Internet Engineering Task Force (IETF)                        R. Gayraud
Request for Comments: 5908                                  Unaffiliated
Category: Standards Track                                   B. Lourdelet
ISSN: 2070-1721                                      Cisco Systems, Inc.
                                                               June 2010
        
          Network Time Protocol (NTP) Server Option for DHCPv6
        

Abstract

抽象

The NTP Server Option for Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6) provides NTPv4 (Network Time Protocol version 4) server location information to DHCPv6 hosts.

IPv6の動的ホスト構成プロトコル(DHCPv6の)のためのNTPサーバオプションは、DHCPv6のホストにNTPv4(ネットワーク・タイム・プロトコル・バージョン4)サーバーの位置情報を提供します。

Status of This Memo

このメモのステータス

This is an Internet Standards Track document.

これは、インターネット標準化過程文書です。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントはインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。これは、IETFコミュニティの総意を表しています。これは、公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリング運営グループ(IESG)によって公表のために承認されています。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2で利用可能です。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc5908.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc5908で取得することができます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2010 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2010 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。コードコンポーネントは、トラスト法規定のセクションで説明4.eおよび簡体BSDライセンスで説明したように、保証なしで提供されているよう簡体BSDライセンスのテキストを含める必要があり、この文書から抽出されました。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................2
   2. Requirements Notation ...........................................2
   3. Related Work and Usage Model ....................................2
   4. NTP Server Option for DHCPv6 ....................................3
      4.1. NTP Server Address Suboption ...............................4
      4.2. NTP Multicast Address Suboption ............................5
      4.3. NTP Server FQDN Suboption ..................................6
   5. Appearance of This Option .......................................6
   6. Security Considerations .........................................7
   7. RFC 4075 Deprecation ............................................7
   8. IANA Considerations .............................................7
   9. References ......................................................8
      9.1. Normative References .......................................8
      9.2. Informative References .....................................8
        
1. Introduction
1. はじめに

This document defines a DHCPv6 option and associated suboptions to provide Network Time Protocol version 4 [RFC5905] or greater server location information to DHCPv6 hosts.

この文書は、DHCPv6のホストにネットワークタイムプロトコルバージョン4 [RFC5905]以上のサーバの位置情報を提供するためのDHCPv6オプションと関連付けられたサブオプションを定義します。

2. Requirements Notation
2.要件表記

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST"、 "MUST NOT"、 "REQUIRED"、、、、 "べきではない" "べきである" "ないもの" "ものとし"、 "推奨"、 "MAY"、および "OPTIONAL" はあります[RFC2119]に記載されているように解釈されます。

3. Related Work and Usage Model
3.関連研究と使用モデル

The NTP service is publicly offered on the Internet by a number of organizations. Those servers can be used but should not be abused, so any method that is tasked to disseminate locations of NTP servers must act responsibly in a manner that does not lead to public server overloading. When using DHCPv6 to offer NTP server location, and if there is a need to distribute a host with a hardcoded configuration, this configuration MUST NOT include server location that is not part of the organization that distributes this device. Typical usage of this option is to specify an NTP server that is part of the organization that operates the DHCPv6 server.

NTPサービスは、公的機関の数で、インターネット上で提供されます。これらのサーバを使用することができるが、悪用されるべきではないので、NTPサーバの場所を普及するために仕事を課されている任意の方法は、公開サーバーのオーバーロードにつながらないようにし責任を持って行動しなければなりません。ハードコードされた構成を持つホストを配布する必要がある場合は、NTPサーバーの場所を提供するためのDHCPv6を使用して、とすると、この設定は、このデバイスを配布する組織の一部ではないサーバーの場所を含めることはできません。このオプションの典型的な使用法は、DHCPv6サーバを運用する組織の一部であるNTPサーバを指定することです。

The location of the NTP service, like any other Internet service, can be specified by an IP address or a Fully Qualified Domain Name (FQDN). By design, DHCP offers information to multiple devices and is prone to amplification of mistakes, so great care must be taken to define its configuration. Specification of the NTP service by FQDN offers a level of indirection that works as a possible mitigation tool in case of misconfiguration. DNS can be used to redirect misconfigured clients to an IPv6 address that is not configured on any host instead of having to change the address of the NTP server itself.

