Internet Engineering Task Force (IETF)                          C. Eckel
Request for Comments: 9311                                 Cisco Systems
Category: Informational                                   September 2022
ISSN: 2070-1721
        

Running an IETF Hackathon

IETFハッカソンの実行

Abstract

概要

IETF Hackathons encourage the IETF community to collaborate on running code related to existing and evolving Internet standards. This document provides a set of practices that have been used for running IETF Hackathons. These practices apply to Hackathons in which both in-person and remote participation are possible, with adaptations for Hackathons that are online only.

IETF Hackathonsは、IETFコミュニティが既存および進化するインターネット標準に関連する実行中のコードで協力することを奨励しています。このドキュメントは、IETFハッカソンの実行に使用されている一連のプラクティスを提供します。これらのプラクティスは、対面参加とリモート参加の両方が可能であるハッカソンに適用され、オンラインのみのハッカソンへの適応があります。

Status of This Memo

本文書の位置付け

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for informational purposes.

このドキュメントは、インターネット標準の追跡仕様ではありません。情報目的で公開されています。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Not all documents approved by the IESG are candidates for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 7841.

このドキュメントは、インターネットエンジニアリングタスクフォース(IETF)の製品です。IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受けており、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)からの出版が承認されています。IESGによって承認されたすべてのドキュメントが、インターネット標準のあらゆるレベルの候補者であるわけではありません。RFC 7841のセクション2を参照してください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at https://www.rfc-editor.org/info/rfc9311.

このドキュメントの現在のステータス、任意のERRATA、およびそのフィードバックを提供する方法に関する情報は、https://www.rfc-editor.org/info/rfc9311で取得できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2022 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

著作権(c)2022 IETF Trustおよび文書著者として特定された人。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (https://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Revised BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Revised BSD License.

このドキュメントは、BCP 78およびIETFドキュメント(https://trustee.ietf.org/license-info)に関連するIETF Trustの法的規定の対象となります。この文書に関するあなたの権利と制限を説明するので、これらの文書を注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、セクション4.Eで説明されている法的規定のセクション4.Eで説明されており、修正されたBSDライセンスで説明されているように保証なしで提供される修正されたBSDライセンステキストを含める必要があります。

Table of Contents

目次

   1.  Introduction
   2.  Timing
     2.1.  Agenda
     2.2.  Hackdemo Happy Hour
     2.3.  Code Lounge
     2.4.  Code Sprint
     2.5.  Online Only
   3.  Funding
     3.1.  Sponsorship
     3.2.  Expenses
       3.2.1.  In-Person Event Expenses
       3.2.2.  Remote Participation Expenses
   4.  Project Presentations
     4.1.  Project Pitches
     4.2.  Project Results Presentations
       4.2.1.  Templates
     4.3.  Upload to GitHub
     4.4.  Presenting in Person
     4.5.  Presenting Remotely
   5.  Tooling
     5.1.  Datatracker
     5.2.  IETF Website
       5.2.1.  Hackathon Website
       5.2.2.  Meeting Website
     5.3.  Registration
       5.3.1.  Participant List
       5.3.2.  Caps on Registrations
     5.4.  Meeting Wiki
       5.4.1.  Hackathon
       5.4.2.  Lost and Found
       5.4.3.  Results Presentation Schedule
       5.4.4.  In Person Only
       5.4.5.  Online Only
     5.5.  Email List
       5.5.1.  Email Alias for Hackathon Chairs
     5.6.  GitHub
     5.7.  Meetecho
     5.8.  Network
       5.8.1.  Remote Networking
     5.9.  Webex
     5.10. Gather
   6.  Statistics and Metrics
     6.1.  IETF Survey Results
     6.2.  Hackathon Survey Results
   7.  Roles and Responsibilities
     7.1.  Hackathon Chair(s)
     7.2.  Secretariat
     7.3.  Sponsor
     7.4.  Champions of Projects
     7.5.  IETF LLC, Director of Communications and Operations (was
           ISOC)
     7.6.  Judges
   8.  Implementation Status
   9.  Security Considerations
     9.1.  Privacy Considerations
   10. IANA Considerations
   11. Informative References
   Acknowledgments
   Author's Address
        
1. Introduction
1. はじめに

IETF Hackathons encourage the IETF community to collaborate on running code related to existing and evolving Internet standards. IETF Hackathons aim to:

IETF Hackathonsは、IETFコミュニティが既存および進化するインターネット標準に関連する実行中のコードで協力することを奨励しています。IETFハッカソンは次のことを目指しています

* advance the pace and relevance of IETF standards activities by bringing the speed and collaborative spirit of open source development into the IETF

* オープンソース開発のスピードと協力的な精神をIETFにもたらすことにより、IETF標準活動のペースと関連性を前進させます

* bring developers and early career professionals into the IETF and get them exposed to and interested in the IETF

* 開発者と初期のキャリアの専門家をIETFに連れて行き、IETFにさらされて興味を持ってもらいます

IETF Hackathons are free to attend and open to everyone. Software developers are the primary audience, but participation by subject-matter experts who are not necessarily developers is encouraged and very important as well. Similarly, while the Hackathon is meant to attract newcomers and people who do not typically attend standards meetings, long-time IETF contributors, including Internet-Draft authors, working group chairs, and subject-matter experts, are key participants as well. Collaboration and blending of skill sets and perspectives are extremely valuable aspects of IETF Hackathons.

IETFハッカソンは、誰もが自由に出席し、オープンできます。ソフトウェア開発者は主要な視聴者ですが、必ずしも開発者ではない主題の専門家による参加が奨励され、非常に重要です。同様に、ハッカソンは標準会議に通常参加しない新人や人々を引き付けることを目的としていますが、インターネットドラフトの著者、ワーキンググループの椅子、主題の専門家など、長年のIETF貢献者も重要な参加者です。スキルセットと視点のコラボレーションとブレンドは、IETFハッカソンの非常に貴重な側面です。

In addition to the running code created and improved as a result of each Hackathon, the exchange of ideas, extensions of human networks, and establishment of trust, respect, and friendships are some of the most valuable outputs of each Hackathon. Code written in a programming language is often more illustrative and constructive than opinions expressed during a meeting or in an email. Working together to find common understanding of proposals, concerns, and solutions that result in improvements to evolving Internet standards is as important as the development of running code that implements or validates the correctness of these same proposals.

各ハッカソンの結果として作成および改善された実行中のコードに加えて、アイデアの交換、人間のネットワークの拡張、信頼、尊敬、友情の確立は、各ハッカソンの最も価値のある成果の一部です。プログラミング言語で記述されたコードは、多くの場合、会議中や電子メールで表明された意見よりも、より例示的で建設的です。進化するインターネット基準の改善をもたらす提案、懸念、および解決策の一般的な理解を見つけるために協力することは、これらの同じ提案の正確性を実装または検証する実行コードの開発と同じくらい重要です。

Consequently, IETF Hackathons are collaborative events, not competitions. Any competitiveness among participants is friendly and in the spirit of advancing the pace and relevance of new and evolving Internet standards. IETF Hackathons are inclusive, not only in terms of who can participate but also in terms of the projects included in each Hackathon. All projects should be related to existing or proposed Internet standards in some way. Examples include, but are not limited to, interoperability of implementations, proof of concepts, and tools that help implement, monitor, or deploy network protocols.

その結果、IETFハッカソンは競争ではなく共同イベントです。参加者間の競争力は友好的であり、新しく進化するインターネット標準のペースと関連性を前進させる精神にあります。IETFハッカソンは、誰が参加できるかだけでなく、各ハッカソンに含まれるプロジェクトの観点からも包括的です。すべてのプロジェクトは、何らかの方法で既存または提案されたインターネット標準に関連する必要があります。例には、実装の相互運用性、概念実証、およびネットワークプロトコルの実装、監視、展開に役立つツールが含まれますが、これらに限定されません。

IETF Hackathons foster an open environment, with much of the code being open source and results of projects typically shared publicly. The Hackathon operates under the [NOTE-WELL]; however, the rules and terms around code are those of the license associated with the code. Although code is often and preferably open source, it may be proprietary as well.

IETFハッカソンはオープン環境を育成し、コードの多くはオープンソースであり、プロジェクトの結果は通常公開されます。ハッカソンは[note-well]の下で動作します。ただし、コードに関するルールと用語は、コードに関連付けられたライセンスのルールと用語です。コードは多くの場合、できればオープンソースですが、同様に独自のものである可能性があります。

This document provides a set of practices that have been used for running IETF Hackathons.

このドキュメントは、IETFハッカソンの実行に使用されている一連のプラクティスを提供します。

2. Timing
2. タイミング

The first IETF Hackathon was held the weekend before the start of the IETF 92 meeting. The rationale was to avoid conflicts yet make it relatively convenient for those attending the IETF meeting to participate in the Hackathon as well. Holding the Hackathon on the weekend was also viewed as making it more accessible to those who are not IETF meeting participants, including students and working professionals who would have other commitments during the week. The weekend before was viewed as better than the weekend after so that things learned during the Hackathon could be shared and discussed with the rest of the IETF community during working group sessions and the like. This worked well at IETF 92, was repeated at IETF 93, and quickly became an established norm with the IETF meeting being officially extended to include the Hackathon at the start. An additional benefit of this timing noted and appreciated by participants is that it serves as a more informal and social way to physically and mentally acclimate to changes in time zones and surroundings.

最初のIETFハッカソンは、IETF 92会議の開始前の週末に開催されました。理論的根拠は、紛争を避けながら、IETF会議に出席している人々がハッカソンに参加するためにも比較的便利にすることでした。週末にハッカソンを開催することは、IETFの参加者と会談していない人が、1週間に他のコミットメントを持つ学生や働く専門家を含む参加者に会うことができない人にとっても、よりアクセスしやすくすると見なされていました。前の週末は週末よりも良いと見なされていたため、ハッカソン中に学んだことは、ワーキンググループセッションなどでIETFコミュニティの残りのコミュニティと共有し、議論することができました。これはIETF 92でうまく機能し、IETF 93で繰り返され、IETF会議が公式に拡張され、ハッカソンを最初に含めるように拡張され、すぐに確立された規範になりました。このタイミングの追加の利点は、参加者に注目され、評価されていることは、時間帯や周囲の変化に肉体的および精神的に順応するためのより非公式および社会的方法として機能することです。

2.1. Agenda
2.1. 議題

The IETF Hackathon is a strenuous event. Though not a competition, participants want to make the most of their time together, much as with the IETF meeting in general. Competitive Hackathons typically run nonstop for on the order of 40 hours. There is a strict deadline, teams are judged, and winners are declared at the end. Afterward, participants are wiped out and head off to briefly celebrate or commiserate but mainly to recuperate. As the IETF Hackathon serves as the start of the overall IETF meeting, we aim to strike a compromise that provides time to get valuable work accomplished without exhausting everyone before the main IETF meeting even starts. While some people participate in the Hackathon only, the majority of people remain and plan to be actively engaged in the rest of the IETF meeting.

