Internet Engineering Task Force (IETF)                       R. Aggarwal
Request for Comments: 5786                                   K. Kompella
Updates: 3630                                           Juniper Networks
Category: Standards Track                                     March 2010
ISSN: 2070-1721
        
                 Advertising a Router's Local Addresses
              in OSPF Traffic Engineering (TE) Extensions
        

Abstract

抽象

OSPF Traffic Engineering (TE) extensions are used to advertise TE Link State Advertisements (LSAs) containing information about TE-enabled links. The only addresses belonging to a router that are advertised in TE LSAs are the local addresses corresponding to TE-enabled links, and the local address corresponding to the Router ID.

OSPFトラフィックエンジニアリング(TE)の拡張機能は、TEリンクステートアドバタイズメント(LSA)TE対応のリンクに関する情報を含む宣伝するために使用されています。 TEのLSAでアドバタイズされているルータに属するアドレスのみがTE-有効リンク、およびルータIDに対応するローカルアドレスに対応するローカルアドレスです。

In order to allow other routers in a network to compute Multiprotocol Label Switching (MPLS) Traffic Engineered Label Switched Paths (TE LSPs) to a given router's local addresses, those addresses must also be advertised by OSPF TE.

ネットワーク内の他のルータは、マルチプロトコルラベルスイッチングを計算することを可能にするためには(MPLS)交通工学的ラベルは、これらのアドレスは、OSPF TEによってアドバタイズされている必要があり、特定のルータのローカルアドレスへのパス(TE LSPを)交換しました。

This document describes procedures that enhance OSPF TE to advertise a router's local addresses.

この文書では、ルータのローカルアドレスをアドバタイズするOSPF TEを強化する手順を説明します。

Status of This Memo

このメモのステータス

This is an Internet Standards Track document.

これは、インターネット標準化過程文書です。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントはインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。これは、IETFコミュニティの総意を表しています。これは、公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリング運営グループ(IESG)によって公表のために承認されています。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2で利用可能です。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc5786.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc5786で取得することができます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2010 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2010 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。コードコンポーネントは、トラスト法規定のセクションで説明4.eおよび簡体BSDライセンスで説明したように、保証なしで提供されているよう簡体BSDライセンスのテキストを含める必要があり、この文書から抽出されました。

This document may contain material from IETF Documents or IETF Contributions published or made publicly available before November 10, 2008. The person(s) controlling the copyright in some of this material may not have granted the IETF Trust the right to allow modifications of such material outside the IETF Standards Process. Without obtaining an adequate license from the person(s) controlling the copyright in such materials, this document may not be modified outside the IETF Standards Process, and derivative works of it may not be created outside the IETF Standards Process, except to format it for publication as an RFC or to translate it into languages other than English.

この材料の一部がIETFトラストにこのような材料の変更を許可する権利を与えられていない可能性がありますにこの文書は、2008年、IETFドキュメントまたは11月10日以前に発行または公開さIETF貢献から著作権を支配する者(複数可)材料を含んでいてもよいですIETF標準化プロセスの外。そのような材料の著作権を管理者(単数または複数)から適切なライセンスを取得することなく、この文書は、IETF標準化過程の外側修正されないかもしれません、そして、それの派生物は、IETF標準化過程の外側に作成されない場合があり、それをフォーマットする以外出版RFCとして、英語以外の言語に翻訳します。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................3
      1.1. Motivation .................................................3
   2. Specification of Requirements ...................................3
   3. Rejected Potential Solution .....................................4
   4. Solution ........................................................4
      4.1. Node Attribute TLV .........................................4
      4.2. Operation ..................................................5
   5. Security Considerations .........................................6
   6. IANA Considerations .............................................6
   7. Acknowledgements ................................................6
   8. References ......................................................7
      8.1. Normative References .......................................7
      8.2. Informative References .....................................7
        
1. Introduction
1. はじめに
1.1. Motivation
1.1. 動機

In some cases, it is desirable to set up constrained shortest path first (CSPF) computed Multiprotocol Label Switching (MPLS) Traffic Engineered Label Switched Paths (TE LSPs) to local addresses of a router that are not currently advertised in the TE LSAs, i.e., loopback and non-TE interface addresses.

