Internet Architecture Board (IAB)                              J. Levine
Request for Comments: 7669                          Taughannock Networks
Category: Informational                                     October 2015
ISSN: 2070-1721
        

Assigning Digital Object Identifiers to RFCs

RFCへのデジタルオブジェクト識別子の割り当て

Abstract

概要

This document describes the way that Digital Object Identifiers (DOIs) are assigned to past and future RFCs. The DOI is a widely used system that assigns unique identifiers to digital documents that can be queried and managed in a consistent fashion.

このドキュメントでは、過去および将来のRFCにデジタルオブジェクト識別子(DOI)を割り当てる方法について説明します。 DOIは広く使用されているシステムで、デジタルドキュメントに一意の識別子を割り当て、一貫した方法でクエリを実行して管理できます。

Status of This Memo

本文書の状態

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for informational purposes.

このドキュメントはInternet Standards Trackの仕様ではありません。情報提供を目的として公開されています。

This document is a product of the Internet Architecture Board (IAB) and represents information that the IAB has deemed valuable to provide for permanent record. It represents the consensus of the Internet Architecture Board (IAB). Documents approved for publication by the IAB are not a candidate for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントは、インターネットアーキテクチャボード(IAB)の製品であり、IABが永続的な記録を提供するために価値があると見なした情報を表しています。これは、インターネットアーキテクチャボード(IAB)のコンセンサスを表しています。 IABによって公開が承認されたドキュメントは、どのレベルのインターネット標準の候補にもなりません。 RFC 5741のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc7669.

このドキュメントの現在のステータス、エラータ、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、http://www.rfc-editor.org/info/rfc7669で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2015 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2015 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document.

この文書は、BCP 78およびIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(http://trustee.ietf.org/license-info)の対象であり、この文書の発行日に有効です。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   2
   2.  Structure and Resolution of DOIs  . . . . . . . . . . . . . .   3
   3.  DOIs for RFCs . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   4.  The Process of Assigning DOIs . . . . . . . . . . . . . . . .   4
     4.1.  Getting a DOI Prefix  . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
     4.2.  Retroactively Assigning DOIs  . . . . . . . . . . . . . .   5
     4.3.  Assigning DOIs to New RFCs  . . . . . . . . . . . . . . .   5
     4.4.  Use of DOIs in RFCs . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   5
     4.5.  Possible Future Work  . . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   5.  Internationalization  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   6.  Security Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   7.  Informative References  . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   IAB Members at the Time of Approval . . . . . . . . . . . . . . .   7
   Author's Address  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   8
        
1. Introduction
1. はじめに

The Digital Object Identifier (DOI) system assigns unique identifiers to digital documents that can be queried and managed in a consistent fashion. The structure of DOIs is defined by ISO 26324:2012 [ISO-DOI] and is implemented by a group of registration agencies coordinated by the International DOI Foundation.

Digital Object Identifier(DOI)システムは、一貫した方法で照会および管理できるデジタルドキュメントに一意の識別子を割り当てます。 DOIの構造はISO 26324:2012 [ISO-DOI]によって定義され、国際DOI財団が調整する登録機関のグループによって実装されます。

Each DOI is associated with bibliographic metadata about the object, including one or more URIs where the object can be found. The metadata is stored in a public database with entries retrieved via HTTP.

各DOIは、オブジェクトが見つかる1つ以上のURIを含む、オブジェクトに関する書誌メタデータに関連付けられています。メタデータは、HTTP経由で取得されたエントリと共にパブリックデータベースに保存されます。

DOIs are widely used by publishers and consumers of technical journals and other technical material published online.

DOIは、技術ジャーナルの出版社と消費者、およびオンラインで公開されているその他の技術資料で広く使用されています。

Page 15 of [CITABILITY] indicates that (note that citations have been omitted):

[CITABILITY]の15ページは次のことを示しています(引用は省略されていることに注意してください):

Typical web addresses are unreliable for locating online resources, because they can move, change or disappear entirely. But persistent identifiers are fixed, with an infrastructure that allows for the location of the item to be updated. The result is that the identifier can provide persistent access to the data. DataCite provides such a service, and DOIs (used by DataCite) were by far the identifier most commonly mentioned by interviewees, closely followed by Handles (on which the DOI system is built). There was a keen preference for DOIs from interviewees because this is a system already used and understood by publishers for traditional publications and so the barrier to uptake would presumably be lower than for an entirely novel system.