IETFハッカソンは激しいイベントです。競争ではありませんが、参加者は、一般的なIETF会議と同様に、一緒に時間を最大限に活用したいと考えています。競争力のあるハッカソンは通常、40時間のオーダーでノンストップで実行されます。厳しい締め切りがあり、チームは審査され、最後に勝者が宣言されます。その後、参加者は一掃され、一時的に祝うか、commis延するが、主に回復するために出かけます。IETFハッカソンはIETF全体の会議の開始として機能するため、メインのIETF会議が始まる前に、すべての人を使い果たすことなく、貴重な仕事を達成するための時間を提供する妥協案を打つことを目指しています。一部の人々はハッカソンのみに参加していますが、大多数の人々は残っており、IETF会議の残りの部分に積極的に関与することを計画しています。

The typical agenda is as follows:

典型的なアジェンダは次のとおりです。

   Saturday before IETF meeting week
       08:30: Room open for setup by project champions
       09:00: Room open for all - pastries and coffee provided
       09:30: Hackathon kickoff
       09:45: Form teams
       12:30: Lunch provided
       15:30: Afternoon break - snacks provided
       19:00: Dinner provided
       22:00: Room closes
        
   Sunday before IETF meeting week
       08:30: Room opens - pastries and coffee provided
       12:30: Lunch provided
       13:30: Hacking stops; prepare brief presentation of project
              results
       14:00: Present project results to other participants
       15:45: Closing remarks and opportunities for next time
       16:00: Hackathon ends
       17:00: Tear down complete
        

The time on Saturday morning provides the opportunity for team champions to set up and participants to socialize and learn more about projects and teams they might want to join. The kickoff presentation and formalities are kept to a minimum to leave as much time as possible for teams to work together on their projects. The proximity of teams fosters communication and collaboration between them as well.

土曜日の朝の時間は、チームチャンピオンがセットアップし、参加者が参加したいプロジェクトやチームについて学び、学ぶ機会を提供します。キックオフのプレゼンテーションと手続きは、チームがプロジェクトに協力するためにできるだけ多くの時間を残すために最小限に抑えられます。チームの近接性は、チーム間のコミュニケーションとコラボレーションを促進します。

Lunch and dinner are provided as a convenience and an incentive to remain at the Hackathon. Participants are free to come and go as they like. It is well understood and accepted that there are other things vying for time and that meeting with friends and colleagues outside of the Hackathon is an entirely reasonable thing to do.

昼食と夕食は、ハッカソンに留まるための利便性とインセンティブとして提供されます。参加者は好きなように自由に行き来できます。他のことが時間のために争っていることがあり、ハッカソンの外で友人や同僚との出会いが完全に合理的なことであることがよく理解され、受け入れられています。

The room closes Saturday evening to give hotel staff unfettered access to the room and to encourage people to pace and take care of themselves. There are no rules against continuing work on projects outside of the Hackathon room. Similarly, working on projects long before and after the Hackathon is allowed and encouraged.

部屋は土曜日の夕方を閉じて、ホテルのスタッフに部屋への自由なアクセスを与え、人々がペースを上げて自分の世話をするように促します。ハッカソンルーム以外のプロジェクトの継続的な作業に対するルールはありません。同様に、ハッカソンのずっと前後にプロジェクトに取り組むことが許可され、奨励されています。

The end of the Hackathon on Sunday is driven by other IETF meeting events. Typically, there are Newcomer events that start at 16:00. The IETF Hackathon typically includes many newcomers in its list of participants, and it is important to provide them time to participate in the Newcomer events. The opening reception for the IETF typically starts at 17:00, and we want to make it easy for all Hackathon participants to join that as well.

日曜日のハッカソンの終わりは、他のIETF会議イベントによって推進されています。通常、16:00から始まる新人イベントがあります。IETFハッカソンには通常、参加者のリストに多くの新人が含まれており、新人イベントに参加する時間を提供することが重要です。IETFのオープニングレセプションは通常17:00から始まります。すべてのハッカソン参加者が参加できるようにすることをお勧めします。

Hackdemo Happy Hour (Section 2.2) and the Code Lounge (Section 2.3) exist to facilitate ongoing discussion and work on projects beyond the official end of the Hackathon weekend.

Hackdemo Happy Hour(セクション2.2)とコードラウンジ(セクション2.3)は、ハッカソンの週末の公式終了を超えて進行中の議論とプロジェクトの作業を促進するために存在します。

2.2. Hackdemo Happy Hour
2.2. Hackdemoハッピーアワー

Hackdemo Happy Hour provides an opportunity for more in-depth sharing and discussion than is possible within the time constraints of the results presentations that occur at the end of the Hackathon. This opportunity is made available to all teams. As with the results presentations, participation is optional.

Hackdemo Happy Hourは、ハッカソンの終わりに発生する結果のプレゼンテーションの時間制約の範囲内で可能であるよりも、より詳細な共有と議論の機会を提供します。この機会はすべてのチームが利用できるようになります。結果のプレゼンテーションと同様に、参加はオプションです。

Initially, something similar was done as part of [BITS-N-BITES]. This worked well for the Hackathon, but the Bits-N-Bites event was eventually abandoned for other reasons. Hackdemo Happy Hour was created as a low-cost, informal event to provide a venue for the IETF community to engage with the Hackathon teams in more in-depth discussions related to their projects.

当初、同様のことが[bits-n-bites]の一部として行われました。これはハッカソンにとってうまくいきましたが、Bits-N-Bitesイベントは他の理由で最終的に放棄されました。Hackdemo Happy Hourは、IETFコミュニティがプロジェクトに関連するより詳細な議論でハッカソンチームと関わる会場を提供する低コストの非公式のイベントとして作成されました。

Hackdemo Happy Hour is typically Monday evening, roughly from 18:00 - 19:30, often overlapping a bit with the last working group session of the day but continuing long enough to allow everyone an opportunity to join. The goal is to make it convenient to attend by not conflicting with other meetings and also by not running too late into the night.

Hackdemo Happy Hourは通常、月曜日の夕方で、約18:00-19:30で、その日の最後のワーキンググループセッションと少し重複することがよくありますが、誰もが参加する機会を提供するのに十分な長さを続けています。目標は、他の会議と矛盾しないこと、そして夜遅くまで走らないことによって出席するのに便利にすることです。

Light snacks and beverages are provided, and a cash bar is available to align with the spirit of a happy hour.

軽いスナックと飲み物が提供されており、ハッピーアワーの精神に合わせてキャッシュバーが用意されています。

2.3. Code Lounge
2.3. コードラウンジ

The Code Lounge provides space for groups to gather and continue to collaborate on running code after the Hackathon. It is typically in the IETF Lounge and open the same hours as the IETF Lounge. Champions are encouraged to look at the final agenda and determine which time slots are best suited to ensure attendance of Code Lounge sessions, as well as any related working group sessions. It is okay for multiple teams to sign up for the same time slots. This is in fact encouraged for work that spans multiple working groups or projects.

コードラウンジは、グループが収集し、ハッカソンの後に実行中のコードで協力し続けるためのスペースを提供します。通常、IETFラウンジにあり、IETFラウンジと同じ時間を開きます。チャンピオンは、最終アジェンダを見て、コードラウンジセッションの出席と関連するワーキンググループセッションを確保するのに最適な時間スロットを決定することをお勧めします。複数のチームが同じ時間スロットにサインアップすることは問題ありません。これは、実際には、複数のワーキンググループまたはプロジェクトに及ぶ作業に奨励されています。

2.4. Code Sprint
2.4. コードスプリント

The [CODE-SPRINT] develops tools that support the work of the IETF. The Code Sprint existed long before the Hackathon and benefited from being a focused event in a quiet space with few interruptions. However, there is a great deal of synergy between the Code Sprint and the Hackathon, and they attract some of the same participants. For example, some Hackathon projects, such as those related to YANG model validation, involve the creation or modification of IETF tools. It is therefore advantageous to co-locate these two events when practical and, when separate space is deemed helpful, to allocate spaces that are physically close to each other to make it easy for participants to switch back and forth between the two events.

[コードスプリント]は、IETFの作業をサポートするツールを開発します。コードスプリントはハッカソンのずっと前に存在し、中断が少ない静かなスペースで集中したイベントであることから恩恵を受けました。ただし、コードスプリントとハッカソンの間には多くの相乗効果があり、同じ参加者の一部を引き付けます。たとえば、Yangモデルの検証に関連するハッカソンプロジェクトには、IETFツールの作成または変更が含まれます。したがって、実用的な場合、これら2つのイベントを共同配置し、別々のスペースが役立つと見なされる場合、互いに互いに近くにあるスペースを割り当てて、参加者が2つのイベント間を簡単に切り替えることができるようにすることが有利です。

2.5. Online Only
2.5. オンラインのみ

The IETF 107 Hackathon was originally scheduled to be the weekend at the start of the IETF meeting in Vancouver. When COVID-19 hit and it became clear the IETF meeting could not occur in person, the Hackathon already had 23 projects and 176 registrations. With only 10 days until the anticipated start of the Hackathon, a [SURVEY] went out to the Hackathon community, including all project champions and registered participants, to see if they wanted to participate in the Hackathon exactly as planned except with everyone participating remotely rather than in person. A relatively small number of people expressed interest in participating, with even fewer wanting to continue to champion their projects. The fact that the Hackathon was planned for the weekend before the IETF meeting and in the local time zone, both of which were historically very convenient and attractive to Hackathon participants, suddenly became huge obstacles. Consequently, the IETF 107 Hackathon was canceled.

IETF 107ハッカソンは、もともとバンクーバーでのIETF会議の開始時の週末になる予定でした。Covid-19がヒットし、IETF会議が直接行われないことが明らかになったとき、ハッカソンはすでに23のプロジェクトと176の登録を持っていました。ハッカソンの予想される開始までわずか10日で、[調査]は、すべてのプロジェクトチャンピオンや登録された参加者を含むハッカソンコミュニティに出かけ、リモートでむしろリモートで参加することを除いて、予定通りハッカソンに正確に参加したいかどうかを確認しました実際には。比較的少数の人々が参加に関心を表明し、プロジェクトを擁護し続けたいと思っている人はさらに少なくなりました。IETF会議の前の週末にハッカソンが計画されていたという事実とローカルタイムゾーンは、どちらも歴史的に非常に便利でハッカソンの参加者にとって魅力的でしたが、突然大きな障害になりました。その結果、IETF 107ハッカソンがキャンセルされました。

We knew more in advance that IETF 108 would be an online-only meeting. We moved and expanded the schedule to run the entire work week before the rest of the IETF meeting. The Hackathon kickoff was set for Monday and the closing set for Friday, with all the time in between left for individual project teams to arrange to meet how and when was most convenient for them. The kickoff and closing sessions were scheduled to align with the time frame established for the IETF 108 meeting. All of this was, of course, not ideal, and it worked much better for some people than for others, but at least everyone knew the plan and corresponding time commitment well in advance and had the ability to plan accordingly.

