Independent Submission                                          M. Breen
Request for Comments: 9226                                    mbreen.com
Category: Experimental                                      1 April 2022
ISSN: 2070-1721
        

Bioctal: Hexadecimal 2.0

生体活性:16進数2.0

Abstract

概要

The prevailing hexadecimal system was chosen for congruence with groups of four binary digits, but its design exhibits an indifference to cognitive factors. An alternative is introduced that is designed to reduce brain cycles in cases where a hexadecimal number should be readily convertible to binary by a human being.

一般的な16進システムは、4つの2進数のグループと一致するために選択されましたが、そのデザインは認知要因に無関心を示します。16進数が人間によってバイナリに変換可能であるべき場合の脳サイクルを減らすように設計されている代替案が導入されています。

Status of This Memo

本文書の位置付け

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for examination, experimental implementation, and evaluation.

この文書はインターネット標準のトラック仕様ではありません。検査、実験的実施、評価のために公開されています。

This document defines an Experimental Protocol for the Internet community. This is a contribution to the RFC Series, independently of any other RFC stream. The RFC Editor has chosen to publish this document at its discretion and makes no statement about its value for implementation or deployment. Documents approved for publication by the RFC Editor are not candidates for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 7841.

この文書は、インターネットコミュニティの実験プロトコルを定義しています。これは、他のRFCストリームとは無関係に、RFCシリーズへの貢献です。RFCエディタは、この文書をその判断で公開することを選択し、実装または展開の値についてのステートメントを作成しません。RFCエディタによる出版の承認済みの文書は、インターネット規格のレベルレベルの候補ではありません。RFC 7841のセクション2を参照してください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at https://www.rfc-editor.org/info/rfc9226.

この文書の現在のステータス、任意のエラータ、およびフィードバックを提供する方法は、https://www.rfc-editor.org/info/frofc9226で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2022 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(c)2022 IETF信頼と文書の著者として識別された人。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (https://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document.

この文書は、この文書の公開日に有効なIETF文書(https://trustee.ietf.org/License-Info)に関するBCP 78およびIETF信頼の法的規定の対象となります。この文書に関してあなたの権利と制限を説明するので、これらの文書をよくレビューしてください。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction
     1.1.  The Pernicious Advance of Hexadecimal
     1.2.  Problems with Hexadecimal
     1.3.  Other Proposals
   2.  Bioctal
   3.  Objections to Be Dismissed
   4.  Security Considerations
   5.  IANA Considerations
   6.  Conclusion
   7.  Informative References
   Acknowledgments
   Author's Address
        
1. Introduction
1. はじめに
1.1. The Pernicious Advance of Hexadecimal
1.1. 16進数の無耳の進歩

Octal has long been used to represent groups of three binary digits as single characters, and that system has the considerable merit of not requiring any digits other than those already familiar from decimal numbers. Unfortunately, the increasing use of 16-bit machines and other machines that have word lengths that are evenly divisible by four (but not by three) has led to the widespread adoption of hexadecimal. Table 1 presents the digits of the hexadecimal alphabet.

Octalは、3つの2進数のグループを単一の文字として表すために長い間使用されており、そのシステムは、すでに10進数から慣れ親しんだもの以外の数字を必要としないというかなりのメリットを持っています。残念ながら、16ビットマシンの使用を増やすと、4つずつ均等に分割されている単語長を持つ他のマシンは、16進数の広範な採用につながっています。表1は、16進アルファベットの数字を示しています。

                              +=======+=======+
                              | Value | Digit |
                              +=======+=======+
                              |     0 | 0     |
                              +-------+-------+
                              |     1 | 1     |
                              +-------+-------+
                              |     2 | 2     |
                              +-------+-------+
                              |     3 | 3     |
                              +-------+-------+
                              |     4 | 4     |
                              +-------+-------+
                              |     5 | 5     |
                              +-------+-------+
                              |     6 | 6     |
                              +-------+-------+
                              |     7 | 7     |
                              +-------+-------+
                              |     8 | 8     |
                              +-------+-------+
                              |     9 | 9     |
                              +-------+-------+
                              |    10 | A     |
                              +-------+-------+
                              |    11 | B     |
                              +-------+-------+
                              |    12 | C     |
                              +-------+-------+
                              |    13 | D     |
                              +-------+-------+
                              |    14 | E     |
                              +-------+-------+
                              |    15 | F     |
                              +-------+-------+
        

Table 1: The Hexadecimal Alphabet

表1:16進アルファベット

The choice of alphabet is clearly arbitrary: On the exhaustion of the decimal digits, the first letters of the Latin alphabet are used in sequence for the remaining hexadecimal digits. An arbitrary alphabet may be acceptable on an interim or experimental basis. However, given the diminishing likelihood of a return to 18-bit computing, a review of this choice of alphabet is merited before its use, like that of the QWERTY keyboard, becomes too deeply established to permit the easy adoption of a more logical alternative.

