Network Working Group                            P. Blatherwick (Editor)
Request for Comments: 3054                               Nortel Networks
Category: Informational                                         R. Bell
                                                           Cisco Systems
                                                              P. Holland
                                                    Circa Communications
                                                   (Chair TIA TR-41.3.4)
                                                            January 2001
        
           Megaco IP Phone Media Gateway Application Profile
        

Status of this Memo

このメモの位置付け

This memo provides information for the Internet community. It does not specify an Internet standard of any kind. Distribution of this memo is unlimited.

このメモはインターネットコミュニティのための情報を提供します。それはどんな種類のインターネット標準を指定しません。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2001). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2001)。全著作権所有。

Abstract

抽象

This document specifies a particular application of the Megaco/H.248 Protocol for control of Internet telephones and similar appliances: the Megaco IP Phone Media Gateway. The telephone itself is a Media Gateway (MG), controlled by the Megaco/H.248 Protocol, with application control intelligence located in the Media Gateway Controller (MGC). To achieve a high degree of interoperability and design efficiency in such end-user devices, a consistent architectural approach, a particular organization of Terminations and Packages, and a Protocol Profile are described. The approach makes use of existing Protocol features and user interface related Packages, and is thus a straight-forward application of the Megaco/H.248 Protocol.

Megaco IP電話メディアゲートウェイ:この文書は、インターネット電話と同様の機器の制御のためのMegaco / H.248プロトコルの特定のアプリケーションを指定します。電話自体は、メディアゲートウェイコントローラ(MGC)に位置するアプリケーション制御インテリジェンスと、Megacoの/ H.248プロトコルによって制御されるメディアゲートウェイ(MG)、です。このようなエンドユーザデバイスにおける相互運用性と設計効率の高い程度を達成するために、一貫性のあるアーキテクチャアプローチ、終端及びパッケージの特定の組織、およびプロトコルプロファイルが記載されています。アプローチは、既存のプロトコルの機能とユーザーインターフェイス関連のパッケージを利用しているので、Megacoの/ H.248プロトコルのストレートフォワードのアプリケーションです。

1. Introduction
1. はじめに

This document represents the current view from the TIA working group on VoIP (Voice over IP) telephone specification [1], TIA TR-41.3.4, with the intent of using this as part of its "whole device" specification as an optional method of device control.

この文書は、任意の方法としての「全装置」明細書の一部としてこれを使用する目的で、のVoIP(ボイスオーバーIP)電話の仕様にTIAワーキンググループ[1]、TIA TR-41.3.4から現在のビューを表しますデバイスコントロールの。

Industry feedback has made it clear that interoperability and acoustic performance of Internet telephones is key to the rapid and extensive commercialization of these products. To facilitate this, the TIA has established working group TR-41.3.4 to develop a standard for VoIP telephones. The TR-41.3.4 working group has included the "whole device" within the scope of the standard, so a full range of requirements including acoustic performance, protocols, methods for powering and safety are provided. Where possible, the requirements are based on existing standards, which are included by reference.

業界のフィードバックは、それを明確に相互運用性とインターネット電話の音響性能は、これらの製品の迅速かつ大規模な商業化への鍵であると判断しました。これを容易にするために、TIAは、VoIP電話のための標準を開発するためのワーキンググループTR-41.3.4を確立しています。 TR-41.3.4ワーキンググループは、標準の範囲内で「全装置」、ように提供される電力を供給および安全性のための音響性能、プロトコル、方法を含む要件の全範囲を含んでいました。可能な場合には、要件を参照することにより含まれている既存の標準に基づいています。

The TIA TR-41.3.4 working group has also recognized that its proposed standard must enable creative application of the equipment, encourage the development of new capabilities and allow for high levels of product customization. To achieve this, peer to peer architectures that are based on protocols such as H.323 or SIP and master/slave architectures such as Megaco/H.248 Protocol are both necessary and complementary.

TIA TR-41.3.4ワーキンググループは、その提案された標準は、機器の創造的なアプリケーションを可能にする新機能の開発を奨励し、製品のカスタマイズの高いレベルを可能にしなければならないことを認識しています。これを達成するために、H.323またはSIPなどのMegaco / H.248プロトコルのようなマスタ/スレーブ・アーキテクチャなどのプロトコルに基づいて必要と相補両方されているアーキテクチャをピアツーピア。

In support of the Megaco/H.248 Protocol development effort, the TR-41.3.4 working group has considered product enabling issues and requirements, and has developed an approach to use the Megaco/H.248 Protocol for Internet telephone device control. This document represents the working group's current view.

Megacoの/ H.248プロトコルの開発努力の支援では、TR-41.3.4ワーキンググループは、製品の有効化の問題や要件を検討しており、インターネット電話装置の制御のためのMegaco / H.248プロトコルを使用するためのアプローチを開発しました。この文書では、ワーキンググループの現在の見解を示しています。

This document covers the general requirements of the Megaco IP Phone application (section 3), architectural approach and MG organization (section 4), details of specific Termination types used and Packages supported by each (section 5), and the Megaco IP Phone Protocol Profile (section 6).

この文書では、のMegaco IP電話アプリケーション(セクション3)、建築アプローチとMG組織(セクション4)の一般的な要件をカバーして、特定の終端タイプの詳細は、使用して各(第5節)、およびのMegaco IP電話プロトコルプロファイルでサポートされているパッケージ(セクション6)。

2. Conventions
2.表記

The keywords MUST, MUST NOT, REQUIRED, SHALL, SHALL NOT, SHOULD, SHOULD NOT, RECOMMENDED, MAY, and OPTIONAL, when they appear in this document, are to be interpreted as described in RFC 2119 [5].

