Network Working Group                                          C. Groves
Request for Comments: 3525                                   M. Pantaleo
Obsoletes: 3015                                              LM Ericsson
Category: Standards Track                                    T. Anderson
                                                              Consultant
                                                               T. Taylor
                                                         Nortel Networks
                                                                 Editors
                                                               June 2003
        
                  Gateway Control Protocol Version 1
        

Status of this Memo

このメモの位置付け

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2003). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2003)。全著作権所有。

Abstract

抽象

This document defines the protocol used between elements of a physically decomposed multimedia gateway, i.e., a Media Gateway and a Media Gateway Controller. The protocol presented in this document meets the requirements for a media gateway control protocol as presented in RFC 2805.

この文書は、物理的に分解し、マルチメディア・ゲートウェイ、すなわち、メディアゲートウェイとメディアゲートウェイコントローラの構成要素間で使用されるプロトコルを定義します。 RFC 2805に示されたように、本書で提示プロトコルは、メディアゲートウェイ制御プロトコルのための要件を満たしています。

This document replaces RFC 3015. It is the result of continued cooperation between the IETF Megaco Working Group and ITU-T Study Group 16. It incorporates the original text of RFC 3015, modified by corrections and clarifications discussed on the Megaco E-mail list and incorporated into the Study Group 16 Implementor's Guide for Recommendation H.248. The present version of this document underwent ITU-T Last Call as Recommendation H.248 Amendment 1. Because of ITU-T renumbering, it was published by the ITU-T as Recommendation H.248.1 (03/2002), Gateway Control Protocol Version 1.

この文書は、RFC 3015置き換え、それはRFC 3015の元のテキストを組み込むIETF Megacoの作業部会とITU-T研究グループ間の継続的な協力16の結果であり、MegacoのEメールリストに議論訂正と明確化によって変更され、勧告H.248のための研究会16開発者のためのガイドに組み込まれます。このドキュメントの現在のバージョンがあるため、ITU-TのリナンバリングのITU-T勧告H.248に改正1とラストコールを受け、それが勧告H.248.1(03/2002)、ゲートウェイ制御プロトコルのバージョンとして、ITU-Tによって公開されました1。

Users of this specification are advised to consult the H.248 Sub-series Implementors' Guide at http://www.itu.int/itudoc/itu-t/com16/implgd for additional corrections and clarifications.

この仕様のユーザーは、追加の訂正と明確化のためhttp://www.itu.int/itudoc/itu-t/com16/implgdでH.248サブシリーズの実装者のガイドを参照してくださいすることをお勧めします。

Conventions used in this document

この文書で使用されている表記

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", および "OPTIONAL" はRFC 2119 [RFC2119]に記載されているように解釈されます。

Table of Contents

目次

   1 Scope.........................................................5
     1.1 Changes From RFC 3015.....................................5
     1.2 Differences From ITU-T Recommendation H.248.1 (03/2002)...5
   2 References....................................................6
     2.1 Normative references......................................6
     2.2 Informative references....................................9
   3 Definitions..................................................10
   4 Abbreviations................................................11
   5 Conventions..................................................12
   6 Connection model.............................................13
     6.1 Contexts.................................................16
     6.2 Terminations.............................................17
       6.2.1 Termination dynamics.................................21
       6.2.2 TerminationIDs.......................................21
       6.2.3 Packages.............................................22
       6.2.4 Termination properties and descriptors...............23
       6.2.5 Root Termination.....................................25
   7 Commands.....................................................26
     7.1 Descriptors..............................................27
       7.1.1 Specifying parameters................................27
       7.1.2 Modem descriptor.....................................28
       7.1.3 Multiplex descriptor.................................28
       7.1.4 Media descriptor.....................................29
       7.1.5 TerminationState descriptor..........................29
       7.1.6 Stream descriptor....................................30
       7.1.7 LocalControl descriptor..............................31
       7.1.8 Local and Remote descriptors.........................32
       7.1.9 Events descriptor....................................35
       7.1.10 EventBuffer descriptor..............................38
       7.1.11 Signals descriptor..................................38
       7.1.12 Audit descriptor....................................40
       7.1.13 ServiceChange descriptor............................41
       7.1.14 DigitMap descriptor.................................41
       7.1.15 Statistics descriptor...............................46
       7.1.16 Packages descriptor.................................47
       7.1.17 ObservedEvents descriptor...........................47
       7.1.18 Topology descriptor.................................47
       7.1.19 Error Descriptor....................................50
     7.2 Command Application Programming Interface................50
       7.2.1 Add..................................................51
        
       7.2.2 Modify...............................................52
       7.2.3 Subtract.............................................53
       7.2.4 Move.................................................55
       7.2.5 AuditValue...........................................56
       7.2.6 AuditCapabilities....................................59
       7.2.7 Notify...............................................60
       7.2.8 ServiceChange........................................61
       7.2.9 Manipulating and Auditing Context Attributes.........65
       7.2.10 Generic Command Syntax..............................66
     7.3 Command Error Codes......................................66
   8 Transactions.................................................66
     8.1 Common parameters........................................68
       8.1.1 Transaction Identifiers..............................68
       8.1.2 Context Identifiers..................................68
     8.2 Transaction Application Programming Interface............69
       8.2.1 TransactionRequest...................................69
       8.2.2 TransactionReply.....................................69
       8.2.3 TransactionPending...................................71
     8.3 Messages.................................................72
   9 Transport....................................................72
     9.1 Ordering of Commands.....................................73
     9.2 Protection against Restart Avalanche.....................74
   10 Security Considerations.....................................75
     10.1 Protection of Protocol Connections......................75
     10.2 Interim AH scheme.......................................76
     10.3 Protection of Media Connections.........................77
   11 MG-MGC Control Interface....................................78
     11.1 Multiple Virtual MGs....................................78
     11.2 Cold start..............................................79
     11.3 Negotiation of protocol version.........................79
     11.4 Failure of a MG.........................................80
     11.5 Failure of an MGC.......................................81
   12 Package definition..........................................82
     12.1 Guidelines for defining packages........................82
       12.1.1 Package.............................................83
       12.1.2 Properties..........................................84
       12.1.3 Events..............................................85
       12.1.4 Signals.............................................85
       12.1.5 Statistics..........................................86
       12.1.6 Procedures..........................................86
     12.2 Guidelines to defining Parameters to Events and Signals.86
     12.3 Lists...................................................87
     12.4 Identifiers.............................................87
     12.5 Package registration....................................88
   13 IANA Considerations.........................................88
     13.1 Packages................................................88
     13.2 Error codes.............................................89
     13.3 ServiceChange reasons...................................89
        
   ANNEX A  Binary encoding of the protocol.......................90
     A.1 Coding of wildcards......................................90
     A.2 ASN.1 syntax specification...............................92
     A.3 Digit maps and path names...............................111
   ANNEX B Text encoding of the protocol.........................113
     B.1 Coding of wildcards.....................................113
     B.2 ABNF specification......................................113
     B.3 Hexadecimal octet coding................................127
     B.4 Hexadecimal octet sequence..............................127
   ANNEX C Tags for media stream properties......................128
     C.1 General media attributes................................128
     C.2 Mux properties..........................................130
     C.3 General bearer properties...............................130
     C.4 General ATM properties..................................130
     C.5 Frame Relay.............................................134
     C.6 IP......................................................134
     C.7 ATM AAL2................................................134
     C.8 ATM AAL1................................................136
     C.9 Bearer capabilities.....................................137
     C.10 AAL5 properties........................................147
     C.11 SDP equivalents........................................148
     C.12 H.245..................................................149
   ANNEX D Transport over IP.....................................150
     D.1 Transport over IP/UDP using Application Level Framing ..150
       D.1.1 Providing At-Most-Once functionality................150
       D.1.2 Transaction identifiers and three-way handshake.....151
       D.1.3 Computing retransmission timers.....................152
       D.1.4 Provisional responses...............................153
       D.1.5 Repeating Requests, Responses and Acknowledgements..153
     D.2 Using TCP...............................................155
       D.2.1 Providing the At-Most-Once functionality............155
       D.2.2 Transaction identifiers and three-way handshake.....155
       D.2.3 Computing retransmission timers.....................156
       D.2.4 Provisional responses...............................156
       D.2.5 Ordering of commands................................156
   ANNEX E  Basic packages.......................................157
     E.1 Generic.................................................157
     E.2 Base Root Package.......................................159
     E.3 Tone Generator Package..................................161
     E.4 Tone Detection Package..................................163
     E.5 Basic DTMF Generator Package............................166
     E.6 DTMF detection Package..................................167
     E.7 Call Progress Tones Generator Package...................169
     E.8 Call Progress Tones Detection Package...................171
     E.9 Analog Line Supervision Package.........................172
     E.10 Basic Continuity Package...............................175
     E.11 Network Package........................................178
     E.12 RTP Package............................................180
        
     E.13 TDM Circuit Package....................................182
   APPENDIX I EXAMPLE CALL FLOWS (INFORMATIVE)...................184
     A.1 Residential Gateway to Residential Gateway Call.........184
       A.1.1 Programming Residential GW Analog Line Terminations
             for Idle Behavior...................................184
       A.1.2 Collecting Originator Digits and Initiating
             Termination.........................................186
   APPENDIX II  Changes From RFC 3015............................195
   Intellectual Property Rights..................................210
   Acknowledgments...............................................211
   Authors' Addresses............................................212
   Full Copyright Statement......................................213
        

1 Scope

1つの適用範囲

The present document, which is identical to the published version of ITU-T Recommendation H.248.1 (03/2002) except as noted below, defines the protocols used between elements of a physically decomposed multimedia gateway. There are no functional differences from a system view between a decomposed gateway, with distributed sub-components potentially on more than one physical device, and a monolithic gateway such as described in ITU-T Recommendation H.246. This document does not define how gateways, multipoint control units or interactive voice response units (IVRs) work. Instead it creates a general framework that is suitable for these applications.

以下に記載されている場合を除き、ITU-T勧告H.248.1(03/2002)の公開されたバージョンと同一である本文書は、物理的に分解されたマルチメディアゲートウェイの要素の間で使用されるプロトコルを定義します。分解ゲートウェイとの間のシステム・ビューからの機能的な違いは、複数の物理デバイス、及びそのようなITU-T勧告H.246に記載されているようなモノリシックゲートウェイ上の潜在分散サブコンポーネントと、存在しません。この文書では、どのようにゲートウェイ、マルチポイントコントロールユニットまたは対話型音声応答装置(IVRの)仕事を定義していません。その代わりに、これらのアプリケーションに適している一般的なフレームワークを作成します。

Packet network interfaces may include IP, ATM or possibly others. The interfaces will support a variety of Switched Circuit Network (SCN) signalling systems, including tone signalling, ISDN, ISUP, QSIG and GSM. National variants of these signalling systems will be supported where applicable.

パケットネットワークインタフェースは、IP、ATMまたはおそらく他のものを含むことができます。インターフェースは、トーン信号、ISDN、ISUP、QSIGおよびGSMなどのシステムを、シグナリング回線交換ネットワーク(SCN)の様々なサポートします。これらのシグナル伝達システムの国立の変異体は、該当する場合にサポートされます。

1.1 Changes From
から1.1の変更点

The differences between this document and RFC 3015 are documented in Appendix II.

このドキュメントとRFC 3015との違いは、付録IIに記載されています。

1.2 Differences From ITU-T Recommendation H.248.1 (03/2002)
ITU-T勧告H.248.1から1.2の違い(03/2002)

This document differs from the corresponding ITU-T publication in the following respects:

この文書は、以下の点に対応するITU-T出版異なります。

- Added IETF front matter in place of the corresponding ITU-T material.

- 対応するITU-Tの材料の代わりに、IETFフロントの問題を追加しました。

- The ITU-T summary is too H.323-specific and has been omitted.

- ITU-Tの概要は、あまりにもH.323固有であり、省略されています。

- The IETF conventions have been stated as governing this document. As discussed in section 5 below, this gives slightly greater strength to "should" requirements.

- IETFの規則は、この文書を管理するとして記載されています。以下のセクション5で説明したように、これは、「べき」の要件にわずかに大きな強度を与えます。

- The Scope section (just above) has been edited slightly to suit its IETF context.

- スコープ部(真上)そのIETF文脈に合うように、わずかに編集されています。

- Added normative references to RFCs 2026 and 2119.

- のRFC 2026および2119に引用規格を追加しました。

- Figures 4, 5, and 6 show the centre of the context for greater clarity. Also added Figure 6a showing an important additional example.

- 図4、図5、及び図6は、より明確にするためにコンテキストの中心を示しています。また、重要な追加の例を示す図6aを加えました。

- Added a paragraph in section 7.1.18 which was approved in the Implementor's Guide but lost inadvertently in the ITU-T approved version.

- 開発者のためのガイドで承認されたが、ITU-Tで不注意に失われたセクション7.1.18での段落は、バージョンを承認した追加しました。

- This document incorporates corrections to the informative examples in Appendix I which also appear in H.248.1 version 2, but which were not picked up in H.248.1 (03/2002).

- この文書はまた、H.248.1バージョン2に表示され、付録Iで有益な例に修正を組み込んだが、H.248.1(03/2002)でピックアップされませんでした。

- This document includes a new Appendix II listing all the changes from RFC 3015.

- この文書はRFC 3015からのすべての変更を一覧表示する新しい付録IIを含んでいます。

- This document includes an Acknowledgements section listing the authors of RFC 3015 but also many other people who contributed to the development of the Megaco/H.248.x protocol.

- このドキュメントは、RFC 3015の作者ものMegaco / H.248.xプロトコルの発展に貢献し、他の多くの人々をリスト謝辞部を備えます。

- Moved the Intellectual Property declaration to its usual place in an IETF document and added a reference to declarations on the IETF web site.

- IETF文書でのいつもの場所に知的財産権の宣言を移動し、IETFのWebサイト上の宣言への参照を追加しました。

2 References

2つの参照

The following ITU-T Recommendations and other references contain provisions which, through reference in this text, constitute provisions of this RFC. At the time of publication, the editions indicated were valid. All Recommendations and other references are subject to revision; all users of this RFC are therefore encouraged to investigate the possibility of applying the most recent edition of the Recommendations and other references listed below. A list of the currently valid ITU-T Recommendations is regularly published.

以下ITU-T勧告および他の参考文献は、このテキストで参照して、このRFCの規定を構成する規定を含みます。出版の時点では、示された版が有効でした。すべての勧告および他の参考文献は改訂の対象となります。このRFCのすべてのユーザーは、したがって、以下に示す勧告および他の参考文献の最新版を適用する可能性を調査することを推奨しています。現在有効なITU-T勧告のリストは定期的に出版されています。

2.1 Normative references
2.1引用規格

- ITU-T Recommendation H.225.0 (1999), Call signalling protocols and media stream packetization for packet-based multimedia communication systems.

- ITU-T勧告H.225.0(1999)、コールシグナリングプロトコルとパケットベースのマルチメディア通信システムのためのメディアストリームパケット。

- ITU-T Recommendation H.235 (1998), Security and encryption for H-Series (H.323 and other H.245-based) multimedia terminals.

- ITU-T勧告H.235(1998)、Hシリーズのセキュリティと暗号化(H.323およびその他のH.245ベースの)マルチメディア端末。

- ITU-T Recommendation H.245 (1998), Control protocol for multimedia communication.

- ITU-T勧告H.245(1998)、マルチメディア通信のための制御プロトコル。

- ITU-T Recommendation H.246 (1998), Interworking of H-series multimedia terminals with H-series multimedia terminals and voice/voiceband terminals on GSTN and ISDN.

- ITU-T勧告H.246(1998)、Hシリーズのマルチメディア端末とGSTNやISDN上の音声/音声帯域端末とHシリーズのマルチメディア端末のインターワーキング。

- ITU-T Recommendation H.248.8 (2002), H.248 Error Codes and Service Change Reasons.

- ITU-T勧告H.248.8(2002)、H.248エラーコードとサービス変更の理由。

- ITU-T Recommendation H.323 (1999), Packet-based multimedia communication systems.

- ITU-T勧告H.323(1999)、パケットベースのマルチメディア通信システム。

- ITU-T Recommendation I.363.1 (1996), B-ISDN ATM adaptation layer (AAL) specification: Type 1 AAL.

- ITU-T勧告I.363.1(1996)、B-ISDN ATMアダプテーションレイヤ(AAL)仕様:タイプ1 AAL。

- ITU-T Recommendation I.363.2 (1997), B-ISDN ATM adaptation layer (AAL) specification: Type 2 AAL.

- ITU-T勧告I. 363.2(1997)、B-ISDN ATMアダプテーションレイヤ(AAL)仕様:タイプ2 AAL。

- ITU-T Recommendation I.363.5 (1996), B-ISDN ATM adaptation layer (AAL) specification: Type 5 AAL.

- ITU-T勧告I.363.5(1996)、B-ISDN ATMアダプテーションレイヤ(AAL)仕様:タイプ5 AAL。

- ITU-T Recommendation I.366.1 (1998), Segmentation and Reassembly Service Specific Convergence Sublayer for the AAL type 2.

- AALタイプ2のためのITU-T勧告I.366.1(1998)、分割及び再組立てサービス特定コンバージェンスサブレイヤ。

- ITU-T Recommendation I.366.2 (1999), AAL type 2 service specific convergence sublayer for trunking.

- トランキングのためのITU-T勧告I.366.2(1999)、AALタイプ2サービス特定収束サブレイヤ。

- ITU-T Recommendation I.371 (2000), Traffic control and congestion control in B-ISDN.

- ITU-T勧告I.371(2000)、B-ISDNにおけるトラヒック制御と輻輳制御。

- ITU-T Recommendation Q.763 (1999), Signalling System No. 7 - ISDN user part formats and codes.

- ITU-T勧告Q.763(1999)、信号システム第7号 - ISDNユーザ部形式とコード。

- ITU-T Recommendation Q.765.5 (2001), Application transport mechanism - Bearer independent call control (BICC).

- ITU-T勧告Q.765.5(2001)、アプリケーション搬送機構 - ベアラ独立呼制御(BICC)。

- ITU-T Recommendation Q.931 (1998), ISDN user-network interface layer 3 specification for basic call control.

- ITU-T勧告Q.931(1998)基本的な呼制御のため、ISDNユーザネットワークインタフェースレイヤ3仕様。

- ITU-T Recommendation Q.2630.1 (1999), AAL type 2 signalling protocol (Capability Set 1).

- ITU-T勧告Q.2630.1(1999)、AALタイプ2シグナリングプロトコル(能力セット1)。

- ITU-T Recommendation Q.2931 (1995), Digital Subscriber Signalling System No. 2 (DSS2) - User-Network Interface (UNI) - Layer 3 specification for basic call/connection control.

- ITU-T勧告Q.2931(1995)、デジタル加入者シグナリングシステム番号2(DSS2) - ユーザネットワークインタフェース(UNI) - 基本呼/接続制御のためのレイヤ3仕様。

- ITU-T Recommendation Q.2941.1 (1997), Digital Subscriber Signalling System No. 2 - Generic identifier transport.

- ITU-T勧告Q.2941.1(1997)、デジタル加入者シグナリングシステム2号 - 汎用識別子輸送。

- ITU-T Recommendation Q.2961.1 (1995), Additional signalling capabilities to support traffic parameters for the tagging option and the sustainable call rate parameter set.

- タギングオプションと持続可能なコールレートパラメータセットのためのトラフィックパラメータをサポートするために、ITU-T勧告Q.2961.1(1995)、追加のシグナリング機能を提供します。

- ITU-T Recommendation Q.2961.2 (1997), Additional traffic parameters: Support of ATM transfer capability in the broadband bearer capability information element.

- ITU-T勧告Q.2961.2(1997)、追加のトラフィックパラメータ:広帯域ベアラ能力情報エレメントにおけるATM転送能力のサポート。

- ITU-T Recommendation Q.2965.1 (1999), Digital subscriber signalling system No. 2 - Support of Quality of Service classes.

- ITU-T勧告Q.2965.1(1999)、デジタル加入者シグナリングシステム2号 - サービスクラスの品質のサポート。

- ITU-T Recommendation Q.2965.2 (1999), Digital subscriber signalling system No. 2 - Signalling of individual Quality of Service parameters.

- ITU-T勧告Q.2965.2(1999)、デジタル加入者シグナリングシステム2号 - サービスパラメータの個々の品質のシグナリング。

- ITU-T Recommendation V.76 (1996), Generic multiplexer using V.42 LAPM-based procedures.

- ITU-T勧告V.76(1996)、V.42 LAPMベースの手順を使用して一般的なマルチプレクサ。

- ITU-T Recommendation X.213 (1995), Information technology - Open Systems Interconnection - Network service definition plus Amendment 1 (1997), Addition of the Internet protocol address format identifier.

- ITU-T勧告X.213(1995)、情報技術 - 開放型システム間相互接続 - ネットワークサービス定義を加えた修正1(1997)、インターネットプロトコルアドレスフォーマット識別子の追加。

- ITU-T Recommendation X.680 (1997), Information technology - Abstract Syntax Notation One (ASN.1): Specification of basic notation.

- ITU-T勧告X.680(1997)、情報技術 - 抽象構文記法1(ASN.1):基本的な記法の仕様。

- ITU-T Recommendation X.690 (1997), Information Technology - ASN.1 Encoding Rules: Specification of Basic Encoding Rules (BER), Canonical Encoding Rules (CER) and Distinguished Encoding Rules (DER).

- ITU-T勧告X.690(1997)、情報技術 - ASN.1の符号化規則:基本符号化規則(BER)、Canonicalの符号化規則(CER)、および顕著な符号化規則(DER)の仕様。

- ATM Forum (1996), ATM User-Network Interface (UNI) Signalling Specification - Version 4.0.

- ATMフォーラム(1996)、ATMのユーザ・ネットワーク・インターフェイス(UNI)シグナリング仕様 - バージョン4.0。

[RFC 1006] Rose, M. and D. Cass, "ISO Transport Service on top of the TCP, Version 3", STD 35, RFC 1006, May 1987.

"TCPの上にISOトランスポートサービス、バージョン3" [RFC 1006]ローズ、M.とD.キャス、STD 35、RFC 1006、1987年5月。

[RFC 2026] Brander, S., "The Internet Standards Process -- Revision 3", BCP 9, RFC 2026, October 1996.

[RFC 2026] Brander、S.、 "インターネット標準化プロセス - リビジョン3"、BCP 9、RFC 2026、1996年10月。

[RFC 2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC 2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC 2234] Crocker, D., Ed. and P. Overell, "Augmented BNF for Syntax Specifications: ABNF", RFC 2234, November 1997.

[RFC 2234]クロッカー、D.、エド。そして、P. Overell、 "構文仕様のための増大しているBNF:ABNF"、RFC 2234、1997年11月。

[RFC 2327] Handley, M. and V. Jacobson, "SDP: Session Description Protocol", RFC 2327, April 1998.

[RFC 2327]ハンドリー、M.およびV. Jacobson氏、 "SDP:セッション記述プロトコル"、RFC 2327、1998年4月。

[RFC 2402] Kent, S. and R. Atkinson, "IP Authentication Header", RFC 2402, November 1998.

[RFC 2402]ケント、S.とR.アトキンソン、 "IP認証ヘッダー"、RFC 2402、1998年11月。

[RFC 2406] Kent, S. and R. Atkinson, "IP Encapsulating Security Payload (ESP)", RFC 2406, November 1998.

[RFC 2406]ケント、S.とR.アトキンソン、 "IPカプセル化セキュリティペイロード(ESP)"、RFC 2406、1998年11月。

2.2 Informative references
2.2有益な参考文献

- ITU-T Recommendation E.180/Q.35 (1998), Technical characteristics of tones for the telephone service.

- ITU-T勧告E.180 / Q.35(1998)、電話サービスのためのトーンの技術的特徴。

- CCITT Recommendation G.711 (1988), Pulse Code Modulation (PCM) of voice frequencies.

- CCITT勧告G.711(1988)、音声周波数の符号変調(PCM)をパルス。

- ITU-T Recommendation H.221 (1999), Frame structure for a 64 to 1920 kbit/s channel in audiovisual teleservices.

- ITU-T勧告H.221(1999)、オーディオビジュアルテレサービス64 1920キロビット/秒チャネルのフレーム構造。

- ITU T Recommendation H.223 (1996), Multiplexing protocol for low bit rate multimedia communication.

- ITU T勧告H.223(1996)、低ビットレートのマルチメディア通信用多重化プロトコル。

- ITU-T Recommendation H.226 (1998), Channel aggregation protocol for multilink operation on circuit-switched networks

- ITU-T勧告H.226(1998)、回線交換ネットワーク上でマルチリンク動作用のチャネル集約プロトコル

- ITU-T Recommendation Q.724 (1998), Signalling procedures.

- ITU-T勧告Q.724(1998)、シグナリング手順。

- ITU-T Recommendation Q.764 (1999), Signalling system No. 7 - ISDN user part signalling procedures.

ISDNユーザ部のシグナリング手順 - - 共通線信号No.7 ITU-T勧告Q.764(1999)。

- ITU-T Recommendation Q.1902.4 (2001), Bearer independent call control protocol - Basic call procedures.

- ITU-T勧告Q.1902.4(2001)、ベアラ独立呼制御プロトコル - 基本呼手順。

[RFC 768] Postel, J., "User Datagram Protocol", STD 6, RFC 768, August 1980.

[RFC 768]ポステル、J.、 "ユーザ・データグラム・プロトコル"、STD 6、RFC 768、1980年8月。

[RFC 791] Postel, J., "Internet Protocol", STD 5, RFC 791, September 1981.

[RFC 791]ポステル、J.、 "インターネットプロトコル"、STD 5、RFC 791、1981年9月。

[RFC 793] Postel, J., "Transmission Control Protocol", STD 7, RFC 793, September 1981.

[RFC 793]ポステル、J.、 "伝送制御プロトコル"、STD 7、RFC 793、1981年9月。

[RFC 1661] Simpson, W., Ed., "The Point-to-Point Protocol (PPP)", STD 51, RFC 1661, July 1994.

[RFC 1661]シンプソン、W.、編、 "ポイントツーポイントプロトコル(PPP)"、STD 51、RFC 1661、1994年7月。

[RFC 1889] Schulzrinne, H., Casner, S., Frederick, R. and V. Jacobson, "RTP: A Transport Protocol for Real-Time Applications", RFC 1889, January 1996.

[RFC 1889] Schulzrinneと、H.、Casner、S.、フレデリック、R.とV. Jacobson氏、 "RTP:リアルタイムアプリケーションのためのトランスポートプロトコル"、RFC 1889、1996年1月。

[RFC 1890] Schulzrinne, H. and G. Fokus, "RTP Profile for Audio and Video Conferences with Minimal Control", RFC 1890, January 1996.

[RFC 1890] Schulzrinneと、H.およびG. FOKUS、 "最小量のコントロールがあるオーディオとビデオ会議システムのためのRTPプロフィール"、RFC 1890、1996年1月。

[RFC 2401] Kent, S. and R. Atkinson, "Security Architecture for the Internet Protocol", RFC 2401, November 1998.

[RFC 2401]ケント、S.とR.アトキンソン、 "インターネットプロトコルのためのセキュリティー体系"、RFC 2401、1998年11月。

[RFC 2460] Deering, S. and R. Hinden, "Internet Protocol, Version 6 (IPv6) Specification", RFC 2460, December 1998.

[RFC 2460]デアリング、S.とR. Hindenと、 "インターネットプロトコルバージョン6(IPv6)の仕様"、RFC 2460、1998年12月。

[RFC 2543] Handley, M., Schulzrinne, H., Schooler, E. and J. Rosenberg, "SIP: Session Initiation Protocol", RFC 2543, March 1999.

[RFC 2543]ハンドレー、M.、Schulzrinneと、H.、学生はE.およびJ.ローゼンバーグ、 "SIP:セッション開始プロトコル"、RFC 2543、1999年3月。

[RFC 2805] Greene, N., Ramalho, M. and B. Rosen, "Media Gateway Control Protocol Architecture and Requirements", RFC 2805, April 2000.

[RFC 2805]グリーン、N.、Ramalho、M.とB.ローゼン、 "メディアゲートウェイ制御プロトコルのアーキテクチャと要件"、RFC 2805、2000年4月。

3 Definitions

3つの定義

This document defines the following terms:

このドキュメントでは、次の用語を定義しています。

Access gateway: A type of gateway that provides a User-Network Interface (UNI) such as ISDN.

アクセスゲートウェイ:ISDNなどのユーザ・ネットワーク・インタフェース(UNI)を提供するゲートウェイのタイプ。

Descriptor: A syntactic element of the protocol that groups related properties. For instance, the properties of a media flow on the MG can be set by the MGC by including the appropriate descriptor in a command.

記述:グループプロパティを関連するプロトコルの構文要素。例えば、MG上のメディアフローのプロパティはコマンドで適切な記述を含めることによって、MGCによって設定することができます。

Media Gateway (MG): The media gateway converts media provided in one type of network to the format required in another type of network. For example, a MG could terminate bearer channels from a switched circuit network (e.g., DS0s) and media streams from a packet network (e.g., RTP streams in an IP network). This gateway may be capable of processing audio, video and T.120 alone or in any combination, and will be capable of full duplex media translations. The MG may also play audio/video messages and perform other IVR functions, or may perform media conferencing.

メディアゲートウェイ(MG):メディアゲートウェイは、ネットワークの別のタイプに必要なフォーマットにネットワークの一種で提供されたメディアを変換します。例えば、MGは、回線交換ネットワークからベアラチャネルパケットネットワーク(例えば、RTPは、IPネットワーク内のストリーム)から(例えば、のDS0)およびメディアストリームを終了することができました。このゲートウェイは、単独でまたは任意の組み合わせでオーディオ、ビデオおよびT.120を処理することが可能であり得る、および全二重メディア翻訳することができるであろう。 MGは、オーディオ/ビデオメッセージを再生し、他のIVR機能を実行する、またはメディア会議を行うことができることがあります。

Media Gateway Controller (MGC): Controls the parts of the call state that pertain to connection control for media channels in a MG.

メディアゲートウェイコントローラ(MGC)は:MGにおけるメディアチャネルの接続制御に関係する呼状態の部分を制御します。

Multipoint Control Unit (MCU): An entity that controls the setup and coordination of a multi-user conference that typically includes processing of audio, video and data.

マルチポイントコントロールユニット(MCU):典型的には、オーディオ、ビデオ、およびデータの処理を含むマルチユーザ会議の設定と調整を制御するエンティティ。

Residential gateway: A gateway that interworks an analogue line to a packet network. A residential gateway typically contains one or two analogue lines and is located at the customer premises.

レジデンシャルゲートウェイ:パケット網にアナログ回線を連係動作ゲートウェイ。レジデンシャルゲートウェイは、典型的には、一つまたは二つのアナログラインを含み、顧客構内に位置しています。

SCN FAS signalling gateway: This function contains the SCN Signalling Interface that terminates SS7, ISDN or other signalling links where the call control channel and bearer channels are collocated in the same physical span.

SCN FASシグナリングゲートウェイ:この機能は、SS7、ISDNや呼制御チャネルおよびベアラチャネルは同一の物理的スパンで並置されている他のシグナリングリンクを終端するSCNシグナリングインタフェースを含んでいます。

SCN NFAS signalling gateway: This function contains the SCN Signalling Interface that terminates SS7 or other signalling links where the call control channels are separated from bearer channels.

SCN NFASシグナリングゲートウェイ:この機能は、SS7または呼制御チャネルをベアラチャネルから分離されている他のシグナリングリンクを終端するSCNシグナリングインタフェースを含んでいます。

Stream: Bidirectional media or control flow received/sent by a media gateway as part of a call or conference.

ストリーム:双方向メディアまたは制御フローがコールまたは会議の一部としてメディアゲートウェイによって受信/送信。

Trunk: A communication channel between two switching systems such as a DS0 on a T1 or E1 line.

トランク:例えばT1またはE1回線にDS0のような2つの交換システムとの間の通信チャネル。

Trunking gateway: A gateway between SCN network and packet network that typically terminates a large number of digital circuits.

トランキングゲートウェイ:典型的には、デジタル回路の多数を終了SCNネットワークとパケットネットワークの間のゲートウェイ。

4 Abbreviations

4つの略語

This RFC document uses the following abbreviations:

このRFC文書には、次の略語を使用しています:

ALF Application Layer Framing

ALFアプリケーション層フレーミング

ATM Asynchronous Transfer Mode

ATM非同期転送モード

CAS Channel Associated Signalling

CASチャネル連携信号

DTMF Dual Tone Multi-Frequency

DTMFデュアルトーン多重周波数

FAS Facility Associated Signalling

FAS施設連携信号

GSM Global System for Mobile communications

移動体通信用グローバルシステムGSM

GW GateWay

GWゲートウェイ

IANA Internet Assigned Numbers Authority (superseded by Internet Corporation for Assigned Names and Numbers - ICANN)

IANAインターネット割り当て番号機関(割り当てられた名前と番号のインターネット社に取って代わら - ICANN)

IP Internet Protocol

IPインターネットプロトコル

ISUP ISDN User Part

ISUP ISDNユーザ部

IVR Interactive Voice Response

IVR対話型音声応答

MG Media Gateway

MGメディアゲートウェイ

MGC Media Gateway Controller

MGCメディアゲートウェイコントローラ

NFAS Non-Facility Associated Signalling

NFAS非ファシリティ関連シグナリング

PRI Primary Rate Interface

PRI一次群速度インターフェイス

PSTN Public Switched Telephone Network

PSTN公衆交換電話網

QoS Quality of Service

サービスのQoSの品質

RTP Real-time Transport Protocol

RTPリアルタイムトランスポートプロトコル

SCN Switched Circuit Network

SCNは、回線交換網

SG Signalling Gateway

SGシグナリングゲートウェイ

SS7 Signalling System No. 7

SS7信号システム第7号

5 Conventions

5つの規則

In the H.248.1 Recommendation, "SHALL" refers to a mandatory requirement, while "SHOULD" refers to a suggested but optional feature or procedure. The term "MAY" refers to an optional course of action without expressing a preference. Note that these definition are overridden in the present document by the RFC 2119 conventions stated at the beginning of this document. RFC 2119 has a more precise definition of "should" than is provided by the ITU-T.

「SHOULD」が提案しかしオプション機能または手順を指すH.248.1勧告では、「SHALL」、必須要件を指します。用語「MAY」嗜好を発現することなく、アクションのオプションコースを指します。これらの定義は、この文書の冒頭で述べたRFC 2119の規則により、現在のドキュメントに上書きされることに注意してください。 RFC 2119よりITU-Tによって提供される「べき」のより正確な定義を有します。

6 Connection model

6接続モデル

The connection model for the protocol describes the logical entities, or objects, within the Media Gateway that can be controlled by the Media Gateway Controller. The main abstractions used in the connection model are Terminations and Contexts.

プロトコルのための接続モデルは、メディアゲートウェイコントローラによって制御することができるメディアゲートウェイ内の論理エンティティ、またはオブジェクトを、説明しています。接続モデルで使用される主な抽象化は終端およびコンテキストです。

A Termination sources and/or sinks one or more streams. In a multimedia conference, a Termination can be multimedia and sources or sinks multiple media streams. The media stream parameters, as well as modem, and bearer parameters are encapsulated within the Termination.

終端源及び/又は1つ以上のストリームをシンクします。マルチメディア会議では、終端は、マルチメディア及び情報源であるか、または複数のメディアストリームをシンクすることができます。メディア・ストリーム・パラメータ、並びに、モデム、およびベアラパラメータは、終端内に封入されています。

A Context is an association between a collection of Terminations. There is a special type of Context, the null Context, which contains all Terminations that are not associated to any other Termination. For instance, in a decomposed access gateway, all idle lines are represented by Terminations in the null Context.

コンテキストは、終端のコレクションの間の関連付けです。コンテキストの特殊なタイプがあり、いずれかの他の終了に関連付けられていないすべての端子を含むヌルコンテキスト、。例えば、分解アクセスゲートウェイに、すべてのアイドルラインがヌルコンテキストで終端によって表されます。

Following is a graphical depiction of these concepts. The diagram of Figure 1 gives several examples and is not meant to be an all-inclusive illustration. The asterisk box in each of the Contexts represents the logical association of Terminations implied by the Context.

以下は、これらの概念のグラフです。図1の図は、いくつかの例を与え、すべての包括的な実例であることを意味するものではありません。コンテキストのそれぞれにおけるアスタリスクボックスはコンテキストによって暗黙終端の論理的な関連を表します。

         +------------------------------------------------------+
         |Media Gateway                                         |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | |Context                          +-------------+ |  |
         | |                                 | Termination | |  |
         | |                                 |-------------| |  |
         | |  +-------------+             +->| SCN Bearer  |<---+->
         | |  | Termination |   +-----+   |  |   Channel   | |  |
         | |  |-------------|   |     |---+  +-------------+ |  |
       <-+--->| RTP Stream  |---|  *  |                      |  |
         | |  |             |   |     |---+  +-------------+ |  |
         | |  +-------------+   +-----+   |  | Termination | |  |
         | |                              |  |-------------| |  |
         | |                              +->| SCN Bearer  |<---+->
         | |                                 |   Channel   | |  |
         | |                                 +-------------+ |  |
         | +-------------------------------------------------+  |
         |                                                      |
         |                                                      |
         |                    +------------------------------+  |
         |   (NULL Context)   |Context                       |  |
         |  +-------------+   |              +-------------+ |  |
         |  | Termination |   | +-----+      | Termination | |  |
         |  |-------------|   | |     |      |-------------| |  |
         |  | SCN Bearer  |   | |  *  |------| SCN Bearer  |<---+->
         |  |   Channel   |   | |     |      |   Channel   | |  |
         |  +-------------+   | +-----+      +-------------+ |  |
         |                    +------------------------------+  |
         |                                                      |
         |                                                      |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | |Context                                          |  |
         | |  +-------------+                +-------------+ |  |
         | |  | Termination |   +-----+      | Termination | |  |
         | |  |-------------|   |     |      |-------------| |  |
       <-+--->| SCN Bearer  |---|  *  |------| SCN Bearer  |<---+->
         | |  |   Channel   |   |     |      |   Channel   | |  |
         | |  +-------------+   +-----+      +-------------+ |  |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | ___________________________________________________  |
         +------------------------------------------------------+
        

Figure 1: Examples of Megaco/H.248 Connection Model

図1のMegaco / H.248接続モデルの例

The example in Figure 2 shows an example of one way to accomplish a call-waiting scenario in a decomposed access gateway, illustrating the relocation of a Termination between Contexts. Terminations T1 and T2 belong to Context C1 in a two-way audio call. A second audio call is waiting for T1 from Termination T3. T3 is alone in Context C2. T1 accepts the call from T3, placing T2 on hold. This action results in T1 moving into Context C2, as shown in Figure 3.

図2の例では、コンテキスト間終端の移転を示す分解アクセスゲートウェイにコールウェイティングシナリオを達成する一つの方法の例を示しています。終端のT1とT2は、双方向の音声通話にコンテキストC1に属します。第二の音声通話が終了T3からT1を待っています。 T3は、Context C2に一人です。 T1は保留にT2を置く、T3からのコールを受け入れます。図3に示すようにT1でこのアクションの結果は、コンテキストC2に移動します。

         +------------------------------------------------------+
         |Media Gateway                                         |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | |Context C1                                       |  |
         | |  +-------------+                +-------------+ |  |
         | |  | Term. T2    |   +-----+      | Term. T1    | |  |
         | |  |-------------|   |     |      |-------------| |  |
       <-+--->| RTP Stream  |---|  *  |------| SCN Bearer  |<---+->
         | |  |             |   |     |      |   Channel   | |  |
         | |  +-------------+   +-----+      +-------------+ |  |
         | +-------------------------------------------------+  |
         |                                                      |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | |Context C2                                       |  |
         | |                                 +-------------+ |  |
         | |                    +-----+      | Term. T3    | |  |
         | |                    |     |      |-------------| |  |
         | |                    |  *  |------| SCN Bearer  |<---+->
         | |                    |     |      |   Channel   | |  |
         | |                    +-----+      +-------------+ |  |
         | +-------------------------------------------------+  |
         +------------------------------------------------------+
        

Figure 2: Example Call Waiting Scenario / Alerting Applied to T1

図2:例キャッチホンシナリオ/アラート応用T1へ

         +------------------------------------------------------+
         |Media Gateway                                         |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | |Context C1                                       |  |
         | |  +-------------+                                |  |
         | |  | Term. T2    |   +-----+                      |  |
         | |  |-------------|   |     |                      |  |
       <-+--->| RTP Stream  |---|  *  |                      |  |
         | |  |             |   |     |                      |  |
         | |  +-------------+   +-----+                      |  |
         | +-------------------------------------------------+  |
         |                                                      |
         | +-------------------------------------------------+  |
         | |Context C2                                       |  |
         | |  +-------------+                +-------------+ |  |
         | |  | Term. T1    |   +-----+      | Term. T3    | |  |
         | |  |-------------|   |     |      |-------------| |  |
       <-+--->| SCN Bearer  |---|  *  |------| SCN Bearer  |<---+->
         | |  |   Channel   |   |     |      |   Channel   | |  |
         | |  +-------------+   +-----+      +-------------+ |  |
         | +-------------------------------------------------+  |
         +------------------------------------------------------+
        

Figure 3. Example Call Waiting Scenario / Answer by T1

図3の例T1によってキャッチホンシナリオ/回答

6.1 Contexts
6.1コンテキスト

A Context is an association between a number of Terminations. The Context describes the topology (who hears/sees whom) and the media mixing and/or switching parameters if more than two Terminations are involved in the association.

コンテキストは終端の数との間の関連付けです。コンテキスト(/は誰を見て聞く)トポロジーを説明し、メディアが混合および/または二つ以上の終端が協会に関与している場合はパラメータを切り替えます。

There is a special Context called the null Context. It contains Terminations that are not associated to any other Termination. Terminations in the null Context can have their parameters examined or modified, and may have events detected on them.

ヌルコンテキストと呼ばれる特別なコンテキストがあります。これは、任意の他の終了に関連付けられていない終端が含まれています。ヌルコンテキスト内の終端は、それらのパラメータが検査または改変有することができ、それらに検出されたイベントを有していてもよいです。

In general, an Add command is used to add Terminations to Contexts. If the MGC does not specify an existing Context to which the Termination is to be added, the MG creates a new Context. A Termination may be removed from a Context with a Subtract command, and a Termination may be moved from one Context to another with a Move command. A Termination SHALL exist in only one Context at a time.

一般的には、Addコマンドは、コンテキストに終端を追加するために使用されます。 MGCは、終端が追加先となる既存のコンテキストを指定しない場合は、MGは新しいコンテキストを作成します。終了は減算コマンドを使用してコンテキストから除去することができる、および終了は、移動コマンドを使用して、別のコンテキストから移動させることができます。終了は、同時に複数のコンテキストに存在するものとします。

The maximum number of Terminations in a Context is a MG property. Media gateways that offer only point-to-point connectivity might allow at most two Terminations per Context. Media gateways that support multipoint conferences might allow three or more Terminations per Context.

コンテキスト内の終端の最大数は、MGプロパティです。唯一のポイントツーポイント接続を提供するメディアゲートウェイは、コンテキストごとに最大で2つの終端を許可するかもしれません。多地点会議をサポートするメディアゲートウェイは、コンテキストごとに3つの以上の終端を許可するかもしれません。

6.1.1 Context attributes and descriptors
6.1.1コンテキスト属性と記述子

The attributes of Contexts are:

コンテキストの属性は次のとおりです。

- ContextID.

- のContextID。

- The topology (who hears/sees whom).

- トポロジー(誰が見ている/聞きます)。

The topology of a Context describes the flow of media between the Terminations within a Context. In contrast, the mode of a Termination (send/receive/...) describes the flow of the media at the ingress/egress of the media gateway.

コンテキストのトポロジーは、コンテキスト内で終端間のメディアの流れについて説明します。対照的に、終端のモード(送信/受信/ ...)メディアゲートウェイの入口/出口でのメディアの流れについて説明します。

- The priority is used for a Context in order to provide the MG with information about a certain precedence handling for a Context. The MGC can also use the priority to control autonomously the traffic precedence in the MG in a smooth way in certain situations (e.g., restart), when a lot of Contexts must be handled simultaneously. Priority 0 is the lowest priority and a priority of 15 is the highest priority.

- 優先度は、コンテキストの特定の優先取り扱いに関する情報とMGを提供するために、コンテキストのために使用されます。コンテキストの多くは、同時に処理されなければならないときにMGCはまた、特定の状況では滑らかな方法(例えば、再起動)中で自律的にMGにおけるトラフィックの優先順位を制御する優先順位を使用することができます。優先順位0は最も低い優先度で、15の優先度が最も高い優先度です。

- An indicator for an emergency call is also provided to allow a preference handling in the MG.

- 緊急コールのインジケータもMGでの取り扱い好みを可能にするために設けられています。

6.1.2 Creating, deleting and modifying Contexts
6.1.2コンテキストの作成、削除、および変更

The protocol can be used to (implicitly) create Contexts and modify the parameter values of existing Contexts. The protocol has commands to add Terminations to Contexts, subtract them from Contexts, and to move Terminations between Contexts. Contexts are deleted implicitly when the last remaining Termination is subtracted or moved out.

プロトコルは、(暗黙的に)コンテキストを作成し、既存のコンテキストのパラメータ値を変更するために使用することができます。プロトコルは、コンテキストに終端を追加するコンテキストからそれらを減算し、コンテキスト間で終端を移動するためのコマンドがあります。最後に残った終了が減算または外に移動されたときにコンテキストは暗黙的に削除されます。

6.2 Terminations
6.2終端

A Termination is a logical entity on a MG that sources and/or sinks media and/or control streams. A Termination is described by a number of characterizing Properties, which are grouped in a set of Descriptors that are included in commands. Terminations have unique identities (TerminationIDs), assigned by the MG at the time of their creation.

終端は、ソースおよび/またはメディアおよび/または制御ストリームをシンクすることMG上の論理エンティティです。終端は、コマンドに含まれている記述子のセットにグループ化された特性を特徴づけるの数、により記載されています。終端は、その作成の時にMGにより割り当てられた固有の識別情報(のTerminationIDs)を、持っています。

Terminations representing physical entities have a semi-permanent existence. For example, a Termination representing a TDM channel might exist for as long as it is provisioned in the gateway. Terminations representing ephemeral information flows, such as RTP flows, would usually exist only for the duration of their use.

物理的実体を表す終端は、半永久的な存在を持っています。例えば、TDMチャネルを表す終端であれば、それがゲートウェイにプロビジョニングされるようにするために存在するかもしれません。エフェメラル情報を表す終端は、RTPフローとして、流れ、通常、その使用期間のみ存在するであろう。

Ephemeral Terminations are created by means of an Add command. They are destroyed by means of a Subtract command. In contrast, when a physical Termination is Added to or Subtracted from a Context, it is taken from or to the null Context, respectively.

エフェメラル終端は、Addコマンドによって作成されます。これらは減算コマンドによって破壊されています。物理的ターミネーションを追加または文脈から減算される対照的に、それは、それぞれ、またはヌルコンテキストに取り込まれます。

Terminations may have signals applied to them (see 7.1.11). Terminations may be programmed to detect Events, the occurrence of which can trigger notification messages to the MGC, or action by the MG. Statistics may be accumulated on a Termination. Statistics are reported to the MGC upon request (by means of the AuditValue command, see 7.2.5) and when the Termination is taken out of the call it is in.

終端は、それらに印加される信号を(7.1.11を参照)を有していてもよいです。終端は、の発生がMGC、またはMGによるアクションに通知メッセージをトリガすることができ、イベントを検出するようにプログラムすることができます。統計は、終了時に蓄積することができます。統計は、要求に応じてMGCに報告されている(AuditValueコマンドによって、7.2.5を参照)、終了がコールから取り出されたときにそれがです。

Multimedia gateways may process multiplexed media streams. For example, Recommendation H.221 describes a frame structure for multiple media streams multiplexed on a number of digital 64 kbit/s channels. Such a case is handled in the connection model in the following way. For every bearer channel that carries part of the multiplexed streams, there is a physical or ephemeral "bearer Termination". The bearer Terminations that source/sink the digital channels are connected to a separate Termination called the "multiplexing Termination". The multiplexing termination is an ephemeral termination representing a frame-oriented session. The MultiplexDescriptor for this Termination describes the multiplex used (e.g., H.221 for an H.320 session) and indicates the order in which the contained digital channels are assembled into a frame.

マルチメディアゲートウェイは多重メディアストリームを処理することができます。例えば、勧告H.221は、デジタル64kビット/ sのチャネルの数に多重化複数のメディアストリームのためのフレーム構造を記述しています。そのような場合は、以下のように接続モデルで処理されます。多重化ストリームの一部を運ぶすべてのベアラチャネルのために、物理的または短命「ベアラ終了」があります。ソース/シンクデジタルチャンネルが別終端に接続されているベアラ終端は「多重化終了」と呼ばれます。多重終端は、フレーム指向セッションを表す短命のターミネーションです。この終了のMultiplexDescriptorを用いる多重(H.320セッションのために、例えば、H.221)を説明し、含まれているデジタルチャネルがフレームに組み立てられる順序を示しています。

Multiplexing terminations may be cascades (e.g., H.226 multiplex of digital channels feeding into a H.223 multiplex supporting an H.324 session).

多重終端は、カスケード(例えば、H.324セッションをサポートH.223多重に供給デジタルチャンネルのH.226多重化)であってもよいです。

The individual media streams carried in the session are described by StreamDescriptors on the multiplexing Termination. These media streams can be associated with streams sourced/sunk by Terminations in the Context other than the bearer Terminations supporting the multiplexing Termination. Each bearer Termination supports only a single data stream. These data streams do not appear explicitly as streams on the multiplexing Termination and they are hidden from the rest of the context.

セッションで運ば個々のメディアストリームは、多重化終了時にStreamDescriptorsによって記載されています。これらのメディアストリームはベアラ終端が多重終端を支持する以外のコンテキストで終端によってシンク/ソースストリームに関連付けることができます。各ベアラの終了は、単一のデータ・ストリームをサポートしています。多重終端に流れ、それらはコンテキストの残りの部分から隠されているように、これらのデータストリームは、明示的に表示されません。

Figures 4, 5, 6, and 6a illustrate typical applications of the multiplexing termination and Multiplex Descriptor.

図4、図5、図6、および図6Aは、多重化終了と多重記述子の典型的なアプリケーションを示します。

                  +-----------------------------------+
                  | Context     +-------+             |
                 +----+         |       |             |
   Circuit 1 -|--| TC1|---------+ Tmux  |             |
              |  +----+ (Str 1) |       |  Audio    +-----+
              |   |             |       +-----*-----+     |-----
              |  +----+         | H.22x | Stream 1  |     |
   Circuit 2 -|--| TC2|---------+ multi-|           | TR1 |
              |  +----+ (Str 1) | plex  |           |(RTP)|
              |   |             |       |  Video    |     |
              |  +----+         |       +-----*-----+     |-----
   Circuit 3 -|--| TC3|---------+       | Stream 2  |     |
              /  +----+ (Str 1) |       |           +-----+
             /    |             +-------+             |
            /     +-----------------\-----------------+
   Audio, video, and control         \
   signals are carried in frames    Tmux is an ephemeral with two
   spanning the circuits.           explicit Stream Descriptors
                                    and a Multiplex Descriptor.
        

Figure 4: Multiplexed Termination Scenario - Circuit to Packet (Asterisks * denote the centre of the context)

図4:多重終端シナリオ - パケットに回路(アスタリスク*はコンテキストの中心を表します)

                    Context
                  +--------------------------------------+
                  |       +-------+        +-------+     |
                 +----+   |       |        |       |   +----+
   Circuit 1 ----| TC1|---+ Tmux1 |  Audio | Tmux2 +---| TC4|---
                 +----+   |       +---*----+       |   +----+
                  |       |       |  Str 1 |       |     |
                 +----+   | H.22x |        | H.22x |   +----+
   Circuit 2 ----| TC2|---+ multi-|        | multi-+---| TC5|---
                 +----+   | plex  |        | plex  |   +----+
                  |       |       |  Video |       |     |
                 +----+   |       +---*----+       |   +----+
   Circuit 3 ----| TC3|---+       |  Str 2 |       +---| TC6|---
                 +----+   |       |        |       |   +----+
                  |       +-------+        +-------+     |
                  +-----------------\-----/--------------+
                                     \   /
             Tmux1 and Tmux2 are ephemerals each with two
            explicit Stream Descriptors and a Multiplex Descriptor.
        

Figure 5: Multiplexed Termination Scenario - Circuit to Circuit (Asterisks * denote the centre of the context)

図5:多重終端シナリオ - サーキットが回路(アスタリスク*はコンテキストの中心を表します)

                  +-----------------------------------+
                  | Context     +-------+             |
                 +----+         |       |             |
   Circuit 1 -|--| TC1|---------+ Tmux  |             |
              |  +----+ (Str 1) |       |  Audio    +-----+
              |   |             |       +-----*-----+ TR1 |-----
              |  +----+         | H.22x | Stream 1  |(RTP)|
   Circuit 2 -|--| TC2|---------+ multi-|           +-----+
              |  +----+ (Str 1) | plex  |             |
              |   |             |       |  Video    +-----+
              |  +----+         |       +-----*-----+ TR2 |-----
   Circuit 3 -|--| TC3|---------+       | Stream 2  |(RTP)|
              /  +----+ (Str 1) |       |           +-----+
             /    |             +-------+             |
            /     +-----------------\-----------------+
   Audio, video, and control         \ Tmux is an ephemeral with two
   signals are carried in frames    explicit Stream Descriptors and
   spanning the circuits.           and a Multiplex Descriptor.
        

Figure 6: Multiplexed Termination Scenario - Single to Multiple Terminations (Asterisks * denote the centre of the context)

図6:多重終端シナリオ - 複数の終端にシングル(アスタリスク*はコンテキストの中心を表します)

            Context
          +---------------------------------------------+
          |       +-------+       +-------+             |
   Cct 1 +----+   |       |       |       | Audio     +-----+
     ----| TC1|---+ Tmux1 |       | Tmux2 +-----*-----| TR1 |-----
         +----+   |       |       |       | Stream 1  |(RTP)|
          |       |       | Data  |       |           +-----+
   Cct 2 +----+   | H.226 +-------+ H.223 |             |
     ----| TC2|---+ multi-|(Str 1)| multi-| Control   +-----+
         +----+   | plex  |       | plex  +-----*-----+ Tctl|-----
          |       |       |       |       | Stream 3  +-----+
   Cct 3 +----+   |       |       |       |             |
     ----| TC3|---+       |       |       |           +-----+
         +----+   |       |       |       +-----*-----+ TR2 |-----
          |       +-------+       |       |  Video    |(RTP)|
          |                       +-------+ Stream 2  +-----+
          |                                             |
          +---------------------------------------------+
        Tmux1 has a Multiplex Descriptor and a single data stream.
        Tmux2 has a Multiplex Descriptor with a single bearer and
        three explicit Stream Descriptors.
        

Figure 6a: Multiplexed Termination Scenario - Cascaded Multiplexes (Asterisks * denote the centre of the context) Note: this figure does not appear in Rec. H.248.1

図6a:多重終了シナリオ - カスケードを多重化(アスタリスク*コンテキストの中心を表す)注意:この図は、録音には表示されません。 H.248.1

Terminations may be created which represent multiplexed bearers, such as an ATM AAL Type 2 bearer. When a new multiplexed bearer is to be created, an ephemeral Termination is created in a Context established for this purpose. When the Termination is subtracted, the multiplexed bearer is destroyed.

終端は、ATM AALタイプ2のベアラとして多重ベアラを表す生成されてもよいです。新しい多重ベアラを作成する場合は、はかない終了は、この目的のために確立されたコンテキストで作成されます。終了が減算される場合、多重ベアラが破壊されます。

6.2.1 Termination dynamics
6.2.1終了ダイナミクス

The protocol can be used to create new Terminations and to modify property values of existing Terminations. These modifications include the possibility of adding or removing events and/or signals. The Termination properties, and events and signals are described in the ensuing subclauses. An MGC can only release/modify Terminations and the resources that the Termination represents which it has previously seized via, e.g., the Add command.

プロトコルは、新しい終端を作成したり、既存の終端のプロパティ値を変更するために使用することができます。これらの変更は、イベントおよび/または信号を追加または削除の可能性が挙げられます。終端プロパティ、イベント、および信号が続く節に記載されています。 MGCは終端し、それ以前に、例えば、Addコマンドを経由して押収した解約が表すリソースを/解放する修正することができます。

6.2.2 TerminationIDs
6.2.2のTerminationIDs

Terminations are referenced by a TerminationID, which is an arbitrary schema chosen by the MG.

終端は、MGによって選択された任意のスキーマでTerminationIDによって参照されます。

TerminationIDs of physical Terminations are provisioned in the Media Gateway. The TerminationIDs may be chosen to have structure. For instance, a TerminationID may consist of trunk group and a trunk within the group.

物理的な終端ののTerminationIDsは、メディアゲートウェイでプロビジョニングされています。 TerminationIDsは、構造を有するように選択することができます。例えば、TerminationIDはトランクグループ及びグループ内のトランクから構成されてもよいです。

A wildcarding mechanism using two types of wildcards can be used with TerminationIDs. The two wildcards are ALL and CHOOSE. The former is used to address multiple Terminations at once, while the latter is used to indicate to a media gateway that it must select a Termination satisfying the partially specified TerminationID. This allows, for instance, that a MGC instructs a MG to choose a circuit within a trunk group.

ワイルドカードの二種類を使用してワイルドカード機構のTerminationIDsと共に使用することができます。 2つのワイルドカードはALLで、CHOOSE。後者は、それが部分的に指定されたTerminationIDを満たす終了を選択する必要があり、メディアゲートウェイに知らせるために使用される前者は、一度に複数の終端をアドレス指定するために使用されます。これは、MGCは、トランクグループ内の回路を選択するようにMGに指示していること、たとえば、ことができます。

When ALL is used in the TerminationID of a command, the effect is identical to repeating the command with each of the matching TerminationIDs. The use of ALL does not address the ROOT termination. Since each of these commands may generate a response, the size of the entire response may be large. If individual responses are not required, a wildcard response may be requested. In such a case, a single response is generated, which contains the UNION of all of the individual responses which otherwise would have been generated, with duplicate values suppressed. For instance, given a Termination Ta with properties p1=a, p2=b and Termination Tb with properties p2=c, p3=d, a UNION response would consist of a wildcarded TerminationId and the sequence of properties p1=a, p2=b,c and p3=d. Wildcard response may be particularly useful in the Audit commands.

ALLは、コマンドのTerminationIDで使用される場合、効果は、マッチングのTerminationIDsのそれぞれにコマンドを繰り返すと同じです。 ALLを使用すると、ROOT終端に対応していません。これらのコマンドの各々が応答を生成することができるので、全体の応答の大きさが大きくてもよいです。個々の応答が必要とされていない場合は、ワイルドカード応答が要求されることがあります。このような場合には、単一の応答は、重複する値を抑制してそうでなければ、生成されたであろう個々の応答のすべての和集合を含む、生成されます。例えば、プロパティP2 = C、P3 = dのプロパティP1 = A、P2 = Bと終端結核ターミネーションTaの所与、UNION応答がワイルドカードTerminationIdから成るであろうとプロパティのシーケンスP1 = A、P2 = B 、cおよびP3 = D。ワイルドカード応答は、監査コマンドに特に有用であり得ます。

The encoding of the wildcarding mechanism is detailed in Annexes A and B.

ワイルドカード機構の符号化は、附属書AとBに詳述されています

6.2.3 Packages
6.2.3パッケージ

Different types of gateways may implement Terminations that have widely differing characteristics. Variations in Terminations are accommodated in the protocol by allowing Terminations to have optional Properties, Events, Signals and Statistics implemented by MGs.

ゲートウェイのさまざまな種類が大きく異なる特性を持つ終端を実装してもよいです。終端の変動は、終端は、オプションのプロパティ、イベント、シグナルとのMGによって実装統計を持ってできるようにすることで、プロトコルに収容されています。

In order to achieve MG/MGC interoperability, such options are grouped into Packages, and typically a Termination realizes a set of such Packages. More information on definition of packages can be found in clause 12. An MGC can audit a Termination to determine which Packages it realizes.

MG / MGCの相互運用性を達成するために、そのようなオプションは、パッケージにグループ化され、そして一般的に終了は、そのようなパッケージのセットを実現します。パッケージの定義の詳細については、それが実現するパッケージを判断するには、終了を監査することができます句【請求項12】MGCで見つけることができます。

Properties, Events, Signals and Statistics defined in Packages, as well as parameters to them, are referenced by identifiers (Ids). Identifiers are scoped. For each package, PropertyIds, EventIds, SignalIds, StatisticsIds and ParameterIds have unique name spaces and the same identifier may be used in each of them. Two PropertyIds in different packages may also have the same identifier, etc.

プロパティ、イベント、シグナルおよびパッケージで定義された統計だけでなく、それらのパラメータは、識別子(ID)によって参照されています。識別子はスコープされています。各パッケージについて、PropertyIds、EVENTIDS、SignalIds、StatisticsIdsとParameterIdsは、一意の名前空間を持ち、同じ識別子がそれらのそれぞれに使用することができます。異なるパッケージでの二PropertyIdsも同じ識別子を有していてもよく、など

To support a particular package the MG must support all properties, signals, events and statistics defined in a package. It must also support all Signal and Event parameters. The MG may support a subset of the values listed in a package for a particular Property or Parameter.

特定のパッケージをサポートするためにMGは、パッケージで定義されたすべてのプロパティ、シグナル、イベントと統計をサポートしている必要があります。また、すべての信号とイベントパラメータをサポートしている必要があります。 MGは、特定の特性またはパラメータのパッケージに記載されている値のサブセットをサポートすることができます。

When packages are extended, the properties, events, signals and statistics defined in the base package can be referred to using either the extended package name or the base package name. For example, if Package A defines event e1, and Package B extends Package A, then B/e1 is an event for a termination implementing Package B. By definition, the MG MUST also implement the base Package, but it is optional to publish the base package as an allowed interface. If it does publish A, then A would be reported on the Package Descriptor in AuditValue as well as B, and event A/e1 would be available on a termination. If the MG does not publish A, then only B/e1 would be available. If published through AuditValue, A/e1 and B/e1 are the same event.

パッケージが拡張される場合、基本パッケージで定義されたプロパティ、イベント、シグナルおよび統計は、拡張パッケージ名またはベース・パッケージ名のいずれかを使用して参照することができます。パッケージAは、イベントE1を定義し、パッケージBがパッケージAを拡張するならば、B / E1が定義してパッケージB.を実現終了のイベントであり、例えば、MGはまた、基本パッケージを実装しなければならないが、発行する任意です許可されるインタフェースとして基本パッケージ。それはAを公開しない場合は、[パッケージAuditValueで記述だけでなく、Bに報告される、イベントA / E1は、終了時に利用できるようになります。 MGはAを公開していない場合、唯一のB / e1が利用可能となります。 AuditValueを通じて公開した場合、A / E1およびB / E1は同じイベントです。

For improved interoperability and backward compatibility, an MG MAY publish all Packages supported by its Terminations, including base Packages from which extended Packages are derived. An exception to this is in cases where the base packages are expressly "Designed to be extended only".

改善相互運用性と下位互換性のために、MGは、拡張パッケージが派生する基本パッケージを含むその終端でサポートされているすべてのパッケージを、公開してもよい(MAY)。この例外は、基本パッケージが明示「だけ拡張できるように設計」されている例です。

6.2.4 Termination properties and descriptors
6.2.4終了のプロパティとディスクリプタ

Terminations have properties. The properties have unique PropertyIDs. Most properties have default values, which are explicitly defined in this protocol specification or in a package (see clause 12) or set by provisioning. If not provisioned otherwise, the properties in all descriptors except TerminationState and LocalControl default to empty/"no value" when a Termination is first created or returned to the null Context. The default contents of the two exceptions are described in 7.1.5 and 7.1.7.

