Internet Engineering Task Force (IETF)                           T. King
Request for Comments: 7999                                    C. Dietzel
Category: Informational                                           DE-CIX
ISSN: 2070-1721                                              J. Snijders
                                                                     NTT
                                                              G. Doering
                                                             SpaceNet AG
                                                              G. Hankins
                                                                   Nokia
                                                            October 2016
        

BLACKHOLE Community

BLACKHOLEコミュニティ

Abstract

概要

This document describes the use of a well-known Border Gateway Protocol (BGP) community for destination-based blackholing in IP networks. This well-known advisory transitive BGP community named "BLACKHOLE" allows an origin Autonomous System (AS) to specify that a neighboring network should discard any traffic destined towards the tagged IP prefix.

このドキュメントでは、IPネットワークでの宛先ベースのブラックホール化のためのよく知られたボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)コミュニティの使用について説明します。 「BLACKHOLE」という名前のこのよく知られた助言推移的BGPコミュニティにより、発信元自律システム(AS)は、タグ付きIPプレフィックス宛てのトラフィックを近隣ネットワークが破棄するように指定できます。

Status of This Memo

本文書の状態

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for informational purposes.

このドキュメントはInternet Standards Trackの仕様ではありません。情報提供を目的として公開されています。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Not all documents approved by the IESG are a candidate for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 7841.

このドキュメントは、IETF(Internet Engineering Task Force)の製品です。これは、IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による公開が承認されました。 IESGによって承認されたすべてのドキュメントが、あらゆるレベルのインターネット標準の候補になるわけではありません。 RFC 7841のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc7999.

このドキュメントの現在のステータス、エラータ、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、http://www.rfc-editor.org/info/rfc7999で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2016 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2016 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書は、BCP 78およびIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(http://trustee.ietf.org/license-info)の対象であり、この文書の発行日に有効です。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、Trust Legal Provisionsのセクション4.eに記載されているSimplified BSD Licenseのテキストが含まれている必要があり、Simplified BSD Licenseに記載されているように保証なしで提供されます。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................3
      1.1. Requirements Language ......................................3
   2. BLACKHOLE Community .............................................4
   3. Operational Recommendations .....................................4
      3.1. IP Prefix Announcements with BLACKHOLE Community Attached ..4
      3.2. Local Scope of Blackholes ..................................4
      3.3. Accepting Blackholed IP Prefixes ...........................5
   4. Vendor Implementation Recommendations ...........................6
   5. IANA Considerations .............................................6
   6. Security Considerations .........................................6
   7. References ......................................................7
      7.1. Normative References .......................................7
      7.2. Informative References .....................................7
   Acknowledgements ...................................................8
   Authors' Addresses .................................................9
        
1. Introduction
1. はじめに

Network infrastructures have been increasingly hampered by DDoS attacks. In order to dampen the effects of these DDoS attacks, IP networks have offered blackholing with BGP [RFC4271] using various mechanisms such as those described in [RFC3882] and [RFC5635].

ネットワークインフラストラクチャは、DDoS攻撃によってますます妨害されています。これらのDDoS攻撃の影響を緩和するために、IPネットワークは、[RFC3882]や[RFC5635]で説明されているようなさまざまなメカニズムを使用して、BGP [RFC4271]でブラックホールを提供しています。

DDoS attacks targeting a certain IP address may cause congestion of links used to connect to adjacent networks. In order to limit the impact of such a scenario on legitimate traffic, networks adopted a mechanism called "BGP blackholing". A network that wants to trigger blackholing needs to understand the triggering mechanism adopted by its neighboring networks. Different networks provide different mechanisms to trigger blackholing, including but not limited to pre-defined blackhole next-hop IP addresses, specific BGP communities, or out-of-band BGP sessions with a special BGP speaker.

