Network Working Group                                         P. Calhoun
Request for Comments: 5417                           Cisco Systems, Inc.
Category: Standards Track                                     March 2009
        
      Control And Provisioning of Wireless Access Points (CAPWAP)
                     Access Controller DHCP Option
        

Status of This Memo

このメモのステータス

This document specifies an Internet standards track protocol for the Internet community, and requests discussion and suggestions for improvements. Please refer to the current edition of the "Internet Official Protocol Standards" (STD 1) for the standardization state and status of this protocol. Distribution of this memo is unlimited.

この文書は、インターネットコミュニティのためのインターネット標準トラックプロトコルを指定し、改善のための議論と提案を要求します。このプロトコルの標準化状態と状態への「インターネット公式プロトコル標準」(STD 1)の最新版を参照してください。このメモの配布は無制限です。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2009 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2009 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents in effect on the date of publication of this document (http://trustee.ietf.org/license-info). Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document.

この文書では、BCP 78と、この文書(http://trustee.ietf.org/license-info)の発行日に有効なIETFドキュメントに関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。

This document may contain material from IETF Documents or IETF Contributions published or made publicly available before November 10, 2008. The person(s) controlling the copyright in some of this material may not have granted the IETF Trust the right to allow modifications of such material outside the IETF Standards Process. Without obtaining an adequate license from the person(s) controlling the copyright in such materials, this document may not be modified outside the IETF Standards Process, and derivative works of it may not be created outside the IETF Standards Process, except to format it for publication as an RFC or to translate it into languages other than English.

この材料の一部がIETFトラストにこのような材料の変更を許可する権利を与えられていない可能性がありますにこの文書は、2008年、IETFドキュメントまたは11月10日以前に発行または公開さIETF貢献から著作権を支配する者(複数可)材料を含んでいてもよいですIETF標準化プロセスの外。そのような材料の著作権を管理者(単数または複数)から適切なライセンスを取得することなく、この文書は、IETF標準化過程の外側修正されないかもしれません、そして、それの派生物は、IETF標準化過程の外側に作成されない場合があり、それをフォーマットする以外出版RFCとして、英語以外の言語に翻訳します。

Abstract

抽象

The Control And Provisioning of Wireless Access Points Protocol allows a Wireless Termination Point to use DHCP to discover the Access Controllers to which it is to connect. This document describes the DHCP options to be used by the CAPWAP Protocol.

コントロールおよびワイヤレスアクセスのプロビジョニングは、議定書は、それが接続しているためにアクセスコントローラを発見するためにDHCPを使用するようにワイヤレスターミネーションポイントを可能にするポイント。この文書では、CAPWAPプロトコルが使用するDHCPオプションについて説明します。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................2
      1.1. Conventions Used in This Document ..........................2
      1.2. Terminology ................................................2
   2. CAPWAP AC DHCPv4 Option .........................................2
   3. CAPWAP AC DHCPv6 Option .........................................3
   4. IANA Considerations .............................................5
   5. Security Considerations .........................................5
   6. Acknowledgments .................................................5
   7. References ......................................................5
      7.1. Normative References .......................................5
      7.2. Informative References .....................................6
        
1. Introduction
1. はじめに

The Control And Provisioning of Wireless Access Points Protocol (CAPWAP) [RFC5415] allows a Wireless Termination Point (WTP) to use DHCP to discover the Access Controllers (AC) to which it is to connect.

コントロールおよびワイヤレスアクセスのプロビジョニングは、プロトコル(CAPWAP)[RFC5415]アクセスコントローラ(AC)を発見するためにDHCPを使用するようにワイヤレスターミネーションポイント(WTP)を可能にする、それが接続することです指します。

Prior to the CAPWAP Discovery process, the WTP may use one of many methods to identify the proper AC with which to establish a CAPWAP connection. One of these methods is through the DHCP protocol. This is done through the CAPWAP AC DHCPv4 or CAPWAP AC DHCPv6 Option.