いくつかのケースでは、最初(CSPF)計算制約最短経路を設定することが望ましいマルチプロトコルラベルスイッチング(MPLS)交通工学的ラベルスイッチド現在、TEのLSAでアドバタイズされていないルータのローカルアドレス、すなわちへのパス(TE LSPを) 、ループバックと非TEのインターフェイスアドレス。

For instance, in a network carrying VPN and non-VPN traffic, it is often desirable to use different MPLS TE LSPs for the VPN traffic and the non-VPN traffic. In this case, one loopback address may be used as the BGP next-hop for VPN traffic while another may be used as the BGP next-hop for non-VPN traffic. It is also possible that different BGP sessions are used for VPN and non-VPN services. Hence, two separate MPLS TE LSPs are desirable -- one to each loopback address.

例えば、VPNおよび非VPNトラフィックを伝送するネットワークでは、VPNトラフィックと非VPNトラフィックに対して異なるMPLS TEのLSPを使用することがしばしば望ましいです。別の非VPNトラフィックのBGPネクストホップとして使用することができるが、この場合、一つのループバックアドレスは、VPNトラフィックのBGPネクストホップとして使用することができます。別のBGPセッションはVPNと非VPNサービスに使用することも可能です。従って、二つの別々のMPLS TEのLSPは望ましいものである - 各ループバックアドレスへの1つ。

However, current routers in an OSPF network can only use CSPF to compute MPLS TE LSPs to the router ID or the local addresses of a remote router's TE-enabled links. This restriction arises because OSPF TE extensions [RFC3630, RFC5329] only advertise the router ID and the local addresses of TE-enabled links of a given router. Other routers in the network can populate their traffic engineering database (TED) with these local addresses belonging to the advertising router. However, they cannot populate the TED with the advertising router's other local addresses, i.e., loopback and non-TE interface addresses. OSPFv2 stub links in the router LSA [RFC2328] provide stub reachability information to the router but are not sufficient to learn all the local addresses of a router. In particular for a subnetted point-to-point (P2P) interface the stub, link ID is the subnet address. While for a non-subnetted interface, the stub link ID is the neighbor address. Intra-prefix LSAs in OSPFv3 [RFC5340] are also not sufficient to learn the local addresses.

しかし、OSPFネットワーク内の現在のルータは、ルータIDまたはリモートルータのTE-有効なリンクのローカルアドレスにMPLS TE LSPを計算するためにCSPFを使用することができます。 OSPF TE拡張[RFC3630、RFC5329]は唯一のルータIDと特定のルータのTE-有効なリンクのローカルアドレスを宣伝するため、この制限が発生します。ネットワーク内の他のルータには、広告ルータに属するこれらのローカルアドレスで自分のトラフィックエンジニアリングデータベース(TED)を取り込むことができます。しかし、彼らは広告ルータの他のローカルアドレス、すなわち、ループバックと非TEインターフェイスアドレスでTEDを移入することはできません。ルータLSA [RFC2328]でのOSPFv2スタブリンクはルータにスタブ到達可能性情報を提供しますが、ルータのすべてのローカルアドレスを学習するのに十分ではありません。特に、サブネットポイントツーポイント(P2P)のスタブのインターフェース、リンクIDは、サブネットアドレスです。非サブネットインタフェースのための一方で、スタブリンクIDは、ネイバーアドレスです。 OSPFv3の[RFC5340]でイントラプレフィックスLSAは、ローカルアドレスを学習するのに十分ではありません。

For the above reasons, this document defines an enhancement to OSPF TE extensions to advertise the local addresses of a node.

上記の理由から、この文書は、ノードのローカルアドレスをアドバタイズするためにOSPF TE拡張機能の拡張機能を定義します。

2. Specification of Requirements
要件の2仕様

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST"、 "MUST NOT"、 "REQUIRED"、、、、 "べきではない" "べきである" "ないもの" "ものとし"、 "推奨"、 "MAY"、および "OPTIONAL" はあります[RFC2119]に記載されているように解釈されます。

3. Rejected Potential Solution
3.拒否された潜在的なソリューション

A potential solution would be to advertise a TE link TLV for each local address, possibly with a new link type. However, this is inefficient since the only meaningful information is the address. Furthermore, this would require implementations to process these TE link TLVs differently from others; for example, the TE metric is normally considered a mandatory sub-TLV, but would have no meaning for a local address.

