Network Working Group                                     T. Nadeau, Ed.
Request for Comment: 4801                            Cisco Systems, Inc.
Category: Standards Track                                 A. Farrel, Ed.
                                                      Old Dog Consulting
                                                           February 2007
        
                Definitions of Textual Conventions for
      Generalized Multiprotocol Label Switching (GMPLS) Management
        

Status of This Memo

このメモのステータス

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (C) The IETF Trust (2007).

著作権(C)IETFトラスト(2007)。

Abstract

抽象

This document defines a Management Information Base (MIB) module that contains textual conventions (TCs) to represent commonly used Generalized Multiprotocol Label Switching (GMPLS) management information. The intent is that these textual conventions will be imported and used in GMPLS-related MIB modules that would otherwise define their own representations.

この文書では、テキストの表記法(TCSは)一般的に使用される一般マルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)の管理情報を表すために含まれている管理情報ベース(MIB)のモジュールを定義します。意図は、これらのテキストの表記法は、そうでない場合は、独自の表現を定義するGMPLS関連のMIBモジュールにインポートして使用されるということです。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................2
   2. The Internet-Standard Management Framework ......................2
   3. GMPLS Textual Conventions MIB Definitions .......................3
   4. Security Considerations .........................................5
   5. IANA Considerations .............................................6
   6. References ......................................................6
      6.1. Normative References .......................................6
      6.2. Informative References .....................................7
   7. Acknowledgements ................................................7
        
1. Introduction
1. はじめに

This document defines a MIB module that contains textual conventions (TCs) for Generalized Multiprotocol Label Switching (GMPLS) networks. These textual conventions should be imported by MIB modules that manage GMPLS networks.

この文書では、一般マルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)ネットワークのためのテキストの表記法は(TC)が含まMIBモジュールを定義します。これらのテキストの表記法は、GMPLSネットワークを管理するMIBモジュールによってインポートする必要があります。

This MIB module supplements the MIB module in [RFC3811] that defines textual conventions for Multiprotocol Label Switching (MPLS) management. [RFC3811] may continue to be used without this MIB module in networks that support only MPLS.

このMIBモジュールは(MPLS)管理をマルチプロトコルラベルスイッチングのためのテキストの表記法を定義し、[RFC3811]でMIBモジュールを補足します。 [RFC3811]は唯一MPLSをサポートするネットワークでは、このMIBモジュールせずに使用し続けることができます。

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in BCP 14, RFC 2119 [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST"、 "MUST NOT"、 "REQUIRED"、、、、 "べきではない" "べきである" "ないもの" "ものとし"、 "推奨"、 "MAY"、および "OPTIONAL" はありますBCP 14、RFC 2119 [RFC2119]に記載されているように解釈されます。

For an introduction to the concepts of GMPLS, see [RFC3945].

GMPLSの概念の概要については、[RFC3945]を参照してください。

2. The Internet-Standard Management Framework
2.インターネット標準管理フレームワーク

For a detailed overview of the documents that describe the current Internet-Standard Management Framework, please refer to section 7 of RFC 3410 [RFC3410].

現在のインターネット標準の管理フレームワークを記述したドキュメントの詳細な概要については、RFC 3410 [RFC3410]のセクション7を参照してください。

Managed objects are accessed via a virtual information store, termed the Management Information Base or MIB. MIB objects are generally accessed through the Simple Network Management Protocol (SNMP). Objects in the MIB are defined using the mechanisms defined in the Structure of Management Information (SMI). This memo specifies a MIB module that is compliant to the SMIv2, which is described in STD 58, RFC 2578 [RFC2578], STD 58, RFC 2579 [RFC2579] and STD 58, RFC 2580 [RFC2580].

管理対象オブジェクトが仮想情報店を介してアクセスされ、管理情報ベースまたはMIBと呼ばれます。 MIBオブジェクトは、一般的に簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)を介してアクセスされます。 MIBのオブジェクトは、管理情報(SMI)の構造で定義されたメカニズムを使用して定義されています。このメモは、STD 58、RFC 2578 [RFC2578]、STD 58、RFC 2579 [RFC2579]とSTD 58、RFC 2580 [RFC2580]に記載されているSMIv2のに準拠しているMIBモジュールを指定します。

3. GMPLS Textual Conventions MIB Definitions
3. GMPLSテキストの表記法MIB定義

This MIB module makes reference to the following documents: [RFC2578], [RFC2579], [RFC3471], and [RFC3811].

