Internet Engineering Task Force (IETF)                          T. Evens
Request for Comments: 9069                                 Cisco Systems
Updates: 7854                                               S. Bayraktar
Category: Standards Track                                 Menlo Security
ISSN: 2070-1721                                              M. Bhardwaj
                                                           Cisco Systems
                                                              P. Lucente
                                                      NTT Communications
                                                           February 2022
        

Support for Local RIB in the BGP Monitoring Protocol (BMP)

BGP監視プロトコル(BMP)におけるローカルリブのサポート

Abstract

概要

The BGP Monitoring Protocol (BMP) defines access to local Routing Information Bases (RIBs). This document updates BMP (RFC 7854) by adding access to the Local Routing Information Base (Loc-RIB), as defined in RFC 4271. The Loc-RIB contains the routes that have been selected by the local BGP speaker's Decision Process.

BGP監視プロトコル(BMP)は、ローカルルーティング情報ベース(リブ)へのアクセスを定義します。このドキュメントは、RFC 4271で定義されているように、ローカルルーティング情報ベース(LOC-RIB)へのアクセスを追加することによってBMP(RFC 7854)を更新します。LOC-RIBは、ローカルBGPスピーカーの決定プロセスによって選択されたルートを含みます。

Status of This Memo

本文書の位置付け

This is an Internet Standards Track document.

これはインターネット規格のトラック文書です。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 7841.

この文書はインターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。IETFコミュニティのコンセンサスを表します。それはパブリックレビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による出版の承認を受けました。インターネット規格に関する詳細情報は、RFC 7841のセクション2で利用できます。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at https://www.rfc-editor.org/info/rfc9069.

この文書の現在のステータス、任意のエラータ、およびフィードバックを提供する方法は、https://www.rfc-editor.org/info/rfc9069で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2022 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(c)2022 IETF信頼と文書の著者として識別された人。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (https://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Revised BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Revised BSD License.

この文書は、この文書の公開日に有効なIETF文書(https://trustee.ietf.org/License-Info)に関するBCP 78およびIETF信頼の法的規定の対象となります。この文書に関してあなたの権利と制限を説明するので、これらの文書をよくレビューしてください。この文書から抽出されたコードコンポーネントには、信託法定規定のセクション4。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction
     1.1.  Alternative Method to Monitor Loc-RIB
   2.  Terminology
   3.  Definitions
   4.  Per-Peer Header
     4.1.  Peer Type
     4.2.  Peer Flags
   5.  Loc-RIB Monitoring
     5.1.  Per-Peer Header
     5.2.  Peer Up Notification
       5.2.1.  Peer Up Information
     5.3.  Peer Down Notification
     5.4.  Route Monitoring
       5.4.1.  ASN Encoding
       5.4.2.  Granularity
     5.5.  Route Mirroring
     5.6.  Statistics Report
   6.  Other Considerations
     6.1.  Loc-RIB Implementation
       6.1.1.  Multiple Loc-RIB Peers
       6.1.2.  Filtering Loc-RIB to BMP Receivers
       6.1.3.  Changes to Existing BMP Sessions
   7.  Security Considerations
   8.  IANA Considerations
     8.1.  BMP Peer Type
     8.2.  BMP Loc-RIB Instance Peer Flags
     8.3.  Peer Up Information TLV
     8.4.  Peer Down Reason Code
     8.5.  Deprecated Entries
   9.  References
     9.1.  Normative References
     9.2.  Informative References
   Acknowledgements
   Authors' Addresses
        
1. Introduction
1. はじめに

This document defines a mechanism to monitor the BGP Loc-RIB state of remote BGP instances without the need to establish BGP peering sessions. BMP [RFC7854] does not define a method to send the BGP instance Loc-RIB. It does define locally originated routes in Section 8.2 of [RFC7854], but these routes are defined as the routes that originated into BGP (e.g., Section 9.4 of [RFC4271]). Loc-RIB includes all selected received routes from BGP peers in addition to locally originated routes.

このドキュメントでは、BGPピアリングセッションを確立する必要なしに、リモートBGPインスタンスのBGP LOB-RIB状態を監視するメカニズムを定義します。BMP [RFC7854] BGPインスタンスLOB-RIBを送信する方法を定義しません。[RFC7854]のセクション8.2でローカルに発信されたルートを定義しますが、これらのルートはBGPに発信されたルート(RFC4271]のセクション9.4)として定義されています。LOC-RIBには、ローカルに発信されたルートに加えて、BGPピアから選択されたすべての受信ルートが含まれています。

Figure 1 shows the flow of received routes from one or more BGP peers into the Loc-RIB.

図1は、1つまたは複数のBGPピアからLOCリブへの受信ルートの流れを示しています。

              +------------------+      +------------------+
              | Peer-A           |      | Peer-B           |
          /-- |                  | ---- |                  | --\
          |   | Adj-RIB-In (Pre) |      | Adj-RIB-In (Pre) |   |
          |   +------------------+      +------------------+   |
          |                 |                         |        |
          | Filters/Policy -|         Filters/Policy -|        |
          |                 V                         V        |
          |   +------------------+      +------------------+   |
          |   | Adj-RIB-In (Post)|      | Adj-RIB-In (Post)|   |
          |   +------------------+      +------------------+   |
          |                |                          |        |
          |      Selected -|                Selected -|        |
          |                V                          V        |
          |    +-----------------------------------------+     |
          |    |                 Loc-RIB                 |     |
          |    +-----------------------------------------+     |
          |                                                    |
          | ROUTER/BGP Instance                                |
          \----------------------------------------------------/
        

Figure 1: BGP Peering Adj-RIBs-In into Loc-RIB

図1:BGPピアリング四捨五入

The following are some use cases for Loc-RIB access:

LOC-RIBアクセスのためのユースケースは次のとおりです。

* The Adj-RIB-In for a given peer post-policy may contain hundreds of thousands of routes, with only a handful of routes selected and installed in the Loc-RIB after best-path selection. Some monitoring applications, such as those that need only to correlate flow records to Loc-RIB entries, only need to collect and monitor the routes that are actually selected and used.