潜在的な解決策は、おそらく新しいリンクタイプと、各ローカルアドレスに対してTEリンクTLVを宣伝することです。唯一意味のある情報がアドレスであるので、これは非効率的です。さらに、これは他の人とは異なるこれらのTEリンクTLVを処理するための実装が必要となります。例えば、TEメトリックは通常、必須のサブTLVと考えられているが、ローカルアドレスに対しては意味を持たないでしょう。

4. Solution
4.ソリューション

The solution is to advertise the local addresses of a router in a new OSPF TE LSA Node Attribute TLV. It is anticipated that the Node Attribute TLV will also prove more generally useful.

解決策は、新しいOSPF TE LSAノード属性TLVにルータのローカルアドレスを広告することです。ノード属性TLVは、より一般的に有用であるものと考えられます。

4.1. Node Attribute TLV
4.1. ノード属性TLV

The Node Attribute TLV carries the attributes associated with a router. The TLV type is 5 and the length is variable. It contains one or more sub-TLVs. This document defines the following sub-TLVs:

ノード属性TLVは、ルータに関連付けられた属性を運びます。 TLVタイプは、5であり、長さは可変です。これは、1つのまたは複数のサブTLVを含んでいます。このドキュメントでは、次のサブTLVを定義します。

1. Node IPv4 Local Address sub-TLV 2. Node IPv6 Local Address sub-TLV

1.ノードのIPv4ローカルアドレス、サブTLV 2.ノードのIPv6ローカルアドレスサブTLV

The Node IPv4 Local Address sub-TLV has a type of 1 and contains one or more local IPv4 addresses. It has the following format:

ノードのIPv4ローカルアドレス、サブTLVは、1のタイプがあり、1つ以上のローカルIPv4アドレスが含まれています。これは、次の形式になります。

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |              1                |             Length            |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      | Prefix Len 1  |          IPv4 Prefix 1                        |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |Prefix 1 cont. |                                               :
      +-+-+-+-+-+-+-+-+                                               ~
      :                               .                               :
      ~                               .               +-+-+-+-+-+-+-+-+
      :                               .               | Prefix Len n  |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |                          IPv4 Prefix n                        |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

Each local IPv4 address is encoded as a <Prefix Length, Prefix> tuple. Prefix Length is encoded in 1 byte. It is the number of bits in the Address and can be at most 32. Prefix is an IPv4 address prefix and is encoded in 4 bytes with zero bits as necessary.

各ローカルIPv4アドレスは、<プレフィックス長、プレフィックス>タプルとして符号化されます。プレフィックス長は1バイトでエンコードされています。これは、アドレスのビット数であり、最大で32プレフィックスは、IPv4アドレスのプレフィックスであり、必要に応じてゼロビットを4バイトで符号化されることができます。

The Node IPv4 Local Address sub-TLV length is in octets. It is the sum of the lengths of all n IPv4 Address encodings in the sub-TLV, where n is the number of local addresses included in the sub-TLV.

ノードのIPv4ローカルアドレス、サブTLVの長さはオクテットです。これは、サブTLV nはサブTLVに含まれるローカルアドレスの数である、で全てのn IPv4アドレスエンコーディングの長さの和です。

The Node IPv6 Local Address sub-TLV has a type of 2 and contains one or more local IPv6 addresses. It has the following format:

ノードのIPv6ローカルアドレスのサブTLVは、2のタイプがあり、1つ以上のローカルIPv6アドレスが含まれています。これは、次の形式になります。

       0                   1                   2                   3
       0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |              2                |             Length            |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      | Prefix Len 1  | Prefix 1 Opt. | IPv6 Prefix 1                 |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |   IPv6 Prefix 1 cont.                                         :
      :                               .                               ~
      ~                               .
      :                               .
      :                               +-+-+-+-+-++-+-+-+-+-++-+-+-+-+-+
      :                               | Prefix Len n  | Prefix n Opt. |
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
      |                         IPv6  Prefix n                        :
      |                                                               :
      +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+--
        

