Internet Engineering Task Force (IETF)                     S. Nandakumar
Request for Comments: 7850                             Cisco Systems Inc
Category: Standards Track                                     April 2016
ISSN: 2070-1721
        

Registering Values of the SDP 'proto' Field for Transporting RTP Media over TCP under Various RTP Profiles

さまざまなRTPプロファイルでRTPメディアをTCP経由で転送するためのSDP 'proto'フィールドの値の登録

Abstract

概要

The Real-time Transport Protocol (RTP) specification establishes a registry of profile names for use by higher-level control protocols, such as the Session Description Protocol (SDP), to refer to the transport methods. This specification describes the following new SDP transport protocol identifiers for transporting RTP Media over TCP: 'TCP/RTP/AVPF', 'TCP/RTP/SAVP', 'TCP/RTP/SAVPF', 'TCP/DTLS/RTP/SAVP', 'TCP/DTLS/RTP/SAVPF', 'TCP/TLS/RTP/AVP', and 'TCP/TLS/RTP/AVPF'.

リアルタイムトランスポートプロトコル(RTP)仕様は、セッション記述プロトコル(SDP)などの上位レベルの制御プロトコルがトランスポートメソッドを参照するために使用するプロファイル名のレジストリを確立します。この仕様は、TCP経由でRTPメディアを転送するための次の新しいSDP転送プロトコル識別子について説明しています:「TCP / RTP / AVPF」、「TCP / RTP / SAVP」、「TCP / RTP / SAVPF」、「TCP / DTLS / RTP / SAVP」 、「TCP / DTLS / RTP / SAVPF」、「TCP / TLS / RTP / AVP」、および「TCP / TLS / RTP / AVPF」。

Status of This Memo

本文書の状態

This is an Internet Standards Track document.

これはInternet Standards Trackドキュメントです。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 5741.

このドキュメントは、IETF(Internet Engineering Task Force)の製品です。これは、IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による公開が承認されました。インターネット標準の詳細については、RFC 5741のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc7850.

このドキュメントの現在のステータス、エラッタ、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、http://www.rfc-editor.org/info/rfc7850で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2016 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2016 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書は、BCP 78およびIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(http://trustee.ietf.org/license-info)の対象であり、この文書の発行日に有効です。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、Trust Legal Provisionsのセクション4.eに記載されているSimplified BSD Licenseのテキストが含まれている必要があり、Simplified BSD Licenseに記載されているように保証なしで提供されます。

Table of Contents

目次

   1.  Overview  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   2
   2.  Terminology . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
   3.  Protocol Identifiers  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
     3.1.  TCP/RTP/AVPF Transport Realization  . . . . . . . . . . .   3
     3.2.  TCP/RTP/SAVP Transport Realization  . . . . . . . . . . .   3
     3.3.  TCP/RTP/SAVPF Transport Realization . . . . . . . . . . .   3
     3.4.  TCP/DTLS/RTP/SAVP Transport Realization . . . . . . . . .   3
     3.5.  TCP/DTLS/RTP/SAVPF Transport Realization  . . . . . . . .   4
     3.6.  TCP/TLS/RTP/AVP Transport Realization . . . . . . . . . .   4
     3.7.  TCP/TLS/RTP/AVPF Transport Realization  . . . . . . . . .   4
   4.  ICE Considerations  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   5.  IANA Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   6.  Security Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   5
   7.  References  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   5
     7.1.  Normative References  . . . . . . . . . . . . . . . . . .   5
     7.2.  Informative References  . . . . . . . . . . . . . . . . .   6
   Acknowledgements  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
   Author's Address  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   7
        
1. Overview
1. 概観

The Real-time Transport Protocol (RTP) provides end-to-end network transport functions suitable for applications transmitting real-time data such as audio or video over multicast or unicast network services. The data transport is augmented by the RTP Control Protocol (RTCP) to allow monitoring of the data delivery in a manner scalable to large multicast networks and to provide minimal control and identification functionality.

