Internet Engineering Task Force (IETF)                         S. Turner
Request for Comments: 5959                                          IECA
Category: Standards Track                                    August 2010
ISSN: 2070-1721
        
           Algorithms for Asymmetric Key Package Content Type
        

Abstract

抽象

This document describes the conventions for using several cryptographic algorithms with the EncryptedPrivateKeyInfo structure, as defined in RFC 5958. It also includes conventions necessary to protect the AsymmetricKeyPackage content type with SignedData, EnvelopedData, EncryptedData, AuthenticatedData, and AuthEnvelopedData.

RFC 5958.に定義されるように、この文書はまたのSignedData、EnvelopedDataの、はEncryptedData、AuthenticatedData、及びAuthEnvelopedDataとAsymmetricKeyPackageコンテンツタイプを保護するために必要な規則を含む、EncryptedPrivateKeyInfoを構造といくつかの暗号化アルゴリズムを使用するための規則を記述する。

Status of This Memo

このメモのステータス

This is an Internet Standards Track document.

これは、インターネット標準化過程文書です。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントはインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。これは、IETFコミュニティの総意を表しています。これは、公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリング運営グループ(IESG)によって公表のために承認されています。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2で利用可能です。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc5959.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc5959で取得することができます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2010 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2010 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。コードコンポーネントは、トラスト法規定のセクションで説明4.eおよび簡体BSDライセンスで説明したように、保証なしで提供されているよう簡体BSDライセンスのテキストを含める必要があり、この文書から抽出されました。

1. Introduction
1. はじめに

This document describes the conventions for using several cryptographic algorithms with the EncryptedPrivateKeyInfo structure [RFC5958]. The EncryptedPrivateKeyInfo is used by [P12] to encrypt PrivateKeyInfo [RFC5958]. It is similar to EncryptedData [RFC5652] in that it has no recipients, no originators, and no content encryption keys and requires keys to be managed by other means.

この文書では、EncryptedPrivateKeyInfoを構造[RFC5958]でいくつかの暗号化アルゴリズムを使用するための規則について説明します。 EncryptedPrivateKeyInfoをPrivateKeyInfoでは[RFC5958]を暗号化する[P12]によって使用されます。それは、受信者、無オリジネーター、無コンテンツ暗号化キーを持たず、他の手段によって管理されるようにキーを必要とするという点で、それは、[RFC5652]はEncryptedDataに似ています。

This document also includes conventions necessary to protect the AsymmetricKeyPackage content type [RFC5958] with Cryptographic Message Syntax (CMS) protecting content types: SignedData [RFC5652], EnvelopedData [RFC5652], EncryptedData [RFC5652], AuthenticatedData [RFC5652], and AuthEnvelopedData [RFC5083]. Implementations of AsymmetricKeyPackage do not require support for any CMS protecting content type; however, if the AsymmetricKeyPackage is CMS protected it is RECOMMENDED that conventions defined herein be followed.

このドキュメントは、コンテンツタイプを保護する暗号メッセージ構文(CMS)とAsymmetricKeyPackageコンテンツタイプ[RFC5958]を保護するために必要な規則を含む:のSignedData [RFC5652]、EnvelopedDataの[RFC5652]はEncryptedData [RFC5652]、AuthenticatedData [RFC5652]、およびAuthEnvelopedData [RFC5083 ]。 AsymmetricKeyPackageの実装は任意のCMSは、コンテンツタイプを保護するためのサポートを必要としません。 AsymmetricKeyPackageは、CMSが保護されている場合しかし、本明細書で定義された規則に従うことを推奨しています。

This document does not define any new algorithms instead it refers to previously defined algorithms.

