Internet Engineering Task Force (IETF)                           R. Salz
Request for Comments: 9281                           Akamai Technologies
BCP: 11                                                        June 2022
Obsoletes: 2028
Category: Best Current Practice
ISSN: 2070-1721
        

Entities Involved in the IETF Standards Process

IETF標準プロセスに関与するエンティティ

Abstract

概要

This document describes the individuals and organizations involved in the IETF standards process, as described in BCP 9. It includes brief descriptions of the entities involved and the role they play in the standards process.

このドキュメントでは、BCP 9で説明されているIETF標準プロセスに関与する個人と組織について説明します。これには、関係するエンティティと標準プロセスで果たす役割の簡単な説明が含まれています。

The IETF and its structure have undergone many changes since RFC 2028 was published in 1996. This document reflects the changed organizational structure of the IETF and obsoletes RFC 2028.

IETFとその構造は、RFC 2028が1996年に公開されて以来、多くの変更を受けました。このドキュメントは、IETFおよびObsoletes RFC 2028の組織構造の変化を反映しています。

Status of This Memo

本文書の位置付け

This memo documents an Internet Best Current Practice.

このメモは、インターネットの最高の現在の練習を文書化しています。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Further information on BCPs is available in Section 2 of RFC 7841.

このドキュメントは、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)からの出版が承認されています。BCPの詳細については、RFC 7841のセクション2で入手できます。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at https://www.rfc-editor.org/info/rfc9281.

このドキュメントの現在のステータス、任意のERRATA、およびそのフィードバックを提供する方法に関する情報は、https://www.rfc-editor.org/info/rfc9281で取得できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2022 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(c)2022 IETF Trustおよび文書著者として特定された人。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (https://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Revised BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Revised BSD License.

このドキュメントは、BCP 78およびIETFドキュメント(https://trustee.ietf.org/license-info)に関連するIETF Trustの法的規定の対象となります。この文書に関するあなたの権利と制限を説明するので、これらの文書を注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、セクション4.Eで説明されている法的規定のセクション4.Eで説明されており、修正されたBSDライセンスで説明されているように保証なしで提供される修正されたBSDライセンステキストを含める必要があります。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction
     1.1.  Terminology
     1.2.  Changes since RFC 2028
   2.  Key Individuals in the Process
     2.1.  Document Editor or Author
     2.2.  Working Group Chair
     2.3.  Area Director
   3.  Key Organizations in the Process
     3.1.  Internet Engineering Task Force (IETF)
     3.2.  Working Groups (WGs)
     3.3.  Internet Engineering Steering Group (IESG)
     3.4.  Internet Architecture Board (IAB)
     3.5.  RFC Production Center (RPC)
     3.6.  Internet Assigned Numbers Authority (IANA)
     3.7.  Internet Research Task Force (IRTF)
     3.8.  IETF Trust
     3.9.  IETF Administration LLC (IETF LLC)
     3.10. IETF Secretariat
     3.11. Internet Society (ISOC)
   4.  Security Considerations
   5.  IANA Considerations
   6.  Informative References
   Acknowledgements
   Author's Address
        
1. Introduction
1. はじめに

The process used by the IETF community for the standardization of protocols and procedures is described in BCP 9 [IETFPROCS]. BCP 9 defines the stages in the standardization process, the requirements for moving a document between stages, and the types of documents used during this process. This document identifies some of the key individual roles and organizations in that process.

IETFコミュニティがプロトコルと手順の標準化に使用するプロセスは、BCP 9 [IETFProcs]で説明されています。BCP 9は、標準化プロセスの段階、ドキュメントをステージ間で移動するための要件、およびこのプロセスで使用されるドキュメントの種類を定義します。このドキュメントは、そのプロセスにおける重要な個々の役割と組織の一部を特定します。

1.1. Terminology
1.1. 用語

This document refers to individual roles in the singular, such as "a document editor." In reality, many roles are filled by more than one person at the same time. For clarity, this document does not use phrases like "chair (or co-chair)."

このドキュメントは、「ドキュメントエディター」など、単数形の個々の役割を指します。実際には、多くの役割は同時に複数の人によって満たされています。明確にするために、このドキュメントは「椅子(または共同議長)」などのフレーズを使用しません。

1.2. Changes since RFC 2028
1.2. RFC 2028以降の変更

The following changes have been made, in no particular order:

以下の変更は、順不同で行われました。

* Added the role of responsible area director (AD) and reordered Section 2 to follow the typical workflow.

* 典型的なワークフローに従うために、責任あるエリアディレクター(AD)と並べ替えられたセクション2の役割を追加しました。

* Added the IETF Administration LLC and the IETF Trust to Section 3.

* IETF Administration LLCとIETF Trustをセクション3に追加しました。

* Changed "RFC Editor" to "RFC Production Center" to reflect the changes made by [RFCEDMODEL].

* [RFCエディター]を「RFCプロダクションセンター」に変更して、[RFCEDMODEL]による変更を反映しました。

* Added the Terminology and Acknowledgements sections.

