Network Working Group                                    L. Martini, Ed.
Request for Comments: 4448                                      E. Rosen
Category: Standards Track                            Cisco Systems, Inc.
                                                             N. El-Aawar
                                             Level 3 Communications, LLC
                                                                G. Heron
                                                                 Tellabs
                                                              April 2006
        

Encapsulation Methods for Transport of Ethernet over MPLS Networks

MPLSネットワーク上のイーサネットの輸送のためのカプセル化方法

Status of This Memo

このメモのステータス

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The Internet Society (2006).

著作権(C)インターネット協会(2006)。

Abstract

抽象

An Ethernet pseudowire (PW) is used to carry Ethernet/802.3 Protocol Data Units (PDUs) over an MPLS network. This enables service providers to offer "emulated" Ethernet services over existing MPLS networks. This document specifies the encapsulation of Ethernet/802.3 PDUs within a pseudowire. It also specifies the procedures for using a PW to provide a "point-to-point Ethernet" service.

イーサネット、疑似回線(PW)は、MPLSネットワーク上でイーサネット/ 802.3プロトコルデータユニット(PDU)を運ぶために使用されます。これは、既存のMPLSネットワーク上で「エミュレート」のイーサネット・サービスを提供するサービスプロバイダーを可能にします。この文書は、疑似回線内のEthernet / 802.3 PDUのカプセル化を指定します。また、「ポイント・ツー・ポイントのイーサネット」のサービスを提供するために、PWを使用するための手順を指定します。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................3
   2. Specification of Requirements ...................................6
   3. Applicability Statement .........................................6
   4. Details Specific to Particular Emulated Services ................7
      4.1. Ethernet Tagged Mode .......................................7
      4.2. Ethernet Raw Mode ..........................................8
      4.3. Ethernet-Specific Interface Parameter LDP Sub-TLV ..........8
      4.4. Generic Procedures .........................................9
           4.4.1. Raw Mode vs. Tagged Mode ............................9
           4.4.2. MTU Management on the PE/CE Links ..................11
           4.4.3. Frame Ordering .....................................11
           4.4.4. Frame Error Processing .............................11
           4.4.5. IEEE 802.3x Flow Control Interworking ..............11
      4.5. Management ................................................12
      4.6. The Control Word ..........................................12
      4.7. QoS Considerations ........................................13
   5. Security Considerations ........................................14
   6. PSN MTU Requirements ...........................................14
   7. Normative References ...........................................15
   8. Informative References .........................................15
   9. Significant Contributors .......................................17
   Appendix A. Interoperability Guidelines ...........................20
      A.1. Configuration Options .....................................20
      A.2. IEEE 802.3x Flow Control Considerations ...................21
   Appendix B. QoS Details ...........................................21
      B.1. Adaptation of 802.1Q CoS to PSN CoS .......................22
      B.2. Drop Precedence ...........................................23
        
1. Introduction
1. はじめに

An Ethernet pseudowire (PW) allows Ethernet/802.3 [802.3] Protocol Data Units (PDUs) to be carried over a Multi-Protocol Label Switched [MPLS-ARCH] network. In addressing the issues associated with carrying an Ethernet PDU over a packet switched network (PSN), this document assumes that a pseudowire (PW) has been set up by using a control protocol such as the one as described in [PWE3-CTRL]. The design of Ethernet pseudowire described in this document conforms to the pseudowire architecture described in [RFC3985]. It is also assumed in the remainder of this document that the reader is familiar with RFC 3985.

イーサネット疑似回線(PW)マルチプロトコルラベルは、[MPLS-ARCH]交換ネットワークを介して搬送するイーサネット/ 802.3 [802.3]プロトコルデータユニット(PDU)ができます。パケット上のイーサネットPDUを運ぶに関連する問題に対処するネットワーク(PSN)は、この文書が疑似回線(PW)は、このような[PWE3-CTRL]に記載のように、1つのような制御プロトコルを使用して設定されていることを前提として切り替えます。本書では説明イーサネット疑似回線の設計は、[RFC3985]で説明疑似回線アーキテクチャに準拠しています。また、読者がRFC 3985に精通している。この文書の残りの部分で想定されます。

The Pseudowire Emulation Edge-to-Edge (PWE3) Ethernet PDU consists of the Destination Address, Source Address, Length/Type, MAC Client Data, and padding extracted from a MAC frame as a concatenated octet sequence in their original order [PDU].

擬似ワイヤエミュレーションエッジ・ツー・エッジ(PWE3)イーサネットPDUは、それらの元の順序[PDU]で連結オクテットシーケンスとしてMACフレームから抽出された宛先アドレス、送信元アドレス、長さ/タイプ、MACクライアント・データ、およびパディングで構成されています。

In addition to the Ethernet PDU format used within the pseudowire, this document discusses:

疑似回線内で使用されるイーサネットPDUフォーマットに加えて、この文書では説明します。

- Procedures for using a PW in order to provide a pair of Customer Edge (CE) routers with an emulated (point-to-point) Ethernet service, including the procedures for the processing of Provider Edge (PE)-bound and CE-bound Ethernet PDUs [RFC3985]

- プロバイダエッジ(PE)結合型およびCE-バウンドの処理の手順を含む、エミュレートされた(ポイントツーポイント)イーサネットサービスとカスタマエッジ(CE)ルータのペアを提供するためにPWを使用するための手順イーサネットのPDU [RFC3985]

- Ethernet-specific quality of service (QoS) and security considerations

- イーサネット固有のサービスの品質(QoS)とセキュリティに関する考慮事項

- Inter-domain transport considerations for Ethernet PW

- イーサネットPWのためのドメイン間の輸送の考慮事項

The following two figures describe the reference models that are derived from [RFC3985] to support the Ethernet PW emulated services.

次の2つの図は、イーサネットPWエミュレートされたサービスをサポートするために、[RFC3985]に由来する参照モデルを説明しています。

            |<-------------- Emulated Service ---------------->|
            |                                                  |
            |          |<------- Pseudowire ------->|          |
            |          |                            |          |
            |          |    |<-- PSN Tunnel -->|    |          |
            | PW End   V    V                  V    V  PW End  |
            V Service  +----+                  +----+  Service V
      +-----+    |     | PE1|==================| PE2|     |    +-----+
      |     |----------|............PW1.............|----------|     |
      | CE1 |    |     |    |                  |    |     |    | CE2 |
      |     |----------|............PW2.............|----------|     |
      +-----+  ^ |     |    |==================|    |     | ^  +-----+
            ^  |       +----+                  +----+     | |  ^
            |  |   Provider Edge 1         Provider Edge 2  |  |
            |  |                                            |  |
      Customer |                                            | Customer
      Edge 1   |                                            | Edge 2
               |                                            |
               |                                            |
      Attachment Circuit (AC)                    Attachment Circuit (AC)
      native Ethernet service                    native Ethernet service
        

Figure 1: PWE3 Ethernet/VLAN Interface Reference Configuration

図1:PWE3イーサネット/ VLANインターフェイスのリファレンスの設定

The "emulated service" shown in Figure 1 is, strictly speaking, a bridged LAN; the PEs have MAC interfaces, consume MAC control frames, etc. However, the procedures specified herein only support the case in which there are two CEs on the "emulated LAN". Hence we refer to this service as "emulated point-to-point Ethernet". Specification of the procedures for using pseudowires to emulate LANs with more than two CEs are out of the scope of the current document.

図1に示す「エミュレートされたサービスは、」厳密に、ブリッジLANを言えば、です。 PEは、MACインターフェースを有する等MAC制御フレームを、消費しかしながら、本明細書で指定された手順は、「エミュレートLAN」上の2つのCEがある場合をサポートします。したがって、私たちは「エミュレートされたポイントツーポイントイーサネット」として、このサービスを参照してください。二つ以上のCEでLANをエミュレートする疑似回線を使用するための手順の仕様は、現在の文書の範囲外です。

   +-------------+                                +-------------+
   |  Emulated   |                                |  Emulated   |
   |  Ethernet   |                                |  Ethernet   |
   | (including  |         Emulated Service       | (including  |
   |  VLAN)      |<==============================>|  VLAN)      |
   |  Services   |                                |  Services   |
   +-------------+           Pseudowire           +-------------+
   |Demultiplexer|<==============================>|Demultiplexer|
   +-------------+                                +-------------+
   |    PSN      |            PSN Tunnel          |    PSN      |
   |   MPLS      |<==============================>|   MPLS      |
   +-------------+                                +-------------+
   |  Physical   |                                |  Physical   |
   +-----+-------+                                +-----+-------+
        

Figure 2: Ethernet PWE3 Protocol Stack Reference Model

図2:イーサネットPWE3プロトコルスタック参照モデル

For the purpose of this document, PE1 will be defined as the ingress router, and PE2 as the egress router. A layer 2 PDU will be received at PE1, encapsulated at PE1, transported, decapsulated at PE2, and transmitted out on the attachment circuit of PE2.