NTPサービスの場所は、他のインターネットサービスと同様に、IPアドレスまたは完全修飾ドメイン名(FQDN)で指定することができます。設計により、DHCPが複数のデバイスに情報を提供していますし、ミスの増幅されやすいので、細心の注意は、その構成を定義するために取られなければなりません。 FQDNによるNTPサービスの仕様が設定ミスの場合の可能性緩和ツールとして働く間接的なレベルを提供しています。 DNSは、代わりに、NTPサーバ自体のアドレスを変更することの任意のホストで構成されていないIPv6アドレスに誤って設定クライアントをリダイレクトするために使用することができます。

While the NTP specification defines a comprehensive set of configuration parameters, modification of those parameters is best left to the decision of the client itself. The DHCPv6 option for NTP is therefore restricted to server location.

NTPの仕様は、コンフィギュレーションパラメータの包括的なセットを定義しますが、これらのパラメータの変更は、最高のクライアント自身の判断に委ねられています。 NTP用のDHCPv6オプションは、したがって、サーバーの場所に制限されています。

4. NTP Server Option for DHCPv6
DHCPv6の4. NTPサーバオプション

This option serves as a container for server location information related to one NTP server or Simple Network Time Protocol (SNTP) [RFC4330] server. This option can appear multiple times in a DHCPv6 message. Each instance of this option is to be considered by the NTP client or SNTP client as a server to include in its configuration.

このオプションは、1つのNTPサーバまたは簡易ネットワークタイムプロトコル(SNTP)[RFC4330]サーバに関連するサーバの位置情報のコンテナとして機能します。このオプションは、DHCPv6のメッセージに複数回表示されることがあります。このオプションの各インスタンスは、その構成に含めるサーバとしてNTPクライアントまたはSNTPクライアントによって考慮されるべきです。

The option itself does not contain any value. Instead, it contains one or several suboptions that carry NTP server or SNTP server location. This option MUST include one, and only one, time source suboption. The currently defined time source suboptions are NTP_OPTION_SRV_ADDR, NTP_OPTION_SRV_MC_ADDR, and NTP_OPTION_SRV_FQDN. It carries the NTP server or SNTP server location as a unicast or multicast IPv6 address or as an NTP server or SNTP server FQDN. More time source suboptions may be defined in the future. While the FQDN option offers the most deployment flexibility, resiliency as well as security, the IP address options are defined to cover cases where a DNS dependency is not desirable.

オプション自体は、任意の値が含まれていません。その代わりに、NTPサーバまたはSNTPサーバの場所を運ぶ一つまたは複数のサブオプションが含まれています。このオプションは、1、そして唯一の、タイムソースサブオプションを含まなければなりません。現在定義されている時刻ソースのサブオプションはNTP_OPTION_SRV_ADDR、NTP_OPTION_SRV_MC_ADDR、およびNTP_OPTION_SRV_FQDNです。これは、ユニキャストまたはマルチキャストIPv6アドレスとして、またはNTPサーバまたはSNTPサーバFQDNとしてNTPサーバまたはSNTPサーバの位置を運びます。より多くの時間ソースのサブオプションは、将来的に定義されてもよいです。 FQDNオプションは、ほとんどの展開の柔軟性、弾力性だけでなく、セキュリティを提供していますが、IPアドレスオプションは、DNSの依存関係が望ましくないケースをカバーするように定義されています。

If the NTP server or SNTP server location is an IPv6 multicast address, the client SHOULD use this address as an NTP multicast group address and listen to messages sent to this group in order to synchronize its clock.

NTPサーバまたはSNTPサーバーの場所は、IPv6マルチキャストアドレスの場合、クライアントがNTPマルチキャストグループアドレスとしてこのアドレスを使用し、そのクロックを同期させるために、このグループに送信されるメッセージに耳を傾けるべきです。

The format of the NTP Server Option is:

NTPサーバオプションの形式は次のとおりです。

      0                   1                   2                   3
      0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |      OPTION_NTP_SERVER        |          option-len           |
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |                         suboption-1                           |
     :                                                               :
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |                         suboption-2                           |
     :                                                               :
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     :                                                               :
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |                         suboption-n                           |
     :                                                               :
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

option-code: OPTION_NTP_SERVER (56),

オプションコード:OPTION_NTP_SERVER(56)、

option-len: Total length of the included suboptions.

オプション-LEN:付属のサブオプションの合計の長さ。

This document does not define any priority relationship between the client's embedded configuration (if any) and the NTP or SNTP servers discovered via this option. In particular, the client is allowed to simultaneously use its own configured NTP servers or SNTP servers and the servers discovered via DHCP.

