Internet Engineering Task Force (IETF)                          R. Huang
Request for Comments: 6990                                         Q. Wu
Category: Standards Track                                         Huawei
ISSN: 2070-1721                                                H. Asaeda
                                                                    NICT
                                                                 G. Zorn
                                                             Network Zen
                                                             August 2013
        

RTP Control Protocol (RTCP) Extended Report (XR) Block for MPEG-2 Transport Stream (TS) Program Specific Information (PSI) Independent Decodability Statistics Metrics Reporting

MPEG-2トランスポートストリーム(TS)のRTP制御プロトコル(RTCP)拡張レポート(XR)ブロックプログラム固有情報(PSI)独立復号化可能性統計メトリックレポート

Abstract

概要

An MPEG-2 Transport Stream (TS) is a standard container format used in the transmission and storage of multimedia data. Unicast/ multicast MPEG-2 TS over RTP is widely deployed in IPTV systems. This document defines an RTP Control Protocol (RTCP) Extended Report (XR) block that allows the reporting of MPEG-2 TS decodability statistics metrics related to transmissions of MPEG-2 TS over RTP. The metrics specified in the RTCP XR block are not dependent on Program Specific Information (PSI) carried in MPEG-2 TS.

MPEG-2トランスポートストリーム(TS)は、マルチメディアデータの送信と保存に使用される標準のコンテナー形式です。ユニキャスト/マルチキャストMPEG-2 TS over RTPは、IPTVシステムで広く展開されています。このドキュメントでは、RTPを介したMPEG-2 TSの伝送に関連するMPEG-2 TSデコード可能性統計メトリックのレポートを可能にするRTP制御プロトコル(RTCP)拡張レポート(XR)ブロックを定義します。 RTCP XRブロックで指定されたメトリックは、MPEG-2 TSで伝送されるプログラム固有情報(PSI)に依存しません。

Status of This Memo

本文書の状態

This is an Internet Standards Track document.

これはInternet Standards Trackドキュメントです。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントは、IETF(Internet Engineering Task Force)の製品です。これは、IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による公開が承認されました。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc6990.

このドキュメントの現在のステータス、エラッタ、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、http://www.rfc-editor.org/info/rfc6990で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2013 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2013 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書は、BCP 78およびこの文書の発行日に有効なIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(http://trustee.ietf.org/license-info)の対象となります。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、Trust Legal Provisionsのセクション4.eに記載されているSimplified BSD Licenseのテキストが含まれている必要があり、Simplified BSD Licenseに記載されているように保証なしで提供されます。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
     1.1.  MPEG-2 Transport Stream Decodability Metrics  . . . . . .   3
     1.2.  RTCP and RTCP Extended Reports  . . . . . . . . . . . . .   3
     1.3.  Performance Metrics Framework . . . . . . . . . . . . . .   3
     1.4.  Applicability . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   2.  Standards Language  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   3.  MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metrics
       Block . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   4.  SDP Signaling . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   8
     4.1.  SDP rtcp-xr Attribute Extension . . . . . . . . . . . . .   8
     4.2.  Offer/Answer Usage  . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   8
   5.  IANA Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   8
     5.1.  New RTCP XR Block Type Value  . . . . . . . . . . . . . .   8
     5.2.  New RTCP XR SDP Parameter . . . . . . . . . . . . . . . .   9
     5.3.  Contact Information for Registrations . . . . . . . . . .   9
   6.  Security Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   9
   7.  Acknowledgements  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   9
   8.  References  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   9
     8.1.  Normative References  . . . . . . . . . . . . . . . . . .   9
     8.2.  Informative References  . . . . . . . . . . . . . . . . .  10
        
1. Introduction
1. はじめに
1.1. MPEG-2 Transport Stream Decodability Metrics
1.1. MPEG-2トランスポートストリーム復号可能性メトリック

The European Telecommunications Standards Institute (ETSI) has defined a set of syntax and information consistency tests and corresponding indicators [ETSI] that are recommended for the monitoring of MPEG-2 Transport Streams [ISO-IEC.13818-1.2013]. The tests and corresponding indicators are grouped according to priority:

