Internet Engineering Task Force (IETF)                         S. Tatham
Request for Comments: 8160                                         PuTTY
Category: Standards Track                                      D. Tucker
ISSN: 2070-1721                                                  OpenSSH
                                                              April 2017
        

IUTF8 Terminal Mode in Secure Shell (SSH)

セキュアシェル(SSH)のIUTF8ターミナルモード

Abstract

概要

This document specifies a new opcode in the Secure Shell terminal modes encoding. The new opcode describes the widely used IUTF8 terminal mode bit, which indicates that terminal I/O uses UTF-8 character encoding.

このドキュメントでは、Secure Shellターミナルモードエンコーディングで新しいオペコードを指定します。新しいオペコードは、広く使用されているIUTF8端末モードビットを記述します。これは、端末I / OがUTF-8文字エンコーディングを使用することを示します。

Status of This Memo

本文書の状態

This is an Internet Standards Track document.

これはInternet Standards Trackドキュメントです。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 7841.

このドキュメントは、IETF(Internet Engineering Task Force)の製品です。これは、IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による公開が承認されました。インターネット標準の詳細については、RFC 7841のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at http://www.rfc-editor.org/info/rfc8160.

このドキュメントの現在のステータス、エラッタ、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、http://www.rfc-editor.org/info/rfc8160で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2017 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2017 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (http://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書は、BCP 78およびこの文書の発行日に有効なIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(http://trustee.ietf.org/license-info)の対象となります。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、Trust Legal Provisionsのセクション4.eに記載されているSimplified BSD Licenseのテキストが含まれている必要があり、Simplified BSD Licenseに記載されているように保証なしで提供されます。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   2
   2.  Conventions Used in This Document . . . . . . . . . . . . . .   2
   3.  New IUTF8 Opcode for Terminal Mode Encoding . . . . . . . . .   2
   4.  IANA Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
   5.  Security Considerations . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
   6.  References  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
     6.1.  Normative References  . . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
     6.2.  Informative References  . . . . . . . . . . . . . . . . .   3
   Acknowledgements  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
   Authors' Addresses  . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .   4
        
1. Introduction
1. はじめに

The Secure Shell (SSH) connection protocol [RFC4254] provides an encoding for terminal modes, used in the "pty-req" channel request type.

Secure Shell(SSH)接続プロトコル[RFC4254]は、「pty-req」チャネル要求タイプで使用される端末モードのエンコーディングを提供します。

A commonly used terminal mode is IUTF8, which indicates that the terminal driver should assume that terminal I/O uses the UTF-8 character encoding [RFC3629]. This is typically used by the kernel's terminal driver on the server to decide how many bytes of input to treat as a single logical character during line editing.

一般的に使用される端末モードはIUTF8です。これは、端末ドライバーが端末I / OがUTF-8文字エンコーディング[RFC3629]を使用すると想定する必要があることを示します。これは通常、サーバー上のカーネルのターミナルドライバーによって使用され、行編集中に単一バイトの論理文字として処理する入力のバイト数を決定します。

SSH does not currently provide an encoding for IUTF8. This document specifies one.

SSHは現在、IUTF8のエンコーディングを提供していません。このドキュメントでは1つを指定しています。

2. Conventions Used in This Document
2. このドキュメントで使用される規則

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in [RFC2119].

このドキュメントのキーワード「MUST」、「MUST NOT」、「REQUIRED」、「SHALL」、「SHALL NOT」、「SHOULD」、「SHOULD NOT」、「RECOMMENDED」、「MAY」、および「OPTIONAL」は、 [RFC2119]で説明されているように解釈されます。

3. New IUTF8 Opcode for Terminal Mode Encoding
3. ターミナルモードエンコーディング用の新しいIUTF8オペコード

The opcode value 42 is defined for the IUTF8 terminal mode.

オペコード値42は、IUTF8端末モード用に定義されています。

As specified in Section 8 of [RFC4254], all opcodes in the range 1 to 159 have a single uint32 argument; therefore, the IUTF8 opcode is followed by a single uint32 argument. The value 0 indicates that the IUTF8 mode is disabled, and the value 1 indicates that it is enabled.

[RFC4254]のセクション8で指定されているように、1〜159の範囲のすべてのオペコードには単一のuint32引数があります。したがって、IUTF8オペコードの後に​​は単一のuint32引数が続きます。値0はIUTF8モードが無効であることを示し、値1はIUTF8モードが有効であることを示します。

As with all other encoded terminal modes, the client SHOULD transmit a value for this mode if it knows about one, and the server MAY ignore it.