リアルタイムトランスポートプロトコル(RTP)は、マルチキャストまたはユニキャストネットワークサービスを介してオーディオやビデオなどのリアルタイムデータを送信するアプリケーションに適したエンドツーエンドのネットワークトランスポート機能を提供します。データトランスポートは、RTP制御プロトコル(RTCP)によって拡張され、大規模なマルチキャストネットワークに拡張可能な方法でデータ配信の監視を可能にし、最小限の制御および識別機能を提供します。

"SDP: Session Description Protocol" [RFC4566] provides a general-purpose format for describing multimedia sessions in announcements or invitations. "TCP-Based Media Transport in the Session Description Protocol (SDP)" [RFC4145] specifies a general mechanism for describing media transport over TCP using SDP with [RFC4571] defining a method for framing RTP and RTCP packets [RFC3550] onto a connection-oriented transport (such as TCP). "Connection-Oriented Media Transport over the Transport Layer Security (TLS) Protocol in the Session Description Protocol (SDP)" [RFC4572] extends [RFC4145] for describing TCP-based media streams that are protected using TLS [RFC5246].

「SDP:セッション記述プロトコル」[RFC4566]は、アナウンスまたは招待状でマルチメディアセッションを記述するための汎用フォーマットを提供します。 「セッション記述プロトコル(SDP)でのTCPベースのメディアトランスポート」[RFC4145]は、[RFC4571]でSDPを使用してTCP経由のメディアトランスポートを記述する一般的なメカニズムを指定し、RTPパケットとRTCPパケット[RFC3550]を接続にフレーミングする方法を定義しています。指向トランスポート(TCPなど)。 「セッション記述プロトコル(SDP)のトランスポート層セキュリティ(TLS)プロトコルを介した接続指向のメディア転送」[RFC4572]は、TLS [RFC5246]を使用して保護されるTCPベースのメディアストリームを説明するために[RFC4145]を拡張します。

This specification describes additional SDP transport protocol identifiers for transporting RTP media over TCP as defined in Section 3.

この仕様では、セクション3で定義されているように、TCPを介してRTPメディアを転送するための追加のSDP転送プロトコル識別子について説明しています。

2. Terminology
2. 用語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in RFC 2119 [RFC2119].

このドキュメントのキーワード「MUST」、「MUST NOT」、「REQUIRED」、「SHALL」、「SHALL NOT」、「SHOULD」、「SHOULD NOT」、「RECOMMENDED」、「MAY」、および「OPTIONAL」は、 RFC 2119 [RFC2119]で説明されているように解釈されます。

3. Protocol Identifiers
3. プロトコル識別子

The "m=" line in SDP specifies, among other items, the transport protocol (identified via the "proto" field) to be used for the media in the session. See Section 5.14 (Media Descriptions) of SDP [RFC4566] for a discussion on transport protocol identifiers.

SDPの「m =」行は、他の項目の中で、セッションのメディアに使用されるトランスポートプロトコル(「proto」フィールドで識別される)を指定します。トランスポートプロトコル識別子の説明については、SDP [RFC4566]のセクション5.14(メディアの説明)を参照してください。

The following is the format for an "m=" line, as specified in [RFC4566]:

以下は、[RFC4566]で指定されている "m ="行の形式です。

m=<media> <port> <proto> <fmt> ...

m = <メディア> <ポート> <プロトコル> <fmt> ...

3.1. TCP/RTP/AVPF Transport Realization
3.1. TCP / RTP / AVPFトランスポートの実現

The TCP/RTP/AVPF transport describes RTP media with RTCP-based feedback [RFC4585] over TCP.

TCP / RTP / AVPFトランスポートは、TCP上のRTCPベースのフィードバック[RFC4585]を使用してRTPメディアを記述します。

The RTP/AVPF stream over TCP is realized using the framing method defined in [RFC4571].

TCP上のRTP / AVPFストリームは、[RFC4571]で定義されたフレーミング方法を使用して実現されます。

3.2. TCP/RTP/SAVP Transport Realization
3.2. TCP / RTP / SAVPトランスポートの実現

The TCP/RTP/SAVP transport describes Secure RTP (SRTP) media [RFC3711] over TCP.

TCP / RTP / SAVPトランスポートは、TCP上のSecure RTP(SRTP)メディア[RFC3711]を記述します。

The RTP/SAVP stream over TCP is realized using the framing method defined in [RFC4571].

