Network Working Group                                          J. Altman
Request for Comments: 2949                           Columbia University
Category: Standards Track                                 September 2000
        
           Telnet Encryption: CAST-128 64 bit Output Feedback
        

Status of this Memo

このメモの位置付け

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2000). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2000)。全著作権所有。

Abstract

抽象

This document specifies how to use the CAST-128 encryption algorithm in output feedback mode with the telnet encryption option. Two key sizes are defined: 40 bit and 128 bit.

この文書では、telnet暗号化オプションで出力フィードバックモードでのCAST-128暗号化アルゴリズムを使用する方法を指定します。二つのキーサイズは定義されています:40ビットおよび128ビット。

1. Command Names and Codes
1.コマンド名とコード

Encryption Type

暗号化の種類

CAST5_40_OFB64 9 CAST128_OFB64 11

CAST5_40_OFB64 9 CAST128_OFB64 11

Suboption Commands

サブオプションのコマンド

OFB64_IV 1 OFB64_IV_OK 2 OFB64_IV_BAD 3

OFB64_IV 1 OFB64_IV_OK 2 OFB64_IV_BAD 3

2. Command Meanings
2.コマンドの意味

IAC SB ENCRYPT IS CAST5_40_OFB64 OFB64_IV <initial vector> IAC SE IAC SB ENCRYPT IS CAST128_OFB64 OFB64_IV <initial vector> IAC SE

IAC SB ENCRYPTがCAST5_40_OFB64 OFB64_IV IS <初期ベクトル> IAC SE IAC SB ENCRYPTはCAST128_OFB64 OFB64_IV <初期ベクトル> IAC SEは、IS

The sender of this command generates a random 8 byte initial vector, and sends it to the other side of the connection using the OFB64_IV command. The initial vector is sent in clear text. Only the side of the connection that is WILL ENCRYPT may send the OFB64_IV command.

このコマンドの送信者はランダムな8バイトの初期ベクトルを生成し、OFB64_IVコマンドを使用して、接続の反対側に送信します。初期ベクトルはクリアテキストで送信されます。 WILL ENCRYPTである接続の唯一の側面はOFB64_IVコマンドを送信することができます。

IAC SB ENCRYPT REPLY CAST5_40_OFB64 OFB64_IV_OK IAC SE IAC SB ENCRYPT REPLY CAST128_OFB64 OFB64_IV_OK IAC SE IAC SB ENCRYPT REPLY CAST5_40_OFB64 OFB64_IV_BAD IAC SE IAC SB ENCRYPT REPLY CAST128_OFB64 OFB64_IV_BAD IAC SE

IAC SBのENCRYPTのREPLY CAST5_40_OFB64 OFB64_IV_OK IAC SE IAC SBのENCRYPTのREPLY CAST128_OFB64 OFB64_IV_OK IAC SE IAC SBのENCRYPTのREPLY CAST5_40_OFB64 OFB64_IV_BAD IAC SE IAC SBのENCRYPTのREPLY CAST128_OFB64 OFB64_IV_BAD IAC SE

The sender of these commands either accepts or rejects the initial vector received in a OFB64_IV command. Only the side of the connection that is DO ENCRYPT may send the OFB64_IV_OK and OFB64_IV_BAD commands. The OFB64_IV_OK command MUST be sent for backwards compatibility with existing implementations; there really isn't any reason why a sender would need to send the OFB64_IV_BAD command except in the case of a protocol violation where the IV sent was not of the correct length (i.e., 8 bytes).

これらのコマンドの送信者はOFB64_IVコマンドで受信した初期ベクトルを受け入れるか拒否のいずれか。 DO ENCRYPTである接続の唯一の側面はOFB64_IV_OKとOFB64_IV_BADコマンドを送信することができます。 OFB64_IV_OKコマンドは、既存の実装との後方互換性のために送らなければなりません。本当に送信者がIVが正しい長さ(すなわち、8バイト)のではなかった送られたプロトコル違反の場合を除きOFB64_IV_BADコマンドを送信する必要があるだろう、なぜ何らかの理由ではありません。

3. Implementation Rules
3.実施細則

Once a OFB64_IV_OK command has been received, the WILL ENCRYPT side of the connection should do keyid negotiation using the ENC_KEYID command. Once the keyid negotiation has successfully identified a common keyid, then START and END commands may be sent by the side of the connection that is WILL ENCRYPT. Data will be encrypted using the CAST128 64 bit Output Feedback algorithm.

OFB64_IV_OKコマンドが受信された後、接続のWILLのENCRYPT側はENC_KEYIDコマンドを使用してキーID交渉を行う必要があります。鍵ID交渉が成功裏に共通鍵IDを識別すると、その後、開始と終了のコマンドがWILL ENCRYPTである接続の側面によって送信されることがあります。データはCAST128 64ビット出力フィードバックアルゴリズムを使用して暗号化されます。

If encryption (decryption) is turned off and back on again, and the same keyid is used when re-starting the encryption (decryption), the intervening clear text must not change the state of the encryption (decryption) machine.

