Internet Engineering Task Force (IETF)                           E. Chen
Request for Comments: 6286                                       J. Yuan
Updates: 4271                                              Cisco Systems
Category: Standards Track                                      June 2011
ISSN: 2070-1721
        
         Autonomous-System-Wide Unique BGP Identifier for BGP-4
        

Abstract

抽象

To accommodate situations where the current requirements for the BGP Identifier are not met, this document relaxes the definition of the BGP Identifier to be a 4-octet, unsigned, non-zero integer and relaxes the "uniqueness" requirement so that only Autonomous-System-wide (AS-wide) uniqueness of the BGP Identifiers is required. These revisions to the base BGP specification do not introduce any backward compatibility issues. This document updates RFC 4271.

BGP識別子の現在の要件が満たされていない状況に対応するために、この文書は4オクテット、符号なしの、ゼロ以外の整数であることがBGP識別子の定義を緩和し、そのようにのみ自律システム「一意性」の要件を緩和します・ワイド(AS-ワイド)BGP識別子の一意性が必要とされます。基本BGP仕様にこれらの改正は、任意の下位互換性の問題を導入していません。この文書は、RFC 4271に更新します。

Status of This Memo

このメモのステータス

This is an Internet Standards Track document.

これは、インターネット標準化過程文書です。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントはインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。これは、IETFコミュニティの総意を表しています。これは、公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリング運営グループ(IESG)によって公表のために承認されています。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2で利用可能です。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc6286.

このドキュメントの現在の状態、任意の正誤表、そしてどのようにフィードバックを提供するための情報がhttp://www.rfc-editor.org/info/rfc6286で取得することができます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2011 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(C)2011 IETF信託とドキュメントの作成者として特定の人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書では、BCP 78と、この文書の発行日に有効なIETFドキュメント(http://trustee.ietf.org/license-info)に関連IETFトラストの法律の規定に従うものとします。彼らは、この文書に関してあなたの権利と制限を説明するように、慎重にこれらの文書を確認してください。コードコンポーネントは、トラスト法規定のセクションで説明4.eおよび簡体BSDライセンスで説明したように、保証なしで提供されているよう簡体BSDライセンスのテキストを含める必要があり、この文書から抽出されました。

1. Introduction
1. はじめに

Currently, the BGP Identifier of a BGP speaker is specified as a valid IPv4 host address assigned to the BGP speaker [RFC4271]. In addition, the deployed BGP code requires that two BGP speakers be of distinct BGP Identifiers in order to establish a BGP connection.

現在、BGPスピーカーのBGP識別子は、BGPスピーカー[RFC4271]に割り当てられた有効なIPv4ホストアドレスとして指定されています。また、展開BGPコードは2つのBGPスピーカは、BGP接続を確立するために別個のBGP識別子のことを必要とします。

To accommodate situations where the current requirements for the BGP Identifier are not met (such as in the case of an IPv6-only network), this document relaxes the definition of the BGP Identifier to be a 4-octet, unsigned, non-zero integer and relaxes the "uniqueness" requirement so that only AS-wide uniqueness of the BGP Identifiers is required. These revisions to the base BGP specification do not introduce any backward compatibility issues.

BGP識別子の現在の要件は(例えばIPv6のみのネットワークの場合のように)満たされていない状況に対応するために、この文書は4オクテット、符号なしの、ゼロ以外の整数であることがBGP識別子の定義を緩和しますBGP識別子の唯一のASワイド一意性が必要とされるように、「独自性」の要件を緩和します。基本BGP仕様にこれらの改正は、任意の下位互換性の問題を導入していません。

2. Protocol Revisions
2.プロトコルの改訂

The revisions to the base BGP specification [RFC4271] include the definition of the BGP Identifier and procedures for a BGP speaker that supports the AS-wide Unique BGP Identifier.

ベースBGP仕様[RFC4271]の修正は、AS全体で一意BGP識別子をサポートするBGPスピーカためのBGP識別子および手順の定義を含みます。

2.1. Definition of the BGP Identifier
2.1. BGP識別子の定義

For a BGP speaker that supports the AS-wide Unique BGP Identifier, the BGP Identifier is specified as the following:

ASワイドユニークBGP識別子をサポートしているBGPスピーカの場合は、BGP識別子は、次のように指定します。

The BGP Identifier is a 4-octet, unsigned, non-zero integer that should be unique within an AS. The value of the BGP Identifier for a BGP speaker is determined on startup and is the same for every local interface and every BGP peer.

BGP識別子は、AS内で一意でなければならない4オクテット、符号なしの、非ゼロの整数です。 BGPスピーカためのBGP識別子の値は、起動時に決定され、すべてのローカルインタフェースとすべてのBGPピアに対して同じです。

2.2. Open Message Error Handling
2.2. オープンメッセージエラー処理

For a BGP speaker that supports the AS-wide Unique BGP Identifier, the OPEN message error handling related to the BGP Identifier is modified as follows:

次のようにAS全体で一意のBGP識別子をサポートしているBGPスピーカの場合は、BGP識別子に関連する取り扱いOPENメッセージのエラーが修正されます。

If the BGP Identifier field of the OPEN message is zero, or if it is the same as the BGP Identifier of the local BGP speaker and the message is from an internal peer, then the Error Subcode is set to "Bad BGP Identifier".

