名」操作属性は、ジョブの作成時に、リクエスト、プリンタオブジェクトを作成するには、クライアントによって供給されていない場合は、名前を生成しなければなりません。プリンタは、値を生成する次のソースの最初からジョブの「ジョブ名」属性の値を生成する必要があります:1)最初の(または唯一の)文書の「文書名」操作属性、2)」文書-URI」最初の(または唯一の)文書の属性、または3)仕事の他の部分の特定および/またはドキュメントのコンテンツの情報。

4.3.6 job-originating-user-name (name(MAX))
4.3.6ジョブ発信ユーザー名(名(MAX))

This REQUIRED attribute contains the name of the end user that submitted the print job. The Printer object sets this attribute to the most authenticated printable name that it can obtain from the authentication service over which the IPP operation was received. Only if such is not available, does the Printer object use the value supplied by the client in the "requesting-user-name" operation attribute of the create operation (see Sections 4.4.2, 4.4.3, and 8).

このREQUIRED属性は、印刷ジョブを送信したエンドユーザーの名前が含まれています。 Printerオブジェクトは、それがIPP操作を受信した上で認証サービスから取得できることが最も認証された印刷可能な名前にこの属性を設定します。そのようなものが利用できない場合にのみ、Printerオブジェクトは、作成操作の「要求ユーザー名」操作属性(セクション4.4.2、4.4.3、および8を参照)でクライアントによって供給された値を使用しません。

Note: The Printer object needs to keep an internal originating user id of some form, typically as a credential of a principal, with the Job object. Since such an internal attribute is implementation-dependent and not of interest to clients, it is not specified as a Job Description attribute. This originating user id is used for authorization checks (if any) on all subsequent operations.

注:Printerオブジェクトは、ジョブオブジェクトと、典型的には、プリンシパルの信任状として、何らかの形の内部発信ユーザIDを保持する必要があります。このような内部属性は、クライアントへの関心の実装に依存していないので、それが仕事の説明属性として指定されていません。この発信ユーザーIDは、すべての後続の操作上の権限チェック(もしあれば)のために使用されます。

4.3.7 job-state (type1 enum)
4.3.7ジョブ状態(TYPE1列挙型)

This REQUIRED attribute identifies the current state of the job. Even though the IPP protocol defines seven values for job states (plus the out-of-band 'unknown' value - see Section 4.1), implementations only need to support those states which are appropriate for the particular implementation. In other words, a Printer supports only those job states implemented by the output device and available to the Printer object implementation.

このREQUIRED属性は、ジョブの現在の状態を識別します。 IPPプロトコルは7つのジョブの状態の値(プラスアウトオブバンド「未知」の値 - セクション4.1を参照)を定義していますが、実装は唯一の特定の実装に適したそれらの状態をサポートする必要があります。言い換えれば、プリンタは出力デバイスとプリンターオブジェクトの実装に利用可能で実装のみジョブの状態をサポートしています。

Standard enum values are:

標準列挙値は次のとおりです。

Values Symbolic Name and Description

値シンボル名と説明

'3' 'pending': The job is a candidate to start processing, but is not yet processing.

3「」「」は保留中:ジョブが処理を開始するための候補であるが、まだ処理していません。

'4' 'pending-held': The job is not a candidate for processing for any number of reasons but will return to the 'pending' state as soon as the reasons are no longer present. The job's "job-state-reason" attribute MUST indicate why the job is no longer a candidate for processing.

4「」「保留保持」:ジョブが理由の任意の数の処理の候補ではなくに戻ります「とすぐに理由がもはや存在しているようにペンディング」状態。ジョブの「ジョブ状態理由」仕事はもはや処理の候補である理由属性を示してはなりません。

'5' 'processing': One or more of:

5「」「処理」:一つ以上:

           1.  the job is using, or is attempting to use, one or
           more purely software processes that are analyzing,
           creating, or interpreting a PDL, etc.,
           2.  the job is using, or is attempting to use, one or
           more hardware devices that are interpreting a PDL, making
           marks on a medium, and/or performing finishing, such as
           stapling, etc.,
           3. the Printer object has made the job ready for
           printing, but the output device is not yet printing it,
           either because the job hasn't reached the output device
           or because the job is queued in the output device or some
           other spooler, awaiting the output device to print it.
        

When the job is in the 'processing' state, the entire job state includes the detailed status represented in the Printer object's "printer-state", "printer-state-reasons", and "printer-state-message" attributes.

ジョブが「処理」状態にある場合には、ジョブ全体の状態は、詳細なPrinterオブジェクトの「プリンタ状態」に代表される状態、「プリンタ状態-の理由」、および「プリンタ状態メッセージ」属性が含まれています。

Implementations MAY, though they NEED NOT, include additional values in the job's "job-state-reasons" attribute to indicate the progress of the job, such as adding the 'job-printing' value to indicate when the output device is actually making marks on paper and/or the 'processing-to-stop-point' value to indicate that the IPP object is in the process of canceling or aborting the job. Most implementations won't bother with this nuance.

彼らはする必要はないものの、実装は、このような出力デバイスが実際にマークを作っていることを示すために「ジョブの印刷」の値を追加するなど、ジョブの進行状況を示すために、ジョブ属性の「ジョブ状態の理由」で追加の値を含んでいてもよいです紙及び/又は「処理ツーストップポイント」値にIPPオブジェクトは、ジョブをキャンセルするか、アボート処理中であることを示します。ほとんどの実装では、このニュアンスを気にしません。

'6' 'processing-stopped': The job has stopped while processing for any number of reasons and will return to the 'processing' state as soon as the reasons are no longer present.

「6」「処理停止」:ジョブが理由の任意の数の処理中に停止しているとに戻ります「とすぐに理由がもはや存在しているように処理」状態。

           The job's "job-state-reason" attribute MAY indicate why
           the job has stopped processing.  For example, if the
           output device is stopped, the 'printer-stopped' value MAY
           be included in the job's "job-state-reasons" attribute.
        

Note: When an output device is stopped, the device usually indicates its condition in human readable form locally at the device. A client can obtain more complete device status remotely by querying the Printer object's "printer-state", "printer-state-reasons" and "printer-state-message" attributes.

注:出力デバイスが停止している場合、デバイスは通常のデバイスでローカルに人間が読める形式でその状態を示しています。クライアントは、Printerオブジェクトの「プリンタ状態」、「プリンタ状態-の理由」と「プリンタ状態メッセージ」の属性を照会することにより、リモートで、より完全なデバイスのステータスを取得することができます。

'7' 'canceled': The job has been canceled by a Cancel-Job operation and the Printer object has completed canceling the job and all job status attributes have reached their final values for the job. While the Printer object is canceling the job, the job remains in its current state, but the job's "job-state-reasons" attribute SHOULD contain the 'processing-to-stop-point' value and one of the 'canceled-by-user', 'canceled-by-operator', or 'canceled-at-device' value. When the job moves to the 'canceled' state, the 'processing-to-stop-point' value, if present, MUST be removed, but the 'canceled-by-xxx', if present, MUST remain.

「7」「」キャンセル:ジョブはキャンセルジョブ操作によりキャンセルされたとプリンタのオブジェクトは、ジョブをキャンセル完了すると、すべてのジョブステータス属性がジョブの最終値に達しています。プリンタオブジェクトは、ジョブをキャンセルしている間、ジョブは現在の状態のままですが、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性は、「処理ツーストップポイント」値と「キャンセルバイのいずれかを含むべきですユーザー」、 『によってオペレータキャンセル』、または「キャンセル・アット・デバイスの値。ジョブが「キャンセル」状態に移行するときに存在する場合、「処理ツーストップポイント」の値は、存在する場合には、除去しなければならないが、「キャンセル-により-XXX」、維持されなければなりません。

'8' 'aborted': The job has been aborted by the system, usually while the job was in the 'processing' or 'processing-stopped' state and the Printer has completed aborting the job and all job status attributes have reached their final values for the job. While the Printer object is aborting the job, the job remains in its current state, but the job's "job-state-reasons" attribute SHOULD contain the 'processing-to-stop-point' and 'aborted-by-system' values. When the job moves to the 'aborted' state, the 'processing-to-stop-point' value, if present, MUST be removed, but the 'aborted-by-system' value, if present, MUST remain.

8「」「中止され」:ジョブは、システムによって中断された、仕事はしていた通常ながら、「処理」または「処理停止」状態とプリンタがジョブを中止完了し、すべてのジョブステータス属性が最終に達していますジョブの値。 Printerオブジェクトが仕事を中断している間、ジョブは現在の状態のままですが、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性は、「処理ツーストップポイント」と「中止さ・バイ・システムの値を含むべきです。ジョブが「中止」状態に移行するとき、「処理ツーストップポイント」の値は、存在する場合、除去されなければならないが、存在する場合 '中止バイシステムの値は、維持されなければなりません。

'9' 'completed': The job has completed successfully or with warnings or errors after processing and all of the job media sheets have been successfully stacked in the appropriate output bin(s) and all job status attributes have reached their final values for the job. The job's "job-state-reasons" attribute SHOULD contain one of: 'completed-successfully', 'completed-with-warnings', or 'completed-with-errors' values.

「9」「」完了:ジョブが正常または警告やエラー処理後と用紙が正常に適切な出力ビン(S)と、すべてのジョブステータス属性に積載されているジョブのすべてを完了したために彼らの最終的な値に達していますジョブ。 「-正常に完了」「と、警告完了」または「完了-で、エラーの価値観:ジョブの「ジョブ状態の理由」属性のいずれかを含むべきです。

The final value for this attribute MUST be one of: 'completed', 'canceled', or 'aborted' before the Printer removes the job altogether. The length of time that jobs remain in the 'canceled', 'aborted', and 'completed' states depends on implementation. See section 4.3.7.2.

「完了」「キャンセル」、またはプリンタが完全に仕事を削除する前に、「中止に」:この属性の最終値は次のいずれかでなければなりません。ジョブは「中止に」、「キャンセル」のままにし、「完了」状態という時間の長さは実装に依存します。セクション4.3.7.2を参照してください。

The following figure shows the normal job state transitions.

次の図は、通常のジョブの状態遷移を示しています。

                                                      +----> canceled
                                                     /
       +----> pending --------> processing ---------+------> completed
       |         ^                   ^               \
   --->+         |                   |                +----> aborted
       |         v                   v               /
       +----> pending-held    processing-stopped ---+
        

Normally a job progresses from left to right. Other state transitions are unlikely, but are not forbidden. Not shown are the transitions to the 'canceled' state from the 'pending', 'pending-held', and 'processing-stopped' states.

通常の仕事は、左から右に進みます。その他の状態遷移はほとんどありませんが、禁止されていません。図示しないが「保留中」、「保持された係属中」、および「処理停止」状態から「キャンセル」状態に遷移しています。

Jobs reach one of the three terminal states: 'completed', 'canceled', or 'aborted', after the jobs have completed all activity, including stacking output media, after the jobs have completed all activity, and all job status attributes have reached their final values for the job.

ジョブは、すべてのアクティビティを完了して、すべてのジョブ状態属性に達した後、ジョブは、出力メディアを積み重ねる含め、すべてのアクティビティを完了した後、「完了」、「キャンセル」、または「中止に」:ジョブズCEOは、三の端子のいずれかの状態に達しますジョブの最終値。

4.3.7.1 Forwarding Servers
4.3.7.1転送サーバ

As with all other IPP attributes, if the implementation cannot determine the correct value for this attribute, it SHOULD respond with the out-of-band value 'unknown' (see section 4.1) rather than try to guess at some possibly incorrect value and give the end user the wrong impression about the state of the Job object. For example, if the implementation is just a gateway into some printing system from which it can normally get status, but temporarily is unable, then the implementation should return the 'unknown' value. However, if the implementation is a gateway to a printing system that never provides detailed status about the print job, the implementation MAY set the IPP Job object's state to 'completed', provided that it also sets the 'queued-in-device' value in the job's "job-state-reasons" attribute (see section 4.3.8).

他のすべてのIPP属性と同じように実装がこの属性の正しい値を決定できない場合、それは「不明」のアウトオブバンド値で応答(セクション4.1を参照)のではなく、いくつかの可能性が間違った値を推測して与えることを試してみてくださいエンドユーザーのJobオブジェクトの状態について間違った印象。実装は、それが通常の状態を取得することができ、そこからいくつかの印刷システムへの単なるゲートウェイであるが、一時的にできない場合、例えば、その実装は、「不明」の値を返す必要があります。実装は、印刷ジョブに関する詳細な状況を提供したことがない印刷システムへのゲートウェイである場合は、実装は、それはまた、「キューに入れられたインデバイスの値を設定することを提供し、「完了」にIPPジョブオブジェクトの状態を設定することができジョブの「ジョブ状態の理由」属性に(セクション4.3.8を参照してください)。

4.3.7.2 Partitioning of Job States
ジョブの状態の4.3.7.2パーティショニング

This section partitions the 7 job states into phases: Job Not Completed, Job Retention, Job History, and Job Removal. This section also explains the 'job-restartable' value of the "job-state-reasons" Job Description attribute for use with the Restart-Job operation.

このセクションでは、フェーズに7つのジョブの状態を仕切る:仕事、ジョブリテンション、ジョブ履歴、およびジョブの削除を完了していません。このセクションでは、再起動ジョブ操作で使用する「ジョブ状態理由から」ジョブ記述属性の「ジョブの再始動」の値を説明します。

Job Not Completed: When a job is in the 'pending', 'pending-held', 'processing', or 'processing-stopped' states, the job is not completed.

ジョブが完了していない:ジョブは、「-保留さ」「保留」である場合には、「処理」、または「処理停止」状態は、ジョブが完了していません。

Job Retention: When a job enters one of the three terminal job states: 'completed', 'canceled', or 'aborted', the IPP Printer object MAY "retain" the job in a restartable condition for an implementation-defined time period. This time period MAY be zero seconds and MAY depend on the terminal job state. This phase is called Job Retention. While in the Job Retention phase, the job's document data is retained and a client may restart the job using the Restart-Job operation. If the IPP object supports the Restart-Job operation, then it SHOULD indicate that the job is restartable by adding the 'job-restartable' value to the job's "job-state-reasons" attribute (see Section 4.3.8) during the Job Retention phase.

ジョブ保持:ジョブが三の端子のジョブの状態のいずれかを入力すると:「完了」、「キャンセル」、または「中止に」、IPP Printerオブジェクトは実装定義された期間のために、再起動の条件でジョブを「保持」するかもしれません。この時間は0秒とすることができ、ターミナルジョブの状態に依存してもよいです。このフェーズは、ジョブリテンションと呼ばれています。ジョブ保持段階時に、ジョブの文書データが保持され、クライアントが再起動し、ジョブの操作を使用してジョブを再起動する場合があります。 IPPオブジェクトが再起動し、ジョブの操作をサポートしている場合、それは仕事が仕事中にジョブの「ジョブ状態の理由」属性(セクション4.3.8を参照)に「ジョブの再始動」の値を追加することで、再起動であることを示す必要があります保持相。

Job History: After the Job Retention phase expires for a job, the Printer object deletes the document data for the job and the job becomes part of the Job History. The Printer object MAY also delete any number of the job attributes. Since the job is no longer restartable, the Printer object MUST remove the 'job-restartable' value from the job's "job-state-reasons" attribute, if present.

ジョブ履歴は:ジョブリテンション相は仕事のために有効期限が切れた後、Printerオブジェクトは、ジョブに文書データを削除し、ジョブがジョブ履歴の一部になります。 Printerオブジェクトは、また、仕事の任意の数の属性を削除することができます。ジョブはもはや再開可能ではありませんので存在する場合、Printerオブジェクトは、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性から「ジョブの再始動」の値を削除する必要があります。

Job Removal: After the job has remained in the Job History for an implementation-defined time, such as when the number of jobs exceeds a fixed number or after a fixed time period (which MAY be zero seconds), the IPP Printer removes the job from the system.

ジョブの削除:ジョブは、このようなジョブの数が一定数を超えるか(0秒でもよい)一定期間の後に、IPPプリンタがジョブを削除するときのように、実装定義された時間のためのジョブ履歴に残った後、システムから。

Using the Get-Jobs operation and supplying the 'not-completed' value for the "which-jobs" operation attribute, a client is requesting jobs in the Job Not Completed phase. Using the Get-Jobs operation and supplying the 'completed' value for the "which-jobs" operation attribute, a client is requesting jobs in the Job Retention and Job History phases. Using the Get-Job-Attributes operation, a client is requesting a job in any phase except Job Removal. After Job Removal, the Get-Job-Attributes and Get-Jobs operations no longer are capable of returning any information about a job.

ゲット・ジョブ操作を使用し、「-ジョブ」操作属性のため「ではない - 完了」の値を供給、クライアントはフェーズを完了していないジョブのジョブを要求しています。ゲット・ジョブ操作を使用し、「-ジョブ」操作属性のための「完了」値を供給、クライアントは、ジョブリテンションやジョブ履歴の段階での雇用を要求しています。ゲット・ジョブ・属性操作を使用して、クライアントは、ジョブの削除以外のすべてのフェーズでジョブを要求しています。ジョブの削除後は、Get-ジョブ・属性およびGet-ジョブの操作は、もはやジョブに関する情報を返すことができません。

4.3.8 job-state-reasons (1setOf type2 keyword)
4.3.8ジョブ状態の理由(2型キーワードの1)

This REQUIRED attribute provides additional information about the job's current state, i.e., information that augments the value of the job's "job-state" attribute.

この必須属性は、ジョブの現在の状態、すなわち、ジョブの「ジョブ状態」属性の値を増大する情報に関する追加情報を提供します。

These values MAY be used with any job state or states for which the reason makes sense. Some of these value definitions indicate conformance requirements; the rest are OPTIONAL. Furthermore, when implemented, the Printer MUST return these values when the reason applies and MUST NOT return them when the reason no longer applies whether the value of the Job's "job-state" attribute changed or not. When the Job does not have any reasons for being in its current state, the value of the Job's "job-state-reasons" attribute MUST be 'none'.

これらの値は理由が理にかなっているすべてのジョブの状態や状態に使用されるかもしれません。これらの値の定義の中には、適合性要件を示しています。残りはオプションです。実装されたときにその理由が適用され、その理由は、もはや仕事の「仕事状態」属性の値が変更されたか否か適用されるときにそれらを返してはなりませんときさらに、プリンタは、これらの値を返さなければなりません。仕事を現在の状態であることのための任意の理由を持っていない場合は、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性の値が「どれも」である必要があります。

Note: While values cannot be added to the 'job-state' attribute without impacting deployed clients that take actions upon receiving "job-state" values, it is the intent that additional "job-state-reasons" values can be defined and registered without impacting such deployed clients. In other words, the "job-state-reasons" attribute is intended to be extensible.

注:値は、「ジョブ状態」の値を受信したときに行動を取る展開し、クライアントに影響を与えることなく、「ジョブ状態」属性に追加することはできませんが、それは追加の「ジョブ状態の理由」の値が定義されており、登録することができるという意図でありますこのように展開するクライアントに影響を与えることなく。言い換えれば、「ジョブ状態の理由」属性は、拡張可能であることを意図しています。

The following standard keyword values are defined. For ease of understanding, the values are presented in the order in which the reasons are likely to occur (if implemented), starting with the 'job-incoming' value:

以下の標準のキーワード値が定義されています。理解を容易にするため、値は「ジョブ着信」値で始まる理由は、(実装されている場合)が発生しやすい順序で提示されています。

'none': There are no reasons for the job's current state. This state reason is semantically equivalent to "job-state-reasons" without any value and MUST be used when there is no other value, since the 1setOf attribute syntax requires at least one value. 'job-incoming': Either (1) the Printer has accepted the Create-Job operation and is expecting additional Send-Document and/or Send-URI operations, or (2) the Printer is retrieving/accepting document data as a result of a Print-Job, Print-URI, Send-Document or Send-URI operation. 'job-data-insufficient': The Create-Job operation has been accepted by the Printer, but the Printer is expecting additional document data before it can move the job into the 'processing' state. If a Printer starts processing before it has received all data, the Printer removes the 'job-data-insufficient' reason, but the 'job-incoming' remains. If a Printer starts processing after it has received all data, the Printer removes the 'job-data-insufficient' reason and the 'job-incoming' at the same time. 'document-access-error': After accepting a Print-URI or Send-URI request, the Printer could not access one or more documents passed by reference. This reason is intended to cover any file access problem, including file does not exist and access denied because of an access control problem. The Printer MAY also indicate the document access error using the "job-document-access-errors" Job Description attribute (see section 4.3.11). Whether the Printer aborts the job and moves the job to the 'aborted' job state or prints all documents that are accessible and moves the job to the 'completed' job state and adds the 'completed-with-errors' value in the job's "job-state-reasons" attribute depends on implementation and/or site policy. This value SHOULD be supported if the Print-URI or Send-URI operations are supported. 'submission-interrupted': The job was not completely submitted for some unforeseen reason, such as: (1) the Printer has crashed before the job was closed by the client, (2) the Printer or the document transfer method has crashed in some non-recoverable way before the document data was entirely transferred to the Printer, (3) the client crashed or failed to close the job before the time-out period. See section 4.4.31. 'job-outgoing': The Printer is transmitting the job to the output device.