暗号化(復号化)がオフになり、背面に再び、および暗号化(復号化)を再起動したときに同じ鍵IDが使用されている場合、介在クリアテキストは、暗号化(復号化)マシンの状態を変更しないでください。

If a START command is sent (received) with a different keyid, the encryption (decryption) machine must be re-initialized immediately following the end of the START command with the new key and the initial vector sent (received) in the last OFB64_IV command.

STARTコマンドが異なる鍵IDと(受信)送信された場合、暗号化(復号化)マシンは、新しいキーとSTARTコマンドの終わりと最後OFB64_IVコマンドで(受信)送信された初期ベクトルの直後に再初期化する必要があります。

If a new OFB64_IV command is sent (received), and encryption (decryption) is enabled, the encryption (decryption) machine must be re-initialized immediately following the end of the OFB64_IV command with the new initial vector, and the keyid sent (received) in the last START command.

新しいOFB64_IVコマンドが送信された場合(受信)、および暗号化(復号化)は、暗号化(復号化)マシンは、新しい初期ベクトルとOFB64_IVコマンドの終了直後に再初期化する必要があります有効になっており、送信された鍵ID(受信)最後のSTARTコマンドインチ

If encryption (decryption) is not enabled when a OFB64_IV command is sent (received), the encryption (decryption) machine must be re-initialized after the next START command, with the keyid sent (received) in that START command, and the initial vector sent (received) in this OFB64_IV command.

OFB64_IVコマンドが送信されるときに、暗号化(復号化)が(受信)が有効になっていない場合は送信されkeyidをして、暗号化(復号化)マシンは、次のSTARTコマンドの後に再初期化されなければならないことSTARTコマンドで(受信)、および初期送信されたベクトルは、このOFB64_IVコマンドで(受信しました)。

4. Algorithm
4.アルゴリズム

CAST 64 bit Output Feedback

CAST 64ビット出力フィードバック

   key --->+------+
        +->| CAST |--+
        |  +------+  |
        +------------+
                     v
    INPUT --------->(+) ----> DATA
        

Given: iV: Initial vector, 64 bits (8 bytes) long. Dn: the nth chunk of 64 bits (8 bytes) of data to encrypt (decrypt). On: the nth chunk of 64 bits (8 bytes) of encrypted (decrypted) output.

所与:IV:初期ベクトル、長い64ビット(8バイト)。 DN:データの64ビット(8バイト)のn番目のチャンク(復号化)を暗号化します。上:暗号化(復号化)出力の64ビット(8バイト)のn番目のチャンク。

        V0 = CAST(iV, key)
        V(n+1) = CAST(Vn, key)
        On = Dn ^ Vn
        
5. Integration with the AUTHENTICATION telnet option
認証のTelnetオプション5.統合

As noted in the telnet ENCRYPTION option specifications, a keyid value of zero indicates the default encryption key, as might be derived from the telnet AUTHENTICATION option. If the default encryption key negotiated as a result of the telnet AUTHENTICATION option contains less than 16 (5) bytes, then the CAST128_OFB64 (CAST5_40_OFB64) option must not be offered or used as a valid telnet encryption option.

telnet暗号化オプション仕様で述べたようにtelnetの認証オプションから導出されるかもしれないとして、ゼロのキーID値は、デフォルトの暗号化キーを示します。 telnetの認証オプションの結果として交渉し、デフォルトの暗号化キーが16未満(5)バイトが含まれている場合は、CAST128_OFB64(CAST5_40_OFB64)オプションが有効なのtelnet暗号化オプションとして提供または使用することはできません。

If there are less than 32 (10) bytes of key data, the first 16 (5) bytes of key data are used as keyid 0 in each direction. If there are at least 32 (10) bytes of key data, the first 16 (5) bytes of key data are used to encrypt the data sent by the telnet client to the telnet server; the second 16 (5) bytes of key data are used to encrypt the data sent by the telnet server to the telnet client.

キーデータの32未満(10)バイトがある場合、第16(5)鍵データのバイトは、各方向に鍵ID 0として使用されます。キーデータの少なくとも32(10)バイトがある場合、鍵データの最初の16(5)バイトは、telnetサーバにtelnetクライアントによって送信されたデータを暗号化するために使用されます。第16(5)鍵データのバイトは、TelnetクライアントにTelnetサーバによって送信されたデータを暗号化するために使用されます。

Any extra key data is used as random data to be sent as an initialization vector.