このドキュメントの目的のために、PE1は、出口ルータとして入口ルータとして定義され、PE2されます。レイヤ2 PDUは、PE1で受信PE1にカプセル化、輸送、PE2でデカプセル化、及びPE2の接続回線上で送信されます。

An Ethernet PW emulates a single Ethernet link between exactly two endpoints. The mechanisms described in this document are agnostic to that which is beneath the "Pseudowire" level in Figure 2, concerning itself only with the "Emulated Service" portion of the stack.

イーサネットPWは正確に2つのエンドポイント間の単一のイーサネットリンクをエミュレートします。本書で説明されたメカニズムは、スタックの「エミュレートサービス」部分で自身について、図2の「疑似」レベルの下にあるものにとらわれています。

The following reference model describes the termination point of each end of the PW within the PE:

以下の参照モデルは、PE内PWの各端部の終端点を示します。

           +-----------------------------------+
           |                PE                 |
   +---+   +-+  +-----+  +------+  +------+  +-+
   |   |   |P|  |     |  |PW ter|  | PSN  |  |P|
   |   |<==|h|<=| NSP |<=|minati|<=|Tunnel|<=|h|<== From PSN
   |   |   |y|  |     |  |on    |  |      |  |y|
   | C |   +-+  +-----+  +------+  +------+  +-+
   | E |   |                                   |
   |   |   +-+  +-----+  +------+  +------+  +-+
   |   |   |P|  |     |  |PW ter|  | PSN  |  |P|
   |   |==>|h|=>| NSP |=>|minati|=>|Tunnel|=>|h|==> To PSN
   |   |   |y|  |     |  |on    |  |      |  |y|
   +---+   +-+  +-----+  +------+  +------+  +-+
           |                                   |
           +-----------------------------------+
                       ^         ^         ^
                       |         |         |
                       A         B         C
        

Figure 3: PW Reference Diagram

図3:PW参考図

The PW terminates at a logical port within the PE, defined at point B in the above diagram. This port provides an Ethernet MAC service that will deliver each Ethernet frame that is received at point A, unaltered, to the point A in the corresponding PE at the other end of the PW.

PWは、上図のB点で定義されたPE内の論理ポートで終端します。このポートは、PWの他端に対応するPEの点A、点A、不変で受信される各イーサネットフレームを送出するイーサネットMACサービスを提供します。

The Native Service Processing (NSP) function includes frame processing that is required for the Ethernet frames that are forwarded to the PW termination point. Such functions may include stripping, overwriting or adding VLAN tags, physical port multiplexing and demultiplexing, PW-PW bridging, L2 encapsulation, shaping, policing, etc. These functions are specific to the Ethernet technology, and may not be required for the PW emulation service.

ネイティブサービス処理(NSP)関数は、PW終了ポイントに転送されるイーサネットフレームのために必要とされるフレームの処理を含みます。そのような機能は、これらの機能は、イーサネット技術に固有の、及びPWエミュレーションのために必要とされないこと等VLANタグを、ストリッピング上書きまたは追加して、物理ポート多重分離、PW-PWブリッジ、L2カプセル化、成形、ポリシングを含んでいてもよいですサービス。

The points to the left of A, including the physical layer between the CE and PE, and any adaptation (NSP) functions between it and the PW terminations, are outside of the scope of PWE3 and are not defined here.

CEおよびPE間の物理層、及びそれとPW終端との間の適合(NSP)機能を含むAの左側の点は、PWE3の範囲の外であり、ここで定義されていません。

"PW Termination", between A and B, represents the operations for setting up and maintaining the PW, and for encapsulating and decapsulating the Ethernet frames as necessary to transmit them across the MPLS network.

AとBの間の「PW終了」は、設定およびPWを維持するため、およびMPLSネットワークを介して送信するために、必要に応じてイーサネットフレームをカプセル化し、デカプセル化する動作を表します。

An Ethernet PW operates in one of two modes: "raw mode" or "tagged mode". In tagged mode, each frame MUST contain at least one 802.1Q [802.1Q] VLAN tag, and the tag value is meaningful to the NSPs at the two PW termination points. That is, the two PW termination points must have some agreement (signaled or manually configured) on how to process the tag. On a raw mode PW, a frame MAY contain an 802.1Q VLAN tag, but if it does, the tag is not meaningful to the NSPs, and passes transparently through them.

「Rawモード」または「タグ付きモード」:イーサネットPWは、2つのモードのいずれかで動作します。タグ付きモードで、各フレームは、少なくとも一つの802.1Q [802.1Q] VLANタグを含まなければなりません、そして、タグ値は、2つのPW終端点でのNSPに有意義です。つまり、2つのPW終端点は、タグを処理する方法についていくつかの合意(シグナリングまたは手動で設定)を有していなければなりません。 rawモードPWで、フレームは、802.1Q VLANタグを含んでいてもよいが、それがない場合、タグはNSPのに意味がない、そしてそれらを介して透過的に渡します。

Additional terminology relevant to pseudowires and Layer 2 Virtual Private Networking may be found in [RFC4026].

疑似回線およびレイヤ2仮想プライベートネットワークに関連する追加の用語は、[RFC4026]で見つけられるかもしれません。

2. Specification of Requirements
要件の2仕様

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", および "OPTIONAL" はRFC 2119 [RFC2119]に記載されているように解釈されます。

3. Applicability Statement
3.適用性に関する声明

The Ethernet PW emulation allows a service provider to offer a "port to port" Ethernet-based service across an MPLS packet switched network (PSN) while the Ethernet VLAN PW emulation allows an "Ethernet VLAN to VLAN" based service across an MPLS packet switched network (PSN).

イーサネットVLAN PWエミュレーションは、MPLSパケットを横切る「VLANへのイーサネットVLAN」ベースのサービスを切り替えることができながら、MPLSパケットがネットワーク(PSN)を切り替え横切っイーサネットPWエミュレーションは、サービスプロバイダが「ポートポートに」イーサネットベースのサービスを提供することを可能にしますネットワーク(PSN)。

The Ethernet or Ethernet VLAN PW has the following characteristics in relationship to the respective native service:

イーサネットまたはイーサネットVLAN PWは、それぞれのネイティブサービスとの関係で次のような特徴があります。

- An Ethernet PW connects two Ethernet ACs while an Ethernet VLAN PW connects two Ethernet VLAN ACs, supporting bidirectional transport of variable length Ethernet frames. The ingress Native Service Processing (NSP) function strips the preamble and frame check sequence (FCS) from the Ethernet frame and transports the frame in its entirety across the PW. This is done regardless of the presence of the 802.1Q tag in the frame. The egress NSP function receives the Ethernet frame from the PW and regenerates the preamble or FCS before forwarding the frame to the attachment circuit. Since the FCS is not transported across either Ethernet or Ethernet VLAN PWs, payload integrity transparency may be lost. The OPTIONAL method described in [FCS] can be used to achieve payload integrity transparency on Ethernet or Ethernet VLAN PWs.

- イーサネットVLAN PWは、可変長イーサネットフレームの双方向転送をサポートする、2つのイーサネットVLAN ACSを接続しているイーサネットPWは、2つのイーサネットACSが接続されています。入口ネイティブサービス処理(NSP)関数は、イーサネットフレームからプリアンブル及びフレームチェックシーケンス(FCS)を取り除き、PWを横切るその全体がフレームを搬送します。これは、フレーム内の802.1Qタグの存在に関係なく行われます。出口NSP機能がPWからイーサネットフレームを受信し、接続回線にフレームを転送する前にプリアンブルやFCSを再生します。 FCSはイーサネットまたはイーサネットVLAN PWを横切って輸送されていないので、ペイロードの整合性、透明性が失われることがあります。 [FCS]に記載の任意の方法は、イーサネットまたはイーサネットVLANのPWにペイロードの整合性、透明性を達成するために使用することができます。

- For an Ethernet VLAN PW, VLAN tag rewrite can be achieved by NSP at the egress PE, which is outside the scope of this document.

- イーサネットVLAN PW、VLANタグの書き換えについては、この文書の範囲外である出口PE、でNSPによって達成することができます。

- The Ethernet or Ethernet VLAN PW only supports homogeneous Ethernet frame type across the PW; both ends of the PW must be either tagged or untagged. Heterogeneous frame type support achieved with NSP functionality is outside the scope of this document.

- イーサネットまたはイーサネットVLAN PWのみPWを横切る均一なイーサネットフレームタイプをサポートします。 PWの両端には、タグ付きまたはタグなしのいずれかでなければなりません。 NSP機能で達成異種フレームタイプのサポートは、この文書の範囲外です。

- Ethernet port or Ethernet VLAN status notification is provided using the PW Status TLV in the Label Distribution Protocol (LDP) status notification message. Loss of connectivity between PEs can be detected by the LDP session closing, or by using [VCCV] mechanisms. The PE can convey these indications back to its attached Remote System.