終端は、プロパティを持っています。プロパティは、ユニークなPropertyIDsを持っています。ほとんどのプロパティは、明示的にこのプロトコルの仕様やパッケージで定義される(節12を参照)、またはプロビジョニングによって設定されたデフォルト値を、持っています。それ以外の場合は提供されない場合は、TerminationStateとローカル制御のデフォルト以外のすべての記述子のプロパティは、終了が最初に作成またはnullコンテキストに返される/「無価値」を空にしないように。 2つの例外のデフォルトの内容は、7.1.5と7.1.7で説明されています。

The provisioning of a property value in the MG will override any default value, be it supplied in this protocol specification or in a package. Therefore if it is essential for the MGC to have full control over the property values of a Termination, it should supply explicit values when ADDing the Termination to a Context. Alternatively, for a physical Termination the MGC can determine any provisioned property values by auditing the Termination while it is in the NULL Context.

それは、このプロトコル仕様やパッケージで供給されてMGでのプロパティ値のプロビジョニングは、任意のデフォルト値を上書きします。 MGCは、終了のプロパティ値を完全に制御を持っていることが不可欠である場合は、コンテキストに解約を追加する場合はそのため、明示的な値を提供する必要があります。代替的に、物理的な終了のMGCは、NULLコンテキストにある間に終了を監査することにより、任意のプロビジョニングプロパティ値を決定することができます。

There are a number of common properties for Terminations and properties specific to media streams. The common properties are also called the Termination state properties. For each media stream, there are local properties and properties of the received and transmitted flows.

終端およびメディアストリームに固有のプロパティのための一般的なプロパティの数があります。一般的な特性はまた、終了状態のプロパティと呼ばれます。各メディアストリームのために、受信および送信の流れの局所的な性質及び特性があります。

Properties not included in the base protocol are defined in Packages. These properties are referred to by a name consisting of the PackageName and a PropertyId. Most properties have default values described in the Package description. Properties may be read-only or read/write. The possible values of a property may be audited, as can their current values. For properties that are read/write, the MGC can set their values. A property may be declared as "Global" which has a single value shared by all Terminations realizing the package. Related properties are grouped into descriptors for convenience.

基本プロトコルに含まれていないプロパティは、パッケージで定義されています。これらの特性は、PackageNameのとPropertyIdからなる名前で呼ばれます。ほとんどのプロパティは、パッケージの説明に記載されているデフォルト値を持っています。プロパティは読み取り専用または読み取り/書き込みすることができます。プロパティの可能な値は、その現在の値ができるように、監査されることがあります。読取り/書込みされているプロパティの場合、MGCは、それらの値を設定することができます。プロパティは、パッケージを実現するすべての端子が共有する単一の値を持つ「グローバル」として宣言されてもよいです。関連のプロパティは、便宜上の記述子にグループ化されています。

When a Termination is added to a Context, the value of its read/write properties can be set by including the appropriate descriptors as parameters to the Add command. Similarly, a property of a Termination in a Context may have its value changed by the Modify command.

ターミネーションをコンテキストに追加されると、その読み出し/書き込み特性の値をAddコマンドのパラメータとして適切な記述子を含めることによって設定することができます。同様に、コンテキスト内の終端のプロパティは、その値が変更コマンドによって変更されていてもよいです。

Properties may also have their values changed when a Termination is moved from one Context to another as a result of a Move command. In some cases, descriptors are returned as output from a command.

終了は移動コマンドの結果として、別のコンテキストから移動したときのプロパティにもそれらの値が変更されている可能性があります。いくつかのケースでは、記述子は、コマンドからの出力として返されます。

In general, if a Descriptor is completely omitted from one of the aforementioned Commands, the properties in that Descriptor retain their prior values for the Termination(s) upon which the Command acts. On the other hand, if some read/write properties are omitted from a Descriptor in a Command (i.e., the Descriptor is only partially specified), those properties will be reset to their default values for the Termination(s) upon which the Command acts, unless the package specifies other behavior. For more details, see clause 7.1 dealing with the individual Descriptors.

記述子は完全に前述のいずれかのコマンドから省略された場合、一般的に、その記述子のプロパティは、コマンドが作用する時に終了(S)のために彼らの前の値を保持します。いくつかの読み取り/書き込みプロパティは(すなわち、記述子は、部分的にしか指定されている)コマンドでの記述から省略されている一方、これらのプロパティは、終了のためのデフォルト値にリセットされます(S)コマンドが作用する時に、パッケージがない限り、他の動作を指定します。詳細については、個々のディスクリプタを扱う節7.1を参照してください。

The following table lists all of the possible descriptors and their use. Not all descriptors are legal as input or output parameters to every command.

次の表は、可能な記述子とその使用のすべてを一覧表示します。いないすべての記述子には、すべてのコマンドへの入力または出力パラメータとして有効です。

Descriptor name Description

記述子名説明

Modem Identifies modem type and properties when applicable

該当する場合モデムは、モデムの種類とプロパティを識別します

Mux Describes multiplex type for multimedia Terminations (e.g., H.221, H.223, H.225.0) and Terminations forming the input mux

MUXは、マルチメディア終端(例えば、H.221、H.223、H.225.0)と終端が入力マルチプレクサを形成するための多重化タイプを記述します

Media A list of media stream specifications (see 7.1.4)

メディアメディアストリーム仕様のリスト(7.1.4を参照)

TerminationState Properties of a Termination (which can be defined in Packages) that are not stream specific

特定のストリームされていません(パッケージで定義することができます)終了のTerminationStateプロパティ

Stream A list of remote/local/localControl descriptors for a single stream

単一ストリームのためのローカル/リモート/ローカル制御記述子のリストをストリーミング

Local Contains properties that specify the media flows that the MG receives from the remote entity.

地元メディアはMGがリモートエンティティから受信したフローを指定するプロパティが含まれています。

Remote Contains properties that specify the media flows that the MG sends to the remote entity.

リモートメディアはMGがリモートエンティティに送信するフロー指定するプロパティが含まれています。

LocalControl Contains properties (which can be defined in packages) that are of interest between the MG and the MGC.

ローカル制御は、MGとMGCの間で注目されている(パッケージで定義することができます)のプロパティが含まれています。

Events Describes events to be detected by the MG and what to do when an event is detected.

イベントは、MG、どのようなイベントが検出されたときに実行することによって検出されるイベントを記述します。

EventBuffer Describes events to be detected by the MG when Event Buffering is active.

EventBufferはイベントバッファリングがアクティブなときにMGによって検出されるイベントを記述します。

Signals Describes signals (see 7.1.11) applied to Terminations.

信号終端に適用される(7.1.11参照)の信号を記述します。

Audit In Audit commands, identifies which information is desired.

監査コマンドで監査は、所望される情報を識別する。

Packages In AuditValue, returns a list of Packages realized by Termination.

AuditValue内のパッケージは、終了によって実現パッケージのリストを返します。

DigitMap Defines patterns against which sequences of a specified set of events are to be matched so they can be reported as a group rather than singly.

DigitMapは、イベントの指定されたセットの配列は、それらがグループとしてではなく単独で報告することができるように整合されるそれに対してパターンを定義します。

ServiceChange In ServiceChange, what, why service change occurred, etc.

ServiceChangeでのServiceChange、何を、サービス変更が発生した原因など

ObservedEvents In Notify or AuditValue, report of events observed.

ObservedEventsに通知またはAuditValue、観測されたイベントのレポート。

Statistics In Subtract and Audit, report of Statistics kept on a Termination.

減算および監査での統計は、統計のレポートが終了に続けました。

Topology Specifies flow directions between Terminations in a Context.

トポロジを指定し、コンテキストに終端間の方向を流れ。

Error Contains an error code and optionally error text; it may occur in command replies and in Notify requests.

エラーはエラーコードと、必要に応じてエラーテキストが含まれています。それは、コマンド応答で、要求を通知して発生する可能性があります。

6.2.5 Root Termination
6.2.5ルート終了

Occasionally, a command must refer to the entire gateway, rather than a Termination within it. A special TerminationID, "Root" is reserved for this purpose. Packages may be defined on Root. Root thus may have properties, events and statistics (signals are not appropriate for root). Accordingly, the root TerminationID may appear in:

時折、コマンドはゲートウェイ全体ではなく、その中の解約を参照する必要があります。特殊なTerminationID、「ルート」は、この目的のために予約されています。パッケージには、ルート上に定義することができます。ルートは、このような特性、イベントおよび統計を(信号がルートに適していない)を有していてもよいです。したがって、根のTerminationIDはで表示されることがあります。

- a Modify command - to change a property or set an event

- 変更コマンド - プロパティを変更したり、イベントを設定します

- a Notify command - to report an event

- Aコマンドを通知 - イベントを報告します

- an AuditValue return - to examine the values of properties and statistics implemented on root

- AuditValueリターン - ルートに実装プロパティと統計の値を調べます

- an AuditCapability - to determine what properties of root are implemented

- AuditCapability - ルートのプロパティが実装されているかを判断します

- a ServiceChange - to declare the gateway in or out of service.

- のServiceChange - またはアウトオブサービスゲートウェイを宣言する。

Any other use of the root TerminationID is an error. Error code 410 - Incorrect identifier shall be returned in these cases.

ルートTerminationIDの任意の他の使用は誤りです。エラーコード410 - 不正な識別子は、これらの場合に返されなければなりません。

7 Commands

7つのコマンド

The protocol provides commands for manipulating the logical entities of the protocol connection model, Contexts and Terminations. Commands provide control at the finest level of granularity supported by the protocol. For example, Commands exist to add Terminations to a Context, modify Terminations, subtract Terminations from a Context, and audit properties of Contexts or Terminations. Commands provide for complete control of the properties of Contexts and Terminations. This includes specifying which events a Termination is to report, which signals/actions are to be applied to a Termination and specifying the topology of a Context (who hears/sees whom).

プロトコルはプロトコル接続モデル、コンテキストと終端の論理エンティティを操作するためのコマンドを提供します。コマンドは、プロトコルによってサポートされる粒度の最高レベルの制御を提供します。例えば、コマンドは、コンテキストから終端を減算し、コンテキストまたは終端の監査特性、終端を、コンテキストに終端を追加、変更するために存在します。コマンドは、コンテキストと終端のプロパティの完全な制御を提供します。これは、終了が信号/アクションが終了し、(/は誰が見て聞いて)コンテキストのトポロジを指定するに適用されるべき、報告しているイベント指定を含んでいます。

Most commands are for the specific use of the Media Gateway Controller as command initiator in controlling Media Gateways as command responders. The exceptions are the Notify and ServiceChange commands: Notify is sent from Media Gateway to Media Gateway Controller, and ServiceChange may be sent by either entity. Below is an overview of the commands; they are explained in more detail in 7.2.

ほとんどのコマンドは、コマンド応答としてメディアゲートウェイを制御するコマンド開始剤としてのメディアゲートウェイコントローラの特定の使用のためのものです。例外が通知されているとのServiceChangeコマンド:通知するメディアゲートウェイコントローラにメディアゲートウェイから送信される、とのServiceChangeはどちらかのエンティティによって送信されることがあります。以下のコマンドの概要です。彼らは7.2で詳しく説明されています。

1) Add - The Add command adds a Termination to a Context. The Add command on the first Termination in a Context is used to create a Context.

1)追加 - Addコマンドは、コンテキストに終了を追加します。コンテキスト内の最初の終了時にAddコマンドは、コンテキストを作成するために使用されます。

2) Modify - The Modify command modifies the properties, events and signals of a Termination.

2)修正 - 修正コマンドは、終了のプロパティ、イベント、および信号を修正します。

3) Subtract - The Subtract command disconnects a Termination from its Context and returns statistics on the Termination's participation in the Context. The Subtract command on the last Termination in a Context deletes the Context.

3)減算 - 減算コマンドは、コンテキスト内の解約の参加で、そのコンテキストとリターンの統計から解約を切断します。コンテキスト内の最後の終了時に減算コマンドは、コンテキストを削除します。

4) Move - The Move command atomically moves a Termination to another Context.

4)移動 - Moveコマンドは、アトミック別のコンテキストへの終端を移動させます。

5) AuditValue - The AuditValue command returns the current state of properties, events, signals and statistics of Terminations.

5)AuditValueは - AuditValueコマンドは、プロパティ、イベント、信号及び終端の統計の現在の状態を返します。

6) AuditCapabilities - The AuditCapabilities command returns all the possible values for Termination properties, events and signals allowed by the Media Gateway.

6)AuditCapabilities - AuditCapabilitiesは、終端プロパティのすべての可能な値メディアゲートウェイによって許可されたイベントと信号を復帰を指令します。

7) Notify - The Notify command allows the Media Gateway to inform the Media Gateway Controller of the occurrence of events in the Media Gateway.

7)通知 - 通知コマンドをメディアゲートウェイがメディアゲートウェイでのイベントの発生のメディアゲートウェイコントローラに通知することができます。

8) ServiceChange - The ServiceChange command allows the Media Gateway to notify the Media Gateway Controller that a Termination or group of Terminations is about to be taken out of service or has just been returned to service. ServiceChange is also used by the MG to announce its availability to a MGC (registration), and to notify the MGC of impending or completed restart of the MG. The MGC may announce a handover to the MG by sending it a ServiceChange command. The MGC may also use ServiceChange to instruct the MG to take a Termination or group of Terminations in or out of service.

8)のServiceChange - のServiceChangeコマンドは、メディアゲートウェイは、終端の終了またはグループがサービスから取り出されようとしているか、単にサービスに返却されたメディアゲートウェイコントローラに通知することができます。 ServiceChangeは、MGC(登録)にその可用性を発表し、そしてMGの差し迫ったまたは完了し、再起動のMGCに通知するためにMGによって使用されます。 MGCはそれをのServiceChangeコマンドを送信することにより、MGへのハンドオーバを発表することがあります。 MGCはまた、中またはサービスのうち、終端の終了またはグループを取るためにMGに指示するのServiceChangeを使用することができます。

These commands are detailed in 7.2.1 through 7.2.8.

これらのコマンドは、7.2.8を通じて7.2.1で詳述されています。

7.1 Descriptors
7.1記述子

The parameters to a command are termed Descriptors. A descriptor consists of a name and a list of items. Some items may have values. Many Commands share common descriptors. This subclause enumerates these descriptors. Descriptors may be returned as output from a command. In any such return of descriptor contents, an empty descriptor is represented by its name unaccompanied by any list. Parameters and parameter usage specific to a given Command type are described in the subclause that describes the Command.

コマンドのパラメータは、記述子と呼ばれています。記述子は名前と項目のリストで構成されています。いくつかのアイテムは、値を有することができます。多くのコマンドは、共通のディスクリプタを共有しています。本節では、これらの記述子を列挙します。記述子は、コマンドからの出力として返されることがあります。記述内容のそのようなリターンでは、空の記述子を任意のリストを伴わない、その名前で表されます。指定されたコマンドのタイプに固有のパラメータとパラメータの使用量は、コマンドを記述節で説明されています。

7.1.1 Specifying parameters
7.1.1指定するパラメータ

Command parameters are structured into a number of descriptors. In general, the text format of descriptors is DescriptorName=<someID>{parm=value, parm=value, ...}.

コマンドパラメータは、記述子の数に構造化されています。一般的に、記述子のテキスト形式がDescriptorName = <someID> {PARM =値、PARM =値、...}です。

Parameters may be fully specified, overspecified or underspecified:

パラメータは、完全に、指定されたオーバースペックかunderspecifiedされることがあります。

1) Fully specified parameters have a single, unambiguous value that the command initiator is instructing the command responder to use for the specified parameter.

1)完全に指定されたパラメータは、コマンドのイニシエータが指定されたパラメータに使用するコマンド応答を指示していることを、単一の、明確な値を有します。

2) Underspecified parameters, using the CHOOSE value, allow the command responder to choose any value it can support.

2)指定不足のパラメータは、選択した値を使用して、コマンド応答は、それがサポートできる任意の値を選択することができます。

3) Overspecified parameters have a list of potential values. The list order specifies the command initiator's order of preference of selection. The command responder chooses one value from the offered list and returns that value to the command initiator.

3)オーバースペックのパラメータは、潜在的な値のリストを持っています。リストの順序は、選択の好みのコマンドイニシエータの順序を指定します。コマンド応答は、提供リストから1つの値を選択し、コマンドのイニシエータにその値を返します。

If a required descriptor other than the Audit descriptor is unspecified (i.e., entirely absent) from a command, the previous values set in that descriptor for that Termination, if any, are retained. In commands other than Subtract, a missing Audit descriptor is equivalent to an empty Audit descriptor. The Behaviour of the MG with respect to unspecified parameters within a descriptor varies with the descriptor concerned, as indicated in succeeding subclauses. Whenever a parameter is underspecified or overspecified, the descriptor containing the value chosen by the responder is included as output from the command.

監査記述以外に必要な記述子がコマンドから(すなわち、完全に存在しない)指定されていない場合、もしあれば、その終了のその記述子に設定され、前の値が保持されます。減算以外のコマンドでは、不足している監査ディスクリプタは、空の監査記述子に相当します。記述子内の不特定のパラメータに対するMGの動作は節を後続に示されるように、当該記述子に応じて変化します。パラメータがunderspecifiedさやオーバースペックされるたびに、応答者によって選択された値を含む記述子は、コマンドからの出力として含まれます。

Each command specifies the TerminationId the command operates on. This TerminationId may be "wildcarded". When the TerminationId of a command is wildcarded, the effect shall be as if the command was repeated with each of the TerminationIds matched.

各コマンドは、コマンドの操作TerminationIdを指定します。このTerminationIdは、「ワイルドカード化」であってもよいです。コマンドのTerminationIdがワイルドカードされたときにコマンドが一致のTerminationIDsのそれぞれを繰り返したかのように、効果がなければなりません。

7.1.2 Modem descriptor
7.1.2モデム記述子

The Modem descriptor specifies the modem type and parameters, if any, required for use in e.g., H.324 and text conversation. The descriptor includes the following modem types: V.18, V.22, V.22 bis, V.32, V.32 bis, V.34, V.90, V.91, Synchronous ISDN, and allows for extensions. By default, no Modem descriptor is present in a Termination.

例えば、H.324およびテキストの会話で使用するために必要であればモデム記述子は、モデムの種類とパラメータを指定します。 V.18、V.22、V.22ビス、V.32、V.32ビス、V.34、V.90、V.91、同期ISDN、および拡張することができます:記述子は以下のモデムの種類が含まれています。デフォルトでは、モデムの記述は終了中に存在しません。

7.1.3 Multiplex descriptor
7.1.3多重記述子

In multimedia calls, a number of media streams are carried on a (possibly different) number of bearers. The multiplex descriptor associates the media and the bearers. The descriptor includes the multiplex type:

マルチメディアコールでは、メディアストリームの数は、ベアラの(おそらくは異なる)数に担持されています。多重記述メディアとベアラを関連付けます。記述子は、マルチプレックスタイプが含まれています。

- H.221;

- H.221;

- H.223;

- H.223;

- H.226;

- H.226;

- V.76;

- V.76;

- possible extensions,

- 可能性の拡張、

and a set of TerminationIDs representing the multiplexed bearers, in order. For example:

そしてために、多重化されたベアラを表すのTerminationIDsのセット。例えば:

Mux = H.221{ MyT3/1/2, MyT3/2/13, MyT3/3/6, MyT3/21/22}

MUX = H.221 {MyT3 / / 2/13 1/2、MyT3、MyT3 / 3/6 MyT3 / 22分の21}

7.1.4 Media descriptor
7.1.4メディア記述子

The Media descriptor specifies the parameters for all the media streams. These parameters are structured into two descriptors: a TerminationState descriptor, which specifies the properties of a Termination that are not stream dependent, and one or more Stream descriptors each of which describes a single media stream.

メディア記述子は、すべてのメディアストリームのためのパラメータを指定します。単一のメディアストリームを記述するそれぞれが依存ストリーミングされていない終端、および1つまたは複数のストリーム記述子のプロパティを指定TerminationState記述子、これらのパラメータは、2つの記述子に構成されています。

A stream is identified by a StreamID. The StreamID is used to link the streams in a Context that belong together. Multiple streams exiting a Termination shall be synchronized with each other. Within the Stream descriptor, there are up to three subsidiary descriptors: LocalControl, Local, and Remote. The relationship between these descriptors is thus:

ストリームはstreamIDでによって識別されます。 streamIDでは一緒に属しているコンテキスト内のストリームをリンクするために使用されます。終端から出る複数のストリームは、互いに同期されなければなりません。ローカル制御、ローカル、およびリモート:ストリーム記述子の中で、3つの子会社のディスクリプタまであります。これらの記述子との間の関係は、このようです:

Media descriptor TerminationState Descriptor Stream descriptor LocalControl descriptor Local descriptor Remote descriptor

メディア記述子TerminationState記述子ストリーム記述子のローカル制御記述子ローカル記述子リモート記述子

As a convenience, LocalControl, Local, or Remote descriptors may be included in the Media descriptor without an enclosing Stream descriptor. In this case, the StreamID is assumed to be 1.

便利なように、ローカル制御、ローカル、またはリモート記述子は囲みストリーム記述子なしでメディア記述子に含まれていてもよいです。この場合、streamIDでは1であると仮定されます。

7.1.5 TerminationState descriptor
7.1.5 TerminationState記述子

The TerminationState descriptor contains the ServiceStates property, the EventBufferControl property and properties of a Termination (defined in Packages) that are not stream specific.

TerminationState記述子はServiceStatesプロパティ、特定のストリームされていません(パッケージで定義された)終了のEventBufferControlプロパティとプロパティが含まれています。

The ServiceStates property describes the overall state of the Termination (not stream specific). A Termination can be in one of the following states: "test", "out of service", or "in service". The "test" state indicates that the Termination is being tested. The state "out of service" indicates that the Termination cannot be used for traffic. The state "in service" indicates that a Termination can be used or is being used for normal traffic. "in service" is the default state.

ServiceStatesプロパティが終了(特定のストリームではない)の全体的な状態を記述する。終了は、次のいずれかの状態になります「テスト」、「サービスのアウト」、または「サービスに」。 「テスト」状態は、終了がテストされていることを示しています。 「サービスのうち」状態は終了がトラフィックに使用することができないことを示しています。 「サービス中」状態は、終了を使用することができたり、通常のトラフィックに使用されていることを示します。 「サービスの」デフォルト状態です。

Values assigned to Properties may be simple values (integer/string/enumeration) or may be underspecified, where more than one value is supplied and the MG may make a choice:

プロパティに割り当てられる値は、複数の値が供給されるとMGが選択をすることができる単純な値(整数/列/列挙)またはunderspecifiedされてもよい、とすることができます。

- Alternative Values - multiple values in a list, one of which must be selected

- 代替値 - 選択する必要があります一つは、リスト内の複数の値、

- Ranges - minimum and maximum values, any value between min and max must be selected, boundary values included

- 範囲 - 最小値と最大値、minとmaxの間の任意の値を選択する必要があり、境界値が含ま

- Greater Than/Less Than - value must be greater/less than specified value

- 未満/より大きい - 値指定した値より小さく/大きくなければなりません

- CHOOSE Wildcard - the MG chooses from the allowed values for the property

- ワイルドカードを選択してください - MGは、プロパティの許容値から選択します

The EventBufferControl property specifies whether events are buffered following detection of an event in the Events descriptor, or processed immediately. See 7.1.9 for details.

EventBufferControlプロパティは、イベントがイベント記述子内のイベントを検出した後、バッファ、またはすぐに処理されているかどうかを指定します。詳細については、7.1.9を参照してください。

7.1.6 Stream descriptor
7.1.6ストリームディスクリプタ

A Stream descriptor specifies the parameters of a single bidirectional stream. These parameters are structured into three descriptors: one that contains Termination properties specific to a stream and one each for local and remote flows. The Stream Descriptor includes a StreamID which identifies the stream. Streams are created by specifying a new StreamID on one of the Terminations in a Context. A stream is deleted by setting empty Local and Remote descriptors for the stream with ReserveGroup and ReserveValue in LocalControl set to "false" on all Terminations in the Context that previously supported that stream.

ストリーム記述子は、単一の双方向ストリームのパラメータを指定します。ストリームと、ローカルおよびリモートのフローのための1つのそれぞれに固有の終端特性を含むもの:これらのパラメータは、3つのディスクリプタに構成されています。ストリーム記述子は、ストリームを識別するstreamIDでを含みます。ストリームは、コンテキスト内の終端の1に新しいstreamIDでを指定して作成されます。ストリームは、ローカル制御でReserveGroupとReserveValueとストリームのための空のローカルおよびリモート記述子を設定することにより削除される前に、そのストリームをサポートするコンテキスト内のすべての終端に「偽」に設定します。

StreamIDs are of local significance between MGC and MG and they are assigned by the MGC. Within a Context, StreamID is a means by which to indicate which media flows are interconnected: streams with the same StreamID are connected.

StreamIDsはMGCとMG間のローカルな意味のものであり、それらはMGCによって割り当てられます。コンテキスト内で、streamIDでは、それによって、メディアフローが相互接続されているかを示すための手段がある:同じstreamIDで持つストリームが接続されています。

If a Termination is moved from one Context to another, the effect on the Context to which the Termination is moved is the same as in the case that a new Termination were added with the same StreamIDs as the moved Termination.

終端が別のコンテキストから移動した場合、終端が移動された状況に効果が新しい終端が移動終端と同じStreamIDsを添加した場合と同様です。

7.1.7 LocalControl descriptor
7.1.7ローカル制御記述子

The LocalControl descriptor contains the Mode property, the ReserveGroup and ReserveValue properties and properties of a Termination (defined in Packages) that are stream specific, and are of interest between the MG and the MGC. Values of properties may be underspecified as in 7.1.1.

ローカル制御記述子は、Modeプロパティが含まれていReserveGroupとReserveValueプロパティとストリーム固有のもの(パッケージで定義された)終了の性質、およびMGとMGCの間で注目されています。プロパティの値は、7.1.1のようにunderspecifiedされます。

The allowed values for the mode property are send-only, receive-only, send/receive, inactive and loop-back. "Send" and "receive" are with respect to the exterior of the Context, so that, for example, a stream set to mode=sendOnly does not pass received media into the Context. The default value for the mode property is "Inactive". Signals and Events are not affected by mode.

モードプロパティの許容値は、送信専用され、受信専用、送信/受信、非アクティブとループバック。 「送信」とは、例えば、モードに設定ストリームは= SENDONLYがコンテキストに受信されたメディアを通過しないように、コンテキストの外部に対してある「受信」。モードプロパティのデフォルト値は「非アクティブ」です。シグナルとイベントモードの影響を受けません。

The boolean-valued Reserve properties, ReserveValue and ReserveGroup, of a Termination indicate what the MG is expected to do when it receives a Local and/or Remote descriptor.

終了のブール値のご予約プロパティ、ReserveValueとReserveGroupは、MGは、それがローカルおよび/またはリモート記述子を受信したときに行うことを期待されているものを示しています。

If the value of a Reserve property is True, the MG SHALL reserve resources for all alternatives specified in the Local and/or Remote descriptors for which it currently has resources available. It SHALL respond with the alternatives for which it reserves resources. If it cannot not support any of the alternatives, it SHALL respond with a reply to the MGC that contains empty Local and/or Remote descriptors. If media begins to flow while more than a single alternative is reserved, media packets may be sent/received on any of the alternatives and must be processed, although only a single alternative may be active at any given time.

ご予約プロパティの値がTrueの場合、MGは、現在のリソースが利用できる持っているローカルおよび/またはリモート記述子で指定された全ての代替のためのリソースを予約するものとします。それは、リソースを確保しているため代替案で応答しなければなりません。それは選択肢のいずれかをサポートしていないことができない場合は、空のローカルおよび/またはリモート記述子が含まれているMGCへの応答で応答します。メディアは、単一代替以上が予約されている間に流れ始める場合、メディアパケットを送信することができる/選択肢のいずれかで受信し、ただ一つの選択肢は、任意の所与の時点でアクティブであってもよいが、処理されなければなりません。

If the value of a Reserve property is False, the MG SHALL choose one of the alternatives specified in the Local descriptor (if present) and one of the alternatives specified in the Remote descriptor (if present). If the MG has not yet reserved resources to support the selected alternative, it SHALL reserve the resources. If, on the other hand, it already reserved resources for the Termination addressed (because of a prior exchange with ReserveValue and/or ReserveGroup equal to True), it SHALL release any excess resources it reserved previously. Finally, the MG shall send a reply to the MGC containing the alternatives for the Local and/or Remote descriptor that it selected. If the MG does not have sufficient resources to support any of the alternatives specified, it SHALL respond with error 510 (insufficient resources).

ご予約プロパティの値がFalseの場合、MGは、ローカル記述子(存在する場合)およびリモート記述子(存在する場合)に指定された選択肢の一つに指定された選択肢のいずれかを選択しないものとします。 MGは、まだ選択された代替をサポートするためのリソースを予約していない場合は、リソースを予約しないものとします。終端が(なぜならReserveValue及び/又は真に等しいReserveGroup先行交換)アドレス指定のために、他方で、それは既にリソースを予約した場合、それは以前に予約され、任意の余分のリソースを解放します。最後に、MGは、それが選択したローカルおよび/またはリモート記述子のための選択肢を含むMGCに返信を送信しなければなりません。 MGは、指定された選択肢のいずれかをサポートするための十分なリソースを持っていない場合は、エラー510(リソース不足)で応答します。

The default value of ReserveValue and ReserveGroup is False. More information on the use of the two Reserve properties is provided in 7.1.8.

ReserveValueとReserveGroupのデフォルト値はFalseです。 2つの予約プロパティの使用の詳細については、7.1.8で提供されています。

A new setting of the LocalControl Descriptor completely replaces the previous setting of that descriptor in the MG. Thus, to retain information from the previous setting, the MGC must include that information in the new setting. If the MGC wishes to delete some information from the existing descriptor, it merely resends the descriptor (in a Modify command) with the unwanted information stripped out.

ローカル制御記述子の新しい設定が完全​​にMGのその記述子の以前の設定を置き換えます。このように、以前の設定からの情報を保持するために、MGCは、新しい設定にその情報を含める必要があります。 MGCは、既存の記述子からいくつかの情報を削除したい場合は、それは単に取り除か不要な情報を(修正コマンドで)記述子を再送信します。

7.1.8 Local and Remote descriptors
7.1.8ローカルおよびリモート記述子

The MGC uses Local and Remote descriptors to reserve and commit MG resources for media decoding and encoding for the given Stream(s) and Termination to which they apply. The MG includes these descriptors in its response to indicate what it is actually prepared to support. The MG SHALL include additional properties and their values in its response if these properties are mandatory yet not present in the requests made by the MGC (e.g., by specifying detailed video encoding parameters where the MGC only specified the payload type).

MGCは、彼らが適用される指定されたストリーム(S)および終端用メディアのデコードやエンコードにMGのリソースを予約し、コミットするローカルおよびリモート記述子を使用しています。 MGは、実際にサポートする準備が何であるかを示すために、その応答でこれらの記述子を含んでいます。これらの特性はまだ(MGCのみペイロードタイプを指定された詳細なビデオ符号化パラメータを指定することによって、例えば、)MGCによって行われた要求に存在必須でない場合、MGは、その応答に追加のプロパティとその値を含まなければなりません。

Local refers to the media received by the MG and Remote refers to the media sent by the MG.

現地ではMGによって送られたメディアを指し、リモートMGによって受信されたメディアを指します。

When text encoding the protocol, the descriptors consist of session descriptions as defined in SDP (RFC 2327). In session descriptions sent from the MGC to the MG, the following exceptions to the syntax of RFC 2327 are allowed:

テキストプロトコルを符号化するときSDP(RFC 2327)で定義されるように、記述子は、セッション記述から成ります。 MGにMGCから送られたセッション記述では、RFC 2327の構文に次の例外が許可されています。

- the "s=", "t=" and "o=" lines are optional;

- "S ="、 "T =" 及び "O =" の行はオプションです。

- the use of CHOOSE is allowed in place of a single parameter value; and

- CHOOSEの使用は、単一のパラメータ値の代わりに、許可されています。そして

- the use of alternatives is allowed in place of a single parameter value.

- 代替の使用は、単一のパラメータ値の代わりに、許可されています。

A Stream Descriptor specifies a single bi-directional media stream and so a single session description MUST NOT include more than one media description ("m=" line). A Stream Descriptor may contain additional session descriptions as alternatives. Each media stream for a termination must appear in distinct Stream Descriptors. When multiple session descriptions are provided in one descriptor, the "v=" lines are required as delimiters; otherwise they are optional in session descriptions sent to the MG. Implementations shall accept session descriptions that are fully conformant to RFC 2327. When binary encoding the protocol the descriptor consists of groups of properties (tag-value pairs) as specified in Annex C. Each such group may contain the parameters of a session description.

ストリーム記述子は、単一の双方向メディアストリームを指定するので、単一のセッション記述は、複数のメディア記述(「M =」行を)含んではいけません。ストリーム記述子は、代替案として、追加のセッション記述が含まれていてもよいです。終了の各メディアストリームは、個別のストリーム記述子に表示されなければなりません。複数のセッション記述は、1つの記述子で提供される場合、「V =」行は、区切り文字として必要とされます。そうでない場合は、MGに送られたセッション記述にはオプションです。このような各グループは、セッション記述のパラメータを含むことができる附属書Cに指定されるように記述プロパティ(タグ値のペア)のグループで構成プロトコルをコードする場合バイナリ実装は、RFC 2327に完全に準拠しているセッション記述を受け入れなければなりません。

Below, the semantics of the Local and Remote descriptors are specified in detail. The specification consists of two parts. The first part specifies the interpretation of the contents of the descriptor. The second part specifies the actions the MG must take upon receiving the Local and Remote descriptors. The actions to be taken by the MG depend on the values of the ReserveValue and ReserveGroup properties of the LocalControl descriptor.

以下は、ローカルおよびリモート記述子のセマンティクスを詳細に指定されています。仕様では、2つの部分からなります。最初の部分は、ディスクリプタの内容の解釈を指定します。第二部は、MGは、ローカルおよびリモート記述子を受信したときに取る必要があるアクションを指定します。 MGが取るべきアクションは、ローカル制御記述子のReserveValueとReserveGroupプロパティの値に依存します。

Either the Local or the Remote descriptor or both may be:

ローカルまたはリモート記述子または両方がいずれであってもよいです。

1) unspecified (i.e., absent);

1)不特定(すなわち、存在しません)。

2) empty;

2)空。

3) underspecified through use of CHOOSE in a property value;

3)プロパティの値で選択を使用することによってunderspecifiedさ。

4) fully specified; or

4)、完全に指定されました。または

5) overspecified through presentation of multiple groups of properties and possibly multiple property values in one or more of these groups.

5)これらの基の一つ以上のプロパティの複数のグループのプレゼンテーションおよびおそらくは複数のプロパティ値を介してオーバースペック。

Where the descriptors have been passed from the MGC to the MG, they are interpreted according to the rules given in 7.1.1, with the following additional comments for clarification:

記述子はMGCからMGに渡された場合、それらは、明確化のため、以下の追加のコメントで、7.1.1で与えられた規則に従って解釈されます。

a) An unspecified Local or Remote descriptor is considered to be a missing mandatory parameter. It requires the MG to use whatever was last specified for that descriptor. It is possible that there was no previously specified value, in which case the descriptor concerned is ignored in further processing of the command.

a)は、不特定のローカルまたはリモートの記述子が不足している必須パラメータであると考えられています。これは、その記述子のために最後に指定されたものを使用するMGが必要です。当該記述子がコマンドのさらなる処理において無視された場合には何も先に指定された値が、存在しなかった可能性があります。

b) An empty Local (Remote) descriptor in a message from the MGC signifies a request to release any resources reserved for the media flow received (sent).

b)はMGCからのメッセージに空のローカル(リモート)の記述子には、メディアフローのために確保すべてのリソースを解放するための要求受信(送信される)を意味します。

c) If multiple groups of properties are present in a Local or Remote descriptor or multiple values within a group, the order of preference is descending.

特性の複数のグループは、グループ内のローカルまたはリモート記述子または複数の値である場合c)に示すように、優先順位が下降されます。

d) Underspecified or overspecified properties within a group of properties sent by the MGC are requests for the MG to choose one or more values which it can support for each of those properties. In case of an overspecified property, the list of values is in descending order of preference.

D)MGCによって送信されたプロパティのグループ内の不足のまたはオーバースペックな特性は、これらの特性の各々に対してサポートすることができる1つまたは複数の値を選択するMGに対する要求です。オーバースペック性の場合には、値のリストは、優先の降順です。

Subject to the above rules, subsequent action depends on the values of the ReserveValue and ReserveGroup properties in LocalControl.

上記の規則に従う、その後の動作は、ローカル制御にReserveValueとReserveGroupプロパティの値に依存します。

If ReserveGroup is True, the MG reserves the resources required to support any of the requested property group alternatives that it can currently support. If ReserveValue is True, the MG reserves the resources required to support any of the requested property value alternatives that it can currently support.

ReserveGroupがTrueの場合、MGは、それが現在サポートできる要求されたプロパティ・グループの選択肢のいずれかをサポートするために必要なリソースを予約します。 ReserveValueがTrueの場合、MGは、それが現在サポートできる要求されたプロパティ値の選択肢のいずれかをサポートするために必要なリソースを予約します。

NOTE - If a Local or Remote descriptor contains multiple groups of properties, and ReserveGroup is True, then the MG is requested to reserve resources so that it can decode or encode the media stream according to any of the alternatives. For instance, if the Local descriptor contains two groups of properties, one specifying packetized G.711 A-law audio and the other G.723.1 audio, the MG reserves resources so that it can decode one audio stream encoded in either G.711 A-law format or G.723.1 format. The MG does not have to reserve resources to decode two audio streams simultaneously, one encoded in G.711 A-law and one in G.723.1. The intention for the use of ReserveValue is analogous.

注 - ローカルまたはリモート記述子はプロパティの複数のグループが含まれており、ReserveGroupがtrueの場合は、MGは、それが選択肢のいずれかに記載のメディア・ストリームをデコードやエンコードすることができるようにリソースを予約することが要求されます。それは1つのオーディオストリームをデコードできるように、例えば、ローカル記述子はG.711 Aのいずれかでエンコードされた性質の二つのグループ、1指定パケットG.711 A-lawのオーディオおよびその他のG.723.1オーディオ、MGの埋蔵資源が含まれている場合-law形式またはG.723.1形式。 MGは、同時にG.711 A-lawおよびG.723.1の1で符号化されたものを2つのオーディオストリームをデコードするためにリソースを予約する必要はありません。 ReserveValueの使用のために意図は似ています。

If ReserveGroup is true or ReserveValue is True, then the following rules apply:

ReserveGroupが真であるかReserveValueがTrueの場合は、次のルールが適用されます。

- If the MG has insufficient resources to support all alternatives requested by the MGC and the MGC requested resources in both Local and Remote, the MG should reserve resources to support at least one alternative each within Local and Remote.

- MGはMGCとMGCによって要求されたすべての選択肢をサポートするための十分なリソースがローカルとリモートの両方のリソースを要求した場合、MGは、ローカルとリモートの内の少なくとも1つの選択肢それぞれをサポートするためのリソースを確保すべきです。

- If the MG has insufficient resources to support at least one alternative within a Local (Remote) descriptor received from the MGC, it shall return an empty Local (Remote) in response.

- MGは、MGCから受信したローカル(リモート)の記述子内の少なくとも一つの選択肢をサポートするための十分なリソースを持っている場合、それは応答して(リモート)空のローカルを返還しなければなりません。

- In its response to the MGC, when the MGC included Local and Remote descriptors, the MG SHALL include Local and Remote descriptors for all groups of properties and property values it reserved resources for. If the MG is incapable of supporting at least one of the alternatives within the Local (Remote) descriptor received from the MGC, it SHALL return an empty Local (Remote) descriptor.

- MGCはローカルおよびリモート記述子を含まMGCへの応答では、MGは、それがためのリソースを予約しプロパティとプロパティ値のすべてのグループのためのローカルおよびリモート記述子を含むものとします。 MGは、MGCから受信したローカル(リモート)記述子内の選択肢のうちの少なくとも一つをサポートできない場合は、空のローカル(リモート)の記述子を返します。

- If the Mode property of the LocalControl descriptor is RecvOnly, SendRecv, or LoopBack, the MG must be prepared to receive media encoded according to any of the alternatives included in its response to the MGC.

- ローカル制御記述子のモードプロパティはRECVONLY、SENDRECV、またはループバックの場合、MGはMGCへの応答に含ま選択肢のいずれかに記載の符号化されたメディアを受け取ることを準備する必要があります。

If ReserveGroup is False and ReserveValue is False, then the MG SHOULD apply the following rules to resolve Local and Remote to a single alternative each:

ReserveGroupがFalseであるとReserveValueがFalseの場合、MGは、単一の代替ごとにローカルおよびリモート解決するには、次の規則を適用する必要があります:

- The MG chooses the first alternative in Local for which it is able to support at least one alternative in Remote.

- MGは、リモートで少なくとも一つの選択肢をサポートすることができたため現地での最初の選択肢を選択します。

- If the MG is unable to support at least one Local and one Remote alternative, it returns Error 510 (Insufficient Resources).

- MGは、少なくとも1つのローカルおよびリモートの1つの代替をサポートすることができない場合は、エラー510(リソースが不足)を返します。

- The MG returns its selected alternative in each of Local and Remote.

- MGは、ローカルとリモートのそれぞれにその選択された代替を返します。

A new setting of a Local or Remote descriptor completely replaces the previous setting of that descriptor in the MG. Thus, to retain information from the previous setting, the MGC must include that information in the new setting. If the MGC wishes to delete some information from the existing descriptor, it merely resends the descriptor (in a Modify command) with the unwanted information stripped out.

ローカルまたはリモート記述子の新しい設定が完全​​にMGのその記述子の以前の設定を置き換えます。このように、以前の設定からの情報を保持するために、MGCは、新しい設定にその情報を含める必要があります。 MGCは、既存の記述子からいくつかの情報を削除したい場合は、それは単に取り除か不要な情報を(修正コマンドで)記述子を再送信します。

7.1.9 Events descriptor
7.1.9イベント記述子

The EventsDescriptor parameter contains a RequestIdentifier and a list of events that the Media Gateway is requested to detect and report. The RequestIdentifier is used to correlate the request with the notifications that it may trigger. Requested events include, for example, fax tones, continuity test results, and on-hook and off-hook transitions. The RequestIdentifier is omitted if the EventsDescriptor is empty (i.e., no events are specified).

たEventsDescriptorパラメータはRequestIdentifierとメディアゲートウェイを検出して報告するように要求されたイベントのリストが含まれています。 RequestIdentifierは、それが引き起こす可能性の通知と要求を相関させるために使用されています。要求されたイベントは、例えば、ファックストーンを含み、導通試験結果、およびオンフックとオフフック遷移します。たEventsDescriptorが空の場合RequestIdentifier(すなわち、何もイベントが指定されていない)は省略されています。

Each event in the descriptor contains the Event name, an optional streamID, an optional KeepActive flag, and optional parameters. The Event name consists of a Package Name (where the event is defined) and an EventID. The ALL wildcard may be used for the EventID, indicating that all events from the specified package have to be detected. The default streamID is 0, indicating that the event to be detected is not related to a particular media stream. Events can have parameters. This allows a single event description to have some variation in meaning without creating large numbers of individual events. Further event parameters are defined in the package.

記述子内の各イベントは、イベント名、オプションstreamIDで、オプションのKeepActiveフラグ、およびオプションのパラメータが含まれています。イベント名は、(イベントが定義されている)パッケージ名とイベントIDで構成されています。 ALLワイルドカードを指定されたパッケージからのすべてのイベントが検出されなければならないことを示す、イベントIDのために使用することができます。デフォルトstreamIDでは、検出されるイベントは、特定のメディア・ストリームに関連していないことを示し、0です。イベントは、パラメータを持つことができます。これは、単一のイベントの説明は、個々の事象を大量に作成することなく、意味的にいくつかのバリエーションを持つことができます。また、イベントのパラメータは、パッケージで定義されています。

If a digit map completion event is present or implied in the EventsDescriptor, the EventDM parameter is used to carry either the name or the value of the associated digit map. See 7.1.14 for further details.

ケタ地図完了イベントが存在するかたEventsDescriptorで暗示されている場合、EventDMパラメータは、名前または関連付けられた数字マップの値のいずれかを搬送するために使用されます。詳細は、7.1.14を参照してください。

When an event is processed against the contents of an active Events Descriptor and found to be present in that descriptor ("recognized"), the default action of the MG is to send a Notify command to the MGC. Notification may be deferred if the event is absorbed into the current dial string of an active digit map (see 7.1.14). Any other action is for further study. Moreover, event recognition may cause currently active signals to stop, or may cause the current Events and/or Signals descriptor to be replaced, as described at the end of this subclause. Unless the Events Descriptor is replaced by another Events Descriptor, it remains active after an event has been recognized.

イベントはアクティブなイベントディスクリプタの内容に対して処理し、そのディスクリプタ(「認識」)に存在することが発見された場合、MGのデフォルトの動作は、MGCに通知コマンドを送信することです。イベントがアクティブケタ地図の現在のダイヤル文字列(7.1.14を参照)に吸収された場合に通知を延期することができます。他のアクションは、今後の検討課題です。また、イベントの認識は、現在アクティブな信号が停止する恐れがあり、又は本節の最後に記載したように、現在のイベント及び/又は信号の記述子は、交換させてもよいです。イベント記述子が別のイベント記述子に置き換えられていない限り、イベントが認識された後、それはアクティブのまま。

If the value of the EventBufferControl property equals LockStep, following detection of such an event, normal handling of events is suspended. Any event which is subsequently detected and occurs in the EventBuffer descriptor is added to the end of the EventBuffer (a FIFO queue), along with the time that it was detected. The MG SHALL wait for a new EventsDescriptor to be loaded. A new EventsDescriptor can be loaded either as the result of receiving a command with a new EventsDescriptor, or by activating an embedded EventsDescriptor.

EventBufferControlプロパティの値は、イベントの検出に続いて、ロックステップに等しい場合、イベントの通常の取り扱いが停止されます。続いて検出され、EventBuffer記述子で発生された任意のイベントは、それが検出された時刻とともに、EventBuffer(FIFOキュー)の最後に追加されます。 MGは、ロードするために、新しいEventsDescriptorを待つものとします。新しいたEventsDescriptorは新しいたEventsDescriptorでコマンドを受信した結果として、または埋め込まれたEventsDescriptorを活性化することのいずれかによってロードすることができます。

If EventBufferControl equals Off, the MG continues processing based on the active EventsDescriptor.

EventBufferControlがオフと等しい場合、MGはアクティブたEventsDescriptorに基づいて処理を続行します。

In the case of an embedded EventsDescriptor being activated, the MG continues event processing based on the newly activated EventsDescriptor.

埋め込まれたEventsDescriptorが起動された場合には、MGは、新たに活性化されたEventsDescriptorに基づいてイベントの処理を継続します。

NOTE 1 - For purposes of EventBuffer handling, activation of an embedded EventsDescriptor is equivalent to receipt of a new EventsDescriptor.

注1 - EventBufferの処理の目的のためには、埋め込まれたイベント記述子の活性化は、新しいイベント記述子の受信に相当します。

When the MG receives a command with a new EventsDescriptor, one or more events may have been buffered in the EventBuffer in the MG. The value of EventBufferControl then determines how the MG treats such buffered events.

MGが新しいEventsDescriptorを使用してコマンドを受信した場合、1つ以上のイベントがMGでEventBufferにバッファリングされている可能性があります。 EventBufferControlの値は、MGは、このようなバッファリングイベントをどのように扱うかを決定します。

Case 1

ケース1

If EventBufferControl equals LockStep and the MG receives a new EventsDescriptor, it will check the FIFO EventBuffer and take the following actions:

EventBufferControlがロックステップに等しく、MGが新しいEventsDescriptorをを受信した場合、それはFIFO EventBufferをチェックして、次のアクションを取ることになります。

1) If the EventBuffer is empty, the MG waits for detection of events based on the new EventsDescriptor.

EventBufferが空の場合は1)、MGは新しいたEventsDescriptorに基づいてイベントの検出を待ちます。

2) If the EventBuffer is non-empty, the MG processes the FIFO queue starting with the first event:

2)EventBufferが空でない場合、MGは最初のイベントから始まるFIFOキューを処理します。

a) If the event in the queue is in the events listed in the new EventsDescriptor, the MG acts on the event and removes the event from the EventBuffer. The time stamp of the Notify shall be the time the event was actually detected. The MG then waits for a new EventsDescriptor. While waiting for a new EventsDescriptor, any events detected that appear in the

キュー内のイベントが新しいEventsDescriptorをに記載されているイベントである場合、A)、MGはイベントに作用し、EventBufferからイベントを削除します。通知のタイムスタンプは、イベントが実際に検出された時刻でなければなりません。 MGは新しいEventsDescriptorを待ちます。新しいEventsDescriptorを待っている間、すべてのイベントはに表示される検出されました

EventsBufferDescriptor will be placed in the EventBuffer. When a new EventsDescriptor is received, the event processing will repeat from step 1.

EventsBufferDescriptorはEventBufferに置かれます。新たEventsDescriptorが受信されると、イベント処理は、ステップ1から繰り返します。

b) If the event is not in the new EventsDescriptor, the MG SHALL discard the event and repeat from step 1.

イベントは、新規たEventsDescriptorにない場合b)に、MGがイベントを破棄し、ステップ1から繰り返しものとします。

Case 2

ケース2

If EventBufferControl equals Off and the MG receives a new EventsDescriptor, it processes new events with the new EventsDescriptor.

EventBufferControlがオフに等しく、MGが新しいEventsDescriptorをを受信した場合、それは新しいEventsDescriptorを持つ新しいイベントを処理します。

If the MG receives a command instructing it to set the value of EventBufferControl to Off, all events in the EventBuffer SHALL be discarded.

MGはオフにEventBufferControlの値を設定することを指示するコマンドを受信した場合、EventBuffer内のすべてのイベントは破棄されるものとします。

The MG may report several events in a single Transaction as long as this does not unnecessarily delay the reporting of individual events.

MGは、限り、これは不必要に個々のイベントの報告を遅らせていないとして、単一のトランザクションで複数のイベントを報告することがあります。

For procedures regarding transmitting the Notify command, refer to the appropriate annex or Recommendation of the H.248 sub-series for specific transport considerations.

通知コマンドを送信することに関する手順については、特定のトランスポートの考慮のためにH.248サブシリーズの適切な附属又は勧告を指します。

The default value of EventBufferControl is Off.

EventBufferControlのデフォルト値はオフです。

NOTE 2 - Since the EventBufferControl property is in the TerminationStateDescriptor, the MG might receive a command that changes the EventBufferControl property and does not include an EventsDescriptor.

注2 - EventBufferControlプロパティがTerminationStateDescriptorにあるので、MGはEventBufferControlプロパティを変更したEventsDescriptorが含まれていないコマンドを受け取ることがあります。

Normally, recognition of an event shall cause any active signals to stop. When KeepActive is specified in the event, the MG shall not interrupt any signals active on the Termination on which the event is detected.

通常、イベントの認識は、アクティブな信号を停止させるものとします。 KeepActiveがイベントに指定されている場合、MGはイベントが検出されている終了時にアクティブなすべての信号を中断してはなりません。

An event can include an Embedded Signals descriptor and/or an Embedded Events descriptor which, if present, replaces the current Signals/Events descriptor when the event is recognized. It is possible, for example, to specify that the dial-tone Signal be generated when an off-hook Event is recognized, or that the dial-tone Signal be stopped when a digit is recognized. A media gateway controller shall not send EventsDescriptors with an event both marked KeepActive and containing an embedded SignalsDescriptor.

イベントは、組み込み信号記述子および/またはイベントが認識されたときに存在する場合、現在のシグナル/イベント記述子を置き換え、組み込みイベント記述子を含めることができます。これは、オフフックイベントが数字が認識されたときにダイヤルトーン信号を停止することを認識し、またはされたときにダイヤルトーン信号が生成されることを指定するために、例えば、可能です。メディアゲートウェイコントローラは、イベントの両方マークKeepActiveと埋め込みSignalsDescriptorを含有するEventsDescriptorsを送信してはなりません。

Only one level of embedding is permitted. An embedded EventsDescriptor SHALL NOT contain another embedded EventsDescriptor; an embedded EventsDescriptor MAY contain an embedded SignalsDescriptor.

埋め込みの一つだけレベルが許可されています。埋め込まれたEventsDescriptor別埋め込まれたEventsDescriptorを含んではなりません。埋め込まれたEventsDescriptorは埋め込まれたSignalsDescriptorを含むかもしれません。

An EventsDescriptor received by a media gateway replaces any previous Events descriptor. Event notification in process shall complete, and events detected after the command containing the new EventsDescriptor executes, shall be processed according to the new EventsDescriptor.

メディアゲートウェイによって受信されたEventsDescriptorは、以前のイベント記述子を置き換えます。プロセス内のイベント通知が完了しなければならない、と新たEventsDescriptorの実行を含むコマンドの後に検出されたイベントは、新たEventsDescriptorに従って処理されなければなりません。

An empty Events Descriptor disables all event recognition and reporting. An empty EventBuffer Descriptor clears the EventBuffer and disables all event accumulation in LockStep mode: the only events reported will be those occurring while an Events Descriptor is active. If an empty Events Descriptor is activated while the Termination is operating in LockStep mode, the events buffer is immediately cleared.

空のイベントディスクリプタは、すべてのイベントの認識と報告を無効にします。空のEventBufferディスクリプタはEventBufferをクリアし、ロックステップモードでは、すべてのイベントの蓄積を無効にします:報告された唯一のイベントはイベント記述子がアクティブである間に発生するものをとなります。終了は、ロックステップモードで動作している間に、空のイベント記述子が活性化されると、イベントバッファがすぐにクリアされます。

7.1.10 EventBuffer descriptor
7.1.10 EventBufferディスクリプタ

The EventBuffer descriptor contains a list of events, with their parameters if any, that the MG is requested to detect and buffer when EventBufferControl equals LockStep (see 7.1.9).

もしあればEventBufferディスクリプタはMGが検出しEventBufferControlは、ロックステップを(7.1.9を参照)に等しいとき、バッファするように要求されていることを、それらのパラメータで、イベントのリストが含まれています。

7.1.11 Signals descriptor
7.1.11信号記述子

Signals are MG generated media such as tones and announcements as well as bearer-related signals such as hookswitch. More complex signals may include a sequence of such simple signals interspersed with and conditioned upon the receipt and analysis of media or bearer-related signals. Examples include echoing of received data as in Continuity Test package. Signals may also request preparation of media content for future signals.

信号は、例えばフックスイッチ等のトーンおよびアナウンスならびにベアラ関連信号などのメディアをMGが生成されます。より複雑な信号は、単純な信号が散在し、受信およびメディアまたはベアラ関連信号の分析に条件付けの配列を含むことができます。例としては、連続テストパッケージのように、受信データのエコーを含みます。シグナルは、将来の信号のためのメディアコンテンツの作成を要求することができます。

A SignalsDescriptor is a parameter that contains the set of signals that the Media Gateway is asked to apply to a Termination. A SignalsDescriptor contains a number of signals and/or sequential signal lists. A SignalsDescriptor may contain zero signals and sequential signal lists. Support of sequential signal lists is optional.

SignalsDescriptorは、メディアゲートウェイが終了に適用するように要求された信号のセットを含むパラメータです。 SignalsDescriptorは、信号および/または連続信号リストの番号を含みます。 SignalsDescriptorはゼロ信号と順次信号のリストを含んでいてもよいです。順次信号リストのサポートはオプションです。

Signals are defined in packages. Signals shall be named with a Package name (in which the signal is defined) and a SignalID. No wildcard shall be used in the SignalID. Signals that occur in a SignalsDescriptor have an optional StreamID parameter (default is 0, to indicate that the signal is not related to a particular media stream), an optional signal type (see below), an optional duration and possibly parameters defined in the package that defines the signal. This allows a single signal to have some variation in meaning, obviating the need to create large numbers of individual signals.

シグナルは、パッケージで定義されています。シグナルは、パッケージ名(信号が定義されている)とSignalIDで命名されなければなりません。ワイルドカードはSignalIDで使用してはなりません。 SignalsDescriptorで発生する信号は、おそらく任意streamIDでパラメータ(デフォルトは、信号が特定のメディア・ストリームに関連しないことを示すために、0である)、任意の信号タイプ(下記参照)、任意の持続時間と、パッケージに定義されたパラメータを有しますすなわち、信号を定義します。これは、個々の信号を大量に作成する必要がなくなり、意味でいくつかのバリエーションを持っている単一の信号を可能にします。

Finally, the optional parameter "notifyCompletion" allows a MGC to indicate that it wishes to be notified when the signal finishes playout. The possible cases are that the signal timed out (or otherwise completed on its own), that it was interrupted by an event, that it was halted when a Signals descriptor was replaced, or that it stopped or never started for other reasons. If the notifyCompletion parameter is not included in a Signals descriptor, notification is generated only if the signal stopped or was never started for other reasons. For reporting to occur, the signal completion event (see E.1.2) must be enabled in the currently active Events descriptor.

最後に、オプションのパラメータ「notifyCompletionは」MGCが、それは信号が再生を終了したときに通知されることを望んでいることを示すことができます。可能なケースは、信号は、それがイベントによって中断されたことを信号記述子が置き換えられたとき、それが停止したこと、(あるいは自分自身で完了)タイムアウトした、またはそれが停止または他の理由のために始めたことがないということです。 notifyCompletionパラメータは信号記述子に含まれていない場合、通知は、信号が停止または他の理由のために開始されなかった場合にのみ生成されます。発生することが報告するため、信号の完了イベント(E.1.2参照)には、現在アクティブなイベント記述子で有効にする必要があります。

The duration is an integer value that is expressed in hundredths of a second.

持続時間は1/100秒表される整数値です。

There are three types of signals:

信号の3つのタイプがあります。

- on/off - the signal lasts until it is turned off;

- オン/オフ - それがオフになるまで、信号が続きます。

- timeout - the signal lasts until it is turned off or a specific period of time elapses;

- タイムアウト - 信号は、それがオフにされるまで続くか、経過時間の特定の期間。

- brief - the signal will stop on its own unless a new Signals descriptor is applied that causes it to stop; no timeout value is needed.

- 簡単 - 新しい信号記述子がそれを停止させるように適用されていない限り、信号が独自に停止します。タイムアウト値は必要ありません。

If a signal of default type other than TO has its type overridden to type TO in the Signals descriptor, the duration parameter must be present.

TO以外のデフォルトタイプの信号は、そのタイプは信号記述子INに入力するオーバーライドしている場合は、継続時間パラメータが存在している必要があります。

If the signal type is specified in a SignalsDescriptor, it overrides the default signal type (see 12.1.4). If duration is specified for an on/off signal, it SHALL be ignored.

信号の種類がSignalsDescriptorに指定されている場合は、デフォルトの信号の種類を(12.1.4参照)をオーバーライドします。持続時間は、オン/オフ信号に指定されている場合、それは無視されなければなりません。

A sequential signal list consists of a signal list identifier and a sequence of signals to be played sequentially. Only the trailing element of the sequence of signals in a sequential signal list may be an on/off signal. The duration of a sequential signal list is the sum of the durations of the signals it contains.

シーケンシャル信号リストは、信号リスト識別子と順次再生される信号のシーケンスから成ります。唯一の連続した信号リストの信号のシーケンスの末尾の要素は、オン/オフ信号であってもよいです。シーケンシャル信号リストの持続時間は、それに含まれる信号の持続時間の合計です。

Multiple signals and sequential signal lists in the same SignalsDescriptor shall be played simultaneously.

同じSignalsDescriptor内の複数の信号とシーケンシャルシグナルリストが同時に再生されなければなりません。

Signals are defined as proceeding from the Termination towards the exterior of the Context unless otherwise specified in a package.

信号は、そうでなければ、パッケージに指定されない限り、コンテキストの外側に向かって終了してから進行として定義されます。

When the same Signal is applied to multiple Terminations within one Transaction, the MG should consider using the same resource to generate these Signals.

同じ信号を1つのトランザクション内で複数の終端に適用されると、MGは、これらの信号を生成するために、同じリソースを使用することを検討すべきです。

Production of a Signal on a Termination is stopped by application of a new SignalsDescriptor, or detection of an Event on the Termination (see 7.1.9).

終了のシグナルの発生は、終了時に、イベントの新しいSignalsDescriptorのアプリケーション、または検出(7.1.9を参照)によって停止されます。

A new SignalsDescriptor replaces any existing SignalsDescriptor. Any signals applied to the Termination not in the replacement descriptor shall be stopped, and new signals are applied, except as follows. Signals present in the replacement descriptor and containing the KeepActive flag shall be continued if they are currently playing and have not already completed. If a replacement signal descriptor contains a signal that is not currently playing and contains the KeepActive flag, that signal SHALL be ignored. If the replacement descriptor contains a sequential signal list with the same identifier as the existing descriptor, then

新しいSignalsDescriptorは、既存のSignalsDescriptorを置き換えます。交換用の記述子ではない終了に適用される任意の信号が停止されなければならない、と新しい信号は、次のよう除き、適用されます。彼らは、現在プレイしていると、すでに完了していない場合は交換用の記述子内に存在してKeepActiveフラグを含む信号を継続しなければなりません。置換信号記述子が現在再生されていない信号が含まれており、KeepActiveフラグが含まれている場合は、その信号は無視されます。交換用の記述子は、既存の記述子と同じ識別子を持つシーケンシャルな信号リストが含まれている場合は、

- the signal type and sequence of signals in the sequential signal list in the replacement descriptor shall be ignored; and

- 置換記述で順次信号リストの信号の信号種別及び順序を無視しなければなりません。そして

- the playing of the signals in the sequential signal list in the existing descriptor shall not be interrupted.

- 既存の記述子内のシーケンシャルな信号リストの信号の再生が中断してはなりません。

7.1.12 Audit descriptor
7.1.12監査記述子

The Audit descriptor specifies what information is to be audited. The Audit descriptor specifies the list of descriptors to be returned. Audit may be used in any command to force the return of any descriptor containing the current values of its properties, events, signals and statistics even if that descriptor was not present in the command, or had no underspecified parameters. Possible items in the Audit descriptor are:

監査記述子は、情報を監査するかを指定します。監査記述子は返される記述子のリストを指定します。監査は、その記述子がコマンド中に存在しない、または全く不足のパラメータを有していない場合でも、そのプロパティ、イベント、シグナルおよび統計の現在の値を含む任意の記述のリターンを強制する任意のコマンドで使用することができます。監査記述子で可能な項目は以下のとおりです。

Modem Mux Events Media Signals ObservedEvents DigitMap Statistics Packages EventBuffer

モデムのMuxイベントメディアはObservedEvents DigitMap統計EventBufferパッケージされる信号

Audit may be empty, in which case, no descriptors are returned. This is useful in Subtract, to inhibit return of statistics, especially when using wildcard.