* 用語と謝辞セクションを追加しました。

* Cleaned up some wording throughout the document.

* ドキュメント全体にいくつかの文言をクリーンアップしました。

2. Key Individuals in the Process
2. その過程で重要な個人

This section describes the individual roles involved in the process. It attempts to list the roles in the order in which they are involved in the process, without otherwise expressing significance.

このセクションでは、プロセスに関与する個々の役割について説明します。それは、それ以外の場合は重要性を表明することなく、プロセスに関与している順序で役割をリストしようとします。

2.1. Document Editor or Author
2.1. ドキュメントエディターまたは著者

Most working groups (WGs) focus their efforts on one or more documents that capture their work results. The WG chair designates one or more people to serve as the editor(s) for a particular document. The editor is responsible for ensuring that the contents of the document accurately reflect the decisions that have been made by the WG.

ほとんどのワーキンググループ(WGS)は、仕事の結果をキャプチャする1つ以上のドキュメントに努力を集中しています。WG椅子は、特定のドキュメントの編集者として機能する1人以上の人を指定します。編集者は、ドキュメントの内容がWGによって行われた決定を正確に反映することを保証する責任があります。

When a document is composed and edited mainly by one or more individuals, they may be referred to as "document authors". The distinction is not significant for the standards process. This document uses the term "document editor".

文書が主に1人以上の個人によって構成および編集される場合、それらは「文書著者」と呼ばれる場合があります。区別は、標準プロセスでは重要ではありません。このドキュメントでは、「ドキュメントエディター」という用語を使用しています。

When a document editor is a chair of the same WG, another chair should manage the process around the document. If another chair is not available, the WG and AD must monitor the process especially carefully to ensure that the resulting documents accurately reflect the consensus of the WG and that all processes are followed. This is the collective obligation of all parties involved in the document.

ドキュメントエディターが同じWGの椅子である場合、別の椅子がドキュメントの周りのプロセスを管理する必要があります。別の椅子が利用できない場合、WGとADはプロセスを特に慎重に監視して、結果のドキュメントがWGのコンセンサスを正確に反映し、すべてのプロセスに従うことを確認する必要があります。これは、文書に関係するすべての関係者の集合的な義務です。

2.2. Working Group Chair
2.2. ワーキンググループチェア

Each WG is headed by a chair who has the responsibility for facilitating the group's activities, presiding over the group's meetings, and ensuring that the commitments of the group with respect to its role in the Internet standards process are met. In particular, the WG chair is the formal point of contact between the WG and the Internet Engineering Steering Group (IESG), via the AD of the area to which the WG belongs.

各WGは、グループの活動を促進する責任を負い、グループの会議を主sideし、インターネット標準プロセスにおけるその役割に関するグループのコミットメントが満たされることを保証する椅子が率いています。特に、WG椅子は、WGが属するエリアの広告を介して、WGとインターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)の間の正式な接触ポイントです。

The details on the selection and responsibilities of a WG chair can be found in [WGPROCS].

WG椅子の選択と責任の詳細は、[WGPROCS]にあります。

2.3. Area Director
2.3. エリアディレクター

Each WG is assigned a single responsible area director (AD). The AD can assist the WG chair in assessing consensus and executing process. The AD also reviews documents after the WG has approved them, and when satisfied, the AD coordinates the IESG review and IETF Last Call of the document.

各WGには、単一の責任あるエリアディレクター(AD)が割り当てられます。この広告は、コンセンサスの評価と実行プロセスの実行において、WG椅子を支援できます。また、広告はWGが承認した後にドキュメントをレビューし、満足した場合、ADはIESGレビューとIETFの最後のコールをドキュメントの調整を調整します。

An AD can also sponsor an Internet-Draft directly, but this is not very common. When this is done, a WG is not involved.

広告はインターネットドラフトを直接後援することもできますが、これはあまり一般的ではありません。これが完了すると、WGは関与しません。

Except for the General Area, IETF areas traditionally have multiple ADs.

一般的な領域を除き、IETF領域には従来、複数の広告があります。

3. Key Organizations in the Process
3. その過程で重要な組織

The following organizations and organizational roles are involved in the Internet standards process.

以下の組織と組織の役割は、インターネット標準プロセスに関与しています。

3.1. Internet Engineering Task Force (IETF)
3.1. インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)

The IETF is an open international community of network designers, operators, implementors, researchers, and other interested parties who are concerned with the evolution of the Internet architecture and the smooth operation of the Internet. It is the principal body engaged in the development of new Internet Standard specifications and related documents.

IETFは、インターネットアーキテクチャの進化とインターネットのスムーズな運用に関心のあるネットワーク設計者、オペレーター、実装者、研究者、およびその他の利害関係者のオープンな国際コミュニティです。これは、新しいインターネット標準仕様と関連ドキュメントの開発に従事する主要機関です。

3.2. Working Groups (WGs)
3.2. ワーキンググループ(WGS)

The technical work of the IETF is done in its WGs, which are organized by topics into several areas (https://www.ietf.org/topics/ areas/), each under the coordination of an AD. WGs typically have a narrow focus and a lifetime bounded by completion of specific tasks as defined in their charter and milestones. Some WGs are long-lived and intended to conduct ongoing maintenance on IETF protocol(s). There are also "dispatch" WGs that assess where new work in the IETF should be done but do not directly produce standards.