キーワードは、REQUIREDは、、、、、MAYを推奨、オプション、彼らは、この文書に表示されたときに、RFC 2119で説明されているように解釈されるすべきでないないものとものとしてはなりませんしなければならない[5]。

3. General Requirements
3.一般要求事項

The following general requirements were identified to drive the Megaco IP Phone design [1]:

次の一般的な要件は、MegacoのIP電話のデザインを駆動するために同定された[1]:

1. The Megaco IP Phone must meet the basic needs of the business user from day one;

1.のMegaco IP Phoneが初日からビジネスユーザーの基本的なニーズを満たす必要があります。

2. Provide a path for rapid expansion to support sophisticated business telephony features;

2.高度なビジネステレフォニー機能をサポートするための急速な拡大のためのパスを指定します。

3. Flexibility to allow for a very wide range of telephones and similar devices to be defined, from very simple to very feature rich;

3.柔軟性は非常に機能豊富なのは非常に単純なものから、定義する電話と同様のデバイスの非常に広い範囲を可能にします。

4. Simple, minimal design;
4.シンプル、ミニマルなデザイン。
5. Allow device cost to be appropriate to capabilities provided;
前記装置コストが提供する機能に適切なことを可能にします。

6. Packages and Termination types must have characteristics that enable reliability;

6.パッケージと終了の種類は、信頼性を可能にする特性を持っている必要があります。

7. The IP Phone MG shall meet the appropriate Megaco/H.248 Protocol requirements as provided in the Megaco Requirements document [2] and be a straight-forward application of the Megaco/H.248 Protocol [3].

7. IP電話MG [3] Megacoの要件文書に提供されるような適切なのMegaco / H.248プロトコルの要件を満たす[2]とのMegaco / H.248プロトコルのストレートフォワードアプリケーションでなければなりません。

4. Architecture Description
4.アーキテクチャの説明

The following subsections describe the general design approach and organization of the Megaco IP Phone MG.

以下のサブセクションでは、のMegaco IP電話MGの一般的な設計手法や組織を記述する。

4.1. Design Approach
4.1. 設計手法

Design intent of the Megaco IP Phone is to keep it determinedly simple while providing required support for fully featured business telephones and the flexibility to allow for a very wide range of telephone configurations and similar appliances.

Megaco IP電話の設計意図は、フル機能のビジネス電話と電話の設定と同様の機器の非常に広い範囲を可能にするための柔軟性のために必要なサポートを提供しながら、断固としてそれをシンプルに保つことです。

The approach to achieve this goal is to provide a very simple and direct master/slave control model in which very little feature intelligence is required in the end device. This design intent matches the Megaco/H.248 Protocol approach well.

この目標を達成するためのアプローチは非常に少ない機能インテリジェンスは、エンドデバイスに要求される非常に単純で直接的なマスター/スレーブ制御モデルを提供することです。この設計意図はよくMegacoの/ H.248プロトコルのアプローチと一致しました。

It is important to note that additional functionality, built-in feature capability or system-specific optimization can easily be provided, at the option of the implementer, by defining additional Termination types, Event/Signal Packages, or providing built-in application capability. This document defines the minimal design only.

組み込み機能の能力やシステム固有の最適化の追加機能は、簡単に内蔵されたアプリケーションの機能追加の終了タイプ、イベント/信号パッケージ、または提供を定義することにより、実施者の選択により、提供できることに注意することが重要です。この文書では、最小限のデザインを定義します。

4.2. General Structure
4.2. 一般的な構造

As shown in Figure 1 below, the Megaco IP Phone is organized as a Media Gateway (MG) that consists of a User Interface Termination and a set of Audio Transducer Terminations.

以下、図1に示すように、MegacoのIP電話は、ユーザインタフェース終端及び音声変換器終端のセットからなるメディアゲートウェイ(MG)として編成されます。

Several - potentially thousands - of Megaco IP Phone MGs may be controlled by a single Media Gateway Controller (MGC). This is distinguished from the organization between traditional analog or PBX telephones behind an IP network, where the MGC would control an MG which in turn controls the collection of telephone devices in question. In the case of a Megaco IP Phone MG, the MG directly implements the media terminations like handset, handsfree and headset, as well as the user interface. In this case, the Megaco IP Phone itself is the MG.

いくつかの - 潜在的に数千人 - のMegaco IP電話のMGのは、単一のメディアゲートウェイコントローラ(MGC)によって制御することができます。これはMGCが順番に問題の電話デバイスの集合を制御MGを制御しますIPネットワーク、背後にある伝統的なアナログまたはPBX電話間の組織とは区別されます。 Megaco IP電話MGの場合は、MGは直接携帯電話、ハンズフリーヘッドセットなどのメディア終端だけでなく、ユーザー・インタフェースを実装しています。この場合、MegacoのIP電話自体がMGです。

