Network Working Group                                      R. Siemborski
Request for Comments: 4959                                  Google, Inc.
Category: Standards Track                                 A. Gulbrandsen
                                                  Oryx Mail Systems GmbH
                                                          September 2007
        

IMAP Extension for Simple Authentication and Security Layer (SASL) Initial Client Response

簡易認証セキュリティー層(SASL)初期クライアント応答用のIMAP拡張

Status of This Memo

このメモのステータス

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Abstract

抽象

To date, the Internet Message Access Protocol (IMAP) has used a Simple Authentication and Security Layer (SASL) profile which always required at least one complete round trip for an authentication, as it did not support an initial client response argument. This additional round trip at the beginning of the session is undesirable, especially when round-trip costs are high.

現在までに、インターネットメッセージアクセスプロトコル(IMAP)は、初期のクライアント応答の引数をサポートしていませんでしたいつものように、認証のための少なくとも1つの完全なラウンドトリップを必要と簡易認証セキュリティー層(SASL)プロファイルを使用しています。セッションの開始時にこの追加の往復は往復のコストが高い場合は特に、望ましくありません。

This document defines an extension to IMAP which allows clients and servers to avoid this round trip by allowing an initial client response argument to the IMAP AUTHENTICATE command.

このドキュメントでは、クライアントとサーバーはIMAPのAUTHENTICATEコマンドへの初期のクライアント応答引数を可能にすることにより、このラウンドトリップを回避することを可能にするIMAPへの拡張を定義します。

1. Introduction
1. はじめに

The SASL initial client response extension is present in any IMAP [RFC3501] server implementation which returns "SASL-IR" as one of the supported capabilities in its CAPABILITY response.

SASL初期のクライアント応答拡張は、その機能応答でサポートされる機能の一つとして、「SASL-IR」を返す任意のIMAP [RFC3501]サーバの実装に存在します。

Servers which support this extension will accept an optional initial client response with the AUTHENTICATE command for any SASL [RFC4422] mechanisms which support it.

この拡張機能をサポートするサーバはそれをサポートする任意のSASL [RFC4422]メカニズムのAUTHENTICATEコマンドを使用して、オプションの初期のクライアント応答を受け入れます。

2. Conventions Used in This Document
この文書で使用される2.表記

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST"、 "MUST NOT"、 "REQUIRED"、、、、 "べきではない" "べきである" "ないもの" "ものとし"、 "推奨"、 "MAY"、および "OPTIONAL" はあります[RFC2119]に記載されているように解釈されます。

In examples, "C:" and "S:" indicate lines sent by the client and server, respectively.

実施例において、「C:」および「S:」は、それぞれ、クライアントとサーバによって送信されたラインを示します。

Formal syntax is defined by [RFC4234] as extended by [RFC3501].

[RFC3501]の拡張として正式な構文は[RFC4234]で定義されます。

3. IMAP Changes to the IMAP AUTHENTICATE Command
IMAP authenticateコマンド3. IMAPの変更

This extension adds an optional second argument to the AUTHENTICATE command that is defined in Section 6.2.2 of [RFC3501]. If this second argument is present, it represents the contents of the "initial client response" defined in Section 5.1 of [RFC4422].

この拡張は、[RFC3501]のセクション6.2.2で定義されているAUTHENTICATEコマンドにオプションの二番目の引数を追加します。この2番目の引数が存在する場合、それは[RFC4422]のセクション5.1で定義された「初期のクライアント応答」の内容を表しています。

As with any other client response, this initial client response MUST be encoded as defined in Section 4 of [RFC4648]. It also MUST be transmitted outside of a quoted string or literal. To send a zero-length initial response, the client MUST send a single pad character ("="). This indicates that the response is present, but is a zero-length string.

[RFC4648]のセクション4で定義されるように他のクライアントの応答と同様に、この初期クライアントの応答は、符号化されなければなりません。また、引用符で囲まれた文字列またはリテラルの外に送信されなければなりません。長さゼロの初期応答を送信するには、クライアントは単一のパッド文字(「=」)を送らなければなりません。これは、応答が存在することを示しているが、長さゼロの文字列です。

When decoding the BASE64 [RFC4648] data in the initial client response, decoding errors MUST be treated as IMAP [RFC3501] would handle them in any normal SASL client response. In particular, the server should check for any characters not explicitly allowed by the BASE64 alphabet, as well as any sequence of BASE64 characters that contains the pad character ('=') anywhere other than the end of the string (e.g., "=AAA" and "AAA=BBB" are not allowed).