TCP上のRTP / SAVPストリームは、[RFC4571]で定義されたフレーミング方法を使用して実現されます。

3.3. TCP/RTP/SAVPF Transport Realization
3.3. TCP / RTP / SAVPFトランスポートの実現

The TCP/RTP/SAVPF transport describes Secure RTP media with RTCP-based feedback [RFC5124] over TCP.

TCP / RTP / SAVPFトランスポートは、TCP上のRTCPベースのフィードバック[RFC5124]を備えたセキュアRTPメディアを記述します。

The RTP/SAVPF stream over TCP is realized using the framing method defined in [RFC4571].

TCP上のRTP / SAVPFストリームは、[RFC4571]で定義されたフレーミング方法を使用して実現されます。

3.4. TCP/DTLS/RTP/SAVP Transport Realization
3.4. TCP / DTLS / RTP / SAVPトランスポートの実現

The TCP/DTLS/RTP/SAVP transport describes Secure RTP media [RFC3711] using Datagram Transport Layer Security SRTP (DTLS-SRTP) [RFC5764] over TCP.

TCP / DTLS / RTP / SAVPトランスポートは、TCP経由のデータグラムトランスポート層セキュリティSRTP(DTLS-SRTP)[RFC5764]を使用したセキュアRTPメディア[RFC3711]を記述します。

RTP/SAVP using DTLS-based key establishment is realized according to the procedures defined in [RFC5764]. Also, the framing specified in [RFC4571] is used to transport DTLS-SRTP packets over TCP.

DTLSベースのキー確立を使用したRTP / SAVPは、[RFC5764]で定義された手順に従って実現されます。また、[RFC4571]で指定されたフレーミングは、TCPを介してDTLS-SRTPパケットを転送するために使用されます。

3.5. TCP/DTLS/RTP/SAVPF Transport Realization
3.5. TCP / DTLS / RTP / SAVPFトランスポートの実現

The TCP/DTLS/RTP/SAVPF transport describes Secure RTP media with RTCP-based feedback [RFC5124] using DTLS-SRTP over TCP.

TCP / DTLS / RTP / SAVPFトランスポートは、TCP経由のDTLS-SRTPを使用したRTCPベースのフィードバック[RFC5124]を備えたセキュアRTPメディアを記述します。

RTP/SAVPF using DTLS-based key establishment is realized according to the procedures defined in [RFC5764]. Also, the framing specified in [RFC4571] is used to transport DTLS-SRTP packets over TCP.

DTLSベースのキー確立を使用したRTP / SAVPFは、[RFC5764]で定義された手順に従って実現されます。また、[RFC4571]で指定されたフレーミングは、TCPを介してDTLS-SRTPパケットを転送するために使用されます。

3.6. TCP/TLS/RTP/AVP Transport Realization
3.6. TCP / TLS / RTP / AVPトランスポートの実現

The TCP/TLS/RTP/AVP transport describes RTP Media on top of TLS over TCP.

TCP / TLS / RTP / AVPトランスポートは、TLS over TCP上のRTPメディアを記述します。

RTP/AVP packets are framed using the procedures from [RFC4571] and are transported as application data messages over the TLS association setup using the procedures from [RFC4572].

RTP / AVPパケットは、[RFC4571]の手順を使用してフレーム化され、[RFC4572]の手順を使用してTLSアソシエーション設定を介してアプリケーションデータメッセージとして転送されます。

3.7. TCP/TLS/RTP/AVPF Transport Realization
3.7. TCP / TLS / RTP / AVPFトランスポートの実現

The TCP/TLS/RTP/AVPF transport describes RTP media with RTCP-based feedback [RFC5124] on top of TLS over TCP.

TCP / TLS / RTP / AVPFトランスポートは、TCP over TLSの上にRTCPベースのフィードバック[RFC5124]を持つRTPメディアを記述します。

RTP/AVPF packets are framed using the procedures from [RFC4571] and are transported as application data messages over the TLS association setup using the procedures from [RFC4572].

