Internet Engineering Task Force (IETF)                       M. Douglass
Request for Comments: 9253                                      Bedework
Updates: 5545                                                August 2022
Category: Standards Track
ISSN: 2070-1721
        

Support for iCalendar Relationships

アイカレンダー関係のサポート

Abstract

概要

This specification updates the iCalendar RELATED-TO property defined in RFC 5545 by adding new relation types and introduces new iCalendar properties (LINK, CONCEPT, and REFID) to allow better linking and grouping of iCalendar components and related data.

この仕様は、新しい関係タイプを追加することによりRFC 5545で定義されているプロパティに関連するICALENDARを更新し、新しいIcalEndarプロパティ(リンク、概念、およびrefid)を導入して、IcalEndarコンポーネントと関連データのより良いリンクとグループ化を可能にします。

Status of This Memo

本文書の位置付け

This is an Internet Standards Track document.

これは、インターネット標準トラックドキュメントです。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on Internet Standards is available in Section 2 of RFC 7841.

このドキュメントは、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)からの出版が承認されています。インターネット標準の詳細については、RFC 7841のセクション2で入手できます。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at https://www.rfc-editor.org/info/rfc9253.

このドキュメントの現在のステータス、任意のERRATA、およびそのフィードバックを提供する方法に関する情報は、https://www.rfc-editor.org/info/rfc9253で取得できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2022 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(c)2022 IETF Trustおよび文書著者として特定された人。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (https://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Revised BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Revised BSD License.

このドキュメントは、BCP 78およびIETFドキュメント(https://trustee.ietf.org/license-info)に関連するIETF Trustの法的規定の対象となります。この文書に関するあなたの権利と制限を説明するので、これらの文書を注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、セクション4.Eで説明されている法的規定のセクション4.Eで説明されており、修正されたBSDライセンスで説明されているように保証なしで提供される修正されたBSDライセンステキストを含める必要があります。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction
     1.1.  Structured iCalendar Relationships
     1.2.  Grouped iCalendar Relationships
     1.3.  Concept Relationships
     1.4.  Linked Relationships
     1.5.  Caching and Offline Use
     1.6.  Conventions Used in This Document
   2.  LINK Property Reference Types
   3.  Link Relation Types
   4.  New Temporal RELTYPE Parameter Values
   5.  Additional New RELTYPE Parameter Values
   6.  New Property Parameters
     6.1.  Link Relation
     6.2.  Gap
   7.  New Value Data Types
   8.  New Properties
     8.1.  Concept
     8.2.  Link
     8.3.  Refid
   9.  Updates to RFC 5545
     9.1.  RELATED-TO
   10. Security Considerations
   11. IANA Considerations
     11.1.  iCalendar Property Registrations
     11.2.  iCalendar Property Parameter Registrations
     11.3.  iCalendar Value Data Type Registrations
     11.4.  iCalendar RELTYPE Value Registrations
   12. References
     12.1.  Normative References
     12.2.  Informative References
   Acknowledgements
   Author's Address
        
1. Introduction
1. はじめに

iCalendar entities defined in [RFC5545] often need to be related to each other or to associated metadata. The specifications below support relationships of the following forms:

[RFC5545]で定義されているICALENDARエンティティは、多くの場合、相互または関連するメタデータに関連する必要があります。以下の仕様は、次の形式の関係をサポートしています。

Structured iCalendar: iCalendar entities can be related to each other in some structured way, for example, as parent, sibling, before, or after.

構造化されたICALENDAR:ICALENDARエンティティは、たとえば、親、兄弟、前、またはその後に、構造化された方法で互いに関連することができます。

Grouped iCalendar: iCalendar entities can be related to each other as a group. CATEGORIES are often used for this purpose but are problematic for application developers due to their lack of consistency and use as a free-form tag.

グループ化されたICALENDAR:ICALENDARエンティティは、グループとして互いに関連している可能性があります。この目的にはカテゴリが使用されることがよくありますが、一貫性と使用が自由形式のタグとして使用されていないため、アプリケーション開発者にとっては問題があります。

Linked: Entities can be linked to other entities, such as vCards, through a URI and associated REL and FMTTYPE parameters.

リンク:エンティティは、URIおよび関連RELおよびFMTTYPEパラメーターを介して、VCARDなどの他のエンティティにリンクできます。

1.1. Structured iCalendar Relationships
1.1. 構造化されたアイカレンダー関係

The iCalendar [RFC5545] RELATED-TO property has no support for temporal relationships as used by project management tools.

プロパティに関連するICALENDAR [RFC5545]は、プロジェクト管理ツールで使用される時間関係をサポートしていません。

The RELTYPE parameter is extended to take new values defining temporal relationships, a GAP parameter is defined to provide lead and lag values, and RELATED-TO is extended to allow URI values. These changes allow the RELATED-TO property to define a richer set of relationships useful for project management.

relTypeパラメーターは拡張され、一時的な関係を定義する新しい値を取得し、ギャップパラメーターがリード値と遅延値を提供するように定義され、関連するように拡張されてURI値を許可します。これらの変更により、関連するプロパティは、プロジェクト管理に役立つより豊富な関係セットを定義できます。

1.2. Grouped iCalendar Relationships
1.2. グループ化されたICALENDAR関係

This specification defines a new REFID property, which allows arbitrary groups of entities to be associated with the same key value.

この仕様では、新しいrefidプロパティを定義します。これにより、エンティティの任意のグループが同じキー値に関連付けられます。

REFID is used to identify a key allowing the association of components that are all related to the referring, aggregating component and the retrieval of components based on this key. For example, this may be used to identify the tasks associated with a given project without having to communicate the task structure of the project. A further example is the grouping of all sub-tasks associated with the delivery of a specific package in a package delivery system.

refidは、このキーに基づいて、参照、集約コンポーネント、コンポーネントの取得にすべて関連するコンポーネントの関連性を可能にするキーを識別するために使用されます。たとえば、これは、プロジェクトのタスク構造を伝えることなく、特定のプロジェクトに関連付けられたタスクを識別するために使用できます。さらに例は、パッケージ配信システムでの特定のパッケージの配信に関連するすべてのサブタスクのグループ化です。

As such, the presence of a REFID property imparts no meaning to the component. It is merely a key to allow retrieval. This is distinct from categorization, which, while allowing grouping, also adds meaning to the component to which it is attached.

そのため、refidプロパティの存在は、コンポーネントに意味を与えません。検索を許可するための単なる鍵です。これは、グループ化を許可しながら、接続されているコンポーネントに意味を追加する分類とは異なります。

1.3. Concept Relationships
1.3. 概念関係

The name CONCEPT is used by the Simple Knowledge Organization System, as defined in [W3C.REC-skos-reference-20090818]. The term "concept" more accurately defines what we often mean by a category. It's not the text string that is important but the meaning attached to it. For example, the term "football" can mean very different sports.