IETFの技術作業は、トピックによっていくつかの領域(https://www.ietf.org/topics/エリア/)に編成されており、それぞれが広告の調整下にあるWGSで行われています。WGSは通常、焦点が狭く、憲章とマイルストーンで定義されている特定のタスクの完了に囲まれた寿命があります。一部のWGSは長命であり、IETFプロトコルで継続的なメンテナンスを実施することを目的としています。また、IETFの新しい作業を行う必要があるが、直接標準を作成する必要はない「ディスパッチ」WGSもあります。

For all purposes relevant to the Internet Standards development process, membership in the IETF and its WGs is defined to be established solely and entirely by individuals who participate in IETF and WG activities. These individuals do not formally represent any organizations they may be affiliated with, although affiliations are often used for identification.

インターネット標準開発プロセスに関連するあらゆる目的のために、IETFとそのWGSのメンバーシップは、IETFおよびWGアクティビティに参加する個人によってのみ確立されるように定義されています。これらの個人は、所属する可能性のある組織を正式に表していませんが、所属は識別にしばしば使用されます。

Anyone with the time and interest to do so is entitled and urged to participate actively in one or more WGs and to attend IETF meetings, which are usually held three times a year [MEETINGS]. A WG may also schedule interim meetings (virtual, in-person, or hybrid). These are scheduled and announced to the entire WG. Active WG participation is possible without attending any in-person meetings.

時間と関心のある人は誰でも、1つ以上のWGSに積極的に参加し、通常年に3回開催されるIETFミーティングに参加する権利があり、促されます[会議]。WGは、暫定会議(仮想、対面、またはハイブリッド)をスケジュールすることもできます。これらはスケジュールされ、WG全体に発表されます。対面会議に出席せずに、積極的なWG参加が可能です。

Participants in the IETF and its WGs must disclose any relevant current or pending intellectual property rights that are reasonably and personally known to the participant if they participate in discussions about a specific technology. The full intellectual property policy is defined in [IPRRIGHTS1] and [IPRRIGHTS2].

IETFおよびそのWGの参加者は、特定の技術に関する議論に参加する場合、参加者に合理的かつ個人的に知られている関連する現在または保留中の知的財産権を開示する必要があります。完全な知的財産政策は、[iprrights1]および[iprrights2]で定義されています。

New WGs are established by the IESG and almost always have a specific and explicit charter. The charter can be modified as the WG progresses. The guidelines and procedures for the formation and operation of WGs are described in detail in [WGPROCS].

新しいWGSはIESGによって確立され、ほとんど常に特定の明示的な憲章があります。憲章は、WGが進行するにつれて変更できます。WGSの形成と操作のガイドラインと手順については、[WGProcs]で詳細に説明されています。

A WG is managed by a WG chair, as described in Section 2.2. Documents produced by the group have an editor, as described in Section 2.1. Further details of WG operation can be found in [WGPROCS].

WGは、セクション2.2で説明されているように、WG椅子によって管理されます。セクション2.1で説明されているように、グループが作成したドキュメントには編集者がいます。WG操作の詳細については、[WGPROCS]をご覧ください。

WGs ideally display a spirit of cooperation as well as a high degree of technical maturity; IETF participants recognize that the greatest benefit for all members of the Internet community results from cooperative development of technically excellent protocols and services.

WGSは理想的には、協力の精神と高度な技術的成熟度を示します。IETFの参加者は、インターネットコミュニティのすべてのメンバーにとって最大の利点が、技術的に優れたプロトコルとサービスの協力開発に起因することを認識しています。

3.3. Internet Engineering Steering Group (IESG)
3.3. インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)

The IESG is responsible for the management of the IETF technical activities. It administers the Internet Standards process according to the rules and procedures defined in [IETFPROCS]. The IESG is responsible for the actions associated with the progression of documents along the IETF Stream, including the initial approval of new WGs, any subsequent rechartering, and the final approval of documents. The IESG is composed of the ADs and the IETF Chair. The IETF Chair also chairs the IESG and is the AD for the General Area. The Chair of the Internet Architecture Board (IAB) is an ex officio member of the IESG. Various other bodies have liaisons with the IESG; the full list can be found at <https://www.ietf.org/about/groups/iesg/members/>.