初期のクライアント応答のBASE64 [RFC4648]のデータを復号化する際に、復号エラーがIMAP [RFC3501]として扱う必要があり、任意の通常のSASLクライアント応答でそれらを扱うことになります。 、「= AAA特に、サーバは、明示的にBASE64アルファベットで許可されていない任意の文字をチェックする必要があり、同様にパッド文字(「=」)は、文字列の末尾以外の場所(例えばが含まれているBASE64文字の任意のシーケンス許可されていません」と "AAA = BBB")。

If the client uses an initial response with a SASL mechanism that does not support an initial response, the server MUST reject the command with a tagged BAD response.

クライアントが初期応答をサポートしていないSASL機構を備えた最初の応答を使用している場合、サーバはタグ付きBAD応答でコマンドを拒絶しなければなりません。

Note: support and use of the initial client response is optional for both clients and servers. Servers that implement this extension MUST support clients that omit the initial client response, and clients that implement this extension MUST NOT send an initial client response to servers that do not advertise the SASL-IR capability. In such a situation, clients MUST fall back to an IMAP [RFC3501] compatible mode.

注意:初期のクライアント応答のサポートおよび使用は、クライアントとサーバの両方のためのオプションです。この拡張機能を実装する最初のクライアント応答を省略し、クライアントをサポートしなければならないこの拡張機能を実装するサーバ、およびクライアントは、SASL-IRの機能をアドバタイズしていないサーバーへの初期クライアントレスポンスを送ってはいけません。このような状況では、クライアントはバックIMAP [RFC3501]互換モードに入らなければなりません。

If either the client or the server do not support the SASL-IR capability, a mechanism which uses an initial client response is negotiated using the challenge/response exchange described in [RFC3501], with an initial zero-length server challenge.

クライアントまたはサーバのどちらかがSASL-IR機能をサポートしていない場合、最初のクライアント応答を使用するメカニズムは、チャレンジ/応答交換を使用してネゴシエートされる初期長さゼロのサーバチャレンジと、[RFC3501]で説明。

4. Examples
4.例

The following is an example authentication using the PLAIN (see [RFC4616]) SASL mechanism (under a TLS protection layer, see [RFC4346]) and an initial client response:

以下は、SASL機構(TLS保護層の下に、[RFC4346]を参照)、最初のクライアント応答([RFC4616]を参照)PLAINを用いた例認証です。

            ... client connects to server and negotiates a TLS
           protection layer ...
        C: C01 CAPABILITY
        S: * CAPABILITY IMAP4rev1 SASL-IR AUTH=PLAIN
        S: C01 OK Completed
        C: A01 AUTHENTICATE PLAIN dGVzdAB0ZXN0AHRlc3Q=
        S: A01 OK Success (tls protection)
        

Note that even when a server supports this extension, the following negotiation (which does not use the initial response) is still valid and MUST be supported by the server:

サーバはこの拡張機能をサポートしている場合でも、(初期応答を使用していません)、次の交渉がまだ有効であると、サーバーによってサポートされなければならないことに注意してください:

            ... client connects to server and negotiates a TLS
           protection layer ...
        C: C01 CAPABILITY
        S: * CAPABILITY IMAP4rev1 SASL-IR AUTH=PLAIN
        S: C01 OK Completed
        C: A01 AUTHENTICATE PLAIN
            (note that there is a space following the "+" in the
           following line)
        S: +
        C: dGVzdAB0ZXN0AHRlc3Q=
        S: A01 OK Success (tls protection)
        

The following is an example authentication using the SASL EXTERNAL mechanism (defined in [RFC4422]) under a TLS protection layer (see [RFC4346]) and an empty initial client response:

以下は、TLS保護層([RFC4346]を参照)、空の初期のクライアント応答下([RFC4422]で定義された)SASL EXTERNAL機構を用いた例認証です。

            ... client connects to server and negotiates a TLS
           protection layer ...
        C: C01 CAPABILITY
        S: * CAPABILITY IMAP4rev1 SASL-IR AUTH=PLAIN AUTH=EXTERNAL
        S: C01 OK Completed
        C: A01 AUTHENTICATE EXTERNAL =
        S: A01 OK Success (tls protection)
        