監査には記述子が返されていない、その場合、空であってもよいです。これは、ワイルドカードを使用する場合は特に、統計情報のリターンを抑制するために、減算に有用です。

7.1.13 ServiceChange descriptor
7.1.13のServiceChangeディスクリプタ

The ServiceChangeDescriptor contains the following parameters:

ServiceChangeDescriptorは、次のパラメータが含まれています。

. ServiceChangeMethod . ServiceChangeReason . ServiceChangeAddress . ServiceChangeDelay . ServiceChangeProfile . ServiceChangeVersion . ServiceChangeMGCId . TimeStamp . Extension

。 ServiceChangeMethod。 ServiceChangeReason。 ServiceChangeAddress。 ServiceChangeDelay。 ServiceChangeProfile。 ServiceChangeVersion。 ServiceChangeMGCId。タイムスタンプ。拡張

See 7.2.8.

7.2.8を参照してください。

7.1.14 DigitMap descriptor
7.1.14 DigitMap記述子
7.1.14.1 DigitMap definition, creation, modification and deletion
7.1.14.1 DigitMap定義、作成、変更、削除

A DigitMap is a dialing plan resident in the Media Gateway used for detecting and reporting digit events received on a Termination. The DigitMap descriptor contains a DigitMap name and the DigitMap to be assigned. A digit map may be preloaded into the MG by management action and referenced by name in an EventsDescriptor, may be defined dynamically and subsequently referenced by name, or the actual digitmap itself may be specified in the EventsDescriptor. It is permissible for a digit map completion event within an Events descriptor to refer by name to a DigitMap which is defined by a DigitMap descriptor within the same command, regardless of the transmitted order of the respective descriptors.

DigitMapは、メディアゲートウェイでのダイヤルプランの居住者は、終了時に受信桁の事象を検出し、報告するために使用されています。 DigitMapディスクリプタはDigitMap名と割り当てられるべきDigitMapが含まれています。ケタ地図は、管理アクションによってMGにプリロードそしてたEventsDescriptorで名前によって参照することができる、動的に定義し、続いて名前によって参照、または実際digitmap自体がたEventsDescriptorで指定することができるされてもよいです。それにかかわらず、それぞれの記述子の送信順序を、同じコマンド内のDigitMap記述子によって定義されるDigitMapを名前で参照するためにイベントディスクリプタ内ケタ地図完成イベントに許容されます。

DigitMaps defined in a DigitMapDescriptor can occur in any of the standard Termination manipulation Commands of the protocol. A DigitMap, once defined, can be used on all Terminations specified by the (possibly wildcarded) TerminationID in such a command. DigitMaps defined on the root Termination are global and can be used on every Termination in the MG, provided that a DigitMap with the same name has not been defined on the given Termination. When a DigitMap is defined dynamically in a DigitMap descriptor:

DigitMapDescriptorで定義さDigitMapsは、プロトコルの標準終了操作コマンドのいずれかで起こり得ます。一度定義DigitMapは、そのようなコマンドに(おそらくワイルドカード)TerminationIDによって指定されたすべての端子に使用することができます。ルート終端に定義されたDigitMapsはグローバルであり、同じ名前を持つDigitMapが与えられた終了時に定義されていないことを提供し、MG内のすべての終了時に使用することができます。 DigitMapがDigitMap記述子に動的に定義されている場合:

- A new DigitMap is created by specifying a name that is not yet defined. The value shall be present.

- 新しいDigitMapはまだ定義されていない名前を指定して作成されます。値が存在しなければなりません。

- A DigitMap value is updated by supplying a new value for a name that is already defined. Terminations presently using the digitmap shall continue to use the old definition; subsequent EventsDescriptors specifying the name, including any EventsDescriptor in the command containing the DigitMap descriptor, shall use the new one.

- DigitMapの値がすでに定義されている名前の新しい値を供給することによって更新されます。現在、古い定義を使用し続けなければならdigitmapを使用して終端。 DigitMap記述子を含むコマンドで任意のたEventsDescriptorを含む名前を指定する、後続のEventsDescriptorsは、新しいものを使用しなければなりません。

- A DigitMap is deleted by supplying an empty value for a name that is already defined. Terminations presently using the digitmap shall continue to use the old definition.

- DigitMapは既に定義されている名前に空の値を供給することによって削除されます。現在digitmapを使用して終端は、古い定義を使用することを継続するものとします。

7.1.14.2 DigitMap Timers
7.1.14.2 DigitMapアワー

The collection of digits according to a DigitMap may be protected by three timers, viz. a start timer (T), short timer (S), and long timer (L).

DigitMapに従って数字の集合は3個のタイマ、すなわちによって保護されていてもよいです。スタートタイマー(T)、短いタイマー(S)、およびロングタイマー(L)。

1) The start timer (T) is used prior to any digits having been dialed. If the start timer is overridden with the value set to zero (T=0), then the start timer shall be disabled. This implies that the MG will wait indefinitely for digits.

1)開始タイマー(T)がダイヤルされた前の任意の桁に使用されます。開始タイマがゼロ(T = 0)に設定された値で上書きされた場合、開始タイマは無効にされなければなりません。これは、MGは数字を無期限に待機することを意味します。

2) If the Media Gateway can determine that at least one more digit is needed for a digit string to match any of the allowed patterns in the digit map, then the interdigit timer value should be set to a long (L) duration (e.g., 16 seconds).

2)メディアゲートウェイは、少なくとも1つの以上の数字が桁マップで許可されたパターンのいずれかに一致するように、数字列のために必要であると判断できる場合には、桁間タイマ値は(ロング(L)の期間に設定する必要があります例えば、 16秒)。

3) If the digit string has matched one of the patterns in a digit map, but it is possible that more digits could be received which would cause a match with a different pattern, then instead of reporting the match immediately, the MG must apply the short timer (S) and wait for more digits.

3)桁の文字列が数字マップ内のパターンのいずれかに一致したが、より多くの桁数が異なるパターンとの一致を引き起こすことになる受信される可能性があり、その後、代わりにすぐに試合を報告する、MGが適用されなければならない場合短いタイマー(S)とより多くの桁数を待ちます。

The timers are configurable parameters to a DigitMap. Default values of these timers should be provisioned on the MG, but can be overridden by values specified within the DigitMap.

タイマーはDigitMapに設定可能なパラメータです。これらのタイマーのデフォルト値はMGにプロビジョニングする必要がありますが、DigitMap内で指定した値で上書きすることができます。

7.1.14.3 DigitMap Syntax
7.1.14.3 DigitMap構文

The formal syntax of the digit map is described by the DigitMap rule in the formal syntax description of the protocol (see Annex A and Annex B). A DigitMap, according to this syntax, is defined either by a string or by a list of strings. Each string in the list is an alternative event sequence, specified either as a sequence of digit map symbols or as a regular expression of digit map symbols. These digit map symbols, the digits "0" through "9" and letters "A" through a maximum value depending on the signalling system concerned, but never exceeding "K", correspond to specified events within a package which has been designated in the Events descriptor on the Termination to which the digit map is being applied. (The mapping between events and digit map symbols is defined in the documentation for packages associated with channel-associated signalling systems such as DTMF, MF, or R2. Digits "0" through "9" MUST be mapped to the corresponding digit events within the signalling system concerned. Letters should be allocated in logical fashion, facilitating the use of range notation for alternative events.)

ケタ地図の正式な構文は、プロトコルの正式な構文記述のDigitMap規則によって記述される(付録Aと付録Bを参照)。 DigitMapは、この構文によると、文字列または文字列のリストのいずれかによって定義されます。リスト内の各文字列はケタ地図記号のシーケンスとして、あるいはケタ地図記号の正規表現として指定、代替イベントシーケンスです。これらケタ地図記号、「0」〜「9」の数字と関係するシグナリングシステムに依存し、最大値を経て文字「A」が、「K」を超えることはない、で指定されたパッケージ内に指定されたイベントに対応しますイベントは、電話番号マップが適用されると終了に記述子。 (イベントおよびディジットマップシンボルとの間のマッピングは、例えばDTMF、MF、又はR2、チャネル関連シグナリングシステムに関連付けられたパッケージのドキュメントで定義されている。数字「0」〜「9」内の対応する桁イベントにマッピングされなければならないスルーシステムは当該シグナリング。手紙は、代替イベントの範囲表記の使用を容易に、論理的な方法で割り当てられるべきです。)

The letter "x" is used as a wildcard, designating any event corresponding to symbols in the range "0"-"9". The string may also contain explicit ranges and, more generally, explicit sets of symbols, designating alternative events any one of which satisfies that position of the digit map. Finally, the dot symbol "." stands for zero or more repetitions of the event selector (event, range of events, set of alternative events, or wildcard) that precedes it. As a consequence of the third timing rule above, inter-event timing while matching a terminal dot symbol uses the short timer by default.

文字「X」、「0」の範囲内のシンボルに対応する任意のイベントを指定し、ワイルドカードとして使用されている - 「9」。文字列は、より一般的に、別のイベントを指定するシンボルの明示的なセットは、のいずれかの数字マップの位置を満たす明確な範囲を含んでいてもよいです。最後に、ドット記号「」それに先行するイベントセレクタ(イベント、イベントの範囲、別のイベントのセット、またはワイルドカード)のゼロ回以上の繰り返しを表します。上記第3のタイミング規則の結果として、イベント間のタイミングは、端末のドットシンボルに一致するデフォルトでは短いタイマを使用します。

In addition to these event symbols, the string may contain "S" and "L" inter-event timing specifiers and the "Z" duration modifier. "S" and "L" respectively indicate that the MG should use the short (S) timer or the long (L) timer for subsequent events, overriding the timing rules described above. If an explicit timing specifier is in effect in one alternative event sequence, but none is given in any other candidate alternative, the timer value set by the explicit timing specifier must be used. If all sequences with explicit timing controls are dropped from the candidate set, timing reverts to the default rules given above. Finally, if conflicting timing specifiers are in effect in different alternative sequences, the long timer shall be used.

これらのイベントのシンボルに加えて、文字列が「S」と「L」イベント間タイミング指定子及び「Z」期間改質剤を含んでいてもよいです。 「S」および「L」は、それぞれMGは、上述したタイミングルールをオーバーライド、その後のイベントのためにショート(S)タイマーまたはロング(L)タイマを使用すべきであることを示しています。明示的なタイミング指定子が一つの代替イベントシーケンスに有効であるが、いずれも、任意の他の候補代替的に指定されていない場合、明示的なタイミング指定により設定されたタイマ値を使用しなければなりません。明示的なタイミング・コントロールとすべてのシーケンスが候補セットから削除された場合、タイミングは、上記のデフォルトのルールに戻ります。相反するタイミング指定子は異なる代替シーケンスで有効になっている場合は最後に、長いタイマーを使用しなければなりません。

A "Z" designates a long duration event: placed in front of the symbol(s) designating the event(s) which satisfy a given digit position, it indicates that that position is satisfied only if the duration of the event exceeds the long-duration threshold. The value of this threshold is assumed to be provisioned in the MG.

「Z」は、長い期間イベントを指定する:シンボル(S)の前方に配置され所定の桁位置を満たすイベント(単数または複数)を指定し、その位置がイベントの期間が長期を超えた場合にのみ満足されることを示しています持続時間閾値。このしきい値の値はMGにプロビジョニングされているものとします。

7.1.14.4 DigitMap Completion Event
7.1.14.4 DigitMap完了イベント

A digit map is active while the Events descriptor which invoked it is active and it has not completed. A digit map completes when:

それを起動したイベント記述子が有効であり、それが完了していない一方で、ケタ地図はアクティブです。ケタマップは、いつ完了します。

- a timer has expired; or

- タイマーの有効期限が切れています。または

- an alternative event sequence has been matched and no other alternative event sequence in the digit map could be matched through detection of an additional event (unambiguous match); or

- 別のイベントシーケンスが一致したとケタ地図における他の代替イベントシーケンスは、追加のイベント(明白な一致)を検出して一致することができませんでした。または

- an event has been detected such that a match to a complete alternative event sequence of the digit map will be impossible no matter what additional events are received.

- イベントはケタマップの完全な代替イベントシーケンスにマッチは関係なく、追加のイベントが受信されているものを不可能でないことなどが検出されました。

Upon completion, a digit map completion event as defined in the package providing the events being mapped into the digit map shall be generated. At that point the digit map is deactivated. Subsequent events in the package are processed as per the currently active event processing mechanisms.

完了すると、イベントを提供するパッケージで定義されている桁マップ完了イベントが発生しなければならない数字マップにマッピングされます。その時点での数字マップが無効になります。パッケージ内の後続のイベントは、現在アクティブなイベント処理メカニズムに従って処理されます。

7.1.14.5 DigitMap Procedures
7.1.14.5 DigitMap手順

Pending completion, successive events shall be processed according to the following rules:

完了保留中の、連続するイベントは、次の規則に従って処理されなければなりません。

1) The "current dial string", an internal variable, is initially empty. The set of candidate alternative event sequences includes all of the alternatives specified in the digit map.

1)「現在のダイヤル文字列」、内部変数は、最初は空です。候補代替イベントシーケンスのセットはケタマップで指定された選択肢のすべてを含んでいます。

2) At each step, a timer is set to wait for the next event, based either on the default timing rules given above or on explicit timing specified in one or more alternative event sequences. If the timer expires and a member of the candidate set of alternatives is fully satisfied, a timeout completion with full match is reported. If the timer expires and part or none of any candidate alternative is satisfied, a timeout completion with partial match is reported.

2)各ステップで、タイマが上または1つ以上の代替イベントシーケンスで指定された明示的なタイミングに与えられるデフォルトのタイミング規則のいずれかに基づいて、次のイベントを待つように設定されています。タイマーが満了し、選択肢の候補セットのメンバーが完全に満たされている場合は、完全一致でタイムアウト完成は報告されています。タイマーが満了し、一部またはすべての候補代替のどれもが満たされた場合には、部分一致でタイムアウト完成は報告されています。

3) If an event is detected before the timer expires, it is mapped to a digit string symbol and provisionally added to the end of the current dial string. The duration of the event (long or not long) is noted if and only if this is relevant in the current symbol position (because at least one of the candidate alternative event sequences includes the "Z" modifier at this position in the sequence).

タイマーが満了する前に、イベントが検出された場合3)は、数字列のシンボルにマッピングされ、仮現在のダイヤル文字列の末尾に追加されます。イベント(長いまたは長くない)の期間は、(候補代替イベントシーケンスの少なくとも一つは、配列中のこの位置に「Z」という修飾語が含まれているため)、これは現在のシンボル位置に関連している場合にのみ注目されます。

4) The current dial string is compared to the candidate alternative event sequences. If and only if a sequence expecting a long-duration event at this position is matched (i.e., the event had long duration and met the specification for this position), then any alternative event sequences not specifying a long duration event at this position are discarded, and the current dial string is modified by inserting a "Z" in front of the symbol representing the latest event. Any sequence expecting a long-duration event at this position but not matching the observed event is discarded from the candidate set. If alternative event sequences not specifying a long duration event in the given position remain in the candidate set after application of the above rules, the observed event duration is treated as irrelevant in assessing matches to them.

4)現在のダイヤル文字列を候補代替イベントシーケンスと比較されます。この位置での長時間のイベントを期待シーケンスが一致した場合にのみ、と(つまり、イベントは長い期間を持っていたし、この位置のための仕様を満たした)場合は、この位置での長時間のイベントを指定していない任意の代替イベント・シーケンスは破棄されています、および現在のダイヤルストリングは、最新のイベントを表すシンボルの前に「Z」を挿入することによって改変されます。任意の配列は、この位置で長期間のイベントを期待が、観測されたイベントは、候補セットから廃棄される一致しません。所定の位置に長時間のイベントを指定していない別のイベントシーケンスが上記規則の適用後に候補セットに残っている場合、観測されたイベントの持続時間はそれらにマッチを評価する際に無関係なものとして扱われます。

5) If exactly one candidate remains and it has been fully matched, a completion event is generated indicating an unambiguous match. If no candidates remain, the latest event is removed from the current dial string and a completion event is generated indicating full match if one of the candidates from the previous step was fully satisfied before the latest event was detected, or partial match otherwise. The event removed from the current dial string will then be reported as per the currently active event processing mechanisms.

正確に一つの候補が残っていると、それが完全に一致した場合は5)、完了イベントは、明確な一致を示す生成されます。いかなる候補が残っていない場合は、最新のイベントは、現在のダイヤル文字列と終了イベントから削除されそうでない場合は、最新のイベントが検出される前に、前のステップからの候補の一つが完全に満たされた場合、完全な一致を示す生成された、または部分一致します。現在のダイヤル文字列から削除イベントは、その後、現在アクティブなイベント処理メカニズムに従って報告されます。

6) If no completion event is reported out of step 5, processing returns to step 2.

全く完了イベントがステップ5から報告されていない場合は6)、処理はステップ2に戻ります。

7.1.14.6 DigitMap Activation
7.1.14.6 DigitMapアクティベーション

A digit map is activated whenever a new Event descriptor is applied to the Termination or embedded Event descriptor is activated, and that Event descriptor contains a digit map completion event. The digit map completion event contains an eventDM field in the requested actions field. Each new activation of a digit map begins at step 1 of the above procedure, with a clear current dial string. Any previous contents of the current dial string from an earlier activation are lost.

新しいイベント記述子は終端に適用されるか、または埋め込まれたイベント記述子が活性化され、そのイベント記述子が桁マップ完了イベントが含まれているときはいつでもケタ地図が活性化されます。ケタ地図完成イベントは、要求されたアクションフィールドにeventDMフィールドが含まれています。ディジットマップのそれぞれの新しい活性化は、明確な現在のダイヤル文字列で、上記の手順のステップ1から始まります。以前の起動から現在のダイヤルストリングのいずれかの以前の内容は失われます。

A digit map completion event that does not contain an eventDM field in its requested actions field is considered an error. Upon receipt of such an event in an EventsDescriptor, a MG shall respond with an error response, including Error 457 - Missing parameter in signal or event.

その要求されたアクションフィールドにeventDMフィールドが含まれていないケタ地図完成イベントには、エラーと見なされます。信号またはイベントで行方不明のパラメータ - たEventsDescriptorでこのようなイベントを受信すると、MGはエラー457を含め、エラー応答で応答します。

7.1.14.7 Interaction Of DigitMap and Event Processing
DigitMapとイベントの処理7.1.14.7インタラクション

While the digit map is activated, detection is enabled for all events defined in the package containing the specified digit map completion event. Normal event behaviour (e.g., stopping of signals unless the digit completion event has the KeepActive flag enabled) continues to apply for each such event detected, except that:

ディジットマップが活性化されている間、検出は、指定されたケタ地図完成イベントを含むパッケージで定義されたすべてのイベントのために有効になっています。通常のイベントの動作(例えば、桁完了イベントがKeepActiveフラグが有効になっていない限り、信号の停止する)ことを除いて、検出された各そのようなイベントを適用し続けます。

- the events in the package containing the specified digit map completion event other than the completion event itself are not individually notified and have no side-effects unless separately enabled; and

- 完了イベント自体以外の指定されたケタ地図完成イベントを含むパッケージでイベントを個別に通知され、別々にイネーブルない限り副作用を持たないれていません。そして

- an event that triggers a partial match completion event is not recognized and therefore has no side effects until reprocessed following the recognition of the digit map completion event.

- ケタ地図完了イベントの認識次の再処理まで従って認識されない部分一致完了イベントをトリガしたイベントは、副作用を持ちません。

7.1.14.8 Wildcards
7.1.14.8ワイルドカード

Note that if a package contains a digit map completion event, then an event specification consisting of the package name with a wildcarded ItemID (Property Name) will activate a digit map; to that end, the event specification must include an eventDM field according to section 7.1.14.6. If the package also contains the digit events themselves, this form of event specification will cause the individual events to be reported to the MGC as they are detected.

パッケージがケタ地図完成イベントを含む場合、次いで、ワイルドカードアイテムID(プロパティ名)とパッケージ名から成るイベント仕様はケタ地図を活性化することに注意してください。そのために、イベント仕様はセクション7.1.14.6に従ってeventDMフィールドを含まなければなりません。パッケージには、桁イベントそのものが含まれている場合は、イベント仕様のこのフォームは、それらが検出されているように、個々のイベントがMGCに報告されるようになります。

7.1.14.9 Example
7.1.14.9例

As an example, consider the following dial plan:

例として、次のダイヤルプランを検討してください。

0 Local operator

0ローカルオペレータ

00 Long-distance operator

00長距離オペレータ

xxxx Local extension number (starts with 1-7)

XXXXローカル内線番号(1-7から始まります)

8xxxxxxx Local number

8xxxxxxxローカル番号

#xxxxxxx Off-site extension

#xxxxxxxオフサイトの拡張

*xx Star services

* XXスターサービス

91xxxxxxxxxx Long-distance number

91xxxxxxxxxx長距離番号

9011 + up to 15 digits International number

9011 +最大15桁の国際番号

If the DTMF detection package described in E.6 is used to collect the dialed digits, then the dialing plan shown above results in the following digit map:

E.6に記載のDTMF検出パッケージは、ダイヤルされた数字を収集するために使用される場合、ダイヤルプランは、以下の桁マップの結果の上に示します。

(0| 00|[1-7]xxx|8xxxxxxx|Fxxxxxxx|Exx|91xxxxxxxxxx|9011x.)

(0 | 00 | [1-7] XXX | 8xxxxxxx | Fxxxxxxx | EXX | 91xxxxxxxxxx | 9011x)。

7.1.15 Statistics descriptor
7.1.15統計記述子

The Statistics Descriptor provides information describing the status and usage of a Termination during its existence within a specific Context. There is a set of standard statistics kept for each Termination where appropriate (number of octets sent and received for example). The particular statistical properties that are reported for a given Termination are determined by the Packages realized by the Termination. By default, statistics are reported when the Termination is Subtracted from the Context. This behaviour can be overridden by including an empty AuditDescriptor in the Subtract command. Statistics may also be returned from the AuditValue command, or any Add/Move/Modify command using the Audit descriptor.

統計記述子は、特定のコンテキスト内のその存在中に終端の状態と使用を記述する情報を提供します。適切な(オクテットの数が送信され、例えば、受信された)各終端保持標準統計のセットがあります。所与の終了の報告されている特定の統計的特性を終端することによって実現パッケージによって決定されます。終了は、コンテキストから減算されている場合、デフォルトで、統計情報が報告されています。この動作は、減算コマンドに空AuditDescriptor含めることによって上書きすることができます。統計はまた、AuditValueコマンドから返された、または任意の追加/移動/監査記述子を使用してコマンドを変更することができます。

Statistics are cumulative; reporting Statistics does not reset them. Statistics are reset when a Termination is Subtracted from a Context.

統計は累積されます。統計を報告することは、それらをリセットしません。終了は、コンテキストから減算されたときに統計がリセットされます。

7.1.16 Packages descriptor
7.1.16パッケージ記述子

Used only with the AuditValue command, the PackageDescriptor returns a list of Packages realized by the Termination.

のみAuditValueコマンドで使用、PackageDescriptorが終了することで実現するパッケージのリストを返します。

7.1.17 ObservedEvents descriptor
7.1.17 ObservedEvents記述子

ObservedEvents is supplied with the Notify command to inform the MGC of which event(s) were detected. Used with the AuditValue command, the ObservedEventsDescriptor returns events in the event buffer which have not been Notified. ObservedEvents contains the RequestIdentifier of the EventsDescriptor that triggered the notification, the event(s) detected, optionally the detection time(s) and any parameters of the observed event. Detection times are reported with a precision of hundredths of a second.

ObservedEventsが検出されたイベント(複数可)のMGCに通知する通知コマンドが供給されています。 AuditValueコマンドで使用、ObservedEventsDescriptorが通知されていないイベントバッファ内のイベントを返します。 ObservedEvents通知をトリガしたEventsDescriptorのRequestIdentifier、イベント(複数可)、必要に応じて検出時間(s)と観測されたイベントのパラメータを検出を含んでいます。検出時間は、第二の100分の1の精度で報告されています。

7.1.18 Topology descriptor
7.1.18トポロジ記述子

A Topology descriptor is used to specify flow directions between Terminations in a Context. Contrary to the descriptors in previous subclauses, the Topology descriptor applies to a Context instead of a Termination. The default topology of a Context is that each Termination's transmission is received by all other Terminations. The Topology descriptor is optional to implement. An MG that does not support Topology descriptors, but receives a command containing one, returns Error 444 Unsupported or unknown descriptor, and optionally includes a string containing the name of the unsupported Descriptor ("Topology") in the error text in the error descriptor.

トポロジー記述子がコンテキストで終端間のフロー方向を指定するために使用されます。以前の箇条で記述子に反して、トポロジー記述子ではなく、終了のコンテキストに適用されます。コンテキストのデフォルトのトポロジは、各終了の送信は、他の全ての終端で受信されるということです。トポロジ記述子は、実装するためにオプションです。トポロジー記述子をサポートしていませんMGが、1を含むコマンドを受信するには、エラー444サポートされていないか、不明な記述子を返し、必要に応じてエラー記述子にエラーテキストでサポートされていない記述子(「トポロジー」)の名前を含む文字列を含んでいます。

The Topology descriptor occurs before the commands in an action. It is possible to have an action containing only a Topology descriptor, provided that the Context to which the action applies already exists.

トポロジ記述子は、アクション内のコマンドの前に発生します。それが唯一のトポロジー記述子を含む作用を有することが可能であり、アクションが適用されるコンテキストがすでに存在していることを条件とします。

A Topology descriptor consists of a sequence of triples of the form (T1, T2, association). T1 and T2 specify Terminations within the Context, possibly using the ALL or CHOOSE wildcard. The association specifies how media flows between these two Terminations as follows.

トポロジー記述子の形式(T1、T2、アソシエーション)のトリプルの配列からなります。 T1とT2は、場合によってはすべてを使用して、コンテキスト内の終端を指定するか、ワイルドカードを選択してください。関連付けは、次のようにメディアがこれらの2つの終端の間を流れる方法を指定します。

- (T1, T2, isolate) means that the Terminations matching T2 do not receive media from the Terminations matching T1, nor vice versa.

- (T1、T2、分離)が終端がT2と一致することを意味し、逆もまた同様T1と一致する終端からメディアを受信し、またありません。

- (T1, T2, oneway) means that the Terminations that match T2 receive media from the Terminations matching T1, but not vice versa. In this case use of the ALL wildcard such that there are Terminations that match both T1 and T2 is not allowed.

- (T1、T2、一方向の)手段T2と一致する終端はT1と一致する終端からメディアを受信し、なく、逆もまた同様です。 T1とT2の両方が許可されていないと一致する終端が存在するようにすべてのワイルドカードのこの場合、使用中。

- (T1, T2, bothway) means that the Terminations matching T2 receive media from the Terminations matching T1, and vice versa. In this case it is allowed to use wildcards such that there are Terminations that match both T1 and T2. However, if there is a Termination that matches both, no loopback is introduced.

- (T1、T2、bothway)がT2と一致する終端がその逆T1と一致する終端からメディアを受信し、ということを意味します。この場合、T1とT2の両方に一致終端が存在するように、ワイルドカードを使用することができます。両方に一致解約があった場合は、何のループバックが導入されません。

CHOOSE wildcards may be used in T1 and T2 as well, under the following restrictions:

ワイルドカードは、以下の制限の下で、同様にT1とT2で使用することができる選択します。

- the action (see clause 8) of which the topology descriptor is part contains an Add command in which a CHOOSE wildcard is used;

- アクションがそのトポロジー記述子が一部でCHOOSEワイルドカードが使用されているAddコマンドが含まれている(8章を参照してください)。

- if a CHOOSE wildcard occurs in T1 or T2, then a partial name SHALL NOT be specified.

- CHOOSEワイルドカードは、T1またはT2で発生した場合、その後、部分的な名前を指定することがないもの。

The CHOOSE wildcard in a Topology descriptor matches the TerminationID that the MG assigns in the first Add command that uses a CHOOSE wildcard in the same action. An existing Termination that matches T1 or T2 in the Context to which a Termination is added, is connected to the newly added Termination as specified by the Topology descriptor.

トポロジー記述子でCHOOSEワイルドカードはMGが同じアクションでCHOOSEワイルドカードを使用して最初の追加のコマンドに割り当てるTerminationIDにマッチします。トポロジー記述子によって指定されるように終端が付加されたコンテキストでのT1またはT2に一致する既存の終端は、新たに追加された終端に接続されています。

If a termination is not mentioned within a Topology Descriptor, any topology associated with it remains unchanged. If, however, a new termination is added into a context its association with the other terminations within the context defaults to bothway, unless a Topology Descriptor is given to change this (e.g., if T3 is added to a context with T1 and T2 with topology (T3, T1, oneway) it will be connected bothway to T2).

終了がトポロジー記述子の中に記載されていない場合は、それに関連するすべてのトポロジが変更されません。しかし、新たな終了がコンテキストに追加された場合トポロジ記述子は(これを変更するために与えられていない限り、コンテキスト・デフォルト内の他の端子との関連は、bothwayする例えば、T3は、トポロジーとT1とT2とのコンテキストに追加された場合(T3、T1、一方向)がT2にbothwayに接続されます)。

Figure 7 and the table following it show some examples of the effect of including topology descriptors in actions. In these examples it is assumed that the topology descriptors are applied in sequence.

図7および表は、アクションにおけるトポロジー記述子を含むの効果のいくつかの例を示し、以下の。これらの例では、トポロジー記述子が配列に適用されているものとします。

     +------------------+  +------------------+  +------------------+
     |      +----+      |  |      +----+      |  |      +----+      |
     |      | T2 |      |  |      | T2 |      |  |      | T2 |      |
     |      +----+      |  |      +----+      |  |      +----+      |
     |       ^  ^       |  |          ^       |  |          ^       |
     |       |  |       |  |          |       |  |          |       |
     |    +--+  +--+    |  |          +---+   |  |          +--+    |
     |    |        |    |  |              |   |  |             |    |
     |    v        v    |  |              v   |  |             |    |
     | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |
     | | T1 |<-->| T3 | |  | | T1 |<-->| T3 | |  | | T1 |<-->| T3 | |
     | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |
     +------------------+  +------------------+  +------------------+
     1. No Topology Desc.   2. T1, T2, Isolate    3. T3, T2, Oneway
        
     +------------------+  +------------------+  +------------------+
     |      +----+      |  |      +----+      |  |      +----+      |
     |      | T2 |      |  |      | T2 |      |  |      | T2 |      |
     |      +----+      |  |      +----+      |  |      +----+      |
     |          |       |  |          ^       |  |       ^  ^       |
     |          |       |  |          |       |  |       |  |       |
     |          +--+    |  |          +---+   |  |    +--+  +--+    |
     |             |    |  |              |   |  |    |        |    |
     |             v    |  |              v   |  |    v        v    |
     | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |
     | | T1 |<-->| T3 | |  | | T1 |<-->| T3 | |  | | T1 |<-->| T3 | |
     | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |  | +----+    +----+ |
     +------------------+  +------------------+  +------------------+
     4. T2, T3 oneway      5. T2, T3 bothway     6. T1, T2 bothway
        

Note: the direction of the arrow indicates the direction of flow.

注意:矢印の方向は、流れの方向を示しています。

Figure 7: Example topologies

図7:例トポロジ

Topology Description

トポロジの説明

1 No topology descriptors When no topology descriptors are included, all Terminations have a bothway connection to all other Terminations.

何のトポロジー記述子が含まれていない場合は1ないトポロジー記述子が、すべての端子は、他のすべての終端にbothway接続しています。

2 T1, T2 Isolate Removes the connection between T1 and T2. T3 has a bothway connection with both T1 and T2. T1 and T2 have bothway connection to T3.

2 T1、T2アイソはT1とT2との間の接続を削除します。 T3はT1とT2の両方とbothway接続を有しています。 T1とT2は、T3へbothway接続しています。

3 T3, T2 oneway A oneway connection from T3 to T2 (i.e., T2 receives media flow from T3). A bothway connection between T1 and T3.

3 T3、T2一方向T2へT3から一方向接続(すなわち、T2​​はT3からメディアフローを受信します)。 T1とT3との間の双方向の両方の接続。

4 T2, T3 oneway A oneway connection between T2 to T3. T1 and T3 remain bothway connected.

4 T2、T3一方向T3にT2との間の一方向接続。 T1とT3は接続の両方の方法のまま。

5 T2, T3 bothway T2 is bothway connected to T3. This results in the same as 2.

5 T2、T3 bothway T2はT3に接続bothwayあります。これは2と同じになります。

6 T1, T2 bothway (T2, T3 All Terminations have a bothway bothway and T1, T3 connection to all other Terminations. bothway may be implied or explicit).

6 T1、T2のbothway(T2、T3のすべての終端がbothwayのbothway及びT1、他のすべての終端にT3に接続している。bothwayが暗示または明示されてもよいです)。

A oneway connection must be implemented in such a way that the other Terminations in the Context are not aware of the change in topology.

一方向の接続は、コンテキスト内の他の終端は、トポロジの変化に気づいていないような方法で実装する必要があります。

7.1.19 Error Descriptor
7.1.19エラー記述子

If a responder encounters an error when processing a transaction request, it must include an error descriptor in its response. A Notify request may contain an error descriptor as well.

トランザクション要求を処理するとき、応答でエラーが発生した場合、それは、その応答でエラー記述子を含める必要があります。通知要求は、同様のエラー記述が含まれていてもよいです。

An error descriptor consists of an IANA-registered error code, optionally accompanied by an error text. H.248.8 contains a list of valid error codes and error descriptions.

エラー記述は、必要に応じてエラーテキストを伴うIANAに登録エラーコードから成ります。 H.248.8は、有効なエラーコードとエラーの説明のリストが含まれています。

An error descriptor shall be specified at the "deepest level" that is semantically appropriate for the error being described and that is possible given any parsing problems with the original request. An error descriptor may refer to a syntactical construct other than where it appears. For example, Error descriptor 422 - Syntax Error in Action, could appear within a command even though it refers to the larger construct - the action - and not the particular command within which it appears.

エラー記述は、記述されているエラーのために意味論的に適切であり、それは元の要求に任意の構文解析問題所与可能である「最も深いレベル」に指定されなければなりません。エラー記述子は、それが表示される場所以外の構文的な構文を参照することができます。たとえば、エラー記述子422 - アクション - - とないそれが現れる内の特定のコマンドアクションにおける構文エラー、それはより大きな構築物を意味する場合でも、コマンドの中に表示されることがあります。

7.2 Command Application Programming Interface
7.2コマンドアプリケーション・プログラミング・インタフェース

Following is an Application Programming Interface (API) describing the Commands of the protocol. This API is shown to illustrate the Commands and their parameters and is not intended to specify implementation (e.g., via use of blocking function calls). It describes the input parameters in parentheses after the command name and the return values in front of the Command. This is only for descriptive purposes; the actual Command syntax and encoding are specified in later subclauses. The order of parameters to commands is not fixed. Descriptors may appear as parameters to commands in any order. The descriptors SHALL be processed in the order in which they appear.

以下は、プロトコルのコマンドを記述したアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)です。このAPIは、コマンドとそのパラメータを例示するために示され、(関数呼び出しをブロックの使用を介して、例えば)の実装を指定することを意図していません。これは、コマンドの前に、コマンド名の後のカッコ内の入力パラメータと戻り値を記述します。これは、説明の目的のためです。実際のコマンド構文とエンコーディングは後の副次句で指定されています。コマンドへのパラメータの順序は固定されていません。記述子は、任意の順序でコマンドにパラメータとして表示されることがあります。記述子は、彼らが表示されている順序で処理されるものとします。

Any reply to a command may contain an error descriptor; the API does not specifically show this.

コマンドへの応答はすべて、エラーの記述が含まれていてもよいです。 APIは、これを具体的に示していません。

All parameters enclosed by square brackets ([. . .]) are considered optional.

角括弧で囲まれたすべてのパラメータは([...])は、オプションであると考えられます。

7.2.1 Add
7.2.1追加

The Add Command adds a Termination to a Context.

コマンドの追加コンテキストに解約を追加します。

TerminationID [,MediaDescriptor] [,ModemDescriptor] [,MuxDescriptor] [,EventsDescriptor] [,SignalsDescriptor] [,DigitMapDescriptor] [,ObservedEventsDescriptor] [,EventBufferDescriptor] [,StatisticsDescriptor] [,PackagesDescriptor] Add( TerminationID [, MediaDescriptor] [, ModemDescriptor] [, MuxDescriptor] [, EventsDescriptor] [, EventBufferDescriptor] [, SignalsDescriptor] [, DigitMapDescriptor] [, AuditDescriptor] )

TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptorは] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptorは] [、ObservedEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、StatisticsDescriptorは] [、PackagesDescriptorは(TerminationID [MediaDescriptor]を追加[ ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor] [、AuditDescriptor])

The TerminationID specifies the Termination to be added to the Context. The Termination is either created, or taken from the null Context. If a CHOOSE wildcard is used in the TerminationID, the selected TerminationID will be returned. Wildcards may be used in an Add, but such usage would be unusual. If the wildcard matches more than one TerminationID, all possible matches are attempted, with results reported for each one. The order of attempts when multiple TerminationIDs match is not specified.

TerminationIDは、コンテキストに追加する終了を指定します。終了はどちらかの作成、またはnullコンテキストから取得されます。 CHOOSEワイルドカードをTerminationIDで使用されている場合は、選択されたTerminationIDが返されます。ワイルドカードの追加に使用することができるが、そのような使用法は珍しいだろう。ワイルドカードが1TerminationIDに一致した場合、すべての可能なマッチがそれぞれ1のために報告された結果で、試みられています。複数のTerminationIDsマッチが指定されていない試みの順序。

The optional MediaDescriptor describes all media streams.

オプションのMediaDescriptorは、すべてのメディアストリームを記述する。

The optional ModemDescriptor and MuxDescriptor specify a modem and multiplexer if applicable. For convenience, if a Multiplex descriptor is present in an Add command and lists any Terminations that are not currently in the Context, such Terminations are added to the Context as if individual Add commands listing the Terminations were invoked. If an error occurs on such an implied Add, error 471 - Implied Add for Multiplex failure shall be returned and further processing of the command shall cease.

該当する場合は、オプションのModemDescriptorとMuxDescriptorは、モデムとマルチプレクサを指定します。便宜上、マルチプレックス記述子は、Addコマンドに存在し、終端をリスト個々の追加コマンドが呼び出されたかのように、現在のコンテキストでは、そのような終端は、コンテキストに追加されていない任意の終端を示していますならば。エラーは、このような暗黙の追加で発生した場合、エラー471 - 暗黙の多重故障のための追加が返されなければならないと、コマンドのさらなる処理は中止しなければなりません。

The EventsDescriptor parameter is optional. If present, it provides the list of events that should be detected on the Termination.

たEventsDescriptorパラメータはオプションです。存在する場合、それが終了時に検出されなければならないイベントのリストを提供します。

The EventBufferDescriptor parameter is optional. If present, it provides the list of events that the MG is requested to detect and buffer when EventBufferControl equals LockStep.

EventBufferDescriptorパラメータはオプションです。存在する場合、それはMGが検出しEventBufferControlがロックステップに等しい場合にバッファするように要求されたイベントのリストを提供します。

The SignalsDescriptor parameter is optional. If present, it provides the list of signals that should be applied to the Termination.

SignalsDescriptorパラメータはオプションです。存在する場合、それは、終端に適用されるべき信号のリストを提供します。

The DigitMapDescriptor parameter is optional. If present, it defines a DigitMap definition that may be used in an EventsDescriptor.

DigitMapDescriptorパラメータはオプションです。存在する場合、それはたEventsDescriptorに使用することができるDigitMap定義を規定します。

The AuditDescriptor is optional. If present, the command will return descriptors as specified in the AuditDescriptor.

AuditDescriptorはオプションです。存在する場合AuditDescriptorに指定されているように、コマンドが記述子を返します。

All descriptors that can be modified could be returned by MG if a parameter was underspecified or overspecified. ObservedEvents, Statistics, and Packages, and the EventBuffer descriptors are returned only if requested in the AuditDescriptor.

パラメータがunderspecifiedさやオーバースペックれた場合は変更することができるすべてのディスクリプタはMGによって返されることがあります。 ObservedEvents、統計、およびパッケージ、およびEventBufferディスクリプタはAuditDescriptorに要求された場合にのみ返されます。

Add SHALL NOT be used on a Termination with a serviceState of "OutofService".

「OUTOFSERVICE」のserviceStateと終了時に使用してはならない追加。

7.2.2 Modify
7.2.2の変更

The Modify Command modifies the properties of a Termination.

変更コマンドは、終了のプロパティを変更します。

TerminationID [,MediaDescriptor] [,ModemDescriptor] [,MuxDescriptor] [,EventsDescriptor] [,SignalsDescriptor] [,DigitMapDescriptor] [,ObservedEventsDescriptor] [,EventBufferDescriptor] [,StatisticsDescriptor] [,PackagesDescriptor]

TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor] [、ObservedEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、StatisticsDescriptor] [、PackagesDescriptor]

Modify( TerminationID [, MediaDescriptor] [, ModemDescriptor] [, MuxDescriptor] [, EventsDescriptor] [, EventBufferDescriptor] [, SignalsDescriptor] [, DigitMapDescriptor] [, AuditDescriptor] )

変更(TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor] [、AuditDescriptor])

The TerminationID may be specific if a single Termination in the Context is to be modified. Use of wildcards in the TerminationID may be appropriate for some operations. If the wildcard matches more than one TerminationID, all possible matches are attempted, with results reported for each one. The order of attempts when multiple TerminationIDs match is not specified. The CHOOSE option is an error, as the Modify command may only be used on existing Terminations.

コンテキスト内の単一終端が変更される場合TerminationIDは特異的であってもよいです。 TerminationIDでワイルドカードを使用すると、いくつかの操作のために適切かもしれません。ワイルドカードが1TerminationIDに一致した場合、すべての可能なマッチがそれぞれ1のために報告された結果で、試みられています。複数のTerminationIDsマッチが指定されていない試みの順序。修正コマンドは、既存の終端に使用することができるよう選択したオプションは、エラーです。

For convenience, if a Multiplex Descriptor is present in a Modify command, then:

便宜上、マルチプレックス記述子は、その後、修正コマンドに存在する場合:

- if the new Multiplex Descriptor lists any Terminations that are not currently in the Context, such Terminations are added to the context as if individual commands listing the Terminations were invoked.

- 新しいマルチプレックス記述子は、終端をリスト個々のコマンドが呼び出されたかのように、現在のコンテキストでは、そのような終端は、コンテキストに追加されていない任意の終端を示していますならば。

- if any Terminations listed previously in the Multiplex Descriptor are no longer present in the new Multiplex Descriptor, they are subtracted from the context as if individual Subtract commands listing the Terminations were invoked.

- 多重記述子に以前に記載されている任意の終端は、新しいマルチプレックス記述にはもはや存在している場合は終端をリストアップし、個々の減算コマンドが呼び出されたかのように、彼らは文脈から減算されていません。

The remaining parameters to Modify are the same as those to Add. Possible return values are the same as those to Add.

修正するために残りのパラメータは、追加するものと同じです。可能な戻り値は、追加するものと同じです。

7.2.3 Subtract
7.2.3減算

The Subtract Command disconnects a Termination from its Context and returns statistics on the Termination's participation in the Context.

減算コマンドは、そのコンテキストから解約を切断し、コンテキスト内の終了の参加に関する統計を返します。

TerminationID [,MediaDescriptor] [,ModemDescriptor] [,MuxDescriptor] [,EventsDescriptor] [,SignalsDescriptor] [,DigitMapDescriptor]

TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor]

[,ObservedEventsDescriptor] [,EventBufferDescriptor] [,StatisticsDescriptor] [,PackagesDescriptor] Subtract(TerminationID [, AuditDescriptor] )

【、ObservedEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、StatisticsDescriptor] [、PackagesDescriptor]減算(TerminationID【、AuditDescriptor])

TerminationID in the input parameters represents the Termination that is being subtracted. The TerminationID may be specific or may be a wildcard value indicating that all (or a set of related) Terminations in the Context of the Subtract Command are to be subtracted. If the wildcard matches more than one TerminationID, all possible matches are attempted, with results reported for each one. The order of attempts when multiple TerminationIDs match is not specified.

入力パラメータのTerminationIDが減算されて終了を表します。 TerminationIDは特定であってもよく、または減算コマンドのコンテキストで終端すべての(関連のまたはセット)が減算されることを示すワイルドカード値であってもよいです。ワイルドカードが1TerminationIDに一致した場合、すべての可能なマッチがそれぞれ1のために報告された結果で、試みられています。複数のTerminationIDsマッチが指定されていない試みの順序。

The use of CHOOSE in the TerminationID is an error, as the Subtract command may only be used on existing Terminations.

減算コマンドは、既存の終端に使用することができるようTerminationIDにCHOOSEの使用は、エラーです。

ALL may be used as the ContextID as well as the TerminationId in a Subtract, which would have the effect of deleting all Contexts, deleting all ephemeral Terminations, and returning all physical Terminations to Null Context. Subtract of a termination from the Null Context is not allowed.

ALLは、すべてのコンテキストを削除する全てのエフェメラル終端を削除し、そしてヌルコンテキストにすべての物理終端を戻す効果を有するであろう減算でのContextIDならびにTerminationIdとして使用することができます。ヌルコンテキストからの終了の減算が許可されていません。

For convenience, if a multiplexing Termination is the object of a Subtract command, then any bearer Terminations listed in its Multiplex Descriptor are subtracted from the context as if individual Subtract commands listing the Terminations were invoked.

多重終端が減算コマンドの対象である場合に終端をリスト個々減算コマンドが呼び出されたかのように、便宜上、その多重記述子に記載されている任意のベアラ終端は文脈から減算されます。

By default, the Statistics parameter is returned to report information collected on the Termination or Terminations specified in the Command. The information reported applies to the Termination's or Terminations' existence in the Context from which it or they are being subtracted.

デフォルトでは、統計パラメータは、コマンドで指定された終了または終端上で収集した情報を報告するために返されます。報告された情報は、終了のか、あるいは、彼らが減算されて、そこからコンテキストで終端の存在に適用されます。

The AuditDescriptor is optional. If present, the command will return only those descriptors as specified in the AuditDescriptor, which may be empty. If omitted, the Statistics descriptor is returned, by default. Possible return values are the same as those to Add.

AuditDescriptorはオプションです。存在する場合、空であってもよいAuditDescriptor、で指定されるように、コマンドは、これらの記述子を戻します。省略した場合、統計情報記述子は、デフォルトでは、返されます。可能な戻り値は、追加するものと同じです。

When a provisioned Termination is Subtracted from a Context, its property values shall revert to:

プロビジョニング終了がコンテキストから減算されると、そのプロパティ値がに戻すものとします。

- the default value, if specified for the property and not overridden by provisioning;

- デフォルト値、プロパティに指定したとプロビジョニングによってオーバーライドされない場合。

- otherwise, the provisioned value.

- それ以外の場合は、プロビジョニング値。

7.2.4 Move
7.2.4移動

The Move Command moves a Termination to another Context from its current Context in one atomic operation. The Move command is the only command that refers to a Termination in a Context different from that to which the command is applied. The Move command shall not be used to move Terminations to or from the null Context.

移動コマンドは、1回のアトミック操作で現在のコンテキストから別のコンテキストに終端を移動させます。 Moveコマンドは、コマンドが適用されるものとは異なるコンテキストに終了を意味するコマンドのみです。 Moveコマンドは、NULLコンテキストまたはから終端を移動するために使用してはなりません。

TerminationID [,MediaDescriptor] [,ModemDescriptor] [,MuxDescriptor] [,EventsDescriptor] [,SignalsDescriptor] [,DigitMapDescriptor] [,ObservedEventsDescriptor] [,EventBufferDescriptor] [,StatisticsDescriptor] [,PackagesDescriptor] Move( TerminationID [, MediaDescriptor] [, ModemDescriptor] [, MuxDescriptor] [, EventsDescriptor] [, EventBufferDescriptor] [, SignalsDescriptor] [, DigitMapDescriptor] [, AuditDescriptor] )

TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor] [、ObservedEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、StatisticsDescriptor] [、PackagesDescriptor]移動(TerminationID【、MediaDescriptor] [ ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor] [、AuditDescriptor])

The TerminationID specifies the Termination to be moved. It may be wildcarded, but CHOOSE shall not be used in the TerminationID. If the wildcard matches more than one TerminationID, all possible matches are attempted, with results reported for each one. The order of attempts when multiple TerminationIDs match is not specified. The Context to which the Termination is moved is indicated by the target ContextId in the Action. If the last remaining Termination is moved out of a Context, the Context is deleted.

TerminationIDが移動するの終了を指定します。これは、ワイルドカードを使ったことが、TerminationIDに使用してはならない選択することができます。ワイルドカードが1TerminationIDに一致した場合、すべての可能なマッチがそれぞれ1のために報告された結果で、試みられています。複数のTerminationIDsマッチが指定されていない試みの順序。終端が移動されるコンテキストは、処置中の標的CONTEXTIDで示されています。最後に残った終了はコンテキストの外に移動されている場合は、コンテキストが削除されます。

The Move command does not affect the properties of the Termination on which it operates, except those properties explicitly modified by descriptors included in the Move command. The AuditDescriptor with the Statistics option, for example, would return statistics on the Termination just prior to the Move. Possible descriptors returned from Move are the same as for Add.

Moveコマンドは、明示的に移動コマンドに含まれる記述子によって修飾されたものの性質を除いて、それが動作するターミネーションの性質に影響を与えません。統計オプション付きAuditDescriptorは、例えば、直前に移動するためにターミネーションの統計情報を返します。移動から返される可能性のある記述子には、追加の場合と同じです。

For convenience, if a multiplexing Termination is the object of a Move command, then any bearer Terminations listed in its Multiplex Descriptor are also moved as if individual Move commands listing the Terminations were invoked.

多重終端が移動コマンドの対象である場合、終端をリスト個々移動コマンドが呼び出されたかのように、便宜上、その多重記述に記載されている任意のベアラ終端も移動します。

Move SHALL NOT be used on a Termination with a serviceState of "OutofService".

移動は「OUTOFSERVICE」のserviceStateと終了時に使用してはなりません。

7.2.5 AuditValue
7.2.5 AuditValue

The AuditValue Command returns the current values of properties, events, signals and statistics associated with Terminations.

AuditValueコマンドは、終端に関連するプロパティ、イベント、シグナルおよび統計の現在の値を返します。

TerminationID [,MediaDescriptor] [,ModemDescriptor] [,MuxDescriptor] [,EventsDescriptor] [,SignalsDescriptor] [,DigitMapDescriptor] [,ObservedEventsDescriptor] [,EventBufferDescriptor] [,StatisticsDescriptor] [,PackagesDescriptor] AuditValue(TerminationID, AuditDescriptor )

TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、DigitMapDescriptor] [、ObservedEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、StatisticsDescriptor] [、PackagesDescriptor] AuditValue(TerminationID、AuditDescriptor)

TerminationID may be specific or wildcarded. If the wildcard matches more than one TerminationID, all possible matches are attempted, with results reported for each one. The order of attempts when multiple TerminationIDs match is not specified. If a wildcarded response is requested, only one command return is generated, with the contents containing the union of the values of all Terminations matching the wildcard. This convention may reduce the volume of data required to audit a group of Terminations. Use of CHOOSE is an error.

TerminationIDは特定またはワイルドカードを使ったことがあります。ワイルドカードが1TerminationIDに一致した場合、すべての可能なマッチがそれぞれ1のために報告された結果で、試みられています。複数のTerminationIDsマッチが指定されていない試みの順序。ワイルドカードの応答が要求された場合のみ、1つのコマンドのリターンは、ワイルドカードに一致するすべての端子の値の和集合を含む内容で、生成されます。この規則は、終端のグループを監査するために必要なデータの量を減らすことができます。 CHOOSEの使用は誤りです。

The appropriate descriptors, with the current values for the Termination, are returned from AuditValue. Values appearing in multiple instances of a descriptor are defined to be alternate values supported, with each parameter in a descriptor considered independent.

終了の現在の値との適切な記述子は、AuditValueから返されます。記述子の複数のインスタンスに現れる値は独立考え記述子の各パラメータを用いて、代替の値がサポートされるように定義されています。

ObservedEvents returns a list of events in the EventBuffer. If the ObservedEventsDescriptor is audited while a DigitMap is active, the returned ObservedEvents descriptor also includes a digit map completion event that shows the current dial string but does not show a Termination method.

ObservedEvents EventBuffer内のイベントのリストを返します。 DigitMapがアクティブである間ObservedEventsDescriptorが監査されている場合は、返さObservedEvents記述子はまた、現在のダイヤルストリングを示すが、終了方法を示していないケタ地図完成イベントを含んでいます。

EventBuffer returns the set of events and associated parameter values currently enabled in the EventBufferDescriptor. PackagesDescriptor returns a list of packages realized by the Termination. DigitMapDescriptor returns the name or value of the current DigitMap for the Termination. DigitMap requested in an AuditValue command with TerminationID ALL returns all DigitMaps in the gateway. Statistics returns the current values of all statistics being kept on the Termination. Specifying an empty Audit descriptor results in only the TerminationID being returned. This may be useful to get a list of TerminationIDs when used with wildcard. Annexes A and B provide a special syntax for presenting such a list in condensed form, such that the AuditValue command tag does not have to be repeated for each TerminationID.

EventBufferは現在EventBufferDescriptorに有効イベントと関連したパラメータ値のセットを返します。 PackagesDescriptorが終了することで実現パッケージのリストを返します。 DigitMapDescriptorは終了の現在のDigitMapの名前または値を返します。 TerminationID ALLでAuditValueコマンドで要求されたDigitMapは、ゲートウェイ内のすべてのDigitMapsを返します。統計は、終了時に保持されているすべての統計情報の現在の値を返します。返されるだけTerminationIDに空の監査記述子を指定すると。これは、ワイルドカードで使用する場合のTerminationIDsのリストを取得することが有用であり得ます。附属書AとBはAuditValueコマンドタグが各TerminationIDのために繰り返す必要がないように、凝縮形でそのようなリストを提示するための特別な構文を提供します。

AuditValue results depend on the Context, viz. specific, null, or wildcarded. (Note that ContextID ALL does not include the null Context.) The TerminationID may be specific, or wildcarded.

AuditValue結果はすなわち、コンテキストに依存します。 、特定のヌル、またはワイルドカードを使いました。 (ALLのContextIDがヌルコンテキストが含まれていないことに留意されたい。)TerminationIDは、特定の、またはワイルドカードであってもよいです。

The following are examples of what is returned in case the context and/or the termination is wildcarded and a wildcarded response has been specified.

場合にコンテキストを返さ及び/又は終了がワイルドカードであり、ワイルドカード応答が指定されているものの例です。

   Assume that the gateway has 4 terminations: t1/1, t1/2, t2/1 and
   t2/2.  Assume that terminations t1/* have implemented packages aaa
   and bbb and that terminations t2/* have implemented packages ccc and
   ddd.  Assume that Context 1 has t1/1 and t2/1 in it and that Context
   2 has t1/2 and t2/2 in it.
        

The command:

コマンド:

Context=1{AuditValue=t1/1{Audit{Packages}}}

コンテキスト= 1 {AuditValue = T1 / 1 {監査{パッケージ}}}

Returns:

返却値:

Context=1{AuditValue=t1/1{Packages{aaa,bbb}}}

コンテキスト= 1 {AuditValue = T1 / 1 {パッケージ{AAA、BBB}}}

The command:

コマンド:

     Context=*{AuditValue=t2/*{Audit{Packages}}}
        

Returns:

返却値:

Context=1{AuditValue=t2/1{Packages{ccc,ddd}}}, Context=2{AuditValue=t2/2{Packages{ccc,ddd}}}

コンテキスト= 1 {AuditValue = T2 / 1 {パッケージ{CCC、DDD}}}、コンテキスト= 2 {AuditValue = T2 / 2 {パッケージ{CCC、DDD}}}

The command:

コマンド:

     Context=*{W-AuditValue=t1/*{Audit{Packages}}}
        

Returns:

返却値:

     Context=*{W-AuditValue=t1/*{Packages{aaa,bbb}}}
        

Note: A wildcard response may also be used for other commands such as Subtract.

注:ワイルドカード応答はまた、減算などの他のコマンドのために使用することができます。

The following illustrates other information that can be obtained with the AuditValue Command:

以下は、AuditValueコマンドで取得することができ、他の情報を示しています。

ContextID TerminationID Information Obtained

ContextID TerminationID情報を取得します

Specific wildcard Audit of matching Terminations in a Context

コンテキストに一致する終端の特定のワイルドカード監査

Specific specific Audit of a single Termination in a Context

コンテキストにおける単一終端の特定の具体的な監査

Null Root Audit of Media Gateway state and events

メディアゲートウェイの状態とイベントのnullのルート監査

Null wildcard Audit of all matching Terminations in the null Context

ヌルコンテキスト内のすべての一致する終端のヌルワイルドカード監査

Null specific Audit of a single Termination outside of any Context

任意のコンテキストの外側の単一終端のヌル特定の監査

All wildcard Audit of all matching Terminations and the Context to which they are associated

一致するすべての終端のすべてのワイルドカードの監査およびそれらが関連付けられているコンテキスト

All Root List of all ContextIds (the ContextID list should be returned by using multiple action replies, each containing a ContextID from the list)

すべてのコンテクストIDのすべてのルートリスト(のContextIDリストは、各リストからのContextIDを含む、複数のアクション応答を使用することによって返されるべきです)

All Specific (Non-null) ContextID in which the Termination currently exists

終了が現在存在するすべての特定(非ヌル)のContextID

7.2.6 AuditCapabilities
7.2.6 AuditCapabilities

The AuditCapabilities Command returns the possible values of properties, events, signals and statistics associated with Terminations.

AuditCapabilitiesコマンド終端に関連するプロパティ、イベント、シグナルおよび統計の可能な値を返します。

TerminationID [,MediaDescriptor] [,ModemDescriptor] [,MuxDescriptor] [,EventsDescriptor] [,SignalsDescriptor] [,ObservedEventsDescriptor] [,EventBufferDescriptor] [,StatisticsDescriptor] AuditCapabilities(TerminationID, AuditDescriptor )

TerminationID【、MediaDescriptor] [、ModemDescriptor] [、MuxDescriptor] [たEventsDescriptor] [、SignalsDescriptor] [、ObservedEventsDescriptor] [、EventBufferDescriptor] [、StatisticsDescriptor] AuditCapabilities(TerminationID、AuditDescriptor)

The appropriate descriptors, with the possible values for the Termination are returned from AuditCapabilities. Descriptors may be repeated where there are multiple possible values. If a wildcarded response is requested, only one command return is generated, with the contents containing the union of the values of all Terminations matching the wildcard. This convention may reduce the volume of data required to audit a group of Terminations.

終了の可能な値を持つ適切な記述子は、AuditCapabilitiesから返されます。複数の可能な値が存在する場合の記述子を繰り返してもよいです。ワイルドカードの応答が要求された場合のみ、1つのコマンドのリターンは、ワイルドカードに一致するすべての端子の値の和集合を含む内容で、生成されます。この規則は、終端のグループを監査するために必要なデータの量を減らすことができます。

Interpretation of what capabilities are requested for various values of ContextID and TerminationID is the same as in AuditValue.

機能はのContextIDとTerminationIDの様々な値のために要求されるものの解釈はAuditValueと同じです。

The EventsDescriptor returns the list of possible events on the Termination together with the list of all possible values for the EventsDescriptor Parameters. EventBufferDescriptor returns the same information as EventsDescriptor. The SignalsDescriptor returns the list of possible signals that could be applied to the Termination together with the list of all possible values for the Signals Parameters. StatisticsDescriptor returns the names of the statistics being kept on the termination. ObservedEventsDescriptor returns the names of active events on the Termination. DigitMap and Packages are not legal in AuditCapability.

たEventsDescriptorはたEventsDescriptorパラメータのすべての可能な値のリストと一緒に解約に可能性のあるイベントのリストを返します。 EventBufferDescriptorはたEventsDescriptorと同じ情報を返します。 SignalsDescriptorは、信号パラメータのすべての可能な値のリストと一緒に解約に適用できる可能性シグナルのリストを返します。 StatisticsDescriptorは、終了時に保持されている統計の名前を返します。 ObservedEventsDescriptorは、終了時にアクティブなイベントの名前を返します。 DigitMapとパッケージはAuditCapabilityに法的ではありません。

The following illustrates other information that can be obtained with the AuditCapabilties Command:

以下はAuditCapabiltiesコマンドで取得することができ、他の情報を示しています。

ContextID TerminationID Information Obtained

ContextID TerminationID情報を取得します

Specific wildcard Audit of matching Terminations in a Context

コンテキストに一致する終端の特定のワイルドカード監査

Specific specific Audit of a single Termination in a Context

コンテキストにおける単一終端の特定の具体的な監査

Null Root Audit of MG state and events

MG状態とイベントのnullのルート監査

Null wildcard Audit of all matching Terminations in the Null Context

ヌルコンテキスト内のすべての一致する終端のヌルワイルドカード監査

Null specific Audit of a single Termination outside of any Context

任意のコンテキストの外側の単一終端のヌル特定の監査

All wildcard Audit of all matching Terminations and the Context to which they are associated

一致するすべての終端のすべてのワイルドカードの監査およびそれらが関連付けられているコンテキスト

All Root Same as for AuditValue

AuditValue用と同じすべてのルート

All Specific Same as for AuditValue

AuditValue用としてすべての特定と同じ

7.2.7 Notify
7.2.7通知

The Notify Command allows the Media Gateway to notify the Media Gateway Controller of events occurring within the Media Gateway.

通知コマンドメディアゲートウェイは、メディアゲートウェイ内で発生するイベントのメディアゲートウェイコントローラに通知することができます。

TerminationID Notify(TerminationID, ObservedEventsDescriptor, [ErrorDescriptor] )

通知(TerminationID、ObservedEventsDescriptor、[ErrorDescriptor])TerminationID

The TerminationID parameter specifies the Termination issuing the Notify Command. The TerminationID shall be a fully qualified name.

TerminationIDパラメータは、通知コマンドを発行して終了を指定します。 TerminationIDは完全修飾名でなければなりません。

The ObservedEventsDescriptor contains the RequestID and a list of events that the Media Gateway detected in the order that they were detected. Each event in the list is accompanied by parameters associated with the event and optionally an indication of the time that the event was detected. Procedures for sending Notify commands with RequestID equal to 0 are for further study.

ObservedEventsDescriptorはRequestIDとメディアゲートウェイは、それらが検出された順に検出されたイベントのリストが含まれています。リスト内の各イベントは、イベントおよび必要に応じてイベントが検出された時間の表示に関連するパラメータを伴います。 0に等しいRequestIDで通知コマンドを送信するための手順は、今後の検討課題です。

Notify Commands with RequestID not equal to 0 shall occur only as the result of detection of an event specified by an Events descriptor which is active on the Termination concerned.

のみ関係終了時にアクティブであるイベント記述子によって指定されたイベントの検出の結果として生じるものと0に等しくないRequestIDでコマンドを通知します。

The RequestID returns the RequestID parameter of the EventsDescriptor that triggered the Notify Command. It is used to correlate the notification with the request that triggered it. The events in the list must have been requested via the triggering EventsDescriptor or embedded events descriptor unless the RequestID is 0 (which is for further study).

RequestIDは、通知コマンドをトリガしたEventsDescriptorのRequestIDパラメータを返します。それをトリガー要求に通知を相関させるために使用されています。 RequestIDは(今後の検討課題である)0でない限り、リスト内のイベントがトリガたEventsDescriptorまたは埋め込まれたイベント記述子を介して要求されている必要があります。

The ErrorDescriptor may be sent in the Notify Command as a result of Error 518 - Event buffer full.

フルイベントバッファ - ErrorDescriptorは、エラー518の結果として通知するコマンドで送信することができます。

7.2.8 ServiceChange
7.2.8のServiceChange

The ServiceChange Command allows the Media Gateway to notify the Media Gateway Controller that a Termination or group of Terminations is about to be taken out of service or has just been returned to service. The Media Gateway Controller may indicate that Termination(s) shall be taken out of or returned to service. The Media Gateway may notify the MGC that the capability of a Termination has changed. It also allows a MGC to hand over control of a MG to another MGC.