* 与えられたピアポストポリシーのためのADJ-RIB-INには、最適なルートが選択され、最良のパス選択後にLOC-RIBにインストールされているため、何十万ものルートが含まれている可能性があります。フローレコードをLOC-RIBエントリに相関させるためにのみ必要なもののような監視アプリケーションによっては、実際に選択されて使用されているルートを収集して監視するだけです。

Requiring the applications to collect all Adj-RIB-In post-policy data forces the applications to receive a potentially large unwanted data set and to perform the BGP decision process selection, which includes having access to the interior gateway protocol (IGP) next-hop metrics. While it is possible to obtain the IGP topology information using BGP - Link State (BGP-LS), it requires the application to implement Shortest Path First (SPF) and possibly Constrained Shortest Path First (CSPF) based on additional policies. This is overly complex for such a simple application that only needs to have access to the Loc-RIB.

アプリケーションにすべてのADJ-RIB-INポストポリシーデータを収集する必要があり、アプリケーションに潜在的に大きな不要なデータ・セットを受信し、インテリアゲートウェイプロトコル(IGP)ネクストホップにアクセスすることを含むBGPの決定プロセスの選択を実行します。メトリックBGPリンク状態(BGP-LS)を使用してIGPトポロジ情報を取得することは可能ですが、そのアプリケーションは、追加のポリシーに基づいて最短パスFirst(SPF)とおそらく制約のある最短パス(CSPF)を実装する必要があります。これは、LOC-RIBにアクセスできるだけの方法でのみ、そのような単純なアプリケーションのために過度に複雑です。

* It is common to see frequent changes over many BGP peers, but those changes do not always result in the router's Loc-RIB changing. The change in the Loc-RIB can have a direct impact on the forwarding state. It can greatly reduce the time to troubleshoot and resolve issues if operators have the history of Loc-RIB changes. For example, a performance issue might have been seen for only a duration of 5 minutes. Post-facto troubleshooting this issue without Loc-RIB history hides any decision-based routing changes that might have happened during those 5 minutes.

* 多くのBGPピアを介した頻繁な変更を見るのが一般的ですが、それらの変更は常にルータのLOC-RIBの変更を引き起こすわけではありません。LOC-RIBの変化は、転送状態に直接影響を与える可能性があります。演算子がLOC-RIBの変更の履歴を持っている場合は、問題をトラブルシューティングして解決する時間を大幅に短縮できます。たとえば、パフォーマンスの問題は、5分の期間だけで見られた可能性があります。事後事後この問題のトラブルシューティングLOC-RIB履歴のないこの問題は、それらの5分間に起こった可能性がある決定ベースのルーティングの変更を隠します。

* Operators may wish to validate the impact of policies applied to the Adj-RIB-In by analyzing the final decision made by the router when installing into the Loc-RIB. For example, in order to validate if multipath prefixes are installed as expected for all advertising peers, the Adj-RIB-In post-policy and Loc-RIB need to be compared. This is only possible if the Loc-RIB is available. Monitoring the Adj-RIB-In for this router from another router to derive the Loc-RIB is likely to not show the same installed prefixes. For example, the received Adj-RIB-In will be different if ADD-PATH [RFC7911] is not enabled or if the maximum supported number of equal paths is different between Loc-RIB and advertised routes.

* オペレータは、LOC-RIBにインストールするときにルータによって行われた最終決定を分析することによって、ADJ-RIB-INに適用されるポリシーの影響を検証することを望むことがあります。たとえば、すべての広告ピアに対して予想どおりにマルチパスプレフィックスがインストールされているかどうかを検証するために、ADJ RIB-IN POST-POSTポリシーとLOC-RIBを比較する必要があります。これは、LOC-RIBが利用可能な場合にのみ可能です。Loc-RibからこのルータのこのルータのADJ-RIB-INを監視すると、LOC-RIBを派生させると、同じインストールプレフィックスが表示されない可能性があります。たとえば、Add-Path [RFC7911]が有効になっていない場合、またはLOC-RIBとアドバタイズされたルートの間で最大のパスの最大パス数が異なる場合は、受信したADJ-RIB-INが異なります。

This document adds Loc-RIB to the BGP Monitoring Protocol and replaces Section 8.2 of [RFC7854] ("Locally Originated Routes").

この文書はBGP監視プロトコルにLOC-RIBを追加し、[RFC7854]のセクション8.2を置き換えます(「ローカル発信ルート」)。

1.1. Alternative Method to Monitor Loc-RIB
1.1. LOCリブを監視するための代替方法

Loc-RIB is used to build Adj-RIB-Out when advertising routes to a peer. It is therefore possible to derive the Loc-RIB of a router by monitoring the Adj-RIB-In pre-policy from another router. This becomes overly complex and error prone when considering the number of peers being monitored per router.

LOC-RIBは、ピアへのルートを広告するときに、adjリブアウトを構築するために使用されます。したがって、別のルータからのADJ-RIB-in Pre-Policyを監視することによって、ルータのLOC-RIBを導出することが可能です。ルータごとに監視されているピアの数を考慮すると、これは過度に複素数でエラーが発生しやすくなります。

         /------------------------------------------------------\
         |  ROUTER1 BGP Instance                                |
         |                                                      |
         |     +--------------------------------------------+   |
         |     |                 Loc-RIB                    |   |
         |     +--------------------------------------------+   |
         |                    |                    |            |
         |    +------------------+     +------------------+     |
         |    |   Peer-ROUTER2   |     |   Peer-ROUTER3   |     |
         |    | Adj-RIB-Out (Pre)|     | Adj-RIB-Out (Pre)|     |
         |    +------------------+     +------------------+     |
         |    Filters/Policy -|    Filters/Policy -|            |
         |                    V                    V            |
         |   +-------------------+     +-------------------+    |
         |   | Adj-RIB-Out (Post)|     | Adj-RIB-Out (Post)|    |
         |   +-------------------+     +-------------------+    |
         |              |                          |            |
         \------------- | ------------------------ | -----------/
                   BGP  |                     BGP  |
                   Peer |                     Peer |
            +------------------+          +------------------+
            |   Peer-ROUTER1   |          |   Peer-ROUTER1   |
         /--|                  |--\    /--|                  | --\
         |  | Adj-RIB-In (Pre) |  |    |  | Adj-RIB-In (Pre) |   |
         |  +------------------+  |    |  +------------------+   |
         |                        |    |                         |
         | ROUTER2/BGP Instance   |    | ROUTER3/BGP Instance    |
         \------------------------/    \-------------------------/
                     |                              |
                     v                              v
             ROUTER2 BMP Feed               ROUTER3 BMP Feed
        