Each local IPv6 address is encoded using the procedures in [RFC5340]. Each IPv6 address MUST be represented by a combination of three fields: PrefixLength, PrefixOptions, and Address Prefix. PrefixLength is the length in bits of the prefix and is an 8-bit field. PrefixOptions is an 8-bit field describing various capabilities associated with the prefix [RFC5340]. Address Prefix is an encoding of the prefix itself as an even multiple of 32-bit words, padding with zero bits as necessary. This encoding consumes (PrefixLength + 31) / 32) 32-bit words.

各ローカルIPv6アドレスは[RFC5340]に記載されている手順を使用して符号化されます。 PrefixLength、PrefixOptions、およびプレフィックスアドレス:各IPv6アドレスは、次の3つのフィールドの組み合わせで表現されなければなりません。 PrefixLengthは、プリフィックスのビット単位の長さであり、8ビットのフィールドです。 PrefixOptionsは、接頭辞[RFC5340]に関連する様々な機能を説明する8ビットのフィールドです。アドレスプレフィックスは、必要に応じてゼロビットでも32ビット・ワードの倍数、パディングなどの接頭語自体の符号化です。この符号化消費(PrefixLength + 31)/ 32)32ビットワード。

The Node IPv6 Local Address sub-TLV length is in octets. It is the sum of the lengths of all n IPv6 Address encodings in the sub-TLV, where n is the number of local addresses included in the sub-TLV.

ノードのIPv6ローカルアドレスサブTLVの長さはオクテットです。これは、サブTLV nはサブTLVに含まれるローカルアドレスの数である、で全てのn IPv6アドレスエンコーディングの長さの和です。

4.2. Operation
4.2. 操作

A router announces one or more local addresses in the Node Attribute TLV. The local addresses that can be learned from TE LSAs, i.e., router address and TE interface addresses SHOULD NOT be advertised in the node local address sub-TLV. The local addresses advertised will depend on the local configuration of the advertising router. The default behavior MAY be to advertise all the loopback interface addresses.

ルータは、ノード属性TLVに1つ以上のローカルアドレスを発表しました。 TE LSAを、すなわち、ルータアドレス及びTEインタフェースアドレスから学習することができるローカル・アドレスは、ノードのローカルアドレスのサブTLVでアドバタイズされるべきではありません。宣伝ローカルアドレスは、アドバタイジングルータのローカル設定に依存します。デフォルトの動作では、すべてのループバックインターフェイスアドレスを宣伝することであってもよいです。

The Node Attribute TLV MUST NOT appear in more than one TE LSA originated by a router. Furthermore, such an LSA MUST NOT include more than one Node Attribute TLV. A Node Attribute TLV MUST NOT carry more than one Node IPv4 Local Address sub-TLV. A Node Attribute TLV MUST NOT carry more than one Node IPv6 Local Address sub-TLV.

ノード属性TLVは、ルータによって発信つ以上のTE LSAに現れてはいけません。さらに、そのようなLSAは、複数のノード属性TLVを含んではいけません。 TLVは、複数のノードのIPv4ローカルアドレスサブTLVを運ぶならない(MUST NOT)ノード属性。 TLVは、複数のノードのIPv6ローカルアドレスサブTLVを運ぶならない(MUST NOT)ノード属性。

5. Security Considerations
5.セキュリティについての考慮事項

This document does not introduce any further security issues other than those discussed in [RFC3630] and [RFC5329].

この文書では、[RFC3630]と[RFC5329]で説明した以外の任意の更なるセキュリティ上の問題を紹介しません。

6. IANA Considerations
6. IANAの考慮事項

IANA has assigned the Node Attribute TLV (value 5) type from the range 3-32767 as specified in [RFC3630], from the top level types in TE LSAs registry maintained by IANA at http://www.iana.org.

IANAはhttp://www.iana.orgにIANAによって維持TE LSAのレジストリのトップレベルタイプから、[RFC3630]で指定されるようにノード属性TLV(値5)3から32767の範囲からの入力に割り当てられています。

IANA has created and now maintains the registry for the sub-TLVs of the Node Attribute TLV. Value 1 is reserved for Node IPv4 Local Address sub-TLV and value 2 for Node IPv6 Local Address sub-TLV.