この文書では、それは以前に定義されたアルゴリズムを参照する代わりに、任意の新しいアルゴリズムを定義していません。

1.1. Terminology
1.1. 用語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST"、 "MUST NOT"、 "REQUIRED"、、、、 "べきではない" "べきである" "ないもの" "ものとし"、 "推奨"、 "MAY"、および "OPTIONAL" はあります[RFC2119]に記載されているように解釈されます。

2. EncryptedPrivateKeyInfo
2. EncryptedPrivateKeyInfoを

The de facto standard used to encrypt the PrivateKeyInfo structure, which is subsequently placed in the EncryptedPrivateKeyInfo encryptedData field, is Password Based Encryption (PBE) based on PKCS #5 [RFC2898] and PKCS #12 [P12]. The major difference between PKCS #5 and PKCS #12 is the supported encoding for the password: ASCII for PKCS #5 and Unicode for PKCS #12, encoded as specified in Section B.1 of [P12]. [RFC2898] specifies two PBE Schemes (PBES) 1 and 2; [RFC2898] recommends PBES2 for new specification. PBES2 with a key derivation algorithm of PBKDF2 using HMAC with SHA-256 [RFC5754] and an encryption algorithm of AES Key Wrap with Padding as defined in [RFC5649] MUST be supported. AES-256 Key Wrap with Padding [RFC5649] MAY also be supported as an encryption algorithm.

その後EncryptedPrivateKeyInfoをはEncryptedDataフィールドに配置されPrivateKeyInfoで構造を暗号化するために使用される事実上の標準は、PKCS#5 [RFC2898]とPKCS#12 [P12]に基づいて、パスワードベースの暗号化(PBE)です。 [P12]のセクションB.1で指定されるように符号化されたPKCS#12のためのPKCS#5およびUnicodeのASCII:PKCS#5、PKCS#12との間の主な違いは、パスワードでサポートされている符号です。 [RFC2898は、2つのPBEスキーム(PBES)1及び2を指定します。 [RFC2898]は新しい仕様のためPBES2を推奨しています。 SHA-256 [RFC5754]及び[RFC5649]で定義されるようにパディングとAESキーラップの暗号化アルゴリズムでHMACを使用PBKDF2のキー導出アルゴリズムでPBES2をサポートしなければなりません。パディング[RFC5649]とAES-256キーラップはまた、暗号化アルゴリズムとしてサポートされるかもしれません。

3. AsymmetricKeyPackage
3. AsymmetricKeyPackage

As noted in Asymmetric Key Packages [RFC5958], CMS can be used to protect the AsymmetricKeyPackage. The following provides guidance for SignedData [RFC5652], EnvelopedData [RFC5652], EncryptedData

非対称鍵パッケージ[RFC5958]で述べたように、CMSはAsymmetricKeyPackageを保護するために使用することができます。以下はSignedDataの[RFC5652]、EnvelopedDataの[RFC5652]、はEncryptedDataためのガイダンスを提供します

[RFC5652], AuthenticatedData [RFC5652], and AuthEnvelopedData [RFC5083].

[RFC5652]、AuthenticatedData [RFC5652]、およびAuthEnvelopedData [RFC5083]。

3.1. SignedData
3.1. SignedData

If an implementation supports SignedData, then it MUST support the signature scheme RSA [RFC3370] [RFC5754] and SHOULD support the signature schemes RSASSA-PSS [RFC4056] and DSA [RFC3370] [RFC5754]. Additionally, implementations MUST support in concert with these signature schemes the hash function SHA-256 [RFC5754] and SHOULD support the hash function SHA-1 [RFC3370].

実装がのSignedDataをサポートしている場合、それは署名方式RSA [RFC3370]、[RFC5754]をサポートしなければならないと署名方式RSASSA-PSS [RFC4056]とDSA [RFC3370]、[RFC5754]をサポートすべきです。また、実装は、これらの署名方式と協調してハッシュ関数SHA-256 [RFC5754]をサポートしなければならないとハッシュ関数SHA-1 [RFC3370]をサポートすべきです。

3.2. EnvelopedData
3.2. EnvelopedDataの

If an implementation supports EnvelopedData, then it MUST implement key transport and it MAY implement key agreement.

