Internet Engineering Task Force (IETF)                          R. Droms
Request for Comments: 7083                                 Cisco Systems
Updates: 3315                                              November 2013
Category: Standards Track
ISSN: 2070-1721
        

Modification to Default Values of SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT

SOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTのデフォルト値の変更

Abstract

概要

This document updates RFC 3315 by redefining the default values for SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT and defining options through which a DHCPv6 server can override the client's default value for SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT with new values.

このドキュメントでは、SOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTのデフォルト値を再定義し、DHCPv6サーバーがクライアントのSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTのデフォルト値を新しい値で上書きできるようにするオプションを定義して、RFC 3315を更新します。

Status of This Memo

本文書の状態

This is an Internet Standards Track document.

これはInternet Standards Trackドキュメントです。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントは、IETF(Internet Engineering Task Force)の製品です。これは、IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による公開が承認されました。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc7083.

このドキュメントの現在のステータス、エラータ、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、http://www.rfc-editor.org/info/rfc7083で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2013 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2013 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書は、BCP 78およびこの文書の発行日に有効なIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(http://trustee.ietf.org/license-info)の対象となります。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、Trust Legal Provisionsのセクション4.eに記載されているSimplified BSD Licenseのテキストが含まれている必要があり、Simplified BSD Licenseに記載されているように保証なしで提供されます。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   2
   2.  Requirements Language . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   2
   3.  Updates to SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT in RFC 3315  . . . . . .   2
   4.  SOL_MAX_RT option . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
   5.  INF_MAX_RT Option . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   6.  Updates for SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT Options to RFC 3315 . .   4
   7.  DHCPv6 Client Behavior  . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   5
   8.  DHCPv6 Server Behavior  . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   9.  DHCPv6 Relay Agent Behavior . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   10. Security Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   11. Acknowledgments . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
   12. IANA Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
   13. References  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
     13.1.  Normative References . . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
     13.2.  Informative References . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
        
1. Introduction
1. はじめに

Section 5.5 of the DHCPv6 specification [RFC3315] defines the default values of SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT to be 120 seconds. In some circumstances, these defaults will lead to an unacceptably high volume of aggregated traffic at a DHCPv6 server.

DHCPv6仕様[RFC3315]のセクション5.5では、SOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTのデフォルト値を120秒に定義しています。状況によっては、これらのデフォルトにより、DHCPv6サーバーで許容できないほど大量の集約トラフィックが発生します。

The change to SOL_MAX_RT is in response to DHCPv6 message rates observed on a DHCPv6 server in a deployment in which many DHCPv6 clients are sending Solicit messages, but the DHCPv6 server has been configured not to respond to those Solicit messages. While no explicit observations of traffic due to INF_MAX_RT have been conducted, this document updates INF_MAX_RT for consistency with SOL_MAX_RT.

SOL_MAX_RTへの変更は、多くのDHCPv6クライアントが要請メッセージを送信しているが、DHCPv6サーバーがそれらの要請メッセージに応答しないように構成されている配備のDHCPv6サーバーで観測されたDHCPv6メッセージレートに対応しています。 INF_MAX_RTによるトラフィックの明示的な観測は行われていませんが、このドキュメントでは、SOL_MAX_RTとの整合性のためにINF_MAX_RTを更新しています。

2. Requirements Language
2. 要件言語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

このドキュメントのキーワード「MUST」、「MUST NOT」、「REQUIRED」、「SHALL」、「SHALL NOT」、「SHOULD」、「SHOULD NOT」、「RECOMMENDED」、「MAY」、および「OPTIONAL」は、 RFC 2119 [RFC2119]で説明されているように解釈されます。

3. Updates to SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT in RFC 3315
3. RFC 3315のSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTの更新

This document changes Section 5.5 of RFC 3315 as follows:

このドキュメントは、RFC 3315のセクション5.5を次のように変更します。

OLD: SOL_MAX_RT 120 secs Max Solicit timeout value

OLD:SOL_MAX_RT 120秒の最大要請タイムアウト値

NEW: SOL_MAX_RT 3600 secs Max Solicit timeout value

新規:SOL_MAX_RT 3600秒の最大要請タイムアウト値

OLD: INF_MAX_RT 120 secs Max Information-request timeout value

OLD:INF_MAX_RT 120秒の最大情報要求タイムアウト値

NEW: INF_MAX_RT 3600 secs Max Information-request timeout value

新規:INF_MAX_RT 3600秒の最大情報要求タイムアウト値

With this change, a DHCPv6 client that does not receive a satisfactory response will send Solicit or Information-request messages with the same initial frequency and exponential backoff as specified in Sections 17.1.2 and 18.1.5 of RFC 3315. However, the long-term behavior of these DHCPv6 clients will be to send a Solicit or Information-request message every 3600 seconds rather than every 120 seconds, significantly reducing the aggregated traffic at the DHCPv6 server.

この変更により、満足のいく応答を受信しないDHCPv6クライアントは、RFC 3315のセクション17.1.2および18.1.5で指定されているものと同じ初期周波数および指数バックオフで要請メッセージまたは情報要求メッセージを送信します。ただし、長いこれらのDHCPv6クライアントの用語の動作は、120秒ごとではなく3600秒ごとに送信請求メッセージまたは情報要求メッセージを送信することで、DHCPv6サーバーでの集約トラフィックを大幅に削減します。

4. SOL_MAX_RT option
4. SOL_MAX_RTオプション

A DHCPv6 server sends the SOL_MAX_RT option to a client to override the default value of SOL_MAX_RT. The value of SOL_MAX_RT in the option replaces the default value defined in Section 3. One use for the SOL_MAX_RT option is to set a longer value for SOL_MAX_RT, which reduces the Solicit traffic from a client that has not received a response to its Solicit messages.

DHCPv6サーバーは、SOL_MAX_RTオプションをクライアントに送信して、SOL_MAX_RTのデフォルト値を上書きします。オプションのSOL_MAX_RTの値は、セクション3で定義されたデフォルト値を置き換えます。SOL_MAX_RTオプションの1つの用途は、SOL_MAX_RTに長い値を設定することです。これにより、要請メッセージへの応答を受信して​​いないクライアントからの要請トラフィックが減少します。

The format of the SOL_MAX_RT option is:

SOL_MAX_RTオプションの形式は次のとおりです。

        0                   1                   2                   3
        0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |          option-code          |         option-len            |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |                       SOL_MAX_RT value                        |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

option-code OPTION_SOL_MAX_RT (82)

オプションコードOPTION_SOL_MAX_RT(82)

option-len 4

オプションのみ4

         SOL_MAX_RT value     Overriding value for SOL_MAX_RT
                              in seconds; MUST be in range:
                                60 <= "value" <= 86400 (1 day)
        

Figure 1: SOL_MAX_RT Option Format

図1:SOL_MAX_RTオプションの形式

5. INF_MAX_RT Option
5. INF_MAX_RTオプション

A DHCPv6 server sends the INF_MAX_RT option to a client to override the default value of INF_MAX_RT. The value of INF_MAX_RT in the option replaces the default value defined in Section 3. One use for the INF_MAX_RT option is to set a longer value for INF_MAX_RT, which reduces the Information-request traffic from a client that has not received a response to its Information-request messages.

DHCPv6サーバーは、INF_MAX_RTオプションをクライアントに送信して、INF_MAX_RTのデフォルト値を上書きします。オプションのINF_MAX_RTの値は、セクション3で定義されたデフォルト値を置き換えます。INF_MAX_RTオプションの1つの用途は、INF_MAX_RTに長い値を設定することです。これにより、その情報に対する応答を受け取っていないクライアントからの情報要求トラフィックが減少します。 -要求メッセージ。

   The format of the INF_MAX_RT option is:
        0                   1                   2                   3
        0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |          option-code          |         option-len            |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
       |                       INF_MAX_RT value                        |
       +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
        

option-code OPTION_INF_MAX_RT (83)

オプションコードOPTION_INF_MAX_RT(83)

option-len 4

オプションのみ4

         INF_MAX_RT value     Overriding value for INF_MAX_RT
                              in seconds; MUST be in range:
                                60 <= "value" <= 86400 (1 day)
        

Figure 2: INF_MAX_RT Option Format

図2:INF_MAX_RTオプションの形式

6. Updates for SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT Options to RFC 3315
6. RFC 3315に対するSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTオプションの更新

Update to RFC 3315, Section 17.1.3:

RFC 3315のセクション17.1.3への更新:

OLD:

古い:

The client MUST ignore any Advertise message that includes a Status Code option containing the value NoAddrsAvail, with the exception that the client MAY display the associated status message to the user.