特定のIPアドレスをターゲットとするDDoS攻撃は、隣接ネットワークへの接続に使用されるリンクの輻輳を引き起こす可能性があります。このようなシナリオが正当なトラフィックに与える影響を制限するために、ネットワークは「BGPブラックホール」と呼ばれるメカニズムを採用しました。ブラックホールをトリガーしたいネットワークは、隣接するネットワークで採用されているトリガーメカニズムを理解する必要があります。さまざまなネットワークは、ブラックホールをトリガーするさまざまなメカニズムを提供します。これには、事前定義されたブラックホールネクストホップIPアドレス、特定のBGPコミュニティ、または特別なBGPスピーカーとの帯域外BGPセッションが含まれますが、これらに限定されません。

Having several different mechanisms to trigger blackholing in different networks makes it an unnecessarily complex, error-prone, and cumbersome task for network operators. Therefore, a well-known BGP community [RFC1997] is defined for operational ease.

さまざまなネットワークでブラックホールをトリガーするいくつかの異なるメカニズムがあると、ネットワークオペレーターにとって不必要に複雑で、エラーが発生しやすく、面倒な作業になります。したがって、操作を容易にするために、よく知られているBGPコミュニティ[RFC1997]が定義されています。

Having such a well-known BGP community for blackholing also further simplifies network operations because:

ブラックホール化のためにそのようなよく知られたBGPコミュニティがあると、次の理由によりネットワーク運用がさらに簡素化されます。

o Implementing and monitoring blackholing becomes easier when implementation and operational guides do not cover many variations to trigger blackholing.

o ブラックホールをトリガーするための多くのバリエーションを実装および運用ガイドでカバーしていない場合、ブラックホールの実装と監視がより簡単になります。

o The number of support requests from customers about how to trigger blackholing in a particular neighboring network will be reduced as the codepoint for common blackholing mechanisms is unified and well-known.

o 一般的なブラックホールメカニズムのコードポイントが統一され、よく知られているため、特定の隣接ネットワークでブラックホールをトリガーする方法に関する顧客からのサポート要求の数は減少します。

1.1. Requirements Language
1.1. 要件言語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" are to be interpreted as described in [RFC2119] only when they appear in all upper case. They may also appear in lower case or mixed case as English words, without normative meaning.

キーワード「MUST」、「MUST NOT」、「REQUIRED」、「SHALL」、「SHALL NOT」、「SHOULD」、「SHOULD NOT」、「RECOMMENDED」、「MAY」、および「OPTIONAL」は解釈されます[RFC2119]で説明されているように、それらがすべて大文字で表示される場合のみ。それらはまた、規範的な意味なしに、英語の単語として小文字または大文字と小文字が混在して現れる場合があります。

2. BLACKHOLE Community
2. BLACKHOLEコミュニティ

This document defines the use of a new well-known BGP transitive community, BLACKHOLE.

このドキュメントでは、よく知られている新しいBGP推移的コミュニティであるBLACKHOLEの使用を定義します。

The semantics of this community allow a network to interpret the presence of this community as an advisory qualification to drop any traffic being sent towards this prefix.

このコミュニティのセマンティクスにより、ネットワークはこのコミュニティの存在を助言資格として解釈して、このプレフィックスに向けて送信されているトラフィックをドロップできます。

3. Operational Recommendations
3. 運用上の推奨事項
3.1. IP Prefix Announcements with BLACKHOLE Community Attached
3.1. BLACKHOLEコミュニティがアタッチされたIPプレフィックスのお知らせ

Accepting and honoring the BLACKHOLE community, or ignoring it, is a choice that is made by each operator. This community MAY be used in all bilateral and multilateral BGP deployment scenarios. In a bilateral peering relationship, use of the BLACKHOLE community MUST be agreed upon by the two networks before advertising it. In a multilateral peering relationship, the decision to honor or ignore the BLACKHOLE community is to be made according to the operator's routing policy. The community SHOULD be ignored, if it is received by a network that it not using it.

BLACKHOLEコミュニティを受け入れて尊重するか、無視するかは、各オペレータが行う選択です。このコミュニティは、すべての二国間および多国間のBGP展開シナリオで使用される場合があります。双方向のピアリング関係では、BLACKHOLEコミュニティの使用は、それをアドバタイズする前に2つのネットワークによって合意されなければなりません。多国間のピアリング関係では、ブラックホールコミュニティを尊重するか無視するかの決定は、事業者のルーティングポリシーに従って行われます。コミュニティは、それを使用していないネットワークによって受信された場合、無視する必要があります(SHOULD)。

When a network is under DDoS duress, it MAY announce an IP prefix covering the victim's IP address(es) for the purpose of signaling to neighboring networks that any traffic destined for these IP address(es) should be discarded. In such a scenario, the network operator SHOULD attach the BLACKHOLE community.

