Internet Engineering Task Force (IETF)                         A. Morton
Request for Comments: 5938                                     AT&T Labs
Updates: 5357                                                   M. Chiba
Category: Standards Track                                  Cisco Systems
ISSN: 2070-1721                                              August 2010
        
                   Individual Session Control Feature
          for the Two-Way Active Measurement Protocol (TWAMP)
        

Abstract

抽象

The IETF has completed its work on the core specification of TWAMP -- the Two-Way Active Measurement Protocol. This memo describes an OPTIONAL feature for TWAMP, that gives the controlling host the ability to start and stop one or more individual test sessions using Session Identifiers. The base capability of the TWAMP protocol requires all test sessions that were previously requested and accepted to start and stop at the same time.

双方向アクティブ測定プロトコル - IETFはTWAMPのコア仕様に関する作業を完了しました。このメモは、制御ホストにセッション識別子を使用して1つの以上の個々のテストセッションを開始および停止する機能を提供しますTWAMPのオプション機能について説明します。 TWAMPプロトコルの基本機能は、以前に同じ時刻に開始および停止するように要求し、受け入れられたすべてのテストセッションが必要です。

Status of This Memo

このメモのステータス

This is an Internet Standards Track document.

これは、インターネット標準化過程文書です。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントはインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。これは、IETFコミュニティの総意を表しています。これは、公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリング運営グループ(IESG)によって公表のために承認されています。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2で利用可能です。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc5938.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc5938で取得することができます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2010 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2010 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。コードコンポーネントは、トラスト法規定のセクションで説明4.eおよび簡体BSDライセンスで説明したように、保証なしで提供されているよう簡体BSDライセンスのテキストを含める必要があり、この文書から抽出されました。

This document may contain material from IETF Documents or IETF Contributions published or made publicly available before November 10, 2008. The person(s) controlling the copyright in some of this material may not have granted the IETF Trust the right to allow modifications of such material outside the IETF Standards Process. Without obtaining an adequate license from the person(s) controlling the copyright in such materials, this document may not be modified outside the IETF Standards Process, and derivative works of it may not be created outside the IETF Standards Process, except to format it for publication as an RFC or to translate it into languages other than English.

この材料の一部がIETFトラストにこのような材料の変更を許可する権利を与えられていない可能性がありますにこの文書は、2008年、IETFドキュメントまたは11月10日以前に発行または公開さIETF貢献から著作権を支配する者(複数可)材料を含んでいてもよいですIETF標準化プロセスの外。そのような材料の著作権を管理者(単数または複数)から適切なライセンスを取得することなく、この文書は、IETF標準化過程の外側修正されないかもしれません、そして、それの派生物は、IETF標準化過程の外側に作成されない場合があり、それをフォーマットする以外出版RFCとして、英語以外の言語に翻訳します。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  3
     1.1.  Requirements Language  . . . . . . . . . . . . . . . . . .  4
   2.  Purpose and Scope  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  4
   3.  TWAMP Control Extensions . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  4
     3.1.  Connection Setup with Individual Session Control . . . . .  5
     3.2.  Start-N-Sessions Command with Individual Session
           Control  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .  6
     3.3.  Start-N-Ack Command with Individual Session Control  . . .  7
     3.4.  Stop-N-Sessions Command with Individual Session Control  .  9
     3.5.  Stop-N-Ack Command with Individual Session Control . . . . 10
     3.6.  SERVWAIT Timeout Operation . . . . . . . . . . . . . . . . 12
     3.7.  Additional Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . 12
   4.  TWAMP Test with Individual Session Control . . . . . . . . . . 13
     4.1.  Sender Behavior  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
     4.2.  Reflector Behavior . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
   5.  Security Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
   6.  IANA Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
     6.1.  Registry Specification . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
     6.2.  Registry Management  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
     6.3.  Experimental Numbers . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
     6.4.  Registry Contents  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
   7.  Acknowledgements . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
   8.  References . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
     8.1.  Normative References . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
     8.2.  Informative References . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
        
1. Introduction
1. はじめに

The IETF has completed its work on the core specification of TWAMP -- the Two-Way Active Measurement Protocol [RFC5357]. TWAMP is an extension of the One-way Active Measurement Protocol, OWAMP [RFC4656]. The TWAMP specification gathered wide review as it approached completion, and the by-products were several recommendations for new features in TWAMP. There are a growing number of TWAMP implementations at present, and widespread usage is expected. There are even devices that are designed to test implementations for protocol compliance.

双方向アクティブ測定プロトコル[RFC5357] - IETFはTWAMPのコア仕様に関する作業を完了しました。 TWAMPは、一方向アクティブな測定プロトコル、OWAMP [RFC4656]の拡張です。それが完成に近づいてTWAMP仕様は幅広い見直しを集め、そして副産物はTWAMPの新機能のいくつかの勧告しました。そこTWAMP実装が増えて現在にあり、かつ広範な利用が期待されています。プロトコル準拠の実装をテストするために設計されていてもデバイスがあります。

This memo describes an OPTIONAL feature for TWAMP. [RFC5357] TWAMP (and OWAMP) start all previously requested and accepted test sessions at once. This feature allows the Control-Client to control individual test sessions on the basis of their Session Identifier (SID). This feature permits a short-duration TWAMP test to start (and/or stop) during a longer test. This feature permits a specific diagnostic test to begin if intermediate results indicate that the test is warranted, for example.

