Internet Engineering Task Force (IETF)                   J. Ahlberg, Ed.
Request for Comments: 8432                                   Ericsson AB
Category: Informational                                       M. Ye, Ed.
ISSN: 2070-1721                                      Huawei Technologies
                                                                   X. Li
                                                 NEC Laboratories Europe
                                                           LM. Contreras
                                                          Telefonica I+D
                                                           CJ. Bernardos
                                        Universidad Carlos III de Madrid
                                                            October 2018
        

A Framework for Management and Control of Microwave and Millimeter Wave Interface Parameters

マイクロ波およびミリ波インターフェイスパラメータの管理と制御のためのフレームワーク

Abstract

概要

The unification of control and management of microwave radio link interfaces is a precondition for seamless multi-layer networking and automated network provisioning and operation.

マイクロ波無線リンクインターフェイスの制御と管理の統合は、シームレスなマルチレイヤネットワーキングと自動化されたネットワークのプロビジョニングと運用の前提条件です。

This document describes the required characteristics and use cases for control and management of radio link interface parameters using a YANG data model.

このドキュメントでは、YANGデータモデルを使用した無線リンクインターフェイスパラメータの制御と管理に必要な特性と使用例について説明します。

The purpose is to create a framework to identify the necessary information elements and define a YANG data model for control and management of the radio link interfaces in a microwave node. Some parts of the resulting model may be generic and could also be used by other technologies, e.g., Ethernet technology.

目的は、必要な情報要素を識別し、マイクロ波ノードの無線リンクインターフェイスを制御および管理するためのYANGデータモデルを定義するフレームワークを作成することです。結果として得られるモデルの一部は一般的なものであり、イーサネットテクノロジーなどの他のテクノロジーでも使用できます。

Status of This Memo

本文書の状態

This document is not an Internet Standards Track specification; it is published for informational purposes.

このドキュメントはInternet Standards Trackの仕様ではありません。情報提供を目的として公開されています。

This document is a product of the Internet Engineering Task Force (IETF). It represents the consensus of the IETF community. It has received public review and has been approved for publication by the Internet Engineering Steering Group (IESG). Not all documents approved by the IESG are candidates for any level of Internet Standard; see Section 2 of RFC 7841.

このドキュメントは、IETF(Internet Engineering Task Force)の製品です。これは、IETFコミュニティのコンセンサスを表しています。公開レビューを受け、インターネットエンジニアリングステアリンググループ(IESG)による公開が承認されました。 IESGによって承認されたすべてのドキュメントが、あらゆるレベルのインターネット標準の候補であるとは限りません。 RFC 7841のセクション2をご覧ください。

Information about the current status of this document, any errata, and how to provide feedback on it may be obtained at https://www.rfc-editor.org/info/rfc8432.

このドキュメントの現在のステータス、正誤表、およびフィードバックの提供方法に関する情報は、https://www.rfc-editor.org/info/rfc8432で入手できます。

Copyright Notice

著作権表示

Copyright (c) 2018 IETF Trust and the persons identified as the document authors. All rights reserved.

Copyright(c)2018 IETF Trustおよびドキュメントの作成者として識別された人物。全著作権所有。

This document is subject to BCP 78 and the IETF Trust's Legal Provisions Relating to IETF Documents (https://trustee.ietf.org/license-info) in effect on the date of publication of this document. Please review these documents carefully, as they describe your rights and restrictions with respect to this document. Code Components extracted from this document must include Simplified BSD License text as described in Section 4.e of the Trust Legal Provisions and are provided without warranty as described in the Simplified BSD License.

この文書は、BCP 78およびIETF文書に関するIETFトラストの法的規定(https://trustee.ietf.org/license-info)の対象であり、この文書の発行日に有効です。これらのドキュメントは、このドキュメントに関するあなたの権利と制限を説明しているため、注意深く確認してください。このドキュメントから抽出されたコードコンポーネントには、Trust Legal Provisionsのセクション4.eに記載されているSimplified BSD Licenseのテキストが含まれている必要があり、Simplified BSD Licenseに記載されているように保証なしで提供されます。

Table of Contents

目次

   1. Introduction ....................................................3
      1.1. Conventions Used in This Document ..........................5
   2. Terminology and Definitions .....................................5
   3. Approaches to Manage and Control Radio Link Interfaces ..........7
      3.1. Network Management Solutions ...............................7
      3.2. Software-Defined Networking ................................7
   4. Use Cases .......................................................8
      4.1. Configuration Management ...................................9
      4.2. Inventory .................................................10
      4.3. Status and Statistics .....................................10
      4.4. Performance Management ....................................10
      4.5. Fault Management ..........................................11
      4.6. Troubleshooting and Root Cause Analysis ...................11
   5. Requirements ...................................................11
   6. Gap Analysis on Models .........................................12
      6.1. Microwave Radio Link Functionality ........................13
      6.2. Generic Functionality .....................................14
      6.3. Summary ...................................................15
   7. Security Considerations ........................................16
   8. IANA Considerations ............................................16
   9. References .....................................................16
      9.1. Normative References ......................................16
      9.2. Informative References ....................................17
   Contributors ......................................................19
   Authors' Addresses ................................................20
        
1. Introduction
1. はじめに

Microwave radio is a technology that uses high-frequency radio waves to provide high-speed wireless connections that can send and receive voice, video, and data information. It is a general term used for systems covering a very large range of traffic capacities, channel separations, modulation formats, and applications over a wide range of frequency bands from 1.4 GHz up to and above 100 GHz.

マイクロ波無線は、高周波の電波を使用して、音声、ビデオ、およびデータ情報を送受信できる高速ワイヤレス接続を提供する技術です。これは、非常に広い範囲のトラフィック容量、チャネル分離、変調形式、および1.4 GHzから100 GHz以上の幅広い周波数帯域にわたるアプリケーションをカバーするシステムに使用される一般的な用語です。

The main application for microwave is backhaul for mobile broadband. Those networks will continue to be modernized using a combination of microwave and fiber technologies. The choice of technology depends on fiber presence and cost of ownership, not capacity limitations in microwave.

マイクロ波の主な用途は、モバイルブロードバンドのバックホールです。これらのネットワークは、マイクロ波とファイバー技術の組み合わせを使用して最新化され続けます。テクノロジーの選択は、マイクロ波の容量制限ではなく、ファイバーの存在と所有コストに依存します。

Today, microwave is already able to fully support the capacity needs of a backhaul in a radio access network and will evolve to support multiple gigabits in traditional frequency bands and more than 10 gigabits in higher-frequency bands with more bandwidth. Layer 2 (L2) Ethernet features are normally an integrated part of microwave nodes, and more advanced L2 and Layer 3 (L3) features will be introduced over time to support the evolution of the transport services that will be provided by a backhaul/transport network. Note that wireless access technologies such as 3/4/5G and Wi-Fi are not within the scope of this document.

今日、マイクロ波は無線アクセスネットワークのバックホールの容量ニーズを完全にサポートすることができ、従来の周波数帯域で複数のギガビットをサポートし、より広い帯域幅でより高い周波数帯域で10ギガビット以上をサポートするように進化します。レイヤー2(L2)イーサネット機能は通常、マイクロ波ノードの統合された部分であり、バックホール/トランスポートネットワークによって提供されるトランスポートサービスの進化をサポートするために、より高度なL2およびレイヤー3(L3)機能が徐々に導入されます。 。 3/4 / 5GやWi-Fiなどのワイヤレスアクセステクノロジーはこのドキュメントの範囲外であることに注意してください。

Open and standardized interfaces are a prerequisite for efficient management of equipment from multiple vendors, integrated in a single system/controller. This framework addresses management and control of the radio link interface(s) and their relationship to other interfaces (typically, Ethernet interfaces) in a microwave node. A radio link provides the transport over the air, using one or several carriers in aggregated or protected configurations. Managing and controlling a transport service over a microwave node involves both radio link and packet transport functionality.