ServiceChangeコマンドは、メディアゲートウェイは、終端の終了またはグループがサービスから取り出されようとしているか、単にサービスに返却されたメディアゲートウェイコントローラに通知することができます。メディアゲートウェイコントローラは終了(s)はから取り出しやサービスに返却されなければならないことを示してもよいです。メディアゲートウェイは、終了の機能が変更されたMGCに通知することができます。また、MGCは、別のMGCにMGの制御を引き渡すことができます。

TerminationID,

TerminationID、

[ServiceChangeDescriptor] ServiceChange ( TerminationID, ServiceChangeDescriptor )

【ServiceChangeDescriptor]のServiceChange(TerminationID、ServiceChangeDescriptor)

The TerminationID parameter specifies the Termination(s) that are taken out of or returned to service. Wildcarding of Termination names is permitted, with the exception that the CHOOSE mechanism shall not be used. Use of the "Root" TerminationID indicates a ServiceChange affecting the entire Media Gateway.

TerminationIDパラメータはから取り出しまたはサービスに返される終了(複数可)を指定します。終了名のワイルドカードは、CHOOSEメカニズムを使用してはならないことを除いて、許可されています。 「ルート」TerminationIDの使用は全体のメディアゲートウェイに影響を与えるのServiceChangeを示しています。

The ServiceChangeDescriptor contains the following parameters as required:

ServiceChangeDescriptorは、必要に応じて、以下のパラメータが含まれています。

- ServiceChangeMethod - ServiceChangeReason - ServiceChangeDelay - ServiceChangeAddress - ServiceChangeProfile - ServiceChangeVersion - ServiceChangeMgcId - TimeStamp

- ServiceChangeMethod - ServiceChangeReason - ServiceChangeDelay - ServiceChangeAddress - ServiceChangeProfile - ServiceChangeVersion - ServiceChangeMgcId - タイムスタンプ

The ServiceChangeMethod parameter specifies the type of ServiceChange that will or has occurred:

ServiceChangeMethodパラメータが発生していますかのServiceChangeのタイプを指定します。

1) Graceful - indicates that the specified Terminations will be taken out of service after the specified ServiceChangeDelay; established connections are not yet affected, but the Media Gateway Controller should refrain from establishing new connections and should attempt to gracefully tear down existing connections on the Termination(s) affected by the serviceChange command. The MG should set Termination serviceState at the expiry of ServiceChangeDelay or the removal of the Termination from an active Context (whichever is first), to "out of service".

1)グレースフル - 指定された終端を指定ServiceChangeDelay後にサービスから取り出されることを示しています。確立された接続はまだ影響を受けませんが、メディアゲートウェイコントローラは、新しい接続を確立控えるべきで、優雅のServiceChangeコマンドによって影響を受ける終了(S)上の既存の接続を切断しようとしなければなりません。 MGはServiceChangeDelayの満了またはアクティブコンテキスト(最初の方)から、「サービス外」に終端の除去で終端serviceStateを設定しなければなりません。

2) Forced - indicates that the specified Terminations were taken abruptly out of service and any established connections associated with them may be lost. For non-Root terminations, the MGC is responsible for cleaning up the Context (if any) with which the failed Termination is associated. At a minimum the Termination shall be subtracted from the Context. The Termination serviceState should be "out of service". For the root termination, the MGC can assume that all connections are lost on the MG and thus can consider that all the terminations have been subtracted.

2)強制 - 指定された終端がアウトオブサービスに急激採取し、それらに関連する任意の確立された接続が失われる可能性があることを示しています。非ルートの終端のために、MGCは失敗終了が関連付けられているコンテキスト(もしあれば)をクリーンアップする責任があります。最低で終了は、文脈から差し引かなければなりません。終了serviceStateは、「サービス外」でなければなりません。ルート終了の場合、MGCは、すべての接続がMGに失われていると仮定することができますので、すべての端子が減算されていることを考慮することができます。

3) Restart - indicates that service will be restored on the specified Terminations after expiration of the ServiceChangeDelay. The serviceState should be set to "inService" upon expiry of ServiceChangeDelay.

3)再起動 - サービスはServiceChangeDelayの満了の後に指定された終端に復元されることを示しています。 serviceStateはServiceChangeDelayの満了時に「インサービス」に設定する必要があります。

4) Disconnected - always applied with the Root TerminationID, indicates that the MG lost communication with the MGC, but it was subsequently restored to the same MGC (possibly after trying other MGCs on a pre-provisioned list). Since MG state may have changed, the MGC may wish to use the Audit command to resynchronize its state with the MG's.

4)切断 - 常にルートTerminationIDを適用、MGはMGCとの通信が失われたことを示しているが、それは続いて)おそらく事前にプロビジョニングされたリスト上の他のMGCをしようとした後、(同じMGCに復元されました。 MGの状態が変化している可能性があるので、MGCはMGので、その状態を再同期するために、監査コマンドを使用することをお勧めします。

5) Handoff - sent from the MGC to the MG, this reason indicates that the MGC is going out of service and a new MGC association must be established. Sent from the MG to the MGC, this indicates that the MG is attempting to establish a new association in accordance with a Handoff received from the MGC with which it was previously associated.

5)ハンドオフは - MGCからMGに送られ、この理由は、MGCがサービスの外に起こっていると新しいMGCアソシエーションが確立されなければならないことを示しています。 MGCにMGから送信され、これはMGは、それが以前に関連していたとMGCから受信したハンドオフに従って新しいアソシエーションを確立しようとしていることを示しています。

6) Failover - sent from MG to MGC to indicate the primary MG is out of service and a secondary MG is taking over. This serviceChange method is also sent from the MG to the MGC when the MG detects that MGC has failed.

6)フェイルオーバー - プライマリMGを示すために、MGCにMGから送信されたサービスの外であり、二次MGを引き継ぐされます。 MGは、MGCが失敗したことを検出すると、こののServiceChange方法は、MGCにMGから送信されます。

7) Another value whose meaning is mutually understood between the MG and the MGC.

7)その意味は互いにMGとMGCとの間には理解される他の値。

The ServiceChangeReason parameter specifies the reason why the ServiceChange has or will occur. It consists of an alphanumeric token (IANA registered) and, optionally, an explanatory string.

ServiceChangeReasonパラメータはのServiceChangeが持っているかが発生する理由を指定します。それは、英数字のトークン(IANAに登録)と、必要に応じて、説明の文字列で構成されています。

The optional ServiceChangeAddress parameter specifies the address (e.g., IP port number for IP networks) to be used for subsequent communications. It can be specified in the input parameter descriptor or the returned result descriptor. ServiceChangeAddress and ServiceChangeMgcId parameters must not both be present in the ServiceChangeDescriptor or the ServiceChangeResultDescriptor. The ServiceChangeAddress provides an address to be used within the Context of the association currently being negotiated, while the ServiceChangeMgcId provides an alternate address where the MG should seek to establish another association. Note that the use of ServiceChangeAddress is not encouraged. MGCs and MGs must be able to cope with the ServiceChangeAddress being either a full address or just a port number in the case of TCP transports.

オプションServiceChangeAddressパラメータ(例えば、IPネットワークのためのIPポート番号)は、その後の通信に使用するアドレスを指定します。これは、入力パラメータ記述子または返される結果記述子で指定することができます。 ServiceChangeAddressとServiceChangeMgcIdパラメータは両方ともServiceChangeDescriptorまたはServiceChangeResultDescriptor中に存在してはなりません。 ServiceChangeAddressはServiceChangeMgcIdはMGが別のアソシエーションを確立するために求めるべき代替アドレスを提供するが、現在、交渉中アソシエーションのコンテキスト内で使用されるアドレスを提供します。 ServiceChangeAddressの使用が奨励されていないことに注意してください。 MGCとのMGはServiceChangeAddressが完全なアドレスやTCPの場合は、輸送中にだけポート番号のいずれかであることに対処できなければなりません。

The optional ServiceChangeDelay parameter is expressed in seconds. If the delay is absent or set to zero, the delay value should be considered to be null. In the case of a "graceful" ServiceChangeMethod, a null delay indicates that the Media Gateway Controller should wait for the natural removal of existing connections and should not establish new connections. For "graceful" only, a null delay means the MG must not set serviceState "out of service" until the Termination is in the null Context.

オプションのServiceChangeDelayパラメータは秒単位で表されます。遅延は存在しないか、またはゼロに設定されている場合は、遅延の値がヌルであると考えるべきです。 「優雅な」ServiceChangeMethodの場合は、ヌル遅れは、メディアゲートウェイコントローラは、既存の接続の自然な除去を待つ必要があり、新しい接続を確立するべきではないことを示しています。 「優雅」の場合のみ、ヌル遅延が終了がヌル文脈にあるまでMGは「サービスのうち、」serviceStateを設定しないでなければならないことを意味します。

The optional ServiceChangeProfile parameter specifies the Profile (if any) of the protocol supported. The ServiceChangeProfile includes the version of the profile supported.

オプションServiceChangeProfileパラメータは、サポートされるプロトコルのプロファイルを(もしあれば)を指定します。 ServiceChangeProfileは、サポートされているプロファイルのバージョンが含まれています。

The optional ServiceChangeVersion parameter contains the protocol version and is used if protocol version negotiation occurs (see 11.3).

オプションServiceChangeVersionパラメータは、プロトコルのバージョンが含まれており、プロトコルバージョンネゴシエーションが発生した場合(11.3を参照)が使用されます。

The optional TimeStamp parameter specifies the actual time as kept by the sender. As such, it is not necessarily absolute time according to, for example, a local time zone - it merely establishes an arbitrary starting time against which all future timestamps transmitted by a sender during this association shall be compared. It can be used by the responder to determine how its notion of time differs from that of its correspondent. TimeStamp is sent with a precision of hundredths of a second.

オプションのTIMESTAMPパラメータは、送信者によって保持された実際の時間を指定します。それは単に、このアソシエーションの間、送信者によって送信されるすべての将来のタイムスタンプを比較しなければならない、それに対して任意の開始時間を確立する - このように、例えば、ローカルタイムゾーンは、に応じて、必ずしも絶対的な時間ではありません。時間のその概念は、その対応のものとどのように異なるかを決定するために応答者によって使用することができます。タイムスタンプは、第二の100分の1の精度で送信されます。

The optional Extension parameter may contain any value whose meaning is mutually understood by the MG and MGC.

オプションの拡張パラメータは、その意味は、相互MGとMGCによって理解される任意の値を含んでいてもよいです。

A ServiceChange Command specifying the "Root" for the TerminationID and ServiceChangeMethod equal to Restart is a registration command by which a Media Gateway announces its existence to the Media Gateway Controller. The Media Gateway may also announce a registration command by specifying the "Root" for the TerminationID and ServiceChangeMethod equal to Failover when the MG detects MGC failures. The Media Gateway is expected to be provisioned with the name of one primary and optionally some number of alternate Media Gateway Controllers. Acknowledgement of the ServiceChange Command completes the registration process, except when the MGC has returned an alternative ServiceChangeMgcId as described in the following paragraph. The MG may specify the transport ServiceChangeAddress to be used by the MGC for sending messages in the ServiceChangeAddress parameter in the input ServiceChangeDescriptor. The MG may specify an address in the ServiceChangeAddress parameter of the ServiceChange request, and the MGC may also do so in the ServiceChange reply. In either case, the recipient must use the supplied address as the destination for all subsequent transaction requests within the association. At the same time, as indicated in clause 9, transaction replies and pending indications must be sent to the address from which the corresponding requests originated. This must be done even if it implies extra messaging because commands and responses cannot be packed together. The TimeStamp parameter shall be sent with a registration command and its response.

再起動に等しいTerminationIDとServiceChangeMethodのための「ルート」を指定のServiceChangeコマンドは、メディアゲートウェイがメディアゲートウェイコントローラにその存在を発表したことにより、登録コマンドです。メディアゲートウェイはまた、TerminationIDとMGはMGCの故障を検出したときにフェイルオーバーする等しいServiceChangeMethodのための「ルート」を指定することで、登録コマンドを発表することがあります。メディアゲートウェイは、一つの一次の名前でプロビジョニングおよび代替メディアゲートウェイコントローラのいくつかの数を任意にすることが期待されます。 ServiceChangeコマンドの謝辞は以下の段落で説明したようにMGCが代替ServiceChangeMgcIdを返した場合を除き、登録プロセスを完了します。 MGは、入力ServiceChangeDescriptorにServiceChangeAddressパラメータにメッセージを送信するためにMGCが使用するトランスポートServiceChangeAddressを指定することもできます。 MGはのServiceChange要求のServiceChangeAddressパラメータのアドレスを指定することができ、そしてMGCものServiceChange応答でそうすることができます。いずれの場合も、受信者は、協会内の後続のすべてのトランザクション要求の宛先として供給されたアドレスを使用する必要があります。同時に、条項9、トランザクション応答および保留中の適応症に示されるように、対応する要求の発信元のアドレスに送信されなければなりません。これは、コマンドと応答が一緒にパックすることができないので、それは余分なメッセージングを意味していても実行する必要があります。 TIMESTAMPパラメータは、登録コマンドとその応答で送付されなければなりません。

The Media Gateway Controller may return a ServiceChangeMgcId parameter that describes the Media Gateway Controller that should preferably be contacted for further service by the Media Gateway. In this case the Media Gateway shall reissue the ServiceChange command to the new Media Gateway Controller. The MGC specified in a ServiceChangeMgcId, if provided, shall be contacted before any further alternate MGCs. On a HandOff message from MGC to MG, the ServiceChangeMgcId is the new MGC that will take over from the current MGC.

メディアゲートウェイコントローラは、好ましくは、メディアゲートウェイによる更なるサービスのために連絡する必要があるメディアゲートウェイコントローラを説明ServiceChangeMgcIdパラメータを返すことがあります。この場合、メディアゲートウェイは、新たなメディアゲートウェイコントローラへのServiceChangeコマンドを再発行しなければなりません。 ServiceChangeMgcIdで指定されたMGCは、提供される場合、任意のさらなる代替のMGCs前に連絡しなければなりません。 MGへのMGCからハンドオフメッセージでは、ServiceChangeMgcIdは、現在のMGCから引き継ぐ新しいMGCです。

The return from ServiceChange is empty except when the Root terminationID is used. In that case it includes the following parameters as required:

ServiceChangeからのリターンは、ルートterminationIDが使用されている場合を除き、空です。その場合、必要に応じて、以下のパラメータを含みます。

- ServiceChangeAddress, if the responding MGC wishes to specify a new destination for messages from the MG for the remainder of the association;

- ServiceChangeAddress、応答をMGCに関連の残りのMGからのメッセージのための新たな送信先を指定したい場合。

- ServiceChangeMgcId, if the responding MGC does not wish to sustain an association with the MG;

- ServiceChangeMgcId、応答MGCはMGとの関連付けを維持したくない場合は、

- ServiceChangeProfile, if the responder wishes to negotiate the profile to be used for the association;

- ServiceChangeProfile、応答者がアソシエーションのために使用されるプロファイルを交渉することを望む場合、

- ServiceChangeVersion, if the responder wishes to negotiate the version of the protocol to be used for the association.

- ServiceChangeVersion、応答者がアソシエーションに使用されるプロトコルのバージョンを交渉することを望む場合。

The following ServiceChangeReasons are defined. This list may be extended by an IANA registration as outlined in 13.3.

以下ServiceChangeReasonsが定義されています。 13.3に概説されるように、このリストは、IANAに登録することによって拡張することができます。

900 Service Restored 901 Cold Boot 902 Warm Boot 903 MGC Directed Change 904 Termination malfunctioning 905 Termination taken out of service 906 Loss of lower layer connectivity (e.g., downstream sync) 907 Transmission Failure 908 MG Impending Failure 909 MGC Impending Failure 910 Media Capability Failure 911 Modem Capability Failure 912 Mux Capability Failure 913 Signal Capability Failure 914 Event Capability Failure 915 State Loss

900サービスは、サービスの取り出し901コールドブート902ウォームブート903 MGCダイレクト変更904終端誤動作905終端を回復下位層の接続(例えば、ダウンストリームシンク)907送信失敗の906の損失908 MG障害910のメディア機能障害911を差し迫った障害909 MGC切迫モデム機能障害912のMux機能障害913の信号機能障害914イベント機能障害915州ロス

7.2.9 Manipulating and Auditing Context Attributes
7.2.9操作と監査コンテキストの属性

The commands of the protocol as discussed in the preceding subclauses apply to Terminations. This subclause specifies how Contexts are manipulated and audited.

前の節で説明したようにプロトコルのコマンドが終端に適用されます。本節では、コンテキストを操作し、監査される方法を指定します。

Commands are grouped into actions (see clause 8). An action applies to one Context. In addition to commands, an action may contain Context manipulation and auditing instructions.

コマンドはアクション(節8を参照)に分類されています。アクションは、1つのコンテキストに適用されます。コマンドに加えて、アクションは、コンテキスト操作と監査命令を含むことができます。

An action request sent to a MG may include a request to audit attributes of a Context. An action may also include a request to change the attributes of a Context.

MGに送信されたアクション要求は、コンテキストの属性を監査するための要求を含むこともできます。アクションは、コンテキストの属性を変更する要求を含むこともできます。

The Context properties that may be included in an action reply are used to return information to a MGC. This can be information requested by an audit of Context attributes or details of the effect of manipulation of a Context.

アクション応答に含まれてもよいコンテキスト特性はMGCに情報を返すために使用されます。これは、コンテキスト属性またはコンテキストの操作の効果の詳細の監査によって要求された情報とすることができます。

If a MG receives an action which contains both a request to audit context attributes and a request to manipulate those attributes, the response SHALL include the values of the attributes after processing the manipulation request.

MGは、コンテキスト属性を監査するための要求と、それらの属性を操作するための要求の両方を含むアクションを受信した場合、応答は、操作要求を処理した後の属性の値を含まなければなりません。

7.2.10 Generic Command Syntax
7.2.10一般的なコマンドの構文

The protocol can be encoded in a binary format or in a text format. MGCs should support both encoding formats. MGs may support both formats.

プロトコルは、バイナリ形式またはテキスト形式で符号化することができます。 MGCは両方のエンコーディング形式をサポートする必要があります。 MGのは、両方のフォーマットをサポートすることができます。

The protocol syntax for the binary format of the protocol is defined in Annex A. Annex C specifies the encoding of the Local and Remote descriptors for use with the binary format.

プロトコルのバイナリ形式のプロトコル構文は、附属書Aの付属書Cに定義されているバイナリ形式で使用するためのローカルおよびリモート記述子のエンコーディングを指定します。

A complete ABNF of the text encoding of the protocol per RFC 2234 is given in Annex B. SDP is used as the encoding of the Local and Remote descriptors for use with the text encoding as modified in 7.1.8.

RFC 2234プロトコル当たりのテキストエンコーディングの完全なABNFは、附属書B. SDPに記載されている7.1.8で修正されたテキストエンコーディングで使用するためのローカルおよびリモート記述子のエンコーディングとして使用されます。

7.3 Command Error Codes
7.3コマンドのエラーコード

Errors consist of an IANA registered error code and an explanatory string. Sending the explanatory string is optional. Implementations are encouraged to append diagnostic information to the end of the string.

エラーは、IANAに登録エラーコードと説明の文字列から成ります。説明文字列を送信するオプションです。実装は文字列の末尾に診断情報を追加することをお勧めします。

When a MG reports an error to a MGC, it does so in an error descriptor. An error descriptor consists of an error code and optionally the associated explanatory string.

MGはMGCにエラーを報告する場合は、エラー記述子にそう。エラー記述はエラーコードで構成され、関連付けられた説明文字列を任意。

H.248.8 contains the error codes supported by Recommendations in the H.248 sub-series.

H.248.8はH.248サブシリーズの勧告でサポートされているエラーコードが含まれています。

8 Transactions

8つの取引

Commands between the Media Gateway Controller and the Media Gateway are grouped into Transactions, each of which is identified by a TransactionID. Transactions consist of one or more Actions. An Action consists of a non-empty series of Commands, Context property modifications, or Context property audits that are limited to operating within a single Context. Consequently, each Action typically specifies a ContextID. However, there are two circumstances where a specific ContextID is not provided with an Action. One is the case of modification of a Termination outside of a Context. The other is where the controller requests the gateway to create a new Context. Figure 8 is a graphic representation of the Transaction, Action and Command relationships.

メディアゲートウェイコントローラとメディアゲートウェイとの間のコマンドは、トランザクションIDによって識別されるそれぞれがトランザクションにグループ化されます。トランザクションは、1つ以上のアクションで構成されています。アクションは、単一のコンテキスト内で動作に制限されている空でない一連のコマンド、Contextプロパティの変更、またはContextプロパティ監査で構成されています。その結果、各アクションは、通常のContextIDを指定します。しかし、特定のContextIDは、アクションが設けられていない2つの状況があります。一つは、コンテキストの外で終了の変更の場合です。コントローラは新しいコンテキストを作成するためにゲートウェイを要求する場合、他のです。図8は、トランザクション、アクションとコマンドの関係を示すグラフです。

      +----------------------------------------------------------+
      | Transaction x                                            |
      |  +----------------------------------------------------+  |
      |  | Action 1                                           |  |
      |  | +---------+  +---------+  +---------+  +---------+ |  |
      |  | | Command |  | Command |  | Command |  | Command | |  |
      |  | |    1    |  |    2    |  |    3    |  |    4    | |  |
      |  | +---------+  +---------+  +---------+  +---------+ |  |
      |  +----------------------------------------------------+  |
      |                                                          |
      |  +----------------------------------------------------+  |
      |  | Action 2                                           |  |
      |  | +---------+                                        |  |
      |  | | Command |                                        |  |
      |  | |    1    |                                        |  |
      |  | +---------+                                        |  |
      |  +----------------------------------------------------+  |
      |                                                          |
      |  +----------------------------------------------------+  |
      |  | Action 3                                           |  |
      |  | +---------+  +---------+  +---------+              |  |
      |  | | Command |  | Command |  | Command |              |  |
      |  | |    1    |  |    2    |  |    3    |              |  |
      |  | +---------+  +---------+  +---------+              |  |
      |  +----------------------------------------------------+  |
      +----------------------------------------------------------+
        

Figure 8: Transactions, Actions and Commands

図8:トランザクション、アクションとコマンド

Transactions are presented as TransactionRequests. Corresponding responses to a TransactionRequest are received in a single reply, possibly preceded by a number of TransactionPending messages (see 8.2.3).

トランザクションはTransactionRequestsとして提示されています。 TransactionRequestに対応する応答は、おそらくTransactionPendingメッセージの数(8.2.3を参照)が先行し、単一の応答で受信されます。

Transactions guarantee ordered Command processing. That is, Commands within a Transaction are executed sequentially. Ordering of Transactions is NOT guaranteed - transactions may be executed in any order, or simultaneously.

取引の保証は、コマンドの処理を命じました。これは、トランザクション内のコマンドが順次実行されることになります。取引の順序は保証されません - トランザクションは、任意の順序で実行され、または同時にすることができます。

At the first failing Command in a Transaction, processing of the remaining Commands in that Transaction stops. If a command contains a wildcarded TerminationID, the command is attempted with each of the actual TerminationIDs matching the wildcard. A response within the TransactionReply is included for each matching TerminationID, even if one or more instances generated an error. If any TerminationID matching a wildcard results in an error when executed, any commands following the wildcarded command are not attempted.

トランザクションの最初の失敗したコマンドでは、そのトランザクション内の残りのコマンドの処理が停止します。コマンドは、ワイルドカードのTerminationIDが含まれている場合、このコマンドは、ワイルドカードに一致する実際のTerminationIDsのそれぞれにしようとしています。 TransactionReply内応答は、1つ以上のインスタンスでエラーが発生した場合でも、各マッチングTerminationIDのために含まれています。実行時に任意のTerminationIDがエラーでワイルドカード結果に一致する場合は、ワイルドカードを使ったコマンド以下のいずれかのコマンドが試行されていません。

Commands may be marked as "Optional" which can override this behaviour - if a command marked as Optional results in an error, subsequent commands in the Transaction will be executed. If a command fails, the MG shall as far as possible restore the state that existed prior to the attempted execution of the command before continuing with command processing.

コマンドがエラーのように任意の結果をマークした場合、トランザクション内の後続のコマンドが実行されます - コマンドは、この動作を無効にすることができ、「オプション」としてマークすることができます。コマンドが失敗した場合、MGは、可能な限り、コマンド処理を続行する前に、コマンドを実行しようとする前に存在していた状態を復元しなければなりません。

A TransactionReply includes the results for all of the Commands in the corresponding TransactionRequest. The TransactionReply includes the return values for the Commands that were executed successfully, and the Command and error descriptor for any Command that failed.

TransactionReplyは、対応TransactionRequestのコマンドのすべての結果を含んでいます。 TransactionReplyは失敗した任意のコマンドの実行に成功したコマンドの戻り値、およびコマンドおよびエラーの記述が含まれています。

TransactionPending is used to periodically notify the receiver that a Transaction has not completed yet, but is actively being processed.

TransactionPendingは定期的にトランザクションがまだ完了していない受信者に通知するために使用されますが、積極的に処理されています。

Applications SHOULD implement an application level timer per transaction. Expiration of the timer should cause a retransmission of the request. Receipt of a Reply should cancel the timer. Receipt of Pending should restart the timer.

アプリケーションは、トランザクションごとのアプリケーションレベルのタイマーを実装する必要があります。タイマーの有効期限は、リクエストの再送を起こす必要があります。返信の領収書は、タイマーをキャンセルしなければなりません。保留中の領収書は、タイマーを再起動する必要があります。

8.1 Common parameters
8.1一般的なパラメータ
8.1.1 Transaction Identifiers
8.1.1トランザクション識別子

Transactions are identified by a TransactionID, which is assigned by sender and is unique within the scope of the sender. A response containing an error descriptor to indicate that the TransactionID is missing in a request shall use TransactionID 0 in the corresponding TransactionReply.

トランザクションは、送信者によって割り当てられ、送信者の範囲内で一意であるTRANSACTIONID、によって識別されます。エラー記述子を含む応答をTRANSACTIONIDが対応TransactionReplyにTRANSACTIONID 0使用しなければならない要求に欠落していることを示します。

8.1.2 Context Identifiers
8.1.2コンテキスト識別子

Contexts are identified by a ContextID, which is assigned by the Media Gateway and is unique within the scope of the Media Gateway. The Media Gateway Controller shall use the ContextID supplied by the Media Gateway in all subsequent Transactions relating to that Context. The protocol makes reference to a distinguished value that may be used by the Media Gateway Controller when referring to a Termination that is currently not associated with a Context, namely the null ContextID.

コンテキストは、メディアゲートウェイによって割り当てられ、メディアゲートウェイの範囲内で一意であるされたContextID、によって識別されます。メディアゲートウェイコントローラは、そのコンテキストに関連するすべての後続のトランザクションでメディアゲートウェイによって提供されたContextIDを使用しなければなりません。プロトコルは、現在のコンテキスト、すなわちヌルのContextIDに関連付けられていない終端を参照すると、メディアゲートウェイコントローラによって使用されることができる識別値を参照します。

The CHOOSE wildcard is used to request that the Media Gateway create a new Context.

CHOOSEワイルドカードは、メディアゲートウェイは、新しいコンテキストを作成することを要求するために使用されます。

The MGC may use the ALL wildcard to address all Contexts on the MG. The null Context is not included when the ALL wildcard is used.

MGCはMG上のすべてのコンテキストに対応するためにALLワイルドカードを使用することができます。 ALLワイルドカードを使用する場合はnullコンテキストが含まれていません。

The MGC shall not use partially specified ContextIDs containing the CHOOSE or ALL wildcards.

MGCは、選択するか、すべてのワイルドカードを含む部分的に指定されたコンテクストIDを使用してはなりません。

8.2 Transaction Application Programming Interface
8.2トランザクションアプリケーションプログラミングインタフェース

Following is an Application Programming Interface (API) describing the Transactions of the protocol. This API is shown to illustrate the Transactions and their parameters and is not intended to specify implementation (e.g., via use of blocking function calls). It will describe the input parameters and return values expected to be used by the various Transactions of the protocol from a very high level. Transaction syntax and encodings are specified in later subclauses.

以下は、プロトコルのトランザクションを記述するアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)です。このAPIは、トランザクションとそのパラメータを例示するために示され、(関数呼び出しをブロックの使用を介して、例えば)の実装を指定することを意図していません。これは、非常に高いレベルのプロトコルの様々な取引で使用されることが予想入力パラメータと戻り値について説明します。トランザクションの構文とエンコーディングは後の副次句で指定されています。

8.2.1 TransactionRequest
8.2.1 TransactionRequest

The TransactionRequest is invoked by the sender. There is one Transaction per request invocation. A request contains one or more Actions, each of which specifies its target Context and one or more Commands per Context.

TransactionRequestは、送信者によって呼び出されます。要求の呼び出しごとに1つのトランザクションがあります。要求は、そのターゲットコンテキストとコンテキストごとに1つ以上のコマンドを指定し、それぞれが1つ以上のアクションが含まれています。

TransactionRequest(TransactionId { ContextID {Command ... Command}, . . . ContextID {Command ... Command } })

TransactionRequest(TransactionIdの{たContextID {コマンド...コマンド}、···のContextID {コマンド...コマンド}})

The TransactionID parameter must specify a value for later correlation with the TransactionReply or TransactionPending response from the receiver.

TRANSACTIONIDパラメータは、受信機からTransactionReply又はTransactionPending応答して後に相関の値を指定しなければなりません。

The ContextID parameter must specify a value to pertain to all Commands that follow up to either the next specification of a ContextID parameter or the end of the TransactionRequest, whichever comes first.

ContextIDパラメータは、パラメータのContextIDの次の仕様またはいずれか早い方TransactionRequest、のいずれかの端まで続くすべてのコマンドに関連する値を指定する必要があります。

The Command parameter represents one of the Commands mentioned in 7.2 (Command Application Programming Interface).

コマンドパラメータは7.2(コマンドアプリケーション・プログラミング・インタフェース)で述べたコマンドのいずれかを表します。

8.2.2 TransactionReply
8.2.2 TransactionReply

The TransactionReply is invoked by the receiver. There is one reply invocation per transaction. A reply contains one or more Actions, each of which must specify its target Context and one or more Responses per Context. The TransactionReply is invoked by the responder when it has processed the TransactionRequest.

TransactionReplyは、受信機によって呼び出されます。トランザクションごとに1つの返信呼び出しがあります。返信は、そのターゲットコンテキストとコンテキストごとに1つの以上の応答を指定する必要があり、それぞれが1つ以上のアクションが含まれています。 TransactionReplyは、それがTransactionRequestを処理した応答者によって呼び出されます。

A TransactionRequest has been processed:

TransactionRequestが処理されています。

- when all actions in that TransactionRequest have been processed; or

- そのTransactionRequest内のすべてのアクションが処理されたとき。または

- when an error is encountered in processing that TransactionRequest, except when the error is in an optional command.

- エラーが処理中に遭遇したときにエラーがオプションのコマンドである場合を除いてTransactionRequest、。

A command has been processed when all descriptors in that command have been processed.

そのコマンド内のすべての記述子が処理されたとき、コマンドが処理されました。

A SignalsDescriptor is considered to have been processed when it has been established that the descriptor is syntactically valid, the requested signals are supported and they have been queued to be applied.

SignalsDescriptorは、記述子が構文的に有効であることが確立されたとき、要求された信号はサポートされており、それらが適用されるようにキューイングされている処理されたと考えられています。

An EventsDescriptor or EventBufferDescriptor is considered to have been processed when it has been established that the descriptor is syntactically valid, the requested events can be observed, any embedded signals can be generated, any embedded events can be detected, and the MG has been brought into a state in which the events will be detected.

たEventsDescriptorまたはEventBufferDescriptorは、記述子は構文的に有効であることが確立されたときに処理されたと考えられている、要求されたイベントを観察することができ、任意の埋め込まれた信号を生成することができ、任意の組み込み事象を検出することが可能で、かつMGがに持ち込まれましたイベントが検出されている状態。

TransactionReply(TransactionID { ContextID { Response ... Response }, . . . ContextID { Response ... Response } })

TransactionReply(TRANSACTIONID {たContextID {応答...レスポンス}、···のContextID {応答...レスポンス}})

The TransactionID parameter must be the same as that of the corresponding TransactionRequest.

TRANSACTIONIDパラメータは、対応するTransactionRequestのものと同じでなければなりません。

The ContextID parameter must specify a value to pertain to all Responses for the action. The ContextID may be specific, all or null.

ContextIDパラメータは、アクションのためのすべての応答に関係する値を指定する必要があります。 ContextIDは、特定の全部またはnullの場合もあります。

Each of the Response parameters represents a return value as mentioned in 7.2, or an error descriptor if the command execution encountered an error. Commands after the point of failure are not processed and, therefore, Responses are not issued for them.

レスポンスの各パラメータは、7.2で述べたように、戻り値、またはコマンドの実行でエラーが発生した場合は、エラーの記述を表します。障害点の後のコマンドは処理されません、したがって、応答は彼らのために発行されていません。

An exception to this occurs if a command has been marked as optional in the Transaction request. If the optional command generates an error, the transaction still continues to execute, so the Reply would, in this case, have Responses after an Error.

コマンドは、トランザクション要求にオプションとしてマークされている場合は、この例外が発生します。オプションのコマンドでエラーが発生した場合、トランザクションは、まだ実行を継続し、その返信が、この場合には、エラーの後にレスポンスを持っているでしょう。

Section 7.1.19 Error Descriptor specifies the generation of error descriptors. The text below discusses several individual cases.

セクション7.1.19エラー記述は誤り記述子の生成を指定します。下のテキストは、いくつかの個々のケースについて説明します。

If the receiver encounters an error in processing a ContextID, the requested Action response will consist of the Context ID and a single error descriptor, 422 - Syntax Error in Action.

アクションの構文エラー - 受信機がのContextIDの処理でエラーが発生した場合、要求されたアクション応答は、コンテキストIDおよび単一誤り記述子、422からなります。

If the receiver encounters an error such that it cannot determine a legal Action, it will return a TransactionReply consisting of the TransactionID and a single error descriptor, 422 - Syntax Error in Action. If the end of an action cannot be reliably determined but one or more commands can be parsed, it will process them and then send 422 - Syntax Error in Action as the last action for the transaction. If the receiver encounters an error such that is cannot determine a legal Transaction, it will return a TransactionReply with a null TransactionID and a single error descriptor (403 - Syntax Error in TransactionRequest).

アクションの構文エラー - 受信機は、それが法的措置を決定することができないようなエラーが発生した場合、それはTRANSACTIONIDと、単一のエラー記述子、422からなるTransactionReplyを返します。アクションの終わりが確実に決定することはできませんが、1つのまたは複数のコマンドを解析することができるならば、それはそれらを処理し、その後422お送りします - トランザクションの最後のアクションとして、アクションの構文エラーを。受信側でエラーが発生した場合は、そのような法律行為を決定することができないでいる、それはヌルTRANSACTIONIDと単一誤り記述子( - TransactionRequestで構文エラー403)でTransactionReplyを返します。

If the end of a transaction cannot be reliably determined and one or more Actions can be parsed, it will process them and then return 403 - Syntax Error in Transaction as the last action reply for the transaction. If no Actions can be parsed, it will return 403 - Syntax Error in TransactionRequest as the only reply.

トランザクションの終わりが確実に決定することができず、1つ以上のアクションを解析することができるならば、それはそれらを処理して、403を返します - トランザクションの最後のアクションの応答として、トランザクションの構文エラーを。唯一の返信としてTransactionRequest構文エラー - 何もアクションが解析できない場合には、403を返します。

If the terminationID cannot be reliably determined, it will send 442 - Syntax Error in Command as the action reply.

アクション応答として、コマンドの構文エラー - terminationIDが確実に決定することができない場合は、442が送信されます。

If the end of a command cannot be reliably determined, it will return 442 - Syntax Error in Command as the reply to the last action it can parse.

それが解析できる最後のアクションへの応答として、コマンドの構文エラー - コマンドの終わりが確実に決定することができない場合は、442を返します。

8.2.3 TransactionPending
8.2.3トランザクションが保留中

The receiver invokes the TransactionPending. A TransactionPending indicates that the Transaction is actively being processed, but has not been completed. It is used to prevent the sender from assuming the TransactionRequest was lost where the Transaction will take some time to complete.

受信機は、TransactionPendingを呼び出します。 TransactionPendingは、取引が活発に処理されているが、完了していないことを示しています。トランザクションが完了するまでに時間がかかりますどこTransactionRequestが失われたと仮定すると、送信者からのを防ぐために使用されます。

TransactionPending(TransactionID { } )

TransactionPending(TRANSACTIONID {})

The TransactionID parameter must be the same as that of the corresponding TransactionRequest. A property of root (normalMGExecutionTime) is settable by the MGC to indicate the interval within which the MGC expects a response to any transaction from the MG. Another property (normalMGCExecutionTime) is settable by the MGC to indicate the interval within which the MG should expect a response to any transaction from the MGC. Senders may receive more than one TransactionPending for a command. If a duplicate request is received when pending, the responder may send a duplicate pending immediately, or continue waiting for its timer to trigger another TransactionPending.

TRANSACTIONIDパラメータは、対応するTransactionRequestのものと同じでなければなりません。 MGCは、MGCがMGからのすべてのトランザクションに対する応答を期待する範囲内の間隔を示すために、ルートのプロパティ(normalMGExecutionTime)が設定可能です。別の特性(normalMGCExecutionTime)は、MGがMGCから任意のトランザクションへの応答を期待するべき以内の間隔を示すために、MGCによって設定可能です。送信者は、コマンドに複数のTransactionPendingを受け取ることができます。保留中のとき、重複する要求を受信した場合、応答者はすぐに保留中の重複を送ったり、別のTransactionPendingをトリガするそのタイマーを待ち続けることがあります。

8.3 Messages
8.3メッセージ

Multiple Transactions can be concatenated into a Message. Messages have a header, which includes the identity of the sender. The Message Identifier (MID) of a message is set to a provisioned name (e.g., domain address/domain name/device name) of the entity transmitting the message. Domain name is a suggested default. An H.248.1 entity (MG/MGC) must consistently use the same MID in all messages it originates for the duration of control association with the peer (MGC/MG).

複数のトランザクションメッセージに連結することができます。メッセージは、送信者の識別情報を含むヘッダを有します。メッセージのメッセージ識別子(MID)は、メッセージを送信するエンティティのプロビジョニングされた名前(例えば、ドメインアドレス/ドメイン名/デバイス名)に設定されています。ドメイン名が示唆デフォルトです。 H.248.1エンティティ(MG / MGC)は一貫して、それがピア(MGC / MG)と制御関連の期間由来のすべてのメッセージに同じMIDを使用しなければなりません。

Every Message contains a Version Number identifying the version of the protocol the message conforms to. Versions consist of one or two digits, beginning with version 1 for the present version of the protocol.

すべてのメッセージは、メッセージが従うプロトコルのバージョンを特定するバージョン番号を含みます。バージョンは、プロトコルの現在のバージョンのバージョン1から始まる1個のまたは2つの数字から成ります。

The transactions in a message are treated independently. There is no order implied; there is no application or protocol acknowledgement of a message. A message is essentially a transport mechanism. For example, message X containing transaction requests A, B, and C may be responded to with message Y containing replies to A and C and message Z containing the reply to B. Likewise, message L containing request D and message M containing request E may be responded to with message N containing replies to both D and E.

メッセージ内のトランザクションは、独立して処理されます。何のために暗示はありません。メッセージのないアプリケーションまたはプロトコルの確認応答がありません。メッセージは、基本的にトランスポート機構です。例えば、メッセージは、Xトランザクションを含有する、Bを要求し、そしてCはAとCへの返信と同様にBに応答を含むメッセージZを含むメッセージY、リクエストE月を含む要求DとメッセージMを含むメッセージLとに応答することができますDおよびEの両方にメッセージNを含む応答で応答されます

9 Transport

9交通

The transport mechanism for the protocol should allow the reliable transport of transactions between a MGC and MG. The transport shall remain independent of what particular commands are being sent and shall be applicable to all application states. There are several transports defined for the protocol, which are defined in Annexes to this RFC and other Recommendations of the H.248 sub-series. Additional Transports may be defined as additional

プロトコルのための搬送機構がMGCとMGとの間の取引の信頼性の高い輸送を可能にしなければなりません。輸送は、特定のコマンドが送信されているものの独立性を維持するものとし、すべてのアプリケーションの状態に適用しなければなりません。このRFCとH.248のサブシリーズの他の勧告に附属書で定義されたプロトコルのために定義されたいくつかのトランスポートは、あります。追加のトランスポートは、追加として定義することができます

Recommendations of the H.248 sub-series. For transport of the protocol over IP, MGCs shall implement both TCP and UDP/ALF, a MG shall implement TCP or UDP/ALF or both.

H.248サブシリーズの勧告。 MGCのは、TCPおよびUDP / ALFの両方を実装しなければならオーバーIPプロトコルの輸送については、MGはTCPやUDP / ALFまたは両方を実施しなければなりません。

The MG is provisioned with a name or address (such as DNS name or IP address) of a primary and zero or more secondary MGCs (see 7.2.8) that is the address the MG uses to send messages to the MGC. If TCP or UDP is used as the protocol transport and the port to which the initial ServiceChange request is to be sent is not otherwise known, that request should be sent to the default port number for the protocol. This port number is 2944 for text-encoded operation or 2945 for binary-encoded operation, for either UDP or TCP. The MGC receives the message containing the ServiceChange request from the MG and can determine the MG's address from it. As described in 7.2.8, either the MG or the MGC may supply an address in the ServiceChangeAddress parameter to which subsequent transaction requests must be addressed, but responses (including the response to the initial ServiceChange request) must always be sent back to the address which was the source of the corresponding request. For example, in IP networks, this is the source address in the IP header and the source port number in the TCP/UDP/SCTP header.

MGはMGがMGCにメッセージを送信するために使用するアドレスであり、一次およびゼロまたはそれ以上の第二のMGCの名前またはアドレス(たとえば、DNS名またはIPアドレスなど)(7.2.8を参照)がプロビジョニングされています。 TCPやUDPは、初期のServiceChange要求が送られるべきプロトコル・トランスポートおよびポートとして使用されている場合はそれ以外知らないが、その要求は、プロトコルのデフォルトのポート番号に送信する必要があります。このポート番号は、UDPまたはTCPのいずれかのために、バイナリエンコードされた操作のためのテキストエンコードされた操作のための2944または2945です。 MGCは、MGからのServiceChange要求を含むメッセージを受信し、それからMGのアドレスを決定することができます。 7.2.8で述べたように、MGまたはMGCのどちらかは、後続のトランザクション要求に対処する必要のあるServiceChangeAddressパラメータにアドレスを供給することができるが、(初期のServiceChange要求に対する応答を含む)の応答は、常にバックアドレスに送信されなければなりませんこれは、対応する要求の源でした。例えば、IPネットワークでは、これは、IPヘッダおよびTCP / UDP / SCTPヘッダの送信元ポート番号のソースアドレスです。

9.1 Ordering of Commands
コマンドの9.1注文

This RFC does not mandate that the underlying transport protocol guarantees the sequencing of transactions sent to an entity. This property tends to maximize the timeliness of actions, but it has a few drawbacks. For example:

このRFCは、基礎となるトランスポートプロトコルは、エンティティに送信されたトランザクションの順序を保証することを強制しません。このプロパティは、アクションの適時性を最大化する傾向があるが、それはいくつかの欠点があります。例えば:

- Notify commands may be delayed and arrive at the MGC after the transmission of a new command changing the EventsDescriptor.

- 通知コマンドは遅延されたEventsDescriptorを変更する新しいコマンドの送信後MGCに到着することができます。

- If a new command is transmitted before a previous one is acknowledged, there is no guarantee that prior command will be executed before the new one.

- 前回の1が認識される前に、新しいコマンドが送信された場合は、前のコマンドは、新しいものの前に実行されるという保証はありません。

Media Gateway Controllers that want to guarantee consistent operation of the Media Gateway may use the following rules. These rules are with respect to commands that are in different transactions. Commands that are in the same transaction are executed in order (see clause 8).

メディアゲートウェイの一貫した動作を保証したいメディアゲートウェイコントローラは、次の規則を使用することができます。これらのルールは、別のトランザクションにあるコマンドに対するものです。同じトランザクションにあるコマンドは、(条項8を参照)ために実行されます。

1) When a Media Gateway handles several Terminations, commands pertaining to the different Terminations may be sent in parallel, for example following a model where each Termination (or group of Terminations) is controlled by its own process or its own thread.

メディアゲートウェイは、いくつかの終端を処理する場合1)、異なる終端に関連するコマンドは、終端の各終端(またはグループ)が独自のプロセスまたは独自のスレッドによって制御されているモデルに従って、例えば、並行して送信されても​​よいです。

2) On a Termination, there should normally be at most one outstanding command (Add or Modify or Move), unless the outstanding commands are in the same transaction. However, a Subtract command may be issued at any time. In consequence, a Media Gateway may sometimes receive a Modify command that applies to a previously subtracted Termination. Such commands should be ignored, and an error code should be returned.

未処理のコマンドが同じトランザクション内にある場合を除き2)終了時に、通常、最大1つの優れたコマンド(追加または変更または移動)があるはずです。しかし、減算コマンドはいつでも発行することができます。その結果、メディアゲートウェイは時々以前に差し引か終了に適用される修正コマンドを受け取ることができます。このようなコマンドは無視されるべきである、とエラーコードが返されるべきです。

3) For transports that do not guarantee in-sequence delivery of messages (i.e., UDP), there should normally be on a given Termination at most one outstanding Notify command at any time.

3)メッセージ(すなわち、UDP)のインシーケンス配信を保証するものではありませんトランスポートの場合、通常は多くても1つの優れた任意の時点でコマンドを通知与えられたターミネーションにあるはず。

4) In some cases, an implicitly or explicitly wildcarded Subtract command that applies to a group of Terminations may step in front of a pending Add command. The Media Gateway Controller should individually delete all Terminations for which an Add command was pending at the time of the global Subtract command. Also, new Add commands for Terminations named by the wildcarding (or implied in a Multiplex descriptor) should not be sent until the wildcarded Subtract command is acknowledged.

4)いくつかのケースでは、暗黙的または明示的終端のグループに適用されるコマンドが保留中の追加コマンドの前にステップよい減算ワイルドカード。メディアゲートウェイコントローラは、個別に追加]コマンドは、グローバル減算コマンドの時に保留されたため、すべての終端を削除する必要があります。また、新しいは、ワイルドカードを使った減算コマンドが確認されるまで送信されてはならない(多重記述子にまたは暗示)ワイルドカードで指定された終端するためのコマンドを追加します。

5) AuditValue and AuditCapability are not subject to any sequencing.

5)AuditValueとAuditCapabilityは、任意の順序付けの対象にはなりません。

6) ServiceChange shall always be the first command sent by a MG as defined by the restart procedure. Any other command or response must be delivered after this ServiceChange command.

6)のServiceChangeは常に再開手順によって定義されるようにMGによって送られた最初のコマンドでなければなりません。その他のコマンドまたはレスポンスは、こののServiceChangeコマンドの後に送達されなければなりません。

These rules do not affect the command responder, which should always respond to commands.

これらのルールは常にコマンドに応答すべきコマンド応答には影響しません。

9.2 Protection against Restart Avalanche
再起動雪崩に対して9.2保護

In the event that a large number of Media Gateways are powered on simultaneously and they were to all initiate a ServiceChange transaction, the Media Gateway Controller would very likely be swamped, leading to message losses and network congestion during the critical period of service restoration. In order to prevent such avalanches, the following behaviour is suggested:

ServiceChangeトランザクションを開始メディアゲートウェイの多数が同時に電源が入っていると、彼らはすべてにあった場合には、メディアゲートウェイコントローラは、非常に可能性の高いサービス復旧の重要な期間中にメッセージの損失やネットワークの混雑につながる、圧倒されます。そのような雪崩を防ぐために、次の動作が示唆されています。

1) When a Media Gateway is powered on, it should initiate a restart timer to a random value, uniformly distributed between 0 and a maximum waiting delay (MWD). Care should be taken to avoid synchronicity of the random number generation between multiple Media Gateways that would use the same algorithm.

メディアゲートウェイの電源が投入されている場合1)は、均一に0と最大待機遅延(MWD)の間に分布、ランダムな値に再起動タイマを開始すべきです。ケアは、同じアルゴリズムを使用する複数のメディアゲートウェイの間の乱数生成の同期を避けるために注意しなければなりません。

2) The Media Gateway should then wait for either the end of this timer or the detection of a local user activity, such as for example an off-hook transition on a residential Media Gateway.

2)メディア・ゲートウェイは、このタイマーの終了または例えば住宅メディアゲートウェイ上のオフフック遷移のようなローカルユーザアクティビティの検出、のいずれかを待つべきです。

3) When the timer elapses, or when an activity is detected, the Media Gateway should initiate the restart procedure.

3)が経過するタイマ、または活性が検出された場合、メディアゲートウェイは、リスタート手順を開始すべきです。

The restart procedure simply requires the MG to guarantee that the first message that the Media Gateway Controller sees from this MG is a ServiceChange message informing the Media Gateway Controller about the restart.

再起動の手順は、単にメディアゲートウェイコントローラは、このMGから見て最初のメッセージは、再起動についてメディアゲートウェイコントローラを知らせるのServiceChangeメッセージであることを保証するためにMGが必要です。

NOTE - The value of MWD is a configuration parameter that depends on the type of the Media Gateway. The following reasoning may be used to determine the value of this delay on residential gateways.

注 - MWDの値は、メディアゲートウェイのタイプに依存設定パラメータです。以下の推論は、レジデンシャルゲートウェイに、この遅延の値を決​​定するために使用することができます。

Media Gateway Controllers are typically dimensioned to handle the peak hour traffic load, during which, in average, 10% of the lines will be busy, placing calls whose average duration is typically 3 minutes. The processing of a call typically involves 5 to 6 Media Gateway Controller transactions between each Media Gateway and the Media Gateway Controller. This simple calculation shows that the Media Gateway Controller is expected to handle 5 to 6 transactions for each Termination, every 30 minutes on average, or, to put it otherwise, about one transaction per Termination every 5 to 6 minutes on average. This suggests that a reasonable value of MWD for a residential gateway would be 10 to 12 minutes. In the absence of explicit configuration, residential gateways should adopt a value of 600 seconds for MWD.

メディアゲートウェイコントローラは、通常、その間、平均では、ラインの10%は、その平均期間、通常3分で電話をかけ、忙しくなり、ピーク時のトラフィック負荷を処理するような寸法にされています。呼の処理は、典型的には、各メディアゲートウェイとメディアゲートウェイコントローラとの間の5〜6のメディアゲートウェイコントローラトランザクションを含みます。この単純な計算では、平均して、すべての5〜6分には、平均して30分ごとには、メディアゲートウェイコントローラは、各終了の5〜6トランザクションを処理することが期待されていることを示し、または、そうでない場合は、それを置くために、ターミネーションあたり約1トランザクション。これは、住宅用ゲートウェイのMWDの合理的な値は10〜12分であろうことを示唆しています。明示的な設定がない場合には、住宅用ゲートウェイはMWDのための600秒の値を採用すべきです。

The same reasoning suggests that the value of MWD should be much shorter for trunking gateways or for business gateways, because they handle a large number of Terminations, and also because the usage rate of these Terminations is much higher than 10% during the peak busy hour, a typical value being 60%. These Terminations, during the peak hour, are this expected to contribute about one transaction per minute to the Media Gateway Controller load. A reasonable algorithm is to make the value of MWD per "trunk" Termination six times shorter than the MWD per residential gateway, and also inversely proportional to the number of Terminations that are being restarted. For example MWD should be set to 2.5 seconds for a gateway that handles a T1 line, or to 60 milliseconds for a gateway that handles a T3 line.

同じ理由は、彼らが終端を大量に扱うため、これらの終端の使用率がピーク混雑時の10%よりはるかに高いので、MWDの値は、また、ゲートウェイをトランキング用やビジネス・ゲートウェイのためのはるかに短いべきであることを示唆しています典型的な値は60%です。これらの終端は、ピーク時間の間に、このメディアゲートウェイコントローラの負荷に毎分約1トランザクションを貢献することが期待されています。合理的なアルゴリズムは「トランク」終了の6倍レジデンシャルゲートウェイあたりのMWDより短く、そして再起動されている終端の数にも反比例あたりのMWDの値を作ることです。例えばMWDはT1回線を扱うゲートウェイの、又はT3回線を扱うゲートウェイの60ミリ秒まで2.5秒に設定されるべきです。

10 Security Considerations

10のセキュリティの考慮事項

This clause covers security when using the protocol in an IP environment.

IP環境でのプロトコルを使用している場合、この句は、セキュリティをカバーしています。

10.1 Protection of Protocol Connections
プロトコル接続の10.1保護

A security mechanism is clearly needed to prevent unauthorized entities from using the protocol defined in this RFC for setting up unauthorized calls or interfering with authorized calls. The security mechanism for the protocol when transported over IP networks is IPsec [RFC 2401 to RFC 2411].

セキュリティ・メカニズムは明らかに不正な通話を設定するか、許可された呼び出しに干渉するため、このRFCで定義されたプロトコルを使用して、権限のないエンティティを防止するために必要とされます。 IPネットワーク上で転送プロトコルのセキュリティメカニズムは、IPsec [RFC 2411にRFC 2401]です。

The AH header [RFC 2402] affords data origin authentication, connectionless integrity and optional anti-replay protection of messages passed between the MG and the MGC. The ESP header [RFC 2406] provides confidentiality of messages, if desired. For instance, the ESP encryption service should be requested if the session descriptions are used to carry session keys, as defined in SDP.

AHヘッダ[RFC 2402]データ発信元認証、コネクションレス完全性とMGとMGCとの間で渡されるメッセージのオプションのアンチリプレイ保護を与えます。所望であれば、ESPヘッダ[RFC 2406]は、メッセージの機密性を提供します。セッション記述は、セッションキーを運ぶために使用されている場合はSDPで定義されているたとえば、ESP暗号化サービスは、要求されなければなりません。

Implementations of the protocol defined in this RFC employing the ESP header SHALL comply with section 5 of [RFC 2406], which defines a minimum set of algorithms for integrity checking and encryption. Similarly, implementations employing the AH header SHALL comply with section 5 of [RFC 2402], which defines a minimum set of algorithms for integrity checking using manual keys.

ESPヘッダを用い、このRFCに定義されたプロトコルの実装は、完全性チェックと暗号化のためのアルゴリズムの最小セットを定義する[RFC 2406]のセクション5に適合しなければなりません。同様に、AHヘッダを用いる実装は、手動鍵を使用して完全性検査のためのアルゴリズムの最小セットを定義する[RFC 2402]のセクション5に適合しなければなりません。

Implementations SHOULD use IKE [RFC 2409] to permit more robust keying options. Implementations employing IKE SHOULD support authentication with RSA signatures and RSA public key encryption.

実装は、より堅牢なキーイングオプションを可能にするために、IKE [RFC 2409]を使用すべきです。 IKEを使用する実装は、RSA署名とRSA公開鍵暗号による認証をサポートする必要があります。

10.2 Interim AH scheme
10.2暫定AHスキーム

Implementation of IPsec requires that the AH or ESP header be inserted immediately after the IP header. This cannot be easily done at the application level. Therefore, this presents a deployment problem for the protocol defined in this RFC where the underlying network implementation does not support IPsec.

IPsecの実装では、AHまたはESPヘッダは、IPヘッダの直後に挿入されることを必要とします。これは、簡単にアプリケーションレベルで行うことはできません。したがって、これは基本的なネットワーク実装がIPsecをサポートしていません。このRFCで定義されたプロトコルの配備の問題を提示します。

As an interim solution, an optional AH header is defined within the H.248.1 protocol header. The header fields are exactly those of the SPI, SEQUENCE NUMBER and DATA fields as defined in [RFC 2402]. The semantics of the header fields are the same as the "transport mode" of [RFC 2402], except for the calculation of the Integrity Check Value (ICV). In IPsec, the ICV is calculated over the entire IP packet including the IP header. This prevents spoofing of the IP addresses. To retain the same functionality, the ICV calculation should be performed across all the transactions (concatenated) in the message prepended by a synthesized IP header consisting of a 32-bit source IP address, a 32-bit destination address and a 16-bit UDP destination port encoded as 20 hex digits. When the interim AH mechanism is employed when TCP is the transport Layer, the UDP Port above becomes the TCP port, and all other operations are the same.

暫定的な解決策として、任意AHヘッダはH.248.1プロトコルヘッダ内で定義されています。 [RFC 2402]で定義されるようにヘッダーフィールドは、正確SPI、シーケンス番号とDATAフィールドのものです。ヘッダフィールドのセマンティクスは、Integrityの計算値(ICV)を確認した以外は、[RFC 2402]の「トランスポートモード」と同じです。 IPsecのでは、ICVはIPヘッダを含むIPパケット全体にわたって計算されます。これは、IPアドレスのスプーフィングを防止します。同じ機能を保持するために、ICV計算は、32ビットのソースIPアドレス、32ビットの宛先アドレスと16ビットからなる合成IPヘッダが付加メッセージ内のすべてのトランザクション(連結)にわたって実行されるべきUDP宛先ポートは、20桁の16進数でエンコード。暫定AH機構が採用されている場合、TCPはトランスポート層である場合、UDPポートは、上記のTCPポートになり、他のすべての操作は同じです。

Implementations of the H.248.1 protocol SHALL implement IPsec where the underlying operating system and the transport network supports IPsec. Implementations of the protocol using IPv4 SHALL implement the interim AH scheme. However, this interim scheme SHALL NOT be used when the underlying network layer supports IPsec. IPv6 implementations are assumed to support IPsec and SHALL NOT use the interim AH scheme.

基礎となるオペレーティングシステムと輸送ネットワークがIPsecをサポートしているところH.248.1プロトコルの実装はIPsecを実施しなければなりません。 IPv4を使用してプロトコルの実装は、暫定AHスキームを実施しなければなりません。基盤となるネットワーク層がIPsecをサポートしている場合しかし、この暫定スキームを使用してはなりません。 IPv6実装は、IPsecをサポートするために仮定され、暫定AHスキームを使用してはなりません。

All implementations of the interim AH mechanism SHALL comply with section 5 of RFC 2402 which defines a minimum set of algorithms for integrity checking using manual keys.

暫定AH機構のすべての実装は、手動鍵を使用して完全性検査のためのアルゴリズムの最小セットを定義RFC 2402のセクション5に適合しなければなりません。

The interim AH interim scheme does not provide protection against eavesdropping, thus forbidding third parties from monitoring the connections set up by a given Termination. Also, it does not provide protection against replay attacks. These procedures do not necessarily protect against denial of service attacks by misbehaving MGs or misbehaving MGCs. However, they will provide an identification of these misbehaving entities, which should then be deprived of their authorization through maintenance procedures.

中間AH暫定スキームは、このように所定の終了によって設定接続を監視する第三者を禁止、盗聴に対する保護を提供しません。また、リプレイ攻撃に対する保護を提供していません。これらの手順は、必ずしものMGをふらちなかたMGCを不正な動作により、サービス拒否攻撃から保護することはできません。しかし、彼らはその後、保守手順を介して自分の権限を奪われるべきこれらの動作不良のエンティティの識別情報を提供します。

10.3 Protection of Media Connections
メディア接続の10.3保護

The protocol allows the MGC to provide MGs with "session keys" that can be used to encrypt the audio messages, protecting against eavesdropping.

プロトコルはMGCが盗聴から保護、オーディオメッセージを暗号化するために使用することができ、「セッションキー」でのMGを提供することができます。

A specific problem of packet networks is "uncontrolled barge-in". This attack can be performed by directing media packets to the IP address and UDP port used by a connection. If no protection is implemented, the packets must be decompressed and the signals must be played on the "line side".

パケットネットワークの特定の問題は、「制御されていないバージ・イン」です。この攻撃は、接続が使用するIPアドレスとUDPポートにメディアパケットを向けることによって行うことができます。何の保護が実装されていない場合、パケットは解凍しなければならないとの信号が「ライン側」で再生する必要があります。

A basic protection against this attack is to only accept packets from known sources, checking for example that the IP source address and UDP source port match the values announced in the Remote descriptor. This has two inconveniences: it slows down connection establishment and it can be fooled by source spoofing:

この攻撃に対する基本的な保護は、IP送信元アドレスとUDPソースポートがリモート記述子に発表された値と一致していることを確認し、たとえば、既知のソースからのパケットを受け入れることです。これは、二つの不便があります。それは、接続の確立が遅くなり、それがソーススプーフィングによってだまさすることができます。

- To enable the address-based protection, the MGC must obtain the remote session description of the egress MG and pass it to the ingress MG. This requires at least one network round trip, and leaves us with a dilemma: either allow the call to proceed without waiting for the round trip to complete, and risk for example, "clipping" a remote announcement, or wait for the full round trip and settle for slower call-set up procedures.

- アドレスベースの保護を有効にするには、MGCは、出口MGのリモートセッション記述を取得し、イングレスMGにそれを渡す必要があります。このことは、少なくとも1件のネットワーク・ラウンドトリップを必要とし、ジレンマを私たちに残します:どちらかの呼び出しが完了するまでに、往復のを待たずに続行することができ、例えばリスクは、「クリッピング」リモート発表を、または完全な往復を待ちますそして遅くコールセットアップ手順のために解決。

- Source spoofing is only effective if the attacker can obtain valid pairs of source destination addresses and ports, for example by listening to a fraction of the traffic. To fight source spoofing, one could try to control all access points to the network. But this is in practice very hard to achieve.

- 攻撃者は、トラフィックの割合を聞くことによって、たとえば、元の宛先アドレスとポートの有効なペアを得ることができれば、ソーススプーフィングにのみ有効です。ソーススプーフィングと戦うためには、ネットワークへのすべてのアクセスポイントを制御するために試みることができます。しかし、これは実際に達成するのは非常に困難です。

An alternative to checking the source address is to encrypt and authenticate the packets, using a secret key that is conveyed during the call set-up procedure. This will not slow down the call set-up, and provides strong protection against address spoofing.

送信元アドレスをチェックする代わりに、呼設定手順の間に搬送された秘密鍵を使用して、暗号化したパケットを認証することです。これは、呼設定を遅くし、アドレススプーフィングに対する強力な保護を提供しません。

11 MG-MGC Control Interface

11 MG-MGC制御インタフェース

The control association between MG and MGC is initiated at MG cold start, and announced by a ServiceChange message, but can be changed by subsequent events, such as failures or manual service events. While the protocol does not have an explicit mechanism to support multiple MGCs controlling a physical MG, it has been designed to support the multiple logical MG (within a single physical MG) that can be associated with different MGCs.

MGとMGCとの間の制御関連はMGコールドスタートで開始し、のServiceChangeメッセージが発表し、そのような障害または手動サービスイベントとして後発事象によって変更することができるされています。プロトコルは、物理MGを制御する複数のMGCsをサポートするために明示的な機構を有していないが、別のMGCに関連付けることができる(単一の物理MG内の)複数の論理MGをサポートするように設計されています。

11.1 Multiple Virtual MGs
11.1複数の仮想のMG

A physical Media Gateway may be partitioned into one or more Virtual MGs. A virtual MG consists of a set of statically partitioned physical Terminations and/or sets of ephemeral Terminations. A physical Termination is controlled by one MGC. The model does not require that other resources be statically allocated, just Terminations. The mechanism for allocating Terminations to virtual MGs is a management method outside the scope of the protocol. Each of the virtual MGs appears to the MGC as a complete MG client.