「どれも」:ジョブの現在の状態には理由がありません。この状態の理由は、任意の値なしで「ジョブ状態の理由」と同じ意味であり、他の値が存在しない場合1setOfは、構文が少なくとも1つの値を必要とするので、属性、使用しなければなりません。 「ジョブの着信は、」:どちらか(1)プリンタの作成、ジョブの操作を受け入れており、追加の送信-ドキュメントを期待している、および/または操作-URIの送信、または(2)プリンタの結果として、文書データを受け入れる/取得しています印刷ジョブは、印刷-URI、送信、ドキュメントまたは送信-URIを操作します。 「ジョブデータ不足」:作成・ジョブの操作は、プリンタによって受け入れられているが、それは「処理」状態に仕事を動かすことができる前に、プリンタが追加文書データを期待しています。それはすべてのデータを受信する前にプリンタが処理を開始した場合、プリンタは、「ジョブのデータが不十分」の理由を削除しますが、「ジョブの着信は」残ります。それはすべてのデータを受信した後にプリンタが処理を開始した場合、プリンタは、「ジョブのデータが不十分」の理由と同時に「ジョブの着信」を削除します。 「ドキュメント・アクセス・エラーが」:印刷-URIまたは送信-URI要求を受け入れた後、プリンタは参照で渡されたドキュメントにアクセスすることができませんでした。この理由は存在しないファイルやので、アクセス制御の問題のアクセス拒否を含め、すべてのファイルアクセスの問題をカバーすることを意図しています。また、プリンタは(セクション4.3.11を参照してください)「ジョブ・ドキュメント・アクセス・エラー」のジョブ記述属性を使用して文書アクセスエラーがある可能性があります。プリンタは、「ジョブを中止して、「中止に」ジョブの状態にジョブを移動またはアクセス可能なすべての文書を印刷し、「完了」ジョブの状態にジョブを移動し、ジョブの中で「完成-と、エラー」の値を追加するかどうかジョブ状態の理由」属性は、実装および/またはサイトのポリシーに依存します。印刷-URIまたは送信-URI操作がサポートされている場合、この値はサポートされる必要があります。 「提出中断」:ジョブは完全にのようないくつかの予期せぬ理由により、のために提出されなかったジョブがクライアントによって閉鎖された前に、(1)プリンタがクラッシュした、(2)プリンタまたはドキュメント転送方法はいくつかに墜落しました文書データが完全にプリンタに転送される前に、回復不可能な方法は、(3)クライアントがクラッシュしたり、タイムアウト期間の前の仕事を閉じることができませんでした。セクション4.4.31を参照してください。 「ジョブの発信」:プリンタがジョブを出力デバイスに転送されます。

'job-hold-until-specified': The value of the job's "job-hold-until" attribute was specified with a time period that is still in the future. The job MUST NOT be a candidate for processing until this reason is removed and there are no other reasons to hold the job. This value SHOULD be supported if the "job-hold-until" Job Template attribute is supported. 'resources-are-not-ready': At least one of the resources needed by the job, such as media, fonts, resource objects, etc., is not ready on any of the physical printer's for which the job is a candidate. This condition MAY be detected when the job is accepted, or subsequently while the job is pending or processing, depending on implementation. The job may remain in its current state or be moved to the 'pending-held' state, depending on implementation and/or job scheduling policy. 'printer-stopped-partly': The value of the Printer's "printer-state-reasons" attribute contains the value 'stopped-partly'. 'printer-stopped': The value of the Printer's "printer-state" attribute is 'stopped'. 'job-interpreting': Job is in the 'processing' state, but more specifically, the Printer is interpreting the document data. 'job-queued': Job is in the 'processing' state, but more specifically, the Printer has queued the document data. 'job-transforming': Job is in the 'processing' state, but more specifically, the Printer is interpreting document data and producing another electronic representation. 'job-queued-for-marker': Job is in any of the 'pending-held', 'pending', or 'processing' states, but more specifically, the Printer has completed enough processing of the document to be able to start marking and the job is waiting for the marker. Systems that require human intervention to release jobs using the Release-Job operation, put the job into the 'pending-held' job state. Systems that automatically select a job to use the marker put the job into the 'pending' job state or keep the job in the 'processing' job state while waiting for the marker, depending on implementation. All implementations put the job into (or back into) the 'processing' state when marking does begin. 'job-printing': The output device is marking media. This value is useful for Printers which spend a great deal of time processing (1) when no marking is happening and then want to show that marking is now happening or (2) when the job is in the process of being canceled or aborted while the job remains in the 'processing' state, but the marking has not yet stopped so that impression or sheet counts are still increasing for the job.

「ジョブホールドまで - 指定した」:ジョブの属性の値は、将来的にはまだ時間帯で指定された「ジョブホールドは-まで」。この理由は削除し、ジョブを保持するために他の理由が存在しないされるまで、ジョブは処理対象にしているはずがありません。 「ジョブホールドまでの」ジョブテンプレート属性がサポートされている場合、この値は、サポートされる必要があります。 「資源が-いるの準備ができていない」などのメディア、フォント、リソースオブジェクトなどの仕事が必要とするリソースの少なくとも一つは、物理プリンタの仕事が候補であるためのいずれにも準備ができていません。ジョブが受け付けられたとき、またはその後ジョブは実装に応じて、保留中または処理中にこの状態が検出されてもよいです。ジョブは、その現在の状態のままでもよいし、実装および/またはジョブスケジューリングポリシーに応じて、「保留保持」状態に移動させること。 「プリンタが-一部停止」:プリンタの「プリンタ状態-の理由」属性の値は、値が「-一部停止」が含まれています。 「プリンタ停止」:プリンタの「プリンタ状態」属性の値は「停止」です。 「ジョブ通訳」:仕事を「処理」状態であり、より具体的にはプリンタがドキュメントデータを解釈しています。 「ジョブキューに入れられた」:仕事は、「処理」状態であり、より具体的にはプリンタがドキュメントデータをキューに入れられました。 「ジョブ変換」:ジョブが「処理」状態にあるが、より具体的には、プリンタは、文書データを解釈し、別の電子表現を生成しています。 「ジョブキューに登録-FOR-マーカー」:仕事は「-保留さ」のいずれかである、「保留中」または「処理」状態、より具体的にはプリンタが起動できるようにするには、ドキュメントの十分な処理を完了しましたマーキングとジョブがマーカーを待っています。 「保留開催された」ジョブの状態に仕事を入れて、リリース・ジョブ操作を使用してジョブを解放するために人間の介入を必要とするシステム。実装によっては、マーカーを待っている間に自動的にマーカーを使用するジョブを選択するシステムは「保留」ジョブの状態に仕事を入れたり、「処理」仕事の状態で仕事を続けます。始めるんマーキングすると、すべての実装では、「処理」状態(または背面に)に仕事を入れました。 「ジョブの印刷」:出力デバイスがメディアをマーキングされます。この値は、ジョブがいる間にキャンセルまたは中断されているときに何のマーキングが起こっていないと、その後マーキングが今起こっまたは(2)であることを示したい場合には(1)時間の処理の多くを費やすプリンターに有用ですジョブが「処理」状態のままですが、その印象やシート数はまだ仕事のために増加しているので、マーキングはまだ停止していません。

'job-canceled-by-user': The job was canceled by the owner of the job using the Cancel-Job request, i.e., by a user whose authenticated identity is the same as the value of the originating user that created the Job object, or by some other authorized end-user, such as a member of the job owner's security group. This value SHOULD be supported. 'job-canceled-by-operator': The job was canceled by the operator using the Cancel-Job request, i.e., by a user who has been authenticated as having operator privileges (whether local or remote). If the security policy is to allow anyone to cancel anyone's job, then this value may be used when the job is canceled by other than the owner of the job. For such a security policy, in effect, everyone is an operator as far as canceling jobs with IPP is concerned. This value SHOULD be supported if the implementation permits canceling by other than the owner of the job. 'job-canceled-at-device': The job was canceled by an unidentified local user, i.e., a user at a console at the device. This value SHOULD be supported if the implementation supports canceling jobs at the console. 'aborted-by-system': The job (1) is in the process of being aborted, (2) has been aborted by the system and placed in the 'aborted' state, or (3) has been aborted by the system and placed in the 'pending-held' state, so that a user or operator can manually try the job again. This value SHOULD be supported. 'unsupported-compression': The job was aborted by the system because the Printer determined while attempting to decompress the document-data's that the compression is actually not among those supported by the Printer. This value MUST be supported, since "compressions is a REQUIRED operation attribute. 'compression-error': The job was aborted by the system because the Printer encountered an error in the document-data while decompressing it. If the Printer posts this reason, the document-data has already passed any tests that would have led to the 'unsupported-compression' job-state-reason. 'unsupported-document-format': The job was aborted by the system because the document-data's document-format is not among those supported by the Printer. If the client specifies the document-format as 'application/octet-stream', the printer MAY abort the job and post this reason even though the format is a member of the "document-format-supported" printer attribute, but not among the auto-sensed document-formats. This value MUST be supported, since "document-format" is a REQUIRED operation attribute.

「ジョブキャンセル・バイ・ユーザー:ジョブをキャンセルし、ジョブを要求を使用してジョブの所有者によってキャンセルされた、すなわち、認証されたアイデンティティのJobオブジェクトを作成した発信ユーザの値と同じであるユーザーによる、又はそのようなジョブ所有者のセキュリティグループのメンバーのようないくつかの他の許可エンドユーザによる。この値は、サポートされる必要があります。 「ジョブ・バイ・オペレータキャンセル」:オペレータ権限を有するものとして認証されたユーザにより、即ち、キャンセルジョブ要求を使用してオペレータによってジョブがキャンセルされた(ローカルまたはリモートであれ)。セキュリティポリシーは、誰が誰のジョブをキャンセルできるようにすることである場合は、ジョブがジョブの所有者以外によってキャンセルされたときに、この値を使用することができます。このようなセキュリティポリシーのために、実際には、誰もが限りIPPとの仕事をキャンセルするなどのオペレータで懸念しています。ジョブの所有者以外によるキャンセルの実装が許す場合には、この値は、サポートされる必要があります。 「ジョブキャンセル・アット・デバイスは、」:ジョブが未確認のローカルユーザ、すなわち、デバイスにコンソールのユーザによって取り消されました。実装は、コンソールでジョブをキャンセルサポートしている場合、この値は、サポートされる必要があります。 「中止・システムによって」ジョブ(1)、(2)システムによって中止され、「中止」状態に置かれ、又は(3)は、システムによって中断されたされた中止中であるとユーザまたはオペレータが手動で再度ジョブを試すことができるように、「保留保持」状態に置きました。この値は、サポートされる必要があります。 「サポートされていない圧縮」:プリンタが決定するので、文書データの圧縮は、プリンタでサポートされているものの中に、実際にはないことを解凍しようとしたときに、ジョブがシステム側で中止されました。 。。それを解凍しながら、プリンタがドキュメントデータにエラーが発生したため、ジョブはシステム側で中止されましたプリンタの投稿した場合、この理由、:圧縮が必要な操作属性である」ため、 『圧縮エラー』この値は、サポートされなければなりません文書データは、既に「サポートされていない圧縮」ジョブ状態理由につながっていたすべてのテストに合格した「サポートされていないドキュメント形式」:。ジョブはシステム側で中止されました文書データの文書形式であるため、クライアントは、「アプリケーション/ octet-streamと」として、文書フォーマットを指定している場合、プリンタでサポートされているものの中に、プリンタがジョブを中止し、この理由を掲示するかもしれないフォーマットは、「ドキュメント・フォーマット・サポートのメンバーであるにもかかわらず、 「プリンタ属性が、自動検知された文書フォーマットのうち。この値は、以降、サポートしなければならない 『』文書フォーマットは、必要な操作属性です。

'document-format-error': The job was aborted by the system because the Printer encountered an error in the document-data while processing it. If the Printer posts this reason, the document-data has already passed any tests that would have led to the 'unsupported-document-format' job-state-reason. 'processing-to-stop-point': The requester has issued a Cancel-Job operation or the Printer object has aborted the job, but is still performing some actions on the job until a specified stop point occurs or job termination/cleanup is completed.

「ドキュメント・フォーマット・エラー」:それを処理中にプリンタがドキュメントデータにエラーが発生したため、ジョブはシステム側で中止されました。プリンタのポストこの場合、文書データは、既に「サポートされていないドキュメントフォーマット」ジョブ状態理由につながっていたすべてのテストに合格しています。 「処理ツーストップポイント」:リクエスタは取消・ジョブの操作を発行したか、Printerオブジェクトは、ジョブを中止しましたが、しかし、指定された停止ポイントが発生するまで、まだ仕事上のいくつかのアクションを実行しているか、ジョブ終了/クリーンアップが完了しました。

If the implementation requires some measurable time to cancel the job in the 'processing' or 'processing-stopped' job states, the IPP object MUST use this value to indicate that the Printer object is still performing some actions on the job while the job remains in the 'processing' or 'processing-stopped' state. After all the job's job description attributes have stopped incrementing, the Printer object moves the job from the 'processing' state to the 'canceled' or 'aborted' job states.

実装が「処理」または「処理停止」ジョブの状態にジョブをキャンセルするためにいくつかの測定時間を必要とする場合は、ジョブが残っている間、IPPオブジェクトは、プリンタオブジェクトがまだ仕事にいくつかのアクションを実行していることを示すために、この値を使用する必要があります「処理」または「処理停止」状態インチすべてのジョブのジョブ記述属性がインクリメント停止した後、Printerオブジェクトは、「キャンセル」または「中止され」ジョブの状態を「処理」状態からのジョブを移動します。

'service-off-line': The Printer is off-line and accepting no jobs. All 'pending' jobs are put into the 'pending-held' state. This situation could be true if the service's or document transform's input is impaired or broken. 'job-completed-successfully': The job completed successfully. This value SHOULD be supported. 'job-completed-with-warnings': The job completed with warnings. This value SHOULD be supported if the implementation detects warnings. 'job-completed-with-errors': The job completed with errors (and possibly warnings too). This value SHOULD be supported if the implementation detects errors. 'job-restartable' - This job is retained (see section 4.3.7.2) and is currently able to be restarted using the Restart-Job operation (see section 3.3.7). If 'job-restartable' is a value of the job's 'job-state-reasons' attribute, then the IPP object MUST accept a Restart-Job operation for that job. This value SHOULD be supported if the Restart-Job operation is supported. 'queued-in-device': The job has been forwarded to a device or print system that is unable to send back status. The Printer sets the job's "job-state " attribute to 'completed' and adds the 'queued-in-device' value to the job's "job-state-reasons" attribute to indicate that the Printer has no additional information about the job and never will have any better information. See section 4.3.7.1.

「サービス・オフラインは」:プリンタがオフラインとどんな仕事を受け入れていないです。すべての「保留中のジョブは「保留開催された」状態に置かれています。サービスのやドキュメント変換の入力が損なわか壊れている場合に、この状況が真である可能性があります。 「ジョブが完了-に成功」:ジョブが正常に完了しました。この値は、サポートされる必要があります。 「ジョブ完了-で-警告」警告で完了したジョブ。実装が警告を検出した場合、この値は、サポートされる必要があります。 「ジョブ完了 - と - エラー」:(あまりにそしておそらく警告)エラーで終了したジョブ。実装がエラーを検出した場合、この値は、サポートされる必要があります。 「ジョブの再始動」 - この仕事を保持(セクション4.3.7.2を参照)、現在再起動ジョブ操作を使用して再起動することが可能です(セクション3.3.7を参照してください)。 「ジョブの再始動は」仕事の「ジョブ状態の理由」属性の値である場合、IPPオブジェクトは、そのジョブの再起動ジョブ操作を受け入れなければなりません。再起動して、ジョブの操作がサポートされている場合、この値は、サポートされる必要があります。 「キューに入れられ-に-デバイス」:ジョブがステータスを返すことのできないデバイスまたは印刷システムに転送されてきました。プリンタは、ジョブの「ジョブ状態」属性が「完了」に設定し、プリンタがジョブに関する追加情報を持っていないことを示すために、ジョブの「ジョブ状態の理由」属性に "キューに入れられたインデバイスの値を加算して、任意のより良い情報を持っていませんでした。セクション4.3.7.1を参照してください。

4.3.9 job-state-message (text(MAX))
4.3.9ジョブ状態メッセージ(テキスト(MAX))

This attribute specifies information about the "job-state" and "job-state-reasons" attributes in human readable text. If the Printer object supports this attribute, the Printer object MUST be able to generate this message in any of the natural languages identified by the Printer's "generated-natural-language-supported" attribute (see the "attributes-natural-language" operation attribute specified in Section 3.1.4.1).

この属性は、「ジョブの状態」と「ジョブ状態理由から、」人間が読めるテキストの属性に関する情報を指定します。 Printerオブジェクトがこの属性をサポートしている場合、プリンタオブジェクトは、プリンタの「生成された自然言語サポート」属性によって識別される自然言語のいずれかでこのメッセージを生成することができなければなりません(「属性自然言語を」操作属性を参照してくださいセクション3.1.4.1で指定)。

The value SHOULD NOT contain additional information not contained in the values of the "job-state" and "job-states-reasons" attributes, such as interpreter error information. Otherwise, application programs might attempt to parse the (localized text). For such additional information such as interpreter errors for application program consumption or specific document access errors, new attributes with keyword values, needs to be developed and registered.

値は、「ジョブ状態」の値と、このようなインタプリタエラー情報として、「ジョブの状態-の理由」属性に含まれていない追加情報を含むべきではありません。そうでない場合は、アプリケーション・プログラムは、(ローカライズされたテキスト)を解析しようとする場合があります。このようなアプリケーションプログラムの消費量または特定のドキュメントへのアクセス・エラー、キーワード値を持つ新しい属性のための通訳のエラーなどの追加情報については、開発して登録する必要があります。

4.3.10 job-detailed-status-messages (1setOf text(MAX))
4.3.10ジョブ詳細なステータス・メッセージ(1setOfテキスト(MAX))

This attribute specifies additional detailed and technical information about the job. The Printer NEED NOT localize the message(s), since they are intended for use by the system administrator or other experienced technical persons. Localization might obscure the technical meaning of such messages. Clients MUST NOT attempt to parse the value of this attribute. See "job-document-access-errors" (section 4.3.11) for additional errors that a program can process.

この属性は、ジョブに関する追加の詳細な技術情報を指定します。プリンタは、それらは、システム管理者や他の経験豊富な技術者による使用を目的としているため、メッセージ(複数可)をローカライズする必要はありません。ローカライズは、そのようなメッセージの技術的な意味を不明瞭かもしれません。クライアントは、この属性の値を解析することを試みてはいけません。プログラムが処理できる追加のエラーについては、「ジョブのドキュメント・アクセス・エラー」(セクション4.3.11)を参照してください。

4.3.11 job-document-access-errors (1setOf text(MAX))
4.3.11ジョブのドキュメント・アクセス・エラー(1setOfテキスト(MAX))

This attribute provides additional information about each document access error for this job encountered by the Printer after it returned a response to the Print-URI or Send-URI operation and subsequently attempted to access document(s) supplied in the Print-URI or Send-URI operation. For errors in the protocol that is identified by the URI scheme in the "document-uri" operation attribute, such as 'http:' or 'ftp:', the error code is returned in parentheses, followed by the URI. For example:

それは印刷-URIまたはSend-に供給された印刷-URIまたは送信-URI操作への応答を返し、その後、文書をアクセスしようとした後、この属性は、プリンタによって発生したこのジョブの各文書アクセスエラーに関する追加情報を提供しますURI操作。 「HTTP:」または「FTP:」「文書-URI」の操作などの属性にURIスキームによって識別されているプロトコルでエラーについては、エラーコードは、URIに続く、かっこで返されます。例えば:

(404) http://ftp.pwg.org/pub/pwg/ipp/new_MOD/ipp-model-v11.pdf

(404) hっtp://ftp。pwg。おrg/ぷb/pwg/いっp/ねw_もD/いっpーもでlーv11。pdf

Most Internet protocols use decimal error codes (unlike IPP), so the ASCII error code representation is in decimal.

ほとんどのインターネットプロトコルは、(IPPとは違って)10進数のエラーコードを使用するので、ASCIIエラーコード表現は小数です。

4.3.12 number-of-documents (integer(0:MAX))
4.3.12数の-ドキュメント(整数(0:MAX))

This attribute indicates the number of documents in the job, i.e., the number of Send-Document, Send-URI, Print-Job, or Print-URI operations that the Printer has accepted for this job, regardless of whether the document data has reached the Printer object or not.

この属性は、ジョブ内のドキュメントの数を示し、すなわち、送信-文書の数、プリンタは関係なく、文書データが到達したかどうかの、この仕事のために受け入れたことを、印刷ジョブ、-URIを送信したり、印刷-URI操作プリンタオブジェクトまたはありません。

Implementations supporting the OPTIONAL Create-Job/Send-Document/Send-URI operations SHOULD support this attribute so that clients can query the number of documents in each job.

クライアントは各ジョブのドキュメントの数を照会できるように、オプションを作成、ジョブ/送信-ドキュメント/送信-URI操作をサポートする実装は、この属性をサポートする必要があります。

4.3.13 output-device-assigned (name(127))
4.3.13出力デバイスに割り当てられた(名前(127))

This attribute identifies the output device to which the Printer object has assigned this job. If an output device implements an embedded Printer object, the Printer object NEED NOT set this attribute. If a print server implements a Printer object, the value MAY be empty (zero- length string) or not returned until the Printer object assigns an output device to the job. This attribute is particularly useful when a single Printer object supports multiple devices (so called "fan-out" - see section 2.1).