IESGは、IETF技術活動の管理を担当しています。[ietfprocs]で定義されているルールと手順に従って、インターネット標準プロセスを管理します。IESGは、新しいWGSの初期承認、その後の充電、およびドキュメントの最終承認など、IETFストリームに沿ったドキュメントの進行に関連するアクションに責任があります。IESGは、広告とIETFチェアで構成されています。IETF椅子はIESGの議長も行い、一般的なエリアの広告です。インターネット建築委員会(IAB)の議長は、IESGの職権上のメンバーです。他のさまざまな体には、IESGを使用したリエゾンがあります。完全なリストは、<https://www.ietf.org/about/groups/iesg/members/>にあります。

All members of the IESG are nominated by a Nominations Committee (colloquially, "NomCom") and are confirmed by the IAB. See [NOMCOM] for a detailed description of the NomCom procedures. Other matters concerning the organization and operation of the NomCom are described in the IESG Charter [IESG].

IESGのすべてのメンバーは、指名委員会(口語的には「nomcom」)によって指名され、IABによって確認されます。nomcom手順の詳細な説明については、[nomcom]を参照してください。NOMCOMの組織と運用に関する他の問題は、IESGチャーター[IESG]に記載されています。

3.4. Internet Architecture Board (IAB)
3.4. インターネットアーキテクチャボード(IAB)

The IAB provides oversight of the architecture of the Internet and its protocols. The IAB approves IESG candidates put forward by the NomCom. It also reviews all proposed IETF WG charters.

IABは、インターネットのアーキテクチャとそのプロトコルの監視を提供します。IABは、NOMCOMが提案したIESG候補を承認します。また、提案されているすべてのIETF WGチャーターをレビューします。

The IAB provides oversight of the standards process and serves as an appeal board for related complaints about improper execution [IETFPROCS]. In general, it acts as a source of advice about technical, architectural, procedural, and policy matters pertaining to the Internet and its enabling technologies.

IABは、標準プロセスの監視を提供し、不適切な実行に関する関連する苦情の控訴委員会として機能します[IETFProcs]。一般に、それは、インターネットとその有効化技術に関連する技術的、建築的、手続き上、政策の問題に関するアドバイスの源として機能します。

The members of the IAB are nominated by the NomCom and are confirmed by the Board of the Internet Society (ISOC). The IETF Chair is also a member of the IAB, and the Chair of the Internet Research Task Force (IRTF) is an ex officio member. Other matters concerning the IAB's organization and operation are described in the IAB Charter [IAB].

IABのメンバーはNOMCOMに指名され、インターネット協会(ISOC)の理事会によって確認されています。IETF議長はIABのメンバーでもあり、インターネット研究タスクフォース(IRTF)の議長は職権上のメンバーです。IABの組織と運用に関するその他の問題は、IABチャーター[IAB]に記載されています。

3.5. RFC Production Center (RPC)
3.5. RFCプロダクションセンター(RPC)

Editorial preparation and publication of RFCs are handled by the RFC Production Center (RPC). RFC policy is defined by the RFC Series Working Group (RSWG), an open group (similar to IETF WGs), and approved by the RFC Series Advisory Board (RSAB), which has appointed members. The RFC Series Consulting Editor (RSCE) is a position funded by the IETF Administration LLC, with responsibilities defined in [RFCEDMODEL].

RFCの編集準備と公開は、RFC生産センター(RPC)によって処理されます。RFCポリシーは、オープングループ(IETF WGSに類似)であるRFCシリーズワーキンググループ(RSWG)によって定義され、メンバーを任命したRFCシリーズアドバイザリーボード(RSAB)によって承認されています。RFCシリーズコンサルティングエディター(RSCE)は、IETF Administration LLCによって資金提供されたポジションであり、[RFCEDMODEL]で責任が定義されています。

Full details on the roles and responsibilities of the RPC are specified in [RFCEDMODEL], in particular Section 4.

RPCの役割と責任の詳細は、[RFCEDMODEL]、特にセクション4で指定されています。

3.6. Internet Assigned Numbers Authority (IANA)
3.6. インターネットが割り当てられた番号当局(IANA)

Many protocol specifications include parameters that must be uniquely assigned. Examples of this include port numbers, option identifiers within a protocol, and so on. The Internet Assigned Numbers Authority (IANA) is responsible for assigning values to these protocol parameters and maintaining parameter registries online (https://www.iana.org/protocols). Assignments are coordinated by writing an "IANA Considerations" section for a given document, as described in [IANADOCS]. The IETF's relationship with IANA is defined by formal agreements, including [IANAMOU].

多くのプロトコル仕様には、一意に割り当てる必要があるパラメーターが含まれています。この例には、ポート番号、プロトコル内のオプション識別子などが含まれます。インターネットが割り当てられた番号局(IANA)は、これらのプロトコルパラメーターに値を割り当て、オンラインでパラメーターレジストリを維持する責任があります(https://www.iana.org/protocols)。[Ianadocs]で説明されているように、割り当ては、特定のドキュメントの「IANA考慮事項」セクションを作成することで調整されます。IETFとIANAとの関係は、[Ianamou]を含む正式な合意によって定義されています。

IANA is also responsible for operating and maintaining several aspects of the DNS (https://www.iana.org/domains) and coordinating of IP address assignments (https://www.iana.org/numbers).