- イーサネットポートまたはイーサネットVLAN状態通知は、ラベル配布プロトコル(LDP)ステータス通知メッセージにPWステータスTLVを使用して提供されます。 PE間接続性の損失は、LDPセッションを閉じることによって、または[VCCV]メカニズムを使用して検出することができます。 PEは戻ってその付属のリモートシステムにこれらの指示を伝えることができます。

- The maximum frame size that can be supported is limited by the PSN MTU minus the MPLS header size, unless fragmentation and reassembly are used [FRAG].

- 断片化と再アセンブリが[FRAG]使用されていない限り、サポートされていることができる最大フレームサイズは、PSN MTUマイナスMPLSヘッダサイズによって制限されます。

- The packet switched network may reorder, duplicate, or silently drop packets. Sequencing MAY be enabled in the Ethernet or Ethernet VLAN PW to detect lost, duplicate, or out-of-order packets on a per-PW basis.

- パケットは、並べ替え、複製、または静かにパケットをドロップすることがネットワークを切り替えました。配列決定はあたり-PW基づいて、失われた検出複製、またはアウトオブオーダーパケットにイーサネットまたはイーサネットVLAN PWで有効にすることができます。

- The faithfulness of an Ethernet or Ethernet VLAN PW may be increased by leveraging Quality of Service features of the PEs and the underlying PSN. (See Section 4.7, "QoS Considerations".)

- イーサネットまたはイーサネットVLAN PWの忠実は、PEのサービス品質の機能と基本的なPSNを活用することによって増加させることができます。 (セクション4.7、 "QoSの考慮事項" を参照してください。)

4. Details Specific to Particular Emulated Services
特にエミュレートサービスに固有4.詳細
4.1. Ethernet Tagged Mode
4.1. イーサネットタグ付きモード

The Ethernet frame will be encapsulated according to the procedures defined later in this document for tagged mode. It should be noted that if the VLAN identifier is modified by the egress PE, the Ethernet spanning tree protocol might fail to work properly. If this issue is of significance, the VLAN identifier MUST be selected in such a way that it matches on the attachment circuits at both ends of the PW.

イーサネットフレームがタグ付けされたモードについては、この文書の後半で定義された手順に従ってカプセル化されるであろう。 VLAN識別子が出口PEによって変更された場合、スパニングツリープロトコル、イーサネットが正常に動作しないかもしれないことに留意すべきです。この問題は重要である場合は、VLAN識別子は、それがPWの両端の接続回線に一致するように選択されなければなりません。

If the PE detects a failure on the Ethernet physical port, or the port is administratively disabled, it MUST send a PW status notification message for all PWs associated with the port.

PEがイーサネット物理ポート上の障害を検出するか、ポートが管理上無効になっている場合は、ポートに関連付けられているすべてのPWsのためのPW状態通知メッセージを送らなければなりません。

This mode uses service-delimiting tags to map input Ethernet frames to respective PWs and corresponds to PW type 0x0004 "Ethernet Tagged Mode" [IANA].

このモードでは、それぞれのPWに入力したイーサネットフレームをマッピングするサービス区切りタグを使用し、PW型0x0004は、「イーサネット(登録商標)タグ付きモード」[IANA]に相当します。

4.2. Ethernet Raw Mode
4.2. イーサネットrawモード

The Ethernet frame will be encapsulated according to the procedures defined later in this document for raw mode. If the PE detects a failure on the Ethernet input port, or the port is administratively disabled, the PE MUST send an appropriate PW status notification message to the corresponding remote PE.

イーサネットフレームは、rawモードのために後でこの文書で定義された手順に従ってカプセル化されるであろう。 PEは、イーサネット入力ポート上の障害を検出し、またはポートが管理上無効にされている場合、PEは、対応するリモートPEに適切なPW状態通知メッセージを送らなければなりません。

In this mode, all Ethernet frames received on the attachment circuit of PE1 will be transmitted to PE2 on a single PW. This service corresponds to PW type 0x0005 "Ethernet" [IANA].

このモードでは、PE1の接続回線上で受信されたすべてのイーサネットフレームは、単一のPWにPE2に送信されます。このサービスは、PWタイプ0x0005「イーサネット」[IANA]に対応しています。

4.3. Ethernet-Specific Interface Parameter LDP Sub-TLV
4.3. イーサネット固有のインタフェースパラメータLDPサブTLV

This LDP sub-Type Length Value [LDP] specifies interface-specific parameters. When applicable, it MUST be used to validate that the PEs, and the ingress and egress ports at the edges of the circuit, have the necessary capabilities to interoperate with each other. The Interface parameter TLV is defined in [PWE3-CTRL], the IANA registry with initial values for interface parameter sub-TLV types is defined in [IANA], but the Ethernet-specific interface parameters are specified as follows:

このLDPサブタイプ長さ値[LDP]はインターフェイス固有のパラメータを指定します。適用可能な場合、PES、及び回路のエッジで入力および出力ポートは、相互運用するために必要な能力を有することを検証するために使用されなければなりません。インタフェースパラメータTLVは[PWE3-CTRL]で定義され、インタフェースパラメータサブTLVタイプの初期値をIANAレジストリが[IANA]で定義されているが、以下のように、イーサネット固有のインターフェイスパラメータが指定されています。

- 0x06 Requested VLAN ID Sub-TLV

- 0x06のVLAN IDサブTLV要求

An Optional 16-bit value indicating the requested VLAN ID. This parameter MUST be used by a PE that is incapable of rewriting the 802.1Q Ethernet VLAN tag on output. If the ingress PE receives this request, it MUST rewrite the VLAN ID contained inside the VLAN Tag at the input to match the requested VLAN ID. If this is not possible, and the VLAN ID does not already match the configured ingress VLAN ID, the PW MUST not be enabled. This parameter is applicable only to PW type 0x0004.

要求されたVLAN IDを示すオプションの16ビット値。このパラメータは、出力に802.1QイーサネットVLANタグを書き換えることができないPEによって使用されなければなりません。入口PEがこの要求を受信すると、要求されたVLAN IDと一致する入力でVLANタグ内に含まれるVLAN IDを書き換える必要があります。これが不可能であり、VLAN IDがすでに設定入力VLAN IDと一致しない場合、PWを有効にすることはできません。このパラメータは、PWタイプ0x0004はに適用されます。

4.4. Generic Procedures
4.4. 一般的な手順

When the NSP/Forwarder hands a frame to the PW termination function:

NSP /フォワーダはPW終端機能にフレームを渡すとき:

- The preamble (if any) and FCS are stripped off.

- プリアンブル(もしあれば)及びFCSが剥離されます。

- The control word as defined in Section 4.6, "The Control Word", is, if necessary, prepended to the resulting frame. The conditions under which the control word is or is not used are specified below.

- セクション4.6で定義されるように制御ワードは、「制御ワード」は、必要に応じて、得られたフレームに付加されています。制御ワードであるか、または使用されていない条件を以下に指定されています。

- The proper pseudowire demultiplexer (PW Label) is prepended to the resulting packet.

- 適切な疑似デマルチプレクサ(PWラベル)は、結果として、パケットの先頭に付加されます。

- The proper tunnel encapsulation is prepended to the resulting packet.

- 適切なトンネルカプセル化は、結果パケットに付加されています。

- The packet is transmitted.

- パケットが送信されます。

The way in which the proper tunnel encapsulation and pseudowire demultiplexer is chosen depends on the procedures that were used to set up the pseudowire.

適切なトンネルカプセル化と疑似回線のデマルチプレクサが選択された方法は、疑似回線を設定するために使用された手順に依存します。

The tunnel encapsulation depends on how the MPLS PSN is set up. This can include no label, one label, or multiple labels. The proper pseudowire demultiplexer is an MPLS label whose value is determined by the PW setup and maintenance protocols.

トンネルカプセル化は、MPLS PSNが設定されている方法によって異なります。これは何のラベル、1つのラベル、または複数のラベルを含めることはできません。適切なスードワイヤデマルチプレクサは、その値がPWのセットアップやメンテナンスプロトコルによって決定されたMPLSラベルです。

When a packet arrives over a PW, the tunnel encapsulation and PW demultiplexer are stripped off. If the control word is present, it is processed and stripped off. The resulting frame is then handed to the Forwarder/NSP. Regeneration of the FCS is considered to be an NSP responsibility.

パケットがPW上に到着すると、トンネルカプセル化とPWデマルチプレクサが剥離されます。制御ワードが存在する場合、それが処理され、剥ぎ取られます。得られたフレームは、次に、フォワーダ/ NSPに渡されます。 FCSの再生はNSPの責任であると考えられています。

4.4.1. Raw Mode vs. Tagged Mode
4.4.1. タグ付きモード対rawモード

When the PE receives an Ethernet frame, and the frame has a VLAN tag, we can distinguish two cases:

PEは、イーサネットフレームを受信し、フレームがVLANタグを有している場合、我々は2つのケースを区別することができます。

1. The tag is service-delimiting. This means that the tag was placed on the frame by some piece of service provider-operated equipment, and the tag is used by the service provider to distinguish the traffic. For example, LANs from different customers might be attached to the same service provider switch, which applies VLAN tags to distinguish one customer's traffic from another's, and then forwards the frames to the PE.