この属性は、Printerオブジェクトがこのジョブを割り当てた前記出力デバイスを識別する。出力デバイスが組み込まれたプリンタオブジェクトを実装する場合、Printerオブジェクトは、この属性を設定する必要はありません。プリントサーバがプリンタオブジェクトを実装している場合、値は、プリンタオブジェクトがジョブに出力デバイスを割り当てるまで戻され、空(ゼロ長の文字列)であってもなくてもよいです。単一のPrinterオブジェクトは、( - 2.1節を参照してくださいので、「ファンアウト」と呼ばれる)複数のデバイスをサポートしている場合、この属性は特に便利です。

4.3.14 Event Time Job Description Attributes
4.3.14イベント時間仕事内容属性

This section defines the Job Description attributes that indicate the time at which certain events occur for a job. If the job event has not yet occurred, then the IPP object MUST return the 'no-value' out-of-band value (see the beginning of Section 4.1). The "time-at-xxx(integer)" attributes represent time as an 'integer' representing the number of seconds since the device was powered up (informally called "time ticks"). The "date-time-at-xxx(dateTime)" attributes represent time as 'dateTime' representing date and time (including an offset from UTC).

このセクションでは、特定のイベントが仕事のために発生した時刻を示すジョブ記述属性を定義します。ジョブイベントがまだ発生していない場合は、IPPオブジェクトは、(セクション4.1の始まりを参照)、アウトオブバンド値が「無価値」を返してはなりません。 「時間AT-XXX(整数)」属性が(非公式に「タイムティック」と呼ばれる)、デバイスがパワーアップされてからの秒数を表す「整数」として時間を表します。 「日時-AT-XXX(dateTimeの)」は属性が「のdateTime」(UTCからのオフセットを含む)を表す日時として時間を表します。

In order to populate these attributes, the Printer object copies the value(s) of the following Printer Description attributes at the time the event occurs:

これらの属性を移入するためには、以下のプリンタ記述のプリンタオブジェクトのコピー値(複数可)は、イベント発生時に属性:

1. the value in the Printer's "printer-up-time" attribute for the "time-at-xxx(integer)" attributes

1.「時間の-XXX(整数)」属性のプリンタの「プリンタ・アップ・タイム」属性の値

2. the value in the Printer's "printer-current-time" attribute for the "date-time-at-xxx(dateTime)" attributes.

2.「日時・アット・XXX(dateTimeの)」属性のプリンターの「プリンター電流の時間」属性の値。

If the Printer resets its "printer-up-time" attribute to 1 on power-up (see section 4.4.29) and has persistent jobs, then it MUST change all of jobs' "time-at-xxx(integer)" (time tick) job attributes whose events have occurred either to:

プリンタがパワーアップ時に1への「プリンタ・アップ・タイム」の属性をリセットします(セクション4.4.29を参照)、永続的な仕事を持っている場合、それは(ジョブ 『時間の-XXX(整数)』のすべてを変更する必要がありますタイムティック)の仕事は、そのイベントのいずれかに発生した属性:

1. 0 to indicate that the event happened before the most recent power up OR

1. 0イベントが最近の電源投入前に起こったことを示すためにOR

2. the negative of the number of seconds before the most recent power-up that the event took place, though the negative number NEED NOT reflect the exact number of seconds.

2.負の数秒の正確な数を反映する必要はないものの、イベントが、開催されたパワーアップした最新の前の秒数のマイナス。

If a client queries a "time-at-xxx(integer)" time tick Job attribute and finds the value to be 0 or negative, the client MUST assume that the event occurred in some life other than the Printer's current life.

クライアントは「時間の-XXX(整数)」タイムティックジョブの属性を照会し、値が0または負であることを発見した場合、クライアントは、イベントがプリンタの現在の生活以外の生活の中で発生したと仮定しなければなりません。

Note: A Printer does not change the values of any "date-time-at-xxx(dateTime)" job attributes on power-up.

注:プリンタは、任意の「日時・アット・XXX(dateTimeの)」仕事がパワーアップ時に属性の値を変更しません。

4.3.14.1 time-at-creation (integer(MIN:MAX))
4.3.14.1時間で創造(整数(MIN:MAX))

This REQUIRED attribute indicates the time at which the Job object was created.

このREQUIRED属性は、ジョブオブジェクトが作成された時刻を示しています。

4.3.14.2 time-at-processing (integer(MIN:MAX))
4.3.14.2時間で処理(整数(MIN:MAX))

This REQUIRED attribute indicates the time at which the Job object first began processing after the create operation or the most recent Restart-Job operation. The out-of-band 'no-value' value is returned if the job has not yet been in the 'processing' state (see the beginning of Section 4.1).

このREQUIRED属性は、ジョブオブジェクトが最初に作成する操作や、最新の再起動ジョブ操作の後に処理を開始した時刻を示します。ジョブがまだ「処理」状態にされていない場合、アウトオブバンド「ノー-値」の値は、(セクション4.1の始まりを参照)が返されます。

4.3.14.3 time-at-completed (integer(MIN:MAX))
4.3.14.3時間で完了(整数(MIN:MAX))

This REQUIRED attribute indicates the time at which the Job object completed (or was canceled or aborted). The out-of-band 'no-value' value is returned if the job has not yet completed, been canceled, or aborted (see the beginning of Section 4.1).

このREQUIRED属性は仕事オブジェクトが完了した時刻を示す(またはキャンセルまたは中止されました)。ジョブがまだ(セクション4.1の始まりを参照)キャンセル、または中止され、完了していない場合は、アウトオブバンド「ノー-値」の値が返されます。

4.3.14.4 job-printer-up-time (integer(1:MAX))
4.3.14.4ジョブプリンタアップ時間(整数(1:MAX))

This REQUIRED Job Description attribute indicates the amount of time (in seconds) that the Printer implementation has been up and running. This attribute is an alias for the "printer-up-time" Printer Description attribute (see Section 4.4.29).

この必要なジョブ記述属性は、プリンタの実装が稼働してきた時間(秒)の量を示しています。この属性は、「プリンタ・アップ・タイム」プリンタ記述属性(セクション4.4.29を参照)の別名です。

A client MAY request this attribute in a Get-Job-Attributes or Get-Jobs request and use the value returned in combination with other requested Event Time Job Description Attributes in order to display time attributes to a user. The difference between this attribute and the 'integer' value of a "time-at-xxx" attribute is the number of seconds ago that the "time-at-xxx" event occurred. A client can compute the wall-clock time at which the "time-at-xxx" event occurred by subtracting this difference from the client's wall-clock time.

クライアントは、Get-ジョブ・属性または取得し、ジョブのリクエストで、この属性を要求し、他の要求されたイベント時間仕事内容、時間、ユーザーに属性を表示するための属性との組み合わせで返された値を使用するかもしれません。この属性と「時間の-XXX」属性の「整数」の値との差は、「時間の-XXX」イベントが発生したことを前の秒数です。クライアントは、「時間の-XXX」イベントは、クライアントの壁時計時間からこの違いを減算することによって発生した壁時計の時間を計算することができます。

4.3.14.5 date-time-at-creation (dateTime)
4.3.14.5日時・アット・創造(dateTime型)

This attribute indicates the date and time at which the Job object was created.

この属性は、ジョブオブジェクトが作成された日付と時刻を示しています。

4.3.14.6 date-time-at-processing (dateTime)
4.3.14.6日付・時間で処理(dateTimeの)

This attribute indicates the date and time at which the Job object first began processing after the create operation or the most recent Restart-Job operation.

この属性は、ジョブオブジェクトが最初に作成する操作や、最新の再起動ジョブ操作の後に処理を開始された日時を示します。

4.3.14.7 date-time-at-completed (dateTime)
4.3.14.7日時・アット・完了(dateTime型)

This attribute indicates the date and time at which the Job object completed (or was canceled or aborted).

この属性は、ジョブオブジェクトが完了した日時を示します(またはキャンセルまたは中止されました)。

4.3.15 number-of-intervening-jobs (integer(0:MAX))
4.3.15数の-介在-ジョブ(整数(0:MAX))

This attribute indicates the number of jobs that are "ahead" of this job in the relative chronological order of expected time to complete (i.e., the current scheduled order). For efficiency, it is only necessary to calculate this value when an operation is performed that requests this attribute.

この属性は、「先に」完了するまでに予想される時間の相対的な年代順(すなわち、現在のスケジュール順)で、このジョブのあるジョブの数を示します。操作が行われた場合に効率のためには、この属性を要求し、この値を計算することのみが必要です。

4.3.16 job-message-from-operator (text(127))
4.3.16ジョブメッセージからオペレータ(テキスト(127))

This attribute provides a message from an operator, system administrator or "intelligent" process to indicate to the end user the reasons for modification or other management action taken on a job.

この属性は、エンドユーザにジョブで撮影改変または他の管理アクションの理由を示すために、オペレータ、システム管理者または「インテリジェント」プロセスからのメッセージを提供します。

4.3.17 Job Size Attributes
4.3.17ジョブサイズの属性

This sub-section defines job attributes that describe the size of the job. These attributes are not intended to be counters; they are intended to be useful routing and scheduling information if known. For these attributes, the Printer object may try to compute the value if it is not supplied in the create request. Even if the client does supply a value for these three attributes in the create request, the Printer object MAY choose to change the value if the Printer object is able to compute a value which is more accurate than the client supplied value. The Printer object may be able to determine the correct value for these attributes either right at job submission time or at any later point in time.

このサブセクションでは、ジョブのサイズを記述したジョブの属性を定義します。これらの属性は、カウンタを示すものではありません。知られている場合、彼らは便利なルーティングおよびスケジューリング情報であることを意図しています。これらの属性については、Printerオブジェクトは、それが作成要求で提供されていない場合は、値を計算しよう。クライアントが作成した要求にこれらの3つの属性の値を供給しない場合であっても、Printerオブジェクトは、Printerオブジェクトがクライアント供給値よりも正確な値を計算することが可能である場合、値を変更することを選択するかもしれません。 Printerオブジェクトは、ジョブ投入時に右または時間のいずれかの後の時点でいずれかのこれらの属性の正しい値を決定することができます。

4.3.17.1 job-k-octets (integer(0:MAX))
4.3.17.1ジョブ-K-オクテット(整数(0:MAX))

This attribute specifies the total size of the document(s) in K octets, i.e., in units of 1024 octets requested to be processed in the job. The value MUST be rounded up, so that a job between 1 and 1024 octets MUST be indicated as being 1, 1025 to 2048 MUST be 2, etc.

この属性は、ジョブの処理で要求される1024オクテット単位で、即ちKオクテット、文書(単数または複数)の合計サイズを指定します。 1 1024オクテット間のジョブは2048 1、1025であると示されなければならないように値等、2でなければなりません、切り上げなければなりません

This value MUST NOT include the multiplicative factors contributed by the number of copies specified by the "copies" attribute, independent of whether the device can process multiple copies without making multiple passes over the job or document data and independent of whether the output is collated or not. Thus the value is independent of the implementation and indicates the size of the document(s) measured in K octets independent of the number of copies.

この値は、デバイスが複数のジョブの上を通過又は文書データを作成することなく、複数のコピーを処理することができるかどうかとは無関係に、出力が照合されているかどうかとは無関係に、「コピー」属性で指定された部数が寄与する乗法因子を含めることはできませんまたはではありません。こうして値は実装から独立しているコピーの数の独立したKオクテットで測定された文書(または複数)のサイズを示します。

This value MUST also not include the multiplicative factor due to a copies instruction embedded in the document data. If the document data actually includes replications of the document data, this value will include such replication. In other words, this value is always the size of the source document data, rather than a measure of the hardcopy output to be produced.

この値は、文書データに埋め込まれたコピー命令による乗法因子を含んではなりません。文書データが実際に文書データの複製が含まれている場合、この値は、このような複製が含まれます。換言すれば、この値は常にソースドキュメントデータのサイズではなく、生成されるハードコピー出力の尺度です。

4.3.17.2 job-impressions (integer(0:MAX))
4.3.17.2ジョブインプレッション(整数(0:MAX))

This attribute specifies the total size in number of impressions of the document(s) being submitted (see the definition of impression in section 12.2.5).

この属性は、(セクション12.2.5における印象の定義を参照)に提出された書類(S)のインプレッション数で合計サイズを指定します。

As with "job-k-octets", this value MUST NOT include the multiplicative factors contributed by the number of copies specified by the "copies" attribute, independent of whether the device can process multiple copies without making multiple passes over the job or document data and independent of whether the output is collated or not. Thus the value is independent of the implementation and reflects the size of the document(s) measured in impressions independent of the number of copies.

「ジョブ-K-オクテット」と同様に、この値は、デバイスがジョブまたはドキュメント上に複数パスを作ることなく、複数のコピーを処理することができるかどうかとは無関係に「コピー」属性で指定された部数が寄与する乗法因子を含んではいけませんデータと出力が照合されているかどうかに依存しません。こうして値は、実装とは無関係であり、部数の独立印象で測定文書(S)の大きさを反映しています。

As with "job-k-octets", this value MUST also not include the multiplicative factor due to a copies instruction embedded in the document data. If the document data actually includes replications of the document data, this value will include such replication. In other words, this value is always the number of impressions in the source document data, rather than a measure of the number of impressions to be produced by the job.

「ジョブ-K-オクテット」と同様に、この値は、文書データに埋め込まれたコピー命令による乗法因子を含んではなりません。文書データが実際に文書データの複製が含まれている場合、この値は、このような複製が含まれます。換言すれば、この値は常に元文書データにおけるインプレッション数ではなく、ジョブによって生成されるインプレッション数の尺度です。

4.3.17.3 job-media-sheets (integer(0:MAX))
4.3.17.3ジョブメディアシート(整数(0:MAX))

This attribute specifies the total number of media sheets to be produced for this job.

この属性は、このジョブのために生成されるメディアシートの合計数を指定します。

Unlike the "job-k-octets" and the "job-impressions" attributes, this value MUST include the multiplicative factors contributed by the number of copies specified by the "copies" attribute and a 'number of copies' instruction embedded in the document data, if any. This difference allows the system administrator to control the lower and upper bounds of both (1) the size of the document(s) with "job-k-octets-supported" and "job-impressions-supported" and (2) the size of the job with "job-media-sheets-supported".

「ジョブK-オクテット」と「仕事インプレッション」の属性とは異なり、この値は、「コピー」属性や文書に埋め込まれた命令「部数」で指定した部数が寄与する乗法の要因を含まなければなりませんデータがあれば。この差は、「ジョブ-K-オクテットサポート」および「仕事印象がサポート」および(2)サイズと文書(単数または複数)の両方(1)サイズの下限と上限を制御するためにシステム管理者に可能にします「ジョブメディアシートでサポートされている」との仕事の。

4.3.18 Job Progress Attributes
4.3.18ジョブの進捗状況の属性

This sub-section defines job attributes that describe the progress of the job. These attributes are intended to be counters. That is, the value for a job that has not started processing MUST be 0. When the job's "job-state" is 'processing' or 'processing-stopped', this value is intended to contain the amount of the job that has been processed to the time at which the attributes are requested. When the job enters the 'completed', 'canceled', or 'aborted' states, these values are the final values for the job.

このサブセクションでは、ジョブの進行状況を記述するジョブ属性を定義します。これらの属性は、カウンタであることを意図しています。これは、ジョブの「ジョブ状態」が「処理」または「処理停止」の場合、処理を開始していないジョブの値は0でなければならない、で、この値がされているジョブの量を含むように意図されます属性が要求される時間に処理されます。ジョブが「完了」、「キャンセル」または「中止さ」状態に入ると、これらの値は、ジョブの最終的な値です。

4.3.18.1 job-k-octets-processed (integer(0:MAX))
4.3.18.1ジョブ-K-オクテット処理(整数(0:MAX))

This attribute specifies the total number of octets processed in K octets, i.e., in units of 1024 octets so far. The value MUST be rounded up, so that a job between 1 and 1024 octets inclusive MUST be indicated as being 1, 1025 to 2048 inclusive MUST be 2, etc.

この属性は、これまでに1024オクテット単位で、即ちKオクテットで処理オクテットの総数を指定します。包括1つの1024オクテットの間にジョブが指示されなければならないように、値が、2等をしていなければなりません包括2048 1、1025であるとして、切り上げなければなりません

For implementations where multiple copies are produced by the interpreter with only a single pass over the data, the final value MUST be equal to the value of the "job-k-octets" attribute. For implementations where multiple copies are produced by the interpreter by processing the data for each copy, the final value MUST be a multiple of the value of the "job-k-octets" attribute.

複数のコピーがデータ上単一パスでインタプリタによって生成される実装では、最終的な値は、「ジョブ-K-オクテット」属性の値に等しくなければなりません。複数のコピーが各コピーのためのデータを処理することによって、インタプリタにより製造される実装では、最終的な値は、「ジョブ-K-オクテット」属性の値の倍数でなければなりません。

4.3.18.2 job-impressions-completed (integer(0:MAX))
4.3.18.2ジョブインプレッション完了(整数(0:MAX))

This job attribute specifies the number of impressions completed for the job so far. For printing devices, the impressions completed includes interpreting, marking, and stacking the output.

このジョブ属性は、今までにジョブが完了インプレッション数を指定します。印刷デバイスの場合、完成印象は、通訳マーキング、および出力を積み重ねています。

4.3.18.3 job-media-sheets-completed (integer(0:MAX))
4.3.18.3ジョブメディアシート完了(整数(0:MAX))

This job attribute specifies the media-sheets completed marking and stacking for the entire job so far whether those sheets have been processed on one side or on both.

このジョブ属性は、メディア・シートは、これまで、これらのシートは片側または両方で処理されたかどうかをマークし、全体の仕事のために積み重ね完成指定します。

4.3.19 attributes-charset (charset)
4.3.19属性 - 文字セット(文字セット)

This REQUIRED attribute is populated using the value in the client supplied "attributes-charset" attribute in the create request. It identifies the charset (coded character set and encoding method) used by any Job attributes with attribute syntax 'text' and 'name' that were supplied by the client in the create request. See Section 3.1.4 for a complete description of the "attributes-charset" operation attribute.

このREQUIRED属性は、作成要求でクライアント付属の「属性-のcharset」属性の値を使用して移入されます。これは、任意のジョブで使用される文字セット(符号化文字集合と符号化方式)を作成し、要求内のクライアントによって供給された属性構文は「text」と「名前」で属性を識別します。 「属性-のcharset」操作属性の詳細については、3.1.4項を参照してください。

This attribute does not indicate the charset in which the 'text' and 'name' values are stored internally in the Job object. The internal charset is implementation-defined. The IPP object MUST convert from whatever the internal charset is to that being requested in an operation as specified in Section 3.1.4.

この属性は、「テキスト」と「名前」の値は、ジョブオブジェクトに内部的に格納されている文字セットを示すものではありません。内部のcharsetは実装定義です。 IPPオブジェクトは、セクション3.1.4で指定されるように内部文字セットが動作中で要求されたものであることにある何から変換しなければなりません。

4.3.20 attributes-natural-language (naturalLanguage)
4.3.20属性 - 自然言語(自然言語)

This REQUIRED attribute is populated using the value in the client supplied "attributes-natural-language" attribute in the create request. It identifies the natural language used for any Job attributes with attribute syntax 'text' and 'name' that were supplied by the client in the create request. See Section 3.1.4 for a complete description of the "attributes-natural-language" operation attribute. See Sections 4.1.1.2 and 4.1.2.2 for how a Natural Language Override may be supplied explicitly for each 'text' and 'name' attribute value that differs from the value identified by the "attributes-natural-language" attribute.

このREQUIRED属性は、「属性自然言語」属性を作成する要求で供給され、クライアントに値を使用して移入されます。これは、任意の仕事のために使用され、自然言語で作成要求でクライアントによって供給された属性構文は「text」と「名前」で属性を識別します。 「属性自然言語」操作属性の詳細については、3.1.4項を参照してください。自然言語の上書きは、各「テキスト」と「属性自然言語」属性をで識別される値と異なる「名前」属性の値を明示的に供給することができる方法については、セクション4.1.1.2と4.1.2.2を参照してください。

4.4 Printer Description Attributes
4.4プリンタ記述属性

These attributes form the attribute group called "printer-description". The following table summarizes these attributes, their syntax, and whether or not they are REQUIRED for a Printer object to support. If they are not indicated as REQUIRED, they are OPTIONAL. The maximum size in octets for 'text' and 'name' attributes is indicated in parenthesizes.

これらの属性は、「プリンタ記述」と呼ばれる属性グループを形成します。次の表は、これらの属性、その構文、およびそれらをサポートするプリンタオブジェクトのために必要とされるかどうかをまとめたもの。これらはREQUIREDとして示されていない場合、彼らはオプションです。 「テキスト」と「name」のオクテットの最大サイズ属性はparenthesizesに示されています。

Note: How these attributes are set by an Administrator is outside the scope of this IPP/1.1 document.