名前の概念は、[w3c.rec-skos-reference-20090818]で定義されているように、Simple Knowledge Organization Systemによって使用されます。「コンセプト」という用語は、カテゴリがしばしば意味することをより正確に定義します。重要なのはテキスト文字列ではなく、それに付随する意味です。たとえば、「サッカー」という用語は、非常に異なるスポーツを意味します。

The introduction of CONCEPT allows a more structured approach to categorization, with the possibility of namespaced and path-like values. Unlike REFID, the CONCEPT property imparts some meaning. It is assumed that the value of this property will reference a well-defined category.

コンセプトの導入により、名前の上場とパスのような値の可能性を伴う、分類に対するより構造化されたアプローチが可能になります。refidとは異なり、コンセプトプロパティは何らかの意味を与えます。このプロパティの値は、明確に定義されたカテゴリを参照すると想定されています。

The current CATEGORIES property defined in [RFC5545] is used as a free-form 'tagging' field. These values have some meaning to those who apply them but not necessarily to any consumer. As such, it is difficult to establish formal relationships between components based on their category.

[RFC5545]で定義されている現在のカテゴリプロパティは、フリーフォームの「タグ」フィールドとして使用されます。これらの価値は、それらを適用する人には何らかの意味がありますが、必ずしも消費者にはそうではありません。そのため、カテゴリに基づいてコンポーネント間で正式な関係を確立することは困難です。

Rather than attempt to add semantics to the CATEGORIES property, it seems best to continue its usage as an informal tag and establish a new CONCEPT property with more constraints.

カテゴリのプロパティにセマンティクスを追加しようとするのではなく、非公式のタグとしての使用を継続し、より多くの制約を備えた新しいコンセプトプロパティを確立することをお勧めします。

1.4. Linked Relationships
1.4. リンクされた関係

The currently existing iCalendar standard [RFC5545] lacks a general purpose method for referencing additional, external information relating to calendar components.

現在既存のIcalEndar標準[RFC5545]には、カレンダーコンポーネントに関連する追加の外部情報を参照するための汎用的な方法がありません。

This document proposes a method for referencing typed external information that can provide additional information about an iCalendar component. This new LINK property is closely aligned to [RFC8288], which defines the generic concept of Web Linking, as well as its expression in the HTTP LINK header field.

このドキュメントは、IcalEndarコンポーネントに関する追加情報を提供できるタイプされた外部情報を参照する方法を提案します。この新しいリンクプロパティは、[RFC8288]に密接に整合しており、Webリンクの一般的な概念と、HTTPリンクヘッダーフィールドでの表現を定義しています。

The LINK property defines a typed reference or relation to external metadata or related resources. By providing type and format information as parameters, clients and servers are able to discover interesting references and make use of them, perhaps for indexing or the presentation of interesting links for the user.

Linkプロパティは、外部メタデータまたは関連するリソースとの型付けられた参照または関係を定義します。タイプとフォーマットの情報をパラメーターとして提供することにより、クライアントとサーバーは興味深い参照を発見し、おそらくユーザーの興味深いリンクのプレゼンテーションまたはプレゼンテーションのためにそれらを利用することができます。

Calendar components are often grouped into collections to represent a calendar or a series of tasks, for example, Calendaring Extensions to WebDAV (CalDAV) calendar collections [RFC4791].

カレンダーコンポーネントは、多くの場合、カレンダーまたは一連のタスクを表すためにコレクションにグループ化されます。たとえば、WebDav(CalDAV)カレンダーコレクション[RFC4791]へのカレンダー拡張機能。

It is also often necessary to reference calendar components in other collections. For example, a VEVENT might refer to a VTODO from which it was derived. The PARENT, SIBLING, and CHILD relationships defined for the RELATED-TO property only allow for a unique identifier (UID), which is inadequate for many purposes. Allowing other value types for those relationships may help but would cause backward-compatibility issues. The LINK property can link components in different collections or even on different servers.

また、他のコレクションのカレンダーコンポーネントを参照することもよくあります。たとえば、野菜は、由来したvtodoを指す場合があります。関連する財産のために定義された親、兄弟、子どもの関係は、多くの目的で不十分な一意の識別子(UID)のみを可能にします。これらの関係に他の価値タイプを許可すると、後方互換性の問題を引き起こすことがあります。リンクプロパティは、さまざまなコレクションまたはさまざまなサーバーのコンポーネントをリンクできます。

When publishing events, it is useful to be able to refer back to the source of that information. The actual event may have been consumed from a feed or an ics file on a website. A LINK property can provide a reference to the originator of the event.

イベントを公開するときは、その情報のソースを参照できるようにすることが役立ちます。実際のイベントは、ウェブサイト上のフィードまたはICSファイルから消費された可能性があります。リンクプロパティは、イベントのオリジネーターへの参照を提供できます。

Beyond the need to relate elements temporally, project management tools often need to be able to specify the relationships between the various events and tasks that make up a project. The LINK property provides such a mechanism.

要素を一時的に関連付ける必要性を超えて、プロジェクト管理ツールは、プロジェクトを構成するさまざまなイベントとタスク間の関係を指定できることがよくあります。リンクプロパティは、そのようなメカニズムを提供します。

The LINK property MUST NOT be treated as just another attachment. The ATTACH property defined in [RFC5545] has been extended by [RFC8607] to handle server-side management and stripping of inline data and to provide additional data about the attachment (size, filename, etc.).

リンクプロパティは、単なる別の添付ファイルとして扱われてはなりません。[RFC5545]で定義されているアタッチプロパティは、[RFC8607]によって拡張され、インラインデータのサーバー側の管理とストリッピングを処理し、添付ファイルに関する追加データ(サイズ、ファイル名など)を提供しています。

Additionally, clients may choose to handle attachments differently from the LINK property, as attachments are often an integral part of the message, for example, the agenda.

さらに、クライアントは、添付ファイルがメッセージの不可欠な部分であることが多いため、リンクプロパティとは異なる方法で添付ファイルを処理することを選択できます。

1.5. Caching and Offline Use
1.5. キャッシュとオフラインの使用

In general, the calendar entity should be self explanatory without the need to download referenced metadata, such as a web page.

一般に、カレンダーエンティティは、Webページなどの参照されたメタデータをダウンロードする必要なく、自明である必要があります。

However, to facilitate offline display, the link type may identify important pieces of data that should be downloaded in advance.

ただし、オフラインディスプレイを容易にするために、リンクタイプは、事前にダウンロードする必要がある重要なデータを識別する場合があります。

1.6. Conventions Used in This Document
1.6. このドキュメントで使用されている規則

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "NOT RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in BCP 14 [RFC2119] [RFC8174] when, and only when, they appear in all capitals, as shown here.

この文書のキーワード "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "MAY", および "OPTIONAL" はBCP 14 [RFC2119] [RFC8174]で説明されているように、すべて大文字の場合にのみ解釈されます。

The notation used in this memo to (re-)define iCalendar elements is the ABNF notation of [RFC5234], as used by [RFC5545]. Any syntax elements shown below that are not explicitly defined in this specification come from iCalendar [RFC5545].