CAPWAPディスカバリプロセスに先立って、WTPはCAPWAP接続を確立するとともに、適切なACを同定するために多くの方法のいずれかを使用してもよいです。これらの方法の1つは、DHCPプロトコルを介してです。これは、CAPWAP ACのDHCPv4またはCAPWAP AC DHCPv6のオプションを介して行われます。

1.1. Conventions Used in This Document
1.1. このドキュメントの表記規則

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", および "OPTIONAL" はRFC 2119 [RFC2119]に記載されているように解釈されます。

1.2. Terminology
1.2. 用語

This document uses terminology defined in [RFC3753], [RFC2131], [RFC3315], and [RFC5415].

このドキュメントは[RFC3753]で定義される用語、[RFC2131]、[RFC3315]及び[RFC5415]を使用します。

2. CAPWAP AC DHCPv4 Option
2. CAPWAP ACのDHCPv4オプション

This section defines a DHCPv4 option that carries a list of 32-bit (binary) IPv4 addresses indicating one or more CAPWAP ACs available to the WTP.

このセクションでは、WTPへの1つまたは複数のCAPWAP ACSが利用可能で示す32ビット(バイナリ)のIPv4アドレスのリストを運ぶのDHCPv4オプションを定義します。

The DHCPv4 option for CAPWAP has the format shown in the following figure:

CAPWAPのためのDHCPv4オプションは、次の図に示す形式になっています。

         0                   1
         0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6
         +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
         |  option-code  | option-length |
         +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
         |                               |
         +       AC IPv4 Address         +
         |                               |
         +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
         |             ...               |
         +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

option-code: OPTION_CAPWAP_AC_V4 (138)

オプションコード:OPTION_CAPWAP_AC_V4(138)

option-length: Length of the 'options' field in octets; MUST be a multiple of four (4).

オプションの長さ:オクテットで「オプション」フィールドの長さ。 4つの倍数でなければなりません。

AC IPv4 Address: IPv4 address of a CAPWAP AC that the WTP may use. The ACs are listed in the order of preference for use by the WTP.

AC IPv4アドレス:WTPが使用できることCAPWAP ACのIPv4のアドレス。 ACは、WTPが使用するための優先順に列挙されています。

A DHCPv4 client, acting on behalf of a CAPWAP WTP, MUST request the CAPWAP AC DHCPv4 Option in a Parameter Request List Option, as described in [RFC2131] and [RFC2132].

[RFC2131]と[RFC2132]で説明したようにDHCPv4のクライアントは、CAPWAP WTPのために行動する、パラメータ要求一覧オプションでのCAPWAP ACのDHCPv4オプションを要求しなければなりません。

A DHCPv4 server returns the CAPWAP AC Option to the client if the server policy is configured appropriately and the server is configured with a list of CAPWAP AC addresses.

DHCPv4サーバは、サーバポリシーが適切に設定されている場合、クライアントへのCAPWAP ACオプションを返し、サーバーは、CAPWAP ACアドレスのリストで構成されています。

A CAPWAP WTP, acting as a DHCPv4 client, receiving the CAPWAP AC DHCPv4 Option MAY use the (list of) IP address(es) to locate an AC. The CAPWAP Protocol [RFC5415] provides guidance on the WTP's discovery process.

CAPWAP WTPは、ACを見つけるためにIPアドレス(複数可)(のリスト)を使用することができCAPWAP AC DHCPv4のオプションを受け、DHCPv4のクライアントとして動作します。 CAPWAPプロトコル[RFC5415]はWTPの発見プロセスに関するガイダンスを提供します。

The WTP, acting as a DHCPv4 client, SHOULD try the records in the order listed in the CAPWAP AC DHCPv4 Option received from the DHCPv4 server.