IANAが作成され、今でノード属性TLVのサブTLVのためのレジストリを維持しています。値1は、ノードのIPv4ローカルアドレスサブTLVとノードのIPv6ローカルアドレスサブTLVの値は2のために予約されています。

The guidelines for the assignment of types for sub-TLVs of the Node Attribute TLV are as follows:

次のようにノード属性TLVのサブTLVのための型の割り当てのためのガイドラインは以下のとおりです。

o Types in the range 3-32767 are to be assigned via Standards Action.

範囲3から32767でOタイプは標準アクションを経由して割り当てられます。

o Types in the range 32768-32777 are for experimental use; these will not be registered with IANA, and MUST NOT be mentioned by RFCs.

実験的な使用のためのものである32768から32777の範囲のOタイプ。これらは、IANAに登録されず、RFCで言及されてはなりません。

o Types in the range 32778-65535 are not to be assigned at this time. Before any assignments can be made in this range, there MUST be a Standards Track RFC that specifies IANA Considerations that covers the range being assigned.

範囲32778から65535でOタイプではありません。この時点で割り当てられます。すべての割り当ては、この範囲内で行うことができる前に、割り当てられている範囲をカバーIANAの考慮事項を指定する標準化過程のRFCがあるに違いありません。

7. Acknowledgements
7.謝辞

We would like to thank Nischal Sheth for his contribution to this work. We would also like to thank Jean Philippe Vasseur, Acee Lindem, Venkata Naidu, Dimitri Papadimitriou, and Adrian Farrel for their comments.

私たちは、この作品への彼の貢献のためにNischal Shethに感謝したいと思います。我々はまた、彼らのコメントのためにジャン・フィリップVasseur、ACEE Lindem、ヴェンカタNaidu、ディミトリPapadimitriou、およびエードリアンファレルに感謝したいと思います。

8. References
8.参照文献
8.1. Normative References
8.1. 引用規格

[RFC2328] Moy, J., "OSPF Version 2", STD 54, RFC 2328, April 1998.

[RFC2328]モイ、J.、 "OSPFバージョン2"、STD 54、RFC 2328、1998年4月。

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC3630] Katz, D., Kompella, K., and D. Yeung, "Traffic Engineering (TE) Extensions to OSPF Version 2", RFC 3630, September 2003.

[RFC3630]カッツ、D.、Kompella、K.、およびD.ヨン、 "トラフィックエンジニアリング(TE)OSPFバージョン2への拡張"、RFC 3630、2003年9月。

[RFC5340] Coltun, R., Ferguson, D., Moy, J., and A. Lindem, "OSPF for IPv6", RFC 5340, July 2008.

[RFC5340] Coltun、R.、ファーガソン、D.、モイ、J.、およびA. Lindem、 "IPv6のためのOSPF"、RFC 5340、2008年7月。

8.2. Informative References
8.2. 参考文献

[RFC5329] Ishiguro, K., Manral, V., Davey, A., and A. Lindem, Ed., "Traffic Engineering Extensions to OSPF Version 3", RFC 5329, September 2008.

[RFC5329]石黒、K.、Manral、V.、デイビー、A.、およびA. Lindem、エド。、RFC 5329、2008年9月 "OSPFバージョン3へのトラフィックエンジニアリングの拡張"。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Rahul Aggarwal Juniper Networks 1194 North Mathilda Ave. Sunnyvale, CA 94089

ラウール・アガーウォールジュニパーネットワークスの1194北マチルダアベニュー。サニーベール、CA 94089

Phone: +1-408-936-2720 EMail: rahul@juniper.net

電話:+ 1-408-936-2720 Eメール:rahul@juniper.net

Kireeti Kompella Juniper Networks 1194 North Mathilda Ave. Sunnyvale, CA 94089

Kireeti Kompellaジュニパーネットワークスの1194北マチルダアベニュー。サニーベール、CA 94089

EMail: kireeti@juniper.net

メールアドレス:kireeti@juniper.net