This is in contrast with the handling of such a situation when an initial response is omitted:

これは、初期応答が省略されているような状況の取り扱いとは対照的です。

         ... client connects to server and negotiates a TLS protection
           layer ...
        C: C01 CAPABILITY
        S: * CAPABILITY IMAP4rev1 SASL-IR AUTH=PLAIN AUTH=EXTERNAL
        S: C01 OK Completed
        C: A01 AUTHENTICATE EXTERNAL
            (note that there is a space following the "+" in the
           following line)
        S: +
        C:
        S: A01 OK Success (tls protection)
        
5. IANA Considerations
5. IANAの考慮事項

The IANA has added SASL-IR to the IMAP4 Capabilities Registry.

IANAはIMAP4機能レジストリにSASL-IRを追加しました。

6. Security Considerations
6.セキュリティの考慮事項

The extension defined in this document is subject to many of the Security Considerations defined in [RFC3501] and [RFC4422].

この文書で定義された拡張機能は、[RFC3501]と[RFC4422]で定義されたセキュリティの考慮事項の多くの対象となります。

Server implementations MUST treat the omission of an initial client response from the AUTHENTICATE command as defined by [RFC3501] (as if this extension did not exist).

[RFC3501]で定義されている(この拡張が存在していなかったかのように)サーバーの実装はAUTHENTICATEコマンドから最初のクライアント応答の省略を扱わなければなりません。

Although [RFC3501] has no express line length limitations, some implementations choose to enforce them anyway. Such implementations MUST be aware that the addition of the initial response parameter to AUTHENTICATE may increase the maximum line length that IMAP parsers may expect to support. Server implementations MUST be able to receive the largest possible initial client response that their supported mechanisms might receive.

[RFC3501]は明示行の長さの制限を有していないが、いくつかの実装では、とにかくそれらを適用することを選択します。そのような実装は、初期応答パラメータの添加はIMAPパーサーがサポートすることを期待することができる最大の行の長さを増加させることができる認証することを認識しなければなりません。サーバ実装は、彼らのサポートメカニズムが受けるかもしれないことを可能な限り最大の初期のクライアント応答を受け取ることができなければなりません。

7. Formal Syntax
7.正式な構文

The following syntax specification uses the Augmented Backus-Naur Form [RFC4234] notation. [RFC3501] defines the non-terminals capability, auth-type, and base64.

次の構文仕様は、拡張バッカスナウア記法[RFC4234]の表記法を使用します。 [RFC3501]は、非端末能力、AUTH型、及びBASE64を定義します。

capability =/ "SASL-IR"

機能= / "SASL-IR"

authenticate = "AUTHENTICATE" SP auth-type [SP (base64 / "=")] *(CRLF base64) ;;redefine AUTHENTICATE from [RFC3501]

認証= "AUTHENTICATE" SPのAUTH型[SP(BASE64 / "=")] *(CRLFのBASE64);; [RFC3501]からAUTHENTICATEを再定義

8. Acknowledgments
8.謝辞

The authors would like to acknowledge the contributions of Ken Murchison and Mark Crispin, along with the rest of the IMAPEXT Working Group for their assistance in reviewing this document.

著者は、この文書のレビューで自分の支援のためのIMAPEXTワーキンググループの残りと共に、ケンマーチソンとマーク・クリスピンの貢献を認めたいと思います。

Alexey Melnikov and Cyrus Daboo also had some early discussions about this extension.

アレクセイ・メルニコフとサイラスDabooも、この拡張に関するいくつかの初期の議論を持っていました。

9. References
9.参考文献
9.1. Normative References
9.1. 引用規格

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC3501] Crispin, M., "INTERNET MESSAGE ACCESS PROTOCOL - VERSION 4rev1", RFC 3501, March 2003.

[RFC3501]のCrispin、M.、 "インターネットメッセージアクセスプロトコル - VERSION 4rev1"、RFC 3501、2003年3月。

[RFC4234] Crocker, D. and P. Overell, "Augmented BNF for Syntax Specifications: ABNF", RFC 4234, October 2005.