このメモで使用される表記法は、[RFC5545]で使用される[RFC5234]のABNF表記です。この仕様で明示的に定義されていない以下に示す構文要素は、ICALENDAR [RFC5545]からのものです。

2. LINK Property Reference Types
2. リンクプロパティリファレンスタイプ

The reference value in the LINK property defined below can take three forms specified by the VALUE parameter:

以下に定義されているリンクプロパティの参照値は、値パラメーターで指定された3つのフォームを取得できます。

URI: This is a URI referring to the target.

URI:これはターゲットを指すURIです。

UID: This allows for linking within a single collection of calendar components, and the value MUST refer to another component within the same collection.

UID:これにより、カレンダーコンポーネントの単一のコレクション内にリンクでき、値は同じコレクション内の別のコンポーネントを参照する必要があります。

XML-REFERENCE: In an XML environment, it may be necessary to refer to a fragment of an external XML artifact. This value is a URI with an XPointer anchor value. The XPointer is defined in [W3C.WD-xptr-xpointer-20021219], and its use as an anchor is defined in [W3C.REC-xptr-framework-20030325].

XML-Reference:XML環境では、外部XMLアーティファクトの断片を参照する必要がある場合があります。この値は、XPointerアンカー値を持つURIです。Xpointerは[w3c.wd-xptr-xpointer-20021219]で定義されており、アンカーとしてのその使用は[w3c.rec-xptr-framework-20030325]で定義されています。

Note that UID references may need updating on import. An example is data to be imported from a file containing VTODO and VEVENT components, with a VTODO referring to VEVENT components by UID. When imported into a CalDAV system, the VTODO components are typically placed in a different collection from the VEVENT components. This would require the UID reference to be replaced with a URI.

UID参照は、インポートの更新が必要になる場合があることに注意してください。例としては、VTODOおよびVeventコンポーネントを含むファイルからインポートされるデータがあり、VTODOはUIDによってVEVENTコンポーネントを参照しています。CalDAVシステムにインポートすると、VTODOコンポーネントは通常、Veventコンポーネントとは異なるコレクションに配置されます。これには、UIDの参照をURIに置き換える必要があります。

3. Link Relation Types
3. リンク関係タイプ

Two forms of relation types are defined in [RFC8288]: registered and extension. Registered relation types are added to the "Link Relations" registry, as specified in Section 2.1.1 of [RFC8288]. Extension relation types, defined in Section 2.1.2 of [RFC8288], are specified as unique URIs that are not registered in the registry.

2つの形式の関係タイプは[RFC8288]で定義されています:登録済みと拡張。[RFC8288]のセクション2.1.1で指定されているように、登録関係タイプは「リンク関係」レジストリに追加されます。[RFC8288]のセクション2.1.2で定義されている拡張関係タイプは、レジストリに登録されていない一意のURIとして指定されています。

The relation types defined in Section 6.1 will be registered with IANA in accordance with the specifications in [RFC8288].

セクション6.1で定義されている関係タイプは、[RFC8288]の仕様に従ってIANAに登録されます。

4. New Temporal RELTYPE Parameter Values
4. 新しい時間relypeパラメーター値

This section defines the usual temporal relationships for use with the RELTYPE parameter defined in Section 3.2.15 of [RFC5545]: FINISHTOSTART, FINISHTOFINISH, STARTTOFINISH, or STARTTOSTART.

このセクションでは、[RFC5545]のセクション3.2.15で定義されているRELTYPEパラメーターで使用する通常の時間関係を定義します:finantTostArt、finantTofinish、startTofinish、またはstartTostArt。

The [RFC5545] RELATED-TO property with one or more of these temporal relationships will be present in the predecessor entity and will refer to the successor entity.

これらの時間的関係の1つ以上を持つプロパティに関連する[RFC5545]は、前身のエンティティに存在し、後継者エンティティを指します。

The GAP parameter (see Section 6.2) specifies the lead (a negative value) or lag (a positive value) time between the predecessor and the successor.

ギャップパラメーター(セクション6.2を参照)は、前任者と後継者の間のリード(負の値)またはラグ(正の値)時間を指定します。

In the description of each temporal relationship below, we refer to Task-A, which contains and controls the relationship, and Task-B, which is the target of the relationship. This is indicated by the direction of the arrows in the diagrams below.

以下の各時間的関係の説明では、関係を含んで制御するタスクAと、関係のターゲットであるタスク-Bを参照します。これは、以下の図の矢印の方向によって示されます。

Also, each relationship may be modified by the addition of a GAP parameter to the relationship that applies to the targeted component.

また、各関係は、ターゲットコンポーネントに適用される関係にギャップパラメーターを追加することにより変更される場合があります。

RELTYPE=FINISHTOSTART: Task-B cannot start until Task-A finishes. For example, when painting is complete, carpet laying can begin.

reltype = finishtostart:task-bは、タスクAが終了するまで起動できません。たとえば、塗装が完了すると、カーペットの敷設が開始されます。

                  ============
                  |  Task-A  |
                  ============
                             |
                             V
                             ============
                             |  Task-B  |
                             ============
        

Figure 1: Finish-to-Start Relationship

図1:フィニッシュとスタート関係

RELTYPE=FINISHTOFINISH: Task-B can only be completed after Task-A is finished. The related tasks may run in parallel before completion.

reltype = finishtofinish:task-bは、タスクAが完了した後にのみ完了できます。関連するタスクは、完了前に並行して実行される場合があります。

For example, in the development of two related pieces of software (e.g., the API and the implementation), the design of the implementation (Task-B) cannot be completed until the design of the API (Task-A) has been completed.

たとえば、2つの関連するソフトウェア(APIや実装など)の開発では、API(タスクA)の設計が完了するまで実装の設計(タスク-B)を完了することはできません。

                          ==================
                          |     Task-A     |--+
                          ==================  |
                                              |
                                ============  |
                                |  Task-B  |<-+
                                ============
        

Figure 2: Finish-to-Finish Relationship

図2:フィニッシュとフィニッシュの関係

RELTYPE=STARTTOFINISH: The start of Task-A (which occurs after Task-B) controls the finish of Task-B. For example, ticket sales (Task-B) end after the game starts (Task-A).

reltype = startTofinish:タスクAの開始(タスク-Bの後に発生)は、タスク-Bの終了を制御します。たとえば、ゲームの開始後(タスク-A)後にチケット販売(タスク-B)が終了します。

                                 ============
                              +--|  Task-A  |
                              |  ============
                              +---------+
                          ============  |
                          |  Task-B  |<-+
                          ============
        

Figure 3: Start-to-Finish Relationship

図3:最初からフィニッシュの関係

RELTYPE=STARTTOSTART: The start of Task-A triggers the start of Task-B, that is, Task-B can start anytime after Task-A starts.

reltype = startTostart:タスクAの開始は、タスク-Bの開始をトリガーします。つまり、タスク-BがタスクAの開始後いつでも開始できます。

                          ============
                       +--|  Task-A  |
                       |  ============
                       |
                       |  ============
                       +->|  Task-B  |
                          ============
        

Figure 4: Start-to-Start Relationship

図4:スタートとスタートの関係

5. Additional New RELTYPE Parameter Values
5. 追加の新しいRELTYPEパラメーター値

This section defines the additional relationships below:

このセクションでは、以下の追加の関係を定義します。

RELTYPE=FIRST: This indicates that the referenced calendar component is the first in a series the referencing calendar component is part of.