WTPは、DHCPv4のクライアントとして機能し、DHCPv4サーバから受信したCAPWAP AC DHCPv4のオプションに記載された順序でレコードを試してみてください。

3. CAPWAP AC DHCPv6 Option
3. CAPWAP AC DHCPv6のオプション

This section defines a DHCPv6 option that carries a list of 128-bit (binary) IPv6 addresses indicating one or more CAPWAP ACs available to the WTP.

このセクションでは、WTPへの1つまたは複数のCAPWAP ACSが利用可能を示す128ビット(バイナリ)のIPv6アドレスのリストを運ぶのDHCPv6オプションを定義します。

The DHCPv6 option for CAPWAP has the format shown in the following figure:

CAPWAPのためのDHCPv6オプションは、次の図に示す形式になっています。

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |       option-code             |       option-length           |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |                                                               |
       +                                                               +
       |                                                               |
       +                          AC IPv6 Address                      +
       |                                                               |
       +                                                               +
       |                                                               |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |                          ....                                 |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

option-code: OPTION_CAPWAP_AC_V6 (52)

オプションコード:OPTION_CAPWAP_AC_V6(52)

option-length: Length of the 'options' field in octets; MUST be a multiple of sixteen (16).

オプションの長さ:オクテットで「オプション」フィールドの長さ。 16(16)の倍数でなければなりません。

AC IPv6 Address: IPv6 address of a CAPWAP AC that the WTP may use. The ACs are listed in the order of preference for use by the WTP.

AC IPv6アドレス:WTPが使用できることCAPWAP ACのIPv6のアドレス。 ACは、WTPが使用するための優先順に列挙されています。

A DHCPv6 client, acting on behalf of a CAPWAP WTP, MUST request the CAPWAP AC DHCPv6 Option in a Parameter Request List Option, as described in [RFC3315].

DHCPv6クライアントは、CAPWAP WTPのために行動する、[RFC3315]で説明したように、パラメータ要求一覧オプションでのCAPWAP ACのDHCPv6オプションを要求しなければなりません。

A DHCPv6 server returns the CAPWAP AC Option to the client if the server policy is configured appropriately and the server is configured with a list of CAPWAP AC addresses.

DHCPv6サーバは、サーバポリシーが適切に設定されている場合、クライアントへのCAPWAP ACオプションを返し、サーバーは、CAPWAP ACアドレスのリストで構成されています。

A CAPWAP WTP, acting as a DHCPv6 client, receiving the CAPWAP AC DHCPv6 Option MAY use the (list of) IP address(es) to locate an AC. The CAPWAP Protocol [RFC5415] provides guidance on the WTP's discovery process.

CAPWAP WTPは、ACを見つけるためにIPアドレス(複数可)(のリスト)を使用することができCAPWAP AC DHCPv6のオプションを受け、DHCPv6クライアントとして動作します。 CAPWAPプロトコル[RFC5415]はWTPの発見プロセスに関するガイダンスを提供します。

The WTP, acting as a DHCPv6 client, SHOULD try the records in the order listed in the CAPWAP AC DHCPv6 Option received from the DHCPv6 server.

WTPは、DHCPv6クライアントとして動作し、DHCPv6サーバから受信したCAPWAP ACのDHCPv6オプションに記載された順序でレコードを試してみてください。

4. IANA Considerations
4. IANAの考慮事項

The following DHCPv4 option code for CAPWAP AC Options has been assigned by IANA:

CAPWAP ACオプションについては、以下のDHCPv4オプションコードはIANAによって割り当てられています。

           Option Name            Value       Described in
           -----------------------------------------------
           OPTION_CAPWAP_AC_V4    138         Section 2
        

The following DHCPv6 option code for CAPWAP AC Options has been assigned by IANA:

CAPWAP ACオプションについては、以下のDHCPv6オプションコードはIANAによって割り当てられています。

           Option Name             Value       Described in
           ------------------------------------------------
           OPTION_CAPWAP_AC_V6      52         Section 3
        
5. Security Considerations
5.セキュリティについての考慮事項

The security considerations in [RFC2131], [RFC2132], and [RFC3315] apply. If an adversary manages to modify the response from a DHCP server or insert its own response, a WTP could be led to contact a rogue CAPWAP AC, possibly one that then intercepts call requests or denies service. CAPWAP's use of Datagram Transport Layer Security (DTLS) MUST be used to authenticate the CAPWAP peers in the establishment of the session.