1.タグは、サービス区切りです。これは、タグは、サービスプロバイダ操作装置の一部の部品によってフレーム上に置き、そしてタグがトラフィックを区別するためにサービスプロバイダによって使用されることを意味します。例えば、異なる顧客からのLANは別のから1人の顧客のトラフィックを区別するためにVLANタグを適用し、その後、PEにフレームを転送し、同じサービスプロバイダーのスイッチに接続されることがあります。

2. The tag is not service-delimiting. This means that the tag was placed in the frame by a piece of customer equipment, and is not meaningful to the PE.

2.タグは、サービス区切りではありません。これは、タグは顧客装置の部品によってフレーム内に配置したことを意味し、そしてPEに意味はありません。

Whether or not the tag is service-delimiting is determined by local configuration on the PE.

タグがサービス区切りであるか否かは、PE上のローカル構成によって決定されます。

If an Ethernet PW is operating in raw mode, service-delimiting tags are NEVER sent over the PW. If a service-delimiting tag is present when the frame is received from the attachment circuit by the PE, it MUST be stripped (by the NSP) from the frame before the frame is sent to the PW.

イーサネットPWは、rawモードで動作している場合は、サービス区切りのタグはPWを介して送信されることはありません。サービス区切りタグが存在する場合、フレームはPEによって接続回線から受信されたときにフレームがPWに送信される前に、それがフレームから(NSPによって)ストリッピングされなければなりません。

If an Ethernet PW is operating in tagged mode, every frame sent on the PW MUST have a service-delimiting VLAN tag. If the frame as received by the PE from the attachment circuit does not have a service-delimiting VLAN tag, the PE must prepend the frame with a dummy VLAN tag before sending the frame on the PW. This is the default operating mode. This is the only REQUIRED mode.

イーサネットPWがタグ付けされたモードで動作している場合は、PWに送られたすべてのフレームは、サービス区切りVLANタグを持たなければなりません。接続回線からPEによって受信されたフレームは、サービス区切りVLANタグを持っていない場合、PEはPWにフレームを送信する前に、ダミーのVLANタグを持つ枠を付加しなければなりません。これはデフォルトの動作モードです。これが唯一のREQUIREDモードです。

In both modes, non-service-delimiting tags are passed transparently across the PW as part of the payload. It should be noted that a single Ethernet packet may contain more than one tag. At most, one of these tags may be service-delimiting. In any case, the NSP function may only inspect the outermost tag for the purpose of adapting the Ethernet frame to the pseudowire.

どちらのモードでも、非サービス区切りのタグは、ペイロードの一部として、PW間で透過的に渡されます。 1つのイーサネットパケットは複数のタグが含まれていてもよいことに留意すべきです。せいぜい、これらのタグの一つは、サービス区切りかもしれません。いずれの場合においても、NSP機能は、疑似回線にイーサネットフレームを適応させるために最も外側のタグを検査することができます。

In both modes, the service-delimiting tag values have only local significance, i.e., are meaningful only at a particular PE-CE interface. When tagged mode is used, the PE that receives a frame from the PW may rewrite the tag value, or may strip the tag entirely, or may leave the tag unchanged, depending on its configuration. When raw mode is used, the PE that receives a frame may or may not need to add a service-delimiting tag before transmitting the frame on the attachment circuit; however, it MUST not rewrite or remove any tags that are already present.

両方のモードにおいて、サービス区切りタグの値は、ローカルな意味を有する、すなわち、特定のPE-CEインターフェイスで有意義です。タグ付けされたモードを使用する場合、PWからフレームを受信したPEは、タグ値を書き換えることができる、または完全にタグを取り除くことができる、またはその構成に応じて、変化しないタグを残すことができます。 rawモードが使用される場合、フレームを受信したPEは、OR接続回線上のフレームを送信する前に、サービス区切りタグを追加する必要があってもなくてもよいです。しかし、それは既に存在している任意のタグを書き換えたり削除してはいけません。

The following table illustrates the operations that might be performed at input from the attachment circuit:

次の表は、接続回線からの入力で実行されるかもしれない動作を示します。

   +-----------------------------------------------------------+
   |       Tag-> |  service delimiting | non service delimiting|
   |-------------+---------------------+-----------------------|
   |   Raw Mode  | 1st VLAN Tag Removed| no operation performed|
   |-------------+---------------------+-----------------------|
   | Tagged Mode | NO OP or Tag Added  |     Tag Added         |
   +-----------------------------------------------------------+
        
4.4.2. MTU Management on the PE/CE Links
4.4.2. PE / CEリンク上のMTUの管理

The Ethernet PW MUST NOT be enabled unless it is known that the MTUs of the CE-PE links are the same at both ends of the PW. If an egress router receives an encapsulated layer 2 PDU whose payload length (i.e., the length of the PDU itself without any of the encapsulation headers) exceeds the MTU of the destination layer 2 interface, the PDU MUST be dropped.

CE-PEリンクののMTUは、PWの両端で同じであることが知られていない限り、イーサネットPWを有効にしないでください。出口ルータは、そのペイロード長(カプセル化ヘッダーのいずれかせずPDU自体の、すなわち、長さ)宛先レイヤ2インターフェースのMTUを超えるカプセル化レイヤ2 PDUを受信した場合、PDUは破棄されなければなりません。

4.4.3. Frame Ordering
4.4.3. フレーム順序

In general, applications running over Ethernet do not require strict frame ordering. However, the IEEE definition of 802.3 [802.3] requires that frames from the same conversation in the context of link aggregation (clause 43) are delivered in sequence. Moreover, the PSN cannot (in the general case) be assumed to provide or to guarantee frame ordering. An Ethernet PW can, through use of the control word, provide strict frame ordering. If this option is enabled, any frames that get misordered by the PSN will be dropped or reordered by the receiving PW endpoint. If strict frame ordering is a requirement for a particular PW, this option MUST be enabled.

一般的には、イーサネット上で実行中のアプリケーションは、厳密なフレーム順序を必要としません。しかし、802.3 [802.3]のIEEE定義は、リンクアグリゲーション(条項43)の文脈で同じ会話からのフレームが連続して送達されることを必要とします。また、PSNは、(一般的な場合)を提供するか、フレーム順序を保証すると仮定することはできません。イーサネットPWは、制御ワードを使用して、厳格なフレーム順序を提供することができます。このオプションを有効にすると、PSNでmisordered得る任意のフレームは廃棄されるか、または受信PWエンドポイントによって並べ替えされます。厳格なフレームの順序が特定のPWのための要件である場合は、このオプションを有効にする必要があります。

4.4.4. Frame Error Processing
4.4.4. フレームエラー処理

An encapsulated Ethernet frame traversing a pseudowire may be dropped, corrupted, or delivered out-of-order. As described in [PWE3-REQ], frame loss, corruption, and out-of-order delivery are considered to be a "generalized bit error" of the pseudowire. PW frames that are corrupted will be detected at the PSN layer and dropped.

疑似回線を横断カプセル化されたイーサネットフレームは、落下破損、またはアウトオブオーダ送達することができます。 [PWE3-REQ]で説明されるように、フレームの損失、破損、及びアウトオブオーダー配信は疑似回線の「一般化されたビットエラー」であると見なされます。破損しているPWフレームはPSN層で検出され、削除されます。

At the ingress of the PW, the native Ethernet frame error processing mechanisms MUST be enabled. Therefore, if a PE device receives an Ethernet frame containing hardware-level Cyclic Redundancy Check (CRC) errors, framing errors, or a runt condition, the frame MUST be discarded on input. Note that defining this processing is part of the NSP function and is outside the scope of this document.

PWの入口で、ネイティブイーサネットフレームエラー処理メカニズムを有効にする必要があります。 PEデバイスは、ハードウェア・レベルの巡回冗長検査(CRC)エラー、フレーミングエラー、またはラント状態を含むイーサネットフレームを受信した場合、したがって、フレームは、入力時に廃棄されなければなりません。この処理の定義NSP機能の一部であり、この文書の範囲外であることに留意されたいです。

4.4.5. IEEE 802.3x Flow Control Interworking
4.4.5. IEEE 802.3xのフロー制御のインターワーキング

In a standard Ethernet network, the flow control mechanism is optional and typically configured between the two nodes on a point-to-point link (e.g., between the CE and the PE). IEEE 802.3x PAUSE frames MUST NOT be carried across the PW. See Appendix A for notes on CE-PE flow control.