RTP / AVPFパケットは、[RFC4571]の手順を使用してフレーム化され、[RFC4572]の手順を使用してTLSアソシエーション設定を介してアプリケーションデータメッセージとして転送されます。

4. ICE Considerations
4. ICEに関する考慮事項

When procedures from [RFC6544] are used to set up Interactive Connectivity Establishment (ICE) [RFC5245] candidates for a TCP transport, the framing mechanism from [RFC4571] MUST be used for framing Session Traversal Utilities for NAT (STUN) packets (for keepalives and consent checks), as defined in Section 3 of [RFC6544].

[RFC6544]からの手順を使用してTCP接続のInteractive Connectivity Establishment(ICE)[RFC5245]候補をセットアップする場合、[RFC4571]からのフレーミングメカニズムをNAT(STUN)パケットのセッショントラバーサルユーティリティのフレーミングに使用する必要があります(キープアライブ用) [同意チェック]、[RFC6544]のセクション3で定義されています。

5. IANA Considerations
5. IANAに関する考慮事項

This specification describes the following new SDP transport protocol identifiers: 'TCP/RTP/AVPF', 'TCP/RTP/SAVP', 'TCP/RTP/SAVPF', 'TCP/DTLS/RTP/SAVP', 'TCP/DTLS/RTP/SAVPF', 'TCP/TLS/RTP/AVP', and 'TCP/TLS/RTP/AVPF', as defined in Section 3. These values have been registered by the IANA under the "proto" subregistry in the "Session Description Protocol (SDP) Parameters" registry.

この仕様では、次の新しいSDPトランスポートプロトコル識別子について説明しています:「TCP / RTP / AVPF」、「TCP / RTP / SAVP」、「TCP / RTP / SAVPF」、「TCP / DTLS / RTP / SAVP」、「TCP / DTLS / RTP / SAVPF」、「TCP / TLS / RTP / AVP」、および「TCP / TLS / RTP / AVPF」。セクション3で定義されています。これらの値は、IANAによって「Session」の「proto」サブレジストリに登録されています。 Description Protocol(SDP)Parameters」レジストリ。

   +--------+---------------------+-----------+
   | Type   | SDP Name            | Reference |
   +--------+---------------------+-----------+
   | proto  | TCP/RTP/AVPF        | RFC 7850  |
   |        |                     |           |
   | proto  | TCP/RTP/SAVP        | RFC 7850  |
   |        |                     |           |
   | proto  | TCP/RTP/SAVPF       | RFC 7850  |
   |        |                     |           |
   | proto  | TCP/DTLS/RTP/SAVP   | RFC 7850  |
   |        |                     |           |
   | proto  | TCP/DTLS/RTP/SAVPF  | RFC 7850  |
   |        |                     |           |
   | proto  | TCP/TLS/RTP/AVP     | RFC 7850  |
   |        |                     |           |
   | proto  | TCP/TLS/RTP/AVPF    | RFC 7850  |
   +--------+---------------------+-----------+
        
6. Security Considerations
6. セキュリティに関する考慮事項

The new "proto" identifiers registered by this document in the SDP parameters registry maintained by IANA are primarily for use by the offer/answer model of the Session Description Protocol [RFC3264] for the negotiation and establishment of RTP-based media over the TCP transport. This specification doesn't introduce any additional security considerations beyond those specified by the individual transport protocols identified in the "proto" identifiers and those detailed in Section 7 of [RFC4566].

このドキュメントによってIANAによって維持されるSDPパラメータレジストリに登録された新しい「プロトコル」識別子は、TCPトランスポートを介したRTPベースのメディアのネゴシエーションおよび確立のためのセッション記述プロトコル[RFC3264]のオファー/アンサーモデルによって主に使用されます。この仕様では、「プロト」識別子で識別される個々のトランスポートプロトコルで指定されているセキュリティの考慮事項および[RFC4566]のセクション7で詳述されているセキュリティの考慮事項は導入されていません。

7. References
7. 参考文献
7.1. Normative References
7.1. 引用文献

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, DOI 10.17487/RFC2119, March 1997, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc2119>.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するキーワード」、BCP 14、RFC 2119、DOI 10.17487 / RFC2119、1997年3月、<http://www.rfc-editor.org/info/ rfc2119>。

[RFC4566] Handley, M., Jacobson, V., and C. Perkins, "SDP: Session Description Protocol", RFC 4566, DOI 10.17487/RFC4566, July 2006, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4566>.