物理的なメディアゲートウェイは、1つ以上の仮想のMGに分割することができます。仮想MGは、静的分配物理的終端及び/又はエフェメラル終端の組の集合から成ります。物理的な終了は1 MGCによって制御されます。このモデルは、他のリソースが静的に割り当てられることだけ終端を必要としません。仮想のMGに終端を割り当てるためのメカニズムは、プロトコルの範囲外の管理方法です。仮想のMGのそれぞれは完全なMGクライアントとしてMGCに表示されます。

A physical MG may have only one network interface, which must be shared across virtual MGs. In such a case, the packet/cell side Termination is shared. It should be noted however, that in use, such interfaces require an ephemeral instance of the Termination to be created per flow, and thus sharing the Termination is straightforward. This mechanism does lead to a complication, namely that the MG must always know which of its controlling MGCs should be notified if an event occurs on the interface.

物理MGは、仮想のMG間で共有されなければならない1つだけのネットワークインタフェースを有していてもよいです。このような場合には、パケット/セル側終端が共有されています。使用中に、そのようなインターフェイスは、フローごとに作成される終了のエフェメラルインスタンスを必要とし、従って終端を共有することは簡単であることは留意すべきです。このメカニズムは、MGは常にイベントがインターフェイスで発生した場合に通知する必要があり、その制御のMGCのかを知る必要がありますつまりこと、合併症につながるん。

In normal operation, the Virtual MG will be instructed by the MGC to create network flows (if it is the originating side), or to expect flow requests (if it is the terminating side), and no confusion will arise. However, if an unexpected event occurs, the Virtual MG must know what to do with respect to the physical resources it is controlling.

通常の操作では、仮想MGは、(それが元の側である場合)、ネットワーク・フローを作成するために、MGCによって指示されます、またはフロー要求を期待する(それは、終端側である場合)、および混乱は生じないだろう。予期しないイベントが発生した場合は、仮想MGは、それが制御している物理的なリソースに関して何をすべきか知っている必要があります。

If recovering from the event requires manipulation of a physical interface's state, only one MGC should do so. These issues are resolved by allowing any of the MGCs to create EventsDescriptors to be notified of such events, but only one MGC can have read/write access to the physical interface properties; all other MGCs have read-only access. The management mechanism is used to designate which MGC has read/write capability, and is designated the Master MGC.

イベントから回復することは物理インターフェイスの状態の操作を必要とする場合、唯一のMGCは、そうすべきです。これらの問題は、このようなイベントが通知されるようにEventsDescriptorsを作成するためのMGCのいずれかを可能にすることにより解決されていますが、一つだけMGCは、物理インターフェイスのプロパティへの読み取り/書き込みアクセス権を持つことができます。他のすべてのMGCは、読み取り専用アクセスを。管理機構は、MGC /書き込み機能を読み取るた指定するために使用され、そしてマスターMGCが指定されています。

Each virtual MG has its own Root Termination. In most cases the values for the properties of the Root Termination are independently settable by each MGC. Where there can only be one value, the parameter is read-only to all but the Master MGC.

各仮想MGは、独自のルートの終了を持っています。ほとんどの場合、ルートの終端のプロパティの値は、各MGCによって独立して設定可能です。一つの値だけができる場合、パラメータは読み取り専用ですマスターMGCが、すべてに。

ServiceChange may only be applied to a Termination or set of Terminations partitioned to the Virtual MG or created (in the case of ephemeral Terminations) by that Virtual MG.

ServiceChangeのみ終端に適用または仮想MGに分配終端の設定又はその仮想MGによって(エフェメラル終端の場合に)作成することができます。

11.2 Cold start
11.2コールドスタート

A MG is pre-provisioned by a management mechanism outside the scope of this protocol with a primary and (optionally) an ordered list of secondary MGCs. Upon a cold start of the MG, it will issue a ServiceChange command with a "Restart" method, on the Root Termination to its primary MGC. If the MGC accepts the MG, it sends a Transaction Reply not including a ServiceChangeMgcId parameter. If the MGC does not accept the MG's registration, it sends a Transaction Reply, providing the address of an alternate MGC to be contacted by including a ServiceChangeMgcId parameter.

MGは、一次および二次のMGCの(オプションで)順序付けられたリストをこのプロトコルの範囲外の管理機構によって事前にプロビジョニングされています。 MGのコールドスタート時には、それがその主MGCへのルート終端に、「再起動」方式でのServiceChangeコマンドを発行します。 MGCがMGを受け入れる場合、それはServiceChangeMgcIdパラメータを含まないトランザクション応答を送信します。 MGCがMGの登録を受け付けていない場合、それはServiceChangeMgcIdパラメータを含めることで接触する代替MGCのアドレスを提供し、トランザクション応答を送信します。

If the MG receives a Transaction Reply that includes a ServiceChangeMgcId parameter, it sends a ServiceChange to the MGC specified in the ServiceChangeMgcId. It continues this process until it gets a controlling MGC to accept its registration, or it fails to get a reply. Upon failure to obtain a reply, either from the primary MGC, or a designated successor, the MG tries its pre-provisioned secondary MGCs, in order. If the MG is unable to establish a control relationship with any MGC, it shall wait a random amount of time as described in 9.2 and then start contacting its primary, and if necessary, its secondary MGCs again.

MGはServiceChangeMgcIdパラメータを含むトランザクション応答を受信した場合、それはServiceChangeMgcIdで指定されたMGCへのServiceChangeを送信します。それはその登録を受け付けるように制御するMGCを取得するまでこのプロセスを継続、またはそれが応答を得るために失敗しました。応答を得られない時に、いずれかのプライマリMGC、または指定された後継者から、MGは順番に、その事前プロビジョニング二次のMGCを試みます。 MGがどんなMGCとの制御関係を確立することができない場合は、再度、9.2で説明したようにランダムな時間を待ってから、その主に連絡を開始し、必要であれば、その二次MGCのものとします。

It is possible that the reply to a ServiceChange with Restart will be lost, and a command will be received by the MG prior to the receipt of the ServiceChange response. The MG shall issue Error 505 - Command Received before a ServiceChange Reply has been received.

再起動とのServiceChangeへの回答が失われ、コマンドは前のServiceChange応答の受信にMGによって受信される可能性があります。 MGはエラー505を発行する - のServiceChange返信が受信された前のコマンドを受信しました。

11.3 Negotiation of protocol version
プロトコルバージョンの11.3交渉

The first ServiceChange command from a MG shall contain the version number of the protocol supported by the MG in the ServiceChangeVersion parameter. Upon receiving such a message, if the MGC supports only a lower version, then the MGC shall send a

MGからの最初のServiceChangeコマンドはServiceChangeVersionパラメータにMGによってサポートされるプロトコルのバージョン番号を含まなければなりません。 MGCだけ低いバージョンをサポートしている場合、このようなメッセージを受信すると、その後、MGCは、送信しなければなりません

ServiceChangeReply with the lower version and thereafter all the messages between MG and MGC shall conform to the lower version of the protocol. If the MG is unable to comply and it has established a transport connection to the MGC, it should close that connection. In any event, it should reject all subsequent requests from the MGC with error 406 - Version Not Supported.

ServiceChangeReply下位バージョンで、その後、MGとMGCとの間のすべてのメッセージは、プロトコルの下位バージョンに適合しなければなりません。 MGが応じることができない、それはMGCへのトランスポート接続を確立している場合は、その接続を閉じる必要があります。いずれにしても、エラー406でMGCからの後続のすべての要求を拒否すべきである - バージョンがサポートされていません。

If the MGC supports a higher version than the MG but is able to support the lower version proposed by the MG, it shall send a ServiceChangeReply with the lower version and thereafter all the messages between MG and MGC shall conform to the lower version of the protocol. If the MGC is unable to comply, it shall reject the association, with error 406 - Version Not Supported.

MGCはMGより高いバージョンをサポートしていますが、MGによって提案された下位バージョンをサポートすることが可能であるならば、それは低いバージョンでServiceChangeReplyを送信しなければならないし、その後MGとMGCとの間のすべてのメッセージは、プロトコルの下位バージョンに適合しなければなりません。バージョンサポートされていない - MGCが遵守できない場合は、エラー406で、関連付けを却下します。

Protocol version negotiation may also occur at "handoff" and "failover" ServiceChanges.

プロトコルバージョンの交渉も「ハンドオフ」と「フェイルオーバー」ServiceChangesで発生する可能性があります。

When extending the protocol with new versions, the following rules should be followed:

新しいバージョンのプロトコルを拡張する場合は、次の規則に従ってください。

1) Existing protocol elements, i.e., procedures, parameters, descriptor, property, values, should not be changed unless a protocol error needs to be corrected or it becomes necessary to change the operation of the service that is being supported by the protocol.

プロトコルエラーを補正する必要があるか、それがプロトコルでサポートされているサービスの動作を変更する必要が生じない限り、1)既存のプロトコル要素、すなわち、手順、パラメータ、ディスクリプタ、プロパティ、値が変更されるべきではありません。

2) The semantics of a command, a parameter, a descriptor, a property, or a value should not be changed.

2)コマンドのセマンティクス、パラメータ、ディスクリプタ、プロパティ、または値が変更されるべきではありません。

3) Established rules for formatting and encoding messages and parameters should not be modified.

3)メッセージおよびパラメータをフォーマットし、符号化するための確立されたルールは変更されるべきではありません。

4) When information elements are found to be obsolete they can be marked as not used. However, the identifier for that information element will be marked as reserved. In that way it can not be used in future versions.

4)情報要素を使用しないようにそれらがマークすることができ時代遅れであることが判明している場合。予約しかし、その情報要素の識別子がマークされます。そのようにして、将来のバージョンで使用することはできません。

11.4 Failure of a MG
MGの11.4失敗

If a MG fails, but is capable of sending a message to the MGC, it sends a ServiceChange with an appropriate method (graceful or forced) and specifies the Root TerminationID. When it returns to service, it sends a ServiceChange with a "Restart" method.

MGは失敗しますが、MGCにメッセージを送信することが可能であるならば、それは適切な方法(優美または強制)とのServiceChangeを送信し、ルートTerminationIDを指定します。それがサービスに戻ったとき、それは「再起動」方式でのServiceChangeを送信します。

Allowing the MGC to send duplicate messages to both MGs accommodates pairs of MGs that are capable of redundant failover of one of the MGs. Only the Working MG shall accept or reject transactions. Upon failover, the primary MG sends a ServiceChange command with a

MGCは両方のMGに重複したメッセージを送信できるようにするとのMGの1の冗長フェイルオーバーが可能なのMGのペアに対応します。唯一のワーキングMGは、受け入れるか、またはトランザクションを却下します。フェイルオーバーが発生すると、主要MGはとのServiceChangeコマンドを送信します

"Failover" method and a "MG Impending Failure" reason. The MGC then uses the secondary MG as the active MG. When the error condition is repaired, the Working MG can send a "ServiceChange" with a "Restart" method.

「フェイルオーバー」方法と「MG差し迫った障害」理由。 MGCは、アクティブなMGとしてセカンダリMGを使用しています。エラー状態が修復されると、ワーキングMGは、「再起動」メソッドで「のServiceChange」を送ることができます。

Note: Redundant failover MGs require a reliable transport, because the protocol provides no means for a secondary MG running ALF to acknowledge messages sent from the MGC.

注意:プロトコルはMGCから送信されたメッセージを確認するためにALFを実行している二次MGのための手段を提供しないため、冗長フェイルオーバーのMGは、信頼性の高い輸送を必要とします。

11.5 Failure of an MGC
MGCの11.5失敗

If the MG detects a failure of its controlling MGC, it attempts to contact the next MGC on its pre-provisioned list. It starts its attempts at the beginning (primary MGC), unless that was the MGC that failed, in which case it starts at its first secondary MGC. It sends a ServiceChange message with a "Failover" method and a "MGC Impending Failure" reason. If the MG is unable to establish a control relationship with any MGC, it shall wait a random amount of time as described in section 9.2 and then start again contacting its primary, and (if necessary) its secondary MGCs. When contacting its previously controlling MGC, the MG sends the ServiceChange message with "Disconnected" method.

MGはその制御MGCの故障を検出した場合、その前のプロビジョニングリスト上の次のMGCに連絡しようとします。それが失敗したことをMGCた場合を除き、それはその最初の二次MGCに開始する場合、最初(一次MGC)でその試みを開始します。これは、「フェイルオーバー」方法と「MGC差し迫った障害」の理由でのServiceChangeメッセージを送信します。 MGは、任意のMGCとの制御関係を確立することができない場合、それは(必要ならば)その二次のMGCセクション9.2に記載したようにランダムな時間待機した後、その主と接触再び開始し、しなければなりません。その以前に制御するMGCに連絡するとき、MGは「切断」方式でのServiceChangeメッセージを送信します。

In partial failure, or for manual maintenance reasons, an MGC may wish to direct its controlled MGs to use a different MGC. To do so, it sends a ServiceChange method to the MG with a "HandOff" method, and its designated replacement in ServiceChangeMgcId. If "HandOff" is supported, the MG shall send a ServiceChange message with a "Handoff" method and a "MGC directed change" reason to the designated MGC. If it fails to get a reply from the designated MGC, the MG shall behave as if its MGC failed, and start contacting secondary MGCs as specified in the previous paragraph. If the MG is unable to establish a control relationship with any MGC, it shall wait a random amount of time as described in 9.2 and then start contacting its primary, and if necessary, its secondary MGCs again.

部分的な障害、または手動メンテナンス上の理由で、MGCは異なるMGCを使用するために、その制御のMGを指示することを望むかもしれません。そのためには、「ハンドオフ」方法、およびServiceChangeMgcIdでその指定された交換にMGへのServiceChangeメソッドを送信します。 「ハンドオフが」サポートされている場合は、MGは「ハンドオフ」方法と指定されたMGCに「MGC監督の変更」の理由でのServiceChangeメッセージを送信しなければなりません。それは指定されたMGCからの応答を取得するために失敗した場合、MGはそのMGCが失敗したかのように動作し、前の段落に指定されている二次のMGCを接触させることを開始するものとします。 MGがどんなMGCとの制御関係を確立することができない場合は、再度、9.2で説明したようにランダムな時間を待ってから、その主に連絡を開始し、必要であれば、その二次MGCのものとします。

No recommendation is made on how the MGCs involved in the Handoff maintain state information; this is considered to be out of scope of this RFC. The MGC and MG may take the following steps when Handoff occurs. When the MGC initiates a HandOff, the handover should be transparent to Operations on the Media Gateway. Transactions can be executed in any order, and could be in progress when the ServiceChange is executed. Accordingly, commands in progress continue and replies to all commands from the original MGC must be sent to the transport address from which they were sent. If the service relationship with the sending MGC has ended, the replies should be discarded. The MG may receive outstanding transaction replies from the new MGC. No new messages shall be sent to the new

いかなる勧告は、ハンドオフに関わったMGCは、状態情報を維持する方法で行われていません。これは、このRFCの範囲外であると考えられています。ハンドオフが発生したときにMGCとMGは、次の手順を実行することがあります。 MGCは、ハンドオフを開始すると、ハンドオーバがメディアゲートウェイでの操作に透明であるべきです。トランザクションは、任意の順序で実行することができ、かつのServiceChangeが実行されたときに進行中である可能性があります。したがって、進行中のコマンドが継続し、それらが送られたのトランスポートアドレスに送信されなければならないオリジナルのMGCからのすべてのコマンドに応答します。送信MGCとのサービス関係が終了した場合、応答は破棄されなければなりません。 MGは新しいMGCから未処理のトランザクションの応答を受け取ることができます。新しいメッセージは新しいに送信されてはなりません

MGC until the control association is established. Repeated transaction requests shall be directed to the new MGC. The MG shall maintain state on all Terminations and Contexts.

MGCコントロールの関連付けが確立されるまで。繰り返されるトランザクション要求は、新しいMGCを目的としなければなりません。 MGは、すべての端子とコンテキストに状態を維持しなければなりません。

It is possible that the MGC could be implemented in such a way that a failed MGC is replaced by a working MGC where the identity of the new MGC is the same as the failed one. In such a case, ServiceChangeMgcId would be specified with the previous value and the MG shall behave as if the value was changed, and send a ServiceChange message, as above.

MGCが失敗したMGCは新しいMGCのアイデンティティが失敗したものと同じである作業MGCによって置き換えられるように実装される可能性があります。このような場合には、ServiceChangeMgcIdは、前の値で指定されるとMGは、値が変更されたかのように振る舞い、そして上記のように、のServiceChangeメッセージを送信しなければなりません。

Pairs of MGCs that are capable of redundant failover can notify the controlled MGs of the failover by the above mechanism.

冗長フェイルオーバーすることが可能でのMGCのペアは上記メカニズムによってフェイルオーバー制御のMGに通知することができます。

12 Package definition

12パッケージの定義

The primary mechanism for extension is by means of Packages. Packages define additional Properties, Events, Signals and Statistics that may occur on Terminations.

拡張のための主要なメカニズムは、パッケージによるものです。パッケージには、終端に発生する可能性があり、追加のプロパティ、イベント、シグナルおよび統計を定義します。

Packages defined by IETF will appear in separate RFCs.

IETFによって定義されたパッケージは、別のRFCに表示されます。

Packages defined by ITU-T may appear in the relevant Recommendations (e.g., as Recommendations of the H.248 sub-series).

ITU-Tによって定義されたパッケージ(例えば、H.248サブシリーズの勧告など)関連勧告に表示されてもよいです。

1) A public document or a standard forum document, which can be referenced as the document that describes the package following the guideline above, should be specified.

1)公的文書又は上記ガイドライン次のパッケージを記述する文書として参照することができる標準的なトピック文書は、指定されなければなりません。

2) The document shall specify the version of the Package that it describes.

2)文書は、それが説明するパッケージのバージョンを指定しなければなりません。

3) The document should be available on a public web server and should have a stable URL. The site should provide a mechanism to provide comments and appropriate responses should be returned.

3)文書は、公開Webサーバ上で利用可能であるべきと安定したURLを持つべきです。このサイトは、コメントを提供するためのメカニズムを提供し、適切な応答が返されなければなりません。

12.1 Guidelines for defining packages
パッケージを定義するための12.1ガイドライン

Packages define Properties, Events, Signals, and Statistics.

パッケージには、プロパティ、イベント、シグナル、および統計を定義します。

Packages may also define new error codes according to the guidelines given in 13.2. This is a matter of documentary convenience: the package documentation is submitted to IANA in support of the error code registration. If a package is modified, it is unnecessary to provide IANA with a new document reference in support of the error code unless the description of the error code itself is modified.

パッケージはまた13.2に与えられたガイドラインに従って、新しいエラーコードを定義することもできます。これはドキュメンタリー利便性の問題である:パッケージのドキュメントは、エラーコード登録のサポートにIANAに提出されます。パッケージが変更された場合、エラーコード自体の記述が変更されない限り、エラーコードの支援で新しいドキュメントを参照してIANAを設ける必要がありません。

Names of all such defined constructs shall consist of the PackageID (which uniquely identifies the package) and the ID of the item (which uniquely identifies the item in that package). In the text encoding the two shall be separated by a forward slash ("/") character. Example: togen/playtone is the text encoding to refer to the play tone signal in the tone generation package.

すべてのそのような定義された構築物の名前は、(一意に識別するパッケージ)のPackageID及び(一意そのパッケージ内のアイテムを識別する)項目のIDで構成されなければなりません。テキストエンコーディングでは2は、スラッシュ(「/」)で区切られなければなりません。例:togen / playtone音源パッケージにプレイトーン信号を参照するテキストエンコーディングです。

A Package will contain the following sections:

パッケージには、次のセクションが含まれます。

12.1.1 Package
12.1.1パッケージ

Overall description of the package, specifying:

パッケージの全体的な説明、指定:

Package Name: only descriptive

パッケージ名:記述のみ

PackageID: is an identifier

PackageIDは:識別子であり、

Description:

説明:

Version:

版:

A new version of a package can only add additional Properties, Events, Signals, Statistics and new possible values for an existing parameter described in the original package. No deletions or modifications shall be allowed. A version is an integer in the range from 1 to 99.

パッケージの新しいバージョンでは、唯一の追加のプロパティ、イベント、シグナル、統計と元のパッケージに記載し、既存のパラメータの新しい可能な値を追加することができます。いいえ削除や変更は許されてはなりません。バージョンは、1から99の範囲の整数です。

Designed to be extended only (Optional):

のみ(オプション)を拡張するために設計されています:

This indicates that the package has been expressly designed to be extended by others, not to be directly referenced. For example, the package may not have any function on its own or be nonsensical on its own. The MG SHOULD NOT publish this PackageID when reporting packages.

これは、パッケージが明示直接参照することはない、他の人が延長されるように設計されていることを示しています。たとえば、パッケージには、独自の上の任意の機能を持っているか、自分自身で無意味ではないかもしれません。パッケージを報告するとき、MGは、こののPackageIDを公開すべきではありません。

Extends (Optional): existing package Descriptor

拡張(オプション):既存のパッケージ記述子

A package may extend an existing package. The version of the original package must be specified. When a package extends another package it shall only add additional Properties, Events, Signals, Statistics and new possible values for an existing parameter described in the original package. An extended package shall not redefine or overload an identifier defined in the original package and packages it may have extended (multiple levels of extension). Hence, if package B version 1 extends package A version 1, version 2 of B will not be able to extend the A version 2 if A version 2 defines a name already in B version 1.

パッケージには、既存のパッケージを延長することができます。オリジナルパッケージのバージョンを指定する必要があります。パッケージが別のパッケージを拡張するとき、それは唯一の追加のプロパティ、イベント、シグナル、統計と元のパッケージに記載し既存のパラメータのための新しい可能な値を追加しなければなりません。拡張されたパッケージは、(拡張の複数のレベル)を延長している可能性があり、元のパッケージとパッケージで定義された識別子を再定義するか、オーバーロードしてはなりません。パッケージBバージョン1は、バージョン1をパッケージに延びている場合、バージョン2がBバージョン1で既に名前を定義する場合したがって、Bのバージョン2は、バージョン2を拡張することができません。

12.1.2 Properties
12.1.2プロパティ

Properties defined by the package, specifying:

指定したパッケージで定義されたプロパティ:

Property Name: only descriptive

物件名:記述のみ

PropertyID: is an identifier

PropertyIDは:識別子であり、

Description:

説明:

Type: One of:

タイプ:のいずれかです。

Boolean

ブーリアン

String: UTF-8 string

文字列:UTF-8文字列

Octet String: A number of octets. See Annex A and Annex B.3 for encoding

オクテット文字列:オクテットの数。エンコーディングは、附属書A及び附属書B.3を参照してください。

Integer: 4 byte signed integer

整数:4バイトの符号付き整数

Double: 8 byte signed integer

ダブル:8バイトの符号付き整数

Character: unicode UTF-8 encoding of a single letter. Could be more than one octet.

文字:単一文字のユニコードUTF-8エンコーディング。複数のオクテットである可能性があります。

Enumeration: one of a list of possible unique values (see 12.3)

列挙:可能なユニークな値のリストの1(12.3を参照してください)

Sub-list: a list of several values from a list. The type of sub-list SHALL also be specified. The type shall be chosen from the types specified in this section (with the exception of sub-list). For example, Type: sub-list of enumeration. The encoding of sub-lists is specified in Annexes A and B.3.

サブリスト:リストから複数の値のリスト。サブリストのタイプも規定しなければなりません。タイプ(サブリストを除く)このセクションで指定されたタイプから選択しなければなりません。たとえば、タイプ:列挙のサブリスト。サブリストの符号化は、附属書A及びB.3で指定されています。

Possible values:

可能な値:

A package MUST specify either a specific set of values or a description of how values are determined. A package MUST also specify a default value or the default behaviour when the value is omitted from its descriptor. For example, a package may specify that procedures related to the property are suspended when its value is omitted. A default value (but not procedures) may be specified as provisionable.

パッケージは、値の特定のセットまたは値を決定する方法の説明のいずれかを指定しなければなりません。パッケージには、デフォルト値または値は、その記述子から省略されているデフォルトの動作を指定しなければなりません。例えば、パッケージは、その値が省略されたときにプロパティに関連する手順が中断されることを指定することができます。デフォルト値(ただし、手順は)プロビジョニングとして指定することができます。

Defined in:

で定義されています:

Which H.248.1 descriptor the property is defined in.

どのH.248.1記述子プロパティを定義しました。

LocalControl is for stream dependent properties. TerminationState is for stream independent properties. These are expected to be the most common cases, but it is possible for properties to be defined in other descriptors.

ローカル制御は、ストリーム依存特性のためです。 TerminationStateは、ストリームの独立した性質のためです。これらは、最も一般的な例であることが予想、しかし性質は、他の記述子で定義される可能性があります。

Characteristics: Read/Write or both, and (optionally), global:

特徴:読み込み/書き込み、またはその両方、および(オプション)、グローバル:

Indicates whether a property is read-only, or read-write, and if it is global. If Global is omitted, the property is not global. If a property is declared as global, the value of the property is shared by all Terminations realizing the package.

プロパティは読み取り専用であるかどうか、または読み取り書き込みを示し、それがグローバルである場合。グローバルが省略された場合、プロパティはグローバルではありません。プロパティがグローバルとして宣言されている場合は、プロパティの値は、パッケージを実現するすべての端子によって共有されています。

12.1.3 Events
12.1.3イベント

Events defined by the package, specifying:

パッケージで定義されたイベント、指定:

Event name: only descriptive

イベント名:記述のみ

EventID: is an identifier

イベントID:識別子です

Description:

説明:

EventsDescriptor Parameters:

たEventsDescriptorパラメータ:

Parameters used by the MGC to configure the event, and found in the EventsDescriptor. See 12.2.

パラメータは、イベントを構成するためにMGCによって使用され、たEventsDescriptorで見つかりました。 12.2を参照してください。

ObservedEventsDescriptor Parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

Parameters returned to the MGC in Notify requests and in replies to command requests from the MGC that audit ObservedEventsDescriptor, and found in the ObservedEventsDescriptor. See 12.2.

パラメータは、リクエストを通知し、MGCその監査ObservedEventsDescriptorからの要求を命令する回答にでMGCに戻り、ObservedEventsDescriptorで見つかりました。 12.2を参照してください。

12.1.4 Signals
12.1.4シグナル

Signals defined by the package, specifying:

指定したパッケージで定義された信号を、:

Signal Name: only descriptive

信号名:記述のみ

SignalID: is an identifier. SignalID is used in a SignalsDescriptor

SignalID:識別子です。 SignalIDはSignalsDescriptorに使用されています

Description

説明

SignalType: one of:

SignalType:の1:

OO (On/Off)

OO(オン/オフ)

TO (TimeOut)

TO(タイムアウト)

BR (Brief)

BR(手紙)

NOTE - SignalType may be defined such that it is dependent on the value of one or more parameters. The package MUST specify a default signal type. If the default type is TO, the package MUST specify a default duration which may be provisioned. A default duration is meaningless for BR.

注 - SignalTypeは、一つ以上のパラメータの値に依存するように定義することができます。パッケージには、デフォルトの信号タイプを指定する必要があります。デフォルトのタイプがする場合は、パッケージがプロビジョニングされるデフォルトの期間を指定しなければなりません。デフォルトの期間は、BRのために無意味です。

Duration: in hundredths of seconds

所要時間:100分の1秒単位で

Additional Parameters: see 12.2

追加パラメータ:12.2を参照してください

12.1.5 Statistics
12.1.5統計

Statistics defined by the package, specifying:

指定したパッケージで定義された統計:

Statistic name: only descriptive

統計名:記述のみ

StatisticID: is an identifier

StatisticIDは:識別子であり、

StatisticID is used in a StatisticsDescriptor

統計は、統計記述に使用されています

Description:

説明:

Units: unit of measure, e.g., milliseconds, packets

単位:測定単位、例えば、ミリ秒、パケット

12.1.6 Procedures
12.1.6手順

Additional guidance on the use of the package.

パッケージの使用に関する追加のガイダンス。

12.2 Guidelines to defining Parameters to Events and Signals
イベントおよび信号へのパラメータを定義する12.2ガイドライン

Parameter Name: only descriptive

パラメータ名:記述のみ

ParameterID: is an identifier. The textual ParameterID of parameters to Events and Signals shall not start with "EPA" and "SPA", respectively. The textual ParameterID shall also not be "ST", "Stream", "SY", "SignalType", "DR", "Duration", "NC", "NotifyCompletion", "KA", "Keepactive", "EB", "Embed", "DM" or "DigitMap".

ParameterID:識別子です。イベントと信号のパラメータのテキストParameterIDは、それぞれ、「EPA」と「SPA」で始まってはなりません。テキストParameterIDも "ST"、 "ストリーム"、 "SY"、 "SignalType"、 "DR"、 "期間"、 "NC"、 "NotifyCompletion" であってはならない、 "KA"、 "Keepactive"、 "EB" 、 "埋め込み"、 "DM" または "DigitMap"。

Type: One of:

タイプ:のいずれかです。

Boolean

ブーリアン

String: UTF-8 octet string

文字列:UTF-8オクテット文字列

Octet String: A number of octets. See Annex A and Annex B.3 for encoding

オクテット文字列:オクテットの数。エンコーディングは、附属書A及び附属書B.3を参照してください。

Integer: 4-octet signed integer

整数:4オクテットの符号付き整数

Double: 8-octet signed integer

ダブル:8オクテットの符号付き整数

Character: unicode UTF-8 encoding of a single letter. Could be more than one octet.

文字:単一文字のユニコードUTF-8エンコーディング。複数のオクテットである可能性があります。

Enumeration: one of a list of possible unique values (see 12.3)

列挙:可能なユニークな値のリストの1(12.3を参照してください)

Sub-list: a list of several values from a list (not supported for statistics). The type of sub-list SHALL also be specified. The type shall be chosen from the types specified in this section (with the exception of sub-list). For example, Type: sub-list of enumeration. The encoding of sub-lists is specified in Annexes A and B.3.

サブリスト:リストから複数の値のリスト(統計ではサポートされません)。サブリストのタイプも規定しなければなりません。タイプ(サブリストを除く)このセクションで指定されたタイプから選択しなければなりません。たとえば、タイプ:列挙のサブリスト。サブリストの符号化は、附属書A及びB.3で指定されています。

Possible values:

可能な値:

A package MUST specify either a specific set of values or a description of how values are determined. A package MUST also specify a default value or the default behavior when the value is omitted from its descriptor. For example, a package may specify that procedures related to the parameter are suspended when it value is omitted. A default value (but not procedures) may be specified as provisionable.

パッケージは、値の特定のセットまたは値を決定する方法の説明のいずれかを指定しなければなりません。パッケージには、デフォルト値または値は、その記述子から省略されているデフォルトの動作を指定しなければなりません。例えば、パッケージは、値が省略された場合、パラメータに関連する手順が中断されることを指定することができます。デフォルト値(ただし、手順は)プロビジョニングとして指定することができます。

Description:

説明:

12.3 Lists
12.3リスト

Possible values for parameters include enumerations. Enumerations may be defined in a list. It is recommended that the list be IANA registered so that packages that extend the list can be defined without concern for conflicting names.

パラメータに指定できる値は、列挙型が含まれます。列挙型は、リストに定義されていてもよいです。リストを拡張パッケージが競合する名前を気にせずに定義することができるようにリストがIANAに登録されることをお勧めします。

12.4 Identifiers
12.4識別子

Identifiers in text encoding shall be strings of up to 64 characters, containing no spaces, starting with an alphabetic character and consisting of alphanumeric characters and/or digits, and possibly including the special character underscore ("_").

テキストエンコーディングにおける識別子は、空白を含まないアルファベット文字で始まり、英数字および/または数字から成る、およびおそらく特殊文字アンダースコア(「_」)を含めて、最大64文字の文字列でなければなりません。

Identifiers in binary encoding are 2 octets long.

バイナリエンコーディングでの識別子は2つのオクテットの長さです。

Both text and binary values shall be specified for each identifier, including identifiers used as values in enumerated types.

テキストとバイナリ値の両方は、列挙型の値として使用される識別子を含む、各識別子に指定されなければなりません。

12.5 Package registration
12.5パッケージの登録

A package can be registered with IANA for interoperability reasons. See clause 13 for IANA Considerations.

パッケージには、相互運用性の理由のためにIANAに登録することができます。 IANAの考慮事項のための句13を参照してください。

13 IANA Considerations

13のIANAの考慮事項

13.1 Packages
13.1パッケージ

The following considerations SHALL be met to register a package with IANA:

次の考慮事項は、IANAにパッケージを登録するために満たさなければなりません。

1) A unique string name, unique serial number and version number is registered for each package. The string name is used with text encoding. The serial number shall be used with binary encoding. Serial Numbers 0x8000 to 0xFFFF are reserved for private use. Serial number 0 is reserved.

1)固有の文字列名は、一意のシリアル番号とバージョン番号はパッケージごとに登録されています。文字列名は、テキストエンコーディングで使用されています。シリアル番号は、バイナリエンコーディングで使用しなければなりません。 0xFFFFのに0x8000のシリアル番号は、私的使用のために予約されています。シリアル番号0は予約されています。

2) A contact name, email and postal addresses for that contact shall be specified. The contact information shall be updated by the defining organization as necessary.

2)その連絡先の連絡先の名前、電子メール、郵便のアドレスが指定されなければなりません。連絡先情報は、必要に応じて定義する組織によって更新されなければなりません。

3) A reference to a document that describes the package, which should be public:

3)公共なければならないパッケージを記述する文書を参照します。

The document shall specify the version of the Package that it describes.

文書は、それが説明するパッケージのバージョンを指定しなければなりません。

If the document is public, it should be located on a public web server and should have a stable URL. The site should provide a mechanism to provide comments and appropriate responses should be returned.

文書が公開されている場合、それは公共のWebサーバー上に配置する必要があり、安定したURLを持つべきです。このサイトは、コメントを提供するためのメカニズムを提供し、適切な応答が返されなければなりません。

4) Packages registered by other than recognized standards bodies shall have a minimum package name length of 8 characters.

4)認識の標準化団体以外で登録されたパッケージは8つの文字の最小パッケージ名の長さを持たなければなりません。

5) All other package names are first come-first served if all other conditions are met.

他のすべての条件が満たされた場合5)その他のすべてのパッケージ名は、最初に来、最初に提供しています。

13.2 Error codes
13.2エラーコード

The following considerations SHALL be met to register an error code with IANA:

次の考慮事項は、IANAとエラーコードを登録するには満たさなければなりません。

1) An error number and a one-line (80-character maximum) string is registered for each error.

1)エラー番号とワンライン(80文字最大)列は、各エラーに対して登録されています。

2) A complete description of the conditions under which the error is detected shall be included in a publicly available document. The description shall be sufficiently clear to differentiate the error from all other existing error codes.

2)エラーが検出される条件の完全な説明は、公開文書に含まれなければなりません。説明は、他のすべての既存のエラーコードからエラーを区別するために十分に明確でなければなりません。

3) The document should be available on a public web server and should have a stable URL.

3)文書は、公開Webサーバ上で利用可能であるべきと安定したURLを持つべきです。

4) Error numbers registered by recognized standards bodies shall have 3- or 4-character error numbers.

4)認識の標準化団体によって登録されたエラー番号は3または4文字のエラー番号を持たなければなりません。

5) Error numbers registered by all other organizations or individuals shall have 4-character error numbers.

5)他のすべての組織または個人が登録したエラー番号は4文字のエラー番号を持たなければなりません。

6) An error number shall not be redefined nor modified except by the organization or individual that originally defined it, or their successors or assigns.

6)エラー番号が再定義ももともと、またはその後継又は譲受人に定義された組織または個人によって除いて修正してはなりません。

13.3 ServiceChange reasons
13.3のServiceChangeの理由

The following considerations SHALL be met to register service change reason with IANA:

次の考慮事項は、IANAとサービス変更の理由を登録するために満たさなければなりません。

1) A one-phrase, 80-character maximum, unique reason code is registered for each reason.

1)一フレーズ、80文字の最大値、ユニークな理由コードは、各理由のために登録されます。

2) A complete description of the conditions under which the reason is used is detected shall be included in a publicly available document. The description shall be sufficiently clear to differentiate the reason from all other existing reasons.

2)検出され使用される理由は、公的に入手可能な文書に含まれなければならない条件の完全な記述。説明は、他のすべての既存の理由からその理由を区別するために十分に明確でなければなりません。

3) The document should be available on a public web server and should have a stable URL.

3)文書は、公開Webサーバ上で利用可能であるべきと安定したURLを持つべきです。

ANNEX A - Binary encoding of the protocol

附属書A - プロトコルのバイナリエンコーディング

This annex specifies the syntax of messages using the notation defined in Recommendation X.680; Information technology - Abstract Syntax Notation One (ASN.1): Specification of basic notation. Messages shall be encoded for transmission by applying the basic encoding rules specified in Recommendation X.690, Information Technology - ASN.1 Encoding Rules: Specification of Basic Encoding Rules (BER), Canonical Encoding Rules (CER) and Distinguished Encoding Rules.

この附属書は、勧告X.680で定義された表記法を使用してメッセージの構文を指定します。情報技術 - 抽象構文記法1(ASN.1):基本的な記法の仕様。基本符号化規則(BER)、Canonicalの符号化規則(CER)、および顕著な符号化規則の仕様:ASN.1の符号化規則 - メッセージは、勧告X.690、情報技術に指定された基本的な符号化規則を適用することにより、伝送のために符号化されなければなりません。

A.1 Coding of wildcards

ワイルドカードのA.1コーディング

The use of wildcards ALL and CHOOSE is allowed in the protocol. This allows a MGC to partially specify Termination IDs and to let the MG choose from the values that conform to the partial specification. Termination IDs may encode a hierarchy of names. This hierarchy is provisioned. For instance, a TerminationID may consist of a trunk group, a trunk within the group and a circuit. Wildcarding must be possible at all levels. The following paragraphs explain how this is achieved.

ワイルドカードALLおよびCHOOSEの使用はプロトコルで許可されています。これはMGCが部分的に終了IDを指定すると、MGは、部分的仕様に準拠した値から選択できるようにします。終了IDは、名前の階層を符号化することができます。この階層は、プロビジョニングされます。例えば、TerminationIDはトランクグループ、グループ内のトランク回路から構成されてもよいです。ワイルドカードは、すべてのレベルで可能でなければなりません。次の段落では、これが達成される方法を説明します。

The ASN.1 description uses octet strings of up to 8 octets in length for Termination IDs. This means that Termination IDs consist of at most 64 bits. A fully specified Termination ID may be preceded by a sequence of wildcarding fields. A wildcarding field is one octet in length. Bit 7 (the most significant bit) of this octet specifies what type of wildcarding is invoked: if the bit value equals 1, then the ALL wildcard is used; if the bit value if 0, then the CHOOSE wildcard is used. Bit 6 of the wildcarding field specifies whether the wildcarding pertains to one level in the hierarchical naming scheme (bit value 0) or to the level of the hierarchy specified in the wildcarding field plus all lower levels (bit value 1). Bits 0 through 5 of the wildcarding field specify the bit position in the Termination ID at which the wildcarding starts.

ASN.1の記述は、終端IDの長さは最大8つのオクテットのオクテット文字列を使用します。これは、終了IDが高々64ビットで構成されていることを意味します。完全に指定された終了IDは、ワイルドカードフィールドのシーケンスによって先行されてもよいです。ワイルドカードフィールドの長さは1つのオクテットです。このオクテットのビット7(最上位ビット)が呼び出されたワイルドカードの種類を指定します。次に、すべてのワイルドカードが使用され、ビット値が1に等しい場合。ビットの値であれば0の場合、CHOOSEワイルドカードが使用されます。ワイルドカードフィールドのビット6は、ワイルドカードは、階層命名体系の1つの上のレベルに関係するかどうかを指定する(ビット値0)またはワイルドカードフィールドで指定された階層のレベルとすべての下位レベルに(ビット値1)。ワイルドカード・フィールドの5を介してビット0は、ワイルドカードが始まる終端IDのビット位置を指定します。

We illustrate this scheme with some examples. In these examples, the most significant bit in a string of bits appears on the left hand side.

我々はいくつかの例で、このスキームを説明します。これらの例では、ビット列における最上位ビットは左側に表示されます。

Assume that Termination IDs are three octets long and that each octet represents a level in a hierarchical naming scheme. A valid Termination ID is:

終了IDが3つのオクテットの長及び各オクテットは階層命名方式でレベルを表していることであることを前提としています。有効な終端IDは以下のとおりです。

00000001 00011110 01010101.

00000001 00011110 01010101。

Addressing ALL names with prefix 00000001 00011110 is done as follows:

次のように00000001 00011110が行われている接頭辞を持つすべての名前のアドレス指定:

wildcarding field: 10000111

ワイルドカードフィールド:10000111

Termination ID: 00000001 00011110 xxxxxxxx.

終了ID:00000001 00011110 XXXXXXXX。

The values of the bits labeled "x" is irrelevant and shall be ignored by the receiver.

「X」と記されたビットの値は無関係であり、受信機によって無視されなければなりません。

Indicating to the receiver that it must choose a name with 00011110 as the second octet is done as follows:

第2オクテットが行われているように、以下のように、それは00011110で名前を選択する必要があることを受信機に示します。

wildcarding fields: 00010111 followed by 00000111

ワイルドカードフィールド:00010111は00000111が続きます

Termination ID: xxxxxxxx 00011110 xxxxxxxx.

終了ID:XXXXXXXX XXXXXXXX 00011110。

The first wildcard field indicates a CHOOSE wildcard for the level in the naming hierarchy starting at bit 23, the highest level in our assumed naming scheme. The second wildcard field indicates a CHOOSE wildcard for the level in the naming hierarchy starting at bit 7, the lowest level in our assumed naming scheme.

最初のワイルドカードのフィールドは、ビット23から始まる命名階層内のレベル、私たちの仮定命名スキームにおける最高レベルのためにCHOOSEワイルドカードを示します。第二のワイルドカードフィールドは、ビット7、我々の仮定命名スキームの最下位レベルで始まる命名階層内のレベルに選択したワイルドカードを示しています。

Finally, a CHOOSE-wildcarded name with the highest level of the name equal to 00000001 is specified as follows:

次のように最後に、00000001と等しい名前の最高レベルの選択肢、ワイルドカード名が指定されています。

wildcard field: 01001111

ワイルドカードフィールド:01001111

Termination ID: 0000001 xxxxxxxx xxxxxxxx .

終了ID:0000001 XXXXXXXX XXXXXXXXの。

Bit value 1 at bit position 6 of the first octet of the wildcard field indicates that the wildcarding pertains to the specified level in the naming hierarchy and all lower levels.

ワイルドカードフィールドの最初のオクテットのビット位置6でのビット値1は、ワイルドカードが命名階層内の指定されたレベルとすべての下位レベルに関係することを示しています。

Context IDs may also be wildcarded. In the case of Context IDs, however, specifying partial names is not allowed. Context ID 0x0 SHALL be used to indicate the NULL Context, Context ID 0xFFFFFFFE SHALL be used to indicate a CHOOSE wildcard, and Context ID 0xFFFFFFFF SHALL be used to indicate an ALL wildcard.

コンテキストIDはまた、ワイルドカードすることができます。コンテキストIDの場合は、しかし、部分的な名前を指定することはできません。コンテキストIDは0x0はNULLコンテキストを示すために使用されるものと、コンテキストID 0xFFFFFFFEは、ワイルドカードを選択指示するために使用されるもの、およびコンテキストID 0xFFFFFFFFのは、ALLワイルドカードを示すために使用されなければなりません。

TerminationID 0xFFFFFFFFFFFFFFFF SHALL be used to indicate the ROOT Termination.

TerminationID 0xFFFFFFFFFFFFFFFFはROOTの終了を示すために使用しなければなりません。

A.2 ASN.1 syntax specification

A.2 ASN.1構文の仕様

This subclause contains the ASN.1 specification of the H.248.1 protocol syntax.

本節では、H.248.1プロトコルの構文のASN.1仕様が含まれています。

NOTE 1 - In case a transport mechanism is used that employs application level framing, the definition of Transaction below changes. Refer to the annex or to the Recommendation of the H.248 sub-series defining the transport mechanism for the definition that applies in that case.

注1 - ここで、搬送機構は、アプリケーションレベルのフレーミング、変更以下トランザクションの定義を用いるが使用されます。附属またはそのような場合に適用される定義するための搬送機構を定義H.248サブシリーズの勧告を参照。

NOTE 2 - The ASN.1 specification below contains a clause defining TerminationIDList as a sequence of TerminationIDs. The length of this sequence SHALL be one, except possibly when used in contextAuditResult.

注2 - ASN.1仕様は以下のTerminationIDsのシーケンスとしてTerminationIDListを規定​​条項を含んでいます。 contextAuditResultで使用する場合、この配列の長さは、おそらくを除いて、1でなければなりません。

NOTE 3 - This syntax specification does not enforce all restrictions on element inclusions and values. Some additional restrictions are stated in comments and other restrictions appear in the text of this RFC. These additional restrictions are part of the protocol even though not enforced by this specification.

注3 - この構文仕様は、要素の介在物と値のすべての制限を適用しません。コメントやその他の制限事項に記載されているいくつかの追加の制限は、このRFCのテキストで表示されます。これらの追加の制限は、この仕様によって強制されないにもかかわらず、プロトコルの一部です。

NOTE 4 - The ASN.1 module in this Annex uses octet string types to encode values for property parameter, signal parameter and event parameter values and statistics. The actual types of these values vary and are specified in Annex C or the relevant package definition.

注4 - この附属書にASN.1モジュールは、特性パラメータ、信号パラメータおよびイベントパラメータの値と統計値を符号化するためにオクテットストリングタイプを使用します。これらの値の実際のタイプが変化し、附属書Cまたは関連するパッケージ定義で指定されています。

A value is first BER-encoded based on its type using the table below. The result of this BER-encoding is then encoded as an ASN.1 octet string, "double wrapping" the value. The format specified in Annex C or the package relates to BER encoding according to the following table:

値は以下の表を使用して、そのタイプに基づいて、第1のBER符号化されます。このBER符号化の結果は、ASN.1オクテットストリング、「二重包装」値として符号化されます。附属書C又はパッケージに指定された形式は、以下の表に係る符号BERに関する。

Type Specified in Package ASN.1 BER Type

パッケージASN.1 BERタイプで指定されたタイプ

String IA5String or UTF8String (Note 4)

ストリングIA5StringまたはUTF8Stringを(注4)

Integer (4 Octet) INTEGER

整数(4オクテット)INTEGER

Double (8 octet signed int) INTEGER (Note 3)

ダブル(8オクテットがintに署名した)INTEGER(注3)

Character (UTF-8, Note 1) IA5String

文字(UTF-8、注1)IA5String

Enumeration ENUMERATED

列挙ENUMERATED

Boolean BOOLEAN

ブールBOOLEAN

Unsigned Integer (Note 2) INTEGER (Note 3)

符号なし整数INTEGER(注3)(注2)

Octet (String) OCTET STRING

オクテット(String)をオクテットSTRING

Note 1: Can be more than one byte

注1:複数のバイトを指定でき

Note 2: Unsigned integer is referenced in Annex C

注2:符号なし整数は、附属書Cで参照されています

Note 3: The BER encoding of INTEGER does not imply the use of 4 bytes.

注3:INTEGERのBER符号化は、4バイトの使用を意味するものではありません。

Note 4: String should be encoded as IA5String when the contents are all ASCII characters, but as UTF8String if it contains any Non-ASCII characters.

注4:内容がすべてASCII文字ですが、UTF8Stringを通り、それはどんな非ASCII文字が含まれている場合場合、文字列はIA5Stringとしてコード化されなければなりません。

See ITU-T Rec. X.690, 8.7, for the definition of the encoding of an octet string value.

ITU-T勧告を参照してください。 X.690、8.7、オクテット文字列値のエンコーディングの定義について。

   MEDIA-GATEWAY-CONTROL DEFINITIONS AUTOMATIC TAGS::=
   BEGIN
        
   MegacoMessage ::= SEQUENCE
   {
      authHeader     AuthenticationHeader OPTIONAL,
      mess           Message
   }
        
   AuthenticationHeader ::= SEQUENCE
   {
      secParmIndex   SecurityParmIndex,
      seqNum         SequenceNum,
      ad             AuthData
   }
        
   SecurityParmIndex ::= OCTET STRING(SIZE(4))
        
   SequenceNum       ::= OCTET STRING(SIZE(4))
        
   AuthData          ::= OCTET STRING (SIZE (12..32))
        
   Message ::= SEQUENCE
   {
      version           INTEGER(0..99),
      -- The version of the protocol defined here is equal to 1.
      mId               MId,  -- Name/address of message originator
      messageBody       CHOICE
      {
         messageError      ErrorDescriptor, transactions      SEQUENCE OF Transaction
      },
      ...
   }
        
   MId ::= CHOICE
   {
      ip4Address           IP4Address,
      ip6Address           IP6Address,
      domainName           DomainName,
      deviceName           PathName,
      mtpAddress           OCTET STRING(SIZE(2..4)),
      -- Addressing structure of mtpAddress:
      --     25 - 15           0
      --        |  PC        | NI |
      --      24 - 14 bits    2 bits
      -- Note: 14 bits are defined for international use.
      -- Two national options exist where the point code is 16 or 24
      -- bits.
      -- To octet align the mtpAddress, the MSBs shall be encoded as 0s.
             ...
   }
        
   DomainName ::= SEQUENCE
   {
      name        IA5String,
      -- The name starts with an alphanumeric digit followed by a
      -- sequence of alphanumeric digits, hyphens and dots.  No two
      -- dots shall occur consecutively.
      portNumber     INTEGER(0..65535) OPTIONAL
   }
        
   IP4Address ::= SEQUENCE
   {
      address        OCTET STRING (SIZE(4)),
      portNumber     INTEGER(0..65535) OPTIONAL
   }
        
   IP6Address ::= SEQUENCE
   {
      address        OCTET STRING (SIZE(16)),
      portNumber     INTEGER(0..65535) OPTIONAL
   }
        
   PathName ::= IA5String(SIZE (1..64))
   -- See A.3
        
   Transaction ::= CHOICE
        

{ transactionRequest TransactionRequest, transactionPending TransactionPending, transactionReply TransactionReply, transactionResponseAck TransactionResponseAck, -- use of response acks is dependent on underlying transport ... }

{transactionRequest TransactionRequest、transactionPending TransactionPending、transactionReply TransactionReply、transactionResponseAck TransactionResponseAck、 - 応答ACKの使用は基本的な輸送に依存しています...}

   TransactionId ::= INTEGER(0..4294967295)  -- 32-bit unsigned integer
        
   TransactionRequest ::= SEQUENCE
   {
      transactionId        TransactionId,
      actions              SEQUENCE OF ActionRequest,
      ...
   }
        
   TransactionPending ::= SEQUENCE
   {
      transactionId        TransactionId,
      ...
   }
        
   TransactionReply ::= SEQUENCE
   {
      transactionId        TransactionId,
      immAckRequired       NULL OPTIONAL,
      transactionResult    CHOICE
      {
           transactionError   ErrorDescriptor,
           actionReplies      SEQUENCE OF ActionReply
      },
      ...
   }
        
   TransactionResponseAck ::= SEQUENCE OF TransactionAck
   TransactionAck ::= SEQUENCE
   {
      firstAck       TransactionId,
      lastAck        TransactionId OPTIONAL
   }
        
   ErrorDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      errorCode      ErrorCode,
      errorText      ErrorText OPTIONAL
   }
        
   ErrorCode ::= INTEGER(0..65535)
   -- See clause 13 for IANA Considerations with respect to error codes
        
   ErrorText ::= IA5String
        
   ContextID ::= INTEGER(0..4294967295)
        

-- Context NULL Value: 0 -- Context CHOOSE Value: 4294967294 (0xFFFFFFFE) -- Context ALL Value: 4294967295 (0xFFFFFFFF)

- コンテキストNULL値:0 - コンテキスト選択した値:4294967294(0xFFFFFFFE) - コンテキストALL値:4294967295(0xFFFFFFFFの)

   ActionRequest ::= SEQUENCE
   {
      contextId         ContextID,
      contextRequest       ContextRequest OPTIONAL,
      contextAttrAuditReq  ContextAttrAuditRequest OPTIONAL,
      commandRequests   SEQUENCE OF CommandRequest
   }
        
   ActionReply ::= SEQUENCE
   {
      contextId         ContextID,
      errorDescriptor   ErrorDescriptor OPTIONAL,
      contextReply      ContextRequest OPTIONAL,
      commandReply      SEQUENCE OF CommandReply
   }
        
   ContextRequest ::= SEQUENCE
   {
      priority       INTEGER(0..15) OPTIONAL,
      emergency      BOOLEAN OPTIONAL,
      topologyReq    SEQUENCE OF TopologyRequest OPTIONAL,
      ...
   }
        
   ContextAttrAuditRequest ::= SEQUENCE
   {
      topology    NULL OPTIONAL,
      emergency   NULL OPTIONAL,
      priority    NULL OPTIONAL,
      ...
   }
        
   CommandRequest ::= SEQUENCE
   {
      command           Command, optional          NULL OPTIONAL,
      wildcardReturn    NULL OPTIONAL,
      ...
   }
        
   Command ::= CHOICE
   {
      addReq               AmmRequest,
      moveReq              AmmRequest,
      modReq               AmmRequest,
      -- Add, Move, Modify requests have the same parameters
      subtractReq          SubtractRequest,
      auditCapRequest      AuditRequest,
      auditValueRequest    AuditRequest,
      notifyReq            NotifyRequest,
      serviceChangeReq     ServiceChangeRequest,
      ...
   }
        
   CommandReply ::= CHOICE
   {
      addReply                AmmsReply,
      moveReply               AmmsReply,
      modReply                AmmsReply,
      subtractReply           AmmsReply,
      -- Add, Move, Modify, Subtract replies have the same parameters
      auditCapReply           AuditReply,
      auditValueReply         AuditReply,
      notifyReply             NotifyReply,
      serviceChangeReply      ServiceChangeReply,
      ...
   }
        
   TopologyRequest ::= SEQUENCE
   {
      terminationFrom         TerminationID,
      terminationTo           TerminationID,
      topologyDirection       ENUMERATED
      {
         bothway(0),
         isolate(1),
         oneway(2)
      },
      ...
   }
        
   AmmRequest ::= SEQUENCE
   {
        

terminationID TerminationIDList, descriptors SEQUENCE OF AmmDescriptor, -- At most one descriptor of each type (see AmmDescriptor) -- allowed in the sequence. ... }

terminationID TerminationIDListは、AmmDescriptorのシーケンスを記述子 - 各タイプの最大で1つの記述子で(AmmDescriptorを参照してください) - シーケンスで許さ。 ...}

   AmmDescriptor ::= CHOICE
   {
      mediaDescriptor         MediaDescriptor,
      modemDescriptor         ModemDescriptor,
      muxDescriptor           MuxDescriptor,
      eventsDescriptor        EventsDescriptor,
      eventBufferDescriptor   EventBufferDescriptor,
      signalsDescriptor       SignalsDescriptor,
      digitMapDescriptor      DigitMapDescriptor,
      auditDescriptor         AuditDescriptor,
      ...
   }
        
   AmmsReply ::= SEQUENCE
   {
      terminationID        TerminationIDList,
      terminationAudit     TerminationAudit OPTIONAL,
      ...
   }
        
   SubtractRequest ::= SEQUENCE
   {
      terminationID        TerminationIDList,
      auditDescriptor      AuditDescriptor OPTIONAL,
      ...
   }
        
   AuditRequest ::= SEQUENCE
   {
      terminationID        TerminationID,
      auditDescriptor      AuditDescriptor,
      ...
   }
        
   AuditReply ::= CHOICE
   {
      contextAuditResult   TerminationIDList,
      error                ErrorDescriptor,
      auditResult          AuditResult,
      ...
   }
        
   AuditResult ::= SEQUENCE
   {
        

terminationID TerminationID, terminationAuditResult TerminationAudit }

terminationID TerminationID、terminationAuditResult TerminationAudit}

   TerminationAudit ::= SEQUENCE OF AuditReturnParameter
        
   AuditReturnParameter ::= CHOICE
   {
      errorDescriptor         ErrorDescriptor,
      mediaDescriptor         MediaDescriptor,
      modemDescriptor         ModemDescriptor,
      muxDescriptor           MuxDescriptor,
      eventsDescriptor        EventsDescriptor,
      eventBufferDescriptor   EventBufferDescriptor,
      signalsDescriptor       SignalsDescriptor,
      digitMapDescriptor      DigitMapDescriptor,
      observedEventsDescriptor   ObservedEventsDescriptor,
      statisticsDescriptor    StatisticsDescriptor,
      packagesDescriptor      PackagesDescriptor,
      emptyDescriptors        AuditDescriptor,
      ...
   }
        
   AuditDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      auditToken  BIT STRING
         {
            muxToken(0), modemToken(1), mediaToken(2),
            eventsToken(3), signalsToken(4),
            digitMapToken(5), statsToken(6),
            observedEventsToken(7),
            packagesToken(8), eventBufferToken(9)
         } OPTIONAL,
      ...
   }
        
   NotifyRequest ::= SEQUENCE
   {
      terminationID              TerminationIDList,
      observedEventsDescriptor   ObservedEventsDescriptor,
      errorDescriptor            ErrorDescriptor OPTIONAL,
      ...
   }
        
   NotifyReply ::= SEQUENCE
   {
      terminationID           TerminationIDList,
      errorDescriptor         ErrorDescriptor OPTIONAL,
      ...
   }
        
   ObservedEventsDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      requestId               RequestID,
      observedEventLst        SEQUENCE OF ObservedEvent
   }
        
   ObservedEvent ::= SEQUENCE
   {
      eventName            EventName,
      streamID             StreamID OPTIONAL,
      eventParList         SEQUENCE OF EventParameter,
      timeNotation         TimeNotation OPTIONAL,
      ...
   }
        
   EventName ::= PkgdName
        
   EventParameter ::= SEQUENCE
   {
      eventParameterName      Name,
      value                   Value,
   -- For use of extraInfo see the comment related to PropertyParm
      extraInfo CHOICE
      {
         relation Relation,
         range    BOOLEAN,
         sublist  BOOLEAN
      } OPTIONAL,
      ...
   }
        
   ServiceChangeRequest ::= SEQUENCE
   {
      terminationID           TerminationIDList,
      serviceChangeParms      ServiceChangeParm,
      ...
   }
        
   ServiceChangeReply ::= SEQUENCE
   {
      terminationID           TerminationIDList, serviceChangeResult     ServiceChangeResult,
      ...
   }
        

-- For ServiceChangeResult, no parameters are mandatory. Hence the -- distinction between ServiceChangeParm and ServiceChangeResParm.

- ServiceChangeResultのために、何のパラメータは必須ではありません。従って - ServiceChangeParmとServiceChangeResParmの区別。

   ServiceChangeResult ::= CHOICE
   {
      errorDescriptor            ErrorDescriptor,
      serviceChangeResParms      ServiceChangeResParm
   }
        
   WildcardField ::= OCTET STRING(SIZE(1))
        
   TerminationID ::= SEQUENCE
   {
      wildcard SEQUENCE OF WildcardField,
      id    OCTET STRING(SIZE(1..8)),
      ...
   }
   -- See A.1 for explanation of wildcarding mechanism.
   -- Termination ID 0xFFFFFFFFFFFFFFFF indicates the ROOT Termination.
        
   TerminationIDList ::= SEQUENCE OF TerminationID
        
   MediaDescriptor ::= SEQUENCE
   {
        

termStateDescr TerminationStateDescriptor OPTIONAL, streams CHOICE { oneStream StreamParms, multiStream SEQUENCE OF StreamDescriptor } OPTIONAL, ... }

termStateDescr TerminationStateDescriptor OPTIONAL、...}、CHOICE {oneStream StreamParms、StreamDescriptorのマルチストリーム・シーケンス} OPTIONALストリーム

   StreamDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      streamID          StreamID,
      streamParms       StreamParms
   }
        
   StreamParms ::= SEQUENCE
   {
      localControlDescriptor     LocalControlDescriptor OPTIONAL,
      localDescriptor            LocalRemoteDescriptor OPTIONAL, remoteDescriptor           LocalRemoteDescriptor OPTIONAL,
      ...
   }
        
   LocalControlDescriptor ::= SEQUENCE
   {
        

streamMode StreamMode OPTIONAL, reserveValue BOOLEAN OPTIONAL, reserveGroup BOOLEAN OPTIONAL, propertyParms SEQUENCE OF PropertyParm, ... }

streamMode StreamMode OPTIONAL、reserveValue BOOLEAN OPTIONAL、reserveGroup BOOLEAN OPTIONAL、PropertyParm OF propertyParms配列、...}

   StreamMode ::= ENUMERATED
   {
      sendOnly(0),
      recvOnly(1),
      sendRecv(2),
      inactive(3),
      loopBack(4),
         ...
   }
        

-- In PropertyParm, value is a SEQUENCE OF octet string. When sent -- by an MGC the interpretation is as follows: -- empty sequence means CHOOSE -- one element sequence specifies value -- If the sublist field is not selected, a longer sequence means -- "choose one of the values" (i.e., value1 OR value2 OR ...) -- If the sublist field is selected, -- a sequence with more than one element encodes the value of a -- list-valued property (i.e., value1 AND value2 AND ...). -- The relation field may only be selected if the value sequence -- has length 1. It indicates that the MG has to choose a value -- for the property. E.g., x > 3 (using the greaterThan -- value for relation) instructs the MG to choose any value larger -- than 3 for property x. -- The range field may only be selected if the value sequence -- has length 2. It indicates that the MG has to choose a value -- in the range between the first octet in the value sequence and -- the trailing octet in the value sequence, including the -- boundary values. -- When sent by the MG, only responses to an AuditCapability request -- may contain multiple values, a range, or a relation field.

- PropertyParmでは、値は、オクテットストリングの配列です。送信された場合 - MGCによって次のように解釈は次のとおりです。 - 1つの要素シーケンスが値を指定します - - サブリストフィールドが選択されていない場合は、より長い配列を意味します - 空のシーケンスは、CHOOSE意味「の値のいずれかを選択してください」(すなわち、VALUE1 OR値2 OR ...) - サブリストのフィールドを選択した場合は、 - )は、リストの値を持つプロパティ(すなわち、value1とvalue2のAND ... - 複数の要素を持つシーケンスは、の値を符号化。 - プロパティ - 長さ1を持っていることは、MGが値を選択しなければならないことを示している - 関係フィールドは値のみシーケンスがあれば選択することができます。例えば、X> 3(演算子:GreaterThanを用い - リレーションの値) - プロパティX 3よりも大きい任意の値を選択するためにMGに指示します。 - 末尾オクテットで - 第1の値のシーケンスにおけるオクテットとの間の範囲の - 長さ2を有し、これはMGが値を選択しなければならないことを示す - 範囲フィールドは、値のシーケンスがあれば選択することができます境界値 - を含む値シーケンス、。 MGによって送信された場合、AuditCapability要求にのみ応答が - - 複数の値、範囲、または関連フィールドを含んでいてもよいです。

   PropertyParm ::= SEQUENCE
   {
        

name PkgdName, value SEQUENCE OF OCTET STRING, extraInfo CHOICE { relation Relation, range BOOLEAN, sublist BOOLEAN } OPTIONAL, ... }

PkgdName、オクテットストリングの値列に名前を付け、extraInfoはCHOICE {関係の関係、範囲BOOLEAN、サブリストBOOLEAN} OPTIONAL、...}

   Name ::= OCTET STRING(SIZE(2))
        
   PkgdName ::= OCTET STRING(SIZE(4))
   -- represents Package Name (2 octets) plus Property, Event,
   -- Signal Names or Statistics ID. (2 octets)
   -- To wildcard a package use 0xFFFF for first two octets, choose
   -- is not allowed.  To reference native property tag specified in
   -- Annex C, use 0x0000 as first two octets.
   -- To wildcard a Property, Event, Signal, or Statistics ID, use
   -- 0xFFFF for last two octets, choose is not allowed.
   -- Wildcarding of Package Name is permitted only if Property,
   -- Event, Signal, or Statistics ID are
   -- also wildcarded.
        
