Internet Engineering Task Force (IETF)                      S. Josefsson
Request for Comments: 6251                                        SJD AB
Category: Informational                                         May 2011
ISSN: 2070-1721
        
                        Using Kerberos Version 5
            over the Transport Layer Security (TLS) Protocol
        

Abstract

抽象

This document specifies how the Kerberos V5 protocol can be transported over the Transport Layer Security (TLS) protocol in order to provide additional security features.

この文書では、Kerberos V5プロトコルが追加のセキュリティ機能を提供するために、トランスポート層セキュリティ(TLS)プロトコルを介して輸送することができる方法を指定します。

Status of This Memo

このメモのステータス

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for informational purposes.

このドキュメントはインターネット標準化過程仕様ではありません。それは、情報提供の目的のために公開されています。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Not all documents approved by the IESG are a candidate for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントはインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。これは、IETFコミュニティの総意を表しています。これは、公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリング運営グループ(IESG)によって公表のために承認されています。 IESGによって承認されていないすべての文書がインターネットStandardのどんなレベルの候補です。 RFC 5741のセクション2を参照してください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc6251.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc6251で取得することができます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2011 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2011 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。コードコンポーネントは、トラスト法規定のセクションで説明4.eおよび簡体BSDライセンスで説明したように、保証なしで提供されているよう簡体BSDライセンスのテキストを含める必要があり、この文書から抽出されました。

This document may contain material from IETF Documents or IETF Contributions published or made publicly available before November 10, 2008. The person(s) controlling the copyright in some of this material may not have granted the IETF Trust the right to allow modifications of such material outside the IETF Standards Process. Without obtaining an adequate license from the person(s) controlling the copyright in such materials, this document may not be modified outside the IETF Standards Process, and derivative works of it may not be created outside the IETF Standards Process, except to format it for publication as an RFC or to translate it into languages other than English.

この材料の一部がIETFトラストにこのような材料の変更を許可する権利を与えられていない可能性がありますにこの文書は、2008年、IETFドキュメントまたは11月10日以前に発行または公開さIETF貢献から著作権を支配する者(複数可)材料を含んでいてもよいですIETF標準化プロセスの外。そのような材料の著作権を管理者(単数または複数)から適切なライセンスを取得することなく、この文書は、IETF標準化過程の外側修正されないかもしれません、そして、それの派生物は、IETF標準化過程の外側に作成されない場合があり、それをフォーマットする以外出版RFCとして、英語以外の言語に翻訳します。

Table of Contents

目次

   1. Introduction and Background .....................................2
   2. Kerberos V5 STARTTLS Extension ..................................3
   3. Examples ........................................................4
   4. STARTTLS-Aware KDC Discovery ....................................5
   5. Server Certificates .............................................6
   6. IANA Considerations .............................................7
   7. Acknowledgements ................................................7
   8. Security Considerations .........................................7
   9. References ......................................................8
      9.1. Normative References .......................................8
      9.2. Informative References .....................................8
        
1. Introduction and Background
1.はじめと背景

This document describes how a Kerberos V5 [RFC4120] implementation may upgrade communication between clients and Key Distribution Centers (KDCs) to use the Transport Layer Security (TLS) [RFC5246] protocol.

この文書では、Kerberos V5 [RFC4120]の実装は、トランスポート層セキュリティ(TLS)[RFC5246]プロトコルを使用するようにクライアントとキー配布センター(KDCを)間の通信をアップグレードする方法について説明します。

The TLS protocol offers integrity- and privacy-protected exchanges that can be authenticated using X.509 certificates, OpenPGP keys [RFC6091], and usernames and passwords via Secure Remote Password (SRP) [RFC5054].

TLSプロトコルは、セキュアリモートパスワード(SRP)[RFC5054]を経由してX.509証明書、のOpenPGPキー[RFC6091]、およびユーザー名とパスワードを使用して認証することができます・インテグリティとプライバシー保護の交流を提供しています。

There are several reasons to use Kerberos V5 over TLS.