オープンで標準化されたインターフェースは、単一のシステム/コントローラーに統合された、複数のベンダーの機器を効率的に管理するための前提条件です。このフレームワークは、無線リンクインターフェイスの管理と制御、およびマイクロ波ノード内の他のインターフェイス(通常はイーサネットインターフェイス)との関係を扱います。無線リンクは、集約または保護された構成で1つまたは複数のキャリアを使用して、無線によるトランスポートを提供します。マイクロ波ノード上のトランスポートサービスの管理と制御には、無線リンクとパケットトランスポート機能の両方が含まれます。

Today, there are already numerous IETF data models, RFCs, and Internet-Drafts with technology-specific extensions that cover a large part of the L2 and L3 domains. Examples include IP Management [RFC8344], Routing Management [RFC8349], and Provider Bridge [IEEE802.1Qcp]. These are based on the IETF YANG data model for Interface Management [RFC8343], which is an evolution of the SNMP IF-MIB [RFC2863].

今日、L2およびL3ドメインの大部分をカバーするテクノロジー固有の拡張機能を備えたIETFデータモデル、RFC、およびインターネットドラフトがすでに多数あります。たとえば、IP管理[RFC8344]、ルーティング管理[RFC8349]、プロバイダーブリッジ[IEEE802.1Qcp]などがあります。これらは、SNMP IF-MIB [RFC2863]の進化版である、インターフェース管理[RFC8343]のIETF YANGデータモデルに基づいています。

Since microwave nodes will contain more and more L2 and L3 (packet) functionality that is expected to be managed using those models, there are advantages if radio link interfaces can be modeled and managed using the same structure and the same approach. This is especially true for use cases in which a microwave node is managed as one common entity that includes both the radio link and the L2 and L3 functionality, e.g., basic configuration of the node and connections, centralized troubleshooting, upgrade, and maintenance. All interfaces in a node, irrespective of technology, would then be accessed from the same core model, i.e., [RFC8343], and could be extended with technology-specific parameters in models augmenting that core model. The relationship/connectivity between interfaces could be given by the physical equipment configuration. For example, the slot where the Radio Link Terminal (modem) is plugged in could be associated with a specific Ethernet port due to the wiring in the backplane of the system, or it could be flexible and therefore configured via a management system or controller.

マイクロ波ノードには、これらのモデルを使用して管理されることが予想されるL2およびL3(パケット)機能がますます多く含まれるため、同じ構造と同じアプローチを使用して無線リンクインターフェイスをモデル化および管理できる場合に利点があります。これは、マイクロ波ノードが、無線リンクとL2およびL3機能の両方を含む1つの共通エンティティとして管理される使用例に特に当てはまります。たとえば、ノードと接続の基本構成、集中型のトラブルシューティング、アップグレード、およびメンテナンスなどです。テクノロジーに関係なく、ノード内のすべてのインターフェースは、同じコアモデル、つまり[RFC8343]からアクセスされ、そのコアモデルを補強するモデルのテクノロジー固有のパラメーターで拡張できます。インターフェイス間の関係/接続性は、物理的な機器の構成によって指定できます。たとえば、無線リンクターミナル(モデム)が接続されているスロットは、システムのバックプレーンの配線が原因で特定のイーサネットポートに関連付けられている場合や、柔軟性があり、管理システムやコントローラーを介して構成されている場合があります。

   +------------------------------------------------------------------+
   | Interface [RFC8343]                                              |
   |                +---------------+                                 |
   |                | Ethernet Port |                                 |
   |                +---------------+                                 |
   |                      \                                           |
   |                    +---------------------+                       |
   |                    | Radio Link Terminal |                       |
   |                    +---------------------+                       |
   |                       /              \                           |
   |     +---------------------+       +---------------------+        |
   |     | Carrier Termination |       | Carrier Termination |        |
   |     +---------------------+       +---------------------+        |
   +------------------------------------------------------------------+
        

Figure 1: Relationship between Interfaces in a Node

図1:ノード内のインターフェース間の関係

There will always be certain implementations that differ among products, so it is practically impossible to achieve industry consensus on every design detail. It is therefore important to focus on the parameters that are required to support the use cases applicable for centralized, unified, multi-vendor management and to allow other parameters to either be optional or be covered by extensions to the standardized model. Furthermore, a standard that allows for a certain degree of freedom encourages innovation and competition, which benefits the entire industry. Thus, it is important that a radio link management model covers all relevant functions but also leaves room for product- and feature-specific extensions.

製品間で異なる特定の実装が常に存在するため、すべての設計の詳細について業界の合意を達成することは事実上不可能です。したがって、一元化された統合マルチベンダー管理に適用可能なユースケースをサポートし、他のパラメーターをオプションにするか、標準化モデルの拡張でカバーできるようにするために必要なパラメーターに焦点を当てることが重要です。さらに、一定の自由度を許容する基準は、イノベーションと競争を促進し、業界全体に利益をもたらします。したがって、無線リンク管理モデルがすべての関連機能をカバーするだけでなく、製品および機能固有の拡張の余地を残しておくことが重要です。

Models are available for microwave radio link functionality: "Microwave Information Model" by the ONF [ONF-MW] and "Microwave Radio Link YANG Data Models" submitted to and discussed by the CCAMP Working Group [CCAMP-MW]. The purpose of this document is to reach

モデルは、マイクロ波無線リンク機能で使用できます。ONF[ONF-MW]による「マイクロ波情報モデル」と、CCAMPワーキンググループ[CCAMP-MW]によって提出および議論された「マイクロ波無線リンクYANGデータモデル」です。このドキュメントの目的は、

consensus within the industry around one common approach with respect to the use cases and requirements to be supported, the type and structure of the model, and the resulting attributes to be included. This document describes the use cases, requirements, and expected characteristics of the model. It also includes an analysis of how the models in the two ongoing initiatives fulfill these expectations and recommendations for what can be reused and what gaps need to be filled by a new and evolved model ("A YANG Data Model for Microwave Radio Link" by the IETF [IETF-MW]).

サポートされるユースケースと要件、モデルのタイプと構造、および結果として含まれる属性に関する1つの一般的なアプローチに関する業界内の合意。このドキュメントでは、モデルのユースケース、要件、および予想される特性について説明します。また、2つの進行中のイニシアチブのモデルがこれらの期待をどのように満たすかについての分析と、再利用可能なもの、および新しく進化したモデル(「マイクロ波無線リンクのYANGデータモデル」 IETF [IETF-MW])。

1.1. Conventions Used in This Document
1.1. このドキュメントで使用される規則

The key words "MUST", "MUST NOT", "REQUIRED", "SHALL", "SHALL NOT", "SHOULD", "SHOULD NOT", "RECOMMENDED", "NOT RECOMMENDED", "MAY", and "OPTIONAL" in this document are to be interpreted as described in BCP 14 [RFC2119] [RFC8174] when, and only when, they appear in all capitals, as shown here.

キーワード「MUST」、「MUST NOT」、「REQUIRED」、「SHALL」、「SHALL NOT」、「SHOULD」、「SHOULD NOT」、「RECOMMENDED」、「NOT RECOMMENDED」、「MAY」、「OPTIONALこのドキュメントの「」は、BCP 14 [RFC2119] [RFC8174]で説明されているように解釈されます。

2. Terminology and Definitions
2. 用語と定義

Microwave radio: a term commonly used for technologies that operate in both microwave and millimeter wavelengths and in frequency bands from 1.4 GHz up to and beyond 100 GHz. In traditional bands, it typically supports capacities of 1-3 Gbps; in the 70/80 GHz band, it supports up to 10 Gbps. Using multi-carrier systems operating in frequency bands with wider channels, the technology will be capable of providing capacities of up to 100 Gbps.

マイクロ波無線:マイクロ波とミリ波の両方の波長、および1.4 GHzから100 GHz以上の周波数帯域で動作する技術で一般的に使用される用語。従来の帯域では、通常1〜3 Gbpsの容量をサポートします。 70/80 GHz帯域では、最大10 Gbpsをサポートします。より広いチャネルの周波数帯域で動作するマルチキャリアシステムを使用すると、このテクノロジは最大100 Gbpsの容量を提供できます。

Microwave radio technology: widely used for point-to-point telecommunications because its small wavelength allows conveniently sized antennas to direct radio waves in narrow beams and its comparatively higher frequencies allow broad bandwidth and high data-transmission rates. It is used for a broad range of fixed and mobile services, including high-speed, point-to-point wireless local area networks (WLANs) and broadband access.