注意:これらの属性は、管理者によって設定されているどのようにこのIPP / 1.1文書の範囲外です。

  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  |      Attribute             |     Syntax                | REQUIRED? |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-uri-supported      | 1setOf uri                |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | uri-security-supported     | 1setOf type2 keyword      |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | uri-authentication-        | 1setOf type2 keyword      |  REQUIRED |
  |     supported              |                           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-name               | name (127)                |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-location           | text (127)                |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-info               | text (127)                |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-more-info          | uri                       |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-driver-installer   | uri                       |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-make-and-model     | text (127)                |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-more-info-         | uri                       |           |
  | manufacturer               |                           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-state              | type1 enum                |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-state-reasons      | 1setOf type2 keyword      |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-state-message      | text (MAX)                |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | ipp-versions-supported     | 1setOf type2 keyword      |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | operations-supported       | 1setOf type2 enum         |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | multiple-document-jobs-    | boolean                   |           |
  |     supported              |                           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | charset-configured         | charset                   |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | charset-supported          | 1setOf charset            |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | natural-language-configured| naturalLanguage           |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | generated-natural-language-| 1setOf naturalLanguage    |  REQUIRED |
  | supported                  |                           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | document-format-default    | mimeMediaType             |  REQUIRED |
        
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | document-format-supported  | 1setOf mimeMediaType      |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-is-accepting-jobs  | boolean                   |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | queued-job-count           | integer (0:MAX)           |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-message-from-      | text (127)                |           |
  | operator                   |                           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | color-supported            | boolean                   |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | reference-uri-schemes-     | 1setOf uriScheme          |           |
  |   supported                |                           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | pdl-override-supported     | type2 keyword             |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-up-time            | integer (1:MAX)           |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | printer-current-time       | dateTime                  |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | multiple-operation-time-out| integer (1:MAX)           |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | compression-supported      | 1setOf type3 keyword      |  REQUIRED |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | job-k-octets-supported     | rangeOfInteger (0:MAX)    |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | job-impressions-supported  | rangeOfInteger (0:MAX)    |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | job-media-sheets-supported | rangeOfInteger (0:MAX)    |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | pages-per-minute           | integer(0:MAX)            |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
  | pages-per-minute-color     | integer(0:MAX)            |           |
  +----------------------------+---------------------------+-----------+
        
4.4.1 printer-uri-supported (1setOf uri)
4.4.1プリンタ-URIサポート(1setOf S)

This REQUIRED Printer attribute contains at least one URI for the Printer object. It OPTIONALLY contains more than one URI for the Printer object. An administrator determines a Printer object's URI(s) and configures this attribute to contain those URIs by some means outside the scope of this IPP/1.1 document. The precise format of this URI is implementation dependent and depends on the protocol. See the next two sections for a description of the "uri-security-supported" and "uri-authentication-supported" attributes, both of which are the REQUIRED companion attributes to this "printer-uri-supported" attribute. See section 2.4 on Printer object identity and section 8.2 on security and URIs for more information.

このREQUIRED Printer属性はPrinterオブジェクトのための少なくとも一つのURIが含まれています。これは、オプションのプリンタオブジェクトに対して複数のURIが含まれています。管理者は、PrinterオブジェクトのURI(複数可)を決定し、このIPP / 1.1文書の範囲外のいくつかの手段によってそれらのURIを含むように、この属性を設定します。このURIの正確な形式は実装依存であり、プロトコルに依存します。 REQUIREDコンパニオンは、この「プリンタ-uriのサポート」属性に属性ですどちらも「URI-セキュリティ・サポート」および「URI-認証サポート」属性の説明については、次の2つのセクションを参照してください。詳細については、プリンタオブジェクトのアイデンティティとセキュリティ上のセクション8.2とのURIのセクション2.4を参照してください。

4.4.2 uri-authentication-supported (1setOf type2 keyword)
4.4.2 URI-認証サポート(1setOfタイプ2キーワード)

This REQUIRED Printer attribute MUST have the same cardinality (contain the same number of values) as the "printer-uri-supported" attribute. This attribute identifies the Client Authentication mechanism associated with each URI listed in the "printer-uri-supported" attribute. The Printer object uses the specified mechanism to identify the authenticated user (see section 8.3). The "i th" value in "uri-authentication-supported" corresponds to the "i th" value in "printer-uri-supported" and it describes the authentication mechanisms used by the Printer when accessed via that URI. See [RFC2910] for more details on Client Authentication.

このREQUIRED Printer属性は、「プリンタ-uriのサポート」属性として(同じ数の値が含まれている)と同じカーディナリティを持たなければなりません。この属性は、「プリンタ-URIサポート」属性にリストされた各URIに関連付けられたクライアント認証メカニズムを識別する。プリンタオブジェクトは、認証されたユーザを識別するために指定されたメカニズムを使用する(セクション8.3を参照)。 「URI認証サポート」は「プリンタは-URIサポート」の「私は」番目の値に対応の値を「私が」番目とそのURIを介してアクセスされたときのプリンタによって使用される認証メカニズムを記述する。クライアント認証の詳細については、[RFC2910]を参照してください。

The following standard keyword values are defined:

以下の標準のキーワード値が定義されています。

'none': There is no authentication mechanism associated with the URI. The Printer object assumes that the authenticated user is "anonymous". 'requesting-user-name': When a client performs an operation whose target is the associated URI, the Printer object assumes that the authenticated user is specified by the "requesting-user-name" Operation attribute (see section 8.3). If the "requesting-user-name" attribute is absent in a request, the Printer object assumes that the authenticated user is "anonymous". 'basic': When a client performs an operation whose target is the associated URI, the Printer object challenges the client with HTTP basic authentication [RFC2617]. The Printer object assumes that the authenticated user is the name received via the basic authentication mechanism. 'digest': When a client performs an operation whose target is the associated URI, the Printer object challenges the client with HTTP digest authentication [RFC2617]. The Printer object assumes that the authenticated user is the name received via the digest authentication mechanism. 'certificate': When a client performs an operation whose target is the associated URI, the Printer object expects the client to provide a certificate. The Printer object assumes that the authenticated user is the textual name contained within the certificate.

「どれも」:URIに関連付けられた認証メカニズムはありません。 Printerオブジェクトは、認証されたユーザーが「匿名」であることを前提としています。 「要求するユーザー名を」:クライアントは、その標的関連URIで操作を行うと、プリンタオブジェクトは、操作属性(セクション8.3を参照)認証されたユーザは、「要求ユーザ名」で指定されていることを前提としています。 「要求ユーザー名」属性が要求に存在しない場合、Printerオブジェクトは、認証されたユーザーが「匿名」であることを前提としています。 「基本的な」:クライアントは、その標的関連URIで操作を行うと、プリンタオブジェクトは、HTTP基本認証[RFC2617]をクライアントにチャレンジ。 Printerオブジェクトは、認証されたユーザーが、基本的な認証メカニズムを介して受信された名前であることを前提としています。 「ダイジェスト」:クライアントは、その標的関連URIで操作を行うと、プリンタオブジェクトは、HTTPを使用してクライアントを認証[RFC2617]をダイジェスト挑戦。 Printerオブジェクトは、認証されたユーザがダイジェスト認証機構を介して受信された名前であることを前提としています。 「証明書」:クライアントは、その標的関連URIで操作を行うと、Printerオブジェクトは、クライアントが証明書を提供することを期待。 Printerオブジェクトは、認証されたユーザーが証明書に含まれるテキスト形式の名前であることを前提としています。

4.4.3 uri-security-supported (1setOf type2 keyword)
4.4.3 URI-セキュリティ・サポート(1setOfタイプ2キーワード)

This REQUIRED Printer attribute MUST have the same cardinality (contain the same number of values) as the "printer-uri-supported" attribute. This attribute identifies the security mechanisms used for each URI listed in the "printer-uri-supported" attribute. The "i th" value in "uri-security-supported" corresponds to the "i th" value in "printer-uri-supported" and it describes the security mechanisms used for accessing the Printer object via that URI. See [RFC2910] for more details on security mechanisms.

このREQUIRED Printer属性は、「プリンタ-uriのサポート」属性として(同じ数の値が含まれている)と同じカーディナリティを持たなければなりません。この属性は、「プリンタ-uriのサポート」属性にリストされた各URIのために使用されるセキュリティメカニズムを識別します。 「URI-セキュリティ・サポート」の「私は番目」の値は、「プリンタ-uriのサポート」の値を「私は番目」と、それはそのURIを介してプリンタオブジェクトにアクセスするために使用されるセキュリティメカニズムを説明に対応しています。セキュリティ・メカニズムの詳細については、[RFC2910]を参照してください。

The following standard keyword values are defined:

以下の標準のキーワード値が定義されています。

'none': There are no secure communication channel protocols in use for the given URI. 'ssl3': SSL3 [SSL] is the secure communications channel protocol in use for the given URI. 'tls': TLS [RFC2246] is the secure communications channel protocol in use for the given URI.

「どれも」:指定されたURIの使用には安全な通信チャネルプロトコルはありません。 「SSL3」:SSL3 [SSL]が与えられたURIのために使用されている安全な通信チャネルプロトコルです。 「TLS」:TLS [RFC2246]は指定されたURIのために使用されている安全な通信チャネルプロトコルです。

This attribute is orthogonal to the definition of a Client Authentication mechanism. Specifically, 'none' does not exclude Client Authentication. See section 4.4.2.

この属性は、クライアント認証メカニズムの定義に直交しています。具体的には、「どれも」クライアント認証を除外しません。セクション4.4.2を参照してください。

Consider the following example. For a single Printer object, an administrator configures the "printer-uri-supported", "uri-authentication-supported" and "uri-security-supported" attributes as follows:

次の例を考えてみましょう。単一のPrinterオブジェクトの場合、管理者は、「プリンタ-uriのサポートは」、「uriの認証サポート」および「URI-セキュリティサポート」属性は、以下のように設定しています。

     "printer-uri-supported": 'xxx://acme.com/open-use-printer',
        'xxx://acme.com/restricted-use-printer',
        'xxx://acme.com/private-printer'
     "uri-authentication-supported": 'none', 'digest', 'basic'
     "uri-security-supported": 'none', 'none', 'tls'
        

Note: 'xxx' is not a valid scheme. See the IPP/1.1 "Transport and Encoding" document [RFC2910] for the actual URI schemes to be used in object target attributes.

注:「XXX」は有効な手法ではありません。オブジェクトのターゲット属性で使用される実際のURIスキームのためのIPP / 1.1「トランスポートおよびエンコーディング」文書[RFC2910]を参照してください。

In this case, one Printer object has three URIs.

この場合、1つのPrinterオブジェクトは、3つのURIを持っています。

- For the first URI, 'xxx://acme.com/open-use-printer', the value 'none' in "uri-security-supported" indicates that there is no secure channel protocol configured to run under HTTP. The value of 'none' in "uri-authentication-supported" indicates that all users are 'anonymous'. There will be no challenge and the Printer will ignore "requesting-user-name".

- 最初のURIについては、「XXX://acme.com/open-use-printer」、「uriのセキュリティ・サポート」の値「どれも」HTTPの下で実行するように構成された全く安全なチャネルプロトコルが存在しないことを示していません。 「URI-認証サポート」の「なし」の値は、すべてのユーザーが「匿名」であることを示しています。そこには挑戦しないであろうとプリンターは、「ユーザー名を要求する」無視します。

- For the second URI, 'xxx://acme.com/restricted-use-printer', the value 'none' in "uri-security-supported" indicates that there is no secure channel protocol configured to run under HTTP. The value of 'digest' in "uri-authentication-supported" indicates that the Printer will issue a challenge and that the Printer will use the name supplied by the digest mechanism to determine the authenticated user (see section 8.3). - For the third URI, 'xxx://acme.com/private-printer', the value 'tls' in "uri-security-supported" indicates that TLS is being used to secure the channel. The client SHOULD be prepared to use TLS framing to negotiate an acceptable ciphersuite to use while communicating with the Printer object. In this case, the name implies the use of a secure communications channel, but the fact is made explicit by the presence of the 'tls' value in "uri-security-supported". The client does not need to resort to understanding which security it must use by following naming conventions or by parsing the URI to determine which security mechanisms are implied. The value of 'basic' in "uri-authentication-supported" indicates that the Printer will issue a challenge and that the Printer will use the name supplied by the digest mechanism to determine the authenticated user (see section 8.3). Because this challenge occurs in a tls session, the channel is secure.

- 2番目のURIについては、「XXX://acme.com/restricted-use-printer」、「uriのセキュリティ・サポート」の値「どれも」HTTPの下で実行するように構成された全く安全なチャネルプロトコルが存在しないことを示していません。 「URI-認証サポート」の「ダイジェスト」の値は、プリンタがチャレンジを発行し、プリンタが認証されたユーザを決定するためにダイジェストメカニズムによって提供された名前を使用すること(セクション8.3を参照)になることを示しています。 - 第三のURIは、「XXX://acme.com/private-printer」は、「URIセキュリティサポート」の値「TLS」はTLSチャネルを確保するために使用されていることを示しています。クライアントは、プリンタオブジェクトとの通信中に使用するために許容される暗号スイートを交渉するためにTLSフレーミングを使用するために準備されるべきです。この場合、名前は、安全な通信チャネルの使用を意味しますが、実際には「URI-セキュリティ・サポート」の「TLS」の値が存在することによって明示的に行われています。クライアントは、それが命名規則に従うことによって、またはセキュリティ・メカニズムが暗示されているかを決定するためにURIを解析して使用する必要がありますセキュリティの理解に頼る必要はありません。 「URI-認証サポート」の「基本的な」の値は、プリンタがチャレンジを発行し、プリンタが認証されたユーザを決定するためにダイジェストメカニズムによって提供された名前を使用すること(セクション8.3を参照)になることを示しています。この課題は、TLSセッションで発生しているため、チャネルは安全です。

It is expected that many IPP Printer objects will be configured to support only one channel (either configured to use TLS access or not) and only one authentication mechanism. Such Printer objects only have one URI listed in the "printer-uri-supported" attribute. No matter the configuration of the Printer object (whether it has only one URI or more than one URI), a client MUST supply only one URI in the target "printer-uri" operation attribute.

多くのIPPプリンタオブジェクトが一つだけのチャンネル(TLSへのアクセスかどうかを使用するように設定のいずれか)と、唯一の認証メカニズムをサポートするように設定されることが期待されます。このようなプリンタオブジェクトは、唯一のURIは、「プリンタ-uriのサポート」属性にリストされています。どんなにプリンタオブジェクトの設定(それが唯一のURIまたは複数のURIを持っているかどうか)、クライアントは、「プリンタ-URI」操作属性対象に一つだけのURIを供給しなければなりません。

4.4.4 printer-name (name(127))
4.4.4プリンタ名(名前(127))

This REQUIRED Printer attribute contains the name of the Printer object. It is a name that is more end-user friendly than a URI. An administrator determines a printer's name and sets this attribute to that name. This name may be the last part of the printer's URI or it may be unrelated. In non-US-English locales, a name may contain characters that are not allowed in a URI.

このREQUIRED Printer属性は、プリンタオブジェクトの名前が含まれています。これは、URIよりも多くのエンドユーザフレンドリーな名前です。管理者は、プリンタの名前を決定し、その名前にこの属性を設定します。この名前は、プリンタのURIの最後の部分であってもよいし、無関係かもしれません。米国以外の英語ロケールでは、名前がURIで許可されていない文字が含まれていてもよいです。

4.4.5 printer-location (text(127))
4.4.5プリンタ位置(テキスト(127))

This Printer attribute identifies the location of the device. This could include things like: "in Room 123A, second floor of building XYZ".

このPrinter属性は、デバイスの位置を特定します。 「ルーム123A、XYZの建物の2階にある」:これは、のようなものを含めることができます。

4.4.6 printer-info (text(127))
4.4.6プリンタの情報(テキスト(127))

This Printer attribute identifies the descriptive information about this Printer object. This could include things like: "This printer can be used for printing color transparencies for HR presentations", or "Out of courtesy for others, please print only small (1-5 page) jobs at this printer", or even "This printer is going away on July 1, 1997, please find a new printer".

このPrinter属性は、このプリンタオブジェクトに関する記述的な情報を識別します。 「このプリンタはHRプレゼンテーション用の印刷色の透明度のために使用することができる」、または「でも、このプリンタを「他人のための礼儀のうち、このプリンタではわずか(1-5ページ)ジョブを印刷してください」、または:これは、のようなものを含めることができます1997年7月1日に離れて起こっている、新しいプリンタ」を見つけてください。

4.4.7 printer-more-info (uri)
4.4.7プリンタより-情報(時間)

This Printer attribute contains a URI used to obtain more information about this specific Printer object. For example, this could be an HTTP type URI referencing an HTML page accessible to a Web Browser. The information obtained from this URI is intended for end user consumption. Features outside the scope of IPP can be accessed from this URI. The information is intended to be specific to this printer instance and site specific services (e.g. job pricing, services offered, end user assistance). The device manufacturer may initially populate this attribute.

このPrinter属性は、URIは、この特定のPrinterオブジェクトに関する詳細な情報を取得するために使用が含まれています。たとえば、これはWebブラウザからアクセス可能なHTMLページを参照するHTTP型のURIである可能性があります。このURIから得られた情報は、エンドユーザーの消費のために意図されます。 IPPの範囲外の機能は、このURIからアクセスすることができます。情報は、このプリンタインスタンスとサイト固有のサービス(例えば仕事の価格設定、提供されるサービス、エンドユーザー支援)に特異的であることを意図しています。デバイスメーカーは当初、この属性を読み込むことがあります。

4.4.8 printer-driver-installer (uri)
4.4.8プリンタドライバインストーラ(URI)

This Printer attribute contains a URI to use to locate the driver installer for this Printer object. This attribute is intended for consumption by automata. The mechanics of print driver installation is outside the scope of this IPP/1.1 document. The device manufacturer may initially populate this attribute.

このPrinter属性は、このプリンタオブジェクトのためのドライバインストーラを見つけるために使用するURIが含まれています。この属性はオートマトンによる消費のために意図されます。プリンタドライバのインストールの力学は、このIPP / 1.1文書の範囲外です。デバイスメーカーは当初、この属性を読み込むことがあります。

4.4.9 printer-make-and-model (text(127))
4.4.9プリンタメイク・アンド・モデル(テキスト(127))

This Printer attribute identifies the make and model of the device. The device manufacturer may initially populate this attribute.

このPrinter属性は、デバイスの製造元とモデルを識別します。デバイスメーカーは当初、この属性を読み込むことがあります。

4.4.10 printer-more-info-manufacturer (uri)
4.4.10プリンタより-INFO-メーカー(URI)

This Printer attribute contains a URI used to obtain more information about this type of device. The information obtained from this URI is intended for end user consumption. Features outside the scope of IPP can be accessed from this URI (e.g., latest firmware, upgrades, print drivers, optional features available, details on color support). The information is intended to be germane to this printer without regard to site specific modifications or services. The device manufacturer may initially populate this attribute.

このPrinter属性は、URIはこの型のデバイスについての追加情報を取得するために使用が含まれています。このURIから得られた情報は、エンドユーザーの消費のために意図されます。 IPPの範囲外の機能(例えば、最新のファームウェア、アップグレード、プリンタドライバは、利用可能なオプション機能、カラーサポートの詳細)このURIからアクセスすることができます。情報は、サイト固有の変更やサービスに関係なく、このプリンタに密接であることを意図しています。デバイスメーカーは当初、この属性を読み込むことがあります。

4.4.11 printer-state (type1 enum)
4.4.11プリンタ状態(TYPE1列挙型)

This REQUIRED Printer attribute identifies the current state of the device. The "printer-state reasons" attribute augments the "printer-state" attribute to give more detailed information about the Printer in the given printer state.

このREQUIRED Printer属性は、デバイスの現在の状態を識別します。 「プリンタ状態理由」属性は、指定されたプリンタ状態のプリンタについてのより詳細な情報を提供するために、「プリンタ状態」属性を強化します。

A Printer object need only update this attribute before responding to an operation which requests the attribute; the Printer object NEED NOT update this attribute continually, since asynchronous event notification is not part of IPP/1.1. A Printer NEED NOT implement all values if they are not applicable to a given implementation.

Printerオブジェクトは、唯一の属性を要求操作に応答する前にこの属性を更新する必要があります。 Printerオブジェクトは、非同期イベント通知は、IPP / 1.1の一部ではないので、継続的にこの属性を更新する必要はありません。プリンタは、彼らが特定の実装には適用されない場合はすべての値を実装する必要はありません。

The following standard enum values are defined:

次の標準的な列挙値が定義されています。

Value Symbolic Name and Description

値シンボル名と説明

'3' 'idle': Indicates that new jobs can start processing without waiting. '4' 'processing': Indicates that jobs are processing; new jobs will wait before processing. '5' 'stopped': Indicates that no jobs can be processed and intervention is required.

「「3」」アイドル:新しいジョブをすぐに処理できることを示します。 「4」「の処理が」:ジョブが処理中であることを示します。新しいジョブは処理の前に待機します。 5「」「」は停止:どんな仕事を処理することはできないし、介入が必要であることを示します。

Values of "printer-state-reasons", such as 'spool-area-full' and 'stopped-partly', MAY be used to provide further information.

このような「スプール領域フル」として「プリンタ状態理由」の値と「停止-一部」は、さらなる情報を提供するために使用され得ます。

4.4.12 printer-state-reasons (1setOf type2 keyword)
4.4.12プリンタ状態の理由(2型キーワードの1)

This REQUIRED Printer attribute supplies additional detail about the device's state. Some of the these value definitions indicate conformance requirements; the rest are OPTIONAL.

このREQUIRED Printer属性は、デバイスの状態に関する追加の詳細を提供します。これらの値の定義の中には、適合性要件を示しています。残りはオプションです。

Each keyword value MAY have a suffix to indicate its level of severity. The three levels are: report (least severe), warning, and error (most severe).

各キーワードの値は、重要度のそのレベルを示すために、接尾辞を持っているかもしれません。 3つのレベルがある:レポート(少なくとも重度)、警告、およびエラー(最も厳しいです)。

- '-report': This suffix indicates that the reason is a "report". An implementation may choose to omit some or all reports. Some reports specify finer granularity about the printer state; others serve as a precursor to a warning. A report MUST contain nothing that could affect the printed output. - '-warning': This suffix indicates that the reason is a "warning". An implementation may choose to omit some or all warnings. Warnings serve as a precursor to an error. A warning MUST contain nothing that prevents a job from completing, though in some cases the output may be of lower quality.