Figure 2: Alternative Method to Monitor Loc-RIB

図2:LOC-RIBを監視するための代替方法

The setup needed to monitor the Loc-RIB of a router requires another router with a peering session to the target router that is to be monitored. As shown in Figure 2, the target router Loc-RIB is advertised via the Adj-RIB-Out to the BMP router over a standard BGP peering session. The BMP router then forwards the Adj-RIB-In pre-policy to the BMP receiver.

ルータのLOC-RIBを監視するために必要なセットアップは、監視されるべきターゲットルータへのピアリングセッションを持つ別のルータを必要とします。図2に示すように、ターゲットルータLOBリブは、標準のBGPピアリングセッションを介してADJリブアウトを介してBMPルータにアドバタイズされます。その後、BMPルータはADJ-RIB-UNの事前ポリシーをBMP受信機に転送します。

A BMP lacking access to Loc-RIB introduces the need for additional resources:

LOC-RIBへのアクセスを欠いているBMPは、追加のリソースの必要性を導入しています。

* Requires at least two routers when only one router was to be monitored.

* 1つのルータだけを監視するときに少なくとも2つのルータが必要です。

* Requires additional BGP peering to collect the received updates when peering may not have even been required in the first place. For example, virtual routing and forwarding (VRF) tables with no peers, redistributed BGP-LS with no peers, and segment routing egress peer engineering where no peers have link-state address family enabled are all situations with no preexisting BGP peers.

* 追加のBGPピアリングが1位に必要とされていない場合は、受信した更新を収集する必要があります。たとえば、ピアのない仮想ルーティングと転送(VRF)テーブル、ピアがないBGP-LSを再配布し、ピアがあるセグメントルーティング出力ピアエンジニアリングでは、既存のBGPピアが有効な状況です。

Many complexities are introduced when using a received Adj-RIB-In to infer a router Loc-RIB:

受信されたADJ-RIB-INを使用してルーターLOB-RIBを推測するときには、多くの複雑さが導入されています。

* Adj-RIB-Out received as Adj-RIB-In from another router may have a policy applied that generates aggregates, suppresses more specific prefixes, manipulates attributes, or filters routes. Not only does this invalidate the Loc-RIB view, it adds complexity when multiple BMP routers may have peering sessions to the same router. The BMP receiver user is left with the error-prone task of identifying which peering session is the best representative of the Loc-RIB.

* 別のルータからのADJ-RIB-inとして受信されたADJ-RIB-OUTは、集計を生成するポリシーが適用され、より具体的な接頭辞を抑制し、属性を操作する、またはフィルタルートを抑制することができます。これはLOC-RIBビューを無効にするだけでなく、複数のBMPルータが同じルータへのピアリングセッションを持つ可能性がある場合は複雑さを追加します。BMP受信側ユーザは、どのピアリングセッションがLOC - RIBの最良の代表であるかを識別するというエラーが発生しやすいタスクを備えている。

* BGP peering is designed to work between administrative domains and therefore does not need to include internal system-level information of each peering router (e.g., the system name or version information). In order to derive the Loc-RIB of a router, the router name or other system information is needed. The BMP receiver and user are forced to do some type of correlation using whatever information is available in the peering session (e.g., peering addresses, autonomous system numbers, and BGP identifiers). This leads to error-prone correlations.

* BGPピアリングは、管理ドメイン間で動作するように設計されており、したがって各ピアリングルータの内部システムレベル情報(例えば、システム名またはバージョン情報)を含める必要はありません。ルータのLOC-RIブを導出するためには、ルータ名または他のシステム情報が必要です。BMP受信機およびユーザは、ピアリングセッション(例えば、ピアリングアドレス、自律システム番号、およびBGP識別子)であらゆる情報を使用して何らかの種類の相関関係を実行することを強いられる。これはエラーが発生しやすい相関をもたらします。

* Correlating BGP identifiers (BGP-ID) and session addresses to a router requires additional data, such as router inventory. This additional data provides the BMP receiver the ability to map and correlate the BGP-IDs and/or session addresses but requires the BMP receiver to somehow obtain this data outside of the BMP. How this data is obtained and the accuracy of the data directly affect the integrity of the correlation.

* ルータへのBGP識別子(BGP-ID)とセッションアドレスの相関は、ルータインベントリなどの追加のデータを必要とします。この追加のデータは、BMP受信機にBMP受信機を提供し、BGP-IDおよび/またはセッションアドレスをマッピングして関連付ける機能を提供しますが、BMP受信機はどういうわけかこのデータをBMPの外部に入手する必要があります。このデータがどのように得られ、データの正確さが相関の整合性に直接影響します。

2. Terminology
2. 用語

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "NOT RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in BCP 14 RFC 2119 [RFC2119] RFC 8174 [RFC8174] when, and only when, they appear in all capitals, as shown here.

「必須」、「必須」、「必須」、「必須」、「しない」、「必ず」、「推奨する」、「推奨する」、「推奨する」、「5月」、「5月」「この文書では、BCP 14 RFC 2119 [RFC2119] RFC 8174 [RFC8174]に記載されているように解釈されるべきである。

3. Definitions
3. 定義

BGP Instance: Refers to an instance of BGP-4 [RFC4271], and considerations in Section 8.1 of [RFC7854] apply to it.

BGPインスタンス:BGP-4 [RFC4271]のインスタンスを指し、[RFC7854]のセクション8.1の考慮事項が適用されます。

Adj-RIB-In: As defined in [RFC4271], "The Adj-RIBs-In contains unprocessed routing information that has been advertised to the local BGP speaker by its peers." This is also referred to as the "pre-policy Adj-RIB-In" in this document.

