Independent Submission                                         A. Saleem
Request for Comments: 5707                                        Y. Xin
Category: Informational                                          RadiSys
ISSN: 2070-1721                                              G. Sharratt
                                                              Consultant
                                                           February 2010
        
                  Media Server Markup Language (MSML)
        

Abstract

抽象

The Media Server Markup Language (MSML) is used to control and invoke many different types of services on IP media servers. The MSML control interface was initially driven by RadiSys with subsequent significant contributions from Intel, Dialogic, and others in the industry. Clients can use it to define how multimedia sessions interact on a media server and to apply services to individuals or groups of users. MSML can be used, for example, to control media server conferencing features such as video layout and audio mixing, create sidebar conferences or personal mixes, and set the properties of media streams. As well, clients can use MSML to define media processing dialogs, which may be used as parts of application interactions with users or conferences. Transformation of media streams to and from users or conferences as well as interactive voice response (IVR) dialogs are examples of such interactions, which are specified using MSML. MSML clients may also invoke dialogs with individual users or with groups of conference participants using VoiceXML.

メディアサーバーマークアップ言語(MSML)を制御し、IPメディアサーバー上のサービスの多くの異なる種類を呼び出すために使用されます。 MSML制御インターフェースは、当初インテル、ダイアロジック、および業界の他人から、その後の重要な貢献とラディシスによるものでした。クライアントは、マルチメディアセッションは、メディアサーバー上で対話する方法を定義するために、ユーザーの個人またはグループにサービスを適用するためにそれを使用することができます。 MSMLは、ビデオレイアウトとオーディオミキシングなどのメディアサーバ会議機能を制御するサイドバー会議や個人のミックスを作成し、メディアストリームのプロパティを設定するために、例えば、使用することができます。同様に、クライアントは、ユーザや会議とアプリケーションの対話の一部として使用することができるメディア処理ダイアログを定義するMSMLを使用することができます。メディアの変換は、ユーザや会議ならびに対話型音声応答へとからストリーム(IVR)ダイアログはMSMLを使用して指定されたような相互作用の例です。 MSMLクライアントは、個々のユーザーを持つかのVoiceXMLを使用して、会議参加者のグループとのダイアログを呼び出すことができます。

Status of This Memo

このメモのステータス

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for informational purposes.

このドキュメントはインターネット標準化過程仕様ではありません。それは、情報提供の目的のために公開されています。

This is a contribution to the RFC Series, independently of any other RFC stream. The RFC Editor has chosen to publish this document at its discretion and makes no statement about its value for implementation or deployment. Documents approved for publication by the RFC Editor are not a candidate for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 5741.

これは、独立して、他のRFCストリームの、RFCシリーズへの貢献です。 RFC Editorはその裁量でこの文書を公開することを選択し、実装や展開のためにその値についての声明を出すていません。 RFC編集者によって公表のために承認されたドキュメントは、インターネット標準の任意のレベルの候補ではありません。 RFC 5741のセクション2を参照してください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc5707.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc5707で取得することができます。

IESG Note

IESG注意

This RFC is not a candidate for any level of Internet Standard. The IETF disclaims any knowledge of the fitness of this RFC for any purpose and in particular notes that the decision to publish is not based on IETF review for such things as security, congestion control, or inappropriate interaction with deployed protocols. The RFC Editor has chosen to publish this document at its discretion. Readers of this document should exercise caution in evaluating its value for implementation and deployment. See RFC 3932 for more information.

このRFCはインターネットStandardのどんなレベルの候補ではありません。 IETFは、いかなる目的のためにと、公開する決定が展開されたプロトコルとセキュリティ、輻輳制御、または不適切な相互作用のようなもののためにIETFレビューに基づいていない特定のノートに、このRFCのフィットネスの知識を負いません。 RFC Editorはその裁量でこの文書を公開することを選択しました。このドキュメントの読者は実現と展開のためにその値を評価する際に警戒する必要があります。詳細については、RFC 3932を参照してください。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2010 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2010 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................4
   2. Glossary ........................................................5
   3. MSML SIP Usage ..................................................6
      3.1. SIP INFO ...................................................7
      3.2. SIP Control Framework ......................................8
   4. Language Structure .............................................15
      4.1. Package Scheme ............................................15
      4.2. Profile Scheme ............................................18
   5. Execution Flow .................................................19
   6. Media Server Object Model ......................................21
      6.1. Objects ...................................................21
      6.2. Identifiers ...............................................23
   7. MSML Core Package ..............................................26
      7.1. <msml> ....................................................26
      7.2. <send> ....................................................26
      7.3. <result> ..................................................27
      7.4. <event> ...................................................27
   8. MSML Conference Core Package ...................................28
      8.1. Conferences ...............................................28
      8.2. Media Streams .............................................29
      8.3. <createconference> ........................................31
      8.4. <modifyconference> ........................................33
      8.5. <destroyconference> .......................................34
        
      8.6. <audiomix> ................................................35
      8.7. <videolayout> .............................................36
      8.8. <join> ....................................................43
      8.9. <modifystream> ............................................45
      8.10. <unjoin> .................................................46
      8.11. <monitor> ................................................47
      8.12. <stream> .................................................47
   9. MSML Dialog Packages ...........................................51
      9.1. Overview ..................................................51
      9.2. Primitives ................................................53
      9.3. Events ....................................................55
      9.4. MSML Dialog Usage with SIP ................................56
      9.5. MSML Dialog Structure and Modularity ......................57
      9.6. MSML Dialog Core Package ..................................58
      9.7. MSML Dialog Base Package ..................................63
      9.8. MSML Dialog Group Package .................................81
      9.9. MSML Dialog Transform Package .............................85
      9.10. MSML Dialog Speech Package ...............................88
      9.11. MSML Dialog Fax Detection Package ........................92
      9.12. MSML Dialog Fax Send/Receive Package .....................93
   10. MSML Audit Package ...........................................100
      10.1. MSML Audit Core Package .................................100
      10.2. MSML Audit Conference Package ...........................102
      10.3. MSML Audit Connection Package ...........................106
      10.4. MSML Audit Dialog Package ...............................108
      10.5. MSML Audit Stream Package ...............................110
   11. Response Codes ...............................................111
   12. MSML Conference Examples .....................................113
      12.1. Establishing a Dial-In Conference .......................113
      12.2. Example of a Sidebar Audio Conference ...................117
      12.3. Example of Removing a Conference ........................118
      12.4. Example of Modifying Video Layout .......................118
   13. MSML Dialog Examples .........................................120
      13.1. Announcement ............................................120
      13.2. Voice Mail Retrieval ....................................120
      13.3. Play and Record .........................................122
      13.4. Speech Recognition ......................................125
      13.5. Play and Collect ........................................125
      13.6. User Controlled Gain ....................................128
   14. MSML Audit Examples ..........................................128
      14.1. Audit All Conferences ...................................128
      14.2. Audit Conference Dialogs ................................129
      14.3. Audit Conference Streams ................................130
      14.4. Audit All Connections ...................................131
      14.5. Audit Connection Dialogs ................................131
      14.6. Audit Connection Streams ................................132
      14.7. Audit Connection with Selective States ..................133
   15. Future Work ..................................................134
        
   16. XML Schema ...................................................134
      16.1. MSML Core ...............................................136
      16.2. MSML Conference Core Package ............................140
      16.3. MSML Dialog Packages ....................................148
      16.4. MSML Audit Packages .....................................170
   17. Security Considerations ......................................176
   18. IANA Considerations ..........................................176
      18.1. IANA Registrations for 'application' MIME Media Type ....176
      18.2. IANA Registrations for 'text' MIME Media Type ...........178
      18.3. URN Sub-Namespace Registration ..........................179
      18.4. XML Schema Registration .................................180
   19. References ...................................................181
      19.1. Normative References ....................................181
      19.2. Informative References ..................................182
   Acknowledgments ..................................................183
        
1. Introduction
1. はじめに

Media servers contain dynamic pools of media resources. Control agents and other users of media servers (called media server clients) can define and create many different services based on how they configure and use those resources. Often, that configuration and the ways in which those resources interact will be changed dynamically over the course of a call, to reflect changes in the way that an application interacts with a user.

メディアサーバは、メディアリソースの動的なプールが含まれています。制御剤とメディアサーバー(メディア・サーバー・クライアントと呼ばれる)の他のユーザーが設定し、それらのリソースを使用する方法に基づいて、さまざまなサービスを定義して作成することができます。多くの場合、その構成およびそれらのリソースが相互作用する方法は、アプリケーションがユーザーと対話する方法の変更を反映するために、呼び出しの過程で動的に変更されます。

For example, a call may undergo an initial IVR dialog before being placed into a conference. Calls may be moved from a main conference to a sidebar conference and then back again. Individual calls may be directly bridged to create small n-way calls or simple sidebars. None of these change the SIP [n1] dialog or RTP [i3] session. Yet these do affect the media flow and processing internal to the media server.

たとえば、コールが会議に配置される前に、初期のIVRダイアログを受けることがあります。コールバック再びサイドバー会議にメイン会議から移動しても良いです。個々の呼び出しは、直接小n-ウェイコールまたは単純なサイドバーを作成するために架橋されていてもよいです。これらはいずれも、SIP [N1]ダイアログまたはRTP [I3]セッションを変更しません。しかし、これらは、メディアフローおよびメディアサーバーへの内部処理に影響します。

The Media Server Markup Language (MSML) is an XML [n2] language used to control the flow of media streams and services applied to media streams within a media server. It is used to invoke many different types of services on individual sessions, groups of sessions, and conferences. MSML allows the creation of conferences, bridging different sessions together, and bridging sessions into conferences.

メディアサーバマークアップ言語(MSML)メディアサーバ内のメディアストリームに適用されるメディアストリーム及びサービスの流れを制御するために使用されるXML [N2]言語です。個々のセッション、セッションのグループ、および会議へのサービスの多くの異なる種類を呼び出すために使用されます。 MSMLは一緒に別のセッションを橋渡しし、会議へのセッションを橋渡し、会議を作成することができます。

MSML may also be used to create user interaction dialogs and allows the application of media transforms to media streams. Media interaction dialogs created using MSML allow construction of IVR dialog sessions to individual users as well as to groups of users participating in a conference. Dialogs may also be specified using other languages, VoiceXML [n5], which support complete single-party application logic to be executed on the media server.

MSMLは、ユーザインタラクションダイアログを作成するために使用され、メディアのアプリケーションがメディア・ストリームに変換することができてもよいです。メディアインタラクションダイアログがMSMLは、個々のユーザーにだけでなく、会議に参加しているユーザのグループにIVRダイアログセッションの構築を可能に使用して作成しました。ダイアログは、他の言語を使用して指定することができる、完全なシングル・パーティのアプリケーション・ロジックをサポートするVoiceXMLの[N5]は、メディアサーバー上で実行されます。

MSML is a transport independent language, such that it does not rely on underlying transport mechanisms and language semantics are independent of transport. However, SIP is a typical and commonly used transport mechanism for MSML, invoked using the SIP URI scheme. This specification defines using MSML dialogs using SIP as the transport mechanism.

MSMLは、トランスポートから独立しているように、それは基礎となるトランスポート・メカニズムと言語のセマンティクスに依存しないことを輸送独立した言語です。しかしながら、SIPはMSMLための典型的な、一般に使用されるトランスポート機構で、SIP URIスキームを使用して呼び出されます。この仕様は、トランスポートメカニズムとしてSIPを用いたMSMLダイアログを使用して定義します。

A network connection may be established with the media server using SIP. Media received and transmitted on that connection will flow through different media resources on the media server depending on the requested service. Basic Network Media Services with SIP [n7] defines conventions for associating a basic service with a SIP Request-URI. MSML allows services to be dynamically applied and changed by a control agent during the lifetime of the SIP dialog.

ネットワーク接続は、SIPを使用して、メディアサーバとの間で確立されてもよいです。メディアが要求されたサービスに応じて、メディアサーバー上の別のメディアリソースを流れ受信し、その接続上で送信されます。 SIP [N7]を使用した基本的なネットワークメディアサービスは、SIP要求URIと基本的なサービスを関連付けるための規則を定義します。 MSMLサービスは、動的にSIPダイアログの存続期間中に適用されると、制御エージェントによって変更することができます。

MSML has been designed to address the control and manipulation of media processing operations (e.g., announcement, IVR, play and record, automatic speech recognition (ASR), text to speech (TTS), fax, video), as well as control and relationships of media streams (e.g., simple and advanced conferencing). It provides a general-purpose media server control architecture. MSML can additionally be used to invoke other more complex IVR languages such as VoiceXML.

MSMLは、コントロールと操作メディア処理操作(例えば、告知、IVR、再生と録音、自動音声認識(ASR)、テキスト読み上げ(TTS)、ファックス、ビデオ)、ならびに対照との関係に対処するために設計されていますメディアストリーム(例えば、シンプルかつ高度な会議)の。これは、汎用的なメディアサーバ制御アーキテクチャを提供します。 MSMLはさらに、VoiceXMLのような他のより複雑なIVR言語を呼び出すために使用することができます。

The MSML control interface has been widely deployed in the industry, with numerous client-side and server-side implementations, since 2003. The in-service commercial deployments cover a wide variety of applications including, but not limited to, IP multimedia conferencing, network voice services, IVR, IVVR (interactive voice and video response), and voice/video mail.

MSML制御インターフェースは広く2003年ザ・イン・サービスの商用展開を含む多種多様なアプリケーションをカバーし、これらに限定されないことから、数多くのクライアント側とサーバー側の実装と、業界で展開され、IPマルチメディア会議、ネットワークされています音声サービス、IVR、IVVR(対話型音声およびビデオ対応)、および音声/ビデオメール。

2. Glossary
2.用語集

Media Server: a general-purpose platform for executing real-time media processing tasks. This is a logical function that maps either to a single physical device or to a portion of a physical device.

メディアサーバー:リアルタイムメディア処理タスクを実行するための汎用プラットフォーム。これは、単一の物理デバイス又は物理デバイスの一部のいずれかをマッピングする論理機能です。

Media Server Client: an application that originates MSML requests to a media server and also referred to as a control agent in this specification.

メディアサーバークライアント:メディアサーバーにMSML要求を発信しても、この仕様で制御剤と呼ばれるアプリケーション。

Network Connection: a participant that represents the termination on a media server of one or more RTP [i3] sessions (for example, audio and video) associated with a call. Network connections are established and removed using a session establishment protocol such as SIP. An instance of a network connection is independent of MSML processing instructions applied to it.

ネットワーク接続:コールに関連付けられた1つ以上のRTP [I3】セッション(例えば、オーディオ及びビデオ)のメディアサーバー上の終了を表す参加。ネットワーク接続は、SIPのようにセッション確立プロトコルを用いて確立され、除去されます。ネットワーク接続のインスタンスは、それに適用されるMSML処理命令とは無関係です。

Dialog: an automated IVR participant. Examples of dialogs may be announcement players, IVR interfaces, or voice recorders. Dialogs may be defined in MSML or using VoiceXML [n5].

ダイアログ:自動化されたIVR参加。ダイアログの例としては、アナウンス選手、IVRインターフェイス、またはボイスレコーダかもしれません。ダイアログはMSMLまたはVoiceXMLの[N5]を用いて定義することができます。

Conference: an intermediary function that provides multimedia mixing and other advanced conferencing services. This specification currently considers conferences with audio and/or video media types, but is extensible to other media types.

会議:マルチメディアミキシングおよびその他の高度な会議サービスを提供してい仲介機能。この仕様は、現在のオーディオおよび/またはビデオメディアタイプで会議を考慮し、他のメディアタイプに拡張可能です。

Identifier: a name that is used to refer to a specific instance of an object on the media server, such as a conference or a dialog. Identifiers are composed of one or more terms where each term identifies an object class and instance.

識別子:そのような会議またはダイアログとして、メディアサーバ上のオブジェクトの特定のインスタンスを参照するために使用される名前。識別子は、各用語は、オブジェクト・クラスおよびインスタンスを識別する一個の以上の用語で構成されています。

Object: the generic term for a media server entity that terminates, originates, or processes media. This specification defines four classes of objects and specifies mechanisms to create them, join them together, and destroy them.

オブジェクト:終了し、メディアサーバエンティティの総称は、発信、またはメディアを処理します。この仕様では、オブジェクトの4つのクラスを定義し、それらを作成し、それらを一緒に結合し、そしてそれらを破壊するメカニズムを指定します。

Participant Object: an object in a media server that sources original media in a call and/or receives and terminates media in a call.

参加対象:コールで元のメディアをソースおよび/または受信して、コールのメディアを終了し、メディアサーバー内のオブジェクト。

Intermediary Object: an object in a media server that acts on media within a call for the benefit of the participants.

仲介オブジェクト:参加者の利益のためにコール内のメディアに作用するメディアサーバー内のオブジェクト。

Independent Object: an object that can exist on a media server independent of other objects.

独立したオブジェクト:他のオブジェクトの独立したメディアサーバー上に存在することができますオブジェクト。

Operator: an intermediary transformer that modifies or transforms a media stream. Examples of operators may be audio gain controls, video scaling, or voice masking. MSML defines operators as media transform objects, which transform media using operations such as gain control, when applied to media streams.

オペレータ:変更またはメディアストリームを変換仲介トランス。事業者の例としては、オーディオゲインコントロール、ビデオスケーリング、または音声マスキングかもしれません。メディアは、メディアストリームに適用されるような利得制御などの操作を使用してメディアを変換するオブジェクトを、変換としてMSMLは、演算子を定義します。

Media Stream: a single media flow between two objects. A media stream has a media type and may be unidirectional or bidirectional.

メディアストリーム:2つのオブジェクト間の単一のメディアフロー。メディアストリームは、メディアタイプを有し、一方向または双方向であってもよいです。

3. MSML SIP Usage
3. MSML SIPの使い方

SIP is used to create and modify media sessions with a media server according to the procedures defined in RFC 3261 [n1]. Often, SIP third party call control [i4] will be used to create sessions to a media server on behalf of end users. MSML is used to define and change the service that a user connected to a media server will receive. MSML clients are application servers, soft-switches, or other forms of control agents, and SHOULD have an authorized security relationship with the media server. MSML itself does not define authorization mechanisms.

SIPは、RFC 3261 [N1]で定義された手順に従って、メディアサーバとメディア・セッションを作成し、修正するために使用されます。多くの場合、SIP第三者呼制御[I4]は、エンドユーザーに代わってメディアサーバへのセッションを作成するために使用されます。 MSMLは、メディアサーバーに接続しているユーザが受信するサービスを定義し、変更するために使用されます。 MSMLクライアントは、アプリケーションサーバ、ソフトスイッチ、または制御剤の他の形態であり、メディアサーバと認可安全保障関係を持つべきである(SHOULD)。 MSML自体は承認メカニズムを定義していません。

MSML transactions are originated based upon events that occur in the application domain. These events may be independent from any media or user interaction. For example, an application may wish to play an announcement to a conference warning that its scheduled completion time is approaching. Applications themselves are structured in many different ways. Their structure and requirements contribute to their selection of protocols and languages. To accommodate differing application needs, MSML has been designed to be neutral to other languages and independent of the transport used to carry it.

MSML取引は、アプリケーションドメインで発生したイベントに基づいて発信しています。これらのイベントは、任意のメディアやユーザーとの対話から独立していてもよいです。例えば、アプリケーションは、その終了予定時刻が近づいていることを警告する会議に発表をプレーすることを望むかもしれません。アプリケーション自体は、多くの異なる方法で構成されています。それらの構造と要件は、プロトコルと言語の彼らの選択に貢献します。異なるアプリケーションのニーズに対応するために、MSMLは他の言語とそれを運ぶために使用されるトランスポートの独立した中立的になるように設計されています。

MSML is purposely designed to be transport independent. In this release of the specification, SIP INFO [i5] and SIP Control Framework [i11] have been chosen for transport mechanisms for MSML, as described in the following sections.

MSMLは意図的輸送に依存しないように設計されています。仕様のこのリリースでは、SIP INFO [I5]とSIPコントロールフレームワーク[I11]は、以下のセクションで説明したように、MSML用搬送機構のために選択されています。

3.1. SIP INFO
3.1. SIP INFO

SIP INVITE and INFO [i5] requests and responses MAY be used to carry MSML. INFO requests allow asynchronous mid-call messages within SIP with few additional semantics. In addition, there are existing widely deployed implementations of that method, it aids in initial developments that are closely coupled with SIP session establishment, and it allows MSML to be directly associated with user dialogs when third party call control is used.

SIPは、INVITEとINFO [i5の]要求と応答はMSMLを運ぶために使用されるかもしれません。 INFO要求は、いくつかの追加のセマンティクスを持つSIP内での非同期コール中のメッセージを許可します。加えて、その方法の既存の広く配備実装があり、それは密接にSIPセッション確立に結合されている初期の開発に役立ち、それは、第三者呼制御を用いた場合MSML直接ユーザダイアログに関連付けされることを可能にします。

Although INFO is sometimes considered not to be a suitable general-purpose transport mechanism for messages within SIP, there have been proposals to make it more acceptable. MSML may evolve to include other SIP usage and/or to work with other protocols or as a stand-alone protocol established through SIP, in future releases of this document.

INFOが時々SIP内のメッセージに適した汎用輸送メカニズムではないと考えられているが、それはより受け入れにする提案がなされています。 MSMLは、他のSIPの使用を含むように、および/または他のプロトコルを用いて、またはこの文書の将来のリリースでは、SIPを介して確立されたスタンドアロンプ​​ロトコルとして機能するように進化することができます。

MSML supports several models for client interaction. When clients use 3PCC to establish media sessions on behalf of end users, clients will have a SIP dialog for each media session. MSML MAY be sent on these dialogs. However the targets of MSML actions are not inferred from the session associated with the SIP dialog. The targets of MSML actions are always explicitly specified using identifiers as previously defined.

MSMLは、クライアントとの対話のためのいくつかのモデルをサポートしています。クライアントはエンドユーザーに代わってメディアセッションを確立するために3PCCを使用する場合、クライアントは、各メディアセッションのためのSIPダイアログを持っています。 MSMLは、これらのダイアログ上で送信されても​​よいです。しかしMSMLアクションのターゲットはSIPダイアログに関連付けられたセッションから推測されていません。 MSMLアクションのターゲットは常に明示的に事前に定義されている識別子を使用して指定されています。

An application, after interacting with a user, may want to affect multiple objects within a media server. For example, tones or messages are often played to a conference when connections are added or removed. A separate message may also be played to a participant as they are joined, or to moderators. Explicit identifiers, that is, not inferred from a transport mechanism, allow these multiple actions to be easily grouped into a single transaction sent on any SIP dialog.

アプリケーションは、ユーザと対話した後、メディアサーバー内の複数のオブジェクトに影響を与えるようにすることもできます。接続が追加または削除された場合例えば、トーンまたはメッセージが頻繁に会議に再生されます。別々のメッセージは、それらが結合されているように、参加者に、又はモデレータに再生することができます。つまり、トランスポートメカニズムから推測ない明示的な識別子は、これらの複数のアクションが簡単に任意のSIPダイアログ上で送信される単一のトランザクションにグループ化することができます。

MSML also supports a model of dedicated control associations. This supports decoupled application architectures where a client can control media server services without also establishing all of the media sessions itself. Control associations are created using SIP, but they do not have any associated media session. Although initially INFO messages will be sent on this SIP dialog, just as with dialogs associated with media sessions, it is possible that in the future, the SIP dialog will be used to establish a separate control session (defined in SDP [n9]) that does not use SIP as the transport for MSML messages.

MSMLは、専用コントロールアソシエーションのモデルをサポートしています。これにより、クライアントはまた、メディアセッション自体のすべてを確立することなく、メディア・サーバ・サービスを制御することができ切り離されたアプリケーション・アーキテクチャをサポートしています。コントロールの関連付けはSIPを使用して作成されているが、任意の関連するメディアセッションを持っていません。最初にINFOメッセージは、単にメディアセッションに関連付けられたダイアログと同様に、このSIPダイアログ上で送信されるが、将来的に、SIPダイアログがその(SDP [N9]で定義される)別個の制御セッションを確立するために使用されることが可能ですMSMLメッセージのトランスポートとしてSIPを使用していません。

A media server using MSML also sends asynchronous events to a client using MSML scripts in SIP INFO. Events are sent based on previous MSML requests and are sent within the SIP dialog on which the MSML request that caused the event to be generated was received. If this dialog no longer exists when the event is generated, the event is discarded.

MSMLを使用してメディアサーバにもSIP INFOにMSMLスクリプトを使用してクライアントへの非同期イベントを送信します。イベントは、以前のMSML要求に基づいて送信され、イベントが生成される原因となったMSML要求を受信したSIPダイアログ内で送信されます。イベントが発生した場合、このダイアログがもう存在しない場合、イベントは破棄されません。

Events may be generated during the execution of a dialog created by a <dialogstart> element. For example, dialogs can send events based on user input. VoiceXML dialogs, on the other hand, generally interact with other servers outside of MSML using HTTP.

イベントは、<dialogstart>要素によって作成されたダイアログの実行中に生成することができます。たとえば、ダイアログは、ユーザー入力に基づいてイベントを送信することができます。 VoiceXMLのダイアログは、他の一方で、一般的にHTTPを使用してMSML外の他のサーバとの対話します。

An event is also generated when the execution of a dialog terminates, because of either completion or failure. The exact information returned is dependent on the dialog language, the capabilities of the dialog execution environment, and what was requested by the dialog. Both MSML and VoiceXML [n5] allow information to be returned when they exit. These events may be sent in a SIP INFO or a SIP BYE. SIP BYE is used when the dialog itself specifies that the connection should be disconnected, for example, through the use of the <disconnect> element.

ダイアログの実行が終了したときにイベントがためにも完了または失敗のいずれかで、生成されます。返された正確な情報が対話言語、ダイアログ実行環境の機能、およびどのようなダイアログによって要求されたに依存しています。とき、彼らは終了両方MSMLとVoiceXMLは[N5]の情報が返されることを可能にします。これらのイベントは、SIP INFOまたはSIP BYEで送信することができます。ダイアログ自体は接続が<切断>要素を使用することによって、例えば、切断されるべきことを指定するときにSIP BYEが使用されます。

Conferences may also generate events based upon their configuration. An example of this is the notification of the set of active speakers.

会議はまた、それらの設定に基づいてイベントを発生させることができます。この例は、アクティブスピーカーのセットの通知です。

3.2. SIP Control Framework
3.2. SIPコントロールフレームワーク

The SIP Control Framework [i11] MAY be used as a transport mechanism for MSML.

SIPコントロールフレームワーク[I11]はMSMLのトランスポートメカニズムとして使用することができます。

The Control Framework provides a generic approach for establishment and reporting capabilities of remotely initiated commands. The framework utilizes many functions provided by the Session Initiation Protocol (SIP) [n1] for the rendezvous and establishment of a reliable channel for control interactions. Compared to SIP INFO, the

コントロールフレームワークは、リモートで開始されたコマンドの確立とレポート作成機能のための一般的なアプローチを提供します。フレームワークは、コントロールとの相互作用のための信頼性の高いチャネルのランデブと確立のためにセッション開始プロトコル(SIP)[N1]が提供する多くの機能を利用します。 SIP INFOと比較すると、

SIP Control Framework is a more general-purpose transport mechanism and one that is not constrained by limitations of the SIP INFO mechanism.

SIPコントロールフレームワークは、より汎用的な輸送機構であり、SIP INFO機構の制限によって制約されないもの。

The Control Framework also introduces the concept of a Control Package, which is an explicit usage of the Control Framework for a particular interaction set. This specification has already specified a list of packages for MSML to control the media server in many aspects, including basic dialog, advanced conferencing, advanced dialog, and audit service. Each of these packages has a unique Control Package name assigned in order for MSML to be used with the Control Framework.

コントロールフレームワークは、特定のインタラクション・セットのためのコントロールフレームワークの明示的な使用方法である制御パッケージの概念を導入しています。この仕様は、すでにMSMLは、基本的なダイアログ、高度な会議、高度なダイアログ、および監査サービスなど多くの面でメディアサーバーを、制御するためのパッケージのリストを指定しています。これらのパッケージは、それぞれコントロールフレームワークで使用するMSMLために割り当てられた固有の制御パッケージ名を持っています。

This section fulfills the mandatory requirement for information that MUST be specified during the definition of a Control Framework Package, as detailed in SIP Control Framework [i11].

このセクションでは、SIPコントロールフレームワーク[I11]に詳述されるように、コントロールフレームワークパッケージの定義時に指定しなければならない情報のための必須要件を満たします。

3.2.1. Control Framework Package Names
3.2.1. コントロールフレームワークパッケージ名

The Control Framework [i11] requires a Control Package definition to specify and register a unique name.

コントロールフレームワーク[I11]は一意の名前を指定して登録する制御パッケージの定義が必要です。

MSML specification defines Control Package names using a hierarchical scheme to indicate the inherited relationship across packages. For example, package "msml-x" is derived from package "msml", and package "msml-x-y" is derived from package "msml-x".

MSML仕様は、パッケージ全体で継承関係を示すために、階層方式を使用して、コントロールのパッケージ名を定義します。例えば、パッケージ "MSML-xが" パッケージ "MSML" から派生し、そしてパッケージ "MSML-X-Yは、" パッケージ "MSML-X" に由来します。

The following is a list of Control Package names reserved by the MSML specification.

次はMSML仕様によって予約制御パッケージ名のリストです。

"msml": this Control Package supports MSML Core Package as specified in section 7.

「MSML」:セクション7で指定され、この制御パッケージはMSMLコアパッケージをサポートしています。

"msml-conf": this Control Package supports MSML Conference Core Package as specified in section 8.

「MSML-confの」:このコントロールパッケージはセクション8で指定されているようMSML会議コアパッケージをサポートしています。

"msml-dialog": this Control Package supports MSML Dialog Core Package as specified in section 9.6.

「MSML-ダイアログ」:このコントロールパッケージはセクション9.6で指定されているようMSMLダイアログコアパッケージをサポートしています。

"msml-dialog-base": this Control Package supports MSML Dialog Base Package as specified in section 9.7.

「MSML-ダイアログベース」:このコントロールパッケージはセクション9.7で指定されているようMSMLダイアログベースパッケージをサポートしています。

"msml-dialog-group": this Control Package supports MSML Dialog Group Package as specified in section 9.8.

「MSML・ダイアログ・グループ」:このコントロールパッケージはセクション9.8で指定されているようMSMLダイアロググループパッケージをサポートしています。

"msml-dialog-transform": this Control Package supports MSML Dialog Transform Package as specified in section 9.9.

「MSML-ダイアログ-変換」:このコントロールパッケージはセクション9.9で指定されたパッケージを変換MSMLダイアログをサポートしています。

"msml-dialog-speech": this Control Package supports MSML Dialog Speech Package as specified in section 9.10.

「MSML・ダイアログ・スピーチ」:このコントロールパッケージは、セクション9.10で指定されているようMSML対話音声パッケージをサポートしています。

"msml-dialog-fax-detect": this Control Package supports MSML Dialog Fax Detection Package as specified in section 9.11.

「MSML・ダイアログ・ファックス・検出」:このコントロールパッケージは、セクション9.11で指定されているようMSMLダイアログファックス検出パッケージをサポートしています。

"msml-dialog-fax-sendrecv": this Control Package supports MSML Dialog Fax Send/Receive Package as specified in section 9.12.

「MSML・ダイアログ・ファックス・SENDRECV」:このコントロールパッケージはMSMLダイアログファックス/送信セクション9.12で指定されたパッケージを受け取るサポートしています。

"msml-audit": this Control Package supports MSML Audit Core Package as specified in section 10.1.

「MSML監査」:このコントロールパッケージは、セクション10.1に指定されているMSML監査コアパッケージをサポートしています。

"msml-audit-conf": this Control Package supports MSML Audit Conference Package as specified in section 10.2.

「MSML監査-confの」:このコントロールパッケージは、セクション10.2に指定されているMSML監査会議パッケージをサポートしています。

"msml-audit-conn": this Control Package supports MSML Audit Connection Package as specified in section 10.3.

「MSML監査-CONN」:このコントロールパッケージは、セクション10.3に指定されているMSML監査接続パッケージをサポートしています。

"msml-audit-dialog": this Control Package supports MSML Audit Dialog Package as specified in section 10.4.

「MSML監査-ダイアログ」:このコントロールパッケージは、セクション10.4に指定されているMSML監査ダイアログパッケージをサポートしています。

"msml-audit-stream": this Control Package supports MSML Audit Stream Package as specified in section 10.5.

「MSML監査ストリーム」:このコントロールパッケージは、セクション10.5に指定されているMSML監査ストリームパッケージをサポートしています。

An application server using the Control Framework as transport for MSML MUST use one or multiple package names, depending on the service required from the media server. The package name(s) are identified in the "Control-Packages" SIP header that is present in the SIP INVITE dialog request that creates the control channel, as specified in [i11]. The "Control-Packages" value MAY be re-negotiated via the SIP re-INVITE mechanism.

MSMLのトランスポートとしてコントロールフレームワークを使用して、アプリケーション・サーバーは、メディアサーバーから必要なサービスに応じて、1人のまたは複数のパッケージ名を使用しなければなりません。パッケージ名(複数可)、[I11]で指定されるように、制御チャネルを作成ダイアログ要求を、SIP INVITE中に存在する「制御 - パッケージ」SIPヘッダで識別されます。 「コントロール・パッケージ」の値は、SIPの再INVITE機構を介して再交渉されるかもしれません。

3.2.2. Control Framework Messages
3.2.2. コントロールフレームワークメッセージ

The usage of CONTROL, response, and REPORT messages, as defined in [i11], by each Control Package defined in MSML is different and described separately in the following sections.

MSMLで定義された各制御パッケージにより、[I11]で定義されるような制御、応答、およびREPORTメッセージの使用量は、異なっており、以下のセクションに分けて説明しました。

MSML Core Package "msml"

MSMLコアパッケージ「MSML」

The application server may send a CONTROL message with a body of MSML request using the following elements to the MS:

アプリケーションサーバはMSに、以下の要素を使用して、MSML要求の本体と制御メッセージを送信することができます。

<msml>: the root element that may contain a list of child elements that request a specific operation. The child elements are defined in extended packages (e.g., "msml-conf" and "msml-dialog"). This element is also the root element that contains an MSML result and event.

<MSML>:特定の操作を要求する子要素のリストが含まれていてもよいルート要素。子要素は、拡張パッケージで定義されている(例えば、「MSML-confの」および「MSML-ダイアログ」)。この要素はまた、MSML結果とイベントが含まれているルート要素です。

<send>: sends an event to the specified recipient within the media server. Specific event types are defined within the extended packages.

<送る>:メディアサーバー内の指定された受信者にイベントを送信します。特定のイベントタイプは、拡張パッケージ内で定義されています。

The media server replies with a response message containing a MSML result using the following elements:

メディアサーバは、以下の要素を使用して、MSML結果を含む応答メッセージで応答します。

<result>: reports the results of an MSML transaction.

<結果>は:MSMLトランザクションの結果を報告します。

The media server MAY send the MSML event to the application server, in a REPORT or CONTROL message, using the element <event>. The actual content of the <event> and which Control Framework message to use are defined within the extended packages.

メディアサーバは、要素<イベント>を使用して、REPORTまたはCONTROLメッセージの中で、アプリケーション・サーバーにMSMLイベントを送信することができます。実際の<イベント>の内容と使用するための制御フレームワークメッセージは、拡張パッケージ内で定義されています。

MSML Conference Core Package "msml-conf"

MSML会議コアパッケージ "MSML-confの"

This package extends the MSML Core Package to define a framework for creation, manipulation, and deletion of a conference.

このパッケージには、会議の作成、操作、および削除のためのフレームワークを定義するためにMSMLコアパッケージを拡張します。

The AS can send a CONTROL message with a body of the MSML request that contains one or multiple conference-related commands to the MS. The MS then replies with a response message with a body of the MSML result to indicate whether or not the request has been fulfilled.

ASは、MSへの1つまたは複数の会議関連のコマンドが含まれているMSML要求の本体と制御メッセージを送信することができます。 MSは、要求が満たされたか否かを示すために、MSML結果の本体と応答メッセージで応答します。

During the lifetime of a conference, whenever an event occurs, the media server MAY send CONTROL messages containing MSML events to notify the application server. The application server SHOULD reply with a response message with no MSML body to acknowledge the event has been received.

会議の存続期間中は、イベントが発生するたびに、メディアサーバは、アプリケーションサーバに通知するためにMSMLイベントを含む制御メッセージを送信することができます。イベントを確認することがないMSML本体と応答メッセージで応答すべきであるアプリケーションサーバは、受信されています。

This package does NOT use the REPORT message.

このパッケージには、REPORTメッセージを使用していません。

Dialog Core Package "msml-dialog"

ダイアログのコアパッケージ「MSML-ダイアログ」

This package extends the MSML Core Package to define the structural framework and abstractions for MSML dialogs.

このパッケージには、MSMLダイアログの構造フレームワークと抽象化を定義するためにMSMLコアパッケージを拡張します。

The application server MAY send CONTROL messages containing a MSML request using the following elements:

アプリケーションサーバは、次の要素を使用してMSML要求を含む制御メッセージを送信することがあります。

<dialogstart>: instantiate an MSML media dialog on a connection or a conference.

<dialogstart>:接続や会議にMSMLメディアダイアログをインスタンス化します。

<dialogend>: terminates an MSML dialog.

<dialogend>:MSMLダイアログが終了します。

<send>: sends an event and an optional namelist to the dialog, dialog group, or dialog primitive.

<送る>:ダイアログ、ダイアログ・グループ、またはダイアログプリミティブにイベントとオプションの名前リストを送信します。

<exit>: used by the dialog description language to cause the execution of the MSML dialog to terminate.

<終了>:終了するMSMLダイアログの実行を引き起こすために対話記述言語で使用されます。

For the <dialogstart> command, the response message MUST contain an MSML result that indicates that the dialog has been started successfully. The MSML result MAY contain <dialogid> to return the dialog identifier, if the identifier was assigned by the media server. Subsequently, zero or more MSML events MAY be initiated by the media server in (update) REPORT messages to report information gathered during the dialog. Finally, an MSML event "msml.dialog.exit" SHOULD be generated in a (terminate) REPORT message when the dialog terminates (e.g., MSML execution of <exit>).

<dialogstart>コマンドの場合、応答メッセージは、ダイアログが正常に開始されたことを示しMSML結果を含まなければなりません。 MSML結果は、識別子は、メディアサーバによって割り当てられた場合、ダイアログ識別子を返すために、<dialogid>を含むかもしれません。その後、ゼロ個以上のMSMLイベントは、ダイアログ中に収集された情報を報告する(アップデート)REPORTメッセージ内のメディアサーバーによって開始されてもよいです。最後に、MSMLイベント「msml.dialog.exitは」(終了)REPORTメッセージ内に生成されるべきである場合、ダイアログが終了(例えば、MSMLの実行<出口>)。

For the <dialogend> and <send> commands, the response message contains the final MSML result that indicates that the request has either been fulfilled or rejected.

<dialogend>とコマンドを<は送信>の場合、応答メッセージは、要求が満たさまたは拒否されたいずれかのことを示し、最終的なMSML結果が含まれています。

Dialog Base Package "msml-dialog-base"

ダイアログベースパッケージ「MSML-ダイアログベース」

This package extends the MSML Dialog Core Package to define a set of base functionality for MSML dialogs. The extension defines individual media primitives, including <play>, <dtmfgen>, <tonegen>, <record>, <dtmf> and <collect>, to be used as child element of <dialogstart>. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Dialog Core Package.

このパッケージには、MSMLダイアログの基本機能のセットを定義するMSMLダイアログコアパッケージを拡張します。拡張子が<遊び>など、個々のメディアのプリミティブを定義し、<dtmfgen>、<tonegen>、<記録>、<DTMF>と<収集>、<dialogstart>の子要素として使用されます。 MSMLダイアログコアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Transform Package "msml-dialog-transform"

ダイアログは、パッケージ「MSML-ダイアログ-変換」変換します

This package extends the MSML Dialog Core Package to define a set of transform primitives that works as filter on half-duplex media streams. The extension defines transform primitives, including <vad>, <gain>, <agc>, <gate>, <clamp> and <relay>, that MAY be used as child elements of <dialogstart>. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Dialog Core Package.

このパッケージには、半二重メディアストリーム上のフィルタとして働く変換プリミティブのセットを定義するためにMSMLダイアログコアパッケージを拡張します。拡張は、<dialogstart>の子要素として使用されるかもしれ<ゲイン>、<AGC>、<ゲート>、<クランプ>と<中継>、<VAD>を含む、プリミティブを変換定義します。 MSMLダイアログコアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Group Package "msml-dialog-group"

ダイアロググループパッケージ「MSML・ダイアログ・グループ」

This package extends the MSML Dialog Core, Base, and Transform Packages to define a single control flow construct that specifies concurrent execution of multiple media primitives. The extension defines the <group> element that MAY be used as a child element of <dialogstart> to enclose multiple media primitives, such that they can be executed concurrently. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Dialog Core Package.

このパッケージには、MSMLダイアログコア、ベースを拡張し、複数のメディアプリミティブの同時実行を指定する単一の制御フロー構造を定義するためにパッケージを変換します。拡張は、それらが同時に実行することができるように複数のメディア・プリミティブを囲む<dialogstart>の子要素として使用されるかもしれ<グループ>要素を定義します。 MSMLダイアログコアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Speech Package "msml-dialog-speech"

対話音声パッケージ「MSML・ダイアログ・スピーチ」

This package extends the MSML Dialog Core and MSML Base Package to define functionality that MAY be used for automatic speech recognition and text to speech. The extension extends the <dialogstart> and the <play> elements.

このパッケージには、音声に自動音声認識およびテキストに使用されるかもしれない機能を定義するためにMSMLダイアログCoreとMSMLベースパッケージを拡張します。拡張子は<dialogstart>と<遊び>要素を拡張します。

For <dialogstart>, it defines a new child element <speech> to activate grammars or user input rules associated with speech recognition. For <play>, it defines a new child element <tts> to initiate the text-to-speech service.

<dialogstart>の場合は、音声認識に関連した文法やユーザの入力規則をアクティブにするために、新しい子要素<スピーチ>を定義します。 <遊び>の場合は、テキストを音声に変換するサービスを開始するために、新しい子要素<TTS>を定義します。

This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Dialog Core Package.

MSMLダイアログコアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Fax Detection Package "msml-dialog-fax-detect"

ダイアログファックス検出パッケージ「MSML・ダイアログ・ファックス・検出」

This package extends the MSML Dialog Core Package to define primitives provide fax detection service. The extension defines a primitive <faxdetect> to be used as a child element of <dialogstart>. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Dialog Core Package.

このパッケージには、プリミティブは、ファックス検出サービスを提供するために定義MSMLダイアログコアパッケージを拡張します。拡張は、<faxdetect> <dialogstart>の子要素として使用されるプリミティブを定義します。 MSMLダイアログコアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Fax Send/Receive Package "msml-dialog-fax-sendrecv"

ダイアログファックス送信/パッケージ「MSML・ダイアログ・ファックスのsendrecv」を受信

This package extends the MSML Dialog Core Package to define primitives that allow a media server to provide fax send or receive service. The extension defines new primitives <faxsend> and <faxrcv>, to be used as a child element of <dialogstart>. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Dialog Core Package.

このパッケージには、メディアサーバがファックス送信を提供したり、サービスを受けることができるようにプリミティブを定義するためにMSMLダイアログコアパッケージを拡張します。拡張子は、新しいプリミティブ<faxsend>と<faxrcv>は、<dialogstart>の子要素として使用されるように定義します。 MSMLダイアログコアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Audit Core Package "msml-audit"

ダイアログ監査コアパッケージ「MSML監査」

This package extends the MSML Core Package to define a framework for auditing media resource(s) allocated on the media server.

このパッケージは、メディアサーバに割り当てられた監査メディアリソース(単数または複数)のためのフレームワークを定義するMSMLコアパッケージを拡張します。

This package follows a simple request/response transaction, allowing the application server to send CONTROL messages containing MSML <audit> requests. The media server MUST reply with a response message containing the result. The result is contained within the <auditresult> element, returning the queried state information.

このパッケージには、アプリケーションサーバーがMSML <監査>要求を含む制御メッセージを送信することができ、単純な要求/応答トランザクションに従います。メディアサーバーは、結果を含む応答メッセージで応答しなければなりません。結果は、照会状態情報を返す<AUDITRESULT>要素内に含まれています。

This package does NOT use the REPORT message.

このパッケージには、REPORTメッセージを使用していません。

Dialog Audit Conference Package "msml-audit-conf"

ダイアログ監査会議パッケージ「MSML監査-confの」

This package extends the MSML Audit Core Package to define conference specific states that MAY be queried via the <audit> command and the corresponding response MUST be returned by the <auditresult> element. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Audit Core Package.

このパッケージは、MSML監査コアパッケージ<監査>コマンドを介して、照会されてもよく、対応する応答は、<AUDITRESULT>要素によって返されなければならない会議特定の状態を定義するために延びています。 MSML監査コアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Audit Connection Package "msml-audit-conn"

ダイアログ監査接続パッケージ「MSML監査-CONN」

This package extends the MSML Audit Core Package to define connection specific states that MAY be queried via the <audit> command and the corresponding response MUST be returned by the <auditresult> element. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Audit Core Package.

このパッケージは、<監査>コマンドを介して、照会されてもよく、対応する応答が<AUDITRESULT>要素によって返されなければならない接続の特定の状態を定義するMSML監査コアパッケージを拡張します。 MSML監査コアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Audit Dialog Package "msml-audit-dialog"

ダイアログ監査ダイアログパッケージ「MSML-監査ダイアログ」

This package extends the MSML Audit Core Package to define dialog specific states that MAY be queried via the <audit> command and the corresponding response MUST be returned by the <auditresult> element. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Audit Core Package.

このパッケージは、<監査>コマンドを介して、照会されてもよく、対応する応答が<AUDITRESULT>要素によって返されなければならないダイアログ特定の状態を定義するMSML監査コアパッケージを拡張します。 MSML監査コアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

Dialog Audit Stream Package "msml-audit-stream"

ダイアログ監査ストリームパッケージ「MSML監査ストリーム」

This package extends the MSML Audit Core Package to define stream specific states that MAY be queried via the <audit> command and the corresponding response MUST returned by the <auditresult> element. This package does not change the framework message usage as defined by the MSML Audit Core Package.

このパッケージは、MSML監査コアパッケージ<監査>コマンドと<AUDITRESULT>要素によって返される対応する応答MUSTを介して照会されるかもしれストリーム特定の状態を定義するために延びています。 MSML監査コアパッケージで定義されたこのパッケージには、フレームワークメッセージの使用法を変更しません。

3.2.3. Common XML Support
3.2.3. 一般的なXMLのサポート

The XML schema described in [i11] MUST be supported by all Control Packages defined by MSML. However, the "connection-id" value MUST be constructed as defined by MSML (i.e., the identifier MUST contain a local dialog tag only, while the SIP Control Framework [i11] requires that the "connection-id" contain both local and remote dialog tags).

[I11]に記述されたXMLスキーマはMSMLによって定義されたすべての制御パッケージによってサポートされなければなりません。しかしMSMLによって定義されるように、「接続ID」の値がSIPコントロールフレームワーク[I11が「接続ID」は、ローカルとリモートの両方を含むことを必要とする(すなわち、識別子は、唯一のローカルダイアログタグを含まなければなりません構成されなければなりませんダイアログ・タグ)。

3.2.4. Control Message Body
3.2.4. コントロールメッセージ本文

A valid CONTROL body message MUST conform to the MSML schema, as included in this specification, for the MSML package(s) used.

使用MSMLパッケージ(複数可)のために、本明細書に含まれる有効な制御本体メッセージは、MSMLスキーマに準拠しなければなりません。

3.2.5. REPORT Message Body
3.2.5. REPORTメッセージ本文

A valid REPORT body message MUST conform to the MSML schema, as included in this specification, for the MSML package(s) used.

使用MSMLパッケージ(複数可)のために、本明細書に含まれる有効なレポートボディメッセージは、MSMLスキーマに準拠しなければなりません。

4. Language Structure
4.言語構造
4.1. Package Scheme
4.1. パッケージスキーム

The primary mechanism for extending MSML is the "package". A package is an integrated set of one or more XML schemas that define additional features and functions via new or extended use of elements and attributes. Each package, except for those defined in the current document, is defined in a separate standards document, e.g., an Internet Draft or an RFC. All packages that extend the base MSML functionality MUST include references to the MSML base set of schemas provided in the Internet Drafts. A schema in a package MUST only extend MSML; that is, it must not alter the existing specification.

MSMLを拡張するための主要なメカニズムは、「パッケージ」です。パッケージには、要素や属性の新しいまたは拡張の使用を経由して、追加の特徴と機能を定義する1つの以上のXMLスキーマの統合セットです。各パッケージは、現在のドキュメントで定義されたものを除いて、別の規格文書、例えば、インターネットドラフトやRFCに定義されています。ベースMSMLの機能を拡張するすべてのパッケージはインターネットドラフトで提供スキーマのMSMLの基本セットへの参照を含まなければなりません。パッケージのスキーマのみMSMLを拡張する必要があります。つまり、それは既存の仕様を変更してはいけません。

A particular MSML script will include references to all the schemas defining the packages whose elements and attributes it makes use of. A particular script MUST reference MSML base and optionally extension package(s). See the IANA Considerations section.

特定のMSMLスクリプトは、要素や属性、それはを使用するパッケージを定義するすべてのスキーマへの参照が含まれます。特定のスクリプトはMSMLベースおよび任意に拡張パッケージ(複数可)を参照しなければなりません。 IANAの考慮事項のセクションを参照してください。

Each package MUST define its own namespace so that elements or attributes with the same name in different packages do not conflict. A script using a particular element or attribute MUST prefix the namespace name on that element or attribute's name if it is defined in a package (as opposed to being defined in the base).

異なるパッケージに同じ名前の要素や属性が競合しないように、各パッケージは、独自の名前空間を定義しなければなりません。 (ベースで定義されているとは対照的に)それがパッケージで定義されている場合、特定の要素や属性を使用して、スクリプトは、その要素や属性の名前を名前空間名の前に付ける必要があります。

MSML consists of a core package that provides structure without support for any specific feature set. Additional packages, relying on the core package, provide functional features. Any combination of additional packages may be used along with the core package. The following describes the set of MSML packages defined in this document.

MSMLは、任意の特定の機能セットのサポートなしに構造を提供するコアパッケージから成ります。追加パッケージは、コアパッケージに依存する、機能的な機能を提供します。追加パッケージの任意の組み合わせは、コアパッケージと一緒に使用することができます。以下は、このドキュメントで定義されたMSMLパッケージのセットを記述する。

           +--------------------------------------------------------+
           |                     MSML Core                          |
           +--------------------------------------------------------+
                 /                           \                 \
             +--------+                   +--------+        +-------+
             | Dialog |                   | Conf   |        | Audit |
             | Core   |                   | Core   |        | Core  |
             +--------+                   +--------+        +-------+
        ________  \_______________________________________      |
        ------------------------------------------------        |
       /         \          \         \          \      \       |
   +------+  +---------+ +------+ +------+ +------+ +-------+   |
   |Dialog|  |Dialog   | |Dialog| |Dialog| |Dialog| |Dialog |   |
   |Base  |  |Transform| |Group | |Speech| |Fax   | |Fax    |   |
   +------+  +---------+ +------+ +------+ |Detect| |Send/  |   |
                                           +------+ |Receive|   |
                                                    +-------+   |
                                        ________________________|
                                        -------------------------
                                       /       \       \         \
                                   +-----+ +-----+ +------+ +------+
                                   |Audit| |Audit| |Audit | |Audit |
                                   |Conf | |Conn | |Dialog| |Stream|
                                   +-----+ +-----+ +------+ +------+
        

o MSML Core Package (Mandatory)

O MSMLコアパッケージ(必須)

Describes the minimum base framework that MUST be implemented to support additional core packages.

追加のコアパッケージをサポートするために実装しなければならない最低限のベースフレームワークを記述する。

o MSML Conference Core Package (Conditionally Mandatory, for Conferencing)

O MSML会議コアパッケージ(会議のため、条件付き必須)

Describes the audio and multimedia basic and advanced conferencing package that MAY be implemented.

実施することができるオーディオやマルチメディアの基本および高度な会議パッケージを説明します。

o MSML Dialog Core Package (Conditionally Mandatory, for Dialogs)

O MSMLダイアログコアパッケージ(ダイアログのため、条件付き必須)

Describes the dialog core package that MUST be implemented for any dialog services. However, systems supporting conferencing only, MAY omit support for MSML dialogs. The MSML Dialog Core Package specifies the framework within which additional dialog packages are supported. The MSML Dialog Base Package MUST be supported, while all other dialog packages MAY be supported.

任意のダイアログサービスのために実装しなければならないダイアログコアパッケージについて説明します。しかし、唯一の会議をサポートしているシステムは、MSMLダイアログのサポートを省略することができます。 MSMLダイアログコアパッケージには、追加のダイアログパッケージがサポートされている範囲内のフレームワークを指定します。他のすべてのダイアログのパッケージがサポートされてもよいがMSMLダイアログベースパッケージには、サポートしなければなりません。

o MSML Dialog Base Package (Conditionally Mandatory, for Dialogs) o MSML Dialog Group Package (Optional)

O MSMLダイアロググループパッケージO(ダイアログの条件付き必須)MSMLダイアログベースパッケージ(オプション)

o MSML Dialog Transform Package (Optional)

O MSMLダイアログパッケージ(オプション)を変換します

o MSML Dialog Fax Detection Package (Optional)

O MSMLダイアログファックス検出パッケージ(オプション)

o MSML Dialog Fax Send/Receive Package (Optional)

O MSMLダイアログファックスは、パッケージ(オプション)送信/受信します

o MSML Dialog Speech Package (Optional)

O MSML対話音声パッケージ(オプション)

o MSML Audit Core Package (Conditionally Mandatory, for Auditing)

O MSML監査コアパッケージ(条件付きで必須、監査用)

Describes the audit core package that MUST be implemented to support auditing services. The MSML audit core package specifies the framework within which additional audit packages are supported.

監査サービスをサポートするために実装しなければならない監査コアパッケージについて説明します。 MSML監査コアパッケージには、追加の監査パッケージはサポートされている範囲内のフレームワークを指定します。

o MSML Audit Conference Package (Conditionally Mandatory, for Auditing Conference, Conference Dialog, and Conference Stream)

O MSML監査会議パッケージ(条件付きで必須、監査会議、会議ダイアログ、および会議ストリーム用)

o MSML Audit Connection Package (Conditionally Mandatory, for Auditing Connection, Connection Dialog, and Connection Stream)

O MSML監査接続パッケージ(条件付きで必須、監査接続、接続ダイアログ、及び連結ストリーム用)

o MSML Audit Dialog Package (Conditionally Mandatory, for Auditing Dialog, and MUST be used with either MSML Audit Conference Package or MSML Audit Connection Package)

O MSML監査ダイアログパッケージ(必須条件と、監査ダイアログの、及びMSML監査会議パッケージまたはMSML監査接続パッケージのいずれかと共に使用されなければなりません)

o MSML Audit Stream Package (Conditionally Mandatory, for Auditing Stream, and MUST be used with either MSML Audit Conference Package or MSML Audit Connection Package)

O MSML監査ストリーム(監査ストリームのための必須条件、およびMSML監査会議パッケージまたはMSML監査接続パッケージのいずれかで使用しなければなりません)パッケージ

The formal process for defining extensions to MSML dialogs is to define a new package. The new package MUST provide a text description of what extensions are included and how they work. It MUST also define an XML schema file (if applicable) that defines the new package (which may be through extension, restriction of an existing package, or a specific profile of an existing package). Dependencies upon other packages MUST be stated. For example, a package that extends or restricts has a dependency on the original package specification. Finally, the new package MUST be assigned a unique name and version.

MSMLダイアログへの拡張を定義するための正式なプロセスは、新しいパッケージを定義することです。新しいパッケージは、機能拡張が含まれていると、彼らがどのように動作するか何のテキスト記述を提供しなければなりません。それはまた、(拡張、既存のパッケージの制限、または既存のパッケージの特定のプロファイルを介してもよい)、新しいパッケージを定義するXMLスキーマ・ファイルを(該当する場合)を定義しなければなりません。他のパッケージの依存関係の際には、記載しなければなりません。例えば、拡張または制限パッケージがオリジナルのパッケージの仕様に依存しています。最後に、新しいパッケージは、一意の名前とバージョンを割り当てなければなりません。

The types of things that can be defined in new packages are:

新しいパッケージで定義できるものの種類は次のとおりです。

o new primitives

新しいプリミティブO

o extensions to existing primitives (events, shadow variables, attributes, content)

既存のプリミティブへのOの拡張(イベント、シャドー変数、属性、コンテンツ)

o new recognition grammars for existing primitives

既存のプリミティブのための新たな認識文法O

o new markup languages for speech generation

音声生成のための新しいマークアップ言語O

o languages for specifying a topology schema

トポロジのスキーマを指定するためのO言語

o new predefined topology schemas

O新しい定義済みトポロジ・スキーマ

o new variables / segment types (sets & languages)

O新しい変数/セグメントタイプ(セットと言語)

o new control flow elements

新しい制御フロー要素O

MSML packages are assembled together to form a specific MSML profile that is shared between different implementations. The base MSML dialog profiles that are defined in this document consist of the MSML Core Package, MSML Dialog Core Package, MSML Dialog Base Package, MSML Dialog Group Package, MSML Transform Package, MSML Fax Packages, and the MSML Speech Package.

MSMLパッケージは、異なる実装の間で共有されている特定MSMLプロファイルを形成するために一緒に組み立てられます。この文書で定義されているベースMSMLダイアログ・プロファイルは、パッケージ、MSMLファックスパッケージ、およびMSMLスピーチパッケージを変換MSMLコアパッケージ、MSMLダイアログコアパッケージ、MSMLダイアログベースパッケージ、MSMLダイアロググループパッケージ、MSMLで構成されています。

MSML extension packages, which define primitives, MUST define the following for each primitive within the package:

プリミティブを定義するMSML拡張パッケージは、パッケージ内の各プリミティブのために次のことを定義する必要があります。

o the function that the primitive performs

関数Oプリミティブを行います

o the attributes that may be used to tailor its behavior

その動作を調整するために使用される属性O

o the events that it is capable of understanding

それは理解することができ、イベントO

o the shadow variables that provide access to information determined as a result of the primitive's operation

プリミティブ操作の結果として決定された情報へのアクセスを提供するシャドウ変数O

The mechanism used to ensure that a media server and its client share a compatible set of packages is not defined. Currently, it is expected that provisioning will be used, possibly coupled with a future auditing capability. Additionally, when used in SIP networks, packages could be defined using feature tags and the procedures defined for Indicating User Agent Capabilities in SIP [i1] used to allow a media server to describe its capabilities to other user agents.