TLS上のKerberos V5を使用するには、いくつかの理由があります。

o It prevents downgrade attacks affecting, e.g., encryption types and pre-auth data negotiation. The encryption type field in KDC-REQ and the METHOD-DATA field with the requested pre-auth types from the server in KDC_ERR_PREAUTH_REQUIRED errors in KDC-REP are sent without integrity or privacy protection in Kerberos V5. This allows an active attacker to replace the encryption type with a compromised encryption type, e.g., 56-bit DES, or request that clients should use a broken pre-auth type.

Oそれは、例えば、暗号化タイプと事前認証データ交渉に影響を与えるダウングレード攻撃を防ぐことができます。 KDC-REPでKDC_ERR_PREAUTH_REQUIREDエラーがサーバーから要求された事前認証タイプとKDC-REQとMETHOD-DATAフィールド内の暗号化タイプフィールドは、ケルベロスV5での整合性やプライバシーの保護なしで送信されます。これは、アクティブな攻撃者は、例えば損なわ暗号化タイプと暗号化の種類を交換することができ、56ビットDES、またはクライアントが壊れたプレ認証タイプを使用することを要求します。

Since clients in general cannot know the encryption types other servers support, or the pre-auth types servers prefer or require, it is difficult for the client to detect if there was a man in the middle or if the remote server simply did not support a stronger encryption type or preferred another pre-auth type.

一般的には、クライアントが暗号化タイプの他のサーバーのサポート、またはサーバが好むまたは必要と事前認証の種類を知ることができないので、途中で、またはリモートサーバーは、単にサポートしていませんでしたかの男があった場合、クライアントは検出することは困難です強力な暗号化の種類又は好ましい別の事前認証タイプ。

o Kerberos exchanges are privacy protected. Parts of many Kerberos packets are transferred without privacy protection (i.e., encryption). That part contains information, such as the client principal name, the server principal name, the encryption types supported by the client, the lifetime of tickets, etc. Revealing such information is, in some threat models, considered a problem.

Oケルベロス交換は、プライバシー保護されています。多くのKerberosパケットのパーツは、プライバシー保護(すなわち、暗号化)せずに転送されます。その部分は、そのような情報を明らかにすることなど、クライアントプリンシパル名、サーバー・プリンシパル名、クライアントでサポートされている暗号化タイプ、チケットの有効期間、などの情報が含まれている、いくつかの脅威モデルでは、この問題を考えられています。

o It provides additional authentication against the KDC. In some situations, users are equipped with smart cards with an RSA authentication key. In others, users have an OpenPGP client on their desktop, with a public OpenPGP key known to the server.

OそれはKDCに対して追加の認証を提供します。いくつかの状況では、ユーザーは、RSA認証キーでスマートカードが装備されています。他では、ユーザーがサーバーに知られている公共のOpenPGPキーを使用して、自分のデスクトップ上でのOpenPGPクライアントを持っています。

o It provides explicit server authentication of the KDC to the client. In traditional Kerberos V5, authentication of the KDC is proved as a side effect that the KDC knows your encryption key (i.e., your password).

Oこれは、クライアントにKDCの明示的なサーバー認証を提供します。伝統的なケルベロスV5では、KDCの認証は、KDCがあなたの暗号化キー(すなわち、パスワード)を知っている副作用として証明されます。

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

この文書のキーワード "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", および "OPTIONAL" はRFC 2119 [RFC2119]に記載されているように解釈されます。

2. Kerberos V5 STARTTLS Extension
2. Kerberos V5にSTARTTLS拡張

The STARTTLS extension uses the Kerberos V5 TCP extension mechanism [RFC5021]. The extension uses bit 0 in the extension bitmask.

STARTTLS拡張は、Kerberos V5 TCP拡張メカニズム[RFC5021]を使用しています。拡張は、拡張ビットマスクのビット0を使用しています。

The protocol is as follows. The client requests the extension by setting the STARTTLS bit in the TCP extension mechanism bitmask. (How to deal with extension negotiation failures at this point is described in [RFC5021].) After the server has sent the 4-octet value 0x00000000 to indicate support of this extension, the stream will be controlled by the TLS protocol and its framing. The TLS protocol is initiated by the client.