ADJ-RIB-in:[RFC4271]で定義されているように、「ADJ-RIBS-inはそのピアによってローカルBGPスピーカーに宣伝した未処理のルーティング情報を含んでいます。」この文書の「Pre-Policy Adj-Rib-in」とも呼ばれます。

Adj-RIB-Out: As defined in [RFC4271], "The Adj-RIBs-Out contains the routes for advertisement to specific peers by means of the local speaker's UPDATE messages."

ADJ-RIB-OUT:[RFC4271]で定義されているように、「ADJ-RIBS-OUTは、ローカルスピーカーの更新メッセージを使用して、特定のピアへの広告のルートを含みます。」

Loc-RIB: As defined in Section 1.1 of [RFC4271], "The Loc-RIB contains the routes that have been selected by the local BGP speaker's Decision Process." Note that the Loc-RIB state as monitored through BMP might also contain routes imported from other routing protocols such as an IGP or local static routes.

LOC-RIB:[RFC4271]のセクション1.1で定義されているように、Loc-RibはローカルBGPスピーカーの決定プロセスによって選択されたルートを含みます。」BMPを介してモニターされているLOC-RIB状態には、IGPまたはローカルスタティックルートなどの他のルーティングプロトコルからインポートされたルートも含まれている可能性があります。

Pre-Policy Adj-RIB-Out: The result before applying the outbound policy to an Adj-RIB-Out. This normally represents a similar view of the Loc-RIB but may contain additional routes based on BGP peering configuration.

事前ポリシーのADJ-RIB-OUT:アウトバウンドポリシーをアジアリブアウトに適用する前の結果。これは通常、LOC-RIBの類似点を表すが、BGPピアリング構成に基づいて追加のルートを含むことができる。

Post-Policy Adj-RIB-Out: The result of applying the outbound policy to an Adj-RIB-Out. This MUST be what is actually sent to the peer.

Post Policy Adj-Rib-Out:アウトバウンドポリシーをアジアリブアウトに適用した結果。これは実際にピアに送信されているものでなければなりません。

4. Per-Peer Header
4. ピアごとのヘッダー
4.1. Peer Type
4.1. ピアタイプ

A new peer type is defined for Loc-RIB to indicate that it represents the router Loc-RIB, which may have a route distinguisher (RD). Section 4.2 of [RFC7854] defines a Local Instance Peer type, which is for the case of non-RD peers that have an instance identifier.

LOC-RIBのための新しいピアタイプは、ルータLOB-RIBを表すことを示します。[RFC7854]のセクション4.2はローカルインスタンスピアタイプを定義します。これは、インスタンス識別子を持つ非RDピアの場合の場合です。

This document defines the following new peer type:

このドキュメントでは、次の新しいピアタイプを定義します。

* Peer Type = 3: Loc-RIB Instance Peer

* ピアタイプ= 3:LOC-RIBインスタンスピア

4.2. Peer Flags
4.2. ピアフラグ

If locally sourced routes are communicated using BMP, they MUST be conveyed using the Loc-RIB Instance Peer Type.

ローカルにソースのルートがBMPを使用して通信された場合は、Loc-Ribインスタンスピアタイプを使用して伝送する必要があります。

The per-peer header flags for the Loc-RIB Instance Peer Type are defined as follows:

LOC-RIBインスタンスピアタイプのピアごとのヘッダーフラグは次のように定義されています。

                                0 1 2 3 4 5 6 7
                               +-+-+-+-+-+-+-+-+
                               |F| | | | | | | |
                               +-+-+-+-+-+-+-+-+
        

* The F flag indicates that the Loc-RIB is filtered. This MUST be set when a filter is applied to Loc-RIB routes sent to the BMP collector.

* fフラグは、loc-ribがフィルタリングされていることを示します。BMPコレクタに送信されたLOC-RIBルートにフィルタが適用されるときに設定する必要があります。

The unused bits are reserved for future use. They MUST be transmitted as 0, and their values MUST be ignored on receipt.

未使用のビットは将来の使用のために予約されています。それらは0として送信されなければならず、それらの値は受信時に無視されなければなりません。

5. Loc-RIB Monitoring
5. LOC-RIB監視

The Loc-RIB contains all routes selected by the BGP Decision Process as described in Section 9.1 of [RFC4271]. These routes include those learned from BGP peers via its Adj-RIBs-In post-policy, as well as routes learned by other means as per Section 9.4 of [RFC4271]. Examples of these include redistribution of routes from other protocols into BGP or those otherwise locally originated (i.e., aggregate routes).

LOC-RIBには、[RFC4271]のセクション9.1で説明されているように、BGP決定プロセスによって選択されたすべてのルートが含まれています。これらの経路には、そのADJ-RIBS-IN POST-POST-POST-POST-POST-INを介してBGPピアから学んだもの、および[RFC4271]のセクション9.4に従って学習されたルートが含まれます。これらの例としては、他のプロトコルからBGPへのルートの再配布、またはその他の方法で局所的に発信されたもの(すなわち、集約経路)が含まれる。

As described in Section 6.1.2, a subset of Loc-RIB routes MAY be sent to a BMP collector by setting the F flag.

セクション6.1.2で説明されているように、Fフラグを設定することによってLOCリブ経路のサブセットをBMPコレクタに送信することができる。

5.1. Per-Peer Header
5.1. ピアごとのヘッダー

All peer messages that include a per-peer header as defined in Section 4.2 of [RFC7854] MUST use the following values:

[RFC7854]のセクション4.2で定義されているピアごとのヘッダーを含むすべてのピアメッセージは、次の値を使用する必要があります。

Peer Type: Set to 3 to indicate Loc-RIB Instance Peer.

ピアタイプ:LOCリブインスタンスピアを示すには、3に設定します。

Peer Distinguisher: Zero-filled if the Loc-RIB represents the global instance. Otherwise, set to the route distinguisher or unique locally defined value of the particular instance to which the Loc-RIB belongs.