IANAは、DNS(https://www.iana.org/domains)のいくつかの側面の操作と維持およびIPアドレス割り当て(https://www.iana.org/numbers)の調整も担当しています。

3.7. Internet Research Task Force (IRTF)
3.7. インターネット研究タスクフォース(IRTF)

The IRTF focuses on longer-term research issues related to the Internet as a parallel organization to the IETF, which focuses on the shorter-term issues of engineering, operations, and specification of standards.

IRTFは、インターネットに関連する長期的な研究問題に焦点を当てており、IETFの並行して組織として、エンジニアリング、運用、および標準の仕様の短期的な問題に焦点を当てています。

The IRTF consists of a number of research groups (RGs) chartered to research various aspects related to the broader Internet. The products of these RGs are typically research results that are often published in scholarly conferences and journals, but they can also be published as RFCs on the IRTF Stream. RGs also sometimes develop experimental protocols or technologies, some of which may be suitable for possible standardization in IETF. Similarly, IETF WGs sometimes ask RGs for advice or other input. However, contributions from RGs generally carry no more weight in the IETF than other community input and go through the same standards-setting process as any other proposal.

IRTFは、より広範なインターネットに関連するさまざまな側面を研究するためにチャーターされた多くの研究グループ(RGS)で構成されています。これらのRGの製品は通常、学術会議やジャーナルでよく掲載される研究結果ですが、IRTFストリームでRFCとして公開することもできます。また、RGSは実験プロトコルまたはテクノロジーを開発することがありますが、その一部はIETFの標準化の可能性に適している場合があります。同様に、IETF WGSは、RGSにアドバイスやその他の入力を求めることがあります。ただし、RGSからの貢献は一般に、他のコミュニティ入力よりもIETFの重みを持ち、他の提案と同じ標準設定プロセスを経ます。

The IRTF is managed by the IRTF Chair in consultation with the Internet Research Steering Group (IRSG). The IRSG membership includes the IRTF Chair, the chairs of the various RGs, and possibly other individuals ("members at large") from the community. Details of the organization and operation of the IRTF, the ISRG, and its RGs may be found in [IRTF], [IABIRTF], [IRTFPRIMER], and [IRTFCHAIR].

IRTFは、IRTF議長によってインターネットリサーチステアリンググループ(IRSG)と協議して管理されています。IRSGメンバーシップには、IRTF椅子、さまざまなRGSの椅子、およびコミュニティの他の個人(「メンバー」)が含まれます。IRTF、ISRG、およびそのRGの組織と運用の詳細は、[IRTF]、[IABIRTF]、[IRTFPRIMER]、および[IRTFChair]で見つけることができます。

3.8. IETF Trust
3.8. IETFトラスト

The IETF Trust is the legal owner of intellectual property for the IETF, IRTF, and IAB. This includes their trademarks, the copyrights to RFCs and to works of the IETF such as the IETF website, and copyright licenses for IETF contributions including Internet-Drafts. The principles for the copyright licenses granted to and from the Trust are described in [IPRRIGHTS1] and [COPYRIGHT], and the licenses themselves are in the Trust Legal Provisions (https://trustee.ietf.org/documents/trust-legal-provisions/).

IETFトラストは、IETF、IRTF、およびIABの知的財産の法的所有者です。これには、商標、RFCへの著作権、およびIETF WebサイトなどのIETFの作業、およびインターネットドラフトを含むIETFの寄付の著作権ライセンスが含まれます。信託との間に付与された著作権ライセンスの原則は[iprrights1]および[著作権]に記載されており、ライセンス自体は信託法の規定(https://trustee.ietf.org/documents/trust-legal-規定/)。

The Trust also currently owns IANA's domain names and trademarks through an agreement with IANA.

トラストは現在、IANAとの合意を通じてIANAのドメイン名と商標を所有しています。

The Trustees that govern the Trust are selected from the IETF community, as described in [TRUSTEES] and the rationale given in [TRUSTRAT].

[受託者]と[Trustrat]で与えられた理論的根拠に記載されているように、信託を支配する受託者はIETFコミュニティから選択されます。

3.9. IETF Administration LLC (IETF LLC)
3.9. IETF Administration LLC(IETF LLC)

The IETF Administration Limited Liability Company (colloquially, the "IETF LLC") provides the corporate legal home for the IETF, the IAB, and the IRTF.

IETF Administration Limited Liability Company(口語、「IETF LLC」)は、IETF、IAB、およびIRTFに企業の法的住宅を提供します。

The IETF LLC is responsible for supporting the ongoing operations of the IETF, managing its finances and budget, and raising money. It regularly reports to the community. The IETF LLC is the legal entity that signs contracts for the IETF Secretariat, meeting hotels, tools development contractors, among many others. The IETF LLC also responds to legal requests; these are often subpoenas in patent lawsuits.