このメモはTWAMPのオプション機能について説明します。 [RFC5357] TWAMP(及びOWAMP)一度にすべての以前に要求され、受け入れテストセッションを開始します。この機能は、コントロールクライアントが自分のセッション識別子(SID)に基づいて個々のテストセッションを制御することができます。この機能は、長いテスト中に開始(および/または停止)する短期TWAMPテストを可能にします。この特徴は、中間結果は、例えば、テストが保証されることを示している場合を開始するために、特定の診断テストを可能にします。

This feature requires a Modes field bit position assignment and the use of two new TWAMP command numbers (for the augmented Start and Stop commands). This feature also specifies the use of a new Stop-N-ACK Server response, to complete the symmetry of the session-stopping process in the same way as the Start-ACK (Start-N-ACK when used with this feature) response.

この機能は、モードフィールドのビット位置の割り当てと(増補開始と停止コマンドのための)二つの新しいTWAMPコマンド番号を使用する必要があります。この機能は、[スタート] - ACK(開始-N-ACKを、この機能を使用する場合)の応答と同様にセッション停止処理の対称性を完了するために、新しいストップ-N-ACKサーバーの応答を使用することを指定します。

The Individual Session Control feature gives the Control-Client new flexibility to manage any number of test sessions once they are established. However, [RFC5357] test sessions are established in serial order and the total establishment time grows with the number of sessions and the round-trip time. Therefore, implementers of this feature may also wish to implement the "Reflect Octets" feature, described in [REFLECT]. This feature allows a Control-Client to distinguish between parallel Request-TW-Session commands because a participating Server can return octets (e.g., the Control-Client's local index) in its reply to the request. Thus, the Reflect Octets feature supports the efficient establishment of many simultaneous test sessions that the Individual Session Control feature can then manage (start/stop).

個々のセッション制御機能は、それらが確立されると、テストセッションの任意の数を管理するためのコントロール、クライアントに新しい柔軟性を提供します。しかしながら、[RFC5357]試験セッションはシリアル順序で確立されており、合計確立時間は、セッションの数、および往復時間とともに成長します。したがって、この機能の実装はまた、[反映]に記載の「反映オクテット」機能を実装することを望むかもしれません。この機能は、参加サーバーが要求への応答のオクテット(例えば、コントロールクライアントのローカル・インデックス)を返すことができるので、コマンドコントロール、クライアントが並列要求-TW-セッションを区別することができます。このように、リフレクトオクテット機能は、個々のセッション制御機能は、その後、管理することができ、多くの同時テストセッション(スタート/ストップ)の効率的な構築をサポートしています。

This memo is an update to the TWAMP core protocol specified in [RFC5357]. Measurement systems are not required to implement the feature described in this memo to claim compliance with [RFC5357].

このメモは、[RFC5357]で指定TWAMPコアプロトコルの更新です。測定システムは、[RFC5357]の準拠を主張するために、このメモに記載の機能を実装するために必要とされません。

Throughout this memo, the bits marked MBZ (Must Be Zero) MUST be set to zero by senders and MUST be ignored by receivers. Also, the HMAC (Hashed Message Authentication Code) MUST be calculated as defined in Section 3.2 of [RFC4656].

このメモを通じて、ビットは、MBZ(ゼロでなければならない)送信者によってゼロに設定しなければならなくて、受信機で無視しなければなりませんをマーク。 [RFC4656]のセクション3.2で定義されるように、また、HMAC(ハッシュ・メッセージ認証コード)を計算しなければなりません。

1.1. Requirements Language
1.1. 要件言語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", および "OPTIONAL" はRFC 2119 [RFC2119]に記載されているように解釈されます。

2. Purpose and Scope
2.目的と範囲

The purpose of this memo is to describe an additional OPTIONAL function and feature for TWAMP [RFC5357].

このメモの目的はTWAMP [RFC5357]のための追加のオプション機能と特徴を説明することです。

The scope of the memo is limited to specifications of the following features:

メモの範囲は、次の機能の仕様に制限されています:

1. extension of the modes of operation through assignment of a new value in the Modes field to communicate feature capability and use,

モードフィールドに新しい値を割り当てるスルー動作モードの1拡張は、特徴の能力及び使用を通信します

2. the definitions of augmented start session and stop session commands (with corresponding acknowledgements), and

2.増強開始セッションの定義と(対応する肯定応答を伴う)セッションコマンドを停止し、そして

3. the definition of related procedures for TWAMP entities.
TWAMPエンティティの関連する手順の3.定義。

The motivation for this feature is the ability to start and stop individual test sessions at will, using a single TWAMP-Control connection.

この機能のための動機は、単一のTWAMP - コントロール接続を使用して、意のままに個々のテストセッションを開始および停止する機能です。

When the Server and Control-Client have agreed to use the Individual Session Control mode during control connection setup, then the Control-Client, the Server, the Session-Sender, and the Session-Reflector MUST all conform to the requirements of that mode, as identified below. The original TWAMP-Control Start and Stop commands MUST NOT be used.

サーバーと管理クライアントが制御接続のセットアップ時に個々のセッション制御モードを使用することに合意した場合は、[コントロールクライアント、サーバー、セッション、送信者、およびセッション・リフレクターはすべて、そのモードの要件を満たしている必要があり、以下に特定。元TWAMP - 制御開始と停止コマンドを使用してはいけません。

3. TWAMP Control Extensions
3. TWAMPコントロールの拡張

The TWAMP-Control protocol is a derivative of the OWAMP-Control protocol, and provides two-way measurement capability. TWAMP [RFC5357] uses the Modes field to identify and select specific communication capabilities, and this field is a recognized extension mechanism. The following sections describe one such extension.