次のようにプロトコルです。クライアントは、TCP拡張メカニズムのビットマスクでSTARTTLSビットを設定することにより、拡張を要求します。 (どのようにこの時点で拡張ネゴシエーション失敗に対処することは、[RFC5021]に記載されている。)サーバは、この拡張のサポートを示すために、4オクテットの値0x00000000のを送信した後に、ストリームは、TLSプロトコルとそのフレーミングによって制御されます。 TLSプロトコルは、クライアントによって開始されます。

Typically, the client initiates the TLS handshake protocol by sending a client hello, the server responds, and the handshake continues until it either succeeds or fails.

一般的に、クライアントは、サーバが応答する、ハロークライアントを送信することにより、TLSハンドシェイクプロトコルを開始し、それが成功するか失敗するかのいずれかまで、ハンドシェイクが続きます。

If, for any reason, the handshake fails, the STARTTLS protocol will also fail, and the TLS error is used as the error indication. In this case, no further messages can be exchanged over the same TCP session.

、何らかの理由で、ハンドシェイクが失敗した場合、STARTTLSプロトコルにも失敗し、TLSエラーはエラー表示として使用されています。この場合、更なるメッセージは、同じTCPセッション上で交換することはできません。

If the handshake succeeds, the Kerberos V5 authentication protocol is performed within the protected TLS channel, like a normal TCP Kerberos V5 exchange. In particular, this means that every Kerberos V5 packet will be prefixed by a 4-octet length field that indicates the length of the Kerberos V5 packet.

ハンドシェイクが成功した場合、ケルベロスV5認証プロトコルは、通常のTCPのKerberos V5交換ように、保護されたTLSチャネル内で行われます。特に、これは、すべてのKerberos V5パケットがKerberos V5パケットの長さを示す4オクテットの長さフィールドによって前置されることを意味します。

When no further Kerberos V5 messages need to be transferred in the TLS session, the TLS session MUST be shut down properly using the close_notify alert. When the TLS session is shut down, the TCP connection cannot be re-used to send any further data and MUST be closed.

それ以上のKerberos V5メッセージがTLSセッションに転送する必要がない場合は、TLSセッションが適切には、close_notifyを使用してシャットダウンしなければなりません。 TLSセッションがシャットダウンされると、TCP接続はそれ以上のデータを送信するために再利用することはできませんし、閉じる必要があります。

3. Examples
3.例

A complete packet flow for a successful AS-REQ/REP exchange protected by this mechanism will be as follows. The "STARTTLS-bit" is a 4-octet value with only the bit allocated for this extension set, and | is the binary OR operation.

次のようにこのメカニズムによって保護され成功したAS-REQ / REP交換のための完全なパケットの流れになります。 「STARTTLSビット」は、この拡張セットのために割り当てられた専用ビットと4オクテット値であり、|バイナリOR演算です。

Client Server

クライアントサーバー

[ Kerberos V5 TCP extension mechanism negotiation starts ]

[ケルベロスV5 TCP拡張メカニズムの交渉が開始されます]

       0x80000000 | STARTTLS-bit    -------->
                                                       0x00000000
                                    <--------
        

[ TLS negotiation starts ]

[TLSネゴシエーションを開始します]

       ClientHello                  -------->
                                                       ServerHello
                                                      Certificate*
                                                ServerKeyExchange*
                                               CertificateRequest*
                                    <--------      ServerHelloDone
       Certificate*
       ClientKeyExchange
       CertificateVerify*
       [ChangeCipherSpec]
       Finished                     -------->
                                                [ChangeCipherSpec]
                                    <--------             Finished
        

[ Kerberos V5 negotiation starts ]

[ケルベロスV5の交渉が開始されます]

       4-octet length field
       Kerberos V5 AS-REQ           -------->
                                                4-octet length field
                                                Kerberos V5 AS-REP
                                    <--------
        

* Indicates optional or situation-dependent messages that are not always sent

*常に送信されていないオプションや状況依存のメッセージを示します

4. STARTTLS-Aware KDC Discovery
4. STARTTLS-AwareのKDC発見

Section 7.2.3 of Kerberos V5 [RFC4120] describes how Domain Name System (DNS) SRV records [RFC2782] can be used to find the address of a KDC. We define a new Service of "kerberos-tls" to indicate that the particular KDC is intended to support this STARTTLS extension. The Proto (tcp), Realm, TTL, Class, SRV, Priority, Weight, Port, and Target have the same meaning as in RFC 4120.