IETF 108がオンラインのみの会議になることを事前に知っていました。私たちは、IETF会議の残りの会議の1週間前に仕事全体を実行するためにスケジュールを動かして拡張しました。ハッカソンのキックオフは月曜日に設定され、金曜日の締め切りは設定され、個々のプロジェクトチームがいつどのように便利だったかを満たすように手配するために、すべての間に残っていました。キックオフとクロージングセッションは、IETF 108会議に確立された時間枠と一致するように予定されていました。もちろん、これらはすべて理想的ではなく、他の人よりも一部の人の方がはるかに優れていましたが、少なくとも誰もが計画とそれに対応する時間のコミットメントを事前に知っていて、それに応じて計画する能力を持っていました。

We ultimately had 19 projects and almost 300 registrations. It is hard to say how many people actually participated and for how long, but many were able to get substantial work done on their projects. For the closing, 10 teams produced and shared presentations summarizing their findings and achievements. All results presentations, as well as the agenda and a recording of the closing session, are available via the [IETF-108-HACKATHON-WIKI]. This level of participation was strong enough to be considered a success and justifies including the Hackathon in future online-only IETF meetings.

最終的には、19のプロジェクトとほぼ300の登録がありました。実際に何人の人が参加し、どれくらいの期間参加したかを言うのは難しいですが、多くの人が彼らのプロジェクトでかなりの仕事を成し遂げることができました。閉会のために、10のチームが発表と成果をまとめたプレゼンテーションを作成し、共有しました。すべての結果プレゼンテーション、およびアジェンダとクロージングセッションの録音は、[IETF-108-Hackathon-Wiki]から入手できます。このレベルの参加は、成功と見なされるほど強力であり、将来のオンラインのみのIETF会議でハッカソンを含む正当化を正当化します。

Hackdemo Happy Hour and the Code Lounge are not applicable for online-only Hackathons.

Hackdemoハッピーアワーとコードラウンジは、オンラインのみのハッカソンには適用されません。

3. Funding
3. 資金

The Hackathon requires funding, and that funding increases with the number of participants. Participating has always been free; therefore, funding from sources other than participant fees is required.

ハッカソンには資金が必要であり、その資金は参加者の数とともに増加します。参加は常に無料でした。したがって、参加者料金以外のソースからの資金が必要です。

3.1. Sponsorship
3.1. スポンサーシップ

The initial funding model was to have Hackathon sponsors sign up to sponsor and fund the Hackathon for one year. As part of starting the Hackathon, Cisco volunteered to sponsor and fund it for the first year (i.e., three Hackathons, one at each IETF meeting during a calendar year). This sponsorship was to rotate. Huawei volunteered to sponsor the second year of the Hackathon. After the second year, a sponsor for the third year was not found. However, the Hackathon had become a proven success. Consequently, the IETF decided to fund the Hackathon as part of the IETF meeting, with Hackathon sponsorship being on a best-effort basis.

最初の資金調達モデルは、ハッカソンスポンサーにサインアップして、1年間ハッカソンのスポンサーと資金提供にサインアップすることでした。ハッカソンの開始の一環として、シスコは最初の年(つまり、暦年中の各IETF会議で1つのハッカソン)のスポンサーと資金提供を志願しました。このスポンサーシップは回転することでした。Huaweiは、ハッカソンの2年目を後援することを志願しました。2年後、3年目のスポンサーは見つかりませんでした。しかし、ハッカソンは実証済みの成功になりました。その結果、IETFはIETF会議の一環としてHackathonに資金を提供することを決定し、Hackathonのスポンサーシップは最良のエフォルトに基づいています。

Online-only Hackathons in response to the COVID-19 pandemic and increased remote participating in general result in increased cloud infrastructure requirements that make Hackathon sponsorship more attractive to cloud infrastructure providers.

Covid-19のパンデミックと一般的なリモート参加の増加に応じて、オンラインのみのハッカソンは、クラウドインフラストラクチャプロバイダーにとってハッカソンスポンサーシップをより魅力的にするクラウドインフラストラクチャ要件の増加につながります。

Hackathon sponsorship is available at different levels as part of being an IETF [RUNNING-CODE-SPONSOR].

Hackathonスポンサーシップは、IETF [ランニングコードスポンサー]の一環として、さまざまなレベルで利用できます。

3.2. Expenses
3.2. 費用

The primary expenses associated with the Hackathon are those for hosting an in-person event, e.g., meeting space, food and beverage, etc. It is often challenging to quantify what portions of this are associated with the Hackathon versus what is incurred for the IETF meeting overall.

ハッカソンに関連する主な費用は、対面イベント、たとえば会議スペース、食べ物、飲料などを開催するためのものです。これの一部がハッカソンに関連付けられているものとIETFに発生したものを定量化することはしばしば困難です。全体的に会議。

3.2.1. In-Person Event Expenses
3.2.1. 対面イベント費用

The following expenses are associated with in-person participation in a Hackathon. When the IETF meeting is online only, these expenses are eliminated.

以下の費用は、ハッカソンへの対面参加に関連しています。IETF会議がオンラインのみである場合、これらの費用は排除されます。

3.2.1.1. Meeting Space
3.2.1.1. 会議スペース

The meeting space for the Hackathon is sometimes included as part of the overall contract for the IETF meeting. Other times, an additional expense is incurred to secure a large enough space earlier than would otherwise have been required. Typically, the space is needed for setup from Friday afternoon before the start of the IETF meeting until Sunday afternoon. After the Hackathon, the space is typically repurposed for the IETF Lounge. If the size of the Hackathon continues to increase, it might be necessary to use the same space as is later used for the IETF plenary.

ハッカソンの会議スペースは、IETF会議の全体的な契約の一部として含まれることがあります。また、そうでなければ必要なよりも早く十分に大きなスペースを確保するために、追加の費用が発生します。通常、金曜日の午後からIETF会議の開始前の日曜日の午後までのセットアップにはスペースが必要です。ハッカソンの後、スペースは通常、IETFラウンジに再利用されます。ハッカソンのサイズが増加し続ける場合、IETFプレナリーに後で使用されるのと同じスペースを使用する必要がある場合があります。

3.2.1.2. Food and Beverage
3.2.1.2. 食品および飲料

Some portion of the food and beverage expense is often included as part of a minimum spend the IETF is obligated to make. When a Hackathon sponsor is identified, funds resulting from this sponsorship are typically used to offset food and beverage expenses or to increase the food and beverage budget.

食品および飲料の費用の一部は、多くの場合、IETFが作成する義務がある最低支出の一部として含まれています。ハッカソンのスポンサーが特定されると、このスポンサーシップから生じる資金は通常、食料と飲料の費用を相殺したり、食品と飲料の予算を増やすために使用されます。

The minimum food and beverage requirements for the Hackathon have been:

ハッカソンの最低食品および飲料の要件は次のとおりです。

* coffee, tea, and water Saturday and Sunday morning

* 土曜日と日曜日の朝、コーヒー、紅茶、水

* lunch Saturday and Sunday

* 土曜日と日曜日の昼食

Additional items, in order of importance, include:

重要性の順に追加のアイテムが含まれます。

* beer Saturday evening

* 土曜日の夜のビール

* dinner Saturday evening

* 土曜日の夜の夕食

* continental breakfast Saturday and Sunday

* 土曜日と日曜日のコンチネンタルブレックファースト

* afternoon snacks Saturday and Sunday

* 土曜日と日曜日の午後のおやつ

3.2.1.3. T-Shirts
3.2.1.3. Tシャツ

Hackathon T-shirts are an important part of the Hackathon. They have been provided for all in-person Hackathons and greatly appreciated by many participants. They also serve as great advertising for the IETF, the Hackathon, and sponsors. Cisco or other event sponsors have often covered expenses associated with T-shirts. The current model is that the Secretariat covers the expenses using whatever funding is available.

ハッカソンTシャツは、ハッカソンの重要な部分です。彼らはすべての対面のハッカソンに提供されており、多くの参加者に大いに感謝されています。また、IETF、ハッカソン、スポンサーの優れた広告としても機能します。シスコまたはその他のイベントスポンサーは、多くの場合、Tシャツに関連する費用をカバーしています。現在のモデルは、事務局が利用可能な資金を使用して費用をカバーしていることです。

The number of size distribution of T-shirts for IETF 107 is provided here as an example.

IETF 107のTシャツのサイズ分布の数は、例としてここで提供されます。

* 380 T-shirts at a cost of roughly $10 USD each, with shipping to the Secretariat included:

* 380枚のTシャツは、それぞれ約10ドルのコストで、事務局への出荷が含まれています。

- 50 Small

- 50小

- 120 Medium

- 120培地

- 110 Large

- 110大

- 75 XL

- 75 XL

- 25 XXL

- 25 xxl

The T-shirts are all standard cut. We previously tried providing fitted cut T-shirts as an option for Hackathon participants, but these were not well received.

Tシャツはすべて標準カットです。以前、ハッカソン参加者のオプションとしてフィットカットTシャツを提供してみましたが、これらは好評ではありませんでした。

3.2.1.4. Stickers
3.2.1.4. ステッカー

Laptop stickers are popular with developers. Stickers have been made available at the Hackathon for those that want them. Expenses have been covered by the IETF LLC, which oversees the communications and operations budget.

ラップトップステッカーは開発者に人気があります。ハッカソンでステッカーが利用可能になりました。費用はIETF LLCによってカバーされており、通信および運用の予算を監督しています。

3.2.2. Remote Participation Expenses
3.2.2. リモート参加費用

The following expenses are associated things done primarily to facilitate remote participation in a Hackathon. This includes participation when the Hackathon is online only, as well as remote participation when the Hackathon is in person.

以下の費用は、ハッカソンへの遠隔参加を促進するために主に行われた関連するものです。これには、ハッカソンがオンラインのみであるときの参加と、ハッカソンが直接行われているときの遠隔参加が含まれます。

* Meetecho: cost associated with the Hackathon kickoff and closing

* Meetecho:ハッカソンのキックオフとクロージングに関連するコスト

* Gather: costs associated with premium service, required to enable more than 25 concurrent users. This has not been necessary but will almost certainly be if Gather becomes a valuable way for Hackathon participants to meet within and across teams.

* 収集:25人以上の同時ユーザーを有効にするために必要なプレミアムサービスに関連するコスト。これは必要ではありませんでしたが、ハッカソンの参加者がチーム内やチーム全体で会うための貴重な方法になると、ほぼ確実になります。

* Webex: IETF Webex accounts are made available to champions for the duration of the Hackathon and some period beyond that encompasses at least the rest of the IETF meeting. These accounts are presently available at no additional cost to the IETF.

* WebEx:IETF WebExアカウントは、ハッカソンの期間中、チャンピオンが利用できるようになり、少なくともIETF会議の残りの部分を超えています。これらのアカウントは現在、IETFに追加費用なしで利用可能です。

* Network: setup and support of the IETF network and remote access to it

* ネットワーク:IETFネットワークのセットアップとサポート、およびそれへのリモートアクセス

The change in timing and extended duration of the Hackathon at an online-only IETF meeting increases the duration and use of remote participation facilities from 7 days to 12 days. This may result in increases to the cost of providing these facilities.

オンラインのみのIETF会議でのハッカソンのタイミングと延長期間の変更により、リモート参加施設の期間と使用が7日から12日間に増加します。これにより、これらの施設を提供するコストが増加する可能性があります。

4. Project Presentations
4. プロジェクトプレゼンテーション

Project presentations are an important mechanism for capturing what each team intends to accomplish, capturing what they actually accomplished, and sharing the results and findings with the IETF community.