TWAMP制御プロトコルはOWAMP制御プロトコルの誘導体であり、双方向の測定能力を提供します。 TWAMP [RFC5357]は、特定の通信機能を同定および選択するためにモードフィールドを使用し、このフィールドは、認識拡張機構です。次のセクションでは、そのような拡張機能について説明します。

3.1. Connection Setup with Individual Session Control
3.1. 個々のセッション制御との接続のセットアップ

TWAMP-Control connection establishment follows the procedure defined in Section 3.1 of [RFC4656] OWAMP. The Individual Session Control mode requires one new bit position (and value) to identify the ability of the Server/Session-Reflector to start and stop specific sessions (according to their Session Identifier, or SID). This new feature requires an additional TWAMP mode bit assignment as follows:

TWAMP制御接続の確立は、[RFC4656] OWAMPのセクション3.1で定義された手順に従います。個々のセッション制御モードは、特定のセッション(そのセッション識別子、またはSIDに応じて)を起動および停止するために、サーバ/セッションリフレクタの能力を識別するために、1つの新しいビット位置(および値)を必要とします。次のようにこの新しい機能は追加TWAMPモードのビット割り当てを必要とします。

   Value  Description             Reference/Explanation
   0      Reserved
   1      Unauthenticated         RFC 4656, Section 3.1
   2      Authenticated           RFC 4656, Section 3.1
   4      Encrypted               RFC 4656, Section 3.1
   8      Unauth. TEST protocol,  RFC 5618, Section 3.1
          Encrypted CONTROL
   --------------------------------------------------------
   16     Individual Session      RFC 5938, bit position 4
          Control
        

In the original OWAMP Modes field, setting bit positions 0, 1, or 2 indicated the security mode of the Control protocol, and the Test protocol inherited the same mode (see Section 4 of [RFC4656]). In the [RFC5618] memo, bit position (3) allows a different security mode in the Test protocol and uses the unauthenticated test packet format.

オリジナルOWAMPモードフィールドに、ビット位置0を設定し、1または2は、制御プロトコルのセキュリティモードを示し、及び試験プロトコルは、([RFC4656]のセクション4を参照)と同じモードを継承しました。 [RFC5618]メモでは、ビット位置(3)試験プロトコルで異なるセキュリティモードを可能にし、認証されていないテストパケットフォーマットを使用します。

If the Server sets the new bit position (bit position 4) in the Server Greeting message to indicate its capabilities, then the Server and Session-Reflector MUST comply with the requirements of this memo to control sessions on an individual basis if desired.

サーバがその機能を示すために、サーバ挨拶メッセージに新しいビット位置(ビット位置4)を設定した場合、サーバとセッション反射鏡は、必要に応じて個別にセッションを制御するために、このメモの要件を遵守しなければなりません。

If the Control-Client intends to control sessions on an individual basis (according to the requirements in this memo), it MUST set the mode bit (4, corresponding to the new mode) in the Setup Response message. This means that:

コントロールクライアントが(このメモでは要件に応じて)個別にセッションを制御しようとする場合、それはセットアップ応答メッセージに(新しいモードに対応する、4)モードビットを設定しなければなりません。この意味は:

1. The Control-Client and the Server MUST use the start and stop commands intended for individual session control and the corresponding acknowledgements, as defined in the sections that follow.

1.コントロール・クライアントとサーバはスタートを使用して、次のセクションで定義されるように、個々のセッション制御および対応する肯定応答のために意図されたコマンドを停止する必要があります。

2. The Control-Client and the Server MUST NOT use the start and stop commands (2 and 3) and the acknowledgement defined in [RFC5357].

2.コントロール・クライアントとサーバは、開始を使用して、コマンド(2及び3)と[RFC5357]で定義された肯定応答を停止してはいけません。

The Control-Client MUST also set one mode bit to indicate the chosen security mode (currently bits 0, 1, 2, or 3), consistent with the modes offered by the Server. The Control-Client MAY also set Modes field bit 4 with other features and bit positions (such as the reflect octets feature).

コントロールクライアントはまた、選択されたセキュリティモードがサーバーによって提供されるモードと、一致する(現在は0、1、2、または3ビット)を示すために、1つのモードビットを設定しなければなりません。管理クライアントは、他の機能と(例えば反映オクテットなどの特徴)ビット位置とモードフィールドのビット4を設定してもよいです。

3.2. Start-N-Sessions Command with Individual Session Control
3.2. 個々のセッション制御で始まる-N-セッションのコマンド

Having

ました

o initiated Individual Session Control mode in the Setup Response,

Oセットアップ応答内の個々のセッション制御モードを開始し、

o requested one or more test sessions, and

O 1つ以上のテストセッションを要求し、

o received affirmative Accept-Session response(s),

O、肯定受け入れセッション応答(単数または複数)を受信

a TWAMP Client MAY start the execution of one or more test sessions by sending a Start-N-Sessions message to the Server (note that "N" indicates that this command is applicable to one or more sessions, and does not change with the number of sessions identified in the command).

TWAMPのクライアントがサーバにスタート-N-セッションメッセージを送信することにより、1つ以上のテストセッションの実行を開始すること(「N」は、このコマンドは、1つの以上のセッションにも適用可能であることを示し、そして数によって変化しないことに注意してくださいコマンドで特定されたセッションの)。

The format of the Start-N-Sessions message is as follows:

次のようにスタート-N-セッションメッセージの形式は次のとおりです。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |      7        |                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+                                               +
   |                        MBZ (11 octets)                        |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                     Number of Sessions                        |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                    First SID (16 octets)                      |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   .                 remaining SIDs (16 octets each)               .
   .                                                               .
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                       HMAC (16 octets)                        |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
        

Note: In figures, "B" indicates the boundary of a 16-octet word.

注:図中、「B」は16オクテットワードの境界を示しています。

The Command Number value of 7 indicates that this is a Start-N-Sessions command. The Control-Client MUST compose this command, and the Server MUST interpret this command, according to the field descriptions below.