クライアントは、値NoAddrsAvailを含むステータスコードオプションを含むアドバタイズメッセージを無視する必要があります(例外として、クライアントは関連するステータスメッセージをユーザーに表示してもかまいません)。

NEW:

新着:

The client MUST ignore any Advertise message that includes a Status Code option containing the value NoAddrsAvail, with the exception that the client MUST process an included SOL_MAX_RT option, MUST process an included INF_MAX_RT option, and MAY display the associated status message to the user.

クライアントは、値NoAddrsAvailを含むステータスコードオプションを含むアドバタイズメッセージを無視する必要があります。ただし、クライアントはインクルードされたSOL_MAX_RTオプションを処理しなければならず、インクルードされたINF_MAX_RTオプションを処理する必要があり、関連するステータスメッセージをユーザーに表示する必要があります。

Update to RFC 3315, Section 17.2.2:

RFC 3315、セクション17.2.2への更新:

OLD:

古い:

If the server will not assign any addresses to any IAs in a subsequent Request from the client, the server MUST send an Advertise message to the client that includes only a Status Code option with code NoAddrsAvail and a status message for the user, a Server Identifier option with the server's DUID, and a Client Identifier option with the client's DUID.

サーバーがクライアントからの後続のリクエストでどのIAにもアドレスを割り当てない場合、サーバーはコードNoAddrsAvailのステータスコードオプションとユーザーのステータスメッセージ、サーバー識別子のみを含むアドバタイズメッセージをクライアントに送信する必要がありますサーバーのDUIDを持つオプション、およびクライアントのDUIDを持つクライアント識別子オプション。

NEW:

新着:

If the server will not assign any addresses to any IAs in a subsequent Request from the client, the server MUST send an Advertise message to the client that includes only a Status Code option with code NoAddrsAvail and a status message for the user, a Server Identifier option with the server's DUID, a Client Identifier option with the client's DUID, and (optionally) SOL_MAX_RT and/or INF_MAX_RT options.

サーバーがクライアントからの後続のリクエストでどのIAにもアドレスを割り当てない場合、サーバーはコードNoAddrsAvailのステータスコードオプションとユーザーのステータスメッセージ、サーバー識別子のみを含むアドバタイズメッセージをクライアントに送信する必要がありますサーバーのDUIDを使用するオプション、クライアントのDUIDを使用するクライアント識別子オプション、および(オプションで)SOL_MAX_RTまたはINF_MAX_RTオプション。

Update to RFC 3315, Section 14 (Add text, clarifying client behavior while waiting for a response from a server):

RFC 3315のセクション14への更新(テキストを追加し、サーバーからの応答を待っている間のクライアントの動作を明確にします):

NEW:

新着:

A client is not expected to listen for a response during the entire period between transmission of Solicit or Information-request messages.

クライアントは、送信請求メッセージまたは情報要求メッセージの送信間の全期間中に応答をリッスンすることは想定されていません。

7. DHCPv6 Client Behavior
7. DHCPv6クライアントの動作

A DHCPv6 client MUST include the SOL_MAX_RT option code in any Option Request option [RFC3315] it sends as required by RFC 3315.

DHCPv6クライアントは、RFC 3315の要求に応じて送信するオプション要求オプション[RFC3315]にSOL_MAX_RTオプションコードを含める必要があります。

A DHCPv6 client MUST include the INF_MAX_RT option code in any Option Request option it sends as required by RFC 3315.