IETF LLCは、IETFの継続的な運用をサポートし、財政と予算を管理し、資金調達を担当しています。それは定期的にコミュニティに報告します。IETF LLCは、IETF事務局の契約、ホテル、ツール開発請負業者などと契約する法人です。IETF LLCは、法的要求にも対応しています。これらはしばしば特許訴訟の召喚状です。

Selection of the IETF LLC Board of Directors is defined in [NOMCOM].

IETF LLC取締役会の選択は、[nomcom]で定義されています。

The IETF Executive Director handles the IETF's daily tasks and management and is overseen by the IETF LLC Board of Directors.

IETFエグゼクティブディレクターは、IETFの毎日のタスクと管理を処理し、IETF LLC取締役会によって監督されています。

Section 6 of [ISOCIETF] describes the legal relationship between the IETF LLC and the Internet Society.

[ISOCIETF]のセクション6では、IETF LLCとインターネット協会の法的関係について説明しています。

3.10. IETF Secretariat
3.10. IETF事務局

The administrative functions necessary to support the activities of the IETF and its various related boards and organizations are performed by a Secretariat contracted by the IETF LLC. The IETF Secretariat handles much of the logistics of running the in-person meetings and is responsible for maintaining the formal public record of the Internet standards process [IETFPROCS].

IETFおよびそのさまざまな関連する委員会および組織の活動をサポートするために必要な管理機能は、IETF LLCが契約した事務局によって実行されます。IETF事務局は、対面会議を実行するというロジスティクスの多くを処理し、インターネット標準プロセス[IETFProcs]の正式な公的記録を維持する責任があります。

3.11. Internet Society (ISOC)
3.11. インターネットソサエティ(ISOC)

ISOC plays an important role in the standards process. In addition to being the legal entity that hosts the IETF LLC, ISOC appoints the NomCom Chair, confirms IAB candidates selected by the NomCom, and acts as the final authority in the appeals process. This is described in [ISOCIETF].

ISOCは、標準プロセスで重要な役割を果たします。IETF LLCをホストする法人であることに加えて、ISOCはNOMCOM議長を任命し、NOMCOMによって選択されたIAB候補を確認し、控訴プロセスの最終的な権限として機能します。これは[Isocietf]で説明されています。

The way in which the ISOC leadership is selected and other matters concerning the operation of the Internet Society are described in [ISOC].

ISOCリーダーシップが選択される方法と、インターネット社会の運営に関するその他の問題は[ISOC]に記載されています。

4. Security Considerations
4. セキュリティ上の考慮事項

This document introduces no new security considerations.

このドキュメントでは、新しいセキュリティ上の考慮事項は紹介されていません。

5. IANA Considerations
5. IANAの考慮事項

This document has no IANA actions.

このドキュメントにはIANAアクションがありません。

6. Informative References
6. 参考引用

[COPYRIGHT] Halpern, J., Ed., "Advice to the Trustees of the IETF Trust on Rights to Be Granted in IETF Documents", RFC 8721, DOI 10.17487/RFC8721, February 2020, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8721>.

[Copyright] Halpern、J.、ed。、「IETF文書で付与される権利に関するIETF信頼の受託者へのアドバイス」、RFC 8721、DOI 10.17487/RFC8721、2020年2月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8721>。

[IAB] Internet Architecture Board and B. Carpenter, Ed., "Charter of the Internet Architecture Board (IAB)", BCP 39, RFC 2850, May 2000.

[IAB] Internet Architecture Board and B. Carpenter、ed。、「Internet Architecture Board(IAB)のチャーター」、BCP 39、RFC 2850、2000年5月。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp39>
        

[IABIRTF] Floyd, S., Ed., Paxson, V., Ed., Falk, A., Ed., and IAB, "IAB Thoughts on the Role of the Internet Research Task Force (IRTF)", RFC 4440, DOI 10.17487/RFC4440, March 2006, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc4440>.

[Iabirtf] Floyd、S.、ed。、Paxson、V.、ed。、Falk、A.、Ed。、およびIab、「IABはインターネット研究タスクフォース(IRTF)の役割について考えています」、RFC 4440、doi 10.17487/rfc4440、2006年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc4440>。

[IANADOCS] Cotton, M., Leiba, B., and T. Narten, "Guidelines for Writing an IANA Considerations Section in RFCs", BCP 26, RFC 8126, June 2017.

[Ianadocs] Cotton、M.、Leiba、B。、およびT. Narten、「RFCSでIANA考慮事項セクションを書くためのガイドライン」、BCP 26、RFC 8126、2017年6月。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp26>
        

[IANAMOU] Carpenter, B., Baker, F., and M. Roberts, "Memorandum of Understanding Concerning the Technical Work of the Internet Assigned Numbers Authority", RFC 2860, DOI 10.17487/RFC2860, June 2000, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2860>.

[Ianamou] Carpenter、B.、Baker、F。、およびM. Roberts、「インターネットの割り当てられた番号当局の技術的な仕事に関する覚書」、RFC 2860、DOI 10.17487/RFC2860、2000年6月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc2860>。

[IESG] Alvestrand, H., "An IESG charter", RFC 3710, DOI 10.17487/RFC3710, February 2004, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc3710>.