reltype = first:これは、参照されるカレンダーコンポーネントが参照カレンダーコンポーネントが一部であるシリーズの最初のものであることを示します。

RELTYPE=NEXT: This indicates that the referenced calendar component is the next in a series the referencing calendar component is part of.

reltype = next:これは、参照されるカレンダーコンポーネントが参照カレンダーコンポーネントが一部であるシリーズの次のものであることを示します。

RELTYPE=DEPENDS-ON: This indicates that the current calendar component depends on the referenced calendar component in some manner. For example, a task may be blocked waiting on the other, referenced, task.

reltype = dised-on:これは、現在のカレンダーコンポーネントが参照されたカレンダーコンポーネントに何らかの方法で依存することを示します。たとえば、タスクは、他の、参照されるタスクを待っているブロックされる場合があります。

RELTYPE=REFID: This establishes a reference from the current component to components with a REFID property that matches the value given in the associated RELATED-TO property.

reltype = refid:これにより、現在のコンポーネントから、関連する関連するプロパティで与えられた値に一致するrefidプロパティを持つコンポーネントへの参照が確立されます。

RELTYPE=CONCEPT: This establishes a reference from the current component to components with a CONCEPT property that matches the value given in the associated RELATED-TO property.

reltype = concept:これにより、現在のコンポーネントからコンポーネントへの参照が確立されます。これは、関連する関連するプロパティで与えられた値に一致するコンセプトプロパティを使用します。

Note that the relationship types of PARENT, CHILD, and SIBLING establish a hierarchical relationship. The new types of FIRST and NEXT are an ordering relationship.

親、子、兄弟の関係タイプが階層的な関係を確立することに注意してください。最初と次の新しいタイプは秩序関係です。

6. New Property Parameters
6. 新しいプロパティパラメーター
6.1. Link Relation
6.1. リンク関係

Parameter name: LINKREL

パラメーター名:Linkrel

Purpose: This property specifies the relationship of data referenced by a LINK property.

目的:このプロパティは、リンクプロパティで参照されるデータの関係を指定します。

Format Definition: This parameter is defined by the following notation:

フォーマット定義:このパラメーターは、次の表記法で定義されます。

linkrelparam = "LINKREL" "=" (DQUOTE uri DQUOTE / iana-token) ; Other IANA registered type

linkrelparam = "linkrel" "="(dquote uri dquote / iana-token);その他のIANA登録型

Description: This parameter MUST be specified on all LINK properties and define the type of reference. This allows programs consuming this data to automatically scan for references they support. There is no default relation type.

説明:このパラメーターは、すべてのリンクプロパティで指定し、参照のタイプを定義する必要があります。これにより、このデータを消費するプログラムがサポートする参照を自動的にスキャンすることができます。デフォルトの関係タイプはありません。

Any link relation in the link registry established by [RFC8288], or new link relations, may be used. It is expected that link relation types seeing significant usage in calendaring will have the calendaring usage described in an RFC.

[RFC8288]によって確立されたリンクレジストリのリンク関係または新しいリンク関係を使用できます。カレンダーで重要な使用法を見るリンク関係タイプは、RFCでカレンダーの使用法を説明することが予想されます。

LINKREL=latest-version: This identifies the latest version of the event information.

Linkrel =最新バージョン:これは、イベント情報の最新バージョンを識別します。

Registration: These relation types are registered in [RFC8288].

登録:これらの関係タイプは[RFC8288]に登録されています。

6.2. Gap
6.2. ギャップ

Parameter name: GAP

パラメーター名:ギャップ

Purpose: This property specifies the length of the gap, positive or negative, between two components with a temporal relationship.

目的:このプロパティは、一時的な関係を持つ2つのコンポーネント間のギャップの長さを正または負の間で指定します。

Format Definition: This parameter is defined by the following notation, where dur-value is defined in Section 3.3.6 of [RFC5545]. :

形式の定義:このパラメーターは、次の表記法で定義されます。ここで、DUR値は[RFC5545]のセクション3.3.6で定義されています。:

gapparam = "GAP" "=" dur-value

gapparam = "gap" "=" dur-value

Description: This parameter MAY be specified on the RELATED-TO property and defines the duration of time between the predecessor and successor in an interval. When positive, it defines the lag time between a task and its logical successor. When negative, it defines the lead time.

説明:このパラメーターは、関連するプロパティで指定され、前身と後継者間の期間を間隔で定義できます。肯定的な場合、タスクとその論理的後継者の間の遅れ時間を定義します。負の場合、リードタイムを定義します。

An example of lag time might be if Task-A is "paint the room" and Task-B is "lay the carpets". Then, Task-A may be related to Task-B with RELTYPE=FINISHTOSTART with a gap of 1 day -- long enough for the paint to dry.

ラグ時間の例は、タスクAが「部屋をペイント」し、タスク-Bが「カーペットを置く」場合です。次に、タスク-Aは、1日のギャップを持つrelType = finishtostartのタスク-Bに関連している可能性があります。ペイントが乾燥するのに十分な長さです。

                  ====================
                  |  paint the room  |--+
                  ====================  |
                                        |(lag of one day)
                                        |
                                        |  ===================
                                        +->| lay the carpet  |
                                           ===================
        

Figure 5: Finish-to-Start Relationship with Lag

図5:ラグとの仕上げとスタートの関係

For an example of lead time, in constructing a two-story building, the electrical work must be done before painting. However, the painter can move in to the first floor as the electricians move upstairs.

リードタイムの例として、2階建ての建物を建設する際には、塗装前に電気作業を行う必要があります。しかし、画家は電気技師が2階に移動するにつれて1階に移動できます。

                  =====================
                  |  electrical work  |--+
                  =====================  |
                           +-------------+
                           |(lead of estimated time)
                           |  ==================
                           +->|    painting    |
                              ==================
        

Figure 6: Finish-to-Start Relationship with Lead

図6:リードとの仕上げとスタートの関係

7. New Value Data Types
7. 新しい値データ型

This specification defines the following new value types to be used with the VALUE property parameter:

この仕様では、値プロパティパラメーターで使用する次の新しい値タイプを定義します。

UID: VALUE=UID indicates that the associated value is the UID for a component.

uid:value = uidは、関連する値がコンポーネントのuidであることを示します。

XML-REFERENCE: VALUE=XML-REFERENCE indicates that the associated value references an associated XML artifact and is a URI with an XPointer anchor value. The XPointer is defined in [W3C.WD-xptr-xpointer-20021219], and its use as an anchor is defined in [W3C.REC-xptr-framework-20030325].

xml-reference:value = xml-reference関連の値は、関連するXMLアーティファクトを参照し、Xpointerアンカー値を持つURIであることを示します。Xpointerは[w3c.wd-xptr-xpointer-20021219]で定義されており、アンカーとしてのその使用は[w3c.rec-xptr-framework-20030325]で定義されています。

8. New Properties
8. 新しいプロパティ
8.1. Concept
8.1. 概念

Property name: CONCEPT

プロパティ名:コンセプト

Purpose: This property defines the formal categories for a calendar component.

