Network Working Group                                          A. Monrad
Request for Comments: 5279                                     S. Loreto
Category: Informational                                         Ericsson
                                                               July 2008
        
                A Uniform Resource Name (URN) Namespace
           for the 3rd Generation Partnership Project (3GPP)
        

Status of This Memo

このメモのステータス

This memo provides information for the Internet community. It does not specify an Internet standard of any kind. Distribution of this memo is unlimited.

このメモはインターネットコミュニティのための情報を提供します。それはどんな種類のインターネット標準を指定しません。このメモの配布は無制限です。

Abstract

抽象

This document describes the Namespace Identifier (NID) for Uniform Resource Namespace (URN) resources published by the 3rd Generation Partnership Project (3GPP). 3GPP defines and manages resources that utilize this URN name model. Management activities for these and other resource types are provided by the 3GPP Support Team.

この文書では、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP)によって公表ユニフォームリソースネーム(URN)リソースの名前空間識別子(NID)について説明します。 3GPPが定義し、このURN名のモデルを利用リソースを管理します。これらおよびその他のリソースタイプのための管理活動は、3GPPサポートチームによって提供されています。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
   2.  URN Specification for the 3GPP Namespace Identifier (NID) . . . 2
   3.  Examples  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
   4.  Namespace Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
   5.  Community Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
   6.  Security Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
   7.  IANA Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
   8.  Normative References  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
        
1. Introduction
1. はじめに

3GPP is a cooperation of international telecommunication standards bodies developing technologies for cellular networks. This activity is supported by a membership composed of network operators, equipment vendors, content providers, and other suppliers to the mobile market.

3GPPは、携帯電話ネットワークのための技術を開発し、国際通信標準化団体の協力です。この活動は、モバイル市場にネットワーク事業者、機器ベンダー、コンテンツプロバイダー、および他のサプライヤーで構成メンバーシップによってサポートされています。

Some of the technologies being developed by 3GPP need URN namespaces that are managed so that they are unique and persistent. To assure that the uniqueness is absolute, the registration of a specific NID for use by 3GPP was deemed appropriate. Therefore, a full and complete registration will follow the namespace specification process as defined in RFC 3406 [RFC3406].

3GPPによって開発された技術のいくつかは、彼らがユニークかつ永続的になるように管理されているURN名前空間を必要としています。一意性は絶対的であることを保証するために、3GPPで使用するための特定のNIDの登録が適切であると考えました。 RFC 3406 [RFC3406]で定義されるため、完全かつ完全な登録は、名前空間特定処理が続きます。

2. URN Specification for the 3GPP Namespace Identifier (NID)
3GPPネーム識別子2. URN仕様(NID)

Namespace ID:

名前空間ID:

3gpp

3GPP

Registration Information:

登録情報:

         registration version number: 1
         registration date:           2007-11-16
        

Declared registrant of the namespace:

名前空間の宣言された登録者:

         Registering organization
            Name:    3rd Generation Partnership Project
            Address: ETSI
                     Mobile Competence Centre
                     650, route des Luciole
                     06921 Sophia-Antipolis Cedex
                     France
        

Designated contact Role: Specifications Manager Email: john.meredith@etsi.org

指定された連絡先の役割:仕様マネージャ電子メール:john.meredith@etsi.org

Declaration of syntactic structure:

構文構造の宣言:

The Namespace Specific String (NSS) of all URNs that use the "3gpp" NID will have the following structure:

「3GPP」を使用するすべてのURNの名前空間固有の文字列(NSS)は、NIDは、以下の構造:

urn:3gpp:{3gpp-urn}

URN:3GPP:{3GPP骨壷}

where the "3gpp-urn" is a US-ASCII string that conforms to the NSS(Namespace Specific String) Syntax described in RFC 2141 [RFC2141] and defines a specific resource type.