ケルベロスV5 [RFC4120]のセクション7.2.3は、ドメインネームシステム(DNS)SRVレコード[RFC2782]はKDCのアドレスを見つけるために使用することができる方法を説明します。私たちは、特定のKDCはこのSTARTTLS拡張をサポートするために意図されていることを示すために、「Kerberosの-TLS」の新サービスを定義します。プロト(TCP)、レルム、TTL、クラス、SRV、優先度、体重、ポート、およびターゲットは、RFC 4120の場合と同じ意味を持ちます。

For example:

例えば:

_kerberos-tls._tcp.EXAMPLE.COM. IN SRV 0 0 88 kdc1.example.com.

_kerberos-tls._tcp.EXAMPLE.COM。 SRV 0 0 88 kdc1.example.com。

_kerberos-tls._tcp.EXAMPLE.COM. IN SRV 1 0 88 kdc2.example.com.

_kerberos-tls._tcp.EXAMPLE.COM。 SRV 1 IN 0 88 kdc2.example.com。

5. Server Certificates
5.サーバー証明書

The TLS protocol may be used in a mode that provides server authentication using, for example, X.509 and OpenPGP.

TLSプロトコルは、例えば、X.509とのOpenPGPを使用してサーバ認証を提供するモードで使用することができます。

A goal for the protocol described in this memo is that it should be as easy to implement and deploy on clients as support for UDP/TCP. Since many client environments do not have access to long-term storage, or to long-term storage that is sufficiently secure to enable validation of server certificates, the Kerberos V5 STARTTLS protocol does not require clients to verify server certificates. If server certification had been required, then environments with constrained clients such as those mentioned would be forced to disable TLS; this would arguably be worse than TLS without server certificate validation, as the use of TLS, even without server certificate validation, protects against some attacks that Kerberos V5 over UDP/TCP does not. For example, even without server certificate validation, TLS does protect against passive network sniffing aimed at tracking Kerberos service usage by a given client.

このメモで説明されたプロトコルのための目標は、実装およびUDP / TCPのサポートなど、クライアントに展開するように簡単でなければならないことです。多くのクライアント環境は、長期保存に、またはサーバ証明書の検証を有効にするために十分安全である長期保存へのアクセスを持っていないので、ケルベロスV5 STARTTLSプロトコルでは、サーバ証明書を検証するためにクライアントを必要としません。サーバー証明書が必要とされていた場合には、そのような言及されたものとして拘束されたクライアントがTLSを無効にすることを余儀なくされるだろうと環境。これは間違いなく、でもサーバ証明書の検証なしに、TLSを使用すると、サーバ証明書の検証なしTLSよりも悪くなるUDP / TCP経由のKerberos V5にはないことを、いくつかの攻撃から保護します。例えば、でもサーバ証明書の検証なしに、TLSは、特定のクライアントによってKerberosサービスの使用状況を追跡を目的としたスニッフィングパッシブネットワークを防御ありません。

However, note that the use of TLS without server certificate verification opens up a range of active attacks such as man in the middle.

しかし、サーバ証明書の検証なしにTLSの使用が途中でヒトなどの能動的な攻撃の範囲を切り開くことに注意してください。

When clients have the ability, they MUST validate the server certificate. For this reason, if a KDC presents an X.509 server certificate over TLS, it MUST contain an otherName Subject Alternative Name (SAN) identified using a type-id of id-krb5starttls-san. The intention is to bind the server certificate to the Kerberos realm for the purpose of using Kerberos V5 STARTTLS. The value field of the otherName should contain the realm as the "Realm" ASN.1 type.

