Network Working Group                                        M. Mealling
Request for Comments: 3553                                      VeriSign
BCP: 73                                                      L. Masinter
Category: Best Current Practice                            Adobe Systems
                                                               T. Hardie
                                                                Qualcomm
                                                                G. Klyne
                                                            Nine by Nine
                                                               June 2003
        
      An IETF URN Sub-namespace for Registered Protocol Parameters
        

Status of this Memo

このメモの位置付け

This document specifies an Internet Best Current Practices for the Internet Community, and requests discussion and suggestions for improvements. Distribution of this memo is unlimited.

このドキュメントはインターネットコミュニティのためのインターネットBest Current Practicesを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2003). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2003)。全著作権所有。

Abstract

抽象

This document describes a new sub-delegation for the 'ietf' URN namespace for registered protocol items. The 'ietf' URN namespace is defined in RFC 2648 as a root for persistent URIs that refer to IETF-defined resources.

このドキュメントは、登録されたプロトコル項目の「IETFのURN名前空間のための新しいサブ委任を説明しています。 「IETFのURN名前空間は、IETF定義のリソースを参照してください永続的なURIのルートとして、RFC 2648で定義されています。

1. Introduction
1. はじめに

From time to time IETF standards require the registration of various protocol elements in well known central repository. The Internet Assigned Numbers Authority maintains this central repository and takes direction from the IETF on what, how and when to add items to it. The IANA maintains lists of items such as all assigned port numbers, MIME media types, enterprise numbers, etc.

随時IETF規格は周知の中央リポジトリ内の様々なプロトコル要素の登録を必要とします。インターネット割り当て番号機関は、この中央リポジトリを維持し、それにアイテムを追加するために何を、いつ、どのように上のIETFからの方向を取ります。 IANAは、など、すべての割り当てられたポート番号、MIMEメディアタイプ、企業数、などの項目のリストを維持します

Over time there has developed a need to be able to reference these elements as URIs in various schema. In the past this was done in a very ad hoc way that easily led to interoperability problems. This document creates a new sub-delegation below the "ietf" [2]URN namespace [1] called 'params' which acts as a standardized mechanism for naming the items registered for IETF standards. Any assignments below that are specified in an RFC according to the IETF consensus process and which include the template found in Section 4.

時間が経つにつれて、様々なスキーマ内のURIとして、これらの要素を参照することができるようにする必要が開発しました。過去には、これは簡単に相互運用性の問題につながった非常にアドホックな方法で行われました。この文書では、「IETF」の下に新しいサブ委任を作成し、[2] URN名前空間[1] IETF標準化のために登録された項目に名前を付けるための標準化されたメカニズムとして機能「paramsは」と呼ばれます。 IETFコンセンサス法によるRFCで指定され、以下の任意の割り当ては、セクション4で見つかったテンプレートを含みます。

2. Terminology
2.用語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119.

この文書のキーワード "MUST"、 "MUST NOT"、 "REQUIRED"、、、、 "べきではない" "べきである" "ないもの" "ものとし"、 "推奨"、 "MAY"、および "OPTIONAL" はありますRFC 2119に記載されるように解釈されます。

3. IETF Sub-namespace Specifics
3. IETFサブ名前空間の細目

Sub-namespace name:

サブ名前空間名:

params

params

Declared registrant of the namespace:

名前空間の宣言された登録者:

The Internet Engineering Task Force

インターネットエンジニアリングタスクフォース

Declaration of structure:

構造体の宣言:

The namespace is primarily opaque. The IANA, as operator of the registry, may take suggestions for names to assign but they reserve the right to assign whatever name they desire, within guidelines set by the IESG. The colon character (":") is used to denote a very limited concept of hierarchy. If a colon is present then the items on both sides of it are valid names. In general, if a name has a colon then the item on the left hand side represents a class of those items that would contain other items of that class. For example, a name can be assigned to the entire list of DNS resource record type codes as well as for each individual code. The URN for the list might look like this:

名前空間は、主に不透明です。名前を割り当てることのためにIANAは、レジストリのオペレーターとして、提案を取るかもしれないが、彼らはIESGによって設定されたガイドラインの範囲内、彼らが望むものは何でも名前割り当てする権利を留保します。コロン(「:」)は、階層の非常に限られた概念を表すために使用されます。コロンが存在する場合、それの両側の項目は有効な名前です。名前は、コロンを持っている場合、一般的には、左側の項目は、そのクラスの他の項目を含むであろうこれらのアイテムのクラスを表します。例えば、名前がDNSリソースレコードタイプコードのリスト全体に、ならびに各個別コードに割り当てることができます。リストのためのURNは、次のようになります。

urn:ietf:params:dns:rr-type-codes

URN:IETF:のparams:DNS:RR-型コード

while the URN for the SOA records type code might look like this:

SOAレコードタイプコードのためのURNは、次のようになりますながら:

urn:ietf:params:dns:rr-type-codes:soa

URN:IETF:のparams:DNS:RR型-コード:SOA

Relevant ancillary documentation:

関連の補助ドキュメント:

[3], [2], [1]

「3」、 「2」、 「1」

Identifier uniqueness considerations:

識別子一意性の考慮事項:

The IESG uses the IETF consensus process to ensure that sub-namespaces generate unique names within that sub-namespace. The IESG delegates to the IANA the task of ensuring that the sub-namespace names themselves are unique. Until and unless the IESG specifies differently, the IANA is directed to ensure uniqueness by comparing the name to be assigned with the list of previously assigned names. In the case of a conflict the IANA is to request a new string from the registrant until the conflict is resolved.

IESGは、サブ名前空間がそのサブ名前空間内で一意の名前を生成することを保証するために、IETF合意プロセスを使用しています。 IANAにIESG委譲サブ名前空間の名前自体がユニークであることを保証するタスク。までとIESGは違っ指定しない限り、IANAは、以前に割り当てられた名前のリストを割り当てられる名前を比較することによって、一意性を確保するために向けられています。矛盾がある場合にはIANAは、競合が解決されるまで、登録者から新しい文字列を要求することです。

Identifier persistence considerations:

識別子の永続性の考慮事項:

Once a name has been allocated it MUST NOT be re-allocated for a different purpose. The rules provided for assignments of values within a sub-namespace MUST be constructed so that the meaning of values cannot change. This registration mechanism is not appropriate for naming values whose meaning may change over time. If a value that changes over time the assignment MUST name the container or concept that contains the value, not the value itself. For example, if a parameter called 'foo' has a value that changes over time, it is valid to create the name 'urn:ietf:params:foo-params:foo' that identifies that 'slot'. It is not valid to actually create a name that contains that value unless it is a persistent and unique value such as a version number.

名前が割り当てられていたら、それは異なる目的のために再割り当てられてはなりません。値の意味を変更できないようにサブ名前空間内の値の割り当てのために設けられたルールが構築されなければなりません。この登録メカニズムは、その意味は、時間とともに変化する値に名前を付けるには適していません。時間の経過とともに変化する値が代入値ではなく、値そのものが含まれていた容器やコンセプトに名前を付ける必要があります。その「スロット」を特定する「FOO」と呼ばれるパラメータが時間とともに変化する値を持っている場合、名前「:IETF:のparams::FOO-のparams fooの壷」を作成するために有効です。バージョン番号などの永続的かつユニークな値である場合を除き、実際にその値が含まれている名前を作成するために有効ではありません。

Process of identifier assignment:

識別子割り当てのプロセス。

Identifiers are assigned only after a particular protocol element or number has been registered with the IANA using standard policies and procedures, or documented in an RFC describing a standards track protocol. This means that the 'gating' function for assignment is the "IETF Consensus" process documented in RFC 2434 [4].

識別子は、特定のプロトコル要素または数は、標準的なポリシーおよび手順を用いて、IANAに登録され、または標準トラックプロトコルを記述するRFCで文書化された後にのみ割り当てられます。これは、割り当てのための「ゲート」関数はRFC 2434に記載さ「IETFコンセンサス」プロセスであることを意味する[4]。

Process of identifier resolution:

識別子解像度のプロセス。

At this time no resolution mechanism is defined.

この時点では何の解決メカニズムは定義されていません。

Rules for Lexical Equivalence:

字句等価のルール:

Lexical equivalence is achieved by exact string match according to the rules for URN syntax found in RFC 2141 [1]. Specifically, due to the URN syntax definitions, the 'stringprep' standard found in RFC 3454 [7] does not apply.