7のコマンド番号の値は、これがスタート-N-sessionsコマンドであることを示しています。コントロールクライアントは、このコマンドを構成しなければならない、とServerは、以下のフィールドの説明によると、このコマンドを解釈しなければなりません。

The Number of Sessions field indicates the count of sessions that this Start command applies to, and MUST be one or greater. The number of SID fields that follow MUST be equal to the value in the Number of Sessions field (otherwise, the command MUST NOT be affirmed with a zero Accept field in the Start-N-Ack response).

セッションフィールドの数は、このスタートコマンドを適用すると、1つまたはそれ以上でなければならないというのセッションの数を示します。セッションフィールドの数の値と等しくなければならない従うSIDフィールドの数(そうでなければ、コマンドは、スタート-N-ACK応答のフィールドを受け入れゼロと断言してはいけません)。

All SID fields are constructed as defined in the last paragraph of Section 3.5 of OWAMP [RFC4656] (and referenced in TWAMP). Note that the SID is assigned by the Server during the session request exchange.

OWAMP [RFC4656]の3.5節の最後の段落で定義されている(とTWAMPで参照)ように、すべてのSIDフィールドが構築されています。 SIDは、セッション要求交換中にサーバーによって割り当てられていることに注意してください。

The message is terminated with a single block HMAC, as illustrated above.

上記示したように、メッセージは、単一のブロックHMACで終端されています。

The Server MUST respond with one or more Start-N-Ack messages (which SHOULD be sent as quickly as possible). Start-N-Ack messages SHALL have the format defined in the next session.

サーバーは(可能な限り迅速に送ってください)一つ以上のスタート-N-ACKメッセージで応じなければなりません。開始-N-ACKメッセージは、次のセッションで定義されたフォーマットでなければなりません。

When using Individual Session Control mode and its Start-N-Ack command as described in the next section, multiple Start-N-Sessions commands MAY be sent without waiting for acknowledgement, and the Start-N-sessions commands MAY arrive in any order.

個々のセッション制御モードとその開始-N-Ackコマンドを次のセクションで説明したように、複数の開始-N-セッションコマンドを使用するときに確認応答を待たずに送信され、スタート-N-セッションコマンドは、任意の順序で到着するかもしれません。

3.3. Start-N-Ack Command with Individual Session Control
3.3. 個々のセッション制御で始まる-N-Ackのコマンド

The Server responds to the Start-N-Sessions command (for one or more specific sessions referenced by their SIDs) with one or more Start-N-Ack commands with Accept fields corresponding to one or more of the SIDs. This allows for the possibility that a Server cannot immediately start one or more of the sessions referenced in a particular Start-N-Sessions command, but can start one or more of the sessions.

Serverは、1つまたは複数のスタート-N-ACKで(自分のSIDによって参照される1つの以上の特定のセッションのために)とSIDの一つ以上に対応するフィールドを受け入れるコマンドスタート-N-sessionsコマンドに応答します。これは、サーバーはすぐに特定のスタート-N-sessionsコマンドで参照するセッションの1つまたは複数を起動することはできませんが、セッションの1つまたは複数を始めることができる可能性が可能になります。

The format of the message is as follows:

次のようにメッセージの形式は次のとおりです。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |      8        |     Accept    |            MBZ                |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                        MBZ (8 octets)                         |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                      Number of Sessions                       |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                    First SID (16 octets)                      |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   .                remaining SIDs (16 octets each)                .
   .                                                               .
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                       HMAC (16 octets)                        |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

The Command Number value of 8 indicates that this is a Start-N-Ack message. The Server MUST compose this command, and the Control-Client MUST interpret this command, according to the field descriptions below.

8のコマンド数の値は、これがスタート-N-ACKメッセージであることを示しています。サーバーは、このコマンドを構成しなければならない、とコントロールクライアントは、以下のフィールドの説明によると、このコマンドを解釈しなければなりません。

The Accept field values are defined in Section 3.3 of OWAMP [RFC4656].

受け入れフィールド値はOWAMP [RFC4656]のセクション3.3で定義されています。

The Number of Sessions field indicates the count of sessions that this Start-N-Ack command applies to, and MUST be one or greater. The number of SID fields that follow MUST be equal to the value in the Number of Sessions field.

セッションフィールドの数は、このスタート-N-Ackコマンドが適用されるセッションの数を示し、1以上でなければなりません。従いSIDフィールドの数は、セッションフィールドの数の値と等しくなければなりません。

All SID fields are constructed as defined in the last paragraph of Section 3.5 of OWAMP [RFC4656] (and referenced in TWAMP). Note that the SID is assigned by the Server during the session request exchange.

OWAMP [RFC4656]の3.5節の最後の段落で定義されている(とTWAMPで参照)ように、すべてのSIDフィールドが構築されています。 SIDは、セッション要求交換中にサーバーによって割り当てられていることに注意してください。

The message is terminated with a single block HMAC, as illustrated above.

上記示したように、メッセージは、単一のブロックHMACで終端されています。

Note that the SIDs for all Sessions with the same 'Accept' code can be acknowledged using the same Start-N-Ack message.

同じ「受け入れる」コードを持つすべてのセッションのSIDが同じスタート-N-Ackメッセージを使用して承認されることに注意してください。

For example, say that the Server receives a Start-N-Sessions command for SIDs 1, 2, 3, and 4. The Server determines that the resources for SID=3 are temporarily unavailable. The Server responds with two Start-N-Ack commands with fields as follows:

例えば、サーバーはSIDを1、2、3のためのスタート-N-sessionsコマンドを受信し、前記サーバは、SID = 3のためのリソースが一時的に利用不可能であると判断することを言います。サーバーは2スタート-N-ACKで応答し、次のようにフィールドを持つコマンド:

Accept = 0 Number of Sessions = 3 SIDs 1, 2, 4

セッションの数= 0 = 3つのSID 1、2、4を受け入れます

Accept = 5 Number of Sessions = 1 SID 3

セッションの= 5番号を受け入れる= 1 SID 3

3.4. Stop-N-Sessions Command with Individual Session Control
3.4. ストップ-N-セッションのコマンドを個々のセッション制御で

The Stop-N-Sessions command can only be issued by the Control-Client. The command MUST contain at least one SID.