クライアントが能力を持っているとき、彼らはサーバ証明書を検証する必要があります。 KDCは、TLS経由X.509サーバー証明書を提示している場合、このような理由から、それはID-krb5starttlsさんのタイプ-IDを使用して識別otherNameサブジェクトの別名(SAN)を含まなければなりません。意図は、Kerberos V5 STARTTLSを使用する目的のためにKerberosレルムにサーバー証明書をバインドすることです。 otherNameの値フィールドは、「レルム」ASN.1タイプとしてレルムを含める必要があります。

          id-krb5starttls-san OBJECT IDENTIFIER ::=
            { iso(1) identified-organization(3) dod(6) internet(1)
              private(4) enterprise(1) gnu(11591)
              shishi(6) krb5starttls-san(1) }
        

To validate a server certificate, the client MAY use local configuration (e.g., a list that maps the Kerberos realm to a copy of the server's certificate) and compare that with the authentication information provided from the server via TLS. For illustration, the server certificate could be an X.509 certificate or an OpenPGP key. In this mode, the client needs no processing related to id-krb5starttls-san.

サーバ証明書を検証するには、クライアントは、ローカル設定を使用する(例えば、サーバの証明書のコピーにKerberosレルムをマッピングリスト)とTLSを介してサーバから提供された認証情報とそれを比較することができます。説明のため、サーバ証明書は、X.509証明書またはのOpenPGPキーである可能性があります。このモードでは、クライアントは、ID-krb5starttlsさんに関連した処理を必要としません。

When the server presents an X.509 server certificate, clients MAY use "Certification Path Validation" as described in [RFC5280] to validate the KDC server certificate. In addition, unless the client can otherwise verify that the server certificate is bound to the KDC of the target realm, the client MUST verify that the server certificate contains the id-krb5starttls-san SAN and that the value is identical to the intended Kerberos realm.

サーバはX.509サーバ証明書を提示すると、クライアントはKDCサーバー証明書を検証するために、[RFC5280]で説明したように「証明書パス検証」を使用するかもしれません。クライアントが他のサーバ証明書が対象レルムのKDCに結合されていることを確認することができない限り、また、クライアントは、サーバ証明書がID-krb5starttlsさんSAN含まれていることを確認しなければなりません、そして、値は、意図ケルベロスレルムと同一であること。

6. IANA Considerations
6. IANAの考慮事項

Per [RFC5021], the IANA has allocated a bit (value 0) in the "Kerberos TCP Extensions" registry for Krb5 over TLS, the extension described in this document.

[RFC5021]あたり、IANAは、TLS、本書では説明拡張オーバーKRB5は、「KerberosのTCP拡張」レジストリにビット(値0)を割り当てました。

7. Acknowledgements
7.謝辞

Miguel A. Garcia, Sam Hartman, Jeffrey Hutzelman, Magnus Nystroem, and Peter Saint-Andre (in alphabetical order) provided comments that improved the protocol and document.

ミゲルA.ガルシア、サム・ハートマン、ジェフリーHutzelman、マグナスNystroem、および(アルファベット順)ピーター・サン・アンドレは、プロトコルおよびドキュメントを改善し、コメントを提供しました。

8. Security Considerations
8.セキュリティの考慮事項

The security considerations in Kerberos V5, TLS, and the Kerberos V5 TCP extension mechanism are inherited.

ケルベロスV5、TLS、およびKerberos V5 TCP拡張メカニズムにおけるセキュリティの考慮事項は継承されています。

Note that TLS does not protect against man-in-the-middle attacks unless clients verify the KDC's credentials (X.509 certificate, OpenPGP key, etc.) correctly. Although certificate validation adds an extra layer of protection, that is not considered strictly necessary to improve the security profile of Kerberos V5 as outlined in this document.

クライアントが正しくKDCのクレデンシャル(X.509証明書、のOpenPGPキーなど)を確認しない限り、TLSは、man-in-the-middle攻撃を防御しないことに注意してください。証明書の検証が追加の保護レイヤを追加しますが、それはこの文書で説明したようにKerberos V5のセキュリティプロファイルを改善するために厳密に必要と考えられていません。

If server authentication is used, some information about the server (such as its name) is visible to passive attackers.