一般的なWebアドレスは、移動、変更、または完全に消失する可能性があるため、オンラインリソースの検索には信頼できません。ただし、永続的な識別子は固定されており、アイテムの場所を更新できるインフラストラクチャを備えています。その結果、識別子はデータへの永続的なアクセスを提供できます。 DataCiteはそのようなサービスを提供し、DOI(DataCiteによって使用される)は、インタビュー対象者によって最も一般的に言及されている識別子であり、ハンドル(DOIシステムが構築されている)がそれに続いています。これは、従来の出版物に対して出版社が既に使用および理解しているシステムであり、取り込みに対する障壁が、まったく新しいシステムよりも低いと考えられるため、インタビュー対象者からのDOIに対する強い好みがありました。

Some scholarly publishers accept DOIs as references in published documents, and some versions of BibTeX can automatically retrieve the bibliographic data for a DOI and format it. DOIs may have other advantages, such as making it easier to find the free online versions of RFCs rather than paywalled copies when following references or using some document indexes.

一部の学術出版社は、公開されたドキュメントの参照としてDOIを受け入れています。BibTeXの一部のバージョンは、DOIの書誌データを自動的に取得してフォーマットできます。 DOIには、他の利点があります。たとえば、参照をフォローしたり、ドキュメントインデックスを使用したりすると、ペイウォールのコピーではなく、RFCの無料のオンラインバージョンを見つけやすくなります。

The benefits of DOIs apply equally to documents from all of the RFC submission streams, so all RFCs are assigned DOIs.

DOIの利点は、すべてのRFC送信ストリームからのドキュメントに等しく適用されるため、すべてのRFCにDOIが割り当てられます。

2. Structure and Resolution of DOIs
2. DOIの構造と解決

DOIs are an application of the Handle System defined by RFCs [RFC3650], [RFC3651], and [RFC3652]. For example, a DOI for an RFC might be as follows:

DOIは、RFC [RFC3650]、[RFC3651]、および[RFC3652]で定義されたハンドルシステムのアプリケーションです。たとえば、RFCのDOIは次のようになります。

10.17487/rfc1149

10.17487 / rfc1149

The first part of a DOI is the number 10, which means a DOI within the Handle System, followed by a dot and a unique number assigned to a publisher, in this case 17487. This part is the DOI prefix. Following that is a slash and a text string assigned by the publisher, called the DOI suffix.

DOIの最初の部分は番号10で、ハンドルシステム内のDOIを意味し、その後にドットとパブリッシャーに割り当てられた一意の番号(この場合は17487)が続きます。この部分はDOIプレフィックスです。その後に、スラッシュと、DOIサフィックスと呼ばれる発行元によって割り当てられたテキスト文字列があります。

DOIs are treated as opaque identifiers. The DOI suffixes assigned to RFCs are currently based on the "doc-id" field of the RFC index in XML (rfc-index.xml), but the suffix of future RFCs might be based on something else if circumstances change. Hence, the reliable way to find the DOI for an RFC is not to guess, but to look it up in the RFC index or on the RFC Editor website <https://www.rfc-editor.org/>. RFC references created from entries in the usual bibxml libraries will have DOIs included automatically.