ストップ-N-セッションコマンドは、コントロール・クライアントによって発行することができます。コマンドは、少なくとも一つのSIDを含まなければなりません。

The TWAMP Stop-N-Sessions command for use in Individual Session Control mode is formatted as follows:

次のように個々のセッション制御モードで使用するためTWAMPストップ-N-セッションコマンドがフォーマットされます。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |      9        |                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+                                               +
   |                        MBZ (11 octets)                        |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                     Number of Sessions                        |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                    First SID (16 octets)                      |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   .                remaining SIDs (16 octets each)                .
   .                                                               .
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                       HMAC (16 octets)                        |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
        

The Command Number value of 9 indicates that this is a Stop-N-Sessions command. The Control-Client MUST compose this command, and the Server MUST interpret this command, according to the field descriptions below.

9のコマンド番号値がこの停止-N-sessionsコマンドであることを示しています。コントロールクライアントは、このコマンドを構成しなければならない、とServerは、以下のフィールドの説明によると、このコマンドを解釈しなければなりません。

The Number of Sessions field indicates the count of sessions to which this Stop-N-Sessions command applies. The SID is as defined in Section 3.5 of OWAMP [RFC4656] (and TWAMP), and the value MUST be one or greater. The number of SID fields that follow MUST be equal to the value in the Number of Sessions field.

セッションフィールドの数は、このSTOP-N-セッションのコマンドが適用されるセッションの数を示します。 OWAMP [RFC4656](およびTWAMP)の3.5節で定義され、値が1以上でなければならないのでSIDです。従いSIDフィールドの数は、セッションフィールドの数の値と等しくなければなりません。

The message is terminated with a single block HMAC, as illustrated above.

上記示したように、メッセージは、単一のブロックHMACで終端されています。

The Server MUST respond with one or more Stop-N-Ack messages (which SHOULD be sent as quickly as possible). Stop-N-Ack messages SHALL have the format defined in the next session.

サーバーは(可能な限り迅速に送ってください)は、1つまたは複数のストップ-N-ACKメッセージで応じなければなりません。ストップ-N-ACKメッセージは、次のセッションで定義されたフォーマットでなければなりません。

3.5. Stop-N-Ack Command with Individual Session Control
3.5. ストップ-N-Ackのコマンドを個々のセッション制御で

In response to the Stop-N-Sessions command (for one or more specific sessions referenced by their SIDs), the Server MUST reply with one or more Stop-N-Ack commands with Accept fields corresponding to one or more of the SIDs. This allows for the possibility that a Server cannot immediately stop one or more of the sessions referenced in a particular Stop-N-Sessions command, but can stop one or more of the sessions.

停止-N-セッションコマンドに応答して(それらのSIDによって参照される一つまたは複数の特定のセッションのために)、サーバが持つSIDの1つまたは複数に対応するフィールドを受け入れるコマンド一つ以上のストップN-ACKで応答しなければなりません。これは、サーバーはすぐに特定の停止-N-sessionsコマンドで参照するセッションの1つまたは複数を止めることはできませんが、セッションの1つまたは複数を停止することができます可能性が可能になります。

The format for the Stop-N-Ack command is as follows:

次のように停止-N-Ackコマンドのフォーマットは次のとおりです。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |      10       |     Accept    |            MBZ                |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                        MBZ (8 octets)                         |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                      Number of Sessions                       |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                    First SID (16 octets)                      |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   .                 remaining SIDs (16 octets each)               .
   .                                                               .
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+B
   |                                                               |
   |                       HMAC (16 octets)                        |
   |                                                               |
   |                                                               |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

The Command Number value of 10 indicates that this is a Stop-N-Ack message. The Server MUST compose this command, and the Control-Client MUST interpret this command, according to the field descriptions below.

10のコマンド数の値は、これが停止-N-ACKメッセージであることを示しています。サーバーは、このコマンドを構成しなければならない、とコントロールクライアントは、以下のフィールドの説明によると、このコマンドを解釈しなければなりません。

The Accept Field values are defined in Section 3.3 of OWAMP [RFC4656].

受け入れフィールド値はOWAMP [RFC4656]のセクション3.3で定義されています。

The Number of Sessions field indicates the count of sessions that this Stop-N-Ack command applies to, and MUST be one or greater. The number of SID fields that follow MUST be equal to the value in the Number of Sessions field.

セッションフィールドの数は、このSTOP-N-Ackコマンドを適用すると、1つまたはそれ以上でなければならないというのセッションの数を示します。従いSIDフィールドの数は、セッションフィールドの数の値と等しくなければなりません。

All SID fields are constructed as defined in the last paragraph of Section 3.5 of OWAMP [RFC4656] (and referenced in TWAMP). Note that the SID is assigned by the Server during the session request exchange.

OWAMP [RFC4656]の3.5節の最後の段落で定義されている(とTWAMPで参照)ように、すべてのSIDフィールドが構築されています。 SIDは、セッション要求交換中にサーバーによって割り当てられていることに注意してください。

The message is terminated with a single block HMAC, as illustrated above.

上記示したように、メッセージは、単一のブロックHMACで終端されています。

Note that the SIDs for all Sessions with the same 'Accept' code can be acknowledged using the same Stop-N-Ack message.