目的:このプロパティは、カレンダーコンポーネントの正式なカテゴリを定義します。

Value type: URI

値タイプ:URI

Property Parameters: IANA and non-standard parameters can be specified on this property.

プロパティパラメーター:IANAおよび非標準のパラメーターをこのプロパティで指定できます。

Conformance: This property can be specified zero or more times in any iCalendar component.

適合:このプロパティは、任意のICALENDARコンポーネントでゼロ以上に指定できます。

Description: This property is used to specify formal categories or classifications of the calendar component. The values are useful in searching for a calendar component of a particular type and category.

説明:このプロパティは、カレンダーコンポーネントの正式なカテゴリまたは分類を指定するために使用されます。値は、特定のタイプとカテゴリのカレンダーコンポーネントを検索するのに役立ちます。

This categorization is distinct from the more informal "tagging" of components provided by the existing CATEGORIES property. It is expected that the value of the CONCEPT property will reference an external resource that provides information about the categorization.

この分類は、既存のカテゴリプロパティによって提供されるコンポーネントのより非公式の「タグ付け」とは異なります。コンセプトプロパティの価値は、分類に関する情報を提供する外部リソースを参照することが期待されています。

In addition, a structured URI value allows for hierarchical categorization of events.

さらに、構造化されたURI値により、イベントの階層分類が可能になります。

Possible category resources are the various proprietary systems, for example, the Library of Congress, or an open source of categorization data.

可能なカテゴリリソースは、たとえば議会図書館、または分類データのオープンソースなど、さまざまな独自のシステムです。

Format Definition: This property is defined by the following notation:

フォーマット定義:このプロパティは、次の表記法で定義されています。

concept = "CONCEPT" conceptparam ":" uri CRLF

concept = "Concept" ConceptParam ":" uri crlf

        conceptparam = *(";" other-param)
        

Example: The following is an example of this property. It points to a server acting as the source for the calendar object.

例:以下は、このプロパティの例です。カレンダーオブジェクトのソースとして機能するサーバーを指します。

        CONCEPT:https://example.com/event-types/arts/music
        
8.2. Link
8.2. リンク

Property name: LINK

プロパティ名:リンク

Purpose: This property provides a reference to external information related to a component.

目的:このプロパティは、コンポーネントに関連する外部情報への参照を提供します。

Value type: URI, UID, or XML-REFERENCE

値タイプ:URI、UID、またはXML-Reference

Property Parameters: The VALUE parameter is required. Non-standard, link relation type, format type, label, and language parameters can also be specified on this property. The LABEL parameter is defined in [RFC7986].

プロパティパラメーター:値パラメーターが必要です。非標準、リンク関係タイプ、フォーマットタイプ、ラベル、および言語パラメーターもこのプロパティで指定できます。ラベルパラメーターは[RFC7986]で定義されています。

Conformance: This property can be specified zero or more times in any iCalendar component.

適合:このプロパティは、任意のICALENDARコンポーネントでゼロ以上に指定できます。

Description: When used in a component, the value of this property points to additional information related to the component. For example, it may reference the originating web server.

説明:コンポーネントで使用する場合、このプロパティの値は、コンポーネントに関連する追加情報を指します。たとえば、発信元のWebサーバーを参照する場合があります。

Format Definition: This property is defined by the following notation:

フォーマット定義:このプロパティは、次の表記法で定義されています。

         link           = "LINK" linkparam ":"
                            ( uri /  ; for VALUE=XML-REFERENCE
                              uri /  ; for VALUE=URI
                              text ) ; for VALUE=UID
                          CRLF
        
         linkparam      = (";" "VALUE" "=" ("XML-REFERENCE" /
                                      "URI" /
                                      "UID"))
                          1*(";" linkrelparam)
                          1*(";" fmttypeparam)
                          1*(";" labelparam)
                          1*(";" languageparam)
                          *(";" other-param)
                          ; the elements herein may appear in any order,
                          ; and the order is not significant.
        

This property is a serialization of the model in [RFC8288], where the link target is carried in the property value, the link context is the containing calendar entity, and the link relation type and any target attributes are carried in iCalendar property parameters.

このプロパティは、[RFC8288]のモデルのシリアル化であり、リンクターゲットはプロパティ値に掲載され、リンクコンテキストは含まれるカレンダーエンティティであり、リンク関係タイプと任意のターゲット属性がICALENENDARプロパティパラメーターで運ばれます。

The LINK property parameters map to [RFC8288] attributes as follows:

Link Propertyパラメーターは、次のように[RFC8288]属性にマッピングされます。

LABEL: This parameter maps to the "title" attribute defined in Section 3.4.1 of [RFC8288].

ラベル:[RFC8288]のセクション3.4.1で定義されている「タイトル」属性のこのパラメーターマップ。

LANGUAGE: This parameter maps to the "hreflang" attribute defined in Section 3.4.1 of [RFC8288].

言語:このパラメーターは、[RFC8288]のセクション3.4.1で定義されている「hreflang」属性にマップします。

LINKREL: This parameter maps to the link relation type defined in Section 2.1 of [RFC8288].

Linkrel:このパラメーターは、[RFC8288]のセクション2.1で定義されているリンク関係タイプにマップします。

FMTTYPE: This parameter maps to the "type" attribute defined in Section 3.4.1 of [RFC8288].

FMTTYPE:このパラメーターは、[RFC8288]のセクション3.4.1で定義されている「タイプ」属性をマップします。

There is no mapping for "title*", "anchor", "rev", or "media" [RFC8288].

「タイトル*」、「アンカー」、「Rev」、または「メディア」[RFC8288]のマッピングはありません。

Example: The following is an example of this property, which provides a reference to the source for the calendar object.

例:以下は、このプロパティの例であり、カレンダーオブジェクトのソースへの参照を提供します。

        LINK;LINKREL=SOURCE;LABEL=Venue;VALUE=URI:
         https://example.com/events
        

Example: The following is an example of this property, which provides a reference to an entity from which this one was derived. The link relation is a vendor-defined value.

例:以下は、このプロパティの例であり、このプロパティが派生したエンティティへの参照を提供します。リンク関係は、ベンダー定義の値です。

        LINK;LINKREL="https://example.com/linkrel/derivedFrom";
         VALUE=URI:
         https://example.com/tasks/01234567-abcd1234.ics
        

Example: The following is an example of this property, which provides a reference to a fragment of an XML document. The link relation is a vendor-defined value.

例:以下は、このプロパティの例であり、XMLドキュメントのフラグメントへの参照を提供します。リンク関係は、ベンダー定義の値です。

        LINK;LINKREL="https://example.com/linkrel/costStructure";
         VALUE=XML-REFERENCE:
         https://example.com/xmlDocs/bidFramework.xml
         #xpointer(descendant::CostStruc/range-to(
         following::CostStrucEND[1]))
        
8.3. Refid
8.3. refid

Property name: REFID

プロパティ名:refid

Purpose: This property value acts as a key for associated iCalendar entities.

目的:このプロパティ値は、関連するICALENDARエンティティの鍵として機能します。

Value type: TEXT

値タイプ:テキスト

Property Parameters: Non-standard parameters can be specified on this property.