[RFC4566] Handley、M.、Jacobson、V。、およびC. Perkins、「SDP:Session Description Protocol」、RFC 4566、DOI 10.17487 / RFC4566、2006年7月、<http://www.rfc-editor.org/ info / rfc4566>。

[RFC4571] Lazzaro, J., "Framing Real-time Transport Protocol (RTP) and RTP Control Protocol (RTCP) Packets over Connection-Oriented Transport", RFC 4571, DOI 10.17487/RFC4571, July 2006, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4571>.

[RFC4571] Lazzaro、J。、「コネクション型トランスポートを介したフレーミングリアルタイムトランスポートプロトコル(RTP)およびRTP制御プロトコル(RTCP)パケット」、RFC 4571、DOI 10.17487 / RFC4571、2006年7月、<http:// www .rfc-editor.org / info / rfc4571>。

[RFC4572] Lennox, J., "Connection-Oriented Media Transport over the Transport Layer Security (TLS) Protocol in the Session Description Protocol (SDP)", RFC 4572, DOI 10.17487/RFC4572, July 2006, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4572>.

[RFC4572] Lennox、J。、「Session Description Protocol(SDP)のトランスポート層セキュリティ(TLS)プロトコルを介した接続指向のメディアトランスポート」、RFC 4572、DOI 10.17487 / RFC4572、2006年7月、<http:// www .rfc-editor.org / info / rfc4572>。

[RFC5245] Rosenberg, J., "Interactive Connectivity Establishment (ICE): A Protocol for Network Address Translator (NAT) Traversal for Offer/Answer Protocols", RFC 5245, DOI 10.17487/RFC5245, April 2010, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc5245>.

[RFC5245] Rosenberg、J。、「Interactive Connectivity Establishment(ICE):A Protocol for Network Address Translator(NAT)Traversal for Offer / Answer Protocols」、RFC 5245、DOI 10.17487 / RFC5245、2010年4月、<http:// www .rfc-editor.org / info / rfc5245>。

[RFC5764] McGrew, D. and E. Rescorla, "Datagram Transport Layer Security (DTLS) Extension to Establish Keys for the Secure Real-time Transport Protocol (SRTP)", RFC 5764, DOI 10.17487/RFC5764, May 2010, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc5764>.

[RFC5764] McGrew、D。およびE. Rescorla、「Secure Real-time Transport Protocol(SRTP)のキーを確立するためのデータグラムトランスポート層セキュリティ(DTLS)拡張」、RFC 5764、DOI 10.17487 / RFC5764、2010年5月、<http ://www.rfc-editor.org/info/rfc5764>。

[RFC6544] Rosenberg, J., Keranen, A., Lowekamp, B., and A. Roach, "TCP Candidates with Interactive Connectivity Establishment (ICE)", RFC 6544, DOI 10.17487/RFC6544, March 2012, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc6544>.

[RFC6544] Rosenberg、J.、Kerenen、A.、Lowekamp、B。、およびA. Roach、「Interactive Connectivity Establishment(ICE)を使用するTCP候補」、RFC 6544、DOI 10.17487 / RFC6544、2012年3月、<http:/ /www.rfc-editor.org/info/rfc6544>。

7.2. Informative References
7.2. 参考引用

[RFC3264] Rosenberg, J. and H. Schulzrinne, "An Offer/Answer Model with Session Description Protocol (SDP)", RFC 3264, DOI 10.17487/RFC3264, June 2002, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3264>.

[RFC3264] Rosenberg、J。およびH. Schulzrinne、「セッション記述プロトコル(SDP)を備えたオファー/アンサーモデル」、RFC 3264、DOI 10.17487 / RFC3264、2002年6月、<http://www.rfc-editor.org / info / rfc3264>。

[RFC3550] Schulzrinne, H., Casner, S., Frederick, R., and V. Jacobson, "RTP: A Transport Protocol for Real-Time Applications", STD 64, RFC 3550, DOI 10.17487/RFC3550, July 2003, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3550>.