プロジェクトのプレゼンテーションは、各チームが達成しようとしていること、実際に達成したことをキャプチャし、結果と調査結果をIETFコミュニティと共有するための重要なメカニズムです。

For the first few Hackathons, we had two very distinct types of presentations:

最初のいくつかのハッカソンについては、2つの非常に明確なプレゼンテーションがありました。

1. presentations that served as project pitches at the start of the Hackathon

1. ハッカソンの開始時にプロジェクトピッチとして機能するプレゼンテーション

2. presentations that summarized results at the end of the Hackathon

2. ハッカソンの終わりに結果を要約したプレゼンテーション

4.1. Project Pitches
4.1. プロジェクトピッチ

The project pitches were 5-10 minute presentations by a champion of a project describing what they wanted to do and how they proposed to accomplish it. This gave everyone in the room a better understanding of all the projects and helped participants match themselves with appropriate projects. This worked well when we had few projects, but it became unwieldy as the number of projects increased. As knowledge of the Hackathon grew and advanced planning became more common, many participants knew exactly which team they planned to join and wanted to get to work as quickly as possible rather than spend time listening to presentations. Project pitches were dropped from the Hackathon. Champions are encouraged to share this type of information in advance via the IETF Meeting Wiki (Section 5.4) instead.

プロジェクトのピッチは、彼らがやりたいこととそれを達成するためにどのように提案したかを説明するプロジェクトのチャンピオンによる5〜10分のプレゼンテーションでした。これにより、部屋の全員がすべてのプロジェクトをよりよく理解し、参加者が適切なプロジェクトと一致するようになりました。これは、プロジェクトがほとんどなかったときにうまく機能しましたが、プロジェクトの数が増えるにつれて扱いにくいものになりました。ハッカソンの知識が成長し、高度な計画がより一般的になると、多くの参加者は、参加を計画しているチームを正確に知っていて、プレゼンテーションを聞くのではなく、できるだけ早く仕事をしたいと思っていました。プロジェクトピッチはハッカソンから落とされました。チャンピオンは、IETF会議Wiki(セクション5.4)を介して事前にこのタイプの情報を共有することをお勧めします。

4.2. Project Results Presentations
4.2. プロジェクト結果のプレゼンテーション

The project results presentations were brief presentations by each team of what problem they tried to solve, what they achieved, and highlights that included lessons learned, feedback to associated working groups, and collaboration with open source communities and other standards organizations. They also highlight individuals who participated in their first IETF Hackathon or first IETF event, which helps facilitate the introduction of such individuals to the IETF community. The production and presentation of summaries of results is optional. Fortunately, despite the lack of awards and prizes, most teams participate.

プロジェクトの結果プレゼンテーションは、彼らが解決しようとした問題、彼らが達成したこと、そして学んだ教訓、関連するワーキンググループへのフィードバック、オープンソースコミュニティやその他の標準組織とのコラボレーションを含むハイライトの各チームによる簡単なプレゼンテーションでした。彼らはまた、最初のIETFハッカソンまたは最初のIETFイベントに参加した個人を強調しています。これは、IETFコミュニティへのそのような個人の導入を促進するのに役立ちます。結果の要約の生産とプレゼンテーションはオプションです。幸いなことに、賞と賞の不足にもかかわらず、ほとんどのチームが参加しています。

As with the project pitches, project results presentations can become unwieldy as the number of projects increases. With this in mind, the total time for all results presentations is limited to 2 hours. The maximum duration of each presentation is calculated based on the number of teams that indicate the desire to present. This maximum is strictly enforced to ensure all teams have the opportunity to present their results. Maximum durations of 3-5 minutes are typical.

プロジェクトのピッチと同様に、プロジェクトの結果のプレゼンテーションは、プロジェクトの数が増えるにつれて扱いにくい可能性があります。これを念頭に置いて、すべての結果プレゼンテーションの合計時間は2時間に制限されています。各プレゼンテーションの最大期間は、提示したいという欲求を示すチームの数に基づいて計算されます。この最大値は、すべてのチームが結果を提示する機会を確保するために厳密に施行されています。3〜5分の最大期間が典型的です。

4.2.1. Templates
4.2.1. テンプレート

Project results presentation templates provides guidance on what to cover. The use of these templates is optional. They are made available in various formats in a GitHub repo created specifically for the presentations for each IETF Hackathon, e.g., [RESULTS-PRESENTATIONS].

プロジェクト結果プレゼンテーションテンプレートは、カバーするものに関するガイダンスを提供します。これらのテンプレートの使用はオプションです。それらは、各IETFハッカソンのプレゼンテーション用に特別に作成されたGitHubリポジトリでさまざまな形式で利用可能になります。たとえば、[結果提示]。

4.2.1.1. Microsoft PowerPoint Open XML (PPTX)
4.2.1.1. Microsoft PowerPoint Open XML(PPTX)

For portability, presentations that use the PPTX template should be exported into a PDF format as well.

移植性のために、PPTXテンプレートを使用するプレゼンテーションもPDF形式にエクスポートする必要があります。

4.2.1.2. HTML Format
4.2.1.2. HTML形式

The HTML format template should render within any browser. It can be rendered as a slideshow using [REMARK].

HTML形式のテンプレートは、任意のブラウザ内でレンダリングする必要があります。[発言]を使用してスライドショーとしてレンダリングできます。

4.3. Upload to GitHub
4.3. githubにアップロードします

All project results presentations are uploaded to the GitHub repo created for the Hackathon, e.g., [RESULTS-PRESENTATIONS]. The contents of this repo are used as the source for all results presentations at the end of the Hackathon and remain as a reference after the Hackathon.

すべてのプロジェクト結果プレゼンテーションは、ハッカソン用に作成されたGitHubリポジトリにアップロードされます。このレポの内容は、ハッカソンの終わりにあるすべての結果プレゼンテーションのソースとして使用され、ハッカソンの後の参照として残ります。

One must be a member of the [IETF-HACKATHON-GITHUB] organization to upload a new presentation or update/replace an existing presentation.

新しいプレゼンテーションをアップロードするか、既存のプレゼンテーションを更新/交換するには、[IETF-Hackathon-Github]組織のメンバーである必要があります。

To be added as a member, presenters are asked to:

メンバーとして追加されるために、プレゼンターは次のように求められます。

* include the name by which they are known in their GitHub profile

* githubプロフィールで知られている名前を含めます

* enable 2-factor authentication (2FA)

* 2因子認証を有効にする(2FA)

* send their GitHub username to the Hackathon Chair(s)

* Githubのユーザー名をHackathonの椅子に送信します

Presenters are asked to do this at their earliest convenience, as the Chair(s) typically gets very busy as the start of presentations approaches.

発表者は、プレゼンテーションの開始が近づくと椅子が非常に忙しくなるため、初期の都合でこれを行うように求められます。

4.4. Presenting in Person
4.4. 直接提示

Presentations are run from a shared Chromebook at the front of the Hackathon room. This Chromebook is provided by the Secretariat.

プレゼンテーションは、ハッカソンルームの正面にある共有Chromebookから運営されています。このChromebookは事務局によって提供されます。

4.5. Presenting Remotely
4.5. リモートで提示します

Remote presenters are welcome to run their own presentations using the screen-sharing functionality in Meetecho. Alternatively, the Hackathon Chair(s) can share the presentation and advance slides for the presenter.

リモートプレゼンターは、Meetechoのスクリーン共有機能を使用して独自のプレゼンテーションを実行できます。または、ハッカソンチェアは、プレゼンテーションを共有し、プレゼンターの前進スライドを共有できます。

5. Tooling
5. ツーリング

The IETF Hackathon uses the same tooling used by the IETF community for its work and meetings.

IETF Hackathonは、IETFコミュニティが作業と会議に使用するのと同じツールを使用しています。

5.1. Datatracker
5.1. DatAtracker

The [DATATRACKER] supports the notion of teams that are not part of the standards development process. The Hackathon exists as one such team. From the Datatracker menu, navigate to "Groups" -> "Other" -> "Active Teams" -> "hackathon". Here exists a Datatracker space for the Hackathon similar to what is available for working groups, including meeting materials, agendas, etc. Initially, there was some attempt to copy materials hosted in the [IETF-HACKATHON-GITHUB] to the Datatracker. Now, this is done only when required for integration with other IETF tooling, including:

[DataTracker]は、標準開発プロセスの一部ではないチームの概念をサポートしています。ハッカソンはそのようなチームの1つとして存在します。DataTrackerメニューから、「グループ」 - >「その他」 - >「アクティブチーム」 - >「ハッカソン」に移動します。ここには、会議資料、アジェンダなどを含むワーキンググループが利用できるものと同様のハッカソンのためのデータタッカースペースが存在します。最初は、[IETF-Hackathon-Github]でDataTrackerにホストされた資料をコピーしようとする試みがありました。これは、以下を含む他のIETFツールとの統合に必要な場合にのみ行われます。

* requesting sessions for the Hackathon kickoff and closing and for Hackdemo Happy Hour, e.g., [REQUEST-SESSIONS]

* ハッカソンのキックオフとクロージング、およびハッデモハッピーアワーのセッションをリクエストする[リクエストセッション]

* posting agendas (e.g., see [AGENDAS])

* アジェンダの投稿(例:[アジェンダ]を参照)

5.2. IETF Website
5.2. IETF Webサイト
5.2.1. Hackathon Website
5.2.1. ハッカソンのウェブサイト

The IETF website includes a [HACKATHON-WEBSITE]. This website contains information about the Hackathon in general, as well as links to past, present, and future Hackathons. The relevant links are updated after each IETF meeting. Other content on the website is updated on a more ad hoc basis.

IETF Webサイトには[Hackathon-Website]が含まれています。このウェブサイトには、ハッカソン全般に関する情報と、過去、現在、および将来のハッカソンへのリンクが含まれています。関連するリンクは、各IETF会議の後に更新されます。ウェブサイト上のその他のコンテンツは、よりアドホックベースで更新されます。

5.2.2. Meeting Website
5.2.2. 会議のウェブサイト

Each IETF [MEETING-WEBSITE] contains information about the corresponding Hackathon, including the dates of the Hackathon in the header and a link to the Hackathon website in the "Additional Events" section.

各IETF [Meeting-Website]には、ヘッダーのハッカソンの日付や「追加のイベント」セクションのハッカソンウェブサイトへのリンクなど、対応するハッカソンに関する情報が含まれています。

5.3. Registration
5.3. 登録

Registration for the Hackathon is through the IETF meeting [REGISTRATION-SYSTEM]. Participant registration for the Hackathon is:

ハッカソンの登録は、IETF会議[登録システム]を通じてです。ハッカソンの参加者登録は次のとおりです。

* independent of participation registration for the meeting

* 会議への参加登録とは無関係です

* free

* 自由

* required

* 必要

As with meeting registration, registrants for the Hackathon acknowledge the [NOTE-WELL] during the registration process.