メディアサーバーとそのクライアントは、パッケージの互換性のあるセットを共有することを確実にするために使用されるメカニズムが定義されていません。現在のところ、プロビジョニングは、おそらく将来の監査機能と相まって、使用されることが予想されます。 SIPネットワークで使用する場合に加え、パッケージが機能タグとSIPにおけるユーザエージェントの能力を示すために定義された手順を使用して定義することができ[I1]メディアサーバは、他のユーザエージェントにその能力を記述できるようにするために使用。

4.2. Profile Scheme
4.2. プロフィールスキーム

Not all devices and applications using MSML will need to support the entire MSML schema. For example, a media processing device might support only audio announcements, only audio simple conferencing, or only multimedia IVR. It is highly desirable to have a system for describing what portion of MSML a particular media processing device or control agent supports.

MSMLを使用していないすべてのデバイスとアプリケーションは、全体MSMLスキーマをサポートする必要があります。例えば、メディア処理装置は、音声のみの発表、音声のみの単純な会議、または唯一のマルチメディアIVRをサポートする場合があります。特定のメディア処理装置または制御エージェントがサポートMSMLのどの部分について説明するためのシステムを有することが非常に望ましいです。

The package scheme described earlier allows MSML functionality to be functionally grouped, relying on the MSML core package. This scheme allows a portion of the complete MSML specification to be implemented, on a per-package basis, and also creates a framework for future extension packages. However, within a given package, in some cases, only a subset of the package functionality may be required. In order to support subsets of packages, with greater degree of granularity than at the package level, a profile scheme is required.

前述したパッケージ方式はMSML機能が機能MSMLコアパッケージに依存する、グループ化することを可能にします。この方式では、パッケージごとに、完全なMSML仕様の一部を実装することができ、また、将来の拡張パッケージのためのフレームワークを作成します。しかし、所与のパッケージ内に、いくつかのケースでは、パッケージの機能のサブセットのみが必要とされ得ます。パッケージレベルでのより粒度の大きい程度で、パッケージのサブセットをサポートするために、プロファイル・スキームが必要とされます。

MSML package profiles would identify a subset of a given MSML package with specific definitions of elements and attributes. Each MSML package profile MUST be accompanied by one or more corresponding schemas. To use the examples above, there could be an audio announcements profile of the MSML Dialog Base Package, an audio simple conferencing profile of the MSML Conference Core Package, and a multimedia IVR profile of the MSML Dialog Base Package.

MSMLパッケージプロファイルは、要素と属性の特定の定義を有する所定MSMLパッケージのサブセットを識別する。各MSMLパッケージプロファイルは、1つまたは複数の対応するスキーマを添付しなければなりません。上記の例を使用するには、MSMLダイアログベースパッケージ、MSML会議コアパッケージのオーディオ簡単な会議プロファイル、およびMSMLダイアログベースパッケージのマルチメディアIVRプロファイルのオーディオ発表プロファイルがある可能性があります。

MSML package profiles MUST be published separately from the MSML specification, in one or more standards documents (e.g., Internet Drafts or RFCs) dedicated to MSML package profiles. Profiles would not be registered with IANA and any organization would additionally be free to create its own profile(s) if required.

MSMLパッケージプロファイルは、(例えば、インターネットドラフトやRFCは)MSMLパッケージプロファイル専用の一つ以上の規格文書で、MSML仕様とは別に公開する必要があります。プロファイルは、IANAに登録されず、どのような組織は、さらに必要に応じて、独自のプロファイル(複数可)を作成して自由になります。

5. Execution Flow
5.実行フロー

MSML assumes a model where there is a single control context within a media server for MSML processing. That context may have one or many SIP [n1] dialogs associated with it. It is assumed that any SIP dialogs associated with the MSML control context have been authorized, as appropriate, by mechanisms outside the scope of MSML.

MSMLはMSML処理用のメディアサーバー内の単一の制御コンテキストが存在するモデルを想定しています。そのコンテキストは、それに関連する1つまたは多くのSIP [N1]ダイアログを有することができます。 MSMLの範囲外の機構によって、必要に応じて、MSML制御コンテキストに関連付けられている任意のSIPダイアログが認可されているものとします。

A media server control context maintains information about the state of all media objects and media streams within a media server. It receives and processes all MSML requests from authorized SIP dialogs and receives all events generated internally by media objects and sends them on the appropriate SIP dialog. An MSML request is able to create new media objects and streams, and to modify or destroy any existing media objects and streams.

メディアサーバ制御コンテキストは、メディアサーバ内のすべてのメディアオブジェクトおよびメディアストリームの状態に関する情報を維持します。これは、受信して、認可SIPダイアログからすべてMSML要求を処理し、メディアオブジェクトによって内部的に生成されたすべてのイベントを受信して​​、適切なSIPダイアログでそれらを送信します。 MSML要求は、新たなメディアオブジェクトを作成することができ、ストリーム、および既存のメディアオブジェクトを変更または破壊するとストリーム。

An MSML request may simply specify a single action for a media server to undertake. In this case, the document is very similar to a simple command request. Often, though, it may be more natural for a client to request multiple actions at one time, or the client would like several actions to be closely coordinated by the media server. Multiple MSML elements received in a single request MUST be processed sequentially in document order.

MSML要求は、単純に着手するメディアサーバーの単一のアクションを指定することもできます。この場合、文書は、単純なコマンド要求に非常によく似ています。多くの場合、しかし、それは、一度に複数のアクションを要求する、またはクライアントが密接にメディアサーバーによって調整されるいくつかのアクションを希望のクライアントのために、より自然かもしれません。単一の要求で受信した複数MSML要素は、文書の順序で順次処理されなければなりません。

An example of the first scenario would be to create a conference and join it with an initial participant. An example of the second case would be to unjoin one or more participants from a main conference and join them to a sidebar conference. In the first scenario, network latencies may not be an issue, but it is simpler for the client to combine the requests. In the second case, the added network latency between separate requests could mean perceptible audio loss to the participant.

最初のシナリオの例では、会議を作成し、最初の参加者と一緒に参加することになります。第二例の例では、メイン会議から1人以上の参加者を退会し、サイドバーの会議にそれらを結合することです。最初のシナリオでは、ネットワークレイテンシが問題ではないかもしれないが、それは要求を結合するためのクライアントのために簡単です。第二の場合では、別個の要求の間に追加のネットワークレイテンシが参加者に知覚オーディオ損失を意味するかもしれません。

Each MSML request is processed as a single transaction. A media server MUST ensure that it has the necessary resources available to carry out the complete transaction before executing any elements of the request. If it does not have sufficient resources, it MUST return a 520 response and MUST NOT execute the transaction.

各MSML要求は、単一のトランザクションとして処理されます。メディアサーバは、要求のいずれかの要素を実行する前に、完全なトランザクションを実行するために利用できる必要なリソースを持っていることを確認しなければなりません。それが十分なリソースを持っていない場合、それは520応答を返さなければなりませんし、トランザクションを実行してはいけません。

The MSML request MUST be checked for well-formedness and validated against the schema prior to executing any elements. This allows XML [n2] errors to reported immediately and minimizes failures within a transaction and the corresponding execution of only part of the transaction.

MSML要求は整形式をチェックし、任意の要素を実行する前に、スキーマに対して検証されなければなりません。これはすぐに報告にXML [N2]エラーを可能にし、トランザクションおよびトランザクションの一部のみの対応する実行中に障害を最小限に抑えることができます。

Each element is expected to execute immediately. Elements such as <dialogstart>, which take an unpredictable amount of time, are "forked" and executed in a separate thread (see MSML Dialog Packages). Once successfully forked, execution continues with the element following the </dialogstart>. As such, MSML does not provide mechanisms to sequence or coordinate other operations with dialog elements.

各要素は、すぐに実行することが予想されます。時間の予測不可能な量を取るような<dialogstart>などの要素は、「二股」と別スレッドで実行される(MSMLダイアログパッケージを参照のこと)。一度成功したフォーク、実行が</ dialogstart>次の要素を続行します。このように、MSMLシーケンスまたはダイアログ要素と他の動作を調整するメカニズムを提供しません。

Processing within a transaction MUST stop if any errors occur. Elements that were executed prior to the error are not rolled back. It is the responsibility of the client to determine appropriate actions based upon the results indicated in the response. Most elements MAY contain an optional "mark" attribute. The value of that attribute from the last successfully executed element MUST be returned in an error response. Note that errors that occur during the execution of a dialog occur outside the context of an MSML transaction. These errors will be indicated in an asynchronous event.

何らかのエラーが発生した場合、トランザクション内の処理が停止しなければなりません。エラーの前に実行された要素は、ロールバックされません。応答で示された結果に基づいて適切なアクションを決定するために、クライアントの責任です。ほとんどの要素は、オプションの「マーク」属性を含むかもしれません。最後に正常に実行された要素からその属性の値は、エラー応答で返さなければなりません。ダイアログの実行中に発生したエラーがMSMLトランザクションのコンテキスト外で発生することに注意してください。これらのエラーは非同期イベントに表示されます。

Transaction results are returned as part of the SIP request response. The transaction results indicate the success or failure of the transaction. The result MUST also include identifiers for any objects created by a media server for which the client did not provide an instance name. Additionally, if the transaction fails, the reason for the failure MUST be returned, as well as an indication of how much of the transaction was executed before the failure occurred SHOULD be returned.

トランザクションの結果は、SIP要求応答の一部として返されます。トランザクションの結果は、トランザクションの成功または失敗を示します。その結果は、クライアントがインスタンス名を提供しなかったため、メディアサーバによって作成されたオブジェクトの識別子を含まなければなりません。トランザクションが失敗した場合はさらに、失敗の理由が返されなければならない、などの障害が発生する前に実行されたどのくらいのトランザクションのの表示が返されます。

6. Media Server Object Model
6. Media Serverのオブジェクトモデル

Media servers are general-purpose platforms for executing real-time media processing tasks. These tasks range in complexity from simple ones such as serving announcements, to complex ones, such as speech interfaces, centralized multimedia conferencing, and sophisticated gaming applications.

メディアサーバーは、リアルタイムメディア処理タスクを実行するための汎用的なプラットフォームです。これらのタスクは、このような発表を提供するような単純なものから、そのような音声インタフェース、集中型のマルチメディア会議、および洗練されたゲームアプリケーションのような複雑なものに複雑に及びます。

Calls are established to a media server using SIP. Clients will often use SIP third party call control (3PCC) [i4] to establish calls to a media server on behalf of end users. However MSML does not require that 3PCC be used, only that the client and the media server share a common identifier for the call and its associated RTP [i3] sessions.

コールはSIPを使用して、メディアサーバーに確立されています。クライアントは、多くの場合、エンドユーザーに代わってメディアサーバへの呼び出しを確立するSIP第三者呼制御(3PCC)[I4]を使用します。しかしMSMLが3PCCが使用されることを必要としない、それだけで、クライアントとメディアサーバーの共有コールとその関連RTP [I3]セッションのための共通の識別子。

Objects represent entities that source, sink, or modify media streams. A media streams is a bidirectional or unidirectional media flow between objects on a media server. The following subsections define the classes of objects that exist on a media server and the way these are identified in MSML.

オブジェクトは、ソース、メディアストリームをシンク、または変更エンティティを表します。メディアストリームは、メディアサーバ上のオブジェクトとの間の双方向または単方向メディアフローです。以下のサブセクションでは、メディアサーバーおよびこれらがMSMLで識別されている方法に存在するオブジェクトのクラスを定義します。

6.1. Objects
6.1. オブジェクト

A media object is an endpoint of one or more media streams. It may be a connection that terminates RTP sessions from the network or a resource that transforms or manipulates media. MSML defines four classes of media objects. Each class defines the basic properties of how object instances are used within a media server. However, most classes require that the function of specific instances be defined by the client, using MSML or other languages such as VoiceXML.

メディアオブジェクトは、1つまたは複数のメディアストリームのエンドポイントです。これは、ネットワークやメディアを変換し、または操作するリソースからのRTPセッションを終了し接続であってもよいです。 MSMLは、メディアオブジェクトの4つのクラスを定義します。各クラスは、オブジェクトのインスタンスは、メディアサーバ内で使用される方法の基本的なプロパティを定義します。しかし、ほとんどのクラスは、特定のインスタンスの機能は、このようなVoiceXMLのようMSMLや他の言語を使用して、クライアントによって定義されている必要があります。

The following classes of media processing objects are defined. The class names are given in parentheses:

メディア処理オブジェクトの以下のクラスが定義されています。クラス名は括弧内に与えられています。

o network connection (conn)

Oネットワーク接続(CONN)

o conference (conf)

Oカンファレンス(CONF)

o dialog (dialog)

ダイアログ(対話)

Network connection is an abstraction for the media processing resources involved in terminating the RTP session(s) of a call. For audio services, a connection instance presents a full-duplex audio stream interface within a media server. Multimedia connections have multiple media streams of different media types, each corresponding to an RTP session. Network connections get instantiated through SIP [n1].

ネットワーク接続は、コールのRTPセッション(複数可)を終端に関与するメディア処理リソースの抽象化です。オーディオサービスの場合、接続インスタンスは、メディアサーバ内の全二重音声ストリームのインタフェースを提供します。マルチメディア接続は、それぞれがRTPセッションに対応し、異なるメディアタイプの複数のメディアストリームを有します。ネットワーク接続は、[N1] SIPによってインスタンス化されます。

A conference represents the media resources and state information required for a single logical mix of each media type in the conference (e.g., audio and video). MSML models multiple mixes/views of the same media type as separate conferences. Each conference has multiple inputs. Inputs may be divided into classes that allow an application to request different media treatment for different participants. For example, the video streams for some participants may be assigned to fixed regions of the screen while those for other participants may only be shown when they are speaking.

会議は、会議中の各メディアタイプの単一の論理ミックス(例えば、オーディオ及びビデオ)のために必要なメディアリソースおよび状態情報を表します。 MSMLモデルの複数のミックス/別の会議と同じメディアタイプの景色を眺めることができます。各会議は複数の入力を持っています。入力は、アプリケーションが異なる参加者に対して異なるメディア処理を要求することを可能にするクラスに分割することができます。彼らが話しているときに、他の参加者のためのもののみ表示することができるが、例えば、一部の参加者のビデオ・ストリームは、画面の固定領域に割り当てることができます。

A conference has a single logical output per media type. For each participant, it consists of the audio conference mix, less any contributed audio of the participant, and the video mix shared by all conference participants. Video conferences using voice activated switching have an optional ability to show the previous speaker to the current speaker.

会議は、メディアタイプごとに単一の論理出力を持っています。各参加者の場合は、音声会議ミックスで構成され、以下いずれかの参加者の音声、および会議参加者全員で共有するビデオミックスに貢献しました。音声起動スイッチングを使用してビデオ会議は、現在のスピーカーに、前のスピーカーを表示するオプションの能力を持っています。

Conferences are instantiated using the <createconference> element. The content of the <createconference> element specifies the parameters of the audio and/or video mixes.

会議は、<createconference>要素を使用してインスタンス化されています。 <createconference>要素の内容は、オーディオおよび/またはビデオミックスのパラメータを指定します。

Dialogs are a class of objects that represent automated participants. They are similar to network connections from a media flow perspective and may have one or more media streams as the abstraction for their interface within a media server. Unlike connections, however, dialogs are created and destroyed through MSML, and the media server itself implements the dialog participant. Dialogs are instantiated through the <dialogstart> element. Contents of the <dialogstart> element define the desired or expected dialog behavior. Dialogs may also be invoked by referencing VoiceXML as the dialog description language.

ダイアログには、自動化された参加者を表すオブジェクトのクラスです。これらは、メディアフローの観点からネットワーク接続に類似しており、メディアサーバー内でのインターフェイスのための抽象化などの1つまたは複数のメディアストリームを有することができます。接続とは異なり、ダイアログが作成および破棄MSMLを通じて、メディアサーバー自体は、ダイアログの参加者を実装しています。ダイアログは、<dialogstart>要素によってインスタンス化されています。 <dialogstart>要素の内容は、希望や期待されるダイアログの動作を定義します。ダイアログはまた、対話記述言語としてのVoiceXMLを参照して呼び出すことができます。

Operators are functions that are used to filter or transform a media stream. The function that an instance of an operator fulfills is defined as a property of the media stream. Operators may be unidirectional or bidirectional and have a media type. Unidirectional operators reflect simple atomic functions such as automatic gain control, filtering tones from conferences, or applying specific gain values to a stream. Unidirectional operators have a single media input, which is connected to the media stream from one object, and a single media output, which is connected to the media stream of a different object.

オペレータは、メディアストリームをフィルタリングしたり、変換するために使用されている機能です。オペレータのインスタンスが果たす機能は、メディアストリームのプロパティとして定義されます。オペレータは、単方向または双方向であるとメディアタイプを有することができます。一方向オペレータは会議からのトーンをフィルタリングする、またはストリームに特定のゲイン値を適用し、そのような自動利得制御などの単純なアトミック機能を反映しています。一方向演算子は1つのオブジェクトと異なるオブジェクトのメディア・ストリームに接続される単一のメディア出力からメディア・ストリームに接続される単一のメディア入力を有します。

Bidirectional operators have two media inputs and two media outputs. One media input and output is associated with the stream to one object, and the other input and output is associated with a stream to a different object. Bidirectional objects may treat the media differently in each direction. For example, an operator could be defined that changed the media sent to a connection based upon recognized speech or dual-tone multi-frequency (DTMF) received from the connection. Operators are implicitly instantiated when streams are created or modified using the elements <join> and <modifystream>, respectively.

双方向演算子は、2つのメディアの入力と2つのメディアの出力を持っています。一つのメディア入力および出力は、一つのオブジェクトのストリームに関連付けられ、他方の入力及び出力が異なるオブジェクトへのストリームに関連付けられています。双方向オブジェクトは、各方向で異なるメディアを扱うことがあります。例えば、オペレータは、認識された音声またはデュアルトーン多重周波数(DTMF)に基づいて、接続に送信されたメディアを変更するように定義することができる接続から受信しました。ストリームは、それぞれ、<modifystream>作成または要素<参加>を使用して変更されたとき、オペレータは、暗黙的にインスタンス化されます。

The relationships between the different object classes (conf, conn, and dialog) are shown in the figure below.

異なるオブジェクト・クラス(CONF、CONN、及びダイアログ)の関係は以下の図に示されています。

              +--------------------------------------+
              |           Media Server               |
              |                                      |
              |------+                      ,---.    |
              |      |      +------+       /     \   |
   <== RTP ==>| conn |<---->| oper |<---->( conf  )  |
              |      |      +------+       \     /   |
              |------+                      `---'    |
              |   ^                           ^      |
              |   |                           |      |
              |   |   +------+    +------+    |      |
              |   |   |      |    |      |    |      |
              |   +-->|dialog|    |dialog|<---+      |
              |       |      |    |      |           |
              |       +------+    +------+           |
              +--------------------------------------+
        

A single, full-duplex instance of each object class is shown together with common relationships between them. An operator (such as gain) is shown between a connection and a conference and dialogs are shown participating both with an individual connection and with a conference. The figure is not meant to imply only one-to-one relationships. Conferences will often have hundreds of participants, and either connections or conferences may be interacting with more than one dialog. For example, one dialog may be recording a conference while other dialogs announce participants joining or leaving the conference.

各オブジェクトクラスの単一、全二重インスタンスは、それらの間の共通の関係と一緒に示されています。オペレータは(例えばゲインのような)接続と会議の間に示され、ダイアログが個々の接続と、会議の両方参加示されています。図は唯一の一対一の関係を意味するものではありません。会議は、多くの場合、参加者の数百を持っていますし、いずれかの接続や会議には、複数のダイアログと対話することができます。他のダイアログが会議に参加したり、残して参加者を発表しながら、例えば、1つのダイアログは、会議を記録することができます。

6.2. Identifiers
6.2. 識別子

Objects are referenced using identifiers that are composed of one or more terms. Each term specifies an object class and names a specific instance within that class. The object class and instance are separated by a colon ":" in an identifier term.

オブジェクトは、一つ以上の用語で構成された識別子を使用して参照されています。各用語は、オブジェクトクラスと名前、そのクラス内の特定のインスタンスを指定します。オブジェクト・クラスおよびインスタンスは、コロンで分離されている「:」識別子用語で。

Identifiers are assigned to objects when they are first created. In general, either the MSML client or a media server may specify the instance name for an object. Objects for which a client does not assign an instance name will be assigned one by a media server.

彼らが最初に作成されたときに識別子をオブジェクトに割り当てられています。一般的には、MSMLクライアントまたはメディアサーバーのいずれかは、オブジェクトのインスタンス名を指定することもできます。クライアントは、インスタンス名を割り当てないためオブジェクトは、メディアサーバずつ割り当てられます。

Media server assigned instance names are returned to the client as a complete object identifier in the response to the request that created the object.

インスタンス名を割り当てられたメディアサーバーはオブジェクトを作成し、要求に応じて、完全なオブジェクト識別子としてクライアントに返されます。

It is meaningful for some classes of objects to exist independently on a media server. Network connections may be created through SIP at any time. MSML can then be used to associate their media with other objects as required to create services. Conferences may be created and have specific resources reserved waiting for participant connections.

オブジェクトの一部のクラスは、メディアサーバー上で独立して存在することは有意義です。ネットワーク接続は、いつでも、SIPを介して作成することができます。 MSMLは、サービスを作成するために必要に応じて他のオブジェクトとそのメディアを関連付けるために使用することができます。会議が作成され、参加者の接続を待っている予約特定のリソースを持つことができます。

Objects from these two classes, connections and conferences, are considered independent objects since they can exist on a standalone basis. Identifiers for independent objects consist of a single term as defined above. For example, identifiers for a conference and connection could be "conf:abc" or "conn:1234" respectively. Clients that choose to assign instance names to independent objects must use globally unique instance names. One way to create globally unique names is to include the domain name of the client as part of the name.

彼らは単体で存在することができますので、この2つのクラス、接続や会議からのオブジェクトは、独立したオブジェクトと考えられています。上記で定義した独立したオブジェクトの識別子は、単一の用語から成ります。または「CONN:1234」をそれぞれ:たとえば、会議や接続のための識別子は、「ABC CONF」である可能性があります。独立したオブジェクトにインスタンス名を割り当てることを選択したクライアントは、グローバルに一意のインスタンス名を使用する必要があります。グローバルに一意の名前を作成する1つの方法は、名前の一部としてクライアントのドメイン名を含めることです。

Dialogs are created to provide a service to independent objects. Dialogs may act as a participant in a conference or interact with a connection similar to a two-participant call. Dialogs depend upon the existence of independent objects, and this is reflected in the composition of their identifiers. Operators modify the media flow between other objects, such as application of gain between a connection and a conference. As operators are merely media transform primitives defined as properties of the media stream, they are not represented by identifiers and created implicitly.

ダイアログは、独立したオブジェクトにサービスを提供するために作成されます。ダイアログは、会議の参加者として行動するかの二者通話と同様の接続と相互作用することができます。ダイアログは独立したオブジェクトの存在に依存し、これは、それらの識別子の組成に反映されます。オペレータは、このような接続と会議との間の利得のアプリケーションのような他のオブジェクトとの間のメディアフローを変更します。事業者は、メディアがメディアストリームのプロパティとして定義されたプリミティブを変換するだけであるので、それらは識別子で表され、暗黙的に作成されていません。

Identifiers for dialogs are composed of a structured list of slash ('/') separated terms. The left-most term of the identifier must specify a conference or connection. This serves as the root for the identifier. An example of an identifier for a dialog acting as a conference participant could be:

ダイアログの識別子は、スラッシュの構造化リストで構成されている(「/」)の用語を分離しました。識別子の一番左の用語は、会議または接続を指定する必要があります。これは、識別子のルートとして機能します。会議参加者として動作するダイアログの識別子の例は次のようになります。

conf:abc/dialog:recorder

CONF:ABC /ダイアログ:レコーダー

All objects except connections are created using MSML. Connections are created when media sessions get established through SIP. There are several options clients and media servers can use to establish a shared instance name for a connection and its media streams.

接続を除くすべてのオブジェクトはMSMLを使用して作成されます。メディアセッションは、SIPを介して確立を取得する際の接続が作成されます。クライアントとメディアサーバーが接続し、そのメディアストリームの共有インスタンス名を確立するために使用できるいくつかのオプションがあります。

When media servers support multiple media types, the instance name SHOULD be a call identifier that can be used to identify the collection of RTP sessions associated with a call. When MSML is used in conjunction with SIP and third party call control, the call identifier MUST be the same as the local tag assigned by the media server to identify the SIP dialog. This will be the tag the media server adds to the "To" header in its response to an initial invite transaction. RFC 3261 requires the tag values to be globally unique.

メディアサーバーは、複数のメディアタイプをサポートする場合、インスタンス名は、コールに関連付けられたRTPセッションのコレクションを識別するために使用できるコール識別子であるべきです。 MSMLがSIP第三者呼制御に関連して使用される場合、呼識別子は、SIPダイアログを識別するためにメディアサーバにより割り当てられたローカルタグと同じでなければなりません。これは、メディアサーバが初期招待トランザクションへの応答で「へ」ヘッダに追加したタグになります。 RFC 3261は、グローバルに一意であることがタグ値が必要です。

An example of a connection identifier is: conn:74jgd63956ts.

接続識別子の例である:CONN:74jgd63956ts。

With third party call control, the MSML client acts as a back-to-back user agent (B2BUA) to establish the media sessions. SIP dialogs are established between the client and the media server allowing the use of the media server local tag as a connection identifier. If third party call control is not used, a SIP event package MAY be used to allow a media server to notify new sessions to a client that has subscribed to this information.

第三者呼制御によって、MSMLクライアントは、メディアセッションを確立するために、バックツーバックユーザエージェント(B2BUA)として機能します。 SIPダイアログは、クライアントとの接続識別子としてメディア・サーバ、ローカルタグの使用を可能にするメディアサーバとの間で確立されます。第三者呼制御を使用しない場合、SIPイベントパッケージは、メディアサーバが、この情報に加入しているクライアントに新しいセッションを通知できるようにするために使用されるかもしれません。

Identifiers as described above allow every object in a media server to be uniquely addressed. They can also be used to refer to multiple objects. There are two ways in which this can currently be done:

上述のように識別子は、メディアサーバ内のすべてのオブジェクトを一意にアドレス指定することを可能にします。彼らはまた、複数のオブジェクトを参照するために使用することができます。これが現在行うことが可能な2つの方法があります。

wildcards

ワイルドカード

common instance names

共通インスタンス名

An identifier can reference multiple objects when a wildcard is used as an instance name. MSML reserves the instance name composed of a single asterisk ('*') to mean all objects that have the same identifier root and class. Instance names containing an asterisk cannot be created. Wildcards MUST only be used as the right-most term of an identifier and MUST NOT be used as part of the root for dialog identifiers. Wildcards are only allowed where explicitly indicated below.

ワイルドカードは、インスタンス名として使用する場合、識別子は、複数のオブジェクトを参照することができます。 MSMLは同じ識別子のルートとクラスを持つすべてのオブジェクトを意味するように、単一のアスタリスク(「*」)で構成インスタンス名を留保します。アスタリスクを含むインスタンス名を作成することはできません。ワイルドカードは、識別子のみの一番右の用語として使用されなければならないし、ダイアログ識別子のルートの一部として使用してはいけません。明示的に以下に示される場合をワイルドカードにのみ許可されます。

The following are examples of valid wildcards:

以下は、有効なワイルドカードの例を示します。

conf:abc/dialog:*

CONF:ABC /ダイアログ:*

conn:*

CONN:*

An example of illegal wildcard usage is:

違法なワイルドカードの使用例は以下のとおりです。

conf:*/dialog:73849

CONF:* /ダイアログ:73 849

Although identifiers share a common syntax, MSML elements restrict the class of objects that are valid in a given context. As an example, although it is valid to join two connections together, it is not valid to join two IVR dialogs.

識別子は、共通の構文を共有しますが、MSML要素は、指定されたコンテキストで有効なオブジェクトのクラスを制限します。それは一緒に2つの接続に参加するために有効であるが、一例として、2つのIVRダイアログに参加することは有効ではありません。

7. MSML Core Package
7. MSMLコアパッケージ

This section describes the core MSML package that MUST be supported in order to use any other MSML packages. The core MSML package defines a framework, without explicit functionality, over which functional packages are used.

このセクションでは、他のMSMLパッケージを使用するためにサポートしなければならないコアMSMLパッケージについて説明します。コアMSMLパッケージは、機能パッケージが使用されている上に、明示的な機能せず、フレームワークを定義します。

7.1. <msml>
7.1. <MSML>

<msml> is the root element. When received by a media server, it defines the set of operations that form a single MSML request. Operations are requested by the contents of the element. Each operation MAY appear zero or more times as children of <msml>. Specific operations are defined within the conference package and in the set of dialog packages.

<MSML>ルート要素です。メディアサーバによって受信された場合、それは単一MSML要求を形成するオペレーションのセットを定義します。操作は、要素の内容によって要求されています。各操作は、<MSML>の子としてゼロ回以上表示されることがあります。具体的な動作は、会議パッケージ内に、ダイアログパッケージのセットで定義されています。

The results of a request or the contents of events sent by a media server are also enclosed within the <msml> element. The results of the transaction are included as a body in the response to the SIP request that contained the transaction. This response will contain any identifiers that the media server assigned to newly created objects. All messages that a media server generates are correlated to an object identifier. Objects and identifiers are discussed in section 6 (Media Server Object Model).

要求またはメディアサーバによって送信されたイベントの内容の結果はまた、<MSML>要素内に封入されています。トランザクションの結果は、トランザクションを含まSIP要求に応答して体として含まれます。この応答は、メディアサーバーが新しく作成されたオブジェクトに割り当てられた識別子が含まれています。メディアサーバが生成するすべてのメッセージは、オブジェクト識別子に対応付けられています。オブジェクトと識別子は、セクション6(Media Serverのオブジェクトモデル)で議論されています。

Attributes:

属性:

version: "1.1" Mandatory

バージョン:「1.1」必須

7.2. <send>
7.2. <送ります>

Events are used to affect the behavior of different objects within a media server. The <send> element is used to send an event to the specified recipient within the media server.

イベントは、メディアサーバー内の異なるオブジェクトの動作に影響を与えるために使用されています。 <送る>要素には、メディアサーバー内の指定された受信者にイベントを送信するために使用されます。

Attributes:

属性:

event: the name of an event. Mandatory.

イベント:イベントの名前。必須。

target: an object identifier. When the identifier is for a dialog, it may optionally be appended with a slash "/" followed by the target to be included in an MSML dialog <send>. Mandatory.

対象:オブジェクト識別子。識別子が対話するためのものである場合、それは必要に応じてスラッシュを付加することができる「/」<送る> MSMLダイアログに含まれるターゲットが続きます。必須。

valuelist: a list of zero or more parameters that are included with the event.

VALUELIST:イベントに含まれているゼロ以上のパラメータのリスト。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all mark attributes within an MSML document should be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。したがって、MSML文書内のすべてのマークの属性の値は一意である必要があります。

7.3. <result>
7.3. <結果>

The <result> element is used to report the results of an MSML transaction. It is included as a body in the final response to the SIP request that initiated the transaction. An optional child element <description> may include text that expands on the meaning of error responses. Response codes are defined in section 11 (Response Codes).

<結果>要素はMSMLトランザクションの結果を報告するために使用されます。これは、トランザクションを開始したSIPリクエストに対する最終応答で体として含まれています。オプションの子要素は、<説明>エラー応答の意味を拡張したテキストを含むことができます。応答コードは、セクション11(レスポンスコード)で定義されています。

Attributes:

属性:

response: a numeric code indicating the overall success or failure of the transaction, and in the case of failure, an indication of the reason. Mandatory.

応答:数値トランザクションの全体的な成功または失敗を示すコード、および障害が発生した場合に、その理由を示します。必須。

mark: in the case of an error, the value of the mark attribute from the last successfully executed element that included the mark attribute.

マーク:エラーが発生した場合には、マークの値は、マークの属性が含まれ、最後に正常に実行要素から属性。

In the case of failure, a description of the reason SHOULD be provided using the child element <description>.

障害が発生した場合は、理由の説明は、子要素<説明>を使用して提供されるべきです。

Three other child elements allow the response to include identifiers for objects created by the request but that did not have instance names specified by the client. Those elements are <confid> and <dialogid>, for objects created through a <createconference> and <dialogstart> respectively.

三の他の子要素は、応答が要求によって作成されたオブジェクトの識別子を含めることができますが、それは、クライアントによって指定されたインスタンス名を持っていませんでした。これらの要素は、それぞれ<createconference>と<dialogstart>を介して作成されたオブジェクトのために、<confid>と<dialogid>です。

7.4. <event>
7.4. <イベント>

The <event> element is used to notify an event to a media server client. Three types of events are defined by the MSML Core Package: "msml.dialog.exit", "msml.conf.nomedia", and "msml.conf.asn". These correspond to the termination of an executing dialog, a conference being automatically deleted when the last participant has left, and the notification of the current set of active speakers for a conference, respectively. Events may also be generated by an executing dialog. In this case, the event type is specified by the dialog (see MSML Dialog Core Package <send>).

<イベント>要素は、メディアサーバー、クライアントにイベントを通知するために使用されます。イベントの3種類のMSMLコアパッケージで定義されています:「msml.dialog.exit」、「msml.conf.nomedia」、および「msml.conf.asn」。これらは、それぞれ、実行ダイアログの終了、最後の参加者が出た場合に自動的に削除されている会議、会議のためのアクティブスピーカーの現在の組の通知に対応しています。イベントも実行ダイアログによって生成することができます。この場合は、イベントのタイプはダイアログで指定されている(MSMLダイアログコアパッケージは、<送信>を参照)。

Attributes:

属性:

name: the type of event. If the event is generated because of the execution MSML dialog <send>, the value MUST be the value of the "event" attribute from the <send> element within the MSML Dialog Core Package. If the event is generated because of the execution of an <exit>, the value MUST be "moml.exit". If the event is generated because of the execution of a <disconnect>, the value MUST be "moml.disconnect". If the event is generated because of an error, the value must be "moml.error". Mandatory.

名前:イベントのタイプ。イベントがあるため、実行MSMLダイアログ<送る>で生成された場合、値がMSMLダイアログコアパッケージ内の<送る>要素から「イベント」属性の値でなければなりません。イベントがあるため、<終了>の実行に生成されている場合は、値が「moml.exit」でなければなりません。イベントがあるため、<切断>の実行に生成されている場合は、値が「moml.disconnect」でなければなりません。イベントはエラーのために生成されている場合は、値が「moml.error」でなければなりません。必須。

id: the identifier of the conference or dialog that generated the event or caused the event to be generated. Mandatory.

ID:イベントを生成したり、イベントが生成される原因となった会議やダイアログの識別子。必須。

<event> has two children, <name> and <value>, which contain the name and value respectively of each namelist item associated with the event.

<イベント>は、それぞれのイベントに関連付けられている各名前リスト項目の名前と値を含む2人の子供、<名前>と<値>を、有しています。

8. MSML Conference Core Package
8. MSML会議コアパッケージ
8.1. Conferences
8.1. 会議

A conference has a mixer for each type of media that the conference supports. Each mix has a corresponding description that defines how the media from participants contributes to that mix. A mixer has multiple inputs that are combined in a media specific way to create a single logical output.

会議は、会議がサポートするメディアの種類ごとにミキサーを持っています。それぞれのミックスは、参加者からのメディアがそのミックスにどのように寄与するかを定義し、対応する記述があります。ミキサは、単一の論理出力を作成するためのメディア特定の方法で結合された複数の入力を有します。

The elements that describe the mix for each media type are called mixer description elements. They are:

各メディアタイプのミックスを記述する要素は、ミキサ記述要素と呼ばれます。彼らです:

<audiomix> defines the parameters for mixing audio media.

<audiomix>は、オーディオメディアを混合するためのパラメータを定義します。

<videolayout> defines the composition of a video window.

<videolayout>は、ビデオウィンドウの組成を規定します。

These elements, defined in sections 8.6 (Audio Mix) and 8.7 (Video Layout) respectively, are used as content of the <createconference> element to establish the initial properties of a conference. The elements are used within the <modifyconference> element to change the properties of a conference once it has been created, or within the <destroyconference> element to remove individual mixes from the conference.

それぞれ、<createconference>要素の内容として使用されるセクション8.6(オーディオミックス)および8.7(ビデオレイアウト)で定義されたこれらの要素は、会議の初期特性を確立します。要素は、それが作成された後、会議のプロパティを変更するには、<modifyconference>要素内で使用される、または<destroyconference>要素内の会議から個々のミックスを除去します。

Conferences may be terminated by an MSML client using the <destroyconference> element to remove the entire conference or by removing the last mixer(s) associated with the conference. Conferences can also be terminated automatically by a media server based on criteria specified when the conference is created. When the conference is deleted, any remaining participants will have their associated SIP dialogs left unchanged or deleted based on the value of the "term" attribute specified when the conference was created.

会議は、会議全体を除去するために、<destroyconference>要素を使用して、MSMLクライアントによって、または会議に関連付けられた最後のミキサ(単数または複数)を除去することによって終了させることができます。会議はまた、会議が作成されたときに指定した基準に基づいてメディアサーバにより自動的に終了することができます。会議が削除された場合、残りの参加者は、それに関連付けられたSIPダイアログはそのままか、会議の作成時に指定した「用語」属性の値に基づいて削除されます。

8.2. Media Streams
8.2. メディアストリーム

Objects have at least one media input and output for each type of media that they support. Each object class defines the number of input and output objects of that class support. Media streams are created when objects are joined, either explicitly using <join> or implicitly when dialogs are created using <dialogstart>. Dialog creation has two stages, allocating and configuring the resources required for the dialog instance, and implicitly joining those resources to the dialog target during the dialog execution. Refer to the MSML Dialog Base Package.

オブジェクトは、サポートするメディアの種類ごとに少なくとも1つのメディアの入力と出力を持っています。各オブジェクト・クラスは、そのクラスのサポートの入力と出力オブジェクトの数を定義します。オブジェクトが結合されているときに、メディアストリームはダイアログが<dialogstart>使用して作成されたときに暗黙的に<参加>または使用して明示的に、作成されます。ダイアログの作成は、割り当てとダイアログインスタンスのために必要なリソースを設定すると、暗黙のうちに、ダイアログ実行時にダイアログターゲットにそれらのリソースを結合し、2つの段階があります。 MSMLダイアログベースパッケージを参照してください。

A join operation by default creates a bidirectional audio stream between two objects. Video and unidirectional streams may also be created. A media stream is created by connecting the output from one object to the input of another object and vice versa (assuming a bidirectional or full-duplex join).

デフォルトでは、結合操作は、2つのオブジェクト間の双方向オーディオストリームを作成します。ビデオと一方向の流れも作成することができます。メディアストリームは、別のオブジェクトの入力とその逆(双方向または全二重が加わると仮定して)1つのオブジェクトからの出力を接続することによって作成されます。

Many objects may only support a single input for each type of media. Within this specification, only the conference object class supports an arbitrary number of inputs. When a stream is requested to be created to an object that already has a stream of the same type connected to its single input, the result of the request depends upon the type of the media stream.

多くのオブジェクトは、メディアの種類ごとに単一の入力をサポートすることができます。この仕様の中で、唯一の会議オブジェクトクラスは、入力の任意の数をサポートしています。ストリームが既にその単一の入力に接続された同じタイプのストリームを持つオブジェクトに作成することが要求されると、要求の結果は、メディア・ストリームの種類に依存します。

Audio mixing is done by summing audio signals. Automatically mixing audio streams has common and straightforward applications. For example, the ability to bridge two streams allows for the easy creation of simple three-way calls or to bridge private announcements with a (whispered) conference mix for an individual participant. In the case of general conferences, however, an MSML client SHOULD create an audio conference and then join participants to the conference. Conference mixers SHOULD subtract the audio of each participant from the mix so that they do not hear themselves.

オーディオミキシングは、オーディオ信号を加算することによって行われます。自動的に音声ストリームを混合することは一般的で簡単なアプリケーションを持っています。例えば、2つのストリームをブリッジする能力は、シンプルな3ウェイ・コールを簡単に作成することができますまたは個々の参加者(ウィスパー)会議ミックスとプライベートの発表を橋渡しします。一般的な会議の場合は、しかし、MSMLクライアントは、音声会議を作成する必要があり、その後、会議に参加者を参加します。彼らは自分自身が聞こえないように、会議ミキサーはミックスから各参加者の音声を引くべきです。

A media server receiving a request that requires joining an audio stream to the single audio input of an object that already has an audio stream connected SHOULD automatically bridge the new stream with the existing stream, creating a mix of the two audio streams. The maximum number of streams that may be bridged in this manner is implementation specific. It is RECOMMENDED that a media server support bridging at least two streams. A media server that cannot bridge a new stream with any existing streams MUST fail the operation requesting the join.

既に接続されているオーディオストリームを持つオブジェクトの単一のオーディオ入力にオーディオストリームを接合必要要求を受信したメディアサーバは、自動的に2つのオーディオストリームのミックスを作成し、既存のストリームと新しいストリームを埋めるべきです。このようにして架橋することができるストリームの最大数は、実装固有です。メディアサーバーのサポートは、少なくとも2つのストリームをブリッジすることが推奨されます。既存のストリームと新しいストリームを埋めることができないメディアサーバーは、参加要求操作を失敗しなければなりません。

Unlike audio mixing, there are many different ways that two video streams may be combined and presented. For example, they may be presented side by side in separate panes, picture in picture, or in a single pane that displays only a single stream at a time based on a heuristic such as active speaker. Each of these options creates a very different presentation and requires significantly different media resources.

オーディオミキシングとは異なり、2つのビデオストリームを組み合わせて提示することができる多くの異なる方法があります。例えば、それらは別々のペインで、ピクチャのピクチャにおいて、又はそのようなアクティブスピーカーなどのヒューリスティックに基づいて、一度に単一のストリームを表示する単一のペインに並べて提示することができます。これらの各オプションは、非常に異なるプレゼンテーションを作成し、大幅に異なるメディアリソースが必要です。

A join operation does not describe how a new stream can be combined with an existing stream. Therefore, automatic bridging of video is not supported. A media server MUST fail requests to join a new video stream to an object that only supports a single video input and already has a video stream connected to that input. For an object to have multiple video streams joined to it, the object itself must be capable in supporting multiple video streams. Conference objects can support multiple video streams and provide a way to specify the mixing presentation for the video streams.

結合操作は、新たなストリームは既存のストリームと組み合わせることができる方法を説明していません。したがって、ビデオの自動ブリッジングはサポートされていません。メディアサーバーは、単一のビデオ入力をサポートしており、すでにその入力に接続されたビデオストリームを持つオブジェクトに新しいビデオストリームに参加する要求に失敗しなければなりません。オブジェクトは、それに接合され、複数のビデオストリームを有するようにするために、オブジェクト自体は、複数のビデオストリームをサポートすることができなければなりません。会議オブジェクトは、複数のビデオストリームをサポートし、ビデオストリームのミキシング・プレゼンテーションを指定する方法を提供することができます。

A media server MUST NOT establish any streams unless the media server is able to create all the streams requested by an operation. Streams are only able to be created if both objects support a media type and at least one of the following conditions is true:

メディアサーバーが操作によって要求されたすべてのストリームを作成することができない限り、メディアサーバは、任意のストリームを確立してはなりません。両方のオブジェクトは、メディアタイプをサポートし、以下の条件の少なくともいずれかに該当する場合には、ストリームのみ作成することができます:

1. Each object that is to receive media is not already receiving a stream of that type.

メディアを受信することである。1.各オブジェクトには、既にそのタイプのストリームを受信して​​いません。

2. Any object that is to receive media and is already receiving a stream of that type supports receiving an additional stream of that type. The only class of objects defined in this specification that directly support receiving multiple streams of the same type are conferences.

2.メディアを受信すると、既にそのタイプのストリームを受信して​​いる任意のオブジェクトは、そのタイプの追加のストリームを受信するサポート。直接同じタイプの複数のストリームを受信するサポート本明細書で定義されたオブジェクトの唯一のクラスは、会議です。

3. The media server is able to automatically bridge media streams for an object that is to receive media and that is already receiving a stream of the requested type. The only type of media defined in this specification that MAY be automatically bridged is audio.

前記メディアサーバは、メディアを受信するとそれが既に要求されたタイプのストリームを受信して​​いるオブジェクトに対して自動的にブリッジメディアストリームすることができます。自動的に架橋されていてもよい、この仕様で定義されているメディアの唯一のタイプは、オーディオです。

The directionality of media streams associated with a connection is modeled independently from what SDP [n9] allows for the corresponding RTP [i3] sessions. Media servers MUST respect the SDP in what they actually transmit but MUST NOT allow the SDP to affect the directionality when joining streams internal to the media server.

接続に関連付けられたメディアストリームの方向は、SDPは、[N9]対応するRTP [I3]セッションを可能にするものとは独立してモデル化されます。メディアサーバーは、彼らが実際に送信するものでSDPを尊重しなければならないが、メディアサーバーへの内部のストリームに参加する際SDPは、方向性に影響を与えるのを許してはなりません。

8.3. <createconference>
8.3. <createconference>

<createconference> is used to allocate and configure the media mixing resources for conferences. A description of the properties for each type of media mix required for the conference is defined within the content of the <createconference> element. Mixer descriptions are described in Audio Mix and Video Layout sections. When no mixer descriptions are specified, the default behavior MUST be equivalent to inclusion of a single <audiomix>.

<createconference>を割り当て、会議のためのリソースを混合メディアを構成するために使用されます。会議に必要なメディアミックスの種類ごとの特性の説明は、<createconference>要素のコンテンツ内に定義されています。ミキサーの説明は、オーディオミックスとビデオレイアウトのセクションで説明されています。何ミキサーの説明が指定されていない場合、デフォルトの動作は、<audiomix>単一の包含と同等でなければなりません。

Clients can request that a media server automatically delete a conference when a specified condition occurs by using the "deletewhen" attribute. A value of "nomedia" indicates that the conference MUST be deleted when no participants remain in the conference. When this occurs, an "msml.conf.nomedia" event MUST be notified to the MSML client. A value of "nocontrol" indicates that the conference MUST be deleted when the SIP [n1] dialog that carries the <createconference> element is terminated. When this occurs, a media server MUST terminate all participant dialogs by sending a BYE for their associated SIP dialog. A value of "never" MUST leave the ability to delete a conference under the control of the MSML client.

クライアントが指定した条件が「deletewhen」属性を使用して発生したときにメディアサーバーが自動的に会議を削除するように要求することができます。 「nomedia」の値は、参加者が会議に残っていないとき、会議を削除しなければならないことを示しています。これが発生すると、「msml.conf.nomedia」イベントがMSMLクライアントに通知しなければなりません。 「NOCONTROL」の値は、<createconference>要素を運ぶSIP [N1]ダイアログが終了すると、会議を削除しなければならないことを示しています。これが発生すると、メディアサーバは、それに関連するSIPダイアログのためにBYEを送信することで、すべての参加者ダイアログを終えなければなりません。 「決して」の値は、MSMLクライアントの制御下で会議を削除する機能を残しておく必要があります。

Attributes:

属性:

name: the instance name of the conference. If the attribute is not present, the media server MUST assign a globally unique name for the conference. If the attribute is present but the name is already in use, an error (432) will result and MSML document execution MUST stop. Events that the conference generates use this name as the value of their "id" attribute (see section 7.4 (<event>)).

名前:会議のインスタンス名。属性が存在しない場合は、メディアサーバは、会議のグローバルな一意の名前を割り当てる必要があります。属性が存在しているが、名前がすでに使用されている場合、エラー(432)が発生しますとMSMLドキュメントの実行が停止しなければなりません。会議は彼らの「id」属性(セクション7.4(<イベント>)参照)の値として、この名前を使用し生成されるイベント。

deletewhen: defines whether a media server should automatically delete the conference. Possible values are "nomedia", "nocontrol", and "never". Default is "nomedia".

deletewhen:メディアサーバーが自動的に会議を削除する必要があるかどうかを定義します。可能な値は「nomedia」、「NOCONTROL」であり、「決して」。デフォルトは「nomedia」です。

term: when true, the media server MUST send a BYE request on all SIP dialogs still associated with the conference when the conference is deleted. Setting term equal to false allows clients to start dialogs on connections once the conference has completed. Default is "true".

用語:trueの場合、メディアサーバは、会議が削除されたときに、まだ会議に関連付けられているすべてのSIPダイアログにBYE要求を送らなければなりません。 falseに等しい期間を設定すると、会議が終了した後、クライアントが接続でのダイアログを起動することができます。デフォルトは「true」です。

mark: a token that MAY be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all mark attributes within an MSML document should be unique.

マーク:エラーが発生した場合の実行の進捗状況を識別するために使用されるかもしれトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。したがって、MSML文書内のすべてのマークの属性の値は一意である必要があります。

An example of creating an audio conference is shown below. This conference allows at most two participants to contend to be heard and reports the set of active speakers no more frequently than every 10 seconds.

音声会議を作成する例を以下に示します。この会議は聞こえるように競合するほとんどの2人の参加者で可能になり、これ以上の頻度で10秒ごとに以下のアクティブスピーカーのセットを報告しません。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <createconference name="example"> <audiomix> <n-loudest n="3"/> <asn ri="10s"/> </audiomix> </createconference> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <createconference名= "例"> <audiomix> <N-最大音量N = "3" /> <ASN RI = "10S" /> </ audiomix> </ createconference> </ MSML>

8.3.1. <reserve>
8.3.1. <準備>

Conference resources may be reserved by including the <reserve> element as a child of <createconference>. <reserve> allows the specification of a set of resources that a media server will reserve for the conference. Any requests for resources beyond those that have been reserved should be honored on a best-effort basis by a media server.

会議リソースは、<createconference>の子として<予備>要素を含めることによって、予約することができます。 <予備>は、メディアサーバは、会議のために予約しますリソースのセットを指定できます。予約されたものを超えたリソースに対する要求は、メディアサーバーによってベストエフォート方式で光栄する必要があります。

Attributes:

属性:

required: boolean that specifies whether <createconference> should fail if the requested resources are not available. When set to false, the conference will be created, with no reserved resources, if the complete reservation cannot be honored. Default is "true".

必要:要求されたリソースが利用できない場合、<createconference>が失敗するかどうかを指定するブール値。 falseに設定すると、完全予約は光栄することができない場合、会議は、無予約されたリソースで、作成されます。デフォルトは「true」です。

8.3.1.1. <resource>
8.3.1.1。 <資源>

The resources to be reserved are defined using <resource>. The contents of these elements describe a resource that is to be reserved. Descriptions are implementation dependent. Media servers that support MSML dialogs may use the elements from that package as the basis for resource descriptions. Each resource element may use the attribute "n" to define the quantity of the resource to reserve.

予約するリソースは、<資源>を使用して定義されています。これらの元素の含有量が予約されるリソースを記述する。説明は実装に依存しています。 MSMLダイアログをサポートするメディアサーバーはリソース記述のための基礎として、そのパッケージからの要素を使用することができます。各リソース要素は、予約するリソースの量を定義する属性「n」を使用してもよいです。

For example, the following creates a conference and reserves two types of resources. One resource element may represent resources that are shared by all participants of the conference, while the other may represent resources that are reserved for each of the expected participants.

たとえば、次の会議を作成し、リソースの2種類を留保します。他の予想の参加者の各々のために予約されたリソースを表すことができる、一方のリソースエレメントは、会議のすべての参加者によって共有されるリソースを表すことができます。

Attributes:

属性:

n: number of resources to be reserved. Default is 1.

N:予約するリソースの数。デフォルトは1です。

type: specifies whether the resource is to be reserved by each individual participant or reserved as a shared conference resource. Valid values for this attribute are "individual" or "shared". Default is "individual".

タイプ:リソースは共有会議リソースとして各個々の参加者によって予約または予約するかどうかを指定します。この属性の有効な値は、「個体」または「共有」です。デフォルトは「個人」です。

<createconference> <reserve> <resource n="20"> <!--description of resources used by each participant--> </resource> <resource n="2" type="shared"> <!--description of the shared conference resources--> </resource> </reserve> </createconference>

<createconference> <準備> <リソースN = "20"> <! - 各参加者が使用するリソースの記述 - > </リソース> <リソースN = "2" タイプ= "共有"> <! - 説明> </リソース> </予備> </ createconference> - 共有会議リソースの

8.4. <modifyconference>
8.4. <modifyconference>

All of the properties of an audio mix or the presentation of a video mix may be changed during the life of a conference using the <modifyconference> element. Changes to an audio mix are requested by including an <audiomix> element as a child of <modifyconference>. This may also be used to add an audio mixer to the conference if none was previously allocated. Changes to a video presentation are requested by including a <videolayout> element as a child of <modifyconference>. Similar to an audio mixer, this may be used to add a video mixer if none was previously allocated.

オーディオミックスまたはビデオミックスのプレゼンテーションのすべてのプロパティは、<modifyconference>要素を使用して会議の期間中に変更することができます。オーディオミックスへの変更は、<modifyconference>の子として<audiomix>要素を含めることによって、要求されています。これは、どれが先に割り当てられなかった場合は会議にオーディオミキサーを追加するために使用されてもよいです。ビデオプレゼンテーションへの変更は、<modifyconference>の子として<videolayout>要素を含めることによって、要求されています。オーディオミキサーと同様に、これはいずれも以前に割り当てられていない場合、ビデオミキサーを追加するために使用されてもよいです。

Mixers are removed by including a mixer description element within <destroyconference/>.

ミキサー<destroyconference />内ミキサdescription要素を含むことによって除去されます。

Features and presentation aspects are enabled/added or modified by including the element(s) that define the feature or presentation aspect within a mixer description. The complete specification of the element must be included just as it would be included when the conference is created. The new definition completely replaces any previous definition that existed. Only things that are defined by elements included in the mixer descriptions are affected. Any existing configuration aspects of a conference, which are not specified within the <modifyconference/> element, MUST maintain their current state in the media server.

機能とプレゼンテーション態様は有効/ミキサー記述内の特徴またはプレゼンテーションの態様を定義する要素(単数または複数)を含むことにより、追加または変更されています。要素の完全な仕様は、会議が作成されたとき、それが含まれるのと同じように含まれている必要があります。新しい定義が完全に存在していた以前の定義を置き換えます。ミキサーの記述に含まれる要素で定義されている唯一のものは、影響を受けています。 <modifyconference />要素内で指定されていない会議、のいずれかの既存の構成の側面は、メディアサーバに自分の現在の状態を維持しなければなりません。

For example, if an MSML client wanted to change the minimum reporting interval for active speaker notification from that shown in the Conference Examples section (<createconference>) it would send the following to the media server:

例えば、MSMLクライアントは会議の実施例の節に示されているものから、アクティブスピーカーの通知の最小報告間隔を(<createconference>)を変更したい場合には、メディアサーバーに次を送信します:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <modifyconference id="conf:example"> <audiomix> <asn ri="4"/> </audiomix> </modifyconference> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <modifyconferenceのID = "CONF:例えば"> <audiomix> <ASN RI = "4" /> </ audiomix > </ modifyconference> </ MSML>

This would also enable active speaker notification if it had not previously been enabled. The N-loudest mixing is unaffected.

それは以前に有効にされていなかった場合にも、アクティブスピーカーの通知を可能にします。 N-最大音量の混合は影響を受けません。

Multiple elements MAY be included in the mixer descriptions similar to when conferences are created. For example, in a video conference, the video mix description (<videolayout>) could specify that the layout of the video being displayed should change such that the regions currently displaying participants get smaller and new region(s) are created to support additional participants. A media server MUST make all of the requested changes or none of the requested changes.

複数の要素は、会議が作成されたときと同様に、ミキサーの記述に含まれるかもしれません。例えば、ビデオ会議では、ビデオミックスの説明(<videolayout>)が表示されているビデオのレイアウトは、現在参加者を表示する領域が小さくなり、新たな地域(複数可)、追加の参加者をサポートするために作成されるように変更する必要があることを指定することができ。メディアサーバは、要求された変更の要求された変更またはnoneのすべてを行う必要があります。

Additional examples of modifying conferences are presented in the Conference Examples section.

変更する会議のさらなる例としては、会議の実施例の節に提示されています。

Attributes:

属性:

id: the identifier for a conference. Wildcards MUST NOT be used. Mandatory.

次のとおりです。会議のための識別子。ワイルドカードを使用してはいけません。必須。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all "mark" attributes within an MSML document SHOULD be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。そのため、「マーク」MSMLドキュメント内のすべての属性の値は一意である必要があります。

8.5. <destroyconference>
8.5. <destroyconference>

Destroy conference is used to delete mixers or to delete the entire conference and all state and shared resources. When a mixer is removed, all of the streams joined to that mixer are unjoined. When a conference is destroyed, SIP dialogs for any remaining participants MUST be maintained or removed based on the value of the "term" attribute when the conference was created.

デストロイ会議はミキサーを削除するか、全体会議とすべての状態や共有リソースを削除するために使用されます。ミキサが取り外されたとき、そのミキサに結合ストリームのすべてが未結合です。会議が破壊された場合、残りの参加者のSIPダイアログが維持されるか、または会議が作成された「という用語は、」属性の値に基づいて除去されなければなりません。

When there is no element content, <destroyconference/> deletes the entire conference. Individual mixers are removed by including a mixer description element identifying the mix (or mixes) to be removed as content to <destroyconference/>. <audiomix/> is used remove audio mixers and <videolayout/> is used remove video mixers. When one or more mixer descriptions are specified, then media server MUST only delete the specified mixer and MUST NOT affect any other existing mixers. When <audiomix/> or <videolayout/> is identified for individual removal, other feature aspects of the mix MUST NOT be included. If specified, the media server MUST ignore any such elements. When the last mixer is removed from a conference, a media server MUST remove all conference state, leaving or removing any remaining SIP dialogs as described above.