[RFC2578]、[RFC2579]、[RFC3471]、および[RFC3811]:このMIBモジュールは、以下の文書を参照します。

   GMPLS-TC-STD-MIB DEFINITIONS ::= BEGIN
        

IMPORTS MODULE-IDENTITY FROM SNMPv2-SMI -- RFC 2578 TEXTUAL-CONVENTION FROM SNMPv2-TC -- RFC 2579 mplsStdMIB FROM MPLS-TC-STD-MIB -- RFC 3811 ;

SNMPv2-SMIからの輸入MODULE-IDENTITY - のSNMPv2-TC FROM RFC 2578テキストの表記法 - MPLS-TC-STD-MIBからRFC 2579 mplsStdMIB - RFC 3811。

gmplsTCStdMIB MODULE-IDENTITY LAST-UPDATED "200702280000Z" -- 28 February 2007 00:00:00 GMT ORGANIZATION "IETF Common Control and Measurement Plane (CCAMP) Working Group" CONTACT-INFO " Thomas D. Nadeau Cisco Systems, Inc. Email: tnadeau@cisco.com

gmplsTCStdMIBのMODULE-IDENTITY LAST-UPDATED "200702280000Z" - 2007年2月28日00:00:00 GMT団体 "IETF共通制御・計測プレーン(CCAMP)ワーキンググループ" CONTACT-INFO「トーマスD.ナドー、シスコシステムズ社のEメール: tnadeau@cisco.com

               Adrian Farrel
               Old Dog Consulting
        Email: adrian@olddog.co.uk
        

Comments about this document should be emailed directly to the CCAMP working group mailing list at ccamp@ops.ietf.org" DESCRIPTION "Copyright (C) The IETF Trust (2007). This version of this MIB module is part of RFC 4801; see the RFC itself for full legal notices.

この文書についてのコメントはccamp@ops.ietf.org「DESCRIPTION」著作権(C)IETFトラスト(2007)でCCAMPワーキンググループのメーリングリストに直接電子メールで送信する必要があります。このMIBモジュールのこのバージョンはRFC 4801の一部です。完全な適法な通知についてはRFC自体を参照してください。

        This MIB module defines TEXTUAL-CONVENTIONs for concepts used in
        Generalized Multiprotocol Label Switching (GMPLS) networks."
     REVISION
        "200702280000Z" -- 28 February 2007 00:00:00 GMT
     DESCRIPTION
       "Initial version published as part of RFC 4801."
   ::= { mplsStdMIB 12 }
        
   GmplsFreeformLabelTC ::= TEXTUAL-CONVENTION
     STATUS      current
     DESCRIPTION
        

"This TEXTUAL-CONVENTION can be used as the syntax of an object that contains any GMPLS Label. Objects with this syntax can be used to represent labels that have label types that are not defined in any RFCs. The freeform GMPLS Label may also be used by systems that do not wish to represent labels that have label types defined in RFCs using type-specific syntaxes." REFERENCE "1. Generalized Multi-Protocol Label Switching (GMPLS) Signaling Functional Description, RFC 3471, section 3.2." SYNTAX OCTET STRING (SIZE (0..64))

「このテキストの表記法は、任意のGMPLSラベルを含むオブジェクトの構文として使用することができます。この構文を持つオブジェクトは、任意のRFCで定義されていないラベルの種類を持っているラベルを表すために使用することができます。自由形式のGMPLSラベルを使用することもできます型固有の構文を使用して、RFCで定義されたラベルタイプを持つラベルを表現したくないシステムによります。」 REFERENCE "1.一般マルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)機能説明をシグナリング、RFC 3471、セクション3.2。"構文オクテットSTRING(SIZE(0 64))

   GmplsLabelTypeTC ::= TEXTUAL-CONVENTION
     STATUS      current
     DESCRIPTION
       "Determines the interpretation that should be applied to an
        object that encodes a label.  The possible types are:
        
        gmplsMplsLabel(1)           - The label is an MPLS Packet, Cell,
                                      or Frame Label and is encoded as
                                      described for the TEXTUAL-
                                      CONVENTION MplsLabel defined in
                                      RFC 3811.
        

gmplsPortWavelengthLabel(2) - The label is a Port or Wavelength Label as defined in RFC 3471.

gmplsPortWavelengthLabelは(2) - RFC 3471で定義されたラベルは、ポートまたは波長ラベルです。

gmplsFreeformLabel(3) - The label is any form of label encoded as an OCTET STRING using the TEXTUAL-CONVENTION GmplsFreeformLabel.

gmplsFreeformLabel(3) - ラベルがテキストの表記GmplsFreeformLabelを用いOCTET STRINGとして符号化されたラベルの任意の形態です。

gmplsSonetLabel(4) - The label is a Synchronous Optical Network (SONET) Label as defined in RFC 4606.