Peer Distinguisher:loc-ribがグローバルインスタンスを表す場合、ゼロに入ります。それ以外の場合は、LOC-RIBが属する特定のインスタンスの識別子または固有のローカルで定義された値に設定します。

Peer Address: Zero-filled. The remote peer address is not applicable. The V flag is not applicable with the Loc-RIB Instance Peer Type considering addresses are zero-filled.

ピアアドレス:ゼロ充填。リモートピアアドレスは適用されません。Vフラグは、アドレスがゼロに入っていることを考慮して、LOC-RIBインスタンスピアタイプには適用されません。

Peer Autonomous System (AS): Set to the primary router BGP autonomous system number (ASN).

ピア自律システム(AS):プライマリルータBGPの自律システム番号(ASN)に設定します。

Peer BGP ID: Set the ID to the router-id of the VRF instance if VRF is used; otherwise, set to the global instance router-id.

ピアBGP ID:VRFが使用されている場合は、IDをVRFインスタンスのRouter-IDに設定します。それ以外の場合は、グローバルインスタンスrouter-idに設定してください。

Timestamp: The time when the encapsulated routes were installed in the Loc-RIB, expressed in seconds and microseconds since midnight (zero hour), January 1, 1970 (UTC). If zero, the time is unavailable. Precision of the timestamp is implementation dependent.

TimesTamp:カプセル化されたルートがLoc-Ribにインストールされた時刻(1970年1月1日)、1970年1月1日(UTC)で表されます。ゼロの場合、時間は使用できません。タイムスタンプの精度は実装に依存します。

5.2. Peer Up Notification
5.2. 通知をピアアップする

Peer Up notifications follow Section 4.10 of [RFC7854] with the following clarifications:

次の説明では、[RFC7854]のセクション4.10の4.10セクション4.10に続きます。

Local Address: Zero-filled; the local address is not applicable.

ローカルアドレス:ゼロ充填。ローカルアドレスは適用されません。

Local Port: Set to 0; the local port is not applicable.

ローカルポート:0に設定します。ローカルポートは適用されません。

Remote Port: Set to 0; the remote port is not applicable.

リモートポート:0に設定します。リモートポートは適用されません。

Sent OPEN Message: This is a fabricated BGP OPEN message. Capabilities MUST include the 4-octet ASN and all necessary capabilities to represent the Loc-RIB Route Monitoring messages. Only include capabilities if they will be used for Loc-RIB monitoring messages. For example, if ADD-PATH is enabled for IPv6 and Loc-RIB contains additional paths, the ADD-PATH capability should be included for IPv6. In the case of ADD-PATH, the capability intent of advertise, receive, or both can be ignored since the presence of the capability indicates enough that additional paths will be used for IPv6.

送信メッセージ:これは製作されたBGPオープンメッセージです。機能は、4オクテットASNとLOC-RIBルート監視メッセージを表すすべての必要な機能を含める必要があります。LOC-RIB監視メッセージに使用される場合にのみ機能を含めます。たとえば、add-pathがIPv6およびloc-ribに有効になっている場合は、追加のパスが含まれている場合、Add-Path CapabilityはIPv6に含める必要があります。add-pathの場合、能力の存在がIPv6に使用されるほど十分なパスが十分に示されているため、アドバタイズ、受信、または両方の能力は無視できます。

Received OPEN Message: Repeat of the same sent OPEN message. The duplication allows the BMP receiver to parse the expected received OPEN message as defined in Section 4.10 of [RFC7854].

開いているメッセージ:同じ送信メッセージの繰り返し。重複により、BMP受信側は[RFC7854]のセクション4.10で定義されている予想される開いた開いたメッセージを解析することができます。

5.2.1. Peer Up Information
5.2.1. 情報を覗く

The following Peer Up Information TLV type is added:

以下のピアアップ情報TLVタイプが追加されました。

* Type = 3: VRF/Table Name. The Information field contains a UTF-8 string whose value MUST be equal to the value of the VRF or table name (e.g., RD instance name) being conveyed. The string size MUST be within the range of 1 to 255 bytes.

* TYPE = 3:VRF /テーブル名。情報フィールドには、VALFまたはテーブル名(例えば、RDインスタンス名)の値と等しくなければならないUTF-8文字列が含まれています。文字列サイズは、1から255バイトの範囲内でなければなりません。

The VRF/Table Name TLV is optionally included to support implementations that may not have defined a name. If a name is configured, it MUST be included. The default value of "global" MUST be used for the default Loc-RIB instance with a zero-filled distinguisher. If the TLV is included, then it MUST also be included in the Peer Down notification.

VRF /テーブル名TLVは、名前を定義していない可能性がある実装をサポートするためにオプションで含まれています。名前が設定されている場合は、含める必要があります。デフォルトの「グローバル」のデフォルト値は、ゼロ埋められた識別器を持つデフォルトのloc-ribインスタンスに使用する必要があります。TLVが含まれている場合は、ピアダウン通知にも含まれている必要があります。

The Information field contains a UTF-8 string whose value MUST be equal to the value of the VRF or table name (e.g., RD instance name) being conveyed. The string size MUST be within the range of 1 to 255 bytes.

情報フィールドには、VALFまたはテーブル名(例えば、RDインスタンス名)の値と等しくなければならないUTF-8文字列が含まれています。文字列サイズは、1から255バイトの範囲内でなければなりません。

The VRF/Table Name TLV is optionally included to support implementations that may not have defined a name. If a name is configured, it MUST be included. The default value of "global" MUST be used for the default Loc-RIB instance with a zero-filled distinguisher. If the TLV is included, then it MUST also be included in the Peer Down notification.

VRF /テーブル名TLVは、名前を定義していない可能性がある実装をサポートするためにオプションで含まれています。名前が設定されている場合は、含める必要があります。デフォルトの「グローバル」のデフォルト値は、ゼロ埋められた識別器を持つデフォルトのloc-ribインスタンスに使用する必要があります。TLVが含まれている場合は、ピアダウン通知にも含まれている必要があります。

Multiple TLVs of the same type can be repeated as part of the same message, for example, to convey a filtered view of a VRF. A BMP receiver should append multiple TLVs of the same type to a set in order to support alternate or additional names for the same peer. If multiple strings are included, their ordering MUST be preserved when they are reported.