- 「-reportは、」:この接尾語は、理由が「報告書」であることを示しています。実装は、一部またはすべてのレポートを省略することもできます。一部のレポートには、プリンタの状態についてより詳細に指定します。他の人が警告への前駆体としての役割を果たす。報告書は、印刷出力に影響を与える可能性が何も含まれてはなりません。 - 「-warning」:この接尾語は、理由が「警告」であることを示しています。実装は、一部またはすべての警告を省略することもできます。警告はエラーへの前駆体としての役割を果たす。警告は、いくつかのケースでは、出力は低品質のものであってもよいが、完了することから仕事を防ぐ何も含まれてはなりません。

- '-error': This suffix indicates that the reason is an "error". An implementation MUST include all errors. If this attribute contains one or more errors, printer MUST be in the stopped state.

- 「-error」:この接尾語は、理由が「エラー」であることを示しています。実装では、すべてのエラーを含まなければなりません。この属性が1つ以上のエラーが含まれている場合は、プリンタが停止した状態でなければなりません。

If the implementation does not add any one of the three suffixes, all parties MUST assume that the reason is an "error".

実装は3つの接尾辞のいずれかを追加しない場合は、すべての当事者は、理由が「エラー」であると仮定しなければなりません。

If a Printer object controls more than one output device, each value of this attribute MAY apply to one or more of the output devices. An error on one output device that does not stop the Printer object as a whole MAY appear as a warning in the Printer's "printer-state-reasons attribute". If the "printer-state" for such a Printer has a value of 'stopped', then there MUST be an error reason among the values in the "printer-state-reasons" attribute.

プリンタオブジェクトが複数の出力デバイスを制御している場合、この属性の各値は、出力デバイスの1つ以上に適用される場合があります。全体として、プリンタオブジェクトを停止しない一つの出力デバイス上のエラーは、プリンタの「プリンタ状態理由属性」に警告として表示されることがあります。プリンタのための「プリンタの状態が」「停止」の値がある場合は、「プリンタ状態-の理由」属性の値の中のエラーの理由があるに違いありません。

The following standard keyword values are defined:

以下の標準のキーワード値が定義されています。

'other': The device has detected an error other than one listed in this document. 'none': There are not reasons. This state reason is semantically equivalent to "printer-state-reasons" without any value and MUST be used, since the 1setOf attribute syntax requires at least one value. 'media-needed': A tray has run out of media. 'media-jam': The device has a media jam. 'moving-to-paused': Someone has paused the Printer object using the Pause-Printer operation (see section 3.2.7) or other means, but the device(s) are taking an appreciable time to stop. Later, when all output has stopped, the "printer-state" becomes 'stopped', and the 'paused' value replaces the 'moving-to-paused' value in the "printer-state-reasons" attribute. This value MUST be supported, if the Pause-Printer operation is supported and the implementation takes significant time to pause a device in certain circumstances. 'paused': Someone has paused the Printer object using the Pause-Printer operation (see section 3.2.7) or other means and the Printer object's "printer-state" is 'stopped'. In this state, a Printer MUST NOT produce printed output, but it MUST perform other operations requested by a client. If a Printer had been printing a job when the Printer was paused, the Printer MUST resume printing that job when the Printer is no longer paused and leave no evidence in the printed output of such a pause. This value MUST be supported, if the Pause-Printer operation is supported. 'shutdown': Someone has removed a Printer object from service, and the device may be powered down or physically removed. In this state, a Printer object MUST NOT produce printed output, and unless the Printer object is realized by a print server that is still active, the Printer object MUST perform no other operations requested by a client, including returning this value. If a Printer object had been printing a job when it was shutdown, the Printer NEED NOT resume printing that job when the Printer is no longer shutdown. If the Printer resumes printing such a job, it may leave evidence in the printed output of such a shutdown, e.g. the part printed before the shutdown may be printed a second time after the shutdown. 'connecting-to-device': The Printer object has scheduled a job on the output device and is in the process of connecting to a shared network output device (and might not be able to actually start printing the job for an arbitrarily long time depending on the usage of the output device by other servers on the network). 'timed-out': The server was able to connect to the output device (or is always connected), but was unable to get a response from the output device. 'stopping': The Printer object is in the process of stopping the device and will be stopped in a while. When the device is stopped, the Printer object will change the Printer object's state to 'stopped'. The 'stopping-warning' reason is never an error, even for a Printer with a single output device. When an output-device ceases accepting jobs, the Printer will have this reason while the output device completes printing. 'stopped-partly': When a Printer object controls more than one output device, this reason indicates that one or more output devices are stopped. If the reason is a report, fewer than half of the output devices are stopped. If the reason is a warning, fewer than all of the output devices are stopped. 'toner-low': The device is low on toner. 'toner-empty': The device is out of toner. 'spool-area-full': The limit of persistent storage allocated for spooling has been reached. The Printer is temporarily unable to accept more jobs. The Printer will remove this value when it is able to accept more jobs. This value SHOULD be used by a non-spooling Printer that only accepts one or a small number jobs at a time or a spooling Printer that has filled the spool space. 'cover-open': One or more covers on the device are open. 'interlock-open': One or more interlock devices on the printer are unlocked. 'door-open': One or more doors on the device are open. 'input-tray-missing': One or more input trays are not in the device. 'media-low': At least one input tray is low on media. 'media-empty': At least one input tray is empty.

「その他」:デバイスは、この文書に記載されているもの以外のエラーを検出しました。 「なし」:理由がありません。 1setOf構文は少なくとも1つの値を必要とする属性ので、この状態の理由は、任意の値なしで「プリンタ状態理由」と意味的に同等であり、使用されなければなりません。 「メディア-必要」:トレーはメディアが不足しています。 「メディアジャム」:デバイスは、紙詰まりが発生しています。 「動画にポーズ」:誰かがプリンタポ​​ーズプリンタの操作を使用してオブジェクト(セクション3.2.7参照)又は他の手段を一時停止しているが、デバイスが停止するまでには時間を取っています。すべての出力が停止したとき、後で、「プリンタ状態は、」「停止」、および「一時停止」の値が「プリンタ状態-の理由」属性に「移動-にポーズ」の値を置き換えとなります。ポーズプリンタ動作がサポートされている場合、この値は、サポートしなければならないと実装は、特定の状況でデバイスを一時停止するためにかなりの時間を要します。 「一時停止」:誰かが一時停止・プリンタ操作を使用して、プリンタオブジェクトを一時停止しているか、他の手段とPrinterオブジェクトの「プリンタ状態」(セクション3.2.7を参照)を「停止」です。この状態では、プリンタは、印刷出力を生成してはならないが、それは、クライアントが要求した他の操作を実行しなければなりません。プリンタが一時停止されたときに、プリンタがジョブを印刷していた場合は、プリンタは、プリンタがもはや一時停止されたときにそのジョブの印刷を再開しないと、このような一時停止の印刷出力に証拠を残してはなりません。一時停止 - プリンタの操作がサポートされている場合、この値は、サポートしなければなりません。 「シャットダウン」:誰かがサービスからプリンターオブジェクトを削除しており、デバイスはパワーダウンまたは物理的に除去することができます。この状態で、プリンタオブジェクトが印刷された出力を生成してはいけません、とプリンタオブジェクトがまだアクティブであるプリントサーバによって実現されていない限り、Printerオブジェクトは、この値を返すなど、クライアントによって要求された他の操作を実行はなりません。プリンタオブジェクトは、それがシャットダウンされたジョブを印刷していた場合は、プリンタはもはやシャットダウンされると、プリンタはそのジョブの印刷を再開する必要はありません。プリンタは、このようなジョブの印刷を再開した場合、それは例えば、そのようなシャットダウンの印刷出力に証拠を残すことができますシャットダウンの前に印刷された部分は、シャットダウン後の第2の時間を印刷することができます。 「接続 - デバイス」:Printerオブジェクトは、出力デバイスにジョブをスケジュールし、共有ネットワーク出力デバイスへの接続処理中である(実際に応じて任意に長い時間のジョブの印刷を開始することができないかもしれましたネットワーク上の他のサーバーによって、出力デバイスの使用に関する)。 「タイムアウト」:サーバが出力デバイスに接続することができました(または常時接続されている)が、出力デバイスからの応答を取得できませんでした。 「停止」:Printerオブジェクトは、デバイスを停止する処理であり、一方で停止します。デバイスが停止している場合は、Printerオブジェクトは、「停止」にPrinterオブジェクトの状態を変更します。 「停止警告」の理由は、1つでも出力デバイスとプリンターのため、エラーになることはありません。出力デバイスがジョブを受け入れなくなった場合は、出力デバイスが印刷を完了している間、プリンタは、このような理由を持っています。 「停止-一部」:Printerオブジェクトが複数の出力デバイスを制御する場合、この理由は、1つまたは複数の出力デバイスが停止していることを示しています。理由が報告された場合は、出力デバイスの半分よりも少ないが停止されています。その理由は、警告の場合は、出力デバイスの全てよりも少ないが停止されています。 「トナー低」:デバイスはトナーに低いです。 「トナーエンプティ」:デバイスは、トナーの外です。 「スプール・エリア・フル」:スプール処理用に割り当てられた固定記憶域の上限に達していました。プリンタが一時的に複数のジョブを受け入れることができません。より多くの雇用を受け入れることができるとき、プリンタは、この値を削除します。この値は、時間やスプールスペースを埋めたスプールプリンタに1つまたは少数の仕事を受け入れる非スプールプリンタで使用されるべきです。 「カバーオープン」:デバイス上の1つのまたは複数のカバーが開いています。 「インターロック・オープン」:プリンタ上の1つのまたは複数のインターロックデバイスがロック解除されます。 「ドアオープン」:デバイス上の1つの以上のドアが開いています。 「入力トレイ欠落」:1つの以上の入力トレイが装置に含まれていません。 「メディアロー」:少なくとも1つの給紙トレイは、メディアに低いです。 「メディア空」:少なくとも1つの給紙トレイが空です。

'output-tray-missing': One or more output trays are not in the device 'output-area-almost-full': One or more output area is almost full (e.g. tray, stacker, collator). 'output-area-full': One or more output area is full. (e.g. tray, stacker, collator) 'marker-supply-low': The device is low on at least one marker supply. (e.g. toner, ink, ribbon) 'marker-supply-empty: The device is out of at least one marker supply. (e.g. toner, ink, ribbon) 'marker-waste-almost-full': The device marker supply waste receptacle is almost full. 'marker-waste-full': The device marker supply waste receptacle is full. 'fuser-over-temp': The fuser temperature is above normal. 'fuser-under-temp': The fuser temperature is below normal. 'opc-near-eol': The optical photo conductor is near end of life. 'opc-life-over': The optical photo conductor is no longer functioning. 'developer-low': The device is low on developer. 'developer-empty: The device is out of developer. 'interpreter-resource-unavailable': An interpreter resource is unavailable (i.e. font, form)

「出力トレイ欠損」:1つの以上の出力トレイデバイスの出力エリアほとんどフル」にない:1つの以上の出力領域(例えば、トレイ、スタッカ、コレータ)ほぼ満杯です。 「出力エリアフル」:1つ以上の出力領域がいっぱいです。 (例えばトレイ、スタッカ、コレータ)「マーカー供給ロー」:デバイスは、少なくとも一つのマーカー供給に低いです。 (例えば、トナー、インク、リボン)「マーカー供給空:デバイスは、少なくとも1つのマーカー供給の外にあります。 (例えば、トナー、インク、リボン)「マーカー廃ほぼ満杯」:デバイスマーカー供給廃棄物容器がほぼ満杯です。 「マーカー廃棄物の完全な」:マーカーサプライの空き容器収納部がいっぱいです。 「定着オーバーTEMP」:定着温度が通常より上です。 「定着アンダーTEMP」:定着温度が通常より低いです。 「OPC-ニアEOL」:光学感光体は人生の終わり近くにあります。 「OPC-人生オーバー」:光学感光体は、もはや機能しています。 「開発者の低」:デバイスは、開発者に低いです。 「開発者空:デバイスは、開発者が不足しています。 「通訳リソース利用不可」:インタプリタリソースが利用できない(即ち、フォント、形状)

4.4.13 printer-state-message (text(MAX))
4.4.13プリンタ状態メッセージ(テキスト(MAX))

This Printer attribute specifies information about the "printer-state" and "printer-state-reasons" attributes in human readable text. If the Printer object supports this attribute, the Printer object MUST be able to generate this message in any of the natural languages identified by the Printer's "generated-natural-language-supported" attribute (see the "attributes-natural-language" operation attribute specified in Section 3.1.4.1).

このPrinter属性は、「プリンタ状態」と「プリンタ状態理由から」人間が読めるテキストの属性に関する情報を指定します。 Printerオブジェクトがこの属性をサポートしている場合、プリンタオブジェクトは、プリンタの「生成された自然言語サポート」属性によって識別される自然言語のいずれかでこのメッセージを生成することができなければなりません(「属性自然言語を」操作属性を参照してくださいセクション3.1.4.1で指定)。

4.4.14 ipp-versions-supported (1setOf type2 keyword)
4.4.14 IPP-バージョンサポート(1setOfのTYPE2キーワード)

This REQUIRED attribute identifies the IPP protocol version(s) that this Printer supports, including major and minor versions, i.e., the version numbers for which this Printer implementation meets the conformance requirements. For version number validation, the Printer matches the (two-octet binary) "version-number" parameter supplied by the client in each request (see sections 3.1.1 and 3.1.8) with the (US-ASCII) keyword values of this attribute.

このREQUIRED属性は、メジャーバージョンとマイナーバージョン、すなわち、このプリンタの実装が適合性要件を満たしているため、バージョン番号など、このプリンタがサポートするIPPプロトコルバージョン(複数可)を識別します。バージョン番号の検証のために、プリンタが各要求でクライアントによって供給(2オクテットバイナリ)「バージョン番号」のパラメータと一致して、このキーワードの値を(US-ASCII)と(セクション3.1.1と3.1.8を参照してください)属性。

The following standard keyword values are defined:

以下の標準のキーワード値が定義されています。

'1.0': Meets the conformance requirement of IPP version 1.0 as specified in RFC 2566 [RFC2566] and RFC 2565 [RFC2565] including any extensions registered according to Section 6 and any extension defined in this version or any future version of the IPP "Model and Semantics" document or the IPP "Encoding and Transport" document following the rules, if any, when the "version-number" parameter is '1.0'. '1.1': Meets the conformance requirement of IPP version 1.1 as specified in this document and [RFC2910] including any extensions registered according to Section 6 and any extension defined in any future versions of the IPP "Model and Semantics" document or the IPP Encoding and Transport document following the rules, if any, when the "version-number" parameter is '1.1'.

「1.0」:セクション6と、このバージョンまたはIPPの将来のバージョンの「モデルで定義された任意の拡張子に応じて登録された拡張を含むRFC 2566 [RFC2566]及びRFC 2565 [RFC2565]で指定されるようにIPPバージョン1.0の適合要件を満たしますセマンティクス」文書またはIPP 『エンコーディングとトランスポートおよび』ルール以下の文書は、もしあれば、とき 『バージョン番号』パラメータは 『1.0』です。 「1.1」:セクション6及びIPP「モデルとセマンティクス」文書またはIPPをコードする任意の将来のバージョンで定義された任意の拡張子に応じて登録された拡張を含む本文書と[RFC2910]で指定されるようにIPPバージョン1.1の準拠要件を満たします「バージョン番号」パラメータが「1.1」の場合、およびTransport文書は、もしあれば、ルールに従います。

4.4.15 operations-supported (1setOf type2 enum)
4.4.15操作サポート(1setOfのTYPE2列挙型)

This REQUIRED Printer attribute specifies the set of supported operations for this Printer object and contained Job objects.

このREQUIRED Printer属性は、このプリンタオブジェクトと含まれているジョブオブジェクトでサポートされている一連の操作を指定します。

This attribute is encoded as any other enum attribute syntax according to [RFC2910] as 32-bits. However, all 32-bit enum values for this attribute MUST NOT exceed 0x00008FFF, since these same values are also passed in two octets in the "operation-id" parameter (see section 3.1.1) in each Protocol request with the two high order octets omitted in order to indicate the operation being performed [RFC2910].

この属性は32ビットとして[RFC2910]に記載の任意の他の列挙属性構文としてエンコードされます。これらの同じ値も「操作ID」パラメータで2つのオクテットで渡されているので、この属性のすべての32ビットの列挙値は、二つの高次と各プロトコルのリクエストに(セクション3.1.1を参照)、0x00008FFFを超えてはなりません[RFC2910]を行って動作を示すために省略オクテット。

The following standard enum and "operation-id" (see section 3.1.2) values are defined:

以下の標準的な列挙と「操作ID」(セクション3.1.2を参照)の値が定義されています。

     Value               Operation Name
     -----------------   -------------------------------------
        

0x0000 reserved, not used 0x0001 reserved, not used 0x0002 Print-Job 0x0003 Print-URI 0x0004 Validate-Job 0x0005 Create-Job 0x0006 Send-Document 0x0007 Send-URI 0x0008 Cancel-Job 0x0009 Get-Job-Attributes 0x000A Get-Jobs 0x000B Get-Printer-Attributes 0x000C Hold-Job 0x000D Release-Job 0x000E Restart-Job 0x000F reserved for a future operation 0x0010 Pause-Printer 0x0011 Resume-Printer 0x0012 Purge-Jobs 0x0013-0x3FFF reserved for future IETF standards track operations (see section 6.4) 0x4000-0x8FFF reserved for vendor extensions (see section 6.4)

0000予約、0x0001に予約使用されていない、0×0002印刷ジョブを使用していない0x0003印刷-URI 0x0004は検証-仕事0x0005作成し、ジョブを0x0006送信-ドキュメント0x0007を送る-URIを0x0008でキャンセル-仕事0x0009 0x000Aは、Get-ジョブズ0x000Bをゲットする-仕事は、属性0x000Cのホールドジョブ0x000Dリリース-仕事0x000Eを再起動し、仕事0x000Fは、将来の運用0x0010一時停止 - プリンタ0x0011再開-プリンタ0x0012パージ・ジョブのために予約0x0013-0x3FFFは将来のIETF標準のために予約属性--printer操作を追跡する(6.4節を参照)を0x4000 -0x8FFFベンダー拡張のために予約(6.4節を参照してください)

4.4.16 multiple-document-jobs-supported (boolean)
4.4.16マルチドキュメント・ジョブ・サポート(ブール値)

This Printer attribute indicates whether or not the Printer supports more than one document per job, i.e., more than one Send-Document or Send-Data operation with document data. If the Printer supports the Create-Job and Send-Document operations (see section 3.2.4 and 3.3.1), it MUST support this attribute.

このPrinter属性は、プリンタがジョブごとに複数の文書、すなわち、複数の送信、文書または文書データと、データ送信の操作をサポートしているか否かを示しています。プリンタは、ジョブの作成と送信、文書の操作をサポートしている場合(セクション3.2.4と3.3.1を参照)、それがこの属性をサポートしなければなりません。

4.4.17 charset-configured (charset)
4.4.17文字セット構成(文字セット)

This REQUIRED Printer attribute identifies the charset that the Printer object has been configured to represent 'text' and 'name' Printer attributes that are set by the operator, system administrator, or manufacturer, i.e., for "printer-name" (name), "printer-location" (text), "printer-info" (text), and "printer-make-and-model" (text). Therefore, the value of the Printer object's "charset-configured" attribute MUST also be among the values of the Printer object's "charset-supported" attribute.

このREQUIRED Printer属性は、Printerオブジェクトは、「プリンタ名」(名前)のために、「テキスト」、オペレータによって設定された「名前」プリンタ属性、システム管理者、またはメーカー、すなわちを表現するように設定されている文字セットを識別し、 「プリンタの場所」(テキスト)、「プリンタ情報」(テキスト)、および「プリンタのメイクとモデル」(テキスト)。したがって、Printerオブジェクトの「文字セットに構成された」属性の値も、Printerオブジェクトの「文字セット・サポート」属性の値の中でなければなりません。

4.4.18 charset-supported (1setOf charset)
4.4.18文字セットをサポートする(1setOf文字セット)

This REQUIRED Printer attribute identifies the set of charsets that the Printer and contained Job objects support in attributes with attribute syntax 'text' and 'name'. At least the value 'utf-8' MUST be present, since IPP objects MUST support the UTF-8 [RFC2279] charset. If a Printer object supports a charset, it means that for all attributes of syntax 'text' and 'name' the IPP object MUST (1) accept the charset in requests and return the charset in responses as needed.

このREQUIRED Printer属性は、プリンタという文字セットのセットを識別し、仕事を属性構文は「text」と「name」を持つ属性をサポートしてオブジェクトを含んでいました。 IPPオブジェクトはUTF-8 [RFC2279]の文字セットをサポートしなければならないので、少なくとも、値「UTF-8」は、存在していなければなりません。プリンタオブジェクトが文字セットをサポートしている場合、それは構文は「text」と「名」のすべての属性のIPPオブジェクトは、(1)要求のcharsetを受け入れなければならないし、必要に応じて応答で文字セットを返すことを意味します。

If more charsets than UTF-8 are supported, the IPP object MUST perform charset conversion between the charsets as described in Section 3.1.4.2.