マイクロ波無線技術:ポイントツーポイント通信で広く使用されている理由は、波長が小さいため、アンテナのサイズを適切に設定してアンテナを狭いビームに向けることができ、比較的高い周波数により、広い帯域幅と高いデータ伝送速度を実現できるためです。高速のポイントツーポイントワイヤレスローカルエリアネットワーク(WLAN)やブロードバンドアクセスなど、さまざまな固定およびモバイルサービスに使用されます。

The ETSI EN 302 217 series defines the characteristics and requirements of microwave equipment and antennas. In particular, ETSI EN 302 217-2 [EN302217-2] specifies the essential parameters for the systems operating from 1.4 GHz to 86 GHz.

ETSI EN 302 217シリーズは、マイクロ波機器とアンテナの特性と要件を定義しています。特に、ETSI EN 302 217-2 [EN302217-2]は、1.4 GHz〜86 GHzで動作するシステムに不可欠なパラメータを指定しています。

Carrier Termination and Radio Link Terminal: two concepts defined to support modeling of microwave radio link features and parameters in a structured yet simple manner.

キャリアターミネーションと無線リンクターミナル:構造化されたシンプルな方法でマイクロ波無線リンク機能とパラメータのモデリングをサポートするために定義された2つの概念。

* Carrier Termination: an interface for the capacity provided over the air by a single carrier. It is typically defined by its transmitting and receiving frequencies.

* キャリアターミネーション:単一のキャリアによって無線で提供される容量のインターフェース。通常、送信周波数と受信周波数によって定義されます。

* Radio Link Terminal: an interface providing Ethernet capacity and/or Time Division Multiplexing (TDM) capacity to the associated Ethernet and/or TDM interfaces in a node. It is used for setting up a transport service over a microwave radio link.

* 無線リンク端末:ノード内の関連するイーサネットまたはTDMインターフェースにイーサネット容量または時分割多重(TDM)容量を提供するインターフェース。これは、マイクロ波無線リンクを介したトランスポートサービスのセットアップに使用されます。

Figure 2 provides a graphical representation of the Carrier Termination and Radio Link Terminal concepts.

図2は、キャリアターミネーションと無線リンクターミナルの概念を示しています。

                 /--------- Radio Link ---------\
                  Near End              Far End
        
           +---------------+           +---------------+
           |    Radio Link |           | Radio Link    |
           |      Terminal |           | Terminal      |
           |               |           |               |
           |           (Protected or Bonded)           |
           |               |           |               |
           | +-----------+ |           | +-----------+ |
           | |           | | Carrier A | |           | |
           | |  Carrier  | |<--------->| |  Carrier  | |
           | |Termination| |           | |Termination| |
    ETH----| |           | |           | |           | |----ETH
           | +-----------+ |           | +-----------+ |
    TDM----|               |           |               |----TDM
           | +-----------+ |           | +-----------+ |
           | |           | | Carrier B | |           | |
           | |  Carrier  | |<--------->| |  Carrier  | |
           | |Termination| |           | |Termination| |
           | |           | |           | |           | |
           | +-----------+ |           | +-----------+ |
           |               |           |               |
           +---------------+           +---------------+
        
     \--- Microwave Node ---/          \--- Microwave Node ---/
        

Figure 2: Radio Link Terminal and Carrier Termination

図2:無線リンク端末とキャリア終端

Software-Defined Networking (SDN): an architecture that decouples the network control and forwarding functions, enabling the network control to become directly programmable and the underlying infrastructure to be abstracted for applications and network services. SDN can be used for automation of traditional network management functionality using an SDN approach of standardized programmable interfaces for control and management [RFC7426].

Software-Defined Networking(SDN):ネットワーク制御と転送機能を切り離して、ネットワーク制御を直接プログラム可能にし、基盤となるインフラストラクチャをアプリケーションとネットワークサービス用に抽象化できるようにするアーキテクチャ。 SDNは、制御と管理のための標準化されたプログラマブルインターフェイスのSDNアプローチを使用して、従来のネットワーク管理機能の自動化に使用できます[RFC7426]。

3. Approaches to Manage and Control Radio Link Interfaces
3. 無線リンクインターフェイスを管理および制御する方法

This framework addresses the definition of an open and standardized interface for radio link functionality in a microwave node. The application of such an interface used for management and control of nodes and networks typically varies from one operator to another in terms of the systems used and how they interact. Possible approaches include using a Network Management System (NMS), Software-Defined Networking (SDN), or some combination of the two. As there are still many networks where the NMS is implemented as one component/interface and the SDN controller is scoped to control-plane functionality as a separate component/interface, this document does not preclude either model. The aim of this document is to provide a framework for development of a common YANG data model for both management and control of microwave interfaces.

このフレームワークは、マイクロ波ノードの無線リンク機能のためのオープンで標準化されたインターフェースの定義を扱います。ノードとネットワークの管理と制御に使用されるそのようなインターフェースのアプリケーションは、通常、使用されるシステムとそれらがどのように相互作用するかという点で、オペレーターごとに異なります。可能なアプローチには、ネットワーク管理システム(NMS)、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)、またはこれら2つの組み合わせの使用が含まれます。 NMSが1つのコンポーネント/インターフェイスとして実装され、SDNコントローラーがコントロールプレーンの機能を別のコンポーネント/インターフェイスとしてスコープとするネットワークがまだ多くあるため、このドキュメントはどちらのモデルも除外しません。このドキュメントの目的は、マイクロ波インターフェースの管理と制御の両方のための共通のYANGデータモデルを開発するためのフレームワークを提供することです。

3.1. Network Management Solutions
3.1. ネットワーク管理ソリューション

The classic network management solutions, with vendor-specific domain management combined with cross-domain functionality for service management and analytics, still dominate the market. These solutions are expected to evolve and benefit from an increased focus on standardization by simplifying multi-vendor management and removing the need for vendor- or domain-specific management.

ベンダー固有のドメイン管理とサービス管理および分析のためのクロスドメイン機能を組み合わせた従来のネットワーク管理ソリューションは、依然として市場を支配しています。これらのソリューションは、マルチベンダー管理を簡素化し、ベンダー固有またはドメイン固有の管理の必要性をなくすことにより、標準化への関心の高まりから進化し、恩恵を受けることが期待されています。

3.2. Software-Defined Networking
3.2. ソフトウェア定義ネットワーキング

One of the main drivers for applying SDN from an operator perspective is simplification and automation of network provisioning as well as end-to-end network service management. The vision is to have a global view of the network conditions spanning different vendors' equipment and multiple technologies.

事業者の観点からSDNを適用するための主な推進要因の1つは、ネットワークプロビジョニングとエンドツーエンドのネットワークサービス管理の簡素化と自動化です。ビジョンは、さまざまなベンダーの機器と複数のテクノロジーにまたがるネットワーク状況をグローバルに把握することです。

If nodes from different vendors are managed by the same SDN controller via a node management interface without the extra effort of introducing intermediate systems, all nodes must align their node management interfaces. Hence, an open and standardized node management interface is required in a multi-vendor environment. Such a standardized interface enables unified management and configuration of nodes from different vendors by a common set of applications.

中間システムを導入する手間をかけずに、異なるベンダーのノードがノード管理インターフェースを介して同じSDNコントローラーによって管理されている場合、すべてのノードがノード管理インターフェースを調整する必要があります。したがって、マルチベンダー環境では、オープンで標準化されたノード管理インターフェースが必要です。このような標準化されたインターフェイスにより、さまざまなベンダーのノードを共通のアプリケーションセットで統合管理および構成できます。

In addition to SDN applications for configuring, managing, and controlling the nodes and their associated transport interfaces (including the L2 Ethernet, L3 IP, and radio interfaces), there are also a large variety of more advanced SDN applications that can be utilized and/or developed.