字句等価[1] RFC 2141に見出さURN構文の規則に従って正確な文字列の一致によって達成されます。 [7]は適用されません。具体的には、URN構文定義のために、「文字列前の標準は、RFC 3454で見つかりました。

Conformance with URN Syntax:

URN構文に準拠:

There are no additional characters reserved.

予約は追加の文字がありません。

Validation mechanism:

検証メカニズム:

None.

無し。

Scope:

範囲:

Global

グローバル

4. Assigning Names
4.割り当ての名前

The creation of a new registry name will be simple for most flat registries. The only required elements will be the registry name, a reference to relevant documents, a statement about which current/proposed document repositories contains the authoritative data for the registry, and a statement specifying which element in the registry is the value to be used in the URN. In most cases this last element will be the index value assigned by the IANA.

新しいレジストリ名の作成は、ほとんど平らなレジストリのシンプルになります。唯一の必須要素は、関連文書を参照するレジストリ名になり、提案された/現在のドキュメントリポジトリに関する声明は、レジストリのための正式なデータが含まれており、レジストリ内のステートメントの指定どの要素がで使用される値でありますURN。ほとんどの場合、この最後の要素はIANAによって割り当てられたインデックス値になります。

More complex registries (DNS Parameters for example) will need to repeat that information for any sub-namespaces. It should also be clear as to whether or not a name is assigned to the sub-namespace itself (i.e., is 'urn:ietf:params:dns:rr-types' valid by itself and if so, what does it name?).

より複雑なレジストリ(例えばDNSパラメータ)は、任意のサブ名前空間のためにその情報を繰り返す必要があります。また、名前をサブ名前空間自体に割り当てられているか否かを明確にする必要があり(つまり、「URN:IETF:のparams:DNS:RR-タイプ」です?有効自身でそうであれば、それはどのような名前を付けるん) 。

The template:

テンプレート:

Registry name: -- The name of the sub-namespace. In many cases this should be the same name that the IANA calls the registry itself.

レジストリ名: - サブ名前空間の名前。多くの場合、これはIANAは、レジストリ自体を呼び出すのと同じ名前でなければなりません。

Specification: -- Relevant IETF published documents that define the registry and the items in it.

仕様: - 関連IETFは、レジストリとその中の項目を定義した文書を公表しました。

Repository: -- A pointer to the 'current' location of the registry in the protocol parameters repository or the relevant RFCs that document the items being named. This value will change over time as the entity that maintains the repository moves files and or fileservers. It is not meant as a permanent binding to the filename but as a hint to the IANA for what the initial mapping would be.

リポジトリ: - プロトコルパラメータリポジトリまたは指定されたアイテムを文書関連するRFCにレジストリの「現在」位置へのポインタ。この値は、リポジトリは、ファイルやファイルサーバまたはを動かす維持実体として時間の経過とともに変化します。これは、ファイル名に恒久的な結合としてではなく、最初のマッピングがどうなるかについてIANAへのヒントとしてのものではありません。

Index value: -- Description of how a registered value is to be embedded in the URI form. This MUST include details of any transformations that may be needed for the resulting string to conform to URN syntax rules and any canonicalization needed so that the case-sensitive string comparison yields the expected equivalences.

インデックス値: - 登録された値は、URI形式で埋め込まれるかの説明。これは、構文規則と、大文字と小文字を区別した文字列比較が期待等価性をもたらすように必要な正規化をURNに適合するように、得られた文字列のために必要とされ得る任意の変換の詳細を含まなければなりません。

The process for requesting that a URN be assigned is currently to put the above template or a reference to it in the IANA considerations section of the specifying document. Other more automated processes may be proposed at a latter time if demand requires it.

URNが割り当てられることを要求するためのプロセスは、上記のテンプレートまたは指定文書のIANAの考慮セクションで、それへの参照を入れて、現在あります。需要がそれを必要とする場合、他の多くの自動化されたプロセスは、後者の時に提案することができます。

5. Security Considerations
5.セキュリティについての考慮事項

None not already inherent to using URNs. Security considerations for URNs in general can be found in RFC 2141 [1]. Further security considerations for one specific URN resolution method can be found in Dynamic Delegation Discovery System (DDDS) Part Four: The Uniform Resource Identifiers (URI) Resolution Application (RFC 3404) [5] which is part of a series starting with Dynamic Delegation Discovery System (DDDS) Part One: The Comprehensive DDDS (RFC 3401) [6].