「3GPP-URNは、」NSS(ネームスペース固有の文字列)に準拠したUS-ASCII文字列である場合の構文は、RFC 2141に[RFC2141]を説明し、特定のリソースタイプを定義します。

Relevant ancillary documentation:

関連の補助ドキュメント:

3GPP provides information on registration for each URN. More information about 3GPP and the registration activities and procedures to be followed are available at:

3GPPは、各URNの登録に関する情報を提供します。 3GPPおよび登録活動や手続きの詳細については、従うべきで入手できます。

http://www.3gpp.org/tb/Other/URN/URN.htm

hっtp://wっw。3gっp。おrg/tb/おてぇr/うRん/うRん。htm

Identifier uniqueness considerations:

識別子一意性の考慮事項:

3GPP will manage resources using the "3gpp" NID and will be the authority for managing the "3gpp-urn" strings. In the associated procedures, 3GPP will ensure the uniqueness of the strings themselves or shall permit secondary responsibility for management of well-defined sub-trees.

3GPPは、「3GPP」NIDを使用してリソースを管理し、「3GPP-URN」の文字列を管理するための権限となります。関連する手順では、3GPPは、文字列自身の一意性を確保するか、明確に定義されたサブ樹木の管理のための二次的責任を許可しなければなりません。

3GPP may permit use of experimental type values that will not be registered. As a consequence, multiple users may end up using the same value for separate uses. Unregistered type values will only be allowed in sub-namespaces clearly marked as experimental, to help implementors avoid "leaking" experimental values into real use.

3GPPは、登録されない実験的な型の値の使用を許可することができます。その結果、複数のユーザが別の用途のために同じ値を使用して終了してもよいです。未登録のタイプの値は実装者が実際の使用に実験値を「漏れた」避けるために、明確な実験としてマークされたサブ名前空間に許可されます。

Identifier persistence considerations:

識別子の永続性の考慮事項:

3GPP will provide clear documentation of the registered uses of the "3gpp" NID. This will be structured such that each "3gpp-urn", if needed, will have a separate description and registration table.

3GPPは、「3GPP」NIDの登録用途の明確な文書を提供します。これは、必要に応じて、個別の説明と登録テーブルを持つことになり、各「3GPP-壷」ように構成されます。

The registration tables and information will be published and maintained by 3GPP on its web site.

登録テーブルと情報が公開され、そのウェブサイト上で、3GPPによって維持されます。

Process of identifier assignment:

識別子割り当てのプロセス。

3GPP will provide procedures for registration of each type of resource that it maintains. Each such resource may have three types of registration activities:

3GPPは、それが保持するリソースの各タイプの登録のための手順を提供します。それぞれのそのようなリソースは、登録活動の三種類を持っていることがあります。

1. Registered values associated with 3GPP specifications or services

3GPP仕様やサービスに関連する1登録された値

2. Registration of values or sub-trees to other entities
他のエンティティへの値またはサブ木の2.登録
3. Name models for use in experimental purposes
実験目的で使用する3名のモデル

New Namespace Identifier (NID) labels

新しい名前空間識別子(NID)ラベル

The Entries in the registration table will be the following:

登録テーブルのエントリは次のようになります。

        3gpp-urn:    the registered value;
        Description: description of the registered value;
        Reference:   3GPP spec that defines the value;
        Contact:     person requesting the URN assignment.
        

Process for identifier resolution:

識別子の解決のためのプロセス。

The namespace is not listed with a Resolution Discovery System (RDS), as this is not relevant.

これは関連していないとして、名前空間は、決議発見システム(RDS)に記載されていません。

Rules for Lexical Equivalence:

字句等価のルール:

No special considerations; the rules for lexical equivalence of RFC 2141 [RFC2141] apply.

特別な考慮事項はありません。 RFC 2141の字句等価性のためのルールは、[RFC2141]適用されます。

Conformance with URN Syntax:

URN構文に準拠:

No special considerations.

特別な考慮事項はありません。

Validation mechanism:

検証メカニズム:

None specified. URN assignment will be handled by procedures supported and maintained by 3GPP.

いずれも指定されていません。 URNの割り当ては、3GPPによってサポート及び保持手順によって処理されます。

Scope:

範囲:

Global

グローバル

3. Examples
3.例

The following examples are representative URNs that could be assigned by 3GPP. They are not actual strings that are assigned.