余分な鍵データが初期化ベクトルとして送信するランダムデータとして使用されます。

6. Security Considerations
6.セキュリティの考慮事項

Encryption using Output Feedback does not ensure data integrity; an active attacker may be able to substitute text, if he can predict the clear-text that was being transmitted.

出力フィードバックを使用して暗号化は、データの整合性を保証するものではありません。アクティブな攻撃者は、彼が送信されたクリアテキストを予測することができれば、テキストを代用することができるかもしれません。

The tradeoff here is that adding a message authentication code (MAC) will significantly increase the number of bytes needed to send a single character in the telnet protocol, which will impact performance on slow (i.e. dialup) links.

ここでのトレードオフは、メッセージ認証コード(MAC)を付加することは著しく遅い(すなわち、ダイヤルアップ)リンクのパフォーマンスに影響を与えるTelnetプロトコルにおける単一の文字を送信するために必要なバイト数を増加することです。

This option was originally drafted back when CPU speeds where not necessarily fast enough to do allow use of CFB. Since then, CPU's have gotten much faster. Given the inherent weaknesses in Output Feedback mode, perhaps it should be deprecated in favor of CFB modes?

CPUは、CFBの使用を許可行うのに十分な場所を必ずしも速くないスピード場合は、このオプションは、もともとバック起草されました。それ以来、CPUのは、はるかに高速になってきていました。出力フィードバックモードでの固有の弱点を考えると、おそらくそれは、CFBモードのために廃止すべきですか?

Encryption modes using 40-bit keys are not to be considered secure. The 40 bit key mode CAST5_40_OFB64 is listed here simply to document the implementations that are already prevalent on the Internet but have never been documented.

40ビットキーを使用して暗号化モードは、安全と考えるべきではありません。 40ビットの鍵モードCAST5_40_OFB64は、単純に、すでにインターネット上で普及しているが、文書化されたことがないの実装を文書化するためにここに記載されています。

7. Acknowledgments
7.謝辞

This document was based on the "Telnet Encryption: DES 64 bit Output Feedback" document originally written by Dave Borman of Cray Research with the assistance of the IETF Telnet Working Group.

もともとはIETF Telnetのワーキンググループの支援を受けてクレイリサーチのデイブ・ボーマンによって書かれた文書:この文書は、「DES 64ビット出力フィードバックのTelnet暗号化」に基づいていました。

8. References
8.参照文献

[1] Adams, C., "The CAST-128 Encryption Algorithm", RFC 2144, May 1997.

[1]アダムス、C.、 "CAST-128暗号化アルゴリズム"、RFC 2144、1997月。

Author's Address

著者のアドレス

Jeffrey Altman, Editor Columbia University 612 West 115th Street Room 716 New York NY 10025 USA

ジェフリー・アルトマン、エディタコロンビア大学612第115西ストリートルーム716ニューヨークNY 10025 USA

Phone: +1 (212) 854-1344 EMail: jaltman@columbia.edu

電話:+1(212)854-1344 Eメール:jaltman@columbia.edu

Full Copyright Statement

完全な著作権声明

Copyright (C) The Internet Society (2000). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2000)。全著作権所有。

This document and translations of it may be copied and furnished to others, and derivative works that comment on or otherwise explain it or assist in its implementation may be prepared, copied, published and distributed, in whole or in part, without restriction of any kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are included on all such copies and derivative works. However, this document itself may not be modified in any way, such as by removing the copyright notice or references to the Internet Society or other Internet organizations, except as needed for the purpose of developing Internet standards in which case the procedures for copyrights defined in the Internet Standards process must be followed, or as required to translate it into languages other than English.

この文書とその翻訳は、コピーして他の人に提供し、それ以外についてはコメントまたは派生物は、いかなる種類の制限もなく、全体的にまたは部分的に、準備コピーし、公表して配布することができることを説明したり、その実装を支援することができます、上記の著作権表示とこの段落は、すべてのそのようなコピーや派生物に含まれていることを条件とします。しかし、この文書自体は著作権のための手順はで定義されている場合には、インターネット標準を開発するために必要なものを除き、インターネットソサエティもしくは他のインターネット関連団体に著作権情報や参照を取り除くなど、どのような方法で変更されないかもしれませんインターネット標準化プロセスが続く、または英語以外の言語に翻訳するために、必要に応じなければなりません。

The limited permissions granted above are perpetual and will not be revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上記の制限は永久で、インターネット学会やその後継者や譲渡者によって取り消されることはありません。

This document and the information contained herein is provided on an "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とインターネットソサエティおよびインターネットエンジニアリングタスクフォースはすべての保証を否認し、明示または黙示、その情報の利用がない任意の保証を含むがこれらに限定されない「として、」上に設けられています特定の目的への権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害します。

Acknowledgement

謝辞

Funding for the RFC Editor function is currently provided by the Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。