アルファベットの選択は明らかに任意です.10進数の疲れについて、ラテンアルファベットの最初の文字は残りの16進数の順序で使用されます。任意のアルファベットは、中間または実験的に許容できるものであり得る。ただし、18ビットコンピューティングへの戻り可能性の低下を考えると、このアルファベットの選択のレビューは、QWERTYキーボードの使用のように、その使用の前に合流し、より深く確立され、より論理的な代替手段を簡単に採用することができます。

1.2. Problems with Hexadecimal
1.2. 16進数の問題

One problem with the hexadecimal alphabet is well known: It contains two vowels, and numbers expressed in hexadecimal have been found to collide with words offensive to vegetarians and other groups.

16進アルファベットに関する1つの問題はよく知られています:それは2つの母音を含み、16進数で表される数字は、ベジタリアンや他のグループに不快な単語と衝突することがわかっています。

Imposing a greater constraint on the solution space, however, is the difficulty of mentally converting a number expressed in hexadecimal to (or from) binary. Consider the hexadecimal digit 'D', for example. First, one must remember that 'D' represents a value of 13 -- and, while it may be easy to recall that 'F' is 15 with all bits set, for digits in the middle of the non-decimal range, such as 'C' and 'D', one may resort to counting ("A is ten, B is eleven, ..."). Next, one must subtract eight from that number to arrive at a number that is in the octal range. Thus, the benefit of representing one additional bit incurs the cost of two additional mental operations before one arrives at the position where the task that remains reduces to the difficulty of converting the remaining three digits to binary.

しかしながら、解スペースに対してより大きな制約を課すことは、16進数で表現された数字を(またはから)2進数で表現された数を精神的に変換することが困難である。たとえば、16進数の「d」を考えます。まず、 'd'は13の値を表すことを覚えていなければなりません。'c'と 'd'、カウントに頼るかもしれない( "Aは10、bは11、..."です)。次に、8進数の数に到着するために、その数から8を引く必要があります。したがって、1つの追加のビットを表すという利点は、残りの3桁をバイナリに変換することの困難さまでのタスクが到着する前に、2つの追加の精神演算のコストを招く。

These mental steps are not difficult per se, since a child could do them, but if it is possible to avoid employing children, then it should be avoided. An appeal to the authority of cognitive psychology is perhaps also due here, in particular to the "seven plus or minus two" principle [Miller] -- either because octal is within the upper end of that range (nine) and hexadecimal is not, or else because the difference in the size of the alphabets is greater than the lower end of that range (five). Either way, it is almost certainly relevant.

子供がそれらをすることができるので、これらの精神的なステップはそれ自体は難しいことではありませんが、子供を雇用することを避けることが可能であればそれを避けるべきです。認知心理学の権威への訴えは、特に「7つのプラスまたはマイナス2」の原則[Miller] - その範囲の上端内(9)のいずれか(9)、16進数がないため、あるいは、アルファベットのサイズの違いはその範囲の下限よりも大きいので(5)。いずれにせよ、それはほとんど確かに関連性があります。

1.3. Other Proposals
1.3. その他の提案

Various alternatives have already been suggested. Some of these are equally arbitrary, e.g., in selecting the last six letters of the Latin alphabet rather than the first six letters.

様々な代替案がすでに提案されています。これらのうちのいくつかは、最初の6文字ではなくラテンアルファベットの最後の6文字を選択する際にも同様に任意です。

The scheme that comes closest to solving the main problem to date is described by Bruce A. Martin [Martin] who proposes new characters for the entire octal alphabet. While his principal motivation is to distinguish hexadecimal numbers from decimals, the design of each character uses horizontal lines to directly represent the "ones" of the corresponding binary number, making mental translation to binary a trivial task.