以下の実施例は、3GPPによって割り当てることができる代表的なのURNです。彼らは、割り当てられている実際の文字列ではありません。

urn:3gpp:featurephones

URN:3GPP:フィーチャーフォン

Defines the "3gpp-urn" to be used for "featurephones".

「フィーチャーフォン」に使用する「3GPP-URN」を定義します。

urn:3gpp:acme.foo-serv

骨壷:3GPP:acme.foo-SERV

Defines the URN associated with the operator identified by the "3gpp-urn" value "acme", which has decided to register and provide information about its service identified by value "foo-serv".

レジスタ値「FOO-SERV」によって識別される、そのサービスに関する情報を提供することを決定した「3GPP-URN」値「ACME」によって識別されるオペレータに関連付けられたURNを定義します。

4. Namespace Considerations
4.名前空間の考慮事項

The 3rd Generation Partnership Project is developing a variety of enablers and applications. Some of these require information to be fully specified.

第3世代パートナーシッププロジェクトは、イネーブラと、様々なアプリケーションを開発しています。これらのいくつかは完全に指定する情報を必要としています。

For proper operation, descriptions of the needed information must exist for the URNs and be available in a unique, reliable, and persistent manner.

適切な動作のために、必要な情報の記述はURNのために存在しなければならないと、独自の信頼性、および永続的に利用可能です。

As 3GPP is ongoing and covers many technical areas, the possibility of binding to various other namespace repositories has been deemed impractical. Each object or description, as defined in 3GPP, could possibly be related to multiple different other namespaces, so further conflicts of association could occur. Thus, the intent is to utilize the 3GPP specifications manager as the naming authority for 3GPP-defined URNs and its descriptions.

3GPPが進行中であり、多くの技術分野をカバーするように、様々な他の名前空間のリポジトリへの結合の可能性は、非実用的であるとみなされています。各オブジェクトまたは説明は、3GPPで定義されるように、おそらくそれほど関連のさらなる競合が発生する可能性があり、複数の異なる他の名前空間に関連することができます。このように、意図は、3GPPに定義されたURNとその説明のための命名機関として、3GPP仕様マネージャを利用することです。

5. Community Considerations
5.コミュニティの考慮事項

The objects and descriptions required for enablers produced by 3GPP are generally available for use by other organizations. The 3rd Generation Partnership Project Support Office will provide access and support for name requests by these organizations. This support can be enabled in a timely and responsive fashion as new objects and descriptions are produced.

3GPPによって生成イネーブラのために必要なオブジェクトとその説明は、他の組織による使用のために一般的に利用可能です。第3世代パートナーシッププロジェクト支援室は、これらの組織による名前要求のためのアクセスとサポートを提供します。新しいオブジェクトと説明が生成されるため、このサポートは、タイムリーかつ応答性の方法で有効にすることができます。

6. Security Considerations
6.セキュリティの考慮事項

There are no security considerations other than those normally associated with the use and resolution of URNs in general.

通常、一般的なのURNの使用と解決に関連づけられたもの以外のセキュリティ上の考慮事項はありません。

7. IANA Considerations
7. IANAの考慮事項

This section registers a new URN NID with the registration provided in Section 2.

このセクションでは、セクション2に設けられた登録に新しいURN NIDを登録します。

"3gpp-urn" strings are identified by label managed by 3GPP. Thus, creating a new label does not require any IANA action.

「3GPP-URN」文字列は、3GPPによって管理ラベルによって識別されます。このように、新しいラベルを作成しても、IANAのアクションを必要としません。

8. Normative References
8.引用規格

[RFC3406] Daigle, L., van Gulik, D., Iannella, R., and P. Faltstrom, "Uniform Resource Names (URN) Namespace Definition Mechanisms", BCP 66, RFC 3406, October 2002.

[RFC3406] Daigle氏、L.、バンGulik、D.、Iannella、R.、およびP. Faltstrom、 "統一リソース名(URN)名前空間定義メカニズム"、BCP 66、RFC 3406、2002年10月。

[RFC2141] Moats, R., "URN Syntax", RFC 2141, May 1997.