プロパティパラメーター:非標準パラメーターをこのプロパティで指定できます。

Conformance: This property can be specified zero or more times in any iCalendar component.

適合:このプロパティは、任意のICALENDARコンポーネントでゼロ以上に指定できます。

Description: The value of this property is free-form text that creates an identifier for associated components. All components that use the same REFID value are associated through that value and can be located or retrieved as a group. For example, all of the events in a travel itinerary would have the same REFID value, so as to be grouped together.

説明:このプロパティの値は、関連するコンポーネントの識別子を作成する自由形式のテキストです。同じrefid値を使用するすべてのコンポーネントは、その値を通じて関連付けられ、グループとして配置または取得できます。たとえば、旅行の旅程のすべてのイベントには、グループ化されるように同じrefid値があります。

Format Definition: This property is defined by the following notation:

フォーマット定義:このプロパティは、次の表記法で定義されています。

refid = "REFID" refidparam ":" text CRLF

refid = "refid" refidparam ":" TextCrlf

        refidparam      = *(";" other-param)
        

Example: The following is an example of this property.

例:以下は、このプロパティの例です。

REFID:itinerary-2014-11-17

refid:旅程-2014-11-17

9. Updates to RFC 5545
9. RFC 5545の更新

This specification updates the RELATED-TO property defined in Section 3.8.4.5 of [RFC5545]. The contents of Section 9.1 replace that section.

この仕様は、[RFC5545]のセクション3.8.4.5で定義されている関連するプロパティを更新します。セクション9.1の内容は、そのセクションを置き換えます。

The RELTYPE parameter is extended to take new values defining temporal relationships, a GAP parameter is defined to provide lead and lag values, and RELATED-TO is extended to allow URI values. These changes allow the RELATED-TO property to define a richer set of relationships useful for project management.

relTypeパラメーターは拡張され、一時的な関係を定義する新しい値を取得し、ギャップパラメーターがリード値と遅延値を提供するように定義され、関連するように拡張されてURI値を許可します。これらの変更により、関連するプロパティは、プロジェクト管理に役立つより豊富な関係セットを定義できます。

9.1. RELATED-TO
9.1. 関連

Property name: RELATED-TO

プロパティ名:関連

Purpose: This property is used to represent a relationship or reference between one calendar component and another. The definition here extends the definition in Section 3.8.4.5 of [RFC5545] by allowing URI or UID values and a GAP parameter.

目的:このプロパティは、あるカレンダーコンポーネントと別のカレンダーコンポーネント間の関係または参照を表すために使用されます。ここでの定義は、URIまたはUID値とギャップパラメーターを許可することにより、[RFC5545]のセクション3.8.4.5の定義を拡張します。

Value Type: URI, UID, or TEXT

値タイプ:URI、UID、またはテキスト

Property Parameters: Relationship type, IANA, and non-standard property parameters can be specified on this property.

プロパティパラメーター:関係タイプ、IANA、および非標準のプロパティパラメーターをこのプロパティで指定できます。

Conformance: This property MAY be specified in any iCalendar component.

適合:このプロパティは、任意のICALENDARコンポーネントで指定できます。

Description: By default or when VALUE=UID is specified, the property value consists of the persistent, globally unique identifier of another calendar component. This value would be represented in a calendar component by the UID property.

説明:デフォルトまたは値= UIDが指定されている場合、プロパティ値は、別のカレンダーコンポーネントの永続的でグローバルに一意の識別子で構成されます。この値は、UIDプロパティによってカレンダーコンポーネントで表されます。

By default, the property value points to another calendar component that has a PARENT relationship to the referencing object. The RELTYPE property parameter is used to either explicitly state the default PARENT relationship type to the referenced calendar component or to override the default PARENT relationship type and specify either a CHILD or SIBLING relationship or a temporal relationship.

デフォルトでは、プロパティ値は、参照オブジェクトと親関係を持つ別のカレンダーコンポーネントを指します。RELTYPEプロパティパラメーターは、参照されたカレンダーコンポーネントにデフォルトの親関係タイプを明示的に述べるか、デフォルトの親関係タイプをオーバーライドし、子または兄弟関係または時間関係を指定するために使用されます。

The PARENT relationship indicates that the calendar component is a subordinate of the referenced calendar component. The CHILD relationship indicates that the calendar component is a superior of the referenced calendar component. The SIBLING relationship indicates that the calendar component is a peer of the referenced calendar component.

親関係は、カレンダーコンポーネントが参照されたカレンダーコンポーネントの下位であることを示しています。子関係は、カレンダーコンポーネントが参照されたカレンダーコンポーネントの上位であることを示しています。兄弟関係は、カレンダーコンポーネントが参照されるカレンダーコンポーネントのピアであることを示しています。

To preserve backwards compatibility, the value type MUST be UID when the PARENT, SIBLING, or CHILD relationships are specified.

後方互換性を維持するには、親、兄弟、または子供の関係が指定されている場合、値タイプはUIDでなければなりません。

The FINISHTOSTART, FINISHTOFINISH, STARTTOFINISH, or STARTTOSTART relationships define temporal relationships, as specified in the RELTYPE parameter definition.

reltypeパラメーター定義で指定されているように、finanttostart、finanttofinish、starttofinish、またはstarttostart関係は、時間的関係を定義します。

The FIRST and NEXT define ordering relationships between calendar components.

最初と次のものは、カレンダーコンポーネント間の順序付け関係を定義します。

The DEPENDS-ON relationship indicates that the current calendar component depends on the referenced calendar component in some manner. For example, a task may be blocked waiting on the other, referenced, task.

依存関係は、現在のカレンダーコンポーネントが何らかの方法で参照されたカレンダーコンポーネントに依存することを示しています。たとえば、タスクは、他の、参照されるタスクを待っているブロックされる場合があります。

The REFID and CONCEPT relationships establish a reference from the current component to the referenced component.

refidと概念の関係は、現在のコンポーネントから参照コンポーネントへの参照を確立します。

Changes to a calendar component referenced by this property can have an implicit impact on the related calendar component. For example, if a group event changes its start or end date or time, then the related, dependent events will need to have their start and end dates and times changed in a corresponding way. Similarly, if a PARENT calendar component is canceled or deleted, then there is an implied impact to the related CHILD calendar components. This property is intended only to provide information on the relationship of calendar components.

このプロパティによって参照されるカレンダーコンポーネントの変更は、関連するカレンダーコンポーネントに暗黙的な影響を与える可能性があります。たとえば、グループイベントが開始日または終了日または時間を変更する場合、関連する依存イベントは、対応する方法で開始日と終了時間を変更する必要があります。同様に、親カレンダーコンポーネントがキャンセルまたは削除されている場合、関連する子カレンダーコンポーネントに暗黙の影響があります。このプロパティは、カレンダーコンポーネントの関係に関する情報のみを提供することを目的としています。

Deletion of the target component, for example, the target of a FIRST, NEXT, or temporal relationship, can result in broken links.

