Network Working Group                                             J. Ash
Request for Comments: 3213                                          AT&T
Category: Informational                                        M. Girish
                                                           Atoga Systems
                                                                 E. Gray
                                                               Sandburst
                                                             B. Jamoussi
                                                               G. Wright
                                                   Nortel Networks Corp.
                                                            January 2002
        
                   Applicability Statement for CR-LDP
        

Status of this Memo

このメモの位置付け

This memo provides information for the Internet community. It does not specify an Internet standard of any kind. Distribution of this memo is unlimited.

このメモはインターネットコミュニティのための情報を提供します。それはどんな種類のインターネット標準を指定しません。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2002). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2002)。全著作権所有。

Abstract

抽象

This document discusses the applicability of Constraint-Based LSP Setup using LDP. It discusses possible network applications, extensions to Label Distribution Protocol (LDP) required to implement constraint-based routing, guidelines for deployment and known limitations of the protocol. This document is a prerequisite to advancing CR-LDP on the standards track.

この文書では、LDPを使用して制約ベースのLSP設定の適用可能性を論じています。これは、可能なネットワークアプリケーション、展開およびプロトコルの既知の制限のため、制約ベースのルーティング、ガイドラインを実装するために必要なラベル配布プロトコル(LDP)の拡張機能について説明します。この文書では、標準化過程の上CR-LDPを進めるための前提条件です。

1. Introduction
1. はじめに

As the Internet evolves, additional capabilities are required to ensure proper treatment of data [3], voice, video and other delay sensitive traffic [4]. MPLS enhances source routing and allows for certain techniques, used in circuit switching, in IP networks. This permits a scalable approach to handling these diverse transmission requirements. CR-LDP [1] is a simple, scalable, open, non-proprietary, traffic engineering signaling protocol for MPLS IP networks.

インターネットが進化するにつれて、追加機能は、データの適切な処理を確保するために必要とされている[3]、音声、ビデオ、および他の遅延に敏感なトラフィック[4]。 MPLSは、ソースルーティングを強化し、IPネットワークでは、回線交換で使用される特定の技術を可能にします。これは、これらの多様な伝送要件を処理するスケーラブルなアプローチが可能になります。 CR-LDPは、[1] MPLS IPネットワークのためのシンプルな、スケーラブルな、オープン、非独占、トラフィックエンジニアリングのシグナリングプロトコルです。

CR-LDP provides mechanisms for establishing explicitly routed Label Switched Paths (LSPs). These mechanisms are defined as extensions to LDP [2]. Because LDP is a peer-to-peer protocol based on the

CR-LDPは、明示的にルーティングされたラベルを確立するためのメカニズムを提供しては、スイッチパス(LSP)。これらの機構は、LDP [2]の拡張として定義されます。 LDPは、に基づいて、ピア・ツー・ピア・プロトコルであるため

establishment and maintenance of TCP sessions, the following natural benefits exist:

TCPセッションの確立と維持、次の自然なメリットが存在します。

CR-LDP messages are reliably delivered by the underlying TCP, and State information associated with explicitly routed LSPs does not require periodic refresh.

CR-LDPメッセージを確実に根本的なTCPによって提供され、明示的にルーティングされたLSPに関連した状態情報は、定期的なリフレッシュを必要としません。

CR-LDP messages are flow controlled (throttled) through TCP.

CR-LDPメッセージは、TCPを介して(絞り)フロー制御です。

CR-LDP is defined for the specific purpose of establishing and maintaining explicitly routed LSPs. Additional optional capabilities included have minimal impact on system performance and requirements when not in use for a specific explicitly routed LSP. Optional capabilities provide for negotiation of LSP services and traffic management parameters over and above best-effort packet delivery including bandwidth allocation, setup and holding priorities. CR-LDP optionally allows these parameters to be dynamically modified without disruption of the operational (in-service) LSP [4].