[RFC2141]堀、R.、 "URN構文"、RFC 2141、1997年5月。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Atle Monrad Ericsson Televeien 1 Grimstad 4898 Norway

Atle MonradエリクソンTeleveien 1グリムスター4898ノルウェー

EMail: atle.monrad@ericsson.com

メールアドレス:atle.monrad@ericsson.com

Salvatore Loreto Ericsson Hirsalantie 11 Jorvas 02420 Finland

サルヴァトーレ・ロレートエリクソンHirsalantie 11 Jorvas 02420フィンランド

EMail: Salvatore.Loreto@ericsson.com

メールアドレス:Salvatore.Loreto@ericsson.com

Full Copyright Statement

完全な著作権声明

Copyright (C) The IETF Trust (2008).

著作権(C)IETFトラスト(2008)。

This document is subject to the rights, licenses and restrictions contained in BCP 78, and except as set forth therein, the authors retain all their rights.

この文書では、BCP 78に含まれる権利と許可と制限の適用を受けており、その中の記載を除いて、作者は彼らのすべての権利を保有します。

This document and the information contained herein are provided on an "AS IS" basis and THE CONTRIBUTOR, THE ORGANIZATION HE/SHE REPRESENTS OR IS SPONSORED BY (IF ANY), THE INTERNET SOCIETY, THE IETF TRUST AND THE INTERNET ENGINEERING TASK FORCE DISCLAIM ALL WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT LIMITED TO ANY WARRANTY THAT THE USE OF THE INFORMATION HEREIN WILL NOT INFRINGE ANY RIGHTS OR ANY IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY OR FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

この文書とここに含まれている情報は、基礎とCONTRIBUTOR「そのまま」、ORGANIZATION HE / SHEが表すまたはインターネットSOCIETY、(もしあれば)を後援し、IETF TRUST ANDインターネットエンジニアリングタスクフォース放棄ALLに設けられています。保証は、明示または黙示、この情報の利用および特定目的に対する権利または商品性または適合性の黙示の保証を侵害しない任意の保証がこれらに限定されません。

Intellectual Property

知的財産

The IETF takes no position regarding the validity or scope of any Intellectual Property Rights or other rights that might be claimed to pertain to the implementation or use of the technology described in this document or the extent to which any license under such rights might or might not be available; nor does it represent that it has made any independent effort to identify any such rights. Information on the procedures with respect to rights in RFC documents can be found in BCP 78 and BCP 79.

IETFは、本書またはそのような権限下で、ライセンスがたりないかもしれない程度に記載された技術の実装や使用に関係すると主張される可能性があります任意の知的財産権やその他の権利の有効性または範囲に関していかなる位置を取りません利用可能です。またそれは、それがどのような権利を確認する独自の取り組みを行ったことを示すものでもありません。 RFC文書の権利に関する手続きの情報は、BCP 78およびBCP 79に記載されています。

Copies of IPR disclosures made to the IETF Secretariat and any assurances of licenses to be made available, or the result of an attempt made to obtain a general license or permission for the use of such proprietary rights by implementers or users of this specification can be obtained from the IETF on-line IPR repository at http://www.ietf.org/ipr.

IPRの開示のコピーが利用できるようにIETF事務局とライセンスの保証に行われた、または本仕様の実装者または利用者がそのような所有権の使用のための一般的なライセンスまたは許可を取得するために作られた試みの結果を得ることができますhttp://www.ietf.org/iprのIETFのオンラインIPRリポジトリから。

The IETF invites any interested party to bring to its attention any copyrights, patents or patent applications, or other proprietary rights that may cover technology that may be required to implement this standard. Please address the information to the IETF at ietf-ipr@ietf.org.

IETFは、その注意にこの標準を実装するために必要とされる技術をカバーすることができる任意の著作権、特許または特許出願、またはその他の所有権を持ってすべての利害関係者を招待します。 ietf-ipr@ietf.orgのIETFに情報を記述してください。