標準のイーサネットネットワークにおいて、フロー制御機構はオプションであり、典型的には、(CEとPEの間で、例えば、)ポイントツーポイントリンク上の2つのノード間で構成されています。 IEEE 802.3XのPAUSEフレームは、PW間で行われてはなりません。 CE-PEフロー制御に関する注意事項については、付録Aを参照してください。

4.5. Management
4.5. 管理

The Ethernet PW management model follows the general PW management model defined in [RFC3985] and [PWE3-MIB]. Many common PW management facilities are provided here, with no additional Ethernet specifics necessary. Ethernet-specific parameters are defined in an additional MIB module, [PW-MIB].

イーサネットPW管理モデルは、一般的な[RFC3985]で定義されたPW管理モデルと[PWE3-MIB]を以下。多くの一般的なPW管理機能は必要ありません追加のイーサネット仕様で、ここに提供されています。イーサネット固有のパラメータは、[PW-MIB]、追加のMIBモジュールで定義されています。

4.6. The Control Word
4.6. 制御ワード

The control word defined in this section is based on the Generic PW MPLS Control Word as defined in [PWE3-CW]. It provides the ability to sequence individual frames on the PW, avoidance of equal-cost multiple-path load-balancing (ECMP) [RFC2992], and Operations and Management (OAM) mechanisms including VCCV [VCCV].

[PWE3-CW]で定義されるように、このセクションで定義されたコントロールワードは、汎用PW MPLS制御ワードに基づいています。これは、個々のPWにフレーム、等コストマルチパスロードバランシング(ECMP)[RFC2992]の回避、およびVCCV [VCCV]を含む運用管理(OAM)メカニズムを配列決定する能力を提供します。

[PWE3-CW] states, "If a PW is sensitive to packet misordering and is being carried over an MPLS PSN that uses the contents of the MPLS payload to select the ECMP path, it MUST employ a mechanism which prevents packet misordering." This is necessary because ECMP implementations may examine the first nibble after the MPLS label stack to determine whether the labelled packet is IP or not. Thus, if the source MAC address of an Ethernet frame carried over the PW without a control word present begins with 0x4 or 0x6, it could be mistaken for an IPv4 or IPv6 packet. This could, depending on the configuration and topology of the MPLS network, lead to a situation where all packets for a given PW do not follow the same path. This may increase out-of-order frames on a given PW, or cause OAM packets to follow a different path than actual traffic (see Section 4.4.3, "Frame Ordering").

[PWE3-CW]の状態、「PWパケットの誤った順序に敏感であり、ECMP経路を選択するために、MPLSペイロードの内容を使用したMPLS PSN上に担持されている場合、それはパケット誤った順序を防止する機構を採用しなければなりません」。 ECMP実装がラベル付きパケットがIPであるかどうかを判断するためのMPLSラベルスタックの後の最初のニブルを調べることができるので、これが必要です。現在の制御ワードなしPWを介して搬送されるイーサネットフレームの送信元MACアドレスが0x4のまたは0x6に始まる場合したがって、それは、IPv4またはIPv6パケットのために誤解される可能性があります。これは、コンフィギュレーションおよびMPLSネットワークのトポロジに応じて、与えられたPWのためのすべてのパケットが同じパスに従わない状況につながる可能性があります。これは、与えられたPWでアウトオブオーダーフレームを増やす、または実際のトラフィック(4.4.3、「フレーム順序」を参照)とは異なるパスに従うことをOAMパケットを引き起こす可能性があります。

The features that the control word provides may not be needed for a given Ethernet PW. For example, ECMP may not be present or active on a given MPLS network, strict frame sequencing may not be required, etc. If this is the case, the control word provides little value and is therefore optional. Early Ethernet PW implementations have been deployed that do not include a control word or the ability to process one if present. To aid in backwards compatibility, future implementations MUST be able to send and receive frames without the control word present.

制御ワードが提供する機能は、指定されたイーサネットPWのために必要とされないかもしれません。例えば、ECMPが所与のMPLSネットワーク上に存在するか、またはアクティブではないかもしれない、厳密なフレームシーケンシングが必要とされないかもしれない、など。このような場合、制御ワードはほとんど価値を提供し、従って任意です。初期のイーサネットPWの実装では、制御ワードまたは存在する場合1を処理する能力を含んでいないことに配備されています。後方互換性を支援するために、将来の実装は、現在の制御ワードなしでフレームを送受信できなければなりません。

In all cases, the egress PE MUST be aware of whether the ingress PE will send a control word over a specific PW. This may be achieved by configuration of the PEs, or by signaling, as defined in [PWE3-CTRL].

全ての場合において、出口PEは、入口PEが特定のPWを介して制御ワードを送信するかどうかを知っていなければなりません。 [PWE3 - CTRL]で定義されるように、これは、PEの構成によって、またはシグナリングすることによって達成することができます。

The control word is defined as follows:

次のように制御ワードが定義されています。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |0 0 0 0|   Reserved            |       Sequence Number         |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

In the above diagram, the first 4 bits MUST be set to 0 to indicate PW data. The rest of the first 16 bits are reserved for future use. They MUST be set to 0 when transmitting, and MUST be ignored upon receipt.

上記の図では、最初の4ビットはPWデータを示すために0に設定しなければなりません。最初の16ビットの残りは、将来の使用のために予約されています。彼らは、送信時に0に設定しなければならなくて、受信時に無視しなければなりません。

The next 16 bits provide a sequence number that can be used to guarantee ordered frame delivery. The processing of the sequence number field is OPTIONAL.

次の16ビットは、順序付けられたフレーム配信を保証するために使用することができるシーケンス番号を提供します。シーケンス番号フィールドの処理は任意です。

The sequence number space is a 16-bit, unsigned circular space. The sequence number value 0 is used to indicate that the sequence number check algorithm is not used. The sequence number processing algorithm is found in [PWE3-CW].

シーケンス番号空間は、16ビット符号なし円形の空間です。シーケンス番号値0は、シーケンス番号チェックアルゴリズムが使用されていないことを示すために使用されます。シーケンス番号処理アルゴリズムは[PWE3-CW]に見出されます。

4.7. QoS Considerations
4.7. QoSの注意事項

The ingress PE MAY consider the user priority (PRI) field [802.1Q] of the VLAN tag header when determining the value to be placed in a QoS field of the encapsulating protocol (e.g., the EXP fields of the MPLS label stack). In a similar way, the egress PE MAY consider the QoS field of the encapsulating protocol (e.g., the EXP fields of the MPLS label stack) when queuing the frame for transmission towards the CE.

カプセル化プロトコル(例えば、MPLSラベルスタックのEXPフィールド)のQoSフィールドに置かれるべき値を決定する際に入口PEは、VLANタグ・ヘッダのユーザ優先度(PRI)フィールド[802.1Q]を考慮してもよいです。同様に、出口PEは、カプセル化プロトコルのQoSフィールドを考慮することができる(例えば、MPLSラベルスタックのEXPフィールド)CEに向かって伝送するためのフレームをキューイングします。

A PE MUST support the ability to carry the Ethernet PW as a best-effort service over the MPLS PSN. PRI bits are kept transparent between PE devices, regardless of the QoS support of the PSN.

PEは、MPLS PSNの上にベストエフォート型のサービスとして、イーサネットPWを運ぶ能力をサポートしなければなりません。 PRIビットは関係なく、PSNのQoSサポートの、PEデバイス間で透明に維持されます。

If an 802.1Q VLAN field is added at the PE, a default PRI setting of zero MUST be supported, a configured default value is recommended, or the value may be mapped from the QoS field of the PSN, as referred to above.

802.1Q VLANフィールドがPEで添加される場合、ゼロのデフォルトPRI設定が設定されたデフォルト値が推奨され、サポートしなければならない、又は上記で言及した値が、PSNのQoSフィールドからマッピングされてもよいです。

A PE may support additional QoS support by means of one or more of the following methods:

PEは、以下の方法のうちの1つまたは複数の手段によって追加のQoSサポートをサポートすることができます。

i. One class of service (CoS) per PW End Service (PWES), mapped to a single CoS PW at the PSN. ii. Multiple CoS per PWES mapped to a single PW with multiple CoS at the PSN. iii. Multiple CoS per PWES mapped to multiple PWs at the PSN.

私。単一のCoS PSNでのPWにマッピングされたPWエンドサービス(PWES)あたりのサービスの一つのクラス(CoS)の、。 II。 PSNで複数のCoSを有する単一PWにマッピングPWESごとに複数のCoS。 III。 PWESごとに複数のCoSがPSNで複数のPWにマッピングされました。

Examples of the cases above and details of the service mapping considerations are described in Appendix B.

上記の場合、サービスマッピング考察の詳細の例は、付録Bに記載されています。

The PW guaranteed rate at the MPLS PSN level is PW service provider policy based on agreement with the customer, and may be different from the Ethernet physical port rate.