                             +---------------+
                             |               |
                             |      MGC      |
                             |               |
                             +---------------+
                                     ^ \ \ \
                                     |
                                     v
               +---------------------------------------------+
               |                                             |
               |   Megaco IP Phone MG                        |
               |   ==================      Audio Transducer  |
               |                           Terminations:     |
               | Audio context(s):         + - - - - - - - + |
               | +---------------------+     +-----------+   |
               | |     Context A       |   | | Handset   | | |
               | |                     |     +-----------+   |
          RTP  | |  +-----+   +-----+  |   | +-----------+ | |
      <--------+-+->| Tr  |   | Ta2 |<-+-----| Handsfree |   |
        audio  | |  +-----+   +-----+  |   | +-----------+ | |
       stream  | |                     |     +-----------+   |
               | +---------------------+   | | Headset   | | |
               |                             +-----------+   |
               |                           |               | |
               |                              ETC.           |
               |                           + - - - - - - - + |
               |                                             |
               |  +----------------------------------------+ |
               |  | User Interface Termination             | |
               |  | +--------------+      +--------------+ | |
               |  | | Text Display |      | Keypad       | | |
               |  | +--------------+      +--------------+ | |
               |  | +--------------+      +--------------+ | |
               |  | | Softkeys     |      | Indicators   | | |
               |  | +--------------+      +--------------+ | |
               |  | +--------------+                       | |
               |  | | Function Keys|       ETC.            | |
               |  | +--------------+                       | |
               |  +----------------------------------------+ |
               +---------------------------------------------+
        

Figure 1: Megaco IP Phone Termination / Package Model

図1:のMegaco IP電話終了/パッケージモデル

4.3. Termination / Package Organization
4.3. 終了/パッケージ組織

As shown in Figure 1, each Audio Transducer Termination represents an individually controllable audio input/output element of the telephone device, such as Handset, Handsfree, Headset, etc. By separating each audio element as a distinct Termination, more flexible applications can be easily implemented, such as paging, group listening, and so on. Since this is actually only the logical view of the device, represented by protocol, it is also quite possible to simplify representation of the device by hiding all available audio input/outputs behind a single Audio Transducer Termination, for example the Handset, and implement control of multiple real input/outputs locally inside the device.

図1に示すように、各音声変換器の終端が別個の終端として各オーディオ要素を分離することによってなどハンドセット、ハンズフリーヘッドセットなど、電話装置の個々に制御可能なオーディオ入力/出力要素を表し、より柔軟なアプリケーションを容易にすることができますこのようようにページング、グループリスニング、およびとして、実装されています。これは、実際に、プロトコルによって表されるデバイスの唯一の論理ビューであるので、ハンドセット、例えば、単一の音声変換器の終端の後ろにすべての使用可能なオーディオ入力/出力を隠すことによって、デバイスの表現を簡略化し、制御を実現することも全く可能ですローカル装置内の複数の実入力/出力。

All non-audio user interface elements are associated with the User Interface Termination. This special Termination supports Packages to implement all user interaction with the telephone user interface, including Function Keys, Indicators, the Dialpad, etc, as appropriate for the specific device capabilities (within constraints given in the section on User Interface Termination). The User Interface Termination cannot be placed in any Context. This grouping of user interface elements behind a well-know Termination greatly simplifies audits to determine actual device configuration, and reduces the number of Terminations involved in representing user interface.

すべての非音声ユーザーインターフェイス要素はユーザーインタフェースの終了に関連しています。この特別な終了は、特定のデバイスの機能に応じて(ユーザ・インタフェース終端の項で与えられた制約内)などファンクションキー、インジケータ、ダイヤルパッド、などの電話ユーザインターフェイスを持つすべてのユーザーとの対話を実装するためにパッケージをサポートしています。ユーザーインターフェイスの終了は、任意のコンテキストに配置することはできません。周知の終端の後ろにユーザインタフェース要素のこのグループ化は大幅に実際の装置構成を決定するために、監査を簡素化し、ユーザインタフェースを表すに関与終端の数を減少させます。

In addition, TerminationID naming conventions are provided to identify specific Terminations within the Megaco IP Phone MG and group them into related sets. These conventions use a set of well known identifier names to specify the individual Terminations, for example the User Interface Termination ("ui"), the Handset Audio Transducer ("at/hs"), or the Handsfree Audio Transducer ("at/hf"). This specific naming is important in this application, especially for the Audio Transducer Terminations, since the real input/output elements to which they map on the physical device have very different functional significance to the end-user, yet they may be represented in the protocol using exactly the same sets of Packages. Naming conventions allow the controlling MGC to distinguish this end-user meaning without specific advance knowledge of physical device configuration and without the requirement to provide different Packages for each audio input/output type.

また、TerminationID命名規則は、MegacoのIPフォンMGと関連するセットにグループにそれらを内の特定の終端を識別するために設けられています。これらの規則は、例えばユーザ・インタフェース終端(「UI」)、個々の終端を指定するためにハンドセット音声変換器(「時/ HS」)、または/ HFでのハンズフリー音声変換器を(「よく知られた識別子名のセットを使用します「)。これらは、物理デバイス上にマップする実際の入力/出力要素は、エンドユーザに、非常に異なる機能的意義を有しているので、この特定の命名は、特に音声変換器終端のために、本出願において重要である、まだそれらはプロトコルで表すことができます。パッケージのまったく同じセットを使用。命名規則は、制御MGCは、物理装置構成の特定の事前の知識なしに、各オーディオ入力/出力タイプに異なるパッケージを提供する必要なしに、このエンドユーザの意味を区別することを可能にします。

   Using these same TerminationID naming conventions in combination with
   wildcards, the MGC application can target commands to groups of
   related Terminations, for example the collection of all Audio
   Transducer Terminations ("at/*").  This is especially useful during
   the discover phase, for example to efficiently Audit all available
   Audio Transducer Terminations, and to efficiently send commands to a
   set of related Terminations in a single command, for example to simultaneously Subtract all Audio Transducer Terminations from a
   particular Context.  Further information on TerminationID naming
   conventions and their use can be found under the sections on Control
   Interaction and Capability Discovery (next two subsections) and under
   Termination Types.
        