登録会議と同様に、ハッカソンの登録者は、登録プロセス中に[メモ吹き付け]を認めます。

5.3.1. Participant List
5.3.1. 参加者リスト

An active list of all registered participants, e.g., [PARTICIPANTS], is maintained by the Secretariat. Important information displayed for each registrant includes the set of projects and technologies in which each participant is interested and an email address. This information is optional at the time of registration and may be updated or removed by editing one's registration.

登録されたすべての参加者のアクティブなリスト、例えば[参加者]は、事務局によって維持されています。各登録者に表示される重要な情報には、各参加者が興味を持っているプロジェクトとテクノロジーのセットと電子メールアドレスが含まれています。この情報は登録時にオプションであり、登録を編集して更新または削除することができます。

5.3.2. Caps on Registrations
5.3.2. 登録の上限

Registrations were capped for the first several Hackathons. This was done for both space and costs considerations. The cap was hit multiple times, each time resulting in temporary confusion and frustration among would-be registrants, which led to the cap being increased. Currently, there are no caps enforced by the registration system. In the event the number of participants exceeds the capacity of the main Hackathon room, designated overflow areas within the meeting venue are made available.

登録は、最初のいくつかのハッカソンの上限に抑えられました。これは、スペースとコストの両方の考慮事項の両方で行われました。キャップは複数回ヒットし、その結果、登録者の間で一時的な混乱と欲求不満が発生し、キャップが増加しました。現在、登録システムによって実施されている上限はありません。参加者の数がメインハッカソンルームの容量を超える場合、会議会場内の指定されたオーバーフローエリアが利用可能になります。

5.4. Meeting Wiki
5.4. ウィキに会う

The [MEETING-WIKI] serves as the primary source of information for each Hackathon.

[Meeting-Wiki]は、各ハッカソンの主要な情報源として機能します。

5.4.1. Hackathon
5.4.1. ハッカソン

A page within the meeting wiki, e.g., [IETF-110-HACKATHON-WIKI], is created by the Secretariat for each Hackathon and initialized with information that is based largely on the information from the previous Hackathon. Once created, the Hackathon Chair(s) updates and moderates this page. Champions are requested and are responsible for adding information about projects for which they are a champion.

会議内のWiki内のページ、たとえば[IETF-110-Hackathon-Wiki]は、各ハッカソンの事務局によって作成され、以前のハッカソンからの情報に主に基づいた情報で初期化されています。作成されると、Hackathonの椅子はこのページを更新および緩和します。チャンピオンが要求され、チャンピオンであるプロジェクトに関する情報を追加する責任があります。

Anyone can edit the wiki by logging in using their Datatracker login credentials. Credentials can be obtained by creating a [DATATRACKER-ACCOUNT].

誰でも、DatAtrackerログイン資格情報を使用してログインしてWikiを編集できます。資格情報は、[DataTracker-Account]を作成することで取得できます。

5.4.2. Lost and Found
5.4.2. 失われて見つかった

A Lost and Found wiki page, e.g., [LOST-AND-FOUND], is created by the Chair(s) for each Hackathon. Participants looking for a team are encouraged to add themselves to the "Skills to Offer" table, providing some information about their skills and interests. This will help others with matching needs and/or interests find them. Champions wanting help on their projects are encouraged to add their teams to the "Skills Needed" table, providing some information about the skills they seek.

紛失していたWikiページ、たとえば[失われた]ページは、各ハッカソンの椅子によって作成されます。チームを探している参加者は、「提供するスキル」テーブルに自分のスキルと興味に関する情報を提供することをお勧めします。これは、他の人が一致するニーズや興味を持ってそれらを見つけるのに役立ちます。プロジェクトの助けを求めているチャンピオンは、チームを「必要なスキル」テーブルに追加し、彼らが求めるスキルに関する情報を提供することをお勧めします。

5.4.3. Results Presentation Schedule
5.4.3. 結果プレゼンテーションスケジュール

A Results Presentation Schedule wiki page, e.g., [RESULTS-PRESENTATION-SCHEDULE], is created by the Chair(s) for each Hackathon. Hackathon teams are welcome and encouraged to present their results during the Hackathon closing. Hackathon teams add the name of their project and the name of the presenter to the table at the bottom of this page.

結果のプレゼンテーションスケジュールWikiページ、たとえば[Results-Presentation-Schedule]は、各ハッカソンの椅子によって作成されます。ハッカソンチームは歓迎され、ハッカソンの閉鎖中に結果を提示することを奨励されています。Hackathonチームは、プロジェクトの名前とこのページの下部にあるテーブルにプレゼンターの名前を追加します。

5.4.4. In Person Only
5.4.4. 直接のみ

The following wiki pages are applicable for in-person Hackathons only.

次のWikiページは、対面ハッカソンのみに適用できます。

5.4.4.1. Hackdemo Happy Hour
5.4.4.1. Hackdemoハッピーアワー

A Hackdemo Happy Hour wiki page, e.g., [HACKDEMO], is created by the Chair(s) for each Hackathon. Champions are welcome and encouraged to add their project by entering the project name/acronym and a contact name and email address in the table displayed on the page.

Hackdemo Happy Hour Wikiページ、たとえば[Hackdemo]は、各ハッカソンの椅子によって作成されます。チャンピオンは歓迎され、プロジェクト名/頭字語とページに表示されているテーブルに連絡先名とメールアドレスを入力して、プロジェクトを追加することをお勧めします。

5.4.4.2. Code Lounge
5.4.4.2. コードラウンジ

A Code Lounge wiki page, e.g., [CODE-LOUNGE], is created by the Chair(s) for each Hackathon. Champions are welcome and encouraged to add their project by entering the project name/acronym and a contact name and email address in the table displayed on the page.

コードラウンジWikiページ、たとえば[コードラウンジ]は、各ハッカソンの椅子によって作成されます。チャンピオンは歓迎され、プロジェクト名/頭字語とページに表示されているテーブルに連絡先名とメールアドレスを入力して、プロジェクトを追加することをお勧めします。

5.4.5. Online Only
5.4.5. オンラインのみ

The following wiki pages are applicable for online-only Hackathons.

次のWikiページは、オンラインのみのハッカソンに適用できます。

5.4.5.1. Team Schedule
5.4.5.1. チームのスケジュール

A Team Schedule wiki page, e.g., [TEAM-SCHEDULE], is created by the Chair(s) for each online-only Hackathon. Online-only Hackathons take place globally for an entire week. It is up to individual project teams to determine the preferred dates, times, and ways to meet to work on their project within the context of that week (e.g., Zoom, Webex, or Slack). This page is meant to help facilitate coordination of schedules within and across teams.

チームのスケジュールWikiページ、たとえば[チームスケジュール]は、各オンラインのみのハッカソンの椅子によって作成されます。オンラインのみのハッカソンは、1週間世界中で開催されます。その週のコンテキスト内でプロジェクトに取り組むために出会う方法(Zoom、WebEx、またはSlackなど)を決定する方法を決定するのは、個々のプロジェクトチーム次第です。このページは、チーム内およびチーム全体のスケジュールの調整を促進するためのものです。

5.5. Email List
5.5. メーリングリスト

The Hackathon [EMAIL-LIST] is used for all email communication and announcements related to the Hackathon. All registrants are given the option to subscribe to the list. Anyone interested in staying up to date on the Hackathon is able to subscribe at any time. Once subscribed, anyone can send and respond to emails via the list. The same list is used for each Hackathon. Anyone wishing to receive emails for a specific Hackathon only can unsubscribe after that Hackathon has concluded.

ハッカソン[メールリスト]は、ハッカソンに関連するすべての電子メール通信および発表に使用されます。すべての登録者には、リストを購読するオプションが与えられます。ハッカソンに最新の状態を維持することに興味がある人は、いつでも購読することができます。購読すると、誰でもリストを介して電子メールを送信して応答できます。同じリストが各ハッカソンに使用されます。特定のハッカソンの電子メールを受け取りたい人は誰でも、ハッカソンが結論付けた後にのみ登録することができます。

5.5.1. Email Alias for Hackathon Chairs
5.5.1. ハッカソンチェアのエイリアスにメールしてください

The email alias <hackathon-chairs@ietf.org> was created and is maintained by the Secretariat. It is used on Hackathon web pages and wiki pages to provide a single point of contact for the Hackathon.

電子メールエイリアス<hackathon-chairs@ietf.org>が作成され、事務局によって維持されています。HackathonのWebページとWikiページで使用されて、Hackathonの単一の連絡先を提供します。

5.6. GitHub
5.6. github

The [IETF-HACKATHON-GITHUB] is used to share code, presentations, and other artifacts at IETF Hackathons. The Hackathon Chair(s) is responsible for administering the GitHub organization.

[IETF-Hackathon-Github]は、IETFハッカソンでコード、プレゼンテーション、およびその他のアーティファクトを共有するために使用されます。ハッカソンチェアは、GitHub組織の管理を担当しています。

Code for Hackathon projects often exist elsewhere, which is perfectly fine. Anyone needing a place to host code for the Hackathon can request the creation of a repository for their project.

ハッカソンプロジェクトのコードは、しばしば他の場所に存在しますが、これはまったく問題ありません。ハッカソンのコードをホストする場所が必要な人は誰でも、プロジェクトのリポジトリの作成を要求できます。

A repository is created and maintained by the Chair(s) for each Hackathon, e.g., [RESULTS-PRESENTATIONS]. This repo is for participants to upload project results presentations. The contents of this repo are used as the source for all presentations at the end of the Hackathon and remain as a reference after the Hackathon.

リポジトリは、各ハッカソンの椅子によって作成および維持されます。このレポは、参加者がプロジェクト結果のプレゼンテーションをアップロードするためのものです。このレポの内容は、ハッカソンの終わりにあるすべてのプレゼンテーションのソースとして使用され、ハッカソンの後の参照として残ります。

5.7. Meetecho
5.7. Meetecho

[MEETECHO] is used for the kickoff and closing sessions of the Hackathon. This provides many capabilities, including the following:

[Meetecho]は、ハッカソンのキックオフとクロージングセッションに使用されます。これは、以下を含む多くの機能を提供します。

* allows participants to join Hackathon sessions in person or remotely

* 参加者がハッカソンセッションに直接またはリモートで参加できるようにする

* validates the registration of participants at the time of joining Hackathon sessions

* ハッカソンセッションに参加した時点で参加者の登録を検証する

* enables remote presenters of project results presentations

* プロジェクト結果のプレゼンテーションのリモートプレゼンターを有効にします

* captures recordings of the Hackathon kickoff and closing

* ハッカソンのキックオフとクロージングの録音をキャプチャします

5.8. Network
5.8. 通信網

Access to the IETF network is an important aspect of the Hackathon. The IETF network provides unfettered Internet access that is not typical within many residential, corporate, and university environments. For many IETF participants and projects, access to the Internet and each other via wireless access to the IETF network is sufficient. However, due to the nature of the work done in the IETF, wired access and special networking capabilities are often required.