MPLS PSNレベルでのPW保証速度は、顧客との合意に基づき、PW、サービスプロバイダの方針で、イーサネット物理ポートレートとは異なる場合があります。

5. Security Considerations
5.セキュリティについての考慮事項

The Ethernet pseudowire type is subject to all of the general security considerations discussed in [RFC3985] and [PWE3-CTRL].

イーサネット疑似回線の種類は[RFC3985]で説明した一般的なセキュリティ問題のすべてと[PWE3-CTRL]を受けます。

The Ethernet pseudowire is transported on an MPLS PSN; therefore, the security of the pseudowire itself will only be as good as the security of the MPLS PSN. The MPLS PSN can be secured by various methods, as described in [MPLS-ARCH].

イーサネット擬似配線はMPLS PSNの上に輸送されます。そのため、擬似配線自体のセキュリティはMPLS PSNのセキュリティと同じくらい良いだろう。 [MPLS-ARCH]で説明されるようにMPLS PSNは、様々な方法で固定することができます。

Security achieved by access control of MAC addresses is out of the scope of this document. Additional security requirements related to the use of PW in a switching (virtual bridging) environment are not discussed here as they are not within the scope of this document.

MACアドレスのアクセス制御によって達成セキュリティは、この文書の範囲外です。彼らは、このドキュメントの範囲に含まれないように、スイッチング(仮想ブリッジング)環境でのPWの使用に関連する追加のセキュリティ要件は、ここで議論されていません。

6. PSN MTU Requirements
6. PSN MTUの要件

The MPLS PSN MUST be configured with an MTU that is large enough to transport a maximum-sized Ethernet frame that has been encapsulated with a control word, a pseudowire demultiplexer, and a tunnel encapsulation. With MPLS used as the tunneling protocol, for example, this is likely to be 8 or more bytes greater than the largest frame size. The methodology described in [FRAG] MAY be used to fragment encapsulated frames that exceed the PSN MTU. However, if [FRAG] is not used and if the ingress router determines that an encapsulated layer 2 PDU exceeds the MTU of the PSN tunnel through which it must be sent, the PDU MUST be dropped.

MPLS PSNは、コントロールワードを用いてカプセル化された最大サイズのイーサネットフレーム、疑似回線のデマルチプレクサ、及びトンネルカプセル化を輸送するのに十分な大きさのMTUを設定する必要があります。トンネリングプロトコルとして使用されるMPLSを用いて、例えば、これは、最大フレームサイズよりも大きい8バイト以上である可能性が高いです。 [FRAG]に記載の方法は、PSN MTUを超え断片カプセル化されたフレームのために使用されてもよいです。しかし、[FRAG]場合には使用されず、入口ルータは、カプセル化されたレイヤ2 PDUは、それが送信されなければならないを通じてPSNトンネルのMTUを超えていると判断した場合、PDUは破棄されなければなりません。

7. Normative References
7.引用規格

[PWE3-CW] Bryant, S., Swallow, G., and D. McPherson, "Pseudowire Emulation Edge-to-Edge (PWE3) Control Word for Use over an MPLS PSN", RFC 4385, February 2006.

[PWE3-CW]ブライアント、S.、ツバメ、G.、およびD.マクファーソン、 "MPLS PSNの上の使用のための擬似回線エミュレーションエッジツーエッジ(PWE3)制御ワード"、RFC 4385、2006年2月。

[IANA] Martini, L., "IANA Allocations for Pseudowire Edge to Edge Emulation (PWE3)", BCP 116, RFC 4446, April 2006.

[IANA]マティーニ、L.、BCP 116、RFC 4446、2006年4月 "エッジエミュレーション(PWE3)への擬似回線EdgeのIANAの割り当て"。

[PWE3-CTRL] Martini, L., El-Aawar, N., Heron, G., Rosen, E., Tappan, D., and T. Smith, "Pseudowire Setup and Maintenance using the Label Distribution Protocol (LDP)", RFC 4447, April 2006.

[PWE3-CTRL]マルティーニ、L.、エルAawar、N.、ヘロン、G.、ローゼン、E.、タッパン、D.、およびT.スミス、「擬似回線セットアップおよびメンテナンスラベル配布プロトコル(LDP)を使用し」、RFC 4447、2006年4月。

[MPLS-ARCH] Rosen, E., Viswanathan, A., and R. Callon, "Multiprotocol Label Switching Architecture", RFC 3031, January 2001.

[MPLS-ARCH]ローゼン、E.、Viswanathanの、A.、およびR. Callon、RFC 3031、2001年1月 "マルチプロトコルラベルスイッチングアーキテクチャ"。

[802.3] IEEE802.3-2005, ISO/IEC 8802-3: 2000 (E), "IEEE Standard for Information technology -- Telecommunications and information exchange between systems -- Local and metropolitan area networks -- Specific requirements -- Part 3: Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection (CSMA/CD) Access Method and Physical Layer Specifications", 2005.

[802.3] IEEE802.3-2005、ISO / IEC 8802-3:2000(E)、「情報技術のためのIEEE規格 - 地方とメトロポリタンエリアネットワーク - - 電気通信及びシステム間の情報交換の具体的な要件 - パート3 :衝突検出(CSMA / CD)アクセス方法および物理層仕様」、2005搬送波感知多重アクセス。

[802.1Q] ANSI/IEEE Standard 802.1Q-2005, "IEEE Standards for Local and Metropolitan Area Networks: Virtual Bridged Local Area Networks", 2005.

[802.1Q] ANSI / IEEE規格802.​​1Q-2005、 "地方とメトロポリタンエリアネットワークのIEEE標準:仮想ブリッジローカルエリアネットワーク"、2005。

[PDU] IEEE Std 802.3, 1998 Edition, "Part 3: Carrier sense multiple access with collision detection (CSMA/CD) access method and physical layer specifications" figure 3.1, 1998

[PDU] IEEE STD 802.3 1998年版、 "パート3:衝突検出(CSMA / CD)アクセス方法及び物理層仕様のキャリアセンス多重アクセス" 図3.1、1998

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

8. Informative References
8.参考文献

[RFC3985] Bryant, S. and P. Pate, "Pseudo Wire Emulation Edge-to-Edge (PWE3) Architecture", RFC 3985, March 2005.

[RFC3985]ブライアント、S.とP.パテ、 "疑似ワイヤーエミュレーション端から端まで(PWE3)アーキテクチャ"、RFC 3985、2005年3月。

[PW-MIB] Zelig, D. and T. Nadeau, "Ethernet Pseudo Wire (PW) Management Information Base", Work in Progress, February 2006.

[PW-MIB]カメレオンマン、D.とT.ナドー、 "イーサネット疑似ワイヤー(PW)管理情報ベース"、進歩、2006年2月に作業。

[PWE3-REQ] Xiao, X., McPherson, D., and P. Pate, "Requirements for Pseudo-Wire Emulation Edge-to-Edge (PWE3)", RFC 3916, September 2004.

[PWE3 - REQ]シャオ、X.、マクファーソン、D.、およびP.パテ、 "疑似ワイヤー・エミュレーション・エッジ・ツー・エッジ(PWE3)の要件"、RFC 3916、2004年9月。

[PWE3-MIB] Zelig, D., Ed. and T. Nadeau, Ed., "Pseudo Wire (PW) Management Information Base", Work in Progress, February 2006.

[PWE3-MIB]カメレオンマン、D.、エド。そして、T.ナドー、エド。、「疑似ワイヤー(PW)管理情報ベース」、進歩、2006年2月に作業。

[LDP] Andersson, L., Doolan, P., Feldman, N., Fredette, A., and B. Thomas, "LDP Specification", RFC 3036, January 2001.

[LDP]アンデション、L.、Doolan、P.、フェルドマン、N.、Fredette、A.、およびB.トーマス、 "LDP仕様"、RFC 3036、2001年1月。

[FRAG] Malis, A. and W. Townsley, "PWE3 Fragmentation and Reassembly", Work in Progress, February 2005.

[FRAG] Malis、A.とW. Townsley、 "PWE3フラグメンテーションおよび再構成"、進歩、2005年2月に作業。

[FCS] Malis, A., Allan, D., and N. Del Regno, "PWE3 Frame Check Sequence Retention", Work in Progress, September 2005.

[FCS] Malis、A.、アラン、D.、およびN.デル・レグノ、 "PWE3フレームチェックシーケンスの保持"、進歩、2005年9月での作業。

[VCCV] Nadeau, T., Ed. and R. Aggarwal, Ed., "Pseudo Wire Virtual Circuit Connectivity Verification (VCCV)", Work in Progress, August 2005.

[VCCV]ナドー、T.、エド。そして、R.アガルワル、エド。、「疑似ワイヤー仮想回線接続性検証(VCCV)」、進歩、2005年8月の作業。

[RFC2992] Hopps, C., "Analysis of an Equal-Cost Multi-Path Algorithm", RFC 2992, November 2000.