実装がEnvelopedDataのをサポートしている場合、それは、キートランスポートを実装しなければならないし、それが鍵合意を実施することができます。

When key transport is used, RSA encryption [RFC3370] MUST be supported and RSAES-OAEP (RSA Encryption Scheme - Optimal Asymmetric Encryption Padding) [RFC3560] SHOULD be supported.

キートランスポートを使用する場合、RSA暗号化[RFC3370]はサポートしなければならない及びRSAES-OAEP(RSA暗号方式 - 最適非対称暗号化パディング)[RFC3560]はサポートされる必要があります。

When key agreement is used, Diffie-Hellman (DH) ephemeral-static [RFC3370] MUST be supported.

キー合意が使用される場合、ディフィー・ヘルマン(DH)エフェメラル静的[RFC3370]はサポートしなければなりません。

Since the content type is used to carry a cryptographic key and its attributes, an algorithm that is traditionally used to encrypt one key with another is employed. Regardless of the key management technique choice, implementations MUST support AES-128 Key Wrap with Padding [RFC5649] as the content encryption algorithm. Implementations SHOULD support AES-256 Key Wrap with Padding [RFC5649] as the content encryption algorithm.

コンテンツタイプは、暗号鍵とその属性を運ぶために使用されるので、伝統的に相互に一つのキーを暗号化するために使用されるアルゴリズムが採用されています。かかわらず、鍵管理手法の選択の、実装は、コンテンツの暗号化アルゴリズムとしてパディング[RFC5649]でAES-128キーラップをサポートしなければなりません。実装は、コンテンツの暗号化アルゴリズムとしてパディング[RFC5649]でAES-256キーラップをサポートする必要があります。

When key agreement is used, a key wrap algorithm is also specified to wrap the content encryption key. If the content encryption algorithm is AES-128 Key Wrap with Padding, then the key wrap algorithm MUST be AES-128 Key Wrap with Padding [RFC5649]. If the content encryption algorithm is AES-256 Key Wrap with Padding, then the key wrap algorithm MUST be AES-256 Key Wrap with Padding [RFC5649].

鍵合意を使用する場合は、キーラップアルゴリズムは、コンテンツの暗号化キーを包むように指定されています。コンテンツの暗号化アルゴリズムはAES-128キーラップがパディングである場合には、キーラップアルゴリズムは、パディング[RFC5649]でAES-128キーラップでなければなりません。コンテンツの暗号化アルゴリズムはAES-256キーラップがパディングである場合には、キーラップアルゴリズムは、パディング[RFC5649]でAES-256キーラップでなければなりません。

3.3. EncryptedData
3.3. EncryptedData

If an implementation supports EncryptedData, then it MUST implement AES-128 Key Wrap with Padding [RFC5649] and SHOULD implement AES-256 Key Wrap with Padding [RFC5649].

実装がはEncryptedDataをサポートしている場合、それはパディング[RFC5649]でAES-128キーラップを実装しなければならないし、パディング[RFC5649]でAES-256キーラップを実装する必要があります。

NOTE: EncryptedData requires that keys be managed by other means; therefore, the only algorithm specified is the content encryption algorithm. Since the content type is used to carry a cryptographic key and its attributes, an algorithm that is traditionally used to encrypt one key with another is employed.

注:はEncryptedDataは、キーは、他の手段によって管理されている必要があります。そのため、指定された唯一のアルゴリズムでは、コンテンツの暗号化アルゴリズムです。コンテンツタイプは、暗号鍵とその属性を運ぶために使用されるので、伝統的に相互に一つのキーを暗号化するために使用されるアルゴリズムが採用されています。

3.4. AuthenticatedData
3.4. 認証されたデータ

If an implementation supports AuthenticatedData, then it MUST implement SHA-256 [RFC5754] and SHOULD support SHA-1 [RFC3370] as the message digest algorithm. Additionally, HMAC with SHA-256 [RFC4231] MUST be supported and HMAC with SHA-1 [RFC3370] SHOULD be supported.