今日までの主な問題を解決するのに最も近いスキームは、Octan Alphabet全体の新しい文字を提案するBruce A. Martin [Martin]によって説明されています。彼の主な動機は小数点数を小数点と区別することですが、各キャラクタの設計は水平線を使用して対応する2進数の「1」を直接表現し、バイナリabinialタスクへの精神的な翻訳をします。

Unfortunately for this and other proposals involving new symbols, proposals to change the US-ASCII character set [USASCII] might no longer be accepted. Also, it seems unrealistic to expect keyboards or printer type elements (whether of the golf ball or daisy wheel kind) to be replaced to accommodate new character designs.

残念ながら、新しいシンボルを含むその他の提案、US-ASCII文字セット[USASCII]を変更するための提案はもう受け入れられない可能性があります。また、キーボードやプリンタの種類の要素(ゴルフボールやデイジーホイールの種類の有無)を期待するのは非現実的に見えます。新しいキャラクターデザインに対応するために交換されます。

2. Bioctal
2. 生体的

Table 2 presents the hexadecimal alphabet once again, this time in a sequence of two octaves with values increasing left to right and top to bottom.

表2は、16進アルファベットをもう一度表示し、この時間は2オクターブのシーケンスで、値を左右から下に向かって増加します。

                     +---+---+---+---+---+---+---+---+
                     | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
                     +---+---+---+---+---+---+---+---+
                     | 8 | 9 | A | B | C | D | E | F |
                     +---+---+---+---+---+---+---+---+
        

Table 2: The Hexadecimal Alphabet in Sequential Octaves

表2:順次オクターブの16進アルファベット

Arranged thus, the binary representation of each digit in the second octave is the same as the digit above it, but with the most significant of the four bits set to '1' instead of '0'.

したがって、2番目のオクターブ内の各桁の2進表現は、その上の桁の大きさと同じですが、4ビットの最上位は '0'ではなく '1'に設定されています。

The incongruity of two decimal digits in the second octave also suggests that, in blindly aligning with four bits, hexadecimal (six plus ten, neither of which are powers of two) misses an opportunity to align also with three bits.

2番目のオクターブの2つの10進数の矛盾はまた、4ビットと盲目的に16進数(2つの電力が2つの電力である)と整列していることも示唆しています。

Bioctal restores congruence by replacing the second row with characters mnemonically related to the corresponding character in the first octave.

バイオコクトラル2行目を最初のオクターブの対応する文字に関連する文字に2行目を置き換えることで、一致を回復します。

Table 3 shows the compelling result.

魅力的な結果を表3に示す。

                     +---+---+---+---+---+---+---+---+
                     | 0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
                     +---+---+---+---+---+---+---+---+
                     | c | j | z | w | f | s | b | v |
                     +---+---+---+---+---+---+---+---+
        

Table 3: Bioctal in Sequential Octaves

表3:順次オクターブの生体活性

The mnemonic basis is the shape of the lowercase character. This is seen directly for '2', '5', and '6'. For '3', '4', and '7', the corresponding letters are the result of a quarter-turn clockwise (assuming an "open" '4'). The choice of 'c' and 'j' for '0' and '1' avoids vowels and lowercase 'L', the latter being confusable with '1' in some fonts.

ニーモニック基準は小文字の形状です。これは '2'、 '5'、および '6'に直接見られます。'3'、 '4'、および '7'の場合、対応する文字は時計回りの四半期ターンの結果です(「オープン」 '4'を仮定して)。'0'と '0'の選択肢と '1'の選択は母音と小文字の 'L'を回避し、後者はいくつかのフォントで '1'で混同可能です。

With this choice of letters, it is immediately evident that both problems with hexadecimal are solved. Mental conversion is now straightforward: if the digit is a letter, then the most significant of the four binary bits is '1', and the remaining three bits are the same as for the Arabic numeral with the same shape in the first octave.

この文字の選択では、16進数の両方の問題が解決されていることは直ちに明らかです。精神変換は簡単です。桁が文字である場合、4つの2値ビットの最上位は '1'で、残りの3ビットは最初のオクターブの同じ形状でアラビア数字と同じです。

3. Objections to Be Dismissed
3. 解雇されるべき異議

Several objections can be anticipated, the first of which concerns the name. The term "bioctal" is already used to refer to the combination of two octal characters into a single field on, for example, paper tape (e.g., [UNIVAC]). However, if the word "bioctal" must be disadvantaged relative to words such as "biannual" in the number of meanings it is allowed to have, then it is the paper tapers who must give way: in that context, the "octal" part of "bioctal" refers to the number of distinct values that three bits can have, while the "bi" refers to a doubling of the number of bits, not values. A meaning depending on such a discordant etymology does not deserve to endure.