4.4. Control Interaction
4.4. コントロールの相互作用

To provide control of audio paths, Audio Transducer Terminations are manipulated using Contexts in the normal way, by sending Add, Move, Subtract and Modify commands addressed to the specific Terminations being manipulated. For example creating a Context (Context A) containing an RTP Termination (Tr) and a Handset Audio Transducer Termination (Ta1) creates a voice connection to/from the handset. Moving a Handsfree Audio Transducer Termination (Ta2) into the Context, and removing the Handset, sets up a handsfree conversation. This situation is shown in Figure 1. See the section on Audio Transducer Termination Types for further details on specific Package support requirements.

オーディオパスの制御、音声変換器終端を提供するために、追加移動し、減算および変更送信することにより、コマンドが操作されている特定の終端に宛て、通常の方法でコンテキストを使用して操作されています。 RTPターミネーション(TR)及びハンドセット音声変換器の終端(Ta1に)を含むコンテキスト(コンテキストA)を作成し、例えばハンドセットへの/からの音声接続を作成します。コンテキストの中にハンズフリー音声変換器ターミネーション(Ta2とを)移動し、ハンドセットを取り外し、ハンズフリー通話を設定します。この状況は、図1に示されている特定のパッケージのサポート要件の詳細については音声変換器の終端タイプのセクションを参照してください。

User input elements, such as Keypad or Function Keys, generate Events through Notify commands sent from the User Interface Termination of the Megaco IP Phone MG to the controlling MGC for handling. These Events are according to the specific set of Packages supported by the User Interface Termination of the device. See the section on User Interface Termination Type for further details on specific Package support requirements.

そのようなキーパッドやファンクションキーなどのユーザ入力要素、発生イベントを通じて処理するためのMegaco IP電話MGのユーザー・インタフェース終端から制御するMGCに送信されたコマンドを通知します。これらのイベントは、デバイスのユーザー・インタフェース終端でサポートされているパッケージの特定のセットに応じています。特定のパッケージサポート要件の詳細については、ユーザー・インタフェース終端タイプのセクションを参照してください。

User output elements such as the Text Display or Indicators are controlled by Signals sent by the MGC, addressed to the User Interface Termination of the Megaco IP Phone MG, generally as part of a Modify command, using syntax defined in the corresponding Packages. Since the User Interface Termination cannot be part of any context, Add, Move and Subtract commands sent to it are not valid. See the section on User Interface Termination Type for further details on specific Package support requirements.

そのようなテキスト表示やインジケータなどのユーザ出力要素はMGCによって送られた信号によって制御され、対応するパッケージで定義された構文を使用して、一般的に変更コマンドの一部として、MegacoのIP電話MGのユーザー・インタフェース終端宛。ユーザー・インタフェース終端は、任意のコンテキストの一部にすることはできませんので、追加、移動し、それに送信されたコマンドを減算することは有効ではありません。特定のパッケージサポート要件の詳細については、ユーザー・インタフェース終端タイプのセクションを参照してください。

Some elements, for example Softkeys, have both user input and output aspects, so both react to Signals and generate Events as above.

いくつかの要素は、例えば、ソフトキー、ユーザ入力と出力の両方の側面を持っているので、両方が信号に反応して、上記のようにイベントを生成します。

   The TerminationID naming conventions may be used to target commands
   to specific Terminations by well known name, for example to Add the
   Handsfree Audio Transducer Termination ("at/hf") to a Context.  The
   naming conventions in combination with wildcards may be used to
   efficiently send commands to groups of related Terminations, for
   example to simultaneously Subtract all Audio Transducer Terminations
   ("at/*") from a particular Context.
        
4.5. Capability Discovery
4.5. 能力発見

At startup or service change, the Megaco IP Phone MG identifies itself to its controlling MGC as being a Megaco IP Phone class of device by use of the IPPhone Protocol Profile. This is the first and most important stage of capability discovery, and implicitly provides a great deal of the necessary information in a single step. Thereafter, the MGC can make a large number of assumptions regarding organization and behavior of the MG. See the section on IPPhone Protocol Profile for further details of ServiceChange operation.

スタートアップやサービスの変更では、MegacoのIP電話MGはIPPHONEプロトコルプロファイルを使用することにより、デバイスののMegaco IP Phoneのクラスであるとしてその制御MGCに自分自身を識別します。これは、能力発見の最初の最も重要な段階であり、かつ暗黙的に単一のステップで必要な多くの情報を提供します。その後、MGCはMGの組織と行動に関する仮定を大量に作ることができます。 ServiceChange操作の詳細についてはIPPHONEプロトコルプロファイルのセクションを参照してください。

   Device capabilities, including the list of all Terminations and
   supported Packages for each, are queried through the AuditValue
   command.  Wildcarded AuditValue commands targeted at the whole MG
   (i.e., addressed to ContextID=Null, TerminationID=ALL) return the
   list of all Terminations, including the User Interface Termination
   and all supported Audio Transducer Terminations.  Since the returned
   TerminationIDs use well known identifier names, the MGC can derive
   the specific audio input/output elements available on the physical
   device, and their intended purpose.  Further AuditValues commands on
   individual named Terminations provide further details of each, for
   example for the MGC to query user interface support Packages
   available on the User Interface Termination ("ui").  TerminationID
   naming conventions in combination with wildcards can be used with
   AuditValues commands to query specific Package support for the
   collection of all Audio Transducer Terminations ("at/*").
        