ターゲットコンポーネントの削除、たとえば、最初の、次の関係、または時間的関係のターゲットは、リンクが破損する可能性があります。

It is up to the target calendar system to maintain any property implications of these relationships.

これらの関係のプロパティへの影響を維持するのは、ターゲットカレンダーシステム次第です。

Format Definition: This property is defined by the following notation:

フォーマット定義:このプロパティは、次の表記法で定義されています。

         related    = "RELATED-TO" relparam ":"
                                  ( text / ; for VALUE=UID
                                    uri /  ; for VALUE=URI
                                    text ) ; for VALUE=TEXT or default
                      CRLF
        
         relparam   = ; the elements herein may appear in any order,
                      ; and the order is not significant.
                      [";" "VALUE" "=" ("UID" /
                                        "URI" /
                                        "TEXT")]
                      [";" reltypeparam]
                      [";" gapparam]
                      *(";" other-param)
        

Example: The following are examples of this property.

例:以下は、このプロパティの例です。

RELATED-TO:jsmith.part7.19960817T083000.xyzMail@example.com

関連:jsmith.part7.19960817t083000.xyzmail@example.com

RELATED-TO:19960401-080045-4000F192713-0052@example.com

関連:19960401-080045-4000F192713-0052@example.com

        RELATED-TO;VALUE=URI;RELTYPE=STARTTOFINISH:
         https://example.com/caldav/user/jb/cal/
         19960401-080045-4000F192713.ics
        
10. Security Considerations
10. セキュリティに関する考慮事項

All of the security considerations of Section 7 of [RFC5545] apply to this specification.

[RFC5545]のセクション7のセキュリティ上の考慮事項はすべて、この仕様に適用されます。

Applications using the LINK property need to be aware of the risks entailed in using the URIs provided as values. See Section 7 of [RFC3986] for a discussion of the security considerations relating to URIs.

リンクプロパティを使用するアプリケーションは、値として提供されるURIを使用することに伴うリスクを認識する必要があります。URIに関連するセキュリティ上の考慮事項についての議論については、[RFC3986]のセクション7を参照してください。

In particular, note Section 7.1 (Reliability and Consistency) of [RFC3986], which points out the lack of a stability guarantee for referenced resources.

特に、[RFC3986]のセクション7.1(信頼性と一貫性)に注意してください。これは、参照されたリソースの安定性保証の欠如を指摘しています。

When the value is an XML-REFERENCE type, the targeted data is an XML document or portion thereof. Consumers need to be aware of the security issues related to XML processing -- in particular, those related to XML entities. See Section 20.6 of [RFC4918]. Additionally, note that the reference may be invalid or become so over time.

値がXML参照タイプの場合、ターゲットデータはXMLドキュメントまたはその部分です。消費者は、XML処理に関連するセキュリティ問題、特にXMLエンティティに関連するセキュリティ問題に注意する必要があります。[RFC4918]のセクション20.6を参照してください。さらに、参照が無効であるか、時間の経過とともにそのようになる可能性があることに注意してください。

The CONCEPT and redefined RELATED-TO properties have the same issues in that values may be URIs.

概念と再定義されたプロパティに再定義されたプロパティは、その値で同じ問題を抱えています。

Extremely large values for the GAP parameter may lead to unexpected behavior.

ギャップパラメーターの非常に大きな値は、予期しない動作につながる可能性があります。

11. IANA Considerations
11. IANAの考慮事項
11.1. iCalendar Property Registrations
11.1. ICALENDARプロパティ登録

The following iCalendar property names have been added to the iCalendar "Properties" registry defined in Section 8.3.2 of [RFC5545]. IANA has also added a reference to this document, where the properties originally defined in [RFC5545] have been updated by this document.

次のICALENDARプロパティ名は、[RFC5545]のセクション8.3.2で定義されているICALENDARの「プロパティ」レジストリに追加されました。IANAはまた、このドキュメントへの参照を追加しました。ここでは、[RFC5545]で元々定義されていたプロパティがこのドキュメントによって更新されました。

          +============+=========+=============================+
          | Property   | Status  | Reference                   |
          +============+=========+=============================+
          | CONCEPT    | Current | Section 8.1                 |
          +------------+---------+-----------------------------+
          | LINK       | Current | Section 8.2                 |
          +------------+---------+-----------------------------+
          | REFID      | Current | Section 8.3                 |
          +------------+---------+-----------------------------+
          | RELATED-TO | Current | [RFC5545], Section 3.8.4.5; |
          |            |         | RFC 9253, Section 9.1       |
          +------------+---------+-----------------------------+
        

Table 1

表1

11.2. iCalendar Property Parameter Registrations
11.2. ICALENDARプロパティパラメーター登録

The following iCalendar property parameter names have been added to the iCalendar "Parameters" registry defined in Section 8.3.3 of [RFC5545].

[RFC5545]のセクション8.3.3で定義されているICALENDARの「パラメーター」レジストリに次のICALENDARプロパティパラメーター名が追加されました。

                   +===========+=========+=============+
                   | Parameter | Status  | Reference   |
                   +===========+=========+=============+
                   | GAP       | Current | Section 6.2 |
                   +-----------+---------+-------------+
                   | LINKREL   | Current | Section 6.1 |
                   +-----------+---------+-------------+
        

Table 2

表2

11.3. iCalendar Value Data Type Registrations
11.3. ICALENDAR値データ型登録

The following iCalendar property parameter names have been added to the iCalendar "Value Data Types" registry defined in Section 8.3.4 of [RFC5545].

次のICALENDARプロパティパラメーター名は、[RFC5545]のセクション8.3.4で定義されているICALENDARの「値データ型」レジストリに追加されました。

                 +=================+=========+===========+
                 | Value Data Type | Status  | Reference |
                 +=================+=========+===========+
                 | XML-REFERENCE   | Current | Section 7 |
                 +-----------------+---------+-----------+
                 | UID             | Current | Section 7 |
                 +-----------------+---------+-----------+
        

Table 3

表3

11.4. iCalendar RELTYPE Value Registrations
11.4. ICALENDAR RELTYPE値登録

The following iCalendar "RELTYPE" values have been added to the iCalendar "Relationship Types" registry defined in Section 8.3.8 of [RFC5545].

[RFC5545]のセクション8.3.8で定義されているICALENDAR「関係タイプ」レジストリに次のICALENDAR「RelType」値が追加されました。

                +===================+=========+===========+
                | Relationship Type | Status  | Reference |
                +===================+=========+===========+
                | CONCEPT           | Current | Section 5 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | DEPENDS-ON        | Current | Section 5 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | FINISHTOFINISH    | Current | Section 4 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | FINISHTOSTART     | Current | Section 4 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | FIRST             | Current | Section 5 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | NEXT              | Current | Section 5 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | REFID             | Current | Section 5 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | STARTTOFINISH     | Current | Section 4 |
                +-------------------+---------+-----------+
                | STARTTOSTART      | Current | Section 4 |
                +-------------------+---------+-----------+
        

Table 4

表4

12. References
12. 参考文献
12.1. Normative References
12.1. 引用文献

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, DOI 10.17487/RFC2119, March 1997, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2119>.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するためのキーワード」、BCP 14、RFC 2119、DOI 10.17487/RFC2119、1997年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/RFC2119>。

[RFC3986] Berners-Lee, T., Fielding, R., and L. Masinter, "Uniform Resource Identifier (URI): Generic Syntax", STD 66, RFC 3986, DOI 10.17487/RFC3986, January 2005, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc3986>.