DHCPv6クライアントは、RFC 3315の要求に応じて、送信するオプション要求オプションにINF_MAX_RTオプションコードを含める必要があります。

A DHCPv6 client MUST silently ignore any SOL_MAX_RT or INF_MAX_RT option values that are less than 60 or more than 86400.

DHCPv6クライアントは、60未満または86400を超えるSOL_MAX_RTまたはINF_MAX_RTオプション値を暗黙的に無視する必要があります。

If a DHCPv6 client receives a message containing a SOL_MAX_RT option that has a valid value for SOL_MAX_RT, the client MUST set its internal SOL_MAX_RT parameter to the value contained in the SOL_MAX_RT option. This value of SOL_MAX_RT is then used by the retransmission mechanism defined in Sections 14 and 17.1.2 of RFC 3315.

DHCPv6クライアントがSOL_MAX_RTに有効な値を持つSOL_MAX_RTオプションを含むメッセージを受信した場合、クライアントは内部のSOL_MAX_RTパラメータをSOL_MAX_RTオプションに含まれている値に設定する必要があります。このSOL_MAX_RTの値は、RFC 3315のセクション14および17.1.2で定義されている再送信メカニズムによって使用されます。

If a DHCPv6 client receives a message containing an INF_MAX_RT option that has a valid value for INF_MAX_RT, the client MUST set its internal INF_MAX_RT parameter to the value contained in the INF_MAX_RT option. This value of INF_MAX_RT is then used by the retransmission mechanism defined in Sections 14 and 18.1.5 of RFC 3315.

DHCPv6クライアントが、INF_MAX_RTに有効な値を持つINF_MAX_RTオプションを含むメッセージを受信した場合、クライアントはその内部INF_MAX_RTパラメーターをINF_MAX_RTオプションに含まれている値に設定する必要があります。このINF_MAX_RTの値は、RFC 3315のセクション14および18.1.5で定義されている再送信メカニズムによって使用されます。

Updated SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT values apply only to the network interface on which the client received SOL_MAX_RT and/or INF_MAX_RT options.

更新されたSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RT値は、クライアントがSOL_MAX_RTまたはINF_MAX_RTオプションを受け取ったネットワークインターフェイスにのみ適用されます。

8. DHCPv6 Server Behavior
8. DHCPv6サーバーの動作

Sections 17.2.2 and 18.2 of RFC 3315 govern server operation in regard to option assignment. As a convenience to the reader, we mention here that the server will send options SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT only if configured with specific values for them, and the client requested those options using the Option Request option.

RFC 3315のセクション17.2.2および18.2は、オプションの割り当てに関するサーバーの動作を管理します。読者の便宜のために、サーバーがオプションSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTを特定の値で構成されている場合にのみ送信し、クライアントがオプション要求オプションを使用してそれらのオプションを要求したことをここで述べます。

The DHCPv6 server MAY include the SOL_MAX_RT option in any response it sends to a client that has included the SOL_MAX_RT option code in an Option Request option. The SOL_MAX_RT option is sent in the main body of the message to client, not as an encapsulated option in, e.g., an IA_NA, IA_TA [RFC3315], or IA_PD [RFC3633] option.

DHCPv6サーバーは、オプション要求オプションにSOL_MAX_RTオプションコードを含めたクライアントに送信するすべての応答にSOL_MAX_RTオプションを含めることができます(MAY)。 SOL_MAX_RTオプションは、IA_NA、IA_TA [RFC3315]、IA_PD [RFC3633]オプションなどのカプセル化されたオプションとしてではなく、メッセージの本文でクライアントに送信されます。

The DHCPv6 server MAY include the INF_MAX_RT option in any response it sends to a client that has included the INF_MAX_RT option code in an Option Request option. The INF_MAX_RT option is sent in the main body of the message to client, not as an encapsulated option in, e.g., an IA_NA, IA_TA, or IA_PD option.