ノードおよび関連するトランスポートインターフェイス(L2イーサネット、L3 IP、および無線インターフェイスを含む)を構成、管理、および制御するためのSDNアプリケーションに加えて、利用できる多種多様なより高度なSDNアプリケーションもあります。または開発されました。

A potentially flexible approach for operators is to use SDN in a logically controlled way, managing the radio links by selecting a predefined operation mode. The operation mode is a set of logical metrics or parameters describing a complete radio link configuration, such as capacity, availability, priority, and power consumption.

オペレーターにとって潜在的に柔軟なアプローチは、論理的に制御された方法でSDNを使用し、事前定義された操作モードを選択して無線リンクを管理することです。動作モードは、容量、可用性、優先度、消費電力などの完全な無線リンク構成を記述する一連の論理メトリックまたはパラメーターです。

An example of an operation mode table is shown in Figure 3. Based on its operation policy (e.g., power consumption or traffic priority), the SDN controller selects one operation mode and translates that into the required configuration of the individual parameters for the Radio Link Terminals and the associated Carrier Terminations.

動作モードテーブルの例を図3に示します。SDNコントローラは、その動作ポリシー(電力消費やトラフィックの優先度など)に基づいて1つの動作モードを選択し、それを無線リンクの個々のパラメータの必要な構成に変換します端末および関連するキャリア終端。

   +----+---------------+------------+-------------+-----------+------+
   | ID |Description    | Capacity   |Availability | Priority  |Power |
   +----+---------------+------------+-------------+-----------+------+
   | 1  |High capacity  |  400 Mbps  |  99.9%      | Low       |High  |
   +----+---------------+------------+-------------+-----------+------+
   | 2  |High avail-    |  100 Mbps  |  99.999%    | High      |Low   |
   |    | ability       |            |             |           |      |
   +----+---------------+------------+-------------+-----------+------+
        

Figure 3: Example of an Operation Mode Table

図3:動作モードテーブルの例

An operation mode bundles together the values of a set of different parameters. How each operation mode maps a certain set of attributes is out of the scope of this document.

操作モードは、一連の異なるパラメーターの値をまとめます。各操作モードが特定の属性セットをどのようにマップするかは、このドキュメントの範囲外です。

4. Use Cases
4. ユースケース

The use cases described should be the basis for identifying and defining the parameters to be supported by a YANG data model for management of radio links that will be applicable to centralized, unified, multi-vendor management. The use cases involve configuration management, inventory, status and statistics, performance management, fault management, and troubleshooting and root cause analysis.

記載されているユースケースは、集中化された統一されたマルチベンダー管理に適用できる無線リンクの管理用のYANGデータモデルによってサポートされるパラメータを識別および定義するための基礎となる必要があります。ユースケースには、構成管理、インベントリ、ステータスと統計、パフォーマンス管理、障害管理、トラブルシューティング、根本原因分析が含まれます。

Other product-specific use cases, e.g., addressing installation or on-site troubleshooting and fault resolution, are outside the scope of this framework. If required, these use cases are expected to be supported by product-specific extensions to the standardized model.

その他の製品固有の使用例(インストールやオンサイトのトラブルシューティングや障害解決への対応など)は、このフレームワークの範囲外です。必要に応じて、これらのユースケースは、標準化されたモデルに対する製品固有の拡張機能によってサポートされることが期待されています。

4.1. Configuration Management
4.1. 構成管理

Configuration management involves configuring a Radio Link Terminal, the constituent Carrier Terminations, and, when applicable, the relationship to IP/Ethernet and TDM interfaces.

構成管理には、無線リンク端末、構成要素であるキャリア終端、および該当する場合はIP / EthernetおよびTDMインターフェイスとの関係の構成が含まれます。

o Understand the capabilities and limitations

o 機能と制限を理解する

Exchange of information between a manager and a device about the capabilities supported and specific limitations in the parameter values and enumerations that can be used.

サポートされている機能、および使用できるパラメーター値と列挙型の特定の制限に関するマネージャーとデバイス間の情報の交換。

Examples of information that could be exchanged include the maximum modulation supported and support (or lack of support) for the Cross Polarization Interference Cancellation (XPIC) feature.

交換できる情報の例には、サポートされている最大変調、および相互偏波干渉キャンセル(XPIC)機能のサポート(またはサポートの欠如)が含まれます。

o Initial Configuration

o 初期構成

Initial configuration of a Radio Link Terminal, enough to establish Layer 1 (L1) connectivity to an associated Radio Link Terminal on a device at the far end over the hop. It may also include configuration of the relationship between a Radio Link Terminal and an associated traffic interface, e.g., an Ethernet interface, unless that is given by the equipment configuration.

ホップを介した遠端のデバイス上の関連する無線リンク端末へのレイヤー1(L1)接続を確立するのに十分な無線リンク端末の初期構成。また、機器構成で指定されていない限り、無線リンク端末と関連するトラフィックインターフェイス(イーサネットインターフェイスなど)との関係の設定も含まれます。

Frequency, modulation, coding, and output power are examples of parameters typically configured for a Carrier Termination and type of aggregation/bonding or protection configurations expected for a Radio Link Terminal.

周波数、変調、コーディング、および出力電力は、通常、キャリアターミネーションに設定されるパラメータの例であり、無線リンクターミナルに期待される集約/結合または保護設定のタイプです。

o Radio link reconfiguration and optimization

o 無線リンクの再構成と最適化

Reconfiguration, update, or optimization of an existing Radio Link Terminal. Output power and modulation for a Carrier Termination as well as protection schemas and activation/deactivation of carriers in a Radio Link Terminal are examples on parameters that can be reconfigured and used for optimization of the performance of a network.

既存の無線リンク端末の再構成、更新、または最適化。キャリアターミネーションの出力電力と変調、無線リンクターミナルでの保護スキーマとキャリアのアクティブ化/非アクティブ化は、ネットワークのパフォーマンスの最適化に再構成して使用できるパラメータの例です。

o Radio link logical configuration

o 無線リンクの論理構成

Radio Link Terminals configured to include a group of carriers are widely used in microwave technology. There are several kinds of groups: aggregation/bonding, 1+1 protection/redundancy, etc. To avoid configuration on each Carrier Termination directly, a logical control provides flexible management by mapping a logical configuration to a set of physical attributes. This could also be applied in a hierarchical SDN environment where some domain controllers are located between the SDN controller and the Radio Link Terminal.

キャリアのグループを含むように構成された無線リンク端末は、マイクロ波技術で広く使用されています。グループにはいくつかの種類があります:集約/結合、1 + 1保護/冗長性など。各キャリアターミネーションでの構成を直接回避するために、論理制御は論理構成を一連の物理属性にマッピングすることにより柔軟な管理を提供します。これは、一部のドメインコントローラーがSDNコントローラーと無線リンクターミナルの間に配置されている階層型SDN環境にも適用できます。

4.2. Inventory
4.2. 在庫

o Retrieve logical inventory and configuration from device

o デバイスから論理インベントリと構成を取得する

Request from manager and response by device with information about radio interfaces, e.g., their constitution and configuration.

マネージャーからのリクエストと、無線インターフェースに関する情報(デバイスの構成や構成など)を含むデバイスによる応答。

o Retrieve physical/equipment inventory from device

o デバイスから物理的/機器のインベントリを取得する

Request from manager about physical and/or equipment inventory associated with the Radio Link Terminals and Carrier Terminations.

無線リンクターミナルおよびキャリアターミネーションに関連する物理的および/または機器のインベントリについてのマネージャーからのリクエスト。

4.3. Status and Statistics
4.3. ステータスと統計

o Actual status and performance of a radio link interface

o 無線リンクインターフェイスの実際のステータスとパフォーマンス

Manager requests and device responds with information about actual status and statistics of configured radio link interfaces and their constituent parts. It's important to report the effective bandwidth of a radio link since it can be configured to dynamically adjust the modulation based on the current signal conditions.