Since the structure of the Megaco IP Phone MG is well known in advance, by virtue of the IPPhone Protocol Profile, audits can be efficiently directed at discovering only what additional information is required by the MGC. Thus the MGC is able to efficiently and unambiguously discover both the specific user interface capabilities and the supported audio input/outputs of the Megaco IP Phone MG, without specific advance knowledge of physical device configuration. It is not necessary for the MGC to attempt to infer function from supported Packages within a random collection of Terminations, and a great deal of behavior common to all Megaco IP Phone MGs can simply be assumed. This pre-determined organization and behavior therefore greatly reduces design complexity of both MG and MGC, and greatly improves interoperability.

Megaco IP電話MGの構造はよく事前に知られているので、IPPHONE議定書プロファイルのおかげで、監査が効率的に追加の情報がMGCで必要なものだけ発見に向けることができます。したがってMGCは、物理的なデバイス構成の特定の事前の知識がなくても、効率的かつ明確に特定ユーザインタフェース機能とのMegaco IP電話MGのサポートされるオーディオ入力/出力の両方を検出することが可能です。 MGCは、終端のランダムなコレクション内のサポートパッケージから機能を推測しようとすることは必要ではなく、すべてのMegaco IP電話のMGに共通する行動大量のは、単純に仮定することができます。この予め定められた組織と行動は、それゆえ大幅MGとMGCの両方の設計の複雑さを軽減し、大幅に相互運用性を向上させます。

5. Termination Types
5.終端タイプ

The Termination types defined for use in the Megaco IP Phone MG are:

Megaco IP電話MGでの使用のために定義された終了の種類は次のとおりです。

* User Interface (implements user interface);

*ユーザインタフェース(ユーザインタフェースを実装します)。

* Audio Transducer (implements audio input/output to the user, and potentially appears as several individual Terminations corresponding to individual audio input/outputs on the physical device);

*音声変換器は、(ユーザに音声入力/出力を実現し、潜在的に物理デバイス上の個々のオーディオ入力/出力に対応するいくつかの個々の終端として現れます)。

* RTP (transport of audio streams over IP).

* RTP(IP経由のオーディオストリームのトランスポート)。

These Termination types represent minimal capabilities to support fully featured business telephones. Additional Termination types can be defined to extend these capabilities.

これらの終端タイプはフル機能のビジネス電話をサポートするための最小限の機能を表しています。追加の終端タイプは、これらの機能を拡張するために定義することができます。

The following subsections describe requirements and constraints on each type in further detail.

以下のサブセクションでは、さらに詳細に、各タイプに要件や制約を記述する。

5.1. User Interface Termination Type
5.1. ユーザーインターフェイスの終端タイプ

The User Interface Termination represents the Megaco IP Phone MG user interface elements. Megaco IP Phone MGs MUST support exactly one User Interface Termination.

ユーザー・インタフェース終端のMegaco IP電話MGのユーザーインターフェイス要素を表します。 MEGACO IP電話のMGは、1つのユーザー・インタフェース終端をサポートしなければなりません。

TerminationID of the User Interface Termination MUST be "ui", used for both command addressing and command response return. ABNF text encoding for this MUST be as described in Megaco/H.248 Protocol Appendix B.1 [3].

ユーザー・インタフェース終端のTerminationIDは、両方のアドレッシング、コマンドおよびコマンド応答の復帰のために使用される「UI」でなければなりません。このためABNFテキスト符号化は、ASのMegaco / H.248プロトコル付録B.1に記載しなければならない[3]。

Note: If ASN.1 binary encoding is used (OPTIONAL in this specification), TerminationID for the User Interface Termination MUST be encoded as described in Megaco/H.248 Protocol Appendix A.1 [3], with alphabetic characters of the identifier given above mapping to the equivalent octet string in the ASN.1 encoding.

注:[3]、識別子のアルファベットが与えられたとのMegaco / H.248プロトコル付録A.1に記載のようにASN.1バイナリー符号化(本明細書でOPTIONAL)が使用される場合、ユーザインタフェース終了のTerminationIDが符号化されなければなりませんASN.1符号化における等価オクテットストリングへのマッピング上記。

The User Interface Termination cannot be part of any context, hence Add, Move and Subtract commands are invalid for this Termination.

ユーザーインタフェースの終了は、したがって、追加移動し、コマンドは、この解約は無効です差し引き、任意のコンテキストの一部にすることはできません。

The User Interface Termination MAY support the following Packages, defined in Megaco/H.248 Protocol H.248 Annex G: "User Interface Elements and Actions Packages" [4].

「ユーザーインターフェイス要素とアクションパッケージ」[4]:ユーザーインターフェイスの終了は、Megacoの/ H.248プロトコルH.248附属書Gで定義された以下のパッケージをサポートすることができます。

       __________________________________________________________
      | Package           | Name   | Support in User Interface   |
      |                   |        | Termination                 |
      |___________________|_______ |_____________________________|
      | Text Display      | dis    | OPTIONAL                    |
      | Keypad            | kp     | OPTIONAL                    |
      | Function Key      | kf     | OPTIONAL                    |
      | Indicator         | ind    | OPTIONAL                    |
      | Softkey           | ks     | OPTIONAL                    |
      | Ancillary Input   | anci   | OPTIONAL                    |
      |___________________|________|_____________________________|
        

Additional Packages not listed above MAY also be provided where these are defined to extend to additional user interface elements.

これらは、追加のユーザインタフェース要素を拡張するために定義されている上記以外の追加のパッケージも提供されてもよいです。

Note: The reasoning to make all Packages optional in the User Interface Termination is to allow maximum flexibility to create a very broad range of Internet telephones and similar devices. For example, anything from a simple hotel lobby phone (handset and hookswitch only), to conferencing units (handsfree unit and one or two buttons) to fully featured business telephones (display, rich set of keys and indicators, both handset and handsfree, etc) could be designed.