DOIは不透明な識別子として扱われます。 RFCに割り当てられたDOIサフィックスは、現在、XMLのRFCインデックス(rfc-index.xml)の「doc-id」フィールドに基づいていますが、将来のRFCのサフィックスは、状況が変化した場合に別のものに基づく可能性があります。したがって、RFCのDOIを見つける信頼できる方法は推測ではなく、RFCインデックスまたはRFCエディターのWebサイト<https://www.rfc-editor.org/>で調べることです。通常のbibxmlライブラリのエントリから作成されたRFC参照には、DOIが自動的に含まれます。

Although the Handle System has its own protocol described in [RFC3652], the usual way to look up a DOI is to use web lookup. A proposed "doi:" URN was never widely implemented, so the standard way to look up a DOI is to use the public HTTP proxy at <https://dx.doi.org>. The example DOI above could be looked up at:

ハンドルシステムには、[RFC3652]で説明されている独自のプロトコルがありますが、DOIを検索する通常の方法は、Webルックアップを使用することです。提案された「doi:」URNは広く実装されていなかったため、DOIを検索する標準的な方法は、<https://dx.doi.org>でパブリックHTTPプロキシを使用することです。上記のDOIの例は次の場所で調べることができます。

      https://dx.doi.org/10.17487/rfc1149
        

Whenever a publisher assigns a DOI, it provides the bibliographic metadata for the object (henceforth called a document, since that is what they are in this context) to its registration agency that then makes it available to clients that look up DOIs. The document's metadata is typically uploaded to the registration agency in XML using an HTTP-based API. Users or publishing software can retrieve the metadata by fetching the DOI's URL and using standard HTTP content negotiation to request application/citeproc+json, application/rdf+xml, or other bibliographic formats.

パブリッシャーがDOIを割り当てるときは常に、DOIを検索するクライアントが利用できるようにするために、オブジェクトの書誌メタデータ(以降、ドキュメントと呼ばれます。これは、このコンテキストではドキュメントと呼ばれます)を登録機関に提供します。ドキュメントのメタデータは通常、HTTPベースのAPIを使用してXMLで登録機関にアップロードされます。ユーザーまたはパブリッシングソフトウェアは、DOIのURLをフェッチし、標準のHTTPコンテンツネゴシエーションを使用してapplication / citeproc + json、application / rdf + xml、またはその他の書誌フォーマットを要求することにより、メタデータを取得できます。

Publishers have considerable flexibility as to what resides at the URI(s) to which a DOI refers. Sometimes it's the document itself, while for commercial publishers it's typically a page with the abstract, bibliographic information, and some way to buy the actual document. Because some RFCs are in multiple formats (e.g., Postscript and text), an appropriate URI is that of the RFC Editor's info page that has the document's abstract and links to the document(s) in various formats. Hence, the URI above, when fetched via an HTTP request that accepts text/html, redirects to:

パブリッシャーは、DOIが参照するURIに何が存在するかに関してかなりの柔軟性を持っています。時々それはドキュメント自体ですが、商業出版社にとっては、それは通常、抽象的な書誌情報と実際のドキュメントを購入する何らかの方法を備えたページです。一部のRFCは複数の形式(Postscriptやテキストなど)であるため、適切なURIは、ドキュメントの要約とさまざまな形式のドキュメントへのリンクがあるRFCエディターの情報ページのURIです。したがって、上記のURIは、text / htmlを受け入れるHTTPリクエストを介してフェッチされると、次の場所にリダイレクトされます。

      https://www.rfc-editor.org/info/rfc1149
        

More information on the structure and use of DOIs is in the DOI Handbook [DOI-HB].

DOIの構造と使用の詳細については、DOIハンドブック[DOI-HB]を参照してください。

3. DOIs for RFCs
3. RFCのDOI

With DOIs assigned to each RFC, it is useful to include DOI information in the XML bibliography as a "seriesInfo" item, so that rendering engines can display it if desired. Online databases and indexes that include RFCs should be updated to include the DOI, e.g., the ACM Digital Library. (A practical advantage of this is that the DOI would link directly to the RFC Editor, rather than perhaps to a copy of an RFC behind a paywall.)

各RFCにDOIが割り当てられているため、必要に応じてレンダリングエンジンが表示できるように、DOI情報を「seriesInfo」アイテムとしてXML参考文献に含めると便利です。 RFCを含むオンラインデータベースとインデックスは、DOI(ACMデジタルライブラリなど)を含むように更新する必要があります。 (これの実際的な利点は、DOIがペイウォールの背後にあるRFCのコピーではなく、RFCエディターに直接リンクすることです。)

Since RFCs are immutable, existing RFCs still don't mention their own DOIs within the RFCs themselves, but putting their DOIs into indexes would provide value.