IETFネットワークへのアクセスは、ハッカソンの重要な側面です。IETFネットワークは、多くの住宅、企業、大学の環境で典型的ではない、自由なインターネットアクセスを提供します。多くのIETF参加者とプロジェクトでは、IETFネットワークへのワイヤレスアクセスを介してインターネットと互いにアクセスするだけで十分です。ただし、IETFで行われた作業の性質により、有線アクセスと特別なネットワーク機能が必要になることがよくあります。

The Network Operations Center (NOC) has graciously met the needs of the Hackathon since its inception and continues to add more capabilities over time. In advance, champions are able to request wired access and special networking functionality, including static IPv4 and IPv6 addresses, IPv6-only networking, a closed user group, Network Address and Protocol Translation from IPv6 Clients to IPv4 Servers (NAT64), and IPv6 Prefix Delegation. All of this, and the IETF network in general, is made available by the start of the Hackathon and in advance for setup to the extent possible.

Network Operations Center(NOC)は、Hackathonの設立以来、Hackathonのニーズを丁寧に満たしており、時間の経過とともにさらに機能を追加し続けています。事前に、チャンピオンは、静的IPv4およびIPv6アドレス、IPv6のみのネットワーキング、閉じたユーザーグループ、ネットワークアドレス、IPv6クライアントからIPv4サーバー(NAT64)、IPv6プレフィックスなど、有線アクセスと特別なネットワーキング機能を要求できます。代表団。これらすべて、および一般的にIETFネットワークは、ハッカソンの開始までに利用可能になり、可能な限りセットアップのために事前に利用可能になります。

5.8.1. Remote Networking
5.8.1. リモートネットワーキング

Online-only meetings present both a personal-networking challenge and a computer-networking challenge. The NOC came to the rescue for the latter with an experimental mechanism that was used to join the IETF network while attending a meeting remotely. This evolved into what is now known as "HackNet" [HACKNET], a global Layer 2 VPN designed to support IETF protocol development across teams within the IETF Hackathon. A limited set of devices for connecting to HackNet are supported. In addition to Layer 2 connectivity, a subset of the networking capabilities available at in-person meetings are available. Both the set of devices and the set of networking capabilities are expected to expand and evolve over time. However, it is important to note that HackNet is still an experiment and not a production service. Best-effort support is available via email to <support@ietf.org>.

オンラインのみの会議には、個人的なネットワーキングの課題とコンピューターネットワーキングチャレンジの両方があります。NOCは、リモートで会議に参加しながらIETFネットワークに参加するために使用された実験メカニズムで後者の救助に来ました。これは、IETFハッカソン内のチーム間でIETFプロトコル開発をサポートするように設計されたグローバルレイヤー2 VPNである「Hacknet」[Hacknet]として現在知られているものに進化しました。HackNetに接続するための限られたデバイスセットがサポートされています。レイヤー2接続に加えて、対面会議で利用可能なネットワーク機能のサブセットが利用可能です。デバイスのセットとネットワーク機能のセットの両方が、時間とともに拡張および進化すると予想されます。ただし、HackNetは依然として実験であり、生産サービスではないことに注意することが重要です。Best-Effortサポートは、<support@ietf.org>にメールで入手できます。

5.9. Webex
5.9. WebEx

Champions can request a [WEBEX-ACCOUNT] they can use to schedule meetings for their team. These are similar to the Webex accounts that are allocated to and used by the working group chairs for virtual interim meetings. An account can be requested by a team champion at any time. Accounts remain active and available throughout the duration of the Hackathon and the associated IETF meeting. A project name may be used in place of "Working Group Name" in the request form.

チャンピオンは、チームの会議をスケジュールするために使用できる[WebEx-Account]を要求できます。これらは、仮想暫定会議のためにワーキンググループチェアによって割り当てられ、使用されるWebExアカウントに似ています。アカウントは、チームチャンピオンからいつでも要求できます。アカウントは、ハッカソンの期間中および関連するIETF会議の間、アクティブであり、利用可能です。プロジェクト名は、リクエストフォームの「ワーキンググループ名」の代わりに使用できます。

5.10. Gather
5.10. 集める

[GATHER] facilitates virtual hallway interaction during IETF meetings. A dedicated area within the overall space is created by the Secretariat for the Hackathon. The area includes tables, identified by letters of the alphabet, that teams are free to self-assign and use as and when they like. Eight to ten seats around each table facilitate group discussions within the team. A dry erase board or shared notes tablet, e.g., [HEDGEDOC], at tables facilitates sharing of information within the team. The tables also facilitate collaboration across teams. One cautionary note: Gather has relative high-network bandwidth and CPU requirements and, as such, may not be well suited for some Hackathon participants.

[集] IETF会議中に仮想廊下の相互作用を促進します。スペース全体の専用エリアは、ハッカソンの事務局によって作成されます。このエリアには、アルファベットの文字によって識別されるテーブルが含まれています。チームは、自己割り当てと好きなときに使用できます。各テーブルの周りの8〜10席は、チーム内のグループディスカッションを促進します。テーブルでのドライ消去ボードまたは共有ノートタブレット、たとえば[Hedgedoc]のタブレットは、チーム内の情報の共有を容易にします。このテーブルは、チーム間のコラボレーションも促進します。1つの注意注文:Gatherには、比較的高いネットワーク帯域幅とCPUの要件があり、そのため、一部のハッカソン参加者には適していない場合があります。

The Gather space remains available between IETF meetings, with incremental improvements and additions made during this time. The space is cleaned about a month prior to the start of the next meeting, removing anything left over from the previous meeting. Hackathon teams are encouraged to make a copy of anything they want to retain within a week of the end of the IETF meeting.

IETF会議の間に集まりのスペースが利用可能であり、この期間中に漸進的な改善と追加が行われます。スペースは、次の会議の開始の約1か月前に清掃され、前の会議から残ったものを削除します。Hackathonチームは、IETF会議の終了から1週間以内に保持したいもののコピーを作成することをお勧めします。

6. Statistics and Metrics
6. 統計と指標

Statistics for the Hackathon have been gathered informally from the first Hackathon, at IETF 92, and more formally since IETF 101. Registration is required, but it is also free, which can lead to misleading statistics. Starting with IETF 101, an effort has been made by the Secretariat to validate registrations for all in-person participants by checking registrations at the main entrance to the Hackathon room. Badges similar to those issued for the rest of the IETF meeting are now issued for the Hackathon as well. There is still no good mechanism for determining the number of remote participants.

ハッカソンの統計は、IETF 92で最初のハッカソンから非公式に収集されました。IETF101以降、より正式には登録が必要ですが、誤解を招く統計につながる可能性があります。IETF 101から始めて、ハッカソンルームの正面玄関で登録をチェックすることにより、すべての対面参加者の登録を検証するための事務局によって努力が払われました。IETF会議の残りのために発行されたバッジと同様のバッジは、ハッカソンのためにも発行されています。リモート参加者の数を決定するための適切なメカニズムはまだありません。

Hackathon participation has grown from 45 participants at IETF 92 to a maximum of 406 participants at IETF 104. Participation tends to be slightly higher when the IETF meeting is located in Europe. Recent in-person Hackathons have had roughly 30-40% as many participants as the corresponding IETF meeting. For roughly 20-30% of Hackathon participants, the Hackathon is their first experience at any IETF event.

Hackathonの参加は、IETF 92の45人の参加者からIETF 104の最大406人の参加者に増加しました。IETFミーティングがヨーロッパにある場合、参加はわずかに高くなる傾向があります。最近の対面ハッカソンは、対応するIETF会議と同じくらい多くの参加者を約30〜40%獲得しています。ハッカソン参加者の約20〜30%の場合、ハッカソンはあらゆるIETFイベントでの最初の経験です。

6.1. IETF Survey Results
6.1. IETF調査結果

For each IETF meeting, there is a post-event survey that often includes a question or two about the Hackathon, e.g., [IETF-106-SURVEY].

IETF会議ごとに、ハッカソンに関する質問を1つまたは2つ含むイベント後の調査があります。

6.2. Hackathon Survey Results
6.2. ハッカソン調査結果

Hackathon-specific surveys have been used on some occasions to obtain more detailed feedback about the Hackathon from the IETF community. This has been especially useful for feedback on online-only Hackathons. Surveys have been short with most questions being optional, e.g., [IETF-110-SURVEY].

IETFコミュニティからハッカソンに関するより詳細なフィードバックを得るために、ハッカソン固有の調査が時々使用されてきました。これは、オンラインのみのハッカソンに関するフィードバックに特に役立ちます。調査は短く、ほとんどの質問はオプションです。たとえば[IETF-10-Survey]。

7. Roles and Responsibilities
7. 役割と責任

This section provides a summary of the roles and responsibilities of individuals and groups involved in a successful IETF Hackathon. The summary provided here is not meant to be exhaustive. Some responsibilities are described entirely or in more detail throughout the rest of the document.

このセクションでは、IETFハッカソンの成功に関与する個人およびグループの役割と責任の概要を説明します。ここで提供される概要は、網羅的であることを意図したものではありません。いくつかの責任は、文書の残りの部分全体で完全にまたは詳細に説明されています。

7.1. Hackathon Chair(s)
7.1. ハッカソンチェア

The role of a Hackathon Chair is similar to that of a working group chair. As with working groups, it is typically best to have co-chairs share responsibilities and the workload. The Hackathon Chair(s) works very closely with the Secretariat on all responsibilities. Key responsibilities include the following:

ハッカソンチェアの役割は、ワーキンググループチェアの役割に似ています。ワーキンググループと同様に、通常、共同議長に責任とワークロードを共有することが最善です。ハッカソンチェアは、あらゆる責任について事務局と非常に緊密に連携しています。主な責任には以下が含まれます。

* Organize and deliver a Hackathon at each IETF meeting, which involves soliciting help from all other roles to do much of the heavy lifting

* 各IETF会議でハッカソンを整理して配信します。

* Encourage and provide guidance to champions who volunteer to lead projects

* プロジェクトをリードするためにボランティアをするチャンピオンへのガイダンスを奨励し、提供する

* Maintain the Hackathon wiki, e.g., [IETF-110-HACKATHON-WIKI], and all of its child pages.

* Hackathon Wiki、たとえば[IETF-110-Hackathon-Wiki]、およびそのすべての子ページを維持します。

* Moderate the Hackathon email list (Section 5.5)

* ハッカソンのメーリングリストをモデレートします(セクション5.5)

* request sessions for the Hackathon opening and closing in the IETF meeting, e.g., [REQUEST-SESSIONS]

* IETF会議でのHackathonのオープニングとクロージングのリクエストセッション、例えば[リクエストセッション]

* Emcee the Hackathon, including the opening and closing sessions and announcements in between

* Hackathonを司会します。

* Create and manage the GitHub repository used for each Hackathon, e.g.,[RESULTS-PRESENTATIONS]

* 各ハッカソンに使用されるGitHubリポジトリを作成して管理します。

* Serve as the main point of contact for all Hackathon questions and concerns

* すべてのハッカソンの質問と懸念の主な連絡先として役立つ

7.2. Secretariat
7.2. 事務局

Key responsibilities include the following:

主な責任には以下が含まれます。

* Configure and manage the Hackathon registration system (Section 5.3)

* ハッカソン登録システムを構成して管理する(セクション5.3)

* Maintain the Hackathon website (Section 5.2.1)

* ハッカソンのウェブサイトを維持する(セクション5.2.1)

* Create and maintain the web page for each Hackathon, e.g., [IETF-110-HACKATHON-WEBSITE]

* 各ハッカソンのWebページを作成して維持します。

* Create a wiki page for each Hackathon, e.g., [IETF-110-HACKATHON-WIKI]. This is initialized and updated at times by the Secretariat, but the Chair(s) is ultimately responsible for maintaining it.