[RFC4234]クロッカー、D.、およびP. Overell、 "構文仕様のための増大しているBNF:ABNF"、RFC 4234、2005年10月。

[RFC4422] Melnikov, A. and K. Zeilenga, "Simple Authentication and Security Layer (SASL)", RFC 4422, June 2006.

[RFC4422]メルニコフ、A.およびK. Zeilenga、 "簡易認証セキュリティー層(SASL)"、RFC 4422、2006年6月。

[RFC4648] Josefsson, S., "The Base16, Base32, and Base64 Data Encodings", RFC 4648, October 2006.

[RFC4648] Josefsson氏、S.、 "Base16、Base32、およびBase64でデータエンコーディング"、RFC 4648、2006年10月。

9.2. Informative References
9.2. 参考文献

[RFC4616] Zeilenga, K., "The PLAIN Simple Authentication and Security Layer (SASL) Mechanism", RFC 4616, August 2006.

[RFC4616] Zeilenga、K.、 "PLAIN簡易認証セキュリティー層(SASL)メカニズム"、RFC 4616、2006年8月。

[RFC4346] Dierks, T. and E. Rescorla, "The Transport Layer Security (TLS) Protocol Version 1.1", RFC 4346, April 2006.

[RFC4346]ダークス、T.およびE.レスコラ、 "トランスポート層セキュリティ(TLS)プロトコルバージョン1.1"、RFC 4346、2006年4月。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Robert Siemborski Google, Inc. 1600 Ampitheatre Parkway Mountain View, CA 94043

ロバートSiemborskiグーグル株式会社1600アンフィシアターパークウェイマウンテンビュー、CA 94043

Phone: +1 650 623 6925 EMail: robsiemb@google.com

電話:+1 650 623 6925 Eメール:robsiemb@google.com

Arnt Gulbrandsen Oryx Mail Systems GmbH Schweppermannstr. 8 D-81671 Muenchen Germany

ARNT Gulbrandsenのオリックスメールシステム社Schweppermannstr。 8 D-81671ミュンヘン、ドイツ

EMail: arnt@oryx.com

メールアドレス:arnt@oryx.com

Full Copyright Statement

完全な著作権声明

Copyright (C) The IETF Trust (2007).

著作権(C)IETFトラスト(2007)。

This document is subject to the rights, licenses and restrictions contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors retain all their rights.

この文書では、BCP 78に含まれる権利と許可と制限の適用を受けており、その中の記載を除いて、作者は彼らのすべての権利を保有します。

This document and the information contained herein are provided on an "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY, THE IETF TRUST AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とCONTRIBUTOR「そのまま」、ORGANIZATION HE / SHEが表すまたはインターネットSOCIETY、(もしあれば)を後援し、IETF TRUST ANDインターネットエンジニアリングタスクフォース放棄ALLに設けられています。保証は、明示または黙示、この情報の利用および特定目的に対する権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害しない任意の保証がこれらに限定されません。

Intellectual Property

知的財産

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; nor does it represent that it has made any independent effort to identify any such rights. Information on the procedures with respect to rights in RFC documents can be found in BCP 78 and BCP 79.

IETFは、本書またはそのような権限下で、ライセンスがたりないかもしれない程度に記載された技術の実装や使用に関係すると主張される可能性があります任意の知的財産権やその他の権利の有効性または範囲に関していかなる位置を取りません利用可能です。またそれは、それがどのような権利を確認する独自の取り組みを行ったことを示すものでもありません。 RFC文書の権利に関する手続きの情報は、BCP 78およびBCP 79に記載されています。

Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementers or users of this specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at http://www.ietf.org/ipr.

IPRの開示のコピーが利用できるようにIETF事務局とライセンスの保証に行われた、または本仕様の実装者または利用者がそのような所有権の使用のための一般的なライセンスまたは許可を取得するために作られた試みの結果を得ることができますhttp://www.ietf.org/iprのIETFのオンラインIPRリポジトリから。

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights that may cover technology that may be required to implement this standard. Please address the information to the IETF at ietf-ipr@ietf.org.

IETFは、その注意にこの標準を実装するために必要とされる技術をカバーすることができる任意の著作権、特許または特許出願、またはその他の所有権を持ってすべての利害関係者を招待します。 ietf-ipr@ietf.orgのIETFに情報を記述してください。