[RFC3986] Berners-Lee、T.、Fielding、R。、およびL. Masinter、「Uniform Resource Identifier(URI):Generic Syntax」、Std 66、RFC 3986、DOI 10.17487/RFC3986、2005年1月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc3986>。

[RFC4918] Dusseault, L., Ed., "HTTP Extensions for Web Distributed Authoring and Versioning (WebDAV)", RFC 4918, DOI 10.17487/RFC4918, June 2007, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc4918>.

[RFC4918] Dusseault、L.、ed。、「Web分散オーサリングとバージョン(WebDav)のHTTP拡張機能」、RFC 4918、DOI 10.17487/RFC4918、2007年6月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc4918>。

[RFC5234] Crocker, D., Ed. and P. Overell, "Augmented BNF for Syntax Specifications: ABNF", STD 68, RFC 5234, DOI 10.17487/RFC5234, January 2008, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc5234>.

[RFC5234] Crocker、D.、ed。P. Overell、「構文仕様のためのBNFの増強:ABNF:STD 68、RFC 5234、DOI 10.17487/RFC5234、2008年1月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc5234>。

[RFC5545] Desruisseaux, B., Ed., "Internet Calendaring and Scheduling Core Object Specification (iCalendar)", RFC 5545, DOI 10.17487/RFC5545, September 2009, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc5545>.

[RFC5545] Desruisseaux、B.、ed。、「インターネットカレンダーとスケジューリングコアオブジェクト仕様(ICALENDAR)」、RFC 5545、DOI 10.17487/RFC5545、2009年9月、<https://www.rfc-editor.org/info/RFC5545>。

[RFC7986] Daboo, C., "New Properties for iCalendar", RFC 7986, DOI 10.17487/RFC7986, October 2016, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc7986>.

[RFC7986] Daboo、C。、「Icalendarの新しいプロパティ」、RFC 7986、DOI 10.17487/RFC7986、2016年10月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc7986>。

[RFC8174] Leiba, B., "Ambiguity of Uppercase vs Lowercase in RFC 2119 Key Words", BCP 14, RFC 8174, DOI 10.17487/RFC8174, May 2017, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8174>.

[RFC8174] Leiba、B。、「RFC 2119キーワードの大文字と小文字のあいまいさ」、BCP 14、RFC 8174、DOI 10.17487/RFC8174、2017年5月、<https://www.rfc-editor.org/info/RFC8174>。

[RFC8288] Nottingham, M., "Web Linking", RFC 8288, DOI 10.17487/RFC8288, October 2017, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8288>.

[RFC8288]ノッティンガム、M。、「Webリンク」、RFC 8288、DOI 10.17487/RFC8288、2017年10月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8288>。

[W3C.REC-skos-reference-20090818] Miles, A. and S. Bechhofer, "SKOS Simple Knowledge Organization System Reference", W3C Recommendation REC-skos-reference-20090818, 18 August 2009, <https://www.w3.org/TR/2009/REC-skos-reference-20090818>.

[W3C.Rec-Skos-Reference-20090818] Miles、A。and S. Bechhofer、「Skos Simple Knowledge Organization System Reference」、W3C推奨REC-SKOS-SKOS-20090818、2009年8月18日、<https:// www。w3.org/tr/2009/rec-skos-reference-20090818>。

[W3C.REC-xptr-framework-20030325] Grosso, P., Maler, E., Marsh, J., and N. Walsh, "XPointer Framework", W3C Recommendation REC-xptr-framework-20030325, 25 March 2003, <https://www.w3.org/TR/2003/REC-xptr-framework-20030325>.

[W3C.REC-XPTR-FRAMEWWORK-20030325] Grosso、P.、Maler、E.、Marsh、J。、およびN. Walsh、「Xpointer Framework」、W3C推奨REC-XPTR-FRAMEWORK-200325、25 2003年3月25日、<https://www.w3.org/tr/2003/rec-xptr-framework-20030325>。

[W3C.WD-xptr-xpointer-20021219] DeRose, S., Maler, E., and R. Daniel, "XPointer xpointer() Scheme", W3C WD WD-xptr-xpointer-20021219, 19 December 2002, <http://www.w3.org/TR/2002/WD-xptr-xpointer-20021219>.

[W3C.WD-XPTR-XPOINTER-20021219] DEROSE、S.、MALER、E。、およびR. DANIEL、「XPOINTER XPOINTER()Scheme」、W3C WD WD-XPTR-XPOINTER-20021219、2002年12月19日、<HTTP://www.w3.org/tr/2002/wd-xptr-xpointer-20021219>。

12.2. Informative References
12.2. 参考引用

[RFC4791] Daboo, C., Desruisseaux, B., and L. Dusseault, "Calendaring Extensions to WebDAV (CalDAV)", RFC 4791, DOI 10.17487/RFC4791, March 2007, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc4791>.

[RFC4791] Daboo、C.、Desruisseaux、B。、およびL. Dusseault、「WebDav(CalDav)への拡張カレンダー」、RFC 4791、DOI 10.17487/RFC4791、2007年3月、<https://ww.rfc-editor。org/info/rfc4791>。

[RFC8607] Daboo, C., Quillaud, A., and K. Murchison, Ed., "Calendaring Extensions to WebDAV (CalDAV): Managed Attachments", RFC 8607, DOI 10.17487/RFC8607, June 2019, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8607>.

[RFC8607] Daboo、C.、Quillaud、A。、およびK. Murchison、ed。、「WebDav(CalDav)へのカレンダー拡張:マネージドアタッチメント」、RFC 8607、DOI 10.17487/RFC8607、2019年6月、<https:////////www.rfc-editor.org/info/rfc8607>。

Acknowledgements

謝辞

The author would like to thank the members of CalConnect, the Calendaring and Scheduling Consortium technical committees, and the following individuals for contributing their ideas, support, and comments:

著者は、Calconnectのメンバー、カレンダーおよびスケジューリングコンソーシアムの技術委員会、および次の個人に、アイデア、サポート、コメントを提供してくれたことに感謝します。

Adrian Apthorp, Cyrus Daboo, Marten Gajda, and Ken Murchison

エイドリアン・アプソープ、サイラス・ダブー、マーテン・ガイダ、ケン・マーチソン

The author would also like to thank CalConnect and the Calendaring and Scheduling Consortium for advice with this specification.

著者はまた、この仕様に関するアドバイスについては、Calconnectとカレンダーとスケジューリングコンソーシアムに感謝したいと思います。

Author's Address

著者の連絡先

Michael Douglass Bedework 226 3rd Street Troy, NY 12180 United States of America Email: mdouglass@bedework.com URI: https://bedework.com

Michael Douglass Bedework 226 3rd Street Troy、NY 12180アメリカ合衆国電子メール:mdouglass@bedework.com URI:https://bedework.com