UTF-8よりも文字セットがサポートされている場合、セクション3.1.4.2に記載されるように、IPPオブジェクトは、文字セットとの間の文字セット変換を実行しなければなりません。

4.4.19 natural-language-configured (naturalLanguage)
4.4.19自然言語構成(自然言語)

This REQUIRED Printer attribute identifies the natural language that the Printer object has been configured to represent 'text' and 'name' Printer attributes that are set by the operator, system administrator, or manufacturer, i.e., for "printer-name" (name), "printer-location" (text), "printer-info" (text), and "printer-make-and-model" (text). When returning these Printer attributes, the Printer object MAY return them in the configured natural language specified by this attribute, instead of the natural language requested by the client in the "attributes-natural-language" operation attribute. See Section 3.1.4.1 for the specification of the OPTIONAL multiple natural language support. Therefore, the value of the Printer object's "natural-language-configured" attribute MUST also be among the values of the Printer object's "generated-natural-language-supported" attribute.

このREQUIRED Printer属性は、Printerオブジェクトは、「プリンタ名」のために、「テキスト」とオペレータ、システム管理者、またはメーカーが設定されている「名前」プリンタの属性、すなわちを表すように設定されていることを自然言語(名前)を識別します、「プリンタの場所」(テキスト)、「プリンタ情報」(テキスト)、および「プリンタのメイクとモデル」(テキスト)。これらのプリンタの属性を返すとき、Printerオブジェクトは、代わりに「属性自然言語」操作属性でクライアントから要求された自然言語で、この属性で指定された構成された自然言語でそれらを返すことがあります。オプション複数の自然言語サポートの仕様については、セクション3.1.4.1を参照してください。したがって、Printerオブジェクトの「自然言語設定の」属性の値も、Printerオブジェクトの「生成された自然言語サポート」属性の値の中でなければなりません。

4.4.20 generated-natural-language-supported (1setOf naturalLanguage)
4.4.20生成された自然言語サポート(1setOf自然言語)

This REQUIRED Printer attribute identifies the natural language(s) that the Printer object and contained Job objects support in attributes with attribute syntax 'text' and 'name'. The natural language(s) supported depends on implementation and/or configuration. Unlike charsets, IPP objects MUST accept requests with any natural language or any Natural Language Override whether the natural language is supported or not.

この必要なプリンタ属性は、Printerオブジェクトはその自然言語(複数可)を識別し、仕事を属性構文は「text」と「name」を持つ属性でサポートオブジェクト含まれていました。サポートされる自然言語(複数可)の実装および/または構成に依存します。文字セットとは異なり、IPPオブジェクトは、任意の自然言語または自然言語がサポートされているかどうかを任意の自然言語オーバーライドして要求を受け入れなければなりません。

If a Printer object supports a natural language, it means that for any of the attributes for which the Printer or Job object generates messages, i.e., for the "job-state-message" and "printer-state-message" attributes and Operation Messages (see Section 3.1.5) in operation responses, the Printer and Job objects MUST be able to generate messages in any of the Printer's supported natural languages. See section 3.1.4 for the definition of 'text' and 'name' attributes in operation requests and responses.

プリンタオブジェクトは、自然言語をサポートしている場合、それは「ジョブ状態メッセージ」および「プリンタ状態メッセージ」属性と操作メッセージのために、プリンタまたはジョブオブジェクトがメッセージを生成するための属性、すなわちのいずれかのことを意味し、操作の応答で(3.1.5項を参照)、プリンタとジョブオブジェクトは、プリンタのサポート、自然言語のいずれかのメッセージを生成することができなければなりません。 「テキスト」と「名前」の定義のためのセクション3.1.4は、操作要求と応答の属性を参照してください。

Note: A Printer object that supports multiple natural languages, often has separate catalogs of messages, one for each natural language supported.

注:複数の自然言語をサポートするプリンタオブジェクトは、多くの場合、メッセージ、サポートされている各自然言語について1つの別々のカタログを持っています。

4.4.21 document-format-default (mimeMediaType)
4.4.21ドキュメント形式デフォルト(mimeMediaType)

This REQUIRED Printer attribute identifies the document format that the Printer object has been configured to assume if the client does not supply a "document-format" operation attribute in any of the operation requests that supply document data. The standard values for this attribute are Internet Media types (sometimes called MIME types). For further details see the description of the 'mimeMediaType' attribute syntax in Section 4.1.9.

このREQUIRED Printer属性はPrinterオブジェクトがクライアントがドキュメントデータを供給操作要求のいずれかで「文書フォーマット」操作属性を供給しない場合を前提とするように設定されていることを文書のフォーマットを識別する。この属性の標準値は、インターネットメディアの種類(とも呼ばれるMIMEタイプ)です。詳細については、セクション4.1.9の「mimeMediaType」属性構文の説明を参照してください。

4.4.22 document-format-supported (1setOf mimeMediaType)
4.4.22ドキュメントフォーマットサポート(1setOf mimeMediaType)

This REQUIRED Printer attribute identifies the set of document formats that the Printer object and contained Job objects can support. For further details see the description of the 'mimeMediaType' attribute syntax in Section 4.1.9.

このREQUIRED Printer属性は、プリンタオブジェクトと含まれているジョブオブジェクトがサポートできるドキュメントフォーマットのセットを識別します。詳細については、セクション4.1.9の「mimeMediaType」属性構文の説明を参照してください。

4.4.23 printer-is-accepting-jobs (boolean)
4.4.23プリンタ受容され、ジョブ(ブール)

This REQUIRED Printer attribute indicates whether the printer is currently able to accept jobs, i.e., is accepting Print-Job, Print-URI, and Create-Job requests. If the value is 'true', the printer is accepting jobs. If the value is 'false', the Printer object is currently rejecting any jobs submitted to it. In this case, the Printer object returns the 'server-error-not-accepting-jobs' status code.

このREQUIRED Printer属性はプリンタが現在ジョブを受け入れ可能であるかどうかを示す、すなわち、印刷ジョブを受け付けて印刷-URI、および作成、ジョブの要求を。値が「本当」である場合、プリンタはジョブを受け付けています。値が「偽」である場合、Printerオブジェクトは、現在、それに提出されたジョブを拒否しています。この場合、Printerオブジェクトは、「サーバー・エラー・-受け入れていない - のジョブのステータスコードを返します。

This value is independent of the "printer-state" and "printer-state-reasons" attributes because its value does not affect the current job; rather it affects future jobs. This attribute, when 'false', causes the Printer to reject jobs even when the "printer-state" is 'idle' or, when 'true', causes the Printer object to accepts jobs even when the "printer-state" is 'stopped'.

この値は、「プリンタ状態」と、その値は、現在のジョブには影響しないので、「プリンタ状態理由は、」属性とは無関係です。むしろそれは、将来の仕事に影響を与えます。 「偽」は、「プリンタ状態」は「アイドル」や、とき「真」である場合でも、プリンタがジョブを拒否するようになり、にプリンタオブジェクトの原因となるこの属性は、「プリンタ状態」 'された場合でも、ジョブを受け付けます停止'。

4.4.24 queued-job-count (integer(0:MAX))
4.4.24キューに入れられたジョブカウント(整数(0:MAX))

This REQUIRED Printer attribute contains a count of the number of jobs that are either 'pending', 'processing', 'pending-held', or 'processing-stopped' and is set by the Printer object.

このREQUIRED Printer属性は、いずれかの「保留中」、「処理」、「-保留さ」または「処理停止」とプリンタオブジェクトによって設定されているジョブの数のカウントが含まれています。

4.4.25 printer-message-from-operator (text(127))
4.4.25プリンタメッセージからオペレータ(テキスト(127))

This Printer attribute provides a message from an operator, system administrator or "intelligent" process to indicate to the end user information or status of the printer, such as why it is unavailable or when it is expected to be available.

このPrinter属性は、それが利用できない場合、またはそれが予想されるときに利用可能であることが理由であるプリンタのエンドユーザ情報またはステータスを示すために、オペレータ、システム管理者または「インテリジェント」プロセスからのメッセージを提供します。

4.4.26 color-supported (boolean)
4.4.26色サポート(ブーリアン)

This Printer attribute identifies whether the device is capable of any type of color printing at all, including highlight color. All document instructions having to do with color are embedded within the document PDL (none are external IPP attributes in IPP/1.1).

このPrinter属性は、デバイスがハイライトカラーを含む、全くカラー印刷の任意のタイプが可能であるかどうかを識別する。色に関係すること、すべてのドキュメントの命令は、文書のPDL(どれもIPPは、IPP / 1.1の属性の外部ではない)内に埋め込まれています。

Note: end-users are able to determine the nature and details of the color support by querying the "printer-more-info-manufacturer" Printer attribute.

注意:エンドユーザーは、「プリンタより-INFO-メーカー」Printer属性を照会することにより、カラーサポートの性質と詳細を決定することができます。

4.4.27 reference-uri-schemes-supported (1setOf uriScheme)
4.4.27参照-URI-スキームがサポート(1setOf uriScheme)

This Printer attribute specifies which URI schemes are supported for use in the "document-uri" operation attribute of the Print-URI or Send-URI operation. If a Printer object supports these optional operations, it MUST support the "reference-uri-schemes-supported" Printer attribute with at least the following schemed URI value:

このPrinter属性は、URIスキームが印刷-URIまたは送信-URI操作の「文書-URI」操作属性で使用するためにサポートされているかを指定します。プリンタオブジェクトはこれらのオプションの操作をサポートしている場合、それは、少なくとも以下の画策URI値を「参照-URI-スキームがサポート」Printer属性をサポートしなければなりません:

'ftp': The Printer object will use an FTP 'get' operation as defined in RFC 2228 [RFC2228] using FTP URLs as defined by [RFC2396] and [RFC2316].

'FTP':RFC 2228 [RFC2228]で定義されているプリンタのオブジェクトは[RFC2396]と[RFC2316]で定義されているFTPのURLを使用してFTP 'GET' 操作を使用します。

The Printer object MAY OPTIONALLY support other URI schemes (see section 4.1.6).

Printerオブジェクトは、必要に応じて他のURIスキームを(セクション4.1.6を参照)をサポートすることができます。

4.4.28 pdl-override-supported (type2 keyword)
4.4.28 PDL-オーバーライド・サポート(TYPE2キーワード)

This REQUIRED Printer attribute expresses the ability for a particular Printer implementation to either attempt to override document data instructions with IPP attributes or not.

このREQUIRED Printer属性はIPP属性かないと、文書データ命令を無効にするのいずれかの試みに、特定のプリンタの実施のための能力を表現します。

This attribute takes on the following keyword values:

この属性は、次のキーワードの値を取ります。

- 'attempted': This value indicates that the Printer object attempts to make the IPP attribute values take precedence over embedded instructions in the document data, however there is no guarantee. - 'not-attempted': This value indicates that the Printer object makes no attempt to make the IPP attribute values take precedence over embedded instructions in the document data.

- 「試みた」:この値は、プリンタオブジェクトが、IPPは、値が文書データに埋め込まれた命令よりも優先属性確立しようとしていることを示し、ただし保証はありません。 - 「 - 試行されません」:この値は、プリンタオブジェクトが、IPPは、値が文書データに埋め込まれた命令よりも優先属性にする試みませんことを示しています。

Section 15 contains a full description of how this attribute interacts with and affects other IPP attributes, especially the "ipp-attribute-fidelity" attribute.

セクション15には、この属性はと相互作用し、IPPは、特に「IPP属性忠実度」属性を属性の他にどのように影響するかの完全な説明が含まれています。

4.4.29 printer-up-time (integer(1:MAX))
4.4.29プリンタアップ時間(整数(1:MAX))

This REQUIRED Printer attribute indicates the amount of time (in seconds) that this Printer instance has been up and running. The value is a monotonically increasing value starting from 1 when the Printer object is started-up (initialized, booted, etc.). This value is used to populate the Event Time Job Description Job attributes "time-at-creation", "time-at-processing", and "time-at-completed" (see section 4.3.14).

この必要なプリンタ属性は、このプリンタのインスタンスが起動して実行されている時間(秒)の量を示しています。値は1プリンタのオブジェクトがされ始めアップから始まり単調に増加する値である(など、ブート、初期化)。この値は、(セクション4.3.14を参照してください)イベント時間仕事内容仕事を「時間の創出」、「時間の処理を」属性、および「時間で完了」するために使用されます。

If the Printer object goes down at some value 'n', and comes back up, the implementation MAY:

プリンタオブジェクトは、いくつかの値が「N」でダウンして、アップに戻った場合、実装は可能性があります。

1. Know how long it has been down, and resume at some value greater than 'n', or 2. Restart from 1.

1.それがダウンしているどのくらい知っている、と「n」は、または1から2を再起動より大きい何らかの値で再開する。

In other words, if the device or devices that the Printer object is representing are restarted or power cycled, the Printer object MAY continue counting this value or MAY reset this value to 1 depending on implementation. However, if the Printer object software ceases running, and restarts without knowing the last value for "printer-up-time", the implementation MUST reset this value to 1. If this value is reset and the Printer has persistent jobs, the Printer MUST reset the "time-at-xxx(integer) Event Time Job Description attributes according to Section 4.3.14. An implementation MAY use both implementation alternatives, depending on warm versus cold start, respectively.

プリンタオブジェクトが表現されているデバイスまたはデバイスの再起動または電源が再投入されている言い換えれば、Printerオブジェクトは、この値をカウントし続けるか、または実装に応じて、この値を1にリセットしてもよいです。プリンタオブジェクトのソフトウェアが動作して停止し、「プリンタ・アップ・タイム」の最後の値を知らなくても再起動する場合は、この値はリセットされ、プリンタは、永続的な仕事を持っている場合しかし、実装は、この値を1にリセットする必要があり、プリンタのMUST 「時間の-XXX(整数)イベント時間仕事内容は、セクション4.3.14に応じて属性をリセットします。実装はそれぞれ、冷たい対ウォームスタートに応じて、両方の実装の選択肢を使用するかもしれません。

4.4.30 printer-current-time (dateTime)
4.4.30プリンタ電流時間(dateTimeの)

This Printer attribute indicates the current date and time. This value is used to populate the Event Time Job Description attributes: "date-time-at-creation", "date-time-at-processing", and "date-time-at-completed" (see Section 4.3.14).

このPrinter属性は、現在の日付と時刻を示しています。 (セクション4.3.14を参照してください)、「日時・アット・創造」、「日付・時間で処理」、および「日付・時間で完了」:この値は、属性イベント時間仕事内容を移入するために使用されています。

The date and time is obtained on a "best efforts basis" and does not have to be that precise in order to work in practice. A Printer implementation sets the value of this attribute by obtaining the date and time via some implementation-dependent means, such as getting the value from a network time server, initialization at time of manufacture, or setting by an administrator. See [IPP-IIG] for examples. If an implementation supports this attribute and the implementation knows that it has not yet been set, then the implementation MUST return the value of this attribute using the out-of-band 'no-value' meaning not configured. See the beginning of section 4.1.

日時は、「ベストエフォート」で得られ、実際に仕事をするために、その正確である必要はありません。プリンタの実装は、製造時の初期化、ネットワークタイムサーバから値を取得し、または管理者によって設定など、いくつかの実装依存の手段を介して、日付と時刻を取得して、この属性の値を設定します。例については、[IPP-IIG]を参照してください。実装がこの属性をサポートしており、実装は、それがまだ設定されていないことを知っている場合には、実装が設定されていないという意味アウトオブバンド「無価値」を使用していない、この属性の値を返さなければなりません。セクション4.1の始まりを参照してください。

The time zone of this attribute NEED NOT be the time zone used by people located near the Printer object or device. The client MUST NOT expect that the time zone of any received 'dateTime' value to be in the time zone of the client or in the time zone of the people located near the printer.

この属性の時間帯は、プリンタオブジェクトまたはデバイスの近くにある人々によって使用される時間帯である必要はありません。クライアントは、いずれかの時間帯は、クライアントのタイムゾーンで、プリンタの近くにある人々の時間帯であることには「のdateTime」の値を受け取ったことを予想してはいけません。

The client SHOULD display any dateTime attributes to the user in client local time by converting the 'dateTime' value returned by the server to the time zone of the client, rather than using the time zone returned by the Printer in attributes that use the 'dateTime' attribute syntax.

すべてのDateTimeを表示する必要があるクライアントは、クライアントのタイムゾーンにサーバーから返された「のdateTime」の値を変換するのではなく、「dateTimeのを使用する属性にプリンタで返されるタイムゾーンを使用して、クライアントのローカル時間でユーザーに属性「属性構文を。

4.4.31 multiple-operation-time-out (integer(1:MAX))
4.4.31複数の操作タイムアウト(整数(1:MAX))

This Printer attributes identifies the minimum time (in seconds) that the Printer object waits for additional Send-Document or Send-URI operations to follow a still-open Job object before taking any recovery actions, such as the ones indicated in section 3.3.1. If the Printer object supports the Create-Job and Send-Document operations (see section 3.2.4 and 3.3.1), it MUST support this attribute.

属性このプリンタは、プリンタオブジェクトが、このようなセクション3.3.1で示したものと任意の回復アクションを、取る前にまだ開いているジョブのオブジェクトを追跡するために、追加の送信、ドキュメントまたは送信-URI操作のために待機する最小時間(秒単位)を特定します。プリンタオブジェクトは、ジョブの作成と送信、文書の操作をサポートしている場合(セクション3.2.4と3.3.1を参照)、それがこの属性をサポートしなければなりません。

It is RECOMMENDED that vendors supply a value for this attribute that is between 60 and 240 seconds. An implementation MAY allow a system administrator to set this attribute (by means outside this IPP/1.1 document). If so, the system administrator MAY be able to set values outside this range.

ベンダーが60と240秒の間で、この属性の値を指定することが推奨されます。実装は、システム管理者が(このIPP / 1.1文書外の手段によって)この属性を設定できるようにしてもよいです。その場合は、システム管理者は、この範囲外の値を設定することができるかもしれません。

4.4.32 compression-supported (1setOf type3 keyword)
4.4.32圧縮サポート(1setOfのTYPE3キーワード)

This REQUIRED Printer attribute identifies the set of supported compression algorithms for document data. Compression only applies to the document data; compression does not apply to the encoding of the IPP operation itself. The supported values are used to validate the client supplied "compression" operation attributes in Print-Job, Send-Document, and Send-URI requests.

このREQUIRED Printer属性は、文書データのためのサポートされている圧縮アルゴリズムのセットを識別します。圧縮は文書データのみに適用されます。圧縮は、IPP操作自体のエンコーディングには適用されません。サポートされる値は、クライアント付属の「圧縮」操作は印刷ジョブの属性、-文書を送信し、送信-URI要求を検証するために使用されています。

Standard keyword values are :

標準のキーワード値は以下のとおりです。

'none': no compression is used. 'deflate': ZIP public domain inflate/deflate) compression technology in RFC 1951 [RFC1951] 'gzip' GNU zip compression technology described in RFC 1952 [RFC1952].

「なし」:無圧縮は使用されません。 'デフレートは':RFC 1952 [RFC1952]で説明RFC 1951 [RFC1951] 'gzipの' GNUのzip圧縮技術におけるパブリックドメインのインフレート/デフレート)圧縮技術をZIP。

'compress': UNIX compression technology in RFC 1977 [RFC1977]

'圧縮':RFC 1977 [RFC1977]でUNIX圧縮技術を

4.4.33 job-k-octets-supported (rangeOfInteger(0:MAX))
4.4.33ジョブ-K-オクテットサポート(rangeOfInteger(0:MAX))

This Printer attribute specifies the upper and lower bounds of total sizes of jobs in K octets, i.e., in units of 1024 octets. The supported values are used to validate the client supplied "job-k-octets" operation attributes in create requests. The corresponding job description attribute "job-k-octets" is defined in section 4.3.17.1.

このPrinter属性は、1024オクテット単位で、即ち、Kオクテットのジョブの合計サイズの上限と下限を指定します。サポートされている値は、「ジョブK-オクテット」操作がで属性リクエストを作成する供給クライアントを検証するために使用されています。対応するジョブ記述属性「ジョブ-K-オクテットは」セクション4.3.17.1に規定されています。

4.4.34 job-impressions-supported (rangeOfInteger(0:MAX))
4.4.34ジョブ感想・サポート(rangeOfInteger(0:MAX))

This Printer attribute specifies the upper and lower bounds for the number of impressions per job. The supported values are used to validate the client supplied "job-impressions" operation attributes in create requests. The corresponding job description attribute "job-impressions" is defined in section 4.3.17.2.

このPrinter属性は、ジョブごとのインプレッション数の上限と下限を指定します。サポートされている値は、「ジョブ・感想」操作がでリクエストを作成属性供給クライアントを検証するために使用されています。対応するジョブ記述属性「ジョブ感想は、」セクション4.3.17.2に定義されています。

4.4.35 job-media-sheets-supported (rangeOfInteger(0:MAX))
4.4.35ジョブメディアシートサポート(rangeOfInteger(0:MAX))

This Printer attribute specifies the upper and lower bounds for the number of media sheets per job. The supported values are used to validate the client supplied "job-media-sheets" operation attributes in create requests. The corresponding Job attribute "job-media-sheets" is defined in section 4.3.17.3.