どの要素のコンテンツが存在しない場合は、<destroyconference />は、会議全体を削除します。個々ミキサー<destroyconference />にコンテンツとして除去するミックス(又は混合)を識別するミキサ記述要素を含むことによって除去されます。 <audiomix />は、削除オーディオミキサーを使用し、<videolayout />は、removeビデオミキサーを使用しています。一つ以上のミキサーの説明が指定されている場合は、その後、メディアサーバは、指定のミキサーを削除しなければなりませんし、他の既存のミキサーに影響してはいけません。 <audiomix />または<videolayout />は、個々の除去のために識別されると、ミックスの他の機能的側面を含んではいけません。指定された場合は、メディアサーバは、どのような要素を無視しなければなりません。最後ミキサーを会議から除去されると、メディアサーバは、上述したように任意の残りのSIPダイアログを残すか、削除、すべての会議状態を削除する必要があります。

Attributes:

属性:

id: the identifier for a conference. Mandatory.

次のとおりです。会議のための識別子。必須。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all "mark" attributes within an MSML document SHOULD be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。そのため、「マーク」MSMLドキュメント内のすべての属性の値は一意である必要があります。

8.6. <audiomix>
8.6. <Audiomix>

The properties of the overall audio mix are specified using the <audiomix> element.

全体的なオーディオミックスのプロパティは、<audiomix>要素を使用して指定されています。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier for the audio mix.

です:オーディオミックスのためのオプションの識別子。

samplerate: Integer value specifies the sample rate (in Hz) for the audio mixer. Optional, default value of 8000.

サンプルレート:整数値は、オーディオミキサ(ヘルツで)サンプルレートを指定します。 8000のオプションで、デフォルト値。

An example of the description for an audio mix is:

オーディオミックスの説明の例は次のとおりです。

<audiomix id="mix1"> <asn ri="10s"/> <n-loudest n="3"/> </audiomix>

<audiomix ID = "MIX1"> <ASN RI = "10S" /> <N-最大音量N = "3" /> </ audiomix>

8.6.1. <n-loudest>
8.6.1. <N-最大音量>

The <n-loudest> element defines that participants contend to be included in the conference mix based upon their audio energy. When the element is not present, all participants are mixed.

<N-最大音量>要素は、参加者が自分のオーディオエネルギーに基づいて会議ミックスに含まれるように争うことを定義します。要素が存在しない場合は、すべての参加者が混在しています。

Attributes:

属性:

n: the number of participants that will be included in the audio mix based upon having the greatest audio energy. Mandatory.

N:最大のオーディオエネルギーを持つに基づいてオーディオミックスに含まれる参加者の数。必須。

8.6.2. <asn>
8.6.2. <ASN>

The <asn> element enables notification of active speakers. Active speakers MUST be notified using the <event> element with an event name of "msml.conf.asn". The namelist of the event consists of the set of active speakers. The name of each item is the string "speaker" with a value of the connection identifier for the connection.

<ASN>要素は、アクティブスピーカーの通知を可能にします。アクティブスピーカーは「msml.conf.asn」のイベント名を持つ<イベント>要素を使用して通知する必要があります。イベントの名前リストは、アクティブスピーカーのセットで構成されます。各項目の名前は、接続のための接続識別子の値を持つ文字列「スピーカ」です。

Attributes:

属性:

ri: the minimum reporting interval defines the minimum duration of time that must pass before changes to active speakers will be reported. A value of zero disables active speaker notification.

riは:最小レポート間隔は、アクティブスピーカーへの変更が報告される前に通過しなければならない時間の最小期間を定義します。ゼロの値は、アクティブスピーカーの通知を無効にします。

asth: specifies the active speaker threshold (in unit of dBm0). Valid value range is 0 to -96. Optional, default is -96.

asth:(dBm0での単位で)アクティブスピーカーのしきい値を指定します。有効な値の範囲は-96に0です。オプションで、デフォルトは-96です。

An example of an active speaker notification is:

アクティブスピーカーの通知の例です。

<event name="msml.conf.asn" id="conf:example"> <name>speaker</name> <value>conn:hd93tg5hdf</value> <name>speaker</name> <value>conn:w8cn59vei7</value> <name>speaker</name> <value>conn:p78fnh6sek47fg</value> </event>

<イベント名= "msml.conf.asn" ID = "CONF:例えば"> <名前>スピーカー</名前> <値> CONN:hd93tg5hdf </ value>は<名前>スピーカー</名前> <値> CONN。 w8cn59vei7 </ value>の<名前>スピーカー</名前> <値> CONN:p78fnh6sek47fg </ value>の</イベント>

8.7. <videolayout>
8.7. <Videolayout>

A video layout is specified using the <videolayout> element. It is used as a container to hold elements that describe all of the properties of a video mix. The parameters of the window that displays the video mix are defined by the <root> element. When the video mix in composed of multiple panes, the location and characteristics of the panes are defined by one or more <region> elements. A <region> element is not required when only a single video stream is displayed at one time and none of the visual attributes of regions are required.

ビデオレイアウトは、<videolayout>要素を使用して指定します。ビデオミックスのすべてのプロパティを記述する要素を保持するための容器として使用されています。ビデオミックスを表示するウィンドウのパラメータは、<ルート>要素で定義されています。複数のペインから構成される場合にビデオミックス、位置及びペインの特性は、1つ以上の<地域>要素によって定義されます。単一のビデオストリームが一度に表示され、領域の視覚的属性のいずれも必要とされない場合、<地域>要素は必須ではありません。

Some regions may be used to display a video stream based on a selection criteria rather than having a video stream of a single participant continuously presented in the region. One such an example is a distance learning lecture where the instructor sees each of the students periodically displayed in a region. When a region is used to display one of a number of streams, it is placed as a child of a <selector> element.

いくつかの領域ではなく、連続領域に提示単一の参加者のビデオストリームを有するより選択基準に基づいてビデオ・ストリームを表示するために使用されてもよいです。その一例が、インストラクターが定期的領域に表示学生のそれぞれを見て遠隔学習講座です。領域はストリームの数のいずれかを表示するために使用される場合、それは、<セレクタ>要素の子として配置されています。

Attributes:

属性:

type: specifies the language used to define the layout. Layouts defined using MSML MUST use the value "text/msml-basic-layout". This is the same convention as defined for the layout package from the W3C SMIL 2.0 specification [i6]. The default when omitted is "text/msml-basic-layout".

タイプ:レイアウトを定義するために使用される言語を指定します。レイアウト値は「テキスト/ MSML-基本レイアウト」を使用しなければならないMSMLを使用して定義されました。これは、W3C SMIL 2.0仕様[I6]からレイアウト・パッケージ用に定義されたものと同じ規則です。省略時のデフォルトは、「テキスト/ MSML-基本レイアウト」です。

id: an optional identifier for the video layout.

ある:ビデオレイアウトのためのオプションの識別子。

8.7.1. <root>
8.7.1. <ルート>

The <root> element describes the root window or virtual screen in which the conference video mix will be displayed. Simple conferences can display participant video directly within the root window but more complex conferences will use regions for this purpose. Areas of the window which are not used to display video will show the root window background.

<ルート>要素には、会議映像ミックスが表示されるにはルートウィンドウまたは仮想画面を説明しています。シンプルな会議はルートウィンドウ内で直接参加者の映像を表示することができますが、より複雑な会議は、この目的のために領域を使用します。映像を表示するために使用されていない窓のエリアは、ルートウィンドウの背景が表示されます。

All video presentations require a root window. It MUST be present when a video mix is created and it cannot be deleted; however, its attributes MAY be changed using the <modifyconference> element.

すべてのビデオプレゼンテーションは、ルートウィンドウが必要です。ビデオミックスが作成され、それが削除できないときには存在しなければなりません。しかし、その属性は、<modifyconference>要素を使用して変更することがあります。

Attributes:

属性:

size: the size of the root window specified as one of the five standard common intermediate formats (e.g., CIF, QCIF).

サイズ:5つの標準共通中間フォーマット(例えば、CIF、QCIF)の一つとして指定されたルートウィンドウのサイズ。

backgroundcolor: the color for the root window background defined using the values for the "background-color" property of the CSS2 specification [n10].

背景色:ルートウィンドウの背景色は、CSS2仕様[N10]の「背景色」プロパティの値を使用して定義されました。

backgroundimage: the URI for an image to be displayed as the root window background. Transparent portions of the image allow the background color to show through.

背景画像:ルートウィンドウの背景として表示する画像のURI。画像の透明部分は背景色が透けて見えることを可能にします。

8.7.2. <region>
8.7.2. <地域>

<region> elements define video panes that are used to display participant video streams. Regions are rendered on top of the root window.

<地域>要素は、参加者のビデオストリームを表示するために使用されるビデオウィンドウを定義します。リージョンは、ルートウィンドウの上にレンダリングされます。

The size of a region is specified relative to the size of the root window using the "relativesize" attribute. Relative sizes are expressed as fractions (e.g., 1/4, 1/3) that preserve the aspect ratio of the original video stream while allowing for efficient scaling implementations.

領域のサイズは、「relativesize」属性を使用して、ルートウィンドウのサイズに対して指定されています。相対的なサイズは、効率的なスケーリングの実装を可能にしながら、元のビデオストリームの縦横比を維持する画分(例えば、1/4、1/3)として表されます。

Regions are located on the root window based on the value of the position attributes "top" and "left". These attributes define the position of the top left corner of the region as an offset from the top left corner of the root window. Their values may be expressed either as a number of pixels or as a percent of the vertical or horizontal dimension of the root window. Percent values are appended with a percent ('%') character. Percent values of "33%" and "67%" should be interpreted as "1/3" and "2/3" to allow easy alignment of regions whose size is expressed relative to the size of the root window.

領域は、「トップ」属性と「左」の位置の値に基づいて、ルートウィンドウ上に配置されています。これらの属性は、ルートウィンドウの左上隅からのオフセットとして地域の左上隅の位置を定義します。それらの値は、ピクセルの数として、またはルートウィンドウの縦または横寸法のパーセントとしてのいずれかで表すことができます。パーセント値はパーセント(「%」)文字が付加されています。 「33%」と「67%」のパーセント値は、サイズルートウィンドウのサイズに対して表されている領域を容易に位置合わせを可能にするために、「1/3」及び「2/3」のように解釈されるべきです。

An example of a video layout with six regions is:

6つの領域を有するビデオレイアウトの例を示します。

      +-------+---+
      |       | 2 |
      |   1   +---+
      |       | 3 |
      +---+---+---+
      | 6 | 5 | 4 |
      +---+---+---+
        

<videolayout type="text/msml-basic-layout"> <root size="CIF"/> <region id="1" left="0" top="0" relativesize="2/3"/> <region id="2" left="67%" top="0" relativesize="1/3"/> <region id="3" left="67%" top="33%" relativesize="1/3"> <region id="4" left="67%" top="67%" relativesize="1/3"/> <region id="5" left="33%" top="67%" relativesize="1/3"/> <region id="6" left="0" top="67%" relativesize="1/3"/> </videolayout>

<videolayoutタイプ= "テキスト/ MSML-基本レイアウト"> <ルートサイズ= "CIF" /> <地域ID = "0" 左上 "1" = "0" relativesize = "2/3" /> <領域ID = "2" 左= "67%" トップ= "0" relativesize = "1/3" /> <地域ID = "3" 左= "67%" トップ= "33%" relativesize = "1 / 3 "> <領域ID =" 67%=左 "4" " トップ= "67%" relativesize = "1/3" /> <地域ID = "33%" =左 "5" トップ= "67%" relativesize = "1/3" /> <地域ID = "0" 左上 "6" = "67%" relativesize = "1/3" /> </ videolayout>

The area of the root window covered by a region is a function of the region's position and its size. When areas of different regions overlap, they are layered in order of their "priority" attribute. The region with the highest value for the "priority" attribute is below all other regions and will be hidden by overlapping regions. The region with the lowest non-zero value for the "priority" attribute is on top of all other regions and will not be hidden by overlapping regions. The priority attribute may be assigned values between 0 and 1. A value of zero disables the region, freeing any resources associated with the region, and unjoining any video stream displayed in the region.

地域によってカバーされ、ルートウィンドウの面積は、地域の位置と大きさの関数です。異なる領域の面積が重なっている場合、彼らは彼らの「優先度」属性の順に積層されています。 「優先度」属性の値が最も高い地域は、他のすべての地域を下回っていると地域を重ねて表示されなくなります。 「優先度」属性の最安非ゼロ値を持つ領域が他のすべての地域の最上部にあり、重複領域によって隠されることはありません。 priority属性は、ゼロの値は、領域に関連付けられたすべてのリソースを解放し、その領域に表示されたビデオストリームをunjoining、領域を無効に0と1の間の値を割り当てることができます。

Regions that do not specify a priority will be assigned a priority by a media server when a conference is created. The first region within the <videolayout> element that does not specify a priority will be assigned a priority of one, the second a priority of two, etc. In this way, all regions that do not explicitly specify a priority will be underneath all regions that do specify a priority. As well, within those regions that do not specify a priority, they will be layered from top to bottom, in the order they appear within the <videolayout> element.

会議が作成されたときの優先順位を指定していない地域では、メディアサーバーによって優先順位が割り当てられます。優先度が指定されていない<videolayout>要素内の第1の領域はこのように一つ、二つの第二優先度、等の優先順位が割り当てられます、明示的優先順位を指定していないすべての領域は下の全ての領域であろう優先順位を指定したこと。同様に、優先順位が指定されていないこれらの領域内で、彼らは<videolayout>要素内に現れる順序で、上から下に積層されます。

For example, if a layout was specified as follows:

レイアウトが指定されている場合、例えば、次のように

<videolayout> <root size="CIF"/> <region id="a" ... priority=".3" .../> <region id="b" ... /> <region id="c" ... priority=".2" ...> <region id="d" ... /> </videolayout>

<videolayout> <ルートサイズ= "CIF" /> <領域ID = "" ...優先度= "3" ... /> <地域ID = "B" ... /> <領域ID =" C "...優先度=" 2" ...> <領域ID = "D" ... /> </ videolayout>

Then the regions would be layered, from top to bottom, c,a,b,d.

その後、領域は、上から下、C、A、B、Dに、積層されるであろう。

Portions of regions that extend beyond the root window will be cropped. For example, a layout specified as:

ルートウィンドウを超えて拡張領域の部分が切り取られます。例えば、のように指定されたレイアウト。

<videolayout> <root size="CIF"/> <region id="foo" left="50%" top="50%" relativesize="2/3"/> </videolayout>

<videolayout> <ルートサイズ= "CIF" /> <= "50%" 左上の領域ID = "FOO" = "50%" relativesize = "2/3" /> </ videolayout>

would appear similar to:

のようになります。

      +-----------+
      |   root    |
      |background |
      |     +-----+--
      |     |     |//
      |     | foo |//
      +-----+-----+//
            |////////
        

Visual attributes are used to define aspects of the visual appearance of individual regions. A border may be defined together with a title and/or logo. Text and logos are displayed as images on top of the region's video, below all regions with a lower priority. The visual attributes are "title", "titletextcolor", "titlebackgroundcolor", "bordercolor", "borderwidth", and "logo".

視覚属性は、個々の領域の外観の特徴を定義するために使用されています。境界線はタイトルおよび/またはロゴと一緒に定義することができます。テキストとロゴは低い優先順位を持つすべての領域の下に、地域の映像の上に画像として表示されます。視覚的な属性は、 "タイトル"、 "titletextcolor"、 "titlebackgroundcolor"、 "はBorderColor"、 "borderwidth"、および "ロゴ" です。

Visual attributes can also be defined for individual streams (Video Stream Properties). When visual attributes are specified as part of both a region and a stream, those associated with the stream MUST take precedence. This allows streams that are chosen for display automatically (Stream Selection) to have proper text and logos displayed. The region visual attributes are displayed when no stream is associated with the region.

視覚属性も個々のストリーム(ビデオストリームプロパティ)のために定義することができます。視覚的属性が領域及びストリームの両方の一部として指定された場合、ストリームに関連付けられているものが優先されなければなりません。これは、自動的に表示するために選択されたストリーム(ストリームの選択)が表示され、適切なテキストやロゴを持つことができます。何のストリームが地域に関連付けられていないときに地域の視覚的属性が表示されます。

Two other attributes associated with a region, "blank" and "freeze", define the state of the video displayed in the region. When the blank or freeze attribute is assigned the value "true", then the media server MUST display the region either as a blank region, or the video image frozen at the last received frame.

地域に関連した他の二つの属性は、「ブランク」と「フリーズ」、領域に表示映像の状態を定義します。空白または凍結属性が「真」の値が割り当てられている場合は、その後、メディアサーバは、いずれかの空白領域、または最後に受信したフレームで凍結したビデオ画像として地域を表示しなければなりません。

These attributes are specified for a region and not allowed for streams because that appears to be the common use case. Applying them to streams would allow only that stream to be affected within a selector while other streams continue to display normally. Except for personal mixing scenarios, the same effect can be achieved by having the participant mute their own transmission to the media server.

これらの属性は、地域のために指定され、それが一般的なユースケースのように見えるので、ストリームのために許可されていません。ストリームにそれらを適用すると、他のストリームが正常に表示され続けている間だけ、そのストリームがセレクタの中に影響を受けることができるようになります。個人的な混合のシナリオを除いて、同じ効果は、参加者がメディアサーバーに、独自の送信をミュートすることによって達成することができます。

Attributes: associated with each region:

属性:各領域に関連します。

id: a name that can be used to refer to the region.

ID:地域を指すために使用することができます名前。

left: the position of the region from the left side of the root window.

左:ルートウィンドウの左側から領域の位置。

top: the position of the region from the top of the root window.

トップ:ルートウィンドウの上部からの領域の位置。

relativesize: the size of the region expressed as a fraction of the root window size.

relativesize:領域のサイズは、ルートウィンドウサイズの割合として表しました。

priority: a number between 0 and 1 that is used to define the precedence when rendering overlapping regions. A value of zero disables the region.

優先順位:重複領域をレンダリングするときの優先順位を定義するために使用される0と1の間の数。ゼロの値は、領域を無効にします。

title: text to be displayed as the title for the region

タイトル:テキストは地域のタイトルとして表示されます

titletextcolor: the color of the text

titletextcolor:テキストの色

titlebackgroundcolor: the color of the text background

タイトルの背景色:テキストの背景の色

bordercolor: the color of the region border

BorderColor:地域の境界線の色

borderwidth: the width of the region border logo: the URI of an image file to be displayed

borderwidth:地域のボーダーロゴの幅:イメージ・ファイルのURIが表示されます

freeze: a boolean value, with a default of "false", that defines whether the video image should be frozen at the currently displayed frame

フリーズ:ビデオ画像が現在表示されているフレームで凍結する必要があるかどうかを定義し、「偽」のデフォルトとブール値、

blank: a boolean value, with a default of "false", that defines whether the region should display black instead of the associated video stream

ブランク:領域は、関連するビデオストリームの代わりに黒を表示すべきであるかどうかを定義し、「偽」のデフォルトとブール値、

8.7.3. <selector>
8.7.3. <セレクタ>

It is often desired that one of several video streams be automatically selected to be displayed. The <selector> element is used to define the selection criteria and its associated parameters. The selection algorithm is specified by the "method" attribute. Currently defined selection methods allow for voice activated switching and to iterate sequentially through the set of associated video streams.

多くの場合、複数のビデオストリームの1つが自動的に表示されるように選択されることが望ましいです。 <セレクタ>要素は、選択基準及びその関連パラメータを定義するために使用されます。選択アルゴリズムは、「方法」属性で指定されています。現在定義された選択方法は、音声切り替えを活性化し、関連するビデオストリームのセットを順次に反復することを可能にします。

The regions that will display the selected video stream are placed as child elements of the <selector> element. Including regions within a <selector> element does not affect their layout with respect to regions not subject to the selection. For simple video conferences that display the video directly in the root window, the <root> element can be placed as a child of <selector>. Region elements MUST NOT be used in this case.

選択されたビデオストリームを表示する領域は、<セレクタ>要素の子要素として配置されています。 <セレクタ>要素は、選択の対象とならない領域に対して、そのレイアウトに影響を与えない範囲内領域を含みます。ルートウィンドウに直接映像を表示する単純なビデオ会議のために、<ルート>要素は、<セレクタ>の子として配置することができます。地域の要素は、この場合には使用してはいけません。

For example, below is a common video layout that allows the video stream from the currently active speaker to be displayed in the large region ("1") at the top left of the layout while the streams from five other participants are displayed in regions located at the layout periphery.

例えば、以下の5人の他の参加者からのストリームが位置する領域に表示されている間、現在アクティブな話者からのビデオストリームを可能にする一般的なビデオレイアウトは、レイアウトの左上の大きい領域(「1」)に表示しますレイアウト周辺で。

      +-------+---+
      |       | 2 |
      |   1   +---+
      |       | 3 |
      +---+---+---+
      | 6 | 5 | 4 |
      +---+---+---+
        

<videolayout type="text/msml-basic-layout"> <root size="CIF"/> <selector id="switch" method="vas"> <region id="1" left="0" top="0" relativesize="2/3"/> </selector> <region id="2" left="67%" top="0" relativesize="1/3"/> <region id="3" left="67%" top="33%" relativesize="1/3"> <region id="4" left="67%" top="67%" relativesize="1/3"/> <region id="5" left="33%" top="67%" relativesize="1/3"/> <region id="6" left="0" top="67%" relativesize="1/3"/> </videolayout>

<videolayoutタイプ= "テキスト/ MSML-基本レイアウト"> <ルートサイズ= "CIF" /> <セレクタID = "スイッチ" METHOD = "VAS"> <領域ID = "0" 左上の "1" = "0" relativesize = "2/3" /> </セレクタ> <領域ID = = "67%" 左上 "2" = "0" relativesize = "1/3" /> <地域ID = "3"左= "67%" トップ= "33%" relativesize = "1/3"> <地域ID = "4" の左= "67%" トップ= "67%" relativesize = "1/3" /> <地域ID = "5" 左= "33%" トップ= "67%" relativesize = "1/3" /> <領域ID = "0" 左上 "6" = "67%" relativesize = "1/3 「/> </ videolayout>

All selector methods must be defined so that they work if only a single region is a child of the selector. Selector methods that support more than one child region MUST specify how the method works across multiple regions. Media server implementations MAY support only a single region for methods that are defined to allow multiple regions.

ただ一つの領域は、セレクタの子であるならば、彼らが動作するように、すべてのセレクタのメソッドを定義する必要があります。複数の子域をサポートするセレクタメソッドは、メソッドが複数の地域でどのように機能するかを指定しなければなりません。メディアサーバーの実装では、複数の領域を許可するように定義されたメソッドのためにのみ単一の領域をサポートするかもしれません。

The selector or region for a participant's video is defined using the "display" attribute of <stream> during a join operation. Specifying a selector allows the stream to be displayed according to the criteria defined by the selector method. Specifying a region supports continuous presence display of participants. Some streams may be joined with both a selector and a region. In this case, the value of <blankothers> attribute defines whether the streams associated with a continuous presence region should be blanked when the stream is selected for display in one of the selector regions.

参加者のビデオのためのセレクタまたは領域は、参加処理中に<ストリーム>の「表示」属性を使用して定義されています。セレクタを指定すると、ストリームがセレクタ法によって定義された基準に応じて表示されることを可能にします。地域を指定すると、参加者の継続的なプレゼンスの表示をサポートしています。いくつかのストリームはセレクタと領域の両方と結合することができます。この場合、<blankothers>属性の値は、ストリームがセレクタ領域のいずれかで表示するために選択された場合の連続存在領域に関連付けられたストリームがブランクされるべきかどうかを定義します。

Attributes: common to all selector methods are:

属性:すべてのセレクタの方法に共通のは、次のとおりです。

id: a name that can be used to refer to the selector.

ID:セレクタを参照するために使用できる名前。

method: the name of the method used to select the video stream. A value of "vas" (see the following section, Voice Activated Switching) MAY be specified.

方法:ビデオストリームを選択するために使用されるメソッドの名前。 「VAS」の値が(、音声アクティブ切り替えを次のセクションを参照してください)指定することができます。

status: specifies whether the selector is "active" or "disabled".

ステータスは:セレクタは「アクティブ」または「無効」であるかどうかを指定します。

blankothers: when "true", video streams that are also displayed in continuous presence regions will have the continuous presence regions blanked when the stream is displayed in a selection region.

blankothers:ストリームが選択領域内に表示されたときにも連続存在領域に表示されている「真」、ビデオストリームが連続プレゼンス領域を持つことになりますブランク。

8.7.3.1. Voice Activated Switching ("vas")
8.7.3.1。音声アクティブスイッチング(「VAS」)

Voice activated switching (VAS) is used to display the video stream that correlates with the participant who is currently speaking. It is specified using a selector method value of "vas".

音声起動切り替え(VAS)は、現在話している参加者と相関するビデオストリームを表示するために使用されます。これは、「VAS」の選択方法値を使用して指定されます。

If the video stream associated with the active speaker is not currently displayed in a selection region, then it replaces the video in the region that is displaying the video of the speaker that was least recently active. If the video of the active speaker is currently displayed in a selection region, then there is no change to any region. When VAS is applied to a single region, this has the effect that the current speaker is displayed in that region.

アクティブスピーカーに関連するビデオストリームは、現在の選択領域に表示されていない場合は、それが最も最近アクティブであった話者の映像を表示している地域で動画を置き換えます。アクティブスピーカーのビデオが現在の選択領域に表示されている場合は、いずれかの領域に変更はありません。 VASは、単一の領域に適用した場合、これは、現在の話者がその領域に表示される効果を有します。

Attributes:

属性:

si: switching interval is the minimum period of time that must elapse before allowing the video to switch to the active speaker.

SI:切り替え間隔は、ビデオはアクティブスピーカーに切り替えを許可する前に経過しなければならない時間の最小期間です。

speakersees: defines whether the active speaker sees the "current" speaker (themselves) or the "previous" speaker.

speakersees:アクティブスピーカーは「現在の」スピーカー(自分自身)または「前」スピーカーを見ているかどうかを定義します。

8.8. <join>
8.8. <参加>

<join> is used to create one or more streams between two independent objects. Streams may be audio or video and may be bidirectional or unidirectional. A bidirectional stream is implicitly composed of two unidirectional streams that can be manipulated independently. The streams to be established are specified by <stream> elements (section <stream>) as the content of <join>.

<参加>二つの独立したオブジェクト間の1つ以上のストリームを作成するために使用されます。ストリームは、オーディオやビデオでもよく、双方向または単方向になります。双方向ストリームは暗黙的に独立して操作することができる2つの単方向ストリームから構成されています。確立されるストリームは、<参加>のコンテンツとして<ストリーム>要素(セクション<流れ>)によって指定されます。

Without any content, <join> by default establishes a bidirectional audio stream. When only a stream of a single type has previously been created between two objects, or when only a unidirectional stream exists, <join> can be used to add a stream of another media type or make the stream bidirectional by including the necessary <stream> elements. Bidirectional streams are made unidirectional by using <unjoin> (section <unjoin>) to remove the unidirectional stream for the direction that is no longer required.

すべてのコンテンツがなければ、デフォルトでは<参加>は、双方向オーディオストリームを確立します。単一タイプのストリームのみが先に二つのオブジェクト、または唯一の一方向ストリームが存在する場合、<参加>との間に作成されているときに必要な<流れ>含めることによってストリーム双方向を別のメディア種別のストリームを追加したりするために使用することができます要素。双方向ストリームはもはや必要とされる方向について一方向ストリームを除去する<退会>(セクション<退会>)を使用して一方向行われます。

In addition to defining the media type and direction of streams, <stream> elements are also used to establish the properties of streams, such as gain, voice masking, or tone clamping of audio streams, or labels and other visual characteristics of video streams. Properties are often defined asymmetrically for a single direction of a stream. Creating a bidirectional stream requires two <stream> elements within the <join>, one for each direction, if one direction is to have different properties from the other direction.

ストリームのメディアタイプと方向を定義することに加えて、<流れ>要素はまた、利得、音声マスキング、又はオーディオストリームのトーンクランプ、または標識とビデオストリームの他の視覚特性としての流れの特性を確立するために使用されます。プロパティは、多くの場合、ストリームの単一方向のために非対称に定義されています。一方の方向が他方の方向とは異なる特性を有することがある場合、双方向ストリームの作成は、<参加>内の2つの<ストリーム>要素、各方向に1つが必要となります。

If a media server can provide services using both compressed or uncompressed media, the MSML client may need to distinguish within requests which format is to be used. When compressed streams are created, both objects must use the same media format or an error response (450) is generated.

メディアサーバーが両方の圧縮または非圧縮メディアを使用してサービスを提供することができた場合は、MSMLクライアントはフォーマットを使用するリクエストの中に区別する必要があるかもしれません。圧縮されたストリームが作成される場合、両方のオブジェクトは、同じメディアフォーマットまたはエラー応答(450)が生成されるを使用しなければなりません。

Attributes:

属性:

id1: an identifier of either a connection or conference. Wildcards MUST NOT be used. Mandatory. Any other object class results in a 440 error.

ID1:接続または会議のいずれかの識別子。ワイルドカードを使用してはいけません。必須。 440エラーで他のオブジェクト・クラスの結果。

id2: an identifier of either a connection or conference. Wildcards MUST NOT be used. Mandatory. Any other object class results in a 440 error.

ID2:接続または会議のいずれかの識別子。ワイルドカードを使用してはいけません。必須。 440エラーで他のオブジェクト・クラスの結果。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all mark attributes within an MSML document SHOULD be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。したがって、MSML文書内のすべてのマークの属性の値は一意である必要があります。

For example, consider a call center coaching scenario where a supervisor can listen to the conversation between an agent and a customer and provide hints to the agent, which are not heard by the customer. One join establishes a stream between the agent and the customer and another join establishes a stream between the agent and the supervisor. A third join is used to establish a half-duplex stream from the customer to the supervisor. The media server automatically bridges the media streams from the customer and the supervisor for the agent, and from the customer and the agent for the supervisor.

例えば、スーパーバイザは、エージェントと顧客との間の会話に耳を傾け、顧客により承っておりませんエージェントへのヒントを提供することができますコールセンターコーチングのシナリオを検討してください。一つの参加は、エージェントと顧客との間の流れを確立し、他のエージェントとスーパーバイザ間のストリームを確立参加します。第三は、参加スーパーバイザに顧客から半二重ストリームを確立するために使用されます。メディアサーバーが自動的に顧客とエージェントのスーパーバイザ、および顧客からとスーパーバイザのエージェントからのメディアストリームを橋渡しします。

Assuming the following connections, each with a single audio stream:

以下の接続、単一のオーディオストリームを持つ各を仮定:

conn:supervisor

CONN:スーパーバイザ

conn:agent

CONN:エージェント

conn:customer

CONN:顧客

The following would create the media flows previously described:

以下は、メディアを作成することになり、前述の流れ:

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <join id1="conn:supervisor" id2="conn:agent"/> <join id1="conn:agent" id2="conn:customer"/> <join id1="conn:supervisor" id2="conn:customer"> <stream media="audio" dir="to-id1"/> </join> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <xmlのバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <参加ID1 = "CONN:監督" ID2 = "CONN:エージェント" /> <参加ID1 = "CONN:エージェント」ID2 = "CONN:顧客" /> <参加ID1 = "CONN:監督" ID2 = "CONN:顧客"> <ストリームメディア= "オーディオ" DIR = "へ-ID1" /> </参加します> </ MSML>

The following example shows joining a participant to a multimedia conference. It assumes that the conference has a video presentation region named "topright". The "display" attribute is explained in the section Video Stream Properties.

次の例では、マルチメディア会議への参加者に参加を示しています。それは会議が「topright」という名前のビデオプレゼンテーション領域を有していることを前提としています。 「表示」属性は、セクションビデオストリームプロパティで説明されています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <join id1="conn:hd83t5hf7g3" id2="conf:example"> <stream media="audio"/> <stream media="video" dir="from-id1" display="topright"/> <stream media="video" dir="to-id1"/> </join> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <ID1 =参加 "CONN:hd83t5hf7g3を" ID2 = "CONF:例"> <ストリームメディア= "オーディオ" / > <ストリームメディア= "ビデオ" DIR = "から-ID1" 表示= "topright" /> <ストリームメディア= "ビデオ" DIR = "へ-ID1" /> </参加> </ MSML>

8.9. <modifystream>
8.9. <modifystream>

Media streams can have different properties such as the gain for an audio stream or a visual label for a video stream. These properties are specified as the content of <stream> elements (section <stream>). <modifystream> is used to change the properties of a stream by including one or more <stream> elements that are to have their properties changed.

メディアストリームは、オーディオストリームのゲインまたはビデオストリームのための視覚的なラベルとして異なる特性を持つことができます。これらの特性は、<流れ>要素の内容として指定されている(セクション<流れ>)。 <modifystream>それらの特性が変化したとされている1つ以上の<ストリーム>要素を含むことにより、ストリームの特性を変更するために使用されます。

Stream properties MUST be set as specified by the element <stream> as a child element of <modifystream> element. Any properties not included in the <stream> element when modifying a stream MUST remain unchanged. Setting a property for only one direction of a bidirectional stream MUST NOT affect the other direction. The directionality of streams can be changed by issuing an <unjoin> followed by a <join>. Any streams that exist between the two objects that are not included within <modifystream> MUST NOT be affected.

<modifystream>要素の子要素として要素<ストリーム>によって指定されるストリームのプロパティを設定しなければなりません。ストリームを変更する場合、<流れ>要素に含まれていない特性が不変のままでなければなりません。双方向ストリームの一方向のみのプロパティを設定すると、他の方向に影響してはいけません。流れの方向は、<退会> <参加>続いて発行することによって変更することができます。 <modifystream>内に含まれていない2つのオブジェクトの間に存在する任意のストリームが影響を受けてはなりません。

Attributes:

属性:

id1: an identifier of either a conference or a connection. The instance name MUST NOT contain a wildcard if "id2" contains a wildcard. Mandatory.

ID1:会議や接続のいずれかの識別子。 「ID2」はワイルドカードが含まれている場合は、インスタンス名にはワイルドカードを含めることはできません。必須。

id2: an identifier of either a conference or a connection. The instance name MUST NOT contain a wildcard if "id1" contains a wildcard. Mandatory.

ID2:会議や接続のいずれかの識別子。 「ID1」はワイルドカードが含まれている場合は、インスタンス名にはワイルドカードを含めることはできません。必須。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all mark attributes within an MSML document is RECOMMENDED to be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。したがって、MSML文書内のすべてのマーク属性の値が一意であることが推奨されます。

8.10. <unjoin>
8.10. <退会>

Unjoin removes one or more media streams between two objects. In the absence of any content in the <stream> element, all media streams between the objects MUST be removed. Individual streams may be removed by specifying them using <stream> elements, while the unspecified streams MUST NOT be removed. A bidirectional stream is changed to a unidirectional stream by unjoining the direction that is no longer required, using the <unjoin> element. Operator elements MUST NOT be specified within <stream> elements when streams are being unjoined using the <unjoin> element. Any specified stream operators MUST be ignored.

退会は、2つのオブジェクト間の1つのまたは複数のメディアストリームを削除します。 <ストリーム>要素内の任意のコンテンツが存在しない場合には、オブジェクト間のすべてのメディアストリームは除去されなければなりません。不特定のストリームが除去されない必要があるが、個々のストリームは、<ストリーム>要素を使用してそれらを指定することによって除去することができます。双方向ストリームは<退会>要素を使用して、もはや必要とされる方向をunjoiningにより一方向ストリームに変更されます。オペレータ要素はストリームが<退会>要素を使用して未結合されている<ストリーム>要素内に指定してはなりません。任意の指定されたストリーム演算子は無視しなければなりません。

<unjoin> and <join> may be used together to move a media stream, such as from a main conference to a sidebar conference.

<退会>と<参加>このようなサイドバー会議メイン会議からように、メディア・ストリームを移動させるために一緒に使用されてもよいです。

Attributes:

属性:

id1: an identifier of either a conference or a connection. The instance name MUST NOT contain a wildcard if "id2" contains a wildcard. Mandatory.

ID1:会議や接続のいずれかの識別子。 「ID2」はワイルドカードが含まれている場合は、インスタンス名にはワイルドカードを含めることはできません。必須。

id2: an identifier of either a conference or a connection. The instance name MUST NOT contain a wildcard if "id1" contains a wildcard. Mandatory.

ID2:会議や接続のいずれかの識別子。 「ID1」はワイルドカードが含まれている場合は、インスタンス名にはワイルドカードを含めることはできません。必須。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all mark attributes within an MSML document SHOULD be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。したがって、MSML文書内のすべてのマークの属性の値は一意である必要があります。

The following removes a participant from a conference and plays a leave tone for the remaining participants in the conference.

以下は、会議から参加者を削除し、会議の残りの参加者のための休暇のトーンを再生します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <unjoin id1="conn:jd73ht89sf489f" id2="conf:1"/> <dialogstart target="conf:1" type="application/moml+xml"> <play> <audio uri="file://leave_tone.wav"/> </play> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <退会ID1 = "CONN:jd73ht89sf489f" ID2 = "CONF:1" /> <dialogstartターゲット= "CONF。 1" タイプ= "アプリケーション/ MOML + xmlの"> <遊び> <オーディオURI = "ファイル://leave_tone.wav" /> </遊ぶ> </ dialogstart> </ MSML>

8.11. <monitor>
8.11. <モニター>

Monitor is a specialized unidirectional join that copies the media that is destined for a connection object. One example of the use for <monitor> may be quality monitoring within a conference. The media stream may be removed using the <unjoin> element (see the section <unjoin>).

モニターは、特殊な一方向の参加である接続オブジェクトを宛先とするコピーメディア。 <モニター>のための使用の一例は、会議内の品質モニタリングすることができます。メディアストリームは、<退会>要素を使用して除去することができる(セクション<退会>を参照)。

Attributes:

属性:

id1: an identifier of the connection to be monitored. Mandatory. Any other object class results in a 440 error. Wildcards MUST NOT be used.

ID1:コネクションの識別子を監視します。必須。 440エラーで他のオブジェクト・クラスの結果。ワイルドカードを使用してはいけません。

id2: an identifier of the object that is to receive the copy of the media destined to id1. id2 may be a connection or a conference. Mandatory. Any other object class results in a 440 error. Wildcards MUST NOT be used.

ID2:ID1宛のメディアのコピーを受信することで、オブジェクトの識別子を。 ID2は、接続や会議かもしれません。必須。 440エラーで他のオブジェクト・クラスの結果。ワイルドカードを使用してはいけません。

compressed: "true" or "false". Specifies whether the join should occur before or after compression. When "true", id2 must be a connection using the same media format as id1 or an error response (450) is generated. Default is "false".

圧縮された: "true" または "false"。参加は、圧縮前または後に発生するかどうかを指定します。ときに「真」、ID2はID1またはエラー応答(450)が生成される同じメディア形式を使用して接続しなければなりません。デフォルトは「false」です。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all mark attributes within an MSML document SHOULD be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。したがって、MSML文書内のすべてのマークの属性の値は一意である必要があります。

8.12. <stream>
8.12. <ストリーム>

Individual streams are specified using the <stream> element. They MAY be included as a child element in any of the stream manipulation elements <join>, <modifystream>, or <unjoin>.

個々のストリームは、<ストリーム>要素を使用して指定されています。彼らは、ストリームの操作要素<参加>のいずれかの子要素として含めることができる、<modifystream>、または<退会>。

The type of the stream is specified using a "media" attribute that uses values corresponding to the top-level MIME media types as defined in RFC 2046 [i7]. This specification only addresses audio and video media. Other specifications may define procedures for additional types.

ストリームのタイプは、RFC 2046 [I7]で定義されるように、トップレベルMIMEメディアタイプに対応する値を使用して「メディア」属性を使用して指定されます。この仕様は、オーディオとビデオのメディアに対応しています。その他の仕様は、追加のタイプのための手順を定義することがあります。

A bidirectional stream is identified when no direction attribute "dir" is present. A unidirectional stream is identified when a direction attribute is present. The "dir" attribute MUST have a value of "from-id1" or "to-id1" depending on the required direction. These values are relative to the identifier attributes of the parent element.

無方向属性「DIR」が存在しない場合、双方向ストリームが識別されます。方向属性が存在する場合、単方向ストリームが識別されます。 「DIR」属性が必要な方向に応じて、「から-ID1」の値を持っているか「に-ID1」しなければなりません。これらの値は、親要素の識別子属性を基準にしています。

The compressed attribute is used to distinguish the compressed nature of the stream when necessary. It is implementation specific what is used when the attribute is not present. Joining compressed streams acts much like an RTP [i3] relay.

圧縮された属性は、必要なときに、ストリームの圧縮された自然を区別するために使用されます。これは、属性が存在しないときに使用されているものを実装固有のものです。圧縮されたストリームを結合することははるかにRTP [I3】リレーのように作用します。

The properties of the media streams are specified as the content of <stream> elements when the element is used as a child of <join> or <modifystream>. Stream elements MUST NOT have any content when they are used as a child of <unjoin> to identify specific streams to remove.

要素は、<参加>または<modifystream>の子として使用される場合、メディアストリームの特性は、<流れ>要素の内容として指定されています。彼らは削除する特定のストリームを識別するために、<退会>の子として使用されているとき、ストリーム要素は、任意のコンテンツを持ってはいけません。

Some properties are defined within MSML as additional attributes or child elements of <stream> that are media type specific. Ones for audio streams and video streams are defined in the following two sub-sections. Operators, viewed as properties of the media stream, MAY be specified as child elements of the <stream> element.

一部のプロパティは、追加の属性または特定のメディアタイプです。<ストリーム>の子要素としてMSML内で定義されています。オーディオストリームとビデオストリームのためのものは、以下の2つのサブセクションで定義されています。メディアストリームのプロパティと見演算子は、<ストリーム>要素の子要素として指定することができます。

Attributes:

属性:

media: "audio" or video". Mandatory

メディア:「オーディオ」またはビデオ」必須。

dir: "from-id1" or "to-id1".

DIR: "から-ID1" または "へ-ID1"。

compressed: "true" or "false". Specifies whether the stream uses compressed media. Default is implementation specific.

圧縮された: "true" または "false"。ストリームは圧縮されたメディアを使用するかどうかを指定します。デフォルトは実装固有のものです。

8.12.1. Audio Stream Properties
8.12.1. オーディオストリームのプロパティ

Audio mixes can be specified to only mix the N-loudest participants. However, there may be some "preferred" participants that are always able to contribute. When audio streams are joined to a conference that uses N-loudest audio mixing, preferred streams need to be identified.

オーディオミックスは唯一のN-最大音量の参加者をミックスに指定することができます。しかし、常に貢献することができますいくつかの「好ましい」の参加者があるかもしれません。オーディオストリームは、N-最大音量のオーディオミキシングを使用する会議に参加している場合、好適なストリームが識別される必要があります。

A preferred audio stream is identified using the "preferred" attribute. The "preferred" attribute MAY be used for an audio stream that is input to a conference and MUST NOT be used for other streams.

優先オーディオストリームは、「好ましい」属性を使用して識別されます。 「好ましい」属性は、会議に入力され、他のストリームのために使用してはいけませんオーディオストリームのために使用されるかもしれません。

Additional attributes of the <stream> element for audio streams are:

オーディオストリームのための<ストリーム>要素の追加属性は、次のとおりです。

Attributes:

属性:

preferred: a boolean value that defines whether the stream does not contend for N-loudest mixing. A value of "true" means that the stream MUST always be mixed while a value of "false" means that the stream MAY contend for mixing into a conference when N-loudest mixing is enabled. Default is "false".

好ましい:ストリームがN-最大音量の混合のために競合しないかどうかを定義するブール値。 「真」の値が「偽」の値は、ストリームがN-最大音量の混合が有効になっているときに会議に混合するために争うことを意味しつつストリームは常に混合しなければならないことを意味します。デフォルトは「false」です。

There are two elements that can be used to change the characteristics of an audio stream as defined below.

以下に定義されるオーディオストリームの特性を変更するために使用することができる2つの要素があります。

8.12.1.1. <gain>
8.12.1.1。 <ゲイン>

The <gain> element may be used to adjust the volume of an audio media stream. It may be set to a specific gain amount, to automatically adjust the gain to a desired target level, or to mute the stream.

<ゲイン>要素は、オーディオメディアストリームの音量を調整するために使用することができます。これは、自動的に所望の目標レベルにゲインを調整すること、またはストリームをミュートするように、特定の利得量に設定することができます。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the gain primitive.

ID:プリミティブ利得にイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

amt: a specific gain to apply specified in dB or the string "mute" indicating that the stream should be muted. This attribute MUST NOT be used if "agc" is present.

AMT:特定利得はdBで指定適用するか、文字列が「ミュート」ストリームがミュートされるべきであることを示します。 「AGC」は存在している場合、この属性は使用してはいけません。

agc: boolean indicating whether automatic gain control is to be used. This attribute MUST NOT be used if "amt" is present.

AGC:ブール値は、自動利得制御を使用するかどうかを示します。 「AMT」は存在している場合、この属性は使用してはいけません。

tgtlvl: the desired target level for AGC specified in dBm0. This attribute MUST be specified if "agc" is set to "true". This attribute MUST NOT be specified if "agc" is not present.

tgtlvl:dBm0でで指定されたAGCのための所望の目標レベル。 「AGC」を「true」に設定されている場合、この属性を指定する必要があります。 「AGC」は存在しない場合には、この属性を指定することはできません。

maxgain: the maximum gain that AGC may apply. Maxgain is specified in dB. This attribute MUST be used if "agc" is present and MUST NOT be used when "agc" is not present.

最大利得:AGCを適用することができる最大利得。最大利得はdBで指定されています。 「AGC」が存在し、「AGC」は存在しないときに使用してはいけません場合、この属性を使用しなければなりません。

8.12.1.2. <clamp>
8.12.1.2。 <クランプ>

The <clamp> element is used to filter tones and/or audio-band dtmf from a media stream.

<クランプ>要素は、メディアストリームからのトーン及び/又はオーディオバンドDTMFをフィルタリングするために使用されます。

Attributes:

属性:

dtmf: boolean indicating whether DTMF tones should be removed.

DTMF:ブールDTMFトーンが除去されるべきであるかどうかを示します。

tone: boolean indicating whether other tones should be removed.

トーン:他の音は除去されるべきであるかどうかを示すブール値。

8.12.2. Video Stream Properties
8.12.2. ビデオストリームプロパティ

Video mixes define a presentation that may have multiple regions, such as a quad-split. Each region displays the video from one or more participants. When video streams are joined to such a conference, the region that will display the video needs to be specified as part of the join operation.

ビデオは、このようなクアッド分割などの複数の領域を有していてもよいプレゼンテーションを定義ミックス。各領域は、1人以上の参加者からのビデオを表示します。ビデオストリームは、会議に参加しているときに、映像を表示する領域が結合演算の一部として指定する必要があります。

The region that will display the video is specified using the "display" attribute. The "display" attribute MUST be used for a video stream that is input to a conference and MUST NOT be used for other streams. The value of the attribute MUST identify a <region> (see the section <region>) or a <selector> (see the section <selector>) that is defined for the conference. A stream MUST NOT be directly joined to a region that is defined within a selector. Changing the value of the "display" attribute can be used to change where in a video presentation layout a video stream is displayed.

映像を表示する領域を「表示」属性を使用して指定されます。 「表示」属性は、会議に入力され、他のストリームのために使用してはいけませんビデオストリームを使用しなければなりません。属性の値は、<地域>(セクション<地域>を参照)、または会議のために定義された<セレクタ>(セクション<セレクタ>を参照)を識別しなければなりません。ストリームは、直接セレクタ内で定義された領域に結合してはいけません。 「表示」属性の値を変更すると、ビデオプレゼンテーションレイアウトでビデオストリームが表示されている場所を変更するために使用することができます。

Additional attributes of the <stream> element for video streams are:

ビデオストリームのための<ストリーム>要素の追加属性は、次のとおりです。

Attributes:

属性:

display: the identifier of a video layout region or selector that is to be used to display the video stream.

表示:ビデオ・ストリームを表示するために使用されるビデオ・レイアウト領域またはセレクタの識別子。

override: specifies whether or not the given video stream is the override source in the region defined by "display" attribute. Valid values are "true" or "false". Optional, default value is "false". Only a video stream that is input to a conference can be the override source. A particular region can have at most one override source at a time. The most recently joined video stream with this attribute set to "true" becomes the override source. When there's an override source in place, its video is always displayed in the region, regardless of what video selection algorithm (either a selector or continuous presence mode) is configured for that region. Once the override source is cleared, the conference MUST revert back to original video selection algorithm.

上書き:与えられたビデオストリームは、「表示」属性で定義された領域でオーバーライドソースであるかどうかを指定します。有効な値は「true」または「false」です。オプションで、デフォルト値は「false」です。会議に入力するだけビデオストリームは、オーバーライド源とすることができます。特定の地域では、一度に最大1つのオーバーライド源を持つことができます。 「真」に設定され、この属性を持つ最も最近参加したビデオストリームは、オーバーライド源となります。代わりにオーバーライド源があるとき、そのビデオは関係なく、常にその領域用に構成されているもの映像選択アルゴリズム(セレクタまたは連続プレゼンス・モードのいずれか)の、領域に表示されます。オーバーライドソースがクリアされると、会議はオリジナルのビデオ選択アルゴリズムに戻す必要があります。

8.12.2.1. <visual>
8.12.2.1。 <視覚的な>

Some regions of video conferences may display different streams automatically, such as when voice activated switching is used. Connections MAY also be joined directly without the use of video mixing. In these cases, the <visual> element may be used to define visual display properties for a stream.

ビデオ会議の一部の領域は、音声起動切り替えを使用する場合のように、自動的に異なるストリームを表示することができます。接続はまた、ビデオミキシングを使用せずに直接接合し​​てもよいです。これらのケースでは、<ビジュアル>要素は、ストリームのための視覚的な表示プロパティを定義するために使用されてもよいです。

The <visual> element MAY use any of the visual attributes defined for regions (see the section <region>). This allows the visual aspects of regions within a <selector> to be tailored to the selected video stream, or for streams that are directly joined to display a name or logo.

<ビジュアル>要素は、領域のために定義された視覚的属性のいずれかを使用するかもしれません(セクション<地域>を参照)。これは、選択されたビデオストリームに、直接名やロゴを表示するように接合されたストリームのために調整される、<セレクタ>内の領域の視覚的な側面を可能にします。

9. MSML Dialog Packages
9. MSMLダイアログパッケージ
9.1. Overview
9.1. 概要

MSML Dialog Packages define an XML [n2] language for composing complex media objects from a vocabulary of simple media resource objects called primitives. It is primarily a descriptive or declarative language to describe media processing objects. MSML dialogs operate on a single or multiple streams that are identified by the MSML document outside the scope of the MSML Dialog Package.

MSMLダイアログパッケージは、プリミティブと呼ばれる簡単なメディアリソースオブジェクトの語彙から複雑なメディアオブジェクトを構成するためのXML [N2]の言語を定義します。主にメディア処理オブジェクトを記述するための記述または宣言型言語です。 MSMLダイアログはMSMLダイアログパッケージの範囲外MSML文書によって識別される単一または複数のストリーム上で動作します。

MSML dialogs are intended to be used in different environments. As such, the language itself does not define how an MSML dialog is used. Each environment in which an MSML dialog is used must define how it is used, the set of services provided, and the mechanism for passing information between the environment and MSML dialog. The specific mechanisms used to realize the interface between MSML dialog and its environment are platform specific.

MSMLダイアログは、異なる環境で使用されることを意図しています。そのため、言語自体はMSMLダイアログを使用する方法を定義していません。 MSMLダイアログが使用されるそれぞれの環境には、それがどのように使われるか提供されるサービスのセットを定義し、環境とMSMLダイアログの間で情報を渡すためのメカニズム必要があります。 MSMLダイアログとその環境との間のインターフェイスを実現するために使用される特定のメカニズムは、プラットフォーム固有のものです。

MSML Dialog Packages provide two models for access to media resources and service creation building blocks. Both models MAY be used in conjunction with each other in a complementary manner. The first model (referred to as "Media Primitives and Composites", part of the mandatory MSML Dialog Base Package) contains media primitives (such as digit collection and announcements) and composite functions (such as play and collect combined as a single operation). The second model (referred to as "Media Groups", part of the optional MSML Dialog Group Package) allows the ability to define complex customized interactions, via event passing mechanisms, between media primitives, if required.

MSMLダイアログパッケージは、メディアリソースとサービスの作成・ビルディング・ブロックにアクセスするための2つのモデルを提供します。両方のモデルは、相補的に相互に関連して使用することができます。最初のモデル(「メディアプリミティブおよび複合材料」と呼ばれる、必須のMSMLダイアログベースパッケージの一部)は、メディア(例えばディジット収集およびアナウンスなど)プリミティブおよび複合機能含み(例えば再生などを単一の操作として組み合わさコレクト)。必要に応じて、第2のモデル(「メディアグループ」と称するは、任意MSMLダイアロググループパッケージの一部)は、メディア・プリミティブとの間に、イベント通過機構を介して、複雑なカスタマイズされた相互作用を定義することを可能にします。

MSML Dialog Core Package

MSMLダイアログコアパッケージ

Defines core framework over which all MSML Dialog Packages operate.

すべてMSMLダイアログパッケージが動作する上でコアフレームワークを定義します。

MSML Dialog Base Package

MSMLダイアログベースパッケージ

Media Primitives <dtmf> or <collect> DTMF digit collection <play> Playing of Announcements <dtmfgen> Generation of DTMF digits <tonegen> Tone genration <record> Media recording

メディアプリミティブ<DTMF>または<収集> DTMFディジットコレクション<遊び>お知らせのプレイ<dtmfgen> DTMFディジットの生成<tonegen>トーンgenration <記録>メディア記録

Media Composites <collect> Supports play and collect operation. Composite function with inclusion of play. <record> Supports play and record operation. Composite function with inclusion of play.

メディア複合プレイをサポートしています。<収集>と操作を集めます。遊びを含めた複合機能。 <記録>は、再生と録音の操作をサポートします。遊びを含めた複合機能。

MSML Dialog Group Package <group> Allows grouping of media primitives for parallel execution, with an event exchange mechanism between the media primitives to achieve customized media operations. All the above media primitive elements are accepted within the group.

MSMLダイアロググループパッケージ<グループ>は、カスタマイズされたメディア操作を実現するメディアプリミティブとの間のイベント交換機構と、並列実行のためのメディアプリミティブのグループ化を可能にします。上記のすべてのメディアのプリミティブ要素は、グループ内で受け入れられています。

The following operations MUST be supported using elements described above using either the MSML Dialog Base Package or MSML Dialog Group Package.

以下の操作は、MSMLダイアログベースパッケージまたはMSMLダイアロググループのパッケージのいずれかを用いて上述した要素を使用してサポートされなければなりません。

Announcement only <play> Collection only <dtmf> or <collect>

アナウンスのみ<遊び>コレクションのみ<DTMF>または<収集>

            Recording only
                        <record>
        

Play and Collect <collect> <play/> </collect>

再生および収集<収集> <遊ぶ/> </収集>

Play and Record <record> <play/> </record>

再生と録音の<record> <遊ぶ/> </記録>

Additional MSML Dialog Packages are:

追加MSMLダイアログパッケージは以下のとおりです。

o MSML Dialog Transform Package

O MSMLダイアログは、パッケージを変換します

o MSML Dialog Speech Package

O MSML対話音声パッケージ

o MSML Fax Detection Package

O MSMLファックス検出パッケージ

o MSML Fax Send/Receive Package

O MSMLファックスは、パッケージを送信/受信します

MSML dialogs MAY be used to simply expose primitive media resource objects but will be used more often to describe dialog operations and media transformation objects that can be controlled via user interaction.

MSMLダイアログは単に原始的なメディアリソースオブジェクトを公開するために使用することができるが、ダイアログの操作とユーザーとの対話を介して制御することができるメディア変換オブジェクトを記述するために、より頻繁に使用されます。

MSML dialogs do not contain any computation or flow control constructs. There are no results automatically generated when media operations complete. Results MUST be explicitly requested using a <send> or <exit> element within the definition of the MSML dialog.

MSMLダイアログが任意の計算が含まれているか、制御構文を流れません。メディア操作の完全な自動生成された結果はありません。結果は、明示的にMSMLダイアログの定義に<送る>または<終了>要素を使用して要求しなければなりません。

9.2. Primitives
9.2. プリミティブ

Primitives perform a single function on a media stream or multiple streams such as generating audio/video, recognizing speech or DTMF, or adjusting the gain. They may be composed so that primitives execute concurrently. Primitives not composed for concurrent execution MUST simply execute sequentially in the order they occur in an MSML document. All concurrently executing primitives in the same MSML object (defined in one MSML document) MAY interact with each other through events (see MSML Dialog Group Package).

プリミティブは、メディアストリーム又は、オーディオ/ビデオを生成する音声またはDTMFを認識し、またはゲインの調整など、複数のストリームに単一の機能を実行します。プリミティブが同時に実行するようにそれらが構成されていてもよいです。同時実行のために構成されないプリミティブは、単に彼らがMSML文書で発生順に実行する必要があります。 (1つのMSML文書で定義された)同じMSMLオブジェクトのすべての同時実行プリミティブは、イベント(MSMLダイアロググループパッケージを参照)を介して互いに相互作用することができます。

Primitives are categorized into one of the following descriptive categories.

プリミティブは、次の記述のいずれかのカテゴリに分類されています。

o Recognizers have a media input but no output. They allow different things within a media stream to be recognized or detected and for events to be generated based upon received media.

Oリコグナイザは、メディア入力が、無出力を持っています。彼らは、メディアストリーム内の異なるものが認識または検出され、受信したメディアに基づいて生成されるイベントのためにすることができます。

o Transformers have one media input and output and may send and receive events.

Oトランスフォーマーつのメディアの入力と出力を持っていると、イベントを送受信し得ます。

o Sources and sinks generate or consume media. They have either a media input or a media output but not both. They may receive and generate events.

ソースとシンクoが発生したり、メディアを消費します。彼らはメディアの入力やメディア出力ではなく、両方を持っています。彼らは、受信したイベントを発生させることができます。

o Composites combine underlying primitives to provide higher-level user interaction, without the need for specific event-based exchange between the primitives. The composite elements provide a simpler mechanism for more commonly used services, such as play and collect or play and record.

O複合プリミティブとの間の特定のイベントベースの交換を必要とせずに、より高いレベルのユーザーとの対話を提供するために、プリミティブの基礎となる組み合わせ。複合要素は、遊びのような、より一般的に使用されるサービスのためのシンプルなメカニズムを提供し、収集したり、再生と録音。

Primitives may define different media processing behavior (states) based upon the events that they receive. Primitives that support different processing states must define their default starting state and should support the "initial" attribute to allow that state to be specified when the primitive is instantiated. All primitives must support the "terminate" event class.