ネットワークがDDoSの強制下にある場合、被害者のIPアドレスをカバーするIPプレフィックスを通知して、これらのIPアドレス宛てのトラフィックを破棄する必要があることを隣接ネットワークに通知する場合があります。このようなシナリオでは、ネットワークオペレーターはブラックホールコミュニティをアタッチする必要があります。

The BLACKHOLE community MAY also be used as one of the trigger communities in a destination-based Remote Triggered Blackhole (RTBH) [RFC5635] configuration.

BLACKHOLEコミュニティは、宛先ベースのリモートトリガーブラックホール(RTBH)[RFC5635]構成のトリガーコミュニティの1つとしても使用できます(MAY)。

3.2. Local Scope of Blackholes
3.2. ブラックホールのローカルスコープ

A BGP speaker receiving an announcement tagged with the BLACKHOLE community SHOULD add the NO_ADVERTISE or NO_EXPORT community as defined in [RFC1997], or a similar community, to prevent propagation of the prefix outside the local AS. The community to prevent propagation SHOULD be chosen according to the operator's routing policy.

BLACKHOLEコミュニティでタグ付けされたアナウンスを受信するBGPスピーカーは、[RFC1997]で定義されているNO_ADVERTISEまたはNO_EXPORTコミュニティ、または同様のコミュニティを追加して、ローカルASの外部へのプレフィックスの伝播を防止する必要があります。伝播を防止するコミュニティは、事業者のルーティングポリシーに従って選択する必要があります。

Unintentional leaking of more specific IP prefixes to neighboring networks can have adverse effects. Extreme caution should be used when purposefully propagating IP prefixes tagged with the BLACKHOLE community outside the local routing domain, unless policy explicitly aims at doing just that.

より特定のIPプレフィックスが意図せずに隣接ネットワークに漏洩すると、悪影響が生じる可能性があります。ローカルルーティングドメインの外部にあるBLACKHOLEコミュニティでタグ付けされたIPプレフィックスを意図的に伝播する場合、ポリシーが明示的にそれを行うことを意図していない限り、非常に注意が必要です。

3.3. Accepting Blackholed IP Prefixes
3.3. ブラックホールIPプレフィックスの受け入れ

It has been observed in provider networks running BGP that announcements of IP prefixes longer than /24 for IPv4 and /48 for IPv6 are usually not accepted on the Internet (see Section 6.1.3 of [RFC7454]). However, blackhole prefix length should be as long as possible in order to limit the impact of discarding traffic for adjacent IP space that is not under DDoS duress. The blackhole prefix length is typically as specific as possible, /32 for IPv4 or /128 for IPv6.

BGPを実行しているプロバイダーネットワークでは、IPv4の場合は/ 24より長く、IPv6の場合は/ 48より長いIPプレフィックスのアナウンスは通常インターネットでは受け入れられないことが確認されています([RFC7454]のセクション6.1.3を参照)。ただし、ブラックホールプレフィックスの長さは、DDoSの強制下にない隣接IPスペースのトラフィックを破棄する影響を制限するために、可能な限り長くする必要があります。ブラックホールプレフィックス長は、通常、できるだけ具体的です。IPv4の場合は/ 32、IPv6の場合は/ 128です。

BGP speakers in a bilateral peering relationship using the BLACKHOLE community MUST only accept and honor BGP announcements carrying the BLACKHOLE community under the two following conditions:

BLACKHOLEコミュニティを使用する双方向のピアリング関係にあるBGPスピーカーは、次の2つの条件下で、BLACKHOLEコミュニティを伝送するBGPアナウンスのみを受け入れ、受け入れる必要があります。

o The announced prefix is covered by an equal or shorter prefix that the neighboring network is authorized to advertise.

o アナウンスされたプレフィックスは、隣接ネットワークがアドバタイズすることを許可されている、同等またはより短いプレフィックスによってカバーされます。

o The receiving party agreed to honor the BLACKHOLE community on the particular BGP session.

o 受信側は、特定のBGPセッションでブラックホールコミュニティを称えることに同意しました。

In topologies with a route server or other multilateral peering relationships, BGP speakers SHOULD accept and honor BGP announcements under the same conditions.