[RFC2992] Hoppsが、C.、 "等価コストマルチパスアルゴリズムの分析"、RFC 2992、2000年11月。

[RFC4026] Andersson, L. and T. Madsen, "Provider Provisioned Virtual Private Network (VPN) Terminology", RFC 4026, March 2005.

[RFC4026]アンデションとL.とT.マドセン、 "プロバイダーのプロビジョニングされた仮想プライベートネットワーク(VPN)用語"、RFC 4026、2005月。

[L2TPv3] Lau, J., Townsley, M., and I. Goyret, "Layer Two Tunneling Protocol - Version 3 (L2TPv3)", RFC 3931, March 2005.

【のL2TPv3]ラウ、J.、Townsley、M.、およびI. Goyret、 "レイヤ2トンネリングプロトコル - バージョン3(L2TPv3の)"、RFC 3931、2005年3月。

9. Significant Contributors
9.重要な協力者

Andrew G. Malis Tellabs 90 Rio Robles Dr. San Jose, CA 95134

アンドリューG. Malisテラブス90リオロブレス博士はカリフォルニア州サンノゼ95134

EMail: Andy.Malis@tellabs.com

メールアドレス:Andy.Malis@tellabs.com

Dan Tappan Cisco Systems, Inc. 1414 Massachusetts Avenue Boxborough, MA 01719

ダンタッパンシスコシステムズ株式会社1414年マサチューセッツアベニューボックスボロー、MA 01719

EMail: tappan@cisco.com

メールアドレス:tappan@cisco.com

Steve Vogelsang ECI Telecom Omega Corporate Center 1300 Omega Drive Pittsburgh, PA 15205

スティーブVogelsangのECIテレコムオメガコーポレートセンター1300オメガドライブピッツバーグ、PA 15205

EMail: stephen.vogelsang@ecitele.com

メールアドレス:stephen.vogelsang@ecitele.com

Vinai Sirkay Reliance Infocomm Dhirubai Ambani Knowledge City Navi Mumbai 400 709 India

ビナイケイリライアンス・インフォコムダーラブハイ・アンバニ知識市ナビムンバイ400 709インド

EMail: vinai@sirkay.com

メールアドレス:vinai@sirkay.com

Vasile Radoaca Nortel Networks 600 Technology Park Billerica MA 01821

バシレRadoaca Nortel Networksの600テクノロジーパークビレリカMA 01821

EMail: vasile@nortelnetworks.com

メールアドレス:vasile@nortelnetworks.com

Chris Liljenstolpe Alcatel 11600 Sallie Mae Dr. 9th Floor Reston, VA 20193

クリスLiljenstolpeアルカテル11600サリーメイ博士は9階レストン、バージニア州20193

EMail: chris.liljenstolpe@alcatel.com

メールアドレス:chris.liljenstolpe@alcatel.com

Kireeti Kompella Juniper Networks 1194 N. Mathilda Ave Sunnyvale, CA 94089

Kireeti Kompellaジュニパーネットワークスの1194 N.マチルダアベニューサニーベール、CA 94089

EMail: kireeti@juniper.net

メールアドレス:kireeti@juniper.net

Tricci So Nortel Networks 3500 Carling Ave., Nepean, Ontario, Canada, K2H 8E9.

Tricciだから、Nortel Networksの3500カーリングアベニュー、オタワ、オンタリオ、カナダ、K2H 8E9。

EMail: tso@nortelnetworks.com

メールアドレス:tso@nortelnetworks.com

XiPeng Xiao Riverstone Networks 5200 Great America Parkway Santa Clara, CA 95054

XiPengシャオリバーストーン・ネットワーク5200グレートアメリカパークウェイサンタクララ、CA 95054

EMail: xxiao@riverstonenet.com

メールアドレス:xxiao@riverstonenet.com

Christopher O. Flores T-Systems 10700 Parkridge Boulevard Reston, VA 20191 USA

クリストファー・O.フローレスTシステムズ10700 Parkridge大通りレストン、VA 20191 USA

EMail: christopher.flores@usa.telekom.de

メールアドレス:christopher.flores@usa.telekom.de

David Zelig Corrigent Systems 126, Yigal Alon St. Tel Aviv, ISRAEL

デビッド・カメレオンマンコリジェントシステムズ126イーガル・アロン聖テルアビブ、イスラエル

EMail: davidz@corrigent.com

メールアドレス:davidz@corrigent.com

Raj Sharma Luminous Networks, Inc. 10460 Bubb Road Cupertino, CA 95014

ラジ・シャルマルミナスネットワークス株式会社10460 Bubb道路クパチーノ、CA 95014

EMail: raj@luminous.com

メールアドレス:raj@luminous.com

Nick Tingle TiMetra Networks 274 Ferguson Drive Mountain View, CA 94043

ニック・チンクルTiMetraネットワーク274ファーガソンドライブマウンテンビュー、CA 94043

EMail: nick@timetra.com

メールアドレス:nick@timetra.com

Sunil Khandekar TiMetra Networks 274 Ferguson Drive Mountain View, CA 94043

スニルKhandekar TiMetraネットワーク274ファーガソンドライブマウンテンビュー、CA 94043

EMail: sunil@timetra.com

メールアドレス:sunil@timetra.com

Loa Andersson TLA-group

ロア・アンダーソンのBE-グループ

EMail: loa@pi.se

メールアドレス:loa@pi.se

Appendix A. Interoperability Guidelines

付録A.相互運用性ガイドライン

A.1. Configuration Options

A.1。設定オプション

The following is a list of the configuration options for a point-to-point Ethernet PW based on the reference points of Figure 3:

以下は、図3の基準点に基づいて、ポイントツーポイントイーサネットPWの構成オプションのリストです。

   --------------|---------------|---------------|------------------
   Service and   |  Encap on C   |Operation at B | Remarks
   Encap on A    |               |ingress/egress |
   --------------|---------------|---------------|------------------
   1) Raw        | Raw - Same as |               |
                 | A             |               |
                 |               |               |
   --------------|---------------|---------------|------------------
   2) Tag1       | Tag2          |Optional change| VLAN can be
                 |               |of VLAN value  | 0-4095
                 |               |               | Change allowed in
                 |               |               | both directions
   --------------|---------------|---------------|------------------
   3) No Tag     | Tag           |Add/remove Tag | Tag can be
                 |               |field          | 0-4095
                 |               |               | (note i)
                 |               |               |
   --------------|---------------|---------------|------------------
   4) Tag        | No Tag        |Remove/add Tag | (note ii)
                 |               |field          |
                 |               |               |
                 |               |               |
   --------------|---------------|---------------|------------------
        

Figure 4: Configuration Options

図4:設定オプション

Allowed combinations:

許可の組み合わせ:

Raw and other services are not allowed on the same NSP virtual port (A). All other combinations are allowed, except that conflicting VLANs on (A) are not allowed. Note that in most point-to-point PW applications the NSP virtual port is the same entity as the physical port.

生や他のサービスは、同じNSPの仮想ポート(A)に許可されていません。他のすべての組み合わせは、(A)許可されていない上にその矛盾のVLANを除き、許可されています。ほとんどのポイント・ツー・ポイントPWアプリケーションにNSPの仮想ポートは、物理ポートと同じエンティティであることに注意してください。

Notes:

ノート:

        i.  Mode #3 MAY be limited to adding VLAN NULL only, since
            change of VLAN or association to specific VLAN can be done
            at the PW CE-bound side.
        

ii. Mode #4 exists in layer 2 switches, but is not recommended when operating with PW since it may not preserve the user's PRI bits. If there is a need to remove the VLAN tag (for TLS at the other end of the PW), it is recommended to use mode #2 with tag2=0 (NULL VLAN) on the PW and use mode #3 at the other end of the PW.

II。モード#4は、レイヤ2つのスイッチに存在し、それはユーザのPRIビットを保存しないかもしれないのでPWで動作するときは推奨されません。 (PWの他端にTLSなど)VLANタグを除去する必要がある場合は、PWにTAG2 = 0(NULL VLAN)とモード#2を使用し、他方の端部にモード#3を使用することが推奨されますPWの。

A.2. IEEE 802.3x Flow Control Considerations

A.2。 IEEE 802.3xのフロー制御の考慮事項

If the receiving node becomes congested, it can send a special frame, called the PAUSE frame, to the source node at the opposite end of the connection. The implementation MUST provide a mechanism for terminating PAUSE frames locally (i.e., at the local PE). It MUST operate as follows: PAUSE frames received on a local Ethernet port SHOULD cause the PE device to buffer, or to discard, further Ethernet frames for that port until the PAUSE condition is cleared. Optionally, the PE MAY simply discard PAUSE frames.