URNを使用して固有のなしではない、既に。一般的にURNのためのセキュリティに関する考慮事項は、RFC 2141に記載されています[1]。一つの特定のURN解決方法のさらなるセキュリティ上の考慮事項は、ダイナミックな委譲発見システムに見出すことができる(DDDS)パート4:統一資源識別子(URI)解像度アプリケーション(RFC 3404)[5]ダイナミックな委譲発見始まるシリーズの一部でありますシステム(DDDS)第一部:総合DDDS(RFC 3401)[6]。

6. IANA Considerations
6. IANAの考慮事項

This document puts a new and significant burden on the IANA since it may require an additional assignment process to happen for each new IANA registry. To minimize the administrative burden on IANA, any parameter namespace registration is very clear about the criteria for inclusion in that namespace.

それはそれぞれの新しいIANAレジストリのために発生する追加の割り当て処理が必要な場合がありますので、この文書は、IANAに新しいと大きな負担をかけます。 IANAの管理者の負担を最小限に抑えるために、任意のパラメータの名前空間の登録は、その名前空間に含めるための基準について非常に明確です。

Defining a registry that fits the constraints of a URN namespace will impose extra discipline that should take some of the guess-work about creating and maintaining that registry.

URN名前空間の制約に合ったレジストリを定義すると、そのレジストリの作成と維持についての推測作業の一部を取る必要があり、余分な規律を課すます。

7. Intellectual Property Statement
7.知的財産権に関する声明

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any intellectual property or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; neither does it represent that it has made any effort to identify any such rights. Information on the IETF's procedures with respect to rights in standards-track and standards-related documentation can be found in BCP-11. Copies of claims of rights made available for publication and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementors or users of this specification can be obtained from the IETF Secretariat.

IETFは、そのような権限下で、ライセンスがたりないかもしれない可能性があるためにどの本書または程度に記載されている技術の実装や使用に関係すると主張される可能性があります任意の知的財産やその他の権利の有効性または範囲に関していかなる位置を取りません利用可能。また、そうした権利を特定するために取り組んできたことを表していないん。スタンダードトラックおよび標準関連文書における権利に関するIETFの手続きの情報は、BCP-11に記載されています。権利の主張のコピーは、出版のために利用可能とライセンスの保証が利用できるようにする、または本仕様の実装者または利用者が、そのような所有権の使用のための一般的なライセンスまたは許可を取得するために作られた試みの結果を得ることができますIETF事務局から。

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights which may cover technology that may be required to practice this standard. Please address the information to the IETF Executive Director.

IETFは、その注意にこの標準を実践するために必要な場合があり技術をカバーすることができる任意の著作権、特許または特許出願、またはその他の所有権を持ってすべての利害関係者を招待します。 IETF専務に情​​報を扱ってください。

8. Normative References
8.引用規格

[1] Moats, R., "URN Syntax", RFC 2141, May 1997.

[1]堀、R.、 "URN構文"、RFC 2141、1997年5月を。

[2] Moats, R., "A URN Namespace for IETF Documents", RFC 2648, August 1999.

[2]堀、R.、 "IETF文書のURN名前空間"、RFC 2648、1999年8月。

[3] Daigle, L., van Gulik, D., Iannella, R. and P. Faltstrom, "Uniform Resource Names (URN) Namespace Definition Mechanisms", BCP 66, RFC 3406, October 2002.

[3] Daigle氏、L.、バンGulik、D.、Iannella、R.とP. Faltstrom、 "統一リソース名(URN)名前空間定義メカニズム"、BCP 66、RFC 3406、2002年10月。

[4] Narten, T. and H. Alvestrand, "Guidelines for Writing an IANA Considerations Section in RFCs", BCP 26, RFC 2434, October 1998.

[4] Narten氏、T.とH. Alvestrand、 "RFCsにIANA問題部に書くためのガイドライン"、BCP 26、RFC 2434、1998年10月。

[5] Mealling, M., "Dynamic Delegation Discovery System (DDDS) Part Four: The Uniform Resource Identifiers (URI)", RFC 3404, February 2002.