注意:ユーザー・インタフェース終端にあるすべてのパッケージをオプションにする理由は、最大の柔軟性がインターネット電話と同様のデバイスの非常に広い範囲を作成できるようにすることです。例えば、何でも、簡単なホテルのロビーの電話(携帯電話のみフックスイッチ)から会議ユニット(ハンズフリーユニット1つのまたは2つのボタン)に完全などのビジネス電話(ディスプレイ、キーとインジケータの豊富なセット、ハンドセットとハンズフリーの両方を、特色にします)設計することができます。

5.2. Audio Transducer Termination Types
5.2. 音声変換器終端タイプ

The Audio Transducer Terminations are used to control audio input/output to/from the end user of the device. Megaco IP Phone MGs MUST support at least one Audio Transducer Termination, which MAY be chosen from the following well known types (with identifier name):

音声変換器終端は、デバイスのエンドユーザから/へのオーディオ入力/出力を制御するために使用されます。 MEGACO IP電話のMGは、(識別子名で)以下の良く知られた種類の中から選択することができる少なくとも1つの音声変換器の終了を、サポートしなければなりません:

* Handset ("hs") -- input/output, * Handsfree ("hf") -- input/output, * Headset ("ht") -- input/output, * Microphone ("mi") -- input only, * Speaker ("sp") -- output only.

*ハンドセット( "HS") - 入力/出力、*ハンズフリー( "HF") - 入力/出力、*ヘッドセット( "HT") - 入力/出力、マイク*( "MI") - 入力のみ*スピーカー( "SP") - 出力のみ。

   TerminationIDs of the Audio Transducer Terminations MUST be of the
   form "at/<name>", where <name> is the 2 character identifier listed
   above, used for both command addressing and command response return.
   If more than one Audio Transducer Termination of a particular type is
   implemented, the TerminationIDs of each MUST be of the form
   "at/<name>/<num>", where <num> is a 2 digit index number in
   hexadecimal format beginning at 01.  Examples of valid TerminationIDs
   include: "at/hs" (handset), "at/mi/02" (microphone 2), "at/*" (all
   audio input/outputs).  ABNF text encoding for this MUST be as
   described in Megaco/H.248 Protocol Appendix B.1 [3].
        

Note: If ASN.1 binary encoding is used (OPTIONAL in this specification), TerminationIDs and wildcards MUST be encoded as described in Megaco/H.248 Protocol Appendix A.1 [3], with alphabetic characters of the identifiers given above mapping to octet sub-strings in the ASN.1 encoding and the '/' character not used.

注:のMegaco / H.248プロトコル付録A.1に記載のようにASN.1バイナリー符号化(本明細書でOPTIONAL)が使用される場合、のTerminationIDsとワイルドカードは、符号化されなければならない[3]にマッピング上に与えられた識別子のアルファベット文字とASN.1エンコーディングおよび使用されていない「/」文字でオクテットサブ文字列。

Additional Audio Transducer Termination types MAY also be defined by the implementer, however well know identifier names for these are outside the scope of this specification.

追加の音声変換器終端タイプは、これらの識別子の名前を知っているが良く、実装によって定義されるこの仕様の範囲外です。

All Audio Transducer type Terminations MUST support the following Packages, defined in Megaco/H.248 Protocol Annex E [3].

すべてのオーディオトランスデューサ型終端は、Megacoの/ H.248プロトコルの附属書Eで定義された以下のパッケージ、[3]をサポートしなければなりません。

       ____________________________________________________________
      | Package             | Name   | Support in Audio Transducer |
      |                     |        | Terminations                |
      |_____________________|_______ |_____________________________|
      | Basic DTMF Generator| dg     | REQUIRED                    |
      | Call Progress Tones | cg     | REQUIRED                    |
      |   Generator         |        |                             |
      |_____________________|________|_____________________________|
        

Additional Packages not listed above MAY also be provided where applicable to audio input/output functions.

上記に記載されていない追加パッケージは、オーディオ入力/出力機能に該当する場合に提供することができます。

5.3. RTP Termination Type
5.3. RTP終端タイプ

Megaco IP Phone MGs MUST support at least one RTP Termination in order to support audio streams to/from the device, as defined in Megaco/H.248 Protocol Annex E.12 [3].

MEGACO / H.248プロトコルの付属書E.12で定義されるようにMEGACO IP電話のMGは、デバイスへ/からオーディオストリームをサポートするために、少なくとも1つのRTPターミネーションをサポートしなければならない[3]。

No special TerminationID naming convention is defined for RTP Terminations as part of this specification.

特別なTerminationID命名規則は、本明細書の一部として、RTP終端用に定義されていません。

6. IPPhone Protocol Profile
6. IPPHONEプロトコルプロフィール

The following subsections provide details of the IPPhone Protocol Profile, used between Megaco IP Phone MGs and their controlling MGCs. This includes implicit application-level agreements between the Megaco IP Phone MG and its controlling MGC on organization and behavior of the MG, types of Terminations used and the specific minimum Package support for each, and specific minimum selections on the transport and encoding methods used.