RFCは不変であるため、既存のRFCは、RFC内で独自のDOIについて言及していませんが、DOIをインデックスに入れることで価値がもたらされます。

4. The Process of Assigning DOIs
4. DOIを割り当てるプロセス

There are three phases to assigning DOIs to RFCs: getting a DOI prefix, retroactively assigning DOIs to existing documents, and updating the publication process to assign DOIs as new RFCs are published.

DOIをRFCに割り当てるには、DOI接頭辞の取得、既存の​​ドキュメントへの遡及的なDOIの割り当て、新しいRFCの公開時にDOIを割り当てるための公開プロセスの更新の3つのフェーズがあります。

4.1. Getting a DOI Prefix
4.1. DOIプレフィックスの取得

There are ten registration agencies [DOI-RA] that assign DOI prefixes. Most of them serve specialized audiences or limited geographic areas, but there are a few that handle scholarly and technical materials. All registration agencies charge for DOIs to defray the cost of maintaining the metadata databases.

DOIプレフィックスを割り当てる10の登録機関[DOI-RA]があります。それらのほとんどは専門の聴衆または限られた地理的領域にサービスを提供しますが、学術的および技術的な資料を扱ういくつかがあります。すべての登録機関は、メタデータデータベースの保守にかかる費用を負担するためにDOIに課金します。

The RFC Editor chose CrossRef, an agency widely used by journal publishers. The prices associated with CrossRef membership are on the order of $660.00 per year for membership, deposit fees of $0.15 cents per document for a bulk upload of the backfile (the existing RFCs), and $1.00 per document to deposit them as they are published.

RFCエディターは、雑誌出版社が広く使用している機関であるCrossRefを選択しました。 CrossRefメンバーシップに関連する価格は、メンバーシップに対して年間$ 660.00、バックファイル(既存のRFC)の一括アップロードのドキュメントあたり$ 0.15セントのデポジット料金、および公開時にそれらをデポジットするためのドキュメントあたり$ 1.00です。

The RFC Editor's DOI prefix is 10.17487.

RFCエディタのDOIプレフィックスは10.17487です。

4.2. Retroactively Assigning DOIs
4.2. DOIの遡及的な割り当て

Other than paying the deposit fees, assigning DOIs to all of the existing RFCs was primarily a software problem. The RFC Production Center's internal database was updated to include a DOI field for each RFC, the schema for rfc-index.xml was updated to include a DOI field, and the scripts that create the XML and text indexes were updated to include the DOI for each RFC. A specialized DOI submission script extracted the metadata for all of the RFCs from the XML index and submitted it to the registration agency using the agency's online API.

デポジット料金を支払う以外に、DOIを既存のすべてのRFCに割り当てることは、主にソフトウェアの問題でした。 RFC Production Centerの内部データベースが更新されて各RFCのDOIフィールドが含まれ、rfc-index.xmlのスキーマが更新されてDOIフィールドが含まれ、XMLおよびテキストインデックスを作成するスクリプトが更新されて、DOIが含まれるようになりました各RFC。専門のDOI送信スクリプトは、すべてのRFCのメタデータをXMLインデックスから抽出し、機関のオンラインAPIを使用して登録機関に送信しました。

4.3. Assigning DOIs to New RFCs
4.3. 新しいRFCへのDOIの割り当て

As RFCs are published, the publication software assigns a DOI to each new RFC. The submission script extracts the metadata for new RFCs from the XML index and submits the information for new RFCs to the registration agency.