CR-LDPは、明示的にルーティングされたLSPを確立し、維持するの特定の目的のために定義されています。追加のオプション機能は、システムのパフォーマンスではなく、特定の用途で明示的にLSPをルーティング要件への影響を最小限に抑える含まれていました。オプションの機能は、LSPサービスの交渉やトラフィック管理パラメータを超えると上記の帯域幅の割り当て、セットアップおよび保持優先順位などのベストエフォート型のパケット配信を提供します。 CR-LDPは、必要に応じてこれらのパラメータを動的動作(インサービス)LSPの中断することなく変更することを可能にする[4]。

CR-LDP allows the specification of a set of parameters to be signaled along with the LSP setup request. Moreover, the network can be provisioned with a set of edge traffic conditioning functions (which could include marking, metering, policing and shaping). This set of parameters along with the specification of edge conditioning functions can be shown to be adequate and powerful enough to describe, characterize and parameterize a wide variety of QoS scenarios and services including IP differentiated services [5], integrated services [6], ATM service classes [7], and frame relay [8].

CR-LDPはLSP設定要求とともにシグナリングされるパラメータのセットを指定することができます。また、ネットワークは、(マーキング計量、ポリシング及びシェーピング含むことができる)エッジトラフィック調整機能のセットをプロビジョニングすることができます。エッジ調整機能の仕様は、適切かつ、記述特徴付け、IP差別化サービスなどのQoSシナリオ及び様々なサービスをパラメータ化するのに十分に強力であることを示すことができるとともに、パラメータのこのセット[5]、統合されたサービス[6]、ATMサービスクラス[7]、およびフレームリレー[8]。

CR-LDP is designed to adequately support the various media types that MPLS was designed to support (ATM, FR, Ethernet, PPP, etc.). Hence, it will work equally well for Multi-service switched networks, router networks, or hybrid networks.

CR-LDPは十分MPLSは(ATM、FR、イーサネット、PPP、等)をサポートするように設計された様々なメディアタイプをサポートするように設計されています。したがって、マルチサービスネットワーク、ルータのネットワーク、またはハイブリッドネットワークを切り替えるために等しく良好に機能します。

This applicability statement does not preclude the use of other signaling and label distribution protocols for the traffic engineering application in MPLS based networks. Service providers are free to deploy whatever signaling protocol meets their needs.

この適用文はMPLSベースのネットワークにおけるトラフィックエンジニアリングアプリケーションのための他のシグナリングとラベル配布プロトコルの使用を排除するものではありません。サービスプロバイダは、彼らのニーズを満たしているものは何でも、シグナリングプロトコルに展開するのは自由です。

In particular CR-LDP and RSVP-TE [9] are two signaling protocols that perform similar functions in MPLS networks. There is currently no consensus on which protocol is technically superior. Therefore, network administrators should make a choice between the two based upon their needs and particular situation. Applicability of RSVP-TE is described in [10].

特定のCR-LDPおよびRSVP-TE [9] MPLSネットワークで同様の機能を実行する2つのシグナリングプロトコルです。プロトコルは、技術的に優れている上でコンセンサスが現在ありません。そのため、ネットワーク管理者は、自分のニーズや特定の状況に基づいて、2つの間の選択をする必要があります。 RSVP-TEの適用性は、[10]に記載されています。

2. Applicability of extensions to LDP
LDPの拡張機能の2の適用

To provide support of additional LSP services, CR-LDP extensions are defined in such a way as to be directly translatable to objects and messages used in other protocols defined to provide similar services [9]. Implementations can take advantage of this fact to:

同様のサービスを提供するために定義されたオブジェクトと他のプロトコルで使用されるメッセージに直接翻訳可能であることなどの追加LSPサービスのサポートを提供するため、CR-LDPの拡張はこのように定義されている[9]。 :実装はこの事実を利用することができます

Setup LSPs for provision of an aggregate service associated with the services being provided via these other protocols.

サービスに関連する集約サービスの提供のためのセットアップLSPは、これらの他のプロトコルを介して提供されています。

Directly translate protocol messages to provide services defined in a non-CR-LDP portion of the network.