European Telecommunications Standards Institute(ETSI)は、MPEG-2トランスポートストリームのモニタリングに推奨される一連の構文と情報の整合性テストと対応するインジケーター[ETSI]を定義しています[ISO-IEC.13818-1.2013]。テストと対応する指標は、優先度に従ってグループ化されています。

o First priority - Necessary for decodability (basic monitoring)

o 最優先-解読に必要(基本的な監視)

o Second priority - Recommended for continuous or periodic monitoring

o 2番目の優先順位-継続的または定期的な監視に推奨

o Third priority - Recommended for application-dependent monitoring

o 3番目の優先順位-アプリケーション依存の監視に推奨

This memo is based on information consistency tests and resulting indicators defined by ETSI [ETSI] and defines a new block type to augment those defined in [RFC3611] for use with MPEG-2 Transport Stream (TS) [ISO-IEC.13818-1.2013]. The new block type supports reporting of the number of occurrences of each PSI-independent indicator in the first and second priorities; third priority indicators are not supported.

このメモは、ETSI [ETSI]によって定義された情報整合性テストと結果のインジケータに基づいており、MPEG-2トランスポートストリーム(TS)[ISO-IEC.13818-1.2013で使用するために[RFC3611]で定義されたものを補強する新しいブロックタイプを定義します]。新しいブロックタイプは、第1および第2の優先度における各PSIに依存しないインジケーターの発生数のレポートをサポートします。 3番目の優先順位インジケータはサポートされていません。

1.2. RTCP and RTCP Extended Reports
1.2. RTCPおよびRTCP拡張レポート

The use of RTCP for reporting is defined in [RFC3550]. [RFC3611] defined an extensible structure for reporting using an RTCP Extended Report (XR). This document defines a new Extended Report block for use with [RFC3550] and [RFC3611].

レポートのためのRTCPの使用は、[RFC3550]で定義されています。 [RFC3611]は、RTCP拡張レポート(XR)を使用してレポートするための拡張可能な構造を定義しました。このドキュメントは、[RFC3550]と[RFC3611]で使用するための新しいExtended Reportブロックを定義します。

1.3. Performance Metrics Framework
1.3. パフォーマンスメトリックフレームワーク

"Guidelines for Considering New Performance Metric Development" [RFC6390] provides guidance on the definition and specification of performance metrics. "Guidelines for Use of the RTP Monitoring Framework" [RFC6792] provides guidance on the reporting block format using RTCP XR. The new report block described in this memo is in compliance with the monitoring architecture specified in [RFC6792] and the performance metrics framework [RFC6390].

「新しいパフォーマンスメトリック開発を検討するためのガイドライン」[RFC6390]は、パフォーマンスメトリックの定義と仕様に関するガイダンスを提供します。 「RTPモニタリングフレームワークの使用に関するガイドライン」[RFC6792]は、RTCP XRを使用したレポートブロック形式に関するガイダンスを提供します。このメモで説明されている新しいレポートブロックは、[RFC6792]およびパフォーマンスメトリックフレームワーク[RFC6390]で指定されている監視アーキテクチャに準拠しています。

1.4. Applicability
1.4. 適用性

This block type allows a count of MPEG-2 Transport Stream quality metrics that are measured in accordance with ETSI TR 101290 [ETSI] to be reported by an endpoint. These metrics are useful for identifying bitstream packetization and transport stream encoding problems that may affect the user's perception of a video service delivered over RTP.

このブロックタイプでは、ETSI TR 101290 [ETSI]に従って測定されるMPEG-2トランスポートストリーム品質メトリックの数をエンドポイントから報告できます。これらのメトリックは、RTPを介して配信されるビデオサービスに対するユーザーの認識に影響を与える可能性があるビットストリームパケット化およびトランスポートストリームエンコーディングの問題を識別するのに役立ちます。

2. Standards Language
2. 標準言語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

このドキュメントのキーワード「MUST」、「MUST NOT」、「REQUIRED」、「SHALL」、「SHALL NOT」、「SHOULD」、「SHOULD NOT」、「RECOMMENDED」、「MAY」、および「OPTIONAL」は、 RFC 2119 [RFC2119]で説明されているように解釈されます。

3. MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metrics Block
3. MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metricsブロック

ETSI TR 101290 [ETSI] generally defines metrics related to error events while this document contains counts of those metrics defined in [ETSI]. The block defined in this document reports MPEG-2 TS PSI-independent decodability statistics metrics beyond the information carried in the standard RTCP packet format, which are measured at the receiving end of the RTP stream. It contains counts of eight metrics defined in ETSI TR 101290 [ETSI]. Information is reported about basic monitoring parameters necessary to ensure that the TS can be decoded, including:

ETSI TR 101290 [ETSI]は一般にエラーイベントに関連するメトリックを定義しますが、このドキュメントには[ETSI]で定義されたメトリックのカウントが含まれています。このドキュメントで定義されているブロックは、RTPストリームの受信側で測定される、標準のRTCPパケット形式で伝送される情報を超えたMPEG-2 TS PSIに依存しない復号化統計メトリックを報告します。 ETSI TR 101290 [ETSI]で定義されている8つのメトリックのカウントが含まれています。 TSを確実にデコードできるようにするために必要な、次のような基本的な監視パラメータに関する情報が報告されます。

o Transport Stream Synchronization Losses

o トランスポートストリームの同期損失

o Sync byte errors

o 同期バイトエラー

o Continuity count errors

o 導通カウントエラー

and continuous monitoring parameters necessary to ensure the continuous decoding, including:

継続的なデコードを確実にするために必要な継続的な監視パラメータ。

o Transport errors

o 輸送エラー

o Program Clock Reference (PCR) errors

o プログラムクロックリファレンス(PCR)エラー

o PCR repetition errors

o PCR反復エラー

o PCR discontinuity indicator errors

o PCR不連続インジケータエラー

o PCR accuracy errors

o PCR精度エラー

o Presentation Time Stamp (PTS) errors The other parameters are ignored since they do not apply to all MPEG-2 implementations. For further information on these parameters, see [ETSI]. Note that when the report of this block spans across more than one measurement interval [RFC6776], the count of the metrics (e.g., Sync byte errors and PCR errors) defined in [ETSI] may reflect a problem in the current or previous measurement interval.

oプレゼンテーションタイムスタンプ(PTS)エラー他のパラメーターは、すべてのMPEG-2実装に適用されるわけではないため無視されます。これらのパラメータの詳細については、[ETSI]を参照してください。このブロックのレポートが複数の測定間隔[RFC6776]にまたがる場合、[ETSI]で定義されたメトリック(同期バイトエラーやPCRエラーなど)のカウントは、現在または以前の測定間隔の問題を反映している可能性があることに注意してください。

The MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metrics Block has the following format:

MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metricsブロックの形式は次のとおりです。

    0                   1                   2                   3
    0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |     BT=22     |    Reserved   |         Block Length          |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                     SSRC of Source                            |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |          begin_seq            |             end_seq           |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                      TS_sync_loss_count                       |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                      Sync_byte_error_count                    |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                  Continuity_count_error_count                 |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                      Transport_error_count                    |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                        PCR_error_count                        |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                   PCR_repetition_error_count                  |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |            PCR_discontinuity_indicator_error_count            |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                     PCR_accuracy_error_count                  |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
   |                       PTS_error_count                         |
   +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

Block Type (BT): 8 bits

ブロックタイプ(BT):8ビット

The MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metrics Block is identified by the constant 22.

MPEG-2 TS PSI-Independent Decodability Statistics Metrics Blockは、定数22で識別されます。

Reserved: 8 bits

予約済み:8ビット

These bits are reserved. They MUST be set to zero by senders and ignored by receivers (see [RFC6709] Section 4.2).

これらのビットは予約されています。送信者はゼロに設定し、受信者は無視する必要があります([RFC6709]セクション4.2を参照)。

Block Length: 16 bits

ブロック長:16ビット

The constant 11, in accordance with the definition of this field in Section 3 of RFC 3611. The block MUST be discarded if the block length is set to a different value.

RFC 3611のセクション3のこのフィールドの定義に準拠した定数11。ブロック長が別の値に設定されている場合、ブロックを破棄する必要があります。

Synchronization source (SSRC) of Source: 32 bits

ソースの同期ソース(SSRC):32ビット

As defined in Section 4.1 of RFC 3611.

RFC 3611のセクション4.1で定義されています。

begin_seq: 16 bits

begin_seq:16ビット

The RTP sequence number corresponding to the start of the measurement period, as defined in Section 4.1 of RFC 3611.

RFC 3611のセクション4.1で定義されている、測定期間の開始に対応するRTPシーケンス番号。

end_seq: 16 bits

end_seq:16ビット

The RTP sequence number corresponding to the end of the measurement period, as defined in Section 4.1 of RFC 3611.