プリミティブは、それらが受信イベントに基づいて、異なるメディア処理動作(状態)を定義してもよいです。異なる処理状態をサポートプリミティブは、デフォルト起動状態を定義する必要がありますし、プリミティブがインスタンス化されたときにその状態を指定できるようにする「初期」属性をサポートする必要があります。すべてのプリミティブは、「終了」イベントクラスをサポートしている必要があります。

The following types of primitives are defined within this specification:

以下のタイプのプリミティブは、本明細書中に定義されています。

      Recognizers    Transformers   Source/Sink   Composites
      ------------------------------------------------------
       dtmf/collect   agc            play          dtmf/collect
       faxdetect      clamp          record        record
       speech         gain           dtmfgen
       vad            gate           tonegen
                      relay          faxsend
                                     faxrcv
        

Primitives have shadow variables, similar to those within VoiceXML [n5], which are automatically assigned values when the primitives are used. Upon initialization of an MSML dialog context, all shadow variables have the string value "undefined". Each primitive has its own instance of shadow variables that are global in scope to the entire MSML dialog context.

プリミティブは、プリミティブが使用されるときに自動的に値が割り当てられるのVoiceXML [N5]内のものと同様のシャドウ変数を有します。 MSMLダイアログコンテキストの初期化時に、すべてのシャドウ変数は文字列値「未定義」を持っています。各プリミティブは、全体MSMLダイアログコンテキストにスコープでグローバルな影の変数の独自のインスタンスを持っています。

Names SHOULD be assigned to individual primitives when more than one primitive of the same type is used within one MSML document. Shadow variables are overwritten if the primitive has not been named and is instantiated a second time.

同じタイプの複数のプリミティブが1つのMSML文書内で使用されたときに名前は、個々のプリミティブに割り当てられるべきです。シャドウ変数は、プリミティブが命名されていない場合は上書きされ、第2回インスタンス化されます。

Shadow variables cannot be modified under user control. They may be returned from the MSML dialog context using the <send> element.

シャドウ変数は、ユーザの管理下に変更することはできません。彼らは、<送る>要素を使用してMSMLダイアログのコンテキストから返されることがあります。

9.3. Events
9.3. イベント

Events provide the mechanism for primitives to interact with each other and for an MSML context to interact with its external environment. The external environment is defined by the way in which an MSML context has been invoked. This will often be through MSML, but other languages and protocols such as SIP may also be used.

イベントは、互いに相互作用するプリミティブのために、その外部環境と対話するMSMLコンテキストのためのメカニズムを提供します。外部環境はMSMLコンテキストが呼び出された方法で定義されています。これは、多くの場合、MSML経由になりますが、SIPなどの他の言語とプロトコルを使用してもよいです。

Every primitive and group conceptually implements their own event queue. Events sent to them get placed into their associated queue. Events are removed from their queues and processed in order. Primitives within a group conceptually have their own thread of execution. Due to the asynchronous nature of servicing events from multiple queues, it cannot be assumed that several events sent in sequence to different queues will be processed in the order in which they were sent. For example, if recognition of something led to sending events to both a <play> and a <record> in that order, it is possible that the <record> may process its event before the <play>.

すべてのプリミティブおよびグループは、概念的には、独自のイベントキューを実装しています。それらに送られたイベントは、それに関連付けられたキューに置かれます。イベントは、そのキューから削除され、順番に処理されます。グループ内のプリミティブは、概念的には、実行の独自のスレッドを持っています。複数のキューからイベントをサービスするの非同期性に、別のキューに順番に送られたいくつかのイベントは、彼らが送信された順序で処理されることを想定することはできません。何かの認識がその順序で、<遊び>と<記録>の両方にイベントを送信するに至った場合、<記録>は、<遊び>の前にそのイベントを処理することが可能です。

Primitives each define the set of events that they support and the behavior associated with their handling of each event. This allows many types of behaviors to be defined. For example, VCR type controls can be constructed by defining primitives that support events corresponding to each control. Media recognition/detection can be used to cause those events to be generated.

プリミティブは、それぞれそれらがサポートするイベントのセットと、各イベントの彼らの取り扱いに関連した動作を定義します。これは、行動の多くの種類を定義することができます。例えば、VCRタイプの制御は、各制御に対応するイベントをサポートするプリミティブを定義することによって構築することができます。メディア認識/検出は、これらのイベントを発生させるために使用することができます。

Alternatively, events can be originated elsewhere, such as from a control agent, and simply received by the primitive implementing the control. Examples of the use of events include adjusting volume (gain) and pause and resume of both announcement playout and record creation.

あるいは、イベントは、制御剤などから、他の場所に由来することができ、単に制御を実施プリミティブによって受信されました。イベントの使用の例は、アナウンス再生及び記録の作成の両方のボリューム(ゲイン)と休止と再開を調整することを含みます。

Primitives act on events based upon the longest match of an event name. Event names are a period '.' delimited sequence of tokens. The first token, or the root of the name, can be considered an event class. Matching allows a standard meaning to be defined and then extended based upon what triggers an event's generation. For example, a record primitive has different behavior depending upon whether it completed because a user stopped speaking or because it was cancelled. The recording is retained in the first case but not the second.

プリミティブは、イベント名の最長一致に基づいてイベントに作用します。イベント名はピリオドです「」トークンの区切りシーケンス。最初のトークン、または名前のルートは、イベントクラスとみなすことができます。マッチングは、標準的な意味を定義すると、イベントの生成をトリガーするものに基づく拡張できます。例えば、プリミティブレコードは、ユーザーが話す停止したため、またはそれがキャンセルされたので、それが完了したかどうかに応じて異なる動作を持っています。記録は、最初のケースではなく、第二に保持されます。

Longest match allows new recognizers to be created and used without changing how existing primitives are defined. For example, a face recognition capability could be created that generates a terminate.frowning event when a user looks puzzled. Although no primitive directly defines this event, it will still effect a generic terminate action. Primitives that require specialized behavior based upon frowning may be extended to support this. As well, the event can still be exported from the MSML context without requiring that primitives receiving the event understand facial expressions.

最長一致は、新たな認識装置を作成し、既存のプリミティブが定義されている方法を変更せずに使用することができます。例えば、顔認識機能により、ユーザーは困惑に見えるときterminate.frowningイベントを生成し、その作成することができます。何のプリミティブが直接このイベントを定義しませんが、それはまだ終了し、一般的なアクションに影響します。しかめに基づいて専門的な行動が必要なプリミティブは、これをサポートするように拡張することができます。同様に、イベントはまだイベントを受信プリミティブは表情を理解していることを必要とせず、MSMLコンテキストからエクスポートすることができます。

9.4. MSML Dialog Usage with SIP
9.4. SIPとMSMLダイアログの使用

MSML dialogs MAY be used directly with SIP for dialog interactions (e.g., IVR or fax). It can be initially invoked as part of the "Prompt and Collect" service described in "Basic Network Media Services with SIP" [n7]. That defines service indicators for a small number of well-defined services using the user part of the SIP Request-URI (R-URI).

MSMLダイアログは、ダイアログの相互作用(例えば、IVRまたはファックス)のためのSIPと共にそのまま用いてもよいです。これは、最初に[N7]「SIPを使用した基本的なネットワークメディアサービス」に記載の「プロンプトおよび収集」サービスの一環として呼び出すことができます。すなわち、SIPリクエストURI(R-URI)のユーザ部分を使用して、明確に定義されたサービスの数が少ないためのサービス・インジケータを定義しています。

The prompt and collect service uses "dialog" as the service indicator. URI parameters further refine the specific IVR request. This document defines an additional parameter "msml-param" for the dialog service indicator as follows:

プロンプトとコレクトサービスは、サービスの指標として「ダイアログ」を使用しています。 URIパラメータは、さらに、特定のIVR要求を絞り込みます。次のようにこの文書では、ダイアログサービスインジケータのための追加のパラメータ「MSML-PARAM」を定義しています。

dialog-parameters = ";" ( dialog-param [ vxml-parameters ] ) | moml-param dialog-param = "voicexml=" dialog-url moml-param = "moml=" moml-url

ダイアログパラメータ=「;」 (ダイアログのparam [VXML-パラメータ])| MOML-PARAMダイアログのparam = "VoiceXMLは=" ダイアログURL MOML-のparam = "MOML =" MOML-URL

There are no additional URI parameters when MSML is used as the dialog language.

MSMLダイアログの言語として使用されている追加のURIパラメータはありません。

MSML dialogs define discrete IVR dialog commands. These commands MAY be included directly in the body of the INVITE to the "dialog" service indicator by using the "cid" [n8] URL scheme. This scheme identifies a message body part that in this case would contain the MSML dialog request. Note that a multipart message body, containing a single part, MUST be present even if the INVITE does not contain an SDP offer. Subsequent MSML dialog requests are sent in the body of SIP INFO messages as are all messages from a media server.

MSMLダイアログが離散IVRダイアログのコマンドを定義します。これらのコマンドは、[N8]「CID」を用いて「ダイアログ」サービスインジケータにINVITE URLスキームの本体に直接含まれるかもしれません。このスキームは、この場合にはMSML対話要求を含んでいるでしょうメッセージのボディ部を識別します。 SDPオファーを含まないINVITE場合でも、単一の一部を含むマルチパートメッセージ本体が、存在しなければならないことに注意してください。メディアサーバーからのすべてのメッセージがそうであるように、後続のMSMLダイアログ要求は、SIP INFOメッセージの本文に送信されます。

An example of SIP URI as described above is:

上記のようにSIP URIの例を示します。

sip:dialog@mediaserver.example.net;\ moml=cid:14864099865376@appserver.example.net

SIP:dialog@mediaserver.example.net; \ MOML = CID:14864099865376@appserver.example.net

The body part that contained the MSML dialog referenced by the URL would have a Content-Id header of:

のコンテンツIDヘッダーを持っているでしょうURLで参照さMSMLダイアログを含まボディ部:

Content-Id: <14864099865376@appserver.example.net>

コンテンツID:<14864099865376@appserver.example.net>

The results of executing an <exit> or <disconnect>, or of executing a <send> that has a "target" attribute value equal to "source", are notified in SIP INFO messages using the <event> element from MSML Core package. No messages are sent if execution completes normally without executing one of these elements.

「ソース」に等しい「ターゲット」属性値を持つ<出口>または<切断>を実行する、または実行の結果は、<送信>、MSMLコアパッケージから<イベント>要素を使用して、SIP INFOメッセージで通知されます。実行はこれらの要素のうちの1つを実行せずに正常に完了した場合、メッセージは送信されません。

If there is an error during validation or execution, then a media server MUST notify the error as described above and must include the namelist items "moml.error.status" and "moml.error.description". The values for these items are defined in section 11.

検証または実行中にエラーが発生した場合、メディアサーバは、上述したように、エラーを通知しなければならなくて、名前リスト項目「moml.error.status」および「moml.error.description」を含まなければなりません。これらの項目の値は、セクション11で定義されています。

A restricted subset of MSML dialogs can also be used with the "Announcement" service defined in [n7]. This service uses "annc" as the service indicator and defines parameters that describe an announcement. The "play=" parameter identifies the URL of a prompt or a provisioned announcement sequence. The value of the "play=" parameter can refer to an MSML dialog body part using a "cid" URL as described above. That body part must only contain the <play> primitive.

MSMLダイアログの制限されたサブセットはまた、[N7]で定義された「お知らせ」サービスを使用することができます。このサービスは、サービスの指標として「ANNC」を使用してアナウンスを記述するパラメータを定義します。 「遊びは=」パラメータは、プロンプトまたはプロビジョニング発表シーケンスのURLを識別します。 「遊び=」パラメータの値は、前述したように、「CID」URLを使用してMSMLダイアログ体の一部を参照することができます。その身体の一部にのみ、<遊び>プリミティブが含まれている必要があります。

Using MSML dialogs enhances the announcement service by allowing the client to specify a sequence of audio segments rather than requiring each sequence to be provisioned as well as support for video. Moreover, MSML dialogs define a standard set of variables in contrast to [n7] which defines a parameterization mechanism but does not formally specify any semantics.

MSMLダイアログを使用すると、クライアントは、オーディオ・セグメントのシーケンスを指定することを可能にするのではなく、プロビジョニングされる各配列を必要とするだけでなく、ビデオのサポートによってアナウンスサービスを向上させます。また、MSMLダイアログがパラメータ化機構を定義するが、正式に任意のセマンティクスを指定していない[N7]とは対照的に、変数の標準セットを定義します。

If a media server does not understand the "cid" scheme or does not understand MSML dialogs, it must respond with the SIP response code "488 - not acceptable here". If the MSML dialog body contains elements other than the <play> primitive, or there are errors during validation, a media server must respond with a SIP response code "400 - bad request". Finally, if there is a discrepancy between parameters specified in the Request-URI and corresponding attributes defined in the MSML dialog body, the Request-URI parameters must be silently ignored.

メディアサーバーは、「CID」スキームを理解していないか、MSMLダイアログを理解していない場合は、SIP応答コードで応答しなければならない「488 - ここでは受け入れられません」。 MSMLダイアログ体以外の要素が含まれている場合は、<遊び>プリミティブ、または、SIP応答コード「400 - 不正な要求」と応答しなければならないメディアサーバーの検証中にエラーがあります。要求URIで指定されたパラメータとMSMLダイアログ体で定義された対応する属性の間に相違がある場合は最後に、要求URIパラメータは黙って無視されなければなりません。

MSML dialogs MUST NOT change the operation of the announcement service from that defined in [n7]. When the announcement completes, a media server issues a SIP BYE request. The INFO method MUST NOT used with the announcement service.

MSMLダイアログは[N7]で定義されたことから、アナウンスサービスの動作を変更しないでください。発表が完了すると、メディアサーバは、SIP BYE要求を発行します。 INFOメソッドは、アナウンスサービスで使用してはなりません。

9.5. MSML Dialog Structure and Modularity
9.5. MSMLダイアログ構造とモジュール性

MSML is structured as a set of packages. Only the core and base packages are required. The Dialog Core Package defines the framework for MSML requests to a media server, without specific functionality. It consists of the "primitive" abstraction, an abstract element for control flow, the sequential execution model, and the <send> element. That is, the MSML Dialog Core Package allows for the execution of a sequence of one or more media processing primitives with the ability to notify events to the invocation environment.

MSMLは、パッケージのセットとして構成されています。唯一のコアとベースパッケージが必要とされています。ダイアログコアパッケージは、特定の機能なしで、メディアサーバーにMSML要求のためのフレームワークを定義します。それは「原始的」抽象化、制御フロー、逐次実行モデルの抽象要素で構成され、要素を<送ります>。つまり、MSMLダイアログコアパッケージは、呼び出し環境にイベントを通知する機能を有する1つまたは複数のメディア処理プリミティブのシーケンスを実行することができます。

Primitives are contained within the MSML Dialog Base Package, which defines the basic <play>, <record>, <dtmf>, <dtmfgen>, <tonegen>, and <collect> elements. Another package, the MSML Dialog Transform Package, defines the simple half-duplex filters. More advanced primitives are defined in the speech and fax packages. The MSML speech package depends on the MSML Dialog Base Package as it extends the capability of <play> by adding synthesized speech. Finally, the group execution model, which is currently the only element that changes the flow of control, is defined in a separate MSML Dialog Group Package. All of these packages are optional with the exception that MSML Dialog Core and MSML Dialog Base Packages MUST be implemented to provide the minimal functionality.

プリミティブは基本を定義MSMLダイアログベースパッケージ内に含まれる、<レコード>、<DTMF>、<dtmfgen>、<tonegen> <プレー>、および要素を<収集>。もう一つのパッケージには、MSMLダイアログがパッケージを変換し、簡単な半二重フィルタを定義します。より高度なプリミティブは、音声およびファックスパッケージで定義されています。それは合成音声を追加することで、<遊び>の機能を拡張してMSML音声パッケージはMSMLダイアログベースパッケージに依存します。最後に、現在の制御の流れを変更する唯一の要素であるグループ実行モデルは、別個MSMLダイアロググループのパッケージで定義されています。これらのパッケージのすべてがMSMLダイアログCoreとMSMLダイアログベースのパッケージは最小限の機能を提供するために実装しなければならないことを除いてオプションです。

9.6. MSML Dialog Core Package
9.6. MSMLダイアログコアパッケージ

The MSML Dialog Core Package defines the structural framework and abstractions for MSML dialogs (via its schema). It also defines the basic elements that are not part of the core primitive or control abstractions. This package is dependent on the MSML Core Package. Events generated by MSML dialogs, such as prompt completion, digits collected, or dialog termination, are communicated by the media server via the MSML Core Package (see MSML Core Package <event>).

MSMLダイアログコアパッケージ(そのスキーマを介して)MSMLダイアログの構造フレームワークと抽象化を定義します。また、コアプリミティブまたは制御抽象化の一部ではない基本的な要素を定義します。このパッケージには、MSMLコアパッケージに依存しています。そのようなプロンプトが完了すると、収集したディジット、またはダイアログ終了などMSMLダイアログによって生成されたイベントは、MSMLコアパッケージ(MSMLコアパッケージ<イベント>を参照)を介してメディアサーバによって通信されます。

MSML dialogs are executed independently from the MSML core context. When an MSML dialog is started, MSML allocates the dialog control resources, and if successful, starts those resources executing. MSML core execution then continues without waiting for the MSML dialog to complete. This forking of MSML dialog invocation from the MSML core context is done via the <dialogstart> element. Media streams are created between the MSML dialog target and other internal media server resources as part of dialog execution. Stream creation is subject to the requirements defined in the MSML Core Package and media streams as defined by the MSML Conference Core Package.

MSMLダイアログはMSMLコアコンテキストから独立して実行されます。 MSMLダイアログが開始されると、MSMLは、対話制御リソースを割り当て、成功した場合、それらのリソースが実行を開始します。 MSMLコアの実行は、完了するまでにMSMLダイアログを待たずに続けます。 MSMLコア文脈からMSMLダイアログの呼び出しのこのフォークは、<dialogstart>要素を介して行われます。メディアストリームは、ダイアログ実行の一部としてMSMLダイアログターゲットおよびその他の内部のメディアサーバーのリソース間で作成されます。ストリームの作成はMSML会議のコアパッケージで定義されているようMSMLコアパッケージ及びメディアストリームに定義された要件の対象です。

9.6.1. <dialogstart>
9.6.1. <対話の開始>

The <dialogstart> element is used to instantiate an MSML media dialog on connections or conferences. The dialog is specified either inline or by a URI [n6]. Inline dialogs MUST be composed of any of the MSML Dialog Packages. MSML dialogs MAY be defined externally as VoiceXML [n5]. The MSML dialog description MUST NOT be inline if the src attribute, containing a URI, is present.

<dialogstart>要素は、接続や会議にMSMLメディアダイアログをインスタンス化するために使用されます。ダイアログは、インラインまたはURI [N6]のいずれかによって指定されています。インラインダイアログがMSMLダイアログパッケージのいずれかで構成されなければなりません。 MSMLダイアログは[N5]のVoiceXMLと外部で定義されるかもしれません。 URIを含むsrc属性は、存在する場合MSMLダイアログの説明は、インラインにすることはできません。

The originator of the MSML dialog is notified using a "msml.dialog.exit" event when the dialog completes. Any results returned by the dialog when it exits are sent as a namelist to the event.

MSMLダイアログの創始者は、ダイアログが完了すると、「msml.dialog.exit」イベントを使用して通知されます。その出口が、イベントに名前リストとして送信された場合、任意の結果がダイアログで返されます。

The "msml.dialog.exit" event is also used when dialogs fail due to errors encountered fetching external documents or errors that occur within the dialog execution thread. In this case, a namelist containing the items "dialog.exit.status" and "dialog.exit.description" is returned with the event to inform the client of the failure and the failure reason. The values of these items are defined within this package and the MSML Core Package. Information from the failed dialog may be returned as additional namelist items.

ダイアログは、ダイアログの実行スレッド内で発生する外部ドキュメントまたはエラーをフェッチに発生したエラーのために失敗したときに「msml.dialog.exit」イベントにも使用されています。この場合は、アイテム「dialog.exit.status」と「dialog.exit.description」を含む名前リストは、故障や失敗の理由をクライアントに通知するためのイベントで返されます。これらの項目の値は、このパッケージとMSMLコアパッケージ内で定義されています。失敗したダイアログからの情報は、追加の名前リスト項目として返されることがあります。

Attributes:

属性:

target: an identifier of a connection or a conference that will interact with the dialog. The identifier must not contain wildcards. Mandatory.

ターゲット:コネクションの識別子またはダイアログと相互作用する会議。識別子は、ワイルドカードを含めることはできません。必須。

src: the URL of the dialog description. MUST NOT be used if the MSML dialog description is inline. Otherwise, an error (422) will result and MSML document execution will stop.

SRC:対話記述のURL。 MSML対話記述がインラインであれば使用してはいけません。そうでない場合は、エラー(422)が発生しますとMSMLドキュメントの実行が停止します。

type: a MIME type that identifies the type of language used to describe the dialog. application/moml+xml and application/vxml+xml are used to identify MSML dialogs and VoiceXML [n5] respectively. Mandatory.

タイプ:ダイアログを記述するために使用される言語の種類を特定するMIMEタイプ。アプリケーション/ MOML + XMLおよびアプリケーション/ VXML + XMLはそれぞれMSMLダイアログとのVoiceXML [N5]を識別するために使用されます。必須。

name: an instance name for the dialog. If the attribute is not present, the media server will assign an identifier to the dialog. If the attribute is present but the name is already associated with the target, an error (431) will result and MSML document execution will stop. Any results that a dialog generates will be correlated to its identifier.

名前:ダイアログのインスタンス名。属性が存在しない場合は、メディアサーバは、ダイアログに識別子を割り当てます。属性が存在するが、名前がすでにターゲットに関連付けられている場合、エラー(431)が発生しますとMSMLドキュメントの実行が停止します。ダイアログが生成する任意の結果は、その識別子に相関されます。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML element is returned in an error response. Therefore, the value of all "mark" attributes within an MSML document should be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSML要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。そのため、「マーク」MSMLドキュメント内のすべての属性の値は一意である必要があります。

The following sections show examples of initiating an external MSML dialog, an inline embedded MSML dialog, and an MSML-initiated VoiceXML dialog.

次のセクションでは、外部MSMLダイアログ、インライン組み込みMSMLダイアログ、およびMSML-開始VoiceXMLダイアログを開始する例を示します。

The following example starts an MSML dialog on a connection.

次の例では、接続にMSMLダイアログを起動します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:abcd1234" type="application/moml+xml" name="sample" src="http://server.example.com/scripts/foo.moml"/> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:ABCD1234" タイプ= "アプリケーション/ MOML + xmlの" 名前= "サンプル" SRC = "http://server.example.com/scripts/foo.moml" /> </ MSML>

The following example starts an inline embedded MSML dialog on a connection.

次の例では、接続のインライン埋め込まMSMLダイアログを起動します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:abcd1234" name="sample"> <play> <audio uri="file://clip1.wav"/> <audio uri="http://host1/clip2.wav"/> <tts uri="http://host2/text.ssml"/> <var type="date" subtype="mdy" value="20030601"/> </play> <send target="source" event="done" namelist="play.amt play.end"/> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:ABCD1234" 名前= "サンプル"> <遊び> <オーディオURI = "ファイル: //clip1.wav "/> <オーディオURI =" のhttp://host1/clip2.wav "/> <TTSのuri =" のhttp://host2/text.ssml "/> <VARタイプ=" 日付」サブタイプ= "MDY" 値= "20030601" /> </遊ぶ> <= "ソース" イベント= NAMELIST = "play.amt play.end" /> </ dialogstart> </ MSML> "完了" ターゲットを送信

The following example starts a VoiceXML dialog on a connection.

次の例では、接続上でVoiceXMLダイアログを開始します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:abcd1234" type="application/vxml+xml" name="sample" src="http://server.example.com/scripts/foo.vxml"/> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:ABCD1234" タイプ= "アプリケーション/ VXML + xmlの" 名前= "サンプル" SRC = "http://server.example.com/scripts/foo.vxml" /> </ MSML>

If this dialog fails once its execution thread had begun, for example, the fetch of the VoiceXML document failed, an example of the event that would be returned would be:

その実行スレッドが開始した後、このダイアログが失敗した場合、例えば、VoiceXMLドキュメントのフェッチ失敗し、返されるイベントの例は次のようになります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <event name="msml.dialog.exit" id="conn:abcd1234/dialog:sample"> <name>dialog.exit.status</name> <value>423</value> <name>dialog.exit.description</name> <value>External document fetch error</value> </event>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <イベント名= "msml.dialog.exit" ID = "CONN:ABCD1234 /ダイアログ:サンプル"> <名前> dialog.exit.status </名前> <値> 423 </ value>の<名前> dialog.exit.description </名前> <値>外部文書フェッチエラー</ value>の</イベント>

9.6.2. <dialogend>
9.6.2. <dialogend>

Dialog end is used to terminate an MSML dialog created through <dialogstart> before it completes of its own accord. The operation of <dialogend> depends on the dialog language being used by the executing context. When that context is VoiceXML, a "connection.disconnected" event will be thrown to the VoiceXML application. When that context is MSML dialog, a "terminate" event will be sent to the MSML core context.

ダイアログの最後には、それがひとりでにを完了する前に<dialogstart>を使用して作成MSMLダイアログを終了するために使用されます。 <dialogend>の動作が実行コンテキストによって使用されているダイアログ言語に依存します。そのコンテキストはVoiceXMLの場合は、「connection.disconnected」イベントは、VoiceXMLアプリケーションにスローされます。そのコンテキストがMSMLダイアログである場合は、「終了」イベントがMSMLコアコンテキストに送信されます。

<dialogend> allows the executing dialog the opportunity to gracefully complete before generating a "msml.dialog.exit" event. Dialog results may be returned and will be contained as a namelist to that event.

<dialogend>実行]ダイアログに優雅に「msml.dialog.exit」イベントを生成する前に完了する機会ができます。ダイアログの結果が返されることがありますし、そのイベントの名前リストとして含まれることになります。

Attributes:

属性:

id: the identifier of a dialog. Mandatory.

です:ダイアログの識別子。必須。

mark: a token that can be used to identify execution progress in the case of errors. The value of the mark attribute from the last successfully executed MSML dialog element is returned in an error response. Therefore, the value of all "mark" attributes within an MSML document should be unique.

マーク:エラーが発生した場合に実行の進捗状況を識別するために使用できるトークン。最後に正常に実行さMSMLダイアログ要素からマーク属性の値は、エラー応答で返されます。そのため、「マーク」MSMLドキュメント内のすべての属性の値は一意である必要があります。

For example, if the dialog from the previous example was still executing, the following would terminate the dialog and generate an "msml.dialog.exit" event.

前の例のダイアログがまだ実行された場合は、次のダイアログを終了し、「msml.dialog.exit」イベントが生成されます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogend id="conn:abcd1234/dialog:sample"/> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogendのID = "CONN:ABCD1234 /ダイアログ:サンプル" /> </ MSML>

9.6.3. <send>
9.6.3. <送ります>

The <send> element sends an event and optional namelist to the recipient identified by the target attribute. Event names are defined by the recipient. In the case where the recipient is an MSML dialog group or primitive, the events are defined within this document. Other recipients MAY use names that are suitable for their environment.

<送る>要素は、ターゲット属性によって識別受信者にイベントやオプションの名前リストを送信します。イベント名は、受信者によって定義されています。受信者がMSMLダイアログ基またはプリミティブである場合には、イベントは、この文書内で定義されています。他の受信者は、自分の環境に適している名前を使用するかもしれません。

The "target" attribute specifies the recipient of the event. Recipients MAY be other MSML dialog primitives or groups executing within the object, the object itself, or the environment that invoked the MSML dialog. Sending events to media primitives or groups is supported by the MSML Dialog Group Package. Any target that is unknown within the object is assumed to be destined to the external environment. By convention, the string "source" SHOULD used to address that environment, but any target name distinct from the MSML dialog namespace MAY be used.

「ターゲット」属性は、イベントの受信者を指定します。受信者は、他のMSMLダイアログプリミティブまたはオブジェクト内で実行するグ​​ループ、オブジェクト自体、またはMSMLダイアログを呼び出した環境かもしれ。メディアプリミティブまたはグループにイベントを送信するとMSMLダイアロググループのパッケージでサポートされています。オブジェクト内の未知である任意のターゲットは、外部環境に向かうことが想定されます。慣例により、文字列「ソース」SHOULDは、その環境に対処するために使用されるが、MSMLダイアログの名前空間は異なる任意のターゲット名を使用することができます。

Attributes:

属性:

event: the name of an event. Mandatory.

イベント:イベントの名前。必須。

target: the recipient of the event. The recipient MUST be a MSML dialog primitive, the currently executing group, or the MSML dialog environment. A primitive is specified by a primitive type, optionally appended by a period '.' followed by the identifier of a primitive. Identifiers are only needed when more than one primitive of the same type exists in the object. The executing group is specified using the token "group". The environment is specified using the token "source", optionally appended by a period '.' followed by any environment specific target. Mandatory.

対象:イベントの受信者。受信者は、プリミティブMSMLダイアログ、現在実行中のグループ、またはMSMLダイアログ環境でなければなりません。プリミティブは、必要に応じて周期が付加プリミティブ型によって指定されます「」プリミティブの識別子が続きます。同じタイプの複数のプリミティブオブジェクト内に存在する場合、識別子のみ必要とされています。実行グループは、トークン「グループ」を使用して指定されています。環境は、必要に応じて周期が付加トークン「ソース」を使用して指定されています「」どのような環境の特定のターゲットが続きます。必須。

namelist: a list of zero or more shadow variables that are included with the event.

名前リスト:イベントに含まれているゼロ個以上のシャドウ変数のリスト。

9.6.4. <exit>
9.6.4. <終了>

The <exit> element causes execution of the MSML dialog to terminate.

<終了>要素は終了しMSMLダイアログを実行させます。

Attributes:

属性:

namelist: a list of one or more shadow variables that MAY optionally be sent to the context that invoked the MSML Dialog object.

名前リスト:必要に応じてMSMLダイアログオブジェクトを呼び出しコンテキストに送信され得る1つの以上のシャドウ変数のリスト。

9.6.5. <disconnect>
9.6.5. <切断>

The <disconnect> element is similar to <exit> but has the additional semantics of indicating to the context that invoked the MSML dialog that it should disconnect from a media server, the media stream associated with the object. The method of disconnection depends upon how the media stream was initially established. If SIP was used, a <disconnect> would cause a media server to issue a BYE request. The request would be sent for the SIP dialog associated with media session on which the MSML dialog was operating.

<切断>要素は、<終了>と同様であるが、それはメディアサーバ、オブジェクトに関連付けられたメディア・ストリームから切断する必要がありMSMLダイアログを呼び出すコンテキストに示す追加のセマンティクスを有します。切断の方法は、メディアストリームが最初に確立された方法に依存します。 SIPを使用した場合は、<切断>は、メディアサーバがBYE要求を発行する原因となります。リクエストはMSMLダイアログが動作されたメディアセッションに関連付けられたSIPダイアログのために送信されます。

Attributes:

属性:

namelist: a list of one or more shadow variables that MAY optionally be sent to the context that invoked the MSML dialog object.

名前リスト:必要に応じてMSMLダイアログオブジェクトを呼び出しコンテキストに送信され得る1つの以上のシャドウ変数のリスト。

9.7. MSML Dialog Base Package
9.7. MSMLダイアログベースパッケージ

The MSML Dialog Base Package defines a required set of base functionality for the media server. It supports individual media primitives, such as playing an announcement or collection digits, as well as composite operations such as play and collect. When this package is used in conjunction with the MSML Dialog Group Package, the event-based mechanism is used to control primitives. This package may also be used in conjunction with the MSML Speech Package to extend the functionality of prompts to include TTS and user input collection to include ASR.

MSMLダイアログベースパッケージは、メディアサーバの基本機能の必要なセットを定義します。このような発表やコレクションの数字を再生するなど、個々のメディアプリミティブ、ならびにそのような遊びや収集などの複合操作をサポートしています。このパッケージはMSMLダイアロググループパッケージと組み合わせて使用​​される場合、イベントベースのメカニズムは、プリミティブを制御するために使用されます。このパッケージは、ASRが含まれるようにTTSおよびユーザ入力のコレクションを含めるために、プロンプトの機能を拡張するMSMLスピーチパッケージと組み合わせて使用​​することができます。

In the following sections, subsections of a primitive define child elements of that primitive and are not themselves considered primitives. They do not receive events or populate shadow variables.

次のセクションでは、プリミティブのサブセクションでは、そのプリミティブの子要素を定義し、それ自身は考えられプリミティブではありません。彼らはイベントを受け取るか、シャドー変数を移入しないでください。

9.7.1. <play>
9.7.1. <遊び>

Play is used to generate an audio or video stream. It MUST play in sequence the media created by the child media elements <audio>, <video>, <media>, <tts>, and <var>. When the play stops, either because the terminate event is received or all media generation has completed, the <playexit> element, if present, is executed. At least one media generation element must be present.

プレイは、オーディオまたはビデオストリームを生成するために使用されます。それは、順番に子メディア要素の<audio>が作成したメディアを再生<動画>、<メディア>、<TTS>、そして<var>がしなければなりません。プレーが停止すると終了イベントを受信するか、すべてのメディアの生成が完了しているので、どちらか、<playexit>要素は、存在する場合、実行されます。少なくとも1つのメディア生成要素が存在している必要があります。

Play supports two states: generate and suspend. Media generation occurs in the generate state and is suspended in the suspend state. Once in the suspend state, media generation continues upon receiving the generate event. The default initial state is generate.

プレイは、2つの状態をサポートしています。生成し、一時停止します。メディア生成が発生する状態で発生し、サスペンド状態に懸濁されます。一度サスペンド状態では、メディアの生成が発生するイベントを受信すると続けています。デフォルトの初期状態が発生しています。

Audio MAY be generated in different languages by specifying the xml:lang attribute for <play> and/or the child elements of <play>. The language is inherited by the child elements, but each child MAY specify its own language. Except for physical audio clips, it is an error if a language is specified but the media server cannot render the audio in the requested language.

オーディオは、XMLを指定することで、異なる言語で生成されることがあります。langは、<遊び>の属性および/または<遊び>の子要素。言語は子要素に継承されますが、それぞれの子は独自の言語を指定するかもしれません。言語が指定されている場合、物理的なオーディオクリップを除き、それは誤りですが、メディアサーバは、要求された言語でオーディオをレンダリングすることはできません。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the play primitive.

ID:プリミティブ遊びにイベントを送信するために他の場所で参照することができるオプションの識別子。

interval: specifies the delay between stopping one iteration and beginning another. The attribute has no effect if iterate is not also specified. Default is no interval.

間隔:一回の反復を停止し、別の開始間の遅延を指定します。反復処理も指定されていない場合、属性は効果がありません。デフォルトではインターバルではありません。

iterate: specifies the number of times the media specified by the child media elements should be played. Each iteration is a complete play of each of the child media elements in document order. Defaults to once '1'.

反復:子メディア要素で指定されたメディアを再生する回数を指定します。各繰り返しは、文書順に子メディア要素のそれぞれの完全な遊びです。デフォルトでは、一度「1」にします。

initial: defines the initial state for the play element. Default is "generate".

初期:プレイ要素の初期状態を定義します。デフォルトは「生成」です。

maxtime: defines the maximum allowed time for the <play> to complete.

MAXTIMEは:完了するために、<遊び>の最大許容時間を定義します。

barge: defines whether or not audio announcements may be interrupted by DTMF detection during play-out. The DTMF digit barging the announcement is stored in the digit buffer. Valid values for barge are "true" or "false", and the attribute is mandatory. When barge is applied to a conference target, DTMF digit detected from any conference participant MUST terminate the announcement.

はしけは:音声アナウンスがプレイアウト中にDTMF検出によって中断することができるかどうかを定義します。アナウンスを割り込むDTMFディジットは、桁バッファに格納されています。はしけのための有効な値は「true」または「false」であり、属性が必須です。はしけが会議ターゲットに適用されると、任意の会議参加者から検出されたDTMFの桁が発表を終えなければなりません。

cleardb: defines whether or not the digit buffer is cleared, prior to starting the announcement. Valid values for cleardb are "true" or "false", and the attribute is mandatory.

cleardb:桁バッファが事前告知を開始する、クリアされているか否かを定義します。 cleardbの有効な値は「true」または「false」であり、属性が必須です。

offset: defines an offset, measured in units of time, where the <play> is to begin media generation. Offset is only valid when all child media elements are <audio>.

オフセット:定義オフセット、<プレイ>メディアの生成を開始する時間の単位で測定。オフセットすべての子メディア要素は<オーディオ>あるときにのみ有効です。

skip: an amount, expressed in time, that will be used to skip through the media when "forward" and "backward" events are received. Default is 3 s (three seconds).

スキップ:金額は、「前方」および「後方」のイベントが受信されたときに、メディアをスキップするために使用されることを、時間で表現しました。デフォルトは3秒(3秒)です。

xml:lang: specifies the language to use for content that can be rendered in different languages.

XML:langは:異なる言語でレンダリングできるコンテンツに使用する言語を指定します。

Events:

イベント:

The following describes input events to the media primitive object. The MSML Dialog Group Package allows an event exchange mechanism between primitives.

以下は、メディアプリミティブオブジェクトに入力イベントを記述する。 MSMLダイアロググループパッケージは、プリミティブ間のイベント交換メカニズムを可能にします。

pause: causes the play to enter the suspend state.

一時停止:サスペンド状態に入るように遊びが発生します。

resume: causes play to enter the generate state.

再開:原因は発生する状態に入るためにプレー。

forward: skips forward through the media. Only has effect when all child media elements are <audio>.

前方:メディアを通じて前方にスキップします。すべての子メディア要素は<オーディオ>あるときにのみ効果があります。

backward: skips backward through the media. Only has effect when all child media elements are <audio>.

後方:メディアを逆方向にスキップします。すべての子メディア要素は<オーディオ>あるときにのみ効果があります。

restart: skips to the beginning of the media. Only has effect when all child media elements are <audio>.

再起動は:メディアの先頭にスキップします。すべての子メディア要素は<オーディオ>あるときにのみ効果があります。

toggle-state: causes the suspend / generate state to toggle.

トグル状態:生成/サスペンド状態を切り替えるようにします。

terminate: terminates the play and assigns values to the shadow variables.

終了:再生を終了し、影の変数に値を代入します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

play.amt: identifies the length of time for which media was generated before the play was stopped. This does not include time that may have elapsed while the play was in the suspend state.

play.amt:プレーが停止した前に、メディアが生成された時間の長さを示します。これは、プレーが中断状態であった間経過したことがあり、時間が含まれていません。

play.end: contains the event that caused the play to stop. When the play stops because all media generation has completed, end is assigned the value "play.complete".

play.end:プレーが停止する原因となったイベントが含まれています。すべてのメディアの生成が完了しているため、再生が停止した場合は、最後には、値「play.complete」が割り当てられています。

Note: Attributes barge and cleardb provide a simplified mechanism for controlling play operations with implicit DTMF without the use of <group> and event exchange mechanism. When using the <play> element within the group framework and barge is specified, detection of barge condition generates an implicit terminate event to the play primitive.

注:はしけの属性と、<グループ>とイベント交換メカニズムを使用せずに暗黙のDTMFでプレイ動作を制御するための簡略化のメカニズムを提供cleardb。グループフレームワーク内で、<プレイ>要素を使用し、バージが指定されている場合、バージ状態の検出は、プリミティブのプレイに暗黙終了イベントを生成します。

The following sections describe the child elements of <play>.

次のセクションでは、<遊び>の子要素について説明します。

9.7.1.1. <audio>
9.7.1.1。 <オーディオ>

The <audio> element identifies prerecorded audio to play. Local URI references may resolve to a single physical audio clip, a logical clip, or a provisioned sequence of clips (physical or logical). A logical clip is one that can be rendered differently based on the language attribute. Logical clips are provisioned for each of the languages that a media server supports. Remote URI references are resolved according to the capabilities of the remote server.

<オーディオ>要素は、再生する事前に録音された音声を識別します。ローカルURI参照は、単一の物理オーディオクリップ、論理的クリップ、または(物理的または論理的な)クリップのプロビジョニングされた配列に解決することができます。論理的なクリップは、言語属性に基づいて別々にレンダリングすることができるものです。論理クリップは、メディアサーバがサポートする言語ごとにプロビジョニングされます。リモートURI参照は、リモート・サーバーの能力に応じて解決されます。

Attributes:

属性:

uri: identifies the location of the audio to be played. The file and http schemes are supported. Mandatory.

URIは:再生するオーディオの位置を特定します。ファイルおよびHTTPスキームがサポートされています。必須。

format: defines the encoding and file type of the audio resource. The format attribute is defined as a string type of form "audio/<filetype>;codecs=<codec>". The keyword 'audio' identifies an audio content. The codecs field identifies the audio file's codec to be used for decoding the audio content. If format attribute is not specified, the filetype MUST be determined from the URI and the codec information MUST be determined from the media resource.

フォーマットは:オーディオリソースのエンコードとファイルタイプを定義します。 format属性は、フォームの文字列型として定義され、「オーディオ/ <ファイルタイプ>、コーデック= <コーデック>」。キーワード「オーディオ」は、オーディオコンテンツを識別します。コーデックフィールドには、オーディオコンテンツを復号化するために使用されるオーディオファイルのコーデックを識別します。 format属性が指定されていない場合は、ファイル形式は、URIから決定されなければならないとコーデック情報は、メディアリソースから決定されなければなりません。

audiosamplerate: identifies audio sample rate in kHz. If not specified, the sample rate SHOULD be determined from the media resource.

audiosamplerate:kHzのオーディオサンプルレートを特定します。指定されていない場合は、サンプル・レートは、メディアリソースから決定されるべきです。

audiosamplesize: identifies audio sample size in bits. If not specified, the sample size SHOULD be determined from the media resource.

audiosamplesizeは:ビットのオーディオサンプルサイズを識別する。指定されていない場合は、サンプルサイズは、メディアリソースから決定されるべきです。

iterate: specifies the number of times the audio is to be played. Defaults to once '1'.

反復:オーディオを再生する回数を指定します。デフォルトでは、一度「1」にします。

xml:lang: specifies the language to use when the URI identifies a logical clip, either directly, or as part of a sequence.

XML:langは:URIを直接、又は配列の一部として、論理クリップを識別するときに使用する言語を指定します。

9.7.1.2. <video>
9.7.1.2。 <動画>

The <video> element identifies prerecorded multimedia to play. Contents identified by the URI attribute may contain audio only, video only, or both audio and video. The media server SHOULD attempt to play both audio and video from the identified URI, if both are available in the content.

<動画>要素は、再生するあらかじめ記録されたマルチメディアを識別します。 URI属性によって識別される内容は、オーディオのみ、ビデオのみ、またはオーディオとビデオの両方を含んでいてもよいです。メディアサーバーは、両方のコンテンツで利用可能な場合、特定されたURIからのオーディオとビデオの両方を再生しようとすべきです。

Attributes:

属性:

uri: identifies the location of the video or multimedia to be played. The file and http schemes are supported. Mandatory.

URIは:ビデオまたは再生するマルチメディアの場所を特定します。ファイルおよびHTTPスキームがサポートされています。必須。

format: defines the encoding and file type of the video or multimedia resource. The format attribute is defined as a string type of form "video/<filetype>;codecs=<codecx>,<codecy>". The keyword 'video' identifies video-only media or media containing audio and video. The "codecs" field identifies the audio and/or video codecs to be used for decoding the file content, where the order of the codec values is not significant. In the event of audio and video content, using 'video' keyword, the codecs=<codecx>,<codecy> field MAY be used to identify the audio codec and the video codec. If not specified, the codec information SHOULD be determined from the media file.

フォーマットは:ビデオやマルチメディアリソースのエンコードとファイルタイプを定義します。 format属性は、フォームの文字列型「コーデック= <codecx>、<codecy>ビデオ/ <ファイルタイプ>」として定義されます。キーワード「ビデオ」は、オーディオとビデオを含むビデオのみのメディアまたはメディアを識別します。 「コーデック」フィールドはコーデック値の順序が重要でないファイルの内容を復号化するために使用されるオーディオ及び/又はビデオコーデックを識別する。 「ビデオ」キーワードを使用して、オーディオおよびビデオコンテンツのイベントでは、コーデックは= <codecx>、<codecy>フィールドには、オーディオコーデックとビデオコーデックを識別するために使用されるかもしれません。指定しない場合、コーデック情報は、メディアファイルから決定されるべきです。

audiosamplerate: identifies audio sample rate in kHz. If not specified, the sample rate SHOULD be determined from the media file.

audiosamplerate:kHzのオーディオサンプルレートを特定します。指定されていない場合は、サンプル・レートは、メディアファイルから決定されるべきです。

audiosamplesize: identifies audio sample size in bits. If not specified, the sample size SHOULD be determined from the media file.

audiosamplesizeは:ビットのオーディオサンプルサイズを識別する。指定されていない場合は、サンプルサイズは、メディアファイルから決定されるべきです。

codecconfig: identifies an optional special instruction string for codec configuration. Default is to send no special configuration string to the codec.

codecconfigは:コーデック設定のためのオプションの特別な命令列を識別します。デフォルトでは、コーデックに特別な構成文字列を送信しないことです。

profile: identifies a video profile name specific to the codec. If not specified, default video profile of the codec SHOULD be selected.

プロファイルは:コーデックに特定のビデオプロファイル名を識別します。指定されていない場合は、コーデックのデフォルトの映像プロファイルを選択する必要があります。

level: identifies a video profile level to the codec. Default is to send no profile information to the codec and allow the codec to select an internal default.

レベル:コーデックにビデオ・プロファイル・レベルを識別します。デフォルトでは、コーデックに何のプロファイル情報を送信しないと、コーデックは内部のデフォルトを選択できるようにすることです。

imagewidth: identifies the width of video image in pixels. Default is to use image width information from media file.

imagewidthは:ピクセル単位でビデオ・イメージの幅を特定します。デフォルトでは、メディアファイルから画像幅情報を使用することです。

imageheight: identifies the height of video image in pixels. Default is to use image height information from media file.

imageheightは:ピクセル単位で映像の高さを特定します。デフォルトでは、メディアファイルから画像の高さ情報を使用することです。

maxbitrate: identifies the bitrate of the video signal in kbps. Default is to use maximum bitrate information from the media file.

maxBitrateは:kbps単位で映像信号のビットレートを特定します。デフォルトでは、メディアファイルから最大ビットレートの情報を使用することです。

framerate: identifies the video frame rate in frames per second. Default is to use frame rate information from the media file.

フレームレートは、毎秒フレーム内のビデオフレームレートを識別する。デフォルトでは、メディアファイルからフレームレート情報を使用することです。

iterate: specifies the number of times the media content is to be played. Defaults to once '1'.

反復:メディア・コンテンツを再生する回数を指定します。デフォルトでは、一度「1」にします。

9.7.1.3. <media>
9.7.1.3。 <メディア>

The <media> element identifies multimedia content for play. All content of the <media> element MUST start to play concurrently. This element may be used to generate a multimedia stream from two independent media resources, one identifying audio and the other identifying video.

<メディア>要素は、プレイのためのマルチメディアコンテンツを識別します。 <メディア>要素のすべてのコンテンツは、同時に再生するために開始する必要があります。この要素は、2つの独立したメディアリソース、ある特定のオーディオおよび他の識別ビデオからマルチメディアストリームを生成するために使用することができます。

The <media> element MUST contain at least one child element. Valid child elements of <media> are <audio> and <video>, as described earlier. <media> element MUST contain at most one <audio> element or at most one <video> element.

<メディア>要素は、少なくとも一つの子要素を含まなければなりません。 <メディア>の有効な子要素先に述べたように、<オーディオ>と<映像>です。 <メディア>要素は多くても1つの<audio>要素や、せいぜい1の<video>要素に含まれていなければなりません。

9.7.1.4. <var>
9.7.1.4。 <ました>

The <var> element specifies the generation of audio from a variable using prerecorded audio segments. A variable represents a semantic concept (such as date or number) and dynamically produces the appropriate speech.

<VAR>要素は、事前に録音されたオーディオ・セグメントを使用して変数からオーディオの生成を指定します。変数(例えば日付や番号など)意味論的概念を表し、動的に適切な音声を生成します。

Prerecorded audio allows an application vendor or service provider to choose the exact voice for their audio and therefore completely control the "sound and feel" of the service provided to end users. It provides very high audio quality and allows the variables to blend seamlessly into the surrounding audio segments.

事前に録音された音声は、エンドユーザに提供されるサービスのアプリケーション・ベンダーやサービスプロバイダー自分のオーディオの正確な音声を選択し、したがって、完全に「音を感じると」制御することができます。これは非常に高いオーディオ品質を提供し、変数は、周囲の音声セグメントにシームレスにブレンドすることができます。

Text to speech (TTS) using Speech Synthesis Markup Language (SSML) [n11] may also be used to render variables, but may not provide as good quality, or allow as complete control of the "sound and feel" or user experience. TTS is normally used for reading text such as emails and for very large vocabularies such as stock names. TTS results in a very clear difference between the variables and the surrounding audio segments. (See MSML Dialog Speech Package.)

音声合成マークアップ言語(SSML)を使用してスピーチ(TTS)へのテキストは、[N11]また、変数をレンダリングするために使用することができるが、ように良い品質を提供する、または「サウンドとフィーリング」やユーザー体験の完全な制御を許可しない場合があります。 TTSは、通常、電子メールなどのテキストを読み取るためと、そのような銘柄として非常に大規模な語彙のために使用されています。 TTSは、変数と、周囲の音声セグメントの間の非常に明確な差が生じます。 (MSML対話音声パッケージを参照してください。)

Attributes:

属性:

type: specifies the type of variable. Mandatory. Variable type must be one of "date", "digits", "duration", "month", "money", "number", "silence", "time", or "weekday".

タイプ:変数の型を指定します。必須。変数の型は、「日付」、「数字」、「期間」、「月」、「お金」、「番号」、「沈黙」、「時間」、または「平日」のいずれかでなければなりません。

subtype: specifies an optional clarification of type. Specific values depend upon the type.

サブタイプ:タイプのオプションの説明を指定します。具体的な値は、タイプによって異なります。

value: text that should be rendered appropriate to the type and subtype attributes. Mandatory.

値:タイプとサブタイプの属性に適切なレンダリングされるテキスト。必須。

xml:lang: specifies the language to use when rendering the variable.

XML:langは:変数をレンダリングする際に使用する言語を指定します。

9.7.1.5. <playexit>
9.7.1.5。 <Playexit>

The <playexit> element MUST be invoked when generation of all content of the <play> has come to completion. The contents of this element MAY be used to send events.

<遊び>のすべてのコンテンツの生成が完了するまで来たとき、<playexit>要素は呼び出さなければなりません。この要素の内容は、イベントを送信するために使用されるかもしれません。

Attributes:

属性:

none

無し

9.7.2. <dtmfgen>
9.7.2. <Dtmfgen>

DTMF generator originates one or more DTMF digits in sequence.

DTMFジェネレータは、シーケンス内の1つまたは複数のDTMFディジットを発信します。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the dtmfgen primitive.

ID:プリミティブdtmfgenにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

digits: a string of characters from the alphabet "0-9a-d#*" that correspond to a sequence of DTMF tones. Mandatory.

桁数:DTMFトーンの配列に対応するアルファベットから文字列「0-9A-Dの#1 *」。必須。

level: used to define the power level for which the tones will be generated. Expressed in dBm0 in a range of 0 to -96 dBm0. Larger negative values express lower power levels. Note that values lower than -55 dBm0 will be rejected by most receivers (TR-TSY-000181, ITU-T Q.24A). Default is -6 dBm0.

レベル:トーンが生成される電力レベルを定義するために使用されます。 0 -96にdBm0での範囲でdBm0でで表現。より大きな負の値は、より低い電力レベルを発現します。 dBm0では、ほとんどの受信機(TR-TSY-000181、ITU-T Q.24A)によって拒否されるであろうよりも-55低い値注意。デフォルトは-6 dBm0で。

dur: the duration in milliseconds for which each tone should be generated. Implementations may round the value if they only support discrete durations. Default is 100 ms.

DUR:各トーンが生成されるべき対象の持続時間(ミリ秒)。彼らは唯一の離散的な期間をサポートしている場合、実装は値を丸めることがあります。デフォルトは100ミリ秒です。

interval: the duration in milliseconds of a silence interval following each generated tone. Implementations may round the value if they only support discrete durations. Default is 100 ms.

間隔:各生成されたトーン、次の無音区間の持続時間(ミリ秒)。彼らは唯一の離散的な期間をサポートしている場合、実装は値を丸めることがあります。デフォルトは100ミリ秒です。

Events:

イベント:

terminate: terminates DTMF generation and assigns values to the shadow variables.

終了:DTMFの生成を終了し、影の変数に値を代入します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

dtmfgen.end: contains the event that caused DTMF generation to stop.

dtmfgen.end:DTMF生成が停止する原因となったイベントが含まれています。

The following sections describe the child elements of <dtmfgen>.

次のセクションでは、<dtmfgen>の子要素について説明します。

9.7.2.1. <dtmfgenexit>
9.7.2.1。 <Dtmfgenexit>

The <dtmfgenexit> element MUST be invoked when the DTMF generation operation completes or is terminated as a result of receiving the terminate event. The <dtmfgenexit> element MAY be used to send events when the DTMF generation has completed.

DTMF生成動作が完了または終了イベントを受信した結果として終了したとき、<dtmfgenexit>要素が呼び出されなければなりません。 <dtmfgenexit>要素は、DTMFの生成が完了したときにイベントを送信するために使用されるかもしれません。

Attributes:

属性:

none

無し

9.7.3. <tonegen>
9.7.3. <Tonegen>

Tone generator allows customized tone generation. A sequence of varying tones with optional silence intervals can be composed using the <tonegen> element. Child elements of <tonegen>, namely <tone> and <silence>, specify a single tone or sequence of tones.

音源は、カスタマイズされたトーン生成することができます。オプションの無音間隔で変化するトーンのシーケンスは、<tonegen>要素を用いて構成することができます。 <tonegen>の子要素、すなわち<トーン>と<沈黙>、トーンの単一トーンまたはシーケンスを指定します。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the tonegen primitive.

ID:プリミティブtonegenにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

iterate: A numeric value specifying the total number of iterations. A value of 'forever' represents infinite repetitions. Optional. Default is 1.

反復:反復の合計数を指定する数値。 「永遠」の値は、無限の繰り返しを表します。オプション。デフォルトは1です。

Events:

イベント:

terminate: terminates tone generation and assigns values to the shadow variables.

終了:トーン生成を終了し、影の変数に値を代入します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

tonegen.end: contains the event that caused tone generation to stop.

tonegen.end:音の発生が停止する原因となったイベントが含まれています。

The following sections describe the child elements of <tonegen>.

次のセクションでは、<tonegen>の子要素について説明します。

9.7.3.1. <tone>
9.7.3.1。 <音>

The <tone> element specifies a single tone with an optional silence interval. The tone specification consists of two tone frequencies, their attenuation values, a duration of the tone, and the number of times to repeat the tone.

<音>要素は、オプションの無音区間を持つ単一のトーンを指定します。トーン仕様では、2つのトーン周波数、その減衰値、トーンの期間、およびトーンを繰り返す回数で構成されています。

Attributes:

属性:

duration: time duration or length of the individual tone, specified in "ms" or "s" in increments of 10 ms. A value of 0 represents an infinite duration. Mandatory.

持続時間:10ミリ秒の単位で「MS」または「S」で指定された個々のトーンの持続時間又は長さ、。 0の値は、無限の持続時間を表します。必須。

iterate: specifies the number of times to execute the contents of <tone> element. A value of 'forever' represents infinite repetitions. Optional. Default is 1.

反復:<音>要素の内容を実行する回数を指定します。 「永遠」の値は、無限の繰り返しを表します。オプション。デフォルトは1です。

Events:

イベント:

none

無し

Child Elements:

子要素:

The child elements of <tone> element specify a single tone and an optional silence interval to be inserted at the end of tone generation. A tone is defined by <tone1> and <tone2> elements. Each <tone> element MUST contain at least one of <tone1> or <tone2>, or MAY contain <tone1> and <tone2> exactly once.

<トーン>要素の子要素は、単一のトーン、トーン生成の最後に挿入される任意サイレンスインターバルを指定します。トーンは、<TONE1>と<tone2>要素によって定義されます。各<音>要素は、<TONE1>または<tone2>の少なくとも一つを含まなければならない、あるいは正確に一度<TONE1>と<tone2>含むかもしれません。

<tone1>

<TONE1>

Attributes:

属性:

freq: specifies the frequency of the first tone in "Hz", ranging from 0 to 3999 Hz. Mandatory.

FREQ:0から3999ヘルツまでの範囲の、「ヘルツ」における最初のトーンの周波数を特定します。必須。

atten: specifies the attenuation level expressed in dBm0, ranging from 0 to -96 dBm0. Mandatory.

ATTEN:dBm0で0から-96の範囲dBm0でで発現減衰レベルを指定します。必須。

<tone2>

<tone2>

Attributes:

属性:

freq: specifies the frequency of the second tone in "Hz", ranging from 0 to 3999 Hz. Mandatory.

FREQ:0から3999ヘルツまでの範囲の、「ヘルツ」における第二のトーンの周波数を特定します。必須。

atten: specifies the attenuation level expressed in dBm0, ranging from 0 to -96 dBm0. Mandatory.

ATTEN:dBm0で0から-96の範囲dBm0でで発現減衰レベルを指定します。必須。

<silence> - Refer to the silence element definition below.

<沈黙> - 以下の沈黙の要素の定義を参照してください。

9.7.3.2. <silence>
9.7.3.2。 <沈黙>

The <silence> element inserts a silence interval as optional content of <tonegen> or <tone> elements.

<沈黙>要素はオプションの内容<tonegen>または<トーン>要素としてサイレンスインターバルを挿入します。

Attributes:

属性:

duration: specifies the amount of silence interval in "ms" or "s", in increments of 10ms. Mandatory.

持続時間:10ミリ秒の単位で、「MS」または「S」で無音間隔の量を指定します。必須。

Events:

イベント:

none

無し

9.7.3.3. <tonegenexit>
9.7.3.3。 <Tonegenexit>

The <tonegenexit> element MUST be invoked when the tone generation operation completes or is terminated as a result of receiving the terminate event. The <tonegenexit> element MAY be used to send events when the tone generation has completed.