受信ノードが混雑になった場合、それは特別なフレームを送信することができ、接続の反対側の端部にソースノードに、PAUSEフレームと呼ばれます。実装(すなわち、ローカルPEで)局所的にPAUSEフレームを終端するための機構を提供しなければなりません。以下のように動作しなければならない:フレームは、ローカルイーサネットポートで受信されたPAUSEポーズ状態が解消されるまでPE装置は、そのポートのための更なるイーサネットフレームをバッファリングする、または廃棄させるべきです。任意に、PEは、単にPAUSEフレームを捨てるかもしれ。

If the PE device wishes to pause data received on a local Ethernet port (perhaps because its own buffers are filling up or because it has received notification of congestion within the PSN), then it MAY issue a PAUSE frame on the local Ethernet port, but MUST clear this condition when willing to receive more data.

PEデバイスがローカルイーサネットポートで受信したデータを一時停止したい場合(おそらく独自のバッファがいっぱいにされているためか、PSN内の輻輳通知を受信したので)、それはローカル・イーサネット・ポート上のPAUSEフレームのを発行することができるが、より多くのデータを受信して​​喜んでたときに、この条件をクリアしなければなりません。

Appendix B. QoS Details

付録B. QoSの詳細

Section 4.7, "QoS Considerations", describes various modes for supporting PW QOS over the PSN. Examples of the above for a point-to-point VLAN service are:

セクション4.7、「QoSの考慮事項」、PSN上でPW QOSを支援するための様々なモードを説明しています。ポイント・ツー・ポイントVLANサービスのための上記の例は次の通りであります:

- The classification to the PW is based on VLAN field, but the user PRI bits are mapped to different CoS markings (and network behavior) at the PW level. An example of this is a PW mapped to an E-LSP in an MPLS network.

- PWの分類はVLANフィールドに基づいているが、ユーザPRIビットはPWレベルで別のCoSマーキング(およびネットワークの動作)にマッピングされます。この例は、PWは、MPLSネットワークにおいてE-LSPにマッピングされます。

- The classification to the PW is based on VLAN field and the PRI bits, and frames with different PRI bits are mapped to different PWs. An example is to map a PWES to different L-LSPs in MPLS PSN in order to support multiple CoS over an L-LSP-capable network, or to map a PWES to multiple L2TPv3 sessions [L2TPv3].

- PWに分類はVLANフィールド及びPRIビット、および異なるPRIビットでフレームに基づいているが別のPWにマッピングされています。例は、L-LSP対応ネットワークを介して複数のCoSをサポートするために、または複数のL2TPv3セッション【のL2TPv3]にPWESをマッピングするためにMPLS PSNの異なるL-のLSPにPWESをマッピングすることです。

The specific value to be assigned at the PSN for various CoS is out of the scope of this document.

種々のCoSのためにPSNに割り当てられる特定の値は、この文書の範囲外です。

B.1. Adaptation of 802.1Q CoS to PSN CoS

B.1。 PSN COSに802.1Q CoSのの適応

It is not required that the PSN will have the same CoS definition of CoS as defined in [802.1Q], and the mapping of 802.1Q CoS to PSN CoS is application specific and depends on the agreement between the customer and the PW provider. However, the following principles adopted from 802.1Q, Table 8-2, MUST be met when applying the set of PSN CoS based on user's PRI bits.

[802.1Q]で定義されてPSNは、CoSのと同じCoS定義を持つことになりますし、PSN COSに802.1Q CoSのマッピングは、特定のアプリケーションで、顧客とPWプロバイダ間の合意に依存することは必要ありません。ユーザのPRIビットに基づいて、PSNのCoSのセットを適用する場合しかし、802.1Q、表8-2から採用次の原則が満たされなければなりません。

                ----------------------------------
                |#of available classes of service|
   -------------||---+---+---+---+---+---+---+---|
   User         || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |
   Priority     ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ===============================================
   0 Best Effort|| 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 1 | 1 | 2 |
   (Default)    ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   1 Background || 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 |
                ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   2 Spare      || 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 |
                ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   3 Excellent  || 0 | 0 | 0 | 1 | 1 | 2 | 2 | 3 |
   Effort       ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   4 Controlled || 0 | 1 | 1 | 2 | 2 | 3 | 3 | 4 |
   Load         ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   5 Interactive|| 0 | 1 | 1 | 2 | 3 | 4 | 4 | 5 |
   Multimedia   ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   6 Interactive|| 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 5 | 6 |
   Voice        ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
   7 Network    || 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
   Control      ||   |   |   |   |   |   |   |   |
   ------------ ||---+---+---+---+---+---+---+---|
        

Figure 5: IEEE 802.1Q CoS Mapping

図5:IEEE 802.1Q CoSのマッピング

B.2. Drop Precedence

B.2。優先順位を落とします

The 802.1P standard does not support drop precedence; therefore, from the PW PE-bound point of view there is no mapping required. It is, however, possible to mark different drop precedence for different PW frames based on the operator policy and required network behavior. This functionality is not discussed further here.

802.1P標準では、優先度を落としサポートしていません。したがって、ビューのPW PE結合点からのNOマッピング必要はありません。オペレータポリシーと必要なネットワークの挙動に基づいて、異なるPWフレームごとに異なる廃棄優先順位をマークすることは可能です。この機能は、ここで議論されていません。

PSN QoS support and signaling of QoS are out of the scope of this document.

PSNのQoSサポートおよびQoSのシグナリングは、この文書の範囲外です。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Luca Martini, Editor Cisco Systems, Inc. 9155 East Nichols Avenue, Suite 400 Englewood, CO, 80112

ルカ・マルティーニ、エディタシスコシステムズ株式会社9155東ニコルズアベニュー、スイート400イングルウッド、CO、80112

EMail: lmartini@cisco.com

メールアドレス:lmartini@cisco.com

Nasser El-Aawar Level 3 Communications, LLC. 1025 Eldorado Blvd. Broomfield, CO, 80021

ナセルエルAawarレベル3コミュニケーションズ、LLC。 1025エルドラドブールバード。ブルームフィールド、CO、80021

EMail: nna@level3.net

メールアドレス:nna@level3.net

Giles Heron Tellabs Abbey Place 24-28 Easton Street High Wycombe Bucks HP11 1NT UK

ジャイルズヘロンテラブスアビー場所24-28イーストンストリートハイウィコムバックスHP11 1NT英国

EMail: giles.heron@tellabs.com

メールアドレス:giles.heron@tellabs.com

Eric C. Rosen Cisco Systems, Inc. 1414 Massachusetts Avenue Boxborough, MA 01719

エリックC.ローゼンシスコシステムズ株式会社1414年マサチューセッツアベニューボックスボロー、MA 01719

EMail: erosen@cisco.com

メールアドレス:erosen@cisco.com

Full Copyright Statement

完全な著作権声明

Copyright (C) The Internet Society (2006).

著作権(C)インターネット協会(2006)。

This document is subject to the rights, licenses and restrictions contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors retain all their rights.

この文書では、BCP 78に含まれる権利と許可と制限の適用を受けており、その中の記載を除いて、作者は彼らのすべての権利を保有します。

This document and the information contained herein are provided on an "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とCONTRIBUTOR「そのまま」、ORGANIZATION HE / SHEが表すまたはインターネットソサエティおよびインターネット・エンジニアリング・タスク・フォース放棄すべての保証、明示または、(もしあれば)後援ISに設けられています。黙示、情報の利用は、特定の目的に対する権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害しない任意の保証含むがこれらに限定されません。

Intellectual Property

知的財産

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; nor does it represent that it has made any independent effort to identify any such rights. Information on the procedures with respect to rights in RFC documents can be found in BCP 78 and BCP 79.

IETFは、本書またはそのような権限下で、ライセンスがたりないかもしれない程度に記載された技術の実装や使用に関係すると主張される可能性があります任意の知的財産権やその他の権利の有効性または範囲に関していかなる位置を取りません利用可能です。またそれは、それがどのような権利を確認する独自の取り組みを行ったことを示すものでもありません。 RFC文書の権利に関する手続きの情報は、BCP 78およびBCP 79に記載されています。

Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementers or users of this specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at http://www.ietf.org/ipr.

IPRの開示のコピーが利用できるようにIETF事務局とライセンスの保証に行われた、または本仕様の実装者または利用者がそのような所有権の使用のための一般的なライセンスまたは許可を取得するために作られた試みの結果を得ることができますhttp://www.ietf.org/iprのIETFのオンラインIPRリポジトリから。

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights that may cover technology that may be required to implement this standard. Please address the information to the IETF at ietf-ipr@ietf.org.

IETFは、その注意にこの標準を実装するために必要とされる技術をカバーすることができる任意の著作権、特許または特許出願、またはその他の所有権を持ってすべての利害関係者を招待します。 ietf-ipr@ietf.orgのIETFに情報を記述してください。

Acknowledgement

謝辞

Funding for the RFC Editor function is provided by the IETF Administrative Support Activity (IASA).

RFCエディタ機能のための資金は、IETF管理サポート活動(IASA)によって提供されます。