いくつかの異議を期待できる、そのうちの最初は名前に関係しています。「生体活性」という用語は、例えば紙テープ(例えば、[UNIVAC])上の2つの8倍文字の組み合わせを指すために既に使用されている。しかし、「生体活性」という単語が「ビアナブル」のような言葉に対して不利でなければならない場合、それはそれが持つことが許されることが許されなければならない紙のテープです:その文脈では、「8月」部分「生体活性」とは、3つのビットが持つことができるのは明確な値の数を指し、「BI」は値ではなくビット数の倍増を指す。そのような不一致した弾膜学に依存する意味は耐えるには値下がりません。

Second, it may be argued that the use of hexadecimal has already become too entrenched to be changed in the short term: Bioctal should be introduced only after those working in the industry who have grown accustomed to hexadecimal have retired. Such a dilatory contention cannot be allowed to impede the march of progress. Instead, any data entry technician who claims to have difficulty with bioctal may be reassigned to duties involving only binary numbers.

第二に、16進数の使用はすでに短期間に変更されるようにすでに入りすぎると主張することができる。そのような拡張競合は進歩の3月を妨げることが許されない。代わりに、生体活性を困難にすると主張するデータ入力技術者は、2進数のみを含む職務に再割り当てされる可能性があります。

A third possible objection is that numbers in bioctal do not sort numerically. However, this assumes a sort based on the US-ASCII order of symbols; it is quite possible that bioctal numbers sort naturally in some lesser known variety of EBCDIC. Further, resistance to numeric sorting may be an indicator of virtue, being suggestive of an alphabet with a certain strength of character.

3回目の異議は、生体内の数字が数値的に分類されないということです。ただし、これは米国のASCIIのシンボルの順序に基づく種類を想定しています。生体異常数が既知の様々な様々なEBCDICで自然に並べ替えることはかなり可能です。さらに、数値選別に対する抵抗は、特徴のある強度を有するアルファベットを示唆する美徳の指標であり得る。

One difficulty remains: Not all computers support lowercase letters. While this is indeed true, it should be confirmed in any particular instance: the author has observed that in many cases a machine having a keyboard with buttons marked only with uppercase letters also supports lowercase letters. In any case, it is permissible to use uppercase letters instead of the lowercase ones of Table 3; the morphology mnemonic continues to work for most bioctal digits in uppercase, although an extra mental cycle is required for 'B'.

1つの難しさが残っています:すべてのコンピュータが小文字をサポートしているわけではありません。これは実際に忠実ですが、それは特定のインスタンスで確認されるべきです:作者は多くの場合、大文字のみでマークされたボタンを持つキーボードを持つマシンも小文字をサポートしていることを確認しました。いずれにせよ、表3の小文字の代わりに大文字を使用することができます。モルフォロジーニーモニックは、大文字のほとんどの生物性桁のために働き続けていますが、「B」には余分な精神的サイクルが必要です。

4. Security Considerations
4. セキュリティに関する考慮事項

The letters 'b' and 'f' appear in both the bioctal and hexadecimal alphabets, which makes potential misinterpretation a concern. A case of particular hazard arises where two embedded systems engineers work to develop a miniature lizard detector designed to be worn like a wristwatch. One engineer works on the lizard proximity sensor and the other on a minimal two-character display. The interface between the circuits is 14 bits. To make things easier, the engineer working on the display arranges for these bits to be set in a pattern that allows them to be used directly as two seven-bit US-ASCII characters indicating the most significant lacertilian species detected in the vicinity of the device. Due to the use of an old US-ASCII table (i.e., one in hex, not bioctal) and human error, some of the values specified as outputs for the detection subsystem are in hexadecimal, not the bioctal the engineer developing that subsystem expects -- including, in the case of one type of lizard, "4b 4f". The result is that the detector displays "NL" (No Lizards) when it should display "KO" (Komodo dragon). This may be considered prejudicial to the security of the user of the device.