音源操作が完了または終了イベントを受信した結果として終了したとき、<tonegenexit>要素が呼び出されなければなりません。 <tonegenexit>要素は、トーン生成が完了したときにイベントを送信するために使用されるかもしれません。

Attributes:

属性:

none

無し

9.7.4. <record>
9.7.4. <記録>

Record creates a recording. Similar to play, <record> supports two states: create and suspend. Received media becomes part of the recording when <record> is in the create state and is discarded when it is in the suspend state.

レコードが記録を作成します。プレーと同様に、<記録>は二つの状態をサポートしています。作成し、一時停止します。 <記録>が作成した状態にあり、それがサスペンド状態にあるときに破棄されたときに、受信したメディアは、記録の一部となります。

Recording MUST be terminated when a terminate event is received or when a nospeech event is received and no audio has yet been recorded. <record> differentiates different types of terminate events.

終了イベントを受信したときに記録が終了しなければならないか、またはnospeechイベントが受信されたときと全く音声がまだ記録されていません。 <レコードが>終了イベントの種類を区別します。

An optional <play> element MAY be specified as a child element of <record>. This mechanism provides a complete play-record operation, where the prompts specified within the <play> element are played in advance of start of recording.

オプションの<遊び>要素は、<記録>の子要素として指定することができます。このメカニズムは、<遊び>要素内で指定されたプロンプトは、記録の開始に先行して再生され、完全なプレイ記録操作を提供します。

Note: Attributes prespeech, postspeech, and termkey provide a simplified mechanism for controlling record operations using implicit DTMF and VAD, without the use of <group> and event exchange mechanism.

注:prespeech、postspeech属性、および<グループ>とイベント交換メカニズムを使用することなく、暗黙DTMFとVADを用いて記録動作を制御するための簡略化されたメカニズムを提供termkey。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the record primitive.

ID:プリミティブ・レコードにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

append: a boolean that defines whether the recording is allowed to be appended to an existing file if dest already exists. Default is "false". The attribute is ignored if the scheme is http.

追加:記録はdestが既に存在する場合、既存のファイルに追加することを許可するかどうかを定義するブール値。デフォルトは「false」です。スキームがhttp属性は無視されます。

dest: the destination for the recording, which will contain either audio only, video only, or both audio and video depending on the stream(s) being recorded. Recording MAY be either local or external based upon the attribute value. File and http schemes are supported.

DEST:記録されたストリーム(単数または複数)に応じて、オーディオのみ、ビデオのみ、またはオーディオとビデオの両方のいずれかを含有する記録先、。記録は、属性値に基づいて、ローカルまたは外部のいずれであってもよいです。ファイルおよびHTTPスキームがサポートされています。

audiodest: the destination for the audio-only recording. Recording MAY be either local or external based upon the attribute value. All combinations of dest, audiodest, and videodest are valid. File and http schemes are supported.

audiodest:音声のみ記録するための宛先。記録は、属性値に基づいて、ローカルまたは外部のいずれであってもよいです。 DEST、audiodest、およびvideodestのすべての組み合わせが有効です。ファイルおよびHTTPスキームがサポートされています。

videodest: the destination for the video-only recording. Recording MAY be either local or external based upon the attribute value. All combinations of dest, audiodest, and videodest are valid. File and http schemes are supported.

videodest:ビデオのみ録画用の宛先。記録は、属性値に基づいて、ローカルまたは外部のいずれであってもよいです。 DEST、audiodest、およびvideodestのすべての組み合わせが有効です。ファイルおよびHTTPスキームがサポートされています。

format: defines the encoding and file type of the recording. The format attribute is defined as a string type of form "audio|video/filetype;codecs=x,y". The keyword 'audio' identifies an audio only recording, while the keyword 'video' identifies video-only recording or an audio plus video recording. The codecs field identifies the audio and/or video codecs to be used for the recording, where the order of the codec values is not significant. In the event of audio and video recording, using 'video' keyword, the codecs=x,y field MAY be used to identify the audio codec and the video codec. Mandatory.

フォーマットは:記録の符号化及びファイルタイプを定義します。 format属性は、フォームの文字列型として定義されている「オーディオ|ビデオ/ファイルタイプ、コーデック=のX、Y」。キーワード「ビデオ」はビデオのみの録音やオーディオプラスビデオ録画識別しながら、キーワード「オーディオ」は、記録のみの音声を識別します。コーデックフィールドはコーデック値の順序が重要でない記録のために使用されるオーディオ及び/又はビデオコーデックを識別する。オーディオおよびビデオ記録の場合には、「ビデオ」キーワード、コーデック= xを用いて、Yフィールドは、オーディオコーデックおよびビデオコーデックを識別するために使用され得ます。必須。

codecconfig: identifies an optional special instruction string for codec configuration. Default is to send no special configuration string to the codec.

codecconfigは:コーデック設定のためのオプションの特別な命令列を識別します。デフォルトでは、コーデックに特別な構成文字列を送信しないことです。

audiosamplerate: identifies audio sample rate in kHz. If not specified, the sample rate SHOULD be determined from the media source.

audiosamplerate:kHzのオーディオサンプルレートを特定します。指定されていない場合は、サンプル・レートは、メディアソースから決定されるべきです。

audiosamplesize: identifies audio sample size in bits. If not specified, the sample size SHOULD be determined from the media source.

audiosamplesizeは:ビットのオーディオサンプルサイズを識別する。指定されていない場合は、サンプルサイズは、メディアソースから決定されるべきです。

profile: identifies a video profile name specific to the codec. If not specified, default video profile of the codec SHOULD be selected for the recording.

プロファイルは:コーデックに特定のビデオプロファイル名を識別します。指定されていない場合は、コーデックのデフォルトの映像プロファイルが記録のために選択する必要があります。

level: identifies a video profile level to the codec. Default is to send no profile information to the codec and allow the codec to select an internal default.

レベル:コーデックにビデオ・プロファイル・レベルを識別します。デフォルトでは、コーデックに何のプロファイル情報を送信しないと、コーデックは内部のデフォルトを選択できるようにすることです。

imagewidth: identifies the width of video image in pixels. Default is to use image width information from the media source.

imagewidthは:ピクセル単位でビデオ・イメージの幅を特定します。デフォルトでは、メディアソースからの画像幅情報を使用することです。

imageheight: identifies the height of video image in pixels. Default is to use image height information from the media source.

imageheightは:ピクセル単位で映像の高さを特定します。デフォルトでは、メディアソースから画像の高さ情報を使用することです。

maxbitrate: identifies the bitrate of the video signal in kbps. Default is to use maximum bitrate information from the media source.

maxBitrateは:kbps単位で映像信号のビットレートを特定します。デフォルトでは、メディアソースからの最大ビットレートの情報を使用することです。

framerate: identifies the video frame rate in frames per second. Default is to use frame rate information from the media source.

フレームレートは、毎秒フレーム内のビデオフレームレートを識別する。デフォルトでは、メディアソースからフレームレート情報を使用することです。

initial: defines the initial state for the record element. Default is "create", which starts the recording as soon as the <record> element is executed. The "initial" attribute is applicable only when <record> is used within the <group> structure.

初期:レコード要素のための初期状態を定義します。デフォルトでは、すぐに<記録>要素が実行されるように、記録を開始し、「作成」です。 <レコードが> <グループ>構造内で使用されている場合にのみ、「初期」属性が適用されます。

maxtime: defines the maximum length of the recording in units of time. Mandatory.

MAXTIMEは:時間の単位で記録の最大長さを規定します。必須。

prespeech: defines a timer value, in seconds, for detection of absence of audio energy at the start of the record operation. If no audio energy is detection for the amount of time specified by prespeech, the recording is terminated. Default is 0 s, which does not activate the prespeech timer.

prespeech:記録動作の開始時にオーディオエネルギーの不在を検出するために、数秒で、タイマー値を定義します。何のオーディオエネルギーがprespeechで指定された時間のために検出されない場合は、記録が終了されます。デフォルトはprespeechタイマーを活性化しない0秒、です。

postspeech: defines a timer value, in seconds, for detection of absence of audio energy while the recoding is in progress. During an in progress recording, if absence of audio energy is detected as specified by the postspeech timer, the recording is terminated. Default is 0 s, which disables the ability to terminate a recording due to postspeech silence.

postspeech:再符号化の進行中に、オーディオエネルギーの不在を検出するために、数秒で、タイマー値を定義します。 postspeechタイマーによって指定されたオーディオエネルギーの不在が検出された場合、進行中の録音中に、記録が終了されます。デフォルト起因postspeech無音に記録を終了する能力を無効に0秒です。

termkey: defines a single DTMF key that, when detected, terminates the recording. Absence of this attribute prevents the recording from being terminated due to detection of DTMF digits. When termkey is specified, the detected DTMF digit terminates the recording and the DTMF digit is not entered in the digit buffer.

termkeyは:、検出されたときに、記録を終了し、単一のDTMFキーを定義します。この属性の欠如が原因DTMFディジットの検出に終了されることから記録を防ぎます。 termkeyが指定されている場合、検出されたDTMFディジットは、記録を終了し、DTMFディジットは、桁バッファに入力されていません。

Events:

イベント:

The following describes input events to the media primitive object. The MSML Dialog Group Package allows an event exchange mechanism between primitives.

以下は、メディアプリミティブオブジェクトに入力イベントを記述する。 MSMLダイアロググループパッケージは、プリミティブ間のイベント交換メカニズムを可能にします。

pause: causes the record to enter the suspend state. Received media is discarded.

一時停止:サスペンド状態に入るように、レコードが発生します。受信したメディアは破棄されます。

resume: causes the record to resume if it was suspended. It has no effect otherwise.

履歴書:それが中断された場合には再開したレコードが発生します。これは、そうでない場合は効果がありません。

toggle-state: causes the suspend / create state to toggle.

トグル状態:作成/サスペンド状態を切り替えるようにします。

terminate: terminates the recording and assigns values to the shadow variables.

終了:録画を終了し、影の変数に値を代入します。

terminate.cancelled: terminates the recording and assigns values to the shadow variables. If the dest attribute used the file scheme, the local recording is deleted. Applications are responsible for removing external files created using the http scheme.

terminate.cancelled:録画を終了し、影の変数に値を代入します。 DEST属性は、ファイル・スキームを使用した場合、ローカルの記録が削除されます。アプリケーションは、httpスキームを使用して作成した外部ファイルを削除する責任があります。

terminate.finalsilence: terminates the recording and assigns values to the shadow variables. If the dest attribute used the file scheme, the final silence is removed from the recording.

terminate.finalsilence:録画を終了し、影の変数に値を代入します。 DEST属性は、ファイル・スキームを使用した場合、最終的に沈黙を記録から削除されます。

nospeech: terminates the recording and assigns values to the shadow variables if it is received and no recording has yet been created. The "nospeech" event is ignored if audio has already been recorded.

nospeech:録画を終了し、それを受信した場合、シャドウ変数に値を代入し、全く記録がまだ作成されていません。オーディオは、既に記録されている場合は、「nospeech」イベントは無視されます。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

record.len: the actual length of the recording measured in units of time. This does not include time that may have elapsed while the record was in the suspend state.

record.len:時間の単位で測定記録の実際の長さ。これは、レコードがサスペンド状態であったが経過したことがあり、時間が含まれていません。

record.end: contains the event that caused the record to terminate. When the record terminates because maxtime is exceeded, end is assigned the value "record.complete.maxlength".

record.end:レコードが終了する原因となったイベントが含まれています。 MAXTIMEを超えたため、レコードが終了すると、最後は値「record.complete.maxlength」が割り当てられています。

record.recordid: contains the value of the "dest" attribute, if supplied, otherwise contains a media server assigned record identifier.

record.recordidは:「DEST」属性の値が含まれ、提供されている場合、そうでない場合は、メディアサーバに割り当てられたレコードの識別子が含まれています。

Record termination due to prespeech silence results in assigned value of "record.failed.prespeech"

「record.failed.prespeech」の割り当てられた値に沈黙結果をprespeechによる録音終了

Record termination due to postspeech silence results in assigned value of "record.complete.postspeech"

「record.complete.postspeech」の割り当てられた値に沈黙結果をpostspeechによる録音終了

Record termination due to DTMF detection results in assigned value of "record.complete.termkey"

「record.complete.termkey」の割り当てられた値でDTMF検出結果による録音終了

The following sections describe the child elements of <record>.

次のセクションでは、<記録>の子要素について説明します。

9.7.4.1. <play>
9.7.4.1。 <遊び>

The optional <play> element as a child element of <record> allows a prompt to be played prior to start of recording. The record operation starts at the end of the play sequence or if the play is barged by DTMF, assuming that barge=true is specified for <play>. For a complete description, refer to <play> element.

<記録>の子要素として、オプションの<遊び>要素は、プロンプトが録画開始前に再生することができます。記録動作は、再生シーケンスの終わりで始まりや遊びはそのはしけを想定し、DTMFによって割り込まれている場合=真は、<遊び>に指定されています。完全な説明については、<遊び>要素を参照してください。

9.7.4.2. <tonegen>
9.7.4.2。 <Tonegen>

The optional <tonegen> element as a child element of <record> allows a tone or sequence of tones to be played prior to start of recording. The record operation starts at the end of the tone generation. For a complete description, refer to <tonegen> element.

<記録>の子要素として、オプションの<tonegen>要素は、トーンまたはトーンのシーケンスは、記録開始前に再生することができます。記録動作は、トーン生成の終了時に開始されます。完全な説明については、<tonegen>要素を参照してください。

9.7.4.3. <recordexit>
9.7.4.3。 <recordexit>

The <recordexit> element MUST be invoked when the record operation completes or when the recording is terminated as a result of receiving the terminate event. The <recordexit> element MAY be used to send events when the recording has completed.

<recordexit>要素は、記録動作が完了したときに起動する必要があり、または記録が終了イベントを受信した結果として終了します。 <recordexit>要素は、記録が完了したときにイベントを送信するために使用されるかもしれません。

Attributes:

属性:

none

無し

9.7.5. <dtmf> or <collect>
9.7.5. <DTMF>または<収集>

DTMF input fulfills several roles within MSML dialogs. It is used to trigger events that will affect the media processing operation of other primitives. It is also used to collect DTMF digits from a media stream that are to be reported back to the user of MSML dialog. Often DTMF detection is used for both purposes. Barge is the most common example, where a prompt is stopped based upon DTMF input but more digits may remain to be collected.

DTMF入力はMSMLダイアログ内のいくつかの役割を果たします。他のプリミティブのメディア処理動作に影響を与えるだろうイベントをトリガするために使用されます。また、バックMSMLダイアログのユーザーに報告することになっているメディアストリームからのDTMFディジットを収集するために使用されます。多くの場合、DTMF検出は、両方の目的のために使用されています。バージは、プロンプトがDTMF入力に基づいて停止されるが、より多くのディジットが収集されずに残っている可能性がある最も一般的な例です。

DTMF detection supports multiple simultaneous recognition patterns. Different patterns can be used to trigger sending different events in order to implement DTMF controls. Alternatively, one pattern may be used to represent a collection and another pattern, a substring of the first, used as a barge indication.

DTMF検出が複数の同時認識パターンをサポートしています。異なるパターンは、DTMF制御を実現するためにさまざまなイベントを送信するトリガするために使用することができます。あるいは、パターンは、バージ指標として使用されるコレクションおよび他のパターン、第一のサブストリングを表すために使用されてもよいです。

An optional <play> element MAY be specified as a child element of <dtmf> or <collect>. This mechanism provides a complete play-collect operation, where the prompt(s) specified within the <play> element are played in advance of DTMF digit collection.

オプションの<遊び>要素は、<DTMF>または<収集>の子要素として指定することができます。このメカニズムは、<遊び>要素内で指定されたプロンプト(複数可)DTMFディジットコレクションの前に再生され、完全な遊びコレクトの動作を提供します。

Note that all patterns share the same digit collection buffer, inter-digit timing, a single <nomatch> element, and a single <noinput> element. As such, multiple patterns may not be suitable to support simultaneous collections for different purposes. When this is required, separate <dtmf> elements should be used instead.

全てのパターンが同じ数字収集バッファ、インターディジットタイミング、単一の<NOMATCH>要素、および単一の<NOINPUT>要素を共有することに留意されたいです。このように、複数のパターンは、異なる目的のために同時コレクションをサポートするのに適当ではないかもしれません。これが要求される場合、別個の<DTMF>要素が代わりに使用されるべきです。

<dtmf> terminates if any of the <pattern>, <noinput>, or <nomatch> elements are matched the maximum number of times that they are allowed. The number of times they may match may be specified as an attribute of <dtmf> or of the individual child elements.

<DTMF> <パターン>のいずれかにおいて、<NOINPUT>、または<NOMATCH>要素は、それらが許可されている最大回数に一致した場合に終了します。それらが一致する回数は、<DTMF>または個々の子要素のの属性として指定することができます。

Element identifier <dtmf> is equivalent to <collect>. However, <collect> is the preferred name. MSML clients SHOULD use <collect>, while MSML servers SHOULD support both.

エレメントID <DTMFは> <収集>に相当します。しかし、<収集>有利な名前です。 MSMLサーバは両方をサポートする必要がありますがMSMLクライアントは、<収集>使用すべきです。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to this primitive.

ID:このプリミティブにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

cleardb: a boolean indication of whether the buffer for digit collection should be cleared of any collected digits when the element is instantiated. If set to false, any digits currently in the buffer MUST be immediately compared against the pattern elements.

cleardb:要素がインスタンス化されるときに数字収集のためのバッファは、任意の収集桁クリアすべきかどうかのブール指標。 falseに設定した場合、バッファ内の現在のすべての数字は直ちにパターン要素に対して比較しなければなりません。

fdt: defines the first-digit timer value. The first-digit timer is started when DTMF detection is initially invoked. If no DTMF digits are detected during this initial interval, the <noinput> element MUST be invoked. Optional, default is 0 s (wait forever for the first digit).

FDT:最初の桁のタイマー値を定義します。 DTMF検出が最初に呼び出されたときに最初の桁タイマーがスタートします。何DTMFディジットは、この初期間隔中に検出されない場合、<NOINPUT>要素が呼び出されなければなりません。オプションで、デフォルトは0秒(最初の桁のために永遠に待つ)です。

idt: defines the inter-digit timer to be used when digits are being collected. When specified, the timer is started when the first digit is detected and restarted on each subsequent digit. Timer expiration is applied to all patterns. After that, if any patterns remain active and a nomatch element is specified, the nomatch is executed and DTMF input MUST terminate. The idt attribute should only be used when digit collection is being performed. Optional, default is 4 s.

IDTは:数字が収集されるときに使用されるインターディジット・タイマを定義します。指定された場合、最初の数字が検出され、後続の各桁に再起​​動されると、タイマーが開始されます。タイマーの有効期限は、すべてのパターンに適用されます。その後、任意のパターンはアクティブのままならNOMATCH要素が指定され、NOMATCHが実行され、DTMF入力を終了しなければなりません。数字収集が行われているときに、IDT属性にのみ使用してください。オプションで、デフォルトは4秒です。

edt: defines the extra-digit timer value. Specifies the length of time the media server MUST wait after a match to detect a termination key, if one is specified by the <pattern> element. Optional, default is 4 s.

EDTは:余分な桁のタイマー値を定義します。メディアサーバーが1は、<パターン>要素で指定されている場合、終了キーを検出するために、試合後に待機しなければならない時間の長さを指定します。オプションで、デフォルトは4秒です。

starttimer: boolean value that defines whether the first digit timer (fdt) is started initially. When set to false, the starttimer event must be received for it to start. Default is "false".

starttimer:最初の桁タイマー(FDT)が最初に開始されたかどうかを定義するブール値。 falseに設定した場合、それが起動するため、starttimerイベントが受信されなければなりません。デフォルトは「false」です。

iterate: specifies the number of times the <pattern>, <noinput>, and <nomatch> elements may be executed unless those elements specify differently. The value "forever" MAY be used to indicate that these may be executed any number of times. Default is once '1'.

反復:<パターン>、<NOINPUT>回数を指定し、これらの要素は、異なる指定がない限り<NOMATCH>要素が実行されてもよいです。値は「永遠に」これらは何度でも実行することができることを示すために使用されるかもしれません。デフォルトは「1」回です。

ldd: defines the minimum duration for a digit to be held in order for it to be detected as a long DTMF digit. A long DTMF digit event MUST be treated as a single DTMF event, and MUST contain an extra character 'L' at the end to be distinguished from the other regular digit events. For example, "#L" and "#" are different DTMF events. Optional, default of 0 s. A value of 0 s disables long DTMF digit detection and reporting. Attribute value is an integer with a valid range from 100 ms to 100 s (units MUST be supplied).

LDD:それは長いDTMFディジットとして検出されるために開催される数字の最小持続時間を定義します。長いDTMFディジットイベントは、単一のDTMFイベントとして扱わなければならない、と他の定期的な数字のイベントと区別するために末尾に余分な文字「L」を含まなければなりません。たとえば、「#L」と「#」は、異なるDTMFイベントです。 0秒のオプションで、デフォルト。 0秒の値が長いDTMFディジットの検出と報告を無効にします。属性値は、100ミリ秒から100秒(単位供給されなければならない)への有効な範囲を有する整数です。

Events:

イベント:

The following describes input events to the media primitive object. The MSML Dialog Group Package allows an event exchange mechanism between primitives.

以下は、メディアプリミティブオブジェクトに入力イベントを記述する。 MSMLダイアロググループパッケージは、プリミティブ間のイベント交換メカニズムを可能にします。

starttimer: starts the first digit timer (fdt) if it has not already been started. Has no effect otherwise.

starttimer:それはすでに開始されていない場合、最初の数字タイマー(FDT)を開始します。それ以外の場合は効果がありません。

terminate: terminates the DTMF input and assigns values to the shadow variables.

終了:DTMF入力を終了し、影の変数に値を代入します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

dtmf.digits: the string of DTMF digits that have been received (the contents of the digit buffer).

dtmf.digits:受信されたDTMFディジットの列(桁バッファの内容)。

dtmf.len: the number of digits in the digit buffer.

dtmf.len:桁バッファの桁数。

dtmf.last: the last digit in the digit buffer.

dtmf.last:桁バッファ内の最後の桁。

dtmf.end: contains the event that caused the <dtmf> to terminate or is assigned one of "dtmf.match", "dtmf.noinput", or "dtmf.nomatch" depending upon which of the corresponding elements reached its maximum.

dtmf.end:対応する要素をその最大値に達しているに応じて終了する<DTMF>を引き起こしたイベントが含まれているか、「dtmf.match」、「dtmf.noinput」のいずれかが割り当てられる、または「dtmf.nomatch」。

The following sections describe the child elements of <dtmf> or <collect>.

次のセクションでは、<DTMF>の子要素を記述するか、<収集します>。

9.7.5.1. <play>
9.7.5.1。 <遊び>

The optional <play> element as a child element of <dtmf> or <collect> allows a prompt to be played prior to DTMF digit collection. DTMF digit collection starts at the end of the play sequence or if the play is barged by DTMF, assuming that barge=true is specified for <play>. For a complete description, refer to <play> element.

オプションの<遊び> <DTMF>の子要素として要素または<収集>は、プロンプトが前DTMFディジットコレクションに再生することができます。 DTMFディジットの収集は、プレイシーケンスの終わりで始まりや遊びはそのはしけを想定し、DTMFによって割り込まれている場合=真は、<遊び>に指定されています。完全な説明については、<遊び>要素を参照してください。

9.7.5.2. <pattern>
9.7.5.2。 <パターン>

The <pattern> element describes one or more DTMF digits that are to be recognized. When the pattern is matched, the child elements MUST be executed.

<パターン>要素が認識されるべきである1つまたは複数のDTMFディジットを記述する。パターンが一致した場合には、子要素を実行する必要があります。

Attributes:

属性:

digits: the digit pattern that should be matched. Mandatory.

桁数:一致させる必要がある番号のパターン。必須。

format: an enumerated value that defines the format used to express the digit pattern. The format may be "mgcp" or "megaco" for patterns expressed as a digit map from those specifications, or as one of the simple built-in formats defined within this specification. Currently, a single built-in format "moml+digits" is defined that allows a match based on either one or more specific digits, or based upon a specific length specification with an optional return key. "moml+digits" is the default.

フォーマット:ディジットパターンを表現するために使用されるフォーマットを定義する列挙値。フォーマットは、「MGCP」またはそれらの仕様からケタ地図として表現パターンに対する「MEGACO」、または内蔵本明細書内で定義されたフォーマット簡単の一つとしてであってもよいです。現在、単一ビルトイン形式「MOML +数字」は、一つまたは複数の特定の桁数に基づいて一致を可能に定義された、またはオプションのリターンキーで特定の長さの仕様に基づいています。 「MOMLの+数字」がデフォルトです。

iterate: specifies the number of times the <pattern> may be matched. The value "forever" may be used to indicate that <pattern> may be matched any number of times. This value overrides any specified in <dtmf>. Default is once '1'.

反復:<パターン>は一致させることができる回数を指定します。値が「永久」<パターン>任意の回数を一致させることができることを示すために使用されてもよいです。この値は、<DTMF>で指定されたよりも優先されます。デフォルトは「1」回です。

9.7.5.3. <detect>
9.7.5.3。 <検出>

The contents of the <detect> element MUST be executed whenever any DTMF is first detected. It MUST be matched at most once.

任意のDTMFが最初に検出されたときに、<検出>の内容要素が実行されなければなりません。それは、最も一度にマッチしなければなりません。

Attributes:

属性:

none

無し

9.7.5.4. <noinput>
9.7.5.4。 <NOINPUT>

The <noinput> element is used when DTMF is being collected. Children of the <noinput> element MUST be executed when DTMF has not been detected and the first digit timeout occurs.

DTMFが収集されている場合、<NOINPUT>要素が使用されます。 DTMFが検出されておらず、最初の桁のタイムアウトが発生したときに、<NOINPUT>要素の子が実行されなければなりません。

Attributes:

属性:

iterate: specifies the number of times the <noinput> may be triggered. The value "forever" may be used to indicate that <noinput> may be triggered any number of times. This value overrides any specified in <dtmf>. Default is once '1'.

反復:<NOINPUT>をトリガすることができる回数を指定します。値は「永遠に」<NOINPUT>何度でもをトリガすることができることを示すために使用することができます。この値は、<DTMF>で指定されたよりも優先されます。デフォルトは「1」回です。

9.7.5.5. <nomatch>
ya.7.5.5。 <NOMATCH>

The <nomatch> element is used when DTMF is being collected. Children of the <nomatch> element MUST be executed when it is determined that none of the individual patterns can be matched.

DTMFが収集されている場合、<NOMATCH>要素が使用されます。個々のパターンのどれも一致することができないと判定された場合、<NOMATCH>要素の子が実行されなければなりません。

Attributes:

属性:

iterate: specifies the number of times the <nomatch> may be triggered. The value "forever" may be used to indicate that <nomatch> may be triggered any number of times. This value overrides any specified in <dtmf>. Default is once '1'.

反復:<NOMATCH>をトリガすることができる回数を指定します。値は「永遠に」<NOMATCH>何度でもをトリガすることができることを示すために使用することができます。この値は、<DTMF>で指定されたよりも優先されます。デフォルトは「1」回です。

9.7.5.6. <dtmfexit>
9.7.5.6。 <Dtmfexit>

The <dtmfexit> element MUST be invoked when the dtmf input completes because one of <pattern>, <noinput>, or <nomatch> occurred its maximum number of times.

<パターン>、<NOINPUT>、または<NOMATCH>倍の最大数が発生したため、DTMF入力が完了したときに、<dtmfexit>要素が呼び出されなければなりません。

Attributes:

属性:

None

無し

9.7.6. <moml>
9.7.6. <MOML>

The root element <moml> MUST be used when the document is a stand-alone MSML dialog, where the invoking application media type indicates 'application/moml+xml'. Additionally, for backwards compatibility, the <moml> element MUST be used within <dialogstart>, which contains an inline embedded MSML dialog.

文書は、呼び出しアプリケーションメディアタイプが「アプリケーション/ MOML + XML」を示しているスタンドアロンMSMLダイアログである場合、ルート要素<MOML>は使用しなければなりません。また、下位互換性のために、<MOML>要素は、<dialogstart>、MSMLダイアログ埋め込みインラインを含む内で使用しなければなりません。

Valid contents of <moml> are all elements described within this MSML Dialog Base Package.

<MOML>の有効な内容はこのMSMLダイアログベースパッケージ内に記載された全ての要素です。

Attributes:

属性:

version: "1.0" Mandatory.

バージョン: "1.0" 必須。

id: an identifier unique to this object. Events returned from MSML dialog (the "target" attribute of a <send> is equal to "source") will be correlated with this identifier. Mandatory.

ID:このオブジェクトへの一意の識別子。イベントは、(の「ターゲット」属性<送る>「ソース」に等しい)MSMLダイアログから返された識別子と関連付けされます。必須。

Events:

イベント:

terminate: terminates the MOML context. A terminate event gets sent to the currently executing <group> or primitive.

終了:MOMLコンテキストを終了します。終了イベントは、現在実行中の<group>またはプリミティブへ送られます。

9.8. MSML Dialog Group Package
9.8. MSMLダイアロググループパッケージ

The group package defines a single control flow construct that specifies concurrent execution. Primitives are composed for concurrent execution by placing them within a <group> element. Groups define how media flows between multiple concurrently executing primitives. They have one or more inputs and one or more outputs. A <group> represents the declaration of a complex media processing operation. The event interaction between primitives (see the following subsection) is defined within the context of one or more groups. However groups themselves do not scope events, they simply define that primitives are concurrently executing and a primitive must be executing in order to receive an event.

グループパッケージは、同時実行を指定する単一の制御フロー構造を定義します。プリミティブは、<グループ>要素内でそれらを配置することにより、同時実行のために作曲されています。グループは、媒体が複数同時実行のプリミティブとの間に流れる方法を定義します。彼らは、一つ以上の入力と1つの以上の出力を持ちます。 <グループ>は、複合メディア処理動作の宣言を表します。プリミティブとの間のイベントの相互作用は、(次のサブセクションを参照)1つまたは複数のグループのコンテキスト内で定義されています。グループ自体はしない範囲のイベントを行うしかし、彼らは単にプリミティブが同時に実行され、プリミティブがイベントを受け取るために実行しなければならないことを定義します。

Placing primitives within a group structure is an optional feature of this specification. It allows for complex services to created using the event exchange mechanism between the primitives. For simpler services, such as play/collect or play/record, the use of group mechanism is not necessary. MSML Dialog Group Package is dependent on the MSML Dialog Base Package.

グループ構造内のプリミティブを配置することは、この明細書の任意の特徴です。プリミティブ間イベント交換メカニズムを使用して作成するためには、複雑なサービスが可能になります。こうした遊び/収集したり、再生/録音などの単純なサービスについては、グループメカニズムを使用する必要はありません。 MSMLダイアロググループパッケージはMSMLダイアログベースパッケージに依存しています。

Groups may also be used to describe media objects that transform a media stream while optionally allowing application or user control of the transformation. For example, a gain control could be defined that responds to user speech or DTMF input. In this case, a recognition primitive would send events to a gain control primitive.

グループはまた、必要に応じて変換のアプリケーションまたはユーザ制御を可能にしつつ、メディアストリームを変換するメディアオブジェクトを記述するために使用されてもよいです。例えば、ゲイン制御は、ユーザの音声またはDTMF入力に応答することを定義することができます。この場合、原始的認識は、プリミティブゲインコントロールにイベントを送信します。

Groups have one attribute that defines the media flow within them. They also have a dimension that defines how many media inputs and outputs they have. Currently, dimensions of 1 and 2 are supported based upon the group topology. These correspond to a group with one input and one output and a group with two inputs and two outputs.

グループは、その中にメディアフローを定義する一つの属性を持っています。彼らはまた、彼らが持っているどのように多くのメディアの入力と出力を定義する寸法を有します。現在、1及び2の寸法は、サポートグループのトポロジーに基づいています。これらは、1つの入力と1つの出力と2つの入力と2つの出力を有する基を有する基に対応します。

Media flow to and from the primitives within the group is based upon a topology attribute of the <group> element. The topology attribute defines a topology schema and implies the group dimension.

グループ内のプリミティブからのメディアフローは、<グループ>要素のトポロジー属性に基づいています。トポロジー属性は、トポロジのスキーマを定義し、グループの大きさを意味します。

There are several common ways in which primitives are often connected together. A schema provides a convenient template that can be applied to multiple primitives without having to define all of the individual media relationships. The following two schemas are initially defined for one-dimensional groups:

プリミティブはしばしば一緒に接続されているいくつかの一般的な方法があります。スキーマは、個々のメディア関係のすべてを定義することなく、複数のプリミティブに適用することができる便利なテンプレートを提供します。以下の2つのスキーマは、最初に一次元のグループのために定義されています。

o parallel: specifies that media sent to the group is sent to every primitive that has an input. The group bridges the output from every primitive that has an output into a single common group output.

Oパラレル:グループに送信されたメディアは、入力したすべてのプリミティブに送信されることを指定します。グループは、単一の共通のグループ出力に出力を有するすべてのプリミティブからの出力を橋渡し。

o serial: specifies that the first primitive listed in the group receives the media sent to the group. Its output is to be connected to the input of the next primitive defined within the group and so on until the last primitive within the group becomes the group output.

Oシリアル:グループにリストされた最初のプリミティブグループに送信されたメディアを受信することを指定します。グループ内の最後のプリミティブは、グループ出力になるまで、その出力は、グループ内などに定義された次のプリミティブの入力に接続されます。

Groups with these topologies are shown in the two diagrams below. The group on the left has a parallel topology and that on the right has a serial topology.

これらのトポロジを有する基は、以下の2つの図に示されています。左側のグループは、並列トポロジを有し、右側にシリアルトポロジーを有します。

           /-> P1 --\
          /          \
   G(in) +---> P2 ----> G(out)     G(in) --> P1 --> P2 --> P3 --> G(out)
          \          /
           \-> P3 --/
        

More complex media flows MAY be created by nesting groups of serial and parallel topologies within each other. For example, the diagram below has a group with a serial topology nested within a star topology.

より複雑なメディアフローが互いに内シリアルおよびパラレルトポロジのネスティンググループによって作成されてもよいです。例えば、以下の図は、スタートポロジ内にネストされたシリアルトポロジーを有する基を有します。

               /-----> P1 ------------------------\
              /                                    \
      Gs(in) +-> Gp(in) --> P2 --> P3 --> Gp(out) -+> Gs(out)
        

This combination could be used to create record operation where DTMF was to be clamped from the recording itself, but a DTMF key press is still used to stop the recording. In this case, P1 would be a DTMF recognizer, P2 would be a clamp primitive, and P3 a recorder as shown by the following example. This example omits child elements and attributes not concerned with the core concept. The following section discusses sending events, and the details of each of the primitives are found in section 4.

この組み合わせは、DTMFが記録自体からクランプされることになっていたが、DTMFキーを押しますが、まだ記録を停止するために使用されている記録動作を作成するために使用することができます。次の例で示すように、この場合には、P1は、DTMF認識となり、P2は、レコーダプリミティブクランプ、及びP3であろう。この例では、子要素を省略し、コアコンセプトと心配していない属性。次のセクションでは、イベントの送信について説明し、及びプリミティブのそれぞれの詳細については、セクション4に見出されます。

<group topology="parallel"> <dtmf/> <group topology="serial"> <clamp/> <record/> </group> </group>

<グループトポロジー= "平行"> <DTMF /> <グループトポロジ= "シリアル"> <クランプ/> <記録/> </グループ> </グループ>

A single schema, "fullduplex", is defined for a two-dimensional group. A full-duplex two-dimensional group has exactly two immediate children. Those children may be primitives or other one-dimensional groups. A "fullduplex" group must only be used as the top-most group and must not be nested. Each primitive (P1) and group (G2) becomes half of the full-duplex group as shown in the diagram below.

単一のスキーマは、「全二重」、二次元のグループのために定義されています。全二重二次元のグループはちょうど二つの直接の子を持っています。これらの子供たちは、プリミティブまたは他の1次元の基であってもよいです。 「全二重」グループは最上位グループとして使用する必要があり、入れ子にしてはいけません。以下の図に示すように、各プリミティブ(P1)と群(G2)は、全二重グループの半分になります。

G-A(in1) +-> G2 --> G-B(out1)

G-A(IN1)+ - > G2 - > G-B(OUT1)

G-A(out2) <-- P1 <-+ G-B(in2)

G-A(OUT2)< - P1 < - + G-B(IN2)

Full-duplex groups are symmetrical when both halves are the same. They are asymmetrical when they differ. Asymmetric groups need to have a name associated with each side. The left side is defined as the input of the first child of the full-duplex group combined with the output of the second child. The right side is reverse. These sides were labeled A and B respectively in the preceding diagram.

両半分が同じである場合、全二重グループが対称的です。それらが異なるとき、彼らは非対称です。非対称のグループは、それぞれの側に関連付けられている名前を持っている必要があります。左側は、第二子の出力と組み合わされ、全二重グループの最初の子の入力として定義されます。右側は逆です。これらの側面は、前の図に、それぞれA及びBを標識しました。

An example of a full-duplex group is the user operated gain control mentioned at the beginning of this subsection. The gain should operate on the audio that a user hears, but the gain is controlled by recognizing things such as DTMF or spoken commands in media that the user originates. The following shows the XML tag grouping that would accomplish this and corresponds to the media flow shown in the diagram above. If the user's audio is not required for anything other than control of the gain, then the <relay> is not required and the internal group could be omitted. A complete XML description for this is included in the examples section.

全二重基の例は、この節の冒頭で述べたユーザ操作ゲイン制御です。ゲインは、ユーザが聞くオーディオを操作する必要がありますが、ゲインは、ユーザーが発信するメディアでそのようなDTMFようなものか、話されたコマンドを認識することによって制御されています。以下は、これを達成することになるXMLタグのグループ化を示し、上記の図に示すメディアフローに対応します。利用者の音声はゲインの制御以外に必要とされていない場合は、<リレー>が必要とされず、内部グループを省略することができます。このため、完全なXML記述は、例のセクションに含まれています。

<group topology="fullduplex"> <group topology="parallel"> <dtmf/> <relay/> </group> <gain/> </group>

<グループのトポロジ= "全二重"> <グループトポロジ= "平行"> <DTMF /> <リレー/> </グループ> <ゲイン/> </グループ>

Primitives within a group MUST begin concurrently but MAY finish asynchronously based upon events that they receive or their task completes. A group MUST terminate when all of the primitives within it have completed. If the group contains a <groupexit> element, then the contents of that element MUST be executed as part of group termination.

グループ内のプリミティブは、同時に開始する必要がありますが、非同期的に、彼らが受け取るか、またはそのタスクが完了したイベントに基づいて終了してもよいです。その中のプリミティブのすべてが完了したとき、グループが終了する必要があります。グループは、<groupexit>要素が含まれている場合、その要素の内容は、グループ終了の一部として実行されなければなりません。

A group itself MAY receive a terminate event requesting termination. A terminate event sent to the group causes a terminate event to be sent to each of its currently active primitives. The <groupexit> element is not executed until all primitives have processed their respective terminate events.

グループ自体は終了を要求終了イベントを受け取ることができます。グループに送信された終了イベントが終了イベントが、現在アクティブなプリミティブの各々に送信させます。すべてのプリミティブがそれぞれ終了したイベントを処理してしまうまで、<groupexit>要素は実行されません。

9.8.1. <group>
9.8.1. <グループ>

The <group> element allows the contained primitives to be executed concurrently.

<グループ>要素が含まれているプリミティブが同時に実行されることを可能にします。

Attributes:

属性:

topology: specifies a schema that defines the flow of media within the group. Three schemas are initially defined. "fullduplex" is specified for use with two-dimensional groups. "parallel" and "serial" are for use with one-dimensional groups. The definitions of these topologies are in section 9.8. Mandatory.

トポロジは:グループ内のメディアの流れを定義するスキーマを指定します。三つのスキーマは最初に定義されています。 「全二重」は、2つの次元のグループで使用するために指定されています。 「平行」と「シリアル」は、一次元のグループと一緒に使用するためのものです。これらのトポロジの定義は、セクション9.8です。必須。

id: identifies the name of the group. Mandatory when groups are nested.

ID:グループの名前を識別します。グループが入れ子になっている場合は必須。

Events:

イベント:

terminate: causes a terminate event to be sent to each element contained within the group.

終了:グループ内に含まれる各要素に送信される終了イベントを引き起こします。

9.8.2. <groupexit>
9.8.2. <Groupexit>

The <groupexit> element allows events to be sent when group processing completes. Group processing completes when all contained primitives terminate.

<groupexit>要素は、グループ処理が完了したときにイベントを送信することができます。すべて含まれているプリミティブが終了したときに、グループの処理が完了します。

Attributes:

属性:

none

無し

Events:

イベント:

none

無し

9.9. MSML Dialog Transform Package
9.9. MSMLダイアログは、パッケージを変換します

The MSML Dialog Transform Package gathers together the simple primitives that work as filters on half-duplex media streams.

MSMLダイアログ変換パッケージは、半二重メディアストリーム上のフィルタとして動作し、単純なプリミティブを一緒に収集します。

9.9.1. <vad>
9.9.1. <何>

Voice activity detection (VAD) is used to detect voice and silence when speech recognition is not required. Similar to both speech and DTMF, a VAD has different media conditions that it can match. Those conditions can be qualified by a minimum length of time that is required for them to be considered recognized.

音声アクティビティ検出(VAD)は音声認識が必要とされていない場合、音声と沈黙を検出するために使用されます。両方の音声とDTMFと同様に、VADは、それが一致することができ、異なるメディアの条件があります。これらの条件は、彼らが認識検討するために必要な時間の最小の長さで修飾することができます。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the vad primitive.

ID:VADプリミティブにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

starttimer: boolean value that defines whether the timer is started to allow recognition of the initial condition (voice, silence). When set to false, the starttimer event must be received in order for the initial condition to be recognized. The timer does not affect recognition of the transition conditions. Default is "false".

starttimer:ブール値タイマーが初期状態(音声、沈黙)の認識を可能にするために開始されたかどうかを定義します。 falseに設定すると、starttimerイベントが認識される初期条件のための順序で受信する必要があります。タイマーは、遷移条件の認識に影響を与えません。デフォルトは「false」です。

Events:

イベント:

starttimer: starts the timer to allow recognition of the initial condition if it has not already been started. Has no effect otherwise.

starttimer:それはすでに開始されていない場合は初期状態の認識を可能にするためにタイマーを開始します。それ以外の場合は効果がありません。

terminate: terminates voice activity detection.

終了:音声アクティビティ検出を終了します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

none

無し

The following sections describe the child elements of <vad>.

次のセクションでは、<VAD>の子要素について説明します。

9.9.1.1. <voice>, <silence>, <tvoice>, <tsilence>
9.9.1.1。 <声>、<沈黙の声>、<沈黙>

Each child element corresponds to a condition that a VAD can detect. The first two detect when voice or silence has been initially present for a minimum length of time since the VAD was started. The second two require that a transition to the voice or silence condition first occur.

それぞれの子要素は、VADが検出できる状態に対応しています。 VADを開始してから音声または無音が時間の最小の長さのために最初に存在していたときに最初の二つの検出します。第2は、音声または無音状態への移行が最初に発生することを必要とします。

Attributes:

属性:

len: the length of time the condition must persist in order to be recognized. Mandatory. In the case of <tvoice> and <tsilence>, the length of time applies only to the final recognized condition.

LEN:条件が順番に固執しなければならない時間の長さが認識されます。必須。 <tvoice>と<tsilence>の場合には、時間の長さは、最終的な認識状態に適用されます。

sen: the maximum length of time the condition not being detected may occur without causing the detector to begin measuring that condition.

SEN:条件は、その条件の測定を開始するために検出器を引き起こすことなく発生することが検出されない時間の最大長。

9.9.2. <gain>
9.9.2. <ゲイン>

Gain MAY be used to adjust of the gain of a media stream by a specific amount. Application of <gain> removes any previous connection AGC setting used by the <agc> element.

利得は、特定の量によってメディアストリームの利得を調整するために使用され得ます。 <ゲイン>のアプリケーションは<AGC>要素によって使用される以前の接続AGC設定を削除します。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the gain primitive.

ID:プリミティブ利得にイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

incr: an increment, expressed in dB, that will be used to adjust the gain when "louder" and "softer" events are received. Default is 3 dB.

INCR:「大声」および「軟らかい」イベントを受信したときのゲインを調整するために使用されるdBで表し増加、、。デフォルトは3デシベルです。

amt: a specific gain to apply specified in dB. Mandatory.

AMT:dBで指定された適用するために特定の利得。必須。

Events:

イベント:

mute: self-explanatory.

ミュート:自明。

unmute: self-explanatory.

ミュート解除:自明。

reset: sets the gain to zero dB.

リセット:ゼロデシベルのゲインを設定します。

louder: makes the audio on a stream louder.

大声:ストリーム大声でオーディオになります。

softer: makes the audio on a stream quieter.

柔らかめ:静かストリーム上の音声になります。

amt: sets the gain to the specified value between -96 dB and 96 dB.

AMTは:-96デシベルから96デシベルの間の指定された値にゲインを設定します。

9.9.3. <agc>
9.9.3. <AGC>

Automatic gain control MAY be used to have a media server automatically adjust the gain of a media stream. Application of <agc> removes any previous connection gain setting used by the <gain> element.

自動利得制御は、自動的にメディアストリームのゲインを調整するメディアサーバーを持つように使用されるかもしれません。 <AGC>のアプリケーションは<ゲイン>要素によって使用される任意の以前の接続のゲイン設定を削除します。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the gain primitive.

ID:プリミティブ利得にイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

tgtlvl: the desired target level for AGC, specified in dBm0 with a valid range of -40 to 0. Mandatory.

tgtlvl:-40 0に必須の有効範囲とdBm0でで指定されたAGCのための所望の目標レベル、。

maxgain: an optional attribute used to specify the maximum gain that AGC will apply, specified in dBm0 with a valid range of 0 to 40, with a default of 10.

最大利得:AGCは、10のデフォルトで、0〜40の有効範囲とdBm0でで指定され、適用される最大ゲインを指定するために使用されるオプションの属性。

Events:

イベント:

mute: self-explanatory.

ミュート:自明。

unmute: self-explanatory.

ミュート解除:自明。

9.9.4. <gate>
9.9.4. <ゲート>

The <gate> element is a simple filter that will pass or halt media, regardless of the format of the media stream, based on the events it receives. <gate> shares the same mute and unmute events for compatibility with the gain primitives <gain> and <agc>.

<ゲート>要素は、それが受信するイベントに基づいて、メディア・ストリームの形式に関係なく、通過またはメディアを停止する単純なフィルタです。 <ゲート>は、ゲインプリミティブ<ゲイン>と<AGC>との互換性のために同じミュートおよびミュート解除イベントを共有しています。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the gate primitive.

ID:プリミティブゲートにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

initial: the values "pass" and "halt" define whether media is initially allowed to pass. Default is to pass.

初期:値「パス」と「停止」は、メディアが最初に通過することを許可するかどうかを定義します。デフォルトは通過させることです。

Events:

イベント:

mute: halts media flow through the primitive.

ミュート:プリミティブを介してメディアフローを停止します。

unmute: allows media to pass through the primitive.

ミュート解除:メディアは、プリミティブを通過することができます。

9.9.5. <clamp>
9.9.5. <クランプ>

This element MAY be used to filter DTMF tones from a media stream. Media other than DTMF tones is passed unchanged.

この要素は、メディアストリームからDTMFトーンをフィルタリングするために使用されるかもしれません。 DTMFトーン以外のメディアがそのまま渡されます。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the clamp primitive.

ID:プリミティブクランプにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

Events:

イベント:

none.

無し。

9.9.6. <relay>
9.9.6. <リレー>

This element is a simple primitive that copies its input to its output.

この要素は、その出力にコピーし、その入力という簡単なプリミティブです。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the relay primitive.

ID:プリミティブリレーにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

Events:

イベント:

none.

無し。

9.10. MSML Dialog Speech Package
9.10. MSML対話音声パッケージ

The MSML speech package defines functionality that MAY be used for automatic speech recognition <speech> and extends the <play> primitive defined in the MSML Dialog Base Package to include speech synthesis. As such, this package depends on the MSML Dialog Base Package.

MSML音声パッケージは、自動音声認識<音声>のために使用されるかもしれ機能を定義し、音声合成を含むことMSMLダイアログベースパッケージで定義されたプリミティブ<遊び>に延びています。そのため、このパッケージはMSMLダイアログベースパッケージに依存します。

9.10.1. <speech>
9.10.1. <スピーチ>

The <speech> element activates grammars or user input rules associated with speech recognition. If multiple grammars are specified, all are activated. All active grammars share the same timers, recognition attributes, and <noinput> and <nomatch> elements. Each grammar may have its own <match> element.

<音声>要素は、文法や音声認識に関連するユーザ入力ルールを活性化します。複数の文法が指定されている場合は、すべてが活性化されます。すべてのアクティブな文法は同じタイマー、認識属性、および<NOINPUT>と<NOMATCH>要素を共有しています。それぞれの文法は、独自の<match>要素を有することができます。

<speech> terminates if any of the <grammar>, <noinput>, or <nomatch> elements are matched the maximum number of times that they are allowed. The number of times they may match may be specified as an attribute of <speech> or of the individual child elements.

<文法>のいずれかにおいて、<NOINPUT>、または<NOMATCH>要素は、それらが許可されている最大回数に一致している場合、<音声>は終了します。それらが一致する回数は、<スピーチ>または個々の子要素のの属性として指定することができます。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the speech primitive.

ID:プリミティブ音声にイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

noint: specifies a time period during which speech input must be started; otherwise, the associated <noinput> element is invoked.

NOINT:音声入力が開始されなければならない期間を指定します。そうでない場合は、関連する<NOINPUT>要素が呼び出されます。

norect: specifies a maximum time period during which speech must begin to be matched; otherwise, the associated <nomatch> element is invoked.

norect:音声が一致するために開始する必要があります、その間最大時間を指定します。そうでない場合は、関連する<NOMATCH>要素が呼び出されます。

spcmplt: specifies the length of silence necessary after speech before a result will be finalized in the case where there is a complete match of an active grammar. Following the silence, the appropriate <match> element will be triggered if the result is above the confidence level. Otherwise, a <nomatch> element will be triggered.

spcmplt:結果は、アクティブな文法の完全な一致がある場合に確定される前に、音声後に必要無音の長さを指定します。結果は、信頼性レベルを超えている場合に沈黙した後、適切な<一致>要素がトリガされます。それ以外の場合は、<NOMATCH>要素がトリガされます。

spincmplt: specifies the length of silence necessary after speech before a result will be finalized in the case where there is a incomplete match of all active grammars. Following the silence, the <nomatch> element will be triggered.

spincmplt:結果は、すべてのアクティブな文法の不完全な一致がある場合に確定される前に、音声後に必要無音の長さを指定します。沈黙の後、<NOMATCH>要素がトリガされます。

confidence: the minimum confidence level that the recognizer must have to consider a recognition result as matching a grammar. Expressed as an integer between 1-100.

自信:認識器は文法に一致するとして認識結果を検討するために必要な最低限の信頼レベル。 1-100の間の整数で表されます。

sens: specifies the sensitivity of the recognizer to determine whether speech is present. Lower sensitivity may be required for the recognizer to work well in the presence of high background noise or line echo.

SENS:音声が存在するかどうかを決定するために、認識の感度を指定します。低い感度が高いバックグラウンドノイズまたはラインエコーの存在下でうまく動作するように認識するために必要とされ得ます。

starttimer: boolean value that defines whether the no input (noint) and no recognition (norect) are started initially. When set to false, the starttimer event must be received in order to start them. Default is "false".

starttimer:NO入力(NOINT)と認識なし(norect)が最初に開始されていないかどうかを定義するブール値。 falseに設定すると、starttimerイベントは、それらを開始するために受信しなければなりません。デフォルトは「false」です。

iterate: specifies the number of times the <grammar>, <noinput>, and <nomatch> elements may be executed unless those elements specify differently. The value "forever" may be used to indicate that these may be executed any number of times. Default is once '1'.

反復:<文法>、<NOINPUT>回数を指定し、それらの要素が異なっ指定しない限り、<NOMATCH>要素は、実行することができます。値は「永遠に」これらは何度でも実行することができることを示すために使用することができます。デフォルトは「1」回です。

Events:

イベント:

sens: sets the sensitivity of the recognizer as described above.

SENS:上記のように認識の感度を設定します。

starttimer: starts the no input (noint) and no recognition (norect) timers if they have not already been started. Has no effect otherwise.

starttimer:彼らはすでに開始されていない場合は、noを入力(NOINT)と認識なし(norect)タイマーを開始します。それ以外の場合は効果がありません。

terminate: terminates the speech input and assigns values to the shadow variables.

終了:音声入力を終了し、影の変数に値を代入します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

speech.end: contains the event that caused the <speech> to terminate or is assigned one of "speech.match", "speech.noinput", or "speech.nomatch" depending upon which of the corresponding elements reached its maximum.

speech.end:対応する要素をその最大値に達しているに応じて終了する<音声>原因となったイベントが含まれているか、「speech.match」、「speech.noinput」のいずれかが割り当てられる、または「speech.nomatch」。

speech.results: contains the results of a matched grammar. The results are formatted using the Natural Language Semantics Markup Language (NLSML) [n4]. When this variable is referenced to return results, the results are returned as a separate MIME entity.

speech.resultsは:マッチした文法の結果が含まれています。結果は、自然言語の意味マークアップ言語(NLSML)[N4]を使用してフォーマットされています。この変数は、結果を返すために参照されると、結果は別のMIMEエンティティとして返されます。

The following sections describe the child elements of <speech>.

次のセクションでは、<スピーチ>の子要素について説明します。

9.10.1.1. <grammar>
9.10.1.1。 <文法>

The <grammar> element specifies and activates a speech grammar based on Speech Recognition Grammar Specification (SRGS) [n3] XML notation. Grammars may be referenced by a URI or defined inline. Child elements of <match> MUST be executed when the specified speech grammar is matched.

<文法>要素を指定し、音声認識文法仕様(SRGS)[N3] XML表記に基づく音声文法を活性化します。文法はURIによって参照またはインライン定義されてもよいです。指定された音声文法が一致したとき<一致>の子要素が実行されなければなりません。

Attributes:

属性:

uri: specifies the location of an SRGS grammar when the grammar is not defined inline.

URIは:文法をインラインで定義されていないSRGS文法の位置を特定します。

iterate: specifies the number of times the <grammar> may be matched. The value "forever" MAY be used to indicate that <grammar> may be matched any number of times. This value overrides any specified in <speech>. Default is once '1'.

反復:<文法>は一致させることができる回数を指定します。値は「永遠に」<文法>は、任意の回数を一致させることができることを示すために使用されるかもしれません。この値は、<スピーチ>で指定されたよりも優先されます。デフォルトは「1」回です。

9.10.1.2. <match>
9.10.1.2。 <一致>

<match> is a child of <grammar> and specifies the actions to take when the corresponding grammar is matched.

<試合は> <文法>の子であり、対応する文法が一致したときに実行するアクションを指定します。

9.10.1.3. <noinput>
9.10.1.3。 <NOINPUT>

The <noinput> element is used when speech is being recognized. Children of the <noinput> element MUST be executed when speech has not been detected and the no input timeout (noint) occurs.

音声が認識されているときに、<NOINPUT>要素が使用されています。 <NOINPUT>要素の子は、音声が検出されなかった場合に実行され、無入力タイムアウト(NOINT)が発生しなければなりません。

Attributes:

属性:

iterate: specifies the number of times the <noinput> may be triggered. The value "forever" may be used to indicate that <noinput> may be triggered any number of times. This value overrides any specified in <speech>. Default is once '1'.

反復:<NOINPUT>をトリガすることができる回数を指定します。値は「永遠に」<NOINPUT>何度でもをトリガすることができることを示すために使用することができます。この値は、<スピーチ>で指定されたよりも優先されます。デフォルトは「1」回です。

9.10.1.4. <nomatch>
ya.10.1.4。 <NOMATCH>
      The <nomatch> element is used when speech is being recognized.
      Children of the <nomatch> element MUST be executed when it is
      determined that none of the active grammars will match.
        

Attributes:

属性:

iterate: specifies the maximum number of times the <nomatch> may be triggered. The value "forever" MAY be used to indicate that <nomatch> may be triggered any number of times. This value overrides any specified in <speech>. Default is once '1'.

反復:<NOMATCH>をトリガすることができる最大回数を指定します。値は「永遠に」<NOMATCH>何度でもをトリガすることができることを示すために使用されるかもしれません。この値は、<スピーチ>で指定されたよりも優先されます。デフォルトは「1」回です。

9.10.1.5. <speechexit>
9.10.1.5。 <speechexit>

The <speechexit> element MUST be invoked when the speech input completes because one of <grammar>, <noinput>, or <nomatch> occurred its maximum number of times.

音声入力が完了したときに、<文法>のいずれかが、<NOINPUT>、または<NOMATCH>回の最大数が発生したため、<speechexit>要素が呼び出されなければなりません。

Attributes:

属性:

none

無し

9.10.2. <play>
9.10.2. <遊び>

The <play> element, as defined in the MSML Dialog Base Package, is extended with a new child element for synthesizing speech. From an XML perspective, <tts> is a member of a media substitution group. See the schema at the end of this document for details.

<遊び>要素は、MSMLダイアログベースパッケージで定義されているように、音声を合成するための新しい子要素で拡張されます。 XMLの観点から、<TTS>は、メディアの置換グループのメンバーです。詳細については、この文書の最後にスキーマを参照してください。

The following sections describe the child elements of <play>.

次のセクションでは、<遊び>の子要素について説明します。

9.10.2.1. <tts>
9.10.2.1。 <TTS>

Contents of the <tts> element are rendered using text-to-speech services and must be compliant to the SSML specification [n11]. Element content MAY be plain text, contain the SSML <speak> element, or the uri attribute should identify the location of text to be rendered.

<TTS>要素の内容は、テキストを音声に変換するサービスを使用してレンダリングされ、SSML仕様[N11]に準拠する必要があります。要素の内容は、プレーンテキストであってもよいし、要素を<話す>、またはuri属性がレンダリングされるテキストの位置を特定する必要がありSSMLが含まれています。

Attributes:

属性:

uri: identifies the location of the text to be rendered. The file and http schemes are supported.

URIは:レンダリングされるテキストの位置を特定します。ファイルおよびHTTPスキームがサポートされています。

iterate: specifies the number of times the text-to-speech block is to be rendered. Defaults to once '1'.

反復:テキストを音声に変換するブロックがレンダリングされる回数を指定します。デフォルトでは、一度「1」にします。

xml:lang: specifies the language to use when it is not explicitly specified as an attribute for <speak>.