   Relation ::= ENUMERATED
   {
      greaterThan(0),
      smallerThan(1),
      unequalTo(2),
      ...
   }
        
   LocalRemoteDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      propGrps SEQUENCE OF PropertyGroup,
      ...
   }
        
   PropertyGroup ::= SEQUENCE OF PropertyParm
        
   TerminationStateDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      propertyParms        SEQUENCE OF PropertyParm,
      eventBufferControl   EventBufferControl OPTIONAL,
      serviceState         ServiceState OPTIONAL,
      ...
   }
        
   EventBufferControl ::= ENUMERATED
   {
      off(0),
      lockStep(1),
      ...
   }
        
   ServiceState ::= ENUMERATED
        

{ test(0), outOfSvc(1), inSvc(2), ... }

{試験(0)、outOfSvc(1)、inSvc(2)、...}

   MuxDescriptor   ::= SEQUENCE
   {
      muxType           MuxType,
      termList          SEQUENCE OF TerminationID,
      nonStandardData   NonStandardData OPTIONAL,
      ...
   }
        
   MuxType ::= ENUMERATED
   {
      h221(0),
      h223(1),
      h226(2),
      v76(3),
      ...
   }
        
   StreamID ::= INTEGER(0..65535)   -- 16-bit unsigned integer
        
   EventsDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      requestID      RequestID OPTIONAL,
                  -- RequestID must be present if eventList
                  -- is non empty
      eventList      SEQUENCE OF RequestedEvent,
      ...
   }
        
   RequestedEvent ::= SEQUENCE
   {
      pkgdName       PkgdName, streamID       StreamID OPTIONAL,
      eventAction    RequestedActions OPTIONAL,
      evParList      SEQUENCE OF EventParameter,
      ...
   }
        
   RequestedActions ::= SEQUENCE
   {
      keepActive        BOOLEAN OPTIONAL,
      eventDM           EventDM OPTIONAL,
      secondEvent          SecondEventsDescriptor OPTIONAL,
      signalsDescriptor    SignalsDescriptor OPTIONAL,
      ...
   }
        
   EventDM ::= CHOICE
   {  digitMapName   DigitMapName,
      digitMapValue  DigitMapValue
   }
        
   SecondEventsDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      requestID         RequestID OPTIONAL,
      eventList         SEQUENCE OF SecondRequestedEvent,
      ...
   }
        
   SecondRequestedEvent ::= SEQUENCE
   {
      pkgdName          PkgdName,
      streamID          StreamID OPTIONAL,
      eventAction       SecondRequestedActions OPTIONAL,
      evParList         SEQUENCE OF EventParameter,
      ...
   }
        
   SecondRequestedActions ::= SEQUENCE
   {
      keepActive           BOOLEAN OPTIONAL,
      eventDM              EventDM OPTIONAL,
      signalsDescriptor    SignalsDescriptor OPTIONAL,
      ...
   }
        
   EventBufferDescriptor ::= SEQUENCE OF EventSpec
        
   EventSpec ::= SEQUENCE
   {
        

eventName EventName, streamID StreamID OPTIONAL, eventParList SEQUENCE OF EventParameter, ... }

eventNameのEVENTNAME、streamIDでstreamIDでオプション、EventParameter OF eventParListシーケンス、...}

   SignalsDescriptor ::= SEQUENCE OF SignalRequest
        
   SignalRequest ::=CHOICE
   {
      signal         Signal,
      seqSigList     SeqSigList,
      ...
   }
        
   SeqSigList ::= SEQUENCE
   {
      id                INTEGER(0..65535),
      signalList        SEQUENCE OF Signal
   }
        
   Signal ::= SEQUENCE
   {
      signalName        SignalName,
      streamID          StreamID OPTIONAL,
      sigType           SignalType OPTIONAL,
      duration          INTEGER (0..65535) OPTIONAL,
      notifyCompletion  NotifyCompletion OPTIONAL,
      keepActive        BOOLEAN OPTIONAL,
      sigParList        SEQUENCE OF SigParameter,
      ...
   }
        
   SignalType ::= ENUMERATED
   {
      brief(0),
      onOff(1),
      timeOut(2),
      ...
   }
        
   SignalName ::= PkgdName
        
   NotifyCompletion ::= BIT STRING
   {
      onTimeOut(0), onInterruptByEvent(1),
      onInterruptByNewSignalDescr(2), otherReason(3)
   }
        
   SigParameter ::= SEQUENCE
   {
      sigParameterName     Name,
      value                Value,
      -- For use of extraInfo see the comment related to PropertyParm
      extraInfo CHOICE
      {
         relation Relation,
         range    BOOLEAN,
         sublist  BOOLEAN
        

} OPTIONAL, ... }

} OPTIONAL、...}

-- For an AuditCapReply with all events, the RequestID SHALL be ALL. -- ALL is represented by 0xffffffff.

- すべてのイベントとAuditCapReplyについて、RequestIDはALLされなければなりません。 - ALLは0xffffffffので表されます。

   RequestID ::= INTEGER(0..4294967295)   -- 32-bit unsigned integer
        
   ModemDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      mtl               SEQUENCE OF ModemType,
      mpl               SEQUENCE OF PropertyParm,
      nonStandardData   NonStandardData OPTIONAL
   }
        
   ModemType ::= ENUMERATED
   {
      v18(0),
      v22(1),
      v22bis(2),
      v32(3),
      v32bis(4),
      v34(5),
      v90(6),
      v91(7),
      synchISDN(8),
      ...
   }
        
   DigitMapDescriptor ::= SEQUENCE
   {
      digitMapName   DigitMapName   OPTIONAL,
      digitMapValue  DigitMapValue  OPTIONAL
   }
        
   DigitMapName ::= Name
        
   DigitMapValue ::= SEQUENCE
   {
      startTimer     INTEGER(0..99) OPTIONAL,
      shortTimer     INTEGER(0..99) OPTIONAL,
      longTimer      INTEGER(0..99) OPTIONAL,
      digitMapBody      IA5String,
   -- Units are seconds for start, short and long timers, and
   -- hundreds of milliseconds for duration timer.  Thus start,
   -- short, and long range from 1 to 99 seconds and duration
   -- from 100 ms to 9.9 s
      -- See A.3 for explanation of digit map syntax
      ...
   }
        
   ServiceChangeParm ::= SEQUENCE
   {
      serviceChangeMethod     ServiceChangeMethod,
      serviceChangeAddress    ServiceChangeAddress OPTIONAL,
      serviceChangeVersion    INTEGER(0..99) OPTIONAL,
      serviceChangeProfile    ServiceChangeProfile OPTIONAL,
      serviceChangeReason     Value,
   -- A serviceChangeReason consists of a numeric reason code
   -- and an optional text description.
   -- The serviceChangeReason SHALL be a string consisting of
   -- a decimal reason code, optionally followed by a single
   -- space character and a textual description string.
   -- This string is first BER-encoded as an IA5String.
   -- The result of this BER-encoding is then encoded as
   -- an ASN.1 OCTET STRING type, "double wrapping" the
   -- value as was done for package elements.
      serviceChangeDelay      INTEGER(0..4294967295) OPTIONAL,
                                        -- 32-bit unsigned integer
      serviceChangeMgcId      MId OPTIONAL,
      timeStamp               TimeNotation OPTIONAL,
      nonStandardData         NonStandardData OPTIONAL,
      ...
   }
        
   ServiceChangeAddress ::= CHOICE
   {
      portNumber        INTEGER(0..65535),    -- TCP/UDP port number
      ip4Address        IP4Address,
      ip6Address        IP6Address,
      domainName        DomainName,
      deviceName        PathName,
      mtpAddress        OCTET STRING(SIZE(2..4)),
        

... }

。。。 }

   ServiceChangeResParm ::= SEQUENCE
   {
      serviceChangeMgcId      MId OPTIONAL,
      serviceChangeAddress    ServiceChangeAddress OPTIONAL,
      serviceChangeVersion    INTEGER(0..99) OPTIONAL,
      serviceChangeProfile    ServiceChangeProfile OPTIONAL,
      timestamp               TimeNotation OPTIONAL,
      ...
   }
        
   ServiceChangeMethod ::= ENUMERATED
        

{ failover(0), forced(1), graceful(2), restart(3), disconnected(4), handOff(5), ... }

{フェイルオーバー(0)、(1)強制的な、優雅な(2)、再起動(3)、切断(4)、ハンドオフ(5)、...}

   ServiceChangeProfile ::= SEQUENCE
   {
      profileName    IA5String(SIZE (1..67))
      -- 64 characters for name, 1 for "/", 2 for version to match ABNF
   }
        
   PackagesDescriptor ::= SEQUENCE OF PackagesItem
        
   PackagesItem ::= SEQUENCE
   {
      packageName       Name,
      packageVersion    INTEGER(0..99),
      ...
   }
        
   StatisticsDescriptor ::= SEQUENCE OF StatisticsParameter
        
   StatisticsParameter ::= SEQUENCE
   {
      statName       PkgdName,
      statValue      Value OPTIONAL
   }
        
   NonStandardData ::= SEQUENCE
   {
      nonStandardIdentifier   NonStandardIdentifier,
      data                    OCTET STRING
   }
        
   NonStandardIdentifier ::= CHOICE
   {
      object            OBJECT IDENTIFIER,
      h221NonStandard   H221NonStandard,
      experimental      IA5String(SIZE(8)),
          -- first two characters should be "X-" or "X+"
      ...
   }
        
   H221NonStandard ::= SEQUENCE
   {  t35CountryCode1   INTEGER(0..255),
      t35CountryCode2   INTEGER(0..255),      -- country, as per T.35
      t35Extension      INTEGER(0..255),      -- assigned nationally
      manufacturerCode     INTEGER(0..65535), -- assigned nationally
      ...
   }
        
   TimeNotation ::= SEQUENCE
   {
      date     IA5String(SIZE(8)),  -- yyyymmdd format
      time     IA5String(SIZE(8))   -- hhmmssss format
      -- per ISO 8601:1988
   }
        
   Value ::= SEQUENCE OF OCTET STRING
        

END

終わり

A.3 Digit maps and path names

A.3桁マップとパス名

From a syntactic viewpoint, digit maps are strings with syntactic restrictions imposed upon them. The syntax of valid digit maps is specified in ABNF [RFC 2234]. The syntax for digit maps presented in this subclause is for illustrative purposes only. The definition of digitMap in Annex B takes precedence in the case of differences between the two.

構文の観点から、ケタ地図は彼らに課せられた構文の制限付きで文字列です。有効桁マップの構文はABNF [RFC 2234]で指定されています。この節で提示ケタ地図の構文は、説明のみを目的としています。附属書BにdigitMapの定義は、両者の違いの場合に優先されます。

digitMap = (digitString / LWSP "(" LWSP digitStringList LWSP ")" LWSP)

=(digitString / LWSP "(" LWSP digitStringList LWSP ")" LWSP)digitMap

digitStringList = digitString *( LWSP "|" LWSP digitString ) digitString = 1*(digitStringElement) digitStringElement = digitPosition [DOT] digitPosition = digitMapLetter / digitMapRange digitMapRange = ("x" / (LWSP "[" LWSP digitLetter LWSP "]" LWSP)) digitLetter = *((DIGIT "-" DIGIT) /digitMapLetter) digitMapLetter = DIGIT ;digits 0-9 / %x41-4B / %x61-6B ;a-k and A-K / "L"/ "S" ;Inter-event timers ;(long, short) / "Z" ;Long duration event DOT = %x2E ; "." LWSP = *(WSP / COMMENT / EOL) WSP = SP / HTAB COMMENT = ";" *(SafeChar / RestChar / WSP) EOL EOL = (CR [LF]) / LF SP = %x20 HTAB = %x09 CR = %x0D LF = %x0A SafeChar = DIGIT / ALPHA / "+" / "-" / "&" / "!" / "_" / "/" / "'" / "?" / "@" / "^" / "`" / "~" / "*" / "$" / "\" / "(" / ")" / "%" / "." RestChar = ";" / "[" / "]" / "{" / "}" / ":" / "," / "#" / "<" / ">" / "=" / %x22 DIGIT = %x30-39 ; digits 0 through 9 ALPHA = %x41-5A / %x61-7A; A-Z, a-z

digitStringList = digitString *(LWSP "|" LWSP digitString)digitString = 1 *(digitStringElement)digitStringElement = digitPosition [DOT] digitPosition = digitMapLetter / digitMapRange digitMapRange =( "X" /(LWSP "[" LWSP digitLetter LWSP "]" LWSP) )digitLetter = *((DIGIT " - " DIGIT)/ digitMapLetter)digitMapLetter = DIGIT; 0-9 /%x41-4B /%x61-6B; AKおよびAK / "L" / "S";インターイベントタイマー(ロング、ショート)/ "Z";長持続イベントDOT =%のx2E。 "" LWSP = *(WSP / COMMENT / EOL)WSP = SP / HTAB COMMENT = ";" *(SafeChar / RestChar / WSP)EOLのEOL =(CR [LF])/ LF SP =%X20 HTAB =%X09 CR =%x0D LF =%X0A SafeChar = DIGIT / ALPHA / "+" / " - " / " &」/ "!" / "_" / "/" / "'" / "?" / "@" / "^" / "`"/ "〜"/ "*"/ "$"/ "\"/ "("/ ")"/ "%"/ "" RestChar = ";" / "[" / "]" / "{" / "}" / ":" / "" / "#" / "<" / ">" / "=" /%のX22 DIGIT =%x30-39。 9 ALPHA =%x41-5A /%x61-7Aの数字0。 -Z、Z-

A path name is also a string with syntactic restrictions imposed upon it. The ABNF production defining it is copied from Annex B.

パス名は、それに課せられた構文的な制約を持つ文字列です。それを定義するABNF生産は、附属書Bからコピーされます

; Total length of pathNAME must not exceed 64 chars. pathNAME = ["*"] NAME *("/" / "*"/ ALPHA / DIGIT /"_" / "$" ) ["@" pathDomainName ]

;パス名の合計の長さが64文字を超えてはなりません。パス名= [ "*"] NAME *( "/" / "*" / ALPHA / DIGIT / "_" / "$")[pathDomainName "@"]

; ABNF allows two or more consecutive "." although it is ; meaningless in a path domain name. pathDomainName = (ALPHA / DIGIT / "*" ) *63(ALPHA / DIGIT / "-" NAME = ALPHA *63(ALPHA / DIGIT / "_" )

; ABNFは、二つ以上の連続したことができます「」それはですが。パスのドメイン名で無意味。 pathDomainName =(ALPHA / DIGIT / "*")* 63(ALPHA / DIGIT / " - " NAME = ALPHA * 63(ALPHA / DIGIT / "_")

ANNEX B - Text encoding of the protocol

付録B - プロトコルのテキストエンコーディング

B.1 Coding of wildcards

ワイルドカードのB.1コーディング

   In a text encoding of the protocol, while TerminationIDs are
   arbitrary, by judicious choice of names, the wildcard character, "*"
   may be made more useful.  When the wildcard character is encountered,
   it will "match" all TerminationIDs having the same previous and
   following characters (if appropriate).  For example, if there were
   TerminationIDs of R13/3/1, R13/3/2 and R13/3/3, the TerminationID
   R13/3/* would match all of them.  There are some circumstances where
   ALL Terminations must be referred to.  The TerminationID "*"
   suffices, and is referred to as ALL.  The CHOOSE TerminationID "$"
   may be used to signal to the MG that it has to create an ephemeral
   Termination or select an idle physical Termination.
        

B.2 ABNF specification

B.2 ABNF仕様

The protocol syntax is presented in ABNF according to RFC 2234.

プロトコル構文は、RFC 2234に従ってABNFに提示されています。

Note 1 - This syntax specification does not enforce all restrictions on element inclusions and values. Some additional restrictions are stated in comments and other restrictions appear in the text of this RFC. These additional restrictions are part of the protocol even though not enforced by this specification.

注1 - この構文仕様は、要素の介在物と値のすべての制限を適用しません。コメントやその他の制限事項に記載されているいくつかの追加の制限は、このRFCのテキストで表示されます。これらの追加の制限は、この仕様によって強制されないにもかかわらず、プロトコルの一部です。

Note 2 - The syntax is context-dependent. For example, "Add" can be the AddToken or a NAME depending on the context in which it occurs.

注2 - 構文はコンテキスト依存です。たとえば、「追加」AddTokenまたはそれが発生した状況に応じてNAMEとすることができます。

Everything in the ABNF and text encoding is case insensitive. This includes TerminationIDs, digitmap Ids etc. SDP is case sensitive as per RFC 2327.

ABNFとテキストエンコーディングですべてが大文字と小文字を区別しません。これは、のTerminationIDsを含む、digitmapのIds等SDPは、RFC 2327に従って大文字と小文字が区別されます。

   ; NOTE -- The ABNF in this section uses the VALUE construct (or lists
   ; of VALUE constructs) to encode various package element values
   ; (properties, signal parameters, etc.).  The types of these values
   ; vary and are specified the relevant package definition.  Several
   ; such types are described in section 12.2.
   ;
   ; The ABNF specification for VALUE allows a quotedString form or a
   ; collection of SafeChars.  The encoding of package element values
   ; into ABNF VALUES is specified below.  If a type's encoding allows
   ; characters other than SafeChars, the quotedString form MUST be used
   ; for all values of that type, even for specific values that consist
   ; only of SafeChars.
   ;
        
   ; String:  A string MUST use the quotedString form of VALUE and can
   ; contain anything allowable in the quotedString form.
   ;
   ; Integer, Double, and Unsigned Integer:  Decimal values can be
   ; encoded using characters 0-9.  Hexadecimal values must be prefixed
   ; with '0x' and can use characters 0-9,a-f,A-F.  An octal format is
   ; not supported.  Negative integers start with '-' and MUST be
   ; Decimal.  The SafeChar form of VALUE MUST be used.
   ;
   ; Character:  A UTF-8 encoding of a single letter surrounded by
   ; double quotes.
   ;
   ; Enumeration:  An enumeration MUST use the SafeChar form of VALUE
   ; and can contain anything allowable in the SafeChar form.
   ;
   ; Boolean:  Boolean values are encoded as "on" and "off" and are
   ; case insensitive.  The SafeChar form of VALUE MUST be used.
   ;
   ; Future types:  Any defined types MUST fit within
   ; the ABNF specification of VALUE.  Specifically, if a type's
   ; encoding allows characters other than SafeChars, the quotedString
   ; form MUST be used for all values of that type, even for specific
   ; values that consist only of SafeChars.
   ;
   ; Note that there is no way to use the double quote character within
   ; a value.
   ;
   ; Note that SDP disallows whitespace at the beginning of a line,
   ; Megaco ABNF allows whitespace before the beginning of the SDP in
   ; the Local/Remote descriptor.  Parsers should accept whitespace
   ; between the LBRKT following the Local/Remote token and the
   ; beginning of the SDP.
        

megacoMessage = LWSP [authenticationHeader SEP ] message

megacoMessage = LWSP [authenticationHeader 9月]メッセージ

authenticationHeader = AuthToken EQUAL SecurityParmIndex COLON SequenceNum COLON AuthData

authenticationHeader =持つAuthToken EQUAL SecurityParmIndex COLONのSequenceNumコロンAuthData

SecurityParmIndex = "0x" 8(HEXDIG) SequenceNum = "0x" 8(HEXDIG) AuthData = "0x" 24*64(HEXDIG)

SecurityParmIndex = "0X" 8(HEXDIG)SequenceNum = "0X" 8(HEXDIG)AuthData = "0X" 24 * 64(HEXDIG)

message = MegacopToken SLASH Version SEP mId SEP messageBody ; The version of the protocol defined here is equal to 1.

メッセージ= MegacopTokenバージョン9月中旬のSEPするmessagebodyを大幅に削減。ここで定義されたプロトコルのバージョンは1に等しいです。

messageBody = ( errorDescriptor / transactionList ) transactionList = 1*( transactionRequest / transactionReply / transactionPending / transactionResponseAck ) ;Use of response acks is dependent on underlying transport

するmessagebody =(errorDescriptor / transactionList)transactionList = 1 *(transactionRequest / transactionReply / transactionPending / transactionResponseAck);応答ACKの使用は、基本的な輸送に依存しています

transactionPending = PendingToken EQUAL TransactionID LBRKT RBRKT

transactionPending = PendingToken EQUAL TRANSACTIONID LBRKT RBRKT

transactionResponseAck = ResponseAckToken LBRKT transactionAck *(COMMA transactionAck) RBRKT transactionAck = transactionID / (transactionID "-" transactionID)

transactionResponseAck = ResponseAckToken LBRKT transactionAck *(COMMA transactionAck)RBRKT transactionAck =トランザクションID /(トランザクションID " - " トランザクションID)

transactionRequest = TransToken EQUAL TransactionID LBRKT actionRequest *(COMMA actionRequest) RBRKT

transactionRequest = TransToken EQUAL TRANSACTIONID LBRKT actionRequest *(COMMA actionRequest)RBRKT

actionRequest = CtxToken EQUAL ContextID LBRKT (( contextRequest [COMMA commandRequestList]) / commandRequestList) RBRKT

actionRequest = CtxToken EQUALのContextID LBRKT((contextRequest [COMMA commandRequestList])/ commandRequestList)RBRKT

contextRequest = ((contextProperties [COMMA contextAudit]) / contextAudit)

contextRequest =((contextProperties [COMMA contextAudit])/ contextAudit)

contextProperties = contextProperty *(COMMA contextProperty)

contextProperties = contextProperty *(COMMA contextProperty)

; at-most-once contextProperty = (topologyDescriptor / priority / EmergencyToken)

;で最大1回contextProperty =(topologyDescriptor /優先順位/ EmergencyToken)

contextAudit = ContextAuditToken LBRKT contextAuditProperties *(COMMA contextAuditProperties) RBRKT

contextAudit = ContextAuditToken LBRKT contextAuditProperties *(COMMA contextAuditProperties)RBRKT

; at-most-once contextAuditProperties = ( TopologyToken / EmergencyToken / PriorityToken )

;で最大1回contextAuditProperties =(トポロジトークン/緊急トークン/優先トークン)

; "O-" indicates an optional command ; "W-" indicates a wildcarded response to a command commandRequestList = ["O-"] ["W-"] commandRequest *(COMMA ["O-"] ["W-"]commandRequest)

; 「O-」は、オプションのコマンドを示します。 "W-" とは、= [ "O-"] [ "W-"] commandRequest *( - commandRequest COMMA [ "O-"] [ "W"])コマンドcommandRequestListにワイルドカード応答を示します

commandRequest = ( ammRequest / subtractRequest / auditRequest / notifyRequest / serviceChangeRequest)

commandRequest =(ammRequest / subtractRequest / auditRequest / notifyRequest / serviceChangeRequest)

transactionReply = ReplyToken EQUAL TransactionID LBRKT [ ImmAckRequiredToken COMMA] ( errorDescriptor / actionReplyList ) RBRKT

transactionReply = ReplyToken EQUAL TRANSACTIONID LBRKT [ImmAckRequiredToken COMMA](errorDescriptor / actionReplyList)RBRKT

actionReplyList = actionReply *(COMMA actionReply ) actionReply = CtxToken EQUAL ContextID LBRKT ( errorDescriptor / commandReply ) / (commandReply COMMA errorDescriptor) ) RBRKT

actionReplyList = actionReply *(COMMA actionReply)actionReply = CtxToken EQUALのContextID LBRKT(errorDescriptor / commandReply)/(commandReply COMMA errorDescriptor))RBRKT

commandReply = (( contextProperties [COMMA commandReplyList] ) / commandReplyList )

commandReply =((contextProperties [COMMA commandReplyList])/ commandReplyList)

commandReplyList = commandReplys *(COMMA commandReplys )

commandReplyList = commandReplys *(COMMA commandReplys)

commandReplys = (serviceChangeReply / auditReply / ammsReply / notifyReply )

commandReplys =(serviceChangeReply / auditReply / ammsReply / notifyReply)

;Add Move and Modify have the same request parameters ammRequest = (AddToken / MoveToken / ModifyToken ) EQUAL TerminationID [LBRKT ammParameter *(COMMA ammParameter) RBRKT]

; [RBRKT LBRKT ammParameter *(COMMA ammParameter)]同じリクエストパラメータammRequest =(AddToken / MoveToken / ModifyToken)EQUAL TerminationIDを有する移動や変更を加えます

;at-most-once ammParameter = (mediaDescriptor / modemDescriptor / muxDescriptor / eventsDescriptor / signalsDescriptor / digitMapDescriptor / eventBufferDescriptor / auditDescriptor)

;で最もワンスammParameter =(mediaDescriptor / modemDescriptor / muxDescriptor /たEventsDescriptor / signalsDescriptor / digitMapDescriptor / eventBufferDescriptor / auditDescriptor)

ammsReply = (AddToken / MoveToken / ModifyToken / SubtractToken ) EQUAL TerminationID [ LBRKT terminationAudit RBRKT ]

ammsReply =(AddToken / MoveToken / ModifyToken / SubtractToken)EQUAL TerminationID [LBRKT terminationAudit RBRKT]

subtractRequest = SubtractToken EQUAL TerminationID [ LBRKT auditDescriptor RBRKT]

subtractRequest = SubtractToken EQUAL TerminationID [LBRKT auditDescriptor RBRKT]

auditRequest = (AuditValueToken / AuditCapToken ) EQUAL TerminationID LBRKT auditDescriptor RBRKT

auditRequest =(AuditValueToken / AuditCapToken)EQUAL TerminationID LBRKT auditDescriptor RBRKT

auditReply = (AuditValueToken / AuditCapToken ) ( contextTerminationAudit / auditOther)

auditReply =(AuditValueToken / AuditCapToken)(contextTerminationAudit / auditOther)

auditOther = EQUAL TerminationID [LBRKT terminationAudit RBRKT]

auditOther = EQUAL TerminationID [LBRKT terminationAudit RBRKT]

terminationAudit = auditReturnParameter *(COMMA auditReturnParameter)

terminationAudit = auditReturnParameter *(COMMA auditReturnParameter)

contextTerminationAudit = EQUAL CtxToken ( terminationIDList / LBRKT errorDescriptor RBRKT )

contextTerminationAudit = EQUAL CtxToken(terminationIDList / LBRKT errorDescriptor RBRKT)

auditReturnParameter = (mediaDescriptor / modemDescriptor / muxDescriptor / eventsDescriptor / signalsDescriptor / digitMapDescriptor /

auditReturnParameter =(mediaDescriptor / modemDescriptor / muxDescriptor /たEventsDescriptor / signalsDescriptor / digitMapDescriptor /

                      observedEventsDescriptor / eventBufferDescriptor /
                           statisticsDescriptor / packagesDescriptor /
                            errorDescriptor / auditItem)
        

auditDescriptor = AuditToken LBRKT [ auditItem *(COMMA auditItem) ] RBRKT

auditDescriptor =監査トークンLBRKT [監査項目*(COMMA監査項目)] RBRKT

notifyRequest = NotifyToken EQUAL TerminationID LBRKT ( observedEventsDescriptor [ COMMA errorDescriptor ] ) RBRKT

notifyRequest = NotifyToken EQUAL TerminationID LBRKT(observedEventsDescriptor [COMMA errorDescriptor])RBRKT

notifyReply = NotifyToken EQUAL TerminationID [ LBRKT errorDescriptor RBRKT ]

notifyReply = NotifyToken EQUAL TerminationID [LBRKT errorDescriptor RBRKT]

serviceChangeRequest = ServiceChangeToken EQUAL TerminationID LBRKT serviceChangeDescriptor RBRKT

serviceChangeRequest = ServiceChangeToken EQUAL TerminationID LBRKT serviceChangeDescriptor RBRKT

serviceChangeReply = ServiceChangeToken EQUAL TerminationID [LBRKT (errorDescriptor / serviceChangeReplyDescriptor) RBRKT]

serviceChangeReply = ServiceChangeToken EQUAL TerminationID [LBRKT(errorDescriptor / serviceChangeReplyDescriptor)RBRKT]

errorDescriptor = ErrorToken EQUAL ErrorCode LBRKT [quotedString] RBRKT

errorDescriptor = ErrorToken EQUALのErrorCode LBRKT [quotedString] RBRKT

ErrorCode = 1*4(DIGIT) ; could be extended

ErrorCode = 1×4(DIGIT)。拡張することができ

TransactionID = UINT32

TRANSACTIONID = UINT32

mId = (( domainAddress / domainName ) [":" portNumber]) / mtpAddress / deviceName

MID =((ドメインアドレス/ドメイン名)[ ":" ポート番号])/ mtpAddress / DEVICENAME

; ABNF allows two or more consecutive "." although it is meaningless ; in a domain name. domainName = "<" (ALPHA / DIGIT) *63(ALPHA / DIGIT / "-" / ".") ">" deviceName = pathNAME

; ABNFは、二つ以上の連続したことができます「」それは無意味ですが。ドメイン名インチdomainNameを= "<"(ALPHA / DIGIT)* 63(ALPHA / DIGIT / " - " / "") ">" DEVICENAME =パス名

;The values 0x0, 0xFFFFFFFE and 0xFFFFFFFF are reserved. ContextID = (UINT32 / "*" / "-" / "$")

;値は0x0、0xFFFFFFFEと0xFFFFFFFFのが予約されています。 ContextID =(UINT32 / "*" / " - " / "$")

domainAddress = "[" (IPv4address / IPv6address) "]" ;RFC2373 contains the definition of IP6Addresses. IPv6address = hexpart [ ":" IPv4address ] IPv4address = V4hex DOT V4hex DOT V4hex DOT V4hex V4hex = 1*3(DIGIT) ; "0".."255" ; this production, while occurring in RFC2373, is not referenced ; IPv6prefix = hexpart SLASH 1*2DIGIT hexpart = hexseq "::" [ hexseq ] / "::" [ hexseq ] / hexseq hexseq = hex4 *( ":" hex4) hex4 = 1*4HEXDIG

domainAddress = "["(IPv4Addressを/ IPv6address) "]"、RFC2373はIP6Addressesの定義を含みます。 IPv6address = hexpart [ ":" IPv4Addressを】IPv4Addressを= V4hex DOT V4hex DOT V4hex DOT V4hex V4hex = 1 * 3(DIGIT)。 "0" .. "255";この生産は、RFC2373で発生する一方で、参照されていません。 IPv6prefix = hexpart SLASH 1 * 2DIGIT hexpart = hexseq "::" [hexseq] / "::" [hexseq] / hexseq hexseq = hex4 *( ":" hex4)hex4 = 1 * 4HEXDIG

portNumber = UINT16

ここで、portNumber = UINT16

; Addressing structure of mtpAddress: ; 25 - 15 0 ; | PC | NI | ; 24 - 14 bits 2 bits ; Note: 14 bits are defined for international use. ; Two national options exist where the point code is 16 or 24 bits. ; To octet align the mtpAddress the MSBs shall be encoded as 0s. ; An octet shall be represented by 2 hex digits. mtpAddress = MTPToken LBRKT 4*8 (HEXDIG) RBRKT

; mtpAddressの構造への対応:; 25から15 0。 | PC | NI | ; 24から14ビットの2ビット。注意:14ビットは、国際的な使用のために定義されています。 ;ポイントコードが16または24ビットである二つの国家のオプションが存在します。 ;オクテットするmtpAddressのMSBが0として符号化される整列。 ;オクテットは2進数で表現されなければなりません。 mtpAddress = MTPToken LBRKT 4×8(HEXDIG)RBRKT

terminationIDList = LBRKT TerminationID *(COMMA TerminationID) RBRKT

terminationIDList = LBRKT TerminationID *(COMMA TerminationID)RBRKT

; Total length of pathNAME must not exceed 64 chars. pathNAME = ["*"] NAME *("/" / "*"/ ALPHA / DIGIT /"_" / "$" ) ["@" pathDomainName ]

;パス名の合計の長さが64文字を超えてはなりません。パス名= [ "*"] NAME *( "/" / "*" / ALPHA / DIGIT / "_" / "$")[pathDomainName "@"]

; ABNF allows two or more consecutive "." although it is meaningless ; in a path domain name. pathDomainName = (ALPHA / DIGIT / "*" ) *63(ALPHA / DIGIT / "-" / "*" / ".")

; ABNFは、二つ以上の連続したことができます「」それは無意味ですが。パスのドメイン名インチpathDomainName =(ALPHA / DIGIT / "*")* 63(ALPHA / DIGIT / " - " / "*" / "")

TerminationID = "ROOT" / pathNAME / "$" / "*"

TerminationID = "ROOT" /パス名/ "$" / "*"

mediaDescriptor = MediaToken LBRKT mediaParm *(COMMA mediaParm) RBRKT

mediaDescriptor =メディアトークンLBRKT mediaParm *(COMMA mediaParm)RBRKT

; at-most one terminationStateDescriptor ; and either streamParm(s) or streamDescriptor(s) but not both mediaParm = (streamParm / streamDescriptor / terminationStateDescriptor)

;で、多くても1つterminationStateDescriptor。いずれかstreamParm(S)またはstreamDescriptor(S)両方ではないmediaParm =(streamParm / streamDescriptor / terminationStateDescriptor)

; at-most-once per item streamParm = ( localDescriptor / remoteDescriptor / localControlDescriptor )

;で最もワンス項目あたりstreamParm =(ローカル記述子/リモート記述子/ localControlDescriptor)

streamDescriptor = StreamToken EQUAL StreamID LBRKT streamParm *(COMMA streamParm) RBRKT

streamDescriptor = StreamToken EQUAL streamIDでLBRKT streamParm *(COMMA streamParm)RBRKT

localControlDescriptor = LocalControlToken LBRKT localParm *(COMMA localParm) RBRKT

localControlDescriptor = LocalControlToken LBRKT localParm *(COMMA localParm)RBRKT

; at-most-once per item except for propertyParm localParm = ( streamMode / propertyParm / reservedValueMode / reservedGroupMode )

;で最もワンスアイテムごとpropertyParm localParm =(streamMode / propertyParm / reservedValueMode / reservedGroupMode)を除き

reservedValueMode = ReservedValueToken EQUAL ( "ON" / "OFF" ) reservedGroupMode = ReservedGroupToken EQUAL ( "ON" / "OFF" )

reservedValueMode = ReservedValueトークンEQUAL( "ON" / "OFF")reservedGroupMode =予約グループトークンEQUAL( "ON" / "OFF")

streamMode = ModeToken EQUAL streamModes

streamMode = ModeToken EQUAL streamModes

streamModes = (SendonlyToken / RecvonlyToken / SendrecvToken / InactiveToken / LoopbackToken )

streamModes =(SendonlyToken / RecvonlyToken / SENDRECVトークン/非アクティブトークン/ループバックトークン)

propertyParm = pkgdName parmValue parmValue = (EQUAL alternativeValue/ INEQUAL VALUE) alternativeValue = ( VALUE / LSBRKT VALUE *(COMMA VALUE) RSBRKT ; sublist (i.e., A AND B AND ...) / LBRKT VALUE *(COMMA VALUE) RBRKT ; alternatives (i.e., A OR B OR ...) / LSBRKT VALUE COLON VALUE RSBRKT ) ; range

propertyParm = pkgdName parmValue parmValue =(EQUAL alternativeValue /不等VALUE)alternativeValue =(VALUE / LSBRKTのVALUE *(COMMA VALUE)RSBRKT;サブリスト(すなわち、AおよびB ...)/ LBRKTのVALUE *(COMMA VALUE)RBRKT、代替案を(すなわち、A OR B OR ...)/ LSBRKTのVALUE大腸VALUEのRSBRKT)。範囲

INEQUAL = LWSP (">" / "<" / "#" ) LWSP LSBRKT = LWSP "[" LWSP RSBRKT = LWSP "]" LWSP

不等= LWSP( ">" / "<" / "#")LWSP LSBRKT = LWSP "[" LWSP RSBRKT = LWSP "]" LWSP

; Note - The octet zero is not among the permitted characters in ; octet string. As the current definition is limited to SDP, and a ; zero octet would not be a legal character in SDP, this is not a ; concern.

;注 - オクテットゼロにできる文字の中ではありません。オクテット文字列。現在の定義は、SDP、およびこれらに限定されているように。ゼロオクテットがSDPで法的な文字ではないでしょう、これではありません。懸念。

localDescriptor = LocalToken LBRKT octetString RBRKT

localdescript R = localtok LBRKT OctetStringにRBRKT

remoteDescriptor = RemoteToken LBRKT octetString RBRKT

remoteDescriptor = RemoteToken LBRKT OCTETSTRING RBRKT

eventBufferDescriptor= EventBufferToken [ LBRKT eventSpec *( COMMA eventSpec) RBRKT ]

eventBufferDescriptor = EventBufferToken [LBRKT eventSpec *(COMMA eventSpec)RBRKT]

eventSpec = pkgdName [ LBRKT eventSpecParameter *(COMMA eventSpecParameter) RBRKT ] eventSpecParameter = (eventStream / eventOther)

eventSpec = pkgdName [LBRKT eventSpecParameter *(COMMA eventSpecParameter)RBRKT] eventSpecParameter =(eventStream / eventOther)

eventBufferControl = BufferToken EQUAL ( "OFF" / LockStepToken )

eventBufferControl = BufferToken EQUAL( "OFF" / LockStepToken)

terminationStateDescriptor = TerminationStateToken LBRKT terminationStateParm *( COMMA terminationStateParm ) RBRKT

terminationStateDescriptor = TerminationStateToken LBRKT terminationStateParm *(COMMA terminationStateParm)RBRKT

; at-most-once per item except for propertyParm terminationStateParm = (propertyParm / serviceStates / eventBufferControl )

;で最もワンスアイテムごとpropertyParm terminationStateParm =(propertyParm / serviceStates / eventBufferControl)を除き

serviceStates = ServiceStatesToken EQUAL ( TestToken / OutOfSvcToken / InSvcToken )

サービス状態=サービス状態EQUALトークン(トークンテスト/ OutOfSvcToken / InSvcToken)

muxDescriptor = MuxToken EQUAL MuxType terminationIDList

muxDescriptor = MuxToken EQUAL MuxType terminationIDList

MuxType = ( H221Token / H223Token / H226Token / V76Token / extensionParameter )

MuxType =(H221トークン/ H223Token / H226トークン/ V76トークン/拡張パラメータ)

StreamID = UINT16 pkgdName = (PackageName SLASH ItemID) ;specific item / (PackageName SLASH "*") ;all items in package / ("*" SLASH "*") ; all items supported by the MG PackageName = NAME ItemID = NAME

( "*" "*" スラッシュ)パッケージ/内のすべての項目、streamIDで= UINT16 pkgdName =(PackageNameには、アイテムIDをスラッシュ);特定のアイテム/(PackageNameのスラッシュ "*")。 MG PackageNameに= NAMEアイテムID = NAMEによってサポートされているすべてのアイテム

eventsDescriptor = EventsToken [ EQUAL RequestID LBRKT requestedEvent *( COMMA requestedEvent ) RBRKT ]

たEventsDescriptor = EventsToken [EQUAL RequestID LBRKT requestedEvent *(COMMA requestedEvent)RBRKT]

requestedEvent = pkgdName [ LBRKT eventParameter *( COMMA eventParameter ) RBRKT ]

requestedEvent = pkgdName [LBRKT eventParameter *(COMMA eventParameter)RBRKT]

; at-most-once each of KeepActiveToken , eventDM and eventStream ;at most one of either embedWithSig or embedNoSig but not both ;KeepActiveToken and embedWithSig must not both be present eventParameter = ( embedWithSig / embedNoSig / KeepActiveToken /eventDM / eventStream / eventOther )

;で最もワンスKeepActiveToken、eventDMとeventStreamの各;最大embedWithSig又はembedNoSigのいずれか一方ではなく、両方; KeepActiveTokenとembedWithSigの両方は、本eventParameter =(embedWithSig / embedNoSig / KeepActiveToken / eventDM / eventStream / eventOther)であってはなりません

embedWithSig = EmbedToken LBRKT signalsDescriptor [COMMA embedFirst ] RBRKT embedNoSig = EmbedToken LBRKT embedFirst RBRKT

embedWithSig = EmbedToken LBRKT signalsDescriptor [COMMA embedFirst] RBRKT embedNoSig = EmbedToken LBRKT embedFirst RBRKT

; at-most-once of each embedFirst = EventsToken [ EQUAL RequestID LBRKT secondRequestedEvent *(COMMA secondRequestedEvent) RBRKT ]

;で最もワンス各embedFirst = EventsToken [EQUAL RequestID LBRKT secondRequestedEvent *(COMMA secondRequestedEvent)RBRKT]の

secondRequestedEvent = pkgdName [ LBRKT secondEventParameter *( COMMA secondEventParameter ) RBRKT ]

secondRequestedEvent = pkgdName [LBRKT secondEventParameter *(パラグラフsecondEventParameter)RBRKT]

; at-most-once each of embedSig , KeepActiveToken, eventDM or ; eventStream ; KeepActiveToken and embedSig must not both be present secondEventParameter = ( embedSig / KeepActiveToken / eventDM / eventStream / eventOther )

;で最大1回の各embedSig、KeepActiveToken、eventDMかの。 eventStream; KeepActiveTokenとembedSig両方存在してはならないsecondEventParameter =(embedSig / KeepActiveToken / eventDM / eventStream / eventOther)

embedSig = EmbedToken LBRKT signalsDescriptor RBRKT

embedSig = EmbedToken LBRKT signalsDescriptor RBRKT

eventStream = StreamToken EQUAL StreamID eventOther = eventParameterName parmValue

eventStream = StreamToken EQUAL streamIDでeventOther = eventParameterName parmValue

eventParameterName = NAME

eventParameterName = NAME

eventDM = DigitMapToken EQUAL(( digitMapName ) / (LBRKT digitMapValue RBRKT ))

eventDM = DigitMapToken EQUAL((digitMapName)/(LBRKT digitMapValue RBRKT))

signalsDescriptor = SignalsToken LBRKT [ signalParm *(COMMA signalParm)] RBRKT

signalsDescriptor = SignalsToken LBRKT [signalParm *(COMMA signalParm)] RBRKT

signalParm = signalList / signalRequest

signalParm = signalList / signalRequest

signalRequest = signalName [ LBRKT sigParameter *(COMMA sigParameter) RBRKT ]

signalRequest = signalName [LBRKT sigParameter *(COMMA sigParameter)RBRKT]

signalList = SignalListToken EQUAL signalListId LBRKT signalListParm *(COMMA signalListParm) RBRKT

signalList = SignalListToken EQUAL signalListId LBRKT signalListParm *(COMMA signalListParm)RBRKT

signalListId = UINT16

signalistid = UINT16

;exactly once signalType, at most once duration and every signal ;parameter signalListParm = signalRequest

;正確signalType一度、最大で一回の期間、すべての信号;パラメータsignalListParm = signalRequest

signalName = pkgdName ;at-most-once sigStream, at-most-once sigSignalType, ;at-most-once sigDuration, every signalParameterName at most once sigParameter = sigStream / sigSignalType / sigDuration / sigOther / notifyCompletion / KeepActiveToken sigStream = StreamToken EQUAL StreamID sigOther = sigParameterName parmValue sigParameterName = NAME sigSignalType = SignalTypeToken EQUAL signalType signalType = (OnOffToken / TimeOutToken / BriefToken) sigDuration = DurationToken EQUAL UINT16 notifyCompletion = NotifyCompletionToken EQUAL (LBRKT notificationReason *(COMMA notificationReason) RBRKT)

signalName = pkgdName;で最もワンスsigSignalType sigStream、最大1回、最大1回sigDuration、すべてのsignalParameterName高々一度sigParameter = sigStream / sigSignalType / sigDuration / sigOther / notifyCompletion / KeepActiveToken sigStream = StreamToken EQUAL streamIDでsigOther = sigParameterName parmValue sigParameterName = NAME sigSignalType = SignalTypeToken EQUAL signalType signalType =(OnOffToken / TimeOutToken / BriefToken)sigDuration = DurationToken EQUAL UINT16 notifyCompletion = NotifyCompletionToken EQUAL(LBRKT notificationReason *(COMMA notificationReason)RBRKT)

notificationReason = ( TimeOutToken / InterruptByEventToken / InterruptByNewSignalsDescrToken / OtherReasonToken ) observedEventsDescriptor = ObservedEventsToken EQUAL RequestID LBRKT observedEvent *(COMMA observedEvent) RBRKT

notificationReason =(TimeOutToken / InterruptByEventToken / InterruptByNewSignalsDescrToken / OtherReasonToken)observedEventsDescriptor = ObservedEventsToken EQUAL RequestID LBRKT observedEvent *(COMMA observedEvent)RBRKT

;time per event, because it might be buffered observedEvent = [ TimeStamp LWSP COLON] LWSP pkgdName [ LBRKT observedEventParameter *(COMMA observedEventParameter) RBRKT ]

;イベント当たりの時間、それはバッファリングされる可能性があるためobservedEvent = [タイムスタンプLWSP結腸] LWSP pkgdName [LBRKT observedEventParameter *(COMMA observedEventParameter)RBRKT]

;at-most-once eventStream, every eventParameterName at most once observedEventParameter = eventStream / eventOther

;で最もワンスeventStream、すべてのeventParameterName高々一度observedEventParameter = eventStream / eventOther

; For an AuditCapReply with all events, the RequestID should be ALL. RequestID = ( UINT32 / "*" )

;すべてのイベントとAuditCapReplyについて、RequestIDはALLでなければなりません。 RequestID =(UINT32 / "*")

modemDescriptor = ModemToken (( EQUAL modemType) / (LSBRKT modemType *(COMMA modemType) RSBRKT)) [ LBRKT propertyParm *(COMMA propertyParm) RBRKT ]

modemDescriptor ModemToken =((EQUALモデムタイプ)/(LSBRKTモデムタイプ*(COMMAモデムタイプ)RSBRKT))LBRKT propertyParm *(COMMA propertyParm)RBRKT]

; at-most-once except for extensionParameter modemType = (V32bisToken / V22bisToken / V18Token / V22Token / V32Token / V34Token / V90Token / V91Token / SynchISDNToken / extensionParameter)

;で最大1回extensionParameter modemType =(V32bisToken / V22bisToken / V18Token / V22Token / V32Token / V34Token / V90Token / V91Token / SynchISDNToken / extensionParameter)を除いて、

digitMapDescriptor = DigitMapToken EQUAL ( ( LBRKT digitMapValue RBRKT ) / (digitMapName [ LBRKT digitMapValue RBRKT ]) ) digitMapName = NAME digitMapValue = ["T" COLON Timer COMMA] ["S" COLON Timer COMMA] ["L" COLON Timer COMMA] digitMap Timer = 1*2DIGIT ; Units are seconds for T, S, and L timers, and hundreds of ; milliseconds for Z timer. Thus T, S, and L range from 1 to 99 ; seconds and Z from 100 ms to 9.9 s digitMap = (digitString / LWSP "(" LWSP digitStringList LWSP ")" LWSP) digitStringList = digitString *( LWSP "|" LWSP digitString ) digitString = 1*(digitStringElement) digitStringElement = digitPosition [DOT] digitPosition = digitMapLetter / digitMapRange digitMapRange = ("x" / (LWSP "[" LWSP digitLetter LWSP "]" LWSP)) digitLetter = *((DIGIT "-" DIGIT ) / digitMapLetter) digitMapLetter = DIGIT ;Basic event symbols / %x41-4B / %x61-6B ; a-k, A-K / "L" / "S" ;Inter-event timers (long, short) / "Z" ;Long duration modifier

digitMapDescriptor = DigitMapToken EQUAL((LBRKT digitMapValue RBRKT)/(digitMapName [LBRKT digitMapValue RBRKT]))digitMapName = NAME digitMapValue = [ "T" COLONタイマCOMMA] [ "S" COLONタイマCOMMA] [ "L" COLONタイマCOMMA] digitMapタイマー= 1 * 2DIGIT。単位はT、S、およびLタイマーの秒であり、数百の。 Zタイマーのミリ秒。このようにT、S、及びLの範囲1から99であり; ( "|" LWSP digitString LWSP)digitString = 1 *(digitStringElement)digitStringElement = digitPosition [DOT 100ミリ秒から9.9秒digitMap =(digitString / LWSP "(" LWSP digitStringList LWSP ")" LWSP)digitStringList = digitString *秒、Z ] digitPosition = digitMapLetter / digitMapRange digitMapRange =( "X" /(LWSP "[" LWSP digitLetter LWSP "]" LWSP))digitLetter = *((DIGIT " - " DIGIT)/ digitMapLetter)digitMapLetter = DIGIT;基本イベントシンボル/% x41-4B /%x61-6B。 -K-K / "L" / "S";インターイベントタイマ(ロング、ショート)/ "Z";長持続時間修飾子

;at-most-once, and DigitMapToken and PackagesToken are not allowed ;in AuditCapabilities command auditItem = ( MuxToken / ModemToken / MediaToken / SignalsToken / EventBufferToken / DigitMapToken / StatsToken / EventsToken / ObservedEventsToken / PackagesToken )

;で最もワンス、DigitMapTokenとPackagesTokenとは許されない。AuditCapabilitiesでコマンドauditItem =(MuxToken / ModemToken / MediaToken / SignalsToken / EventBufferToken / DigitMapToken / StatsToken / EventsToken / ObservedEventsToken / PackagesToken)

serviceChangeDescriptor = ServicesToken LBRKT serviceChangeParm *(COMMA serviceChangeParm) RBRKT

serviceChangeDescriptor = ServicesToken LBRKT serviceChangeParm *(COMMA serviceChangeParm)RBRKT

; each parameter at-most-once ; at most one of either serviceChangeAddress or serviceChangeMgcId ; but not both ; serviceChangeMethod and serviceChangeReason are REQUIRED serviceChangeParm = (serviceChangeMethod / serviceChangeReason / serviceChangeDelay / serviceChangeAddress / serviceChangeProfile / extension / TimeStamp / serviceChangeMgcId / serviceChangeVersion )

;各パラメータに最大1回。 serviceChangeAddressまたはserviceChangeMgcIdのいずれかの最大1つ。両方ではありません。 serviceChangeMethodとserviceChangeReasonあるREQUIRED serviceChangeParm =(serviceChangeMethod / serviceChangeReason / serviceChangeDelay / serviceChangeAddress / serviceChangeProfile /エクステンション/タイムスタンプ/ serviceChangeMgcId / serviceChangeVersion)

serviceChangeReplyDescriptor = ServicesToken LBRKT servChgReplyParm *(COMMA servChgReplyParm) RBRKT

serviceChangeReplyDescriptor = ServicesToken LBRKT servChgReplyParm *(COMMA servChgReplyParm)RBRKT

; at-most-once. Version is REQUIRED on first ServiceChange response ; at most one of either serviceChangeAddress or serviceChangeMgcId ; but not both servChgReplyParm = (serviceChangeAddress / serviceChangeMgcId / serviceChangeProfile / serviceChangeVersion / TimeStamp) serviceChangeMethod = MethodToken EQUAL (FailoverToken / ForcedToken / GracefulToken / RestartToken / DisconnectedToken / HandOffToken / extensionParameter) ; A serviceChangeReason consists of a numeric reason code ; and an optional text description. ; A serviceChangeReason MUST be encoded using the quotedString ; form of VALUE. ; The quotedString SHALL contain a decimal reason code, ; optionally followed by a single space character and a ; textual description string.

;で最大1回。バージョンは、最初のServiceChange応答に必要です。 serviceChangeAddressまたはserviceChangeMgcIdのいずれかの最大1つ。両方ではなくservChgReplyParm =(serviceChangeAddress / serviceChangeMgcId / serviceChangeProfile / serviceChangeVersion /タイムスタンプ)serviceChangeMethod = MethodToken EQUAL(FailoverToken / ForcedToken / GracefulToken / RestartToken / DisconnectedToken / HandOffToken / extensionParameter)。 serviceChangeReasonは、数値理由コードで構成されています。そして、オプションのテキスト記述。 ; serviceChangeReasonはquotedStringを使用して符号化されなければなりません。 VALUEの形。 ; quotedStringは、小数点以下の理由コードを含まなければなりません。必要に応じて、単一の空白文字と続きます。テキスト記述文字列。

serviceChangeReason = ReasonToken EQUAL VALUE serviceChangeDelay = DelayToken EQUAL UINT32 serviceChangeAddress = ServiceChangeAddressToken EQUAL ( mId / portNumber ) serviceChangeMgcId = MgcIdToken EQUAL mId serviceChangeProfile = ProfileToken EQUAL NAME SLASH Version serviceChangeVersion = VersionToken EQUAL Version extension = extensionParameter parmValue

serviceChangeReason = ReasonToken等しい値serviceChangeDelay = DelayToken EQUAL UINT32 serviceChangeAddress = ServiceChangeAddressToken EQUAL(MID /のportNumber)serviceChangeMgcId = MgcIdToken EQUAL MID serviceChangeProfile = ProfileToken EQUAL NAME版serviceChangeVersion = VersionToken EQUAL版拡張= extensionParameter parmValueスラッシュ

packagesDescriptor = PackagesToken LBRKT packagesItem *(COMMA packagesItem) RBRKT

packagesDescriptor = PackagesToken LBRKT packagesItem *(COMMA packagesItem)RBRKT

Version = 1*2(DIGIT) packagesItem = NAME "-" UINT16

バージョン= 1 * 2(DIGIT)packagesItem = NAME " - " UINT16

TimeStamp = Date "T" Time ; per ISO 8601:1988 ; Date = yyyymmdd Date = 8(DIGIT) ; Time = hhmmssss Time = 8(DIGIT) statisticsDescriptor = StatsToken LBRKT statisticsParameter *(COMMA statisticsParameter ) RBRKT

タイムスタンプ=日「T」の時間。 ISO 8601あたり:1988;日付= YYYYMMDD日= 8(DIGIT)。時間= hhmmssss時間= 8(DIGIT)statisticsDescriptor = StatsToken LBRKT statisticsParameter *(COMMA statisticsParameter)RBRKT

;at-most-once per item statisticsParameter = pkgdName [EQUAL VALUE]

;で最もワンスアイテムごとstatisticsParameter = pkgdName [等しい値]

topologyDescriptor = TopologyToken LBRKT topologyTriple *(COMMA topologyTriple) RBRKT topologyTriple = terminationA COMMA terminationB COMMA topologyDirection terminationA = TerminationID terminationB = TerminationID topologyDirection = BothwayToken / IsolateToken / OnewayToken

topologyDescriptor = TopologyToken LBRKT topologyTriple *(COMMA topologyTriple)RBRKT topologyTriple = terminationA COMMA terminationB COMMA topologyDirection terminationA = TerminationID terminationB = TerminationID topologyDirection = BothwayToken / IsolateToken / OnewayToken

priority = PriorityToken EQUAL UINT16

優先= PriorityToken EQUAL UINT16

extensionParameter = "X" ("-" / "+") 1*6(ALPHA / DIGIT)

extensionParameter = "X"( " - " / "+")1 * 6(ALPHA / DIGIT)

; octetString is used to describe SDP defined in RFC2327. ; Caution should be taken if CRLF in RFC2327 is used. ; To be safe, use EOL in this ABNF. ; Whenever "}" appears in SDP, it is escaped by "\", e.g., "\}" octetString = *(nonEscapeChar) nonEscapeChar = ( "\}" / %x01-7C / %x7E-FF ) ; Note - The double-quote character is not allowed in quotedString. quotedString = DQUOTE *(SafeChar / RestChar/ WSP) DQUOTE

; OCTETSTRINGは、RFC2327で定義されたSDPを記述するために使用されます。 ; RFC2327でCRLFが使用されている場合は注意が取られるべきです。 ;安全のため、このABNFでEOLを使用しています。 ; "}" SDPに現れるたびに、それが "\"、例えば、 "\}" OCTETSTRING = *(nonEscapeChar)nonEscapeChar =( "\}" /%x01-7C /%x7E-FF)でエスケープされています。注 - 二重引用符はquotedStringでは許可されていません。 quotedString = DQUOTE *(SafeChar / RestChar / WSP)DQUOTE

UINT16 = 1*5(DIGIT) ; %x0-FFFF UINT32 = 1*10(DIGIT) ; %x0-FFFFFFFF

UINT16 = 1 * 5(DIGIT)。 %のX0-FFFF UINT32 = 1 * 10(DIGIT)。 %のX0-FFFFFFFF

NAME = ALPHA *63(ALPHA / DIGIT / "_" ) VALUE = quotedString / 1*(SafeChar) SafeChar = DIGIT / ALPHA / "+" / "-" / "&" / "!" / "_" / "/" / "\'" / "?" / "@" / "^" / "`" / "~" / "*" / "$" / "\" / "(" / ")" / "%" / "|" / "."

NAME = ALPHA * 63(ALPHA / DIGIT / "_")VALUE = quotedString / 1 *(SafeChar)SafeChar = DIGIT / ALPHA / "+" / " - " / "&" / "!" / "_" / "/" / "\ '" / "?" / "@" / "^" / "`"/ "〜"/ "*"/ "$"/ "\"/ "("/ ")"/ "%"/ "|" / ""

EQUAL = LWSP %x3D LWSP ; "=" COLON = %x3A ; ":" LBRKT = LWSP %x7B LWSP ; "{" RBRKT = LWSP %x7D LWSP ; "}" COMMA = LWSP %x2C LWSP ; ","

EQUAL = LWSP%のX3D LWSP。 "=" COLON =%のX3A。 ":" LBRKT = LWSP%x7B LWSP。 "{" RBRKT = LWSP%x7D LWSP。 "}" COMMAはLWSP%のX2CのLWSPを=。 ""

DOT = %x2E ; "." SLASH = %x2F ; "/" ALPHA = %x41-5A / %x61-7A ; A-Z / a-z DIGIT = %x30-39 ; 0-9 DQUOTE = %x22 ; " (Double Quote) HEXDIG = ( DIGIT / "A" / "B" / "C" / "D" / "E" / "F" ) SP = %x20 ; space HTAB = %x09 ; horizontal tab CR = %x0D ; Carriage return LF = %x0A ; linefeed LWSP = *( WSP / COMMENT / EOL ) EOL = (CR [LF] / LF ) WSP = SP / HTAB ; white space SEP = ( WSP / EOL / COMMENT) LWSP COMMENT = ";" *(SafeChar/ RestChar / WSP / %x22) EOL RestChar = ";" / "[" / "]" / "{" / "}" / ":" / "," / "#" / "<" / ">" / "="

DOT =%のx2E。 "" =%x2Fスラッシュ。 "/" ALPHA =%x41-5A /%x61-7A。 -Z / Z-DIGIT =%x30-39。 0-9 DQUOTE =%X22。 "(二重引用符)HEXDIG =(DIGIT / "A"/ "B"/ "C"/ "D"/ "E"/ "F")SP =%X20;空間HTAB =%X09;水平タブCR =% x0D;キャリッジリターンLF =%X0A;改行LWSP = *(WSP / COMMENT / EOL)EOL =(CR [LF] / LF)WSP = SP / HTAB;ホワイトスペース9月=(WSP / EOL / COMMENT)LWSPコメント= ";" *(SafeChar / RestChar / WSP /%X22)EOL RestChar = ";" / "[" / "]" / "{" / "}" / ":" / "" / "#" / " <」/ ">" / "="

; New Tokens added to sigParameter must take the format of SPA* ; * may be of any form i.e., SPAM ; New Tokens added to eventParameter must take the form of EPA* ; * may be of any form i.e., EPAD

;新しいトークンは、SPA *の形式を取る必要がありますsigParameterに加えます。 *任意の形態であってもよく、すなわち、SPAM。新しいトークンは、EPA *の形を取る必要がありますeventParameterに加えます。 *任意の形態であってもよく、すなわち、EPAD

AddToken = ("Add" / "A") AuditToken = ("Audit" / "AT") AuditCapToken = ("AuditCapability" / "AC") AuditValueToken = ("AuditValue" / "AV") AuthToken = ("Authentication" / "AU") BothwayToken = ("Bothway" / "BW") BriefToken = ("Brief" / "BR") BufferToken = ("Buffer" / "BF") CtxToken = ("Context" / "C") ContextAuditToken = ("ContextAudit" / "CA") DigitMapToken = ("DigitMap" / "DM") DisconnectedToken = ("Disconnected" / "DC") DelayToken = ("Delay" / "DL") DurationToken = ("Duration" / "DR") EmbedToken = ("Embed" / "EM") EmergencyToken = ("Emergency" / "EG") ErrorToken = ("Error" / "ER") EventBufferToken = ("EventBuffer" / "EB") EventsToken = ("Events" / "E") FailoverToken = ("Failover" / "FL") ForcedToken = ("Forced" / "FO") GracefulToken = ("Graceful" / "GR") H221Token = ("H221" ) H223Token = ("H223" ) H226Token = ("H226" )

AddToken =( "追加" / "A")AuditToken =( "監査" / "AT")AuditCapToken =( "AuditCapability" / "AC")AuditValueToken =( "AuditValue" / "AV")持つAuthToken =( "認証" / "AU")BothwayToken =( "Bothway" / "BW")BriefToken =( "ブリーフ" / "BR")BufferToken =( "バッファ" / "BF")CtxToken =( "コンテキスト" / "C")ContextAuditToken =( "ContextAudit" / "CA")DigitMapToken =( "DigitMap" / "DM")DisconnectedToken =( "切断" / "DC")DelayToken =( "遅延" / "DL")DurationToken =( "時間" / "DR")EmbedToken =( "埋め込み" / "EM")EmergencyToken =( "緊急" / "EG")ErrorToken =( "エラー" / "ER")EventBufferToken =( "EventBuffer" / "EB")EventsToken = ( "イベント" / "E")FailoverToken =( "フェイルオーバー" / "FL")ForcedToken =( "強制" / "FO")GracefulToken =( "正常な" / "GR")H221Token =( "H221")H223Token =( "H223")H226Token =( "H226")

HandOffToken = ("HandOff" / "HO") ImmAckRequiredToken = ("ImmAckRequired" / "IA") InactiveToken = ("Inactive" / "IN") IsolateToken = ("Isolate" / "IS") InSvcToken = ("InService" / "IV") InterruptByEventToken = ("IntByEvent" / "IBE") InterruptByNewSignalsDescrToken = ("IntBySigDescr" / "IBS") KeepActiveToken = ("KeepActive" / "KA") LocalToken = ("Local" / "L") LocalControlToken = ("LocalControl" / "O") LockStepToken = ("LockStep" / "SP") LoopbackToken = ("Loopback" / "LB") MediaToken = ("Media" / "M") MegacopToken = ("MEGACO" / "!") MethodToken = ("Method" / "MT") MgcIdToken = ("MgcIdToTry" / "MG") ModeToken = ("Mode" / "MO") ModifyToken = ("Modify" / "MF") ModemToken = ("Modem" / "MD") MoveToken = ("Move" / "MV") MTPToken = ("MTP") MuxToken = ("Mux" / "MX") NotifyToken = ("Notify" / "N") NotifyCompletionToken = ("NotifyCompletion" / "NC") ObservedEventsToken = ("ObservedEvents" / "OE") OnewayToken = ("Oneway" / "OW") OnOffToken = ("OnOff" / "OO") OtherReasonToken = ("OtherReason" / "OR") OutOfSvcToken = ("OutOfService" / "OS") PackagesToken = ("Packages" / "PG") PendingToken = ("Pending" / "PN") PriorityToken = ("Priority" / "PR") ProfileToken = ("Profile" / "PF") ReasonToken = ("Reason" / "RE") RecvonlyToken = ("ReceiveOnly" / "RC") ReplyToken = ("Reply" / "P") RestartToken = ("Restart" / "RS") RemoteToken = ("Remote" / "R") ReservedGroupToken = ("ReservedGroup" / "RG") ReservedValueToken = ("ReservedValue" / "RV") SendonlyToken = ("SendOnly" / "SO") SendrecvToken = ("SendReceive" / "SR") ServicesToken = ("Services" / "SV") ServiceStatesToken = ("ServiceStates" / "SI") ServiceChangeToken = ("ServiceChange" / "SC") ServiceChangeAddressToken = ("ServiceChangeAddress" / "AD") SignalListToken = ("SignalList" / "SL")

HandOffToken =( "ハンドオフ" / "HO")ImmAckRequiredToken =( "ImmAckRequired" / "IA")InactiveToken =( "非アクティブ" / "IN")IsolateToken =( "アイソは" / "IS")InSvcToken =( "現職" / "IV")InterruptByEventToken =( "IntByEvent" / "IBE")InterruptByNewSignalsDescrToken =( "IntBySigDescr" / "IBS")KeepActiveToken =( "KeepActive" / "KA")LocalToken =( "ローカル" / "L")LocalControlToken =( "ローカル制御" / "O")LockStepToken =( "ロックステップ" / "SP")LoopbackToken =( "ループバック" / "LB")MediaToken =( "メディア" / "M")MegacopToken =( "MEGACO" / "!")MethodToken =( "メソッド" / "MT")MgcIdToken =( "MgcIdToTry" / "MG")ModeToken =( "モード" / "MO")ModifyToken =( "変更" / "MF")ModemToken = ( "モデム" / "MD")MoveToken =( "移動" / "MV")MTPToken =( "MTP")MuxToken =( "MUX" / "MX")NotifyToken =( "通知" / "N")NotifyCompletionToken =( "NotifyCompletion" / "NC")ObservedEventsToken = OnOffToken =( "のOnOff" / "OO")OtherReasonToken =( "OtherReason"( "ObservedEvents" / "OE")OnewayToken =( "片道" / "OW")/ "または")OutOfSvcToken =(" OUTOFSERVICE "/ "OS")PackagesToken =( "パッケージ"/ "PG")PendingToken =( "保留"/ "PN")PriorityToken =( "優先順位"/ "PR")ProfileToken =("プロファイル」/ "PF")ReasonToken =( "理由" / "RE")RecvonlyToken =( "ReceiveOnly" / "RC")ReplyToken =( "返信" / "P")RestartToken =( "再起動" / "RS" )RemoteToken =( "リモート" / "R")ReservedGroupToken =( "ReservedGroup" / "RG")ReservedValueToken =( "ReservedValue" / "RV")SendonlyToken =( "SENDONLY" / "SO")SendrecvToken =( "SendReceive "/ "SR")ServicesToken =(" サービス」/ "SV")ServiceStatesToken =( "ServiceStates" / "SI")ServiceChangeToken =( "のServiceChange" / "SC")ServiceChangeAddressToken =( "ServiceChangeAddress" / "AD") SignalListToken =( "SignalList" / "SL")

SignalsToken = ("Signals" / "SG") SignalTypeToken = ("SignalType" / "SY") StatsToken = ("Statistics" / "SA") StreamToken = ("Stream" / "ST") SubtractToken = ("Subtract" / "S") SynchISDNToken = ("SynchISDN" / "SN") TerminationStateToken = ("TerminationState" / "TS") TestToken = ("Test" / "TE") TimeOutToken = ("TimeOut" / "TO") TopologyToken = ("Topology" / "TP") TransToken = ("Transaction" / "T") ResponseAckToken = ("TransactionResponseAck" / "K") V18Token = ("V18") V22Token = ("V22") V22bisToken = ("V22b") V32Token = ("V32") V32bisToken = ("V32b") V34Token = ("V34") V76Token = ("V76") V90Token = ("V90") V91Token = ("V91") VersionToken = ("Version" / "V")

SignalsToken =( "信号" / "SG")SignalTypeToken =( "SignalType" / "SY")StatsToken =( "統計" / "SA")StreamToken =( "ストリーム" / "ST")SubtractToken =( "減算" / "S")SynchISDNToken =( "SynchISDN" / "SN")TerminationStateToken =( "TerminationState" / "TS")TestToken =( "テスト" / "TE")TimeOutToken =( "タイムアウト" / "TO")TopologyToken =( "トポロジ" / "TP")TransToken =( "トランザクション" / "T")ResponseAckToken =( "TransactionResponseAck" / "K")V18Token =( "V18")V22Token =( "V22")V22bisToken =(」 V22B ")V32Token =(" V32 ")V32bisToken =(" V32b ")V34Token =(" V34 ")V76Token =(" V76 ")V90Token =(" V90 ")V91Token =(" V91 ")VersionToken =(" 版"/ "V")

B.3 Hexadecimal octet coding

B.3進オクテットコーディング

Hexadecimal octet coding is a means for representing a string of octets as a string of hexadecimal digits, with two digits representing each octet. This octet encoding should be used when encoding octet strings in the text version of the protocol. For each octet, the 8-bit sequence is encoded as two hexadecimal digits. Bit 0 is the first transmitted; bit 7 is the last. Bits 7-4 are encoded as the first hexadecimal digit, with Bit 7 as MSB and Bit 4 as LSB. Bits 3-0 are encoded as the second hexadecimal digit, with Bit 3 as MSB and Bit 0 as LSB. Examples:

進オクテット符号化は、各オクテットを表す2桁の16進数の文字列として、オクテット列を表すための手段です。プロトコルのテキストバージョンでオクテット文字列をエンコードするときに、このオクテットのエンコードを使用する必要があります。各オクテットのために、8ビットのシーケンスは、2桁の16進数として符号化されます。ビット0が送信される最初です。ビット7が最後です。ビット7-4は、LSBとしてMSB、ビット7とビット4と、第一進数字として符号化されます。ビット3-0は、LSBとしてMSB、ビット3及びビット0と、第二進数字として符号化されます。例:

        Octet bit pattern                   Hexadecimal coding
        00011011                            D8
        11100100                            27
        10000011 10100010 11001000 00001001 C1451390
        

B.4 Hexadecimal octet sequence

B.4進オクテットシーケンス

A hexadecimal octet sequence is an even number of hexadecimal digits, terminated by a <CR> character.