他のすべてのエンコードされた端末モードと同様に、クライアントは、このモードの値がわかっている場合はこのモードの値を送信する必要があり(SHOULD)、サーバーはそれを無視できます(MAY)。

4. IANA Considerations
4. IANAに関する考慮事項

This document augments the list of "Pseudo-Terminal Encoded Terminal Modes" defined in Section 8 of [RFC4254].

このドキュメントは、[RFC4254]のセクション8で定義されている「疑似端末エンコード端末モード」のリストを補強します。

IANA has added the following opcode to the "Pseudo-Terminal Encoded Terminal Modes" registry:

IANAは、「疑似ターミナルエンコードターミナルモード」レジストリに次のオペコードを追加しました。

   opcode  mnemonic       description
   ------  --------       -----------
   42      IUTF8          Terminal input and output is assumed to be
                           encoded in UTF-8.
        
5. Security Considerations
5. セキュリティに関する考慮事項

The security considerations of [RFC4254] apply. This additional terminal mode encoding is believed to have no security implications differing from the existing set of encoded terminal modes.

[RFC4254]のセキュリティに関する考慮事項が適用されます。この追加のターミナルモードエンコーディングは、既存のエンコードされたターミナルモードのセットとは異なり、セキュリティに影響を与えないと考えられています。

Since the IUTF8 terminal mode is intended for use in conjunction with the UTF-8 character encoding, the security considerations of [RFC3629] also apply to systems in which this mode is enabled. In particular, terminal drivers that interpret this bit as enabling UTF-8-aware line-editing behavior should carefully consider how that behavior will treat illegal sequences, overlong encodings, and redundant representations of composed characters (see [UNICODE]).

IUTF8端末モードはUTF-8文字エンコーディングと組み合わせて使用​​することを目的としているため、[RFC3629]のセキュリティに関する考慮事項は、このモードが有効になっているシステムにも適用されます。特に、このビットをUTF-8対応の行編集動作を有効にするものとして解釈するターミナルドライバーは、その動作が不正なシーケンス、長すぎるエンコーディング、および合成文字の冗長表現をどのように処理するかを慎重に検討する必要があります([UNICODE]を参照)。

6. References
6. 参考文献
6.1. Normative References
6.1. 引用文献

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, DOI 10.17487/RFC2119, March 1997, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc2119>.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するキーワード」、BCP 14、RFC 2119、DOI 10.17487 / RFC2119、1997年3月、<http://www.rfc-editor.org/info/ rfc2119>。

[RFC3629] Yergeau, F., "UTF-8, a transformation format of ISO 10646", STD 63, RFC 3629, DOI 10.17487/RFC3629, November 2003, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc3629>.

[RFC3629] Yergeau、F。、「UTF-8、ISO 10646の変換フォーマット」、STD 63、RFC 3629、DOI 10.17487 / RFC3629、2003年11月、<http://www.rfc-editor.org/info/ rfc3629>。

[RFC4254] Ylonen, T. and C. Lonvick, Ed., "The Secure Shell (SSH) Connection Protocol", RFC 4254, DOI 10.17487/RFC4254, January 2006, <http://www.rfc-editor.org/info/rfc4254>.

[RFC4254] Ylonen、T。およびC. Lonvick、編、「The Secure Shell(SSH)Connection Protocol」、RFC 4254、DOI 10.17487 / RFC4254、2006年1月、<http://www.rfc-editor.org/ info / rfc4254>。

6.2. Informative References
6.2. 参考引用

[UNICODE] The Unicode Consortium, "The Unicode Standard", <http://www.unicode.org/versions/latest/>.

[UNICODE] Unicodeコンソーシアム、「The Unicode Standard」、<http://www.unicode.org/versions/latest/>。

Acknowledgements

謝辞

The authors are indebted to Colin Watson for originally suggesting this terminal mode in 2005, and David Madore and Jakub Jelen for prior implementation efforts.

著者は、もともと2005年にこのターミナルモードを提案していたColin Watsonと、以前の実装作業についてのDavid MadoreとJakub Jelenに感謝しています。

Authors' Addresses

著者のアドレス

Simon Tatham PuTTY

サイモン・タサムPuTTY

   Email: anakin@pobox.com
        

Darren Tucker OpenSSH

ダレンタッカーOpenSSH

   Email: dtucker@openssh.com