XML:langは:それは明示的に<話す>の属性として指定されていないときに使用する言語を指定します。

9.11. MSML Dialog Fax Detection Package
9.11. MSMLダイアログファックス検出パッケージ

The Fax Detection Package defines primitives that allow a media server to provide facsimile detection services.

ファックス検出パッケージは、メディアサーバがファクシミリ検出サービスを提供できるようにするプリミティブを定義します。

9.11.1. <faxdetect>
9.11.1. <faxdetect>

Fax tone detection is used to detect the presence of the T.30 Calling Tone (CNG) or Called Station Identification (CED) tone in a media stream. Child elements of <faxdetectexit> MUST be executed when a CNG tone is detected.

ファックストーン検出は、メディア・ストリームにT.30呼び出しトーン(CNG)の存在を検出するために使用されるか、またはステーション識別(CED)トーンと呼ばれています。 CNGトーンが検出されたときに<faxdetectexit>の子要素が実行されなければなりません。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the faxdetect primitive.

ID:プリミティブfaxdetectにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

Events:

イベント:

terminate: terminates fax tone detection and assigns values to the associated shadow variables.

終了:ファックストーンの検出を終了し、関連する影の変数に値を代入します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

faxdetect.tone: A string that specifies the fax tone type detected by the media server. Values supported SHOULD include "CED", "CNG", or empty string. The empty string MUST be used if fax tone detection terminated before detection of a fax tone, resulting in execution of the <faxdetectexit> element.

faxdetect.tone:メディア・サーバによって検出されたファックストーンタイプを指定する文字列。サポートされている値は、「CED」、「CNG」、または空の文字列を含むべきです。ファックストーンの検出が<faxdetectexit>要素の実行結果として、ファックストーンの検出前に終了した場合、空の文字列を使用しなければなりません。

faxdetect.end: A string value that specifies the reason for termination of <faxdetect>. Values supported SHOULD include "faxdetect.complete" (due to detection of CED or CNG tone), "faxdetect.failed.noresource" (failed due to lack of resources on the media server), "faxdetect.failed" (failed due to any other reason) "faxdetect.terminated" (terminated by <dialogend>), or undefined.

faxdetect.end:<faxdetect>の終了の理由を指定する文字列値。 「faxdetect.complete」が含まれるべきでサポートされている値(CED原因やCNGトーンの検出に)、「faxdetect.failed.noresource」(メディアサーバー上のリソース不足のために失敗した)、任意のが原因で失敗した(「faxdetect.failed」その他の理由)(<dialogend>により終了) "faxdetect.terminated"、または未定義。

9.11.2. <faxdetectexit>
9.11.2. <Faxdetectexit>

The <faxdetectexit> element MUST be invoked when fax detection, invoked via <faxdetect>, terminates. Child elements of <faxdetectexit>, <send> and <exit>, allow events to be reported by the media server.

<faxdetect>経由で呼び出されたファックス検出は、終了したときに、<faxdetectexit>要素は呼び出さなければなりません。子<faxdetectexit>、<送る>の要素と<終了>は、イベントがメディアサーバーによって報告されることを可能にします。

Attributes:

属性:

none

無し

9.12. MSML Dialog Fax Send/Receive Package
9.12. MSMLダイアログファックスは、パッケージを送信/受信します
9.12.1. <faxsend>
9.12.1. <faxsend>

The <faxsend> primitive provides the functionality of a calling fax terminal. This typically means sending a set of pages. However, it can also mean requesting the called terminal to send pages instead of, or in addition to, receiving pages. The fax images to send are defined by the <sendobj> elements, described below.

<faxsend>プリミティブは、呼び出し側のファックス端末の機能を提供します。これは通常、ページのセットを送信することを意味します。しかし、それはまた、ページの代わりを送信するために呼び出され、端末を要求、またはページを受け取る、他に意味することができます。送信するファクス画像は、後述する<sendobj>要素によって定義されます。

Requesting the called terminal to send pages happens when the <rxpoll> element is included as part of <faxsend>. This element may be included in addition to, or instead of, the <sendobj> element. One <sendobj> (at a minimum) or <rxpoll> element must be present. When both are present, a media server will first send pages and will then poll the other terminal, requesting pages.

<rxpoll>要素は、<faxsend>の一部として含まれている場合、ページを送信するために呼び出され、端末を要求すると発生します。この要素は、<sendobj>要素に加えて含まれ、又は代わりにしてもよいです。一<sendobj>(最低でも)または<rxpoll>要素が存在しなければなりません。両方が存在する場合は、メディアサーバは、最初のページを送信し、その後、ページを要求し、他の端末をポーリングします。

Because fax is a distinct media type, the <faxsend> primitive is not expected to interact with other primitives. Rather, it will interact using fax protocols with a remote fax terminal (or gateway) and will send requested status events to its invoking environment. During fax operation, shadow variables are used to record the progress and parameters of the varying stages of fax operation.

ファックスは、個別のメディアタイプですので、<faxsend>プリミティブは、他のプリミティブと対話することが期待されていません。むしろ、それは、遠隔ファックス端末(またはゲートウェイ)とファックスプロトコルを使用して相互に作用し、その呼び出し元の環境に要求されたステータスイベントを送信します。ファックス動作中、影の変数がファックス操作の様々な段階の進捗状況やパラメータを記録するために使用されています。

Status events are requested by including one or more status request elements. These elements correspond to different stages or events in fax operation and cause predefined events to be sent to the invoking environment when they occur. Since the only recipient of these events is expected to be a fax control agent, requests are simplified by associating a predefined namelist of shadow variables with each event. This decision may be revisited to allowed tailored namelists based on further implementation experience. Status requests apply both to sending and polling operation.

ステータスイベントは、一つ以上のステータス要求要素を含むことによって要求されています。これらの要素は、ファックス操作に異なるステージやイベントに対応し、それらが発生したときに定義済みイベントが、呼び出し環境に送られます。これらのイベントの唯一の受信者がファックス制御剤であることが予想されるので、要求が各イベントに影変数の事前定義された名前リストを関連付けることによって単純化されます。この決定は、さらに実装経験に基づいて調整名前リストを許可するために再訪することができます。ステータス要求が送信およびポーリング動作の両方に適用されます。

Attributes:

属性:

lclid: the identifier that a media server uses to identify itself.

lclid:メディアサーバーが自身を識別するために使用する識別子。

minspeed: the minimum acceptable speed to negotiate for the operation.

minspeed:最小許容速度は、操作のために交渉します。

maxspeed: the maximum speed to negotiate for the operation. This attribute is primarily for testing purposes.

maxspeed:操作のために交渉する最大速度。この属性は、主にテストの目的です。

ecm: specifies whether Error Correction Mode (ECM) is allowed to be used if supported by the remote terminal. Defaults to "true".

ECM:エラー補正モード(ECM)は、遠隔端末によってサポートされている場合に使用することが許可されるかどうかを指定します。 「真」にデフォルト設定。

Events:

イベント:

terminate: terminates the fax send operation.

終了:ファックス送信操作を終了します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

fax.rmtid: the identifier of the remote fax terminal.

fax.rmtid:リモートファックス端末の識別子。

fax.rate: the negotiated speed for the operation.

fax.rate:操作のために交渉の速度。

fax.resolution: identifies the resolution of the image. Both metric- and inch-based resolutions are defined. Metric-based resolutions are 75x75, 150x150, 204x98, 204x196, 204x391, and 408x391. Inch-based resolutions are 200x200, 300x300, 400x400, and 600x600.

fax.resolution:画像の解像度を識別する。 metric-とインチベースの両方の解像度が定義されています。メトリックベースの解像度は75x75、150×150、204x98、204x196、204x391、408x391としています。インチベースの解像度は200×200、300×300、400x400の、および600×600です。

fax.pagesize: identifies the negotiated page size. Metric sizes are "A3", "A4", "A5", "A6", and "B4". Inch-based page sizes are "Letter" and "Legal".

fax.pagesize:交渉し、ページサイズを識別します。メトリックサイズは "A3"、 "A4"、 "A5"、 "A6"、および "B4" です。インチベースのページ・サイズは、「手紙」と「法律」です。

fax.encoding: identifies the image encoding utilized. Valid values are "MH", "R", "MMR", and "JPEG".

fax.encoding:利用される画像符号化を識別する。有効な値は、 "MH"、 "R"、 "MMR"、および "JPEG" です。

fax.ecm: identifies whether ECM operation was used.

fax.ecm:ECM操作が使用されたかどうかを識別する。

fax.pagebadlines: the number of bad lines in a page.

fax.pagebadlines:ページ内の不正な行数。

fax.objbadlines: the number of bad lines in an object.

fax.objbadlines:オブジェクト内の不良行の数。

fax.opbadlines: the number of bad lines in an operation.

fax.opbadlines:運転中の不良行の数。

fax.objuri: the objuri of the current object.

fax.objuri:現在のオブジェクトのobjuri。

fax.resendcount: the number of pages resent due to errors.

fax.resendcount:ページ数は、エラーによる再送します。

fax.totalpages: the number of pages processed or stored.

fax.totalpages:処理されるか、保存されたページの数。

fax.totalobjects: the count of the objects used in the operation.

fax.totalobjects:操作に使用されるオブジェクトの数。

fax.duration: the duration of the operation expressed as a duration in seconds and milliseconds (e.g., "23s250ms").

fax.duration:操作の継続時間(例えば、「23s250ms」)秒及びミリ秒単位の期間として表しました。

fax.result: contains the reason that caused the fax operation to complete. When the operation completes successfully, the value will be assigned "fax.success". Other values include "fax.partial", "fax.nofax", "fax.remotedisconnect", "fax.uri.access.error", and "fax.invalid.startpage".

fax.result:ファックス操作を完了させた理由が含まれています。操作が正常に完了すると、値が「fax.success」が割り当てられます。他の値は "fax.partial"、 "fax.nofax"、 "fax.remotedisconnect"、 "fax.uri.access.error"、および "fax.invalid.startpage" が含まれます。

The following sections describe the child elements of <faxsend>.

次のセクションでは、<faxsend>の子要素について説明します。

9.12.1.1. <sendobj>
9.12.1.1。 <sendobj>

<sendobj> is used to define a fax transmission. There MAY be multiple instances of the element, which will be transmitted in order.

<sendobj> FAX送信を定義するために使用されます。順序で送信される要素の複数のインスタンスがあるかもしれません。

Attributes:

属性:

objuri: a URI that points to the fax image that will be transmitted. Mandatory.

objuri:URIに送信されますFAXイメージを指します。必須。

startpage: the first page of a multi-page objuri to send.

スタートページ:複数ページのobjuriの最初のページを送信します。

pagecount: page count.

PAGECOUNT:ページ数。

9.12.1.2. <hdrfooter>
9.12.1.2。 <hdrfooter>

<hdrfooter> describes the header/footer that a media server MAY put on pages. The header or footer may be defined as the content of the <format> child element. The <format> element is only allowed if the type attribute has a value of "header" or "footer".

<hdrfooter>は、メディアサーバーがページに置いてもよいヘッダー/フッターを説明しています。ヘッダーまたはフッターは、<フォーマット>子要素の内容として定義することができます。 type属性が「ヘッダ」または「フッタ」の値を有する場合、<フォーマット>要素のみが許可されます。

Attributes:

属性:

type: specifies whether a header or a footer should be put on pages and identifies the source of the header or footer. The following enumerated values may be used:

タイプ:ヘッダやフッタがページに置かれるべきかどうかを指定すると、ヘッダーやフッターのソースを識別する。以下の列挙値を使用することができます。

"header" indicates that the media server should put a header on pages using the contents of the <format> element.

「ヘッダは、」メディアサーバは<フォーマット>要素の内容を使用してページ上のヘッダを置く必要があることを示します。

"nohdr" indicates that there should be no header or footer.

「NOHDRは」は、ヘッダーまたはフッターがあってはならないことを示しています。

"footer" indicates that the media server should put a footer on pages using the contents of the <format> element.

「フッターは、」メディアサーバは<フォーマット>要素の内容を使用してページにフッターを置く必要があることを示します。

style: defines the style of insertion onto a fax page that a media server should use for the header or footer. Valid styles are "append", "overlay", or "replace".

スタイルは:メディアサーバーは、ヘッダーやフッターに使用するファックスのページへの挿入のスタイルを定義します。有効なスタイルは、「追加」「オーバーレイ」、または「置換」されています。

<format> is a child of the <hdrfooter> element that defines the style format to be used for the header or footer. It uses a "C" language style format statement (as shown below) to define the contents and layout of the header or footer.

<フォーマット>は、ヘッダーまたはフッターに使用されるスタイルのフォーマットを定義する<hdrfooter>要素の子です。これは、ヘッダやフッタの内容およびレイアウトを定義するために(以下に示すように)「C」言語スタイル形式のステートメントを使用します。

code length name format %a 3 day of week 3-character abbreviation %d 2 date 01-31 %m 2 month 01-12 %y 2 year 00-99 %Y 4 year 0000-9999 %I 2 12 hour 01-12 %H 2 24 hour 00-23 %M 2 minute 00-59 %S 2 seconds 00-59 %p 2 AM/PM AM or PM %P 2 page number 01-99 %T 2 total pages 01-99 %l 20 local ID (sender) 0-9, + or spaces %r 20 remote ID (rcvr) 0-9, + or spaces %% 1 percent display % in header/ftr

コード長名の形式%週の3日3文字の略語%dの2日01から31パーセントmを2月01〜12%のY 2年間00から99パーセントY 4年0000から9999までパーセントI 2 12時間の1月12日%H 2、24時間00から23パーセントのM 2分00から59パーセントのS 2秒00から59パーセントのP 2 AM / PM AMまたはPM%P 2ページ番号01から99パーセントのT 2総ページ01から99パーセントのL 20ローカルID(送信者)0-9、+またはスペース%のR 20リモートID(RCVR)0-9、+又はスペース%% 1パーセント表示%のヘッダ/ FTR

9.12.1.3. <rxpoll>
9.12.1.3。 <rxpoll>

<rxpoll> provides the information necessary for a receive polling operation to occur. The object(s) to be received are defined by one or more <rcvobj> elements. The <rcvobj> is defined further under the child elements of <faxrcv>. The <rxpoll> element MAY also include a description of the header/footer that a media server SHOULD put on received pages. The <hdrfooter> element and its usage is described above.

<rxpoll>受信ポーリング操作が発生するために必要な情報を提供します。受信するオブジェクト(複数可)は、1つ以上の<rcvobj>要素によって定義されます。 <rcvobj> <faxrcv>の子要素の下にさらに定義されます。 <rxpoll>要素は、メディア・サーバは、受信したページの上に置くべきヘッダー/フッターの記述を含むことができます。 <hdrfooter>要素及びその使用方法は、上述されています。

Attributes:

属性:

rmtid: specifies the identifier of the remote fax terminal that is to be associated with a polling operation. A media server MUST NOT execute a polling operation unless the value of rmtid matches that of the connected remote machine. Mandatory.

rmtidは:ポーリング動作に関連する遠隔ファックス端末の識別子を指定します。 rmtidの値が接続されているリモートマシンのそれと一致しない限り、メディアサーバは、ポーリング動作を実行しないでください。必須。

9.12.1.4. <faxstart>
9.12.1.4。 <faxstart>

The <faxstart> element requests that an event be sent when fax operation has begun. When triggered, the following will be executed:

<faxstart>要素は、ファックス操作が始まったときにイベントを送信することを要求します。トリガされると、以下が実行されます。

<send target="source" event="fax.start"/>

<ターゲットを送っ= "ソース" イベント= "fax.start" />

9.12.1.5. <faxnegotiate>
9.12.1.5。 <faxnegotiate>

The <faxnegotiate> element requests that an event be sent when a negotiation has been completed. Multiple events MAY be sent each time a Digital Command Signal (DCS) frame is sent or received. When triggered, the following will be executed:

<faxnegotiate>要素は、交渉が完了したときにイベントを送信することを要求します。複数のイベントは、デジタル命令信号(DCS)フレームが送信または受信されるたびに送信されるかもしれません。トリガされると、以下が実行されます。

<send target="source" event="fax.negotiate" namelist="fax.rmtid fax.rate fax.resolution fax.pagesize fax.encoding fax.ecm"/>

<送信ターゲット= "ソース" イベント= "fax.negotiate" NAMELIST = "fax.rmtid fax.rate fax.resolution fax.pagesize fax.encoding fax.ecm" />

9.12.1.6. <faxpagedone>
9.12.1.6。 <faxpagedone>

The <faxpagedone> element requests that an event be sent when a page has been sent or received. When triggered, the following will be executed:

<faxpagedone>要素は、ページが送信または受信されたときにイベントを送信することを要求します。トリガされると、以下が実行されます。

<send target="source" event="fax.pagedone" namelist="fax.resolution fax.pagesize fax.encoding fax.pagebadlines fax.resendcount"/>

<ターゲットを送っ= "ソース" イベント= "fax.pagedone" NAMELIST = "fax.resolution fax.pagesize fax.encoding fax.pagebadlines fax.resendcount" />

9.12.1.7. <faxobjectdone>
9.12.1.7。 <faxobjectdone>

The <faxobjectdone> element requests that an event be sent when an objuri has been completed. When triggered, the following will be executed:

<faxobjectdone>要素はobjuriが完了したときにイベントを送信することを要求します。トリガされると、以下が実行されます。

<send target="source" event="fax.objectdone" namelist="fax.objuri fax.objbadlines fax.resendcount fax.totalpages fax.result"/>

<ターゲットを送っ= "ソース" イベント= "fax.objectdone" NAMELIST = "fax.objuri fax.objbadlines fax.resendcount fax.totalpages fax.result" />

9.12.1.8. <faxopcomplete>
9.12.1.8。 <faxopcomplete>

The <faxopcomplete> element requests that an event be sent when an operation has been completed. When triggered, the following will be executed:

<faxopcomplete>要素は、操作が完了したときにイベントを送信することを要求します。トリガされると、以下が実行されます。

<send target="source" event="fax.opcomplete" namelist="fax.totalpages fax.opbadlines fax.resendcount fax.totalobjects fax.duration fax.result"/>

<ターゲットを送っ= "ソース" イベント= "fax.opcomplete" NAMELIST = "fax.totalpages fax.opbadlines fax.resendcount fax.totalobjects fax.duration fax.result" />

9.12.1.9. <faxpollstarted>
9.12.1.9。 <faxpollstarted>

The <faxpollstarted> element requests that an event be sent when a polling operation has started. When triggered, the following will be executed:

ポーリング動作が開始されたときにイベントが送信され、<faxpollstarted>要素を要求。トリガされると、以下が実行されます。

<send target="source" event="fax.opcomplete" namelist="fax.rmtid fax.rate fax.resolution fax.pagesize fax.encoding fax.ecm"/>

<送信ターゲット= "ソース" イベント= "fax.opcomplete" NAMELIST = "fax.rmtid fax.rate fax.resolution fax.pagesize fax.encoding fax.ecm" />

9.12.2. <faxrcv>
9.12.2. <faxrcv>

The <faxrcv> primitive provides the functionality of a called fax terminal. Typically this type of operation is to receive pages. However, it can include sending pages instead of, or in addition to, receiving them. The fax objects to receive are defined by the <rcvobj> elements, described below.

<faxrcv>プリミティブと呼ばれるファックス端末の機能を提供します。通常、この種の動作は、ページを受信することです。しかし、それはページを送信する代わりに、またはそれに加えて、それらを受信することを含むことができます。受信するファックス・オブジェクトは、下記<rcvobj>要素によって定義されます。

A media server SHOULD send pages as a polled terminal when the <txpoll> element is included as part of <faxrcv>. This element may be included in addition to, or instead of, the <rcvobj> element. One <rcvobj> or <txpoll> element must be present. When both are present, a media server SHOULD first receive pages and will then allow the other terminal to poll the media server, requesting pages.

<txpoll>要素は、<faxrcv>の一部として含まれている場合、メディアサーバは、ポーリング端末としてページを送信すべきです。この要素は、<rcvobj>要素に加えて含まれ、又は代わりにしてもよいです。ワン<rcvobj>または<txpoll>要素が存在しなければなりません。両方が存在する場合は、メディアサーバは、最初のページを受けるべき、その後、他の端末がページを要求し、メディアサーバーをポーリングすることができます。

Because fax is a distinct media type, the <faxrcv> primitive is not expected to interact with other primitives. Rather, it will interact using fax protocols with a remote fax terminal and will send requested status events to its invoking environment. During fax operation, shadow variables are used to record the progress and parameters of the varying stages of fax operation.

ファックスは、個別のメディアタイプですので、<faxrcv>プリミティブは、他のプリミティブと対話することが期待されていません。むしろ、それは、遠隔ファックス端末とファックスプロトコルを使用して相互に作用し、その呼び出し元の環境に要求されたステータスイベントを送信します。ファックス動作中、影の変数がファックス操作の様々な段階の進捗状況やパラメータを記録するために使用されています。

Status events are requested by including one or more status request elements. These elements correspond to different stages or events in fax operation and cause predefined events to be sent to the invoking environment when they occur. Since the only recipient of these events is expected to be a fax control agent, requests are simplified by associating a predefined namelist of shadow variables with each event. This decision may be revisited to allowed tailored namelists based on further implementation experience. Status requests apply both to receiving and polling operation.

ステータスイベントは、一つ以上のステータス要求要素を含むことによって要求されています。これらの要素は、ファックス操作に異なるステージやイベントに対応し、それらが発生したときに定義済みイベントが、呼び出し環境に送られます。これらのイベントの唯一の受信者がファックス制御剤であることが予想されるので、要求が各イベントに影変数の事前定義された名前リストを関連付けることによって単純化されます。この決定は、さらに実装経験に基づいて調整名前リストを許可するために再訪することができます。ステータス要求が受信し、ポーリング動作の両方に適用されます。

Attributes:

属性:

id: an optional identifier that may be referenced elsewhere for sending events to the faxrecv primitive.

ID:プリミティブfaxrecvにイベントを送信するために他の場所で参照することができる任意の識別子。

lclid: the identifier that a media server uses to identify itself.

lclid:メディアサーバーが自身を識別するために使用する識別子。

ecm: specifies whether ECM mode is allowed to be used if supported by the remote terminal. Defaults to "true".

ECM:ECMモードは、リモート端末でサポートされている場合に使用することが許可されているかどうかを指定します。 「真」にデフォルト設定。

Events:

イベント:

terminate: terminates the fax reception operation.

終了:ファクス受信動作を終了します。

Shadow Variables:

シャドウ変数:

<faxrcv> supports the same set of shadow variables as <faxsend>

<faxrcv> <faxsend>と影の変数の同じセットをサポートしています

The following sections describe the child elements of <faxrcv>.

次のセクションでは、<faxrcv>の子要素について説明します。

In addition to the elements defined below, <faxrcv> MAY also have the following child elements, which were defined under <faxsend>:

下記に定義された要素に加えて、<faxrcv>も<faxsend>の下に定義された次の子要素を持っていることがあります。

o <hdrfooter> o <faxstart> o <faxnegotiate> o <faxpagedone> o <faxobjectdone> o <faxopcomplete> o <faxpollstarted>

<hdrfooter> O <faxstart> O <faxnegotiate> O <faxpagedone> O <faxobjectdone> O <faxopcomplete> O <faxpollstarted>

Their meaning and usage are the same as previously defined.

以前に定義された通り、その意味と使い方は同じです。

9.12.2.1. <rcvobj>
9.12.2.1。 <Rkvobj>

<rcvobj> is used to define fax objects that a media server will receive. There may be multiple instances of the element, which will be used in order.

<rcvobj>メディア・サーバが受信するファックスのオブジェクトを定義するために使用されます。ために使用される要素の複数のインスタンスがあるかもしれません。

Attributes:

属性:

objuri: a URI that points to the location that a received image is to be stored. Mandatory.

objuri:受信した画像が保存される場所を指すURI。必須。

maxpages: the maximum number of pages that will be stored in objuri.

MAXPAGES:objuriに格納されるページの最大数。

9.12.2.2. <txpoll>
9.12.2.2。 <Txpoll>

<txpoll> provides the information for a polling operation to occur as part of a fax receive operation. An object or multiple objects to be sent may be supplied by one or more <sendobj> elements. In the event of multiple occurrences, a media server MUST select the <sendobj> element whose rmtid attribute matches that of the remote terminal.

<txpoll>ファックスの一部が動作を受けるように発生するポーリング動作のための情報を提供します。送信されるべきオブジェクト又は複数のオブジェクトは、1つ以上の<sendobj>要素によって供給されてもよいです。複数の事由が発生した場合に、メディアサーバは、そのrmtid属性リモート端末のそれと一致する<sendobj>要素を選択する必要があります。

The <sendobj> element was defined previously as a child element of <faxsend>. The <txpoll> element is extended with an rmtid attribute that specifies the identifier of the remote fax terminal and is used to select the specific <sendobj> to send.

<sendobj>要素は、<faxsend>の子要素として以前に定義されました。 <txpoll>要素は、遠隔ファックス端末の識別子を指定して送信するために特定の<sendobj>を選択するために使用されるrmtid属性で拡張されます。

A media server SHOULD put a header/footer on transmitted pages based on any <hdrfooter> element included as part of <txpoll>.

メディアサーバは、任意の<hdrfooter>要素に基づいて送信ページにヘッダー/フッターを置く必要があり、<txpoll>の一部として含まれます。

Attributes:

属性:

rmtid: specifies the identifier of the remote fax terminal that is to be associated with a polling operation. A media server MUST NOT execute a polling operation unless the value of rmtid matches that of the connected remote machine. Mandatory.

rmtidは:ポーリング動作に関連する遠隔ファックス端末の識別子を指定します。 rmtidの値が接続されているリモートマシンのそれと一致しない限り、メディアサーバは、ポーリング動作を実行しないでください。必須。

10. MSML Audit Package
10. MSML監査パッケージ
10.1. MSML Audit Core Package
10.1. MSML監査コアパッケージ

This section describes the MSML Audit Core Package that MAY be implemented to support auditing services.

このセクションでは、監査サービスをサポートするために実装することができるMSML監査コアパッケージについて説明します。

Audit requests and results may vary based on the information being audited. The MSML Audit Core Package specifies the framework to send audit request, defines a state list, and builds audit results. The additional audit packages define package specific state lists and associated audit result content. The additional audit packages MUST be defined within the framework specified by the Audit Core Package.

監査要求と結果が監査された情報に基づいて異なる場合があります。 MSML監査コアパッケージは、監査要求を送信するためのフレームワークを指定する状態のリストを定義し、監査結果を構築します。追加の監査パッケージは、パッケージの特定の状態のリストと関連した監査結果の内容を定義します。追加の監査パッケージは、監査コアパッケージで指定されたフレームワーク内で定義されなければなりません。

10.1.1. <audit>
10.1.1. <監査>

The <audit> element is an optional child element of <msml>, which MAY be used by MSML clients to perform state auditing of current media resources allocated and in use by the media server. The requested state information is returned in an MSML response.

<監査>要素は、割り当てられたメディアサーバによって使用されている現在のメディアリソースの状態の監査を実行するMSMLクライアントによって使用されるかもしれ<MSML>のオプションの子要素です。要求された状態情報はMSML応答で返されます。

Attributes:

属性:

queryid: the identifier of the MSML object being queried by the MSML client. Mandatory. Supported object types: conference or connection. Wildcards are allowed.

QUERYID:MSMLオブジェクトの識別子がMSMLクライアントによって照会されます。必須。サポートされているオブジェクトタイプ:会議または接続。ワイルドカードは許可されています。

statelist: a list of one or more state parameters that are being queried. Optional. If not present, the media server SHOULD return the id of audited object only. Each object type may contain a set of states. If the "statelist" contains any state that does not match the audited object type, the request MUST be rejected.

statelist:照会されている1つのまたは複数の状態パラメータのリスト。オプション。存在しない場合は、メディアサーバーのみが監査されたオブジェクトのIDを返すべきです。各オブジェクト・タイプは、状態の集合が含まれていてもよいです。 「statelistは」監査済みオブジェクトの型と一致しない任意の状態が含まれている場合、要求は拒絶しなければなりません。

mark: in the case of an error, the value of the mark attribute from the last successfully executed element that included the mark attribute.

マーク:エラーが発生した場合には、マークの値は、マークの属性が含まれ、最後に正常に実行要素から属性。

State Parameters:

状態パラメータ:

The state parameter MUST be named using a dot-notation format "audit.X.a.b.c...", where X is the mandatory field that indicates the class name of the object (e.g., "conf" or "conn") and the "a.b.c..." is the optional field used to describe the actual name of the state parameter in a hierarchical manner. The wildcard "*" MAY be used as part of a state name; however, it MUST only be used in the last field of the dot-notation (e.g., "audit.conf.*" is valid, but "audit.conf.*.a" is invalid). When a wildcard is used, it is equivalent to querying all the states below the specified level. Each field (e.g., within "a.b.c...") will result in individual element names <a>, <b>, and <c> in the audit result to contain corresponding state value. The parent/child relationship between these elements follows the hierarchy of the state name (i.e., <c> is child element of <b>, and <b> is child element of <a>).

状態パラメータは、ドット表記形式「audit.Xabc ..」、Xは、オブジェクト(例えば、「CONF」または「connの」)及び「ABCのクラス名を示す必須フィールドで使用して名前を付ける必要があります。 」階層的に状態パラメータの実際の名前を記述するために使用されるオプションのフィールドです。ワイルドカード「*」状態名の一部として使用することができます。しかし、それだけでドット表記の最後のフィールドで使用しなければならない(例えば、「audit.conf。*」有効であるが、「audit.conf。*。」無効です)。ワイルドカードを使用する場合、それは、指定されたレベル以下全ての状態を問い合わせることと等価です。 (内例えば、「A.B.C ...」)各フィールドは、<B>、および<C>の監査結果に対応する状態値を格納するA、個々の要素名をもたらすであろう。これらの要素間の親/子関係は、状態名の階層を以下(すなわち、<C>の子要素である<B>と<B> <A>の子要素です)。

10.1.2. <auditresult>
10.1.2. <AUDITRESULT>

The <auditresult> element is an optional child element of <result>, which MUST be used by the media server to return the audit result. A specific instance of the <auditresult> element contains the state information of a single active object. Therefore, if multiple objects are within the scope of the audit request, then one <auditresult> element per object MUST be present. A zero occurrence of <auditresult> element indicates that there are no active resources within the scope of the audit request.

<AUDITRESULT>要素は、監査結果を返すためにメディアサーバにより使用されなければならない。<結果>のオプションの子要素です。 <AUDITRESULT>要素の特定のインスタンスは、単一のアクティブ・オブジェクトの状態情報を含んでいます。複数のオブジェクトが監査要求の範囲内にある場合したがって、そのオブジェクトごとに<AUDITRESULT>要素が存在しなければなりません。 <AUDITRESULT>要素のゼロ発生がアクティブなリソースが監査要求の範囲内に存在しないことを示しています。

Attributes:

属性:

targetid: the identifier of a conference or connection. Mandatory. Wildcard is not allowed.

TARGETID:会議やコネクションの識別子。必須。ワイルドカードは許可されていません。

The <auditresult> may contain child element(s) that return additional state information, corresponding to the "statelist" attribute in the <audit> request. The child element names correspond to the fields of the state parameter name (e.g., "a.b.c..."), following the same hierarchical structure.

<AUDITRESULT> <監査>要求で「statelist」属性に対応する、追加の状態情報を返す子要素(複数可)を含有していてもよいです。子要素名が同じ階層構造以下、状態パラメータ名(例えば、「A.B.C ...」)のフィールドに対応しています。

10.2. MSML Audit Conference Package
10.2. MSML監査会議パッケージ

This section describes the MSML Audit Conference Package that MUST be implemented to support auditing of conference services. The MSML Audit Conference Package follows the framework specified by the MSML Audit Core Package. This package defines the state parameter list and audit result for conference auditing.

このセクションでは、会議サービスの監査をサポートするために実装しなければならないMSML監査会議パッケージを説明します。 MSML監査会議パッケージはMSML監査コアパッケージで指定されたフレームワークに従います。このパッケージには、会議監査の状態パラメータのリストおよび監査結果を定義します。

10.2.1. State Parameters
10.2.1. 状態パラメータ

All conference state parameter names MUST be prefixed by "audit.conf".

すべての会議状態パラメータ名は「audit.conf」を前置しなければなりません。

confconfig: query the conferences general configuration.

confconfig:会議の一般的な構成を照会。

confconfig.audiomix: query the audio mixer's general configuration in the conference.

confconfig.audiomix:会議にオーディオミキサーの一般的な構成を照会。

confconfig.audiomix.asn: query the current ASN setting in the audio mixer.

confconfig.audiomix.asn:オーディオミキサーでの現在のASNの設定を照会します。

confconfig.audiomix.n-loudest: query the current n-loudest setting in the audio mixer.

confconfig.audiomix.n-最大音量:オーディオミキサーで、現在のn-最大音量の設定を照会します。

confconfig.videolayout: query the video layout's general configuration in the conference.

confconfig.videolayout:会議にビデオレイアウトの一般的な構成を照会。

confconfig.videolayout.root: query the root window setting of the video layout.

confconfig.videolayout.root:ビデオレイアウトのルートウィンドウの設定を照会します。

confconfig.videolayout.selector: query the video stream selector setting of the video layout.

confconfig.videolayout.selector:ビデオレイアウトのビデオストリームセレクタの設定を照会します。

confconfig.controller: query who is the conference controller.

confconfig.controller:会議の管理者であるクエリ。

dialog: query the active dialog information on the conference. See MSML Audit Dialog Package for details.

ダイアログ:会議のアクティブなダイアログ情報を照会。詳細については、MSML監査ダイアログパッケージを参照してください。

stream: query the active stream information on the conference. See MSML Audit Stream Package for details.

ストリーム:会議上でアクティブなストリーム情報を照会します。詳細については、MSML監査ストリームパッケージを参照してください。

10.2.2. <auditresult>
10.2.2. <AUDITRESULT>

The <auditresult> attribute of "targetid" is required to indicate results for auditing a conference.

「TARGETID」の<AUDITRESULT>属性は、会議を監査の結果を示すために必要とされます。

The <auditresult> element may optionally contain the following child elements, returning additional conference state information, if corresponding states are queried and available.

<AUDITRESULT>要素は、必要に応じて対応する状態を照会し、使用可能な場合、追加の会議状態情報を返す、次の子要素を含むことができます。

10.2.2.1. confconfig
10.2.2.1。 confconfig

The <confconfig> element is used to return the general configuration state(s) of a conference, using the following attributes.

<confconfig>要素は以下の属性を使用して、会議の一般的な構成状態(単数または複数)を返すために使用されます。

Attributes:

属性:

deletewhen: as defined by <createconference> element in MSML Conference Core Package.

deletewhen:MSML会議のコアパッケージで、<createconference>要素で定義されています。

term: as defined by <createconference> element in MSML Conference Core Package.

用語:MSML会議のコアパッケージで、<createconference>要素で定義されています。

10.2.2.2. confconfig.audiomix
10.2.2.2。 confconfig.audiomix

The <audiomix> element contains the general audio mixer configuration using the following attributes.

<audiomix>要素は以下の属性を使用して、一般的なオーディオミキサーの設定が含まれています。

Attributes:

属性:

id: as defined by <audiomix> element in MSML Conference Core Package.

ID:MSML会議のコアパッケージで、<audiomix>要素で定義されています。

samplerate: as defined by <audiomix> element in MSML Conference Core Package.

サンプル・レート:MSML会議のコアパッケージで、<audiomix>要素で定義されています。

10.2.2.3. confconfig.audiomix.asn
10.2.2.3。 confconfig.audiomix.asn

The <asn> element contains the current ASN setting of an audio mixer, if ASN is enabled. The state values are included in the following attributes.

ASNが有効になっている場合、<ASN>要素は、オーディオミキサーの現在のASNの設定が含まれています。状態値は、次の属性に含まれています。

Attributes:

属性:

ri: as defined by <asn> element in MSML Conference Core Package.

RI:MSML会議のコアパッケージで、<ASN>要素で定義されています。

asth: as defined by <asn> element in MSML Conference Core Package.

asth:MSML会議のコアパッケージで、<ASN>要素で定義されています。

10.2.2.4. confconfig.audiomix.n-loudest
10.2.2.4。 confconfig.audiomix.n、最大音量

The <n-loudest> element contains the current n-loudest setting of the audio mixer. The state values are included in the following attributes.

<N-最大音量>要素は、オーディオミキサーの現在のN-最大音量設定を含んでいます。状態値は、次の属性に含まれています。

Attributes:

属性:

n: as defined by <n-loudest> element in MSML Conference Core Package.

N:MSML会議コアパッケージ内の<N-最大音量>要素によって定義されます。

10.2.2.5. confconfig.videolayout
10.2.2.5。 confconfig.videolayout

The <videolayout> element contains the general video layout configuration using the following attributes.

<videolayout>要素は以下の属性を使用して、一般的なビデオレイアウトの設定が含まれています。

Attributes:

属性:

id: as defined by <videolayout> in MSML Conference Core Package.

ID:MSML会議コアパッケージに<videolayout>で定義されています。

type: as defined by <videolayout> in MSML Conference Core Package.

タイプ:MSML会議コアパッケージに<videolayout>で定義されています。

10.2.2.6. confconfig.videolayout.root
10.2.2.6。 confconfig.videolayout.root

The <root> element is used to contain root window settings.

<ルート>要素は、ルートウィンドウの設定を格納するために使用されます。

Attributes:

属性:

size: as defined by <root> element in MSML Conference Core Package.

サイズ:MSML会議のコアパッケージで、<ルート>要素で定義されています。

backgroundcolor: as defined by <root> element in MSML Conference Core Package.

背景色:MSML会議のコアパッケージで、<ルート>要素で定義されています。

Backgroundimage: as defined by <root> element in MSML Conference Core Package.

背景画像:MSML会議のコアパッケージで、<ルート>要素で定義されています。

10.2.2.7. confconfig.videolayout.selector
10.2.2.7。 confconfig.videolayout.selector

The <selector> element is used to contain selector settings.

<セレクタ>要素は、セレクタの設定を含むために使用されます。

Attributes:

属性:

id: as defined by <selector> element in MSML Conference Core Package.

ID:MSML会議コアパッケージ内の<セレクタ>要素によって定義されます。

method: as defined by <selector> element in MSML Conference Core Package.

方法:MSML会議コアパッケージ内の<セレクタ>要素によって定義されます。

status: as defined by <selector> element in MSML Conference Core Package.

ステータス:MSML会議のコアパッケージで、<セレクタ>要素で定義されています。

blankothers: as defined by <selector> element in MSML Conference Core Package.

blankothers:MSML会議のコアパッケージで、<セレクタ>要素で定義されています。

si: as defined by <selector> element in MSML Conference Core Package when selector method is "vas".

SI:選択方法が「VAS」である場合のようMSML会議コアパッケージ内の<セレクタ>要素によって定義されます。

speakersees: as defined by <selector> element in MSML Conference Core Package when selector method is "vas".

speakersees:選択方法が「VAS」である場合MSML会議コアパッケージ内の<セレクタ>要素によって定義されます。

10.2.2.8. confconfig.controller
10.2.2.8。 confconfig.controller

The <controller> element is used to return the conference controller id in its content. The conference controller is the SIP dialog that carries the <createconference> request. The return value is the MSML connection id.

<コントローラ>要素は、そのコンテンツに会議コントローラIDを返すために使用されます。会議の管理者は、<createconference>要求を運ぶSIPダイアログです。戻り値はMSML接続IDです。

10.2.2.9. dialog
10.2.2.9。ダイアログ

If conference dialog state is queried, the audit result is returned using the <dialog> element as specified in the MSML Audit Dialog Package.

会議ダイアログ状態が照会されている場合は、監査結果は監査MSMLダイアログパッケージに指定されている<ダイアログ>要素を使用して返されます。

10.2.2.10. stream
10.2.2.10。ストリーム

If conference stream state is queried, the audit result is returned using the <stream> element as specified in the MSML Audit Stream Package.

会議ストリームの状態が照会されている場合は、監査結果は監査MSMLストリームパッケージに指定されている<ストリーム>要素を使用して返されます。

10.3. MSML Audit Connection Package
10.3. MSML監査接続パッケージ

This section describes the MSML Audit Connection Package that MAY be implemented to support auditing connection services. The MSML Audit Connection Package follows the framework specified by the MSML Audit Core Package. This package defines the state parameter list and audit result for connection auditing.

このセクションでは、監査の接続サービスをサポートするために実装することができるMSML監査接続パッケージを説明します。 MSML監査接続パッケージはMSML監査コアパッケージで指定されたフレームワークに従います。このパッケージは、接続監査の状態パラメータリストおよび監査結果を定義します。

10.3.1. State Parameters
10.3.1. 状態パラメータ

Connection state parameter names are prefixed by "audit.conn".

接続状態パラメータ名は「audit.conn」で始まります。

sipdialog: queries the identifier of the SIP dialog with which the connection is associated.

sipdialog:接続が関連付けられているSIPダイアログの識別子を照会します。

sipdialog.localseq: queries one of the SIP dialog states - local sequence number.

sipdialog.localseq: - ローカルシーケンス番号SIPダイアログの状態のいずれか照会します。

sipdialog.remoteseq: queries one of the SIP dialog states - remote sequence number.

sipdialog.remoteseq: - リモートシーケンス番号SIPダイアログの状態のいずれか照会します。

sipdialog.localURI: queries one of the SIP dialog states - local URI.

sipdialog.localURIは: - ローカルURI SIPダイアログの状態のいずれかを照会します。

sipdialog.remoteURI: queries one of the SIP dialog states - remote URI.

sipdialog.remoteURIは: - リモートURI SIPダイアログの状態のいずれかを照会します。

sipdialog.remotetarget: queries one of the SIP dialog states - remote target.

sipdialog.remotetarget: - リモートターゲットSIPダイアログの状態のいずれか照会します。

sipdialog.routeset: queries one of the SIP dialog states - route set.

sipdialog.routeset: - ルートセットSIPダイアログの状態のいずれか照会します。

localsdp: queries the local SDP body of the connection.

localsdp:接続のローカルSDP本体を照会します。

remotesdp: queries the remote SDP body of the connection.

remotesdp:接続のリモートSDP本体を照会します。

dialog: queries the active dialog information on the connection. See MSML Audit Dialog Package for details.

ダイアログ:接続のアクティブなダイアログ情報を照会します。詳細については、MSML監査ダイアログパッケージを参照してください。

stream: queries the active stream information on the connection. See MSML Audit Stream Package for details.

ストリーム:接続上のアクティブなストリーム情報を照会します。詳細については、MSML監査ストリームパッケージを参照してください。

10.3.2. <auditresult>
10.3.2. <AUDITRESULT>

The <auditresult> attribute "targetid" MUST specify a connection identifier for a connection result.

<AUDITRESULT>属性「TARGETIDは、」接続結果のための接続識別子を指定する必要があります。

The <auditresult> element MAY contain the following child elements optionally to return additional connection state information if the corresponding states are queried and are available.

<AUDITRESULT>要素は、対応する状態が照会してご利用いただけますされている場合、追加の接続状態情報を返すために、必要に応じて、次の子要素を含んでいてもよいです。

10.3.2.1. sipdialog
10.3.2.1。 sipdialog

The <sipdialog> element contains the associated SIP dialog information. The SIP dialog ID information is returned using the following attributes.

<sipdialog>要素は、関連付けられたSIPダイアログ情報が含まれています。 SIPダイアログID情報は、次の属性を使用して返されます。

Attributes:

属性:

callid: call-ID value as defined in [n1]. Mandatory.

callid:[N1]で定義されるようにコールID値。必須。

localtag: local-tag value as defined in [n1]. Mandatory.

localtag:[N1]で定義されるようlocaltag値。必須。

remotetag: remote-tag value as defined in [n1]. Mandatory.

remotetag:[N1]で定義されるようremotetag値。必須。

This element can contain the following child elements optionally to return additional SIP dialog state information to the client if the corresponding states are queried and available.

この要素は、対応する状態が照会し、使用可能な場合、クライアントに追加のSIPダイアログ状態情報を返すために、必要に応じて次の子要素を含めることができます。

10.3.2.2. sipdialog.localseq
10.3.2.2。 sipdialog.localseq

The <localseq> element contains the local sequence number. The local sequence number is one of the SIP dialog states as defined in [n1].

<localseq>要素は、ローカルシーケンス番号が含まれています。ローカルシーケンス番号は[N1]で定義されるようにSIPダイアログの状態のいずれかです。

10.3.2.3. sipdialog.remoteseq
10.3.2.3。 sipdialog.remoteseq

The <remoteseq> element contains the remote sequence number. The remote sequence number is one of the SIP dialog states as defined in [n1].

<remoteseq>要素は、リモートシーケンス番号が含まれています。リモートシーケンス番号は[N1]で定義されるようにSIPダイアログの状態のいずれかです。

10.3.2.4. sipdialog.localuri
10.3.2.4。 sipdialog.localuri

The <localuri> element contains the local URI value. The local URI is one of the SIP dialog states as defined in [n1].

<localuri>要素は、ローカルURI値が含まれています。ローカルURIは、[N1]で定義されるようにSIPダイアログの状態のいずれかです。

10.3.2.5. sipdialog.remoteuri
10.3.2.5。 sipdialog.remoteuri

The <remoteuri> element contains the remote URI value. The remote URI is one of the SIP dialog states as defined in [n1].

<remoteuri>要素は、リモートURI値が含まれています。リモートURIは、[N1]で定義されるようにSIPダイアログの状態のいずれかです。

10.3.2.6. sipdialog.remotetarget
10.3.2.6。 sipdialog.remotetarget

The <remotetarget> element contains the remote target value. The remote target is one of the SIP dialog states as defined in [n1].

<remotetarget>要素は、リモートターゲット値が含まれています。リモートターゲットは、[N1]で定義されるようにSIPダイアログの状態のいずれかです。

10.3.2.7. sipdialog.routeset
10.3.2.7。 sipdialog.routeset

The <routeset> element contains the route-set value (an ordered list of URIs separated by comma). The route set is one of the SIP dialog states as defined in [n1].

<routeset>要素はrouteset値(カンマで区切られたURIの順序付けられたリスト)を含みます。 [N1]で定義されるようにルートセットは、SIPダイアログの状態のいずれかです。

10.3.2.8. localsdp
10.3.2.8。 localsdp

The <localsdp> element contains the local SDP body.

<localsdp>要素は、ローカルSDP本体が含まれています。

10.3.2.9. remotesdp
10.3.2.9。 remotesdp

The <remotesdp> element contains the remote SDP body.

<remotesdp>要素は、リモートSDP本体が含まれています。

10.3.2.10. dialog
10.3.2.10。ダイアログ

If the connection dialog state is queried, the audit result returns the queried information using the <dialog> element, as specified in the MSML Audit Dialog Package.

接続ダイアログ状態が照会される場合MSML監査ダイアログパッケージで指定されるように、監査結果は、<ダイアログ>要素を使用して照会情報を返します。

10.3.2.11. stream
10.3.2.11。ストリーム

If the connection stream state is queried, the audit result returns the queried information using the <stream> element, as specified in the MSML Audit Stream Package.

接続流状態が照会される場合MSML監査ストリームパッケージで指定されるように、監査結果は、<ストリーム>要素を使用して照会情報を返します。

10.4. MSML Audit Dialog Package
10.4. MSML監査ダイアログパッケージ

This section describes the MSML Audit Dialog Package that MAY be implemented to support auditing dialogs. The MSML Audit Dialog Package follows the framework specified by the MSML Audit Core Package.

このセクションでは、監査のダイアログをサポートするために実装することができるMSML監査ダイアログパッケージを説明します。 MSML監査ダイアログパッケージはMSML監査コアパッケージで指定されたフレームワークに従います。

The MSML Audit Dialog Package must be used together with either the MSML Audit Conference Package or MSML Audit Connection Package, since the dialogs are applicable to conferences or connections.

ダイアログが会議や接続に適用されているので、MSML監査ダイアログパッケージは、MSML監査会議パッケージまたはMSML監査接続パッケージのいずれかと一緒に使用する必要があります。

10.4.1. State Parameters
10.4.1. 状態パラメータ

Dialog state parameter names are prefixed by "dialog". Since this package must be used together with the MSML Audit Conference Package or MSML Audit Connection Package, the complete dialog state name must be prefixed by "audit.conf.dialog" or "audit.conn.dialog", depending on the context within which the dialog state is queried.

ダイアログの状態パラメータ名は「ダイアログ」で始まります。このパッケージはMSML監査会議パッケージまたはMSML監査接続パッケージと一緒に使用しなければならないので、完全な対話状態名は内コンテキストに応じて、「audit.conf.dialog」または「audit.conn.dialog」で始まるしなければなりません対話状態が照会されます。

dialog: queries the number of active dialog(s) running on the target (a conference or connection); basic dialog information will be returned.

ダイアログ:ターゲット(会議または接続)上で実行されているアクティブなダイアログ(S)の数を問い合わせます。基本的なダイアログ情報が返されます。

dialog.duration: queries the amount of time a dialog has been running.

dialog.durationは:ダイアログが実行されている時間の量を照会します。

dialog.primitive: queries the media primitive currently being executed by the dialog.

dialog.primitive:現在のダイアログで実行されている原始的なメディアを照会します。

dialog.controller: queries the dialog controller.

dialog.controllerは:ダイアログ・コントローラを照会します。

10.4.2. <dialog>
10.4.2. <ダイアログ>

The <dialog> element is a child element of <auditresult>, which contains the active dialog information on the target identified by the attribute "targetid" of the <audioresult> element.

<ダイアログ>要素は、<audioresult>要素の属性「TARGETID」によって識別されるターゲット上のアクティブなダイアログ情報が含まれている<AUDITRESULT>の子要素です。

Basic dialog information is returned using the following attributes.

基本的なダイアログ情報は、次の属性を使用して返されます。

Attributes:

属性:

src: as defined by the <dialogstart> element in the MSML Dialog Core Package.

SRC:MSMLダイアログコアパッケージで、<dialogstart>要素で定義されています。

type: as defined by the <dialogstart> element in the MSML Dialog Core Package. Mandatory.

タイプ:MSMLダイアログコアパッケージ内の<dialogstart>要素によって定義されます。必須。

name: as defined by the <dialogstart> element in the MSML Dialog Core Package. Mandatory.

名前:MSMLダイアログコアパッケージで、<dialogstart>要素で定義されています。必須。

This element may contain the following child elements optionally to return additional dialog information if the corresponding state parameter has been queried and the state value is available.

この要素は、対応する状態パラメータが照会されており、状態値が利用可能な場合は、追加のダイアログ情報を返すために、必要に応じて、次の子要素を含んでいてもよいです。

10.4.2.1. <duration>
10.4.2.1。 <期間>

The <duration> element returns the duration that a dialog has been running on the specified target. The duration value is included in the element content. It is a positive integer value (in unit of seconds).

<期間>要素は、ダイアログは、指定されたターゲット上で実行されている期間を返します。期間値は、要素コンテンツに含まれています。これは、(秒単位で)正の整数値です。

10.4.2.2. <primitive>
10.4.2.2。 <プリミティブ>

The <primitive> element returns the currently active media primitive in its content. The active media primitive is the primitive that is currently being executed. Possible return values are play, dtmf, collect, dtmfgen, tonegen, record, or none.

<プリミティブ>要素は、その内容のプリミティブ現在アクティブなメディアを返します。プリミティブアクティブメディアは、現在実行されているという原始的です。可能な戻り値は遊び、DTMF、収集、dtmfgen、tonegen、レコード、またはnoneです。

10.4.2.3. <controller>
10.4.2.3。 <コントローラ>

The <controller> element returns the dialog controller id in its content. The dialog controller is the SIP dialog that carries the <dialogstart> request. The returned value is the MSML connection id.

<コントローラ>要素は、その内容のダイアログコントローラIDを返します。ダイアログコントローラは<dialogstart>要求を搬送するSIPダイアログです。返される値はMSML接続IDです。

10.5. MSML Audit Stream Package
10.5. MSML監査ストリームパッケージ

This section describes the MSML Audit Stream Package that MAY be implemented to support auditing stream. The MSML Audit Stream Package follows the framework specified by the MSML Audit Core Package.

このセクションでは、監査ストリームをサポートするために実装することができるMSML監査ストリームパッケージを説明します。 MSML監査ストリームパッケージはMSML監査コアパッケージで指定されたフレームワークに従います。

The MSML Audit Stream Package MUST be used together with either the MSML Audit Conference Package or the MSML Audit Connection Package, since the stream is applicable between conferences, between connections, or between conferences and connections.

ストリームは接続の間、または会議や接続の間、会議の間に適用することができるので、MSML監査ストリームパッケージは、MSML監査会議パッケージまたはMSML監査接続パッケージのいずれかと一緒に使用されなければなりません。

10.5.1. State Parameters
10.5.1. 状態パラメータ

Stream state parameter names are prefixed by "stream". Since this package must be used together with the MSML Audit Conference Package or MSML Audit Connection Package, the complete stream state name must be prefixed by "audit.conf.stream" or "audit.conn.stream", depending on the context within which the stream state is queried.

ストリーム状態パラメータ名は「ストリーム」で始まります。このパッケージはMSML監査会議パッケージまたはMSML監査接続パッケージと一緒に使用しなければならないので、完全なストリームの状態名は、内のコンテキストに応じて、「audit.conf.stream」または「audit.conn.stream」で始まるしなければなりませんストリームの状態が照会されます。

stream: queries the number of active streams created on the audited object; basic stream information will be returned.

ストリーム:監査されたオブジェクト上に作成し、アクティブストリームの数を照会します。基本ストリーム情報が返されます。

stream.clamp: queries the clamping status.

stream.clamp:クランプ状態を照会します。

stream.gain: queries the gain control information.

stream.gain:ゲイン制御情報を照会します。

stream.visual: queries the visual setting.

stream.visual:視覚的な設定を問い合わせます。

10.5.2. <stream>
10.5.2. <ストリーム>

The <stream> element is a child element of <auditresult> and contains the active stream information on the target identified by the attribute "targetid" of the <audioresult> element.

<ストリーム>要素は、<AUDITRESULT>の子要素であり、<audioresult>要素の属性「TARGETID」によって識別されるターゲット上のアクティブなストリーム情報が含まれています。

Basic stream information is returned using the following attributes.

基本ストリーム情報は、次の属性を使用して返されます。

Attributes:

属性:

joinwith: an identifier of either a connection or a conference with which the audited object is joined. Mandatory. Wildcard is not allowed.

joinwith:接続または監査対象オブジェクトが参加している会議のいずれかの識別子。必須。ワイルドカードは許可されていません。

media: as defined by the <stream> element in the MSML Conference Core Package. Mandatory.

メディア:MSML会議のコアパッケージで、<ストリーム>要素で定義されています。必須。

dir: direction of stream, from audited target perspective, "from" or "to". Mandatory.

DIR:監査されたターゲットの観点から、「から」または「へ」の流れの方向、。必須。

compressed: as defined by the <stream> element in the MSML Conference Core Package.

圧縮:MSML会議のコアパッケージで、<ストリーム>要素で定義されています。

display: as defined by the <stream> element in the MSML Conference Core Package.

表示:MSML会議のコアパッケージで、<ストリーム>要素で定義されています。

override: as defined by the <stream> element in the MSML Conference Core Package.

上書き:MSML会議のコアパッケージで、<ストリーム>要素で定義されています。

preferred: as defined by the <stream> element in the MSML Conference Core Package.

好ましい:MSML会議コアパッケージ内の<ストリーム>要素によって定義されます。

This element MAY contain the following child elements that optionally return additional stream information, if the corresponding state parameter is queried and the state value is available.

対応する状態パラメータが照会されている場合、この要素は、必要に応じて追加のストリーム情報を返す次の子要素を含んでいてもよく、状態値が利用可能です。

10.5.2.1. <clamp>
10.5.2.1。 <クランプ>

The <clamp> element is included if stream clamping is active. The currently active clamping state values are returned using the attributes as defined by the <clamp> element in the MSML Conference Core Package.

ストリームクランプがアクティブである場合、<クランプ>要素が含まれています。 MSML会議コアパッケージ内の<クランプ>要素によって定義されるように、現在アクティブクランプ状態値は、属性を使用して戻されます。

10.5.2.2. <gain>
10.5.2.2。 <ゲイン>

The <gain> element is included if stream gain is active. The current gain control state values are returned using the attributes as defined by the <gain> element in the MSML Conference Core Package.

ストリームゲインがアクティブである場合、<ゲイン>要素が含まれています。 MSML会議コアパッケージ内の<ゲイン>要素によって定義される現在の利得制御状態値は、属性を使用して戻されます。

10.5.2.3. <visual>
10.5.2.3。 <視覚的な>

The <visual> element is included if stream visual display is active. The current visual display settings are returned using the attributes as defined by the <visual> element in the MSML Conference Core Package.

ストリームビジュアルディスプレイがアクティブである場合、<ビジュアル>要素が含まれています。現在の視覚表示の設定がMSML会議のコアパッケージで、<視覚的な>要素で定義された属性を使用して返されます。

11. Response Codes
11.レスポンスコード

Response codes are used to indicate reasons for failures as well as completion status. The appropriate code and description must be passed to the invoking environment on failure.

レスポンスコードは失敗の理由だけでなく、完了状態を示すために使用されています。適切なコードと説明が失敗した場合に呼び出し元の環境に渡す必要があります。

The response codes defined in this section are returned as the value of the response attribute to the <result> element. Some values may also be returned as part of a namelist to an "msml.dialog.exit" event generated when an executing MSML dialog fails.