RFC 3611のセクション4.1で定義されている、測定期間の終了に対応するRTPシーケンス番号。

TS_sync_loss_count: 32 bits

TS_sync_loss_count:32ビット

A count of the number of TS_sync_loss errors that occurred in the above sequence number interval. A TS_sync_loss error occurs when there are two or more consecutive incorrect sync bytes within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.1 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したTS_sync_lossエラーの数のカウント。 [ETSI]のセクション5.2.1で定義されているように、MPEG-2 TS内に2つ以上の連続する不正な同期バイトがある場合、TS_sync_lossエラーが発生します。

Sync_byte_error_count: 32 bits

Sync_byte_error_count:32ビット

A count of the number of Sync_byte_errors that occurred in the above sequence number interval. A sync byte error occurs when the sync byte is not equal to 0x47 in any TS packet contained in the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.1 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したSync_byte_errorsの数。 [ETSI]のセクション5.2.1で定義されているように、MPEG-2 TSに含まれるTSパケットの同期バイトが0x47に等しくない場合、同期バイトエラーが発生します。

Continuity_count_error_count: 32 bits

Continuity_count_error_count:32ビット

A count of the number of Continuity_count_errors that occurred in the above sequence number interval. A Continuity_count_error occurs when any of the following faults happen within the MPEG-2 TS -- incorrect packet order, a packet occurs more than twice, or a packet is lost, as defined in Section 5.2.1 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したContinuity_count_errorsの数。 [ETSI]のセクション5.2.1で定義されているように、Continuity_count_errorは、MPEG-2 TS内で次の障害のいずれかが発生した場合に発生します-パケットの順序が正しくない、パケットが2回以上発生する、またはパケットが失われる。

Transport_error_count: 32 bits

Transport_error_count:32ビット

A count of the number of Transport_errors that occurred in the above sequence number interval. A Transport_error occurs when an erroneous TS packet cannot be corrected within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.2 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したTransport_errorsの数のカウント。 [ETSI]のセクション5.2.2で定義されているように、MPEG-2 TS内で誤ったTSパケットを修正できない場合、Transport_errorが発生します。

PCR_error_count: 32 bits

PCR_error_count:32ビット

A count of the number of PCR_errors that occurred in the above sequence number interval. A PCR_error occurs if the primary clock reference (PCR) is not seen for more than 100 ms within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.2 of [ETSI]. The time interval between two consecutive PCR values should be no more than 40 ms.

上記のシーケンス番号間隔で発生したPCR_errorsの数。 [ETSI]のセクション5.2.2で定義されているように、プライマリクロックリファレンス(PCR)がMPEG-2 TS内で100 msを超えて検出されない場合、PCR_errorが発生します。 2つの連続するPCR値の時間間隔は、40ミリ秒以下にする必要があります。

PCR_repetition_error_count: 32 bits

PCR_repetition_error_count:32ビット

A count of the number of PCR_repetition_errors that occurred in the above sequence number interval. A PCR_repetition_error occurs when the time interval between two consecutive PCR values is more than 40 ms within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.2 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したPCR_repetition_errorsの数。 [ETSI]のセクション5.2.2で定義されているように、2つの連続するPCR値間の時間間隔がMPEG-2 TS内で40ミリ秒を超えると、PCR_repetition_errorが発生します。

PCR_discontinuity_indicator_error_count: 32 bits

PCR_discontinuity_indicator_error_count:32ビット

A count of the number of PCR_discontinuity_indicator_errors that occurred in the above sequence number interval. A PCR_discontinuity_indicator_error occurs if the time interval between two consecutive PCR values is more than 100 ms within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.2 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したPCR_discontinuity_indicator_errorsの数のカウント。 [ETSI]のセクション5.2.2で定義されているように、2つの連続するPCR値間の時間間隔がMPEG-2 TS内で100ミリ秒を超える場合、PCR_discontinuity_indicator_errorが発生します。

PCR_accuracy_error_count: 32 bits

PCR_accuracy_error_count:32ビット

A count of the number of PCR_accuracy_errors that occurred in the above sequence number interval. A PCR_accuracy_error occurs when the PCR accuracy of the selected program is outside the range of +/-500 ns within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.2 of [ETSI].