この文書では、このオプションを使用して検出されたクライアントの埋め込まれた構成との間の任意の優先関係(もしあれば)およびNTPまたはSNTPサーバを定義していません。具体的には、クライアントは同時に、自身の構成されたNTPサーバまたはSNTPサーバとDHCP経由で発見されたサーバを使用することを許可されています。

4.1. NTP Server Address Suboption
4.1. NTPサーバアドレスサブオプション

This suboption is intended to appear inside the OPTION_NTP_SERVER option. It specifies the IPv6 unicast address of an NTP server or SNTP server available to the client.

このサブオプションは、OPTION_NTP_SERVERオプションの内側に表示されるように意図されます。これは、クライアントが利用可能なNTPサーバまたはSNTPサーバーのIPv6ユニキャストアドレスを指定します。

The format of the NTP Server Address Suboption is:

NTPサーバアドレスサブオプションの形式は次のとおりです。

      0                   1                   2                   3
      0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |    NTP_SUBOPTION_SRV_ADDR     |        suboption-len = 16     |
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |                                                               |
     |                                                               |
     |                   IPv6 address of NTP server                  |
     |                                                               |
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

IPv6 address of the NTP server: An IPv6 address,

NTPサーバのIPv6アドレス:IPv6アドレス、

suboption-code: NTP_SUBOPTION_SRV_ADDR (1),

サブオプションコード:NTP_SUBOPTION_SRV_ADDR(1)、

suboption-len: 16.

サブオプション-LEN:16

4.2. NTP Multicast Address Suboption
4.2. NTPマルチキャストアドレスサブオプション

This suboption is intended to appear inside the OPTION_NTP_SERVER option. It specifies the IPv6 address of the IPv6 multicast group address used by NTP on the local network.

このサブオプションは、OPTION_NTP_SERVERオプションの内側に表示されるように意図されます。これは、ローカルネットワーク上のNTPが使用するIPv6マルチキャストグループアドレスのIPv6アドレスを指定します。

The format of the NTP Multicast Address Suboption is:

NTPマルチキャストアドレスサブオプションの形式は次のとおりです。

      0                   1                   2                   3
      0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |    NTP_SUBOPTION_MC_ADDR      |        suboption-len = 16     |
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
     |                                                               |
     |                                                               |
     |                   Multicast IPv6 address                      |
     |                                                               |
     +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

Multicast IPv6 address: An IPv6 address,

マルチキャストIPv6アドレス:IPv6アドレス、

suboption-code: NTP_SUBOPTION_MC_ADDR (2),

サブオプションコード:NTP_SUBOPTION_MC_ADDR(2)、

suboption-len: 16.

サブオプション-LEN:16

4.3. NTP Server FQDN Suboption
4.3. NTPサーバーのFQDNサブオプション

This suboption is intended to appear inside the OPTION_NTP_SERVER option. It specifies the FQDN of an NTP server or SNTP server available to the client.

このサブオプションは、OPTION_NTP_SERVERオプションの内側に表示されるように意図されます。これは、クライアントへのNTPサーバまたはSNTPサーバのFQDNが使用可能に指定します。

The format of the NTP Server FQDN Suboption is:

NTPサーバーのFQDNサブオプションの形式は次のとおりです。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |    NTP_SUBOPTION_SRV_FQDN     |         suboption-len         |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                                                               |
   |                      FQDN of NTP server                       |
   :                                                               :
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

suboption-code: NTP_SUBOPTION_SRV_FQDN (3),

サブオプションコード:NTP_SUBOPTION_SRV_FQDN(3)、

suboption-len: Length of the included FQDN field,

サブオプション-LEN:含まFQDNフィールドの長さ、

FQDN: Fully-Qualified Domain Name of the NTP server or SNTP server. This field MUST be encoded as described in [RFC3315], Section 8. Internationalized domain names are not allowed in this field.

FQDN:NTPサーバまたはSNTPサーバーの完全修飾ドメイン名。 [RFC3315]に記載されているように、このフィールドには、第8章国際化ドメイン名は、このフィールドで許可されていない、符号化されなければなりません。

5. Appearance of This Option
このオプションの5外観

The OPTION_NTP_SERVER option can appear multiple times in a DHCPv6 message. The order in which these options appear is not significant. The client uses its usual algorithms to determine which server(s) or multicast group(s) should be preferred to synchronize its clock.