文字 'b'と 'f'は生体的なアルファベットと16進数の両方のアルファベットに現れ、それは潜在的な誤解を懸念します。 2つの組み込みシステムエンジニアが腕時計のように着用されるように設計されたミニチュアリサード検出器を開発するように機能する特定の危険の1例が発生します。 1人のエンジニアは、Lizardの近接センサー、もう1つは最小限の2文字の表示で動作します。回路間のインタフェースは14ビットです。物事をより簡単にするために、ディスプレイ上で作業するエンジニアは、それらをデバイスの近くで検出された最も重要な臨床的種を示す2つの7ビットの米国ASCII文字としてそれらを直接使用することを可能にするパターンに設定されるべきである。 。古いUS-ASCIIテーブル(うち、生体内ではなく、生体内ではなく、16進数で)およびヒューマンエラーの使用により、検知サブシステムの出力として指定された値の一部は16進数であり、そのサブシステムが期待しているエンジニアが開発していないエンジニアは - - 1種類のトカゲの場合は、「4B 4F」を含む。その結果、「KO」(KOMODO DRAGON)を表示する必要があるときに、検出器に「NL」(Lizards No)が表示されます。これは、装置のユーザのセキュリティに対して偏見と見なされ得る。

Extensive research has uncovered no other security-related scenarios to date.

豊富な研究は、今日まで他のセキュリティ関連のシナリオを発見していません。

5. IANA Considerations
5. IANAの考慮事項

This document has no IANA actions.

この文書にはIANAの行動がありません。

6. Conclusion
6. 結論

Bioctal is a significant advance over hexadecimal technology and promises to reduce the small (but assuredly non-zero) contribution to anthropogenic global warming of mental hex-to-binary conversions. Since the mnemonic basis of the alphabet is independent of English or any other particular natural language, there is no reason that it should not be adopted immediately around the world, excepting perhaps certain islands of Indonesia to which _Varanus komodoensis_ is native.

生体活性は16進テクノロジを超える大きな進歩であり、精神的な16進数の変換の人為的地球温暖化への小さい(しかし確実なゼロ)貢献を減らすことを約束します。アルファベットのニーモニック基盤は英語またはその他の特定の自然言語とは無関係であるため、おそらく_varanus komodoensis_がネイティブであるインドネシアの特定の島々を除いて、世界中で採用されるべき理由はありません。

7. Informative References
7. 参考引用

[Martin] Martin, B. A., "Letters to the editor: On binary notation", Communications of the ACM, Vol. 11, No. 10, DOI 10.1145/364096.364107, October 1968, <https://doi.org/10.1145/364096.364107>.

[Martin] Martin、B.A。、「編集者への手紙:2進表記について」、ACM、Vol。11、No.10、DOI 10.1145 / 364096.364107、1968年10月、<https://doi.org/10.1145/364096.364107>。

[Miller] Miller, G. A., "The Magical Number Seven, Plus or Minus Two: Some Limits on Our Capacity for Processing Information", Psychological Review, Vol. 101, No. 2, 1956.

[Miller] Miller、G.A。、「魔法の数7、プラスまたはマイナス2:処理情報のための私達の容量のいくつかの制限」、心理レビュー、vol。101、No.2,1956。

[UNIVAC] Sperry Rand Corporation, "Programmers Reference Manual for UNIVAC 1218 Computer", Revision C, Update 2, November 1969, <http:/bitsavers.computerhistory.org/pdf/univac/ military/1218/PX2910_Univac1218PgmrRef_Nov69.pdf>.

[UNIVAC] Sperry Rand Corporation、「プログラマー1218コンピュータのマニュアル」、リビジョンC、1969年11月2日、<http:/ bitsavers.computerhistory.org/pdf/univac/ military / 1218 / px2910_univac1218pgmrref_nov69.pdf>。

[USASCII] American National Standards Institute, "Coded Character Set -- 7-bit American Standard Code for Information Interchange", ANSI X3.4, 1986.

[USASCII]アメリカの国家規格研究所、「コード化文字セット - 情報交換のための7ビットアメリカ標準コード」、ANSI X3.4,1986。

Acknowledgments

謝辞

The author is indebted to R. Goldberg for assistance with Section 4.

著者はセクション4のための援助を支援するためにR. Goldbergには退屈しています。

Author's Address

作者の住所

Michael Breen mbreen.com Email: rfc@mbreen.com

Michael Breen Mbreen.comメール:rfc@mbreen.com