上記のシーケンス番号間隔で発生したPCR_accuracy_errorsの数。 [ETSI]のセクション5.2.2で定義されているように、選択されたプログラムのPCR精度がMPEG-2 TS内で+/- 500 nsの範囲外である場合、PCR_accuracy_errorが発生します。

PTS_error_count: 32 bits

PTS_error_count:32ビット

A count of the number of PTS_errors that occurred in the above sequence number interval. A PTS_error occurs when the PTS repetition is more than 700 ms within the MPEG-2 TS, as defined in Section 5.2.2 of [ETSI]. Note that the PTS is contained in the MPEG-2 TS and is used to aid the decoder in presenting the program on time, at the correct speed, and synchronized.

上記のシーケンス番号間隔で発生したPTS_errorsの数。 [ETSI]のセクション5.2.2で定義されているように、PTS_errorは、PTSの繰り返しがMPEG-2 TS内で700 msを超える場合に発生します。 PTSはMPEG-2 TSに含まれており、デコーダーがプログラムを時間どおりに正しい速度で提示し、同期するのを助けるために使用されることに注意してください。

4. SDP Signaling
4. SDPシグナリング

RFC 3611 defines the use of the Session Description Protocol (SDP) [RFC4566] for signaling the use of RTCP XR blocks. However, XR blocks MAY be used without prior signaling (see Section 5 of RFC 3611).

RFC 3611は、RTCP XRブロックの使用を通知するためのセッション記述プロトコル(SDP)[RFC4566]の使用を定義しています。ただし、XRブロックは事前のシグナリングなしで使用できます(RFC 3611のセクション5を参照)。

4.1. SDP rtcp-xr Attribute Extension
4.1. SDP rtcp-xr属性拡張

This session augments the SDP attribute "rtcp-xr" defined in Section 5.1 of RFC 3611 by providing an additional value of "xr-format" to signal the use of the report block defined in this document. The ABNF [RFC5234] syntax is as follows.

このセッションでは、RFC 3611のセクション5.1で定義されているSDP属性「rtcp-xr」を拡張して、このドキュメントで定義されているレポートブロックの使用を通知する「xr-format」の追加の値を提供します。 ABNF [RFC5234]の構文は次のとおりです。

xr-format =/ xr-tpid-block

xr-format = / xr-tpid-block

xr-tpid-block = "ts-psi-indep-decodability"

xr-tpid-block = "ts-psi-indep-decodability"

4.2. Offer/Answer Usage
4.2. オファー/アンサーの使用

When SDP is used in Offer/Answer context, the SDP Offer/Answer usage defined in [RFC3611] for unilateral "rtcp-xr" attribute parameters applies. For detailed usage of Offer/Answer for unilateral parameters, refer to Section 5.2 of [RFC3611].

SDPがオファー/アンサーコンテキストで使用される場合、片側の「rtcp-xr」属性パラメーターに対して[RFC3611]で定義されたSDPオファー/アンサー使用法が適用されます。片側パラメーターのオファー/アンサーの詳細な使用法については、[RFC3611]のセクション5.2を参照してください。

5. IANA Considerations
5. IANAに関する考慮事項

New report block types for RTCP XR are subject to IANA registration. For general guidelines on IANA allocations for RTCP XR, refer to Section 6.2 of RFC 3611.

RTCP XRの新しいレポートブロックタイプは、IANA登録の対象です。 RTCP XRのIANA割り当てに関する一般的なガイドラインについては、RFC 3611のセクション6.2を参照してください。

5.1. New RTCP XR Block Type Value
5.1. 新しいRTCP XRブロックタイプ値

This document assigns the block type value 22 in the IANA "RTP Control Protocol Extended Reports (RTCP XR) Block Type Registry" to the "MPEG-2 Transport Stream PSI-Independent Decodability Statistics Metrics Block".

このドキュメントでは、IANAの「RTP制御プロトコル拡張レポート(RTCP XR)ブロックタイプレジストリ」のブロックタイプ値22を「MPEG-2トランスポートストリームPSIに依存しない復号可能性統計メトリックブロック」に割り当てています。

5.2. New RTCP XR SDP Parameter
5.2. 新しいRTCP XR SDPパラメータ

This document also registers the new parameter "ts-psi-indep-decodability" in the "RTP Control Protocol Extended Reports (RTCP XR) Session Description Protocol (SDP) Parameters Registry".