OPTION_NTP_SERVERオプションは、DHCPv6のメッセージに複数回表示されることがあります。これらのオプションが表示される順序は重要ではありません。クライアントは、そのクロックを同期することが好ましいすべきサーバ(S)またはマルチキャストグループ(単数または複数)を決定するためにその通常のアルゴリズムを使用します。

The OPTION_NTP_SERVER option MUST NOT appear in messages other than the following: Solicit, Advertise, Request, Renew, Rebind, Information-Request, and Reply. If this option appears in messages other than those specified above, the receiver MUST ignore it.

OPTION_NTP_SERVERのオプションは、次の以外のメッセージにも現れてはなりません:、勧誘広告、リクエスト、更新、再バインド、情報リクエスト、および返信。このオプションは、上記以外のメッセージに表示された場合、受信側はそれを無視しなければなりません。

The option number for this option MAY appear in the "Option Request" option [RFC3315] in the following messages: Solicit, Request, Renew, Rebind, Information-Request, and Reconfigure. If this option number appears in the "Option Request" option in messages other than those specified above, the receiver SHOULD ignore it.

このオプションのオプション番号は、次のメッセージで「オプション要求」オプション[RFC3315]に表示される場合があります、勧誘要求、更新、再バインド、情報リクエスト、および再設定。このオプションの数は上記以外のメッセージで「オプション要求」オプションに表示された場合、受信側はそれを無視すべきです。

6. Security Considerations
6.セキュリティの考慮事項

This option could be used by an intruder to advertise the address of a malicious NTP server or SNTP server and adversely affect the clock of clients on the network. The consequences of such an attack can be critical, because many security protocols depend on time synchronization to run their algorithms. As an example, an attacker could break connectivity between SEND-enabled nodes [RFC3971], simply by affecting the clock on these nodes.

このオプションでは、悪質なNTPサーバまたはSNTPサーバのアドレスを宣伝し、悪影響ネットワーク上のクライアントのクロックに影響を与えるために、侵入者によって使用することができます。多くのセキュリティプロトコルは、そのアルゴリズムを実行するために、時刻同期に依存しているため、このような攻撃の結果は、重要になる場合があります。例として、攻撃者は、単にこれらのノード上のクロックに影響を与えることによって、SEND対応ノード[RFC3971]の間の接続を中断する可能性があります。

To prevent these attacks, it is strongly advisable to secure the use of this option by either:

これらの攻撃を防止するためには、いずれかによって、このオプションの使用を確保することを強くお勧めします:

- using the NTPv4 Autokey public key authentication, as defined in [RFC5906] or,

- [RFC5906]で定義されるように、NTPv4オートキー公開鍵認証を使用しますか、

- using authenticated DHCP as described in [RFC3315], Section 21.

- [RFC3315]に記載されているように認証されたDHCPを使用して、セクション21。

7. Deprecation
7.廃止

"Simple Network Time Protocol (SNTP) Configuration Option for DHCPv6" [RFC4075] provides some degree of automatic time server configuration for IPv6, as it specifies how to transmit SNTP [RFC4330] server addresses through DHCPv6. However, this approach is not suitable for all NTP deployments. It is not an extensible mechanism and introduces some semantic confusion through the use of the "SNTP" acronym. Additionally, the approach of only offering IPv6 addresses to specify server location does not meet NTP requirements that make use of an FQDN (Fully-Qualified Domain Name) as well. For all the abovementioned reasons, this document makes [RFC4075] deprecated.

それはDHCPv6の通過SNTP [RFC4330]サーバーのアドレスを送信する方法を指定すると、「簡易ネットワークタイムプロトコル(SNTP)の設定オプションは、DHCPv6のために」[RFC4075]は、IPv6の自動タイムサーバーの設定をある程度提供します。しかし、このアプローチは、すべてのNTPの展開には適していません。これは、拡張可能なメカニズムではなく、「SNTP」の頭文字を使用して、いくつかの意味的な混乱を紹介します。また、IPv6のみを提供するというアプローチは、FQDN(完全修飾ドメイン名)の使用を同様に作るNTPの要件を満たしていないサーバーの場所を指定するアドレス。すべての上記の理由から、このドキュメントは[RFC4075]非推奨になります。

8. IANA Considerations
8. IANAの考慮事項

IANA has assigned 56 as an option code from the "DHCPv6 Options Codes" registry for OPTION_NTP_SERVER.