同じタイプの複数のTLVを同じメッセージの一部として繰り返すことができ、例えばVRFのフィルタリングされたビューを伝達することができる。同じピアの代替名または追加の名前をサポートするために、BMP受信機は同じタイプの複数のTLVをセットに追加する必要があります。複数の文字列が含まれている場合、それらが報告されたときにそれらの順序は保持されなければなりません。

5.3. Peer Down Notification
5.3. ピアダウン通知

The Peer Down notification MUST use reason code 6. Following the reason is data in TLV format. The following Peer Down Information TLV type is defined:

ピアダウン通知は理由コード6を使用する必要があります。理由の後に、TLV形式のデータがデータです。以下のピアダウン情報TLVタイプが定義されています。

* Type = 3: VRF/Table Name. The Information field contains a UTF-8 string whose value MUST be equal to the value of the VRF or table name (e.g., RD instance name) being conveyed. The string size MUST be within the range of 1 to 255 bytes. The VRF/Table Name informational TLV MUST be included if it was in the Peer Up.

* TYPE = 3:VRF /テーブル名。情報フィールドには、VALFまたはテーブル名(例えば、RDインスタンス名)の値と等しくなければならないUTF-8文字列が含まれています。文字列サイズは、1から255バイトの範囲内でなければなりません。VRF / Table Name Informational TLVがピアアップにあった場合に含まれている必要があります。

5.4. Route Monitoring
5.4. ルート監視

Route Monitoring messages are used for initial synchronization of the Loc-RIB. They are also used to convey incremental Loc-RIB changes.

ルート監視メッセージは、LOC-RIBの初期同期に使用されます。それらは、増分なLOCリブの変化を伝達するためにも使用されます。

As described in Section 4.6 of [RFC7854], "Following the common BMP header and per-peer header is a BGP Update PDU."

[RFC7854]のセクション4.6で説明したように、「一般的なBMPヘッダーとピアごとのヘッダーはBGPアップデートPDU」です。

5.4.1. ASN Encoding
5.4.1. ASNエンコーディング

Loc-RIB Route Monitoring messages MUST use a 4-byte ASN encoding as indicated in the Peer Up sent OPEN message (Section 5.2) capability.

LOC-RIBルート監視メッセージは、ピアアップOPENメッセージ(セクション5.2)機能に示されているように、4バイトのASNエンコーディングを使用する必要があります。

5.4.2. Granularity
5.4.2. gr gr

State compression and throttling SHOULD be used by a BMP sender to reduce the amount of Route Monitoring messages that are transmitted to BMP receivers. With state compression, only the final resultant updates are sent.

State CompressionとThrottlingは、BMP受信機に送信されるルート監視メッセージの量を減らすためにBMP送信者によって使用されるべきです。状態圧縮では、最終結果の更新のみが送信されます。

For example, prefix 192.0.2.0/24 is updated in the Loc-RIB 5 times within 1 second. State compression of BMP Route Monitoring messages results in only the final change being transmitted. The other 4 changes are suppressed because they fall within the compression interval. If no compression was being used, all 5 updates would have been transmitted.

たとえば、Prefix 192.0.2.0/24は、1秒以内に5回のLOC-RIブで更新されます。BMPルート監視メッセージの状態圧縮は、送信されている最終的な変更のみをもたらします。他の4つの変更は圧縮間隔内に収まるため抑制されます。圧縮が使用されていない場合は、5つの更新プログラムすべてが送信されました。

A BMP receiver should expect that the granularity of Loc-RIB Route Monitoring can vary depending on the BMP sender implementation.

BMP受信機は、LOC-RIBルート監視の粒度がBMP送信側実装によって異なる可能性があることを期待する必要があります。

5.5. Route Mirroring
5.5. ルートミラーリング

Section 4.7 of [RFC7854] defines Route Mirroring for verbatim duplication of messages received. This is not applicable to Loc-RIB as PDUs are originated by the router. Any received Route Mirroring messages SHOULD be ignored.

[RFC7854]のセクション4.7は、受信したメッセージの逐語的複製のためのルートミラーリングを定義します。これは、PDUがルータに発生したため、LOC-RIBには適用されません。受信したルートミラーリングメッセージは無視されるべきです。

5.6. Statistics Report
5.6. 統計レポート

Not all Stat Types are relevant to Loc-RIB. The Stat Types that are relevant are listed below:

すべての統計型がLOC-RIBに関連しているわけではありません。関連するSTATタイプは以下のとおりです。

* Stat Type = 8: (64-bit Gauge) Number of routes in Loc-RIB.

* Stat Type = 8:(64ビットゲージ)LOC-RIBのルート数。

* Stat Type = 10: Number of routes in per-AFI/SAFI Loc-RIB. The value is structured as: 2-byte AFI, 1-byte SAFI, followed by a 64-bit Gauge.

* Stat Type = 10:AFI / SAFI LOB-RIBのルート数。値は、2バイトAFI、1バイトのSAFI、続いて64ビットゲージとして構成されています。

6. Other Considerations
6. その他の考慮事項
6.1. Loc-RIB Implementation
6.1. LOC-RIB実装

There are several methods for a BGP speaker to implement Loc-RIB efficiently. In all methods, the implementation emulates a peer with Peer Up and Down messages to convey capabilities as well as Route Monitor messages to convey Loc-RIB. In this sense, the peer that conveys the Loc-RIB is a locally emulated peer.

BGPスピーカーがLOC-RIBを効率的に実装する方法はいくつかあります。すべての方法では、実装はピアアップおよびダウンメッセージを使用してピアをエミュレートして機能を伝達してLOC-RIBを伝えるためのルートモニタメッセージを伝達します。この意味で、LOC-RIBを搬送するピアは局所的にエミュレートされたピアです。

6.1.1. Multiple Loc-RIB Peers
6.1.1. 複数のLOC-RIBピア

There MUST be at least one emulated peer for each Loc-RIB instance, such as with VRFs. The BMP receiver identifies the Loc-RIB by the peer header distinguisher and BGP ID. The BMP receiver uses the VRF/ Table Name from the Peer Up information to associate a name with the Loc-RIB.