このドキュメントでは、「RTP制御プロトコル拡張レポート(RTCP XR)セッション記述プロトコル(SDP)パラメータレジストリ」に新しいパラメータ「ts-psi-indep-decodability」も登録しています。

5.3. Contact Information for Registrations
5.3. 登録の連絡先情報

The contact information for registrations is:

登録の連絡先情報は次のとおりです。

Qin Wu (sunseawq@huawei.com) 101 Software Avenue, Yuhua District Nanjing, Jiangsu 210012 China

Q in W U(色がなくなったら@ Huawei.comに行きます)101ソフトウェアアベニュー、Y Uドロー地区NaN京、江蘇210012中国

6. Security Considerations
6. セキュリティに関する考慮事項

There might be some relationship between reported error counters and contractual Service Level Agreements (SLAs); hence, an attack (e.g., RTP endpoints reporting false data, or an attacker in the path modifying the data being reported) might deliberately corrupt these error counters, resulting in financial implications for the network operator (either as a result of unneeded performance metrics, or penalty charges for SLA failure).

報告されたエラーカウンターと契約上のサービスレベルアグリーメント(SLA)の間には何らかの関係があるかもしれません。したがって、攻撃(たとえば、誤ったデータを報告するRTPエンドポイント、または報告されているデータを変更するパス内の攻撃者)がこれらのエラーカウンターを故意に破損し、(不要なパフォーマンスメトリックの結果として)ネットワークオペレーターに財務上の影響を与える可能性があります。またはSLAの失敗に対するペナルティ料金)。

A solution to prevent such an attack is to apply an authentication and integrity protection framework for the RTCP XR block. This can be accomplished using the RTP profile that combines Secure RTP [RFC3711] and the Audio-Visual Profile with Feedback (AVPF) into Secure AVPF (SAVPF) [RFC5124].

このような攻撃を防ぐソリューションは、RTCP XRブロックに認証と整合性保護フレームワークを適用することです。これは、Secure RTP [RFC3711]とAudio-Visual Profile with Feedback(AVPF)をSecure AVPF(SAVPF)[RFC5124]に組み合わせたRTPプロファイルを使用して実現できます。

Besides this, the RTCP XR block in this document introduces no new security considerations beyond those described in [RFC3611].

これに加えて、このドキュメントのRTCP XRブロックは、[RFC3611]で説明されているものを超える新しいセキュリティの考慮事項を導入していません。

7. Acknowledgements
7. 謝辞

Thanks to Ray van Brandenburg, Claire Bi, Colin Perkins, Roni Even, Dan Romascanu, Ali Begen, Alexey Melnikov, Bert Wijnen, Gonzalo Camarillo, Benoit Claise, and Alan Clark for useful reviews and suggestions.

有用なレビューと提案を提供してくれたRay van Brandenburg、Claire Bi、Colin Perkins、Roni Even、Dan Romascanu、Ali Begen、Alexey Melnikov、Bert Wijnen、Gonzalo Camarillo、Benoit Claise、Alan Clarkに感謝します。

8. References
8. 参考文献
8.1. Normative References
8.1. 引用文献

[ETSI] ETSI, "Digital Video Broadcasting (DVB); Measurement guidelines for DVB systems", Technical Report TR 101 290, 2001.

[ETSI] ETSI、「デジタルビデオ放送(DVB); DVBシステムの測定ガイドライン」、テクニカルレポートTR 101 290、2001。

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するキーワード」、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC3550] Schulzrinne, H., Casner, S., Frederick, R., and V. Jacobson, "RTP: A Transport Protocol for Real-Time Applications", STD 64, RFC 3550, July 2003.

[RFC3550] Schulzrinne、H.、Casner、S.、Frederick、R。、およびV. Jacobson、「RTP:A Transport Protocol for Real-Time Applications」、STD 64、RFC 3550、2003年7月。

[RFC3611] Friedman, T., Caceres, R., and A. Clark, "RTP Control Protocol Extended Reports (RTCP XR)", RFC 3611, November 2003.

[RFC3611]フリードマン、T。、カセレス、R。、およびA.クラーク、「RTP制御プロトコル拡張レポート(RTCP XR)」、RFC 3611、2003年11月。

[RFC3711] Baugher, M., McGrew, D., Naslund, M., Carrara, E., and K. Norrman, "The Secure Real-time Transport Protocol (SRTP)", RFC 3711, March 2004.