ルートサーバーまたは他の多国間ピアリング関係のトポロジでは、BGPスピーカーは、同じ条件下でBGPアナウンスを受け入れ、尊重する必要があります(SHOULD)。

An operator MUST ensure that origin validation techniques (such as the one described in [RFC6811]) do not inadvertently block legitimate announcements carrying the BLACKHOLE community.

オペレーターは、発信元検証手法([RFC6811]で説明されている手法など)が誤ってBLACKHOLEコミュニティを運ぶ正当なアナウンスをブロックしないことを確認する必要があります。

The BLACKHOLE community is not intended to be used with Network Layer Reachability Information (NLRI) [RFC5575] to distribute traffic flow specifications.

BLACKHOLEコミュニティは、ネットワーク層到達可能性情報(NLRI)[RFC5575]と共に使用して、トラフィックフロー仕様を配布することを目的としていません。

The error handling for this community follows the process in [RFC7606] that causes a malformed community to be treated as withdrawn.

このコミュニティのエラー処理は、[RFC7606]のプロセスに従い、不正なコミュニティが撤回されたものとして扱われます。

Operators are encouraged to store all BGP updates in their network carrying the BLACKHOLE community for long-term analysis or internal audit purposes.

オペレーターは、長期間の分析または内部監査の目的で、BLACKHOLEコミュニティを運ぶネットワークにすべてのBGPアップデートを保存することをお勧めします。

4. Vendor Implementation Recommendations
4. ベンダー実装の推奨事項

Without an explicit configuration directive set by the operator, network elements SHOULD NOT discard traffic destined towards IP prefixes that are tagged with the BLACKHOLE community. The operator is expected to explicitly configure the network element to honor the BLACKHOLE community in a way that is compliant with the operator's routing policy.

オペレーターによって明示的な設定ディレクティブが設定されていない場合、ネットワーク要素は、ブラックホールコミュニティでタグ付けされたIPプレフィックス宛てのトラフィックを破棄してはなりません(SHOULD NOT)。オペレーターは、ネットワーク要素を明示的に設定して、オペレーターのルーティングポリシーに準拠する方法でブラックホールコミュニティを尊重することが求められます。

Vendors MAY provide a shorthand keyword in their configuration language to reference the well-known BLACKHOLE community attribute value. The suggested string to be used is "blackhole".

ベンダーは、よく知られているBLACKHOLEコミュニティ属性値を参照するために、設定言語で省略形のキーワードを提供する場合があります。使用することが推奨される文字列は「ブラックホール」です。

5. IANA Considerations
5. IANAに関する考慮事項

The IANA has registered BLACKHOLE in the "BGP Well-known Communities" registry.

IANAは「BGP Well-known Communities」レジストリにブラックホールを登録しました。

BLACKHOLE (= 0xFFFF029A)

ブラックホール(= 0xFFFF029A)

The low-order two octets in decimal are 666, a value commonly associated with BGP blackholing among network operators.

10進数の下位2オクテットは666です。これは、ネットワークオペレーター間のBGPブラックホールに一般的に関連付けられている値です。

6. Security Considerations
6. セキュリティに関する考慮事項

BGP contains no specific mechanism to prevent the unauthorized modification of information by the forwarding agent. This allows routing information to be modified or removed; it also allows false information to be added by forwarding agents. Recipients of routing information are not able to detect this modification. BGPsec [BGPSEC] does not resolve this situation. Even when BGPsec is in place, a forwarding agent can alter, add, or remove BGP communities.

BGPには、転送エージェントによる情報の不正な変更を防止する特定のメカニズムは含まれていません。これにより、ルーティング情報を変更または削除できます。また、運送業者が誤った情報を追加することもできます。ルーティング情報の受信者は、この変更を検出できません。 BGPsec [BGPSEC]はこの状況を解決しません。 BGPsecが設定されている場合でも、転送エージェントはBGPコミュニティを変更、追加、または削除できます。

The unauthorized addition of the BLACKHOLE community to an IP prefix by an adversary may cause a denial-of-service attack based on denial of reachability.