VRFSなど、各LOC-RIBインスタンスに対して少なくとも1つのエミュレートされたピアが必要です。BMP受信機は、ピアヘッダ識別usuisherおよびBGP IDによってLOC ribを識別する。BMP Receiverは、ピアアップ情報からVRF /テーブル名を使用して、名前をLOC-RIBに関連付けます。

In some implementations, it might be required to have more than one emulated peer for Loc-RIB to convey different address families for the same Loc-RIB. In this case, the peer distinguisher and BGP ID should be the same since they represent the same Loc-RIB instance. Each emulated peer instance MUST send a Peer Up with the OPEN message indicating the address family capabilities. A BMP receiver MUST process these capabilities to know which peer belongs to which address family.

いくつかの実装形態では、同じLOCリブに対して異なるアドレスファミリーを伝えるためにLOC-RIBに対して複数のエミュレートされたピアを持つことが要求されるかもしれません。この場合、ピア識別器とBGP IDは同じLOC-RIBインスタンスを表しているため、同じである必要があります。エミュレートされた各ピアインスタンスは、アドレスファミリ機能を示すオープンメッセージでピアアップを送信する必要があります。BMPレシーバは、どのピアがどのアドレスファミリに属するかを知るためにこれらの機能を処理する必要があります。

6.1.2. Filtering Loc-RIB to BMP Receivers
6.1.2. LOC-RIBをBMPレシーバーにフィルタリングします

There may be use cases where BMP receivers should only receive specific routes from Loc-RIB. For example, IPv4 unicast routes may include internal BGP (IBGP), external BGP (EBGP), and IGP, but only routes from EBGP should be sent to the BMP receiver. Alternatively, it may be that only IBGP and EBGP should be sent and IGP redistributed routes excluded. In these cases where the Loc-RIB is filtered, the F flag is set to 1 to indicate to the BMP receiver that the Loc-RIB is filtered. If multiple filters are associated with the same Loc-RIB, a table name MUST be used in order to allow a BMP receiver to make the right associations.

BMP受信機がLOC-RIBからの特定のルートしか受信すべきである場合は使用ケースがあります。たとえば、IPv4ユニキャストルートには、内部BGP(IBGP)、外部BGP(EBGP)、およびIGPが含まれますが、ebgpからのルートだけをBMP受信側に送信する必要があります。あるいは、IBGPおよびEBGPのみを送信し、IGP再配布ルートを除外することができることであり得る。LOC-RIBがフィルタリングされている場合、Fフラグは1に設定されて、LOC-RIBがフィルタリングされていることをBMP受信機に示す。複数のフィルタが同じLOC-RIBに関連付けられている場合は、BMP受信側が正しい関連付けを作成できるようにテーブル名を使用する必要があります。

6.1.3. Changes to Existing BMP Sessions
6.1.3. 既存のBMPセッションへの変更

In case of any change that results in the alteration of behavior of an existing BMP session, i.e., changes to filtering and table names, the session MUST be bounced with a Peer Down / Peer Up sequence.

既存のBMPセッションの動作の変更、すなわちフィルタリングおよびテーブル名への変更をもたらす変更が発生した場合、セッションはピアダウン/ピアアップシーケンスでバウンスされなければならない。

7. Security Considerations
7. セキュリティに関する考慮事項

The same considerations as in Section 11 of [RFC7854] apply to this document. Implementations of this protocol SHOULD require that sessions only be established with authorized and trusted monitoring devices. It is also believed that this document does not introduce any additional security considerations.

[RFC7854]のセクション11と同じ考察がこの文書に適用されます。このプロトコルの実装は、セッションが許可され信頼された監視装置とのみ確立されることを要求する必要があります。この文書では追加のセキュリティ上の考慮事項を導入していないとも考えられています。

8. IANA Considerations
8. IANAの考慮事項

IANA has assigned new parameters to the "BGP Monitoring Protocol (BMP) Parameters" registry (https://www.iana.org/assignments/bmp-parameters/).

IANAには、「BGP監視プロトコル(BMP)パラメータ」レジストリ(https://www.iana.org/assignments/bmp-parameters/)に新しいパラメータが割り当てられています。

8.1. BMP Peer Type
8.1. BMPピアタイプ

IANA has registered the following new peer type (Section 4.1):

IANAは次の新しいピアタイプを登録しました(セクション4.1)。

                   +===========+=======================+
                   | Peer Type | Description           |
                   +===========+=======================+
                   | 3         | Loc-RIB Instance Peer |
                   +-----------+-----------------------+
        

Table 1: BMP Peer Type

表1:BMPピアタイプ

8.2. BMP Loc-RIB Instance Peer Flags
8.2. BMP Loc-Ribインスタンスピアフラグ

IANA has renamed "BMP Peer Flags" to "BMP Peer Flags for Peer Types 0 through 2" and created a new registry named "BMP Peer Flags for Loc-RIB Instance Peer Type 3".

IANAは「BMPピアフラグ」に「BMPピアフラグ0~2のBMPピアフラグ」を改名し、「LOC-RIBインスタンスピアタイプ3にBMPピアフラグ」という名前の新しいレジストリを作成しました。

This document defines peer flags that are specific to the Loc-RIB Instance Peer Type. IANA has registered the following in the "BMP Peer Flags for Loc-RIB Instance Peer Type 3" registry:

このドキュメントは、LOC-RIBインスタンスピアタイプに固有のピアフラグを定義します。IANAは、「LOC-RIBインスタンスピアタイプ3のBMPピアフラグ3」レジストリに次のものを登録しました。

                           +======+=============+
                           | Flag | Description |
                           +======+=============+
                           | 0    | F flag      |
                           +------+-------------+
        

Table 2: Loc-RIB Instance Peer Type

表2:LOC-RIBインスタンスピアタイプ

As noted in Section 4.2, the F flag indicates that the Loc-RIB is filtered. This indicates that the Loc-RIB does not represent the complete routing table.