[RFC2131]、[RFC2132]、および[RFC3315]のセキュリティの考慮事項が適用されます。敵がDHCPサーバからの応答を変更したり、独自の応答を挿入するために管理している場合、WTPは不正CAPWAP AC、その後、呼び出し要求をインターセプトしたり、サービスを拒否する可能性が1に連絡することを導くことができました。データグラムトランスポート層セキュリティ(DTLS)のCAPWAPの使用は、セッションの確立にCAPWAPピアを認証するために使用しなければなりません。

In most of the networks, the DHCP exchange that delivers the options prior to network access authentication is neither integrity protected nor origin authenticated. Therefore, in security sensitive environments, the options defined in this document SHOULD NOT be the only methods used to determine to which AC a WTP should connect. The CAPWAP protocol [RFC5415] defines other AC discovery procedures a WTP MAY utilize.

ネットワークのほとんどでは、アクセス認証をネットワークに前にオプションを提供するDHCP交換はどちらも整合性が保護されても、原点は、認証されました。そのため、セキュリティに敏感な環境では、この文書で定義されたオプションは、AC WTPが接続するかを決定するために使用される唯一の方法ですべきではありません。 CAPWAPプロトコル[RFC5415]はWTPが利用することができる他のAC発見手順を定義します。

6. Acknowledgments
6.謝辞

The following individuals are acknowledged for their contributions to this protocol specification: Ralph Droms, Margaret Wasserman.

ラルフDroms、マーガレットワッサーマン:以下の個人は、このプロトコル仕様への貢献のために認められています。

7. References
7.参考
7.1. Normative References
7.1. 引用規格

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC2131] Droms, R., "Dynamic Host Configuration Protocol", RFC 2131, March 1997.

[RFC2131] Droms、R.、 "動的ホスト構成プロトコル"、RFC 2131、1997年3月。

[RFC2132] Alexander, S. and R. Droms, "DHCP Options and BOOTP Vendor Extensions", RFC 2132, March 1997.

[RFC2132]アレクサンダー、S.とR. Droms、 "DHCPオプションとBOOTPベンダー拡張機能"、RFC 2132、1997年3月。

[RFC3315] Droms, R., Bound, J., Volz, B., Lemon, T., Perkins, C., and M. Carney, "Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)", RFC 3315, July 2003.

[RFC3315] Droms、R.、バウンド、J.、フォルツ、B.、レモン、T.、パーキンス、C.、およびM.カーニー、 "IPv6のための動的ホスト構成プロトコル(DHCPv6)"、RFC 3315、2003年7月。

[RFC5415] Montemurro, M., Stanley, D., and P. Calhoun, "CAPWAP Protocol Specification", RFC 5415, March 2009.

[RFC5415]モンテムッロ、M.、スタンレー、D.、およびP.カルフーン、 "CAPWAPプロトコル仕様"、RFC 5415、2009年3月。

7.2. Informative References
7.2. 参考文献

[RFC3753] Manner, J. and M. Kojo, "Mobility Related Terminology", RFC 3753, June 2004.

[RFC3753]マナー、J.とM.古城、 "モビリティ関連用語"、RFC 3753、2004年6月。

Author's Address

著者のアドレス

Pat R. Calhoun Cisco Systems, Inc. 170 West Tasman Drive San Jose, CA 95134

パットR.カルフーンシスコシステムズ、株式会社170西タスマン・ドライブサンノゼ、CA 95134

Phone: +1 408-902-3240 EMail: pcalhoun@cisco.com

電話:+1 408-902-3240電子メール:pcalhoun@cisco.com