サーバ認証が使用される場合、(例えば、その名の通り)サーバに関する情報は、受動的攻撃者に可視です。

To protect against the inherent downgrade attack in the extension framework, implementations SHOULD offer a policy mode that requires this extension to always be successfully negotiated, for a particular realm, or generally. For interoperability with implementations that do not support this extension, the policy mode SHOULD be disabled by default.

拡張フレームワークに固有のダウングレード攻撃から保護するために、実装は常に成功し、一般的に特定のレルムのために、交渉し、またはされるように、この拡張機能を必要とするポリシーモードを提供する必要があります。この拡張機能をサポートしない実装との相互運用性を確保するために、ポリシーモードは、デフォルトでは無効にする必要があります。

9. References
9.参考文献
9.1. Normative References
9.1. 引用規格

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119]ブラドナーの、S.、 "要件レベルを示すためにRFCsにおける使用のためのキーワード"、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC2782] Gulbrandsen, A., Vixie, P., and L. Esibov, "A DNS RR for specifying the location of services (DNS SRV)", RFC 2782, February 2000.

[RFC2782] Gulbrandsenの、A.、いるVixie、P.、およびL. Esibov、 "サービスの場所を特定するためのDNS RR(DNSのSRV)"、RFC 2782、2000年2月。

[RFC4120] Neuman, C., Yu, T., Hartman, S., and K. Raeburn, "The Kerberos Network Authentication Service (V5)", RFC 4120, July 2005.

[RFC4120]ノイマン、C.、ゆう、T.、ハルトマン、S.、およびK.レイバーン、 "ケルベロスネットワーク認証サービス(V5)"、RFC 4120、2005年7月。

[RFC5021] Josefsson, S., "Extended Kerberos Version 5 Key Distribution Center (KDC) Exchanges over TCP", RFC 5021, August 2007.

[RFC5021] Josefsson氏、S.、 "TCP上の拡張Kerberosバージョン5キー配布センター(KDC)交流"、RFC 5021、2007年8月。

[RFC5246] Dierks, T. and E. Rescorla, "The Transport Layer Security (TLS) Protocol Version 1.2", RFC 5246, August 2008.

[RFC5246]ダークス、T.およびE.レスコラ、 "トランスポート層セキュリティ(TLS)プロトコルバージョン1.2"、RFC 5246、2008年8月。

[RFC5280] Cooper, D., Santesson, S., Farrell, S., Boeyen, S., Housley, R., and W. Polk, "Internet X.509 Public Key Infrastructure Certificate and Certificate Revocation List (CRL) Profile", RFC 5280, May 2008.

[RFC5280]クーパー、D.、Santesson、S.、ファレル、S.、Boeyen、S.、Housley氏、R.、およびW.ポーク、「インターネットX.509公開鍵暗号基盤証明書と証明書失効リスト(CRL)のプロフィール」、RFC 5280、2008年5月。

9.2. Informative References
9.2. 参考文献

[RFC5054] Taylor, D., Wu, T., Mavrogiannopoulos, N., and T. Perrin, "Using the Secure Remote Password (SRP) Protocol for TLS Authentication", RFC 5054, November 2007.

[RFC5054]テイラー、D.、呉、T.、Mavrogiannopoulos、N.、およびT.ペリン、 "セキュアリモートパスワードの使い方(SRP)TLS認証のためのプロトコル"、RFC 5054、2007年11月。

[RFC6091] Mavrogiannopoulos, N. and D. Gillmor, "Using OpenPGP Keys for Transport Layer Security (TLS) Authentication", RFC 6091, February 2011.

[RFC6091] Mavrogiannopoulos、N.およびD. Gillmor氏、RFC 6091、2011年2月 "トランスポート層セキュリティ(TLS)認証のためのOpenPGPキーの使用"。

Author's Address

著者のアドレス

Simon Josefsson Simon Josefsson Datakonsult AB Hagagatan 24 Stockholm 113 47 Sweden

サイモンJosefsson氏サイモンJosefsson氏Datakonsult AB Hagagatan 24ストックホルム113 47スウェーデン

EMail: simon@josefsson.org URI: http://josefsson.org/

電子メール:simon@josefsson.org URI:http://josefsson.org/