BLACKHOLEコミュニティが攻撃者によってIPプレフィックスに無許可で追加されると、到達不能に基づくサービス拒否攻撃が発生する可能性があります。

In order to further limit the impact of unauthorized BGP announcements carrying the BLACKHOLE community, the receiving BGP speaker SHOULD verify by applying strict filtering (see Section 6.2.1.1.2 of [RFC7454]) that the peer announcing the prefix is authorized to do so. If not, the BGP announcement should be filtered.

BLACKHOLEコミュニティを運ぶ無許可のBGPアナウンスの影響をさらに制限するために、受信BGPスピーカーは、厳密なフィルタリングを適用することにより確認する必要があります([RFC7454]のセクション6.2.1.1.2を参照)。 。そうでない場合は、BGPアナウンスをフィルタリングする必要があります。

BGP announcements carrying the BLACKHOLE community should only be accepted and honored if the neighboring network is authorized to advertise the prefix. The method of validating announcements is to be chosen according to the operator's routing policy.

BLACKHOLEコミュニティを伝送するBGPアナウンスは、隣接ネットワークがプレフィックスをアドバタイズすることを許可されている場合にのみ、受け入れられ、受け入れられる必要があります。アナウンスの検証方法は、オペレーターのルーティングポリシーに従って選択する必要があります。

It is RECOMMENDED that operators use best common practices to protect their BGP sessions, such as the ones in [RFC7454].

[RFC7454]のように、事業者がBGPセッションを保護するために一般的なベストプラクティスを使用することをお勧めします。

7. References
7. 参考文献
7.1. Normative References
7.1. 引用文献

[RFC1997] Chandra, R., Traina, P., and T. Li, "BGP Communities Attribute", RFC 1997, DOI 10.17487/RFC1997, August 1996, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc1997>.

[RFC1997] Chandra、R.、Traina、P。、およびT. Li、「BGP Communities Attribute」、RFC 1997、DOI 10.17487 / RFC1997、August 1996、<http://www.rfc-editor.org/info/ rfc1997>。

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, DOI 10.17487/RFC2119, March 1997, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc2119>.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するキーワード」、BCP 14、RFC 2119、DOI 10.17487 / RFC2119、1997年3月、<http://www.rfc-editor.org/info/ rfc2119>。

[RFC4271] Rekhter, Y., Ed., Li, T., Ed., and S. Hares, Ed., "A Border Gateway Protocol 4 (BGP-4)", RFC 4271, DOI 10.17487/RFC4271, January 2006, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4271>.

[RFC4271] Rekhter、Y。、編、Li、T。、編、S。Hares、編、「A Border Gateway Protocol 4(BGP-4)」、RFC 4271、DOI 10.17487 / RFC4271、2006年1月、<http://www.rfc-editor.org/info/rfc4271>。

[RFC7606] Chen, E., Ed., Scudder, J., Ed., Mohapatra, P., and K. Patel, "Revised Error Handling for BGP UPDATE Messages", RFC 7606, DOI 10.17487/RFC7606, August 2015, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc7606>.

[RFC7606] Chen、E。、編、Scudder、J。、編、Mohapatra、P。、およびK. Patel、「BGP UPDATEメッセージのエラー処理の改訂版」、RFC 7606、DOI 10.17487 / RFC7606、2015年8月、 <http://www.rfc-editor.org/info/rfc7606>。

7.2. Informative References
7.2. 参考引用

[BGPSEC] Lepinski, M., Ed. and K. Sriram, Ed., "BGPsec Protocol Specification", Work in Progress, draft-ietf-sidr-bgpsec-protocol-18, August 2016.

[BGPSEC] Lepinski、M.、Ed。 K. Sriram編、「BGPsec Protocol Specification」、Work in Progress、draft-ietf-sidr-bgpsec-protocol-18、2016年8月。

[RFC3882] Turk, D., "Configuring BGP to Block Denial-of-Service Attacks", RFC 3882, DOI 10.17487/RFC3882, September 2004, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3882>.