このセクションで定義された応答コードは、<結果>要素に対応属性の値として返されます。いくつかの値も実行MSMLダイアログが失敗したときに生成された「msml.dialog.exit」イベントに名前リストの一部として返されることがあります。

Informational (1xx)

情報(1XX)

Reserved for future use

将来の使用のために予約済み

Success (200)

成功(200)

200 OK

200 OK

Request Error (4xx)

リクエストエラー(4xxの)

400 Bad Request 401 Unknown Element 402 Unsupported Element 403 Missing mandatory element content 404 Forbidden element content 405 Invalid element content 406 Unknown attribute 407 Attribute not supported 408 Missing mandatory attribute 409 Forbidden attribute is present

必須の元素の含有量404禁止要素コンテンツ405無効な要素のコンテンツ406不明な属性407を欠落400不正な要求401不明素子402サポートされていない素子403は、必須属性409禁止属性が存在する欠落408をサポートしていない属性

410 Invalid attribute value

410無効な属性値

420 Unsupported media description language 421 Unknown media description language 422 Ambiguous request (both URI and inline description) 423 External document fetch error 424 Syntax error in foreign language 425 Semantic error in foreign language 426 Unknown error executing foreign language

420のサポートされていないメディア記述言語421不明メディア記述言語422あいまいな要求(URIとインライン説明の両方)が423外部文書が外国語を実行する外国語426不明なエラーで外国語425セマンティックエラーにエラー424構文エラーをフェッチ

430 Object does not exist 431 Object instance name already used 432 Conference name already in use 433 reserved 434 External document fetch error

431 Objectインスタンス名を存在しない430オブジェクトがすでに434外部の文書がエラーをフェッチ予約すでに使用433で432の会議名を使用しました

440 Cannot join objects of the specified class 441 Objects have incompatible media types 442 reserved 443 reserved 444 Number of media inputs exceeded

440は、441のオブジェクトは、442が443を超えたメディア入力の444番号を予約して予約し、互換性のないメディアタイプを持つ指定されたクラスのオブジェクトを結合することはできません

450 Objects have incompatible media formats 451 Incompatible media stream format

450のオブジェクトは、互換性のないメディアフォーマットを持っている451の互換性のないメディア・ストリーム形式

Server Error (5xx)

サーバーエラー(5xxの)

500 Internal media server error 503 Service Unavailable 510 Not in service 511 Service Unavailable 520 No resource to fulfill request 521 Internal limit exceeded

500の内部メディアサービス511でサーバーエラー503サービスを使用できません510ないサービスを使用できません520超え要求521内部制限を満たすためにはありませんリソース

12. MSML Conference Examples
12. MSML会議の例

These examples focus on the MSML Conference Core Package used by a control agent (CA) to control services on a media server (MS). They show the relationship between SIP signaling to establish media sessions and MSML service control commands. For brevity, only the content of MSML messages is shown. The examples assumes that the CA and MS use the IPv4 address and UDP port number of the audio stream (on the MS) to identify the MSML connection.

これらの例は、メディアサーバ(MS)上のサービスを制御するための制御剤(CA)によって使用されるMSML会議コアパッケージに焦点を当てます。彼らは、SIPとの間の関係は、メディアセッションとMSMLサービス制御コマンドを確立するためのシグナリングを示しています。簡潔にするために、MSMLメッセージのコンテンツのみが示されています。例は、CA及びMSはMSML接続を識別するために、IPv4アドレス及び(MSに)オーディオストリームのUDPポート番号を使用することを想定しています。

12.1. Establishing a Dial-In Conference
12.1. ダイヤルイン会議の確立
      UA                   Control Agent             Media Server
      |                         |                           |
      |                         |        INVITE F1          |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |           200 F2          |
      |                         |<--------------------------|
      |                         |           ACK F3          |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |                           |
      |                         |     createconference> F4  |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |           200 F5          |
      |                         |<--------------------------|
      |    INVITE (SDP UA) F6   |                           |
      |------------------------>|                           |
      |                         |      INVITE (SDP UA) F7   |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |        200 (SDP MS) F8    |
      |                         |<--------------------------|
      |                         |           ACK F9          |
      |                         |-------------------------->|
      |     200 (SDP MS) F10    |                           |
      |<------------------------|                           |
      |        ACK F11          |                           |
        
      |------------------------>|                           |
      |                         |     <dialogstart> F12     |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |           200 F13         |
      |                         |<--------------------------|
      |                         |    HTTP interactions F14  |
      |                         |<------------------------->|
      |                         |  <event>(dialog.exit) F15 |
      |                         |<--------------------------|
      |                         |         <join> F16        |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |           200 F17         |
      |                         |<--------------------------|
      |         ...             |            ...            |
      |                         |                           |
      |                         |     <dialogstart> F18     |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |           200 F19         |
      |                         |-------------------------->|
      |                         |    HTTP interactions F20  |
      |                         |<--------------------------|
      |                         |  <event>(dialog.exit) F21 |
      |                         |-------------------------->|
      |         ...             |            ...            |
      |                         |                           |
        

Steps 1-3: establish an MSML control channel for the conference. Alternatively, a control channel could already have been established that was used for all CA/MS interactions. A control channel per conference is only one possible model. Currently, MSML uses SIP INFO requests and responses on this SIP dialog. There is a proposal to use this message exchange to establish a TCP channel for MSML similar to the approach used for the Media Resource Control Protocol v2 (MRCPv2). This approach would require that a request identifier be added to the <msml> element to correlate requests and responses. This currently relies on the SIP INFO request and response for this property. MSML messages are shown without specifying the transport in this example, but it assumes a request/response correlation based on transport messages.

1-3手順:会議のMSML制御チャネルを確立します。代替的に、制御チャネルは、既にすべてのCA / MS相互作用のために使用したことが確立されたかもしれません。会議ごとの制御チャネルは、唯一の可能なモデルです。現在、MSMLは、このSIPダイアログのSIP INFO要求と応答を使用しています。メディアリソース制御プロトコルV2(MRCPv2)のために使用されるアプローチに似MSMLのためのTCPチャネルを確立するために、このメッセージ交換を使用するための提案があります。このアプローチは、要求識別子は、要求と応答を相関させるために、<MSML>要素に追加されることを必要とするであろう。これは、現在このプロパティのSIP INFO要求と応答に依存しています。 MSMLメッセージは、この例では、トランスポートを指定せずに示されているが、それはトランスポートメッセージに基づいて、要求/応答の相関をとります。

Step 4: create a conference that will mix the loudest two speakers and report those speakers to the control agent every 10 seconds. The media server will automatically terminate remaining media sessions and delete the conference and associated resources and when the control channel is terminated.

ステップ4:声高2つのスピーカーをミックスし、10秒ごとに制御剤にそれらのスピーカーを報告します会議を作成。制御チャネルが終了したとき、メディアサーバは自動的に残りのメディアセッションを終了し、会議および関連するリソースを削除します。

<msml version="1.1"> <createconference name="exampleConf" deletewhen="nocontrol"> <audiomix> <n-loudest n="3"/> <asn ri="10s"/> </audiomix> </createconference> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <createconference名= "exampleConf" deletewhen = "NOCONTROL"> <audiomix> <N-最大音量N = "3" /> <ASN RI = "10S" /> </ audiomix> </ createconference> </ MSML>

Step 5: conference created successfully

ステップ5:会議が正常に作成

<msml version="1.1"> <result response="200"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200" /> </ MSML>

Steps 6-11: standard 3PCC establishment of a user-initiated media session to a media server. This is the equivalent of a dial-in conference participant. The "To:" header returned by the MS in the 200 response of Step F8 was:

メディアサーバーにユーザーが開始メディアセッションの標準3PCC確立:6-11の手順。これは、ダイヤルイン会議参加者と同等です。 「:を」ステップF8の200応答にMSによって返されたヘッダがありました。

To: <sip:msml@ms.example.com>;tag=jd87dfg4h

<一口:msml@ms.example.com>;タグ= jd87dfg4hへ

Step 12: request an initial dialog with the participant to prompt for their name, desired conference, etc. The dialog completes by informing the participant that they are joining the conference. If this was not the first participant, the dialog could also announce the other participants.

ステップ12:ダイアログは、彼らが会議に参加している参加者に通知することで完了し、その名前、目的の会議などの入力を求めるように参加者との最初のダイアログを要求します。これが最初の参加者でなかった場合、ダイアログには、他の参加者を発表することができます。

<msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:jd87dfg4h" name="12345" type="application/vxml+xml" src="http://server.example.com/scripts/initial.vxml"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:jd87dfg4h" 名前= "12345" タイプ= "アプリケーション/ VXML + xmlの" SRC = "http://server.example.com/scripts/initial.vxml" /> </ MSML>

Step 13: dialog started successfully. The dialog identifier is returned.

ステップ13:ダイアログが正常に開始されました。ダイアログ識別子が返されます。

<msml version="1.1"> <result response="200"/> <dialogid>conn:jd87dfg4h/dialog:12345</dialogid> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200" /> <dialogid> CONN:jd87dfg4h /ダイアログ:12345 </ dialogid> </ MSML>

Step 14: sequence of HTTP VoiceXML dialog interactions.

ステップ14:HTTPのVoiceXMLダイアログの相互作用のシーケンス。

Step 15: the VoiceXML browser exits (but does not disconnect). If a namelist had been specified within the VoiceXML <exit> element, it would have been included in the <event> sent to the CA.

ステップ15:VoiceXMLのブラウザが終了します(ただし、切断されません)。名前リストは、VoiceXMLの<終了>要素内で指定されていた場合は、CAに送信され、<イベント>に含まれていたであろう

<msml version="1.1"> <event name="msml.dialog.exit" id="conn:jd87dfg4h/dialog:12345"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <イベント名= "msml.dialog.exit" ID = "CONN:jd87dfg4h /ダイアログ:12345" /> </ MSML>

Step 16: join the participant to the conference and have the volume of their contributing audio automatically adjusted to a target level of -20 dBm0.

ステップ16:会議に参加者に参加し、彼らの貢献オーディオのボリュームを持って自動的に-20 dBm0での目標レベルに調整します。

<msml version="1.1"> <join id1="conn:jd87dfg4h" id2="conf:exampleConf"> <stream media="audio" dir="from-id1"> <gain agc="true" tgtlvl="-20"/> </stream> <stream media="audio" dir="to-id1"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <参加ID1 = "CONN:jd87dfg4h" ID2 = "CONF:exampleConf"> <ストリームメディア= "オーディオ" DIR = "から-ID1"> <ゲインAGC = "true" をtgtlvl =」 -20 "/> </ストリーミング> <ストリームメディア=" オーディオ」DIR = "へ-ID1" /> </ MSML>

Step 17: successfully joined to conference

ステップ17:成功した会議に参加しました

<msml version="1.1"> <result response="200"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200" /> </ MSML>

Steps 6 through 17 are repeated for the second participant.

ステップ6〜17は、第二の参加者のために繰り返されます。

Step 18: play a join tone or message announcing the new participant to the conference.

ステップ18:会議に新しい参加者を発表する参加トーンまたはメッセージを再生します。

<msml version="1.1"> <dialogstart target="conf:exampleConf" type="application/vxml+xml" src="http://server.example.com/scripts/joinmsg.vxml"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONF:exampleConf" タイプ= "アプリケーション/ VXML + XML" SRC = "http://server.example.com/scripts/joinmsg.vxml" /> </ MSML >

Step 19: dialog started successfully. The dialog identifier is returned. The media server assigned a unique identifier since name attribute was not specified in <dialogstart>.

ステップ19:ダイアログが正常に開始されました。ダイアログ識別子が返されます。 name属性は、<dialogstart>で指定されていなかったため、メディアサーバは、一意の識別子を割り当てました。

<msml version="1.1"> <result response="200"/> <dialogid>conf:ExampleConf/dialog:j6fs8745</dialogid> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200" /> <dialogid> CONF:ExampleConf /ダイアログ:j6fs8745 </ dialogid> </ MSML>

Step 20: HTTP VoiceXML dialog interaction(s).

ステップ20:HTTPのVoiceXMLダイアログの相互作用(複数可)。

Step 21: the VoiceXML browser exits.

ステップ21:VoiceXMLのブラウザが終了します。

<msml version="1.1"> <event name="msml.dialog.exit" id="conf:ExampleConf/dialog:j6fs8745"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <イベント名= "msml.dialog.exit" ID = "confに:ExampleConf /ダイアログ:j6fs8745" /> </ MSML>

Steps 6 through 21 are repeated for the third and subsequent participants.

ステップ6〜21は、3回目以降の参加者のために繰り返されます。

12.2. Example of a Sidebar Audio Conference
12.2. サイドバーのオーディオコンファレンスの例

This example assumes that a conference has already been established as in the previous example. It creates a sidebar conference that hears the main conference as a whisper. Three participants are moved to the sidebar. After some period of time, the sidebar participants are returned to the main conference and the sidebar is deleted.

この例では、会議はすでに前の例のように確立されていることを前提としています。それはささやくようにメインの会議を聞いて、サイドバーの会議を作成します。三つの参加者は、サイドバーに移動されます。ある程度の期間の後、サイドバーの参加者がメイン会議に戻され、サイドバーが削除されます。

Step 1: the sidebar conference is created. It is joined half-duplex to the main conference and a manual gain object is inserted in the media stream. Three participants are then moved from the main conference to the sidebar. Although not shown, a CA could include the "mark" attribute in each element to allow recovery in the event of a mid- transaction error.

ステップ1:サイドバーの会議が作成されます。これは、メイン会議に半二重接合され、マニュアルゲインオブジェクトがメディア・ストリームに挿入されます。三つの参加者はその後、サイドバーにメイン会議から移動されています。図示していないが、CAは半ばトランザクションエラーが発生した場合の回復を可能にするために、各要素に「マーク」の属性を含めることができます。

<msml version="1.1"> <createconference name="sidebarConf" deletewhen="nomedia"> <audiomix/> </createconference> <join id1="conf:sidebarConf" id2="conf:exampleConf"> <stream media="audio" dir="to-id1"> <gain amt="-20"/> </stream> </join> <unjoin id1="conn:gs5s4-1" id2="conf:exampleConf"/> <join id1="conn:gs5s4-1" id2="conf:sidebarConf"/> <unjoin id1="conn:hd764gr9-2" id2="conf:exampleConf"/> <join id1="conn:hd764gr9-2" id2="conf:sidebarConf"/> <unjoin id1="conn:h37frdvgs65-3" id2="conf:exampleConf"/> <join id1="conn:h37frdvgs65-3" id2="conf:sidebarConf"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <createconference名= "sidebarConf" deletewhen = "nomedia"> <audiomix /> </ createconference> <参加ID1 = "CONF:sidebarConf" ID2 = "CONF:exampleConf"> <ストリームメディア= "オーディオ" DIR = "へ-ID1"> <ゲインAMT = " - 20" /> </ストリーミング> </参加> <退会ID1 = "CONN:gs5s4-1" ID2 = "CONF:exampleConf" /> <参加ID1 = "CONN:gs5s4-1" ID2 = "CONF:sidebarConf" /> <退会ID1 = "CONN:hd764gr9-2" ID2 = "CONF:exampleConf" /> <参加ID1 = "CONN:hd764gr9-2" ID2 = "CONF:sidebarConf" /> <退会ID1 = "CONN:h37frdvgs65-3" ID2 = "CONF:exampleConf" /> <参加ID1 = "CONN:h37frdvgs65-3" ID2 = "CONF:sidebarConf" /> < / MSML>

Step 2: sidebar conference created successfully and participants joined.

ステップ2:サイドバー会議が正常に作成され、参加者が参加しました。

<msml version="1.1"> <result response="200"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200" /> </ MSML>

Step 3: once the sidebar conference has completed, the participants are rejoined to the main conference. The sidebar is destroyed automatically by the MS when the last media stream is removed as specified when the sidebar conference was created.

ステップ3:サイドバーの会議が終了した後、参加者がメイン会議に再結合されています。サイドバーは、サイドバーの会議を作成したときに指定された最後のメディアストリームが削除されたときにMSによって自動的に破棄されます。

<msml version="1.1"> <unjoin id1="conn:gs5s4-1" id2="conf:sidebarConf"/> <join id1="conn:gs5s4-1" id2="conf:exampleConf"/> <unjoin id1="conn:hd764gr9-2" id2="conf:sidebarConf"/> <join id1="conn:hd764gr9-2" id2="conf:exampleConf"/> <unjoin id1="conn:h37frdvgs65-3" id2="conf:sidebarConf"/> <join id1="conn:h37frdvgs65-3" id2="conf:exampleConf"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <退会ID1 = "CONN:gs5s4-1" ID2 = "CONF:sidebarConf" /> <参加ID1 = "CONN:gs5s4-1" ID2 = "CONF:exampleConf" /> <退会ID1 = "CONN:hd764gr9-2" ID2 = "CONF:sidebarConf" /> <ID1に参加= "CONN:hd764gr9-2" ID2 = "CONF:exampleConf" /> <退会ID1 = "CONN:h37frdvgs65-3" ID2 = "CONF:sidebarConf" /> <参加ID1 = "CONN:h37frdvgs65-3" ID2 = "CONF:exampleConf" /> </ MSML>

Step 4: participants successfully moved to main conference and sidebar destroyed.

ステップ4:参加者が正常に破壊され、メイン会議やサイドバーに移動しました。

<msml version="1.1"> <result response="200"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200" /> </ MSML>

12.3. Example of Removing a Conference
12.3. 会議を削除する例

This example assumes a conference created similar to the first example where there is an MSML control channel specific to the conference and the conference has been configured to be deleted when that channel is removed (using SIP).

この例では、会議がMSML制御チャネルが会議に特異的であり、会議(SIPを使用して)そのチャネルが取り外されたときに削除されるように構成された第一の例と同様に作成した前提としています。

Steps 1-2: the CA signals BYE for the SIP dialog used to establish the conference control channel.

1-2手順:SIPダイアログのCA信号BYEは、会議制御チャネルを確立するために使用されます。

Steps 3-6: the MS initiates terminating the media sessions for each participant remaining in the conference.

3-6手順:MSが会議に残っている各参加者のメディアセッションを終了開始。

The MS deletes the conference and removes all resources when the last participant has been removed.

MSは、会議を削除し、最後の参加者が削除されたときにすべてのリソースを削除します。

12.4. Example of Modifying Video Layout
12.4. 変更ビデオレイアウトの例

Assume that a conference named "example" is created using the following mixer descriptions.

「例」という名前の会議は、次のミキサーの説明を使用して作成されているとします。

      +---+---+
      | 1 | 2 |
      +---+---+
      | 3 | 4 |
      +---+---+
        

<createconference name="quad-split"> <audiomix> <n-loudest n="3"/> <asn ri="10s"/> </audiomix> <videolayout> <root size="CIF" background="white" /> <selector id="default" method="vas" si="500ms"> <region id="1" left="0" top="0" relativesize="1/4"/> </selector> <region id="2" left="50%" top="0" relativesize="1/4"/> <region id="3" left="0%" top="50%" relativesize="1/4"> <region id="4" left="50%" top="50%" relativesize="1/4"/> </videolayout> </createconference>

<createconference名= "クワッドスプリット"> <audiomix> <N-最大音量N = "3" /> <ASN RI = "10S" /> </ audiomix> <videolayout> <ルートサイズ= "CIF" 背景=」白」/> <セレクタID = "デフォルト" METHOD = "VAS" SI = "500msの"> <領域ID = "1" 左 "0" トップ= "0" relativesize = "1/4" /> </セレクタ> <領域ID = "2" 左= "50%" トップ= "0" relativesize = "1/4" /> <地域ID = "0%" 左上 "3" = "50%" relativesize = "1/4"> <地域ID = "4" の左= "50%" トップ= "50%" relativesize = "1/4" /> </ videolayout> </ createconference>

The following would change the size of the video window to QCIF and the background color to the default "black".

以下は、「黒」をデフォルトにQCIFのビデオウィンドウのサイズや背景色を変更することになります。

<modifyconference id="conf:example"> <videolayout> <root size="4CIF"/> </videolayout> </modifyconference>

<modifyconferenceのID = "CONF:例えば"> <videolayout> <ルートサイズ= "4CIF" /> </ videolayout> </ modifyconference>

The relative location of the regions does not change. However, the sizes of the regions do change because they are relative to the size of the root window. The result is a layout that looks identical but half the size.

領域の相対位置は変化しません。彼らはルートウィンドウのサイズに比例しているのでしかし、領域のサイズは変更できますか。結果は同じに見えますが、レイアウトの半分のサイズです。

The following would freeze the video displayed in region "2" without affecting any other attributes of that region.

以下は、その領域の任意の他の属性に影響を与えることなく、地域の「2」に表示された映像をフリーズします。

<modifyconference id="conf:example"> <videolayout> <region id="2" left="50%" top="0" relativesize="1/4" freeze="true"/> </videolayout> </modifyconference>

<modifyconference ID = "CONF:例えば"> <videolayout> <地域ID = "2" 左= "50%" トップ= "0" relativesize = "1/4" フリーズ= "TRUE" /> </ videolayout> < / modifyconference>

13. MSML Dialog Examples
13. MSMLダイアログ例

These examples focus on the MSML Dialog Base Package and the MSML Dialog Group Package.

これらの例は、MSMLダイアログベースパッケージとMSMLダイアロググループのパッケージに焦点を当てます。

13.1. Announcement
13.1. 発表

The following is a simple announcement scenario. Two recorded audio files are played in sequence followed by generated speech followed by a variable. The results are reported once media generation completes.

以下では、簡単な告知のシナリオです。二つ録音した音声ファイルは、変数に続いて生成された音声に続いて順番に再生されます。結果は、メディア生成完了後に報告されています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <play> <audio uri="file://clip1.wav"/> <audio uri="http://host1/clip2.wav"/> <tts uri="http://host2/text.ssml"/> <var type="date" subtype="mdy" value="20030601"/> </play> <send target="source" event="done" namelist="play.amt play.end"/> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲットは= "CONN:12345" 名前= "12345"> <遊び> <オーディオURIが= "ファイル: //clip1.wav "/> <オーディオURI =" のhttp://host1/clip2.wav "/> <TTSのuri =" のhttp://host2/text.ssml "/> <VARタイプ=" 日付」サブタイプ= "MDY" 値= "20030601" /> </遊ぶ> <= "ソース" イベント= NAMELIST = "play.amt play.end" /> </ dialogstart> </ MSML> "完了" ターゲットを送信

13.2. Voice Mail Retrieval
13.2. ボイスメールの検索

Below is an example that shows a simple voice mail retrieval operation consisting of playing a message and allowing the user to pause and resume play using '5' to toggle the state. The operation would terminate when the play completed or the user entered '#'.

以下のメッセージを再生し、ユーザが状態を切り替えるために「5」を使用して再生を一時停止し、再開することを可能にするからなる単純なボイスメール検索動作を示す一例です。遊びが完了するか、ユーザーが「#」を入力した場合の動作は終了するでしょう。

During the play, the user can advance forward and backward through the message as well as rewinding to the beginning.

プレイ中に、ユーザーがメッセージを前後に進めることができるだけでなく、頭に巻き戻し。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <group topology="parallel"> <play> <audio uri="file://message.wav"/> <playexit> <send target="group" event="terminate"/> </playexit> </play> <dtmf iterate="forever"> <pattern digits="5"> <send target="play" event="toggle-state"/> </pattern> <pattern digits="6"> <send target="play" event="forward"/> </pattern> <pattern digits="7"> <send target="play" event="backward"/> </pattern> <pattern digits="8"> <send target="play" event="restart"/> </pattern> <pattern digits="#"> <send target="play" event="terminate"/> </pattern> </dtmf> </group> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345"> <グループトポロジ= "パラレル"> <プレイ> <オーディオURI = "ファイル://message.wav" /> <playexit> <ターゲットを送っ= "グループ" イベント= "終了" /> </ playexit> </遊ぶ> <DTMF反復= "永遠"> <パターンの桁が= "5"> <送信ターゲット= "遊ぶ" イベント= "トグル状態を" /> </パターン> <パターン数字= "6"> <=イベント= "前進" /> < "遊ぶ" ターゲットを送信/パターン> <パターン桁= "7"> <= "遊ぶ" ターゲットを送るイベント= "後方" /> </パターン> <パターン桁= "8"> <ターゲットを送っ=イベント= "再起動" を "再生" / > </パターン> <パターン桁= "#"> </> </パターン> </ DTMF> </グループ> </ dialogstart> </ MSML>イベント= "終了" ターゲットは= "遊び" を送信

13.3. Play and Record
13.3. 再生と録音

A more complex example is a play and record operation. This sources and sinks media and uses voice activity DTMF detection and recognition to influence behavior. Any DTMF input or voice activity will barge the play and cause the record to begin. However, if the prompt was barged with a DTMF digit of '#', the record terminates without starting. When the play terminates, it send a starttimer event to the VAD to allow it to recognize an initial silence condition. The recording will be terminated (without starting) when the VAD detects an initial 3 seconds of silence.

より複雑な例では、再生と録音操作です。このソースおよびメディアシンクや行動に影響を与えるために、音声活動のDTMF検出と認識を使用しています。任意のDTMF入力または音声活動がプレーを割り込むと録音を開始します。プロンプトが「#」のDTMFディジットで割り込まれた場合は、レコードが開始せずに終了します。プレイが終了すると、それが最初の無音状態を認識できるようにするためにVADにstarttimerイベントを送信します。 VAD無音の最初の3秒を検出したときに記録が(起動せずに)終了します。

Once resumed (based upon voice detection), the recording may be terminated under several conditions. It will terminate after 5 seconds of silence or after 60 seconds elapses. It will also terminate if a '#' key is recognized. Every aspect of this behavior can be modified by changing what is recognized and the events that are sent. The following example uses the MSML Dialog Group Package.

一度(音声検出に基づく)再開、記録がいくつかの条件の下で終了することができます。それは沈黙の5秒後または60秒経過後に終了します。 「#」キーが認識された場合にも終了します。この動作のあらゆる側面が認識され、イベントが送信されているものを変えることによって変更することができます。次の例では、MSMLダイアロググループのパッケージを使用しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <group topology="parallel"> <play> <audio uri="file://prompt.wav"/> <playexit> <send target="vad" event="starttimer"/> </playexit> </play> <dtmf> <pattern digits="#"> <send target="record" event="terminate.termkey"/> </pattern> <detect> <send target="play" event="terminate"/> </detect> </dtmf> <vad> <voice len="10ms"> <send target="play" event="terminate"/> <send target="record" event="resume"/> </voice> <silence len="3s"> <send target="record" event="nospeech"/> </silence> <tsilence len="5s"> <send target="record" event="terminate.finalsilence"/> </tsilence> </vad> <record initial="suspend" maxtime="60s" dest="file://record.wav" format="g729"> <recordexit> <send target="group" event="terminate"/> </recordexit> </record> <groupexit> <send target="source" event="done" namelist="record.len record.end"/> </groupexit> </group> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345"> <グループトポロジ= "パラレル"> <プレイ> <オーディオURI = "ファイル://prompt.wav" /> <playexit> <ターゲットを送っ= "VAD" イベント= "starttimer" /> </ playexit> </遊ぶ> <DTMF> <パターン数字は= "# "> <ターゲットを送っ=" 記録」イベント= "terminate.termkey" /> </パターン> <> <検出対象を送っ= "再生" イベント= "" 終了/> </検出> </ DTMF> <VAD> <声= "10msの" lenが> <ターゲットを送っ=イベント= "終了" / "遊ぶ"> <沈黙でlen = "3S"> <ターゲット= "記録" イベント= "履歴書" を送信/> </声>を<送りますターゲット= "記録" イベント= "nospeech" /> </沈黙> <tsilence LEN = "5S"> <ターゲット= "記録" イベント= "terminate.finalsilence" を送信/> </ tsilence> </ VAD> <記録初期= MAXTIME = "60年代" DEST = "ファイル://record.wav" "一時停止"> <recordexit> <送信フォーマット= "G729" をターゲット= "グループ" イベント= "終了" /> </ recordexit> </記録> <groupexit> <送信ターゲット= "ソース" イベント= "完了" NAMELIST = "record.len record.end" /> </ groupexit> </グループ> </ dialogstart> </ MSML>

The following implements the same functionality, as described above, in using the MSML Dialog Base Package, using the <record> composite mechanism for the play and record operation.

再生及び記録動作のための<レコード>複合メカニズムを使用して、MSMLダイアログベースパッケージを使用して、上述したように、次は、同じ機能を実現します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <record prespeech="3s" postspeech="5s" maxtime="60s" termkey="#" dest="file://record.wav" format="g729"> <play barge="true"> <audio uri="file://prompt.wav"/> </play> <recordexit> <send target="source" event="done" namelist="record.len record.end"/> </recordexit> </record> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345"> <レコードprespeech = "3S" postspeech =」 5S」MAXTIME = "60年代" termkey = "#" DEST = "ファイル://record.wav" フォーマット= "G729"> <プレイはしけ= "真"> <オーディオURI = "ファイル://prompt.wav" /> </遊ぶ> <recordexit> <送信ターゲット= "ソース" イベント= "完了" NAMELIST = "record.len record.end" /> </ recordexit> </記録> </ dialogstart> </ MSML>

13.4. Speech Recognition
13.4. 音声認識

The following simple example requests that a user speak the name of a city and returns the result.

次の簡単な例では、ユーザーが都市の名前を話すことを要求し、結果を返します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <group topology="parallel"> <play> <audio uri="file://prompt.wav"/> </play> <speech> <grammar version="1.0"> <rule id="city" scope="public"> <item> <one-of> <item>vancouver</item> <item>new york</item> <item>london</item> </one-of> </item> </rule> <match> <send target="group" event="terminate"/> </match> </grammar> <noinput> <send target="group" event="terminate"/> </noinput> <nomatch> <send target="group" event="terminate"/> </nomatch> </speech> <groupexit> <send target="source" event="done" namelist="speech.end speech.results"/> </groupexit> </group> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345"> <グループトポロジ= "パラレル"> <プレイ> <オーディオURI = "ファイル://prompt.wav" /> </遊ぶ> <スピーチ> <文法バージョン= "1.0"> <ルールID = "都市" スコープ= "公共"> <項目> <ワン>の<item>バンクーバー</商品> <商品>ニューヨーク</商品> <商品>ロンドン</商品> </> </商品一の> </ルール> <一致> <送信ターゲット= "基"イベント=" "/> </マッチ> </文法> <NOINPUT> <=ターゲット送信" グループ "イベントは= ""/> </ NOINPUT> <NOMATCH> <ターゲットを送る= "グループ終了" イベントを=" 終了終了 "/> </ NOMATCH> </音声> <groupexit> <ターゲットを送る=" ソース」イベント= "完了" NAMELIST = "speech.endのspeech.results" /> </ groupexit> </グループ> </ dialogstart > </ MSML>

13.5. Play and Collect
13.5. 再生および収集

This example prompts a user to enter 4 DTMF digits terminated by the '#' key (represented by "xxxx#" below). The prompt will be barged and the user has 10 seconds to begin entering input or no input will be indicated.

この例では(以下、「XXXX番号」によって表される)「#」キーで終了4つのDTMFの数字を入力するプロンプトが表示されます。プロンプトが割り込まされ、ユーザが入力を入力開始する10秒を持っているか、入力が示されないであろう。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <group topology="parallel"> <play> <audio uri="file://prompt.wav"/> <playexit> <send target="dtmf" event="starttimer"/> </playexit> </play> <dtmf fdt="10s" idt="16s"> <pattern digits="xxxx#"> <send target="group" event="terminate"/> </pattern> <detect> <send target="play" event="terminate"/> </detect> <noinput> <send target="group" event="terminate"/> </noinput> <nomatch> <send target="group" event="terminate"/> </nomatch> </dtmf> <groupexit> <send target="source" event="done" namelist="dtmf.digits dtmf.end"/> </groupexit> </group> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345"> <グループトポロジ= "パラレル"> <プレイ> <オーディオURI = "ファイル://prompt.wav" /> <playexit> <= "DTMF" イベントターゲットを送っ= "starttimer" /> </ playexit> </> <DTMFのFDT = "10S" を演じるIDT = "16S"> <パターン桁= "XXXX#"> <ターゲットは= "グループ" イベント= /> </パターン "終了" を送信> <検出> <送信対象=イベント= "終了" "遊びます" /> </ groupexit <>ターゲットに= "グループ" イベント= "終了" /> </ NOMATCH> </ DTMFを送信= "グループ" イベント= "終了" /> </ NOINPUT> <NOMATCH> <ターゲットを送る> <NOINPUT> <検出> <ターゲットを送る= "ソース" イベント= "完了" NAMELIST = "dtmf.digits dtmf.end" /> </ groupexit> </グループ> </ dialogstart> </ MSML>

The following implements the same functionality, as described above, using the MSML Dialog Base Package, using the <collect> composite mechanism for the play and collect operation.

再生のための<収集>複合メカニズムを使用して、操作を収集し、MSMLダイアログベースパッケージを使用して、上述したように、次は、同じ機能を実現します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345">

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345">

<collect fdt="10s" idt="16s"> <play barge="true"> <audio uri="file://prompt.wav"/> </play> <pattern digits="xxxx#"> <send target="source" event="done" namelist="dtmf.digits dtmf.end"/> </pattern> <noinput> <send target="source" event="done" namelist="dtmf.end"/> </noinput> <nomatch> <send target="source" event="done" namelist="dtmf.end"/> </nomatch> </collect> </dialogstart> </msml>

</遊ぶ> <パターン桁= "XXXX#"> <:</ "//prompt.wavファイル" オーディオのuri => <プレイはしけ= "真の"> <FDT = "10S" IDT = "16S" を集めます> = "ソース" イベント= "完了" NAMELISTターゲットを送る= /> </パターン "dtmf.digitsはdtmf.end"> <NOINPUT> <ターゲット= "ソース" イベント= "完了" NAMELIST = "dtmf.end" を送信/ > </ NOINPUT> <NOMATCH> <送信対象= "ソース" イベント= "完了" NAMELIST = "dtmf.end" /> </ NOMATCH> </収集> </ dialogstart> </ MSML>

13.6. User Controlled Gain
13.6. ユーザ制御ゲイン

This shows an example of nesting groups to create an arbitrary full-duplex media control. DTMF is detected on media flowing in one direction and used to adjust the gain applied to media flowing in the opposite direction. Additionally, the stream that is used to detect DTMF has DTMF removed and its gain automatically adjusted before leaving the group. This widget could be used between a conference participant and a conference mixer.

これは、任意の全二重メディアコントロールを作成するグループをネストの一例を示しています。 DTMFは、一方向に流れる媒体上に検出され、反対方向に流れる媒体に適用されるゲインを調整するために使用されます。また、DTMFを検出するために使用されるストリームは、DTMFを除去し、そのゲイン自動的にグループを離れる前に調整しました。このウィジェットは、会議参加者と会議ミキサーの間で使用することができます。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.0"> <dialogstart target="conn:12345" name="12345"> <group topology="fullduplex"> <group topology="parallel"> <dtmf> <pattern digits="1" iterate="forever"> <send target="gain" event="louder"/> </pattern> <pattern digits="2" iterate="forever"> <send target="gain" event="softer"/> </pattern> </dtmf> <group topology="serial"> <clamp/> <agc tgtlvl="0"/> </group> </group> <gain amt="0" incr="5"/> </group> </dialogstart> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.0"> <dialogstartターゲット= "CONN:12345" 名前= "12345"> <グループ<= "全二重" グループトポロジ>トポロジー= "平行"> <DTMF> <パターン数字= "1" 反復= "永久"> <ターゲット= "ゲイン" イベント= "大声" /> </パターン> <パターン数字= "2" の反復を送ります=」永久 "> <ターゲットを送る=" ゲイン」イベント= "軟らかい" /> </パターン> </ DTMF> <グループトポロジ= "シリアル"> <クランプ/> <AGC tgtlvl = "0" /> </グループ> </グループ> <ゲインAMT = "0" INCR = "10" /> </グループ> </ dialogstart> </ MSML>

14. MSML Audit Examples
14. MSML監査例

The following examples describe the MSML Audit Conference Package and the MSML Audit Connection Package, and their use together with the MSML Audit Dialog Package or/and the MSML Audit Stream Package.

次の例では、MSML監査ダイアログパッケージまたは/およびMSML監査ストリームパッケージと一緒にMSML監査会議パッケージとMSML監査接続パッケージ、およびその使用を記載しています。

14.1. Audit All Conferences
14.1. すべての会議を監査

This example describes an audit of all active conferences on the media server, querying the conference configurations.

この例では、会議の設定を問い合わせる、メディアサーバ上のすべてのアクティブな会議の監査を記述する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conf:*" statelist="audit.conf.confconfig.*"/> </msml>

<?xmlのバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <監査QUERYID = "CONF:*" "audit.conf.confconfig *" statelist = /> </ MSML >

The following result assumes two conferences currently allocated by the media server. Conference "conf:1" contains both an audio mixer (with ASN enabled) and a video layout (vas) created, while conference "conf:2" contains only an audio mixer created with ASN disabled.

次の結果は、現在、メディアサーバによって割り当てられた2回の会議を想定しています。会議「CONF:1」オーディオミキサー(ASNを有効にした)の両方が含まれており、ビデオレイアウト(VAS)を作成し、会議「CONF:2」しながら、無効ASNで作成しただけでオーディオミキサーが含まれています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conf:1"> <confconfig deletewhen="nocontrol" term="true"> <audiomix id="audiomix1"> <asn ri="5s"/> <n-loudest n="16"/> </audiomix> <videolayout id="videolayout1" type="text/msml-basic-layout"> <selector id="selector1" method="vas" si="5s" speakersees="current"> <root size="CIF"/> </selector> </videolayout> <controller>conn:1234</controller> </confconfig> </auditresult> <auditresult targetid="conf:2"> <confconfig deletewhen="nomedia" term="true"> <audiomix id="audiomix2"> <n-loudest n="1"/> </audiomix> <controller>conn:1234</controller> </confconfig> </auditresult> </result> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答が= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONF:1"> <confconfig deletewhen = "NOCONTROL"用語= "TRUE"> <audiomix ID = "audiomix1"> <ASN RI = "5S" /> <N-最大音量N = "16" /> </ audiomix> <videolayout ID = "videolayout1" タイプ= "テキスト/ MSML-基本レイアウト "> <セレクタID =" selector1" METHOD = "VAS" SI = "5S" speakersees = "現在"> <ルートサイズ= "CIF" /> </セレクタ> </ videolayout> <コントローラ> CONN:1234 </コントローラ> </ confconfig> </ AUDITRESULT> <AUDITRESULT TARGETID = "CONF:2"> <confconfig deletewhen = "nomedia" という用語は、= "真"> <audiomix ID = "audiomix2"> <N-最も騒々しいですN = "1" /> </ audiomix> <コントローラ> CONN:1234 </コントローラ> </ confconfig> </ AUDITRESULT> </結果> </ MSML>

14.2. Audit Conference Dialogs
14.2. 監査会議ダイアログ

This example describes an audit of active dialogs on a specific conference. The request queries all available dialog states.

この例では、特定の会議にアクティブダイアログの監査を記述する。リクエストは、利用可能なすべてのダイアログの状態を照会します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conf:1" statelist="audit.conf.dialog.*"/> </msml>

<?XMLバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <監査QUERYID = "CONF:1" statelist = "audit.conf.dialog *" /> </ MSML >

The example result assumes a single dialog running on conference "conf:1", which has been running for 60 seconds, and the dialog is currently executing a record operation.

例の結果は、会議「CONF:1」上で実行されている単一のダイアログを前提とし、60秒間実行されている、とのダイアログには、現在のレコードの操作を実行しています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conf:1"> <dialog name="sample"> <duration>60</duration> <primitive>record</primitive> <controller>conn:1234</controller> </dialog> </auditresult> </result> </msml>

<?xmlのバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONF:1"> <ダイアログ名= "サンプル" > <継続時間> 60 </期間> <プリミティブ>記録</プリミティブ> <コントローラ> CONN:1234 </コントローラ> </ダイアログ> </ AUDITRESULT> </結果> </ MSML>

14.3. Audit Conference Streams
14.3. 監査会議ストリーム

This example request describes an audit of active streams on a specific conference. The request queries all available stream states.

この例要求は、特定の会議上のアクティブなストリームの監査を記述する。リクエストは、利用可能なすべてのストリームの状態を照会します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conf:1" statelist="audit.conf.stream.*"/> </msml>

<?XMLバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <監査QUERYID = "CONF:1" statelist = "audit.conf.stream *" /> </ MSML >

The example result assumes three audio participants in the conference. Connection "conn:1234" is a talk-listen participant with both clamp and gain control enabled. Connection "conn:1235" is a talk-only participant. Connection "conn:1236" is a listen-only participant with automatic gain control enabled.

例の結果は、会議中に3人のオーディオの参加を前提としています。接続「CONN:1234」の両方のクランプとのトークを聞く参加者であり、制御が有効に得ることができます。接続「CONN:1235年は、」トークのみの参加です。接続「CONN:1236は」有効に自動利得制御と聞くだけの参加です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conf:1"> <stream joinwith="conn:1234" media="audio" dir="to"> <clamp dtmf="true" tone="false"/> <gain amt="-10"/> </stream> <stream joinwith="conn:1234" media="audio" dir="from"> <gain amt="10"/> </stream> <stream joinwith="conn:1235" media="audio" dir="to"> </stream> <stream joinwith="conn:1236" media="audio" dir="from"> <gain agc="true" tgtlvl="0" maxgain="10"/> </stream> </auditresult> </result> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONF:1"> <ストリームjoinwith = "CONN。 1234" メディア= "オーディオ" DIR = "へ"> <クランプDTMF = "true" のトーン= "偽" /> <AMT =獲得 " - 10" /> </ストリームを> <joinwithストリーミング= "CONN:1234"メディア= "オーディオ" DIR = "から"> <ゲインAMT = "10" /> </ストリーミング> <joinwithストリーム= "CONN:1235" メディアは= "オーディオ" DIR => </ストリーム "へ"> <ストリームjoinwith = "CONN:1236" メディア= "オーディオ" DIR = "から"> <ゲインAGC = "true" をtgtlvl = "0" 最大利得= "10" /> </ストリーム> </ AUDITRESULT> </結果> < / MSML>

14.4. Audit All Connections
14.4. すべての接続を監査

This example request describes an audit of all active connections on the media server. No additional state is queried.

この例で要求は、メディアサーバー上のすべてのアクティブな接続の監査について説明します。追加の状態が照会されません。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conn:*"/> </msml>

<?xmlのバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <監査QUERYID = "CONN:*" /> </ MSML>

The example result assumes five connections currently allocated by the media server.

例の結果は、現在、メディアサーバによって割り当てられた5つの接続を前提としています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conn:1230"/> <auditresult targetid="conn:1231"/> <auditresult targetid="conn:1232"/> <auditresult targetid="conn:1233"/> <auditresult targetid="conn:1234"/> </result> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONN:1230" /> <AUDITRESULT TARGETID = "CONN :1231 "/> <AUDITRESULT TARGETID =" CONN:1232 "/> <AUDITRESULT TARGETID =" CONN:1233 "/> <AUDITRESULT TARGETID =" CONN:1234" /> </結果> </ MSML>

14.5. Audit Connection Dialogs
14.5. 監査接続ダイアログ

This example request describes an audit of active dialogs on a specific connection. No additional dialog state is queried.

この例要求は特定の接続にアクティブダイアログの監査を記述する。追加のダイアログ状態が照会されません。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conn:1234" statelist="audit.conn.dialog"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <XMLバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <監査QUERYID = "CONN:1234" statelist = "audit.conn.dialog" /> </ MSML>

The example result assumes three dialogs running on the connection.

例の結果は、接続上で実行されている3つのダイアログを前提としています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conn:1234"> <dialog name="sample1"/> <dialog name="sample2"/> <dialog name="sample3"/> </auditresult> </result> </msml>

<?xmlのバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONN:1234"> <ダイアログ名= "SAMPLE1" /> <ダイアログ名= "sample2の" /> <ダイアログ名= "SAMPLE3" /> </ AUDITRESULT> </結果> </ MSML>

14.6. Audit Connection Streams
14.6. 監査接続ストリーム

This example request describes an audit of active streams on a specific connection. No additional stream state is queried.

この例要求は、特定の接続上でアクティブなストリームの監査を記述する。追加のストリームの状態が照会されません。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conn:1234" statelist="audit.conn.stream"/> </msml>

<MSMLバージョン= "1.1"> <XMLバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <監査QUERYID = "CONN:1234" statelist = "audit.conn.stream" /> </ MSML>

The example result assumes three audio streams created between target connection and other MSML objects, one of which is a bidirectional stream between target connection and a conference, and two are unidirectional streams between two other connections.

例えば、結果は、ターゲット接続と会議との間の双方向ストリームであるそのうちの一つのターゲット接続と他のMSMLオブジェクト間で作成した3つのオーディオストリームを前提とし、2つの他の2つの接続間の単方向ストリームです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conn:1234"> <stream joinwith="conf:1" media="audio" dir="to"/> <stream joinwith="conf:1" media="audio" dir="from"/> <stream joinwith="conn:1235" media="audio" dir="to"/> <stream joinwith="conn:1236" media="audio" dir="from"/> </auditresult> </result> </msml>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONN:1234"> <ストリームjoinwith = "CONF。 1" メディア= "オーディオ" DIR = "から" /> <ストリームjoinwith = "CONF:1" メディア= "オーディオ" DIR = "から" /> <joinwithストリーム= "CONN:1235" メディア= "オーディオ" DIR = "と" /> <ストリームjoinwith = "CONN:1236" "から" メディア= "オーディオ" DIR = /> </ AUDITRESULT> </結果> </ MSML>

14.7. Audit Connection with Selective States
14.7. 選択国と監査の接続

This example describes an audit of a specific connection, querying associated SIP dialog ID and SDP info.

この例では、関連付けられたSIPダイアログIDとSDP情報を問い合わせる、特定の接続の監査を記述する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <audit queryid="conn:1234" statelist="audit.conn.sipdialog audit.conn.localsdp audit.conn.remotesdp"/> </msml>

<?XMLバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <監査QUERYID = "CONN:1234" statelist = "audit.conn.sipdialog audit.conn.localsdp audit.conn .remotesdp "/> </ MSML>

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <msml version="1.1"> <result response="200"> <auditresult targetid="conn:1234"> <sipdialog callid="ABCD@10.0.0.10:5060" localtag="sdfjsiodf" remotetag="zvnmviuhd8"/> <localsdp> v=0 o=- 31691 31691 IN IP4 ms5mpc11.lab.radisys.com s=media server session t=0 0 m=audio 33794 RTP/AVP 0 c=IN IP4 10.3.5.111 a=rtpmap:0 PCMU/8000 a=sendrecv m=video 32770 RTP/AVP 34 c=IN IP4 10.3.5.11 b=AS:48 a=rtpmap:34 H263/90000 a=fmtp:34 CIF=1 a=sendrecv </localsdp> <remotesdp> v=0 o=- 12345 12345 IN IP4 10.0.0.88 s=RadiSys SIP Media Server session t=0 0 c=IN IP4 10.0.0.126 b=AS:128 m=audio 10000 RTP/AVP 0 a=rtpmap:0 PCMU/8000 a=ptime:20 a=sendrecv m=video 10002 RTP/AVP 34 a=rtpmap:34 H263/90000 a=fmtp:34 CIF=1 a=sendrecv </remotesdp> </auditresult> </result> </msml>

<?xmlのバージョン= "1.0" エンコード= "UTF-8"> <MSMLバージョン= "1.1"> <結果応答= "200"> <AUDITRESULT TARGETID = "CONN:1234"> <sipdialog callid = "ABCD @ 10.0.0.10:5060" localtag = "sdfjsiodf" remotetag = "zvnmviuhd8" /> <localsdp> V = 0 0 = - 31691 31691 IN IP4 ms5mpc11.lab.radisys.com S =メディア・サーバ・セッション・T = 0、M =オーディオIP4 10.3.5.111 IN 33794 RTP / AVP 0のC = = rtpmap:0 PCMU / 8000 = SENDRECV M =ビデオIP4 10.3.5.11 IN 32770 RTP / AVP 34のC = B = AS:48 = rtpmap:34 H263 / 90000 =のfmtp:34 CIF = 1 A = SENDRECV </ localsdp> <remotesdp> V = 0 0 = - 12345 12345 IP4 10.0.0.88 IP4 10.0.0.126 IN S =ラディシスSIPメディアサーバセッションT = 0のC = IN B = AS 128はm =オーディオ10000 RTP / AVP 0 A = rtpmap:0 PCMU / 8000 = PTIME:20、A = SENDRECV M =ビデオ10002 RTP / AVP 34 = rtpmap:34 H263 / 90000 =のfmtp:34 CIF = 1 A = SENDRECV </ remotesdp> </ AUDITRESULT> </結果> </ MSML>

15. Future Work
15.今後の作業

The following capabilities may be added in future versions of this document:

次の機能は、このドキュメントの将来のバージョンで追加されることがあります。

o Ability for MSML clients to audit or query the media server for supported set of MSML packages and profiles.

監査またはMSMLパッケージとプロファイルのサポートセットのメディアサーバーを照会するMSMLクライアント用のO能力。

o Ability to version MSML packages and profiles and naming scheme for MSML extension packages.

MSML拡張パッケージのバージョンMSMLパッケージとプロファイルと名前付けスキームにO能力。

16. XML Schema
16. XMLスキーマ

MSML specification consists of a set of XML schemas, all of which may be used together or any sub-set of the schemas may be used for each MSML package. The following sections define a complete set of schemas covering all MSML packages.

MSML仕様を併用してもよいし、スキーマの任意の部分集合は、各MSMLパッケージに使用することができるすべてがXMLスキーマのセット、から成ります。次のセクションでは、すべてのMSMLパッケージをカバーするスキーマの完全なセットを定義します。

Each package contains a single schema file, <package-name>- datatypes.xsd. This schema file can be included by its extended package(s). Every package optionally contains another schema file, <package_name>.xsd, which can be used directly to build or validate MSML scripts for a given package.

datatypes.xsd - 各パッケージは、単一のスキーマファイル、<パッケージ名>が含まれています。このスキーマファイルは、その拡張パッケージ(複数可)によって含めることができます。すべてのパッケージには、必要に応じて与えられたパッケージのMSMLスクリプトを構築するか検証するために直接使用することができ、別のスキーマファイル、<パッケージ名>の.xsdが含まれています。

The complete MSML schema (msml.xsd) includes all the individual MSML packages.

完全MSMLスキーマ(msml.xsd)は、すべての個々のMSMLのパッケージが含まれています。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-conf-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-base-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-transform-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-group-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-speech-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-fax-detect-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-fax-sendrecv-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-audit-core-datatypes.xsd"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:のschemaLocationは= "MSML-ダイアログコア - を含む:のschemaLocation = "MSML-CONF-コアdatatypes.xsd"/> <XSが含ま:のschemaLocation = "MSML-コアdatatypes.xsd"/> <XSが挙げられますdatatypes.xsd "/> <XS:含めるのschemaLocation =" MSML-ダイアログベースdatatypes.xsd "/> <XS:含めるのschemaLocation =" MSML-ダイアログ・変換・datatypes.xsd "/> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML・ダイアログ・グループdatatypes.xsd" /> <XS:のschemaLocation = "MSML-ダイアログ・音声datatypes.xsd" /> <XSを含める:のschemaLocation = "MSML-ダイアログ・ファックス検出-datatypes.xsdが含まれます"/> <XS:のschemaLocationを含み=" MSML-ダイアログファックスSENDRECV-datatypes.xsd "/> <XS:のschemaLocationを含み=" MSML-監査コアdatatypes.xsd "/>

<xs:include schemaLocation="msml-audit-conf-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-audit-conn-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-audit-dialog-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-audit-stream-datatypes.xsd"/> <xs:element name="msml"> <xs:complexType> <xs:choice> <xs:group ref="msmlRequestType" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element name="event"> <xs:complexType> <xs:choice maxOccurs="unbounded"> <xs:sequence> <xs:element name="name" type="msmlEventNameValue.datatype"/> <xs:element name="value"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9.]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:element> </xs:sequence> </xs:choice> <xs:attribute name="name" type="msmlEventName.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="id" type="msmlEventSource.datatype" use="required"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="result"> <xs:complexType> <xs:choice> <xs:element ref="description" minOccurs="0"/> <xs:sequence> <xs:element ref="msmlResultSimple" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element ref="msmlResultComplex" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> </xs:sequence> </xs:choice> <xs:attribute name="response"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="\d{3}"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="mark" type="mark.datatype"/> </xs:complexType>

<XS:のschemaLocation = "MSML監査-CONF-datatypes.xsd" /含ま> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML監査-CONN-datatypes.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-監査ダイアログMSML "> <XS -datatypes.xsd:MSML監査ストリーム-datatypes.xsd "要素名= /> <XS": "/> <XSのschemaLocation =を含んで" のcomplexType> <XS:選択> <XS:グループREF = "msmlRequestType" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:要素名= "イベント"> <XS:complexTypeの> <XS:選択肢のmaxOccurs = "無制限"> <XS:シーケンス> <XS:要素名= "名前"TYPE =" msmlEventNameValue.datatype "/> <XS:要素名=" 値 "> <XS:単純> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:パターン値=" [-ZA-Z0 -9] +。 "/> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:要素> </ XS:シーケンス> </ XS:選択> <XS:属性名=" 名前 "タイプ=" msmlEventName.datatype」使用= "必須" /> <XS:属性名= "ID" タイプ= "msmlEventSource.datatype" 使用= "必須" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名前= "結果"> <XS:complexTypeの> <XS:選択> <XS:要素REF = "説明" のminOccurs = "0" /> <XS:シーケンス> <XS:ELEメンターREF = "msmlResultSimple" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:要素REF = "msmlResultComplex" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限" /> </ XS:シーケンス> </ XS:選択> <XS:属性名= "応答"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "\ dの{3}" /> </ XS:制限> < / XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "マーク" タイプ= "mark.datatype" /> </ XS:complexTypeの>

</xs:element> </xs:choice> <xs:attribute name="version" type="xs:string" use="required" fixed="1.1"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:schema>

</ XS:要素> </ XS:選択> <XS:属性名= "バージョン" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必要な" 固定= "1.1" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:スキーマ>

16.1. MSML Core
16.1. MSMLコア
16.1.1. msml-core.xsd
16.1.1. MSML-core.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core-datatypes.xsd"/> <xs:element name="msml"> <xs:complexType> <xs:choice> <xs:group ref="msmlRequestType" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element name="event"> <xs:complexType> <xs:choice maxOccurs="unbounded"> <xs:sequence> <xs:element name="name" type="msmlEventNameValue.datatype"/> <xs:element name="value"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9.]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:element> </xs:sequence> </xs:choice> <xs:attribute name="name" type="msmlEventName.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="id" type="msmlEventSource.datatype" use="required"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="result"> <xs:complexType> <xs:choice> <xs:element ref="description" minOccurs="0"/> <xs:sequence> <xs:element ref="msmlResultSimple" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element ref="msmlResultComplex" minOccurs="0"

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:要素名= "MSML"> <XS:complexTypeの> <XS:選択> <XS:グループREF = "msmlRequestType" のmaxOccurs =」のschemaLocation = "MSML-コアdatatypes.xsd" /> <XSを含みます無制限 "/> <XS:要素名=" イベント "> <XS:complexTypeの> <XS:選択肢のmaxOccurs =" 無制限 "> <XS:シーケンス> <XS:要素名=" 名前」タイプ= "msmlEventNameValue.datatype" /> <XS:要素名= "値"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "[-ZA-Z0-9] +" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:要素> </ XS:シーケンス> </ XS:選択> <XS:属性名= "名前" タイプ= "msmlEventName.datatype" 使用= "必要"/> <XS:属性名=" ID」タイプ= "msmlEventSource.datatype" 使用= "必須" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "結果"> <XS :のcomplexType> <XS:選択> <XS:要素REF = "説明" のminOccurs = "0" /> <XS:配列> <XS:要素REF = "msmlResultSimple" MINO ccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:要素REF = "msmlResultComplex" のminOccurs = "0"

maxOccurs="unbounded"/> </xs:sequence> </xs:choice> <xs:attribute name="response"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="\d{3}"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="mark" type="mark.datatype"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> <xs:attribute name="version" type="xs:string" use="required" fixed="1.1"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:schema>

maxOccurs = "無制限" /> </ XS:シーケンス> </ XS:選択> <XS:属性名= "レスポンス"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "\ dの{3}" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "マーク" タイプ= "mark.datatype" /> </ XS :complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> <XS:属性名= "バージョン" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必要な" 固定= "1.1" /> </ XS:complexTypeの> < / XS:要素> </ XS:スキーマ>

16.1.2. msml-core-datatypes.xsd
16.1.2. MSMLコア-datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:group name="msmlRequestType"> <xs:choice> <xs:element ref="msmlRequest"/> <xs:element name="send"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:attribute name="event" type="msmlEvent.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="target" type="msmlTarget.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="valuelist" type="xs:string"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:group> <xs:element name="msmlRequest" type="msmlRequestType" abstract="true"/> <xs:complexType name="msmlRequestType"> <xs:attribute ref="mark"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:グループ名= "msmlRequestType"> <XS:選択> <XS:要素REF = "msmlRequest" /> <XS:要素名= "送信"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "msmlRequestType"> <XS:属性名は= "イベント" タイプ= "msmlEvent.datatype" 使用= "必須" /> <XS:属性名= "ターゲット" タイプ= "msmlTarget.datatype" 使用= "必要"/> <XS:属性名=" 値リスト」タイプ= "XS:文字列" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> </ XS:グループ> <XS:要素名= "msmlRequest" タイプ= "msmlRequestType" 抽象= "真" /> <XS:complexTypeの名= "msmlRequestType"> <XS:属性REF = "マーク" />

</xs:complexType> <xs:element name="msmlResultSimple" type="msmlResultSimpleType" abstract="true"/> <xs:element name="msmlResultComplex" type="msmlResultComplexType" abstract="true"/> <xs:simpleType name="msmlResultSimpleType"> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> <xs:complexType name="msmlResultComplexType"/> <xs:element name="description" type="xs:string"/> <xs:attribute name="mark" type="mark.datatype"/> <xs:simpleType name="msmlInstanceID.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="connID.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="conn:[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="confID.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="conf:[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="dialogID.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="conf:[a-zA-Z0-9.:\-_]+/dialog:[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> <xs:pattern value="conn:[a-zA-Z0-9.:\-_]+/dialog:[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="independentID.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="conf:[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> <xs:pattern value="conn:[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="dialogLanguage.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="application/moml+xml"/> <xs:enumeration value="application/voicexml+xml"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="msmlEvent.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="msmlSend.datatype">

</ XS:complexTypeの> <XS:要素名= "msmlResultSimple" タイプ= "msmlResultSimpleType" 抽象= "真" /> <XS:要素名= "msmlResultComplex" タイプ= "msmlResultComplexType" 抽象= "真" /> <XS :simpleTypeの名前= "msmlResultSimpleType"> <XS:制限基地= "XS:文字列" /> </ XS:単純> <XS:complexTypeの名前= "msmlResultComplexType" /> <XS:要素名= "説明" タイプ=」 XS:文字列 "/> <XS:属性名=" マーク」タイプ= "mark.datatype" /> <XS:単純型名= "msmlInstanceID.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS :パターン値= "[-ZA-Z0-9:\ -_] +" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名= "connID.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "CONN:[-ZA-Z0-9:\ -_] +" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS :simpleTypeの名前= "confID.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "CONF:[-ZA-Z0-9:\ -_] +" /> < / XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名= "dialogID.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "CONF:[-ZA-Z0 -9:。\ -_] + /ダイアログ:[-ZA-Z0-9:\ -_] + "/> <XS:パターン値=" CONN:[-ZA-Z0-9:\ -_] + /ダイアログ:[-ZA-Z0-9:\ -_] + "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=" independentID.datatype "> <XS:制限塩基= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "CONF:[-ZA-Z0-9:\ -_] +" /> <XS:パターン値= "CONN:[-ZA-Z0-9 。:\ -_] + "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=" dialogLanguage.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:列挙値= "アプリケーション/ MOML + XML" /> <XS:列挙値= "アプリケーション/ VoiceXMLの+ XML" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名= "msmlEvent.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列" /> </ XS:単純> <XS:単純型名= "msmlSend.datatype">

<xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="msmlEventName.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="msml.dialog.exit"/> <xs:pattern value="msml.conf.asn"/> <xs:pattern value="msml.conf.nomedia"/> <xs:pattern value="msml.dialog.exit"/> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9.:_\-]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="msmlTarget.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="conf:[a-zA-Z0-9.:_\-]+(/oper:[a-zA-Z0-9.:_\-]+|\*)*"/> <xs:pattern value="conn:[a-zA-Z0-9.:_\-]+(/oper:[a-zA-Z0-9.:_\-]+|\*)+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="msmlEventSource.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="conf:[a-zA-Z0-9.:_\-]+"/> <xs:pattern value="(conf:[a-zA-Z0-9.:_\-]+|conn:[a-zA-Z0-9.:_\- ]+)/dialog:[a-zA-Z0-9.:_\-]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="msmlEventNameValue.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="mark.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9.:\-_]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="boolean.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="true"/> <xs:enumeration value="false"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="posDuration.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="(\+)?([0-9]*\.)?[0-9]+(ms|s)"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:schema>

<XS:制限ベース= "XS:文字列" /> </ XS:単純> <XS:単純型名= "msmlEventName.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値=」 msml.dialog.exit "/> <XS:パターン値=" msml.conf.asn "/> <XS:パターン値=" msml.conf.nomedia "/> <XS:パターン値=" msml.dialog.exit "/> <XS:パターン値=" [-ZA-Z0-9:_ \ - ] + "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=" msmlTarget.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:パターン値=" CONF:[-ZA-Z0-9:_ \ - ] +(/オペラ:[-ZA-Z0-9 。:_ \ - ] + | \ *)* "/> <XS:パターン値=" CONN:[-ZA-Z0-9:_ \ - ] +(/オペラ:[-ZA-Z0-。 9:_ \ - ] + | \ *)+ "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名="。msmlEventSource.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列"> <XS:パターン値=" CONF:[-ZA-Z0-9:_ \ - ] +。 "/> <XS:パターン値="(CONF:[-ZA-Z0-9:_ \ - ] + | CONN:[-ZA-Z0-9:_ \ - ] +)/ダイアログ:[-ZA-Z0-9:_ \ - ] + "/> </ XS:制限>。 </ XS:単純> <XS:単純型名= "msmlEventNameValue.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列" /> </ XS:単純> <XS:単純型ナムE = "mark.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "[-ZA-Z0-9:\ -_] +" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名= "boolean.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "true" を/> <XS:列挙値= "falseを"/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:simpleTypeの名前=" posDuration.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:パターン値="(\ +) ?([0-9] * \。)[0-9] +(MS | S) "/> </ XS:?制限> </ XS:単純> </ XS:スキーマ>

16.2. MSML Conference Core Package
16.2. MSML会議コアパッケージ
16.2.1. msml-conf-core.xsd
16.2.1. MSML-confの-core.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-conf-core-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:のschemaLocation = "MSML-core.xsd" /> <XSを含む:のschemaLocation = "MSML-CONF-コアdatatypes.xsd" /> </ XSが挙げられる:スキーマ>

16.2.2. msml-conf-core-datatypes.xsd
16.2.2. MSML-confのコア - datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core-datatypes.xsd"/> <xs:element name="createconference" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:all> <xs:element name="audiomix" type="audioMixType" minOccurs="0"/> <xs:element name="videolayout" type="videoLayoutType" minOccurs="0"/> <xs:element name="reserve" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:sequence> <xs:element name="resource" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:sequence> <xs:any namespace="##other" processContents="lax" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="n" type="xs:positiveInteger" default="1"/> <xs:anyAttribute namespace="##any"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:sequence> <xs:attribute name="required" type="boolean.datatype" default="true"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:all> <xs:attribute name="name" type="msmlInstanceID.datatype"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:「=増設ベース:要素名= "createconference" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XSのschemaLocation = "MSML-コアdatatypes.xsd" /> <XSを含みますmsmlRequestType "> <XS:すべて> <XS:要素名=" audiomix」タイプ= "audioMixType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "videolayout" タイプ= "videoLayoutType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "予約" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:配列> <XS:要素名= "リソース" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:配列> <XS:任意の名前空間= "##他" のprocessContents = "緩い" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限" /> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "N" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER"デフォルト= "1" /> <XS:anyAttributeは名前空間= "##あらゆる" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "必須" タイプ=」 boolean.datatype」デフォルト= "真" /> </ XS:complexTypeの> </ X S:要素> </ XS:すべて> <XS:属性名= "名前" タイプ= "msmlInstanceID.datatype" />

<xs:attribute name="deletewhen" default="never"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="nomedia"/> <xs:enumeration value="nocontrol"/> <xs:enumeration value="never"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="term" type="boolean.datatype" default="true"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="modifyconference" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:all> <xs:element name="audiomix" type="audioMixType" minOccurs="0"/> <xs:element name="videolayout" type="videoLayoutType" minOccurs="0"/> </xs:all> <xs:attribute name="id" type="confID.datatype" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="destroyconference" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:all> <xs:element name="audiomix" type="basicAudioMixType" minOccurs="0"/> <xs:element name="videolayout" type="basicVideoLayoutType" minOccurs="0"/> </xs:all> <xs:attribute name="id" type="confID.datatype" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="join" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:sequence>

<XS:属性名= "deletewhen" デフォルト= "決して"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "nomedia" /> <XS:列挙値=」 NOCONTROL "/> <XS:列挙値=" 決して "/> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名=" 用語」タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "真" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "modifyconference" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "msmlRequestType"> <XS:すべて> <XS:要素名= "audiomix" タイプ= "audioMixType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "videolayout"タイプ= "videoLayoutType" のminOccurs = "0" /> </ XS:すべて> <XS:属性名= "ID" タイプ= "confID.datatype" 使用= "必須" /> </ XS:拡張> </ XS :complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "destroyconference" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "msmlRequestType"> <XS:すべて> <XS:要素名= "audiomix"タイプ= "basicAudioMixType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "videolayout" タイプ= "basicVideoLayoutType" のminOccurs = "0" /> </ XS:すべて> <XS:属性名= "ID" タイプ= "confID.datatype" 使用= "必須" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名は=のsubstitutionGroup = "msmlRequestを" "参加" > <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "msmlRequestType"> <XS:配列>

<xs:element name="stream" type="streamType" minOccurs="0" maxOccurs="4"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="id1" type="independentID.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="id2" type="independentID.datatype" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="modifystream" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:sequence> <xs:element name="stream" type="streamType" maxOccurs="4"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="id1" type="independentID.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="id2" type="independentID.datatype" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="unjoin" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:sequence> <xs:element name="stream" type="basicStreamType" minOccurs="0" maxOccurs="4"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="id1" type="independentID.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="id2" type="independentID.datatype" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="monitor" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:attribute name="id1" type="connID.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="id2" type="independentID.datatype"

<XS:要素名= "ストリーム" タイプ= "streamType" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "4" /> </ XS:配列> <XS:属性名= "ID1" タイプ= "independentID.datatype" 使用= "必須" /> <XS:属性名= "ID2" タイプ= "independentID.datatype" 使用= "必須" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "modifystream" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "msmlRequestType"> <XS:配列> <XS:要素名=「ストリーム"タイプ=" streamType "のmaxOccurs = "4"/> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "ID1" タイプ= "independentID.datatype" 使用= "必要"/> <XS:属性名=" ID2 "TYPE =" independentID.datatype」使用は= "必要" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "" 退会のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "msmlRequestType"> <XS:配列> <XS:要素名= "ストリーム" タイプ= "basicStreamType" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "4" /> </ XS:シーケンス> <XS:属性名前= "ID1" タイプ= "independentID.datatype" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "ID2" タイプ= "independentID.datatype" 使用= "必要" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "モニター" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "msmlRequestType" > <XS:属性名= "ID1" タイプ= "connID.datatype" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "ID2" タイプ= "independentID.datatype"

use="required"/> <xs:attribute name="compressed" type="boolean.datatype" default="false"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="confid" type="msmlResultSimpleType" substitutionGroup="msmlResultSimple"/> <xs:complexType name="basicStreamType"> <xs:attribute name="dir"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="to-id1"/> <xs:enumeration value="from-id1"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="media"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="audio"/> <xs:enumeration value="video"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="compressed" type="boolean.datatype"/> </xs:complexType> <xs:complexType name="streamType"> <xs:complexContent> <xs:extension base="basicStreamType"> <xs:choice minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"> <xs:element name="gain"> <xs:complexType> <xs:attribute name="amt" use="optional"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:integer"> <xs:minInclusive value="-96"/> <xs:maxInclusive value="96"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="agc" type="boolean.datatype"/> <xs:attribute name="tgtlvl" use="optional"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:nonPositiveInteger"> <xs:minInclusive value="-40"/> <xs:maxInclusive value="0"/>

拡張子> </ XS::complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ = "偽" /> </ XS属性名= "圧縮" タイプ= "boolean.datatype" デフォルト:= "必須" /> <XSを使用XS:要素> <XS:要素名= "confid" タイプ= "msmlResultSimpleType" のsubstitutionGroup = "msmlResultSimple" /> <XS:complexTypeの名= "basicStreamType"> <XS:属性名= "DIR"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "へ-ID1" /> <XS:列挙値= "から-ID1" /> </ XS:制限> </ XS:simpleTypeの> </ XS:属性> <XS:属性名= "メディア"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "オーディオ" /> <XS:列挙値= "ビデオ" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "圧縮" タイプ= "boolean.datatype" /> </ XS:complexTypeの> <XS: complexTypeの名前= "streamType"> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "basicStreamType"> <XS:選択肢のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:要素名= "ゲイン"> <XS: complexTypeの> <XS:属性名= "AMT" 使用= "オプション"> <XS:単純> <XS :制限ベース= "XS:整数"> <XS:のminInclusive値= " - 96" /> <XS:maxInclusiveを値= "96" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "AGC" タイプ= "boolean.datatype" /> <XS:属性名= "tgtlvl" 使用= "オプション"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:なnonPositiveInteger" > <XS:のminInclusive値= " - 40" /> <XS:maxInclusiveを値= "0" />

</xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="maxgain" default="10"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:nonNegativeInteger"> <xs:minInclusive value="0"/> <xs:maxInclusive value="40"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="clamp"> <xs:complexType> <xs:attribute name="dtmf" type="boolean.datatype"/> <xs:attribute name="tones" type="boolean.datatype"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="visual"/> </xs:choice> <xs:attribute name="preferred" type="boolean.datatype" default="false"/> <xs:attribute name="display" type="xs:string"/> <xs:attribute name="override" type="boolean.datatype" default="false"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> <xs:complexType name="basicAudioMixType"> <xs:attribute name="id" type="xs:string" use="optional"/> <xs:attribute name="samplerate" type="xs:positiveInteger" use="optional" default="8000"/> </xs:complexType> <xs:complexType name="audioMixType"> <xs:complexContent> <xs:extension base="basicAudioMixType"> <xs:all> <xs:element name="asn" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:attribute name="ri" type="posDuration.datatype"/> <xs:attribute name="asth" default="-96"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:nonPositiveInteger"> <xs:minInclusive value="-96"/> <xs:maxInclusive value="0"/> </xs:restriction> </xs:simpleType>

</ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "最大利得" デフォルト= "10"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:NonNegativeIntegerの"> <XS:のminInclusive値= "0" /> <XS:maxInclusiveを値= "40" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "クランプ"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名= "DTMF" タイプ= "boolean.datatype" /> <XS:属性名= "トーン" タイプ= "boolean.datatype "/> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名=" 視覚的 "/> </ XS:選択> <XS:属性名=" 好ましい」タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "偽" /> <XS:属性名= "表示" タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "上書き" タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "偽" /> </ XS:拡張子> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> <XS:complexTypeの名前= "basicAudioMixType"> <XS:属性名= "ID" タイプ= "XS:文字列" 使用= "オプション" /> <XS:名前= "サンプルレート" タイプの属性= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプションの" デフォルト= "8000" /> </ XS:complexTypeの> <XS:complexTypeの名= "AUD ioMixType "> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース=" basicAudioMixType "> <XS:すべて> <XS:要素名=" ASN "のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名=" RI」タイプ= "posDuration.datatype" /> <XS:属性名= "asth" デフォルト= " - 96"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:なnonPositiveInteger"> <XS:のminInclusive値= "-96" /> <XS:maxInclusiveを値= "0" /> </ XS:制限> </ XS:simpleTypeの>

</xs:attribute> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="n-loudest" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:attribute name="n" type="xs:positiveInteger" use="required"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:all> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> <xs:complexType name="basicVideoLayoutType"> <xs:attribute name="id" type="xs:string" use="required"/> <xs:attribute name="type" type="xs:string" use="required" fixed="text/msml-basic-layout"/> </xs:complexType> <xs:complexType name="videoLayoutType"> <xs:complexContent> <xs:extension base="basicVideoLayoutType"> <xs:choice> <xs:element name="selector"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="selectorType"> <xs:choice> <xs:element name="root" type="rootType" minOccurs="0"/> <xs:element name="region" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:attribute name="id" type="xs:string" use="required"/> <xs:attribute name="left" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="top" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="relativeSize"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="1/4"/> <xs:enumeration value="1/3"/> <xs:enumeration value="2/3"/> <xs:enumeration value="3/4"/> <xs:enumeration value="1"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="priority"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:float"> <xs:minInclusive value="0"/> <xs:maxExclusive value="1"/>

</ XS:属性> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "N-最大音量" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名= "N" 型= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "必要" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:すべて> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> < XS:complexTypeの名前= "basicVideoLayoutType"> <XS:属性名= "ID" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必須" /> <XS:属性名は= "タイプ" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必須" 固定= "テキスト/ MSML-基本レイアウト" /> </ XS:complexTypeの> <XS:complexTypeの名= "videoLayoutType"> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "basicVideoLayoutType"> <XS:選択> <XS:要素名= "選択"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "selectorType"> <XS:選択> <XS:要素名= "ルート" タイプ= "rootType "のminOccurs =" 0 "/> <XS:要素名=" 領域」のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名= "ID" タイプ= "XS:文字列" 使用= "" 必須/ > <XS:属性名= "左" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" /> <XS:属性名= "トップ" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" /> <XS:attriビュート名= "relativeSize"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "1/4" /> <XS:列挙値= "1/3" /> <XS:列挙値= "2/3" /> <XS:列挙値= "3/4" /> <XS:列挙値= "1" /> </ XS:制限> </ XS:simpleTypeの> < / XS:属性> <XS:属性名= "優先度"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:フロート"> <XS:のminInclusive値= "0" /> <XS:maxExclusive値=」 1" />

</xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="title" type="xs:string"/> <xs:attribute name="titleTextColor" type="xs:string"/> <xs:attribute name="titleBackgroundColor" type="xs:string"/> <xs:attribute name="borderColor" type="xs:string"/> <xs:attribute name="borderWidth" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="logo" type="xs:anyURI"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="root" type="rootType"/> <xs:element name="region" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="regionType"/> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> <xs:complexType name="regionType"> <xs:attribute name="id" type="xs:string" use="required"/> <xs:attribute name="left" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="top" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="relativeSize"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="1/4"/> <xs:enumeration value="1/3"/> <xs:enumeration value="2/3"/> <xs:enumeration value="3/4"/> <xs:enumeration value="1"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="priority"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:float"> <xs:minInclusive value="0"/> <xs:maxExclusive value="1"/>

</ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "タイトル" タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "titleTextColor" タイプ= "XS:文字列 "/> <XS:属性名=" titleBackgroundColor」タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "BORDERCOLOR" タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "borderWidth" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" /> <XS:属性名= "ロゴ" タイプ= "XS:anyURIの" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "ルート" タイプ= "rootType" /> <XS:要素名= "領域" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "regionType" /> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> < / XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> <XS:complexTypeの名前= "regionType"> <XS:属性名= "ID" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "左" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" /> <XS:属性名= "トップ" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" /> <XS:属性名= "relativeSize"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "1/4" /> <XS:列挙値= "1/3" /> <XS :列挙値= "2/3" /> <XS:列挙値= "3/4" /> <XS:列挙値= "1" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS :属性> <XS:属性名= "優先度"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:フロート"> <XS:のminInclusive値= "0" /> <XS:maxExclusive値= "1" />

</xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="title" type="xs:string"/> <xs:attribute name="titleTextColor" type="xs:string"/> <xs:attribute name="titleBackgroundColor" type="xs:string"/> <xs:attribute name="borderColor" type="xs:string"/> <xs:attribute name="borderWidth" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="logo" type="xs:anyURI"/> </xs:complexType> <xs:complexType name="selectorType"> <xs:attribute name="id" type="xs:string" use="required"/> <xs:attribute name="method" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="vas"/> <xs:enumeration value="sequence"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="status" default="active"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="active"/> <xs:enumeration value="disabled"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="si" type="posDuration.datatype" default="1s"/> <xs:attribute name="blankothers" type="xs:boolean" default="false"/> <xs:attribute name="speakersees" default="current"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="current"/> <xs:enumeration value="previous"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:complexType> <xs:complexType name="rootType"> <xs:attribute name="size" default="CIF"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="16CIF"/> <xs:enumeration value="4CIF"/> <xs:enumeration value="CIF"/> <xs:enumeration value="QCIF"/> </xs:restriction>

</ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "タイトル" タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "titleTextColor" タイプ= "XS:文字列 "/> <XS:属性名=" titleBackgroundColor」タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "BORDERCOLOR" タイプ= "XS:文字列" /> <XS:属性名= "borderWidth" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" /> <XS:属性名= "ロゴ" タイプ= "XS:anyURIの" /> </ XS:complexTypeの> <XS:complexTypeの名= "selectorType"> <XS:属性名= "ID "TYPE =" XS:文字列」使用は= "必須:必須" /> <XS属性名= "方法" を使用する= ""> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "VAS" /> <XS:列挙値= "シーケンス" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "ステータス" デフォルト= "アクティブ"> <XS:単純> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:列挙値=" アクティブ "/> <XS:列挙値=" 無効 "/> </ XS:制限> </ XS :単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "SI" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "1" /> <XS:属性名= "BLAN kothers」タイプ= "XS:ブール" デフォルト= "false" に/> <XS:属性名= "speakersees" デフォルト= "現在"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS :列挙値= "現在" /> <XS:列挙値= "前の" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:complexTypeの> <XS:complexTypeの名= "rootType"> <XS:属性名= "サイズ" デフォルト= "CIF"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "16CIF" /> <XS:列挙値= "4CIF" /> <XS:列挙値= "CIF" /> <XS:列挙値= "QCIF" /> </ XS:制限>

</xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="backgroundcolor" type="xs:string" default="black"/> <xs:attribute name="backgroundimage" type="xs:anyURI"/> </xs:complexType> <xs:simpleType name="confclass.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="standard"/> <xs:enumeration value="preferred"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="conferenceType.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="audio.basic"/> <xs:enumeration value="audio.advanced"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="duplex.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="half"/> <xs:enumeration value="full"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:schema>

</ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "背景色" タイプ= "XS:文字列" デフォルト= "黒" /> <XS:属性名= "背景画像" タイプ= "XS:anyURIの"/> </ XS:complexTypeの> <XS:単純型名=" confclass.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:列挙値=" 標準 "/> <XS:列挙値= "好ましい" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名= "conferenceType.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "オーディオ。基本的な "/> <XS:列挙値=" audio.advanced "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=" duplex.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:列挙値=" 半分 "/> <XS:列挙値=" フル "/> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:スキーマ>

16.3. MSML Dialog Packages
16.3. MSMLダイアログパッケージ
16.3.1. msml-dialog-core.xsd
16.3.1. MSML-ダイアログcore.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:のschemaLocation = "MSML-core.xsd" /> <XSを含む:のschemaLocation = "MSML-ダイアログコアdatatypes.xsd" /> </ XSが挙げられる:スキーマ>

16.3.2. msml-dialog-core-datatypes.xsd
16.3.2. MSML-ダイアログ・コア - datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core-datatypes.xsd"/> <xs:group name="momlRequest"> <xs:choice> <xs:group ref="executeType"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:グループ名= "momlRequest"> <XS:選択> <XS:グループREF = "executeType" />のschemaLocation = "MSML-コアdatatypes.xsd" /> <XSを含みます

<xs:group ref="sendType"/> </xs:choice> </xs:group> <xs:element name="dialogstart" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:choice> <xs:group ref="momlRequest" minOccurs="0"/> </xs:choice> <xs:attribute name="target" type="independentID.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="type" type="dialogLanguage.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="name" type="msmlInstanceID.datatype"/> <xs:attribute name="src" type="xs:anyURI" use="optional"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="dialogend" substitutionGroup="msmlRequest"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="msmlRequestType"> <xs:attribute name="id" type="dialogID.datatype" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="dialogid" type="msmlResultSimpleType" substitutionGroup="msmlResultSimple"/> <xs:group name="executeType"> <xs:choice> <xs:element ref="primitive" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element ref="control" maxOccurs="unbounded"/> </xs:choice> </xs:group> <xs:element name="primitive" type="primitiveType" abstract="true"/> <xs:complexType name="primitiveType"> <xs:attribute name="id" type="momlID.datatype"/> </xs:complexType> <xs:element name="control" abstract="true"/> <xs:group name="sendType"> <xs:choice> <xs:choice> <xs:element name="exit" type="exitType"/> <xs:element name="disconnect" type="exitType"/> </xs:choice>

<XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:選択> </ XS:グループ> <XS:要素名= "dialogstart" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS :増設ベース= "msmlRequestType"> <XS:選択> <XS:グループREF = "momlRequest" のminOccurs = "0" /> </ XS:選択> <XS:属性名= "ターゲット" タイプ= "independentID.datatype "使う=" 必須 "/> <XS:属性名=" タイプ」タイプ= "dialogLanguage.datatype" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "名前" タイプ= "msmlInstanceID.datatype" /> < XS:属性名= "SRC" タイプ= "XS:anyURIの" 使用= "オプション" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名前= "dialogend" のsubstitutionGroup = "msmlRequest"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "msmlRequestType"> <XS:属性名= "ID" タイプ= "dialogID.datatype" 使用=」必要 "/> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名=" dialogid」タイプ= "msmlResultSimpleType" のsubstitutionGroup = "msmlResultSimple" /> < XS:グループ名= "executeType"> <XS:町氷> <XS:要素REF = "原始的" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:要素REF = "コントロール" のmaxOccurs = "無制限" /> </ XS:選択> </ XS:グループ> <XS:要素名前= "原始的" タイプ= "なPrimitiveType" 抽象= "真" /> <XS:complexTypeの名= "なPrimitiveType"> <XS:属性名= "ID" タイプ= "momlID.datatype" /> </ XS:complexTypeの> <XS:要素名= "コントロール" 抽象= "真" /> <XS:グループ名= "sendType"> <XS:選択> <XS:選択> <XS:要素名= "終了" タイプ= "exitType "/> <XS:要素名=" 切断」タイプ= "exitType" /> </ XS:選択>

<xs:sequence> <xs:element ref="send" maxOccurs="unbounded"/> <xs:choice minOccurs="0"> <xs:element name="exit" type="exitType"/> <xs:element name="disconnect" type="exitType"/> </xs:choice> </xs:sequence> </xs:choice> </xs:group> <xs:element name="send"> <xs:complexType> <xs:attribute name="event" type="momlEvent.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="target" type="momlTarget.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="namelist" type="momlNamelist.datatype"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:complexType name="exitType"> <xs:attribute name="namelist" type="momlNamelist.datatype"/> </xs:complexType> <xs:simpleType name="momlID.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9._\-]*"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="momlEvent.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9._\-]*"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="momlNamelist.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="dtmfDigits.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[0-9#*]+"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="iterate.datatype"> <xs:union memberTypes="xs:positiveInteger"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:negativeInteger"> <xs:minInclusive value="-1"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="forever"/>

<XS:シーケンス> <XS:要素REF = "送信" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:選択肢のminOccurs = "0"> <XS:要素名= "終了" タイプ= "exitType" /> <XS:要素名= "切断" タイプ= "exitType" /> </ XS:選択> </ XS:シーケンス> </ XS:選択> </ XS:グループ> <XS:要素名を= "送信"> <XS: complexTypeの> <XS:属性名= "イベント" タイプ= "momlEvent.datatype" 使用= "必須" /> <XS:属性名= "ターゲット" タイプ= "momlTarget.datatype" 使用= "必須" /> <XS :属性名= "名前リスト" タイプ= "momlNamelist.datatype" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:complexTypeの名前= "exitType"> <XS:属性名= "名前リスト" タイプ=」 momlNamelist.datatype "/> </ XS:complexTypeの> <XS:単純型名=" momlID.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:パターン値=" [-ZA-Z0- 9] [-ZA-Z0-9 ._ \ - ] * "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=" momlEvent.datatype "> <XS:制限塩基=" XS:文字列 "> <XS:パターン値=" [-ZA-Z0-9] [-ZA-Z0-9 ._ \ - ] * "/> </ XS:制限> </ XS:simpleTypeの> <XS:単純型名= "momlNamelist.datatype"> <XS:制限B ASE = "XS:文字列" /> </ XS:単純> <XS:単純型名= "dtmfDigits.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "[0-9 #*] + "/> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=" iterate.datatype "> <XS:組合memberTypesの=" XS:POSITIVEINTEGER "> <XS:単純> <XS :制限ベース= "XS:なnegativeInteger"> <XS:のminInclusive値= " - 1" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列" > <XS:列挙値= "永遠" />

</xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:union> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="momlTarget.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[a-zA-Z0-9][a-zA-Z0-9._\-]*"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> <xs:simpleType name="duration.datatype"> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="(\+|\-)?([0-9]*\.)?[0-9]+(ms|s)"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:schema>

</ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:組合> </ XS:単純> <XS:単純型名= "momlTarget.datatype"> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS :パターン値= "[-ZA-Z0-9] [-ZA-Z0-9 ._ \ - ] *" /> </ XS:制限> </ XS:単純> <XS:単純型名=」 duration.datatype "> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:パターン値="(\ + | \ - )([0-9] * \。)[0-9] +(?? MS | S) "/> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:スキーマ>

16.3.3. msml-dialog-base.xsd
16.3.3. MSML-ダイアログbase.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="unqualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-base-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XSの= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "修飾されていない" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-core.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログコアdatatypes.xsd" /> <XS:のschemaLocation = "MSML-ダイアログベースのデータ型が含まれます。 XSD "/> </ XS:スキーマ>

16.3.4. msml-dialog-base-datatypes.xsd
16.3.4. MSML-ダイアログベースdatatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="unqualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:import namespace="http://www.w3.org/XML/1998/namespace" schemaLocation="http://www.w3.org/2001/xml.xsd"/> <xs:element name="play" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:sequence> <xs:choice maxOccurs="unbounded"> <xs:element name="audio" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:attribute name="uri" type="xs:anyURI" use="required"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> <xs:attribute name="format" type="xs:string" use="optional"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XSの= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "修飾されていない" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:のschemaLocationが含ま= "MSML-ダイアログ・コアdatatypes.xsd" /> <XS:インポートの名前空間= "http://www.w3.org/XML/1998/namespace" のschemaLocation = "のhttp:// www.w3.org/2001/xml.xsd "/> <XS:要素名=" 再生」のsubstitutionGroup = "原始的"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "なPrimitiveType"> < XS:シーケンス> <XS:選択肢のmaxOccurs = "無制限"> <XS:要素名= "オーディオ" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名= "URI" タイプ= "XS:anyURIの" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> <XS:属性名= "形式" タイプ= "XS:文字列"使う=" オプション "/>

         <xs:attribute name="audiosamplerate" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="audiosamplesize" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute ref="xml:lang"/>
        </xs:complexType>
       </xs:element>
       <xs:element name="video" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
        <xs:complexType>
         <xs:attribute name="uri" type="xs:anyURI" use="required"/>
         <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype"
                       use="optional" default="1"/>
         <xs:attribute name="format" type="xs:string" use="optional"/>
         <xs:attribute name="audiosamplerate" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="audiosamplesize" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="codecconfig" type="xs:string"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="profile" type="xs:string" use="optional"/>
         <xs:attribute name="level" type="xs:string" use="optional"/>
         <xs:attribute name="imagewidth" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="imageheight" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="maxbitrate" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
         <xs:attribute name="framerate" type="xs:positiveInteger"
                       use="optional"/>
        </xs:complexType>
       </xs:element>
       <xs:element name="media" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
        <xs:complexType>
         <xs:choice minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
          <xs:element name="audio" minOccurs="0">
           <xs:complexType>
            <xs:attribute name="uri" type="xs:anyURI" use="required"/>
            <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype"
                          default="1"/>
            <xs:attribute name="format" type="xs:string"
                          use="optional"/>
            <xs:attribute name="audiosamplerate"
                          type="xs:positiveInteger" use="optional"/>
            <xs:attribute name="audiosamplesize"
                          type="xs:positiveInteger" use="optional"/>
            <xs:attribute ref="xml:lang"/>
           </xs:complexType>
          </xs:element>
        

<xs:element name="video" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:attribute name="uri" type="xs:anyURI" use="required"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" use="optional" default="1"/> <xs:attribute name="format" type="xs:string" use="optional"/> <xs:attribute name="audiosamplerate" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="audiosamplesize" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="codecconfig" type="xs:string" use="optional"/> <xs:attribute name="profile" type="xs:string" use="optional"/> <xs:attribute name="level" type="xs:string" use="optional"/> <xs:attribute name="imagewidth" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="imageheight" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="maxbitrate" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="framerate" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element ref="smedia" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> </xs:choice> <xs:choice minOccurs="0"> <xs:element name="playexit"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:sequence> <xs:attribute name="interval" type="posDuration.datatype" use="optional"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" use="optional" default="1"/> <xs:attribute name="offset" type="duration.datatype" use="optional"/> <xs:attribute name="initial" use="optional" default="generate"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string">

<XS:要素名= "ビデオ" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名= "URI" タイプ= "XS:anyURIの" 使用= "必須" /> <XS:属性名=」反復」タイプ= "iterate.datatypeは" 使用= "オプションの" デフォルト= "1" /> <XS:属性名= "形式" タイプ= "XS:文字列" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "audiosamplerate" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "audiosamplesize" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "codecconfig" タイプ= "XS:文字列" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "プロファイル" タイプ= "XS:文字列" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "レベル" タイプ= "XS:文字列」使用= "オプション" /> <XS:属性名= "imagewidth" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "imageheight" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "のmaxBitrate" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "フレームレート" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" / > </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素REF = "smedia" のminOccursは= "0" のmaxOccurs = "無制限" /> </ XS:選択> <XS:選択肢のminOccurs = "0"> <XS:要素名= "playexit"> <XS:complexTypeの> <XS :グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "間隔" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "オプション" /> <XS:=タイプ= "duration.datatype" を "オフセット" 属性名:属性名= "反復" タイプは、= "iterate.datatypeは、" = "オプションの" デフォルト= "1" /> <XSを使用しますXS = "オプション" /> <使用:属性名は= "初期" の使用は、= "オプションの" デフォルト= "生成"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列">

<xs:enumeration value="generate"/> <xs:enumeration value="suspend"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="maxtime" type="posDuration.datatype" use="optional"/> <xs:attribute name="skip" type="duration.datatype" use="optional" default="3s"/> <xs:attribute name="barge" type="boolean.datatype" use="optional" default="false"/> <xs:attribute name="cleardb" type="boolean.datatype" use="optional" default="false"/> <xs:attribute ref="xml:lang"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="record" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:choice minOccurs="0"> <xs:element ref="play" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element ref="tonegen" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element name="recordexit"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> <xs:attribute name="append" type="boolean.datatype" use="optional" default="false"/> <xs:attribute name="dest" type="xs:anyURI" use="optional"/> <xs:attribute name="audiodest" type="xs:anyURI" use="optional"/> <xs:attribute name="videodest" type="xs:anyURI" use="optional"/> <xs:attribute name="format" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="codecconfig" use="optional"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="audiosamplerate" type="xs:positiveInteger" use="optional"/>

<XS:列挙値= "生成" /> <XS:列挙値= "一時停止" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "MAXTIME" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "スキップ" タイプ= "duration.datatype" 使用= "オプションの" デフォルト= "3S" /> <XS:属性名= "はしけ" = "boolean.datatype" 使用を入力= "オプションの" デフォルト= "false" に/> <XS:属性名= "cleardb" タイプ= "boolean.datatype" 使用= "オプションの" デフォルト= "false" に/> <XS: <要素名= "記録" のsubstitutionGroup = "原始的">:/> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XSは:ref = "LANG XMLの" 属性XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "なPrimitiveType"> <XS:選択肢のminOccurs = "0"> <XS:要素REF = "再生" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:要素REF = "tonegen" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限" /> <XS:要素名= "recordexit"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS :complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> <XS:属性名は= "追加" タイプ= "boolean.datatype" たちE = "オプションの" デフォルト= "false" に/> <XS:属性名= "DEST" タイプ= "XS:anyURIの" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "audiodest" タイプ= "XS:anyURIの"XS /> <:属性名は=" オプション "=使う" videodest」タイプ= "XS:anyURIの" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "形式" 使用= "必要"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列" /> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "codecconfig" 使用= "オプション"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列" /> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "audiosamplerate" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" />

<xs:attribute name="audiosamplesize" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="profile" use="optional"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="level" use="optional"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"/> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="imagewidth" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="imageheight" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="maxbitrate" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="framerate" type="xs:positiveInteger" use="optional"/> <xs:attribute name="maxtime" type="posDuration.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="initial" use="optional" default="create"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="create"/> <xs:enumeration value="suspend"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="prespeech" type="posDuration.datatype" use="optional" default="0s"/> <xs:attribute name="postspeech" type="posDuration.datatype" use="optional" default="0s"/> <xs:attribute name="termkey" use="optional"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:pattern value="[0-9#*ABCD]"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="dtmf" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent>

<XS:属性名= "audiosamplesize" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "プロファイル" 使用= "オプション"> <XS:単純> <XS:制限塩基=」 XS:文字列 "/> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名=" レベル」使用= "オプション"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列" / > </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "imagewidth" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "imageheight" タイプ= "XS: POSITIVEINTEGER」使用= "オプション" /> <XS:属性名= "のmaxBitrate" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "フレームレート" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER" 使用= "オプション" /> <XS:属性名= "MAXTIME" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "必須" /> <XS:属性名= "イニシャル" 使用= "オプションの" デフォルト= "作成"> <XS :単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "作成" /> <XS:列挙値= "一時停止" /> </ XS:制限> </ XS:simpleTypeの> < / XS:属性> <XS:属性名= "prespeech" タイプ= "posDuration.datatype" U SE = "オプションの" デフォルト= "0" /> <XS:属性名= "postspeech" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "オプションの" デフォルト= "0" /> <XS:属性名= "termkey" 使用= "オプション"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:パターン値= "[0-9#* ABCD]" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "DTMF" のsubstitutionGroup = "原始的"> <XS: complexTypeの> <XS:complexContentを>

<xs:extension base="primitiveType"> <xs:sequence> <xs:element name="pattern" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> <xs:attribute name="digits" type="xs:string" use="required"/> <xs:attribute name="format"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="mgcp"/> <xs:enumeration value="megaco"/> <xs:enumeration value="moml+digits"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="detect" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="noinput" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> <xs:element name="nomatch" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> <xs:element name="dtmfexit" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element ref="play" minOccurs="0"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="cleardb" type="boolean.datatype" default="true"/> <xs:attribute name="fdt" type="posDuration.datatype" default="0s"/> <xs:attribute name="idt" type="posDuration.datatype" default="4s"/> <xs:attribute name="edt" type="posDuration.datatype" default="4s"/> <xs:attribute name="starttimer" type="boolean.datatype" default="false"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> <xs:attribute name="ldd" type="posDuration.datatype" default="0s"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="collect" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType>

<XS:増設ベース= "なPrimitiveType"> <XS:配列> <XS:要素名= "パターン" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> <XS:属性名前= "数字" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "形式"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "MGCP" /> <XS:列挙値= "MEGACO" /> <XS:列挙値= "MOMLの+数字" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> < XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= minOccurs属性を "検出" = "0"> < XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "NOINPUT" タイプ= "iterateSendType" のminOccurs = "0" /> <XS :要素名= "NOMATCH" タイプ= "iterateSendType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "dtmfexit" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素REF = "再生" のminOccurs = "0" /> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "cleardb" タイプ= "boolea n.datatype」デフォルト= "真" /> <XS:属性名= "FDT" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "0" /> <XS:属性名= "IDT" タイプ= "posDuration.datatype"デフォルト= "4S" /> <XS:属性名= "EDT" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "4S" /> <XS:属性名= "starttimer" タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "falseを"/> <XS:属性名=" 反復」タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> <XS:属性名= "LDD" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "0" /> < / XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "収集" のsubstitutionGroup = "プリミティブ"> <XS:complexTypeの>

<xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:sequence> <xs:element name="pattern" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> <xs:attribute name="digits" type="xs:string" use="required"/> <xs:attribute name="format"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="mgcp"/> <xs:enumeration value="megaco"/> <xs:enumeration value="moml+digits"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="detect" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="noinput" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> <xs:element name="nomatch" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> <xs:element name="dtmfexit" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element ref="play" minOccurs="0"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="cleardb" type="boolean.datatype" default="true"/> <xs:attribute name="fdt" type="posDuration.datatype" default="0s"/> <xs:attribute name="idt" type="posDuration.datatype" default="4s"/> <xs:attribute name="edt" type="posDuration.datatype" default="4s"/> <xs:attribute name="starttimer" type="boolean.datatype" default="false"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> <xs:attribute name="ldd" type="posDuration.datatype"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="dtmfgen" substitutionGroup="primitive">

<XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "なPrimitiveType"> <XS:配列> <XS:要素名= "パターン" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" / > <XS:属性名= "数字" タイプ= "XS:文字列" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "フォーマット"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列" > <XS:列挙値= "MGCP" /> <XS:列挙値= "MEGACO" /> <XS:列挙値= "MOMLの+数字" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "検出" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "NOINPUT" タイプ= "iterateSendType" のminOccurs = "0 "/> <XS:要素名=" NOMATCH」タイプ= "iterateSendType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "dtmfexit" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素refは= "再生" のminOccurs = "0" /> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "C leardb」タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "真" /> <XS:属性名= "FDT" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "0" /> <XS:属性名= "IDT" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "4S" /> <XS:属性名= "EDT" タイプ= "posDuration.datatype" デフォルト= "4S" /> <XS:属性名= "starttimer" タイプ= "boolean.datatype "デフォルト=" false "に/> <XS:属性名=" 反復」タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> <XS:属性名= "LDD" タイプ= "posDuration.datatype" /> < / XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "dtmfgen" のsubstitutionGroup = "プリミティブ">

<xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:choice minOccurs="0"> <xs:element name="dtmfgenexit"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> <xs:attribute name="level" use="optional" default="-6"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:nonPositiveInteger"> <xs:maxInclusive value="0"/> <xs:minInclusive value="-96"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="digits" type="dtmfDigits.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="dur" type="posDuration.datatype" use="optional" default="100ms"/> <xs:attribute name="interval" type="posDuration.datatype" use="optional" default="100ms"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="tonegen" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:choice minOccurs="0"> <xs:element name="tonegenexit" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="tone" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:sequence> <xs:element name="tone1"> <xs:complexType> <xs:attribute name="freq" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:unsignedInt"> <xs:minInclusive value="0"/> <xs:maxInclusive value="3999"/>

<XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "なPrimitiveType"> <XS:選択のminOccurs = "0"> <XS:要素名= "dtmfgenexit"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> <XS:属性名= "レベル" 使用= "オプションの" デフォルト= " - 6"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:なnonPositiveInteger"> <XS:maxInclusiveを値= "0" /> <XS:のminInclusive値= " - 96" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS :属性> <XS:属性名= "数字" タイプ= "dtmfDigits.datatype" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "durの" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "オプションの" デフォルト=」 100msの "/> <XS:属性名=" 間隔」タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "オプションの" デフォルト= "100msの" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "tonegen" のsubstitutionGroup = "プリミティブ"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "なPrimitiveType"> <XS:選択のminOccurs = "0" > <XS:要素名= "tonegenexit" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "トーン" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:シーケンス> <XS:要素名=」 TONE1 "> <XS:complexTypeの> <XS:属性名=" FREQ」使用= ""> <XS:単純> <XS:制限ベース= "必須/ 0 "のxs:unsignedInt型" のminInclusive値=> <XS" を> <XS:maxInclusiveを値= "3999" />

             </xs:restriction>
            </xs:simpleType>
           </xs:attribute>
           <xs:attribute name="atten" use="required">
            <xs:simpleType>
             <xs:restriction base="xs:nonPositiveInteger">
              <xs:minInclusive value="-96"/>
              <xs:maxInclusive value="0"/>
             </xs:restriction>
            </xs:simpleType>
           </xs:attribute>
          </xs:complexType>
         </xs:element>
         <xs:element name="tone2">
          <xs:complexType>
           <xs:attribute name="freq" use="required">
            <xs:simpleType>
             <xs:restriction base="xs:unsignedInt">
              <xs:minInclusive value="0"/>
              <xs:maxInclusive value="3999"/>
             </xs:restriction>
            </xs:simpleType>
           </xs:attribute>
           <xs:attribute name="atten" use="required">
            <xs:simpleType>
             <xs:restriction base="xs:nonPositiveInteger">
              <xs:minInclusive value="-96"/>
              <xs:maxInclusive value="0"/>
             </xs:restriction>
            </xs:simpleType>
           </xs:attribute>
          </xs:complexType>
         </xs:element>
         <xs:element name="silence" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded">
          <xs:complexType>
           <xs:attribute name="duration" type="duration.datatype"
                         use="required"/>
          </xs:complexType>
         </xs:element>
        </xs:sequence>
        <xs:attribute name="duration" use="required">
         <xs:simpleType>
          <xs:restriction base="duration.datatype"/>
         </xs:simpleType>
        </xs:attribute>
        <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype"
                      use="optional" default="1"/>
       </xs:complexType>
        

</xs:element> <xs:element name="silence" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:attribute name="duration" type="duration.datatype" use="required"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" use="optional" default="1"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:complexType name="iterateSendType"> <xs:group ref="sendType"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> </xs:complexType> <xs:element name="smedia" type="smediaType" abstract="true"/> <xs:complexType name="smediaType"> <xs:attribute ref="xml:lang"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype"/> </xs:complexType> <xs:element name="var" substitutionGroup="smedia"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="smediaType"> <xs:attribute name="type" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="date"/> <xs:enumeration value="digits"/> <xs:enumeration value="duration"/> <xs:enumeration value="month"/> <xs:enumeration value="money"/> <xs:enumeration value="number"/> <xs:enumeration value="silence"/> <xs:enumeration value="time"/> <xs:enumeration value="weekday"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="subtype" type="xs:string" use="optional"/> <xs:attribute name="value" type="xs:string" use="required"/> </xs:extension> </xs:complexContent>

</ XS:要素> <XS:要素名= "沈黙" のminOccurs = "0" のmaxOccurs = "無制限"> <XS:complexTypeの> <XS:属性名= "持続時間" タイプ= "duration.datatype" 使用=」必要な "/> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:選択> <XS:属性名=" 反復」タイプ= "iterate.datatype" 使用= "オプションの" デフォルト= "1" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:complexTypeの名前= "iterateSendType"> <XS:グループREF = "sendType" /> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> </ XS:complexTypeの> <XS:要素名= "smedia" タイプ= "smediaType" 抽象= "真" /> <XS:complexTypeの名前= "smediaType"> <XS:属性REF = "XML:LANG" /> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" /> </ XS:complexTypeの> <XS:要素名= "VAR "のsubstitutionGroup =" smedia "> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース=" smediaType "> <XS:属性名=" "> <XS必要なタイプ」使用=":単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値= "日付" /> <XS:列挙値= "数字" /> <XS:ENU meration値= "期間" /> <XS:列挙値= "月" /> <XS:列挙値= "お金" /> <XS:列挙値= "数" /> <XS:列挙値= "沈黙" /> <XS:列挙値= "時間" /> <XS:列挙値= "平日" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "サブタイプ"タイプ=" XS:文字列」使用= "オプション" /> <XS:属性名= "値" タイプ= "XS:文字列" 使用は= "" 必要/> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを>

</xs:complexType> </xs:element> </xs:schema>

</ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:スキーマ>

16.3.5. msml-dialog-transform.xsd
16.3.5. MSML-ダイアログtransform.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="unqualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-transform-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XSの= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "修飾されていない" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-core.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログ・コアdatatypes.xsd" /> <XS:のschemaLocation = "MSML-ダイアログ・変換・データ型が含まれます。 XSD "/> </ XS:スキーマ>

16.3.6. msml-dialog-transform-datatypes.xsd
16.3.6. MSML-ダイアログ・変換・datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="unqualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:import namespace="http://www.w3.org/XML/1998/namespace" schemaLocation="http://www.w3.org/2001/xml.xsd"/> <xs:element name="vad" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:all> <xs:element name="voice" type="vadPatternType" minOccurs="0"/> <xs:element name="silence" type="vadPatternType" minOccurs="0"/> <xs:element name="tvoice" type="vadPatternType" minOccurs="0"/> <xs:element name="tsilence" type="vadPatternType" minOccurs="0"/> </xs:all> <xs:attribute name="starttimer" type="boolean.datatype" default="false"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="gain" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:attribute name="incr" default="3"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:positiveInteger"> <xs:maxInclusive value="96"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XSの= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "修飾されていない" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:のschemaLocationが含ま= "MSML-ダイアログ・コアdatatypes.xsd" /> <XS:インポートの名前空間= "http://www.w3.org/XML/1998/namespace" のschemaLocation = "のhttp:// www.w3.org/2001/xml.xsd "/> <XS:要素名=" VAD」のsubstitutionGroup = "プリミティブ"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "なPrimitiveType"> < XS:すべて> <XS:要素名= "声" タイプ= "vadPatternType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "沈黙" タイプ= "vadPatternType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名前= "tvoice" タイプ= "vadPatternType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "tsilence" タイプ= "vadPatternType" のminOccurs = "0" /> </ XS:すべて> <XS:属性名= "starttimer" タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "偽" /> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "ゲイン" substitutionGroup = "プリミティブ"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "primit iveType "> <XS:属性名=" INCR」デフォルト= "3"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:POSITIVEINTEGER"> <XS:maxInclusiveを値= "96" />

</xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="amt" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:integer"> <xs:minInclusive value="-96"/> <xs:maxInclusive value="96"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="agc" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:attribute name="tgtlvl" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:nonPositiveInteger"> <xs:minInclusive value="-40"/> <xs:maxInclusive value="0"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="maxgain" default="10"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:nonNegativeInteger"> <xs:minInclusive value="0"/> <xs:maxInclusive value="40"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="gate" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:attribute name="initial" default="pass"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="pass"/> <xs:enumeration value="halt"/>

</ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "AMT" を使用= "必要"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:整数"> <XS:のminInclusive値= " - 96" /> <XS:maxInclusiveを値= "96" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:拡張> </ XS :complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "AGC" のsubstitutionGroup = "プリミティブ"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "なPrimitiveType"> <XS:属性名= "tgtlvl" 使用は= "必要"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:なnonPositiveInteger"> <XS:のminInclusive値= " - 40" /> <XS:maxInclusiveを値= "0" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "最大利得" デフォルト= "10"> <XS:単純> <XS:制限ベース=」 XS:NonNegativeIntegerの "> <XS:のminInclusive値=" 0 "/> <XS:maxInclusiveを値=" 40" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "ゲート" のsubstitutionGroup = "primi TIVE "> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース=" なPrimitiveType "> <XS:属性名=" イニシャル "デフォルト= "パス"> <XS:単純> <XS:制限ベース=" XS:文字列 "> <XS:列挙値=" パス "/> <XS:列挙値=" 停止 "/>

</xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="clamp" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"/> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="relay" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"/> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:complexType name="vadPatternType"> <xs:group ref="sendType"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> <xs:attribute name="len" type="posDuration.datatype" use="required"/> <xs:attribute name="sen" type="posDuration.datatype" use="optional"/> </xs:complexType> </xs:schema>

</ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "クランプ"のsubstitutionGroup =" プリミティブ "> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース=" なPrimitiveType "/> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素complexType> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "なPrimitiveType" /> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:=は "リレー" のsubstitutionGroup = "プリミティブ"> <XS名前要素> <XS:complexTypeの名= "vadPatternType"> <XS:グループREF = "sendType" /> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> <XS:属性名= "LEN" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "必要" /> <XS:属性名= "銭" タイプ= "posDuration.datatype" 使用= "オプション" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:スキーマ>

16.3.7. msml-dialog-group.xsd
16.3.7. MSML-ダイアログgroup.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="unqualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-base-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-group-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XSの= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "修飾されていない" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-core.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログコアdatatypes.xsd" /> <XS:のschemaLocation = "MSML-ダイアログベースのデータ型が含まれます。 XSD "/> <XS:のschemaLocation =含める" MSML・ダイアログ・グループdatatypes.xsd "/> </ XS:スキーマ>

16.3.8. msml-dialog-group-datatypes.xsd
16.3.8. MSML-ダイアログ・グループdatatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="unqualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core-datatypes.xsd"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XSの= "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "修飾されていない" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-コアdatatypes.xsd" />

<xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-base-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-transform-datatypes.xsd"/> <xs:element name="group" substitutionGroup="control"> <xs:complexType> <xs:sequence> <xs:group ref="executeType"/> <xs:element name="groupexit" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:sequence> <xs:attribute name="id" type="momlID.datatype"/> <xs:attribute name="topology" use="required"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:string"> <xs:enumeration value="serial"/> <xs:enumeration value="parallel"/> <xs:enumeration value="fullduplex"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> </xs:complexType> </xs:element> </xs:schema>

schemaLocationを含める= "MSML-ダイアログ変換:<XS:</のschemaLocationを含み= "MSML-ダイアログベースdatatypes.xsd" XS>:<XSは、/のschemaLocation = "MSML-ダイアログコアdatatypes.xsd" を含みます> -datatypes.xsd "/> <XS:要素名=" グループ "のsubstitutionGroup = "コントロール"> <XS:complexTypeの> <XS:配列> <XS:グループREF = "executeType"/> <XS:要素名=" groupexit "のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType"/> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:配列> <XS:属性名=" ID "TYPE =" momlID.datatype "/> <XS:属性名=" トポロジー "の使用は= "必要"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:文字列"> <XS:列挙値=" シリアル"/> <XS:列挙値=" 平行 "/> <XS:列挙値=" 全二重 "/> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> </ XS:complexTypeの> < / XS:要素> </ XS:スキーマ>

16.3.9. msml-dialog-speech.xsd
16.3.9. MSML-ダイアログspeech.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-base-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-speech-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-core.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログコアdatatypes.xsd" /> <XS:のschemaLocation = "MSML-ダイアログベースのデータ型が含まれます。 XSD "/> <XS:のschemaLocation =含める" MSML・ダイアログ・音声datatypes.xsd "/> </ XS:スキーマ>

16.3.10. msml-dialog-speech-datatypes.xsd
16.3.10. MSML-ダイアログ・音声datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-base-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="http://www.w3.org/TR/2002/WD-speech-

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログ・コアdatatypes.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログベースdatatypes.xsd" /> <XS:含めるのschemaLocationは= "のhttp:// www.w3.org/TR/2002/WD-speech-

synthesis-20020405/synthesis-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="http://www.w3.org/TR/speech-grammar/grammar-core.xsd"/> <xs:element name="speech" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:sequence> <xs:element name="grammar" maxOccurs="unbounded"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="grammar"> <xs:choice> <xs:element name="match" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> </xs:choice> <xs:attribute name="uri" type="xs:anyURI"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> <xs:element name="noinput" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> <xs:element name="nomatch" type="iterateSendType" minOccurs="0"/> <xs:element name="speechexit" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:sequence> <xs:attribute name="noint" type="posDuration.datatype"/> <xs:attribute name="norect" type="posDuration.datatype"/> <xs:attribute name="spcmplt" type="posDuration.datatype"/> <xs:attribute name="confidence"> <xs:simpleType> <xs:restriction base="xs:positiveInteger"> <xs:maxInclusive value="100"/> </xs:restriction> </xs:simpleType> </xs:attribute> <xs:attribute name="sens" type="xs:positiveInteger"/> <xs:attribute name="starttimer" type="boolean.datatype" default="false"/> <xs:attribute name="iterate" type="iterate.datatype" default="1"/> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType>

合成-20020405 /合成-core.xsd "/> <XS:のschemaLocationが含ま=" http://www.w3.org/TR/speech-grammar/grammar-core.xsd "/> <XS:要素名="スピーチ」のsubstitutionGroup = "原始的"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:増設ベース= "なPrimitiveType"> <XS:シーケンス> <XS:要素名= "文法" のmaxOccurs = "<>" 無制限XS :のcomplexType> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベース= "文法"> <XS:選択> <XS:要素名= "マッチ" タイプ= "iterateSendType" のminOccurs = "0" /> </ XS:選択> <XS:属性名= "URI" タイプ= "XS:anyURIの" /> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> </ XS:拡張> </ XS :complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> <XS:要素名= "NOINPUT" タイプ= "iterateSendType" のminOccurs = "0" /> <XS:要素名= "NOMATCH" タイプ= "iterateSendType" minOccurs = "0" /> <XS:要素名= "speechexit" のminOccurs = "0"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:シーケンス> <XS:属性名= "NOINT" タイプ= "posDuration.datatype" /> <XS:属性名=」 norect」タイプ= "posDuration.datatype" /> <XS:属性名= "spcmplt" タイプ= "posDuration.datatype" /> <XS:属性名= "自信"> <XS:単純> <XS:制限ベース= "XS:POSITIVEINTEGER"> <XS:maxInclusiveを値= "100" /> </ XS:制限> </ XS:単純> </ XS:属性> <XS:属性名= "SENS" タイプ= "XS:POSITIVEINTEGER "/> <XS:属性名=" starttimer」タイプ= "boolean.datatype" デフォルト= "false" に/> <XS:属性名= "反復" タイプ= "iterate.datatype" デフォルト= "1" /> < / XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの>

</xs:element> <xs:element name="tts" type="smediaType" substitutionGroup="smedia"/> </xs:schema>

</ XS:要素> <XS:要素名= "TTS" タイプ= "smediaType" のsubstitutionGroup = "smedia" /> </ XS:スキーマ>

16.3.11. msml-dialog-fax-detect.xsd
16.3.11. MSML-ダイアログ-FAX-detect.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-fax-detect-datatypes.xsd"/> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログ・コアdatatypes.xsd" /> <XS::含めるのschemaLocation = "MSML-ダイアログ・ファックス・detect-のschemaLocation = "MSML-core.xsd"/> <XSを含めますdatatypes.xsd "/> </ XS:スキーマ>

16.3.12. msml-dialog-fax-detect-datatypes.xsd
16.3.12. MSML-ダイアログ・ファックス検出-datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:element name="faxdetect" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:choice minOccurs="0"> <xs:element name="faxdetectexit"> <xs:complexType> <xs:group ref="sendType"/> </xs:complexType> </xs:element> </xs:choice> </xs:extension> </xs:complexContent> </xs:complexType> </xs:element> </xs:schema>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:要素名= "faxdetect" のsubstitutionGroup = "プリミティブ"> <XS:complexTypeの> <XS:complexContentを> <XS:拡張ベースのschemaLocation = "MSML-ダイアログコアdatatypes.xsd" /> <XSを含みます= "なPrimitiveType"> <XS:選択肢のminOccurs = "0"> <XS:要素名= "faxdetectexit"> <XS:complexTypeの> <XS:グループREF = "sendType" /> </ XS:complexTypeの> </ XS :要素> </ XS:選択> </ XS:拡張> </ XS:complexContentを> </ XS:complexTypeの> </ XS:要素> </ XS:スキーマ>

16.3.13. msml-dialog-fax-sendrecv.xsd
16.3.13. MSML-ダイアログ-FAX-sendrecv.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-core.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-fax-sendrecv-datatypes.xsd"/>

<?xml version = "1.0" エンコード= "UTF-8"?> <XS:スキーマのxmlns:XS = "http://www.w3.org/2001/XMLSchema" のelementFormDefault = "資格" attributeFormDefault = "修飾されていません" > <XS:のschemaLocationが含ま= "MSML-core.xsd" /> <XS:のschemaLocationが含ま= "MSML-ダイアログ・コアdatatypes.xsd" /> <XS:のschemaLocationが含ま= "MSML-ダイアログ-FAX-sendrecv- datatypes.xsd "/>

</xs:schema>

</ XS:スキーマ>

16.3.14. msml-dialog-fax-sendrecv-datatypes.xsd
16.3.14. MSML-ダイアログ・ファックス・SENDRECV-datatypes.xsd

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" attributeFormDefault="unqualified"> <xs:include schemaLocation="msml-dialog-core-datatypes.xsd"/> <xs:element name="faxsend" substitutionGroup="primitive"> <xs:complexType> <xs:complexContent> <xs:extension base="primitiveType"> <xs:sequence> <xs:element name="sendobj" type="sendobjType" minOccurs="0" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element name="hdrfooter" type="hdrfooterType" minOccurs="0"/> <xs:element name="rxpoll" minOccurs="0"> <xs:complexType> <xs:sequence> <xs:element name="rcvobj" type="rcvobjType" maxOccurs="unbounded"/> <xs:element name="hdrfooter" type="hdrfooterType" minOccurs="0"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="rmtid" type="faxid.datatype" use="required"/> </xs:complexType> </xs:element> <xs:group ref="faxstatusrequest"/> </xs:sequence> <xs:attribute name="lclid" type="faxid.datatype" use="optional"/> <xs:attribute name="minspeed" type="faxspeed.datatype" use="optional"/> <xs:attribute name="maxspeed" type="faxspeed.datatype" use="optional"/> <xs:attribute name="ecm" type="boolean.datatype" use=