[IESG] Alvestrand、H。、「Iesg Charter」、RFC 3710、DOI 10.17487/RFC3710、2004年2月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc3710>。

[IETFPROCS] Bradner, S., "The Internet Standards Process -- Revision 3", BCP 9, RFC 2026, October 1996.

[IETFProcs] Bradner、S。、「インターネット標準プロセス - 改訂3」、BCP 9、RFC 2026、1996年10月。

Dusseault, L. and R. Sparks, "Guidance on Interoperation and Implementation Reports for Advancement to Draft Standard", BCP 9, RFC 5657, September 2009.

Dusseault、L。およびR. Sparks、「標準のドラフトへの進歩のための相互操作と実装レポートに関するガイダンス」、BCP 9、RFC 5657、2009年9月。

Housley, R., Crocker, D., and E. Burger, "Reducing the Standards Track to Two Maturity Levels", BCP 9, RFC 6410, October 2011.

Housley、R.、Crocker、D。、およびE. Burger、「標準の追跡を2つの成熟レベルに削減する」、BCP 9、RFC 6410、2011年10月。

Resnick, P., "Retirement of the "Internet Official Protocol Standards" Summary Document", BCP 9, RFC 7100, December 2013.

Resnick、P。、「「インターネット公式プロトコル標準の退職」要約文書」、BCP 9、RFC 7100、2013年12月。

Kolkman, O., Bradner, S., and S. Turner, "Characterization of Proposed Standards", BCP 9, RFC 7127, January 2014.

Kolkman、O.、Bradner、S。、およびS. Turner、「提案された基準の特性評価」、BCP 9、RFC 7127、2014年1月。

Dawkins, S., "Increasing the Number of Area Directors in an IETF Area", BCP 9, RFC 7475, March 2015.

Dawkins、S。、「IETFエリアのエリアディレクターの数の増加」、BCP 9、RFC 7475、2015年3月。

Halpern, J., Ed. and E. Rescorla, Ed., "IETF Stream Documents Require IETF Rough Consensus", BCP 9, RFC 8789, June 2020.

Halpern、J.、ed。and E. Rescorla、ed。、「IETFストリームドキュメントにはIETFラフコンセンサスが必要」、BCP 9、RFC 8789、2020年6月。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp9>
        

[IPRRIGHTS1] Bradner, S., Ed. and J. Contreras, Ed., "Rights Contributors Provide to the IETF Trust", BCP 78, RFC 5378, November 2008.

[iprrights1] Bradner、S.、ed。and J. Contreras、ed。、「権利貢献者はIETF Trustに提供」、BCP 78、RFC 5378、2008年11月。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp78>
        

[IPRRIGHTS2] Bradner, S. and J. Contreras, "Intellectual Property Rights in IETF Technology", BCP 79, RFC 8179, May 2017.

[IPRRIGHTS2] Bradner、S。およびJ. Contreras、「IETFテクノロジーの知的財産権」、BCP 79、RFC 8179、2017年5月。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp79>
        

[IRTF] Weinrib, A. and J. Postel, "IRTF Research Group Guidelines and Procedures", BCP 8, RFC 2014, DOI 10.17487/RFC2014, October 1996, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2014>.

[IRTF] Weinrib、A。and J. Postel、「IRTF Research Groupのガイドラインと手順」、BCP 8、RFC 2014、DOI 10.17487/RFC2014、1996年10月、<https://www.rfc-editor.org/info/RFC2014>。

[IRTFCHAIR] Eggert, L., "The Role of the IRTF Chair", RFC 7827, DOI 10.17487/RFC7827, March 2016, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc7827>.

[Irtfchair] Eggert、L。、「IRTFチェアの役割」、RFC 7827、DOI 10.17487/RFC7827、2016年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc7827>。

[IRTFPRIMER] Dawkins, S., Ed., "An IRTF Primer for IETF Participants", RFC 7418, DOI 10.17487/RFC7418, December 2014, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc7418>.

[Irtfprimer] Dawkins、S.、ed。、「IETF参加者のIRTFプライマー」、RFC 7418、DOI 10.17487/RFC7418、2014年12月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc7418>

[ISOC] Internet Society, "Amended and restated By-Laws of the Internet Society", May 2021, <https://www.internetsociety.org/about-internet-society/ governance-policies/by-laws/>.

[ISOC]インターネット協会、「インターネット協会の修正および修正された条例」、2021年5月、<https://www.internetsociety.org/about-internet-society/ guntarance-policies/by-laws/>。

[ISOCIETF] Camarillo, G. and J. Livingood, "The IETF-ISOC Relationship", RFC 8712, DOI 10.17487/RFC8712, February 2020, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8712>.

[Isocietf] Camarillo、G。and J. Livingood、「IETF-ISOC関係」、RFC 8712、DOI 10.17487/RFC8712、2020年2月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8712>

[MEETINGS] Krishnan, S., "High-Level Guidance for the Meeting Policy of the IETF", BCP 226, RFC 8719, DOI 10.17487/RFC8719, February 2020, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8719>.