RFCが公開されると、公開ソフトウェアは新しいRFCごとにDOIを割り当てます。送信スクリプトは、XMLインデックスから新しいRFCのメタデータを抽出し、新しいRFCの情報を登録機関に送信します。

4.4. Use of DOIs in RFCs
4.4. RFCでのDOIの使用

The DOI agency requests that documents that are assigned DOIs in turn include DOIs when possible when referring to other organizations' documents. DOIs can be listed using the existing seriesInfo field in the xml2rfc reference entity, and authors are requested provide DOIs for non-RFC documents when possible. The RFC Production Center might add missing DOIs when it's easy to do so, e.g., when the same reference with a DOI has appeared in a prior RFC, or a quick online search finds the DOI. Where the citation libraries include DOIs, the output (references created from those citation libraries) will include DOIs.

DOI機関は、DOIが割り当てられたドキュメントに、他の組織のドキュメントを参照するときに可能な場合はDOIを含めることを要求します。 DOIは、xml2rfc参照エンティティの既存のseriesInfoフィールドを使用してリストできます。作成者は、可能な場合、非RFCドキュメントのDOIを提供するように要求されます。 RFC Production Centerは、DOIとの同じ参照が以前のRFCに現れた場合や、クイックオンライン検索でDOIを見つけた場合など、簡単に欠落したDOIを追加する場合があります。引用ライブラリにDOIが含まれている場合、出力(それらの引用ライブラリから作成された参照)にはDOIが含まれます。

The RFC Style Guide [RFC-STYLE] has been updated to describe the rules for including DOIs in the References sections of RFCs.

RFCスタイルガイド[RFC-STYLE]が更新され、RFCの参照セクションにDOIを含めるためのルールが説明されています。

4.5. Possible Future Work
4.5. 可能な将来の仕事

Since it is usually possible to retrieve the bibliographic information for a document from its DOI (as BibTeX can do, described above), it might also be worth adding this feature to xml2rfc, so a reference with only a DOI could be automatically fetched and expanded.

通常、DOIからドキュメントの書誌情報を取得することができるため(上​​記のBibTeXと同じように)、この機能をxml2rfcに追加する価値があるかもしれません。そのため、DOIのみの参照を自動的にフェッチして展開できます。 。

5. Internationalization
5. 国際化

Adding DOIs presents no new internationalization issues.

DOIを追加しても、新しい国際化の問題はありません。

Since DOIs are opaque, the characters used in any particular DOI are unimportant beyond ensuring that they can be represented where needed. The Handle System says they are UTF-8-encoded Unicode, but in practice all DOIs appear to use only printable ASCII characters. The metadata for each RFC is uploaded as UTF-8-encoded XML.

DOIは不透明であるため、特定のDOIで使用される文字は、必要な場所で表現できることを保証する以上に重要ではありません。 Handle SystemはUTF-8でエンコードされたUnicodeであると述べていますが、実際にはすべてのDOIは印刷可能なASCII文字のみを使用しているようです。各RFCのメタデータは、UTF-8エンコードされたXMLとしてアップロードされます。

6. Security Considerations
6. セキュリティに関する考慮事項

The DOI system adds a new way to locate RFCs and a bibliographic database containing a description of each RFC. The existing locations and bibliographic info are essentially unchanged, so there is no new dependency on the DOI system.

DOIシステムは、RFCを見つける新しい方法と、各RFCの説明を含む書誌データベースを追加します。既存の場所と書誌情報は基本的に変更されていないため、DOIシステムへの新しい依存関係はありません。

Were CrossRef or the DOI database to suffer a security breach, it is hypothetically possible that users would be directed to locations other than the RFC Editor's web site or would retrieve incorrect bibliographic data, but the actual RFCs would remain intact.

CrossRefまたはDOIデータベースでセキュリティ違反が発生した場合、ユーザーがRFCエディターのWebサイト以外の場所に誘導されるか、誤った書誌データを取得する可能性がありますが、実際のRFCはそのまま残ります。

7. Informative References
7. 参考引用

[CITABILITY] Kotarski, R., Reilly, S., Schrimpf, S., Smit, E., and K. Walshe, "Report on best practices for citability of data and on evolving roles in scholarly communication", 2012, <http://www.stm-assoc.org/2012_07_10_STM_Research_Data_ Group_Data_Citation_and_Evolving_Roles_ODE_Report.pdf>.