OPENメッセージのBGP識別子フィールドがゼロであるか、または、ローカルBGPスピーカのBGP識別子と同じであり、そして場合は、メッセージが内部ピアからのものである場合、エラーサブコードが「不正BGP識別子」に設定されています。

2.3. Connection Collision Resolution
2.3. 接続衝突解決

For a BGP speaker that supports the AS-wide Unique BGP Identifier, the procedures for connection collision resolution are extended as follows to deal with the case in which the two BGP speakers share the same BGP Identifier (thus, it is only applicable to an external peer):

AS全体で一意BGP識別子をサポートするBGPスピーカため、接続の衝突解決のための手順は2つのBGPスピーカが同じBGP識別子を共有する場合に対処するために、以下のように拡張される(したがって、外部にのみ適用されピア):

If the BGP Identifiers of the peers involved in the connection collision are identical, then the connection initiated by the BGP speaker with the larger AS number is preserved.

接続衝突に関与ピアのBGP識別子が同一である場合には、数AS大きなとのBGPスピーカーによって開始された接続が維持されます。

This extension covers cases in which the 4-octet AS numbers are involved [RFC4893].

この拡張は、数字が関与しているとして4オクテットのケースをカバーする[RFC4893]。

3. Remarks
3.備考

It is noted that a BGP Identifier allocated based on [RFC4271] fits the revised definition.

BGP識別子は、改訂された定義に適合[RFC4271]に基づいて割り当てられていることに留意されたいです。

In case of BGP Confederation, the whole confederation is considered as one AS for the purpose of supporting the AS-wide Unique BGP Identifier.

BGP連合の場合には、全体連合はAS全体で一意BGP識別子をサポートするためにAS一つとして考えられています。

A BGP speaker that supports the AS-wide Unique BGP Identifier cannot share a BGP Identifier with its external neighbor until the remote BGP speaker is upgraded with software that supports the specified revisions.

リモートBGPスピーカは、指定されたリビジョンをサポートするソフトウェアをアップグレードされるまでAS全体で一意のBGP識別子をサポートしているBGPスピーカは、その外部の隣人とのBGP識別子を共有することはできません。

In addition to the OPEN message, the BGP Identifier is currently also used in the following areas:

OPENメッセージに加えて、BGP識別子は、現在、以下の分野で使用されています。

o In the AGGREAGTOR attribute of a route where the combination of a BGP Identifier and an AS number uniquely identifies the BGP speaker that performs the route aggregation.

O BGP識別子とAS番号の組み合わせが一意ルート集約を実行するBGPスピーカを特定経路のAGGREAGTOR属性で。

o In the Route Reflection within an AS, where only the BGP Identifier of an internal neighbor may be propagated in the route reflection related attributes.

内部ネイバーのみBGP識別子がルート反射に関連する属性に伝播することができるように、内ルート反射におけるO。

o In the route selection, where the BGP Identifier is not used in comparing a route from an internal neighbor and a route from an external neighbor. In addition, routes from BGP speakers with identical BGP Identifiers have been dealt with (e.g., parallel BGP sessions between two BGP speakers).

BGP識別子は、外部ネイバーから内部ネイバからのルートとのルートを比較する際に使用されていない経路選択において、O。また、同一のBGP識別子とのBGPスピーカからのルートは、(2つのBGPスピーカとの間に、例えば、平行BGPセッション)に対処されてきました。

Therefore, it is concluded that the revisions specified in this document do not introduce any backward compatibility issues with the current usage of the BGP Identifier.

したがって、この文書で指定されたリビジョンがBGP識別子の現在の使用状況と任意の下位互換性の問題を導入していないと結論づけています。

4. Security Considerations
4.セキュリティについての考慮事項

This extension to BGP does not introduce new security considerations. BGP security considerations are discussed in [RFC4271].

BGPへのこの拡張は、新しいセキュリティの考慮事項を導入しません。 BGPのセキュリティの考慮事項は、[RFC4271]で議論されています。

5. Acknowledgments
5.謝辞

The authors would like to thank members of the IDR Working Group for discussions on the "IPv6-only Network" related issues that inspired this document.

著者は、この文書にインスピレーションを与え、「IPv6のみのネットワーク」に関連する問題についての議論のためのIDR作業部会のメンバーに感謝したいと思います。

6. Normative References
6.引用規格

[RFC4271] Rekhter, Y., Ed., Li, T., Ed., and S. Hares, Ed., "A Border Gateway Protocol 4 (BGP-4)", RFC 4271, January 2006.

[RFC4271] Rekhter、Y.、エド。、李、T.、エド。、およびS.野兎、編、 "ボーダーゲートウェイプロトコル4(BGP-4)"、RFC 4271、2006年1月。

[RFC4893] Vohra, Q. and E. Chen, "BGP Support for Four-octet AS Number Space", RFC 4893, May 2007.

[RFC4893] Vohra著、Q.およびE.チェン、 "ナンバースペースAS 4オクテットのためのBGPのサポート"、RFC 4893、2007年5月。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Enke Chen Cisco Systems, Inc. 170 W. Tasman Dr. San Jose, CA 95134

エンケ陳シスコシステムズ社170 W.タスマン博士はカリフォルニア州サンノゼ95134

EMail: enkechen@cisco.com

メールアドレス:enkechen@cisco.com

Jenny Yuan Cisco Systems, Inc. 170 W. Tasman Dr. San Jose, CA 95134

ジェニー元シスコシステムズ社170 W.タスマン博士はカリフォルニア州サンノゼ95134

EMail: jenny@cisco.com

メールアドレス:jenny@cisco.com