[会議] Krishnan、S。、「IETFの会議ポリシーのための高レベルのガイダンス」、BCP 226、RFC 8719、DOI 10.17487/RFC8719、2020年2月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8719>。

[NOMCOM] Kucherawy, M., Ed., Hinden, R., Ed., and J. Livingood, Ed., "IAB, IESG, IETF Trust, and IETF LLC Selection, Confirmation, and Recall Process: Operation of the IETF Nominating and Recall Committees", BCP 10, RFC 8713, February 2020.

[Nomcom] Kucherawy、M.、ed。、Hinden、R.、ed。、およびJ. Livingood、ed。、 "iab、iesg、ietf trust、およびietf llcの選択、確認、およびリコールプロセス:ietfの操作ノミネートおよびリコール委員会」、BCP 10、RFC 8713、2020年2月。

Leiba, B., "Eligibility for the 2020-2021 Nominating Committee", BCP 10, RFC 8788, May 2020.

Leiba、B。、「2020年から2021年の指名委員会の適格性」、BCP 10、RFC 8788、2020年5月。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp10>
        

[RFC2028] Hovey, R. and S. Bradner, "The Organizations Involved in the IETF Standards Process", BCP 11, RFC 2028, DOI 10.17487/RFC2028, October 1996, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2028>.

[RFC2028] Hovey、R。およびS. Bradner、「IETF標準プロセスに関与する組織」、BCP 11、RFC 2028、DOI 10.17487/RFC2028、1996年10月、<https://www.rfc-editor.org/情報/RFC2028>。

[RFCEDMODEL] Saint-Andre, P., Ed., "RFC Editor Model (Version 3)", RFC 9280, DOI 10.17487/RFC9280, June 2022, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc9280>.

[RFCEDMODEL] Saint-Andre、P.、ed。、「RFC Editor Model(バージョン3)」、RFC 9280、DOI 10.17487/RFC9280、2022年6月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc9280>。

[TRUSTEES] Arkko, J. and T. Hardie, "Update to the Process for Selection of Trustees for the IETF Trust", BCP 101, RFC 8714, DOI 10.17487/RFC8714, February 2020, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8714>.

[受託者] Arkko、J。およびT. Hardie、「IETF Trustの受託者の選択プロセスの更新」、BCP 101、RFC 8714、DOI 10.17487/RFC8714、2020年2月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8714>。

[TRUSTRAT] Arkko, J., "IETF Administrative Support Activity 2.0: Update to the Process for Selection of Trustees for the IETF Trust", RFC 8715, DOI 10.17487/RFC8715, February 2020, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8715>.

[Trustrat] Arkko、J。、「IETF管理サポートアクティビティ2.0:IETFトラストの受託者の選択プロセスの更新」、RFC 8715、DOI 10.17487/RFC8715、2020年2月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8715>。

[WGPROCS] Bradner, S., "IETF Working Group Guidelines and Procedures", BCP 25, RFC 2418, September 1998.

[WGPROCS] Bradner、S。、「IETFワーキンググループのガイドラインと手順」、BCP 25、RFC 2418、1998年9月。

Wasserman, M., "Updates to RFC 2418 Regarding the Management of IETF Mailing Lists", BCP 25, RFC 3934, October 2004.

Wasserman、M。、「IETFメーリングリストの管理に関するRFC 2418の更新」、BCP 25、RFC 3934、2004年10月。

Resnick, P. and A. Farrel, "IETF Anti-Harassment Procedures", BCP 25, RFC 7776, March 2016.

Resnick、P。and A. Farrel、「IETF抗ハラスメント手順」、BCP 25、RFC 7776、2016年3月。

Resnick, P. and A. Farrel, "Update to the IETF Anti-Harassment Procedures for the Replacement of the IETF Administrative Oversight Committee (IAOC) with the IETF Administration LLC", BCP 25, RFC 8716, February 2020.

Resnick、P。and A. Farrel、「IETF管理監視委員会(IAOC)をIETF管理LLCに交換するためのIETF防止手順の更新」、2020年2月、BCP 25、RFC 8716、BCP 25、RFC 8716。

              <https://www.rfc-editor.org/info/bcp25>
        

Acknowledgements

謝辞

We are grateful to the authors of [RFC2028] -- Richard Hovey and Scott Bradner.

[RFC2028]の著者であるリチャード・ホーヴィーとスコット・ブラッドナーに感謝しています。

Barry Leiba, Colin Perkins, Eric Auerswald, John Levine, and Lars Eggert provided useful feedback and corrections to this document.

Barry Leiba、Colin Perkins、Eric Auerswald、John Levine、およびLars Eggertは、この文書に有用なフィードバックと修正を提供しました。

Author's Address

著者の住所

Rich Salz Akamai Technologies Email: rsalz@akamai.com

Rich Salz Akamai Technologies Email:rsalz@akamai.com