このPrinter属性は、ジョブごとにメディアの枚数の上限と下限を指定します。サポートされている値は、「ジョブメディアシート」操作がで属性リクエストを作成する供給クライアントを検証するために使用されています。対応するジョブ属性「ジョブメディアシートは、」セクション4.3.17.3に定義されています。

4.4.36 pages-per-minute (integer(0:MAX))
4.4.36ページ毎分(整数(0:MAX))

This Printer attributes specifies the nominal number of pages per minute to the nearest whole number which may be generated by this printer (e.g., simplex, black-and-white). This attribute is informative, not a service guarantee. Generally, it is the value used in the marketing literature to describe the device.

このプリンタの属性は、このプリンタによって生成することができる最も近い整数に毎分ページの公称数を指定する(例えば、片面、白黒)。この属性は、有益ではなく、サービスの保証です。一般的に、それは、デバイスを記述するためのマーケティング資料で使用される値です。

A value of 0 indicates a device that takes more than two minutes to process a page.

0の値は、ページを処理するために2分以上を要するデバイスを示しています。

4.4.37 pages-per-minute-color (integer(0:MAX))
4.4.37ページ毎分色(整数(0:MAX))

This Printer attributes specifies the nominal number of pages per minute to the nearest whole number which may be generated by this printer when printing color (e.g., simplex, color). For purposes of this attribute, "color" means the same as for the "color-supported" attribute, namely, the device is capable of any type of color printing at all, including highlight color. This attribute is informative, not a service guarantee. Generally, it is the value used in the marketing literature to describe the color capabilities of this device.

このプリンタは、色(例えば、シンプレックス、色)を印刷する場合、このプリンタによって生成することができる最も近い整数に毎分ページの公称数を指定する属性。この属性の目的のために、「色」が「カラーサポート」属性と同じことを意味する、すなわち、デバイスは、ハイライトカラーを含むすべての色印刷の任意のタイプが可能です。この属性は、有益ではなく、サービスの保証です。一般的に、このデバイスのカラー機能を記述するためにマーケティング資料に使用される値です。

A value of 0 indicates a device that takes more than two minutes to process a page.

0の値は、ページを処理するために2分以上を要するデバイスを示しています。

If a color device has several color modes, it MAY use the pages-per-minute value for this attribute that corresponds to the mode that produces the highest number.

カラーデバイスは、いくつかのカラーモードを持っている場合、それは最高の数を生産モードに対応して、この属性のページ毎分値を使用するかもしれません。

Black and white only printers MUST NOT support this attribute. If this attribute is present, then the "color-supported" Printer description attribute MUST be present and have a 'true' value.

黒と白の唯一のプリンタは、この属性をサポートしてはなりません。この属性が存在する場合、「カラー・サポート」プリンタ記述属性が存在し、「真の」値を持つ必要があります。

The values of these two attributes returned by the Get-Printer-Attributes operation MAY be affected by the "document-format" attribute supplied by the client in the Get-Printer-Attributes request. In other words, the implementation MAY have different speeds depending on the document format being processed. See section 3.2.5.1 Get-Printer-Attributes.

ゲット・プリンタ・属性操作で返されたこれら二つの属性の値は、Get-プリンタ-属性要求でクライアントによって提供される「ドキュメント・フォーマット」属性によって影響を受ける可能性があります。換言すれば、実装は、処理される文書のフォーマットに応じて異なる速度を持っているかもしれません。セクション3.2.5.1は、Get-プリンタ-属性を参照してください。

5. Conformance
5.適合

This section describes conformance issues and requirements. This document introduces model entities such as objects, operations, attributes, attribute syntaxes, and attribute values. These conformance sections describe the conformance requirements which apply to these model entities.

このセクションでは、適合性の問題と要件について説明します。この文書では、このようなオブジェクト、操作、属性、などのモデルエンティティが構文属性、および属性値を紹介します。これらの適合性のセクションでは、これらのモデルエンティティに適用される適合性要件について説明します。

5.1 Client Conformance Requirements
5.1クライアントの適合性の要件

This section describes the conformance requirements for a client (see section 2.1), whether it be:

このセクションでは、それが可能かどうか、(セクション2.1を参照)クライアントの適合性要件について説明します。

1. contained within software controlled by an end user, e.g. activated by the "Print" menu item in an application that sends IPP requests or

エンドユーザによって制御ソフトウェア内に含まれる1、例えばIPP要求を送信するか、アプリケーションの「印刷」メニュー項目によって活性化

2. the print server component that sends IPP requests to either an output device or another "downstream" print server.

2. IPPを送信するプリントサーバコンポーネントは、出力デバイスまたは別の「下流」プリントサーバのいずれかに要求します。

A conforming client MUST support all REQUIRED operations as defined in this document. For each attribute included in an operation request, a conforming client MUST supply a value whose type and value syntax conforms to the requirements of the Model document as specified in Sections 3 and 4. A conforming client MAY supply any

この文書で定義されるように準拠したクライアントは、すべての必要な操作をサポートしなければなりません。各属性は、操作要求に含まれるため、準拠クライアントは、そのタイプと値構文セクション3と任意に供給することができる。4. A準拠クライアントで指定されているモデルドキュメントの要件に準拠する値を供給しなければなりません

IETF standards track extensions and/or vendor extensions in an operation request, as long as the extensions meet the requirements in Section 6.

IETFの標準は限り拡張子は第6節で要件を満たすよう、操作要求に拡張および/またはベンダの拡張を追跡します。

Otherwise, there are no conformance requirements placed on the user interfaces provided by IPP clients or their applications. For example, one application might not allow an end user to submit multiple documents per job, while another does. One application might first query a Printer object in order to supply a graphical user interface (GUI) dialogue box with supported and default values whereas a different implementation might not.

そうでなければ、IPPクライアント又はそれらのアプリケーションによって提供されるユーザインターフェース上に配置されない適合性要件は存在しません。例えば、あるアプリケーションが別が行う一方で、エンドユーザーは、ジョブごとに複数の文書を提出することができない場合があります。 1つの用途は、最初の異なる実装がないかもしれないのに対し、グラフィカルユーザインタフェース(GUI)ダイアログボックスに支持され、デフォルト値を供給するためにプリンタオブジェクトを照会するかもしれません。

When sending a request, an IPP client NEED NOT supply any attributes that are indicated as OPTIONALLY supplied by the client.

リクエストを送信すると、IPPクライアントは、オプションのクライアントによって供給されるように示されているすべての属性を入力する必要はありません。

A client MUST be able to accept any of the attribute syntaxes defined in Section 4.1, including their full range, that may be returned to it in a response from a Printer object. In particular for each attribute that the client supports whose attribute syntax is 'text', the client MUST accept and process both the 'textWithoutLanguage' and 'textWithLanguage' forms. Similarly, for each attribute that the client supports whose attribute syntax is 'name', the client MUST accept and process both the 'nameWithoutLanguage' and 'nameWithLanguage' forms. For presentation purposes, truncation of long attribute values is not recommended. A recommended approach would be for the client implementation to allow the user to scroll through long attribute values.

クライアントは、プリンタオブジェクトからの応答でそれに戻すことができる彼らのフルレンジを含むセクション4.1で定義された属性構文のいずれかを受け入れることができなければなりません。その属性の構文「テキスト」であるクライアントがサポートしている各属性の具体的には、クライアントは「textWithoutLanguage」と「textWithLanguage」形式の両方を受け入れ、処理しなければなりません。同様に、その属性の構文「名前」で、クライアントがサポートしている各属性のために、クライアントはプロセスの両方「nameWithoutLanguage」と「nameWithLanguage」フォームとを受け入れなければなりません。プレゼンテーションの目的のために、長い属性値の切り捨ては推奨されません。クライアントの実装は、ユーザが長い属性値をスクロールできるようにするために推奨されるアプローチは次のようになります。

A response MAY contain attribute groups, attributes, attribute syntaxes, values, and status codes that the client does not expect. Therefore, a client implementation MUST gracefully handle such responses and not refuse to inter-operate with a conforming Printer that is returning IETF standards track extension or vendor extensions, including attribute groups, attributes, attribute syntaxes, attribute values, status codes, and out-of-band attribute values that conform to Section 6. Clients may choose to ignore any parameters, attribute groups, attributes, attribute syntaxes, or values that they do not understand.

応答が属性グループを含むかもしれ、属性、クライアントが期待していない構文、値、およびステータスコードを属性。そのため、クライアントの実装が優雅にIETF標準を返す準拠プリンタと相互運用することを拒否し、そのような応答を処理していないしなければならない属性グループを含む、拡張またはベンダーの拡張機能を追跡し、属性、構文、属性値、ステータスコード、およびOUT-属性バンドが6クライアントは、任意のパラメータを無視することを選択するかもしれ節に準拠して属性値を、属性、グループ属性構文、または、彼らは理解していない属性値。

While a client is sending data to a printer, it SHOULD do its best to prevent a channel from being closed by a lower layer when the channel is blocked (i.e. flow-controlled off) for whatever reason, e.g. 'out of paper' or 'job ahead hasn't freed up enough memory'. However, the layer that launched the print submission (e.g. an end user) MAY close the channel in order to cancel the job. When a client closes a channel, a Printer MAY print all or part of the received portion of the document. See the "Encoding and Transport" document [RFC2910] for more details.

クライアントがプリンタにデータを送信しているが、それはチャネルがブロックされたとき、例えば、何らかの理由(すなわち、フロー制御オフ)下位層によって閉鎖されるのチャネルを防止するために最善を行う必要があります「紙のうち」または「ジョブが先に十分なメモリを解放していません」。しかし、印刷提出を開始した層(例えば、エンドユーザ)がジョブをキャンセルするためにチャネルを閉じます。クライアントは、チャネルを閉じると、プリンタは、文書の受信部分の全部または一部を印刷することができます。詳細については、「エンコーディングと交通」文書[RFC2910]を参照してください。

A client MUST support Client Authentication as defined in the IPP/1.1 Encoding and Transport document [RFC2910]. A client SHOULD support Operation Privacy and Server Authentication as defined in the IPP/1.1 Encoding and Transport document [RFC2910]. See also section 8 of this document.

IPP / 1.1符号化及びトランスポート文書[RFC2910]で定義されているクライアントは、クライアント認証をサポートしなければなりません。 IPP / 1.1符号化及びトランスポート文書[RFC2910]で定義されているクライアントは、運用プライバシーおよびサーバ認証をサポートする必要があります。また、このドキュメントのセクション8を参照してください。

5.2 IPP Object Conformance Requirements
5.2 IPPオブジェクトの適合性要件

This section specifies the conformance requirements for conforming implementations of IPP objects (see section 2). These requirements apply to an IPP object whether it is:

このセクションでは、IPPオブジェクト(セクション2を参照)の実装を適合するための適合性要件を指定します。これらの要件は、それがあるかどうかIPPオブジェクトに適用されます。

(1) an (embedded) device component that accepts IPP requests and controls the device or

(1)IPP要求を受け入れ、(埋め込まれた)デバイスコンポーネントは、デバイスを制御する、または

(2) a component of a print server that accepts IPP requests (where the print server control one or more networked devices using IPP or other protocols).

(2)IPP要求を受け付け、プリントサーバの構成要素(ここで、プリントサーバ制御IPPまたは他のプロトコルを使用して1つ以上のネットワークデバイス)。

5.2.1 Objects
5.2.1オブジェクト

Conforming implementations MUST implement all of the model objects as defined in this document in the indicated sections:

示されたセクションは、この文書で定義されるように適合実装は、モデルオブジェクトのすべてを実装する必要があります。

Section 2.1 - Printer Object Section 2.2 - Job Object

セクション2.1 - プリンタオブジェクトのセクション2.2 - ジョブオブジェクト

5.2.2 Operations
5.2.2オペレーション

Conforming IPP object implementations MUST implement all of the REQUIRED model operations, including REQUIRED responses, as defined in this document in the indicated sections:

示されたセクションは、この文書で定義されているIPPオブジェクト実装を従わは、必要な応答を含むREQUIREDモデル操作のすべてを実装する必要があります。

For a Printer object: Print-Job (section 3.2.1) REQUIRED Print-URI (section 3.2.2) OPTIONAL Validate-Job (section 3.2.3) REQUIRED Create-Job (section 3.2.4) OPTIONAL Get-Printer-Attributes (section 3.2.5) REQUIRED Get-Jobs (section 3.2.6) REQUIRED Pause-Printer (section 3.2.7) OPTIONAL Resume-Printer (section 3.2.8) OPTIONAL Purge-Jobs (section 3.2.9) OPTIONAL

REQUIREDの作成・ジョブ(セクション3.2.4)を印刷ジョブ(セクション3.2.1)必要な印刷-URI(セクション3.2.2)オプションを検証し、仕事(セクション3.2.3)オプションのGet-プリンタ - 属性:プリンタオブジェクトの場合(セクション3.2.5)REQUIREDは、Get-ジョブズ(セクション3.2.6)が必要ポーズ-プリンタ(セクション3.2.7)オプション再開-プリンタ(セクション3.2.8)オプションパージ・ジョブ(セクション3.2.9)オプション

For a Job object: Send-Document (section 3.3.1) OPTIONAL Send-URI (section 3.3.2) OPTIONAL Cancel-Job (section 3.3.3) REQUIRED Get-Job-Attributes (section 3.3.4) REQUIRED Hold-Job (section 3.3.5) OPTIONAL Release-Job (section 3.3.6) OPTIONAL Restart-Job (section 3.3.7) OPTIONAL

ジョブオブジェクトの場合:送信-ドキュメント(セクション3.3.1)オプションセンド-URI(セクション3.3.2)オプションのキャンセル・ジョブ(セクション3.3.3)REQUIREDは、Get-ジョブ・属性(セクション3.3.4)が必要ホールドジョブを(セクション3.3.5)任意の剥離・ジョブ(セクション3.3.6)オプションを再起動し、ジョブのオプション(セクション3.3.7)

Conforming IPP objects MUST support all REQUIRED operation attributes and all values of such attributes if so indicated in the description. Conforming IPP objects MUST ignore all unsupported or unknown operation attributes or operation attribute groups received in a request, but MUST reject a request that contains a supported operation attribute that contains an unsupported value.

その説明に示されている場合にIPPオブジェクトを適合することは必要なすべての操作属性およびそのような属性のすべての値をサポートしなければなりません。 IPPオブジェクトを準拠すると、すべてのサポートされていないか、未知の操作属性や操作はグループの要求で受信した属性が、サポートされていない値が含まれているサポートされる操作属性を含む要求を拒絶しなければなりません無視しなければなりません。

Conforming IPP objects MAY return operation responses that contain attributes groups, attributes names, attribute syntaxes, attribute values, and status codes that are extensions to this standard. The additional attribute groups MAY occur in any order.

適合するIPPオブジェクトは、値、およびこの標準の拡張機能ですステータスコードを属性、構文、属性、属性グループが含まれている操作応答は、名前の属性を返してもよいです。追加の属性グループには、任意の順序で行うことができます。

The following section on object attributes specifies the support required for object attributes.

オブジェクト属性に関する次のセクションでは、オブジェクト属性に必要なサポートを指定します。

5.2.3 IPP Object Attributes
5.2.3 IPPオブジェクト属性

Conforming IPP objects MUST support all of the REQUIRED object attributes, as defined in this document in the indicated sections.

示されたセクションは、この文書で定義されているIPPオブジェクトを適合することは、必要なオブジェクト属性のすべてをサポートしなければなりません。

If an object supports an attribute, it MUST support only those values specified in this document or through the extension mechanism described in section 5.2.4. It MAY support any non-empty subset of these values. That is, it MUST support at least one of the specified values and at most all of them.

オブジェクトが属性をサポートしている場合、それは、本文書にまたはセクション5.2.4で説明した拡張メカニズムを介して指定値だけをサポートしなければなりません。これは、これらの値の任意の空でない部分集合をサポートするかもしれません。すなわち、それは、少なくとも指定された値の1と最大で、それらのすべてをサポートしなければならない、です。

5.2.4 Versions
5.2.4バージョン

IPP/1.1 clients MUST meet the conformance requirements for clients specified in this document and [RFC2910]. IPP/1.1 clients MUST send requests containing a "version-number" parameter with a '1.1' value.

IPP / 1.1クライアントは、このドキュメントと[RFC2910]で指定されたクライアントのための適合性要件を満たす必要があります。 IPP / 1.1クライアントが「1.1」の値と「バージョン番号」パラメータを含むリクエストを送らなければなりません。

IPP/1.1 Printer and Job objects MUST meet the conformance requirements for IPP objects specified in this document and [RFC2910]. IPP/1.1 objects MUST accept requests containing a "version-number" parameter with a '1.1' value (or reject the request if the operation is not supported).

IPP / 1.1プリンタとジョブオブジェクトは、このドキュメントと[RFC2910]で指定されたIPPオブジェクトのための適合性要件を満たす必要があります。 IPP / 1.1オブジェクトは、「1.1」の値と「バージョン番号」パラメータを含む要求を受け入れる(または動作がサポートされていない場合、要求を拒否)しなければなりません。

It is beyond the scope of this specification to mandate conformance with previous versions. IPP/1.1 was deliberately designed, however, to make supporting previous versions easy. It is worth noting that, at the time of composing this specification (1999), we would expect IPP/1.1 Printer implementations to:

これは、以前のバージョンへの適合を強制するには、この仕様の範囲を超えています。 IPP / 1.1は故意に簡単に以前のバージョンをサポートするために、しかし、設計されました。なお、本明細書(1999)を構成する時に、我々はIPP / 1.1プリンタの実装を期待する、ということは注目に値します。

understand any valid request in the format of IPP/1.0, or 1.1;

IPP / 1.0、または1.1の形式であらゆる有効な要求を理解します。

respond appropriately with a response containing the same "version-number" parameter value used by the client in the request.

リクエストでクライアントが使用したのと同じ「バージョン番号」のパラメータ値を含む応答で適切に対応。

And we would expect IPP/1.1 clients to:

そして、我々はIPP / 1.1クライアントのことを期待します:

understand any valid response in the format of IPP/1.0, or 1.1.

IPP / 1.0、または1.1の形式で任意の有効な応答を理解しています。

It is recommended that IPP/1.1 clients try supplying alternate version numbers if they receive a 'server-error-version-not-supported' error return in a response.

彼らが応答で「サーバー・エラー・バージョン、サポートされていません」というエラー・リターンを受け取る場合はIPP / 1.1クライアントは別のバージョン番号を供給しようとすることをお勧めします。

5.2.5 Extensions
5.2.5拡張機能

A conforming IPP object MAY support IETF standards track extensions and vendor extensions, as long as the extensions meet the requirements specified in Section 6.

拡張子は、第6節で指定された要件を満たすよう適合するIPPオブジェクトがある限り、IETF標準トラック拡張およびベンダー拡張をサポートするかもしれません。

For each attribute included in an operation response, a conforming IPP object MUST return a value whose type and value syntax conforms to the requirement of the Model document as specified in Sections 3 and 4.

操作レスポンスに含まれる各属性について、適合するIPPオブジェクトは、そのタイプと値構文セクション3と4で指定されているモデルドキュメントの要件に準拠した値を返さなければなりません。

5.2.6 Attribute Syntaxes
5.2.6属性構文

An IPP object MUST be able to accept any of the attribute syntaxes defined in Section 4.1, including their full range, in any operation in which a client may supply attributes or the system administrator may configure attributes (by means outside the scope of this IPP/1.1 document). In particular for each attribute that the IPP object supports whose attribute syntax is 'text', the IPP object MUST accept and process both the 'textWithoutLanguage' and 'textWithLanguage' forms. Similarly, for each attribute that the IPP object supports whose attribute syntax is 'name', the IPP object MUST accept and process both the 'nameWithoutLanguage' and 'nameWithLanguage' forms. Furthermore, an IPP object MUST return attributes to the client in operation responses that conform to the syntax specified in Section 4.1, including their full range if supplied previously by a client.

IPPオブジェクトは、クライアントが属性を供給することができるか、システム管理者は、このIPPの範囲外の手段によって(属性を設定できる/する任意の操作で、それらの完全な範囲を含むセクション4.1で定義された属性構文のいずれかを受け入れることができなければなりません1.1文書)。各属性の特にIPPオブジェクトはその属性の構文「テキスト」でサポートされていることを、IPPオブジェクトは、「textWithoutLanguage」と「textWithLanguage」形式の両方を受け入れ、処理しなければなりません。それぞれがIPPオブジェクトはその属性の構文「名前」でサポートしている属性のために同様に、IPPオブジェクトは、「nameWithoutLanguage」と「nameWithLanguage」形式の両方を受け入れ、処理しなければなりません。さらに、IPPオブジェクトはクライアントによって以前に提供されている場合、その完全な範囲を含むセクション4.1で指定された構文に準拠操作応答のクライアントに属性を返さなければなりません。

5.2.7 Security
5.2.7セキュリティ

An IPP Printer implementation SHOULD contain support for Client Authentication as defined in the IPP/1.1 Encoding and Transport document [RFC2910]. A Printer implementation MAY allow an administrator to configure the Printer so that all, some, or none of the users are authenticated. See also section 8 of this document.

IPP / 1.1符号化及びトランスポート文書[RFC2910]で定義されているIPPプリンタの実装では、クライアント認証のサポートを含むべきです。プリンタの実装はすべて、ユーザーの一部、または何が認証されないように、管理者がプリンタを設定することを可能にします。また、このドキュメントのセクション8を参照してください。

An IPP Printer implementation SHOULD contain support for Operation Privacy and Server Authentication as defined in the IPP/1.1 Encoding and Transport document [RFC2910]. A Printer implementation MAY allow an administrator to configure the degree of support for Operation Privacy and Server Authentication. See also section 8 of this document.