[RFC3550] Schulzrinne、H.、Casner、S.、Frederick、R。、およびV. Jacobson、「RTP:A Transport Protocol for Real-Time Applications」、STD 64、RFC 3550、DOI 10.17487 / RFC3550、2003年7月、 <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3550>。

[RFC3711] Baugher, M., McGrew, D., Naslund, M., Carrara, E., and K. Norrman, "The Secure Real-time Transport Protocol (SRTP)", RFC 3711, DOI 10.17487/RFC3711, March 2004, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3711>.

[RFC3711]バウアー、M。、マクルー、D。、ナスルンド、M。、カララ、E。、およびK.ノーマン、「The Secure Real-time Transport Protocol(SRTP)」、RFC 3711、DOI 10.17487 / RFC3711、March 2004、<http://www.rfc-editor.org/info/rfc3711>。

[RFC4145] Yon, D. and G. Camarillo, "TCP-Based Media Transport in the Session Description Protocol (SDP)", RFC 4145, DOI 10.17487/RFC4145, September 2005, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4145>.

[RFC4145] Yon、D。、およびG. Camarillo、「セッション記述プロトコル(SDP)におけるTCPベースのメディアトランスポート」、RFC 4145、DOI 10.17487 / RFC4145、2005年9月、<http://www.rfc-editor。 org / info / rfc4145>。

[RFC4585] Ott, J., Wenger, S., Sato, N., Burmeister, C., and J. Rey, "Extended RTP Profile for Real-time Transport Control Protocol (RTCP)-Based Feedback (RTP/AVPF)", RFC 4585, DOI 10.17487/RFC4585, July 2006, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4585>.

[RFC4585] Ott、J.、Wenger、S.、Sato、N.、Burmeister、C。、およびJ. Rey、「​​リアルタイム転送制御プロトコル(RTCP)ベースのフィードバック用の拡張RTPプロファイル(RTP / AVPF) "、RFC 4585、DOI 10.17487 / RFC4585、2006年7月、<http://www.rfc-editor.org/info/rfc4585>。

[RFC5124] Ott, J. and E. Carrara, "Extended Secure RTP Profile for Real-time Transport Control Protocol (RTCP)-Based Feedback (RTP/SAVPF)", RFC 5124, DOI 10.17487/RFC5124, February 2008, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc5124>.

[RFC5124] Ott、J。およびE. Carrara、「リアルタイム転送制御プロトコル(RTCP)ベースのフィードバック用の拡張セキュアRTPプロファイル(RTP / SAVPF)」、RFC 5124、DOI 10.17487 / RFC5124、2008年2月、<http ://www.rfc-editor.org/info/rfc5124>。

[RFC5246] Dierks, T. and E. Rescorla, "The Transport Layer Security (TLS) Protocol Version 1.2", RFC 5246, DOI 10.17487/RFC5246, August 2008, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc5246>.

[RFC5246] Dierks、T。およびE. Rescorla、「The Transport Layer Security(TLS)Protocol Version 1.2」、RFC 5246、DOI 10.17487 / RFC5246、2008年8月、<http://www.rfc-editor.org/info / rfc5246>。

Acknowledgements

謝辞

The author would like to thank Cullen Jennings, Alissa Cooper, Justin Uberti, Mo Zanaty, Christer Holmberg, Jonathan Lennox, Flemming Andreason, Roni Even, Ben Campbell, and Bo Burman for their reviews and suggested improvements.

著者は、レビューと提案された改善について、Cullen Jennings、Alissa Cooper、Justin Uberti、Mo Zanaty、Christer Holmberg、Jonathan Lennox、Flemming Andreason、Roni Even、Ben Campbell、Bo Burmanに感謝します。

The author would also like to thank Adam Montville for the SecDir review, Meral Shirazipour for the Gen-ART review, and Sarah Banks for the OPS-Dir review.

著者は、SecDirレビューのAdam Montville、Gen-ARTレビューのMeral Shirazipour、OPS-DirレビューのSarah Banksにも感謝します。

Author's Address

著者のアドレス

Suhas Nandakumar Cisco Systems Inc 707 Tasman Drive San Jose, CA 95134 United States

Suhas Nandakumar Cisco Systems Inc 707 Tasman Drive San Jose、CA 95134アメリカ合衆国

   Email: snandaku@cisco.com