直接ネットワークの非CR-LDPの部分で定義されたサービスを提供するプロトコルメッセージを翻訳。

Describe, characterize and parameterize a wide variety of QoS scenarios and services including IP differentiated services, integrated services, ATM service classes, and frame relay.

、説明して特徴付け、IP差別化サービス、統合サービス、ATMサービスクラス、およびフレームリレーなどのQoSのシナリオと多種多様なサービスをパラメータ化。

Steady state information required for proper maintenance of an LSP may be as little as 200 bytes or less. It is not unreasonable to anticipate that CR-LDP implementations may support in excess of one hundred thousand or one million LSPs switched through a single Label Switching Router (LSR) under fairly stable conditions.

LSPの適切なメンテナンスに必要な定常状態情報が200バイト以下のように少しであってもよいです。 CR-LDPの実装は10万または百万のLSPを超えてサポートすることがかなり安定した条件の下でルータ(LSR)をスイッチング単一ラベルを介してスイッチング予期するのは無理ではありません。

Because CR-LDP provides for low overhead per LSP - both in terms of needed state information and control traffic - CR-LDP is applicable in those portions of the Internet where very large numbers of LSPs may need to be switched at each LSR. An example of this would be large backbone networks using MPLS exclusively to transport very large numbers of traffic streams between a moderately large number of MPLS edge nodes.

CR-LDPはLSP当たり低いオーバーヘッドを提供するため - の両方に必要な状態情報と制御トラフィックの観点 - CR-LDPは、LSPの非常に大きな数字は各LSRでスイッチングされる必要があるかもしれないインターネットの部分に適用可能です。この例は、排他的にMPLSエッジノードの適度に大きい数との間のトラフィックストリームの非常に大きな数を輸送するためにMPLSを使用して大規模なバックボーンネットワークであろう。

CR-LDP may also be applicable as a mediating service between networks providing similar service extensions using widely varying signaling models.

CR-LDPも広く変化するシグナル伝達モデルを使用して、同様のサービス拡張を提供するネットワーク間の仲介サービスとして適用することができます。

3. Implementation and deployment considerations in relation to LDP
自民党との関係で3実装と展開の考慮事項

LDP specifies the following label distribution and management modes (which can be combined in various logical ways described in LDP):

LDPは(LDPに記載された様々な論理的な方法で組み合わせることができる)は、以下のラベル配布と管理モードを指定します。

. Downstream On Demand label distribution . Downstream Unsolicited label distribution . Independent Label Distribution Control . Ordered Label Distribution Control . Conservative Label Retention Mode . Liberal Label Retention Mode

。オンデマンドラベル配布のダウンストリーム。下流迷惑ラベル配布。独立したラベル配布コントロール。ラベルディストリビューションコントロールを命じました。保守ラベル保持モード。リベラルラベル保持モード

The applicability of LDP is described in [11].

LDPの適用性は、[11]に記載されています。

In networks where only Traffic Engineered LSPs are required, the CR-LDP implementation and deployment does NOT require all the functionality defined in the LDP specification. The basic Discovery, Session, and Notification messages are required. However, CR-LDP requires one specific combination of the label distribution modes:

唯一の交通エンジニアのLSPが必要とされているネットワークでは、CR-LDPの実装と展開はLDP仕様で定義されたすべての機能を必要としません。基本的な発見、セッション、および通知メッセージが必要とされています。しかし、CR-LDPは、ラベル配布モードのいずれかの特定の組み合わせが必要です。

. Downstream On Demand Ordered label distribution and conservative Label Retention Mode

。需要順序ラベル配布と保守的なラベル保持モードのダウンストリーム

Although CR-LDP is defined as an extension to LDP, support for Downstream Unsolicited Label Advertisement and Independent Control modes is not required for support of Strict Explicit Routes. In addition, implementations of CR-LDP MAY be able to support Loose Explicit Routes via the use of 'Abstract Nodes' and/or 'Hierarchical Explicit Routing', without using LDP for hop-by-hop LSP setup.