実装はAuthenticatedDataをサポートしている場合、それはSHA-256 [RFC5754]を実装しなければなりませんとメッセージダイジェストアルゴリズムとしてSHA-1 [RFC3370]をサポートすべきです。また、SHA-256とのHMAC [RFC4231]はサポートしなければならないとSHA-1 HMAC [RFC3370]はサポートされる必要があります。

3.5. AuthEnvelopedData
3.5. AuthEnvelopedData

If an implementation supports AuthEnvelopedData, then it MUST implement the EnvelopedData recommendations except for the content encryption algorithm, which in this case MUST be AES-GCM [RFC5084]; the 128-bit version MUST be implemented and the 256-bit version SHOULD be implemented. Implementations MAY also support for AES-CCM [RFC5084].

実装がAuthEnvelopedDataをサポートしている場合、それは、この場合、AES-GCM [RFC5084]でなければなりませんコンテンツ暗号化アルゴリズムを除いEnvelopedDataの推奨を実装しなければなりません。 128ビットバージョンを実装しなければならなくて、256ビットバージョンが実装されるべきです。また、実装はAES-CCM [RFC5084]をサポートするかもしれません。

4. Public Key Sizes
4.公開鍵のサイズ

The easiest way to implement the SignedData, EnvelopedData, and AuthEnvelopedData is with public key certificates [RFC5280]. If an implementation support RSA, RSASSA-PSS, DSS, RSAES-OAEP, or DH, then it MUST support key lengths from 1024-bit to 2048-bit, inclusive.

SignedData、EnvelopedDataの、およびAuthEnvelopedDataを実装する最も簡単な方法は、公開鍵証明書[RFC5280]です。実装サポートRSA、RSASSA-PSS、DSS、RSAES-OAEP、またはDH場合、それは包括的、2048ビットに1024ビットの鍵長をサポートしなければなりません。

5. SMIMECapabilities Attribute
5. SMIMEケーパビリティは、属性

[RFC5751] defines the SMIMECapabilities attribute as a mechanism for recipients to indicate their supported capabilities including the algorithms they support. The following are values for the SMIMECapabilities attribute for AES Key Wrap with Padding [RFC5649] when used as a content encryption algorithm:

[RFC5751]はSMIMEケーパビリティは、彼らがサポートするアルゴリズムを含む彼らのサポート能力を示すために、受信者のためのメカニズムとして属性を定義します。 SMIMEケーパビリティのためにされている次の値は、パディングとAESキーラップのための属性[RFC5649]は、コンテンツ暗号化アルゴリズムとして使用する場合:

AES-128 KW with Padding: 30 0d 06 09 60 86 48 01 65 03 04 01 08 AES-192 KW with Padding: 30 0d 06 09 60 86 48 01 65 03 04 01 1C AES-256 KW with Padding: 30 0d 06 09 60 86 48 01 65 03 04 01 30

パディングとAES-128 KW:パディング30 0D 06 09 60 86 48 01 65 03 04 01 08 AES-192 KW:パディング30 0D 06 09 60 86 48 01 65 03 04 01 1C AES-256 KW:30 0D 06 09 60 86 48 01 65 03 04 01 30

6. Security Considerations
6.セキュリティの考慮事項

The security considerations from [RFC3370], [RFC3560], [RFC4056], [RFC4231], [RFC5083], [RFC5084], [RFC5649], [RFC5652], [RFC5754], and [RFC5958] apply.

[RFC3370]、[RFC3560]、[RFC4056]、[RFC4231]、[RFC5083]、[RFC5084]、[RFC5649]、[RFC5652]、[RFC5754]及び[RFC5958]からセキュリティ上の考慮事項が適用されます。

The strength of any encryption scheme is only as good as its weakest link, which in the case of a PBES is the password. Passwords need to provide sufficient entropy to ensure they cannot be easily guessed. The U.S. National Institute of Standards and Technology (NIST) Electronic Authentication Guidance [SP800-63] provides some information on password entropy. [SP800-63] indicates that a user-chosen 20-character password from a 94-character keyboard with no checks provides 36 bits of entropy. If the 20-character password is randomly chosen, then the amount of entropy is increased to roughly 131 bits of entropy. The amount of entropy in the password does not correlate directly to bits of security but in general the more than the better.