* ハッカソンごとにwikiページを作成します。これは事務局によって初期化され、時々更新されますが、議長は最終的にそれを維持する責任があります。

* Handle venue logistics for the Hackathon, Hackdemo Happy Hour, and the Code Lounge (e.g., reserve room, food and beverages, AV, etc.)

* Hackathon、Hackdemo Happy Hour、Code Lounge(予備室、食べ物や飲み物、AVなど)の会場ロジスティクスを処理します。

* Handle internal IETF promotion (e.g., via email messages to the IETF community)

* 内部IETFプロモーションを処理します(例えば、IETFコミュニティへの電子メールメッセージを介して)

* Assist with external outreach, as needed, including finding sponsors

* スポンサーを見つけるなど、必要に応じて外部アウトリーチを支援する

* Validate Hackathon registrations for in-person participants, including issuing badges and Hackathon T-shirts (Section 3.2.1.3) when available

* 対面参加者のハッカソン登録を検証します。

7.3. Sponsor
7.3. スポンサー

Key responsibilities include the following:

主な責任には以下が含まれます。

* Provide some funding to help offset costs of the Hackathon (either per meeting or per year, depending on the model)

* ハッカソンのコストを相殺するためのいくつかの資金を提供します(モデルに応じて、会議ごとまたは年間のいずれか)

* Optionally provide T-shirts or other giveaways

* オプションでTシャツまたはその他の景品を提供します

* Optionally provide support staff to assist with the Hackathon

* オプションで、サポートスタッフを提供して、ハッカソンを支援します

Key benefits include the following:

主な利点には以下が含まれます。

* Sponsor logo on Hackathon T-shirts

* Hackathon Tシャツのスポンサーロゴ

* Sponsor logo on Hackathon signage

* Hackathon Signageのスポンサーロゴ

* Sponsor logo on the Hackathon web page and wiki

* Hackathon WebページとWikiのスポンサーロゴ

* Sponsor logo and call out in the Hackathon kickoff and closing presentations

* スポンサーのロゴとハッカソンのキックオフと閉会のプレゼンテーションで声をかける

* Sponsor logo and call out in the IETF plenary presentation

* IETFプレナリープレゼンテーションでロゴをスポンサーし、声をかける

* Sponsor logo and call out in the Hackathon recap on [IETF-BLOG]

* ロゴをスポンサーし、[IETF-BLOG]のハッカソンの要約で声をかけます

* Recognition in the IETF community for helping the IETF Hackathon remain free and open to everyone

* IETFハッカソンを支援するためのIETFコミュニティでの認識は、誰にでも無料で開かれたままです

7.4. Champions of Projects
7.4. プロジェクトのチャンピオン

Champions of projects are the key to a successful Hackathon. Key responsibilities for champions include the following:

プロジェクトのチャンピオンは、ハッカソンを成功させるための鍵です。チャンピオンの主な責任には、次のものが含まれます。

* Volunteer to lead a project at the Hackathon

* ハッカソンでプロジェクトをリードするボランティア

* Serve as the primary contact for the project

* プロジェクトの主要な連絡先として機能します

* Add and manage information on the Hackathon wiki for the project, including the Hackdemo Happy Hour (Section 2.2), Code Lounge (Section 2.3), and Team Schedule (Section 5.4.5.1) pages

* Hackdemo Happy Hour(セクション2.2)、コードラウンジ(セクション2.3)、チームスケジュール(セクション5.4.5.1)ページなど、プロジェクトのHackathon Wikiに関する情報を追加および管理する

* Promote the project to appropriate groups inside the IETF and outside as well

* IETF内および外部の適切なグループにプロジェクトを宣伝する

* Welcome and organize members of the team

* チームのメンバーを歓迎し、組織します

* Provide focus, guidance, and leadership for the project

* プロジェクトの焦点、ガイダンス、リーダーシップを提供する

7.5. IETF LLC, Director of Communications and Operations (was ISOC)
7.5. IETF LLC、コミュニケーションおよびオペレーションディレクター(ISOCでした)

Key responsibilities include the following:

主な責任には以下が含まれます。

* Promote the Hackathon outside of the IETF, including web search engine ad words, social media posts, and listing on external event calendars, such as [RIPE-CALENDAR] and [NSRC-CALENDAR]

* [Ripe-Calendar]や[NSRC-Calendar]などの外部イベントカレンダーのWeb検索エンジンの広告ワード、ソーシャルメディアの投稿、およびリスティングなど、IETFの外でハッカソンを宣伝します。

* Handle outreach to local universities

* 地元の大学へのアウトリーチを処理します

* Provide a photographer, including optional team photos and candid photos of collaborating during in-person events

* オプションのチーム写真や、対面イベント中のコラボレーションの率直な写真を含む写真家を提供する

* Provide laptop stickers (Section 3.2.1.4) at in-person events

* 対面イベントでラップトップステッカー(セクション3.2.1.4)を提供する

7.6. Judges
7.6. 判定

The first several Hackathons involved judges who listened to project results presentations by teams at the closing of each Hackathon and identified winning teams for an arbitrary number of project categories. Prizes were made available to members of winning teams. This was done as an incentive to participate in the Hackathon and present results and to provide a fun yet informative end to the Hackathon that could be appreciated by the entire IETF community. Judging and the awarding of prizes led to confusion regarding the nature of the Hackathon, making it appear overly competitive to some. Procurement of appropriate prizes was financially and logistically challenging. The arrangement of judges, determination of winners, and awarding of prizes all became more time consuming, especially as the number of projects and participants grew. Ultimately, it was deemed best to eliminate judging, awards, and prizes entirely. Apparently, the IETF community has an innate incentive to participate and present results in the Hackathon.

最初の数人のハッカソンには、各ハッカソンの閉鎖時にチームによるプロジェクト結果のプレゼンテーションを聞いた裁判官が関与し、任意の数のプロジェクトカテゴリについて勝者チームを特定しました。優勝チームのメンバーが賞品を利用できるようになりました。これは、ハッカソンに参加して結果を提示するインセンティブとして行われ、IETFコミュニティ全体で評価できるハッカソンに楽しいが有益な終わりを提供するためのインセンティブとして行われました。審査と賞の授与により、ハッカソンの性質に関する混乱が生じ、一部の人にとっては過度に競争力があるように見えました。適切な賞の調達は、経済的および物流的に挑戦的でした。特にプロジェクトと参加者の数が増加するにつれて、裁判官の取り決め、勝者の決定、賞品の授与はすべて時間がかかりました。最終的に、審査、賞、賞を完全に排除することが最善と見なされました。どうやら、IETFコミュニティには、ハッカソンに参加して結果を提示するための生来のインセンティブがあります。

8. Implementation Status
8. 実装ステータス

The practices described in this document have been established, used, and refined over the course of running numerous IETF Hackathons, including several at online-only IETF meetings. The GitHub repository [GITHUB-REPO] has been used to collaborate on this document. The IETF-Hackathon GitHub (Section 5.6) contains code associated with IETF Hackathons.

このドキュメントで説明されている慣行は、オンラインのみのIETF会議でいくつかのIETFハッカソンを実行する過程で確立、使用、洗練されています。GitHubリポジトリ[GitHub-Repo]は、このドキュメントで協力するために使用されています。IETF-Hackathon Github(セクション5.6)には、IETFハッカソンに関連付けられたコードが含まれています。

9. Security Considerations
9. セキュリティに関する考慮事項

HackNet (Section 5.8.1) enables Hackathon participants to join the IETF network while attending a meeting remotely. The intent is for those connecting remotely to have as open a network as possible, just like those connecting to the IETF network at an in-person meeting. A user must have a Datatracker account to access HackNet and is expected to respect it, just as they are expected to respect the IETF network at an in-person meeting. If HackNet is exploited, it is addressed in the same manner as an exploitation of the IETF network would be at an in-person meeting.

HackNet(セクション5.8.1)により、Hackathonの参加者は、リモートで会議に参加しながらIETFネットワークに参加できます。目的は、対面会議でIETFネットワークに接続する人と同様に、リモートでリモートでネットワークを開くことを可能にすることです。ユーザーは、HackNetにアクセスするためにDatAtrackerアカウントを持っている必要があり、対面会議でIETFネットワークを尊重することが期待されているように、それを尊重することが期待されています。HackNetが悪用されている場合、IETFネットワークの搾取が対面会議で行われるのと同じ方法で対処されます。

9.1. Privacy Considerations
9.1. プライバシーに関する考慮事項

The Hackathon complies with the IETF/IRTF/IAB [PRIVACY-STATEMENT].

ハッカソンはIETF/IRTF/IAB [プライバシーステートメント]に準拠しています。

Participant names are displayed publicly in the Participant List (Section 5.3.1). As part of their registration, participants may opt in to display their email address as well.

参加者名は、参加者リスト(セクション5.3.1)に公開されます。登録の一環として、参加者は電子メールアドレスも表示することを選択できます。

The email addresses of individual champions are often shared publicly by the champions on the wiki. This is done voluntarily by individual champions to make it easier for others to contact them.

個々のチャンピオンのメールアドレスは、多くの場合、ウィキのチャンピオンによって公開されます。これは、個々のチャンピオンによって自発的に行われ、他の人がそれらに連絡しやすくします。

Photos taken during the Hackathon, and during the IETF meeting in general, are sometimes included in blog posts or on social media. Red lanyards are made available to Hackathon participants to wear to indicate that they do not wish to be photographed individually or in small groups.

ハッカソン中および一般的なIETF会議中に撮影した写真は、ブログ投稿やソーシャルメディアに含まれることがあります。ハッカソンの参加者は、個別に写真を撮影したくないことを示すために、ハッカソンの参加者が着用することができます。

10. IANA Considerations
10. IANAの考慮事項

This document has no IANA actions.

このドキュメントにはIANAアクションがありません。

11. Informative References
11. 参考引用

[AGENDAS] IETF, "IETF Meeting Agenda", <https://datatracker.ietf.org/meeting/agenda/>.

[アジェンダ] IETF、「IETF会議アジェンダ」、<https://datatracker.ietf.org/meeting/agenda/>。

[BITS-N-BITES] IETF, "About Bits-N-Bites", <https://www.ietf.org/how/meetings/98/bits-n-bites/>.

[bits-n-bites] ietf、 "bits-n-bites"、<https://www.ietf.org/how/meetings/98/bits-n-bites/>。

[CODE-LOUNGE] IETF, "IETF 113 Code Lounge", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/113hackathon/codelounge>.

[コードラウンジ] IETF、「IETF 113コードラウンジ」、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/wiki/113hackathon/codelounge>。

[CODE-SPRINT] IETF, "Code Sprint", <https://www.ietf.org/how/runningcode/code-sprint/>.