CR-LDPは、LDPの拡張として定義されているが、川下迷惑ラベル広告と独立した制御モードのサポートは、厳格な明示的なルートをサポートするために必要とされていません。また、CR-LDPの実装は、ホップバイホップLSPセットアップのためのLDPを使用することなく、「抽象ノード」及び/又は「階層明示的ルーティング」の使用を介してルーズ明示的なルートをサポートすることができるかもしれません。

CR-LDP also includes support for loose explicit routes. Use of this capability allows the network operator to define an 'explicit path' through portions of their network with imperfect knowledge of the entire network topology. Proper use of this capability may also allow CR-LDP implementations to inter-operate with 'vanilla' LDP implementations - particularly if it is desired to set up an explicitly routed LSP for best-effort packet delivery via a loosely defined path.

CR-LDPはまたルーズ明示的なルートのサポートを含みます。この機能の使用は、ネットワークオペレータは、ネットワーク全体のトポロジーの不完全な知識を彼らのネットワークの部分を通る「明示的なパス」を定義することを可能にします。この機能の適切な使用はまた、「バニラ」LDP実装と相互動作するCR-LDPの実装を可能にすることができる - 緩く定義されたパスを介して、ベストエフォート型のパケット配信のための明示的ルーティングLSPを設定することが望まれる場合は特に。

Finally, in networks where both Routing Protocol-driven LSPs (a.k.a. hop-by-hop LSPs) and Traffic Engineered LSPs are required, a single protocol (LDP, with the extensions defined in CR-LDP) can be used for both TE and Hop-by-Hop LSPs. New protocols do not have to be introduced in the network to provide TE-LSP signaling.

最後に、ルーティングプロトコルドリブンのLSP(別名ホップバイホップのLSP)及びトラヒックエンジニアリングのLSPの両方が必要とされるネットワークでは、単一のプロトコル(CR-LDPで定義された拡張子を持つLDPは、)TE及びホップの両方のために使用することができます-byホップのLSP。新しいプロトコルは、TE-LSPシグナリングを提供するために、ネットワークに導入する必要はありません。

4. Limitations
4.制限事項

CR-LDP specification only supports point-to-point LSPs. Multi-point-to-point and point-to-multi-point are for further study (FFS).

CR-LDPの仕様は、ポイントツーポイントLSPをサポートしています。マルチポイントツーポイントおよびポイントツーマルチポイントさらなる研究(FFS)のためのものです。

CR-LDP specification only supports unidirectional LSP setup. Bi-directional LSP setup is FFS.

CR-LDPの仕様は、単方向LSPの設定をサポートしています。双方向LSP設定はFFSです。

CR-LDP specification only supports a unique label allocation per LSP setup. Multiple label allocations per LSP setup are FFS.

CR-LDPの仕様はLSPの設定ごとに固有のラベル割り当てをサポートしています。 LSP設定ごとに複数のラベルの割り当てはFFSです。

5. Security Considerations
5.セキュリティについての考慮事項

No additional security issues are introduced in this document. As an extension to LDP, CR-LDP shares the security concerns associated with LDP.

追加のセキュリティ問題はこのドキュメントで紹介されていません。 LDPの拡張として、CR-LDPは、LDPに関連付けられているセキュリティ上の懸念を共有します。

6. Acknowledgements
6.謝辞

The authors would like to thank the following people for their careful review of the document and their comments: Loa Andersson, Peter Ashwood-Smith, Anoop Ghanwani, Juha Heinanen, Jon Weil and Adrian Farrel.