以下のサブセクションでは、MegacoのIP電話のMGとその制御MGCの間で使用されるプロトコルIPPHONEプロフィールの詳細を提供します。これは、組織とMGの動作、使用される終端のタイプおよびそれぞれのための特定の最小パッケージサポート、および使用されるトランスポート及び符号化方法の特定の最小値選択にMegacoのIP電話MGとその制御MGCとの間の暗黙的なアプリケーション・レベル・アグリーメントを含みます。

Use of a this Profile greatly simplifies assumptions necessary by the MGC regarding MG organization, thereby reducing complexity and cost of both MG and MGC, and improves interoperability for the specific Megaco IP Phone application. Since the Profile is specific to the

このプロファイルの使用を大幅にすることにより、複雑さとMGとMGCの両方のコストを削減し、MGの組織に関するMGCによって、必要な仮定を簡素化し、特定のMegaco IP Phoneのアプリケーションの相互運用性を向上させます。プロフィールに固有のものですので、

Megaco IP Phone MG, no other applications of Megaco/H.248 Protocol are affected.

Megaco IP電話MGは、MEGACO / H.248プロトコルの他のアプリケーションは影響を受けません。

It is important to note that the IPPhone Profile specifies minimum functionality only, for interoperability purposes. Additional Termination types, Package support, transport or encoding methods, or other capabilities MAY be added at the discretion of the implementer within the general structure described.

IPPHONEプロファイルは、相互運用性の目的のために、最低限の機能を指定することに注意することが重要です。追加の終端タイプ、パッケージ支持、搬送または符号化方法、または他の機能が記載されている一般的な構造内に実装者の裁量で添加することができます。

6.1. Profile Descriptor and Usage
6.1. プロファイル記述子と使用方法

Profile name: "IPPhone" Version: 1

プロフィール名: "IPPHONE" バージョン:1

The Megaco/H.248 Protocol [3] describes startup and service change procedures in detail, including use of Profiles.

Megacoの/ H.248プロトコル[3]はプロファイルの使用を含め、詳細に起動し、サービス変更手順が記載されています。

In brief, the above Profile name and version are supplied by the Megaco IP Phone MG on startup or at service change, in the ServiceChangeDescriptor parameter of the ServiceChange command, issued to the controlling MGC as part of the registration procedure. In response, the MGC may 1) accept control by acknowledging the Service Change, 2) pass control to a different MGC by replying with a new MGC to try, or 3) refuse control entirely by rejecting the Service Change. If MGC control is refused, the Megaco IP Phone MG may attempt registration with other MGCs in its list of MGCs to try.

簡単に言えば、上記のプロファイル名とバージョンは、登録手順の一部として、制御MGCに発行された、のServiceChangeコマンドのServiceChangeDescriptorパラメータで、起動時に、サービス変更時のMegaco IP電話MGによって供給されています。それに応答して、MGCは、1)2)しようとする新しいMGCに返信することで、異なるMGCに制御を渡し、または3)完全にサービスの変更を拒否することによって制御を拒否し、サービスの変更を認めることにより、制御を受け入れることができます。 MGC制御が拒否された場合、MegacoのIP電話MGは試してみたMGCのそのリスト内の他のMGCとの登録を試みることができます。

Once a controlling MGC accepts the IPPhone Profile, both it and the Megaco IP Phone MG become bound by the Profile rules and constraints described in subsequent subsections as well as Megaco IP Phone Termination/Package organization and behavior rules described in previous sections of this document. Thereafter, any protocol use outside these rules is considered an error.

制御MGCはIPPHONEプロファイルを受け入れたら、両方のそれとのMegaco IP電話MGは、この文書の前のセクションで説明した、後続のサブセクションなどのMegaco IP電話終了/パッケージ組織と行動ルールで説明プロファイルのルールや制約に縛らなります。その後、これらのルール外のプロトコルの使用がエラーであると考えられます。

6.2 Termination Organization and Package Support
6.2終了組織とパッケージのサポート

Termination organization, required Termination types, and the specific Packages supported by each MUST be as described in sections 4 - 5 of this document.

この文書の5 - セクション4に記載されているように、終端組織、必要な終端タイプ、およびそれぞれによってサポートされる特定のパッケージでなければなりません。

Note that additional Termination types and Package support MAY also be provided within the general structure described.

追加の終端タイプとパッケージのサポートにも記載されている一般的な構造内に設けられてもよいことに注意してください。

6.3. Transport
6.3. 輸送

Megaco IP Phone MGs MUST support Application Layer Framing (ALF) over UDP transport, as specified in the Megaco/H.248 Protocol Appendix D.1 [3].

[3] MEGACO / H.248プロトコルの付録D.1に指定されているのMegaco IP電話のMGは、UDPトランスポート上でアプリケーション層のフレーミング(ALF)をサポートしなければなりません。

Note that this does not imply that the Megaco IP Phone MG cannot support other transport methods as well. TCP transport is OPTIONAL, but if used MUST conform to Megaco/H.248 Protocol Appendix D.2 [3].

これはのMegaco IP電話MGは、他の輸送方法をサポートすることができないことを意味するものではないことに注意してください。 TCPトランスポートはオプションですが、Megacoの/ H.248プロトコル付録D.2に従わなければなりません使用している場合、[3]。

6.4. Message Encoding
6.4. メッセージエンコーディング

Megaco IP Phone MGs MUST support ABNF text encoding of the protocol, as specified in the Megaco/H.248 Protocol Appendix B [3].

MEGACO / H.248プロトコル付録Bで指定されるようにMEGACO IP電話のMGは、プロトコルのABNFテキストエンコーディングをサポートしなければならない[3]。

Note that this does not imply that the Megaco IP Phone MG cannot support ASN.1 binary encoding as well. ASN.1 binary encoding is OPTIONAL, but if used MUST conform to Megaco/H.248 Protocol Appendix A [3].