gmplsSonetLabelは(4) - RFC 4606で定義されたラベルは、同期光ネットワーク(SONET)ラベルです。

gmplsSdhLabel(5) - The label is a Synchronous Digital Hierarchy (SDH) Label as defined in RFC 4606.

gmplsSdhLabelは(5) - RFC 4606で定義されたラベルは、同期デジタルハイアラーキ(SDH)ラベルです。

gmplsWavebandLabel(6) - The label is a Waveband Label as defined in RFC 3471." REFERENCE "1. Generalized Multi-Protocol Label Switching (GMPLS) Signaling Functional Description, RFC 3471, section 3. 2. Definition of Textual Conventions and for Multiprotocol Label Switching (MPLS) Management, RFC 3811, section 3. 3. Generalized Multi-Protocol Label Switching (GMPLS) Extensions for Synchronous Optical Network (SONET) and Synchronous

gmplsWavebandLabel(6) - ラベルは、RFC 3471.「参照」で定義されるように波長群ラベルです。一般マルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)シグナリング機能説明、RFC 3471、セクション(テキストの表記法のとマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)管理、RFC 3811、セクション3. 3.汎用マルチプロトコルラベルスイッチング3. 2.の定義同期光ネットワーク(SONET)および同期のためのGMPLS)の拡張

Digital Hierarchy (SDH) Control, RFC 4606." SYNTAX INTEGER { gmplsMplsLabel(1), gmplsPortWavelengthLabel(2), gmplsFreeformGeneralizedLabel(3), gmplsSonetLabel(4), gmplsSdhLabel(5), gmplsWavebandLabel(6) }

デジタル階層(SDH)コントロール、RFC 4606」SYNTAX INTEGER {gmplsMplsLabel(1)、gmplsPortWavelengthLabel(2)、gmplsFreeformGeneralizedLabel(3)、gmplsSonetLabel(4)、gmplsSdhLabel(5)、gmplsWavebandLabel(6)}

   GmplsSegmentDirectionTC ::= TEXTUAL-CONVENTION
     STATUS      current
     DESCRIPTION
       "The direction of data flow on an Label Switched Path (LSP)
        segment with respect to the head of the LSP.
        
        Where an LSP is signaled using a conventional signaling
        protocol, the 'head' of the LSP is the source of the signaling
        (also known as the ingress) and the 'tail' is the destination
        (also known as the egress).  For unidirectional LSPs, this
        usually matches the direction of flow of data.
        

For manually configured unidirectional LSPs, the direction of the LSP segment matches the direction of flow of data. For manually configured bidirectional LSPs, an arbitrary decision must be made about which LER is the 'head'." SYNTAX INTEGER { forward(1), -- data flows from head-end of LSP toward tail-end reverse(2) -- data flows from tail-end of LSP toward head-end }

手動で設定一方向のLSPは、LSPセグメントの方向は、データの流れの方向と一致します。手動で設定双方向のLSPのために、任意の決定がどのLERが「頭」であるしなければならない「SYNTAX INTEGER {フォワード(1)、 - データは、テールエンド逆に向かってLSPのヘッドエンドから流れ(2) - データは}ヘッドエンドに向けてLSPの末尾から流れ

END

終わり

4. Security Considerations
4.セキュリティについての考慮事項

This module does not define any management objects. Instead, it defines a set of textual conventions which may be used by other GMPLS MIB modules to define management objects.

このモジュールは、任意の管理オブジェクトを定義していません。代わりに、管理オブジェクトを定義するために、他のGMPLS MIBモジュールによって使用することができるテキスト規則のセットを定義します。

Meaningful security considerations can only be written in the MIB modules that define management objects. Therefore, this document has no impact on the security of the Internet.

意味のあるセキュリティ上の考慮事項は、管理オブジェクトを定義するMIBモジュールに書き込むことができます。したがって、この文書は、インターネットのセキュリティには影響を与えません。

5. IANA Considerations
5. IANAの考慮事項

IANA has rooted MIB objects in this MIB module under the mplsStdMIB subtree by assigning an OID to gmplsTCStdMIB.