ロア・アンダーソン、ピーター・アッシュウッド・スミス、アヌープGhanwani、ユハHeinanen、ジョン・ワイルとエイドリアン・ファレル:作者はドキュメントの彼らの慎重に検討し、彼らのコメントについて以下の人々に感謝したいと思います。

7. References
7.参考

[1] Jamoussi, B., Andersson, L., Callon, R., Dantu, R., Wu, L., Doolan, P., Worster, T., Feldman, N., Fredette, A., Girish, M., Gray, E., Heinanen, J., Kilty, T. and A. Malis, "Constraint-based LSP Setup Using LDP", RFC 3212, January 2002.

[1] Jamoussi、B.、アンダーソン、L.、Callon、R.、Dantu、R.、ウー、L.、Doolan、P.、Worster、T.、フェルドマン、N.、Fredette、A.、Girish、 M.、グレー、E.、Heinanen、J.、Kilty、T.およびA. Malis、 "LDPを使用して制約ベースLSPセットアップ"、RFC 3212、2002年1月。

[2] Andersson, L., Doolan, P., Feldman, N., Fredette, A. and B. Thomas, "LDP Specification", RFC 3036, January 2001.

[2]アンダーソン、L.、Doolan、P.、フェルドマン、N.、Fredette、A.及びB.トーマス、 "LDP仕様"、RFC 3036、2001年1月。

[3] Awduche, D., Malcolm, J., Agogbua, J., O'Dell, M. and J. McManus, "Requirements for Traffic Engineering Over MPLS", RFC 2702, September 1999.

[3] Awduche、D.、マルコム、J.、Agogbua、J.、オデル、M.及びJ.マクマナス、 "トラフィック過剰性能MPLSのための要件"、RFC 2702、1999年9月。

[4] Ash, B., Lee, Y., Ashwood-Smith, P., Jamoussi, B., Fedyk, D., Skalecki, D. and L. Li, "LSP Modification using CR-LDP", RFC 3214, January 2002.

[4]アッシュ、B.、リー、Y.、アッシュウッド・スミス、P.、Jamoussi、B.、Fedyk、D.、Skalecki、D.およびL.リー、 "CR-LDPを使用してLSP変更"、RFC 3214 、2002年1月。

[5] Blake S., Black, D., Carlson, M., Davies, E., Wang, Z. and W. Weiss, "An Architecture for Differentiated Services", RFC 2475, December 1998.

[5]ブレイクS.、ブラ​​ック、D.、カールソン、M.、デイヴィス、E.、王、Z.とW.ワイス、 "差別化サービスのためのアーキテクチャ"、RFC 2475、1998年12月。

[6] Shenker, S. and J. Wroclawski, "General Characterization Parameters for Integrated Service Network Elements", RFC 2215, September 1997.

[6] Shenker、S.とJ. Wroclawski、 "統合サービスネットワーク要素のための一般的な特性化パラメータ"、RFC 2215、1997年9月。

[7] ATM Forum Traffic Management Specification Version 4.1 (AF-TM-0121.000), March 1999.

[7] ATM Forumトラフィック管理仕様バージョン4.1(AF-TM-0121.000)、1999年3月。

[8] CONGESTION MANAGEMENT FOR THE ISDN FRAME RELAYING BEARER SERVICE, ITU (CCITT) Recommendation I.370, 1991.

ベアラサービス、ITU(CCITT)勧告I.370、1991中継ISDNフレームの[8]輻輳管理。

[9] Awduche, D., Berger, L., Gan, D., Li, T., Srinivasan, V. and G. Swallow, "RSVP-TE: Extensions to RSVP for LSP Tunnels", RFC 3209, December 2001.

[9] Awduche、D.、バーガー、L.、ガン、D.、李、T.、スリニバサン、V.およびG.ツバメ、 "RSVP-TE:ExtensionsをLSPトンネルのためのRSVPへ"、RFC 3209、2001年12月。

[10] Awduche, D., Hannan, A. and X. Xiao, "Applicability Statement for Extensions to RSVP for LSP-Tunnels", RFC 3210, December 2001.

[10] Awduche、D.、阪南、A.及びX.シャオ、 "LSP-トンネルのためのRSVPの拡張のための適用性に関する声明"、RFC 3210、2001年12月。

[11] Thomas, B. and E. Gray, "LDP Applicability", RFC 3037, January 2001.