IPP / 1.1符号化及びトランスポート文書[RFC2910]で定義されているIPPプリンタの実装では、運用プライバシーおよびサーバ認証のサポートを含むべきです。プリンタの実装では、管理者が運用プライバシーおよびサーバー認証のサポートの度合いを設定することを可能にします。また、このドキュメントのセクション8を参照してください。

Security MUST NOT be compromised when a client supplies a lower "version-number" parameter in a request. For example, if an IPP/1.1 conforming Printer object accepts version '1.0' requests and is configured to enforce Digest Authentication, it MUST do the same for a version '1.0' request.

クライアントが要求に低く、「バージョン番号」パラメータを供給する場合、セキュリティを維持できるようにしてください。プリンタオブジェクトを適合IPP / 1.1は、バージョン「1.0」要求を受け付け、ダイジェスト認証を強制するように構成されている場合、例えば、それはバージョン「1.0」リクエストに対して同じことを行う必要があります。

5.3 Charset and Natural Language Requirements
5.3文字セットと自然言語の要件

All clients and IPP objects MUST support the 'utf-8' charset as defined in section 4.1.7.

セクション4.1.7で定義されているすべてのクライアントとIPPオブジェクトは、「UTF-8」文字セットをサポートしなければなりません。

IPP objects MUST be able to accept any client request which correctly uses the "attributes-natural-language" operation attribute or the Natural Language Override mechanism on any individual attribute whether or not the natural language is supported by the IPP object. If an IPP object supports a natural language, then it MUST be able to translate (perhaps by table lookup) all generated 'text' or 'name' attribute values into one of the supported languages (see section 3.1.4). That is, the IPP object that supports a natural language NEED NOT be a general purpose translator of any arbitrary 'text' or 'name' value supplied by the client into that natural language. However, the object MUST be able to translate (automatically generate) any of its own attribute values and messages into that natural language.

IPPオブジェクトが正しく自然言語はIPPオブジェクトによってサポートされているかどうか任意の個々の属性の「属性自然言語」操作属性や自然言語オーバーライドメカニズムを使用するすべてのクライアント要求を受け入れることができなければなりません。 IPPオブジェクトは、自然言語をサポートしている場合、それは、生成されたすべての「テキスト」または「名前」サポートされている言語の一つに属性値を(おそらく、テーブルルックアップによって)変換できる必要があります(セクション3.1.4を参照してください)。これは、任意の「テキスト」またはその自然言語にクライアントによって提供される「名前」値の汎用トランスレータである必要はなく、自然言語をサポートしているIPPオブジェクトです。ただし、オブジェクトは、その自然言語に(自動的に生成)、自身の属性値やメッセージのいずれかを翻訳することができなければなりません。

6. IANA Considerations
6. IANAの考慮事項

This section describes the procedures for defining semantics for the following IETF standards track extensions and vendor extensions to the IPP/1.1 Model and Semantics document:

このセクションでは、IPP / 1.1モデルとセマンティクス文書に次のIETFの標準トラック拡張機能やベンダー拡張のためのセマンティクスを定義するための手順を説明します。

1. keyword attribute values 2. enum attribute values

1.キーワード属性は、2列挙型属性値を値

3. attributes 4. attribute syntaxes 5. operations 6. attribute groups 7. status codes 8. out-of-band attribute values

3.属性4.属性5.操作6.属性グループ7ステータスコード8アウトオブバンド属性値を構文

Extensions registered for use with IPP/1.1 are OPTIONAL for client and IPP object conformance to the IPP/1.1 "Model and Semantics" document (this document).

IPP / 1.1で使用するために登録された拡張機能は、IPP / 1.1「モデルとセマンティクス」文書(本書)のクライアントとIPPオブジェクトの適合性のためのオプションです。

These extension procedures are aligned with the guidelines as set forth by the IESG [IANA-CON]. Section 11 describes how to propose new registrations for consideration. IANA will reject registration proposals that leave out required information or do not follow the appropriate format described in Section 11. The IPP/1.1 Model and Semantics document may also be extended by an appropriate RFC that specifies any of the above extensions.

これらの拡張プロシージャはIESG [IANA-CON]によって記載されたガイドラインに配列されています。 11節は、検討のための新たな登録を提案する方法を説明します。 IANAは、必要な情報を残したり、また、上記の拡張機能のいずれかを指定する適切なRFCによって拡張することができる第11 IPP / 1.1モデルと意味論の文書で説明されている適切なフォーマットに従わない登録提案を拒否します。

6.1 Typed 'keyword' and 'enum' Extensions
6.1型指定された「キーワード」と「列挙型」の拡張機能

IPP allows for 'keyword' and 'enum' extensions (see sections 4.1.2.3 and 4.1.4). This document uses prefixes to the 'keyword' and 'enum' basic attribute syntax type in order to communicate extra information to the reader through its name. This extra information is not represented in the protocol because it is unimportant to a client or Printer object. The list below describes the prefixes and their meaning.

IPPは(セクション4.1.2.3および4.1.4を参照)「キーワード」と「列挙」伸長することができます。この文書は、その名前を介してリーダに特別な情報を通信するために、「キーワード」と「列挙型」の基本的な属性構文タイプに接頭辞を使用しています。それは、クライアントまたはプリンタオブジェクトにとって重要ではないので、この追加情報は、プロトコルで表現されていません。以下のリストは、接頭辞とその意味を説明しています。

"type1": This IPP specification document must be revised (or another IETF standards track document which augments this document) to add a new keyword or a new enum. No vendor defined keywords or enums are allowed.

「TYPE1」:このIPP仕様書を改訂しなければならない(または別のIETF標準は、この文書を強化した文書を追跡する)新しいキーワードや新しい列挙型を追加します。いいえ、ベンダ定義されたキーワードまたは列挙型は許可されません。

"type2": Implementers can, at any time, add new keyword or enum values by proposing the complete specification to IANA:

「TYPE2」:実装者は、いつでも、IANAへの完全な仕様を提案することにより、新しいキーワードや列挙型の値を追加することができます。

iana@iana.org

いあな@いあな。おrg

IANA will forward the registration proposal to the IPP Designated Expert who will review the proposal with a mailing list that the Designated Expert keeps for this purpose. Initially, that list will be the mailing list used by the IPP WG:

IANAは、指定専門家は、この目的のために続けメーリングリストで提案を見直すIPP指定エキスパートへの登録提案を転送します。最初は、そのリストは、IPP WGで使用されるメーリングリストになります。

ipp@pwg.org

いっp@pwg。おrg

even after the IPP WG is disbanded as permitted by [IANA-CON].

IPP WGを解散した後も[IANA-CON]で許可されています。

The IPP Designated Expert is appointed by the IESG Area Director responsible for IPP, according to [IANA-CON].

IPP指定エキスパートは、[IANA-CON]によると、IPPの責任IESGエリアディレクターによって任命されます。

When a type2 keyword or enum is approved, the IPP Designated Expert becomes the point of contact for any future maintenance that might be required for that registration.

TYPE2キーワードまたは列挙型が承認されると、IPP指定Expertは、その登録に必要となる場合があります任意の将来のメンテナンスのための接触のポイントになります。

"type3": Implementers can, at any time, add new keyword and enum values by submitting the complete specification to IANA as for type2 who will forward the proposal to the IPP Designated Expert. While no additional technical review is required, the IPP Designated Expert may, at his/her discretion, forward the proposal to the same mailing list as for type2 registrations for advice and comment.

「TYPE3」:実装者は、いつでも、IPP指定エキスパートへの提案を転送するタイプ2用としてIANAへの完全な仕様を提出することによって、新しいキーワードや列挙型の値を追加することができます。追加の技術的な見直しが必要とされないが、IPP指定専門家は、彼/彼女の裁量で、アドバイスやコメントをTYPE2の登録と同じメーリングリストへの提案を転送することができます。

When a type3 keyword or enum is approved by the IPP Designated Expert, the original proposer becomes the point of contact for any future maintenance that might be required for that registration.

TYPE3キーワードまたは列挙型は、IPP指定専門家によって承認された場合には、オリジナルの提案者は、その登録に必要となる場合があります任意の将来のメンテナンスのための接触のポイントになります。

For type2 and type3 keywords, the proposer includes the name of the keyword in the registration proposal and the name is part of the technical review.

TYPE2 TYPE3とキーワードについて、提案者は、登録提案にキーワードの名前が含まれており、名前は技術的な見直しの一環です。

After type2 and type3 enums specifications are approved, the IPP Designated Expert in consultation with IANA assigns the next available enum number for each enum value.

TYPE2 TYPE3と列挙型の仕様が承認された後、IANAと協議のIPP指定Expertは、各列挙値のために利用可能な次の列挙番号を割り当てます。

IANA will publish approved type2 and type3 keyword and enum attributes value registration specifications in:

IANAが承認TYPE2 TYPE3とキーワードを公開し、列挙型は中値登録仕様属性:

ftp.isi.edu/iana/assignments/ipp/attribute-values/xxx/yyy.txt

ftp。いし。えづ/いあな/あっしgんめんts/いっp/あっtりぶてーゔぁぅえs/っっx/っっy。txt

where xxx is the attribute name that specifies the initial values and yyy.txt is a descriptive file name that contains one or more enums or keywords approved at the same time. For example, if several additional enums for stapling are approved for use with the "finishings" attribute (and "finishings-default" and "finishings-supported" attributes), IANA will publish the additional values in the file:

どこxxxは初期値を指定し、yyy.txtは、1つまたは複数の列挙型または同時に承認されたキーワードが含まれている記述のファイル名である属性名です。ステープルのためのいくつかの追加の列挙型は「仕上げ」属性(および「仕上げ・デフォルト」と「仕上げ・サポート」の属性)で使用するために承認された場合、IANAは、ファイルに追加の値を公開します。

ftp.isi.edu/iana/assignments/ipp/attribute-values/finishings/stapling.txt

ftp。いし。えづ/いあな/あっしgんめんts/いっp/あっtりぶてーゔぁぅえs/ふぃにしんgs/sたpぃんg。txt

Note: Some attributes are defined to be: 'type3 keywords' | 'name' which allows for attribute values to be extended by a site administrator with administrator defined names. Such names are not registered with IANA.

注意:一部の属性は、なるように定義されている:「TYPE3のキーワード」|管理者が定義した名前を持つサイト管理者によって拡張される属性値を可能にし「名前」。このような名前は、IANAに登録されていません。

By definition, each of the three types above assert some sort of registry or review process in order for extensions to be considered valid. Each higher numbered level (1, 2, 3) tends to be decreasingly less stringent than the previous level. Therefore, any typeN value MAY be registered using a process for some typeM where M is less than N, however such registration is NOT REQUIRED. For example, a type3 value MAY be registered in a type 1 manner (by being included in a future version of an IPP specification), however, it is NOT REQUIRED.

拡張が有効と見なされるために定義することで、3種類のそれぞれは、上記の順序でレジストリやレビュー・プロセスのいくつかの並べ替えを主張します。各より高い番号のレベル(1、2、3)は、前のレベルよりも徐々に減少するあまり厳しくなる傾向にあります。したがって、任意typeN値はMが、しかし、そのような登録が必要とされないN未満であり、いくつかはTypeMためのプロセスを使用して登録されていてもよいです。例えば、TYPE3値(IPP仕様の将来のバージョンに含まれることによって)タイプ1のようにして登録されていてもよい、しかし、これは必須ではありません。

This document defines keyword and enum values for all of the above types, including type3 keywords.

この文書では、TYPE3のキーワードを含む上記のタイプのすべてのためのキーワードや列挙型の値を定義します。

For vendor keyword extensions, implementers SHOULD use keywords with a suitable distinguishing prefix, such as "xxx-" where xxx follows the syntax rules for keywords (see section 4.1.3) and is the (lowercase) fully qualified company name registered with IANA for use in domain names [RFC1035]. For example, if the company XYZ Corp. had obtained the domain name "XYZ.com", then a vendor keyword 'abc' would be: 'xyz.com-abc'.

ベンダーのキーワード拡張のために、実装者は、このような「XXX-」xxxは、キーワードの構文規則に従います(セクション4.1.3を参照)のためにIANAに登録(小文字)完全修飾された会社名ですとして、適した特徴的な接頭辞でキーワードを使用すべきですドメイン名[RFC1035]で使用しています。会社XYZ社は、ドメイン名「XYZ.com」を取得した場合たとえば、その後、ベンダーのキーワード「ABC」を次のようになります。「xyz.com-ABC」。

Note: RFC 1035 [RFC1035] indicates that while upper and lower case letters are allowed in domain names, no significance is attached to the case. That is, two names with the same spelling but different case are to be treated as if identical. Also, the labels in a domain name must follow the rules for ARPANET host names: They must start with a letter, end with a letter or digit, and have as interior characters only letters, digits, and hyphen. Labels must be 63 characters or less. Labels are separated by the "." character.

注:RFC 1035 [RFC1035]は大文字と小文字が、ドメイン名に許可されている間、何の意味がケースに取り付けられていないことを示しています。すなわち、同じ綴りが異なる場合を持つ2つの名前が同一であるかのように扱われるべきです。また、ドメイン名のラベルはARPANETホスト名の規則に従う必要があります:彼らは、文字で始まる文字または数字で終わり、その間の文字には英字、数字、およびハイフンとして持っている必要があります。ラベルは63文字以下でなければなりません。ラベルはで区切られ、「」キャラクター。

For vendor enum extensions, implementers MUST use values in the reserved integer range which is 2**30 to 2**31-1.

ベンダー列挙拡張のために、実装は、2 ** 30から2 ** 31-1で予約整数の範囲内の値を使用しなければなりません。

6.2 Attribute Extensibility
6.2属性拡張

Attribute names (see section 4.1.3) are type2 keywords. Therefore, new attributes may be registered and have the same status as attributes in this document by following the type2 extension rules. For vendor attribute extensions, implementers SHOULD use keywords with a suitable distinguishing prefix as described in Section 6.1.

属性名(セクション4.1.3を参照)TYPE2キーワードです。そのため、新しい属性が登録され、TYPE2の拡張ルールに従うことによって、この文書の属性と同じステータスを持つことができます。 6.1節で説明したように、ベンダー属性の拡張のために、実装者は、適切な区別接頭辞でキーワードを使用すべきです。

IANA will publish approved attribute registration specifications as separate files:

IANAは、別々のファイルとして承認属性登録の仕様を公開します。

ftp.isi.edu/iana/assignments/ipp/attributes/xxx-yyy.txt

ftp。いし。えづ/いあな/あっしgんめんts/いっp/あっtりぶてs/っっxーっっy。txt

where "xxx-yyy" is the new attribute name.

ここで、「XXX-YYYは、」新しい属性名です。

If a new Printer object attribute is defined and its values can be affected by a specific document format, its specification needs to contain the following sentence:

新しいプリンタオブジェクトの属性が定義され、その値が特定の文書フォーマットによって影響を受ける可能性がある場合は、その仕様は次の文章が含まれている必要があります:

         "The value of this attribute returned in a Get-Printer-
         Attributes response MAY depend on the "document-format"
         attribute supplied (see Section 3.2.5.1)."
        

If the specification does not, then its value in the Get-Printer-Attributes response MUST NOT depend on the "document-format" supplied in the request. When a new Job Template attribute is registered, the value of the Printer attributes MAY vary with "document-format" supplied in the request without the specification having to indicate so.

仕様がない場合は、応答を取得し、プリンタが-属性で、その値は、要求に付属の「ドキュメント・フォーマット」に依存してはなりません。新しいジョブテンプレート属性が登録されている場合、プリンタの属性の値は、仕様がそう指示しなくても、リクエストに付属の「ドキュメント・フォーマット」と異なる場合があります。

6.3 Attribute Syntax Extensibility
6.3属性の構文拡張

Attribute syntaxes (see section 4.1) are like type2 enums. Therefore, new attribute syntaxes may be registered and have the same status as attribute syntaxes in this document by following the type2 extension rules described in Section 6.1. The initial set of value codes that identify each of the attribute syntaxes have been assigned in the "Encoding and Transport" document [RFC2910], including a designated range for vendor extension.

属性構文(セクション4.1を参照)は、TYPE2列挙型のようなものです。そのため、新しい属性構文が登録され、6.1節で説明したTYPE2拡張ルールに従うことによって、この文書の属性構文と同じステータスを持つことができます。属性構文の各々を識別する値コードの初期セットは、ベンダー拡張のための指定された範囲を含む、「符号化及びトランスポート」文書[RFC2910]に割り当てられています。

For attribute syntaxes, the IPP Designated Expert in consultation with IANA assigns the next attribute syntax code in the appropriate range as specified in [RFC2910]. IANA will publish approved attribute syntax registration specifications as separate files:

属性構文のために、IANAとの相談でIPP指定された専門家は、[RFC2910]で指定されるように適切な範囲内の次の属性構文コードを割り当てます。 IANAは、別々のファイルとして承認属性構文登録の仕様を公開します。

ftp.isi.edu/iana/assignments/ipp/attribute-syntaxes/xxx-yyy.txt

ftp。いし。えづ/いあな/あっしgんめんts/いっp/あっtりぶてーsyんたぇs/っっxーっっy。txt

where 'xxx-yyy' is the new attribute syntax name.

どこ「XXX-YYYの新しい属性構文の名前です。

6.4 Operation Extensibility
6.4操作の拡張性

Operations (see section 3) may also be registered following the type2 procedures described in Section 6.1, though major new operations will usually be done by a new standards track RFC that augments this document. For vendor operation extensions, implementers MUST use the range for the "operation-id" in requests specified in Section 4.4.15 "operations-supported" Printer attribute.

主要な新しい操作は通常、この文書を強化する新しい標準トラックRFCによって行われますけれども操作は(セクション3を参照)も、6.1節で説明したタイプ2の手順に従って登録することができます。ベンダーの操作の拡張については、実装者は「オペレーション・サポート」Printer属性セクション4.4.15で指定されたリクエストで、「操作-ID」の範囲を使用しなければなりません。

For operations, the IPP Designated Expert in consultation with IANA assigns the next operation-id code as specified in Section 4.4.15. IANA will publish approved operation registration specifications as separate files:

セクション4.4.15で指定されるように操作するために、IANAとの相談でIPP指定された専門家は、次の操作IDコードを割り当てます。 IANAは、別々のファイルとして承認操作登録の仕様を公開します。

ftp.isi.edu/iana/assignments/ipp/operations/Xxx-Yyy.txt

ftp。いし。えづ/いあな/あっしgんめんts/いっp/おぺらちおんs/っっxーっっy。txt

where "Xxx-Yyy" is the new operation name.

ここで、「XXX-YYYは、」新しい操作名です。

6.5 Attribute Group Extensibility
6.5グループ拡張属性

Attribute groups (see section 3.1.3) passed in requests and responses may be registered following the type2 procedures described in Section 6.1. The initial set of attribute group tags have been assigned in the "Encoding and Transport" document [RFC2910], including a designated range for vendor extension.

要求と応答に渡されたグループは、(セクション3.1.3を参照)6.1節で説明したタイプ2の手順に従って登録することができる属性。属性グループタグの初期セットは、ベンダー拡張のために指定された範囲を含め、「エンコーディングとTransport」ドキュメント[RFC2910]に割り当てられています。

For attribute groups, the IPP Designated Expert in consultation with IANA assigns the next attribute group tag code in the appropriate range as specified in [RFC2910]. IANA will publish approved attribute group registration specifications as separate files:

属性グループのために、IANAとの相談でIPP指定された専門家は、[RFC2910]で指定されるように適切な範囲内の次の属性グループタグコードを割り当てます。 IANAは、別々のファイルとして承認された属性グループ登録の仕様を公開します。

ftp.isi.edu/iana/assignments/ipp/attribute-group-tags/xxx-yyy-tag.txt

ftp。いし。えづ/いあな/あっしgんめんts/いっp/あっtりぶてーgろうpーたgs/っっxーっっyーたg。txt

where 'xxx-yyy-tag' is the new attribute group tag name.

どこ「XXX-YYY-タグは」新しい属性グループのタグ名です。

6.6 Status Code Extensibility
6.6ステータスコードの拡張

Operation status codes (see section 3.1.6.1) may also be registered following the type2 procedures described in Section 6.1. The values for status codes are allocated in ranges as specified in Section 14 for each status code class:

オペレーションのステータスコード(セクション3.1.6.1を参照)もまた、セクション6.1で説明TYPE2の手順に従って登録するようにしてもよいです。各状態コードクラスについては、セクション14で指定されているステータスコードの値は、範囲内に割り当てられています。

"informational" - Request received, continuing process "successful" - The action was successfully received, understood, and accepted "redirection" - Further action must be taken in order to complete the request "client-error" - The request contains bad syntax or cannot be fulfilled "server-error" - The IPP object failed to fulfill an apparently valid request

「情報」 - 受け取った、継続的なプロセス「成功」を要求 - アクションが正常に受信された、理解、および「リダイレクト」を受け入れた - さらにアクションが要求「クライアント・エラー」を完了するために取られなければならない - 要求が不正な構文が含まれていますか「サーバーエラー」を満たすことができない - IPPオブジェクトは、明らかに有効な要求を満たすことができませんでした

For vendor operation status code extensions, implementers MUST use the top of each range as specified in Section 13.

セクション13で指定されるように、ベンダー動作状況コード拡張のために、実装は、各範囲の上部を使用しなければなりません。

For operation status codes, the IPP Designated Expert in consultation with IANA assigns the next status code in the appropriate class range as specified in Section 13. IANA will publish approved status code registration specifications as separate files:

IANAは、別々のファイルとして承認されたステータスコード登録の仕