[5] Mealling、M.、 "ダイナミックな委譲発見システム(DDDS)第四部:統一資源識別子(URI)"、RFC 3404、2002年2月。

[6] Mealling, M., "Dynamic Delegation Discovery System (DDDS) Part One: The Comprehensive DDDS", RFC 3401, May 2002.

[6] Mealling、M.、 "ダイナミックな委譲発見システム(DDDS)第一部:総合DDDS"、RFC 3401、2002年5月。

[7] Hoffman, P. and M. Blanchet, "Preparation of Internationalized Strings ("stringprep")", RFC 3454, December 2002.

[7]ホフマン、P.及びM.ブランシェ、 "国際化された文字列の調製(" 文字列準備 ")"、RFC 3454、2002年12月。

9. Authors' Addresses
9.著者のアドレス

Michael Mealling VeriSign 21345 Ridgetop Circle Sterling, VA 20166 US

マイケル・メオーリングベリサイン21345 Ridgetopサークルスターリング、バージニア州20166米国

EMail: michael@verisignlabs.com, michael@neonym.net URI: http://www.verisign.com

電子メール:michael@verisignlabs.com、michael@neonym.net URI:http://www.verisign.com

Larry Masinter Adobe Systems Incorporated 345 Park Ave San Jose, CA 95110 US

ラリーMasinter Adob​​e Systems Incorporated(アドビシステムズ社)345パークアベニューサンノゼ、CA 95110米国

Phone: +1 408 536-3024 EMail: LMM@acm.org URI: http://larry.masinter.net

電話:+1 408 536-3024 Eメール:LMM@acm.org URI:http://larry.masinter.net

Ted Hardie Qualcomm, Inc. 675 Campbell Technology Parkway Suite 200 Campbell, CA U.S.A.

テッドハーディークアルコム社675キャンベル・テクノロジー・パークウェイスイート200キャンベル、CA U.S.A.

EMail: hardie@qualcomm.com

メールアドレス:hardie@qualcomm.com

Graham Klyne Nine by Nine

ナインにより、グラハムKlyneナイン

EMail: GK-IETF@ninebynine.org URI: http://www.ninebynine.net/

電子メール:GK-IETF@ninebynine.org URI:http://www.ninebynine.net/

10. Full Copyright Statement
10.完全な著作権声明

Copyright (C) The Internet Society (2003). All Rights Reserved.

著作権(C)インターネット協会(2003)。全著作権所有。

This document and translations of it may be copied and furnished to others, and derivative works that comment on or otherwise explain it or assist in its implementation may be prepared, copied, published and distributed, in whole or in part, without restriction of any kind, provided that the above copyright notice and this paragraph are included on all such copies and derivative works. However, this document itself may not be modified in any way, such as by removing the copyright notice or references to the Internet Society or other Internet organizations, except as needed for the purpose of developing Internet standards in which case the procedures for copyrights defined in the Internet Standards process must be followed, or as required to translate it into languages other than English.

この文書とその翻訳は、コピーして他の人に提供し、それ以外についてはコメントまたは派生物は、いかなる種類の制限もなく、全体的にまたは部分的に、準備コピーし、公表して配布することができることを説明したり、その実装を支援することができます、上記の著作権表示とこの段落は、すべてのそのようなコピーや派生物に含まれていることを条件とします。しかし、この文書自体は著作権のための手順はで定義されている場合には、インターネット標準を開発するために必要なものを除き、インターネットソサエティもしくは他のインターネット関連団体に著作権情報や参照を取り除くなど、どのような方法で変更されないかもしれませんインターネット標準化プロセスが続く、または英語以外の言語に翻訳するために、必要に応じなければなりません。

The limited permissions granted above are perpetual and will not be revoked by the Internet Society or its successors or assigns.

上記の制限は永久で、インターネット学会やその後継者や譲渡者によって取り消されることはありません。

This document and the information contained herein is provided on an "AS IS" basis and THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIMS ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とインターネットソサエティおよびインターネットエンジニアリングタスクフォースはすべての保証を否認し、明示または黙示、その情報の利用がない任意の保証を含むがこれらに限定されない「として、」上に設けられています特定の目的への権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害します。

Acknowledgement

謝辞

Funding for the RFC Editor function is currently provided by the Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。