[RFC3711]バウアー、M。、マクルー、D。、ナスルンド、M。、カララ、E。、およびK.ノーマン、「Secure Real-time Transport Protocol(SRTP)」、RFC 3711、2004年3月。

[RFC4566] Handley, M., Jacobson, V., and C. Perkins, "SDP: Session Description Protocol", RFC 4566, July 2006.

[RFC4566] Handley、M.、Jacobson、V。、およびC. Perkins、「SDP:Session Description Protocol」、RFC 4566、2006年7月。

[RFC5124] Ott, J. and E. Carrara, "Extended Secure RTP Profile for Real-time Transport Control Protocol (RTCP)-Based Feedback (RTP/SAVPF)", RFC 5124, February 2008.

[RFC5124] Ott、J。およびE. Carrara、「リアルタイムトランスポートコントロールプロトコル(RTCP)ベースのフィードバック用の拡張セキュアRTPプロファイル(RTP / SAVPF)」、RFC 5124、2008年2月。

[RFC5234] Crocker, D. and P. Overell, "Augmented BNF for Syntax Specifications: ABNF", STD 68, RFC 5234, January 2008.

[RFC5234] Crocker、D。およびP. Overell、「構文仕様の拡張BNF:ABNF」、STD 68、RFC 5234、2008年1月。

8.2. Informative References
8.2. 参考引用

[ISO-IEC.13818-1.2013] International Organization for Standardization, "Information technology - Generic coding of moving pictures and associated audio information: Systems", ISO International Standard 13818-1, May 2013.

[ISO-IEC.13818-1.2013]国際標準化機構、「情報技術-動画および関連するオーディオ情報の一般的なコーディング:システム」、ISO国際規格13818-1、2013年5月。

[RFC6390] Clark, A. and B. Claise, "Guidelines for Considering New Performance Metric Development", BCP 170, RFC 6390, October 2011.

[RFC6390] Clark、A。およびB. Claise、「新しいパフォーマンスメトリック開発を検討するためのガイドライン」、BCP 170、RFC 6390、2011年10月。

[RFC6709] Carpenter, B., Aboba, B., and S. Cheshire, "Design Considerations for Protocol Extensions", RFC 6709, September 2012.

[RFC6709] Carpenter、B.、Aboba、B。、およびS. Cheshire、「プロトコル拡張の設計上の考慮事項」、RFC 6709、2012年9月。

[RFC6776] Clark, A. and Q. Wu, "Measurement Identity and Information Reporting Using a Source Description (SDES) Item and an RTCP Extended Report (XR) Block", RFC 6776, October 2012.

[RFC6776]クラークA.およびQ.ウー、「ソース記述(SDES)アイテムとRTCP拡張レポート(XR)ブロックを使用した測定IDおよび情報レポート」、RFC 6776、2012年10月。

[RFC6792] Wu, Q., Hunt, G., and P. Arden, "Guidelines for Use of the RTP Monitoring Framework", RFC 6792, November 2012.

[RFC6792] Wu、Q.、Hunt、G。、およびP. Arden、「RTPモニタリングフレームワークの使用に関するガイドライン」、RFC 6792、2012年11月。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Rachel Huang Huawei 101 Software Avenue, Yuhua District Nanjing 210012 China

Rachel Huang hu Aは101ソフトウェアアベニュー、Y Uは地区NaNjing 210012中国を描画

   EMail: rachel.huang@huawei.com
        

Qin Wu Huawei 101 Software Avenue, Yuhua District Nanjing, Jiangsu 210012 China

Wuhu AのQは101ソフトウェアアベニューで、Y Uは地区210012中国江蘇省NaN京を描画します

   EMail: bill.wu@huawei.com
        

Hitoshi Asaeda National Institute of Information and Communications Technology 4-2-1 Nukui-Kitamachi Koganei, Tokyo 184-8795 Japan

ひとし あさえだ なちおなl いんsちつて おf いんふぉrまちおん あんd こっむにかちおんs てchのぉgy 4ー2ー1 ぬくいーきたまち こがねい、 ときょ 184ー8795 じゃぱん

   EMail: asaeda@nict.go.jp
        

Glen Zorn Network Zen 227/358 Thanon Sanphawut Bang Na, Bangkok 10260 Thailand

Glen Zorn Network Zen 227/358 Thanon Sanphawut Bang Na、Bangkok 10260 Thailand

   Phone: +66 (0) 8-1000-4155
   EMail: glenzorn@gmail.com