同じ「受け入れる」コードを持つすべてのセッションのSIDが同じストップ-N-Ackメッセージを使用して承認されることに注意してください。

3.6. SERVWAIT Timeout Operation
3.6. SERVWAITタイムアウト操作

Section 3.1 of [RFC5357] describes the operation of the optional SERVWAIT timer. In normal TWAMP operation, the Server suspends monitoring the SERVWAIT timer while test sessions are in progress. When the Individual Session Control feature is utilized, this suspension is extended to cover the time when ANY test session is in progress.

[RFC5357]のセクション3.1は、オプションのSERVWAITタイマの動作を説明します。通常のTWAMP動作では、サーバーは、テストセッションが進行中にSERVWAITタイマーの監視を中断します。個々のセッション制御機能が利用される場合、この懸濁液は、任意のテストセッションが進行中である時間をカバーするように拡張されます。

Thus, the Server SHALL suspend monitoring control connection activity after receiving any Start-N-Sessions command, and after receiving a Stop-N-Sessions command for all corresponding SIDs (and no test sessions are in progress), OR when REFWAIT expires on ALL test sessions initiated by a TWAMP-Control connection, then the SERVWAIT monitoring SHALL resume (as though a Stop-N-Sessions command had been received). An implementation that supports the SERVWAIT timeout option SHOULD also implement the REFWAIT timeout option.

したがって、サーバーは、任意のスタート-N-sessionsコマンドを受信した後、制御接続の活動を監視し、対応するすべてのSIDのために停止-N-sessionsコマンドを受信した後、(なしテストセッション進行中である)中止しなければならない、OR REFWAITはALLに期限切れになったとき(ストップ-N-sessionsコマンドが受信されたかのように)TWAMP - コントロール接続によって開始されたテストセッションは、その後、SERVWAIT監視が再開されるものとします。 SERVWAITタイムアウトオプションをサポートする実装もREFWAITタイムアウトオプションを実装する必要があります。

The diagram below illustrates the operation of timers SERVWAIT and REFWAIT.

以下の図は、タイマSERVWAITとREFWAITの動作を示します。

     SERVWAIT                   REFWAIT                  SERVWAIT
   +-+-+-+-+-+-+-+-+                                   +-+-+-+-+-+-+
   (no sessions
    in progress)
                    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
                            SID="1"
        
                                   +-+-+-+-+
                                    SID="2"
        
                                     +-+-+-+-+-+-+-+-+
                                           SID="3"
        

>>>>>>>>>> Time >>>>>>>>>>>>>>>>>>> Time >>>>>>>>>>>>>>>> Time >>>>>

>>>>>>>>>>時間>>>>>>>>>>>>>>>>>>>時間>>>>>>>>>>>>>>>>時間>> >>>

3.7. Additional Considerations
3.7. その他の考慮事項

The value of the Modes field sent by the Server (in the Server Greeting message) is the bit-wise OR of the mode values that it is willing to support during this session.

(サーバのグリーティングメッセージで)サーバによって送信されたモードフィールドの値は、ビット単位のORはこのセッション中にサポートする意思があるモード値です。

With the publication of this feature, bit positions 0 through 4 of the 32-bit Modes field are used. A Control-Client MAY ignore bit positions greater than 2 in the Modes field, or it MAY support

この機能の出版物で、32ビット・モード・フィールドの4を介してビット位置0が使用されます。管理クライアントは、モードフィールドに2より大きいビット位置を無視し得るか、またはそれがサポートするかもしれません

OPTIONAL features that are communicated in bit positions 3 and higher. (The unassigned bits are available for future protocol extensions.)

ビット位置3以降で通信されるオプション機能。 (割り当てられていないビットは、将来のプロトコル拡張のために利用可能です。)

Other ways in which TWAMP extends OWAMP are described in [RFC5357].

TWAMPはOWAMPを拡張する他の方法は、[RFC5357]に記載されています。

4. TWAMP Test with Individual Session Control
個々のセッション制御4. TWAMPテスト

The TWAMP test protocol is similar to the OWAMP [RFC4656] test protocol with the exception that the Session-Reflector transmits test packets to the Session-Sender in response to each test packet it receives. TWAMP [RFC5357] defines two different test packet formats, one for packets transmitted by the Session-Sender and one for packets transmitted by the Session-Reflector. As with the OWAMP-Test protocol, there are three security modes: unauthenticated, authenticated, and encrypted. The unauthenticated mode has one test packet format, while the authenticated and encrypted modes use another (common) format.

TWAMPテストプロトコルは、セッション反射体は、それが受信した各テストパケットに応答して、セッションSenderにテストパケットを送信することを除いて、OWAMP [RFC4656]試験プロトコルに類似しています。 TWAMP [RFC5357]は二つの異なるテストパケットフォーマット、セッション送信者及びセッション反射器によって送信されたパケットのための1つによって送信されたパケットのための1つを定義します。認証されていない、認証済み、および暗号化:OWAMP - テストプロトコルと同様に、3つのセキュリティモードがあります。認証および暗号化モードは、別の(共通の)フォーマットを使用しながら、非認証モードでは、一つのテストパケットフォーマットを有します。

4.1. Sender Behavior
4.1. 送信者の行動

The individual session control feature requires that the sender MUST manage test sessions according to their SID. Otherwise, the sender behavior is as described in Section 4.1 of [RFC5357].

個々のセッション制御機能では、送信者が自分のSIDに応じたテストセッションを管理しなければならないことが必要です。それ以外の場合は、送信者の挙動を[RFC5357]のセクション4.1に記載されています。

4.2. Reflector Behavior
4.2. リフレクターの動作

The TWAMP Reflector follows the procedures and guidelines in Section 4.2 of [RFC5357], with the following additional functions required by this feature:

TWAMPリフレクタは、この機能によって必要とされる以下の追加機能が、[RFC5357]のセクション4.2の手順とガイドラインに従います。

o The Session-Reflector MUST manage all test sessions accepted according to their SID.