マネージャーの要求とデバイスは、構成された無線リンクインターフェイスとその構成部分の実際のステータスと統計に関する情報で応答します。現在の信号状態に基づいて変調を動的に調整するように構成できるため、無線リンクの有効帯域幅を報告することが重要です。

4.4. Performance Management
4.4. パフォーマンス管理

o Configuration of historical performance measurements

o 履歴パフォーマンス測定の構成

Configuration of historical performance measurements for a radio link interface and/or its constituent parts. See Section 4.1.

無線リンクインターフェイスおよび/またはその構成部品の履歴パフォーマンス測定の構成。セクション4.1を参照してください。

o Collection of historical performance data

o 過去のパフォーマンスデータの収集

Collection of historical performance data in bulk by the manager is a general use case for a device and not specific to a radio link interface.

マネージャによる一括での履歴パフォーマンスデータの収集は、デバイスの一般的な使用例であり、無線リンクインターフェイスに固有ではありません。

Collection of an individual counter for a specific interval is in some cases required as a complement to the retrieval in bulk as described above.

上記のように、特定の間隔での個々のカウンターの収集は、一括での検索の補足として必要になる場合があります。

4.5. Fault Management
4.5. 障害管理

o Configuration of alarm reporting

o アラームレポートの設定

Configuration of alarm reporting associated specifically with radio interfaces, e.g., configuration of alarm severity, is a subset of the configuration use case to be supported. See Section 4.1.

特にアラーム重大度の構成など、無線インターフェースに関連するアラームレポートの構成は、サポートされる構成ユースケースのサブセットです。セクション4.1を参照してください。

o Alarm management

o アラーム管理

Alarm synchronization, visualization, handling, notifications, and events are generic use cases for a device and should be supported on a radio link interface. There are, however, radio-specific alarms that are important to report. Signal degradation of the radio link is one example.

アラームの同期、視覚化、処理、通知、およびイベントは、デバイスの一般的な使用例であり、無線リンクインターフェイスでサポートされる必要があります。ただし、報告することが重要な無線固有のアラームがあります。無線リンクの信号劣化がその一例です。

4.6. Troubleshooting and Root Cause Analysis
4.6. トラブルシューティングと根本原因分析

Provide information and suggest actions required by a manager/ operator to investigate and understand the underlying issue to a problem in the performance and/or functionality of a Radio Link Terminal and the associated Carrier Terminations.

情報を提供し、無線リンク端末および関連するキャリア終端のパフォーマンスや機能の問題の根本的な問題を調査および理解するためにマネージャー/オペレーターが必要とするアクションを提案します。

5. Requirements
5. 必要条件

For managing a microwave node including both the radio link and the packet transport functionality, a unified data model is desired to unify the modeling of the radio link interfaces and the L2/L3 interfaces using the same structure and the same modeling approach. If some part of the model is generic for other technology usage, it should be clearly stated.

無線リンクとパケット転送機能の両方を含むマイクロ波ノードを管理するには、同じ構造と同じモデリング手法を使用して、無線リンクインターフェースとL2 / L3インターフェースのモデリングを統合する統合データモデルが望まれます。モデルの一部が他のテクノロジーの使用に一般的である場合、それは明確に述べられるべきです。

The purpose of the YANG data model is for management and control of the radio link interface(s) and the relationship/connectivity to other interfaces, typically to Ethernet interfaces, in a microwave node.

YANGデータモデルの目的は、無線リンクインターフェイスの管理と制御、およびマイクロ波ノード内の他のインターフェイス(通常はイーサネットインターフェイス)との関係/接続性です。

The capability of configuring and managing microwave nodes includes the following requirements for the model:

マイクロ波ノードを構成および管理する機能には、モデルの次の要件が含まれます。

1. It MUST be possible to configure, manage, and control a Radio Link Terminal and the constituent Carrier Terminations.

1. 無線リンク端末および構成するキャリア終端を構成、管理、および制御できる必要があります。

A. Configuration of frequency, channel bandwidth, modulation, coding, and transmitter output power MUST be supported for a Carrier Termination.

A.周波数、チャネル帯域幅、変調、コーディング、および送信機の出力電力の構成は、キャリアターミネーションでサポートされている必要があります。

B. A Radio Link Terminal MUST configure the associated Carrier Terminations and the type of aggregation/bonding or protection configurations expected for the Radio Link Terminal.

B.無線リンク端末は、関連付けられたキャリア終端と、無線リンク端末に期待される集約/結合または保護構成のタイプを構成する必要があります。

C. The capability (e.g., the maximum modulation supported) and the actual status/statistics (e.g., administrative status of the carriers) SHOULD also be supported by the data model.

C.機能(サポートされている最大変調など)および実際のステータス/統計(キャリアの管理ステータスなど)も、データモデルでサポートされている必要があります。

D. The definition of the features and parameters SHOULD be based on established microwave equipment and radio standards, such as ETSI EN 302 217 [EN302217-2], which specifies the essential parameters for microwave systems operating from 1.4 GHz to 86 GHz.

D.機能とパラメータの定義は、確立されたマイクロ波機器とETSI EN 302 217 [EN302217-2]などの無線規格に基づいている必要があります。これは、1.4 GHz〜86 GHzで動作するマイクロ波システムに不可欠なパラメータを指定します。

2. It MUST be possible to map different traffic types (e.g., TDM and Ethernet) to the transport capacity provided by a specific Radio Link Terminal.

2. 異なるトラフィックタイプ(TDMやイーサネットなど)を特定の無線リンクターミナルによって提供されるトランスポートキャパシティにマッピングできる必要があります。

3. It MUST be possible to configure and collect historical measurements (for the use case described in Section 4.4) to be performed on a radio link interface (e.g., minimum, maximum, average transmit power, and received level in dBm).

3. 無線リンクインターフェイス上で実行される履歴測定(セクション4.4で説明されているユースケースの場合)を構成および収集できる必要があります(たとえば、最小、最大、平均送信電力、dBm単位の受信レベル)。

4. It MUST be possible to configure and retrieve alarms reporting associated with the radio interfaces (e.g., configuration fault, signal lost, modem fault, and radio fault).

4. 無線インターフェースに関連するアラームレポート(構成エラー、信号消失、モデムエラー、無線エラーなど)を構成および取得できる必要があります。

6. Gap Analysis on Models
6. モデルのギャップ分析

The purpose of the gap analysis is to identify and recommend what models to use in a microwave device to support the use cases and requirements specified in the previous sections. This document also makes a recommendation for how the gaps not supported should be filled, including the need for development of new models and evolution of existing models and documents.

ギャップ分析の目的は、前のセクションで指定された使用例と要件をサポートするために、マイクロ波デバイスで使用するモデルを特定して推奨することです。このドキュメントでは、新しいモデルの開発や既存のモデルとドキュメントの進化の必要性など、サポートされていないギャップを埋める方法についても推奨しています。

Models are available for microwave radio link functionality: "Microwave Information Model" by the ONF [ONF-MW] and "Microwave Radio Link YANG Data Models" submitted to and discussed by the CCAMP Working Group [CCAMP-MW]. The analysis in this document takes these initiatives into consideration and makes a recommendation on how to use and complement them in order to fill the gaps identified.

モデルは、マイクロ波無線リンク機能で使用できます。ONF[ONF-MW]による「マイクロ波情報モデル」と、CCAMPワーキンググループ[CCAMP-MW]によって提出および議論された「マイクロ波無線リンクYANGデータモデル」です。このドキュメントの分析では、これらのイニシアチブを考慮に入れ、特定されたギャップを埋めるために、これらのイニシアチブを使用および補完する方法について推奨します。

For generic functionality, not functionality specific to radio link, the ambition is to refer to existing or emerging models that could be applicable for all functional areas in a microwave node.

無線リンクに固有の機能ではなく、一般的な機能の場合、目的は、マイクロ波ノードのすべての機能領域に適用できる既存または新規のモデルを参照することです。

6.1. Microwave Radio Link Functionality
6.1. マイクロ波無線リンク機能

[ONF-CIM] defines a CoreModel of the ONF Common Information Model. An information model describes the things in a domain in terms of objects, their properties (represented as attributes), and their relationships. The ONF information model is expressed in Unified Modeling Language (UML). The ONF CoreModel is independent of specific data-plane technology. The technology-specific content, acquired in a runtime solution via "filled in" cases of specification, augments the CoreModel by providing a forwarding technology-specific representation.