セクション4.2に記載されているように、fフラグはLOC-RIBがフィルタリングされていることを示します。これは、loc-ribが完全なルーティングテーブルを表していないことを示します。

Flags 1 through 7 are unassigned. The registration procedure for the registry is Standards Action.

フラグ1から7は割り当てれていません。レジストリの登録手順は標準アクションです。

8.3. Peer Up Information TLV
8.3. 情報TLVをピアアップする

IANA has renamed the "BMP Initiation Message TLVs" registry to "BMP Initiation and Peer Up Information TLVs". Section 4.4 of [RFC7854] indicates that both Initiation and Peer Up share the same information TLVs. This document defines the following new BMP Peer Up Information TLV type (Section 5.2.1):

IANAは "BMP開始メッセージTLVS"レジストリを "BMP開始とピアアップ情報TLVS"に変更しました。[RFC7854]のセクション4.4は、開始とピアアップの両方が同じ情報TLVを共有していることを示します。このドキュメントは、次の新しいBMPピアアップ情報TLVタイプを定義します(セクション5.2.1)。

                         +======+================+
                         | Type | Description    |
                         +======+================+
                         | 3    | VRF/Table Name |
                         +------+----------------+
        

Table 3: BMP Peer Up Information TLV Type

表3:BMPピアアップ情報TLVタイプ

The Information field contains a UTF-8 string whose value MUST be equal to the value of the VRF or table name (e.g., RD instance name) being conveyed. The string size MUST be within the range of 1 to 255 bytes.

情報フィールドには、VALFまたはテーブル名(例えば、RDインスタンス名)の値と等しくなければならないUTF-8文字列が含まれています。文字列サイズは、1から255バイトの範囲内でなければなりません。

8.4. Peer Down Reason Code
8.4. ピアダウン理由コード

IANA has registered the following new BMP Peer Down reason code (Section 5.3):

IANAは次の新しいBMPピアダウン理由コードを登録しました(セクション5.3)。

             +======+=======================================+
             | Type | Description                           |
             +======+=======================================+
             | 6    | Local system closed, TLV data follows |
             +------+---------------------------------------+
        

Table 4: BMP Peer Down Reason Code

表4:BMPピアダウン理由コード

8.5. Deprecated Entries
8.5. 廃止予定のエントリ

Per this document, IANA has marked the F Flag entry in the "BMP Peer Flags for Peer Types 0 through 2" registry as "deprecated".

このドキュメントごとに、IANAは「ピアタイプ0から2」レジストリの「BMPピアフラグ」に「廃止された」とマークされています。

9. References
9. 参考文献
9.1. Normative References
9.1. 引用文献

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, DOI 10.17487/RFC2119, March 1997, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2119>.

[RFC2119] BRADNER、S、「RFCで使用するためのキーワード」、BCP 14、RFC 2119、DOI 10.17487 / RFC2119、1997年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/RFC2119>。

[RFC4271] Rekhter, Y., Ed., Li, T., Ed., and S. Hares, Ed., "A Border Gateway Protocol 4 (BGP-4)", RFC 4271, DOI 10.17487/RFC4271, January 2006, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc4271>.

[RFC4271]、y、ed。、Li、T.、Ed。、S.Hares、Ed。、「ボーダーゲートウェイプロトコル4(BGP-4)」、RFC 4271、DOI 10.17487 / RFC4271、2006年1月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc4271>。

[RFC7854] Scudder, J., Ed., Fernando, R., and S. Stuart, "BGP Monitoring Protocol (BMP)", RFC 7854, DOI 10.17487/RFC7854, June 2016, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc7854>.

[RFC7854] Scudder、J.、Ed。、Fernando、R.、およびS. Stuart、 "BGPモニタリングプロトコル(BMP)"、RFC 7854、DOI 10.17487 / RFC7854、2016年6月、<https:///www.rfc-editor.org/info/rfc7854>。

[RFC8174] Leiba, B., "Ambiguity of Uppercase vs Lowercase in RFC 2119 Key Words", BCP 14, RFC 8174, DOI 10.17487/RFC8174, May 2017, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8174>.

[RFC8174] Leiba、B.、RFC 2119キーワードの「大文字の曖昧さ」、BCP 14、RFC 8174、DOI 10.17487 / RFC8174、2017年5月、<https://www.rfc-editor.org/info/RFC8174>。

9.2. Informative References
9.2. 参考引用

[RFC7911] Walton, D., Retana, A., Chen, E., and J. Scudder, "Advertisement of Multiple Paths in BGP", RFC 7911, DOI 10.17487/RFC7911, July 2016, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc7911>.

[RFC7911] Walton、D.、Retana、A.、Chen、E.、およびJ.Scudder、「BGPの複数の道の広告」、RFC 7911、DOI 10.17487 / RFC7911、2016年7月、<https:// www。rfc-editor.org/info/rfc7911>。

Acknowledgements

謝辞

The authors would like to thank John Scudder, Jeff Haas, and Mukul Srivastava for their valuable input.

著者らは、John Scudder、Jeff Haas、およびMukul Srivastavaに貴重な入力に感謝します。

Authors' Addresses

著者の住所

Tim Evens Cisco Systems 2901 Third Avenue, Suite 600 Seattle, WA 98121 United States of America

Tim Evens Cisco Systems 2901サードアベニュー、スイート600シアトル、WA 98121アメリカ合衆国

   Email: tievens@cisco.com
        

Serpil Bayraktar Menlo Security 800 W El Camino Real, Suite 250 Mountain View, CA 94040 United States of America

Serpil Bayraktar Menlo Security 800 W El Camino Real、スイート250マウンテンビュー、CA 94040アメリカ

   Email: serpil.bayraktar@menlosecurity.com
        

Manish Bhardwaj Cisco Systems 3700 Cisco Way San Jose, CA 95134 United States of America

Manish Bhardwaj Cisco Systems 3700 Cisco Way San Jose、CA 95134アメリカ合衆国

   Email: manbhard@cisco.com
        

Paolo Lucente NTT Communications Siriusdreef 70-72 2132 Hoofddorp Netherlands

Paolo Lucente NTTコミュニケーションズSiriusDreef 70-72 2132 Hoofddorpオランダ

   Email: paolo@ntt.net