進オクテットシーケンスは、<CR>文字で終了の16進数字の偶数です。

ANNEX C - Tags for media stream properties

ANNEX C - メディアストリームのプロパティのためのタグ

Parameters for Local, Remote and LocalControl descriptors are specified as tag-value pairs if binary encoding is used for the protocol. This annex contains the property names (PropertyID), the tags (Property tag), type of the property (Type) and the values (Value). Values presented in the Value field when the field contains references shall be regarded as "information". The reference contains the normative values. If a value field does not contain a reference, then the values in that field can be considered as "normative".

バイナリ符号化プロトコルに使用される場合、ローカル、リモートおよびローカル制御記述子のパラメータは、タグと値のペアとして指定されています。この附属書は、プロパティ名(PropertyID)、タグ(プロパティタグ)、財産の種類(タイプ)と値(値)が含まれています。フィールドは、参照が含まれている場合、値フィールドに提示した値は、「情報」とみなされます。参照は規範的な値が含まれています。値フィールドは、参照が含まれていない場合、そのフィールドの値が「規範的」とみなすことができます。

Tags are given as hexadecimal numbers in this annex. When setting the value of a property, a MGC may underspecify the value according to one of the mechanisms specified in 7.1.1.

タグは、この附属書では、16進数として与えられています。プロパティの値を設定する場合、MGCは7.1.1で指定されたメカニズムのいずれかに記載の値をunderspecifyできます。

It is optional to support the properties in this Annex or any of its sub-sections. For example, only three properties from C.3 and only five properties from C.8 might be implemented.

この附属書のプロパティまたはそのサブセクションのいずれかをサポートするために、任意です。例えば、C.8からC.3とのみ5つのプロパティからわずか3つのプロパティが実装されることがあります。

For type "enumeration" the value is represented by the value in brackets, e.g., Send(0), Receive(1). Annex C properties with the types "N bits" or "M Octets" should be treated as octet strings when encoding the protocol. Properties with "N bit integer" shall be treated as an integers. "String" shall be treated as an IA5String when encoding the protocol.

タイプ「列挙」の値は括弧内の値で表され、例えば、送信(0)、受信(1)。プロトコルを符号化する際にタイプ「Nビット」または「Mオクテット」の附属書Cの特性は、オクテット文字列として扱われるべきです。 「Nビット整数」とプロパティは整数として扱われなければなりません。プロトコルを符号化する際に「文字列」IA5Stringとして扱われなければなりません。

When a type is smaller than one octet, the value shall be stored in the low-order bits of an octet string of size 1.

タイプは1つのオクテットよりも小さい場合、値がサイズ1のオクテット列の下位ビットに格納されなければなりません。

C.1 General media attributes

C.1一般のメディア属性

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

Media 1001 Enumeration Audio(0), Video(1), Data(2)

メディア1001列挙オーディオ(0)、ビデオ(1)、データ(2)

Transmission 1002 Enumeration Send(0), Receive(1), mode Send&Receive(2)

トランスミッション1002列挙(0)、(1)、モード(2)送信及び受信を受信送ります

Number of 1003 Unsigned 0-255 Channels integer

1003符号なし0〜255チャンネルの整数の数

Sampling 1004 Unsigned 0-2^32 rate integer

サンプリング1004符号なし0-2 ^ 32レートの整数

Bitrate 1005 Integer (0..4294967295)NOTE - Units of 100 bit/s.

ビットレート1005整数(0 4294967295)NOTE - 100ビット/秒の単位。

ACodec 1006 Octet string Audio Codec Type: Ref.: ITU-T Q.765 Non-ITU-T codecs are defined with the appropriate standards organization under a defined Organizational Identifier.

ACodec 1006オクテット文字列オーディオコーデックの種類は:参考:ITU-T Q.765非ITU-Tコーデックが定義された組織識別子の下で、適切な標準化団体で定義されています。

Samplepp 1007 Unsigned Maximum samples or frames per integer packet: 0..65535

Samplepp整数パケット当たり1007個の符号なしの最大サンプルまたはフレーム:0 65535

Silencesupp 1008 Boolean Silence Suppression: True/False

Silencesupp 1008ブール無音抑止:True / Falseの

Encrypttype 1009 Octet string Ref.: ITU-T H.245

Encrypttype 1009オクテット文字列のRef .: ITU-T H.245

Encryptkey 100A Octet string Encryption key size Ref.: ITU-T H.235 (0..65535)

Encryptkey 100Aオクテットストリングの暗号鍵サイズのRef .: ITU-T H.235(0 65535)

Echocanc 100B Not Used. See H.248.1 E.13 for an example of possible Echo Control properties.

Echocanc 100Bは使用されません。可能なエコーコントロールのプロパティの例については、H.248.1 E.13を参照してください。

Gain 100C Unsigned Gain in dB: 0..65535 integer

dBでゲイン100C符号なしゲイン:0 65535整数

Jitterbuff 100D Unsigned Jitter buffer size in ms: integer 0..65535

MSにおけるJitterbuff 100D符号なしジッタバッファサイズ:整数0 65535

PropDelay 100E Unsigned Propagation Delay: 0..65535 integer Maximum propagation delay in milliseconds for the bearer connection between two media gateways. The maximum delay will be dependent on the bearer technology.

PropDelay 100E符号なし伝搬遅延:2つのメディアゲートウェイとの間のベアラ接続のためのミリ秒0 65535整数最大伝搬遅延。最大遅延は、ベアラ技術に依存することになります。

RTPpayload 100F Integer Payload type in RTP Profile for Audio and Video Conferences with Minimal Control Ref.: RFC 1890

最小量のコントロールのRefオーディオとテレビ会議システムのためのRTPプロフィールでRTPpayload 100F整数ペイロードタイプ:RFC 1890

C.2 Mux properties

C.2マルチプレクサのプロパティ

PropertyID Property tag Type Value

PropertyIDプロパティタグタイプ値

H222 2001 Octet string H222LogicalChannelParameters Ref.: ITU-T H.245

H222 2001オクテット文字列H222LogicalChannelParameters参考:ITU-T H.245

H223 2002 Octet string H223LogicalChannelParameters Ref.: ITU-T H.245

H223 2002オクテット文字列H223LogicalChannelParameters参考:ITU-T H.245

V76 2003 Octet string V76LogicalChannelParameters Ref.: ITU-T H.245

V76 2003オクテット文字列V76LogicalChannelParameters参考:ITU-T H.245

H2250 2004 Octet string H2250LogicalChannelParameters Ref.: ITU-T H.245

H2250 2004オクテット文字列H2250LogicalChannelParameters参考:ITU-T H.245

C.3 General bearer properties

C.3一般ベアラ・プロパティ

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

Mediatx 3001 Enumeration Media Transport TypeTDM Circuit(0), ATM(1), FR(2), Ipv4(3), Ipv6(4), ...

Mediatx 3001列挙メディア交通TypeTDM回路(0)、ATM(1)、FR(2)はIPv4(3)は、ipv6(4)、...

BIR 3002 4 octets Value depends on transport technology

BIR 3002 4つのオクテットの値は、トランスポート技術に依存します

NSAP 3003 1-20 octets See NSAP. Ref.: Annex A/X.213

NSAP 3003 1-20オクテットは、NSAPを参照してください。参考:附属書A / X.213

C.4 General ATM properties

C.4一般的なATMのプロパティ

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

AESA 4001 20 octets ATM End System Address

S 4001 20 okatetarsaアートマエンドシステムアドレス

VPVC 4002 4 octets: VPCI VPCI/VCI in first two least Ref.: ITU-T Q.2931 significant octets, VCI in second two octets

VPVC 4002 4つのオクテット:第2オクテットの最初の2つ以上のRef .: ITU-T Q.2931重要オクテット、VCIにおけるVPCI VPCI / VCI

SC 4003 Enumeration Service Category: CBR(0), nrt-VBR1(1), nrt VBR2(2), nrt-VBR3(3), rt-VBR1(4), rt VBR2(5), rt-VBR3(6), UBR1(7), UBR2(8), ABR(9). Ref.: ATM Forum UNI 4.0

SC 4003列挙サービスカテゴリー:CBR(0)、NRT-VBR1(1)、NRT VBR2(2)、NRT-VBR3(3)、RT-VBR1(4)、RT VBR2(5)、RT-VBR3(6) 、UBR1(7)、UBR2(8)、ABR(9)。参考:ATMフォーラムUNI 4.0

BCOB 4004 5-bit integer Broadband Bearer Class Ref.: ITU-T Q.2961.2

BCOB 4004 5ビット整数ブロードバンドベアラクラスのRef .: ITU-T Q.2961.2

BBTC 4005 7-bit integer Broadband Transfer Capability Ref.: ITU-T Q.2961.1

BBTC 4005 7ビット整数広帯域伝達能力のRef .: ITU-T Q.2961.1

ATC 4006 Enumeration I.371 ATM Traffic CapabilityDBR(0), SBR1(1), SBR2(2), SBR3(3), ABT/IT(4), ABT/DT(5), ABR(6) Ref.: ITU-T I.371

ATC 4006列挙I.371 ATMトラフィックCapabilityDBR(0)、SBR1(1)、SBR2(2)、SBR3(3)、ABT / IT(4)、ABT / DT(5)、ABR(6)参考文献:ITU -T I.371

   STC        4007     2 bits            Susceptibility to clipping:
                                          Bits
                                          2 1
                                          ---
                                          0 0     not susceptible to
                                                  clipping
                                          0 1     susceptible to
                                                  clipping
                                          Ref.: ITU-T Q.2931
        
   UPCC       4008     2 bits            User Plane Connection
                                          configuration:
                                          Bits
                                          2 1
                                          ---
                                          0 0     point-to-point
                                          0 1     point-to-multipoint
                                          Ref.: ITU-T Q.2931
        

PCR0 4009 24-bit integer Peak Cell Rate (For CLP = 0) Ref.: ITU-T Q.2931

PCR0 4009 24ビット整数のピークセルレートのRef .: ITU-T Q.2931(CLP = 0)

SCR0 400A 24-bit integer Sustainable Cell Rate (For CLP = 0) Ref.: ITU-T Q.2961.1

SCR0 400A 24ビット整数持続可能セルレート参考文献:ITU-T Q.2961.1(CLP = 0)

MBS0 400B 24-bit integer Maximum Burst Size (For CLP = 0) Ref.: ITU-T Q.2961.1

REF(CLP = 0)MBS0 400B 24ビット整数の最大バーストサイズ:ITU-T Q.2961.1

PCR1 400C 24-bit integer Peak Cell Rate (For CLP = 0 + 1) Ref.: ITU-T Q.2931

PCR1 400C 24ビット整数のピークセルレートのRef .: ITU-T Q.2931(CLP = 0 + 1の場合)

SCR1 400D 24-bit integer Sustainable Cell Rate (For CLP = 0 + 1) Ref.: ITU-T Q.2961.1

SCR1 400D 24ビット整数持続セル・レート(CLPため= 0 + 1)参考文献:ITU-T Q.2961.1

MBS1 400E 24-bit integer Maximum Burst Size (For CLP = 0 + 1) Ref.: ITU-T Q.2961.1

MBS1 400E 24ビット整数の最大バーストサイズのRef .: ITU-T Q.2961.1(CLP = 0 + 1の場合)

BEI 400F Boolean Best Effort Indicator Value 1 indicates that BEI is to be included in the ATM signaling; value 0 indicates that BEI is not to be included in the ATM signaling. Ref.: ATM Forum UNI 4.0

BEI 400Fブールベストエフォートインジケータ値1はBEIがATMシグナリングに含まれるべきであることを示しています。値0は、BEIは、ATMシグナリングに含まれるべきでないことを示しています。参考:ATMフォーラムUNI 4.0

TI 4010 Boolean Tagging Indicator Value 0 indicates that tagging is not allowed; value 1 indicates that tagging is requested. Ref.: ITU-T Q.2961.1

TI 4010ブールタギングインジケータ値0は、タグ付けが許可されていないことを示しています。値1は、タグ付けが要求されていることを示しています。参考:ITU-T Q.2961.1

FD 4011 Boolean Frame Discard Value 0 indicates that no frame discard is allowed; value 1 indicates that frame discard is allowed. Ref.: ATM Forum UNI 4.0

FD 4011ブールフレーム廃棄値0はフレーム廃棄が許可されていないことを示しています。値1は、フレーム廃棄が許可されていることを示します。参考:ATMフォーラムUNI 4.0

A2PCDV 4012 24-bit integer Acceptable 2-point CDV Ref.: ITU-T Q.2965.2

A2PCDV 4012 24ビット整数許容2ポイントCDVのRef .: ITU-T Q.2965.2

C2PCDV 4013 24-bit integer Cumulative 2-point CDV Ref.: ITU-T Q.2965.2

C2PCDV 4013 24ビット整数累積2ポイントCDVのRef .: ITU-T Q.2965.2

APPCDV 4014 24-bit integer Acceptable P-P CDV Ref.: ATM Forum UNI 4.0

APPCDV 4014 24ビット整数許容P-P CDVのRef .: ATMフォーラムUNI 4.0

CPPCDV 4015 24-bit integer Cumulative P-P CDV Ref.: ATM Forum UNI 4.0

CPPCDV 4015 24ビット整数累積P-P CDVのRef .: ATMフォーラムUNI 4.0

ACLR 4016 8-bit integer Acceptable Cell Loss Ratio Ref.: ITU-T Q.2965.2, ATM Forum UNI 4.0

ACLR 4016 8ビット整数許容セル廃棄率の参考:ITU-T Q.2965.2、ATMフォーラムUNI 4.0

MEETD 4017 16-bit integer Maximum End-to-end transit delay Ref.: ITU-T Q.2965.2, ATM Forum UNI 4.0

MEETD 4017 16ビット整数の最大エンドツーエンド伝送遅延のRef .: ITU-T Q.2965.2、ATMフォーラムUNI 4.0

CEETD 4018 16-bit integer Cumulative End-to-end transit delay Ref.: ITU-T Q.2965.2, ATM Forum UNI 4.0

CEETD 4018 16ビット整数累積エンドツーエンド伝送遅延のRef .: ITU-T Q.2965.2、ATMフォーラムUNI 4.0

QosClass 4019 Integer 0-5 QoS Class

QosClass 4019の整数0-5のQoSクラス

QoS Class Meaning

QoSのクラスの意味

0 Default QoS associated with the ATC as defined in ITU-T Q.2961.2

ITU-T Q.2961.2で定義されるようにATCに関連付けられた0デフォルトのQoS

1 Stringent

1厳格

2 Tolerant

2トレラント

3 Bi-level

3バイレベル

4 Unbounded

無制限4

5 Stringent Bi-level Ref.: ITU-T Q.2965.1

5ストバイレベルREF:ITU-T Q.2965.1

   AALtype    401A     1 octet           AAL Type
                                          Bits
                                          8 7 6 5 4 3 2 1
                                          ---------------
                                          0 0 0 0 0 0 0 0   AAL for
                                                            voice
                                          0 0 0 0 0 0 0 1   AAL type 1
                                          0 0 0 0 0 0 1 0   AAL type 2
                                          0 0 0 0 0 0 1 1   AAL type
                                                            3/4
                                          0 0 0 0 0 1 0 1   AAL type 5
        
                                          0 0 0 1 0 0 0 0   user-
                                                            defined AAL
                                          Ref.: ITU-T Q.2931
        

C.5 Frame Relay

C.5フレームリレー

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

DLCI 5001 Unsigned Data link connection integer id

DLCI 5001符号なしデータリンクコネクション整数ID

CID 5002 Unsigned sub-channel id integer

CID 5002符号なしサブチャンネルID整数

SID/Noiselevel 5003 Unsigned silence insertion integer descriptor

SID /ノイズレベル5003符号なし無音挿入整数記述子

Primary Payload 5004 Unsigned Primary Payload Type type integer Covers FAX and codecs

一次ペイロード5004符号なし主なペイロードタイプの整数型は、FAXやコーデックをカバー

C.6 IP

C.6 IP

PropertyID Property tag Type Value

PropertyIDプロパティタグタイプ値

IPv4 6001 32 bits Ipv4Address Ipv4Address Ref.: IETF RFC 791

IPv4の6001 32ビットIPv4AddressをIPv4Addressを参考文献:IETF RFC 791

IPv6 6002 128 bits IPv6 Address Ref.: IETF RFC 2460

IPv6の6002、128ビットIPv6アドレスのRef .: IETF RFC 2460

Port 6003 Unsigned integer 0..65535

ポート6003符号なし整数0 65535

Porttype 6004 Enumerated TCP(0), UDP(1), SCTP(2)

ポートタイプ6004列挙TCP(0)、UDP(1)、SCTP(2)

C.7 ATM AAL2

C.7 ATM AAL2

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

AESA 7001 20 octets AAL2 service endpoint address as defined in the referenced Recommendation. ESEANSEA Ref.: ITU-T Q.2630.1

参照勧告で定義されているAESA 7001 20オクテットのAAL2サービス・エンドポイント・アドレス。 ESEANSEA参考:ITU-T Q.2630.1

BIR See C.3 4 octets Served user generated reference as defined in the referenced Recommendation. SUGR Ref.: ITU-T Q.2630.1

参照標準で定義されるようにBIR参照C.3 4つのオクテットは、ユーザ生成された基準を務めました。 SUGR参考:ITU-T Q.2630.1

ALC 7002 12 octets AAL2 link characteristics as defined in the referenced Recommendation. Maximum/Average CPS-SDU bit rate; Maximum/Average CPS-SDU size Ref.: ITU-T Q.2630.1

ALC 7002参照勧告で定義された12オクテットAAL2リンク特性。最大/平均CPS-SDUビットレート。最大/平均CPS-SDUサイズのRef .: ITU-T Q.2630.1

SSCS 7003 I.366.2: Audio (8 Service specific octets); Multirate (3 convergence sublayer octets), or I.366.1: information as defined SAR-assured (14 in: octets);SAR-unassured - ITU-T Q.2630.1,and (7 octets). used in: - ITU-T I.366.2: Audio/Multirate; - ITU-T I.366.1: SAR-assured/unassured. Ref.: ITU-T Q.2630.1, I.366.1 and I.366.2

SSCS 7003 I.366.2:オーディオ(8サービスの特定のオクテット)。マルチレート(3つの収束サブレイヤオクテット)、又はI.366.1:定義されたSAR-保証(14:オクテット)などの情報; SAR-unassured - ITU-T Q.2630.1、及び(7つのオクテット)。で使用される: - ITU-TのI.366.2:オーディオ/マルチレート; - ITU-TのI.366.1:unassured / SAR-保証。参考文献:ITU-T Q.2630.1、I.366.1とI.366.2

SUT 7004 1..254 octets Served user transport parameter as defined in the referenced Recommendation. Ref.: ITU-T Q.2630.1

参照勧告で定義されたSUT 7004個の1..254オクテットは、ユーザーの輸送パラメータを務めました。参考:ITU-T Q.2630.1

TCI 7005 Boolean Test connection indicator as defined in the referenced Recommendation. Ref.: ITU-T Q.2630.1

TCI参照勧告で定義されるように7005ブーリアンテスト接続インジケータ。参考:ITU-T Q.2630.1

Timer_CU 7006 32-bit integer Timer-CU Milliseconds to hold partially filled cell before sending.

送信する前に、部分的に充填されたセルを保持するTimer_CU 7006 32ビット整数タイマ-CUミリ秒。

MaxCPSSDU 7007 8-bit integer Maximum Common Part Sublayer Service Data Unit Ref.: ITU-T Q.2630.1

MaxCPSSDU 7007 8ビット整数の最大共通パートサブレイヤサービスデータユニットのRef .: ITU-T Q.2630.1

CID 7008 8 bits subchannel id: 0-255 Ref.: ITU-T I.363.2 C.8 ATM AAL1

CID 7008、8ビットのサブチャンネル番号:0-255のRef .: ITU-T I. 363.2 C.8 ATMのAAL1

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

BIR See table 4-29 octets GIT (Generic Identifier in C.3 Transport) Ref.: ITU-T Q.2941.1

BIR参照テーブル4-29オクテットGIT(C.3交通における共通識別子)のRef .: ITU-T Q.2941.1

   AAL1ST     8001       1 octet     AAL1 Subtype
                                      Bits
                                      8 7 6 5 4 3 2 1
                                      ---------------
                                      0 0 0 0 0 0 0 0     null
                                      0 0 0 0 0 0 0 1     voiceband
                                      signal transport on 64 kbit/s
                                      0 0 0 0 0 0 1 0     circuit
                                      transport
                                      0 0 0 0 0 1 0 0     high-quality
                                      audio signal transport
                                      0 0 0 0 0 1 0 1     video signal
                                      transport
                                      Ref.: ITU-T Q.2931
        
   CBRR       8002       1 octet     CBR Rate
                                      Bits
                                      8 7 6 5 4 3 2 1
                                      ---------------
                                      0 0 0 0 0 0 0 1       64 kbit/s
                                      0 0 0 0 0 1 0 0     1544 kbit/s
                                      0 0 0 0 0 1 0 1     6312 kbit/s
                                      0 0 0 0 0 1 1 0   32 064 kbit/s
                                      0 0 0 0 0 1 1 1   44 736 kbit/s
                                      0 0 0 0 1 0 0 0   97 728 kbit/s
                                      0 0 0 1 0 0 0 0     2048 kbit/s
                                      0 0 0 1 0 0 0 1     8448 kbit/s
                                      0 0 0 1 0 0 1 0   34 368 kbit/s
                                      0 0 0 1 0 0 1 1  139 264 kbit/s
                                      0 1 0 0 0 0 0 0   n x 64 kbit/s
                                      0 1 0 0 0 0 0 1    n x 8 kbit/s
                                      Ref.: ITU-T Q.2931
        

MULT See table Multiplier, or n x 64k/8k/300 in C.9 Ref.: ITU-T Q.2931

C.9文献でMULT参照テーブル乗算器、又はn X 64K / 8K / 300:ITU-T Q.2931

   SCRI       8003       1 octet     Source Clock Frequency Recovery
                                      Method
                                      Bits
                                      8 7 6 5 4 3 2 1
                                      ---------------
                                      0 0 0 0 0 0 0 0     null
                                      0 0 0 0 0 0 0 1     SRTS
                                      0 0 0 0 0 0 1 0     ACM
                                      Ref.: ITU-T Q.2931
        
   ECM        8004       1 octet     Error Correction Method
                                      Bits
                                      8 7 6 5 4 3 2 1
                                      ---------------
                                      0 0 0 0 0 0 0 0     null
                                      0 0 0 0 0 0 0 1     FEC - Loss
                                      0 0 0 0 0 0 1 0     FEC - Delay
                                      Ref.: ITU-T Q.2931
        

SDTB 8005 16-bit Structured Data Transfer integer Blocksize Block size of SDT CBR service Ref.: ITU-T I.363.1

SDT CBRサービスrefのSDTB 8005 16ビットの構造化データ転送整数ブロックサイズブロ​​ックサイズ:ITU-TのI.363.1

PFCI 8006 8-bit Partially filled cells identifier integer 1-47 Ref.: ITU-T I.363.1

PFCI 8006 8ビット部分的に充填されたセル識別子整数1-47参考文献:ITU-T I.363.1

C.9 Bearer capabilities

C.9ベアラ機能

The table entries referencing Recommendation Q.931 refer to the encoding in the bearer capability information element of Q.931, not to the low layer information element.

勧告Q.931を参照するテーブルエントリがない低いレイヤ情報要素に、Q.931のベアラ能力情報要素における符号化を指します。

PropertyID Tag Type Value

PropertyIDタグタイプ値

   TMR           9001   1 octet   Transmission Medium
                                  Requirement (Q.763)
                                  Bits
                                  87654321
                                  --------
                                  00000000  speech
                                  00000001  spare
                                  00000010  64 kbit/s
                                  unrestricted
        
                                  00000011  3.1 kHz audio
                                  00000100  reserved for
                                  alternate speech (service
                                  2)/64 kbit/s unrestricted
                                  (service 1)
                                  00000101  reserved for
                                  alternate 64 kbit/s
                                  unrestricted (service
                                  1)/speech (service 2)
                                  00000110  64 kbit/s preferred
        

The assigned codepoints listed below are all for unrestricted service. 00000111 2 x 64 kbit/s 00001000 384 kbit/s 00001001 1536 kbit/s 00001010 1920 kbit/s 00001011 through 00001111 spare 00010000 through 00101010: 3 x 64 kbit/s through 29 x 64 kbit/s except 00010011 spare 00100101 spare

下記に記載されている割り当てられたコードポイントは、無制限のサービスのためにすべてです。 00010011 00100101スペアスペア除く29×64キロビット/秒を介して3×64キロビット/秒:00101010スルー00001111スペア00010000スルー00000111 2×64キロビット/秒00001000 384キロビット/秒00001001 1536キロビット/秒00001010 1920キロビット/秒00001011

00101011 through 11111111 spare Ref.: ITU-T Q.763

11111111スペアのRef .: ITU-T Q.763スルー00101011

TMRSR 9002 1 octet Transmission Medium Requirement Subrate 0 unspecified 1 8 kbit/s 2 16 kbit/s 3 32 kbit/s

TMRSR 9002 1オクテット伝送媒体要件サブレート0不特定の1 8キロビット/秒2 16キロビット/秒3 32キロビット/秒

Contcheck 9003 Boolean Continuity Check 0 continuity check not required on this circuit 1 continuity check required on this circuit Ref.: ITU-T Q.763

この回路Refに必要な、この回路1導通チェックには必要ありませんContcheck 9003ブール導通チェック0導通チェック:ITU-TのQ.763

   ITC           9004   5 bits    Information Transfer
                                  Capability
                                  Bits
                                  5 4 3 2 1
                                  ---------
                                  0 0 0 0 0     Speech
                                  0 1 0 0 0     Unrestricted
                                  digital information
                                  0 1 0 0 1     Restricted
                                  digital information
                                  1 0 0 0 0     3.1 kHz audio
                                  1 0 0 0 1     Unrestricted
                                  digital information with
                                  tones/announcements
                                  1 1 0 0 0     Video
                                  All other values are
                                  reserved.
                                  Ref.: ITU-T Q.763
        
   TransMode     9005   2 bits    Transfer Mode
                                  Bits
                                  2 1
                                  ---
                                  0 0     Circuit mode
                                  1 0     Packet mode
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        
   TransRate     9006   5 bits    Transfer Rate
                                  Bits
                                  5 4 3 2 1
                                  ---------
                                  0 0 0 0 0     This code shall
                                  be used for packet mode calls
                                  1 0 0 0 0      64 kbit/s
                                  1 0 0 0 1  2 x 64 kbit/s
                                  1 0 0 1 1     384 kbit/s
                                  1 0 1 0 1    1536 kbit/s
                                  1 0 1 1 1    1920 kbit/s
                                  1 1 0 0 0  Multirate (64
                                  kbit/s base rate)
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        

MULT 9007 7 bits Rate Multiplier Any value from 2 to n (maximum number of B-channels) Ref.: ITU-T Q.931

MULT 9007の7ビットレート乗算器2からnまでの任意の値(Bチャネルの最大数)のRef .: ITU-TのQ.931

   layer1prot    9008   5 bits    User Information Layer 1
                                  Protocol
                                  Bits
                                  5 4 3 2 1
                                  ---------
                                  0 0 0 0 1     ITU-T
                                  standardized rate adaption
                                  V.110 and X.30.
                                  0 0 0 1 0     Recommendation
                                  G.711 m-law
                                  0 0 0 1 1     Recommendation
                                  G.711 A-law
                                  0 0 1 0 0     Recommendation
                                  G.721 32 kbit/s ADPCM and
                                  Recommendation I.460
                                  0 0 1 0 1     Recommendations
                                  H.221 and H.242
                                  0 0 1 1 0     Recommendations
                                  H.223 and H.245
                                  0 0 1 1 1     Non-ITU-T
                                  standardized rate adaption.
                                  0 1 0 0 0     ITU-T
                                  standardized rate adaption
                                  V.120.
                                  0 1 0 0 1     ITU-T
                                  standardized rate adaption
                                  X.31 HDLC flag stuffing
                                  All other values are
                                  reserved.
                                  Ref.: ITU Recommendation
                                  Q.931
        

syncasync 9009 Boolean Synchronous/Asynchronous 0 Synchronous data 1 Asynchronous data Ref.: ITU-T Q.931

syncasync 9009ブール同期/非同期0同期データ1非同期データのRef .: ITU-TのQ.931

negotiation 900A Boolean Negotiation 0 In-band negotiation possible 1 In-band negotiation not possible Ref.: ITU-T Q.931

ネゴシエーション900Aブールネゴシエーション0~1可能帯域内ネゴシエーションインバンドネゴシエーションない可能参考文献:ITU-T Q.931

Userrate 900B 5 bits User Rate Bits 5 4 3 2 1

Userrate 900B 5ビットのユーザレートビット5 4 3 2 1

                                  ---------
                                  0 0 0 0 0     Rate is
                                  indicated by E-bits specified
                                  in Recommendation I.460 or
                                  may be negotiated in-band
                                  0 0 0 0 1     0.6 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  0 0 0 1 0     1.2 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  0 0 0 1 1     2.4 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  0 0 1 0 0     3.6 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  0 0 1 0 1     4.8 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  0 0 1 1 0     7.2 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  0 0 1 1 1     8 kbit/s
                                  Recommendation I.460
                                  0 1 0 0 0     9.6 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  0 1 0 0 1     14.4 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  0 1 0 1 0     16 kbit/s
                                  Recommendation I.460
                                  0 1 0 1 1     19.2 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  0 1 1 0 0     32 kbit/s
                                  Recommendation I.460
                                  0 1 1 0 1     38.4 kbit/s
                                  Recommendation V.110
                                  0 1 1 1 0     48 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  0 1 1 1 1     56 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  1 0 0 1 0     57.6 kbit/s
                                  Recommendation V.14 extended
                                  1 0 0 1 1     28.8 kbit/s
                                  Recommendation V.110
                                  1 0 1 0 0     24 kbit/s
                                  Recommendation V.110
                                  1 0 1 0 1     0.1345 kbit/s
                                  Recommendation X.1
                                  1 0 1 1 0     0.100 kbit/s
                                  Recommendation X.1
                                  1 0 1 1 1     0.075/1.2
                                  kbit/s Recommendations V.6
                                  and X.1
        
                                  1 1 0 0 0     1.2/0.075
                                  kbit/s Recommendations V.6
                                  and X.1
                                  1 1 0 0 1     0.050 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  1 1 0 1 0     0.075 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  1 1 0 1 1     0.110 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  1 1 1 0 0     0.150 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  1 1 1 0 1     0.200 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  1 1 1 1 0     0.300 kbit/s
                                  Recommendations V.6 and X.1
                                  1 1 1 1 1     12 kbit/s
                                  Recommendation V.6
                                  All other values are
                                  reserved.
                                  Ref.: ITU-T Q.931
   INTRATE       900C   2 bits    Intermediate Rate
                                  Bits
                                  2 1
                                  ---
                                  0 0     Not used
                                  0 1     8 kbit/s
                                  1 0     16 kbit/s
                                  1 1     32 kbit/s
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        

nictx 900D Boolean Network Independent Clock (NIC) on transmission 0 Not required to send data with network independent clock 1 Required to send data with network independent clock Ref.: ITU-T Q.931

nictx 900Dブーリアンネットワーク独立クロック(NIC)の送信0には、ネットワークの独立したクロックREFとデータを送信するために必要なネットワークの独立したクロック1:ITU-TのQ.931でデータを送信する必要はありません

nicrx 900E Boolean Network independent clock (NIC) on reception 0 Cannot accept data with network independent clock (i.e., sender does not support this optional procedure) 1 Can accept data with network independent clock (i.e., sender does support this optional procedure) Ref.: ITU-T Q.931

レセプション0にnicrx 900Eブーリアンネットワークの独立したクロック(NIC)は、ネットワークの独立したクロックでデータを受け入れることができない(すなわち、送信者がこのオプションの手順をサポートしていません)1ネットワークの独立したクロック(すなわち、送信者がこのオプションの手順をサポートしています)REFとデータを受け入れることができます。 :ITU-TのQ.931

flowconttx 900F Boolean Flow Control on transmission (Tx) 0 Not required to send data with flow control mechanism 1 Required to send data with flow control mechanism Ref.: ITU-T Q.931

送信にflowconttx 900Fブールフロー制御(TX)0でない流量制御機構REFとデータを送信するために必要な流量制御機構1との間でデータを送信するために必要な:ITU-TのQ.931

flowcontrx 9010 Boolean Flow control on reception (Rx) 0 Cannot accept data with flow control mechanism (i.e., sender does not support this optional procedure) 1 Can accept data with flow control mechanism (i.e., sender does support this optional procedure) Ref.: ITU-T Q.931

受信(Rx)の0にflowcontrx 9010ブールフロー制御は、フロー制御機構を備えたデータを受け入れることができない(すなわち、送信者がこのオプションの手順をサポートしていません)1フロー制御機構を備えたデータを受け入れることができる(すなわち、送信者がこのオプションの手順をサポートしています)参考: ITU-TのQ.931

rateadapthdr 9011 Boolean Rate adaption header/no header 0 Rate adaption header not included 1 Rate adaption header included Ref.: ITU-T Q.931

1つのレート適応ヘッダーを含まないrateadapthdr 9011ブールレート適応ヘッダ/ NOヘッダ0レート適応ヘッダは、文献:ITU-TのQ.931を含みません

multiframe 9012 Boolean Multiple frame establishment support in data link 0 Multiple frame establishment not supported. Only UI frames allowed 1 Multiple frame establishment supported Ref.: ITU-T Q.931

データリンクでのマルチフレーム9012ブール複数のフレームの確立をサポート0複数のフレームの確立がサポートされていません。唯一のUIフレームを1個のマルチフレーム確立サポート参考文献:ITU-TのQ.931を許さ

OPMODE 9013 Boolean Mode of operation 0 Bit transparent mode of operation 1 Protocol sensitive mode of operation Ref.: ITU-T Q.931

ブール・モード動作REFの操作1プロトコル敏感モードの動作0ビットトランスペアレントモードのOPMODE 9013:ITU-TのQ.931

llidnegot 9014 Boolean Logical link identifier negotiation 0 Default, LLI = 256 only 1 Full protocol negotiation Ref.: ITU-T Q.931

llidnegot 9014ブール論理リンク識別子交渉0デフォルト、LLI = 256のみ1フルプロトコルネゴシエーション参考:ITU-TのQ.931

assign 9015 Boolean Assignor/assignee 0 Message originator is "default assignee" 1 Message originator is "assignor only" Ref.: ITU-T Q.931

9015ブール譲渡/譲受人を割り当てる0メッセージ発信元が「デフォルトの譲受人」1つのメッセージの発信がある「譲渡のみ」のRef .: ITU-TのQ.931です

inbandneg 9016 Boolean In-band/out-band negotiation 0 Negotiation is done with USER INFORMATION messages on a temporary signalling connection 1 Negotiation is done in-band using logical link zero Ref.: ITU-T Q.931

/アウトバンドネゴシエーション0ネゴシエーション一時シグナリング接続上でユーザ情報メッセージを用いて行われるブールインバンド9016 inbandneg 1つのネゴシエーションが論理リンクをゼロ文献を用いてインバンドで行われる:ITU-TのQ.931

   stopbits      9017   2 bits    Number of stop bits
                                  Bits
                                  2 1
                                  ---
                                  0 0     Not used
                                  0 1     1 bit
                                  1 0     1.5 bits
                                  1 1     2 bits
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        
   databits      9018   2 bits    Number of data bits excluding
                                  parity bit if present
                                  Bits
                                  2 1
                                  ---
                                  0 0     Not used
                                  0 1     5 bits
                                  1 0     7 bits
                                  1 1     8 bits
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        

parity 9019 3 bits Parity information Bits 3 2 1

パリティ9019 3ビットパリティ情報ビット3 2 1

                                  ------
                                  0 0 0     Odd
                                  0 1 0     Even
                                  0 1 1     None
                                  1 0 0     Forced to 0
                                  1 0 1     Forced to 1
                                  All other values are
                                  reserved.
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        

duplexmode 901A Boolean Mode duplex 0 Half duplex 1 Full duplex Ref.: ITU-T Q.931

duplexmode 901Aブールモードデュプレックス0半二重1全二重のRef .: ITU-T Q.931

   modem         901B   6 bits    Modem Type
                                  Bits
                                  6 5 4 3 2 1
                                  -----------
                                  0 0 0 0 0 0 through
                                  0 0 0 1 0 1   National use
                                  0 1 0 0 0 1   Rec.  V.21
                                  0 1 0 0 1 0     Rec.  V.22
                                  0 1 0 0 1 1     Rec.  V.22 bis
                                  0 1 0 1 0 0     Rec.  V.23
                                  0 1 0 1 0 1     Rec.  V.26
                                  0 1 1 0 0 1     Rec.  V.26 bis
                                  0 1 0 1 1 1     Rec.  V.26 ter
                                  0 1 1 0 0 0     Rec.  V.27
                                  0 1 1 0 0 1     Rec.  V.27 bis
                                  0 1 1 0 1 0     Rec.  V.27 ter
                                  0 1 1 0 1 1     Rec.  V.29
                                  0 1 1 1 0 1     Rec.  V.32
                                  0 1 1 1 1 0     Rec.  V.34
                                  1 0 0 0 0 0  through
                                  1 0 1 1 1 1    National use
                                  1 1 0 0 0 0  through
                                  1 1 1 1 1 1    User specified
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        
   layer2prot    901C   5 bits    User information layer 2
                                  protocol
                                  Bits
                                  5 4 3 2 1
                                  ---------
                                  0 0 0 1 0    Rec.  Q.921/I.441
                                  0 0 1 1 0    Rec.  X.25, link
                                  layer
        
                                  0 1 1 0 0    LAN logical link
                                  control (ISO/IEC 8802  2)
                                  All other values are
                                  reserved.
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        
   layer3prot    901D   5 bits    User information layer 3
                                  protocol
                                  Bits
                                  5 4 3 2 1
                                  ---------
                                  0 0 0 1 0     ITU-T Q.931
                                  0 0 1 1 0     ITU-T X.25,
                                  packet layer
                                  0 1 0 1 1     ISO/IEC TR 9577
                                  (Protocol identification in
                                  the network layer)
                                  All other values are
                                  reserved.
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        
   addlayer3prot 901E   Octet     Additional User Information
                                  layer 3 protocol
                                  Bits        Bits
                                  4 3 2 1     4 3 2 1
                                  -------     -------
                                  1 1 0 0     1 1 0 0
                                  Internet Protocol (RFC 791)
                                  (ISO/IEC TR 9577)
                                  1 1 0 0     1 1 1 1
                                  Point-to-point Protocol (RFC
                                  1661)
                                  Ref.: ITU-T Q.931
        

DialledN 901F 30 Dialled Number octets

DialledN 901F 30個のダイヤル番号のオクテット

DiallingN 9020 30 Dialling Number octets

DiallingN 9020 30ダイヤル番号のオクテット

ECHOCI 9021 Not Used. See H.248.1 E.13 for an example of possible Echo Control properties.

ECHOCI 9021使用されていません。可能なエコーコントロールのプロパティの例については、H.248.1 E.13を参照してください。

NCI 9022 1 octet Nature of Connection Indicators Bits 2 1 Satellite Indicator

NCI 9022接続インジケータビットの1オクテット自然2 1サテライトインジケータ

                                  ---
                                  0 0     no satellite circuit
                                  in the connection
                                  0 1     one satellite circuit
                                  in the connection
                                  1 0     two satellite
                                  circuits in the connection
                                  1 1     spare
        
                                  Bits
                                  4 3     Continuity check
                                  ---     indicator
                                  0 0     continuity check not
                                  required
                                  0 1     continuity check
                                  required on this circuit
                                  1 0     continuity check
                                  performed on a previous
                                  circuit
                                  1 1     spare
        

Bit 5 Echo control device - indicator 0 outgoing echo control device not included 1 outgoing echo control device included

ビット5エコー制御装置 - インジケータが0発信エコー制御装置1発信エコー制御装置を含んで含まれていません

Bits 8 7 6 Spare Ref.: ITU-T Q.763

ビット8 7 6スペアのRef .: ITU-T Q.763

USI 9023 Octet User Service Information string Ref.: ITU-T Q.763 Clause 3.57

USI 9023オクテットユーザーサービス情報の文字列のRef .: ITU-T Q.763条項3.57

C.10 AAL5 properties

C.10のAAL5のプロパティ

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

FMSDU A001 32-bit Forward Maximum CPCS-SDU Size: integer Maximum CPCS-SDU size sent in the direction from the calling user to the called user. Ref.: ITU-T Q.2931

FMSDU A001 32ビットフォワード最大CPCS-SDUサイズ:整数最大CPCS-SDUのサイズと呼ばれるユーザに発呼ユーザからの方向に送りました。参考:ITU-T Q.2931

BMSDU A002 32-bit Backwards Maximum CPCS-SDU Size: integer Maximum CPCS-SDU size sent in the direction from the called user to the calling user. Ref.: ITU-T Q.2931

BMSDU A002 32ビット下位最大CPCS-SDUサイズ:整数最大CPCS-SDUサイズ発呼ユーザに呼び出されたユーザからの方向に送りました。参考:ITU-T Q.2931

SSCS See table See table See table in C.7 in C.7 in C.7 Additional values: VPI/VCI

VPI / VCI:SSCSは、テーブルには、テーブルがC.7追加の値にC.7でC.7の表を参照してください見ます

C.11 SDP equivalents

C.11 SDP同等物

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

SDP_V B001 String Protocol Version Ref.: RFC 2327

SDP_V B001文字列プロトコルバージョンのRef .: RFC 2327

SDP_O B002 String Owner/creator and session ID Ref.: RFC 2327

SDP_O B002文字列所有者/クリエイターとセッションIDのRef .: RFC 2327

SDP_S B003 String Session name Ref.: RFC 2327

SDP_S B003文字列セッション名のRef .: RFC 2327

SDP_I B004 String Session identifier Ref.: RFC 2327

SDP_I B004文字列セッション識別子のRef .: RFC 2327

SDP_U B005 String URI of descriptor Ref.: RFC 2327

記述子のRefのSDP_U B005文字列URI:RFC 2327

SDC_E B006 String email address Ref.: RFC 2327

SDC_E B006文字列のメールアドレス参考:RFC 2327

SDP_P B007 String phone number Ref.: RFC 2327

SDP_P B007文字列電話番号のRef .: RFC 2327

SDP_C B008 String Connection information Ref.: RFC 2327

SDP_C B008文字列接続情報のRef .: RFC 2327

SDP_B B009 String Bandwidth Information Ref.: RFC 2327

SDP_B B009文字列の帯域幅情報のRef .: RFC 2327

SDP_Z B00A String Time zone adjustment Ref.: RFC 2327

SDP_Z B00A文字列タイムゾーンの調整参考:RFC 2327

SDP_K B00B String Encryption Key Ref.: RFC 2327

SDP_K B00B文字列の暗号化キーのRef .: RFC 2327

SDP_A B00C String Zero or more session attributes Ref.: RFC 2327

SDP_A B00C文字列のゼロ以上のセッションは、文献属性:RFC 2327

SDP_T B00D String Active Session Time Ref.: RFC 2327

SDP_T B00D文字列アクティブ・セッション時間のRef .: RFC 2327

SDP_R B00E String Zero or more repeat times Reference: RFC 2327

SDP_R B00E文字列のゼロ以上の繰り返し回数参考:RFC 2327

SDP_M B00F String Media type, port, transport and format Ref.: RFC 2327

SDP_M B00F文字列メディアタイプ、ポート、トランスポートとフォーマットのRef .: RFC 2327

C.12 H.245

C.12 H.245

PropertyID Property Type Value tag

PropertyID施設のタイプ値のタグ

OLC C001 Octet The value of H.245 OpenLogicalChannel structure. string Ref.: ITU-T H.245

OLC C001オクテットH.245のOpenLogicalChannel構造の値。文字列のRef .: ITU-T H.245

OLCack C002 Octet The value of H.245 string OpenLogicalChannelAck structure. Ref.: ITU-T H.245

OLCack C002オクテットH.245文字列OpenLogicalChannelAck構造体の値。参考:ITU-T H.245

OLCcnf C003 Octet The value of H.245 string OpenLogicalChannelConfirm structure. Ref.: ITU-T H.245

OLCcnf C003オクテットH.245文字列OpenLogicalChannelConfirm構造体の値。参考:ITU-T H.245

OLCrej C004 Octet The value of H.245 string OpenLogicalChannelReject structure. Ref.: ITU-T H.245

OLCrej C004オクテットH.245列OpenLogicalChannelReject構造体の値。参考:ITU-T H.245

CLC C005 Octet The value of H.245 string CloseLogicalChannel structure. Ref.: ITU-T H.245

CLC C005オクテットH.245列CloseLogicalChannel構造体の値。参考:ITU-T H.245

CLCack C006 Octet The value of H.245 string CloseLogicalChannelAck structure. Ref.: ITU-T H.245

CLCack C006オクテットH.245列CloseLogicalChannelAck構造体の値。参考:ITU-T H.245

ANNEX D - Transport over IP

附属書D - IP上の交通

D.1 Transport over IP/UDP using Application Level Framing (ALF)

アプリケーションレベルフレーミングを使用してIP / UDP経由D.1交通(ALF)

Protocol messages defined in this RFC may be transmitted over UDP. When no port is provided by the peer (see 7.2.8), commands should be sent to the default port number: 2944 for text-encoded operation, or 2945 for binary-encoded operation. Responses must be sent to the address and port from which the corresponding commands were sent.

このRFCで定義されたプロトコルメッセージはUDPを介して送信することができます。バイナリエンコードされた動作のためにテキストエンコード動作のための2944、または2945:ポートが(7.2.8を参照)ピアによって提供されていない場合、コマンドは、デフォルトのポート番号に送信されるべきです。応答は、対応するコマンドが送信されたからアドレスとポートに送信する必要があります。

ALF is a set of techniques that allows an application, as opposed to a stack, to affect how messages are sent to the other side. A typical ALF technique is to allow an application to change the order of messages sent when there is a queue after it has queued them. There is no formal specification for ALF. The procedures in Annex D.1 contain a minimum suggested set of ALF behaviours

ALFは、相手側に送信する方法メッセージに影響し、スタックとは反対に、適用を可能にする技術のセットです。典型的なALF技術は、それが彼らをキューに入れられた後、キューがある場合に、アプリケーションが送信されたメッセージの順序を変更することができるようにすることです。 ALFのための正式な仕様ではありません。附属書D.1の手順は、ALF行動のセット提案し、最小が含まれています

Implementors using IP/UDP with ALF should be aware of the restrictions of the MTU on the maximum message size.

ALFとIP / UDPを使用して実装者は、最大メッセージサイズのMTUの制限に注意する必要があります。

D.1.1 Providing At-Most-Once functionality

で最大1回の機能を提供D.1.1

Messages, being carried over UDP, may be subject to losses. In the absence of a timely response, commands are repeated. Most commands are not idempotent. The state of the MG would become unpredictable if, for example, Add commands were executed several times. The transmission procedures shall thus provide an "At-Most-Once" functionality.

UDP上で実行されているメッセージは、損失を受ける可能性があります。タイムリーな応答がない場合には、コマンドが繰り返されます。ほとんどのコマンドは冪等ではありません。例えば、コマンドを追加し、場合MGの状態が予測不可能になってしまう複数回実行されました。伝送手順は、このように、「最大1回」の機能を提供しなければなりません。

Peer protocol entities are expected to keep in memory a list of the responses that they sent to recent transactions and a list of the transactions that are currently outstanding. The transaction identifier of each incoming message is compared to the transaction identifiers of the recent responses sent to the same MId. If a match is found, the entity does not execute the transaction, but simply repeats the response. If no match is found, the message will be compared to the list of currently outstanding transactions. If a match is found in that list, indicating a duplicate transaction, the entity does not execute the transaction (see D.1.4 for procedures on sending TransactionPending).

ピアプロトコルエンティティは、メモリ内に、彼らは最近の取引と現在傑出しているトランザクションのリストに送信された応答のリストを維持することが期待されています。各着信メッセージのトランザクション識別子は同じMIDに送信された最近の応答のトランザクション識別子と比較されます。一致が見つかった場合、エンティティは、トランザクションを実行し、単に応答を繰り返していません。一致が見つからない場合、メッセージは、現在未処理のトランザクションのリストと比較されます。一致が重複したトランザクションを示し、そのリストで発見された場合は、トランザクションを実行していないエンティティが(TransactionPendingを送信する手順については、D.1.4を参照してください)。

The procedure uses a long timer value, noted LONG-TIMER in the following. The timer should be set larger than the maximum duration of a transaction, which should take into account the maximum number of repetitions, the maximum value of the repetition timer and the maximum propagation delay of a packet in the network. A suggested value is 30 seconds.

手順が長いタイマ値を使用して、次のようにLONG-TIMERを指摘しました。タイマーは、アカウントに最大繰り返し回数、繰り返しタイマの最大値と、ネットワーク内のパケットの最大伝播遅延を取るべきトランザクションの最大持続時間よりも大きく設定されなければなりません。推奨値は30秒​​です。

The copy of the responses may be destroyed either LONG-TIMER seconds after the response is issued, or when the entity receives a confirmation that the response has been received, through the "Response Acknowledgement parameter". For transactions that are acknowledged through this parameter, the entity shall keep a copy of the transaction-id for LONG-TIMER seconds after the response is issued, in order to detect and ignore duplicate copies of the transaction request that could be produced by the network.

回答のコピーが、応答が発行された後LONG-TIMER秒のいずれかを破壊し、またはエンティティが「応答確認応答パラメータ」を通じて、応答が受信されたことの確認を、受信したときにすることができます。応答が発行された後、このパラメータによって承認されるトランザクションの場合、エンティティは、ネットワークによって生成することができるトランザクション要求の重複コピーを検出し、無視するためには、LONG-TIMER秒のトランザクションIDのコピーを保管するもの。

D.1.2 Transaction identifiers and three-way handshake

D.1.2トランザクション識別子とスリーウェイハンドシェイク

D.1.2.1 Transaction identifiers

D.1.2.1トランザクション識別子

Transaction identifiers are 32-bit integer numbers. A Media Gateway Controller may decide to use a specific number space for each of the MGs that they manage, or to use the same number space for all MGs that belong to some arbitrary group. MGCs may decide to share the load of managing a large MG between several independent processes. These processes will share the same transaction number space. There are multiple possible implementations of this sharing, such as having a centralized allocation of transaction identifiers, or pre-allocating non-overlapping ranges of identifiers to different processes. The implementations shall guarantee that unique transaction identifiers are allocated to all transactions that originate from a logical MGC (identical mId). MGs can simply detect duplicate transactions by looking at the transaction identifier and mId only.

トランザクション識別子は、32ビットの整数です。メディアゲートウェイコントローラは、彼らが管理するのMGごとに特定の数のスペースを使用するように決定することができる、またはいくつかの任意のグループに属するすべてのMGに同じ数のスペースを使用します。 MGCのは、いくつかの独立したプロセスとの間に大きなMGを管理する負荷を共有するように決定することができます。これらのプロセスは同じトランザクション数のスペースを共有します。そのようなトランザクション識別子の集中配分を有する、または異なるプロセスの識別子の重複しない範囲を予め割り当て、この共有の複数の可能な実装が存在します。実装は、固有のトランザクション識別子は、論理MGC(同じMID)から発信すべてのトランザクションに割り当てられていることを保証しなければなりません。 MGのは、単純にのみトランザクション識別子およびMIDを見て、重複するトランザクションを検出することができます。

D.1.2.2 Three-way handshake

D.1.2.2スリーウェイハンドシェイク

The TransactionResponse Acknowledgement parameter can be found in any message. It carries a set of "confirmed transaction-id ranges". Entities may choose to delete the copies of the responses to transactions whose id is included in "confirmed transaction-id ranges" received in the transaction response messages. They should silently discard further commands when the transaction-id falls within these ranges.

TransactionResponse謝辞パラメータは、任意のメッセージに記載されています。それは、「確認トランザクションIDの範囲」のセットを運びます。エンティティは、IDトランザクション応答メッセージで受信した「確認トランザクションIDの範囲」に含まれている取引に対する応答のコピーを削除することもできます。トランザクションIDがこれらの範囲内にあるとき、彼らは静かに、さらにコマンドを破棄しなければなりません。

The "confirmed transaction-id ranges" values shall not be used if more than LONG-TIMER seconds have elapsed since the MG issued its last response to that MGC, or when a MG resumes operation. In this situation, transactions should be accepted and processed, without any test on the transaction-id.

MGはそのMGCへの最後の応答を発行したことから、またはMGは運転を再開したときLONG-TIMER秒以上が経過している場合の値は使用してはならない「を確認し、トランザクションIDが及びます」。このような状況では、トランザクションは、トランザクションIDのいずれかのテストなしで、受け入れられ、処理されなければなりません。

Messages that carry the "Transaction Response Acknowledgement" parameter may be transmitted in any order. The entity shall retain the "confirmed transaction-id ranges" received for LONG-TIMER seconds.

「トランザクション応答承認」パラメータを運ぶメッセージは、任意の順序で送信することができます。実体はLONG​​-TIMER秒間受信した「確認トランザクションIDの範囲」を保管しなければなりません。

In the binary encoding, if only the firstAck is present in a response acknowledgement (see A.2), only one transaction is acknowledged. If both firstAck and lastAck are present, then the range of transactions from firstAck to lastAck is acknowledged. In the text encoding, a horizontal dash is used to indicate a range of transactions being acknowledged (see B.2).

バイナリ符号化では、唯一firstAckは応答確認に存在する場合(A.2を参照)、1つのトランザクションのみが認められています。 firstAckとlastAck両方が存在する場合、firstAckからlastAckのトランザクションの範囲が認められています。テキストエンコーディングでは、水平方向のダッシュは(B.2参照)承認されたトランザクションの範囲を示すために使用されます。

D.1.3 Computing retransmission timers

D.1.3コンピューティングの再送信タイマー

It is the responsibility of the requesting entity to provide suitable timeouts for all outstanding transactions, and to retry transactions when timeouts have been exceeded. Furthermore, when repeated transactions fail to be acknowledged, it is the responsibility of the requesting entity to seek redundant services and/or clear existing or pending connections.

これは、すべての未処理のトランザクションに適したタイムアウトを提供するために、およびタイムアウトを超過したときにトランザクションを再試行する要求エンティティの責任です。繰り返し取引が承認されるに失敗したときにさらに、冗長なサービスおよび/または明確な既存または保留中の接続を求める要求エンティティの責任です。

The specification purposely avoids specifying any value for the retransmission timers. These values are typically network dependent. The retransmission timers should normally estimate the timer value by measuring the time spent between the sending of a command and the return of a response. Implementations SHALL ensure that the algorithm used to calculate retransmission timing performs an exponentially increasing backoff of the retransmission timeout for each retransmission or repetition after the first one.

仕様は意図的に、再送タイマーの任意の値を指定することが回避されます。これらの値は、一般的に依存して、ネットワークされています。再送タイマーは通常、コマンドの送信とレスポンスのリターンの間に費やされる時間を測定することにより、タイマ値を推定しなければなりません。実装は再送タイミングを計算するために使用されるアルゴリズムは、最初の後の各再送信または繰り返しのための再送タイムアウトの指数関数的に増加するバックオフを実行することを保証しなければなりません。

NOTE - One possibility is to use the algorithm implemented in TCP-IP, which uses two variables:

注 - 一つの可能​​性は2つの変数を使用してTCP-IPに実装されたアルゴリズムを使用することです:

- The average acknowledgement delay (AAD), estimated through an exponentially smoothed average of the observed delays.

- 観察された遅延の指数関数的平滑化平均により推定平均肯定応答遅延(AAD)。

- The average deviation (ADEV), estimated through an exponentially smoothed average of the absolute value of the difference between the observed delay and the current average. The retransmission timer, in TCP, is set to the sum of the average delay plus N times the average deviation. The maximum value of the timer should however be bounded for the protocol defined in this RFC, in order to guarantee that no repeated packet would be received by the gateways after LONG-TIMER seconds. A suggested maximum value is 4 seconds.

- 平均偏差(ADEV)は、観測された遅延と現在の平均値との差の絶対値の指数関数的平滑化平均によって推定しました。再送タイマは、TCPで、平均遅延とN回平均偏差の合計に設定されています。タイマーの最大値は、どんなに繰り返しパケットはLONG​​-TIMER秒後にゲートウェイによって受け取られないであろうことを保証するために、このRFCで定義されたプロトコルのために制限されるべきです。提案された最大値は4秒です。

After any retransmission, the entity SHOULD do the following:

任意の再送信の後、実体は、次のことを行う必要があります。

- It should double the estimated value of the average delay, AAD.

- それは、平均遅延、AADの推定値を倍にする必要があります。

- It should compute a random value, uniformly distributed between 0.5 AAD and AAD.

- それは一様に0.5 AADとAADの間に分布する乱数値を計算しなければなりません。

- It should set the retransmission timer to the sum of that random value and N times the average deviation.

- それは、ランダムな値とN回平均偏差の合計に再送タイマーを設定する必要があります。

This procedure has two effects. Because it includes an exponentially increasing component, it will automatically slow down the stream of messages in case of congestion. Because it includes a random component, it will break the potential synchronization between notifications triggered by the same external event.