[code-sprint] ietf、 "code sprint"、<https://www.ietf.org/how/runningcode/code-sprint/>。

[DATATRACKER] IETF, "IETF Datatracker", <https://datatracker.ietf.org/>.

[DataTracker] ietf、 "ietf datatracker"、<https://datatracker.ietf.org/>。

[DATATRACKER-ACCOUNT] IETF, "IETF Datatracker Account Creation", <https://datatracker.ietf.org/accounts/create/>.

[DataTracker-Account] IETF、「IETF DatAtrackerアカウントの作成」、<https://datatracker.ietf.org/accounts/create/>。

[EMAIL-LIST] IETF, "IETF Hackathon Mailing List", <https://www.ietf.org/mailman/listinfo/Hackathon/>.

[電子メールリスト] IETF、「IETFハッカソンメーリングリスト」、<https://www.ietf.org/mailman/listinfo/hackathon/>。

[GATHER] "Gather", <https://gather.town/>.

[集まる]「集まる」、<https://gather.town/>。

[GITHUB-REPO] "draft-ietf-shmoo-hackathon: IETF SHMOO working group draft on running an IETF Hackathon", commit 6a8aad6, July 2022, <https://github.com/eckelcu/draft-ietf-shmoo-hackathon/>.

[github-repo] "ドラフト-iitf-shmoo-hackathon:ietf shmooワーキンググループドラフトAn ietf hackathon"、commit 6a8aad6、2022年7月、<https://github.com/eckelcu/draft-ietf-shmoo-hackathon/>。

[HACKATHON-WEBSITE] IETF, "IETF Hackathons", <https://www.ietf.org/how/runningcode/hackathons/>.

[hackathon-website] ietf、 "ietf hackathons"、<https://www.ietf.org/how/runningcode/hackathons/>。

[HACKDEMO] IETF, "IETF 113 Hackdemo Happy Hour", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/113hackathon/hackdemo>.

[hackdemo] ietf、 "ietf 113 hackdemoハッピーアワー"、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/wiki/113hackathon/hackdemo>。

[HACKNET] IETF, "HackNet", <https://hacknet.meeting.ietf.org/>.

[hacknet] ietf、 "hacknet"、<https://hacknet.meeting.ietf.org/>。

[HEDGEDOC] IETF, "HedgeDoc", <https://notes.ietf.org/>.

[hedgedoc] ietf、 "hedgedoc"、<https://notes.ietf.org/>。

[IETF-106-SURVEY] IETF, "IETF 106 Meeting Survey", <https://www.ietf.org/media/documents/ IETF_106_Meeting_Survey.pdf>.

[IETF-106-SURVEY] IETF、「IETF 106 Meeting Survey」、<https://www.ietf.org/media/documents/ ietf_106_meeting_survey.pdf>。

[IETF-108-HACKATHON-WIKI] IETF, "IETF 108 Hackathon Wiki", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/108hackathon/>.

[IETF-108-HACKATHON-WIKI] IETF、 "IETF 108 Hackathon wiki"、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/108hackathon/>。

[IETF-110-HACKATHON-WEBSITE] IETF, "IETF 110 Hackathon Online", <https://www.ietf.org/how/runningcode/ hackathons/110-hackathon/>.

[IETF-10-HACKATHON-WEBSITE] IETF、「IETF 110 Hackathon Online」、<https://www.ietf.org/how/runningcode/ hackathon/110-hackathon/>。

[IETF-110-HACKATHON-WIKI] IETF, "IETF 110 Hackathon Wiki", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/110hackathon/>.

[IETF-10-HACKATHON-WIKI] IETF、 "IETF 110 Hackathon Wiki"、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/110hackathon/>。

[IETF-110-SURVEY] IETF, "IETF 110 Meeting Survey", <https://ql.tc/8K1JeZ/>.

[IETF-110-SURVEY] IETF、「IETF 110 MEENTION SURVEY」、<https://ql.tc/8k1jez/>。

[IETF-BLOG] IETF, "IETF Blog", <https://www.ietf.org/blog/>.

[ietf-blog] ietf、 "ietf blog"、<https://www.ietf.org/blog/>。

[IETF-HACKATHON-GITHUB] IETF, "IETF-Hackathon Repositories", <https://github.com/ietf-hackathon/>.

[ietf-hackathon-github] ietf、「ietf-hackathonリポジトリ」、<https://github.com/ietf-hackathon/>。

[LOST-AND-FOUND] IETF, "IETF 110 Hackathon Lost and Found", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/110hackathon/lost&found>.

[lost-and-found] IETF、「IETF 110 Hackathon Lost and Found」、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/wiki/110hackathon/lost&found>。

[MEETECHO] "Meetecho", <https://www.meetecho.com/>.

[Meetecho] "Meetecho"、<https://www.meetecho.com/>。

[MEETING-WEBSITE] IETF, "Meetings and events", <https://www.ietf.org/how/meetings/>.

[Meeting-Website] IETF、「会議とイベント」、<https://www.ietf.org/how/meetings/>。

[MEETING-WIKI] IETF, "IETF Meeting Wiki", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/wiki>.

[Meeting-Wiki] IETF、 "IETF Meeting Wiki"、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/wiki>。

[NOTE-WELL] IETF, "Note Well", <https://ietf.org/about/note-well/>.

[note-well] ietf、 "note well"、<https://ietf.org/about/note-well/>。

[NSRC-CALENDAR] Network Startup Resource Center, "Education Outreach and Training (EOT) Calendar for Internet Development", <https://nsrc.org/calendar/>.

[NSRC-Calendar]ネットワークスタートアップリソースセンター、「インターネット開発のための教育アウトリーチとトレーニング(EOT)カレンダー」、<https://nsrc.org/calendar/>。

[PARTICIPANTS] IETF, "IETF 110 Hackathon Participant List", <https://registration.ietf.org/110/participants/ hackathon/>.

[参加者] IETF、「IETF 110 Hackathon参加者リスト」、<https://registration.ietf.org/110/particants/ hackathon/>。

[PRIVACY-STATEMENT] IETF, "IETF/IRTF/IAB Privacy Statement", <https://www.ietf.org/privacy-statement/>.

[Privacy-statement] IETF、「IETF/IRTF/IABプライバシーステートメント」、<https://www.ietf.org/privacy-statement/>。

[REGISTRATION-SYSTEM] IETF, "IETF Meeting Registration System", <https://registration.ietf.org/>.

[登録システム] IETF、「IETF会議登録システム」、<https://registration.ietf.org/>。

[REMARK] "remark: A simple, in-browser, markdown-driven slideshow tool", commit 1bbce13, May 2022, <https://github.com/gnab/remark/>.

[bere]「備考:シンプルでブラウザー、マークダウン駆動型のスライドショーツール」、1BBCE13を2022年5月<https://github.com/gnab/remark/>コミット。

[REQUEST-SESSIONS] IETF, "IETF Session Request", <https://datatracker.ietf.org/secr/sreq/>.

[リクエストセッション] IETF、「IETFセッションリクエスト」、<https://datatracker.ietf.org/secr/sreq/>。

[RESULTS-PRESENTATION-SCHEDULE] IETF, "IETF 110 Hackathon Results Presentation Schedule", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/110hackathon/resultspresentationschedule>.

[results-presentation-schedule] ietf、 "ietf 110 hackathon結果プレゼンテーションスケジュール"、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/110hackathon/resultspresentationschedule>。

[RESULTS-PRESENTATIONS] IETF, "IETF 110 Hackathon Project Results Presentations", commit a6a12bd, March 2021, <https://github.com/ietf-hackathon/ietf110-project-presentations>.

[results-presentations] IETF、「IETF 110 Hackathon Project Resultsプレゼンテーション」、commit A6A12BD、2021年3月、<https://github.com/ietf-hackathon/ietf110-project-presentations>。

[RIPE-CALENDAR] RIPE NCC, "Upcoming Events", <https://www.ripe.net/participate/meetings/calendar/>.

[Ripe-Calendar] Ripe NCC、「今後のイベント」、<https://www.ripe.net/particate/meetings/calendar/>。

[RUNNING-CODE-SPONSOR] IETF, "IETF Meeting Sponsorship: Running Code Sponsors", <https://www.ietf.org/support-us/sponsorship/#running-code>.

[Running-Code-Sponsor] IETF、「IETF会議スポンサー:ランニングコードスポンサー」、<https://www.ietf.org/support-us/sponsorship/#running-code>。

[SURVEY] IETF, "IETF 107 Hackathon Results: Participant Survey", <https://www.surveymonkey.com/results/SM-9HLRXN8M7/>.

[調査] IETF、「IETF 107ハッカソン結果:参加者調査」、<https://www.surveymonkey.com/results/sm-9hlrxn8m7/>。

[TEAM-SCHEDULE] IETF, "IETF 110 Hackathon Team Schedule", <https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/ wiki/110hackathon/teamschedule>.

[Team-Schedule] IETF、「IETF 110 Hackathonチームスケジュール」、<https://trac.ietf.org/trac/ietf/meeting/wiki/110hackathon/teamschedule>。

[WEBEX-ACCOUNT] IETF, "IETF Webex Account", <https://ietf.webex.com/webappng/sites/ietf/ dashboard?siteurl=ietf/>.

[webex-account] ietf、 "ietf webexアカウント"、<https://ietf.webex.com/webappng/sites/ietf/ dashboard?siteurl = ietf/>。

Acknowledgments

謝辞

The IETF Secretariat, notably Alexa Morris and Stephanie McCammon, contributed significantly to the creation of the IETF Hackathon and the practices in this document. Among other things, Alexa drafted the initial breakdown of "Roles and Responsibilities" (Section 7), and Stephanie created the initial Hackathon website and wiki. These have evolved over time and are used to run each Hackathon.

IETF事務局、特にAlexa MorrisとStephanie McCammonは、IETFハッカソンの作成とこの文書の実践に大きく貢献しました。とりわけ、Alexaは「役割と責任」の最初の内訳を起草し(セクション7)、Stephanieは最初のHackathon WebサイトとWikiを作成しました。これらは時間とともに進化しており、各ハッカソンを実行するために使用されます。

Greg Wood, Barry Leiba, Michael Richardson, Benson Muite, Dhruv Dhody, Karl Auerbach, Mallory Knodel, Lars Eggert, Robert Sparks, Thomas Fossati, Alvaro Retana, Erik Kline, John Scudder, Roman Danyliw, and Éric Vyncke also provided significant contributions to the Hackathon and to this document.

グレッグ・ウッド、バリー・レイバ、マイケル・リチャードソン、ベンソン・ミューテ、ドルフ・ドディ、カール・アウアーバッハ、マロリー・ノーデル、ラース・エガート、ロバート・スパークス、トーマス・フォッサティ、アルバロ・レタナ、エリック・クライン、ジョン・スカッダー、ロマン・ダニリウ、エリック・ヴィンケは重要なコントリブイオンにも提供されました。ハッカソンとこの文書へ。

Author's Address

著者の連絡先

Charles Eckel Cisco Systems United States of America Email: eckelcu@cisco.com

チャールズ・エッケル・シスコ・システム・アメリカ合衆国電子メール:eckelcu@cisco.com