Oセッションリフレクターは、そのSIDに応じて受け入れられたすべてのテストセッションを管理しなければなりません。

o Upon receipt of a TWAMP-Control Stop-N-Sessions command referencing a specific session/SID, the Session-Reflector MUST ignore TWAMP-Test packets (in the same session/SID) that arrive at the current time plus the Timeout (in the Request-TW-Session command and assuming subsequent acknowledgement). The Session-Reflector MUST NOT generate a test packet to the Session-Sender for packets that are ignored. (Note: The Request-TW-Session command includes sender address + port and receiver address + port, and this is usually sufficient to distinguish sessions.)

O TWAMP - 制御停止-N-セッションは、特定のセッション/ SIDを参照するコマンドセッション反射器は現在の時刻に到着する(同じセッション/ SIDにおける)TWAMP - テストパケットを無視しなければならないプラスタイムアウトを受信すると(INリクエスト-TW-sessionコマンドと仮定して、その後の確認)。セッションリフレクターは無視されたパケットのセッション-Senderにテストパケットを生成してはなりません。 (注:要求-TW-sessionコマンドは、送信元アドレス+ポートと受信アドレス+ポートを含み、これは通常のセッションを区別するのに十分です。)

o If the REFWAIT timer is implemented, it SHOULD be enforced when any test session is in progress (started and not stopped).

REFWAITタイマーが実装されている場合は任意のテストセッションが進行中である(開始および停止していない)とき、O、それが施行されるべきです。

5. Security Considerations
5.セキュリティについての考慮事項

The security considerations that apply to any active measurement of live networks are relevant here as well. See the security considerations in [RFC4656] and [RFC5357].

ライブネットワークの任意のアクティブな測定に適用するセキュリティ上の考慮事項はここにも関連しています。 [RFC4656]と[RFC5357]のセキュリティの考慮事項を参照してください。

6. IANA Considerations
6. IANAの考慮事項

As a result of this document, IANA has assigned one mode bit position/value for a mode in the IANA registry for the TWAMP Modes field, and this memo describes the behavior when the new mode is used. This field is a recognized extension mechanism for TWAMP.

この文書の結果として、IANAはTWAMPモードフィールドのIANAレジストリ内モードのための1つのモードビット位置/値を割り当てられており、このメモは新しいモードを使用する動作を記述しています。このフィールドはTWAMPのための認識拡張メカニズムです。

As a result of this document, IANA has assigned four command numbers in the "TWAMP-Control Command Numbers" registry, and this memo describes the use of the new commands. The command number field is a recognized extension mechanism for TWAMP.

このドキュメントの結果として、IANAは「TWAMP - 制御コマンド番号」レジストリに4つのコマンド番号が割り当てられており、このメモは新しいコマンドの使用方法について説明します。コマンド番号フィールドはTWAMPのための認識拡張メカニズムです。

6.1. Registry Specification
6.1. レジストリの仕様

IANA has created a "TWAMP-Modes" registry (as requested in [RFC5618]). TWAMP-Modes are specified in TWAMP Server Greeting messages and Set-Up-Response messages, as described in Section 3.1 of [RFC5357], consistent with Section 3.1 of [RFC4656], and extended by this memo. Modes are indicated by setting bits in the 32-bit Modes field that correspond to values in the "TWAMP-Modes" registry. For the "TWAMP-Modes" registry, we expect that new features will be assigned increasing registry values that correspond to single bit positions, unless there is a good reason to do otherwise (more complex encoding than single bit positions may be used in the future to access the 2^32 value space).

IANAは([RFC5618]で要求されるように) "TWAMP-モード" のレジストリを作成しました。 TWAMP-モードは、[RFC5357]のセクション3.1で説明したように、[RFC4656]の3.1節と一致し、TWAMPサーバのグリーティングメッセージとセットアップ・応答メッセージに指定され、そしてこのメ​​モによって拡張されています。モードは「TWAMP-モード」レジストリ内の値に対応する32ビット・モード・フィールド内のビットをセットすることによって示されています。 「TWAMP・モード」のレジストリのために、我々は、単一のビット位置は、将来的に使用することができるよりも、そうでない場合は(より複雑なエンコーディングを行うには十分な理由がない限り、新機能は、単一ビット位置に対応するレジストリ値を増やす割り当てられることを期待します2 ^ 32値空間にアクセスするため)。

IANA has also created the "TWAMP-Control Command Numbers" registry. TWAMP-Control commands are specified by the first octet in TWAMP-Control messages as specified in Section 3.5 of [RFC5357], and augmented by this memo. This registry may contain 256 possible values.

IANAはまた、「TWAMP - 制御コマンド番号」レジストリを作成しました。 [RFC5357]のセクション3.5で指定され、このメモによって増大としてTWAMP制御コマンドはTWAMP制御メッセージの最初のオクテットで指定されています。このレジストリは、256の可能な値が含まれていてもよいです。

6.2. Registry Management
6.2. レジストリ管理

Because the "TWAMP-Control Command Numbers" registry can contain only 256 values and "TWAMP-Modes" are based on only 32 bit positions with a maximum of 2^32 values, and because TWAMP is an IETF protocol, these registries must be updated only by "IETF Consensus" as specified in [RFC5226] (an RFC that documents registry use and is approved by the IESG). Management of these registries is described in Section 8.2 of [RFC5357] and [RFC5618].