IANAはgmplsTCStdMIBにOIDを割り当てることによってmplsStdMIBサブツリーの下にこのMIBモジュール内のMIBオブジェクトが根付きました。

IANA has made the following assignments in the "NETWORK MANAGEMENT PARAMETERS" registry located at http://www.iana.org/assignments/smi-numbers in table:

IANAは、表にhttp://www.iana.org/assignments/smi-numbersにある「ネットワーク管理パラメータ」レジストリに次の割り当てを行っています。

...mib-2.transmission.mplsStdMIB (1.3.6.1.2.1.10.166)

... MIB-2.transmission.mplsStdMIB(1.3.6.1.2.1.10.166)

      Decimal  Name              References
      -------  -----             ----------
      12       GMPLS-TC-STD-MIB  [RFC4801]
        

In the future, GMPLS-related standards-track MIB modules should be rooted under the mplsStdMIB (sic) subtree. IANA has been requested to manage that namespace in the SMI Numbers registry [RFC3811]. New assignments can only be made via a Standards Action as specified in [RFC2434].

将来的には、GMPLS関連標準トラックMIBモジュールはmplsStdMIB(SIC)サブツリーの下に根ざしされるべきです。 IANAは、SMI番号レジストリ[RFC3811]でその名前空間を管理するために要求されています。 [RFC2434]で指定された新しい割り当ては唯一の標準化アクションを介して行うことができます。

6. References
6.参照
6.1. Normative References
6.1. 引用規格

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC2434] Narten, T. and H. Alvestrand, "Guidelines for Writing an IANA Considerations Section in RFCs", BCP 26, RFC 2434, October 1998.

[RFC2434] Narten氏、T.とH. Alvestrand、 "RFCsにIANA問題部に書くためのガイドライン"、BCP 26、RFC 2434、1998年10月。

[RFC2578] McCloghrie, K., Perkins, D., and J. Schoenwaelder, "Structure of Management Information Version 2 (SMIv2)", STD 58, RFC 2578, April 1999.

[RFC2578] McCloghrie、K.、パーキンス、D.、およびJ. Schoenwaelder、STD 58、RFC 2578、1999年4月 "管理情報バージョン2(SMIv2)の構造"。

[RFC2579] McCloghrie, K., Perkins, D., and J. Schoenwaelder, "Textual Conventions for SMIv2", STD 58, RFC 2579, April 1999.

[RFC2579] McCloghrie、K.、パーキンス、D.、およびJ. Schoenwaelder、 "SMIv2のためのテキストの表記法"、STD 58、RFC 2579、1999年4月。

[RFC2580] McCloghrie, K., Perkins, D., and J. Schoenwaelder, "Conformance Statements for SMIv2", STD 58, RFC 2580, April 1999.

[RFC2580] McCloghrie、K.、パーキンス、D.、およびJ. Schoenwaelder、 "SMIv2のための適合性宣言"、STD 58、RFC 2580、1999年4月。

[RFC3471] Berger, L., "Generalized Multi-Protocol Label Switching (GMPLS) Signaling Functional Description", RFC 3471, January 2003.

[RFC3471]バーガー、L.、 "一般化されたマルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)機能説明シグナリング"、RFC 3471、2003年1月。

[RFC3811] Nadeau, T. and J. Cucchiara, "Definitions of Textual Conventions (TCs) for Multiprotocol Label Switching (MPLS) Management", RFC 3811, June 2004.

[RFC3811]ナドー、T.、およびJ. Cucchiara、RFC 3811、2004年6月 "マルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)管理のためのテキストの表記法(TCS)の定義"。

[RFC4606] Mannie, E. and D. Papadimitriou, "Generalized Multi-Protocol Label Switching (GMPLS) Extensions for Synchronous Optical Network (SONET) and Synchronous Digital Hierarchy (SDH) Control", RFC 4606, August 2006.

[RFC4606]マニー、E.およびD. Papadimitriou、 "一般化マルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)同期光ネットワーク(SONET)および同期デジタル階層(SDH)コントロールのための拡張機能"、RFC 4606、2006年8月。

6.2. Informative References
6.2. 参考文献

[RFC3410] Case, J., Mundy, R., Partain, D., and B. Stewart, "Introduction and Applicability Statements for Internet-Standard Management Framework", RFC 3410, December 2002.

[RFC3410]ケース、J.、マンディ、R.、パーテイン、D.、およびB.スチュワート、 "インターネット標準の管理フレームワークのための序論と適用性声明"、RFC 3410、2002年12月。

[RFC3945] Mannie, E., "Generalized Multi-Protocol Label Switching (GMPLS) Architecture", RFC 3945, October 2004.

[RFC3945]マニー、E.、 "一般化マルチプロトコルラベルスイッチング(GMPLS)アーキテクチャ"、RFC 3945、2004年10月。

7. Acknowledgements
7.謝辞

This document is a product of the CCAMP Working Group.

この文書では、CCAMPワーキンググループの製品です。

Special thanks to Joan Cucchiara for her help with compilation issues and her very thorough MIB Doctor review. Thanks also to Lars Eggert, David Harrington, Harrie Hazewinkel, Dan Romascanu, and Bert Wijnen for their review comments.