[11]トーマス、B.及びE.グレー、 "LDP適用"、RFC 3037、2001年1月。

8. Author's Addresses
8.著者のアドレス

Gerald R. Ash AT&T Room MT D5-2A01 200 Laurel Avenue Middletown, NJ 07748 USA Phone: 732-420-4578 Fax: 732-368-8659 EMail: gash@att.com

ジェラルドR.アッシュAT&TルームMT D5-2A01 200ローレルアベニューミドルタウン、NJ 07748 USA電話:732-420-4578ファックス:732-368-8659 Eメール:gash@att.com

Eric Gray Sandburst 600 Federal Drive Andover, MA 01810 Phone: (978) 689-1610 EMail: eric.gray@sandburst.com

エリックグレーSandburst 600連邦ドライブアンドーバー、MA 01810電話:(978)689から1610 Eメール:eric.gray@sandburst.com

Gregory Wright Nortel Networks Corp. P O Box 3511 Station C Ottawa, ON K1Y 4H7 Canada Phone: +1 613 765-7912 EMail: gwright@nortelnetworks.com

グレゴリー・ライトノーテルネットワークス株式会社K1Y 4H7カナダの携帯電話にP Oボックス3511駅のCオタワ、:+1 613 765から7912 Eメール:gwright@nortelnetworks.com

M. K. Girish Atoga Systems 49026 Milmont Drive Fremont, CA 94538 EMail: muckai@atoga.com

M. K. Girish Atogaシステム49026 Milmontドライブフリーモント、CA 94538 Eメール:muckai@atoga.com

Bilel Jamoussi Nortel Networks Corp. 600 Technology Park Drive Billerica, MA 01821 USA phone: +1 978-288-4506 EMail: Jamoussi@nortelnetworks.com

Bilel Jamoussiノーテルネットワークス(株)600テクノロジーパークドライブビレリカ、MA 01821 USA電話:+1 978-288-4506電子メール:Jamoussi@nortelnetworks.com

9. Full Copyright Statement
9.完全な著作権声明

Copyright (C) The Internet Society (2002). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2002)。全著作権所有。

This document and translations of it may be copied and furnished to others, and derivative works that comment on or otherwise explain it or assist in its implementation may be prepared, copied, published and distributed, in whole or in part, without restriction of any kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are included on all such copies and derivative works. However, this document itself may not be modified in any way, such as by removing the copyright notice or references to the Internet Society or other Internet organizations, except as needed for the purpose of developing Internet standards in which case the procedures for copyrights defined in the Internet Standards process must be followed, or as required to translate it into languages other than English.

この文書とその翻訳は、コピーして他の人に提供し、それ以外についてはコメントまたは派生物は、いかなる種類の制限もなく、全体的にまたは部分的に、準備コピーし、公表して配布することができることを説明したり、その実装を支援することができます、上記の著作権表示とこの段落は、すべてのそのようなコピーや派生物に含まれていることを条件とします。しかし、この文書自体は著作権のための手順はで定義されている場合には、インターネット標準を開発するために必要なものを除き、インターネットソサエティもしくは他のインターネット関連団体に著作権情報や参照を取り除くなど、どのような方法で変更されないかもしれませんインターネット標準化プロセスが続く、または英語以外の言語に翻訳するために、必要に応じなければなりません。

The limited permissions granted above are perpetual and will not be revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上記の制限は永久で、インターネット学会やその後継者や譲渡者によって取り消されることはありません。

This document and the information contained herein is provided on an "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とインターネットソサエティおよびインターネットエンジニアリングタスクフォースはすべての保証を否認し、明示または黙示、その情報の利用がない任意の保証を含むがこれらに限定されない「として、」上に設けられています特定の目的への権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害します。

Acknowledgement

謝辞

Funding for the RFC Editor function is currently provided by the Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。