IANAはOPTION_NTP_SERVERのための「DHCPv6のオプション・コード」レジストリからオプションコードとして56を割り当てています。

IANA is required to maintain a new number space of NTP time source suboptions, located in the BOOTP-DHCP Parameters Registry. The initial suboptions are described in Section 4 of this document. IANA assigns future NTP time source suboptions with an "IETF Consensus" policy as described in [RFC5226]. Future proposed suboptions are to be referenced symbolically in the documents that describe them, and shall be assigned numeric codes by IANA when approved for publication as an RFC.

IANAは、BOOTP、DHCPパラメータレジストリにあるNTPタイムソースのサブオプションの新しい番号空間を維持するために必要です。最初のサブオプションは、このドキュメントのセクション4に記載されています。 IANAは、[RFC5226]に記載されているように「IETFコンセンサス」ポリシーと将来NTP時間ソースサブオプションを割り当てます。今後の提案サブオプションは、それらを記述した文書で象徴的に参照することで、RFCとして公表のために承認されたときにIANAによって数値コードが割り当てされなければなりません。

9. References
9.参考文献
9.1. Normative References
9.1. 引用規格

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC3315] Droms, R., Bound, J., Volz, B., Lemon, T., Perkins, C., and M. Carney, "Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)", RFC 3315, July 2003.

[RFC3315] Droms、R.、バウンド、J.、フォルツ、B.、レモン、T.、パーキンス、C.、およびM.カーニー、 "IPv6のための動的ホスト構成プロトコル(DHCPv6)"、RFC 3315、2003年7月。

[RFC5226] Narten, T. and H. Alvestrand, "Guidelines for Writing an IANA Considerations Section in RFCs", BCP 26, RFC 5226, May 2008.

[RFC5226] Narten氏、T.とH. Alvestrand、 "RFCsにIANA問題部に書くためのガイドライン"、BCP 26、RFC 5226、2008年5月。

[RFC5905] Mills, D., Martin, J., Ed., Burbank, J., and W. Kasch, "Network Time Protocol Version 4: Protocol and Algorithms Specification", RFC 5905, June 2010.

[RFC5905]ミルズ、D.、マーティン、J.、エド、バーバンク、J.、およびW. Kasch、 "ネットワークタイムプロトコルバージョン4:プロトコルとアルゴリズムの仕様"、RFC 5905、2010年6月。

[RFC5906] Haberman, B., Ed. and D. Mills, "Network Time Protocol Version 4: Autokey Specification", RFC 5906, June 2010.

[RFC5906]ハーバーマン、B.、エド。そして、D.ミルズ、 "ネットワークタイムプロトコルバージョン4:自動キー仕様"、RFC 5906、2010年6月。

9.2. Informative References
9.2. 参考文献

[RFC3971] Arkko, J., Kempf, J., Zill, B., and P. Nikander, "SEcure Neighbor Discovery (SEND)", RFC 3971, March 2005.

[RFC3971] Arkko、J.、ケンプ、J.、Zill、B.、およびP. Nikander、 "セキュア近隣探索(SEND)"、RFC 3971、2005年3月。

[RFC4075] Kalusivalingam, V., "Simple Network Time Protocol (SNTP) Configuration Option for DHCPv6", RFC 4075, May 2005.

[RFC4075] Kalusivalingam、V.、 "DHCPv6の簡易ネットワークタイムプロトコル(SNTP)設定オプション"、RFC 4075、2005年5月。

[RFC4330] Mills, D., "Simple Network Time Protocol (SNTP) Version 4 for IPv4, IPv6 and OSI", RFC 4330, January 2006.

[RFC4330]ミルズ、D.、 "IPv4、IPv6、およびOSIのため簡易ネットワークタイムプロトコル(SNTP)バージョン4"、RFC 4330、2006年1月。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Richard Gayraud Unaffiliated

リチャードGayraud無所属

EMail: richardgayraud@free.fr

メールアドレス:richardgayraud@free.fr

Benoit Lourdelet Cisco Systems, Inc. Village ent. GreenSide, Bat T3, 400, Av de Roumanille, 06410 BIOT - Sophia-Antipolis Cedex France

ブノワLourdeletシスコシステムズ株式会社村ENT。グリーンサイド、バットT3、400、のAv・デ・Roumanille、06410ビオ - ソフィア・アンティポリスセデックスフランス

Phone: +33 4 97 23 26 23 EMail: blourdel@cisco.com

電話:+33 4 97 23 26 23 Eメール:blourdel@cisco.com