コンパイルの問題と彼女の助けと彼女の非常に徹底したMIB医師レビューのためジョアンCucchiaraに感謝します。自分のレビューコメントについてもラースエッゲルト、デヴィッドハリントン、Harrie Hazewinkel、ダンRomascanu、およびバートWijnenに感謝します。

Contact Information

連絡先

Thomas D. Nadeau Cisco Systems, Inc. 1414 Massachusetts Ave. Boxborough, MA 01719

トーマスD.ナドー、シスコシステムズ、株式会社1414年マサチューセッツアベニュー。ボックスボロー、MA 01719

EMail: tnadeau@cisco.com

メールアドレス:tnadeau@cisco.com

Adrian Farrel Old Dog Consulting

エードリアンファレル古い犬のコンサルティング

Phone: +44 1978 860944 EMail: adrian@olddog.co.uk

電話:+44 1978 860944 Eメール:adrian@olddog.co.uk

Cheenu Srinivasan Bloomberg L.P. 731 Lexington Ave. New York, NY 10022

スリニバサンcinu blumbergaラパ731来leksingatona。ニューヨーク、NY 10022

Phone: +1-212-617-3682 EMail: cheenu@bloomberg.net

電話:+ 1-212-617-3682 Eメール:cheenu@bloomberg.net

Tim Hall Data Connection Ltd. 100 Church Street Enfield, Middlesex EN2 6BQ, UK

ティム・ホールデータ接続株式会社100チャーチストリートエンフィールド、ミドルセックスEN2 6BQ、英国

Phone: +44 20 8366 1177 EMail: tim.hall@dataconnection.com

電話:+44 20 8366 1177 Eメール:tim.hall@dataconnection.com

Ed Harrison Data Connection Ltd. 100 Church Street Enfield, Middlesex EN2 6BQ, UK

エド・ハリソンデータ接続株式会社100チャーチストリートエンフィールド、ミドルセックスEN2 6BQ、英国

Phone: +44 20 8366 1177 EMail: ed.harrison@dataconnection.com

電話:+44 20 8366 1177 Eメール:ed.harrison@dataconnection.com

Full Copyright Statement

完全な著作権声明

Copyright (C) The IETF Trust (2007).

著作権(C)IETFトラスト(2007)。

This document is subject to the rights, licenses and restrictions contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors retain all their rights.

この文書では、BCP 78に含まれる権利と許可と制限の適用を受けており、その中の記載を除いて、作者は彼らのすべての権利を保有します。

This document and the information contained herein are provided on an "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY, THE IETF TRUST AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とCONTRIBUTOR「そのまま」、ORGANIZATION HE / SHEが表すまたはインターネットSOCIETY、(もしあれば)を後援し、IETF TRUST ANDインターネットエンジニアリングタスクフォース放棄ALLに設けられています。保証は、明示または黙示、この情報の利用および特定目的に対する権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害しない任意の保証がこれらに限定されません。

Intellectual Property

知的財産

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; nor does it represent that it has made any independent effort to identify any such rights. Information on the procedures with respect to rights in RFC documents can be found in BCP 78 and BCP 79.

IETFは、本書またはそのような権限下で、ライセンスがたりないかもしれない程度に記載された技術の実装や使用に関係すると主張される可能性があります任意の知的財産権やその他の権利の有効性または範囲に関していかなる位置を取りません利用可能です。またそれは、それがどのような権利を確認する独自の取り組みを行ったことを示すものでもありません。 RFC文書の権利に関する手続きの情報は、BCP 78およびBCP 79に記載されています。

Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementers or users of this specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at http://www.ietf.org/ipr.

IPRの開示のコピーが利用できるようにIETF事務局とライセンスの保証に行われた、または本仕様の実装者または利用者がそのような所有権の使用のための一般的なライセンスまたは許可を取得するために作られた試みの結果を得ることができますhttp://www.ietf.org/iprのIETFのオンラインIPRリポジトリから。

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights that may cover technology that may be required to implement this standard. Please address the information to the IETF at ietf-ipr@ietf.org.

IETFは、その注意にこの標準を実装するために必要とされる技術をカバーすることができる任意の著作権、特許または特許出願、またはその他の所有権を持ってすべての利害関係者を招待します。 ietf-ipr@ietf.orgのIETFに情報を記述してください。

Acknowledgement

謝辞

Funding for the RFC Editor function is currently provided by the Internet Society.

RFC Editor機能のための基金は現在、インターネット協会によって提供されます。