「TWAMP - 制御コマンド番号」レジストリのみ256の値と「TWAMP・モード」を含むことができるが、2 ^ 32の値の最大値を有する唯一の32ビット位置に基づいており、TWAMPがIETFプロトコルであるため、これらのレジストリを更新しなければならないのでのみ[RFC5226]で指定されている「IETFコンセンサス」(ドキュメントレジストリ使用することをRFCとIESGによって承認される)によります。これらのレジストリの管理は、[RFC5357]と[RFC5618]のセクション8.2に記載されています。

The values 7, 8, 9, and 10 have been assigned in the "TWAMP-Control Command Numbers" Registry. The value 16 corresponding to the next available bit position (4) (as described in Sections 3.1 and 3.7) has been assigned in the "TWAMP-Modes" registry.

値7、8、9、及び10は、「TWAMP - 制御コマンド番号」レジストリに割り当てられています。 (セクション3.1および3.7に記載されているように)次の利用可能なビット位置(4)に対応する値16が「TWAMP-モード」レジストリに割り当てられています。

6.3. Experimental Numbers
6.3. 実験番号

One experimental value has been assigned in the "TWAMP-Control Command Numbers" registry.

一つの実験値は、「TWAMP - 制御コマンド番号」レジストリに割り当てられています。

No additional experimental values are assigned in the TWAMP-Modes registry.

追加の実験値はTWAMP-モードレジストリに割り当てられません。

6.4. Registry Contents
6.4. レジストリの内容

TWAMP-Control Command Numbers Registry

TWAMP - 制御コマンド番号レジストリ

   Value  Description             Semantics Definition
    0      Reserved
    1      Forbidden
    2      Start-Sessions          RFC 4656, Section 3.7
    3      Stop-Sessions           RFC 4656, Section 3.8
    4      Reserved
    5      Request-TW-Session      RFC 5357, Section 3.5
    6      Experimentation         RFC 5357, Section 8.3
   ------------------------------------------------------------------
    7      Start-N-Sessions        RFC 5938, Section 3.2
    8      Start-N-Ack             RFC 5938, Section 3.3
    9      Stop-N-Sessions         RFC 5938, Section 3.4
   10      Stop-N-Ack              RFC 5938, Section 3.5
        

TWAMP-Modes Registry

TWAMP-モードレジストリ

   Value  Description             Reference/Explanation
   0      Reserved
   1      Unauthenticated         RFC 4656, Section 3.1
   2      Authenticated           RFC 4656, Section 3.1
   4      Encrypted               RFC 4656, Section 3.1
   8      Unauth. TEST protocol,  RFC 5618, Section 3.1
          Encrypted CONTROL
   --------------------------------------------------------
   16     Individual Session       RFC 5938, Section 3.1
          Control                  bit position 4
        
7. Acknowledgements
7.謝辞

The authors thank everyone who provided comments on this feature, especially Lars Eggert, Adrian Farrel, and Alexey Melnikov.

著者は、この機能についてのコメントを提供し、誰も、特にラースEggertの、エードリアンファレル、およびアレクセイメルニコフに感謝します。

8. References
8.参照文献
8.1. Normative References
8.1. 引用規格

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC4656] Shalunov, S., Teitelbaum, B., Karp, A., Boote, J., and M. Zekauskas, "A One-way Active Measurement Protocol (OWAMP)", RFC 4656, September 2006.

[RFC4656] Shalunov、S.、Teitelbaum、B.、カープ、A.、BOOTE、J.、およびM. Zekauskas、 "ワンウェイアクティブな測定プロトコル(OWAMP)"、RFC 4656、2006年9月。

[RFC5226] Narten, T. and H. Alvestrand, "Guidelines for Writing an IANA Considerations Section in RFCs", BCP 26, RFC 5226, May 2008.

[RFC5226] Narten氏、T.とH. Alvestrand、 "RFCsにIANA問題部に書くためのガイドライン"、BCP 26、RFC 5226、2008年5月。

[RFC5357] Hedayat, K., Krzanowski, R., Morton, A., Yum, K., and J. Babiarz, "A Two-Way Active Measurement Protocol (TWAMP)", RFC 5357, October 2008.

[RFC5357]ヘダーヤト、K.、Krzanowski、R.、モートン、A.、ヤム、K.、およびJ. Babiarz、 "双方向アクティブ測定プロトコル(TWAMP)"、RFC 5357、2008年10月。

[RFC5618] Morton, A. and K. Hedayat, "Mixed Security Mode for the Two-Way Active Measurement Protocol (TWAMP)", RFC 5618, August 2009.

[RFC5618]モートン、A.およびK.ヘダーヤト、RFC 5618、2009年8月の "2ウェイアクティブ測定プロトコル(TWAMP)のためのセキュリティモードを混合"。

8.2. Informative References
8.2. 参考文献

[REFLECT] Morton, A. and L. Ciavattone, "TWAMP Reflect Octets and Symmetrical Size Features", Work in Progress, June 2010.

モートン、A.、およびL. Ciavattoneを[REFLECT]、進歩、2010年6月に作品 "TWAMPは、オクテットと対称サイズの特長を反映します"。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Al Morton AT&T Labs 200 Laurel Avenue South Middletown, NJ 07748 USA

アルモートンAT&T Labsの200ローレルアベニュー南ミドルタウン、NJ 07748 USA

Phone: +1 732 420 1571 Fax: +1 732 368 1192 EMail: acmorton@att.com URI: http://home.comcast.net/~acmacm/

電話:+1 732 420 1571ファックス:+1 732 368 1192 Eメール:acmorton@att.com URI:http://home.comcast.net/~acmacm/

Murtaza Chiba Cisco Systems 170 W. Tasman Drive San Jose, CA 95134 USA

Murtaza千葉シスコシステムズ170 W.タスマン・ドライブサンノゼ、CA 95134 USA

Phone: +1 800 553 NETS EMail: mchiba@cisco.com

電話:+1 800 553 NETS Eメール:mchiba@cisco.com