任意の暗号化方式の強度がPBESの場合には、パスワードでその最も弱いリンク、と同じくらい良いです。パスワードは、彼らが容易に推測することはできません確実にするために十分なエントロピーを提供する必要があります。米国国立標準技術研究所は、(NIST)電子認証ガイダンスは、[SP800-63]パスワードのエントロピーのいくつかの情報を提供します。 【SP800-63】なしチェック94文字のキーボードからユーザが選択した20文字のパスワードは、エントロピーの36ビットを提供することを示しています。 20文字のパスワードがランダムに選択された場合、エントロピーの量は、エントロピーの約131ビットに増大されます。パスワードのエントロピーの量は、より良いよりもセキュリティのビットではなく、一般的には直接相関しません。

The choice of content encryption algorithms for this document was based on [RFC5649]: "In the design of some high assurance cryptographic modules, it is desirable to segregate cryptographic keying material from other data. The use of a specific cryptographic mechanism solely for the protection of cryptographic keying material can assist in this goal". Unfortunately, there is no AES-GCM or AES-CCM mode that provides the same properties. If an AES-GCM and AES-CCM mode that provides the same properties is defined, then this document will be updated to adopt that algorithm.

このドキュメントのコンテンツ暗号化アルゴリズムの選択は、に基づいていた[RFC5649]:「いくつかの高保証暗号モジュールの設計では、他のデータから暗号鍵素材を分離することが望ましい保護のためだけに特定の暗号化メカニズムを使用します。暗号化キーイングマテリアルは、この目標」を支援することができます。残念ながら、同じ性質を提供して何のAES-GCMまたはAES-CCMモードはありません。 AES-GCMと同じ性質を提供してAES-CCMモードが定義されている場合は、この文書では、そのアルゴリズムを採用するように更新されます。

[SP800-57] provides comparable bits of security for some algorithms and key sizes. [SP800-57] also provides time frames during which certain numbers of bits of security are appropriate and some environments may find these time frames useful.

[SP800-57]いくつかのアルゴリズムと鍵サイズのセキュリティの同等ビットを提供します。 【SP800-57】また、セキュリティのビットの特定の数が適切であり、環境によっては、これらの時間フレームは有用かもしれする時間フレームを提供します。

7. References
7.参考
7.1. Normative References
7.1. 引用規格

[P12] RSA Laboratories, "PKCS #12 v1.0: Personal Information Exchange Syntax", June 1999.

[P12] RSA Laboratories社、 "PKCS#12 v1.0を:個人情報交換構文"、1999年6月。

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC2898] Kaliski, B., "PKCS #5: Password-Based Cryptography Specification Version 2.0", RFC 2898, September 2000.

[RFC2898] Kaliski、B.、 "PKCS#5:パスワードベースの暗号化仕様バージョン2.0"、RFC 2898、2000年9月。

[RFC3370] Housley, R., "Cryptographic Message Syntax (CMS) Algorithms", RFC 3370, August 2002.

[RFC3370] Housley氏、R.、 "暗号メッセージ構文(CMS)アルゴリズム"、RFC 3370、2002年8月。

[RFC3560] Housley, R., "Use of the RSAES-OAEP Key Transport Algorithm in Cryptographic Message Syntax (CMS)", RFC 3560, July 2003.

[RFC3560] Housley氏、R.、RFC 3560 "暗号メッセージ構文(CMS)でRSAES-OAEPキー交通アルゴリズムの使用"、2003年7月。

[RFC4056] Schaad, J., "Use of the RSASSA-PSS Signature Algorithm in Cryptographic Message Syntax (CMS)", RFC 4056, June 2005.

[RFC4056] Schaad、J.、 "暗号メッセージ構文(CMS)でRSASSA-PSS署名アルゴリズムの使用"、RFC 4056、2005年6月。

[RFC4231] Nystrom, M., "Identifiers and Test Vectors for HMAC-SHA-224, HMAC-SHA-256, HMAC-SHA-384, and HMAC-SHA-512", RFC 4231, December 2005.