[RFC3882] Turk、D。、「サービス拒否攻撃をブロックするためのBGPの構成」、RFC 3882、DOI 10.17487 / RFC3882、2004年9月、<http://www.rfc-editor.org/info/rfc3882>。

[RFC5575] Marques, P., Sheth, N., Raszuk, R., Greene, B., Mauch, J., and D. McPherson, "Dissemination of Flow Specification Rules", RFC 5575, DOI 10.17487/RFC5575, August 2009, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc5575>.

[RFC5575] Marques、P.、Sheth、N.、Raszuk、R.、Greene、B.、Mauch、J。、およびD. McPherson、 "Dissemination of Flow Specification Rules"、RFC 5575、DOI 10.17487 / RFC5575、August 2009、<http://www.rfc-editor.org/info/rfc5575>。

[RFC5635] Kumari, W. and D. McPherson, "Remote Triggered Black Hole Filtering with Unicast Reverse Path Forwarding (uRPF)", RFC 5635, DOI 10.17487/RFC5635, August 2009, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc5635>.

[RFC5635]クマリW.およびD.マクファーソン、「リモートトリガーユニキャストリバースパスフォワーディング(uRPF)によるブラックホールフィルタリング」、RFC 5635、DOI 10.17487 / RFC5635、2009年8月、<http://www.rfc-editor。 org / info / rfc5635>。

[RFC6811] Mohapatra, P., Scudder, J., Ward, D., Bush, R., and R. Austein, "BGP Prefix Origin Validation", RFC 6811, DOI 10.17487/RFC6811, January 2013, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc6811>.

[RFC6811] Mohapatra、P.、Scudder、J.、Ward、D.、Bush、R。、およびR. Austein、「BGP Prefix Origin Validation」、RFC 6811、DOI 10.17487 / RFC6811、2013年1月、<http:/ /www.rfc-editor.org/info/rfc6811>。

[RFC7454] Durand, J., Pepelnjak, I., and G. Doering, "BGP Operations and Security", BCP 194, RFC 7454, DOI 10.17487/RFC7454, February 2015, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc7454>.

[RFC7454] Durand、J.、Pepelnjak、I。、およびG. Doering、「BGP Operations and Security」、BCP 194、RFC 7454、DOI 10.17487 / RFC7454、2015年2月、<http://www.rfc-editor。 org / info / rfc7454>。

Acknowledgements

謝辞

The authors would like to gratefully acknowledge many people who have contributed discussions and ideas to the development of this document. They include Petr Jiran, Yordan Kritski, Christian Seitz, Nick Hilliard, Joel Jaeggli, Christopher Morrow, Thomas Mangin, Will Hargrave, Niels Bakker, David Farmer, Jared Mauch, John Heasley, and Terry Manderson.

著者は、このドキュメントの開発に議論やアイデアを提供してくれた多くの人々に感謝したいと思います。彼らには、Petr Jiran、Yordan Kritski、Christian Seitz、Nick Hilliard、Joel Jaeggli、Christopher Morrow、Thomas Mangin、Will Hargrave、Niels Bakker、David Farmer、Jared Mauch、John Heasley、およびTerry Mandersonが含まれます。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Thomas King DE-CIX Management GmbH Lichtstrasse 43i Cologne 50825 Germany

Thomas King DE-CIX Management GmbH Lichtstrasse 43iケルン50825ドイツ

   Email: thomas.king@de-cix.net
        

Christoph Dietzel DE-CIX Management GmbH Lichtstrasse 43i Cologne 50825 Germany

Christoph Dietzel DE-CIX Management GmbH Lichtstrasse 43iケルン50825ドイツ

   Email: christoph.dietzel@de-cix.net
        

Job Snijders NTT Communications Theodorus Majofskistraat 100 Amsterdam 1065 SZ The Netherlands

Job Snijders NTT Communications Theodorus Majofskistraat 100アムステルダム1065 SZオランダ

   Email: job@ntt.net
        

Gert Doering SpaceNet AG Joseph-Dollinger-Bogen 14 Munich 80807 Germany

Gert Doering SpaceNet AG Joseph-Dollinger-Bogen 14ミュンヘン80807ドイツ

   Email: gert@space.net
        

Greg Hankins Nokia 777 E. Middlefield Road Mountain View, CA 94043 United States of America

グレッグハンキンスノキア777 E. Middlefield Road Mountain View、CA 94043アメリカ合衆国

   Email: greg.hankins@nokia.com