[CITABILITY] Kotarski、R.、Reilly、S.、Schrimpf、S.、Smit、E。、およびK. Walshe、「データの引用可能性に関するベストプラクティスおよび学術コミュニケーションにおける進化する役割に関するレポート」、2012、<http ://www.stm-assoc.org/2012_07_10_STM_Research_Data_ Group_Data_Citation_and_Evolving_Roles_ODE_Report.pdf>。

[DOI-HB] International DOI Foundation, "DOI Handbook", DOI 10.1000/182, April 2012, <http://www.doi.org/hb.html>.

[DOI-HB]国際DOI財団、「DOIハンドブック」、DOI 10.1000 / 182、2012年4月、<http://www.doi.org/hb.html>。

[DOI-RA] International DOI Foundation, "DOI Registration Agencies", July 2015, <http://www.doi.org/registration_agencies.html>.

[DOI-RA]国際DOI財団、「DOI Registration Agencies」、2015年7月、<http://www.doi.org/registration_agencies.html>。

[ISO-DOI] International Organization for Standardization (ISO), "ISO 26324:2012 Information and documentation -- Digital object identifier system", June 2012, <http://www.iso.org/iso/catalogue_detail?csnumber=43506>.

[ISO-DOI]国際標準化機構(ISO)、「ISO 26324:2012情報とドキュメント-デジタルオブジェクト識別子システム」、2012年6月、<http://www.iso.org/iso/catalogue_detail?csnumber=43506 >。

[RFC-STYLE] RFC Editor, "RFC Editor Style Guide", <https://www.rfc-editor.org/styleguide/>.

[RFC-STYLE] RFCエディター、「RFCエディタースタイルガイド」、<https://www.rfc-editor.org/styleguide/>。

[RFC3650] Sun, S., Lannom, L., and B. Boesch, "Handle System Overview", RFC 3650, DOI 10.17487/RFC3650, November 2003, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3650>.

[RFC3650] Sun、S.、Lannom、L。、およびB. Boesch、「ハンドルシステムの概要」、RFC 3650、DOI 10.17487 / RFC3650、2003年11月、<http://www.rfc-editor.org/info/ rfc3650>。

[RFC3651] Sun, S., Reilly, S., and L. Lannom, "Handle System Namespace and Service Definition", RFC 3651, DOI 10.17487/RFC3651, November 2003, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3651>.

[RFC3651] Sun、S.、Reilly、S。、およびL. Lannom、「Handle System Namespace and Service Definition」、RFC 3651、DOI 10.17487 / RFC3651、2003年11月、<http://www.rfc-editor.org / info / rfc3651>。

[RFC3652] Sun, S., Reilly, S., Lannom, L., and J. Petrone, "Handle System Protocol (ver 2.1) Specification", RFC 3652, DOI 10.17487/RFC3652, November 2003, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3652>.

[RFC3652] Sun、S.、Reilly、S.、Lannom、L。、およびJ. Petrone、「Handle System Protocol(ver 2.1)Specification」、RFC 3652、DOI 10.17487 / RFC3652、2003年11月、<http:// www.rfc-editor.org/info/rfc3652>。

IAB Members at the Time of Approval

承認時のIABメンバー

Jari Arkko (IETF Chair) Mary Barnes Marc Blanchet Ralph Droms Ted Hardie Joe Hildebrand Russ Housley Erik Nordmark Robert Sparks Andrew Sullivan (IAB Chair) Dave Thaler Brian Trammell Suzanne Woolf

ジェリーアルコ(IETF議長)メアリーバーンズマークブランシェラルフドロムステッドハーディジョーヒルデブランドラスヒュースリーエリックノードマークロバートスパークスアンドリューサリバン(IAB議長)デイブターラーブライアントラメルスザンヌウルフ

Author's Address

著者のアドレス

John Levine Taughannock Networks PO Box 727 Trumansburg, NY 14886

John Levine Taughannock Networks PO Box 727 Trumansburg、NY 14886

   Phone: +1 831 480 2300
   Email: standards@taugh.com
   URI:   http://jl.ly