[RFC4231] Nystrom、M.、 "識別子とHMAC-SHA-224、HMAC-SHA-256、HMAC-SHA-384、およびHMAC-SHA-512のテストベクター"、RFC 4231、2005年12月。

[RFC5083] Housley, R., "Cryptographic Message Syntax (CMS) Authenticated-Enveloped-Data Content Type", RFC 5083, November 2007.

[RFC5083] Housley氏、R.、 "暗号メッセージ構文(CMS)認証エンベロープ・データコンテンツの種類"、RFC 5083、2007年11月。

[RFC5084] Housley, R., "Using AES-CCM and AES-GCM Authenticated Encryption in the Cryptographic Message Syntax (CMS)", RFC 5084, November 2007.

[RFC5084] Housley氏、R.、 "暗号メッセージ構文(CMS)でAES-CCMとAES-GCM認証済み暗号化の使用"、RFC 5084、2007年11月。

[RFC5280] Cooper, D., Santesson, S., Farrell, S., Boeyen, S., Housley, R., and W. Polk, "Internet X.509 Public Key Infrastructure Certificate and Certificate Revocation List (CRL) Profile", RFC 5280, May 2008.

[RFC5280]クーパー、D.、Santesson、S.、ファレル、S.、Boeyen、S.、Housley氏、R.、およびW.ポーク、「インターネットX.509公開鍵暗号基盤証明書と証明書失効リスト(CRL)のプロフィール」、RFC 5280、2008年5月。

[RFC5649] Housley, R. and M. Dworkin, "Advanced Encryption Standard (AES) Key Wrap with Padding Algorithm", RFC 5649, September 2009.

[RFC5649] Housley氏、R.とM. Dworkin、 "パディングアルゴリズムとのAdvanced Encryption Standard(AES)キーラップ"、RFC 5649、2009年9月。

[RFC5652] Housley, R., "Cryptographic Message Syntax (CMS)", STD 70, RFC 5652, September 2009.

[RFC5652] Housley氏、R.、 "暗号メッセージ構文(CMS)"、STD 70、RFC 5652、2009年9月。

[RFC5751] Ramsdell, B. and S. Turner, "Secure/Multipurpose Internet Mail Extensions (S/MIME) Version 3.2 Message Specification", RFC 5751, January 2010.

[RFC5751] Ramsdell、B.、およびS.ターナー、 "/セキュア多目的インターネットメール拡張(S / MIME)バージョン3.2メッセージ仕様"、RFC 5751、2010年1月。

[RFC5754] Turner, S., "Using SHA2 Algorithms with Cryptographic Message Syntax", RFC 5754, January 2010.

[RFC5754]ターナー、S.、 "暗号メッセージ構文とSHA2アルゴリズムを使用する"、RFC 5754、2010年1月。

[RFC5958] Turner, S., "Asymmetric Key Packages", RFC 5958, August 2010.

[RFC5958]ターナー、S.、 "非対称鍵パッケージ"、RFC 5958、2010年8月。

7.2. Informative References
7.2. 参考文献

[SP800-57] National Institute of Standards and Technology (NIST), Special Publication 800-57: Recommendation for Key Management - Part 1 (Revised), March 2007.

標準技術[SP800-57]国立研究所(NIST)、特別な公表800-57:キー管理のための提言 - パート1(改訂版)、2007年3月。

[SP800-63] National Institute of Standards and Technology (NIST), Special Publication 800-63: Electronic Authentication Guidance, April 2006.

[SP800-63]国立標準技術研究所(NIST)、特別な公表800-63:電子認証指針、2006年4月。

Author's Address

著者のアドレス

Sean Turner IECA, Inc. 3057 Nutley Street, Suite 106 Fairfax, VA 22031 USA

ショーン・ターナーIECA株式会社3057ナトリーストリート、スイート106バージニア州フェアファクス22031 USA

EMail: turners@ieca.com

メールアドレス:turners@ieca.com