これはのMegaco IP電話MGが同様にASN.1バイナリエンコーディングをサポートできないことを意味するものではないことに注意してください。 ASN.1バイナリー符号化は任意であるが、使用する場合はMegacoの/ H.248プロトコル付録Aに適合しなければならない[3]。

7. Security Considerations
7.セキュリティの考慮事項

The Megaco IP Phone Media Gateway Application Profile adds no new security issues beyond those endemic to all applications of Megaco/H.248 Protocol [3].

Megaco IP電話メディアゲートウェイアプリケーションプロファイルは、[3]のMegaco / H.248プロトコルのすべてのアプリケーションに流行したものを超えて新たなセキュリティ問題を追加しません。

8. References
8.参照文献

[1] TIA/EIA, IS-811, Performance and Interoperability Requirements for Voice-over-IP (VoIP) Feature Telephones, http://www.tiaonline.org/standards/ip/voip/tia-eia-is-811- final.pdf

[1] TIA / EIA、IS-811、ボイスオーバーIP(VoIP)の機能電話機のパフォーマンスおよび相互運用性の要件、http://www.tiaonline.org/standards/ip/voip/tia-eia-is-811 - final.pdf

[2] Greene, N., Ramalho, M. and B. Rosen, "Media Gateway Control Protocol Architecture and Requirements", RFC 2805, April 2000.

[2]グリーン、N.、Ramalho、M.とB.ローゼン、 "メディアゲートウェイ制御プロトコルのアーキテクチャと要件"、RFC 2805、2000年4月。

[3] Cuervo, F., Greene, N., Rayhan, A., Huitema, C., Rosen, B. and J. Segers, "Megaco Protocol Version 1.0", RFC 3015, November 2000.

[3]クエルボ、F.、グリーン、N.、Rayhan、A.、のHuitema、C.、ローゼン、B.及びJ. Segers、 "Megacoのプロトコルバージョン1.0"、RFC 3015、2000年11月。

[4] ITU-T SG16, H.248 Annex G: User Interface Elements and Actions Packages, Brown, M. & P. Blatherwick, November 2000. http://www.itu.int/itudoc/itu-t/rec/h/h248anxg.html

[4] ITU-T SG16、H.248附属書G:ユーザーインターフェイス要素とアクションパッケージ、ブラウン、M.&P. Blatherwick、2000年11月http://www.itu.int/itudoc/itu-t/rec /h/h248anxg.html

[5] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[5]ブラドナーのは、S.は、BCP 14、RFC 2119、1997年3月の "RFCsにおける使用のためのレベルを示すために"。

9. Authors' Addresses
9.著者のアドレス

Peter Blatherwick (Editor) Nortel Networks P.O. Box 3511, Stn C Ottawa, Ontario, Canada K1Y 4H7

ピーターBlatherwick(編集)ノーテルネットワークP。ボックス3511、駅Cオタワ、オンタリオ州、カナダK1Y 4H7

Phone: (613) 763-7539 (613) 724-4726 EMail: blather@nortelnetworks.com peter.blatherwick@home.com

電話:(613)763-7539(613)724-4726 Eメール:blather@nortelnetworks.com peter.blatherwick@home.com

Bob Bell Cisco Systems Inc. 576 S. Brentwood Ln. Bountiful, UT 84010 USA

ボブ・ベルシスコシステムズ株式会社576 S.ブレントウッドのLn。バウンティフル、UT 84010 USA

Phone: (801) 294-3034 EMail: rtbell@cisco.com

電話:(801)294-3034 Eメール:rtbell@cisco.com

Phil Holland Circa Communications Ltd. 1000 West 14th Street North Vancouver, British Columbia, Canada V7P 3P3

フィル・ホーランド年頃コミュニケーションズ株式会社1000年西14丁目ノースバンクーバー、ブリティッシュコロンビア州、カナダV7P 3P3

Phone: (604) 924-1742 EMail: phil.holland@circa.ca

電話:(604)924-1742 Eメール:phil.holland@circa.ca

10. Full Copyright Statement
10.完全な著作権声明

Copyright (C) The Internet Society (2001). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2001)。全著作権所有。

This document and translations of it may be copied and furnished to others, and derivative works that comment on or otherwise explain it or assist in its implementation may be prepared, copied, published and distributed, in whole or in part, without restriction of any kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are included on all such copies and derivative works. However, this document itself may not be modified in any way, such as by removing the copyright notice or references to the Internet Society or other Internet organizations, except as needed for the purpose of developing Internet standards in which case the procedures for copyrights defined in the Internet Standards process must be followed, or as required to translate it into languages other than English.

この文書とその翻訳は、コピーして他の人に提供し、それ以外についてはコメントまたは派生物は、いかなる種類の制限もなく、全体的にまたは部分的に、準備コピーし、公表して配布することができることを説明したり、その実装を支援することができます、上記の著作権表示とこの段落は、すべてのそのようなコピーや派生物に含まれていることを条件とします。しかし、この文書自体は著作権のための手順はで定義されている場合には、インターネット標準を開発するために必要なものを除き、インターネットソサエティもしくは他のインターネット関連団体に著作権情報や参照を取り除くなど、どのような方法で変更されないかもしれませんインターネット標準化プロセスが続く、または英語以外の言語に翻訳するために、必要に応じなければなりません。

The limited permissions granted above are perpetual and will not be revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上記の制限は永久で、インターネット学会やその後継者や譲渡者によって取り消されることはありません。

This document and the information contained herein is provided on an "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とインターネットソサエティおよびインターネットエンジニアリングタスクフォースはすべての保証を否認し、明示または黙示、その情報の利用がない任意の保証を含むがこれらに限定されない「として、」上に設けられています特定の目的への権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害します。

Acknowledgement

謝辞

Funding for the RFC Editor function is currently provided by the Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。