この手順は、2つの効果があります。それは指数関数的に増加する成分を含むため、それは自動的に、輻輳の場合のメッセージの流れを遅くします。それはランダム成分を含んでいるので、それは同じ外部イベントによってトリガ通知の間の潜在的な同期を中断します。

D.1.4 Provisional responses

D.1.4暫定応答

Executing some transactions may require a long time. Long execution times may interact with the timer-based retransmission procedure. This may result either in an inordinate number of retransmissions, or in timer values that become too long to be efficient. Entities that can predict that a transaction will require a long execution time may send a provisional response, "Transaction Pending". They SHOULD send this response if they receive a repetition of a transaction that is still being executed.

一部のトランザクションを実行すると、長い時間が必要になる場合があります。長い実行時間は、タイマーベースの再送手順と相互作用することができます。これは、再送信の法外な数で、または効率的であるには余りにも長くなるタイマ値のいずれかになることがあります。トランザクションが長い実行時間を必要とするであろうことを予測することができるエンティティは、「トランザクションが保留中」暫定応答を送信することができます。彼らはまだ実行されているトランザクションの反復を受けるなら、彼らはこの応答を送るべきです。

Entities that receive a Transaction Pending shall switch to a different repetition timer for repeating requests. The root Termination has a property (ProvisionalResponseTimerValue), which can be set to the requested maximum number of milliseconds between receipt of a command and transmission of the TransactionPending response. Upon receipt of a final response following receipt of provisional responses, an immediate confirmation shall be sent, and normal repetition timers shall be used thereafter. An entity that sends a provisional response, SHALL include the immAckRequired field in the ensuing final response, indicating that an immediate confirmation is expected. Receipt of a Transaction Pending after receipt of a reply shall be ignored.

保留中の要求を繰り返す異なる繰り返しタイマーに切り替えるものとするトランザクションを受信エンティティ。ルート終了は、コマンドの受信とTransactionPending応答の送信との間のミリ秒の要求された最大数に設定することができるプロパティ(ProvisionalResponseTimerValue)を有します。暫定応答を受けた後の最終的な応答を受信すると、すぐに確認が送付されなければならない、と通常の繰り返しタイマーは、その後、使用しなければなりません。暫定応答を送信エンティティは、即時の確認が期待されていることを示し、その後の最終的な応答でimmAckRequiredフィールドを含まなければなりません。応答を受信した後、保留トランザクションの領収書は無視されなければなりません。

D.1.5 Repeating Requests, Responses and Acknowledgements

D.1.5依頼、返信と謝辞を繰り返します

The protocol is organized as a set of transactions, each of which is composed of a request and a response, commonly referred to as an acknowledgement. The protocol messages, being carried over UDP, may be subject to losses. In the absence of a timely response, transactions are repeated. Entities are expected to keep in memory a list of the responses that they sent to recent transactions, i.e., a list of all the responses they sent over the last LONG-TIMER seconds, and a list of the transactions that are currently being executed.

プロトコルは、要求と応答で構成されてそれぞれがトランザクションのセットとして編成され、一般に肯定応答と呼ばれます。プロトコルメッセージは、UDP上で実行され、損失を受ける可能性があります。タイムリーな応答がない場合には、取引が繰り返されます。エンティティは、メモリ内に、彼らは最近の取引、すなわち、彼らは最後のLONG-TIMER秒経由で送信されるすべての応答のリスト、および現在実行されているトランザクションのリストに送信された応答のリストを維持することが期待されています。

The repetition mechanism is used to guard against three types of possible errors:

繰り返し機構は、可能性のあるエラーの3種類を防ぐために使用されます。

- transmission errors, when for example a packet is lost due to noise on a line or congestion in a queue;

- 送信エラー、例えばパケットによるキューの行又は輻輳のノイズに失われます。

- component failure, when for example an interface to a entity becomes unavailable;

- 例えば、エンティティへのインタフェースが使用できなくなったコンポーネントの障害;

- entity failure, when for example an entire entity becomes unavailable.

- 例えば、エンティティ全体が使用できなくなったエンティティ障害、。

The entities should be able to derive from the past history an estimate of the packet loss rate due to transmission errors. In a properly configured system, this loss rate should be kept very low, typically less than 1%. If a Media Gateway Controller or a Media Gateway has to repeat a message more than a few times, it is very legitimate to assume that something else than a transmission error is occurring. For example, given a loss rate of 1%, the probability that five consecutive transmission attempts fail is 1 in 100 billion, an event that should occur less than once every 10 days for a Media Gateway Controller that processes 1000 transactions per second. (Indeed, the number of repetition that is considered excessive should be a function of the prevailing packet loss rate.) We should note that the "suspicion threshold", which we will call "Max1", is normally lower than the "disconnection threshold", which should be set to a larger value.

エンティティは、過去の履歴から、伝送エラーによるパケット損失率の推定値を導出することができるはずです。適切に構成されたシステムでは、この損失率は、典型的には1%未満、非常に低く維持されるべきです。メディアゲートウェイコントローラまたはメディアゲートウェイが数倍以上のメッセージの詳細を繰り返す必要がある場合は、伝送エラー以外の何かが発生していることを前提とするのは非常に正当なものです。例えば、1%の損失率を考慮すると、5回の連続した送信試行が失敗する確率1,000億1、毎秒1000件のトランザクションを処理するメディアゲートウェイコントローラ毎10日に1回未満で発生するイベントです。 (実際、過度考えられている繰り返しの数は、現行のパケットロス率の関数である必要があります。)私たちは、「Max1のを」呼ぶ「疑惑しきい値」は、「切断閾値」よりも通常低いことに注意すべきです、大きな値に設定されるべきです。

A classic retransmission algorithm would simply count the number of successive repetitions, and conclude that the association is broken after retransmitting the packet an excessive number of times (typically between 7 and 11 times.) In order to account for the possibility of an undetected or in progress "failover", we modify the classic algorithm so that if the Media Gateway receives a valid ServiceChange message announcing a failover, it will start transmitting outstanding commands to that new MGC. Responses to commands are still transmitted to the source address of the command.

古典的な再送アルゴリズムは単に、連続する繰り返しの数をカウントし、未検出の又はにおける可能性を考慮するためにパケットを時間(典型的には時間7〜11)の過剰な数を再送した後、関連付けが壊れていると結論するであろう進捗「フェイルオーバー」メディアゲートウェイは、フェイルオーバーを発表し、有効なのServiceChangeメッセージを受信した場合、それは新しいMGCに未処理のコマンドの送信を開始するように、我々は古典的なアルゴリズムを変更します。コマンドへの応答はまだコマンドの送信元アドレスに送信されます。

In order to automatically adapt to network load, this RFC specifies exponentially increasing timers. If the initial timer is set to 200 milliseconds, the loss of a fifth retransmission will be detected after about 6 seconds. This is probably an acceptable waiting delay to detect a failover. The repetitions should continue after that delay not only in order to perhaps overcome a transient connectivity problem, but also in order to allow some more time for the execution of a failover (waiting a total delay of 30 seconds is probably acceptable).

自動的にネットワーク負荷に適応するためには、このRFCは指数関数的に増加するタイマーを指定します。初期タイマが200ミリ秒に設定されている場合は、第五の再送の損失は約6秒後に検出されます。これはおそらく、フェールオーバーを検出するために許容可能な待機遅延です。繰り返しだけではなく、おそらく一過性の接続の問題を克服するだけでなく、フェイルオーバーを実行するためのいくつかのより多くの時間を可能にするためにするために、その遅延の後に続ける必要があります(30秒の合計遅延を待っていることはおそらく可能です)。

It is, however, important that the maximum delay of retransmissions be bounded. Prior to any retransmission, it is checked that the time elapsed since the sending of the initial datagram is no greater than T-MAX. If more than T-MAX time has elapsed, the MG concludes that the MGC has failed, and it begins its recovery process as described in section 11.5. If the MG retries to connect to the current MGC it shall use a ServiceChange with ServiceChangeMethod set to Disconnected so that the new MGC will be aware that the MG lost one or more transactions. The value T-MAX is related to the LONG-TIMER value: the LONG-TIMER value is obtained by adding to T MAX the maximum propagation delay in the network.

再送信の最大遅延時間が制限されることが重要です。任意の再送信に先立ち、初期のデータグラムの送信からの経過時間がT-MAXを超えないことを確認します。 T-MAX時間以上が経過している場合は、MGはMGCに失敗したと判断し、セクション11.5で説明したように、その回復プロセスを開始します。 MGは現在のMGCへの接続を再試行した場合、新しいMGCはMGが1つ以上のトランザクションを失ったことを承知しているであろうように、切断に設定ServiceChangeMethodとのServiceChangeを使用しなければなりません。値T-MAXはLONG​​-TIMER値に関連している:LONG-TIMER値T MAXにネットワーク内の最大伝搬遅延を加えたものです。

D.2 Using TCP

TCPを使用してD.2

Protocol messages as defined in this RFC may be transmitted over TCP. When no port is specified by the other side (see 7.2.8), the commands should be sent to the default port. The defined protocol has messages as the unit of transfer, while TCP is a stream-oriented protocol. TPKT, according to RFC 1006, SHALL be used to delineate messages within the TCP stream.

このRFCで定義されたプロトコルメッセージは、TCPを介して送信することができます。ポートが他の側(7.2.8を参照)で指定されていない場合、コマンドはデフォルトのポートに送信する必要があります。 TCPは、ストリーム指向のプロトコルである定義されたプロトコルは、転送の単位としてメッセージを有しています。 TPKTは、RFC 1006によると、TCPストリーム内のメッセージを描写するために使用しなければなりません。

In a transaction-oriented protocol, there are still ways for transaction requests or responses to be lost. As such, it is recommended that entities using TCP transport implement application level timers for each request and each response, similar to those specified for application level framing over UDP.

トランザクション指向のプロトコルでは、失われるトランザクション要求または応答のための方法がまだあります。そのようなものとして、TCPトランスポートを使用してエンティティが各要求とUDP上のアプリケーション・レベル・フレーミングのために指定されたものと同様の各応答のためのアプリケーションレベルタイマを実装することが推奨されます。

D.2.1 Providing the At-Most-Once functionality

アットほとんどワンス機能を提供D.2.1

Messages, being carried over TCP, are not subject to transport losses, but loss of a transaction request or its reply may nonetheless be noted in real implementations. In the absence of a timely response, commands are repeated. Most commands are not idempotent. The state of the MG would become unpredictable if, for example, Add commands were executed several times.

トランザクション要求またはその応答のTCP上で実行されているメッセージ、損失を輸送する対象ではないですが、損失はそれにもかかわらず、実際の実装に注目することができます。タイムリーな応答がない場合には、コマンドが繰り返されます。ほとんどのコマンドは冪等ではありません。例えば、コマンドを追加し、場合MGの状態が予測不可能になってしまう複数回実行されました。

To guard against such losses, it is recommended that entities follow the procedures in D.1.1.

このような損失を防ぐために、実体がD.1.1の手順に従うことをお勧めします。

D.2.2 Transaction identifiers and three-way handshake

D.2.2トランザクション識別子とスリーウェイハンドシェイク

For the same reasons, it is possible that transaction replies may be lost even with a reliable delivery protocol such as TCP. It is recommended that entities follow the procedures in D.1.2.2.

同じ理由から、トランザクションはTCPのような信頼性の高い配信プロトコルでさえも失われる可能性が返信することが可能です。実体がD.1.2.2の手順に従うことをお勧めします。

D.2.3 Computing retransmission timers

D.2.3コンピューティングの再送信タイマー

With reliable delivery, the incidence of loss of a transaction request or reply is expected to be very low. Therefore, only simple timer mechanisms are required. Exponential back-off algorithms should not be necessary, although they could be employed where, as in an MGC, the code to do so is already required, since MGCs must implement ALF/UDP as well as TCP.

信頼性の高い配信では、トランザクション要求または応答の損失の発生率は非常に低いと予想されます。したがって、単純なタイマーメカニズムが必要とされています。 MGCのはALF / UDPなどTCPを実装する必要がありますので、MGCのように、そうするコードはすでに、必要な場合、彼らは使用することができるが、指数バックオフアルゴリズムは、必要ありません。

D.2.4 Provisional responses

D.2.4暫定応答

As with UDP, executing some transactions may require a long time. Entities that can predict that a transaction will require a long execution time may send a provisional response, "Transaction Pending". They should send this response if they receive a repetition of a transaction that is still being executed.

UDPと同様に、一部のトランザクションを実行すると、長い時間が必要な場合があります。トランザクションが長い実行時間を必要とするであろうことを予測することができるエンティティは、「トランザクションが保留中」暫定応答を送信することができます。彼らはまだ実行されているトランザクションの反復を受けるなら、彼らはこの応答を送信する必要があります。

Entities that receive a Transaction Pending shall switch to a longer repetition timer for that transaction.

トランザクションの保留中の受信エンティティは、そのトランザクションのための長い繰り返しタイマーに切り替えるものとします。

Entities shall retain Transactions and replies until they are confirmed. The basic procedure of D.1.4 should be followed, but simple timer values should be sufficient. There is no need to send an immediate confirmation upon receipt of a final response.

エンティティは、取引を保持し、それらが確認されるまで返信しなければなりません。 D.1.4の基本的な手順に従う必要がありますが、シンプルなタイマー値で十分です。最終的な応答を受信すると、即時に確認を送信する必要はありません。

D.2.5 Ordering of commands

コマンドのD.2.5注文

TCP provides ordered delivery of transactions. No special procedures are required. It should be noted that ALF/UDP allows sending entity to modify its behaviour under congestion, and in particular, could reorder transactions when congestion is encountered. TCP could not achieve the same results.

TCPは、取引の注文の配信を提供します。特別な手続きは必要ありません。 ALF / UDPは輻輳の下でその動作を変更することを企業に送ることができますことに留意すべきである、と混雑に遭遇したとき、特に、取引を並べ替えることができます。 TCPは、同じ結果を得ることができませんでした。

ANNEX E - Basic packages

附属書E - 基本パッケージ

This annex contains definitions of some packages for use with Recommendation H.248.1.

この附属書は勧告H.248.1で使用するためのいくつかのパッケージの定義が含まれています。

E.1 Generic

E.1ジェネリック

PackageID: g (0x0001) Version: 1 Extends: None

PackageID:グラム(0x0001に)バージョン:1の拡張:なし

Description: Generic package for commonly encountered items.

説明:一般的に遭遇する項目のための一般的なパッケージ。

E.1.1 Properties

E.1.1プロパティ

None.

無し。

E.1.2 Events

E.1.2イベント

Cause

原因

EventID: cause (0x0001) Generic error event

イベントID:原因(0x0001に)一般的なエラー・イベント

EventsDescriptor parameters: None

たEventsDescriptorパラメータ:なし

ObservedEvents Descriptor Parameters:

ObservedEvents記述子パラメータ:

General Cause ParameterID: Generalcause (0x0001)

一般的な原因ParameterID:Generalcause(0x0001に)

This parameter groups the failures into six groups, which the MGC may act upon.

MGCが作用する。このパラメータグループの障害6グループに分け、。

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: "NR" Normal Release (0x0001) "UR" Unavailable Resources (0x0002) "FT" Failure, Temporary (0x0003) "FP" Failure, Permanent (0x0004) "IW" Interworking Error (0x0005) "UN" Unsupported (0x0006)

可能な値: "NR" ノーマルリリース(0x0001に) "UR" 利用できないリソース(0×0002) "FT" 失敗、一時的(0x0003) "FP" 失敗、パーマネント(0x0004は) "IW" インターワーキングエラー(0x0005) "UN" サポートされていません( 0x0006)

Failure Cause ParameterID: Failurecause (0x0002)

故障原因ParameterID:Failurecause(0×0002)

Possible values: OCTET STRING

可能な値:OCTET STRING

Description: The Failure Cause is the value generated by the Released equipment, i.e., a released network connection. The concerned value is defined in the appropriate bearer control protocol.

説明:失敗原因リリース装置によって生成された値、すなわち、放出されたネットワーク接続です。当該値は、適切なベアラ制御プロトコルで定義されています。

Signal Completion

信号完成

EventID: sc (0x0002)

イベントID:SC(0×0002)

Indicates the termination of a signal for which the notifyCompletion parameter was set to enable reporting of a completion event. For further procedural description, see 7.1.1, 7.1.17 and 7.2.7.

notifyCompletionパラメータが完了イベントのレポートを有効に設定している信号の終了を示します。さらに手続き説明については、7.1.1、7.1.17と7.2.7を参照してください。

EventsDescriptor parameters: None

たEventsDescriptorパラメータ:なし

ObservedEvents Descriptor parameters:

ObservedEvents記述子パラメータ:

Signal Identity ParameterID: SigID (0x0001)

信号アイデンティティParameterID:SIGID(0x0001に)

This parameter identifies the signal which has terminated. For a signal that is contained in a signal list, the signal list identity parameter should also be returned indicating the appropriate list.

このパラメータは、終了した信号を識別します。信号リストに含まれている信号について、信号のリストの識別パラメータは、適切な一覧を示す返されるべきです。

Type: Binary: octet (string), Text: string

タイプ:バイナリ:オクテット(文字列)、テキスト:文字列

Possible values: a signal which has terminated. A signal shall be identified using the pkgdName syntax without wildcarding.

可能な値:終了した信号。信号は、ワイルドカードなしpkgdNameの構文を使用して識別されなければなりません。

Termination Method ParameterID: Meth (0x0002)

施工方法ParameterID:メタ(0×0002)

Indicates the means by which the signal terminated.

信号が終了する手段を示します。

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: "TO" (0x0001) Signal timed out or otherwise completed on its own "EV" (0x0002) Interrupted by event "SD" (0x0003) Halted by new Signals descriptor "NC" (0x0004) Not completed, other cause

可能な値:「TO」(0x0001に)信号は、タイムアウトしたかそうでない場合は、他の原因が完了していない新しい信号記述子「NC」(0x0004は)によって停止イベント「SD」(0x0003)によって中断独自の「EV」(0×0002)に完成します

Signal List ID ParameterID: SLID (0x0003)

信号リストID ParameterID:SLID(0x0003)

Indicates to which signal list a signal belongs. The SignalList ID is only returned in cases where the signal resides in a signal list.

信号が属する信号リストに示します。 SignalList IDのみ信号が信号リストに存在する場合に返されます。

Type: integer

タイプ:整数

Possible values: any integer

可能な値:任意の整数

E.1.3 Signals

E.1.3シグナル

None.

無し。

E.1.4 Statistics

え。1。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.2 Base Root Package

E.2ベースルートパッケージ

PackageID: root (0x0002) Version: 1 Extends: None

PackageID:ルート(0×0002)バージョン:1の拡張:なし

Description: This package defines Gateway wide properties.

説明:このパッケージには、ゲートウェイ全体のプロパティを定義します。

E.2.1 Properties

E.2.1プロパティ

MaxNrOfContexts PropertyID: maxNumberOfContexts (0x0001)

MaxNrOfContexts PropertyID:maxNumberOfContexts(0x0001に)

The value of this property gives the maximum number of contexts that can exist at any time. The NULL context is not included in this number.

このプロパティの値は、任意の時点で存在できるコンテキストの最大数を示します。 NULLコンテキストは、この数には含まれていません。

Type: double

タイプ:ダブル

Possible values: 1 and up

可能な値:1とアップ

Defined in: TerminationState

TerminationState:で定義されています

Characteristics: read only

特徴:読み取り専用

MaxTerminationsPerContext PropertyID: maxTerminationsPerContext (0x0002)

MaxTerminationsPerContext PropertyID:maxTerminationsPerContext(0×0002)

The maximum number of allowed terminations in a context, see 6.1

コンテキストで許可される終端の最大数は、6.1を参照してください

Type: integer

タイプ:整数

Possible values: any integer

可能な値:任意の整数

Defined in: TerminationState

TerminationState:で定義されています

Characteristics: read only

特徴:読み取り専用

normalMGExecutionTime PropertyId: normalMGExecutionTime (0x0003)

normalMGExecutionTime PropertyId:normalMGExecutionTime(0x0003)

Settable by the MGC to indicate the interval within which the MGC expects a response to any transaction from the MG (exclusive of network delay)

MGCがMGからのすべてのトランザクションに対する応答は(ネットワーク遅延を除く)期待その中に間隔を示すためにMGCによって設定可能

Type: integer

タイプ:整数

Possible values: any integer, represents milliseconds

可能な値:任意の整数は、ミリ秒を表し、

Defined in: TerminationState

TerminationState:で定義されています

Characteristics: read / write

特徴:読み取り/書き込み

normalMGCExecutionTime PropertyId: normalMGCExecutionTime (0x0004)

normalMGCExecutionTime PropertyId:normalMGCExecutionTime(0x0004番地)

Settable by the MGC to indicate the interval within which the MG should expects a response to any transaction from the MGC (exclusive of network delay)

MGは、MGC(ネットワーク遅延を除く)からのすべてのトランザクションに対する応答を期待すべき内に間隔を示すためにMGCによって設定可能

Type: integer

タイプ:整数

Possible values: any integer, represents milliseconds

可能な値:任意の整数は、ミリ秒を表し、

Defined in: TerminationState

TerminationState:で定義されています

Characteristics: read / write

特徴:読み取り/書き込み

MGProvisionalResponseTimerValue PropertyId: MGProvisionalResponseTimerValue (0x0005)

MGProvisionalResponseTimerValue PropertyId:MGProvisionalResponseTimerValue(0x0005)

Indicates the time within which the MGC should expect a Pending Response from the MG if a Transaction cannot be completed.

トランザクションが完了できない場合、MGCはMGからの保留中の応答を期待してくださいする時間を示します。

Initially set to normalMGExecutionTime plus network delay, but may be lowered.

当初normalMGExecutionTimeプラスネットワーク遅延に設定されますが、低下させることができます。

Type: Integer

タイプ:整数

Possible Values: any integer, represents milliseconds

可能な値:任意の整数は、ミリ秒を表し、

Defined in: TerminationState

TerminationState:で定義されています

Characteristics: read / write

特徴:読み取り/書き込み

MGCProvisionalResponseTimerValue PropertyId: MGCProvisionalResponseTimerValue (0x0006)

MGCProvisionalResponseTimerValue PropertyId:MGCProvisionalResponseTimerValue(0x0006)

Indicates the time within which the MG should expect a Pending Response from the MGC if a Transaction cannot be completed. Initially set to normalMGCExecutionTime plus network delay, but may be lowered.

トランザクションが完了できない場合は、MGはMGCから保留中の応答を期待してくださいする時間を示します。当初normalMGCExecutionTimeプラスネットワーク遅延に設定されますが、低下させることができます。

Type: Integer

タイプ:整数

Possible Values: any integer, represents milliseconds

可能な値:任意の整数は、ミリ秒を表し、

Defined in: TerminationState

TerminationState:で定義されています

Characteristics: read / write

特徴:読み取り/書き込み

E.2.2 Events

E.2.2イベント

None.

無し。

E.2.3 Signals

E.2.3シグナル

None.

無し。

E.2.4 Statistics

え。2。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.2.5 Procedures

E.2.5手順

None.

無し。

E.3 Tone Generator Package

E.3音源パッケージ

PackageID: tonegen (0x0003) Version: 1 Extends: None

PackageID:tonegen(0x0003)バージョン:1の拡張:なし

Description:

説明:

This package defines signals to generate audio tones. This package does not specify parameter values. It is intended to be extendable. Generally, tones are defined as an individual signal with a parameter, ind, representing "interdigit" time delay, and a tone id to be used with playtones. A tone id should be kept consistent with any tone generation for the same tone. MGs are expected to be provisioned with the characteristics of appropriate tones for the country in which the MG is located.

このパッケージには、オーディオトーンを生成するための信号を定義します。このパッケージは、パラメータ値を指定していません。拡張可能であることを意図しています。一般に、トーンは、「インターディジット」時間遅延、及びplaytonesで使用するトーンIDを表す、IND、パラメータを使用して個々の信号として定義されます。トーンIDが同じトーンのための任意のトーン生成と一致保たれるべきです。 MGはMGが配置されている国の適切なトーンの特性をプロビジョニングすることが期待されます。

Designed to be extended only.

だけ拡張できるように設計。

E.3.1 Properties

E.3.1プロパティ

None.

無し。

E.3.2 Events

E.3.2イベント

None.

無し。

E.3.3 Signals

E.3.3シグナル

Play tone SignalID: pt (0x0001)

再生音SignalID:PT(0x0001に)

Plays audio tone over an audio channel

オーディオチャネル上のオーディオトーンを再生します

Signal Type: Brief

信号の種類:ブリーフ

Duration: Provisioned

所要時間:プロビジョニング

Additional parameters:

追加のパラメータ:

Tone id list ParameterID: tl (0x0001)

トーンIDリストParameterID:TL(0x0001に)

Type: list of tone ids

タイプ:トーンIDのリスト

List of tones to be played in sequence. The list SHALL contain one or more tone ids.

順番に再生するトーンのリスト。リストには、一つ以上のトーンIDを含まなければなりません。

Inter signal duration ParameterID: ind (0x0002)

インター信号期間ParameterID:IND(0×0002)

Type: integer

タイプ:整数

Timeout between two consecutive tones in milliseconds

ミリ秒単位の二つの連続トーン間のタイムアウト

No tone ids are specified in this package. Packages that extend this package can add possible values for tone id as well as adding individual tone signals.

いいえトーンIDは、このパッケージで指定されていません。このパッケージを拡張パッケージがトーンイドの可能な値を追加するだけでなく、個々のトーン信号を加算することができます。

E.3.4 Statistics

え。3。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.3.5 Procedures

E.3.5手順

None.

無し。

E.4 Tone Detection Package

E.4トーン検出パッケージ

PackageID: tonedet (0x0004) Version: 1 Extends: None

PackageID:tonedet(0x0004は)バージョン:1の拡張:なし

This Package defines events for audio tone detection. Tones are selected by name (tone id). MGs are expected to be provisioned with the characteristics of appropriate tones for the country in which the MG is located.

このパッケージには、オーディオトーン検出のためのイベントを定義します。トーンは名前(トーンID)によって選択されています。 MGはMGが配置されている国の適切なトーンの特性をプロビジョニングすることが期待されます。

Designed to be extended only: This package does not specify parameter values. It is intended to be extendable.

だけ拡張できるように設計:このパッケージは、パラメータ値を指定していません。拡張可能であることを意図しています。

E.4.1 Properties

E.4.1プロパティ

None.

無し。

E.4.2 Events

E.4.2イベント

Start tone detected EventID: std, 0x0001

開始トーンがイベントIDを検出:STD、0x0001に

Detects the start of a tone. The characteristics of positive tone detection are implementation dependent.

音の開始を検出します。ポジティブトーン検出の特性は実装に依存しています。

EventsDescriptor parameters:

たEventsDescriptorパラメータ:

Tone id list ParameterID: tl (0x0001)

トーンIDリストParameterID:TL(0x0001に)

Type: list of tone ids

タイプ:トーンIDのリスト

Possible values: The only tone id defined in this package is "wild card" which is "*" in text encoding and 0x0000 in binary. Extensions to this package would add possible values for tone id. If tl is "wild card", any tone id is detected.

可能な値:このパッケージで定義されているのみトーンidはテキストエンコーディングでは、「*」およびバイナリでは0x0000である「ワイルドカード」です。このパッケージへの拡張は、トーンIDの可能な値を追加します。 TLは「ワイルドカード」であれば、任意のトーンIDが検出されました。

ObservedEventsDescriptor parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

Tone id ParameterID: tid (0x0003)

トーンのid ParameterID:時間(0x0003)

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: "wildcard" as defined above is the only value defined in this package. Extensions to this package would add additional possible values for tone id.

可能な値:上で定義した「ワイルドカード」は、このパッケージで定義されている唯一の値です。このパッケージへの拡張は、トーンIDの追加の可能な値を追加します。

End tone detected EventID: etd, 0x0002

エンドトーンがイベントIDを検出:ETD、0×0002

Detects the end of a tone.

音の終わりを検出します。

EventDescriptor parameters:

EventDescriptorパラメータ:

Tone id list ParameterID: tl (0x0001)

トーンIDリストParameterID:TL(0x0001に)

Type: enumeration or list of enumerated types

タイプ:列挙型の列挙またはリスト

Possible values: No possible values are specified in this package. Extensions to this package would add possible values for tone id.

可能な値は:いいえ使用可能な値は、このパッケージで指定されていません。このパッケージへの拡張は、トーンIDの可能な値を追加します。

ObservedEventsDescriptor parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

Tone id ParameterID: tid (0x0003)

トーンのid ParameterID:時間(0x0003)

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: "wildcard" as defined above is the only value defined in this package. Extensions to this package would add possible values for tone id.

可能な値:上で定義した「ワイルドカード」は、このパッケージで定義されている唯一の値です。このパッケージへの拡張は、トーンIDの可能な値を追加します。

Duration ParameterId: dur (0x0002)

期間ParameterId:DUR(0×0002)

Type: integer, in milliseconds

タイプ:整数、ミリ秒単位で

This parameter contains the duration of the tone from first detection until it stopped.

このパラメータは、それが停止するまで、第1の検出からのトーンの期間が含まれています。

Long tone detected EventID: ltd, 0x0003

ロングトーンがイベントIDを検出:株式会社、0x0003

Detects that a tone has been playing for at least a certain amount of time.

トーンが時間の少なくとも一定量のために演奏されていることを検出します。

EventDescriptor parameters:

EventDescriptorパラメータ:

Tone id list ParameterID: tl (0x0001)

トーンIDリストParameterID:TL(0x0001に)

Type: enumeration or list

タイプ:列挙またはリスト

Possible values: "wildcard" as defined above is the only value defined in this package. Extensions to this package would add possible values for tone id.

可能な値:上で定義した「ワイルドカード」は、このパッケージで定義されている唯一の値です。このパッケージへの拡張は、トーンIDの可能な値を追加します。

Duration ParameterID: dur (0x0002)

期間ParameterID:DUR(0×0002)

Type: integer, duration to test against

タイプ:整数、に対してテストする期間

Possible values: any legal integer, expressed in milliseconds

可能な値:任意の正当な整数は、ミリ秒単位で表しました

ObservedEventsDescriptor parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

Tone id ParameterID: tid (0x0003)

トーンのid ParameterID:時間(0x0003)

Type: Enumeration

タイプ:列挙

Possible values: No possible values are specified in this package. Extensions to this package would add possible values for tone id.

可能な値は:いいえ使用可能な値は、このパッケージで指定されていません。このパッケージへの拡張は、トーンIDの可能な値を追加します。

E.4.3 Signals

E.4.3シグナル

None.

無し。

E.4.4 Statistics

え。4。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.4.5 Procedures

E.4.5手順

None.

無し。

E.5 Basic DTMF Generator Package

E.5基本DTMFジェネレータパッケージ

PackageID: dg (0x0005) Version: 1 Extends: tonegen version 1

PackageID:DG(0x0005)バージョン:1の拡張:tonegenバージョン1を

This package defines the basic DTMF tones as signals and extends the allowed values of parameter tl of playtone in tonegen.

このパッケージは、信号などの基本的なDTMFトーンを定義し、tonegenでplaytoneのパラメータTLの許容値を延びています。

E.5.1 Properties

E.5.1プロパティ

None.

無し。

E.5.2 Events

E.5.2イベント

None.

無し。

E.5.3 Signals

E.5.3シグナル

DTMF character 0 SignalID: d0 (0x0010)

DTMF文字0 SignalID:D0(0x0010)

Generate DTMF 0 tone. The physical characteristic of DTMF 0 is defined in the gateway.

DTMF 0トーンを生成します。 DTMF 0の物理的特性はゲートウェイで定義されています。

Signal Type: Brief

信号の種類:ブリーフ

Duration: Provisioned

所要時間:プロビジョニング

Additional parameters:

追加のパラメータ:

None.

無し。

Additional values:

追加の値:

d0 (0x0010) is defined as a tone id for playtone

D0(0x0010)がplaytoneの階調IDとして定義されています

The other DTMF characters are specified in exactly the same way. A table with all signal names and signal IDs is included. Note that each DTMF character is defined as both a signal and a tone id, thus extending the basic tone generation package. Also note that DTMF SignalIds are different from the names used in a digit map.

他のDTMF文字は全く同じ方法で指定されています。すべての信号名および信号IDを持つテーブルが含まれています。各DTMF文字は、このように基本的な音源パッケージを延びる、信号およびトーンIDの両方として定義されていることに留意されたいです。また、DTMF SignalIdsが数字マップで使用される名前とは異なることに注意してください。

Signal name Signal ID/Tone id

信号名信号ID /トーンイド

DTMF character 0 d0 (0x0010) DTMF character 1 d1 (0x0011) DTMF character 2 d2 (0x0012) DTMF character 3 d3 (0x0013) DTMF character 4 d4 (0x0014) DTMF character 5 d5 (0x0015) DTMF character 6 d6 (0x0016) DTMF character 7 d7 (0x0017) DTMF character 8 d8 (0x0018) DTMF character 9 d9 (0x0019) DTMF character * ds (0x0020) DTMF character # do (0x0021) DTMF character A da (0x001a) DTMF character B db (0x001b) DTMF character C dc (0x001c) DTMF character D dd (0x001d)

DTMF文字0 D0(0x0010)DTMFキャラクタ1つのD1(0x0011)DTMFキャラクタ2つのD2(0x0012)DTMFキャラクタ3つのD3(0x0013)DTMFキャラクタ4つのD4(0x0014)DTMFキャラクタ5つのD5(0x0015)DTMFキャラクタ6つのD6(0x0016)DTMF文字7つのD7(0x0017)DTMF文字8つのD8(0x0018)DTMF文字9つのD9(0x0019)DTMF文字* DS(0x0020に)DTMF文字#行う(0x0021)DTMF文字ダ(0x001a)DTMF文字Bデシベル(0x001b)DTMF文字C DC(0x001c)DTMFキャラクタDのDD(0x001d)

E.5.4 Statistics

え。5。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.5.5 Procedures

E.5.5手順

None.

無し。

E.6 DTMF detection Package

E.6 DTMF検出パッケージ

PackageID: dd (0x0006) Version: 1 Extends: tonedet version 1

PackageID:DD(0x0006)バージョン:1の拡張:tonedetバージョン1を

This package defines the basic DTMF tones detection. This Package extends the possible values of tone id in the "start tone detected" "end tone detected" and "long tone detected" events.

このパッケージは、基本的なDTMFトーン検出を定義します。このパッケージは、エンドトーン検出「と「ロングトーン」は、イベントを検出した」、「検出開始トーン」にトーンイドの可能な値を拡張します。

Additional tone id values are all tone ids described in package dg (basic DTMF generator package).

追加のトーンID値は、パッケージDG(基本DTMFジェネレータパッケージ)に記載されている全てのトーンIDです。

The following table maps DTMF events to digit map symbols as described in 7.1.14.

7.1.14で説明したように、次の表では、ケタ地図記号にDTMFイベントをマップします。

DTMF Event Symbol

DTMFイベントのシンボル

d0 "0" d1 "1" d2 "2" d3 "3" d4 "4" d5 "5" d6 "6" d7 "7" d8 "8" d9 "9" da "A" or "a" db "B" or "b" dc "C" or "c" dd "D" or "d" ds "E" or "e" do "F" or "f"

D0 "0" D1 "1" D2 "2" D3 "3" D4 "4" D5 "5" D6 "6" D7 "7" D8 "8" D9 "9" DA "A" または "" DB」 B」または "B" DC "C" または "C" DD "D" 又は "D" DS "E" または "e" 行う "F" または "F"

E.6.1 Properties

E.6.1プロパティ

None.

無し。

E.6.2 Events

E.6.2イベント

DTMF digits

DTMFディジット

EventIds are defined with the same names as the SignalIds defined in the table found in E.5.3.

EVENTIDSは、E.5.3で見つかったテーブルで定義されSignalIdsと同じ名前で定義されています。

DigitMap Completion Event EventID: ce, 0x0004

DigitMap完了イベントイベントID:CE、0x0004は

Generated when a digit map completes as described in 7.1.14.

7.1.14で説明したように、ケタ地図が完了したときに生成されます。

EventsDescriptor parameters: None.

たEventsDescriptorパラメータ:なし。

ObservedEventsDescriptor parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

DigitString ParameterID: ds (0x0001)

DigitString ParameterID:DS(0x0001に)

Type: string of digit map symbols (possibly empty) returned as a quotedString

タイプ:ケタ地図記号の文字列(空の場合は)quotedStringとして返します

Possible values: a sequence of the characters "0" through "9", "A" through "F", and the long duration modifier "Z".

可能な値:「F」から「9」、「A」から文字「0」の配列、及び長い持続時間修飾子「Z」。

Description: the portion of the current dial string as described in 7.1.14 which matched part or all of an alternative event sequence specified in the digit map.

説明:一部または数字マップで指定された別のイベントシーケンスのすべてに一致し7.1.14に記載されているように、現在のダイヤル文字列の部分。

Termination Method ParameterID: Meth (0x0003)

施工方法ParameterID:メタ(0x0003)

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values:

可能な値:

"UM" (0x0001) Unambiguous match

"UM"(0x0001に)明白な一致

"PM" (0x0002) Partial match, completion by timer expiry or unmatched event

「PM」(0×0002)タイマ満了により、部分一致、完了または他に類を見ないイベント

"FM" (0x0003) Full match, completion by timer expiry or unmatched event

タイマー満了または比類のないイベントによって「FM」(0x0003)全試合、完了

Description: indicates the reason for generation of the event. See the procedures in 7.1.14.

説明:イベントが発生した理由を示します。 7.1.14の手順を参照してください。

E.6.3 Signals

E.6.3シグナル

None.

無し。

E.6.4 Statistics

え。6。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.6.5 Procedures

E.6.5手順

Digit map processing is activated only if an events descriptor is activated that contains a digit map completion event as defined in Section E.6.2 and that digit map completion event contains an eventDM field in the requested actions as defined in Section 7.1.9. Other parameters such as KeepActive or embedded events of signals descriptors may also be present in the events descriptor and do not affect the activation of digit map processing.

桁マップ処理は、イベント記述子は、セクションE.6.2で定義され、セクション7.1.9で定義されたように、そのケタ地図完成イベントが要求されたアクションにeventDMフィールドが含まれているようケタ地図完成イベントが含まれているアクティブ化されている場合にのみ有効になります。例えばKeepActive又は信号記述子の埋め込みイベントなどの他のパラメータもイベント記述子中に存在してもよいとケタ地図処理の活性化に影響を及ぼしません。

E.7 Call Progress Tones Generator Package

E.7コールプログレストーンジェネレータパッケージ

PackageID: cg, 0x0007 Version: 1 Extends: tonegen version 1

PackageID:CG、0x0007バージョン:1の拡張:tonegenバージョン1を

This package defines the basic call progress tones as signals and extends the allowed values of the tl parameter of playtone in tonegen.

このパッケージは、信号などの基本的な呼出音を定義し、tonegenでplaytoneのTLパラメータの許容値を延びています。

E.7.1 Properties

E.7.1プロパティ

None.

無し。

E.7.2 Events

E.7.2イベント

None.

無し。

E.7.3 Signals

E.7.3シグナル

Dial Tone SignalID: dt (0x0030)

ダイヤルトーンSignalID:DT(0x0030)

Generate dial tone. The physical characteristic of dial tone is available in the gateway.

ダイヤルトーンを生成します。ダイヤルトーンの物理的特性は、ゲートウェイで利用可能です。

Signal Type: TimeOut

信号タイプ:タイムアウト

Duration: Provisioned

所要時間:プロビジョニング

Additional parameters:

追加のパラメータ:

None.

無し。

Additional values:

追加の値:

dt (0x0030) is defined as a tone id for playtone

DT(0x0030)がplaytoneの階調IDとして定義されています

The other tones of this package are defined in exactly the same way. A table with all signal names and signal IDs is included. Note that each tone is defined as both a signal and a tone id, thus extending the basic tone generation package.

このパッケージの他のトーンは全く同じ方法で定義されています。すべての信号名および信号IDを持つテーブルが含まれています。各トーンは、このように基本的な音源パッケージを延びる、信号およびトーンIDの両方として定義されていることに留意されたいです。

Signal Name Signal ID/tone id

信号名信号のID /トーンイド

Dial Tone dt (0x0030) Ringing Tone rt (0x0031) Busy Tone bt (0x0032) Congestion Tone ct (0x0033) Special Information Tone sit(0x0034) Warning Tone wt (0x0035) Payphone Recognition Tone prt (0x0036) Call Waiting Tone cw (0x0037) Caller Waiting Tone cr (0x0038)

0x0037(トーンDT(0x0030)着信音のRT(0x0031)ビジートーンBT(0x0032)輻輳トーンCT(0x0033)特別な情報トーンSIT(0x0034)警告音の重量(0x0035)公衆電話認識トーンPRT(0x0036)キャッチホントーンCWダイヤル)発信者ウェイティングトーンCR(アドレス0x0038)

E.7.4 Statistics

え。7。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.7.5 Procedures

E.7.5手順

      NOTE - The required set of tone ids corresponds to those defined
      in Recommendation E.180/Q.35.  See Recommendation E.180/Q.35 for
      definition of the meanings of these tones.
        

E.8 Call Progress Tones Detection Package

E.8コールプログレストーン検出パッケージ

PackageID: cd (0x0008) Version: 1 Extends: tonedet version 1

PackageID:CD(0x0008で)バージョン:1の拡張:tonedetバージョン1を

This package defines the basic call progress detection tones. This package extends the possible values of tone id in the "start tone detected", "end tone detected" and "long tone detected" events.

このパッケージは、基本的なコール進捗検出トーンを定義します。このパッケージには、「検出開始トーン」にトーンイドの可能な値を拡張して、「エンドトーン検出」とイベントを「ロングトーンが検出されました」。

Additional values

追加の値

toneID values are defined for start tone detected, end tone detected and long tone detected with the same values as those in package cg (call progress tones generation package).

toneID値が検出されたスタートトーン、検出されたエンドトーンとパッケージCG(プログレス・トーン生成パッケージを呼び出す)と同じ値で検出された長いトーンに対して定義されています。

The required set of tone ids corresponds to Recommendation E.180/Q.35. See Recommendation E.180/Q.35 for definition of the meanings of these tones.

トーンIDの必要なセットが勧告E.180 / Q.35に対応しています。これらのトーンの意味の定義については、勧告E.180 / Q.35を参照してください。

E.8.1 Properties

E.8.1プロパティ

None.

無し。

E.8.2 Events

E.8.2イベント

Events are defined as in the call progress tones generator package (cg) for the tones listed in the table of E.7.3.

イベントはE.7.3の表に列挙されたトーンのコールプログレストーンジェネレータパッケージ(CG)のように定義されています。

E.8.3 Signals

E.8.3シグナル

None.

無し。

E.8.4 Statistics

え。8。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.8.5 Procedures

E.8.5手順

None.

無し。

E.9 Analog Line Supervision Package

E.9アナログライン監督パッケージ

PackageID: al, 0x0009 Version: 1 Extends: None

PackageID:アル、0x0009バージョン:1の拡張:なし

This package defines events and signals for an analog line.

このパッケージは、アナログ回線用のイベントと信号を定義します。

E.9.1 Properties

E.9.1プロパティ

None.

無し。

E.9.2 Events

E.9.2イベント

onhook EventID: on (0x0004)

オンフックイベントID:上(0x0004番地)

Detects handset going on hook. Whenever an events descriptor is activated that requests monitoring for an on-hook event and the line is already on-hook, then the MG shall behave according to the setting of the "strict" parameter.

フックに行く受話器を検出します。イベント記述子がオンフックイベントの監視を要求し、ラインがオンフックすでにあるというアクティブになるたびに、その後、MGは「厳格な」パラメータの設定に従って動作するものとします。

EventDescriptor parameters:

EventDescriptorパラメータ:

Strict Transition ParameterID: strict (0x0001)

厳密遷移ParameterID:厳密(0x0001に)

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: "exact" (0x00), "state" (0x01), "failWrong" (0x02)

可能な値: "正確な"(0×00)、 "状態"(0×01)、 "failWrong"(0×02)

"exact" means that only an actual hook state transition to on-hook is to be recognized;

「正確な」オンフックにのみ実際のフック状態遷移が認識されるべきであることを意味します。

"state" means that the event is to be recognized either if the hook state transition is detected or if the hook state is already on-hook;

「状態」イベントがフック状態遷移が検出された場合のいずれか認識すべきであるか、またはフック状態がオンフック既にある場合ことを意味します。

"failWrong" means that if the hook state is already on-hook, the command fails and an error is reported.

「failWrongは、」フック状態がオンフックすでにある場合、コマンドは失敗し、エラーが報告されていることを意味します。

ObservedEventsDescriptor parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

Initial State ParameterID: init (0x0002)

初期状態ParameterIDます。init(0×0002)

Type: Boolean

型:Boolean

Possible values:

可能な値:

"True" means that the event was reported because the line was already on-hook when the events descriptor containing this event was activated;

「真」このイベントを含むイベント記述子が活性化されたときに、ラインがオンフックすでにあったので、イベントが報告されたことを意味します。

"False" means that the event represents an actual state transition to on-hook.

「偽」とは、イベントがオンフックへの実際の状態遷移を表すことを意味します。

offhook EventID: of (0x0005)

オフフックイベントID:の(0x0005)

Detects handset going off hook. Whenever an events descriptor is activated that requests monitoring for an off-hook event and the line is already off-hook, then the MG shall behave according to the setting of the "strict" parameter.

ハンドセットがオフフックに検出します。イベント記述子は、オフフックイベントの監視を要求し、ラインがオフフックすでにあるというアクティブになるたびに、その後、MGは「厳格な」パラメータの設定に従って動作するものとします。

EventDescriptor parameters:

EventDescriptorパラメータ:

Strict Transition ParameterID: strict (0x0001)

厳密遷移ParameterID:厳密(0x0001に)

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: "exact" (0x00), "state" (0x01), "failWrong" (0x02)

可能な値: "正確な"(0×00)、 "状態"(0×01)、 "failWrong"(0×02)

"exact" means that only an actual hook state transition to off-hook is to be recognized;

「正確な」オフフックにのみ実際のフック状態遷移が認識されるべきであることを意味します。

"state" means that the event is to be recognized either if the hook state transition is detected or if the hook state is already off-hook;

「状態」イベントが認識されるいずれかのフック状態遷移が検出された場合、またはフック状態がオフフック既にある場合ことを意味します。

"failWrong" means that if the hook state is already off-hook, the command fails and an error is reported.

「failWrongは、」フック状態がオフフックすでにある場合、コマンドは失敗し、エラーが報告されていることを意味します。

ObservedEventsDescriptor parameters

ObservedEventsDescriptorパラメータ

Initial State ParameterID: init (0x0002)

初期状態ParameterIDます。init(0×0002)

Type: Boolean

型:Boolean

Possible values:

可能な値:

"True" means that the event was reported because the line was already off-hook when the events descriptor containing this event was activated;

「真」このイベントを含むイベント記述子が活性化されたときに、ラインがオフフックすでにあったので、イベントが報告されたことを意味します。

"False" means that the event represents an actual state transition to off-hook.

「偽」とは、イベントがオフフックに実際の状態遷移を表すことを意味します。

flashhook EventID: fl, 0x0006

flashhookイベントID:FL、0x0006

Detects handset flash. A flash occurs when an onhook is followed by an offhook between a minimum and maximum duration.

携帯電話のフラッシュを検出します。オンフックを最小と最大の持続時間の間にオフフックが続いているときにフラッシュが発生します。

EventDescriptor parameters:

EventDescriptorパラメータ:

Minimum duration ParameterID: mindur (0x0004)

最小期間ParameterID:mindur(0x0004番地)

Type: integer in milliseconds

タイプ:ミリ秒単位の整数

Default value is provisioned.

デフォルト値はプロビジョニングされています。

Maximum duration ParameterID: maxdur (0x0005)

最大期間ParameterID:maxdur(0x0005)

Type: integer in milliseconds

タイプ:ミリ秒単位の整数

Default value is provisioned.

デフォルト値はプロビジョニングされています。

ObservedEventsDescriptor parameters:

ObservedEventsDescriptorパラメータ:

None

無し

E.9.3 Signals

E.9.3シグナル

ring SignalID: ri, 0x0002

リングSignalID:里、0×0002

Applies ringing on the line

ライン上で鳴って適用されます

Signal Type: TimeOut

信号タイプ:タイムアウト

Duration: Provisioned

所要時間:プロビジョニング

Additional parameters:

追加のパラメータ:

Cadence ParameterID: cad (0x0006)

ケイデンスParameterID:CAD(0x0006)

Type: list of integers representing durations of alternating on and off segments, constituting a complete ringing cycle starting with an on. Units in milliseconds

タイプ:上の交互のセグメントオフ期間を表す整数のリストで始まる完全なリンギング・サイクルを構成します。ミリ秒の単位

Default is fixed or provisioned. Restricted function MGs may ignore cadence values they are incapable of generating.

デフォルトは固定またはプロビジョニングされます。制限される機能のMGは、彼らが生成することができないケイデンス値を無視することができます。

Frequency ParameterID: freq (0x0007)

周波数ParameterID:FREQ(0x0007)

Type: integer in Hz

タイプ:ヘルツの整数

Default is fixed or provisioned. Restricted function MGs may ignore frequency values they are incapable of generating.

デフォルトは固定またはプロビジョニングされます。制限された機能のMGは、それらが発生することができない周波数の値を無視してもよいです。

E.9.4 Statistics

え。9。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.9.5 Procedures

E.9.5手順

If the MGC sets an EventsDescriptor containing a hook state transition event (on-hook or off-hook) with the "strict" (0x0001) parameter set to "failWrong", and the hook state is already what the transition implies, the execution of the command containing that EventsDescriptor fails. The MG SHALL include error code 540 "Unexpected initial hook state" in its reponse.

MGCは「failWrong」セット「厳格」(0x0001の)パラメータを使用してフック状態遷移イベント(オンフックまたはオフフック)を含有たEventsDescriptorを設定し、フック状態遷移が、実行することを意味何既にある場合たEventsDescriptorが失敗したことを含むコマンド。 MGはそのREPONSEにエラーコード540「予期しない初期フック状態」を含むものとします。

E.9.6 Error code

E.9.6エラーコード

This package defines a new error code:

このパッケージには、新しいエラーコードを定義します。

540 - Unexpected initial hook state

540 - 予期しない初期フック状態

The procedure for use of this code is given in E.9.5.

このコードを使用するための手順は、E.9.5に記載されています。

E.10 Basic Continuity Package

E.10基本的な継続性パッケージ

PackageID: ct (0x000a) Version: 1 Extends: None

PackageID:CT(0x000a)バージョン:1の拡張:なし

This package defines events and signals for continuity test. The continuity test includes provision of either a loopback or transceiver functionality.

このパッケージには、導通試験のためのイベントや信号を定義します。導通試験は、ループバックまたはトランシーバ機能のいずれかの提供を含みます。

E.10.1 Properties

E.10.1プロパティ

None.

無し。

E.10.2 Events

E.10.2イベント

Completion EventID: cmp, 0x0005

完了イベントID:CMP、0x0005

This event detects test completion of continuity test.

このイベントは、導通試験のテストが完了したことを検知します。

EventDescriptor parameters

EventDescriptorパラメータ

None.

無し。

ObservedEventsDescriptor parameters

ObservedEventsDescriptorパラメータ

Result ParameterID: res (0x0008)

結果ParameterID:RES(0x0008で)

Type: enumeration

タイプ:列挙

Possible values: success (0x0001), failure (0x0000)

可能な値:成功(0x0001に)、失敗(0000)

E.10.3 Signals

E.10.3のシグナル

Continuity test SignalID: ct (0x0003)

導通テストのSignalID:CT(0x0003)

Initiates sending of continuity test tone on the termination to which it is applied.

それが適用される終了時に導通試験トーンの送信を開始します。

Signal Type: TimeOut

信号タイプ:タイムアウト

Default value is provisioned

デフォルト値は、プロビジョニングされ

Additional parameters:

追加のパラメータ:

None.

無し。

Respond SignalID: rsp (0x0004)

RSP(0x0004は):SignalIDを応答

The signal is used to respond to a continuity test. See E.10.5 for further explanation.

信号が導通試験に応答するために使用されます。さらに説明のためE.10.5を参照してください。

Signal Type: On/Off

信号タイプ:オン/オフ

Default duration is provisioned

デフォルトの期間は、プロビジョニングされ

Additional parameters:

追加のパラメータ:

None.

無し。

E.10.4 Statistics

え。10。4 Sたちsちcs

None.

無し。

E.10.5 Procedures

E.10.5手順

When a MGC wants to initiate a continuity test, it sends a command to the MG containing:

MGCは、導通試験を開始することを望んでいるとき、それは含むMGにコマンドを送信します。

- a signals descriptor with the ct signal; and

- CT信号の信号ディスクリプタ。そして

- an events descriptor containing the cmp event.

- CMPのイベントを含むイベントディスクリプタ。

Upon reception of a command containing the ct signal and cmp event, the MG initiates the continuity test tone for the specified Termination. If the return tone is detected and any other required conditions are satisfied before the signal times out, the cmp event shall be generated with the value of the result parameter equal to success. In all other cases, the cmp event shall be generated with the value of the result parameter equal to failure.

CT信号およびCMPイベントを含むコマンドを受信すると、MGは、指定された終端用導通テストトーンを開始します。リターントーンが検出され、他の必要な条件は、アウト信号時間前に満たされている場合、CMPイベントが成功に等しい結果パラメータの値を用いて生成されなければなりません。他のすべての場合において、CMPのイベントは、障害に等しい結果パラメータの値を用いて生成されなければなりません。

When a MGC wants the MG to respond to a continuity test, it sends a command to the MG containing a signals descriptor with the rsp signal. Upon reception of a command with the rsp signal, the MG either applies a loopback or (for 2-wire circuits) awaits reception of a continuity test tone. In the loopback case, any incoming information shall be reflected back as outgoing information. In the 2-wire case, any time the appropriate test tone is received, the appropriate response tone should be sent. The MGC determines when to remove the rsp signal.

MGCが導通試験に対応するためにMGを望んでいる場合は、RSP信号と信号記述子を含むMGにコマンドを送信します。 RSP信号とコマンドを受信すると、MGは、(2線式回路のための)ループバックまたは適用導通テストトーンの受信を待ちます。ループバックの場合、着信情報が送信情報として反射して戻さなければなりません。 2線式の場合には、適切なテストトーンが受信されるたびに、適切な応答音が送られるべきです。 MGCは、RSP信号を削除するときを決定します。

When a continuity test is performed on a Termination, no echo devices or codecs shall be active on that Termination.

導通試験が終了時に行われた場合、いかなるエコー装置やコーデックは、その終了時にアクティブであってはなりません。

Performing voice path assurance as part of continuity testing is provisioned by bilateral agreement between network operators.

導通試験の一部は、ネットワーク事業者との間の二国間の合意によって提供される音声パスの保証を行います。

(Informative Note) Example tones and test procedure details are given in Q.724 sections 7 and 8, Q.764 section 2.1.8 and Q.1902.4.

(参考注)実施例トーン及び試験手順の詳細はQ.724部7,8、Q.764セクション2.1.8およびQ.1902.4に示されています。

E.11 Network Package

E.11ネットワークパッケージ

PackageID: nt (0x000b) Version: 1 Extends: None

PackageID:NT(0x000b)バージョン:1の拡張:なし

This package defines properties of network terminations independent of network type.

このパッケージには、ネットワーク型の独立したネットワーク終端のプロパティを定義します。

E.11.1 Properties

E.11.1プロパティ

Maximum Jitter Buffer PropertyID: jit (0x0007)

最大ジッタバッファPropertyID:JIT(0x0007)

This property puts a maximum size on the jitter buffer.

このプロパティは、ジッタバッファ上の最大サイズを置きます。

Type: integer in milliseconds

タイプ:ミリ秒単位の整数

Possible values: This property is specified in milliseconds.

可能な値:このプロパティは、ミリ秒単位で指定します。

Defined in: LocalControlDescriptor

LocalControlDescriptor:で定義されています

Characteristics: read/write

特徴:読み取り/書き込み

E.11.2 Events

E.11.2イベント

network failure EventID: netfail, 0x0005

ネットワーク障害のイベントID:netfail、0x0005

The termination generates this event upon detection of a failure due to external or internal network reasons.

終端は、外部または内部ネットワーク上の理由に起因する故障の検出時に、このイベントを生成します。

EventDescriptor parameters

EventDescriptorパラメータ

None.

無し。

ObservedEventsDescriptor parameters

ObservedEventsDescriptorパラメータ

cause ParameterID: cs (0x0001)

CS(0x0001に):ParameterIDを引き起こします

Type: string

タイプ:文字列

Possible values: any text string

可能な値:任意のテキスト文字列

This parameter may be included with the failure event to provide diagnostic information on the reason of failure.

このパラメータは、失敗の理由に関する診断情報を提供するために、障害イベントに含まれてもよいです。

quality alert EventID: qualert, 0x0006

品質警告イベントID:qualert、0x0006

This property allows the MG to indicate a loss of quality of the network connection. The MG may do this by measuring packet loss, interarrival jitter, propagation delay and then indicating this using a percentage of quality loss.

このプロパティは、MGは、ネットワーク接続の品質の低下を示すことができます。 MGは、パケット損失、到着間ジッタ、伝播遅延を測定し、次いで、品質低下のパーセンテージを使用してこのことを示すことによってこれを行うことができます。

EventDescriptor parameters

EventDescriptorパラメータ

Threshold ParameterId: th (0x0001)

しきい値ParameterId:番目(0x0001に)

Type: integer

タイプ:整数

Possible values: 0 to 99

可能な値:0〜99

Description: threshold for percent of quality loss measured, calculated based on a provisioned method, that could take into consideration packet loss, jitter, and delay for example. Event is triggered when calculation exceeds the threshold.

説明:品質低下のパーセント閾値は、測定考慮パケット損失、ジッタ、例えば遅延に取ることができるプロビジョニング方法、に基づいて算出。計算がしきい値を超えた場合、イベントがトリガされます。

ObservedEventsDescriptor parameters

ObservedEventsDescriptorパラメータ

Threshold ParameterId: th (0x0001)

しきい値ParameterId:番目(0x0001に)

Type: integer

タイプ:整数

Possible values: 0 to 99

可能な値:0〜99

Description: percent of quality loss measured, calculated based on a provisioned method, that could take into consideration packet loss, jitter, and delay for example.

説明:品質損失測定のパーセントは、例えば考慮パケット損失、ジッタ、遅延に取ることができるプロビジョニング方法、に基づいて算出。

E.11.3 Signals

E.11.3のシグナル

None.

無し。

E.11.4 Statistics

え。11。4 Sたちsちcs

Duration StatisticsID: dur (0x0001)

期間StatisticsID:DUR(0x0001に)

Description: provides duration of time the termination has been in the Context.

説明:終了はコンテキストにあった時間の長さを提供します。

Type: double, in milliseconds

タイプ:ダブル、ミリ秒単位で

Octets Sent StatisticID: os (0x0002)

オクテット、D StatisticID口(0×0002)

Type: double

タイプ:ダブル

Possible values: any 64-bit integer

可能な値:任意の64ビット整数

Octets Received StatisticID: or (0x0003)

(0x0003)または:オクテットがStatisticIDを受信しました

Type: double

タイプ:ダブル

Possible values: any 64-bit integer

可能な値:任意の64ビット整数

E.11.5 Procedures

E.11.5手順

None.

無し。

E.12 RTP Package

E.12 RTPパッケージ

PackageID: rtp (0x000c) Version: 1 Extends: Network Package version 1

PackageID:RTP(0x000c)バージョン:1の拡張:ネットワークパッケージのバージョン1を

This package is used to support packet-based multimedia data transfer by means of the Real-time Transport Protocol (RTP) [RFC 1889].

このパッケージは、リアルタイム転送プロトコル(RTP)[RFC 1889]によるパケットベースのマルチメディアデータの転送をサポートするために使用されます。

E.12.1 Properties

E.12.1プロパティ

None.

無し。

E.12.2 Events

E.12.2イベント

Payload Transition EventID: pltrans, 0x0001

ペイロードの移行イベントID:pltrans、0x0001に

This event detects and notifies when there is a transition of the RTP payload format from one format to another.

このイベントは、検出され、一つのフォーマットから別のRTPペイロードフォーマットの遷移がある場合に通知します。

EventDescriptor parameters

EventDescriptorパラメータ

None.

無し。

ObservedEventsDescriptor parameters

ObservedEventsDescriptorパラメータ

ParameterName: rtppayload ParameterID: rtppltype, 0x01

ParameterNameが:rtppayload ParameterID:rtppltype、0x01の

Type: list of enumerated types.

タイプ:列挙型のリスト。

Possible values: The encoding method shall be specified by using one or several valid encoding names, as defined in the RTP AV Profile or registered with IANA.

可能な値:RTPのAVプロファイルで定義された又はIANAに登録された符号化方式は、1つまたはいくつかの有効なエンコーディング名を使用して指定されなければなりません。

E.12.3 Signals

E.12.3のシグナル

None.

無し。

E.12.4 Statistics

え。12。4 Sたちsちcs

Packets Sent StatisticID: ps (0x0004)

送信パケットStatisticID:PS(0x0004番地)

Type: double

タイプ:ダブル

Possible values: any 64-bit integer

可能な値:任意の64ビット整数

Packets Received StatisticID: pr (0x0005)

受信パケットStatisticID:PR(0x0005)

Type: double

タイプ:ダブル

Possible values: any 64-bit integer

可能な値:任意の64ビット整数

Packet Loss StatisticID: pl (0x0006)

パケットロスStatisticID:PL(0x0006)

Describes the current rate of packet loss on an RTP stream, as defined in IETF RFC 1889. Packet loss is expressed as percentage value: number of packets lost in the interval between two reception reports, divided by the number of packets expected during that interval.

その間隔中に予想されるパケットの数で割った2つの受信レポート間隔で失われたパケットの数:パーセント値として表現されるIETF RFC 1889パケット損失に定義されているRTPストリーム上のパケット損失の現在の速度を、記載されています。

Type: double

タイプ:ダブル

Possible values: a 32-bit whole number and a 32-bit fraction.

可能な値:32ビット整数、32ビットの小数。

Jitter StatisticID: jit (0x0007)

ジッタStatisticID:JIT(0x0007)

Requests the current value of the interarrival jitter on an RTP stream as defined in IETF RFC 1889. Jitter measures the variation in interarrival time for RTP data packets.

IETF RFC 1889ジッタ測定にRTPデータパケットの到着間の時間の変化を定義した通りでRTPストリーム上の到着間ジッタの現在の値を要求します。

Delay StatisticID:delay (0x0008)

遅延StatisticID:遅延(すなわち0x0008)

Requests the current value of packet propagation delay expressed in timestamp units. Same as average latency.

タイムスタンプ単位で表されるパケットの伝搬遅延の現在の値を要求します。平均待ち時間と同じ。

E.12.5 Procedures

E.12.5手順

None.

無し。

E.13 TDM Circuit Package

E.13 TDMサーキットパッケージ

      PackageID: tdmc (0x000d)
      Version: 1
      Extends: Network Package version 1
        

This package may be used by any termination that supports gain and echo control. It was originally intended for use on TDM circuits but may be more widely used.

このパッケージには、ゲインおよびエコーコントロールをサポートする任意の終了によって使用することができます。もともとはTDM回線での使用を意図していたが、より広く使用することができます。

New versions or extensions of this package should take non-TDM use into account.

このパッケージの新しいバージョンや拡張を考慮に非TDMの使用を取る必要があります。

E.13.1 Properties

E.13.1プロパティ

      Echo Cancellation
      PropertyID: ec (0x0008)
        

Type: boolean

タイプ:ブール

Possible values:

可能な値:

"on" (when the echo cancellation is requested) and

(エコーキャンセルが要求された)「オン」