DHCPv6サーバーは、オプション要求オプションにINF_MAX_RTオプションコードを含めたクライアントに送信するすべての応答に、INF_MAX_RTオプションを含めることができます(MAY)。 INF_MAX_RTオプションは、IA_NA、IA_TA、またはIA_PDオプションなどのカプセル化されたオプションとしてではなく、メッセージの本文でクライアントに送信されます。

9. DHCPv6 Relay Agent Behavior
9. DHCPv6リレーエージェントの動作

There are no additional requirements for relays.

リレーの追加要件はありません。

10. Security Considerations
10. セキュリティに関する考慮事項

This document introduces one security consideration beyond those described in RFC 3315. A malicious DHCPv6 server might cause a client to set its SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT parameters to an unreasonably high value with the SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT options, which may cause an undue delay in a client completing its DHCPv6 protocol transaction in the case no other valid response is received. Assuming the client also receives a response from a valid DHCPv6 server, large values for SOL_MAX_RT and INF_MAX_RT will not have any effect.

このドキュメントでは、RFC 3315で説明されているセキュリティ上の考慮事項を1つ紹介します。悪意のあるDHCPv6サーバーにより、クライアントがSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTパラメータをSOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTオプションで不当に高い値に設定し、クライアントの完了に過度の遅延を引き起こす可能性があります。他の有効な応答が受信されない場合のDHCPv6プロトコルトランザクション。クライアントも有効なDHCPv6サーバーから応答を受信すると仮定すると、SOL_MAX_RTおよびINF_MAX_RTの大きな値は効果がありません。

11. Acknowledgments
11. 謝辞

Tomek Mrugalski edited the text for compliance with "Guidelines for Creating New DHCPv6 Options" [DHC-OPTION] and added important details to the Security Considerations section.

Tomek Mrugalskiは、「新しいDHCPv6オプションを作成するためのガイドライン」[DHC-OPTION]に準拠するようにテキストを編集し、[セキュリティに関する考慮事項]セクションに重要な詳細を追加しました。

12. IANA Considerations
12. IANAに関する考慮事項

IANA has assigned one option code each for OPTION_SOL_MAX_RT (82) and OPTION_INF_MAX_RT (83) from the "DHCP Option Codes" table of the "Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)" registry.

IANAは、「IPv6の動的ホスト構成プロトコル(DHCPv6)」レジストリの「DHCPオプションコード」テーブルから、OPTION_SOL_MAX_RT(82)とOPTION_INF_MAX_RT(83)にそれぞれ1つのオプションコードを割り当てました。

13. References
13. 参考文献
13.1. Normative References
13.1. 引用文献

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, March 1997.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するキーワード」、BCP 14、RFC 2119、1997年3月。

[RFC3315] Droms, R., Bound, J., Volz, B., Lemon, T., Perkins, C., and M. Carney, "Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6 (DHCPv6)", RFC 3315, July 2003.

[RFC3315] Droms、R.、Bound、J.、Volz、B.、Lemon、T.、Perkins、C.、and M. Carney、 "Dynamic Host Configuration Protocol for IPv6(DHCPv6)"、RFC 3315、July 2003 。

13.2. Informative References
13.2. 参考引用

[DHC-OPTION] Hankins, D., Mrugalski, T., Siodelski, M., Jiang, S., and S. Krishnan, "Guidelines for Creating New DHCPv6 Options", Work in Progress, September 2013.

[DHC-OPTION] Hankins、D.、Mrugalski、T.、Siodelski、M.、Jiang、S。、およびS. Krishnan、「新しいDHCPv6オプションを作成するためのガイドライン」、作業中、2013年9月。

[RFC3633] Troan, O. and R. Droms, "IPv6 Prefix Options for Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP) version 6", RFC 3633, December 2003.

[RFC3633] Troan、O。およびR. Droms、「動的ホスト構成プロトコル(DHCP)バージョン6のIPv6プレフィックスオプション」、RFC 3633、2003年12月。

Author's Address

著者のアドレス

Ralph Droms Cisco Systems 1414 Massachusetts Avenue Boxborough, MA 01719 USA

らlph Dろms しsこ Sysてms 1414 まっさちゅせっts あゔぇぬえ ぼxぼろうgh、 ま 01719 うさ

   Phone: +1 978 936 1674
   EMail: rdroms@cisco.com