[ONF-CIM]は、ONF Common Information ModelのCoreModelを定義します。情報モデルは、オブジェクト、それらのプロパティ(属性として表される)、およびそれらの関係の観点からドメイン内のものを記述します。 ONF情報モデルは、統一モデリング言語(UML)で表現されます。 ONF CoreModelは、特定のデータプレーンテクノロジーから独立しています。仕様の「入力」ケースを介してランタイムソリューションで取得されたテクノロジー固有のコンテンツは、転送テクノロジー固有の表現を提供することでCoreModelを補強します。

IETF data models define implementations and protocol-specific details. YANG is a data modeling language used to model the configuration and state data. [RFC8343] defines a generic YANG data model for interface management that doesn't include technology-specific information. To describe the technology-specific information, several YANG data models have been proposed in the IETF to augment [RFC8343], e.g., the data model defined in [RFC8344]. The YANG data model is a popular approach for modeling interfaces for many packet transport technologies and is thereby well positioned to become an industry standard. In light of this trend, [CCAMP-MW] provides a YANG data model proposal for radio interfaces that is well aligned with the structure of other technology-specific YANG data models augmenting [RFC8343].

IETFデータモデルは、実装とプロトコル固有の詳細を定義します。 YANGは、構成および状態データのモデリングに使用されるデータモデリング言語です。 [RFC8343]は、テクノロジー固有の情報を含まないインターフェース管理用の一般的なYANGデータモデルを定義しています。技術固有の情報を説明するために、IETFで[RFC8343]を拡張するためにいくつかのYANGデータモデルが提案されています。たとえば、[RFC8344]で定義されているデータモデルです。 YANGデータモデルは、多くのパケットトランスポートテクノロジーのインターフェースをモデリングするための一般的なアプローチであり、それによって業界標準になる位置にあります。この傾向に照らして、[CCAMP-MW]は、[RFC8343]を強化する他のテクノロジー固有のYANGデータモデルの構造とうまく整合した無線インターフェースのYANGデータモデル提案を提供します。

[RFC3444] explains the difference between Information Models (IMs) and Data Models (DMs). An IM models managed objects at a conceptual level for designers and operators, while a DM is defined at a lower level and includes many details for implementers. In addition, the protocol-specific details are usually included in a DM. Since conceptual models can be implemented in different ways, multiple DMs can be derived from a single IM.

[RFC3444]は、情報モデル(IM)とデータモデル(DM)の違いを説明しています。 IMは、設計者とオペレーターの概念レベルで管理対象オブジェクトをモデル化しますが、DMはより低いレベルで定義され、実装者向けの多くの詳細を含みます。さらに、プロトコル固有の詳細は通常DMに含まれています。概念モデルはさまざまな方法で実装できるため、1つのIMから複数のDMを導出できます。

It is recommended to use the structure of the model described in [CCAMP-MW] as the starting point, since it is a data model providing the wanted alignment with [RFC8343]. To cover the identified gaps, it is recommended to define new leafs/parameters and include those in the new model [IETF-MW] while taking reference from [ONF-CIM]. It is also recommended to add the required data nodes to describe the interface layering for the capacity provided by a Radio Link Terminal and the associated Ethernet and TDM interfaces in a microwave node. The principles and data nodes for interface layering described in [RFC8343] should be used as a basis.

[CCAMP-MW]で説明されているモデルの構造を開始点として使用することをお勧めします。これは、[RFC8343]に必要な配置を提供するデータモデルであるためです。識別されたギャップをカバーするために、[ONF-CIM]から参照しながら、新しいリーフ/パラメーターを定義し、それらを新しいモデル[IETF-MW]に含めることをお勧めします。また、必要なデータノードを追加して、無線リンクターミナルによって提供される容量のインターフェイスレイヤーと、マイクロ波ノード内の関連するイーサネットおよびTDMインターフェイスを記述することをお勧めします。 [RFC8343]で説明されているインターフェイスレイヤリングの原則とデータノードを基礎として使用する必要があります。

6.2. Generic Functionality
6.2. 一般的な機能

For generic functionality, not functionality specific to radio links, the recommendation is to refer to existing RFCs or emerging Internet-Drafts according to Figure 4. "[IETF-MW]" is used in Figure 4 for the cases where the functionality is recommended to be included in the new model [IETF-MW] as described in Section 6.1.

無線リンクに固有の機能ではなく、一般的な機能については、図4に従って既存のRFCまたは新しいインターネットドラフトを参照することをお勧めします。機能が推奨される場合は、図4で「[IETF-MW]」を使用します。セクション6.1で説明されているように、新しいモデル[IETF-MW]に含まれます。

   +------------------------------------+-----------------------------+
   | Generic Functionality              | Recommendation              |
   |                                    |                             |
   +------------------------------------+-----------------------------+
   |1. Fault Management                 |                             |
   |                                    |                             |
   |   Alarm Configuration              | [IETF-MW]                   |
   |                                    |                             |
   |   Alarm Notifications/             | [YANG-ALARM]                |
   |   Synchronization                  |                             |
   +------------------------------------+-----------------------------+
   |2. Performance Management           |                             |
   |                                    |                             |
   |   Performance Configuration/       | [IETF-MW]                   |
   |   Activation                       |                             |
   |                                    |                             |
   |   Performance Collection           | [IETF-MW] and XML files     |
   +------------------------------------+-----------------------------+
   |3.  Physical/Equipment Inventory    | [RFC8348]                   |
   +------------------------------------+-----------------------------+
        

Figure 4: Recommendation for How to Support Generic Functionality

図4:一般的な機能をサポートする方法に関する推奨事項

Microwave-specific alarm configurations are recommended to be included in the new model [IETF-MW] and could be based on what is supported in the models described in [ONF-MW] and [CCAMP-MW]. Alarm notifications and synchronization are general and are recommended to be supported by a generic model, such as [YANG-ALARM].

マイクロ波固有のアラーム構成は、新しいモデル[IETF-MW]に含めることをお勧めします。これは、[ONF-MW]および[CCAMP-MW]で説明されているモデルでサポートされているものに基づいている場合があります。アラーム通知と同期は一般的であり、[YANG-ALARM]などの一般的なモデルでサポートすることをお勧めします。

Activation of interval counters and thresholds could be a generic function, but it is recommended to be supported by the new model [IETF-MW]. It can be based on the models described in [ONF-MW] and [CCAMP-MW].

インターバルカウンターとしきい値のアクティブ化は一般的な機能ですが、新しいモデル[IETF-MW]でサポートすることをお勧めします。 [ONF-MW]および[CCAMP-MW]で説明されているモデルをベースにすることができます。

Collection of interval/historical counters is a generic function that needs to be supported in a node. File-based collection via the SSH File Transfer Protocol (SFTP) and collection via NETCONF/YANG interfaces are two possible options; the recommendation is to include support for the latter in the new model [IETF-MW]. The models described in [ONF-MW] and [CCAMP-MW] can also be used as a basis in this area.

間隔/履歴カウンターの収集は、ノードでサポートされる必要がある一般的な機能です。 SSHファイル転送プロトコル(SFTP)によるファイルベースの収集と、NETCONF / YANGインターフェースによる収集は、2つの可能なオプションです。新しいモデル[IETF-MW]に後者のサポートを含めることをお勧めします。 [ONF-MW]と[CCAMP-MW]で説明されているモデルも、この領域の基礎として使用できます。

Physical and/or equipment inventory associated with the Radio Link Terminals and Carrier Terminations is recommended to be covered by a generic model for the complete node, e.g., the model defined in [RFC8348]. It is thereby outside the scope of the new model [IETF-MW].

無線リンクターミナルおよびキャリアターミネーションに関連する物理的および/または機器のインベントリは、完全なノードの一般的なモデル、たとえば[RFC8348]で定義されているモデルでカバーすることをお勧めします。そのため、新しいモデル[IETF-MW]の範囲外です。

6.3. Summary
6.3. 概要

The conclusions and recommendations from the analysis can be summarized as follows:

分析からの結論と推奨事項は、次のように要約できます。

1. A new YANG data model for radio link [IETF-MW] should be defined with enough scope to support the use cases and requirements in Sections 4 and 5 of this document.

1. 無線リンクの新しいYANGデータモデル[IETF-MW]は、このドキュメントのセクション4と5のユースケースと要件をサポートするのに十分な範囲で定義する必要があります。

2. Use the structure of the model described in [CCAMP-MW] as the starting point. It augments [RFC8343] and is thereby as required aligned with the structure of the models for management of the L2 and L3 domains.

2. [CCAMP-MW]で説明されているモデルの構造を開始点として使用します。 [RFC8343]を補強し、必要に応じて、L2およびL3ドメインの管理のためのモデルの構造に合わせます。

3. Use established microwave equipment and radio standards (such as [EN302217-2], the model described in [CCAMP-MW], and the model described in [ONF-MW]) as the basis for the definition of the detailed leafs/ parameters to support the specified use cases and requirements, proposing new ones to cover identified gaps.

3. 詳細なリーフ/パラメータの定義の基礎として、確立されたマイクロ波機器と無線規格([EN302217-2]、[CCAMP-MW]で説明されているモデル、および[ONF-MW]で説明されているモデル)を使用してください。特定されたギャップをカバーする新しいユースケースと要件を提案し、指定されたユースケースと要件をサポートします。

4. Add the required data nodes to describe the interface layering for the capacity provided by a Radio Link Terminal and the associated Ethernet and TDM interfaces, using the principles and data nodes for interface layering described in [RFC8343] as a basis.

4. [RFC8343]で説明されているインターフェイスレイヤリングの原則とデータノードを基礎として、無線リンクターミナルと関連するイーサネットおよびTDMインターフェイスによって提供される容量のインターフェイスレイヤリングを説明するために必要なデータノードを追加します。

5. Include support for configuration of microwave-specific alarms in the new YANG data model [IETF-MW] and rely on a generic model such as [YANG-ALARM] for notifications and alarm synchronization.

5. 新しいYANGデータモデル[IETF-MW]にマイクロ波固有のアラームの構成のサポートを含め、通知とアラームの同期を[YANG-ALARM]などの汎用モデルに依存します。

6. Use a generic model such as [RFC8348] for physical/equipment inventory.

6. 物理/機器の在庫には、[RFC8348]などの一般的なモデルを使用します。

7. Security Considerations
7. セキュリティに関する考慮事項

The configuration information may be considered sensitive or vulnerable in network environments. Unauthorized access to configuration data nodes can have a negative effect on network operations, e.g., interrupting the ability to forward traffic or increasing the interference level of the network. The status and inventory reveal some network information that could be very helpful to an attacker. A malicious attack to that information may result in a loss of customer data. Security issues concerning the access control to management interfaces can be generally addressed by authentication techniques providing origin verification, integrity, and confidentiality. In addition, management interfaces can be physically or logically isolated by configuring them to be only accessible out-of-band, through a system that is physically or logically separated from the rest of the network infrastructure. In cases where management interfaces are accessible in-band at the client device or within the microwave transport network domain, filtering or firewalling techniques can be used to restrict unauthorized in-band traffic. Additionally, authentication techniques may be used in all cases.

構成情報は、ネットワーク環境で機密または脆弱であると見なされる場合があります。構成データノードへの不正アクセスは、ネットワーク転送にトラフィックを転送したり、ネットワークの干渉レベルを上げたりするなど、ネットワーク操作に悪影響を及ぼす可能性があります。ステータスとインベントリから、攻撃者にとって非常に役立つ可能性があるいくつかのネットワーク情報が明らかになります。その情報に対する悪意のある攻撃により、顧客データが失われる可能性があります。管理インターフェイスへのアクセス制御に関するセキュリティの問題は、一般に、発行元の検証、整合性、および機密性を提供する認証技術によって対処できます。さらに、管理インターフェースは、ネットワークインフラストラクチャの残りの部分から物理的または論理的に分離されたシステムを介して、帯域外でのみアクセスできるように構成することにより、物理的または論理的に分離できます。クライアントデバイスまたはマイクロ波トランスポートネットワークドメイン内のインバンドで管理インターフェイスにアクセスできる場合、無許可のインバンドトラフィックを制限するためにフィルタリングまたはファイアウォール技術を使用できます。さらに、認証技術はすべての場合に使用できます。

This framework describes the requirements and characteristics of a YANG data model for control and management of the radio link interfaces in a microwave node. It is supposed to be accessed via a management protocol with a secure transport layer, such as NETCONF [RFC6241].

このフレームワークは、マイクロ波ノードの無線リンクインターフェイスを制御および管理するためのYANGデータモデルの要件と特性を説明します。これは、NETCONF [RFC6241]などのセキュアなトランスポート層を備えた管理プロトコルを介してアクセスされることになっています。

8. IANA Considerations
8. IANAに関する考慮事項

This document has no IANA actions.

このドキュメントにはIANAアクションはありません。

9. References
9. 参考文献
9.1. Normative References
9.1. 引用文献

[RFC2119] Bradner, S., "Key words for use in RFCs to Indicate Requirement Levels", BCP 14, RFC 2119, DOI 10.17487/RFC2119, March 1997, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2119>.

[RFC2119] Bradner、S。、「要件レベルを示すためにRFCで使用するキーワード」、BCP 14、RFC 2119、DOI 10.17487 / RFC2119、1997年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/ rfc2119>。

[RFC8174] Leiba, B., "Ambiguity of Uppercase vs Lowercase in RFC 2119 Key Words", BCP 14, RFC 8174, DOI 10.17487/RFC8174, May 2017, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8174>.

[RFC8174] Leiba、B。、「RFC 2119キーワードの大文字と小文字のあいまいさ」、BCP 14、RFC 8174、DOI 10.17487 / RFC8174、2017年5月、<https://www.rfc-editor.org/info/ rfc8174>。

9.2. Informative References
9.2. 参考引用

[CCAMP-MW] Ahlberg, J., Carlson, J-O., Lund, H-A., Olausson, T., Ye, M., and M. Vaupotic, "Microwave Radio Link YANG Data Models", Work in Progress, draft-ahlberg-ccamp-microwave-radio-link-01, May 2016.

[CCAMP-MW] Ahlberg、J.、Carlson、JO。、Lund、HA、Olausson、T.、Ye、M。、およびM. Vaupotic、「Microwave Radio Link YANG Data Models」、Work in Progress、draft- ahlberg-ccamp-microwave-radio-link-01、2016年5月。

[EN302217-2] ETSI, "Fixed Radio Systems; Characteristics and requirements for point-to-point equipment and antennas; Part 2: Digital systems operating in frequency bands from 1 GHz to 86 GHz; Harmonised Standard covering the essential requirements of article 3.2 of Directive 2014/53/EU", ETSI EN 302 217-2, V3.1.1, May 2017.

[EN302217-2] ETSI、「固定無線システム、ポイントツーポイント機器とアンテナの特性と要件、パート2:1 GHz〜86 GHzの周波数帯域で動作するデジタルシステム。第3.2条の必須要件をカバーする調和規格指令2014/53 / EU」、ETSI EN 302217-2、V3.1.1、2017年5月。

[IEEE802.1Qcp] IEEE, "Bridges and Bridged Networks Ammendment: YANG Data Model", Work in Progress, Draft 2.2, March 2018, <https://1.ieee802.org/tsn/802-1qcp/>.

[IEEE802.1Qcp] IEEE、「Bridges and Bridged Networks Ammendment:YANG Data Model」、Work in Progress、Draft 2.2、March 2018、<https://1.ieee802.org/tsn/802-1qcp/>。

[IETF-MW] Ahlberg, J., Ye, M., Li, X., Spreafico, D., and M. Vaupotic, "A YANG Data Model for Microwave Radio Link", Work in Progress, draft-ietf-ccamp-mw-yang-10, October 2018.

[IETF-MW] Ahlberg、J.、Ye、M.、Li、X.、Spreafico、D。、およびM. Vaupotic、「A Microwave Radio LinkのYANGデータモデル」、Work in Progress、draft-ietf-ccamp -mw-yang-10、2018年10月。

[ONF-CIM] ONF, "Core Information Model (CoreModel)", ONF TR-512, version 1.2, September 2016, <https://www.opennetworking.org/images/stories/downloads/ sdn-resources/technical-reports/ TR-512_CIM_(CoreModel)_1.2.zip>.

[ONF-CIM] ONF、「コア情報モデル(CoreModel)」、ONF TR-512、バージョン1.2、2016年9月、<https://www.opennetworking.org/images/stories/downloads/ sdn-resources / technical- reports / TR-512_CIM_(CoreModel)_1.2.zip>。

[ONF-MW] ONF, "Microwave Information Model", ONF TR-532, version 1.0, December 2016, <https://www.opennetworking.org/images/stories/downloads/ sdn-resources/technical-reports/ TR-532-Microwave-Information-Model-V1.pdf>.

[ONF-MW] ONF、「マイクロ波情報モデル」、ONF TR-532、バージョン1.0、2016年12月、<https://www.opennetworking.org/images/stories/downloads/ sdn-resources / technical-reports / TR -532-Microwave-Information-Model-V1.pdf>。

[RFC2863] McCloghrie, K. and F. Kastenholz, "The Interfaces Group MIB", RFC 2863, DOI 10.17487/RFC2863, June 2000, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc2863>.

[RFC2863] McCloghrie、K。およびF. Kastenholz、「The Interfaces Group MIB」、RFC 2863、DOI 10.17487 / RFC2863、2000年6月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc2863>。

[RFC3444] Pras, A. and J. Schoenwaelder, "On the Difference between Information Models and Data Models", RFC 3444, DOI 10.17487/RFC3444, January 2003, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc3444>.

[RFC3444] Pras、A。およびJ. Schoenwaelder、「情報モデルとデータモデルの違いについて」、RFC 3444、DOI 10.17487 / RFC3444、2003年1月、<https://www.rfc-editor.org/info/ rfc3444>。

[RFC6241] Enns, R., Ed., Bjorklund, M., Ed., Schoenwaelder, J., Ed., and A. Bierman, Ed., "Network Configuration Protocol (NETCONF)", RFC 6241, DOI 10.17487/RFC6241, June 2011, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc6241>.

[RFC6241] Enns、R。、編、Bjorklund、M。、編、Schoenwaelder、J。、編、およびA. Bierman、編、「Network Configuration Protocol(NETCONF)」、RFC 6241、DOI 10.17487 / RFC6241、2011年6月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc6241>。

[RFC7426] Haleplidis, E., Ed., Pentikousis, K., Ed., Denazis, S., Hadi Salim, J., Meyer, D., and O. Koufopavlou, "Software-Defined Networking (SDN): Layers and Architecture Terminology", RFC 7426, DOI 10.17487/RFC7426, January 2015, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc7426>.

[RFC7426] Haleplidis、E。、編、Pentikousis、K。、編、Denazis、S.、Hadi Salim、J.、Meyer、D.、O。Koufopavlou、「ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN):レイヤーand Architecture Terminology」、RFC 7426、DOI 10.17487 / RFC7426、2015年1月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc7426>。

[RFC8343] Bjorklund, M., "A YANG Data Model for Interface Management", RFC 8343, DOI 10.17487/RFC8343, March 2018, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8343>.

[RFC8343] Bjorklund、M。、「A YANG Data Model for Interface Management」、RFC 8343、DOI 10.17487 / RFC8343、2018年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8343>。

[RFC8344] Bjorklund, M., "A YANG Data Model for IP Management", RFC 8344, DOI 10.17487/RFC8344, March 2018, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8344>.

[RFC8344] Bjorklund、M。、「IP管理用のYANGデータモデル」、RFC 8344、DOI 10.17487 / RFC8344、2018年3月、<https://www.rfc-editor.org/info/rfc8344>。

[RFC8348] Bierman, A., Bjorklund, M., Dong, J., and D. Romascanu, "A YANG Data Model for Hardware Management", RFC 8348, DOI 10.17487/RFC8348, March 2018, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8348>.

[RFC8348] Bierman、A.、Bjorklund、M.、Dong、J。、およびD. Romascanu、「A Hardware Data Model for Hardware Management」、RFC 8348、DOI 10.17487 / RFC8348、2018年3月、<https:// www .rfc-editor.org / info / rfc8348>。

[RFC8349] Lhotka, L., Lindem, A., and Y. Qu, "A YANG Data Model for Routing Management (NMDA Version)", RFC 8349, DOI 10.17487/RFC8349, March 2018, <https://www.rfc-editor.org/info/rfc8349>.

[RFC8349] Lhotka、L.、Lindem、A。、およびY. Qu、「ルーティング管理用のYANGデータモデル(NMDAバージョン)」、RFC 8349、DOI 10.17487 / RFC8349、2018年3月、<https:// www。 rfc-editor.org/info/rfc8349>。

[YANG-ALARM] Vallin, S. and M. Bjorklund, "YANG Alarm Module", Work in Progress, draft-ietf-ccamp-alarm-module-04, October 2018.

[YANG-ALARM] Vallin、S。およびM. Bjorklund、「YANGアラームモジュール」、作業中、draft-ietf-ccamp-alarm-module-04、2018年10月。

Contributors

貢献者

Marko Vaupotic Aviat Networks Motnica 9 Trzin-Ljubljana 1236 Slovenia

Marko Vaupotic Aviat Networks Motnica 9 Trzin-Ljubljana 1236スロベニア

   Email: Marko.Vaupotic@aviatnet.com
        

Jeff Tantsura

ジェフ・タンチュラ

   Email: jefftant.ietf@gmail.com
        

Koji Kawada NEC Corporation 1753, Shimonumabe Nakahara-ku Kawasaki, Kanagawa 211-8666 Japan

こじ かわだ ねC こrぽらちおん 1753、 しもぬまべ なかはらーく かわさき、 かながわ 211ー8666 じゃぱん

   Email: k-kawada@ah.jp.nec.com
        

Ippei Akiyoshi NEC 1753, Shimonumabe Nakahara-ku Kawasaki, Kanagawa 211-8666 Japan

いっぺい あきよし ねC 1753、 しもぬまべ なかはらーく かわさき、 かながわ 211ー8666 じゃぱん

   Email: i-akiyoshi@ah.jp.nec.com
        

Daniela Spreafico Nokia - IT Via Energy Park, 14 Vimercate (MI) 20871 Italy

Daniela Spreafico Nokia-IT Via Energy Park、14 Vimercate(MI)20871イタリア

   Email: daniela.spreafico@nokia.com
        

Authors' Addresses

著者のアドレス

Jonas Ahlberg (editor) Ericsson AB Lindholmspiren 11 Goteborg 417 56 Sweden

Jonas Ahlberg(editor)Ericsson AB Lindholmspiren 11 Goteborg 417 56 Sweden

   Email: jonas.ahlberg@ericsson.com
        

Min Ye (editor) Huawei Technologies No.1899, Xiyuan Avenue Chengdu 611731 China

分Y(編集者)hu Aは技術番号1899、ξ元大通りChengは611731中国を読む

   Email: amy.yemin@huawei.com
        

Xi Li NEC Laboratories Europe Kurfuersten-Anlage 36 Heidelberg 69115 Germany

Xi Li NEC Laboratories Europe Kurfuersten-Anlage 36 Heidelberg 69115 Germany

   Email: Xi.Li@neclab.eu
        

Luis Contreras Telefonica I+D Ronda de la Comunicacion, S/N Madrid 28050 Spain

Luis Contreras Telefonica I + D Ronda de la Comunicacion、S / Nマドリード28050スペイン

   Email: luismiguel.contrerasmurillo@telefonica.com
        

Carlos J. Bernardos Universidad Carlos III de Madrid Av. Universidad, 30 Madrid, Leganes 28911 Spain

カルロスJ.ベルナルドスカルロスIIIマドリッド大学Av。Universidad、30マドリード、レガネス28911スペイン

   Email: cjbc@it.uc3m.es